やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2014/09/08(月) 徳と義のはなし

カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系(2014) 歴史・民話・事件・逸話系 やる夫短編作品 2014

短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所160                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所26                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その40              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド18                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
やる夫短編投下所 in おーぷん             http://open.open2ch.net/test/read.cgi/yaruo/1396490018/
【共用】短編スレ                      http://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1397181772/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】       http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫達で語るF1あれこれ                http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1387716427/
プロ野球12球団紹介スレ                    http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1386048883/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

26 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:38:20 ID:rcnLX3lI


 ┌──────────────────┐
 │ .天正18年(1590)、秀吉の小田原攻め。  │
 └──────────────────┘

                                ㍗______㍉
                                   ハiti!i!i!i!i!ゝi!i!i!i!iti!
                                    /ゞ≠=''⌒⌒ヾ=㍍孑
                                 匕イ' | 匸匸公匸{  レ′
                             v、⊥-‐¬イィ仝`ヽ冖ヽ、____,、
                           ,. f戒オ^ハ^^^^^^^^^^^^^ハ^T7′
                           jミーェァ〆仝\LL____Lレ'ィ仝、ヽ、_ャ_,
                           li 〃`!宀宀宀宀宀宀宀宀宀宀十イ
                   _,、ftー‐‐‐f_    t|ハヽt廴山_Lゝ' ,二二.`ー、__山__!.い、__,、 ゞ;'
             ,_イr'冫T宀宀宀7   rjレクゝ~~~¬'´幵幵幵!`iー~~~i‐/,.、ゞネ,
           〆√ ̄;ゞミ;ゞ;ミゞミ;「ム__ _厶tiヽL山___山_|!_!_!_!_!_!_!_!_!!山___山_,L ,.ゞぃソゞ;
         _ ,,. ハゞ;ミ爻ゞ;ミ父爻;ゞゞレ' _/ミY^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^ゞ;ミゞ;斗ゞミゞ
        ゞ父ゞ父ゞミ;ゞ;爻爻ゞミ;ゞミ沒辷二v_____山___山___山___山___山__山,.ゞ;ゞミゞ:杉ゞミ
       ゞ;ミ爻爻ゞ;ミゞ;ミゞ;ゞ沙ゞミ;ゞ父ゞL,人^^^^冖宀t、光ネ比疋光比疋ゞ;ミゞ;t,、、,ゞ爻ゞ
    _  '癶/乏ゞミ爻ゞ泛幺〃ゞ父ミ;ゞ沙〆__,,.ゝtゞゞゞゞゞ`ヽ込戈予疋光ゞミネ片┤ゞ父ゞミ
ュ.-‐フt辷弍仏孑¬冖丁〆_へ池幺孑宀'丁 山 |,ィぇ、   |苡ゞ;ミゞミゞ;ゞミミ父;ゞ;ミゞ;ゞ爻
孑フ∠.ヽィ,_,_,_,_,. -‐宀冖Tフ´_,_,._ -‐宀冖!  _,_,_レ'´^ヽゝ.  !ゞ;ミゞ;ゞ父ゞ;ミゞ;爻ゞ;ミミゞ;ゞミ






      ', ';:.:.:.:.:.\                         /.:.:.:.:.:;' ,'
      ', ';:.:.:.:. /                        \ .:.:.:.:;' ,'
,   ´ ̄∨.:.:/                        \:.:.∨ ̄`   、
     / .:                            :. \
   . ; '  /                            ':   丶: .
 . : /   ;     , .::;;;;::. 、              , .::;;;;::. 、     ;   ヽ: .
.:.:.:/   i:   イ .;'⌒しハ             イ .;'⌒しハ   .:i    ':.:.:.
:.:/    :|:.   人:ヽ...ノ.:ノ                人:ヽ...ノ.:ノ   .:|:     ':.:
/    :.|:.     `''ー ´              `''ー ´    :|.:     '
     .:.:.|;:                                 .:;|.:.:.
    .:.:.:.ll:.                                  .:ll.:.:.:.
   .:.:.:.:八: .                               . :八:.:.:.:.
   .:.:.:./.:.:..\: .         'ー‐'^'ー‐'          . :/.:.:.ヽ:.:.:.:.
  .:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \ : : . .                      . . : : / .:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.

27 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:38:49 ID:rcnLX3lI


 ┌───────────────────────────────┐
 │ 伊達への監視などから参陣の遅れた最上義光をはじめとする最上勢が  |
 │ 小田原への道を急いでいると、徳川勢が酒匂川まで出迎えに来ていた。  |
 └───────────────────────────────┘


          、-v-r,
.        Σ::::::::::::そ       急げっ……!急げっ……!
         i::::ノレヽヘ:i
.       i (i|.^・ii・^|i)_,,_ii_,
      ,,i-=''"|ヘ. ┴-/::|::::ヽ:::"''=- i,
.    /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、   をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙
       | "''ヾ!|     .|
          |    i|   .|
        |   /| , il |
        |   |,レ'"~゙'ヽ
       .ヽ:.......:|("::::::::y
        i::::::::::| i:::::::;r'
.        i:::::::::| ゙''=i'
         i::::::::|
.         i::::::::i
         ト=-〈iiiii i i , , ,
     i i iiilll|||( __,ノ|||||lllllliiiiiii i i i , , ,
    ! ! ! !!lll||||!!!|||!!|||||||!!!!!!!! ! ! ' '



 ┌───────────────────────────────────────┐
 │ 彼らの歓迎を受けた義光は驚いた、なんとそこに駿河大納言徳川家康自身がいたからだ。  |
 └───────────────────────────────────────┘


                      ,ィ==z- .__
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::≧z....._  从ィ
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::刈
                  i::::::::::::::::::::::>= <:| ̄ ̄|i:::::::::メ彡|
                  |::::::::::::::::::(    :|rf^i^ijj::::::(:彡彡
                  |:::::::::::::ム斗=ニ二三三≧zY Yメ|
                  |:::::r彡三三三≧===彡{i ノノ彡
                  _ .<>禾≧ミー人 rz彡≦__,,ィレ彡从
               .<> ¨从ソ 代f7Y ⌒¨ヾく≦f7ヲ レイ ヽ   よく来てくれた義光殿……。
           { / (::ト::| ハ  ̄ ̄〃..::.. ´  ̄ ̄ ムf^j !
           ¨`ー≠八{ ! |     /::::::>、   i   r彡ノ:ノ    後はこの徳川家康に案内をさせてくれ。
                 ヽハ    ,,..二 ,,     i  ,厂イi}
               ,ィi  {::}ト   ィ === -     H{z杉
                /: |||  Yi八   ー''' -''      / ||:::イ  / ̄ヽr= i
               /;;; :::::|ト、_| | ヽ   i!____     / :||:::リ  { {イ/¨::|
          Y:;;;;/  Yz||||  :|   \/: : : : :ヽ /  ..:||:/__/人i   |ーz、
             |⌒!   .i__||||  :|    ヽ:_:_:_ /     ||K i       |ーz \r=、
ー=、       ト _.ト--イ:::廴__.小_.ィヲ   ヽ __ _ _ ノ ヽ   {{   リ__} レ仝 ヽ
:::::::::::::\、___ .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     {   ̄ ̄}!   \ _____./三三三/ } ト、
:::::::::::::::::::ヾ:、:::::::::: ̄ ̄ ̄¨::>:、:_::::{__     |!      \  ___≧、   ̄ ̄,イ{{ー''} }
:::::::::::::::::::::::::}}::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::: |: :¨ヽ、_  |! {廴    /: : : : : : : ::\   {:::/ミYY ノ

28 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:39:26 ID:rcnLX3lI


 ┌────────────────────────────┐
 │ 家康はかねてからこの最上義光という武将に好感を持っていた。  |
 └────────────────────────────┘



     ゞ-、_: : : /ニミ_ー、  ,.-ニ-ヽ
      ゞミミミi'´弋弋ラy‐'  !くゞク |_
      l,.ミミミ   ,. ̄:ヽ  ゞ∨:   | i    虎将・最上義光を一度お目にかかりたくてな……。
      | ヘ`'゙  i    ヽ<、/   || |
        !ヾ|''ヽ  i    _,.、_,. 、  レノ
       'ヽヽ-i     -‐=ニ=ラ  !゙|   ,.-―-、
       リ`i''ーi     "'''''T""  レヽ,-<__/`ヽ ヽ
       ゞ川 :ゝ、       _/i  |: : : `''‐| |__
 ____レ川  : :`'-、_  ,. -,.ヘ ゝ、> ノ: :,.-‐ニノ ,ノ: :`7
 |: rー-----〉川    : : :`´/ヽ  r''´`'ー<-イヽ: : :|____
 |: |= o  ヾ川      ∠  _∠-‐''´ヽ,,..!-ノ ノ/´: : :: :,.-‐''´ ̄`'''‐-、
 |: |  |   . :`'|     (   _       ),l、 〉ィ゙: : : : ,.-'´: : : : :::::::::::::::::::::::\
 |: |= 9  : : : : | |i‐、__|  (  _,.-‐'"´ ヽ〉ノ: : :/: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,. -‐┘ ||: : : : :|  !       /゙く: /: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ,.-''´     || : : : : | ,/   r  /  ,/: : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



 ┌───────────────────┐
 │ 義光は家康の心遣いに恐縮し、感謝した。 .│
 └───────────────────┘

       _x-‐‐‐v‐‐‐‐z_
     ノィ          Xヽ
     /      ,       \
   ∠イ   <l / \ l>   ヽ.ニゝ
    / イ|/\.ヽ、 _//)ヽ! ヽ
    /イ .| 〈 ̄。`ミl l〃。 ̄》 .| .ト|      家康殿……!オレも三河武士の武名は耳にしている……
     |,=| ` ̄´"|.|ヾ ̄´).|=、!
     ||(|     /!ヽ┘  .| |.)||
     |=ヘ. rェェエエェェァノ/=''|
     l| .ト、 \___///|   |     /\/ヽ
    ノ| .| l\   <7 /,イ |  N___ /  /  |
   _厂| | .|  \" / ノ( ̄"_/`ー、    |
_,-‐'/  .| | .|   ヽ' / .ノ >'´_,. \ ./ハ._,.-‐く
  /  ./∧!.!     /  r'´ ̄ヽ   ヽ. |    \
/  ノイ  !‐-、 ./  /{ヽ   ヽ    |i/
_,. -‐‐-、!  |‐‐‐-'--‐|  {  \   |i_,:'/
     |  .|    / \冫____|i,. -‐'/
     |  !   〈\/ 厂    /ノ〉

29 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:39:54 ID:rcnLX3lI


 ┌────────────────────────────────────────┐
 │ さてこの時、義光は上杉景勝との間に紛争を起こしていた。庄内の領有をめぐる問題である。 │
 └────────────────────────────────────────┘



    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ .|:/  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{                   レ{: :|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、       {ハ/ V   なんか文句でもあんのか?こちとら義の上杉なんだよ。
      \_!      _ '     !
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、




 ┌──────────────────────────────────────┐
 │ かの、「豊臣惣無事令」以前に最上領となっていた庄内だが、                 .│
 │ 上杉の援助を受けた本庄繁長の不意打ちにより、最上から奪われた状態になっていた。  |
 └──────────────────────────────────────┘



           /⌒  ⌒\
     /⌒ //・\ /⌒  ⌒\
    //・/::::::⌒(//・\ /・\\        義の上杉が味方だから何をやっても許されるんだおwww
  /::::::⌒ |    /::::::⌒(__人/⌒  ⌒\
  |     \  |     ト//・\ /・\\     惣無事令?何それ美味しいお?
  \    /  \   /::::::⌒/⌒  ⌒\
   /    |   /   |   //・\. /・\\  キ
   |     |    |     \/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
               キ  |       トェェェイ     | キ
                 \    `ー'´    /
                  /⌒   ̄──  ̄\
                //         ノ> >



※惣無事令:豊臣秀吉が大名間の私闘を禁じた法令。違反すれば厳しい処分があるはずだった。

30 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:40:18 ID:rcnLX3lI


 ┌────────────────────────────────┐
 │ 「これは惣無事令違反である!」秀吉の前でそう主張した義光であったが、  |
 └────────────────────────────────┘


            -、─- 、  , -─;-
       ,. -─-ゝ  Y  ∠.._
       ´_ ニ=-            `ゝ
    ∠´.___             \
.     ,. ‐''"´    , , 、       ヽ
   ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |     これは明らかに上杉の法令違反っ……!
.    /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
    // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ     こんな事が…こんな事が……許されるはずが……!
     l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \
  .       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、
        / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._
       /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
     _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |
         / l   \/::: u  |  ,/    |
  .      /  l   |::::      | ,.イ |     |
       /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 |
  .    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|
      "´   ()) |;';';';';';';';';';';';'|




          x,          x,
           } 、\___// }     /
           厶- }      {‐ く    〈{_____      あーはいはい、そういえば作ったね。そんな法令。
        / /         \ \   \     \
        _/   i{ (C)    (C) }i  '.  _  7^     丶
      〃7   八   、_,_,   八   V^)) /         '
  _/{{   ウザッ` ァ    r '   {{、  〃'く__      }
 (__.:.:゚。:.ヾ=彡     .′     '.    ゞ=彡.:.:.:.。゚-く       ′
  ーt__゚/      /{      ト,     \゚_r'′    /
            .' } ト ┐ l f⌒丶,_/⌒'      /
             {  } l   | { }               /
             丶 し'  し' 厂 ̄  ー----=彡

31 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:40:42 ID:rcnLX3lI


 ┌───────────────────────────────────────┐
 │  早くから秀吉に従い、また石田三成など秀吉側近の多くを味方とする上杉の影響力は強く、 .|
 └───────────────────────────────────────┘



                    どう考えても上杉に味方するっきゃないよねー。
       ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   最上なんてどうだっていいしねー。
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l    ) (   ノu-u
        `u-u'. `u-u'



           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)       豊臣家が許すって言ったら許すんだよ!
         |    ⊂⊃   |
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |       ごちゃごちゃ言ってるとぶっ飛ばすぞ!!
      / |. l + + + + ノ |\
     /   \_____/  \
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |

32 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:41:06 ID:rcnLX3lI


 ┌──────────────────────────────┐
 │ .新参者に過ぎない義光の言い分を、誰も取り上げようとはしなかった。 |
 └──────────────────────────────┘



     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V       最上ざっまああああああwwwww
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|          これに懲りたら二度と上杉に逆らうなよwww
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´      こっちには豊臣がついてるんだからなw
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´




  ∠ -‐ァ       ,、'´  ,.、-'' "           \
    /      ,、'´ ,.、-''´     fi fi ト、      ヾ、 ヽ
.  /      ,、'´.,、''´    /| ,ィ |:| |:l .l_.ン        l`ヾ
 //l    ,、'´,、''´     〈:::レ':|.|::| |::ヽ  /\ヽ  .ト、 |
〃  |   ,、'´,、'´      n,  \:リ:::リ:::::i| 〈==、 lヾ  | ヽ|
.   | ,、'´,、'´       | _|f=-、.\ u !|/ヾ.、 〉| |ヽ|
.   ,!'´,、'´          r( リ   \!i  〈 o .ノノ| |      馬鹿なっ……豊臣家から気に入られたというだけでっ……!
,、-'´,、r′    _    N ヾ、 o  》   ヾ ̄  | |
,、-'´ |    ( r‐ヽ、  | |j~ ゝ==シ  |j.  \.|j~| |       こんな法令があってたまるものかっ……!
    |    ヽヽr‐ゝ |   〃"  |ju  U u \| '、
    |     ヽヽ⌒l .|  u ___   r' __ u _) ヽ、  ,、-'´  何が上杉だっ……何が義だっ……!!
.   |      ヽゝ-l | |j i´ _` ''ー----‐ァ/  ,.、ゝ''´,、-'´
   |       ゝ-リ   l ̄   ̄ ̄二ニ7.ム-''´ ,.、-'ヾ
   ,'         |\ |j {    ,.、-'´ ,.、-r‐i ''' "´     \/
.  / /          |::::::\ ,,ゝ-'´ ,.、-''´  | l       /
 /〃          |,.、-''´,.、-t''´ ̄``_二ニ! l _.... -‐''´ ,、"
〃/      _,.、-‐'' " ,.、-''´::::::\ゝ- '´ r== l ヽ、  |j ='"´
. / ,.、-‐'' "   ,.、-''´ヽ、  ::::::::`'-、.. u |j |  ヾ     u
/''´     ,、-''´     \   ::::::::::::`''..r-'′   \ U

ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・

アクセスカウンター
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング



33 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:41:32 ID:rcnLX3lI


 ┌──────────────────────────────┐
 │ そんな中、たった一人、義光の弁護をした者がいた。徳川家康である。│
 └──────────────────────────────┘


       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
        Ⅵ: : : : : : : : : r‐‐‐‐..┐: : : : : :x< ___ /
          .Ⅵ: : : : : : : :..| r{'{'{^! }: : : : : : : : : : : : : /
        |: : : : : : : : : i.N  { .}: : : : : : : : : :..:./
        |: : xく、: : : : i乂___ノ .}: : : : : : : : :./‐‐<
        |: : ゝイx≦ニニニニニニ气^I: : : : : : : /”⌒
       ./≠'゙: : : : : : : : : : : : :/V: : : : : : 〃:ア
      ./: : : : : : : : : : : : : : : .イ彡イイ: /^i: : : : ≧x    ふざけるな……義光殿の言い分には一切の非もねえッ!
   r≦: : : : : : : : : : : : :_,,..x<斗*''㍉: / v }′: :くト、
   ゝ _:_:_:_:_:_:_:.ft気、i}ハxf㌻尨ア^  },′ノノ.!乂ハ/ :,     こんな馬鹿げた裁量は確実に禍根を残すぜッ!!
  : : : : :/: /:,.`''“i:}} 〃^ ̄     }i彡イi }: ://:,
: : : : : : {: :く: /:, i:i/   、      ,′ Ⅵ: /: : :.}ト、 _
: : : : : :.乂/   :i:, ヽ._.ィ      ,′⌒ヽ: : : : : : :}}: : : :
: : : / /      ∧ ー-== 、    公/⌒ヽ v: : :/: : : : :
: : ::{ {/     / .∧: て”    /__/: :/ } .ト、イ: : : : : : :
: : ::{ i     ./    .ゝ: _}_ .イ}: : : : : : { く_ ノ、 \: : : : : :
: : ::{ {   / {    i.v    .}.!: : : : : : .\ .\r‐‐‐‐‐‐┐
: : ::{ { 〃   {    { .V   }.! : : : : : : : : \ ゝ‐‐‐‐x !
: : : Ⅵ/    .{     .Ⅵ   ./ }: : : : : : : : : : : \/二{⌒ヽ



  `ヽ::::::::::::::::::::::/::::/:|/ハ:::::::::::、:::::::丶丶ヽ
 ̄`V′, -‐</:__/|:::::|/  l:::::::::::l\:::::::ヽ丶!
ヽ./:/   ! ´\  .|:::::|   !::::::::::!. ヽ::::::l .j
//    l    丶 .|::::::!   !:::::::::l   }:::/
/     !     ヽ!::::::>  ,.l::::::::::!  l:/
  u    l    ./〉 ' ´ / l::::::::/  ′
       ヽ    '′ /   l::::::/
_  u        〈    l::/
\\             ',.    l´
、. \\    r-.     ',             家康殿っ……!こんなオレのためにっ……!
、\. \\    、     ',
 \\ > ^ヽ  ヽ.\.   ',
   `Y   `ー-`  \.  ',
., 、  ノ           ` '´
′`.´

34 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:41:50 ID:rcnLX3lI


 ┌─────────────────────────────────┐
 │ これにより本庄繁長の処分だけは行われたが、庄内は結局上杉領とされた。 │
 └─────────────────────────────────┘



                    / 、        ∧
              __/  \    /  V^ヽ
               , 7       ̄ ̄    \ \
                //              丶  ,   それなら本庄繁長だけ後で罰与えるから、庄内は潔く諦めてね。
             /     ●   _   ●     ′
.            / {          _)         }    ,
      _    /           _)             ′,   _
     (( \/     ∧             ∧      \/ ))
        \、      /  \          /  ,       xぐ
     / \ .   /、   ≧=‐-  -‐=≦     ′   / \
.    /     ` 'く ))    i         i     (( ,.      \
  /        /¨´      | {    } |     `¨ \        ヽ



        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)      ちょっ、おまっ
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

35 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:42:18 ID:rcnLX3lI


 ┌────────────────┐
 │ しかし義光は、家康を深く信頼した。 │
 └────────────────┘



           _..ィ==ノノレノ}
        f二三三三三三ミ彡ハ
          ∨三三三三三ミ彡∧       すまないな……庄内は取り戻せなかった。
         ∨⌒}nm}ィ())ツ/`ヽ∧
          f三三//^V イiソ}彡}
            //////hフ   r仝ァ」ラハ
        //> ´}    u  ( fュ }´三∧____
        `´    ̄}-- r<f fノ!ニニ/三三三ミ∧
           __ ィヘー ,V 人fV三/ニニ/三三`ヽ}
           { r=== ̄ V=ァノイ三ミ/三三三三∧
          _|_||,. <厂/UYノニニニ:/三三三三三}l∧
     ___}__r=ュ/_{__{ し'ノ三三/三三三三三ノl/
      {-----   }ニ{三三三三三三三⌒ヽ三三三/
     } _、__,ィr=ト-{O三三三三三三三三三三/リ}
    _>/////{ l| {三O三三三三三三三三三三ノ





        ,.‐''" ̄`丶、
      /        \          何を言うっ……!家康殿の心遣いが……
   /´           \
   /    |\_>、_ 、r‐、    \         オレにとってどれだけ嬉しかったかっ……!
    レ! ||_| |/_ ヽ\}      \
    |八|-/>、∪_ u`i  ト、      \
      / / ,くィ夕u' |   |/ ``‐- 、_.、__\
       |/ / /_ヽ┐u |  ,|  /  ,-,.=====ゝ
      ヾ' / r┘|.l__人 |  /\//      \
        \ ) |   N /  //\./´ ̄`丶
        |u  |  /|(l(l「|  | |   |
         | u| / | ヾ-イ .||  l、
         _|   |/| |  \_|_|,. く. \
        ハ.___ハ     >、 \ \  \

36 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:42:44 ID:rcnLX3lI


 ┌─────────────────────────────────────────┐
 │ 慶長元年(1596)、近畿に大地震が起こった。「地震加藤」の逸話などがあった、あの地震である。  |
 └─────────────────────────────────────────┘


     ,,,::=,,.:::::;;_ _人人人人人人人人人人人人人人人人_
   =''":::::::::::::`''> ゆゆゆ゛っぐりしでい゛っでね゛!!! <
   ヾ:;::::::::::::::::::: ̄^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
    |:l::::;ノr´=ヾ:::::::::::\>=ァァ    .==、__===__====
    |i:::ノノ   ヾ、ヾF;F'"´  (.==__  ;" _= '-´ ̄ ̄`-ゞ 、= イマ
   =.!イ<__=.ヘーァ'三ハ三ヾ、ベ,_7Z_  'F;´          ヾ、ンイ
   ::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ',、`ヾ/`7/ ,'三ニ==     ≠ニ三', i !l
   r-'ァ'"´/i /! ハヽ ノハ  !!  iヾ_ン ii リ iiゞ、イ炎lゾジ_ルヾイ i |.il
   !イ´ ,' |l /.=;:!/ V' 、!=ム  ,' ,ゞ,. レリイi (E=]    E=ン ).|| |、i .|| l
   `!! !/レi' (E=]    E=ン レ'i ソ   !Y!""  ;===、 "" 「 !ノ i |,!
   ," ノノ, !!'"    ;===、 "' ii レ''    L.',.   ヾ =ン    L」 ノ| .|イ
    ((  ,ハ)    ヾ =ン  从!      | ||ヾ、、___ ,イ| ||イ| //
   ;;ヘ,)、  )>;;====;;イ' ノハ    レノル` ー--─ ´ルレノレ´'



 ┌───────────────────┐
 │  諸侯は真っ先に、秀吉を見舞いに行った。  |
 └───────────────────┘



                          急いで秀吉様のご無事を確認せねば!!



Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘΛ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘΛ_ヘ^-^
  ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λヘ__Λ ヘ_ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
__,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ  /__,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ   /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|(●),   、(●)、.|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- '.....:::::::|   `-=ニ=- ' :::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ´.....:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐--‐‐―´\

37 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:43:20 ID:rcnLX3lI


 ┌─────────────────────────────┐
 │ 最上義光ただ一人は、秀吉の元ではなく家康の屋敷に駆けつけた。 │
 └─────────────────────────────┘


                  ,,..‐―、,.-=,,..-―--、
               _,,..==-         ==、
               ,,...二=             ヽ
             ,.-´,....--              ミ
   (i(i ___  _/ ̄/      .w         ヽ
-=,^,=- |┌--, |   /./|   /,i|´f !j|.|/ヽ、     |
/|| |(ヽ | |__| |。。。|/ |  /ヽ、!  ,,|/!∠,..ヽ、     |
.iノ.|ノ ',! '-――'     !,i/|=。=|| uレ.。'' / | |⌒,  .|    家康殿……無事でっ…!無事でよかったっ……!!
                 |`-/w `ー‐´ij~ | |こ||   ヽ
.                 |/ _っ; U~u u | |_ノノ    ヽ
..             0   |こ_,,..―--0'''ヽ u |,|ー´      'ー,,
...                 ||ー´''' ̄ ̄ ̄| / |    |ヽ ̄''ー...,,,
                  ||.‐-‐,――-_,' / ,'    |.`ヽ-...,,,
                  /',' ̄ニ ̄ ̄ /u |    |,!   ',
.               0 7 _ヽu= U  0  |ノ|   |    ',
               ,.-//ニノ. `、u /     | |i |    ヽ
             /  | |  フ ヽ/ヽ U u   | | |. j.    '
            /    | | Z  / /|       || 、ヽ`、
           /     |彡 ,,/~    |、      / ヽミ ヽ
          /      | |´~      | 0、____,ノ



 ┌────────────────────┐
 │ 関ヶ原はまだ5年ほど先、 と言う頃であった。  │
 └────────────────────┘


                / ̄ ̄ \__
                /         .ヽ
          __ イ        __.||
   {ト、 {从iィ ⌒Y}         | ̄ ̄|.|
   (ミミ>::. |::::::: |.|      .Y⌒Yz|..rnm||!
   >ミ{   |::::::: |:|      i  L」(_リ||
 ト、 >Y{.    |::::::::γ=vニ三三三三三三{__ _
  >ミ从} .   !:::::::::{、___从ト、__________ _ ノ
 ⌒YミミV  ∥:::::/ ̄/:::}}:}リ ̄ ̄ ̄ ̄7ィ T不 )
 .、_ノY ./>.、 |:::::::{ ./ミメニz、___,,, く匕ス{⌒ヽ{
  てミミニミY:::::::::V  ̄_≧x})ヲノ  .く  |  }i!
  (ミミミr=ミ≧={   イモソr<  i!   .Y !  リ      義光殿……!
    ヾミミ| r=- 、<i    ̄i    ヾ 、_/ ,|
    }ミニi 辷= < .|     i       _,,ノi!
   {ミミミ> .、_人   _ヽ_  ,,彡⌒ハ
.   iミミミミミ/ _>斗< ̄ ̄ ̄|ヽ  ヽ'''´ !
    V >ー ''´    ,---.、.   |! }___ン
  <´  Y ⌒ Y    !    )::  || | ̄ ̄/
/     i、____ノ    >--''´:::.. || |  ./   _,,ィ77i}  __,, -=、
        ̄            || ト、__{_ ィ __   ||<    }}
>─── -- -           ̄ ̄\\ {  Y i!      ||!
                     ○ \\=イ  ||    ___||

38 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:44:07 ID:rcnLX3lI
 \_____  _____________________________/
          ∨


      、-ー'`Y <,___    っていうのが現在の山形県の開祖最上義光公と
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<       後の天下人徳川家康公の深いつながりを示すお話。
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l    秀吉の死後家康に取り入った大名は多いけど、
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)     義光公は根っからの親家康派だったんだよね。
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ





      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl  できない子の話を補足するなら、同時に義光公は反秀吉派の急先鋒だ。
   人λ::::(|::|( ー) (ー::ノレ´
     |::::l^l^ln,  r‐ァ リ:|       上記の話以外にも、存命時から露骨に秀吉を敵視する行動が見られるからな。
     |:::::ヽ   L  ̄ノく|:|
   .、ノ:::::::::ゝ  ノ_い:::|:|
    ヽ:::::/   /|ハ::ハ|ヽリ人
    .//   //.| .|::|  .Yヘ `ヽ
    λ__/< | .|::|  |  >  }ヽ、
   人 ミ彡ノ `.|  |::|  | ´ n^i^i^i〉


   ______∧____________________________
 /                                                   \

39 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:44:42 ID:rcnLX3lI


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  | 義光公の娘である駒姫が秀次事件の際に処刑されたのが、地震が起きる1年前の1595年。 |
  乂______________________________________ノ




                     ,...-――――,/
                  _,. - ´     /:::::/
           _,. -― ''´ ̄`     /:::::::::/         , ' ̄`ヽ
       _,. -´      _     --、::::::/         / _, -、  l
 -    ̄  /         ,イ;;;- ニ 、:::::....   `  - 、     / /   l l
\:....     _   ....::::::::{;;;;;! ● }:::::::::::::.、      ̄`/ /- ___l ,__
  \::::::...  ,イ;;;-ヽ ..::::::::::::::::ゞ、ー=-':::::::::::::::::::l 、     / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   \:::::, {;;;! ●ノ:::::::   _ ,  :::::::::::::::::::::::::l \   / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     \ ゞ=-'  ーニ二 '´     ::::::::::::::::::/    `ヽ/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      {              .::::::::::::::::/     ,  , `丶、::::::::::::::::::::::::::::::::
     /、             .::::::::::::/     l  l    `, , - 、::::::::::::::::::
      l .::、            .::::::::::イ       l  l    /     ̄`丶、
      !.::::::::ト 、 __   ..::::::::::::::::::::',       、  ー ' /
     l .:::::::::',      !     ::::::::::::::::::、      ` ー '
     l.::::::::::::::、____|       :::::::::::::::.、
    _,!:::::::::::::::::\--/         :::::::::::l\_______
  /, -!:::::::::::::::::::::::ヽ!           ::::::l/l::\:::::::::::::::::::::::::>
 / /   ,::::::::::::::::::::,..-!            ::ヽ/、::::ヽ:::-ニ二 ´、
 l l   、::_,.. - '´ ,.-l             ::ヽ/ヽ、:::ヽ、::::::::::::::`ヽ




 /:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ
./:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',
':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l
:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!
/|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、
:.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:.:..:.:.::.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ
:.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:./─/─''/ //,:./  !lー\─\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:
:.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾr=.==ミー7///   rィ==、ヾ:.:.:.:、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:
-、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_.tー'ノ /'´〃    弋ーj.っ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐
 ヽ.-l \:.:.:\、  i:゚    /´        ヽ ;リ ./':.:.:.// ,.-J
./  .!   ヽ、:.ヽヽ{!      i        ‐,.'ィ":./   !/  `
ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-          -‐"‐/l !   l )  / 〉
) .! へ!  //  ` i! 、   { ̄ )   .,.イj'´  l !  !< ,   く
  ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"  .;:    !l   !  / -,.、ノ:
ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :
: :!: :} l  ! !l     /::/ //:「ト、\ \::\  / l.! l    〉: : : :

40 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:45:39 ID:rcnLX3lI


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  | 外交もそつなくこなしそうな義光公が秀吉じゃなくて家康のもとに行ったのは、      |
  | 家康への敬意もあるだろうけど、それ以上に秀吉のことが許せなかったんだろうな。  |
  乂___________________________________ノ



''"  "゙" ゙"  ゙"''   _____
 ゙"  "''"  "゙"   ゙"/::ヽ____ ヾ"
 ゙" ゙"  "  ゙"'' ゙" |ヽ/::        ヾ''"
゙"  ゙'"  "゙"   ゙" .|:: |:::           | ゙ "
  ゙" ゙  ゙"   ゙"''  |:: l:  畜生塚  |
 ゙"  ゙"    "゙" ゙"|: :|:           |  ''゙"
゙"  ゙"  ゙""'"Wv,_|:: l          .|、wW"゙"
゙" ゙"''"  ".wWWlヽ::'ヽ|:::::_::______:.|::\W/ ゙"゙''"
"'' ゙"''"゙"  V/Wヽ`―――――――――lV/W  "'
゙""'  ゙"''"  "゙"WW''―――――――wwww'  ゙"゙''"





  |l   ヽ\|                     =~_
  ヽ\____>                        ~>
 ___,,,ニ==                       <
  ~二;;;;.=-       /|l.l.| llヾヽ          -=ニ,
     ~二ニ     /l;;;;;;||;;l;;;;;;ヽ;\ヽ           ~~'''''Z、
   _,,,ニ-=     /ノ;;;;;;;|;;;;l;;;;; ××_ヽ |⌒ ヽ         _、
     ///   ./\\ ;;;;;u/.×''~   | |⌒l .|      _,、‐~   オレのっ……!オレの前世が……
    ///// |∥/ ~ 。ヾ||:.:.:.||/。  ,ノ | |⌒| |    ヽ
       //| | |/|ヽ,_,.、/::'''彡ーu <~u  |.|ニノ/    |ヾ\        あまりに罪深いばかりにっ……!
      /     |u/ u u   `' u   ||ー ′    .l
     ./     / _丶u  u __,,О   /| .|      ヽ、
     /       ` l 、,,__,,.、、-;;;二-‐`l ./   l       ヽ、
     /     \  l l''‐-‐'''~    ___| /;;  u|
   /        \ヽ|-‐'''┬;;ニニ゜-‐ /;;0   l|ヽ、
  ./          \ヽ ̄O,,,,,,,;;;u /;;;;;  u  u |ヽ、ーー / ,,_ '''''''''    | |
  /           O ヽ u ''''''' /;;;;; u      /    ( / ,,_ ''''''''    | |
./       _,,,、、-‐‐-、、,/\ u /ヽ、   u u /     ( _/  ''''''    ||
/      /        ~'''‐、、_/  ヽ、U   ノ       ''-==ヽ_____,,,,、-ノ |

41 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:46:04 ID:rcnLX3lI
273 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/12(水) 02:55:07 ID:Iz0ZnmJ+
最上義光と家康のお話

天正18年(1590)、秀吉の小田原攻め。伊達への監視などから参陣の遅れた、最上義光をはじめとする
最上勢が小田原への道を急いでいると、徳川勢が、酒匂川まで出迎えに来ていた。
彼らの歓迎を受けた義光は驚いた、なんとそこに、駿河大納言、徳川家康自身がいたからだ。

「よく参られた。ここからは我らがご案内いたす。」

家康はかねてからこの、最上義光という武将に、好感を持っていた。義光は家康の心遣いに
恐縮し、感謝した。


さてこの時、義光は上杉景勝との間に紛争を起こしていた。庄内の領有をめぐる問題である。
かの、「豊臣惣無事令」以前に最上領となっていた庄内だが、上杉の援助を受けた本庄繁長の
不意打ちにより、最上から奪われた状態になっていた。

「これは惣無事令違反である!」秀吉の前でそう主張した義光であったが、早くから秀吉に従い、
また石田三成など、秀吉側近の多くを味方とする上杉の影響力は強く、新参者に過ぎない
義光の言い分を、誰も取り上げようとはしなかった。

そんな中、たった一人、義光の弁護をした者がいた。徳川家康である。

「義光殿の言い分こそ正しいではないか!このような仕置きは禍根を残す!」

これにより、本庄繁長の処分だけは行われたものの、それと引き換えのような形で、庄内は結局、
上杉領とされた。
しかし義光は、家康を深く信頼した。


慶長元年(1596)、近畿に大地震が起こった。「地震加藤」の逸話などがあった、あの地震である。
諸侯は真っ先に、秀吉を見舞いに行った。

最上義光ただ一人は、秀吉の元ではなく、家康の屋敷に駆けつけた。

関ヶ原はまだ5年ほど先、と言う頃であった。

42 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:46:26 ID:rcnLX3lI
274 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/12(水) 04:34:31 ID:0EgWa1uk
>>273の補足というか

ちょうど悪い話スレの方でも出てた、義光の娘・駒姫が秀次の事件に巻き込まれて
処刑されたのがこの話の1年前、1595年。

外交とかもそつなくこなしそうな鮭様が、秀吉じゃなくて家康のところへいったってのは
(家康への敬意や尊敬の念を持ってたっていうのもあるんだろうけど)
よっぽど悲しくて、秀吉のことが許し難かったんだろうな。



 :::::::::::::i          ,ノ::::::::::::f¨フ¨ ̄ .l::l
 ::::::::::::::',        /ィ"¨゙ヽ::l i r「lm. !:l
 ::::::::::::::::ヽ      /:!f    }::l i∩! !.!l l::l
 :::::::;.-、::::::::_ ..... 、--ヽ-  '∠⊥L_`_i l::l
 :::::::i()i ̄ _......ム 二二二....__)_ ̄¨}
 :::::::ヽ-'"´::>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ̄¨`丶、
 ::::::::::::::::::::::::::ノjブ<::_..._::::::::::::::::::::\       \
 、::::::::::::::::;.ィ.:,, _: : : : fl⌒il゙ ‐- ::;;__:::::::`丶、..,, _   ,)
 . V:::::r''"`゙_ー-: ¨;;;‐i ー‐1 }ハ-‐;;:__-‐''¨7::天::T¨ ̄
 ト、V::l、: : :.'、¨ヾヲラ¨l.  iく ノ:バワフ¨゙ヽ:.レ'   リ     豊臣……。上杉……。
 l l〉 l::l ヽ、'^`ー "¨ f = ll i ヽ:.`¨"´:.;.イリ /
 ヽヽV!.  `;' ̄ ¨ .!   ll l i/¨ ̄i´ ,'./          てめーらはこの徳川家康が直々にぶっ潰す。
 ト、\゙'   ;    .! __ノKノV    ; ,'/
 :::ハO)    i    l'´¨¨ トレ'    ; ,'´
 :ノ `::l    l   ,.イ    l_   ;' /
 ::フ  \   ', ,.<´ !   l   ¨Y__ /l    , -=-、
 /    ヽ. ./   ノ    l   i  ¨ヽ-、/ /⌒', i
  ̄¨二ニ=/   i  ,. i . l   l    | ゙i { ̄ ̄
 :::/⌒ヽ:::::ヽ ー'⌒!  {  〉    V  l  l )

43 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:51:55 ID:R/8BV.R6


こんな男前がビビって脱糞したのか……たまげたなぁ(歓喜)



44 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 19:55:44 ID:mSCGxjRE


むしろ脱糞してから一皮むけたらしいけどな。それまでは短気を抑えられなかったらしいし



45 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 20:05:58 ID:aAHsLzc.

家康は三方ヶ原の負けを生涯の教訓にすると言ってたそうだし
やる夫スレ的にはそこを境にAAを変えたと考えられるな





46 名前:普通の名無しさん [] 投稿日:2014/09/06(土) 21:08:38 ID:30YjO2/g


奥州は敵味方が複雑すぎるよね
資料によって全く姿をみせない大名もいるくらいだし



47 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 22:05:45 ID:CCjRrL/c


>46
それ、主に南部さんが自らの箔をつけるために
物語やら奥州藤原、義経がらみの末裔や血筋がどうたらと
捏造した物語りがいっぱいあるんですよ…
徳川光圀にも偽の古代文書売ったり…



48 名前:普通の名無しさん [sage] 投稿日:2014/09/06(土) 22:18:51 ID:CCjRrL/c

後、キリストが渡ってきて其処で亡くなって墓立てたとか…




関連記事

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 04:30 |コメント(9)
カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系(2014) 歴史・民話・事件・逸話系 やる夫短編作品 2014

|

<< キルハク 夏場にて | HOME | いや~、はしった はしった >>

■御感想or寝言

48401 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/08(月) 09:22:16 ID:-

最上義光は父親が亡くなったこともあって参陣が遅れたからなあ。


48413 名前:名無しさん@ニュース2ch [] 投稿日:2014/09/08(月) 15:29:54 ID:-

最上さんは人間臭いところが多くて好き


48419 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/08(月) 17:30:08 ID:-

普通なら「露骨なアンチは止めろ!」と反応する所だが、上杉家の畜生具合は大体マジでこんな感じだから何とも言えない。
某上杉の重臣の部下が罪の無い民を殺して遺族が抗議に来た時、重臣が口封じして「俺は誠意をもって謝ったんだけど、遺族どもはしつこく慰謝料をタカろうとしたので閻魔の所へ送りました」と触れ回った話にはドン引きの極み。


48434 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/08(月) 20:06:36 ID:-

むしろその愛あふれる所業は一周回っておもしろい次元に突入してる


48459 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/08(月) 23:31:21 ID:-

それ見舞い金払うって言ったけど遺族が殺された人を生き返せ!ってまったく話にならんかったから
そんなら閻魔大王に直接取り次いで来い、俺がそのための書状書いてやる!ってなった話じゃん
まあ上杉家の畜生具合なんて書いてる時点で上杉が嫌いなだけなんだろうな


48460 名前:電子の海から名無し様 [] 投稿日:2014/09/08(月) 23:38:16 ID:-

言われるほど仁や義を貫いてたわけじゃないよね、上杉家は
そもそも領内で一向一揆が頻発する時点で何かしら問題があるわけで
まあ他の大名家も汚いことしまくってるから上杉だけ責めるのもフェアじゃないとは思うが


48481 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/09(火) 08:33:26 ID:-

※47971
閻魔のアレって、愛の人が「金は出してやるから事件を無かった事にしろ。俺の部下に撫で斬りをする奴は居ない」と高圧的に接したせいで話がこじれて、「金は要らない。だからお前の部下を同じ目に遭わすか家族を生き返らせろ!」って遺族がキレて、
「よっしゃ!生き返してやろうやんけ!(自分が生き返らせるとは言っていない)いやーゴネる領民に寛大な俺って義の人だわー」と愛の有る裁きを下した話じゃなかったっけ?


48757 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/19(金) 23:23:05 ID:-

かように、どっちを悪にするかで解釈がこれだけ分かれるというものである


48768 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/20(土) 04:25:27 ID:-

どっちを悪にするか、じゃなくて、どこまで正確な情報を取り上げるか、だろ。
その場合解釈もへったくれもない。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV