やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/12/16(水) 美緒とこわい話

カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008~2009) やる夫短編作品 200809

短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No45 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1256909355/
中編 短編投下所8                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260621277/
やらない夫短編投下所11                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1259902020/
戦国時代超短編やる夫                  .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258850377/
やる夫系R18ストーリースレ その4           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1256908360/
ローゼン短編投下スレッド3               .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1260058975/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1258220318/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1257504282/
出演 やる夫 美緒


50 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:27:44 ID:yPDTfrdg
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    | ___________    短編?
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |    よくわかんないけど
___/           \ | |             |    短ければいいんだよね?
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |    投下しちゃうよ
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_          主役は

     

       ___
       , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
     /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
.     /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
    〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ
   ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
.   {! L ハ 〃Y   r===、 Yr‐ 、:.:.ハ
      }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l      私だ!!
      ├‐' r-―┐   !  __,ノ!: : : l
        ヽ  ∨  ノ     ィク_ |ト.: : l       「美緒とこわい話」
        >、 ー  , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l
           `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|            ・・・・・
           「V´    ,⊥-==ー戈{
     /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
.     / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
   r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}

51 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:28:33 ID:yPDTfrdg
         ,..-'''""~~~~~~~""'''‐-..
        ,.'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..-"' 、  .___
     , .' : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,..''"::::::::::::::::::::X´::::`ヽ
   , ':::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::,..'" :::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ : ::::',
  , '::::::::::::::::::::::\::::, -'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::',
.. ,' : :::i : :::ヽ、 : :::.\ : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::i
....,' : :::::| :::::::::::ト、:::::::::.ト、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ::::::|
. l! : :l :::|: : :::::::||i:::::::::i:| \ : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.i : ::::|       では語ります
..||::i:::i::::.ii:::::::::::.il.i_,..'"  .\:::::::::::, -‐. :::::::::::::::::::::::i:::::::::|
..|トii ::i :::ii、,..'/ _,,..ィ   .\::/.人.ヽ..', : : :::::::::::::::i ::::::::       
. l!:||:::|::'i.ヽ、.´ ,ziメ| |      .{i ├:.、 ..|::::::::::::::::::./| ::::::::|
.. !,.'    `、   V.l ´     .{i `i ./.,.ノ:::::::::::::./...| ::::::::|           夜にとあることでの病院にいきました
        }  `´      .{i  `/ヽ, :::::::, '   .| : :::::| 
       ,/          ! /´   ヽ、/,- 、. .|:::::::::|             市内の病院にいきました
.        \           .,'     .',    .| :::::::|
.         \  、、                ',     | : ::::|
.         ゝ、      _,.、    _,..-'''', .....|::::::::|
       r'^∨ l!`'丶._.'"  ',_,.'''"    .', ....| ::::::|
.      冫、_,l、 .i      _,.'"   ._,..-'''"~ヽ...| : :::|
.      /--、`ヽ、ヽ     i |  _,.'"< ̄  ̄`', ヽ :::::|
      ト -、 \__i ',     .i冫'"    ',_,..-'_'_'__ _`、::|
     〈.___ \__>  |  ./|´, '     /"~     ',', |
.      i .\入   .| /i ノΟ     /        ',',|
      \   . i  人/|/       ./         i.i|
.      ∧i    |/|/       /         ||.|
.      i ヽ、  / |        丶/          || |

52 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:28:45 ID:yPDTfrdg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::                        夜の病院ってそれだけで怖いじゃないですか?
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            そこに急患あつかいではいって:
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::  
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_:::::::         医者に見てもらい:
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、          その日は大事をとって空きの病室にとまることになりました
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | 
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________

53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:29:14 ID:yPDTfrdg
    \
.       \
.       \      __ __
          \   r'´. ̄ ̄       ̄ `、::.    ___
   l} 、::       \ヘ,___,____  _____./::.__|    .|___________
   |l  \::      | |            |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | | __r'" ̄,´ ̄`ヽ、__   |::..    ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l:::::::´ヽ,ノ:   | | | .|       | |  |l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l :::::::::| :|    | | | .|    `.` .| |  |l:::::
   |l.,\\| :|    | | L.|       |_」  ll::::
   |l:::::::::::::| :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::            私は、看護士さんと病室にいきまた
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::
   |l ̄`~~| :|    | |             |l:::              その、部屋は現在誰も入ってなくて:
   |l:::::::::::::| :|    | |             |l::::   
   |l:::::::::::::| :|    | |   ''"´         |l::::                六個の空のベットがあるだけでした
   |l \\[]:|    | |              |l::::
   |l:::::::::ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::                    私は、普通に一番奥の窓際のベットを選び
   |l-''´ヽ,/::   | |             |l:::: 
   |l  /::      | |   ''"´         |l::::                       看護士さんと別れました
   l}ィ::        | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

54 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:29:27 ID:yPDTfrdg
   (::::::::::(      ⌒   )   ノ
    (ソ:::::::⌒        ノ へ  )              (:::: ⌒    へ  へ
    (::::::::::     /`ヽ    )ノ              (::: ⌒ へ   ) ソ   )
      ヽ(::::::::    ノ     )'       (::)     (:::::::へ::::::::::         )
      '(ヽ(:::::::   ) ソノ  ))) /ヽ     ||  ((ヘ) (::::: (::::::::    \  へ  )
       ヽ(::::::::   )ノ ノ/|| /  \       |:|   (:::: ( (:::::::::: ⌒      )   その窓からは中庭が見えていて
        `ヽ从人/ノ::::: ))  || /    \     |:|   ヽ从ヽ(::::::::::   ソ    )' 
           |;;:::: |'ヽ,、,、ノ   /         \         |l| (::::::      ) ソ )     まぁ真夜中だったから
           |;;:::: |/|::|  /            \         |l| 〃(::::::: ノ )ノ)  
           |;;:::: |  |::|  /           \     |l|  ( ノ人从ノ)ノ))           真っ暗なわけですが
           |;;:::: |  |::| ./               \       .ゝ|:::::::: |ノ
         /|;;:::: |  |::|/                \        |:::::::: |                おくの方で何か光ってるように
       /  |;;:::: |   /                   \      |:::::::: |
     /    |;;:::: |  ./                      \    |:::::::: |                  見えたんです
    /     |;;:::: |  /                        \   |:::::::: |

55 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:29:44 ID:yPDTfrdg

| __________   __________  __________
| |「 ̄ ̄ / ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄// ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||   ||// ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||
| ||    //   |||         ||   || ./       |||/   /    ||   ||         |||     ./   ||    それは
| || //      |||]   //   ||   ||       ./ |||]  /     .||   ||    //   |||] /// .   ||      
| ||_/____.|||_ //__||   ||___//_|||______..||   ||_ //__|||___//_||             中庭をはさんだ反対の病室でした
|  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄      ̄
|                                                                   うっすらと明かりがついていて

|                                                                     中に人影があったので
|                         
|                                                                        他に人が居るのかなって思いながらみてたんです
┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

56 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:30:23 ID:yPDTfrdg

                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |           それからしばらくして
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    | 
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |               その部屋から明かりが消えたんです
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /                                        すると廊下から足音が聞こえてきたんです
|   /        /
|,/        /
        /
      /
    /
.  /
./

57 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:30:35 ID:yPDTfrdg

.       \           | |  //::            /  /    /
          \           | |  //:::         /  /    /
      \  \           | |__//::::.         /  /    /
.         \  \         ̄          /_/  ̄ ̄ ̄\
         ||   \              /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\. \.           /  |::::::::::::::::::::::         \            その足音がだんだん
         || | |.\, \____/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |  ||  |      |  |:::|  |::::::::::::::         /                 大きくなるんです
         || | |  ||  || ̄|   .|  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄   !l  |   .|  |:::|  |:::::::::      /...::::
                /.  ̄ ̄ ̄ \ l:::|  |::::::::      /...:::::::                     最初は見回りかなって思ったんですけど
   _           /           ヽ:|  |::::::     | |:::::
   /|         /                \|::     | |:::::       __
     |         /                  ̄ ̄ ̄ ̄| |:::     ___|                  ・・・ちがったんです
     |.      /                         | |:    ___|\ ヽ
     |   /                            ヽ|__|\ ヽ                      とまらないんです   
                                                                 
                                                                     まるで私のいる部屋を目指してるみたいに

58 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:30:45 ID:yPDTfrdg
____________
|┌───┐|┌───┐|
|│/./ . │|│/./ . │|
|│/  /│|│/  /│| そして
|└───┘|└───┘|    
|:[l         |         l]:|    止まったんです
|          |          |
|          |          |         私の居る部屋の前で
|          |          | 
                              ぴたりと・・・・・

59 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:30:56 ID:yPDTfrdg
  \
    \
.       \
.       \      __ __
          \   r'´. ̄ ̄       ̄ `、::.    ___
   l} 、::       \ヘ,___,____  _____./::.__|    .|___________
   |l  \::      | |            |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | | __r'" ̄,´ ̄`ヽ、__   |::..    ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l:::::::´ヽ,ノ:   | | | .|       | |  |l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l :::::::::| :|    | | | .|    `.` .| |  |l:::::
   |l.,\\| :|    | | L.|       |_」  ll::::                      私は怖くてもやっぱり
   |l:::::::::::::| :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::                         気になってベットから
   |l ̄`~~| :|    | |             |l:::: 
   |l:::::::::::::| :|    | |             |l::::                            抜け出しドアを開けました
   |l:::::::::::::| :|    | |   ''"´         |l::::
   |l \\[]:|    | |              |l::::
   |l:::::::::ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |             |l::::
   |l  /::      | |   ''"´         |l::::
   l}ィ::        | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

60 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:31:08 ID:yPDTfrdg
                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |           でも誰も居なかったんです
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|              私は気のせいだと思い
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |                  またベットに戻ろうと思いドアを閉め
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \                    振り返ったら
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /
|,/        /
        /
      /
    /
.  /
./

61 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:31:24 ID:yPDTfrdg
蠶蠶蠶蠶蠶醴蠶蠶蠶醴體髏髏蠶醯醴蠶醴髏蠶醴醴醴醴髏蠶蠶蠶蠶蠶醴醴醴醴髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶蠶鬮諄醴蠶蠶躔霾醴醴蠶蠶蠶醴醴髏驩醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶醴醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶醴蠶幽繹蠶醴雖雁聴隅醴蠶蠶醴羈贍貔躍醴蠶蠶髏髏蠶髏醴醴醴醴醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶
蠶髏蠶蠶髏蠶軅體詣觀召?_召状隅醴羇剤錐鋸醯艪蠶髏歡笵髏醴醴??醴醴醴醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶醴鬮醴髏醢儲?ィ鑓?テ羽Ы⊇没踈佼Ⅵ荘繍醴髏蠶蠶甑璢??????霾躔醴醴醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶蠶
蠶蠶蠶髏勧醴??藹韲菅莢べ⊇∃Ц它∬⊇羽讙蠢蠶葢温輻蠶醴諸荻Ⅵ?呈シ隴醴醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶
髏蠶鬮醴??鐔醴露媛どベ   ベS辷Щ坦旦鏥醴蠶?`驩讒髏鬪舜悠⊆ジⅥ?停o躔醴醴醴醴蠶蠶蠶蠶
醴醴蠶蠶齬醯譴甜Ρ       `∃Ш珀伽躇?鉗メ髏醴髏體芦サⅥ川ジベ介Ⅵ?蹄ヲ霾醴醴醴醴蠶蠶蠶
蠶醴髏髏髏??醯佼三、      ベ∃滋譴靄謔醴???噬ッ¨       ``ベ⊇川浴壮穉隴?肅メ醴醴蠶蠶蠶
蠶盛護燗燗鷦妓冖マ∴、      ベ俎罎靄躇諚牧べ              ベ⊇川衍掘雁隴躔醴醴蠶蠶蠶
蠶醢世鎰鋸謐幽廷レ、          沼貍隴謡鈷⊆゛                `ベ∃氾狛挧鍠薩醴醴蠶蠶蠶
蠶蠶蠶靉咒謐醴蠶蠶醢止        ∃堀鍠狽拔シ`∴               ベベ川Ⅵ珀掘鐫?鉗メ醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醴髏髏蠢〟      ‘氾荘珀召Κ`∴、                ベベ川Ⅵ壮掘隴醴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠢蹟蠢蠧熨醴影        ベⅥ珀笠に∴3、                  `ベ介衍衒鐫醴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶醪攤?J蠡?J髏’         ‘∃衍衒旦Щ辷゛                   ベ∃衍衒鋸?鉗メ蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶記鷦騾粳”            ベⅥ珀狛錐自.                    ベ∃衍珀鍠疆醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠢,``                `ヨ召Ⅵ?定ネ此                   ベ∃汾珀掘儲醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶監                   ベ交ベヨ疆齔                  ∴S⊇浴衒鍠譴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠢』                  ベ三ヘベ鴪彭                ベ⊇⊇氾衒掘儲醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶?ル                  ∃川シ  ヅ’                 ベベ3氾珀伽疆醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶』                  `当癶、        、  u∴     ベベ⊇Ⅵ珀雄醴蠶蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶鬮。                  ″  シ  、uムЩ糴庇     ∴シ⊇汾衍儲醴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶監                      ∴、∃ヨ櫨蠶醴齔      `3⊇氾珀?鉗メ醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶?テ                逧此払(錙蠶髏醴??㍗     ベ3⊇氾衒躔醴醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠢』              『蠶?J?J髏醴醴醴影忙      ベ⊇⊇浴郤弭儲蠶蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠢〟              『醴醴醴醴醴??Г      ベジ⊇Ⅵ交氾据醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶鹹              情??苛泣罅         ∴3S川Γ ヨ据醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醢〟            ヴ県戸”          ⊇⊇ジ   ∃据醴蠶蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠧〟                        ⊇⊇゛    ヨ溷醴髏蠶
蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠧止.                  ベシ       旧疆蠶醴蠶

62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:32:48 ID:yPDTfrdg
             ___
       , . :‐: : ̄: : : : :.`丶
     /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ
.     /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ
    〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ     気がついたら朝で、ドアの前で寝てました
   ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ
.   {! L ハ 〃Y    ○  、 Yr‐ 、:.:.ハ
      }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l    余談ですが
      ├‐'        !  __,ノ!: : : l 
        ヽ  ___     ィク_ |ト.: : l   朝おきて確認したら
        >、    , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l 
           `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|   そもそも向かいに病棟なんてありませんでした
           「V´    ,⊥-==ー戈{
     /゙゙fニニア゙イ」 -‐ 彡'゙¨ ̄ /   ハ
.     / /   ヾノrぅ  ´   〃 ー---ハ
   r'゙〃   /        〈  ̄¨''ー--}

63 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:33:35 ID:yPDTfrdg
        _,..‐'''""""'''‐‐--‐',''~
       /::::i:::::::::丶:::::::ヽ:::::""'-、
      ./:::::::::i::/ii:::::トi::l!::::トi::ト、::\i`ヽ
     /:::::/个、ii .| i i! iナヘ::::::::ヽ
     |::::彡,..-‐>爻ク ∠__,,,,,,ト- '
     i:::::| i  .// .i '"~   |、
     /l⌒l ゝ_.//._,ノ .、 -‐'''"~.ト ii
    ./:::iδメ´ 「`丶、__,,.イ  |メ、
   /::::/`-< /      ..i ./  .i
   /::::/   .j.へ..,_     ._i/  ..j
  ./::::/   , -'"_i''‐┬‐'i_
 /:/i/    ,-'"  i''‐..7 ‐ 'i_.."'''i-i            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
...i:/./  ../.ゝ/ ̄ ..io    ̄ ̄´\               d⌒) ./| _ノ  __ノ
 i i ../   〕     .i     i   \
  ../    ..i     ...io    .V    ヽ
 / ヽ, _,.イ      ..i     .i\_  `、
 | ´ ̄ヘi  .ヽ      .i.o    / ..7`ヽ ...|
 |    .|  ∧     .i     i   ', \ |
 |    .|   .|     i.o    i   .i    .|      【美緒とこわいはなし】
 .i/ ̄`ヽ、 .<     i     .i   .i__,,....,,_.|
 /ヽ、\へゝ./     i.o    i ../,-、 、.、\
 ヽ/ ̄   /      l!    .i  ヘ/  |,リリリ     これはノンフィクションです・・・・とか?

64 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 02:38:36 ID:SFa.cf/.



だがこんな時間にこんなものを見せないでくれ
トイレに行けなくなった



65 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 08:44:10 ID:6LZcCbho



>>61を見た瞬間、
トイレに行く必要がなくなった俺に死角はなかった。



66 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 09:49:34 ID:5aMR3xOI

>>65 人間としてありまくりだろwwww


関連記事
ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・
| 17:00 |コメント(3)
カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2008~2009) やる夫短編作品 200809

|

<< 筒井康隆「悪魔の契約」 | HOME | 加トちゃんの内匠頭が刃傷におよぶのは志村上野介に「高木ブーでものいかりや長介でさえも女房がおるわい」となじられたのがキッカケ、というお話。 >>

■御感想or寝言

9219 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/12/16(水) 23:40:12 ID:-

もっさんヒロインとは珍しい


9223 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/12/17(木) 03:45:47 ID:-

漏らすなww


36197 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/23(火) 00:57:18 ID:-

お風呂に行く必要があるじゃねぇかw


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV