やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

■2022/10/01(土) できる夫は刺青師のようです

カテゴリータグ:小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2022) 2022

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



434 名前:普通のやる夫さん [] 投稿日:2022/09/28(Wed) 20:10:49 ID:c1a6e73b [2/119]


  ___________________________________
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  
                  できる夫は刺青師のようです

  
                   原案・谷崎潤一郎「刺青」
  
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





    
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)                      ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)                 ̄ ̄(____
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      /⌒\
          /⌒\             /     \     ( ̄ ̄ ̄ ̄)
    〃⌒ヽ/     \          /        \へ( ̄ ̄  ̄) ̄
       /        \へ、__/            \ ̄ ̄ ̄
    
            ∧ ∧   ________    ∧ ∧
      r'ニニ∩(゚Д゚,,)二二_____∧ぐ∧__二∩(゚Д゚,,)ニニヽ
          ヽ   |.   ||____(д、` )'|| ヽ    |
    jjMNvw,, ,,jj|   |从,,wv|| ┌──‐||y/ィ `ヽ||Njw|   |Nwv,,从,,wvMjjW,,
     。_''"  /  @゙_. || |     .||∞く   |.||''",/   @ ,,'' ゙ __"
      ̄  ̄''"/__へ__)'' "゙,, ||_|_____/ヘヾ ヽハ.||,, /__へ__)''" ̄ ̄,,―---_
        ̄ ̄ 三三三三    三三三|/_ヾ、_リ_>三三三三三三'',, -― ̄
       ̄―- ̄ ̄ ―-      三三三三三三三三三三三三三三三 ̄ ̄



.

435 名前:普通のやる夫さん [] 投稿日:2022/09/28(Wed) 20:11:23 ID:c1a6e73b [3/119]


┏────────────────────┓
  これは、人々がまだ「愚」という尊い徳を持ち

  今ほど、世が軋まなかった時分の話である
┗────────────────────┛


                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< さいたまさいたま!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧∧  \( ゚∀゚) < さいたまさいたまさいたま!
さいたま~~~~! >( ゚∀゚ )/ |    / \____________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄




ノ∧∞∧    ∧∞∧    ∧∞∧    ∧∞∧    ∧∞∧  
( ´∀` )~  ( ´∀` )~ ( ´∀` )~ ( ´∀` )~ ( ´∀` )~ 
(  つ つ  (  つ つ  (  つ つ  (  つ つ (  つ つ 
ノノノノノノ,ヽ  ノノノノノノ,ヽ  ノノノノノノ,ヽ  ノノノノノノ,ヽ  ノノノノノノ,ヽ 
(_(__)   (_(__)   (_(__)  (_(__)  (_(__)  
....   ....   ....      ....   ....            ....   .... 




         おにぎりワッショイ!!
     \\  おにぎりワッショイ!! //
 +   + \\ おにぎりワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\  /■\  /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩) ( ´ー`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)


.

436 名前:普通のやる夫さん [] 投稿日:2022/09/28(Wed) 20:12:02 ID:c1a6e73b [4/119]


┏─────────────────┓
  茶坊主、幇間という職が存在した

  長閑でのんびりした時代の事であった
┗─────────────────┛

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
┬―┬――――――――――┬―┬―――――――――――┬―┬―――――――――――┬―┬
┤: : |┬― 、―┬―――――|: : |――┬―┬――――――|: : |――――――┬――――|: : |
|: : ||///\. |          |: : |    乂;:;:;乂淡淡淡淡淡 |: : |            |└┬――|: : |
┤: : |├――┘|          |: : |淡t、,,   ヾ:;:;:;>淡淡淡淡淡|: : ::|            |  └┬―|: : |
|: : |├―┤|/゙三ヽ.       |: : |淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡|: : |淡         /゙三ヽ,  └┬|: : |
|: : ||  ||: :三: :}      |: : |淡淡淡淡淡/;淡;淡(淡淡淡|: : ::|淡      {: :三: :}    ||: : |
|: : ||  ||: :三: :}      |: : |淡淡淡淡⌒ー=;:;:;:;:;: ;:; \|: : |        {: :三: :}    ||: : |
|: : ||淡||: :三: :}      |: : |淡淡彡        \;:;:;:;:;:;:;:;:;'|: : ::|        {: :三: :}    ||: : |
|: : ||淡||ヽ―''゙゙      |: : |c%∽∽∽∽∽c。 \;:;:;:;:; |: : |          ヽ―''゙゙    ||: : |
|: : |二二二二二二二二二二|: : |二二二二二二二二二二二|: : |二二二二二二二二二二二|: : |
|: : ||:i:i:i:||  |:i|       |: : |:i|::::::::::::::::::::::::::|:i|:::::::::::::::::::\|: : |:i|\        |:i|       |: : |
|: : |二二二二二二二二二二|: : |二二二二二二二二二二二|: : |二二二二二二二二二二二|: : |
|: : ||:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|: : ::|:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|: : ::|:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|:i|_|: : ::|
|_|――――――――――|_|―――――――――――|_|―――――――――――|_|
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-

                   旦~                  
  ( ̄~) ( ̄~)          ∩∧_∧ ∧_∧旦~              ∧_∧
   \ \/ /         ∧ヽ∩旦ヘ_∧´∀`∩il              ( ´∀`)
 旦~ ∧_Λノ         (´∀ |lヽ∩´∀`)   ノ               /,   つ
 ⊂(´∀` ,)         旦⊂二、ミヽ    ⊃旦~           ブッ!(_(_, )
      | /              / (⌒)  ノ彡∧_∧ミ          ´//しし'
       ∪             (_)~ し' ⌒つ´∀`)つ旦~       (⌒))








        / ´ ̄`' ̄`'‐-
       /'、 ,r' | | |`´゙i゙i゙i' ,ヾ
        |.ミ_l .リ.ハ.ハ.}  |ンハハ ゙ヾ   すごいです
      | │ l |,|━   ━l 小!|
      | ,.| | | ●    ● | |ソ   みなさん きようです
      |.(,| | ⊂⊃ 、___ ⊂l |
      | i⌒ヽ j   ゙ー'   ノヘ|__/⌒)
      | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
      | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
      | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''


.

437 名前:普通のやる夫さん [] 投稿日:2022/09/28(Wed) 20:12:48 ID:c1a6e73b [5/119]


┏───────────────────────┓
  人々の感覚も、単純にして明快であった

  即ち、美しき者は強者であり、醜き者は弱者であった
┗───────────────────────┛

                       ___
                     ´       ` 丶、
                 '"                  丶
              /                  \
             /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
              〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
           /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
             /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
         ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
         l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
         | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
         | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
         | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´
         l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',
     (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
             / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
               / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
            / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:\
              / /.:/ 、_,-、ヽ/ Ⅳ_/j{/__j    (/!         l    \.:.:.:\
           ,.' /.:/  、...二}/ / ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄\|        |\    \.:.:.:\
        / /.:.:|  rァ ソ/ /  ;-=|  |=-     /!'       ハ:.:.\    \.:.:.:\
        /   /.:.:..l  j/ /l  |   ∧ーヘ.     jノ         ∧:', .:.: \     \.:.:.:\
.     /  //.:.:.. l.  / /i |  ヽ__/ ∧ ∧__   /     ,ノ /.:.:..:. .:.:.:.:. \    \.:.:.:\
.   / ./ /.:.:..:._j    イ_i│ / `7  Y  ∨ ̄//   〃  /.:.:.:.:.:.:丶.:.:.:.:.:.\    \.:.:.:\
  /  /  /.:.:.: ト、|   レ'|、|  \__/ o/   \/    /   ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:..\    \.:.:.:\
/  /    / .:.:. くヽ ̄ ̄0 | 九      {     /    /    /.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:. 丶    ヽ.:.:.: ヽ

              

438 名前:普通のやる夫さん [] 投稿日:2022/09/28(Wed) 20:13:14 ID:c1a6e73b [6/119]

                                    r―- 、,. -‐   ~―-  .._
                                /\ |   ∠L_:. :. :. :. :._ :. r'T⌒ヽ:.ヽ, -、
                               __>―、>―'二_/:. :. :. :. :. :. :.ヽ\ |/  ヽ
                              く   /: .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :とニレ⌒'<_:、
                                >‐'´: .:. :. :. :. :./:. :. :. :.、:. :. :. :. :. :. :. :.V≧x、__/:.ヽ、
                              . ':. :. :. :. :. :. :. :.,i:. :. :. :. :. :\:. :. :. :. :. _:.ヽ、 \:. :. : 、
                        .     /:. :. :. :. :. /:. :.|/ |:. :. :. :. ::. :. :.≧=--:. :<:. :. \_/ :. :. :. :、
                        .      /:. :. :. :. :. /:. ,ィl .|:. :. :. :.|、:. :. :. :.i:. :. :. :. :. :. :.\:. :. :. :. :. :. :.、
                            .′:. :. :. :. // ゙{ .|:. :. :. !\:. :. :.|、:.:. :. :. :.:、:. :. \:. :. :. :. :. :ヽ
                        .    ′:. :. :. :. /´   _Lト、:. :. 、 _\:. |:.\:. :. :. :. ー---\: :. :. :. :. :.
                            i:. :. :. :. :. ;'-‐  ̄  ゙'| \:. \  ̄~''‐- ,,_--―\ :. :. :. :. :. :. :. :. :.、
                            |:. :. :. :. :..′ ,x≦芋ミ、    ̄  斗...,,_   |: .:. :. :. :. :. :. :.\:. :. :. 、:}
                           !:、:. :. :. i .〃 ん.ハ       '´んし泌、|:i:. :. :. :. :. :. :. :. \:.: .∨
                             ヽ\:. :. :l. {{  .{:.~}        .{~:r1 ヾ |:.|、:. :. :. :.: .、:. :. :. :. :. :. 、
                             >、:丶.!_ ,, ,, ー '        V__ン  }}| |丶:. :. :. :. :.\:. :. :. :.\:.、
                        .    //:. :.ー‐r一                ,, ,, |:| .>、:. :. :. :. :. ` :. ,,:. :. :ヾー- ..,,_
                            //:. :. :.、:.!      ,                ゙:{. '⌒ 、:. :. :. :. :.ー-=ニ二二⌒~''―-ミx、
                            /(:. :. :. :.\:. 、                  ,.ヾx、:. :. 、:. :. :. :. :. :. :. :. :. ̄ミx、   `ヾ
                        .   ;.:.i \:. :. :. :. :. :、   `''  ‐-        /|. :. ヾ、:. :. :`:. :. :. ,,_:. :. :. 丶、  `:、   ,.}}___ ,.
                        .   !{  |:\:. :. :. :. :\               |:. :. :. :`ミx,,._:._:. :._,.≧x、:. :.`''‐----‐彡''´ ̄
                           ヾ 、゙、:. :. :. :. ,}:. :. \      _,,. - ´     .|:. :.、:. :. :. `¨¨¨¨´:. :. :. :. .`:. :.、:.: .:<
                             `'‐-----彡:. :. :. :. ヽ-,-‐  ´        |:. :. \:. :. .{`' ,._\ー――--ヾ厂 ̄
                                丶,:. :. :. :.ヽ、:. :. :|           !:. :. :. :. :. :乂_  `ヾ         }
                                  ``''ミx:. :ミx、_|        ___廴__:. :.:\ ̄ ̄´ }      ノ
                                     _>、Y^'|`    / ̄        |`''‐-\   ノ
                                    /   ゙} ,.|   ./           \_
                                    /    / | /                 ̄`丶、
                                     /   /  ./          _,, -――――t‐―一
                                  ./  /  /        _,, -‐''"           \
                                      /     _,,. -‐''´                \
                                     / ̄` ―''"´                     \
     
                      ┏━━━┓
                      ┃ 強者 ┃
                      ┗━━━┛






           /⌒ 、
     , '"⌒Y:::::::::::::::ヽ
     ノ:::::::::::/ヘ:::::::::::::::::゙ 、
   /:::::::_,,ノ、  >、_;;;:::::::i
   /,.::|r、==、  ,==,,i;;::::l              -= ‐v‐ =-
   l:|Fl|く_ ・ ,. 、・ _ノ |lュl:l            ァ´       `、
   l::ヒl///ij~i_ _j~u///ソ:!           1         亅
   |::::::|{r,ェェェェェェェヽ|::::::|           .1 NWl∧NWリ |
   |:::::::llヒェェェェェェェェェェリ::::::|           fr||(≧)ニ(≦)||p}
  ノ:::::::ヽ ̄ ̄三 ̄ ̄,.':::::::l       .  __/ゞ| u L__」 u |ン\__
  /:::ハ::::r'`¨i'''‐-‐''i¨´ヘ:::::」        ̄ ./   { )⊂ニ⊃( }   ',  ̄
 └r'"~ ヽ ヽ、_,,シ _ノ `゙ヽ、     .  /    `i'‐- ニ -‐'i´    ',
 r'"\  ヽ、_      ノ  /`''、

                 ┏━━━┓
                 ┃ 弱者 ┃
                 ┗━━━┛


.

439 名前:普通のやる夫さん [] 投稿日:2022/09/28(Wed) 20:13:37 ID:c1a6e73b [7/119]


┏─────────────────────┓
  誰も彼もが、挙って美しからんと欲する余り

  己が天稟の肉体に、絵の具を注ぐまでになった
┗─────────────────────┛

                                                           _ 、
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {                      _...r‐---‐´ . !ヽ ..ヘ
       _ ,,....,, _    /: : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : Λ                   ..:::´:::/. .: ..:|:. :;.::|:::::´::::::::.
    x<´     ´"~′: : : : : /{: :/)/ニつ: : : : : : : Λ       .          /:::::::::::::. ...::..::;::;{:::|゙|:!ミ彡:::::::::',
   {          / イ : : : : :/ ∨ 二二つΛ: : : : : :}               /::::::::::::::::::::::::::::/!:! |::!{l`゙゙゙"ヘ:::::::::\
   ヘ   ー…―- .,{〈 | |: : : : {-、 _ノ  ノ八{ l: :/: : :/__              /:::::::::::::::::::::::::;:::/´|!¨!ヘ`   |;、::::::::::ヽ
    \          ` |八: : : ノ`¨¨       ノ/ ` ー `ヽ            !::::::::;: 、::::::::::::|i::Ki叨`ヾ   /ヾ、}:::::::ヾ、!
.       \            \(          /{          ヽ          !:::::://fヾ::::::::;:i !:i  ̄´     瓧i |:::::::;::! i!
        `'<          ヽ         乂        |          !::::{ ' k' |::::::::i{ !|      , 〉´ !::::/|:! '
              `''<.,_ _,r;=;く`'ー≧=ゝ,\               j          .ヽ:::::\ヽ!:::::::i!|        '  }:::/ リ
              ヽ≦r入`ャ .∠=弍イ入_          /        /{{:::::::::::ヽ::::::::i`     r_‐r  /ル'
                く<<<ム,Y三弐弋xX_ヾ;、      /       /:::::::::/i:::::/ !:::::::l         /
                  くく<<<'ハヾ三うゝ__ヾく`'y)_      /       ./:::::::::::::/ ./  li;ヽ::::ヽ      /;:!
                    ェ≦≦ィ彡,゙ミえ'/,r‐ミ, ゞ> ^≧ぅーャ、      /:::::::::::::::::{_/   ,_'iii__ヽ::::ヽ r‐--‐..::::::|リ
                   ´\ネ彡ソハヾヌ 〈::..、 `ヾイrテメry、_ソ     . /::::::::::::::∧:| _,. z'csニ三ゝ:´  ̄iiiiii`ヽ::i
                 ,>''フ彡ソ人ヾ;=ヽ.    ノ广'マメム′     /:::::::::::::::::|ニヽ二二二二/''!lll;'lii; ,,,,'',iiiiiiii,,、
                    ,.イ´彡シソリゝ,く⌒'ーノム⌒>ァ′     ::/!::::::::::::;:|二二二ニニ/lliiil' liiiiiii!; liiiiii':; '''ilヘ
                 ./ヘセ{フ,イヘ从レ个テ〒イ´`示<_       ::! |:::::::::::||i二ニニニ/iiiii;''''`,ii:''iiiii' ,,; ,iiiiii:;,,,,i|
               从レ'ノヘ从/ハ,ノ-'<ノ / `入ヽ      !|=|::::::::::|_i!__二二二{iiii',  ´ ,iiiiiii;'' ,iiiiii;‐'';iii|
               」ブ/ヘ从ソ/レ′   `ヾtー''´ ∧゙!     `´ヽ:::::::|////`i=cs=|''''''' ,,,;iiii;''',,i  ,iiiiiii,  'ii{
                 ィソヘ从V人ノ         ヾー'''´ } |     ////////////}ニニヽ  、  ,iii,,,,,;iiiii'iiiiiiiiiliiiiiiヽ
               /                     Λ

┏────────────────────────┓
  芳烈かつ絢爛な線と色が、其の頃の人々の肌に躍った
┗────────────────────────┛


.

| 00:03 |コメント(0)
カテゴリータグ:小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2022) 2022

■2022/07/10(日) 名作ショートショートをAA化しよう 最終回

カテゴリータグ:2004 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2004) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



656 名前:1/11  ◆ZMHn0b./wk  [sage アンビリバボーなんて見てないからな!] 投稿日:04/06/05(土) 00:28 ID:PqjOnUUx
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| とうとう最終回になってしまいました。
\_____ __________
         ∨
       ∧_∧
       ( ´ー`,,)
       (   ,,,)
       |  |  |
       (_(_)

657 名前:2/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:28 ID:PqjOnUUx
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| きっと迷惑していたでしょう。
\_____ ______
         ∨
       ∧_∧
       (,, ´ー)
       (,,,   )
       |  |  |
       (__)__)

658 名前:3/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:28 ID:PqjOnUUx
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| きょうは、今のあなたなら読める書き方をします。
\_____ _______________
         ∨
       ∧_∧
       (,,´∀` )
       (,,,   )
       |  |  |
       (__)__)

659 名前:4/11 [sage 原作を忠実に再g(ry] 投稿日:04/06/05(土) 00:29 ID:PqjOnUUx



























660 名前:5/11 [sage 原作でも52行空白らしい・・・] 投稿日:04/06/05(土) 00:31 ID:PqjOnUUx



























661 名前:6/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:31 ID:PqjOnUUx
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | いかがでしたか?
    \__  _____
         ∨
       ∧_∧
       ( ´ー`,,)
       (   ,,,)
       |  |  |
       (_(_)

662 名前:7/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:32 ID:PqjOnUUx
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 長い間、ありがとうございました。
 \____  _________
         ∨
       ∧_/,,;;;;;;;;;;;'''''''''
       ( ´∀`,,;;;;;;;;;''''''';;,,,,,,,
       (   ,,,;;;;;;;,,,,,,,;
       |  | ,,;;;;;;;''''''';,,,,,
       (_(_,,;;,,,,,

663 名前:8/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:33 ID:PqjOnUUx

        サァァァァァァ
       ;;       ;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;,     ;;;;;;;;;;;;;
       ∧;,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
       ( ´,,,,,,,,;;;;;;;;;    '''''''''''''';;;,,,,,,,,,,
       (  ,,,,,,,;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
       | ,,,,,,;;;;;;;,,,,,,,    ''''';;;;;
       (_,,,,;;;;;;  ''''''''''''

664 名前:9/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:33 ID:PqjOnUUx
           アァァァァァァァ…
                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
    ''''''''''''''';;       ;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''''''''''''''''    '''''''''''''''''
         ;;,     ;;;;;;;;;;;;;
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,  ;;;;;;; ;,,,,,,;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
'''''''    '''''''''',,,,,;'''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''''';;;,,,,,,,,,,;;;;;;;;;''''''''''''''
           ''''';;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
    ,,,,,,,,,,,,,,,,;;'''''''';;;;,,;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,;;;   ''''';;;;;
            ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  ,,,,,,,,,,,,,,,,
          '''''''''         ''''''''''''

665 名前:10/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:34 ID:PqjOnUUx




            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::                      ::
           ::    また一緒に暮らしましょう。  ::
           ::                      ::
            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




666 名前:11/11 [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:35 ID:PqjOnUUx








                        眉村卓 「妻に捧げた1778話」 最終回

667 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:36 ID:Lbl7QdfF

乙!



668 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 00:51 ID:K9PSXazk

ジョン・ケージの「4分33秒」と同じネタでつね
こっちはストップウォッチを持ってきっかり4分33秒測るそうな
その間自由に音楽を想像してください、という




670 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 01:03 ID:z5ImnGvU

きのうテレビでやってた話だな、眉村



671 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 01:35 ID:V0BCTRHj

赤塚不二夫が売れっ子だったころ、小学何年生だかに連載持ってて
締め切りに間に合わなかったためか、十数ページページの各コマ
「なし」「なし」「なし」って描いてあったのを思い出した。
途中に「読みやすいでしょう」とかあってワラタ



672 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 12:30 ID:4gvq7pYG

意味がわからんのですが・・・



673 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 13:14 ID:886gyKju

>672
SF作家の眉村卓氏は、病気の奥さんを楽しませる為に
何年ものあいだ毎日一話づつショートショートを書いてきました。(実話)

奥さんは先日亡くなられ、ショートショートは本にまとめられました。
この話>656-666は、天国に行った奥さんへ捧げた最終話を再現したものなのですよ。



674 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 13:25 ID:9lmXSTwW

>>673
亡くなったのは2年前。



675 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 14:07 ID:4gvq7pYG

>>673
解説ありがとう(ノД`)



676 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/06/05(土) 15:40 ID:S30bTmtR

5年近く毎日か、すげぇ。



| 14:15 |コメント(0)
カテゴリータグ:2004 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2004) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚

■2022/07/10(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「陰謀団ミダス」

カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



470 名前:1/68 [sage] 投稿日:2009/09/09(水) 21:41:47 ID:/RRtG39r0 (PC)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ここに、いささか抜けたところのある、ひとりの青年があった。
      彼にはまた軽率なところもあり、優秀な点は少なく
       そんなことが原因で現在は失業の身だった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                  ∧_∧
                  ( ´Д`)
                  ( ∪ ∪
                  と_)_)




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         そして、あいにくと世の中が不景気なため
         なかなか適当な職にありつけないでいた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

471 名前:2/68 [sage] 投稿日:2009/09/09(水) 21:42:35 ID:/RRtG39r0 (PC)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     もともとあまりなかった貯金も、たちまち底をついた。
      こうなると、いくらなんでも悠然としてはいられない。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                             ∧∧
                        ∧__∧(゚ω゚=;)>
                        ( ゚´Д)   )
                        /   つ




         ∧_∧
        (´∀` )
        ( {胤} ∪
         Y  [ ^ ]
           (_)__)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    きょうも彼は、恥も外聞もなく、いつも不義理を重ねている
        知人に泣きつき、紹介状を書いてもらった。
     それを手にし、就職運動に、ある建築会社を訪れた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

472 名前:3/68 [sage] 投稿日:2009/09/09(水) 21:43:36 ID:/RRtG39r0 (PC)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          受付でさんざん待たされたあげく、
         やっと人事課長というのが会ってくれた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




        ii~⌒⌒⌒⌒ ∧_∧⌒i 
        --、___________( ・∀・) __--
       i \\_________(  {胤}つ__\ \
      ::::\ ) )________ )  ) )______) )
             |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             | | .\ヽ三ヽ.___ ∧_∧
             :::::::::::| |---------(`   )
                ::| |   __i.i⌒⌒⌒⌒⌒i
                    |\i.i       .i
                   :::」\ i_____i
                    ::::::::」     ー |__



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         中年のにこやかな顔をした男だったが、
       いかにも油断のなさそうな目つきをしていた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

473 名前:4/68 [sage] 投稿日:2009/09/09(水) 21:44:31 ID:/RRtG39r0 (PC)


   ┌───────────
   │ 趣味はなんでしょうか?
   └───────v──┬───────────────
                     │ はい。テレビや映画でスパイ物を
                     │ 見るのが大好きです。
                     └───v───────────‐

      ii~⌒⌒⌒⌒ ∧_∧⌒i 
      --、___________( ・∀・) __--
     i \\_________( つ/ ̄/')_\ \
    ::::\ ) )________ )  ) )______) )
           |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | | .\ヽ三ヽ.___ ∧_∧
           :::::::::::| |---------(`   )
              ::| |   __i.i⌒⌒⌒⌒⌒i
                  |\i.i       .i
                 :::」\ i_____i
                  ::::::::」     ー |__

     ┌──────^────────────────
     │ あまり現実的な性格ではないようですな。
     │ で、前につとめていた会社をなぜやめたのですか。
     └───────┬─────^────────────────‐
                     │ やめたのではありません
                     │ ご存知のように、世の中は不景気です。
                     │ 会社が企業縮小のため人員整理をやったのです。
                     │ つまり、やめさせられたというわけです。
                     └──────────────────────


474 名前:5/68 [sage] 投稿日:2009/09/09(水) 21:45:21 ID:/RRtG39r0 (PC)


  ┌──────────────────────
  │ それはお気の毒。しかし、なんとか残れるように、
  │ 努力してみればよかったでしょうに。
  └───┬───────‐v──────────
          │ やってみましたが、だめでした。
          └───────‐v───────


             ii~⌒⌒⌒∧_∧⌒⌒⌒~ii 
             ,-、_________( ・∀・ )_________,-、
            i  l________と {胤} つ_______l  i
            |  |__________|  l  |__________,|  |
             | ̄ ̄ ̄ ̄/三/ ̄ ̄ ̄ ̄|
             |                    |
             | /三/ ∧_∧      .|
                  (;   )
                 i⌒⌒⌒⌒⌒i


       ┌────────‐^─────────
       │ なるほど、つまりあなたは会社にとって
       │ 不必要な人間と判定されたわけですね。
       └─────┬──‐^─────────
                   │ はい……
                   └─────


475 名前:6/68 [sage] 投稿日:2009/09/09(水) 21:46:09 ID:/RRtG39r0 (PC)


   ┌─────────────────
   │ なぜこの会社に就職したいのですか。
   └─────v────┬────────────────────
                     │ ほかにもいろいろ回ってみたのですが、
                     │ どこも不景気だそうで、断られてしまいました。
                     │ ですから、ぜひやとってください。
                     └──────v─────────────‐



           ∧_∧             ∧_∧
         l⌒l ・∀)            (Д`  l⌒l
          |  l   つ            ∪   l  l
          | └‐ ┐)  .||  ̄ ̄ ̄ ||   (┌‐‐┘ |
          |_____|    |_| ̄ ̄ ̄|_|    _|l  ̄ ̄ l|_



   ┌──────^───────────────────────
   │ あなたはたぐいまれな正直な人ですな。ええ、もちろんやといますよ。
   │ この不景気を乗り切るための、なにかアイデアなり計画なりを
   │ お持ちでしたら、大いに働いていただきたいと思います。
   │ ひとつ、それをお話し下さい。
   └─────────────────────────────


476 名前:7/68 [sage] 投稿日:2009/09/09(水) 21:47:05 ID:/RRtG39r0 (PC)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         まったく、意地の悪い人事課長だった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




              ┌──────
              │ その……
              └───v──‐ 

                  ∧_∧
                  ( ´Д`;) 。o(そんなもの持ちあわせてないよ……)
                  ( {胤} )




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          こっちが現実的でなく、有能でなく
          人のいい性格であることを暴露し
          そのうえ、まだからかおうとしている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

| 14:13 |コメント(0)
カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系

■2022/07/10(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「Lady for Drowning」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2009) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



454 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:50:32 ID:38FQbz5/0 (PC)

1/10


  2年ほど前私が引退しようとしていた頃のことでして、郊外の方にささやかな別荘でもと思って物件を捜しはじめました
 そう簡単に見つかるものでもなく、10軒以上の物件を見てまわってようやく、アムハーストの不動産屋で望んでいたとおりのもの
  を見つけることができました。街から2マイルほど離れたところにある小さな村の中のウェル・コテージというものでした


  
       | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
       | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
       ~~"~~"~~"~~""~~"


井戸があったのは、その庭の端でした。もちろん、長い間使われていないもので、ただ、
 それがあるせいで、ちょっと独特の面白い雰囲気になっていました
  まあ、そんなふうに思っていたのです



455 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:51:28 ID:38FQbz5/0 (PC)

2/10


  4月の晩のことでした
  もう暗くなりかけていましたが、わたしはまだ庭に腰を下ろしていました
 その日は1日陽射しが強く、室内へ入ろうと思うほど寒くなってはいなかったからです




             ∧,,∧
            ミ,,゚Д゚彡y─┛~
             ミ  ミ        __ ∧ ∧ 
               ミ   ミ    ~´ティブルス(,,゚Д゚)
,.wW,,    ,ww,,   | ̄ ̄|JJ     ∪∪ ̄ ̄U U    ,,.,、          ,.wYw,,.  
''"´''"''''゙'"''"`'''""`"゙゙'''"''''''"´'''"""''"`''''''"`""''''``''‐'''''"`゙゙"''''``''''"´''"''''


  猫が井戸の方をじっと見つめているのに気がつきました
  わたし自身は、猫が警戒しているものは全然見えませんでしたが。
  わたしは立ち上がって庭の端へと歩きました
  ティブルスについてくるように言ったのですが、一歩も動こうとはしませんでした



456 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:52:18 ID:38FQbz5/0 (PC)

3/10


   井戸の近くへ歩いていくと異常なまでの恐れと寂しさを意識しはじめ、
 それがあまりにも生々しく激しいものだったので、井戸そのものから立ちのぼる強い悪臭のように感じられました



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::
:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ∧,,∧ ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::;;;;;;       ミ゚Д゚i|!彡 ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::           ミ  ミ) ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::
 | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|   ミ  ミ  ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::
 | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|    し`J  ;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ~~"~~"~~"~~""~~"

  堪えがたいほどのものだったので、急いでそこを離れました
   井戸から遠ざかると、その恐ろしい感覚は消えました
    穏やかな4月の晩に戻ったわけです



457 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:53:39 ID:38FQbz5/0 (PC)

4/10


  その3週間ほど後にまたあったのです
 今度は、最初の晩にティブルスが見たに違いないものをわたしも見ました
   溺れた婦人を見たのです

:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;_ ;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;,' ,ノハヽ;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;川;;:::゚リ ;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;/ ii=ii| ;;;;;;;;;;:::::::::::
::::::::;;;;;;;;;;;;;;| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|;;;;;;;;;;:::::::::::
::::::::;;;;;;;;;;;;;;| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|;;;;;;;;;;:::::::::::
       ~~"~~"~~"~~""~~"

  服が水でびしょぬれになっているのが見えました
 その黄金の髪、肩にぺたりと垂れていて、目は盲目のぬれた眼差しでわたしの方にじっと注がれて、見るも恐ろしいものでした
  見えない霧のようにその人を取り巻いている、恐怖と不幸の感覚を、わたしはまた強く感じたのです

  この衝撃的な姿がどれくらい見えていたのか、わたしにはわかりません
 でも、とうとうそれは消えて、それに伴う邪悪な感覚も一緒にどこかへ行きました



458 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:54:56 ID:38FQbz5/0 (PC)

5/10


    翌朝直ちに、バスに乗ってアムハーストへ行き、不動産屋に会いました
  ウェル・コテージについて気持ちが変わったので、できるだけ早く手放したいと告げました
   引退後の静かな年月を全く知らない女の幽霊で台なしにされたくはなかったのです



   | 何か特別な理由でも?
   \___  __________
         |/

           | 期待していたような雰囲気でなかったというところがちょっと
           \_______  _____
                       \|


.     __   ∩-∩
    ヽ| ・∀|ノ  /◎\
============================     ∧,,∧
_____________ノ     ミ,,゚Д゚彡
.  ┏━━┓   ┏━━┓  |     ミ  ミ
    ━┳━     ━┳━     |      ミ  ミ
------┻---------.┻───┘      し`J



459 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:56:04 ID:38FQbz5/0 (PC)

6/10


   数日後、若い男が下見をしたいとやってきました
   コテージを見るとずいぶんと喜んでいるようでした


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|            ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;              .:.|  |;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|  |  .: |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|  : |  |;;:;;:; |          |     ||  ||  || ::;:
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  | ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     ∥     l|     |  | ;;:;;;;|          |:
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|:    |  |    |          |        
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ ∥   │l|   ;|  |;;;;;:; |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙
 wwliilwnw__,,-‐'''"    :.. .: .:  :. ,/'`゙;;;;;;;;:;;;;;;::'´゙;ll;l wliwliwli,,  ゙゙゙´''` ゙゙゙´'`゙゙wwliwli゙ ゙゙ '''' ,, ゙゙´´'


   「これこそわたしたちが捜していたものですよ
   もし差し支えなければ、今日の夕方にでも家内を連れてきて見せてやりたいのですが。
   家内が同じように気に入ったといえば、契約します」



460 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:56:56 ID:38FQbz5/0 (PC)

7/10


  わたしが庭で待っていると、彼等がやってきました
 あの若い男、不動産屋、そして───わたしは一行の前で莫迦みたいにただ見つめるだけでした
  真ん中をあの溺れた婦人が歩いていたからです

       _
      ,' ノハヽ
      川 ヮ゚リ   __
  (,,'A`)')と ii=iiつ. ヽ|・∀・|ノ
  (|  |ノ ノ__ヽ   |__|
   .し'J  し'J     | |

                    ∧,,∧
                   ミД゚ 彡
                    ミ  ミ

  「また、伺いました」と若い男が言いました
  「そうそう、これが家内です」



461 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:58:00 ID:38FQbz5/0 (PC)

8/10


 わたしは部屋を見てもらうために、3人を家の中へ招き入れました
  その後で、一人で庭の方へと歩いていきました


             ∧,,∧
            ミ ,,‐Д彡
             ミ  ミ
               ミ   ミ                               
,.wW,,    ,ww,,   | ̄ ̄|JJ         ,,.,、          ,.wYw,,.  
''"´''"''''゙'"''"`'''""`"゙゙'''"''''''"´'''"""''"`''''''"`""''''``''‐'''''"`゙゙"''''``''''"´''"''''



 頭が少しはっきりしてきた頃、この出来事と関係ありそうな本を読んだことを思い出そうとしていました
  J・W・ダンの『時間論』、ご存知でしょう
 でも、まだ狼狽えた精神状態で、決意しかねていたのですが、そのとき、3人が戻ってきました。



462 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 06:59:08 ID:38FQbz5/0 (PC)

9/10


  「ドリーンもわたしと同じようにすっかり気に入りましてね。そうだね?」
   若い女性は、楽しそうな笑みを湛えて頷きました
    わたしの心はかちっと音をたてて決まりました

 「申し訳ないのですが、気が変わりました。どうしてもお譲りすることはできません」

  3人は、じっとわたしを見つめました


 
     | でも、ちょっとあなた
     | わたしたちは欲しいんですよ。もし、値段に何か不満があるならば──
     \___  __________
           |/
    _
   ,' ノハヽ
   川д゚リ           __
  と ii=iiつ.   (;'A`)')  ~|・∀・|~
   ノ__ヽ   (/  ノ    |__|
    し'J    し'ヽ)     < |

                    ∧,,∧
                   ミ ,,゚Д゚彡
                    ミ  ミ

                     /|
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
      | 価格は全然関係ありません。お譲りするつもりがないということです。
      | わたしが言うことはそれだけです。


  やっとわたしの決意は固いとわかって、3人は出て行きました
 不動産屋はアムハーストへ戻る道すがら、すっかりわたしの気が狂ったのだと説明したに違いありません



463 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 07:00:10 ID:38FQbz5/0 (PC)

10/10


   数週間後、退役軍人にウェル・コテージを売却しました
  これは2年ほど前のことで、それ以来、あそこには近寄っていません
 当然のことながら、1つの疑問が心の中でしつこくわたしを悩ませるのです

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::
:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::
::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;:::::::::
::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;:::::::::
:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;:::::::::
::::::::;;;;;;;;;;;;;;| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|;;;;;;;;;;:::::::::::
::::::::;;;;;;;;;;;;;;| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|;;;;;;;;;;:::::::::::
       ~~"~~"~~"~~""~~"


 わたしはあの不運な若い女性の命を救うことに成功したのか、そうではなかったのか




464 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 07:00:58 ID:38FQbz5/0 (PC)


「怪奇礼讃」



エイドリアン・アリントン作   「Lady for Drowning」




465 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 13:22:06 ID:PcBnGDQe0 (PC)

>>464
久しぶりの新作でした
GJ!



466 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/26(水) 18:01:00 ID:FFzVSA2n0 (PC)

おつ
おもしろーい



467 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/08/27(木) 22:28:31 ID:z56dc1O60 (PC)

良かった!久々に世界に入り込みました。



469 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/09/07(月) 20:46:52 ID:q1F7Q8ax0 (PC)

>>464
乙!好きだわ




| 14:11 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2009) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/07/10(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「きまぐれ暦」

カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 歴史・民話・事件・逸話系(2009) 歴史・民話・事件・逸話系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



440 名前:名作ショートショート作家をAA化しよう2・1/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:09:52 ID:KX3GYmsy0 (PC)

 筒井康隆氏が作家になったばかりで、まだあの狂気のような作風じゃなかった頃。

   |    :| [BAR] .   |ニl    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   .| |   .|
   |    :|          | | |  /. ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; \  | |   .|
   |    :|          | |_| ∧∧            .\|_|   .|
   |    :|          |_| (*゚д゚)              \ ..|
   |    :|          | /つ筒つ               .\|
   |    :|        / (   /                  \
   |    :|      /   し`J    ∧☆∧            \
   |_  .|    ∧_∧       (∀` *)
   |/|_ |   (,,*`o-o)      (    )
   |//|_|/ と     つ       |  |\ \
   |//::..   | |  |       (_,,) (,,_)
   |/::..    (_(_,,)
   |::...
  /

 星新一氏、小松左京氏そのほかと大阪で飲む機会があった。

441 名前:名作ショートショート作家をAA化しよう2・1/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:11:12 ID:KX3GYmsy0 (PC)

    かなり飲んだ後、何か食べようと地下のレストランで
      カレーなど食べ始めた。

 (⌒) ̄ ̄ ̄∧∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∧☆∧ ̄ ̄ ̄)
  | | ̄ ̄ ̄ (*゚д゚) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(* ´~`) ̄ ̄..|
  | |     / つ つ        (  ー=と)     |
  | | |\ ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄\
  | |__ \\                         \
  | |\ .\\  且 (;;;;;;_)                \
  |__|  \ |\\__ ∧_∧ ___________\
   \  | .|.|| \|⊂2(o´*  )                  |
     \| .|.|| (⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
           | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

442 名前:3/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:13:19 ID:KX3GYmsy0 (PC)

 すると、突然立ち上がる筒井氏。

          .∧∧ ガタッ
 (⌒) ̄ ̄ ̄ (*゚д゚) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧☆∧ ̄ ̄ ̄) / ̄\
  | | ̄ ̄ ̄il / し J ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´∀` *) ̄ ̄..< ?  |
  | |     ili (   )        (  ー=と)     |\_/
  | | |\ ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄\
  | |__ \\                         \
  | |\ .\\  且 (;;;;;;_)                \
  |__|  \ |\\__ ∧_∧ _ / ̄\ ______,,\
   \  | .|.|| \|⊂2(o´*  ) .< ?  |           |
     \| .|.|| (⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \_/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
           | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

443 名前:4/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:15:25 ID:KX3GYmsy0 (PC)

       、_)\  ヽ、_人/WヽノしLノ(    /   ,
   \ _)   `-'    )      しr_ノ (_//_
    ヽ`          (   )          >
    <        ,,      (   )       (
   、_)      ゙ミ;;;;;,_       (         て
   \        ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,           <
    `)        i;i;i;i; '',',;^′..ヽ          (_
     ̄)        ゙ゞy、、;:..、)  }          >
  ヽー'         .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′        <
   Z        /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ        `フ
   _ノ       ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}       (⌒
   て       ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′       そ
    )      /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ    (
   <       ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}     \
   _ノ_      ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′    /⌒
    _)     /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ     て_
    >   ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}    (
  <     ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′    >   ※お食事中の方には大変申し訳ありませんが
    )                            <       実話なので辛抱してください。
  /⌒//^)/⌒V´Y⌒y'^)  r-、(⌒ヽ∧(ヽ(^ヽ\⌒\
    /          . //  `     ヽ       \
          .∧∧ ∩ '"
 (⌒) ̄ ̄ ̄ (*゚∀゚)ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧☆∧  ̄ ̄)/ ̄\
  | | ̄ ̄ ̄ / し筒/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´Д` ;) ̄ .< !! |
  | |      (   ノ         (  ー=と)    |\_/
  | | |\ ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄\
  | |__ \\                         \
  | |\ .\\  且 (;;;;;;_)                \
  |__|  \ |\\__ ∧_∧ _ / ̄\ ______,,\
   \  | .|.|| \|⊂2(o゚ ;  ) .< !! |           |
     \| .|.|| (⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \_/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
           | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

444 名前:5/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:17:21 ID:KX3GYmsy0 (PC)

・・・筒井氏、突如下ネタトーク開始。
これが長い。しかも極端かつリアル。   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         |       //      |
                         |     / .人      |
                         |     /  (__)      .|
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ∩(____)     .|  ̄ ̄ ̄\
 |    ∬ ∬    ∬ ∬    ∬ ∬  +    . |  .|( ・∀・)_  |      |
 | +   人      人      人     +.   |,./ |   ヽ/  ..|      |
 |     (__)    (__)    (__)       | ̄ ̄ ̄"∪   /::\    .|
 |  + (__)   (__)   (__)    +  | ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄:::::::;;;;;;;)     .|
 | + ( __ )  ( __ )  ( __ ) +     .|  \_―― ̄ ̄::::::::::\   _|
 |  ( ´∀`∩ (´∀`∩) ( ´∀`),,     |  ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)   |
 |(( (つ   ノ (つ  丿 (つ  つ )) +   .|/ ̄――――― ̄ ̄::::::::\..|
 |   ヽ  ( ノ  ( ヽノ   ) ) )        .|          ::::::::::::::::::::::::::::::::)|
 |   (_)し'  し(_)  (_)_)       |\__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ |
 \_____  ___________/ ___  _______/
          ∨                      )ノ
             ∩
         ,,∩∧∧ミ
 (⌒) ̄ ̄  と`(*゚∀゚)'つ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧☆∧  ̄ ̄)
  | | ̄ ̄ ̄  シ 筒 /´  ̄ ̄ ̄ ̄ (´Д` ;)オエエ...
  | |      (   ,ノ        と  と  /    |
  | | |\ ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄ ̄ ̄(;;;;;;_) ̄且 ̄\
  | |__ \\                         \
  | |\ .\\  且 (;;;;;;_)                \
  |__|  \ |\\__ ∧_∧ ___________\
   \  | .|.|| \|⊂2(o´;ill  )                  |
     \| .|.|| (⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
           | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

   おしゃれで好男子の筒井氏が、直立不動の大真面目でそんな話をえんえんと続ける。
    それはこの世のものとは思えない光景だったという・・・。

445 名前:6/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:19:02 ID:KX3GYmsy0 (PC)

 話の内容はあまりにもあんまりなので文字にすることは到底出来ない・・・

                     ______
                    |\_~三三三\
                    |  |  ̄ ̄ ̄ ̄|
                    |  | ベト     . |
                    |  |  ナム  ..|
                    |  |   観光  |
                    |  |    公社 |
                     \_| ____|
                      `´

   と言いたいところだが、この内容は後に「最高有機肥料」という作品になった。
     好奇心のある方はお読みになるといい。カレーでも食べながら。

446 名前:7/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:20:51 ID:KX3GYmsy0 (PC)

 その後彼は世界でも類を見ないような、妄想の権化のごとき作品を次々発表。

          ┌───┐
          |脱走  |    ,,┌───┐
  うっひょう. |  追跡 ミ   -=≡俗物 ..|
          └○ミ、  ゙      | 図鑑 |     ┌───┐
    ┌──┐.∧ ∧ ○       └───┘     |発作  |
    |ベ観 .| (,,゚ ∀。)  )))'´\           -=≡三  作品.|
    | 公 ⊂  筒  ○' アフ ,>               └───┘
    └──┘⊂_  /< リカ ,/
            ソ  ヽ、/


                      ならば、その酒癖もそれにしたがってすさまじく・・・



         ∧☆∧ ?     \   ∧ ∧   /
         (,, ´Д`)            (^д^,,)  ギコハハハ
         (    )     ─    と 筒 つ   ─
         |  |  |             |   |
         (,,_)_)       / .  ∪^∪   \

 ・・・ならなかった。その後筒井氏のそんな姿を見ることは二度となかった。

447 名前:8/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:22:13 ID:KX3GYmsy0 (PC)

 作品内に狂気を封じ込める方法を見つけたのだろうか。

  |  ||;;|||;;|        ||;;|||;;||___ | ) (  |::Jazz:::|
  |  ||;;|||;;|        ||;;|||;;|| [][][]|(  )  | ;;;;;;;;;; |
_|三三三三      三三三三三三三三||   ̄ ̄ ̄
 /|
,/ :|  ∧☆∧   ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄(  ´Д) ̄ (д-;) ̄< ふざけた手紙や電話が来て・・・
__ /    つ_と   ヽ__\____________
  (   ⌒)    /   ~
 ━┳━ ノ    (━┳━     ━┳━     ━┳━

     彼自身もあまりに作品と同一視されるといって迷惑していた。
      実際の彼はとても育ちが良くて、気持ちよく同席できる人物なのだ。

448 名前:9/9 [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 06:24:40 ID:KX3GYmsy0 (PC)

  しかし、ふと目の前の人物があんな小説を書くやつだと思い出すと、

P/||仝/  ||/ .  /||  /    /   ∧☆∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. /.||. /.__|| .㍑/ .||. /    /   (´Д` ) 。o ○| あの頭、どっかで異次元とつながってるんじゃ・・・
/ ||/ .∩/||Д/  ||/    /  目⊂   )     .\________________
_.|| .‰/ .||. /   .||    /   ∧ ∧___)~]
E/||&/  ||/  /    /    (Д゚ ,,)┳~                          などと思う。
../ ||. /.__||  /    /  日と  \/
/ ||/ .Ⅱ/|| /     /    /( r┳
_.|| .日/ .||./     /    / `..┃
8/||凸∩∧_∧   /    /::.  ┻
../ || ./.| (    ) /    / ̄ ̄」
/ ||/ .ヽ(  ○ )/    /_|.┃~
_.||  / |  |  |./ .   /.  ┻
0/||. / (__)__/  .  /                                     オワリ

出典は星氏のエッセイ「きまぐれ暦」

449 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 11:19:03 ID:OwbGYU4m0 (PC)





450 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 21:07:08 ID:VtJUNX3X0 (PC)

カレー



451 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/07/16(木) 21:53:01 ID:Pw6OGUBM0 (PC)

久々の作品じゃあ!乙!
きまぐれ暦読み直してみるかなぁ



452 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/07/17(金) 12:52:52 ID:ljM7/rpW0 (PC)

おつ



453 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/07/18(土) 12:02:19 ID:Y6PDsP/R0 (PC)

乙でした!




| 14:09 |コメント(0)
カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 歴史・民話・事件・逸話系(2009) 歴史・民話・事件・逸話系

■2022/06/22(水) 名作ショートショートをAA化しよう 「靴」

カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2009) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



408 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 21:17:49 ID:iE5GsQc80 (PC)
   ─━ 靴箱の前に男物の靴が一足出ていたので母さんに訊いた ━─

                ┌─────────
                |この靴はどなたの?
                └───/─────
┌────────────────
│何を言っているの?父さんのじゃない
└──\──────────────
     ∧∧                          ./_____/|
     (*゚ー゚)          /∧                  |    |    |  |
___(l^!{^)______(- ゚* )_________.|   。| 。  |  |
     ノ_j,|__ゝ          i  つ           / |__|__|/
     し' J            ∪ J           / /
                             ./ /どつ
___________________/ / どつ
                            |/

409 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 21:19:02 ID:iE5GsQc80 (PC)
                 ┌─────
                 │……そうね
                 └──/───
     ∧∧                           /_____/|
     (*゚ー゚)          ∧ヘ               .|    |    |  |
___(l^!{^)_____  ( *゚ -)_________ |   。| 。  |  |
     ノ_j,|__ゝ         ~ U i            / |__|__|/
     し' J           (/ J           ./ /
                             ./ /どつ
___________________/ / どつ
                            |/

   ─━ 母さん大丈夫かしら。とっくにいない人のことなんか。 ━─

410 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 21:19:50 ID:iE5GsQc80 (PC)
        ─━ 靴箱の前を通りかかると娘が訊いた ━─

                ┌─────────
                |この靴はどなたの?
                └───/─────
┌────────────────
│何を言っているの?父さんのじゃない
└──\──────────────
     ∧∧                          ./_____/|
     (*゚ー゚)          /∧                  |    |    |  |
___(l^!{^)______(- ゚* )_________.|   。| 。  |  |
     ノ_j,|__ゝ          i  つ            / |__|__|/
     し' J            ∪ J           / /
                             ./ /どつ
___________________/ / どつ
                            |/

411 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 21:20:22 ID:iE5GsQc80 (PC)
                 ┌─────
                 │……そうね
                 └──/───
     ∧∧                           /_____/|
     (*゚ー゚)          ∧ヘ               .|    |    |  |
___(l^!{^)_____  ( *゚ -)_________ |   。| 。  |  |
     ノ_j,|__ゝ         ~ U i            / |__|__|/
     し' J           (/ J           ./ /
                             ./ /どつ
___________________/ / どつ
                            |/

 ─━ 娘は時々同じ質問をする。まるで父さんなんていないとでも言いたげに。 ━─

412 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 21:20:56 ID:iE5GsQc80 (PC)
                ┌─────────
                |この靴はどなたの?
                └───/─────
┌────────────────
│何を言っているの?父さんのじゃない
└──\──────────────
     ∧∧                   l二二l__   /_____/|
     (*゚ー゚)          /∧          (,,゚Д゚)     |    |    |  |
___(l^!{^)______(- ゚* )____ (_||__||)__..|   。| 。  |  |
     ノ_j,|__ゝ          i  つ      .| ゚T゚|  / |__|__|/
     し' J            ∪ J       .し' J / /
                             ./ /どつ
___________________/ / どつ
                            |/

413 名前: ◆roku6g10uM  [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 21:21:29 ID:iE5GsQc80 (PC)
                 ┌─────
                 │……そうね
                 └──/───
     ∧∧                   l二二l__    /_____/|
     (*゚ー゚)          ∧ヘ       (,,-д)     |    |    |  |
___(l^!{^)_____  ( *゚ -)____ (_||__||)__ |   。| 。  |  |
     ノ_j,|__ゝ         ~ U i       | ゚T゚|  /..|__|__|/
     し' J           (/ J       .し' J ./ /
                             ./ /どつ
___________________/ / どつ
                            |/

          ─━ 妻と娘がまたおかしな会話をしている。 ━─
      ─━ 靴箱の前に立っている私の、足元だけ見つめながら。 ━─

414 名前: ◆roku6g10uM  [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 21:22:26 ID:iE5GsQc80 (PC)

ショートショートの広場20より
「靴」  やまちかずひろ
でした。



415 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 22:35:53 ID:1SKEmVqj0 (PC)

嗚呼・・・・・・



416 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/21(水) 23:09:06 ID:ddhBheVn0 (PC)

otu



417 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/22(木) 21:38:43 ID:c0CrgtRa0 (PC)

おとうさん…



419 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/23(金) 02:00:22 ID:y75i5O0u0 (PC)

靴が無いから実は妻と娘は死んでいると考えたら・・・



420 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/23(金) 07:18:08 ID:nEhiKCAU0 (PC)

>>413
父は靴を履いてるんじゃないの?




| 00:16 |コメント(0)
カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2009) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/06/22(水) 名作ショートショート作家をAA化しよう 1

カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 歴史・民話・事件・逸話系(2009) 歴史・民話・事件・逸話系 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



428 名前:名作ショートショート作家をAA化しよう・1/5 [sage] 投稿日:2009/04/02(木) 03:52:25 ID:DBoHtwpc0 (PC)

 小松左京氏と星新一氏が鍾乳洞に出かけた。

    ∧_∧   ∧☆∧
   (,,`o-o´).  (,, ´∀`)
   (    )  (    )
   | | | .  | | |
   (__)_)  (__)_)

429 名前:2/5 [sage] 投稿日:2009/04/02(木) 03:53:29 ID:DBoHtwpc0 (PC)


γ;;;";;;~゙;;:;;:::Y~;;::;;;''";;::;;;;⌒/;;::;~;;;v;;;;;ヽ,,
;;::;;ヽ;;;l;::;::::;;;;/;;::;;/;;;;::;;;、;;l;;::;;;);;;:::;;;;√;;;:)
;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;/;;;;;::;;ヽ;;;:::へ;;;::>;;::::;;ソ;;Y;;
:;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;√;;::::人;;:::l;;::;;::;;::<出口>;;::;;>::
;;;::人:;;;;;::ヾ;;::::;;V;;;:::;;)~;;;:::;;;/iiii!:::..l;;::;;ヽ;;>:
;;::::;;;);;;:::;Y;;;;::..;;ヾ;;;:::(;;:::::;;;ゞiiiii!i!:::.:.l;;:::/;;:ヽ
v:::::::::;;;;:y;;::;;;;:ノ;;;:::::;;<;;;::;;;;liiiiii!i!::::..:...l;;-;;::~v;;>
√;;;::::::/;;:::::ヽ;;:::::vヾ;;;::::ノiiiiii!i!::::..:.....l;;::::;;ヽ;;)
;;、;;;llv;;;v::~::;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;::liiiiiiii!i!:::..:.......l;;;:::::ノ;;l---------------
;;::::;;Y;;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;;;::ノiiiiii!i!i::::..:........l;;;::ヽ;;::l   ◎
;;:::::ノ;;;:::::::√;;::::人;;::::ノiiiiiii!i!i!:::::::........(;;;:::/;;;::> ヾ|ノ
"-~゙`ー-'"-、-"ー"゙~~''''''''''''''''''''''''''''''''ー-"ー"゙~
     ∧_∧
    .(`o-o´,,)       ∧☆∧
     と と  )─-,、   (∀` ,,)
     ( (  )--  l   (    )
     し´ し´ー-─'   .|  | |
              .  (_(_,,)

     見物を終えて、外で休んでいると、

430 名前:3/5 [sage] 投稿日:2009/04/02(木) 03:55:52 ID:DBoHtwpc0 (PC)


γ;;;";;;~゙;;:;;:::Y~;;::;;;''";;::;;;;⌒/;;::;~;;;v;;;;;ヽ+   +
;;::;;ヽ;;;l;::;::::;;;;/;;::;;/;;;;::;;;、;;l;;::;;;);;;:::;;;√γ⌒ヽ  
;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;/;;;;;::;;ヽ;;;:::へ;;;::>;;::::;ソ(,, ´Д`) +
:;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;√;;::::人;;:::l;;::;;::;;::<出口/⌒   ヽ
;;;::人:;;;;;::ヾ;;::::;;V;;;:::;;)~;;;:::;;;/iiii!:::::.| |     | |
;;::::;;;);;;:::;Y;;;;::..;;ヾ;;;:::(;;:::::;;;ゞiiiii!i;;:::ノ \\./.| |
v:::::::::;;;;:y;;::;;;;:ノ;;;:::::;;<;;;::;;;;liiiiii!i!::::/   .\\.| |
√;;;::::::/;;:::::ヽ;;:::::vヾ;;;::::ノiiiiii!i!::./ /⌒\し'(ノ
;;、;;;llv;;;v::~::;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;::liiiiiiii./ /;;   ;;;;> )-------------
;;::::;;Y;;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;;;::ノiiiiii!/ /;;   ;;;;;;;/ /  ◎
;;:::::ノ;;;:::::::√;;::::人;;::::ノiiiiiii!i!し';;   ;;;;;;;(_つ ヾ|ノ
"-~゙`ー-'"-、-"ー"゙~~''''''''''''''''''''''''''''''''ー-"ー"゙~
     ∧_∧
    ミ,,  `o-)       ∧☆∧
     と と  )─-,、   .ミ    ,,)
     ( (  )--  l   (    )
     し´ し´ー-─'   .|  | |
              .  (_人_)

      出口からお坊さんが出てきた。

431 名前:4/5 [sage] 投稿日:2009/04/02(木) 03:58:26 ID:DBoHtwpc0 (PC)

      すると星氏は

γ;;;";;;~゙;;:;;:::Y~;;::;;;''";;::;;;;⌒/;;::;~;;;v;;;;;ヽ   そ
;;::;;ヽ;;;l;::;::::;;;;/;;::;;/;;;;::;;;、;;l;;::;;;);;;:::;;;√γ⌒ヽ て
;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;/;;;;;::;;ヽ;;;:::へ;;;::>;;::::;ソ(,,´Д`,)
:;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;√;;::::人;;:::l;;::;;::;;::<出口/⌒   ヽ
;;;::人:;;;;;::ヾ;;::::;;V;;;:::;;)~;;;:::;;;/iiii!:::::.| |     | |
;;::::;;;);;;:::;Y;;;;::..;;ヾ;;;:::(;;:::::;;;ゞiiiii!i;;:::ノ \\./.| |
v:::::::::;;;;:y;;::;;;;:ノ;;;:::::;;<;;;::;;;;liiiiii!i!::::/   .\\.| |
√;;;::::::/;;:::::ヽ;;:::::vヾ;;;::::ノiiiiii!i!::./ /⌒\し'(ノ
;;、;;;llv;;;v::~::;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;::liiiiiiii./ /;;   ;;;;> )-------------
;;::::;;Y;;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;;;::ノiiiiii!/ /;;   ;;;;;;;/ /  ◎
;;:::::ノ;;;:::::::√;;::::人;;::::ノiiiiiii!i!し';;   ;;;;;;;(_つ ヾ|ノ
"-~゙`ー-'"-、-"ー"゙~~''''''''''''''''''''''''''''''''ー-"ー"゙~
     ∧_∧    .∧☆∧   、_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_,
   Σ ,, ;`o-)   (,,, ´∀)) < やや!鍾乳洞から大入道が出てきた!  (
     と と  )─-と     ノ   ) これが本当の「大は小を兼ねる」だーッ!(
     ( (  )-- / /> >   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒`
     し´ し´ー-(,,_)(,,_)

                                   ・・・とはやし立てた。

432 名前:5/5 [sage] 投稿日:2009/04/02(木) 03:59:37 ID:DBoHtwpc0 (PC)

 さすがの小松氏も驚いて

γ;;;";;;~゙;;:;;:::Y~;;::;;;''";;::;;;;⌒/;;::;~;;;v;;;;;ヽ
;;::;;ヽ;;;l;::;::::;;;;/;;::;;/;;;;::;;;、;;l;;::;;;);;;:::;;;√γ⌒ヽ
;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;/;;;;;::;;ヽ;;;:::へ;;;::>;;::::;ソ(# ´Д`)
:;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;√;;::::人;;:::l;;::;;::;;::<出口/⌒   ヽ
;;;::人:;;;;;::ヾ;;::::;;V;;;:::;;)~;;;:::;;;/iiii!:::::.| |     | |
;;::::;;;);;;:::;Y;;;;::..;;ヾ;;;:::(;;:::::;;;ゞiiiii!i;;:::ノ \\./.| |
v:::::::::;;;;:y;;::;;;;:ノ;;;:::::;;<;;;::;;;;liiiiii!i!::::/   .\\.| |
√;;;::::::/;;:::::ヽ;;:::::vヾ;;;::::ノiiiiii!i!::./ /⌒\し'(ノ
;;、;;;llv;;;v::~::;;^:;;:ノ;;::;;;;:::;::liiiiiiii./ /;;   ;;;;> )-------------   
;;::::;;Y;;;:::;ヽ;;;;;;;;:ヽ;;:;:;;;;::ノiiiiii!/ /;;   ;;;;;;;/ /  ◎         +x_
;;:::::ノ;;;:::::::√;;::::人;;::::ノiiiiiii!i!し';;   ;;;;;;;(_つ ヾ|ノ     ∧☆∧ .'
"-~゙`ー-'"-、-"ー"゙~~''''''''''''''''''''''''''''''''ー-"ー"゙~_      ヽ(´∀` *)7 ワーイ
                         ∧_∧  /`ヽJ   ,‐┘ ワーイ
              .          (,, ;`o-) ´`ヽ、_  ノ "
        ,,-ー─-,、            /    つ     `) )
        | ---  l           (    /
        `ー--─'           (_(,,_)
                      /(
              / ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              | これ、星ちゃん、およしよ       .|
              |                  およしってば  |

                   と制止したものの聞く耳持たず。
         お坊さんは怖い顔で二人をにらんでいたという(実話)。

                                              ~終わり~
                                               出典は星氏の本のどれか。

433 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/04/02(木) 11:33:49 ID:VWBezBeq0 (PC)

マジかw乙



437 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/05/05(火) 21:15:46 ID:T+yveayo0 (PC)

昔はSF作家同士仲がよかったと聞くが、
こういうこともあったんだなぁw



438 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/05/06(水) 00:17:07 ID:UW7DjFJr0 (PC)

>>437
小松・星・筒井・平井あたりはプライベートでも仲がよくて、しょっちゅう
一緒に飲みに行ったりしてたからね
銀座に行き着けのバーもあったというし

そのへんのアホ話から派生した短編なんかもわりとある




| 00:15 |コメント(0)
カテゴリータグ:2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 歴史・民話・事件・逸話系(2009) 歴史・民話・事件・逸話系 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系

■2022/06/22(水) 名作ショートショートをAA化しよう 「august heat」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2009) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



383 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:33:34 ID:f3MaQNgK0 (PC)
1/18


 一九〇‐年八月二十日
 クラップハム、ペニストン・ロードにて
 自分は今、自分の生涯のうちでもっとも特筆しべき日だと思うことを経験したばかりのところだ

     ノノ(ヽヽゝ +
   +  ( ´一`)
     (φ   )             
    ̄ ̄\三三\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    
                      \  
 そこで、ことのいきさつがまだ頭の中になまなましているうちに、
 なんとかしてできるだけ明細にそれを書きつづっておきたいと思う
 まず冒頭に言っておくが、自分の姓はジェイムズ・クレアレンス・ウイゼンクロフトというのである



384 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:34:13 ID:f3MaQNgK0 (PC)
2/18


今朝、自分は九時に朝飯をたべて、一服やりながら、鉛筆でなにか描きたいものだが、
  なにかうまい材料はないかなあと思って、ぼんやりそのほうへ心を向けていた


                ,-─-、               
               ∥ノノ(ヽヽゝ             
               || ( ´一`)            
             _|| (    VY─┛~    
             \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_\       
             .||.i\   ̄ ̄   、__ノフ \     
             .||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\    
             .|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |    
             .||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~^゙||    


 とびらも、窓もあけっぱなしにしてあるくせに、部屋の中は息が苦しくなるくらいムンムン暑い
       この近くで涼しくって気持ちのいいところといったら、
  さしづめ公衆水浴場の奥なんかが一番いいだろうなあと考えたとたん、
       ふっと画想が浮かび、それから描きだした



385 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:34:52 ID:f3MaQNgK0 (PC)
3/18


 絵づらは、裁判長が判決を下したその直後の、被告席にいる犯人を描いたものである
   顔の表情から受ける感情は、完全な放心状態にひとしい愕然のそれである

                 ∧w∧
                 (゚Д゚i|!;)
                 |  ∪
               [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
                   |        |
                   |        |

   そのからだをささえるだけの力は、いま、この男のどこにもないように見える




386 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:35:34 ID:f3MaQNgK0 (PC)
4/18


 自分はこのスケッチ画をグルグルと筒に巻くと、どうしてそんなことをしたのか
   自分でもわからないが、そのままポケットにそれをしまった
 それからいい仕事をしたあとの、めったにない幸福感にひたりながら、家を出かけた


           ノノ(ヽヽゝ
            ( ´一`)
             (     )
     ∬      人  Y         ∬
.            (__ ヽ_)     ∬       ∫



 家を出かけたのは、トレントンのところをたずねてやろうという下心があったのだと思う
 でこぼこに波を打ってるのがはっきり目に見える、ほこりっぽいアスファルトの舗道から、
  むんむんあがってくる猛烈な暑さであった



387 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:36:21 ID:f3MaQNgK0 (PC)
5/18


空き地からのんきな口笛の声にまじって、槌の音、たがねで石を打つ音がきこえてくる
  自分はなんの気もなしに、ズカズカ中へ入っていった



          ∧w∧
       .-‐‐(    )
       | ⊂    ヽ
       |   ( _ @ 
                     ノノ(ヽヽゝ
                      (一`  )

  一人の男がこちらへ背を向けて、美しい縞目の大理石の薄板を前にして、
    余念無く仕事をしていた



388 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:37:03 ID:f3MaQNgK0 (PC)
6/18


 その男が自分の足音をききつけて、クルリとこちらへ向きをなおしたとたんに
   自分はアッといってそこに立ちすくんでしまった


                        从
                   ノノ(ヽヽゝ
       ∧w∧ 彡     (´一` ;)
    .-‐‐(  ゚Д)       (    )
    | ⊂    ヽ        | |  |
    |   ( _ @       (_(__)


   その男は。さっき自分が絵にかいた男であった
  もっとも顔は同じだが、表情は絵とまるっきりちがう



| 00:12 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2009 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2009) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2009) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/06/12(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「the open window」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



366 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:40:49 ID:sik8CUnG0 (PC)
1/11

              | 叔母はじき降りてまいります、ナトルさま
              | それまでの間、わたくしのようなものでご辛抱おねがいいたしますわ
              \____  _____
                      \|


                  ∧_∧          
              i\ ・∀・)              i\
              |\i  つ           _ |\i           
             |\|  ⌒)           |\ \|          
  .             | ̄ |J             | ̄ |                      
                         (\   /~~)    
                         \\ / /゙     
                           | || |       
                         ノハヘヽヾ     
                         (ワ`  ソ│    
                          と(~g~Oリ   
                               <ハんソ>     
                           (_/_ヽ_)

     フラムトン・ナムルは後からあらわれる叔母を不当に無視せず、
      目の前の姪を正当に喜ばせるようなことを言おうと努力した
そして、心の中では、こうしてまるで見も知らぬ人たちを、訪問して自分の神経衰弱の
      治療の助けになるかどうか、前にもまして覚束なく思った


367 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:42:42 ID:sik8CUnG0 (PC)
2/11

                | このあたりに、お知り合いはたくさんいらっしゃいますの?
                \____  _____
                        \|

        | それが一人もありませんのでね
        | 四年前、姉がこちらの牧師館に滞在したことがありますので、
        | こちらの方々に紹介状を書いてくれたのです
        \___  _____
              |/            (\   /~~) 
                            \\ / /゙
                              | || |
                  ∧_∧           ノハヘヽヾ
              i\  ・∀)          リ(ー` ソ|
              |\i  つ          0(~g~Oリ |          
             |\|  ⌒)           <ソんハゝ|          
  .             | ̄ |J           し | ̄ |   



368 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:44:06 ID:sik8CUnG0 (PC)
3/11

   「では、叔母のことはあまりご存知ではないのですね」

   「お名前とお所だけですよ」

                | 叔母はちょうど三年前に、大きな不幸に見舞われました
                | あなたのお姉さまがお帰りになった後なのですね
                \____  _____
                        \|
        |  不幸って?
        \___  ___
              |/            (\   /~~) 
                            \\ / /゙
                              | || |
                  ∧_∧           ノハヘヽヾ
              i\  ・∀)          リ(ー` ソ|
              |\i  つ          0(~g~Oリ |          
             |\|  ⌒)           <ソんハゝ|          
  .             | ̄ |J           し | ̄ |   


369 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:44:58 ID:sik8CUnG0 (PC)
4/11

                | 十月の午後だというのに、窓をこんなに開けはなしにしておくのを、
                | 変だとお思いになるかもしれませんわね
                \____  _____
                        \|

        | 季節にしちゃ、ちょっと寒いですからね。
        | でも、あの窓がその不幸と何か関係でもあるのですか
        \___  _____
              |/  


           ┌===========┬===========================┬===========┐
           | |三三三三三| | '"´WWii WwiiiiiiW wiliWwiiiリリ .  | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |    |i:|  |i:| |:|   |i:| |:|.     | |三三三三三| |
           | |三三三三三| | |`'^`|i:|^`^''^`^`^`'' |i:|^`^'      | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |   ~^~^      ~^~^        | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |      wwwiiiiw  ‐''''' .      | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |                     | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |                     | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |           ''''``''‐'''''゙..    | |三三三三三| |
           | |三三三三三| | ,.wYw,,...                | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |          (\   /~~)     | |三三三三三| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\ / /゙  ̄ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄ 
                                 | || |
                     ∧_∧           ノハヘヽヾ
                  i\   ・)           (`  ソ | |
                  |\i  つ          0(~g~Oリ |          
                 |\|  ⌒)           <ソんハゝ|          
  .                 | ̄ |J           し | ̄ |   



370 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:45:57 ID:sik8CUnG0 (PC)
5/11

           「あの窓からちょうど三年前の今日、叔父と叔母の二人の弟が、
            猟に出て行きました。そしてそのまま帰ってきませんでした
             まちがって沼地に、三人とも呑み込まれてしまったのです
その年は雨の多い夏だったので、今まではなんともなかった場所が、前触れもなしにいきなりくずれたのですわ
             死骸はあがりませんでした。それがまたいけないのです」

   少女の声は、今までの落ち着いた調子を失い、たどたどしい、人間味をおびた調子になった

                | 気の毒に、叔母はそれ以来ずっと、あの人たちと、
                | それから一緒に呑み込まれた茶色のスパニエル種の犬とが帰ってきて
                | いつも通り、あの窓からはいってくると、思い続けているのですわ
                \____  _____
                        \|
                            (\   /~~) 
                            \\ / /゙
                              | || |
                  ∧_∧           ノハヘヽヾ
              i\  ・Д)          リ(´-`i|!;ソ|
              |\i  つ          0(~g~Oリ |          
             |\|  ⌒)           <ソんハゝ|          
  .             | ̄ |J           しし| ̄ |   

                          /|
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             | ですから、窓はすっかり暗くなるまで、毎晩明けたままにしてありますの
             | 叔父は白い防水外套を腕にかけて、末の弟ロニーは叔母が神経にさわるというので
             | 叔母をからかう時『バーティ、なんでおまえは跳ねるのだ』を歌いながら、出て行ったんですって



371 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:47:02 ID:sik8CUnG0 (PC)
6/11

           | わたくし、今日のようなひっそりした夕暮など、あの人たちが三人そろって、あの窓から
           | 入って来るんじゃないかという気がして、ゾッとすることが───
           \_______  _____
                       \|


                              /~__)/)
                             / ///
                              | || |     ∧(((∧
                  ∧_∧           ノハヘヽヾ   ((-∀-゚)))
              i\. ;・∀)          │ノ;´д`)|   ((  ))( ((
              |\i  つ          0(~g~Oリ |    /__ヽ))      
             |\|  ⌒)           <ソんハゝ|    Y 人       
  .             | ̄ |J           しし| ̄ |    (_)し


                                   /|
                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      | ヴェラでちゃんとお相手できましたかしら

                 |\
         / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | とっても面白いお話をうかがいましたよ



372 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:48:23 ID:sik8CUnG0 (PC)
7/11

     「窓を開け放しにしたりして、お気にかけないでくださいましな
        良人と弟たちが、猟からそのまま帰って参ります
      そして、いつもあの窓からはいって来るのでございます
      今日は沼地でシギ射ちに出かけたのでございますから、
    またさぞ敷物をめちゃめちゃにいたしますことでございましょう
       男の方って、みなさん同じことでございますわね」

           ┌===========┬===========================┬===========┐
           | |三三三三三| | '"´WWii WwiiiiiiW wiliWwiiiリリ .  | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |    |i:|  |i:| |:|   |i:| |:|.     | |三三三三三| |
           | |三三三三三| | |`'^`|i:|^`^''^`^`^`'' |i:|^`^'      | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |   ~^~^      ~^~^        | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |      wwwiiiiw  ‐''''' .      | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |                     | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |                     | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |           ''''``''‐'''''゙..    | |三三三三三| |
           | |三三三三三| | ,.wYw,,...                | |三三三三三| |
           | |三三三三三| |                      | |三三三三三| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                               
                     ∧_∧             ∧(((∧
                  i\ ・Д)            ((∀・゚ )))
                  |\i  つ           ((  ))( ((          
                 |\|  ⌒)           /__ヽ))          
  .                 | ̄ |J           しし| ̄ |   


    彼女は猟のことや、鳥が少なくなったことなどを、陽気に話した
      フラムトンにしてみれば、気味悪さでいっぱいだった
   彼は必死になって、もっと不気味でない話題へ変えようと努力した
夫人が彼に一片の注意しかはらわず、眼は絶えず開いた窓から、その先の芝生へと移しているのに彼は気がついた



373 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:49:17 ID:sik8CUnG0 (PC)
8/11


              | ああ、やっと帰って来ましたわ!
              | ちょうどお茶に間に合って。それにまるで眼まで泥んこになったみたいじゃございませんか!
              \_______  _____
                          \|
                     ∧_∧             ∧(((∧
                  i\;・∀・)            ((∀・゚*)))
                  |\i  つ           ∩∩))( ((          
                 |\|  ⌒)           /__ヽ))          
  .                 | ̄ |J           しし| ̄ |   



  フラムトンはちょっと身震いして、同情をこめた理解を伝えるつもりで姪のほうを見やった
     少女は眼に放心したような恐怖を浮かべて、開いた窓から外を見つめていた

                 (\   /~~)    
                 \\ / /゙     
                   | || |       
                 ノハヘヽヾ     
                 リ(´-`i|!;│    
                  と(~g~Oリノ    
                   <ハんソ>     
                   (_/_ヽ_) ,,    

  名状しがたい不安に、ゾッとするような衝撃をうけて、フラムトンは座ったまま振り返って、
       少女が見てる方向に眼をやった


374 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:50:13 ID:sik8CUnG0 (PC)
9/11

 濃くなりまさる宵闇の中に、三人の人影が、芝生を横切って窓の方へ歩いてきた
     三人とも猟銃をかかえ、一人は白い外套を肩にかけていた
      茶色のスパニエルが、三人のすぐ後からついて来た
すぐ薄闇の中から『バーティ、なんでおまえは跳ねるのだ』を歌う、若い、しわがれた声が聞こえた

  ;;;;::.::;;:::::::::::.::::..::::::::..,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;:::.:::.;;;;;;;;;;;;;;.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...::...,;;;:..:.:::::::: . ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;...::.:;;;;;;;
  ::.::..:.:::;;:::;;;;;;;;;;;;::::.;;;;;;;::::::;::.;;;;;;:::..     .::::.,::;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: ::;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;::: ::::;;;;;;:: ::: ::::...  .: . . _∩_  ..:;;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: :;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス  :: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;; .:;;;;;;;
  : :. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;..    从    θ斤:エh u    .:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;
  ;;;;:;,:.:;;;;;;;;;;;;::::    《Y》_   ∪レ..... 弋|      :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ    ∧_∧;;;;;/)_/);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,:..     (∨ヘ      |....|: .)   彡´;;;∀;;;;)< ゚ _・゚>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::....    .|;|レ'      .(_;);;.| -~、(..:..:..:,,;,;);/;;;;;;;;;|:::::: :::: ::::
  、 ._  _.:;~⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....::,...⌒~^⌒ ̄ ̄`~.,)_:::;:..:::
   ⌒ ⌒    ....::::::::::.:::.::;: :::... .:::: :::.  ..::  :::::::: ;::::::;:;.;:;,;,.,,; ...::⌒
  :;;;:::;::;: :::;:;;:::::::..::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  :; ..;::::::;::;: :::;:;;:;:::::;: :::;:;::
             ~♪   ~♪

 フラムトンは夢中でステッキと帽子をつかんだ
 そして、まっしぐらに逃げ出す彼の眼には、玄関のドアも、砂利敷きの車道もぼんやりとしかうつらなかった


  -=≡       ∧_∧o━━┛
 -=≡  __  ( ;∀;)彡
-=≡ _|___|_⊂   o━━┛
 -=≡       ( ⌒)  
  -=≡      c し'



375 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:51:35 ID:sik8CUnG0 (PC)
10/11

「ただいま」と白い防水外套の男が窓からはいりながら言った。




   | 相当泥だらけになったが、たいてい乾いたよ
   | ぼくたちが来ると、急いで駆け出した男は誰だい
   \___  __________
         |/

   ∧_∧           ∧(((∧ 
  彡´・∀・)  ))        ((-∀-゚)))   
  / つ ∪            ((  ))( ((  

                     /|
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | ずいぶん変な方ですわ、ナトルさんとかいって
      | あなた方がお帰りになると、さよならとも失礼とも言わず大急ぎで逃げ出しておしまいになるなんて
      | あれじゃ、誰だって幽霊でも見たのかと思いますわ



376 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:52:52 ID:sik8CUnG0 (PC)
11/11

   | わたくし、犬のせいだと思うわ
   | 犬が大嫌いだって言ってらしたんですもの。
   | ガンジス川の岸かどこかで、野良犬の群に追っかけられて、墓場に逃げ込んで、
   | 頭の上で犬が吠えたり、唸ったりしてる間、新しく掘った墓穴の中で、
   | 一晩じゅう過ごしたことがあるんですって。恐くなるのもあたりまえですわ
   \___  __________
         |/
        ,,
       /~__)/)
      / ///
       | || |        
     ノヘハヽヾ  +   
    │ノ ´ワ`)リ   +
    ノリO~g~)つ   +
     <ソんハゝ     
      (_/_ノ  
     

 即座に話をつくりだすのは彼女の得意とするところであった



377 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2009/01/08(木) 23:53:33 ID:sik8CUnG0 (PC)

「サキ短編集」


サキ作   「the open window」



378 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/09(金) 00:26:30 ID:0IcOmNXm0 (PC)

>>374のモララーの走り方に吹いた
乙!!



379 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/09(金) 00:52:46 ID:KfRas8Sa0 (PC)

GJ!面白かった!!



380 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/09(金) 19:13:05 ID:HC65qmSO0 (PC)

乙です
恐怖系だと思い込み、見事に作者の術中にはまった俺がいる



381 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/09(金) 20:18:40 ID:VSXazfBi0 (PC)

女は生まれながらの嘘吐きだな・・・



382 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:33:25 ID:AELM3SE90 (PC)

久しぶりにGJ




| 07:53 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

■2022/06/12(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「the corpse at the table」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



342 名前: ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:07:30 ID:eGIRdHfa0 (PC)
1/12



 突如襲った山の吹雪が、二人の測量技師を、アディロンダック山岳地帯の中心部にとじこめてしまった
        チャールズ・カーニイとスティーヴン・エスティロウ。長年のコンビで親友だった


  ` 。 ′ ′′ ヽ  ο ′  ′′    。 ′ ο ′     ′′ ′′   ο ′  
         。 ′   ′′ ′  ο ′  ′′    。 ′ ο ′′    。 ′ ο 
`   ο′ 。    ′      。 ′。      ′
               。 ′。      ′′    。 ′ ο ′    。 ′ ο 
  ο ′  。  ο ′  ′′    。 ′ ο ′′    。 ′ ο 
       。 ′。      ′ ′′ ′  ο ′  ′′    。′ ′′   ο ′  
           ′。 ′ ο′ ′′ ヽ ο ′  ′ ′′ ヽ  ο ′  
  ′′    。 ′ ο   ′′ ′  ο ′  ′′    。 ′ ο ′
  ′′    。 ′ ο   `) ,;;⌒`)′′ ′  ο⌒ヽ ′  ′′    。 ′ ο ′
                          ∧∧      ⌒ヽ    ′      。 ′。
⌒ヽ ′  ο    ′  。 ``) ,;;⌒`) (ω・` )   ( ゚д゚)  ⌒ヽヾ
,;  ,;⌒                  ,;;⌒`)  と ノ  (| y |      ⌒ヽ
        ⌒ヽ             ,;;⌒`) u-u   。_| |_ ′ ο ′ ⌒ヽ
         ,;  ,;⌒               
⌒⌒⌒⌒        ⌒ヽ


          一時間ほどの悪戦苦闘ののち、ついに山小屋に到達することができた
                  幸運なことに、薪も豊富に蓄えてあった
               乾燥させた玉蜀黍が、いくつも棚においてあった



343 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:08:06 ID:eGIRdHfa0 (PC)

2/12



               唯一の希望は、1本の電信線にかかっていた
チャールズ・カーニイは一夜の苦患に衰弱していたが電信機をおいたテーブルにむかい、スイッチを入れた


          ∧,,∧
         (´・ω・)
         (っ┌──┐ 
        ̄ ̄/.|三|三|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    
         .└───┘          \  

──────────────────────────────

             ∧_∧  
             (´Д` )
           ┌──┐と)
     . / ̄ ̄ ̄||三|三|\ ̄ ̄ ̄ ̄
    /      └───┘



                    ロウンリ・ヒル
ノース・クリークの電信技師は、<無人の丘>からの呼び出し音を最初に聞いたとき、自分の耳を疑ぐった
     二人の男が、アディロンダック山岳で吹雪に遭遇し、一人が肺炎にかかっている・・・・・




344 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:08:44 ID:eGIRdHfa0 (PC)

3/12



          「スティーヴン」 病んだ親友は、しずかに言った




        |  スティーヴン。どうやらおれはだめらしい。だが、スティーヴ
        \___  _____________________
              |/
   _ ∧,,∧__
  /| |( -ω-) |  |
 ||, ~~'⌒⌒ヽ~-.、
 ||\   '  ,⌒ `  ゙ヽ
 ||\.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||      (゚д゚ )
    \|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||      | y |)
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||      _| |_ 



 「おれが死にきったと確認するまでは埋葬しないでくれよ。仮死ということもありうるからな」
          それからまた、あえぎあえぎ、くりかえして言った

        「いいか、スティーヴ。おれを生きたまま埋めないでくれよ」


345 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:09:14 ID:eGIRdHfa0 (PC)

4/12



    その夜、脈搏と呼吸を調べてみて、エスティロウはカーニイの死を確認した
        石灰シャベルで穴を掘り、死骸をおさめて、祈りをあげた


  ` 。 ′ ′′ ヽ  ο ′  ′′    。 ′ ο ′     ′′ ′′   ο ′  
         。 ′   ′′ ′  ο ′  ′′    。 ′ ο ′′    。 ′ ο 
`   ο′ 。    ′      。 ′。      ′
               。 ′。      ′′    。 ′ ο ′    。 ′ ο 
  ο ′  。  ο ′  ′′ .  ▽ 。 ′ ο ′′    。 ′ ο 
       。 ′。       ′ ′′ ||′  ο ′  ′′    。′ ′′   ο ′  
           ′。 ′, ο′ ′ || ヽ ο ′  ′ ′′ ヽ  ο ′  
  ′′    。 ′ ο   ′′ | ̄|′  ο ′  ′′    。 ′ ο ′
                   ~~~~~

| 01:58 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/06/07(火) 名作ショートショートをAA化しよう 「the chicken soup kid」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



316 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/08/05(火) 23:43:50 ID:ZLeGVIg80 (PC)

1/13

     足音が聞こえてきた途端、スポーツ記者クインリンには連中が殺しに来たことがわかった
これまで彼はアトランティック・シティの賭博場に入りびたり、またそれらの借金すべてを踏み倒してきたのだった
    そして今、人気のない駐車場でいくつかの暗い影が彼の方に詰め寄るのを目の当たりにして
                      最後の時がきたことをさとった

          i'"='フ                  .|llll|lllllllll:::...
          | |   ,....___  ,-,i           .|llll|lllllllll:::...
          | |   i .i:El i'  l  ,,,..........__     .|llll|llllll__:::...
.....................___' '_     ,-──-v---、   ゙i   |i__|i__|i__|:::...
 ̄ ̄'''''ヽ ,.--─‐〒.、  y'     .!i   i    !、 |i |i |i |:::...
    / /    .ll.  \、 ._    !i   {コ
   /  /     ∥   `='_) ̄ ̄     `i             
 /   i__,,..-‐─''';"" ̄ ̄ `ヽ.       .}   
~     :      :       }       i   
[`]    .:       :.    /二゙、 /ヘ! ,.-'"i!;!    λ_λ
  .,.一  :       :.    | i  i! :;lilj|'   ~~   (`ー´ ) 
 / ,.. ̄ヽ:       __,.. -‐ヾヽソ ~~        (    )
. i .:i  ヽi  _,,..-一''       ̄            Y  人        
. ! .i、  ,.li ̄                       (__)J          
 ゞ_____.ノ                                 
      

317 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/05(火) 23:45:08 ID:ZLeGVIg80 (PC)

2/13


      「近頃はあんたが直接手を下すようになったのかい?」

            ハッガーは面白くなさそうに笑った
   「おれは野蛮人じゃないんだよ、クインリン。話を聞く用意ぐらいあるさ。
    あんたはたぶん命と引き換えられるものを持っているはずなんだ」



          i'"='フ                  .|llll|lllllllll:::...
          | |   ,....___  ,-,i           .|llll|lllllllll:::...
          | |   i .i:El i'  l  ,,,..........__     .|llll|llllll__:::...
.....................___' '_     ,-──-v---、   ゙i   |i__|i__|i__|:::...
 ̄ ̄'''''ヽ ,.--─‐〒.、  y'     .!i   i    !、 |i |i |i |:::...
    / /    .ll.  \、 ._    !i   {コ
   /  /     ∥   `='_) ̄ ̄     `i             
 /   i__,,..-‐─''';"" ̄ ̄ `ヽ.       .}   
~     :      :       }       i   
[`]    .:       :.    /二゙、 /ヘ! ,.-'"i!;!    λ_λ        ∧_∧
  .,.一  :       :.    | i  i! :;lilj|'   ~~   ( `ー´)        (´<_ ` )
 / ,.. ̄ヽ:       __,.. -‐ヾヽソ ~~        (    )        (    )
. i .:i  ヽi  _,,..-一''       ̄            Y  人         |  | | 
. ! .i、  ,.li ̄                       (__)J        (__(_)     
 ゞ_____.ノ                               

                                           /|
                                    / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                    | あんたはこれまで、
                                    | シド・エングルに何度かインタビューしてるな?

                                  |\
                          / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          | あのチキン・スープ・キッドかい?彼はいいネタだからね





318 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/05(火) 23:45:50 ID:ZLeGVIg80 (PC)

3/13



         | やつが本拠地でかならず飲むっていうチキン・スープにこれを入れるんだ
         \__________________  _____
                                      \|

                          | 何なんだい?
                          \___  _____
                                |/

         | しかるべき時にやつの気分をちょいと悪くするものでね。
         | やつがスープを飲んでから5時間後に効くようになってる
         \__________________  _____
                                      \|



          i'"='フ                  .|llll|lllllllll:::...
          | |   ,....___  ,-,i           .|llll|lllllllll:::...
          | |   i .i:El i'  l  ,,,..........__     .|llll|llllll__:::...
.....................___' '_     ,-──-v---、   ゙i   |i__|i__|i__|:::...
 ̄ ̄'''''ヽ ,.--─‐〒.、  y'     .!i   i    !、 |i |i |i |:::...
    / /    .ll.  \、 ._    !i   {コ
   /  /     ∥   `='_) ̄ ̄     `i             
 /   i__,,..-‐─''';"" ̄ ̄ `ヽ.       .}   
~     :      :       }       i   
[`]    .:       :.    /二゙、 /ヘ! ,.-'"i!;!     λ_λ        ∧_∧
  .,.一  :       :.    | i  i! :;lilj|'   ~~    ( `ー´)        (´<_ ` )
 / ,.. ̄ヽ:       __,.. -‐ヾヽソ ~~         (    )       ゚と(    )
. i .:i  ヽi  _,,..-一''       ̄             |  | |          |  | | 
. ! .i、  ,.li ̄                       (__)_)        (_(__)     
 ゞ_____.ノ  


319 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/05(火) 23:46:20 ID:ZLeGVIg80 (PC)

4/13


                          | どうすればいいんだい?
                          \___  _____
                                |/

         | なんとか考えるんだな。マグノリアのレースには莫大な金をかけてるんだから。
         \__________________  _____
                                      \|


          i'"='フ                  .|llll|lllllllll:::...
          | |   ,....___  ,-,i           .|llll|lllllllll:::...
          | |   i .i:El i'  l  ,,,..........__     .|llll|llllll__:::...
.....................___' '_     ,-──-v---、   ゙i   |i__|i__|i__|:::...
 ̄ ̄'''''ヽ ,.--─‐〒.、  y'     .!i   i    !、 |i |i |i |:::...
    / /    .ll.  \、 ._    !i   {コ
   /  /     ∥   `='_) ̄ ̄     `i             
 /   i__,,..-‐─''';"" ̄ ̄ `ヽ.       .}   
~     :      :       }       i   
[`]    .:       :.    /二゙、 /ヘ! ,.-'"i!;!     λ_λ        ∧_∧
  .,.一  :       :.    | i  i! :;lilj|'   ~~    ( `ー´)       (  ´_ゝ
 / ,.. ̄ヽ:       __,.. -‐ヾヽソ ~~         (    )つ゚       (    )
. i .:i  ヽi  _,,..-一''       ̄             |  | |         人  Y
. ! .i、  ,.li ̄                       (__)_)         し(__)   
 ゞ_____.ノ  



| 21:59 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

■2022/06/07(火) 名作ショートショートをAA化しよう 「suburban fairy tale」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



298 名前: ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:54:45 ID:fwUugW4+0 (PC)
1/14




  B氏はいまテーブルの自分の席にすわってデイリー・メイル紙を読んでいた
       小柄で丸々としたB夫人は鳩そっくりで、やはりまだ若い




                   ∧ ∧           ∧∧        
              i\(#;゚;;-) ―――――‐ (^Д^)          
              |\i;;; つ (:: )  .  ◎ 0⌒i⌒i)i           
             |\|、;;_;,.;\  ◎     (:: )  \ノ_|     ∧ ∧      
  .             | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |     (,,・∀・)        
                       .┃. |\|__|  ┃     ~(,,uu丿ο           
                            |    |           




      しかし、小さなBは、太った幼児でも丸々としてもなかった
   よく弾むプディングのようでもなかったBはその年齢にしては小さく
          いつも大きく目を見開いていた
何かしら奇妙な理由のために、人生におけるすべてのものが小さなBにとってサイズが間違っているような気がした





299 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:55:48 ID:fwUugW4+0 (PC)

2/14




     「どうして、二種類の卵がないの?」
          小さなBはそう言った
「どうして子供のためのちっちゃい卵と、この卵みたいな、大人のための大きな卵の2つに分かれてないの?」





                   ∧ ∧            ∧∧        
              i\(#;゚;;-) ―――――‐ (^Д^)          
              |\i;;; つ (:: )  .  ◎ 0⌒i⌒i)i           
             |\|、;;_;,.;\  ◎     (:: )  \ノ_|     ∧ ∧      
  .             | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |     (・∀・ )        
                       .┃. |\|__|  ┃     ~(,,uu丿ο           
                            |    |           


300 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:56:32 ID:fwUugW4+0 (PC)

3/14



       「スコットランドの野兎だ」
         B氏は言った
「5シリング3ペンスの上等の野兎。どうだい1羽手に入れるってのは、お前?」




                   ∧ ∧           ∧∧        
              i\(#;゚;;-) ―――――‐ (Д^ )          
              |\i;;; つ (:: )  .  ◎ 0⌒i⌒i)i           
             |\|、;;_;,.;\  ◎     (:: )  \ノ_|     ∧ ∧      
  .             | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |     (・∀・ )        
                       .┃. |\|__|  ┃     ~(,,uu丿ο           
                            |    |           




      「目先が変わっていいでしょうね」
         B夫人は言った
      「土鍋で煮ればいいわ」



301 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:57:12 ID:fwUugW4+0 (PC)

4/14





            2人は顔を見合わせた
2人のあいだの宙空には、コトコトと肉汁のなかで煮えるスコットランドの野兎の肉団子と、
      それに添えた酸塊のゼリーの白い壺が浮かんでいた





                   ∧ ∧           ∧∧        
              i\(#;゙;;-) ―――――‐ (^Д^)          
              |\i;;; つ (:: )  .  ◎ 0⌒i⌒i)i           
             |\|、;;_;,.;\  ◎     (:: )  \ノ_|     ∧ ∧      
  .             | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |     ( ・∀・)        
                       .┃. |\|__|  ┃     ~(,,uu丿ο           
                            |    |           


302 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:57:50 ID:fwUugW4+0 (PC)

5/14




             「うわあ」
     小さいBが突然叫んだので2人はとても驚いた
    「見て、雀がものすごくたくさん芝生に降りてきたよ」




         `                / / / / / / / /
                        / / / / / / / / ,
                ・   / / / / / / / / /
           (:.、      / ー―――――――――――――‐
                     ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .                | l! i ,   ┌──┬──┐   ` .
     ヽ                   | l! l!,.i   |∧∧ │    │ l! l! l! .! :
               丶       | l! l! l! l,. |・∀・)│    │ l! l! l! l! l!
             .        | l! l! l! l └──┴──┘ l! l! l! l! l!


      ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ   
      (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)  
       ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ  
       ″″    ″″   ″″  



  「いい子だから、ちゃんと自分の分を食べちゃいなさい」と母親が言い
父親も口を挟んだ「食べることに集中しなきゃな、ぼうず、しっかり食べるんだ」
     「でも、見てよ みんな跳ねてるよ」小さなBは叫んだ
       「チーチーチーチー」雀たちは甲高く叫んだ






303 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:58:23 ID:fwUugW4+0 (PC)

6/14




「窓を開けてよ、父さん、何か投げてやろうよ、ねえ父さん、お願いだよ」




                   ∧ ∧            ∧∧        
              i\(#;゚;;-) ―――――‐ ( ^Д)          
              |\i;;; つ (:: )  .  ◎ 0⌒i⌒i)i           
             |\|、;;_;,.;\  ◎     (:: )  \ノ_|     ∧ ∧      
  .             | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |     (・∀・ )        
                       .┃. |\|__|  ┃     ~(,,uu丿ο           
                            |    |           




    「まあ、うるさく言わないのよ、おちびさん」B夫人が言った
 父親も言った「窓を開けろって言うのかい、ぼうず、頭をつつかれちまうぞ」
    「でも、みんなきっとお腹を空かせているんだ」小さなBは叫んだ


304 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:59:01 ID:fwUugW4+0 (PC)

7/14





雀たちの鳴き声は小さなナイフを何本も何本も一斉に研いでいるように聞こえた




      ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ   
      (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・)  
       ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ  
       ″″    ″″   ″″  




    「チーチーチーチー」雀たちは叫んだ



305 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 04:59:35 ID:fwUugW4+0 (PC)

8/14





   小さなBが見ていると、凍った灰色の芝の上の雀たちが突然むくむくと大きくなった
    彼らはみな茶色の上着を着た小さな子供になり、芝の上で、踊り、走り回り、
         囀りながら窓の向こうを飛んだり跳ねたりした





     人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
    >
    >何か食べるものが欲しい─何か食べるものが欲しい
    >
     Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

         ∧,,∧   ∧,,∧   ∧,,∧ 
゛゛ ""゛゛゛゛ ミ,, ・∀・ミ ミ,, ・∀・ミ ミ,, ・∀・ミ゛゛゛゛"゛゛゛"""゛゛゛゛""゛""
       @ミ,,,,,,,,ミ @ミ,,,,,,,,ミ @ミ,,,,,,,,ミ        ゛゛゛""
   ゛゛゛""           ゛゛゛""  ゛゛゛""
     ゛゛゛""     ゛゛゛""   

306 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 05:00:12 ID:fwUugW4+0 (PC)

9/14




「父さん、あれは雀じゃないよ、あれはちっちゃい男の子だよ、ねえ、父さんったら」
      しかしB氏もB夫人もその声に耳を傾けなかった

                   ∧ ∧           ∧∧        
              i\(#;゚;;-) ―――――‐ (Д^ )          
              |\i;;; つ (:: )  .  ◎ 0⌒i⌒i)i           
             |\|、;;_;,.;\  ◎     (:: )  \ノ_|     ∧ ∧      
  .             | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |     (・Д・;)        
                       .┃. |\|__|  ┃     ~(,,uu丿ο           
                            |    |           

        「この飢餓の話は」B氏は声高に言った
       「みんな嘘っぱちだな、みんなでまかせだ」


307 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 05:00:47 ID:fwUugW4+0 (PC)

10/14





白く輝く顔をして、大きな上着の下で手を羽ばたかせて、子供たちは踊った




     人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
    >
    >何か食べるものが欲しい─何か食べるものが欲しい
    >
     Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

         ∧,,∧   ∧,,∧   ∧,,∧ 
゛゛ ""゛゛゛゛ ミ,, ・∀・ミ ミ,, ・∀・ミ ミ,, ・∀・ミ゛゛゛゛"゛゛゛"""゛゛゛゛""゛""
       @ミ,,,,,,,,ミ @ミ,,,,,,,,ミ @ミ,,,,,,,,ミ        ゛゛゛""
   ゛゛゛""           ゛゛゛""  ゛゛゛""
     ゛゛゛""     ゛゛゛""   

308 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 05:01:21 ID:fwUugW4+0 (PC)

11/14





             「父さん」小さなBは呟いた
       「聞いてよ、父さん、母さん、聞いてよ、お願いだから」



                   ∧ ∧           ∧∧        
              i\(#;゚;;-) ―――――‐ (Д^ )          
              |\i;;; つ (:: )  .  ◎ 0⌒i⌒i)i           
             |\|、;;_;,.;\  ◎     (:: )  \ノ_|     ∧ ∧      
  .             | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |     (;Д; )        
                       .┃. |\|__|  ┃     ~(,,uu丿ο           
                            |    |           



B夫人は言った「あの雀たちのうるさいことといったら。こんなうるさい鳴き声は聞いたことないわ」
        「ぼうず、靴を持ってきてくれよ」とB氏が言った
            「チーチーチーチー」と雀たち



309 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 05:02:03 ID:fwUugW4+0 (PC)

12/14






    子供は何処へ行ったのだろうか?
   「部屋から出たはずはないな」とB氏

           ∧ ∧   ∧_,,,
          (,,^Д^) (゚-;;゚#)
          (   つと;;: ;;;:;)  
         ~|   i  i:;:::; ;|~
          し `J  し`J

     B夫人は窓を見に行った
        B氏もつづく



310 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 05:02:42 ID:fwUugW4+0 (PC)
13/14




          2人は外を見た
        凍った灰色の芝が見えた
大勢の子供たちの前で、白い、それは白い顔をした子供が、
  細い腕をまるで羽か何かのように羽ばたかせていた
   1番小さく1番頼りないその子供が、小さなBだった




B夫人は一斉に喚きたてる声のなかにはっきりと小さいBの声を聞いた


     人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
    >
    >何か食べるものが欲しい─何か食べるものが欲しい
    >
     Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

         ∧,,∧   ∧,,∧   ∧,,∧    ∧ ∧
゛゛ ""゛゛゛゛ ミ,, ・∀・ミ ミ,, ・∀・ミ ミ,, ・∀・ミ   (,,・∀・)゛゛゛゛"゛゛゛"""゛゛゛゛""゛""
       @ミ,,,,,,,,ミ @ミ,,,,,,,,ミ @ミ,,,,,,,,ミ ~(,,uu丿       ゛゛゛""
   ゛゛゛""           ゛゛゛""  ゛゛゛""
     ゛゛゛""     ゛゛゛""   

311 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 05:03:17 ID:fwUugW4+0 (PC)

14/14






「こら、ぼうず、すぐに家に入るんだ、ぼうず、ちびすけ」







      ヾヽヽ    ヾヽヽ   ヾヽヽ  ヾヽヽ 
      (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・) (,, ・∀・) 
       ミ_ノ    ミ_ノ   ミ_ノ  ミ_ノ  
       ″″    ″″   ″″  ″″ 



              しかし、もう遅かった
小さな子供たちはにんな雀の姿に戻り、つぎつぎと空へ飛び立っていくところだった
              遠い場所に向かって
           声の届かない場所に向かって


312 名前: ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 05:04:00 ID:fwUugW4+0 (PC)




「淑やかな悪夢」



キャサリン・マンスフィールド作   「suburban fairy tale」




313 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 09:53:20 ID:SgEYUshZ0 (PC)

ひぃー




314 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/03(日) 20:06:44 ID:dtIN5MLf0 (PC)

GJ なんかこわいような悲しい話だ。



315 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/08/04(月) 14:37:43 ID:x6omSMn30 (PC)

現実のほうがもっと怖くてもっと悲しいじゃないか。
総ての子供たちに羽があれば世界はもっと平和だよ。




| 21:56 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/06/05(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「16品の殺人メニュー」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



225 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 23:53:23 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)


ミッチェルがウィーン・デリカテッセンに入ると、そこには一人も客がいなかった
2ヶ月前その店を見つけて以来週に二回はど通っていたが常に客は1ダースにも満たなかった
そこはたいした店ではなく寂れる一方の裏通りの外れにたたずむちっぽけなデリカテッセンだった

      ∧_∧
     (  ゚∀゚)
     (    )
     人  Y
     し(__)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.           
                 日      ∩_∩
________________ (   )____
________________ (   )___
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | |: : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(___)__) : : : : : :


226 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 23:54:04 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)

彼はここに来るのが楽しみだった 理由は2つあり
1つは食べ物が安くうまいのと もうひとつは店の主人ギフトホルツが彼を面白がせた
ギフトホルツは貧弱な老人でオーストリアかどこかの出身で訛りが抜けずおかしな返事をしていたからだ


                       ∧_∧
                      ( ゚∀゚ )
                      (    )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.           
                 日      ∩_∩
________________ (   )____
________________ (   )___
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | |: : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(___)__) : : : : : :


227 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 23:54:38 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)

∩_∩
(´ー`) 「いらっしゃいませ ミスターミッチェル」

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           | 景気はどうだ ギフトホルツ
 ┌─┬─┐|  _________________
 │  │  │| ./     . |\ __
 ├─┼─┤|/       │ [|    |\
 │  │  │       |\|__|\|\
 └─┴─┘       |  | \目  \|\
           __   | [|__|\ [][] \|\_
______/   |_∩_∩ [][].\YY \| │
   ∧_∧ /     | (´ー`) \△ \ YY | │
   (  ゚∀).     | (つ  つ[]\目 \ /  │
   (   `つ      |  | | | .\| .|\凸 |  │
   (__ / .     | (___)__)  \| .|\ノ   |
  ┗┳ /       |         \| .|   |
    ┻        |  /|       \|   |
             /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             | まあどうにか あまりよくないです
             \___________


228 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 23:55:05 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)
 
         |       グラインド
         |いつも同じ 苦役 ってわけだよな
         \___  _____________________
               |/

∩_∩
(´ー`) 「いつも同じグラインドですか?」

           /"\     /"ヽ
.          /:::::::::::::\-―‐''::::::::::\
          i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i
          !:::::::::::::○:::::::::::::::::::::::○:::::::!
          |::::::::::::::::::::::::^lー-,:::::::::::::::::l
          '':       l  /    ./
           \      |/    /


                 |\
         / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | そうさ くる日もくる日も同じタイヤの溝を掘ってるんだろ


∩_∩
(´ー`) 「溝を掘るですって?」
ギフトホルツは困惑したように目をしばたたかせた



229 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 23:55:38 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)



∩_∩
(´ー`) 「今日は何にしますか? ミスターミッチェル」

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           | ソーセージにヒーローサンドウィッチとコールスター
           | それとそうだな泡立つやつもいいな
 ┌─┬─┐|  _________________
 │  │  │| ./     . |\ __
 ├─┼─┤|/       │ [|    |\
 │  │  │       |\|__|\|\
 └─┴─┘       |  | \目  \|\
           __   | [|__|\ [][] \|\_
______/   |_∩_∩ [][].\YY \| │
   ∧_∧ /     | (´ー`) \△ \ YY | │
   (  ゚∀).     | (つ  つ[]\目 \ /  │
   (   `つ      |  | | | .\| .|\凸 |  │
   (__ /.      | (___)__)  \| .|\ノ   |
  ┗┳ /       |         \| .|   |
    ┻        |  /|       \|   |
             /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             | 泡立つ?
             \___________

∧_∧
(  ゚∀゚)「ビールのことだよ」




| 00:00 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/06/05(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「the cold embrace」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



252 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/05/17(土) 06:28:08 ID:VnfnvH5H0 (PC)

1/21



   その青年は芸術家
     芸術家というものはときにはその身に起きたような出来事に遭う



       ./V\        
      ( ・-・)      
      (つ旦と)       
      と_)_)       


   そしてドイツ人
     ドイツ人はときおり青年のような体験をすることがある




253 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/05/17(土) 06:28:32 ID:VnfnvH5H0 (PC)

2/21



   青年は孤児だった
   亡き父の弟ヴィルヘルム叔父の後見のもとに育てられ
   見初めたのは叔父の娘ゲルトルートだった



     ∧ ∧
    ☆ノ^^ハ)☆   /V\
    ノリ, ^ー^)li  (・ー・ ,)
     (   )   (    )
      | | |     |  |  |
     (,__)_)  (_(__)

   青年もまた「汝を愛す」と互みに愛を誓った




254 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/17(土) 06:28:59 ID:VnfnvH5H0 (PC)

3/21



   二人の仲は叔父に秘密にしておいた
   なぜなら叔父は1人娘には富める求婚者を
   というありがちな望みを抱いていたからである



       wwww
      ( ´Д`)
      (φ   )             
    ̄ ̄\三三\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    
                      \  


   もっともそれは恋人たちの夢に比べれば
   なんとも冷たい華のない考えでしかなかった




255 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/17(土) 06:29:30 ID:VnfnvH5H0 (PC)

4/21



   2人は結婚の約束をした
   日は没し、青白き月がのぼるその天地の間に寄り添い
   青年は白くかぼそい指に婚約指輪をはめた

.、    (⌒     ´,r'":: ::      ::\,,.....,   )          (     __,,.. -'''""
::.`'::.、      ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、 )      __,,.. - ‐‐ ''''"" ..:: :: ..::..
::  :::.`'::.、  ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、--‐‐''''"" ::: :: .::: ...::   ..::.. ...::
..:: ..:::.  ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_ ...:::  ::: ...:::..  ..:: ::__,,,,-‐
 ヾ  ,r'"::::   ;ゞ   ゞ    '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_     __,, - ''"":::.. ::.
ゞヾ; ゞ,;''ゞゞ ,;ゞヾ ,;ゞヾ''';ヾゞ; ::.. ::::... :: " ''''‐- ,..,,,...   __,,,-‐‐''''" ..:: ..::.. .:: ..::..
ヾ ;'''';,,;'''''';; ,;''''';;;''''''; ゞヾ;,,ゞ'''';. . . . . . . , , , , , , , . . . . . . . . , , , , , , , , , , , , . . . .
,,ヾヾ;;ゞi;;;;;i; ゞヾ; ゞ   ヾ;;ゞゞ ゞ'; : :: :,,,::;; ;; :::: :::: :::::;; ;;;: :: :::: ;;:: ::: ;::;;; ;:: ::,: :;;;; ;:: ;;; ;;:: ::
;ゞヾ ヾ ゞi;:,;:, ,、,、  ゞ;; ゞゞ ゞヾ;;;;i ''"~""'' ''""'' ''""'' ''"~""' ''"""'' ''""'' ''""'' ''""
ゞゞ ;ヾゞ , ;;ゞヾ;ゞ  ヾゞ ゞ;ヾ ゞil゙ ''"""~  ~"""'  ''""" ..:::::_::::::.......  ....:::::........::::::.......
;ゞゞ ;;ゞゞヾ ゞ ゞヾ ゞ ;;ゞゞlilノ゙jik   ''"""~"~     .:::::::r'" +  ̄ `-''_=''=::-::  ̄ =::
''|iil|iノ  ゞゞ;;ヾ; ゞゞヾliil'' ゛|i|'  """~     "~"" .:::_/. .. .... .. .~  .. .. .:.:  .+..~
..|ii|i| |i| jik|il| ノi|ヘ .|i|! /i|f!、     *       .:::::ヽ..._ ..。.+. . ~ . .. .. ~~ ..
iiノ:l:i、ソ、  |iヘ `"''` rk:、 ' ` ''"""~"ヽノ〃  "~""'' :::: ::::  ̄ ` ー ― - - ― ´  ̄
'' ` `   '` `                            "~""''        "~"
  """        ''((○))"'         """"           ''"""~"
    """~"      ヽノノ      ''"""~"        ''"""~"           ~"

''"""~"~"""'      ''"""~""''       ''"              ''"""~""''

   ''"~""''""''            ''""''          ''"~""'           ''""''
     ∧ ∧
     ☆ノ^^ハ)  
     ノリ//ー)   /V\
     (   )つ (・-・ )  
      | | |  ゚と  ∪ )
     (,__)_)  (⌒(_,J



256 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/17(土) 06:29:57 ID:VnfnvH5H0 (PC)

5/21



   「死だって僕らを引き離せないさ
      ゲルトルート、もし君が先立つようなことがあっても
      冷たい地面が僕らを隔てたままなんてことはないさ
         君が僕を愛しているのならきっと帰ってきてくれる」


         ∧ ∧
         /V\☆
        ( ・ー・)l|
         (ソ  と )
         |  |  |(
        (_(__))



   「そして、この白い腕を僕の首に・・・・
           ほら、いまこうしているみたいに」



| 00:00 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/06/04(土) 名作ショートショートをAA化しよう 「気の迷い」

カテゴリータグ:二匹で一匹 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



197 名前:二匹で一匹 ◆HWoh2Gs5ps  [sage] 投稿日:2008/05/04(日) 18:21:26 ID:TnPhZPXF0 (PC)

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  あなたはわたしの言う通りになる  |
\_____________/ ̄ ̄\
                      |  はい |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    |  あなたは、一ヶ月前にさかのぼります  |
/ ̄ ̄\_______________/
|  はい |
\_  /
    \l

           ∧∧
        _(゙Д゙,,)_
        |_(   )_|
       /_/ , ノ_/|
       |   しし'   |

198 名前: ◆HWoh2Gs5ps  [sage] 投稿日:2008/05/04(日) 18:21:50 ID:TnPhZPXF0 (PC)

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| あなたは道に落ちている財布を見つける    |
| あたりにだれもいないので、これさいわいと |
| ばかりに拾い、中の紙幣を自分の         |
| ポケットに入れてしまう                |
\_________________/ ̄ ̄\
                              |  はい |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\  _/
    |  それから、バーに行き、その金を |  l/
    |  すっかり使ってしまう        |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\____/
|  はい、使ってしまいました |
\_  _________/
    \l

           ∧∧
        _(゙Д゙;)_
        |_(   )_|
       /_/ , ノ_/|
       |   しし'   |

199 名前: ◆HWoh2Gs5ps  [sage] 投稿日:2008/05/04(日) 18:22:13 ID:TnPhZPXF0 (PC)

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  そうなのです。あなたは        |
|  そのことを忘れてはいけませんよ |
\___________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  |  はい。忘れません |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_/
    |  よろしい。では、これから肩を叩きます |
    |  すると、ほかのことはいっさい忘れ     |
    |  いい気分で目覚めます              |
    \________________/

           ∧∧
        _(゙Д゙,,)_
        |_(   )_|
       /_/ , ノ_/|
       |   しし'   |

200 名前: ◆HWoh2Gs5ps  [sage] 投稿日:2008/05/04(日) 18:22:36 ID:TnPhZPXF0 (PC)

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  なんの話をしていたんだっけ |
\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | べつに、ぼくとして、きみに話したものかどうか |
    | 迷ってるところなんだが・・・・・            |
    \__________  ________/
                   ∨

            ∧∧       ∧,,∧
        _(,,゚Д゚)_.  ミ゚Д゚,,彡
        |_(   )_|  ミ   ミ
       /_/ , ノ_/|   ミ   ミ~
       |   しし'   |    し`J

201 名前: ◆HWoh2Gs5ps  [sage] 投稿日:2008/05/04(日) 18:23:23 ID:TnPhZPXF0 (PC)

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  なんの話をしていたんだっけ |
\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | そうだな。なあ、きみ。あんなことをして |
    | だれにも知られずにすむと思うかい.  |
    \__________  _____/
                   ∨

            ∧∧       ∧,,∧
        _(,,゚Д゚)_   ミД゚,,彡
        |_(   )_|  ミ   ミ
       /_/ , ノ_/|   ミ   ミ~
       |   しし'   |    し`J

202 名前: ◆HWoh2Gs5ps  [sage] 投稿日:2008/05/04(日) 18:23:47 ID:TnPhZPXF0 (PC)

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  いったい、なんのことだ  |
\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | ほら、一ヶ月ほど前の事さ、発覚したら |
    | 罰せられるよ、道で財布を拾って     |
    | そのまま・・・・・・・・・             |
    \__________  _____/
                   ∨

             ∧∧       ∧,,∧
        _(,,゚Д)__.  ミД゚,,彡
        |_(   )_|  ミ   ミ
       /_/ , ノ_/|   ミ   ミ~
       |   しし'   |    し`J

203 名前: ◆HWoh2Gs5ps  [sage] 投稿日:2008/05/04(日) 18:24:12 ID:TnPhZPXF0 (PC)

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| あ、どうしてそのことを・・・・・  |
\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | 自分でも、認めてるじゃないか                    |
    | まあ、おたがい親しい仲だし、ぼくだって.         |
    | 話のわからん人間じゃない、きみの立場だってわかる |
    | 胸にしまったままにしておくよ                 |
    \__________  ___________/
                   ∨

             ∧∧       ∧,,∧
        _(;゚Д)__.  ミД゚,,彡
        |_(   )_|  と   ミ
       /_/ , ノ_/|   ミ   ミ~
       |   しし'   |    し`J

| 08:30 |コメント(0)
カテゴリータグ:二匹で一匹 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

■2022/06/04(土) 名作ショートショートをAA化しよう 「いばら姫効果」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



221 名前: ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 18:56:20 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)




         |私は録音技師だったんですが、眠気を誘う音色について研究して
         |眠気を誘引するコンピューターのプログラムを開発したんです 
         \___  _____________________
               |/
                              | すごいじゃないですか
                              \___  ____
          ___ ((( )))_              |/
           |___( ´∀`)   |         /■\
    (○)   |\  _,~´ ̄ ̄'ヽ ̄ヽ        (´∀` )、
 (○)ノヾ    | .\ノ ゞ     ヾ  \        ∪ ∪ ) |
 _ ) ̄(     \/ \  _,. - 、_,. - 、._ \     ┌ ┌ 丿 .|
l\(_;;)_       \   \________\  (___(_)-‐´
\ | ̄o  |       \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /|\
\_| ̄o ̄|         \||________|





222 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 18:56:56 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)




         |そして小さな地方局でふさわしいBGMを流してほしいと頼まれました
         |眠りへと誘う音を流す願ってもないチャンス!そう思いましたね
         \___  _____________________
               |/
                           | で、どうなったんです?
                           \___  ____
          ___ ((( )))_            |/
           |___( ´д`)   |         /■\
    (○)   |\  _,~´ ̄ ̄'ヽ ̄ヽ        (´∀` )、
 (○)ノヾ    | .\ノ ゞ     ヾ  \        ∪ ∪ ) |
 _ ) ̄(     \/ \  _,. - 、_,. - 、._ \     ┌ ┌ 丿 .|
l\(_;;)_       \   \________\  (___(_)-‐´
\ | ̄o  |       \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /|\
\_| ̄o ̄|         \||________|



223 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 18:57:28 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)




         |車にもラジオが付いてるのを忘れてたんです
         |あの晩だけで400件の交通事故が発生しました
         \___  _____________________
               |/
                          
                           
          ___ ((( )))_            
           |___(´д` )   |         /■\
    (○)   |\  _,~´ ̄ ̄'ヽ ̄ヽ        (´Д` )、
 (○)ノヾ    | .\ノ ゞ     ヾ  \        ∪ ∪ ) |
 _ ) ̄(     \/ \  _,. - 、_,. - 、._ \     ┌ ┌ 丿 .|
l\(_;;)_       \   \________\  (___(_)-‐´
\ | ̄o  |       \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    /|\
\_| ̄o ̄|         \||________|

                 |\
         / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | 先ほども言いましたが、地方の小さなラジオ局だからまだよかったが
         | さもなけりゃ...




224 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 18:58:44 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)
「まさかの結末」



E・W・ハイネ作 「いばら姫効果」







| 07:47 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

■2022/06/03(金) 名作ショートショートをAA化しよう 「a harlem tragedy」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



163 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/04/13(日) 02:18:44 ID:4d46SXBp0 (PC)




         | どう、私の顔すごいでしょ?
        └y─────────


       .   _∧w∧___
         /(^ー゙* )___/|
         | lっ∩ |    | |
         / ( ( ノ@  / /   
        l⌒ し'し'⌒⌒´|/            
      / ̄旦 ̄ ̄ ̄ ./lJ
      /   旦    //
     l二∧∧二二二l/
      U(,,  )    U
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|/i
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /
   |______|/
    u'''''''''''''''''''''''''u
 

そして相手に見せるため誇らしげにフィンク夫人のほうへ顔を見せた
片目が打撲傷のため、ふさがりそうになり唇は切れていた







   |うちの人は、そんな手荒なことをしようなんて
   |考えたこともないわ
   └y─────────
                      |わたしは、すくなくとも週に1度くらいは
                      |女房を殴る亭主でないとごめんだわ
                      └y─────────
 
                       
    ∧∧                  ∧w∧   
   (,*゚∀゚)    ∬     ∬    (ー゙* )      
  ┏ヽつ ヽ)   旦     旦     と   ┓  
  ┃ ヽ_⌒)⌒ l二二二二ll二二二二l(⌒ @┃ 
  ┣━┓し`J  ||     ||     ||し ┏━┫  




164 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/04/13(日) 02:19:34 ID:4d46SXBp0 (PC)



殴るというのは愛情があればこそだもの

  
         チャガヌルイゾ  ☆
          ∧w∧.    i ∧w∧
          ( ゚Д゚)つ=旦)*+∀+)
          / ⊃  ノ    ./つ旦| 
        @(   |    @(   /
          ∪^∪     (/(/

でもね、うちのひとは、打った後でそのつぐないにすごくやさしくしてくれるのよ
この目ですくなくとも芝居の切符と絹のシャーツ・ウエストくらい買ってもらえるわ

       ワルカッタナ
       ∧w∧  ∧w∧                    
      (;  ゚Д゚)つ゚ー゚* )                      
    @ /   |   |   ヽ                   
     (∩∪ )  (∪∪ )@  






165 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/04/13(日) 02:20:37 ID:4d46SXBp0 (PC)






   |うちの人は紳士だから
   |私に手を上げることさえしないのよ
   └y─────────
                      |冗談いっちゃいけないよ、マギイ
                      |あんたのご亭主は冷淡で意気地がないから、あんたを
                      |打つこともできないだわ。家に帰ってもただ座り込んで新聞を読むだけでしょ
                      └y─────────
 
                       
    ∧∧                  ∧w∧   
   (,*゚∀゚)    ∬     ∬    (ー゙* )      
  ┏ヽつ ヽ)   旦     旦     と   ┓  
  ┃ ヽ_⌒)⌒ l二二二二ll二二二二l(⌒ @┃ 
  ┣━┓し`J  ||     ||     ||し ┏━┫  








| 00:00 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

■2022/06/02(木) 名作ショートショートをAA化しよう 「まさかの結末」

カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



216 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 14:38:25 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)





今日、エプソンのダービーでケンブリッジ伯をみかけた。





                         
              ∧_∧
             ( ・Д・ )
             ( つと )






217 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 14:39:03 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)





彼は自分の未亡人をエスコートしていた。







       ,∧_∧    | ̄ ̄ |        
      X ノ ハヘ X _|___|_      
       |゚ノ ^∀)  (´∀` )
      §∪~~~)⊃と  <Y>)      
       !!ノ ::::::ヽ  | | |     
      <____ゝ (__)_)
    




218 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/05/06(火) 14:39:49 ID:Ydfy/Iqn0 (PC)
「まさかの結末」



E・W・ハイネ作 「世界一短いお化けの話」






| 22:25 |コメント(0)
カテゴリータグ:B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集 2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

■2022/06/02(木) 名作ショートショートをAA化しよう 「表と裏」

カテゴリータグ:2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



127 名前:表と裏 1/5 [sage] 投稿日:2008/02/05(火) 20:03:30 ID:ojorVnWW0 (PC)
ある男が強盗殺人をやってのけた。周到な準備を重ねた上での
反抗だったので、見事に成功し、大金を手に入れる事ができた。
後には何の証拠も残さなかった。
                                   
         ∧∧     ∧∧
        (;´Д`)<ウッ(Д゚) 
        ( |<二二=⊂  |      ______
        |:||   | |     |          |
        ( :) )    ∪∪     | 大金入りの箱 |  
            グサッ 


128 名前:表と裏 2/5 [sage] 投稿日:2008/02/05(火) 20:04:31 ID:ojorVnWW0 (PC)
しかし、目に見えぬ力、神の眼というか良心というかは各人の自由だが
それをごまかしきる事はできない。
                  ∧∧ 
                 (゚Д゚;)
                 ⊂ ⊂ \       
                    て 、\~          
                       \)
______________∧_____________    
|このまま逃げててもつかまるんじゃないかと思うと心配だゴルァ・・・|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
男は不安におびえ逃げ続ける。金はあるが酒も女も恐怖を紛らわしては
くれない


129 名前:表と裏 2/5 [sage] 投稿日:2008/02/05(火) 20:05:49 ID:ojorVnWW0 (PC)
ある夜。男は何かの気配を背後に感じ駆け出した。
もちろん備考者などいないのだが。

          ∧∧∩               ._____,______,__
        ⊂(;Д)/  ∧∧∧      ,/━━━━━i──────=;  |
          |  | <    >   /∧_∧.て  /フ            |
          |   ⊃< ドカッ!!> ,/ (・∀・;.) そ/ /ニ  モララー宅配便 | 
          ∪~ ̄ <     >/ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/'              |  
                VVVV [〈⊆lニ[曰]ニl⊇コ/ーヽ    l     ,|/ーヽ lヨ
                      ヾー-i二二i-―ヾl l O lー‐―――― l l O l_ニl
                        `ー' ̄ ̄ ̄ ̄ `ー‐' ̄ ̄`ー' ̄ ̄`ー‐'
その結果、走ってきたトラックにはねられた。
うん、そう来なくてはいかんのだ。罪のむくい。


130 名前:表と裏 4/5 [sage] 投稿日:2008/02/05(火) 20:06:44 ID:ojorVnWW0 (PC)
死の寸前に男はつぶやく
 ∫ ∧_∧  ____________________________
と´⌒`つ。Д゚)<やはり、天罰を免れる事はできなかった、、、恐ろしい事だゴルァ、、、|
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


131 名前:表と裏 5/5 [sage] 投稿日:2008/02/05(火) 20:08:02 ID:ojorVnWW0 (PC)
時同じく、強盗殺人の容疑で裁判にかけられている奴がいる。
そいつは絶叫している
   ∧∧  ∧∧∧∧∧∧∧       AA        
  (;゚∀゚)<オレハハンニンジャネェ!>    (・∀・)                 
  |  ⊃ VVVVVVVVVV     ⊂  )       
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 
 ------------|            |------------        
_________________Λ________________
|ふん。他に真犯人がおり、そのうち逮捕されるか自首するはずだとでも言うのか。| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今となってはその可能性もない。天の助けもそこまでは手が回らない。
おそろしいことだ。
                       星 新一『未来いそっぷ』から(表と裏)


132 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/02/05(火) 20:10:24 ID:ojorVnWW0 (PC)

初投稿です。
3コマめの名前欄が間違ってました
スマソ



133 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/02/05(火) 21:09:32 ID:ckR9ct+W0 (PC)

GJ!



134 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/02/09(土) 23:51:23 ID:afNoUxQA0 (PC)

おそろしいことだ。

の一言で済ませてしまうから星さんはすごい。



135 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/02/10(日) 09:35:16 ID:16rTko6M0 (PC)

初投稿お疲れーそしてGJ!
ずれているのが気になるが、おもしろかったよ。

・先頭の半角スペースは省略される
・二つ続いた半角スペースは省略される
このルールに引っかかってずれていそうなところが多いから、
ここを気をつければズレはなくなるんじゃないかな。



136 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/02/26(火) 14:28:56 ID:+qGyoRyg0 (PC)

フロル星人のAAください(´・ω・`)



140 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [] 投稿日:2008/03/04(火) 17:40:56 ID:zhcnwya4O (携帯)
   / ̄ ̄Y ̄`\
  /         ヽ
  /       人   ヽ
  |  /|/|/   ヽ  i
     | |        | |       
  | / <●> <●>l l
  | ヽ    △   / |
 ノ  ヽ 'ー=三-' /  | 
   |   ヽ     |  |  
      |     |  |  
 ノ リ \     (  ノ
 ノリリ从  `ー─一'  (


| 22:21 |コメント(0)
カテゴリータグ:2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系

■2022/06/01(水) 名作ショートショートをAA化しよう 「the cop and the anthem」

カテゴリータグ:2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



141 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/03/22(土) 08:24:41 ID:mM6hdwdR0 (PC)


越冬策としてソーピーが抱いた願望は、そんなにぜいたくなものではなかった
刑務所での3ヶ月間、これが彼の念願なのだ
食事とベッドと気のあった仲間が補償されている3ヶ月間がソーピーにとっては
望ましい最高のものなのだ





    λ λ
  _)\_)\  イライラ
  )\  Ⅴ )
 /<# ゚Д゚ >
 ⌒)(     )つ
  ⌒/ ./| |_
   (_)(_)



142 名前:B級シネマ ◆qrSUVPbtek  [sage] 投稿日:2008/03/22(土) 08:25:39 ID:mM6hdwdR0 (PC)

                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
                     ―――――――――――――‐┬┘
                                             |   大統領なんて
                            ____.____    |   投げ捨てろ
                          |        |        |   |
                          |        | ∧_∧ |   |
                          |        |( ´∀`)つ ミ |
                          |        |/ ⊃  ノ |   |
                             ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |
                                             |  \\\
                                      ___/ ̄/   /'''7'''7 「」「」 / ̄ ̄ ̄ ̄/
                                     /___    ̄/  / ./i  |      ̄ ̄ノ /
                                    _ノ  ,: / ̄ ._ノ ./ i  i__      <  <
                                   /_ノ,___/  /__,/  ゝ、__|      ヽ、_/


    λ λ
  _)\_)\   |とりあえず手っ取り早くムショに戻るには...
  )\  Ⅴ ) └y───
 /< ゚Д゚ >
 ⌒)( つ@ )
  ⌒/ ./| |_
   (_)(_)






143 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/03/22(土) 08:26:34 ID:mM6hdwdR0 (PC)


                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
                     ―――――――――――――‐┬┘
                                             |
                            ____.____    |
                          |        |        |   |
                          |  ⊿ 、从∧_∧ | ガシャーンッ
                          |    Σ@ ´Д`)つ  |
                          |  ゚  `∨|/ ⊃  ノ | グエッ
                             ̄ ̄△ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄   |
                                  ゚ゞ        |



             /
           /
    λ λ   /
  _)\_)\   | こうだっ!
  )\ノつⅤ ) └y───
 /彡ノ ゚∀゚ >
 ⌒)(     )   ビュッ
  ⌒ | |^> >
    (_)\)



144 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/03/22(土) 08:27:25 ID:mM6hdwdR0 (PC)


ガラスを割った音で警官を先頭に大勢のものが駆けつけきた
ソーピーは両手をポケットにつっこんだまま、じっとしていた
「こんなことをした奴は、どこにいるんだ?」
警官は興奮して尋ねた


    λ λ
  _)\_)\             __
  )\  Ⅴ )           |==@=|_
 /<  ゚Д゚ >           ( ・∀・)
 ⌒)(     )           と ̄`y´ )つ
  ⌒/ ./| |_            |===,゚,=|
   (_)(_)           (__)_)







         |あっしがこれに関係あると思わねえのかい?
        └y───
    λ λ
  _)\_)\ ぴょょょょ~~~ん    __
(( )\ノつⅤ )つ ))          _|=@==|
 /<ノ ゚∀゚ >ノ             (・∀・ )
 ⌒)(     )              と ̄`y´ )
  ⌒ | |^> >              |===,゚,=|
    (_)\) ))            (__)_)



145 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/03/22(土) 08:28:32 ID:mM6hdwdR0 (PC)


警官の心はソーピーの言葉を1つの手かがりとしてすら受けつかなかった
窓を叩き割るような男が、法律の代理人と話し合うためにその場に残るわけない
そう考えたのだ


    λ λ
  _)\_)\
  )\  Ⅴ ) ちょ...
 /<  ゚Д゚ >
 ⌒)(     )つ
  ⌒/ ./| |_
   (_)(_)






146 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2008/03/22(土) 08:30:04 ID:mM6hdwdR0 (PC)

とうりの向こうにレストランが1軒あった
ソーピーはテーブルについてビフテキと大きなホットケーキとドーナツとパイを平らげ


     ...| ̄ ̄ |
   /:::|  ___|       ∧∧    ∧∧
  /::::_|___|_    ( 。_。).  ( 。_。)
  ||::::::<  ゚∀゚ >    /<▽>  /<▽>
  ||::/ <ヽ∞/>\   |::::::;;;;::/  |::::::;;;;::/
  ||::|   <ヽ/>.- |  |:と),__」   |:と),__」
_..||::|   o  o ...|_ξ|:::::::::|    .|::::::::|
\  \__(久)__/_\::::::|    |:::::::|
.||.i\        、__ノフ \|    |:::::::|
.||ヽ .i\ _ __ ____ __ _.\   |::::::|
.|| ゙ヽ i    ハ i ハ i ハ i ハ |  し'_つ
.||   ゙|i~^~^~^~^~^~^~







それから給仕に自分はビタ1文も金に縁がない人間だという事実をうちあげた



         |さあ、さっさとお巡りを呼んで来い
        └y───

    λ λ
  _)\_)\
(( )\ノつⅤ )つ ))  ぴょょょょょょ~~~~~ん
 /<ノ ゚∀゚ >ノ
 ⌒)(     )
  ⌒ | |^> >
    (_)\) ))


| 00:00 |コメント(0)
カテゴリータグ:2008 名作ショートショートをAA化しよう モララーのビデオ棚 小説・文学・絵本系(2008) 小説・文学・絵本系 B級シネマ◆qrSUVPbtek氏の短編集

| 次のページ>>

■PV