やる夫短編集 FC2阿修羅編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2015/10/06(火) 魔王の王


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所174                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所26                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その43              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド20                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
やる夫短編投下所 in おーぷん             http://open.open2ch.net/test/read.cgi/yaruo/1396490018/
短編投下用スレ(方舟板)                   http://shokaku05.sakura.ne.jp/test/read.cgi/reppua7m1/1406803565/
短編スレ(シェルター板)                    http://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1397181772/
普通のやる夫板短編所                  http://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1426938325/
ホラー、オカルト系共用短編スレ                http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1439291132/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】       http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
やる夫自作絵投下所                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】             http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫達で語るF1あれこれ                   http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1387716427/
プロ野球12球団紹介スレ                      http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1386048883/
やる夫で学ぶご当地知識&方言            http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/
牧場                             http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1434901532/

1 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:48:02 ID:FJm0StZI0 [1/78] (PC)
          ll'''''lll
  l''''''''''''''''''''''   ''''''''''''''''''''''ll    ll'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ll        ,,,,,l''''''''''''''''l,,,,,       lll'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ll
  l  lll'''''''  '''''llll'''''''  '''''''lll   '''''''''''''''''''ll,  ll'''''''''''''''''''''    ,,,l'''' ,,,,,llllll,,,,,,, ''ll,,     '''''''''''''''''''ll,  ll'''''''''''''''''''''
  l  ll'lllll'  ''lllllll'lllll   lllllll'           lll  ll           ,,ll' ,,ll''' l'  l' ''ll, ''l,         lll  ll
  l  ll''' ,,,, ,ll,,,llll'' ,,,  ll,,,, 'lll     ,,,,,,,,,,,,,,,,,ll  lll,,,,,,,,,,,,,,,,     ,l'  ll'   ,ll  ll   ll  ll,   ,,,,,,,,,,,,,,,,,ll  ll,,,,,,,,,,,,,,,,,
  l  ll'll'''''''''''''' ''''''''''''''''''ll''''     l              l     ,ll  ll   ll  ll'   ,ll  ll    lll             ll
  l  ll l  ''''''''''  ''''''''''' lll       ''''''''''''''''lll  ll'''''''''''''''''    lll  l  ,ll'  ll    ll'  ll   '''''''''''''''''ll  lll'''''''''''''''''
  l  ll l  llllllllll  lllllllllll lll          ll  ll           ll, 'll, ,ll' ,,l'  ,,ll'  ,ll'           lll  ll
 ll  ll '''''''lll' ,llll, lll lll 'l,,            lll  ll         ''l,, '''''' ,,ll',,,,,,ll'''  ,ll''          lll  ll
 ' ,lll,,,,,ll'''' ,,ll' l  ,,,,,,,,,,,,,,,''''ll  ll''''''''''''''''''''''   '''''''''''''''''''''''ll    '''ll,,,,,,,l'''' ll,, ,,,,l''''     ll'''''''''''''''''''''''  ''''''''''''''''''''''''ll
 l,,ll'll,,,,,,,,,,,ll'''' 'll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,l'   '''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''         ''''''''       ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
   ''''''

2 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:48:22 ID:FJm0StZI0 [2/78] (PC)
                        ∧                 ∧
                           | ,|                   | ,|
                           |  \ / ̄ ̄ ̄ ̄\ __  ノ  |
            /|.           \_  /;;::       ::;ヽ  ̄ _ノ       |\
           / /|.              ̄`|;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;| ´ ̄           |ヽ ヽ
          | / |              |;;::        ::;;|             |  ヽヽ
          | |  L.               |;;::   c{ っ  ::;;|            _|   | |
         | |   /                 |;;::  __  ::;;;|            ヽ    | |
         | |   |    ,-‐‐‐‐‐‐‐-(. . ヽ;;::  ー  ::;;/ . .)-‐‐‐‐‐‐‐、   |    | |
         | |   |    ヽ ̄~‐‐ 、  `',‐-\;;::  ::;;/-‐~´   ,.-‐~ ̄ノ  |   | |
          | |   |     ヽ  (ソヽ/""  ~~^ ^~~  ゙゙゙ヽヽ/ヾ| /    |    | |
          | |   |      / ,--、|         |       | ,‐‐、 〈     ,|    | |
           | |   |    _/ /===))ゝ____,...-‐↑‐-、.._____ノ)(===ヽ `‐;;、  l   | |
           | |  _|  ∠ヽ  |=l/ .|二=/´_..|__丶:=二|  ゝ=ノ /==ヽ |_  | |
            |__|__| ∠=:::::) /´|    |==|~  |  ̄|:==|   | ゝ ゝ===ヽ |__|__|
           /二二>==´ ノ 丿    ゝ=:|~ ̄l| ̄~~|::::=ノ    ゝ `‐`==<二二::ヽ
          ( /{ミ三∀__/ (____,.......-‐|_/ゝ__..|....._ノ\_|‐-........____) `ゝ∀三彡} | )
           \__|:::|二,         _/   /   `l    ゝ        `,二|:::|__ノ
              ~∨~´       ,..-‐'´ヽ_/  ,⊥  \___/ `‐、_         `~∨~
                     _,:::´ _,.......、 ヽ/´ `ヽ/=‐-、  `ヽ
                   ┌⌒ヽ /====),<   _  >、====ヽ  /⌒ヽ
                    ,ゝ-'´ヽ|二=‐'´' ヽ二‐二/  ゞ二==|__人__ノ
                   |   /Τ ̄    ゝ二ノ      Τヽ   `l
                   |   |二_|               |二_|   |
                   ,ヽ_____|二|                |二|_____/
               ∠lllll匚ノ   ̄ \             ノ    □lllllゝ
                 ,〃)))\,、-'‐-<lllll\       ∠llllll>-‐-、/(((ヘ
                 |/ ̄                         ̄\|

3 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:48:37 ID:FJm0StZI0 [3/78] (PC)

・夢の内容を、おぼろげながら書き起こして物語にしました
・全体的に哲学的です。よく分からない終わり方をします
・鬱系ストーリーかな? 注意!



4 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:49:20 ID:FJm0StZI0 [4/78] (PC)
これは、別な世界の物語
人々はみな魔力をもち、お互いの心を通わせ。想像もつかないレベルで円滑に意思疎通を行っていた
気持ちさえも分かち合え、気兼ねなく生きていた

            _,、-,r-‐''''''''‐--.、
          ,r''',r"::'":::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
        ,r'":::,:::::::::::::::,r::::::::::::,:::::::::::::::::::ヽ.
      i":::::i'::::::,l::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
       i::、::::\,:i;:::/,r-l::l'~~゙l、::::::::::::::::::::::::ミ
      ゙т'゙l:,`ー'   ノ'   └、:::::::::::::::::::::ミ
        ,l `     '"       ヽ.:::::::::::::::::ミ
        |-、,_    _,,.、-‐''''''''ー ゙T:::,r‐ 、::,!
        ヾrッy  '"∠r'゚:ツ~r"   ,!:,!i'゙) )l
.        ,;l  ,!          ;'!iノ"ノ::i'
          ;'', ,:'              l'l;r'゙,!i::::ト、
         ;ヽ. ~゙`___,,,,,     /` ''ン',レ' \
         '  ゙ヽ. ー- ''    /   " /    |,,_
           ,/ヽ    _/     /    l'  ~ー-、、,,_
         ,r",.、  `ー''i"、_  _,/.、    l'       ~
       ,.r''/ ,r'' \   |::::::: ̄:レ" \   ,l'     (二)


                 ,.........,_  __
               ,.r'"~~ヽ、::::ヾ、:::::ヽ、
            ,r''"::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,::::::::::ヽ、
           ノ''"~::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ::::::::::::::゙:,
         r"::::::::-‐'"~~`:::::::::ヽ、::ヽ::::::ヽ,::::::::::::ヽ.
         l::,r:::::::::::::r'"~ヽ、:::ヽ::ヽ、::::::::゙;;::r'":::::::ソ
         l"::::::::::::::::::::-、:::::t---、、::::::ヽノ,:::::::::::、:゙:,
         r":::::::::::___::::゙ヽr''      ゙ー,:r;.j:、t-、::::ヾ.
         t,::::/::::::::::::::ミ''       'ノ",!ノl| ゙:,::::,r'
         l:::::::::,r‐ 、:ミ'"  ―‐-、、,__ ノ '__,,.!ノ
         /::::::::l.ヽ,ゝ|,ミ,    ヾユニフ~`> ,r:j>i'
        ,r'l:::::::::::::ヽ、,| ゙;:            i  |
      / |:::::::::::::,|,,、゙' l'             t,.r'
     ,ri"   l:::::::::/,/'i’ ゙      __    -┬ '
-‐'''""~|    ゙i,;!'ソ,ノ l' :, ヽ、     ̄ ̄ ,:'
     |      ゙i、ヽ、 :i   ヽ.、     ,!,
.     |       \ \ ゙i,     ヽ`ー,r--'゙i,\
     l        \ \、     l゙i、゙i,  ゙i、\

5 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:49:34 ID:FJm0StZI0 [5/78] (PC)
しかし、世界には二つの脅威があった。

                          _,,.. -─ ─- .,,.._
                     , ''"´ ―-'",.、.:.:.:.:.:\、.:.:`  、
                    ,. '゙'''''"~´:::::::::::::::\\::::::::"''\"'--` .、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'-、''l::::_,.-‐'    '':.:.\
                  , ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'‐--‐,     '':.:.`.、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"       .:.:ヽ
                  ,'.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            .`.
                 i ....:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                 i
                i  ...:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`l               l
             |   .:.:.:.::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::j  __           |
              |         /:::::::::::::::::::::::::::/~  (:::/            |
             |         ヽ::::::::::::::::::::::::(    ノ/             |
                l          `;::::::::::::::::::i'"    ^^               l
                  !          \::::::::::/                    ,!
                  ',            ̄ ̄                  ,'
                  ヽ                               /
                   `.、                              , '
                    \                           /
                     ` 、                  , ´
                        `丶、                , ''"
                         ``'' ー-- --‐ '''"´

6 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:49:49 ID:FJm0StZI0 [6/78] (PC)
世界には魔物が生息していた。
魔物は人間を獲物としていた。人々は魔物の脅威と常に戦っていた


         ∧         / ̄ ̄\
         /  、       /ヽ、___ノ|
      ∧//⌒ヽヽ∧ /⌒( i  " i | ./
   ヾヾ ( i .-┸- i i )    | i | i  >
 ゞ","",,ヽヽヽ二二/-/  /  ヽ | i ″)       _ i'i,,,/7-、,_
 ヾ ,, ,, ヽ  ̄ ̄ ̄    ノ  | i i .丿      ヾ、゙ヽ ゙' '/彡
 /ヾ ,,  ,,ヽ (      / )/ | ∥i /       =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、
 | ヾ ,,,,  ヽ "──""  ノ(/| ii  | )     ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,
 ヽ ヾ ,, ,, ,,.ヽ      ノ ./ .|__ii___|ヽ    ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_
  ヽ ヾ ,,,  ,,  \    /  i⌒( ̄ ~  |    '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ           i⌒j、ィ⌒j
  /   )==(○)==(  ヽ- ̄ ̄ /    l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙        ,. ‐-ゝ,J'ー'`li'
 (⌒-/",,--______-- ",, ヽ ゝ─-- /    Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ        」、_)´ ||,r´ ̄lj⌒j
.(__/ヾヾヾ ,,,  ,,, ,,-ゞヾ/  ヽ.,,_,,/     .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,        r'´、_ノヾ lj    人 ,)
 ヽ(    ソ""""\    ヽ  i_/      r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ        { 、jヽ、‐-u-─イ  lnj
<(⌒""`--.,__)   /ヽ    )          ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉       lj   {,nl  rJ   ~
<(~`─"   \ (~    /           r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_     , ',ニ __7 lj {j ,l L==、丶
<(_,,,__,,,,    ) \    ̄ゝ          .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ    ( ( (  'ー'-‐'^ーー‐` ) ) )
      ̄"""   ヽ.,,__ゝ                      ゙ー゙´       ヽ、ヽニ二二_二二ニ‐' ノ

7 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:50:02 ID:FJm0StZI0 [7/78] (PC)
世界の各地に汚染された大地があった。汚染は広がり続け
遠い未来、人間も魔物も住む土地はなくなる


 ~              ~         ~
          ~          ~         ,イ  ~
    ~         ~               ~     レ1    ~
  ~          ~   /<、                レ1、
        ~      __人j⊥=-‐――――---‐'ヽミ=- 、__
          ノ ミ,. '´  ,. -----――‐‐ ' ´  厂`ー‐‐一'´  ~
  ~     / ,.イ´     ,ィ               /ノ
       / ,. '´,r- 、   //!          ,ィ/    ~
       / /、    ヽ∠r,彡′      _,r‐くミ|
 ~   / /r。, l      !  `′     ,. '´ /.ヾ!  ~
    丿/::-‐ヘノ     ノ    ,.rュ‐<_ ノ
~   //‐-_-、_j    ノ  __,.ィー┬一'   ~        ~
    {`,.フr'´ ___,.ニ='´‐ '´/ ヽミミ! i
   (  二二 ‐  ‐   ̄    ヾ_j

8 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:50:36 ID:FJm0StZI0 [8/78] (PC)








三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===
==================---
-------------- ‐ ‐ ‐
- - - - - - - - - - - - - -


アクセスカウンター



9 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:50:57 ID:FJm0StZI0 [9/78] (PC)
男は、生まれつき魔力を持たない出来損ないだった。突然変異といえた
その欠陥は、遺伝子単位にまで刻み込まれ子孫にも遺伝する

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

10 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:51:16 ID:FJm0StZI0 (PC)
世界が言葉を必要としないため、言葉はほとんど発達していなかった。
他人の気持ちがわからず。稚拙な言葉しか扱えず
誰とも心を通わすことなく生きてきた
生来ゆえかそれとも環境からそうせざるを得なかったのか。男は、ひとつの物事に集中することができた。異常なまでに

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

11 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:51:48 ID:FJm0StZI0 [11/78] (PC)
男は剣術を学んだ。師はいたが。魔力を持たない男には稽古はまったくしなかった
意思疎通がまともにできないのだ、仕方のないことだ
いくつか技術を盗み見、我流で剣術を極めたが長い歴史をもった剣術には到底及ばなかった
自分で見ても実に稚拙たるものであったが、剣筋がまったく読めないため魔剣と呼ばれた


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

12 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:52:02 ID:FJm0StZI0 (PC)
なぜかというと、魔力を持って相手を知ることは目で物を見るのと同じぐらい普通だったので
男は、魔力を持つものからすれば目に映らないのと同じであるのだ


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

13 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:52:34 ID:FJm0StZI0 (PC)
男は、魔法を学んだ。全てが手探りだった
魔法とは、語りかけるもの、肉体に流れを作るもの。魔力。魔力。
結局理解できなかった。理解できない用語と法則だけ幾許か覚えた。無意味だった



       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

14 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:52:48 ID:FJm0StZI0 (PC)
男は、錬金術を学んだ
錬金術は男にとって実りの多いものだったが、黄金を作るという胡散臭さが合わず
化学をいくつか学ぶにとどまった。錬金術から思想へと行き。哲学を学んだ。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

15 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:53:11 ID:FJm0StZI0 [15/78] (PC)

哲学は、男を絶望的な結論に導いた
永遠に他者と気持ちを分かち合うことができない。死ぬまで続く。『孤独』


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

16 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:53:23 ID:FJm0StZI0 [16/78] (PC)
男は、20歳になっていた
あまりにも早すぎる探求の終わり。男は道を究め、そして通り過ぎていた。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

17 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:53:42 ID:FJm0StZI0 (PC)
男は農業を始めた。
夜明けから日没まで一人で広大な土地を整備する。
開拓のため未開の地に一人踏み入り、魔物を打ち倒した
魔物は、あっけないほど簡単に倒れた。男のすることがまったく理解できない、男の稚拙な剣術に太刀打ちできない
男は、魔物にさえも理解されないのだ。



       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

18 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:54:06 ID:FJm0StZI0 [18/78] (PC)
男は23歳になった
他の人間は植物の状態を魔力で知ることができた。適切な収穫時期や水の加減。作物の病の判別。多くのことを知ることができた
男は、それらを知ることができなかった。手探りで探った。
それでも農業は、男にとって、今まで生きてきた中で最も理解しやすかった。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

19 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:54:18 ID:FJm0StZI0 (PC)
そして、魔王軍も誕生した。
恐るべき魔王は、魔力を使い魔物を統率し、人類に対し侵略を仕掛けてきた
今まで、無秩序に暴れるだけだった魔物は、統率された動きで人類を一年足らずの間に追い詰めた。

人類は生き残りをかけて魔王軍に立ち向かうのだった


         ∧         / ̄ ̄\
         /  、       /ヽ、___ノ|
      ∧//⌒ヽヽ∧ /⌒( i  " i | ./
   ヾヾ ( i .-┸- i i )    | i | i  >
 ゞ","",,ヽヽヽ二二/-/  /  ヽ | i ″)       _ i'i,,,/7-、,_
 ヾ ,, ,, ヽ  ̄ ̄ ̄    ノ  | i i .丿      ヾ、゙ヽ ゙' '/彡
 /ヾ ,,  ,,ヽ (      / )/ | ∥i /       =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、
 | ヾ ,,,,  ヽ "──""  ノ(/| ii  | )     ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,
 ヽ ヾ ,, ,, ,,.ヽ      ノ ./ .|__ii___|ヽ    ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_
  ヽ ヾ ,,,  ,,  \    /  i⌒( ̄ ~  |    '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ           i⌒j、ィ⌒j
  /   )==(○)==(  ヽ- ̄ ̄ /    l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙        ,. ‐-ゝ,J'ー'`li'
 (⌒-/",,--______-- ",, ヽ ゝ─-- /    Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ        」、_)´ ||,r´ ̄lj⌒j
.(__/ヾヾヾ ,,,  ,,, ,,-ゞヾ/  ヽ.,,_,,/     .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,        r'´、_ノヾ lj    人 ,)
 ヽ(    ソ""""\    ヽ  i_/      r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ        { 、jヽ、‐-u-─イ  lnj
<(⌒""`--.,__)   /ヽ    )          ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉       lj   {,nl  rJ   ~
<(~`─"   \ (~    /           r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_     , ',ニ __7 lj {j ,l L==、丶
<(_,,,__,,,,    ) \    ̄ゝ          .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ    ( ( (  'ー'-‐'^ーー‐` ) ) )
      ̄"""   ヽ.,,__ゝ                      ゙ー゙´       ヽ、ヽニ二二_二二ニ‐' ノ

20 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:54:41 ID:FJm0StZI0 (PC)
世界が追い詰められた時、男は24歳となっていた
兵士として王国軍に参加した
正義の心でもない、愛国心でもない、ただ、死に場所がほしかった。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

21 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:55:02 ID:FJm0StZI0 (PC)
男は、誰にも理解されることなく。誰を理解することもなく、ただ孤独に戦った。
猛者として褒め称えられたが、そこに理解はなかった。
無敵と思われた魔王軍はわずか半年で、追い込まれた。
王国軍が建前と、王国の功績に執着し、男を軍規と上官と兵で縛らなければ、もっと早かったかもしれない



       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

22 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:55:14 ID:FJm0StZI0 (PC)
敵にも味方にも、透明人間に等しかった。理解の及ばない、不気味な怪物だった。
王国軍の建前も王国の功績も、それこそ建前だったかもしれない。不安から縛り付けておかなければならなかった。
魔王の城攻略には、魔力の強い精鋭が選りすぐられた。魔物に対しても、その魔力の強さで優位に戦うことができる実力者ぞろいだった


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

23 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:55:51 ID:FJm0StZI0 (PC)
魔王の城には、魔物とは違う奇妙な人形がいくつも置かれていた
人形が動き出すと、精鋭はあっさりと、倒されていった

      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

24 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:56:09 ID:FJm0StZI0 (PC)
男にもよく理解できなかった。実に実に稚拙な振り回されるだけの人形の武器に、精鋭があまりにもあっけなく倒される
男は武器を振るい、人形を打ち砕く。稚拙な人形だったが、今まで出会ったどの相手もより強かった。


      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

25 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:56:20 ID:FJm0StZI0 [25/78] (PC)
生き残った精鋭を引きつれ、男は魔王の城を進んでいき、魔王の間に到達する。

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

26 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:56:33 ID:FJm0StZI0 (PC)
「人類よ。今までどのような手品を使ったのか知らぬが。私を甘く見ないことだ」


                      _
                   - '`` / ̄`;;'---;,_ _
                _,;-'`:::;;; ;/::::: : /:,  ,;__;|:: _;`' ヽ;,_
              _,;-`::: ;-'`/ ::: ;:/::/:;/``_;:i;;;≡=='丶,.
             / ;; ;// ;/ ::: ::/::::::::/:/;;:/,;-二ヽ;:/.';_;;---;丶
            / : :://::;/;:: ::::;/::::: :;//;//巛ミ:::|;;|;;.;-';;:;:;i;;i . ;;ヾ
           i;;;;;; :::::/ :::/ :: ::: :/ ::: ::///ミ《ミ巛ミ;|:::|:二;;i::i:::i ::: ::i ヽ
           i;;;:;;;;;/ :: / ::: ::::/::: ::::/;;:/ミミ《ミ巛;;;;ミ::|;;i;;≡ヾ i ::i;;  ;; ヽ
      `'' -;,, .i≡三` / ::: ::::/ ::: :://二|i二;二 ̄:: ̄: ̄;; ̄`ヽヾi i
     \``''-;,二;;-,;,__/ ::: :::;/ ::: :://ii.  i|   ;;; ;;   ̄ ̄ |;;;;::::i:::::i
       \ヽ i  i  | ::: ::/ ::: :://=i|≡i二二三二二;二=i  i;;:;i:::i::i
        \ ヽ i ::| ::: ;i ::: // =;;.,,_ii       .:_,,;;-= /i,;;;;,.i:i:::i
       / /`ヽ,,_i |::: ::i :::::// ヽ|i'---' i=  . iソ丿,,/ ./;;;i;;::::i::::i
      /  /;/::::/:::::i:::::i::i:::::/ i  i|  ̄|i ̄;::    / ̄  /;;;;i;;i:::::i:::i
    /  / /::::/;;;:;;;|;;:;::::i:::;;i;::;i  i|   i|      ヽ  /;;;ii;;;i::::::i::i        /|
   /   / :/;;;;/;;;; ;_;:|:::;;;;i::i:::i;;i  .ii   .||     =-  /;;;;;;i;;i::::::i:i  ./ヽ    /:: :i
 /   / ;/;;;;/;;;;::: ::;:i ̄`/;:;;/\ i|   ||    _;--  ./;;;;;i;;i;;i::::::ii  /:: ヽ__//i i
     ノ ;/;i;i;/;;;;;;;/  /;;;/;/ヽ i|`' -,.. .||     ''  /;;;;;;;i;;i::i:::::ii /丶,   ./ヾ/;;i
   /;/;i;i;i/;;;/  /;;;/::;i   /;;    '|i ' - ;,.  /''''--;__;;:i::i `  丿  :::; :: / '\
  //;/;;/;;;ノ   /;;;/;;i;;i 'i'i'i|`|`|`|`-||---===;     .:;;'`\  ノ   丶≡ '-  \
//;i/;;/;;\   ,.;:;;;;/,..;;;i;; /   ̄ ̄/ ||< ̄ ̄i |    ,;;';`  ヾ    ,.; :::: ::  `
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ,;;;;.;;/,.;;;::;i;::       | .|| \丿 .i

27 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:56:43 ID:FJm0StZI0 (PC)
男は、易々と魔王の体に剣を突き刺した。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

28 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:58:03 ID:FJm0StZI0 (PC)
「な、何が起こった……」味方も、魔王と同じく。何が起こったのか理解できてない
「わ、私は滅ばぬ……」魔王が魔力を集中させる
男は、魔王のやろうとしていることを、直感的に理解した
魔力を注ぎ込み、相手の体に乗り移る大秘術だ。

                      _
                   - '`` / ̄`;;'---;,_ _
                _,;-'`:::;;; ;/::::: : /:,  ,;__;|:: _;`' ヽ;,_
              _,;-`::: ;-'`/ ::: ;:/::/:;/``_;:i;;;≡=='丶,.
             / ;; ;// ;/ ::: ::/::::::::/:/;;:/,;-二ヽ;:/.';_;;---;丶
            / : :://::;/;:: ::::;/::::: :;//;//巛ミ:::|;;|;;.;-';;:;:;i;;i . ;;ヾ
           i;;;;;; :::::/ :::/ :: ::: :/ ::: ::///ミ《ミ巛ミ;|:::|:二;;i::i:::i ::: ::i ヽ
           i;;;:;;;;;/ :: / ::: ::::/::: ::::/;;:/ミミ《ミ巛;;;;ミ::|;;i;;≡ヾ i ::i;;  ;; ヽ
      `'' -;,, .i≡三` / ::: ::::/ ::: :://二|i二;二 ̄:: ̄: ̄;; ̄`ヽヾi i
     \``''-;,二;;-,;,__/ ::: :::;/ ::: :://ii.  i|   ;;; ;;   ̄ ̄ |;;;;::::i:::::i
       \ヽ i  i  | ::: ::/ ::: :://=i|≡i二二三二二;二=i  i;;:;i:::i::i
        \ ヽ i ::| ::: ;i ::: // =;;.,,_ii       .:_,,;;-= /i,;;;;,.i:i:::i
       / /`ヽ,,_i |::: ::i :::::// ヽ|i'---' i=  . iソ丿,,/ ./;;;i;;::::i::::i
      /  /;/::::/:::::i:::::i::i:::::/ i  i|  ̄|i ̄;::    / ̄  /;;;;i;;i:::::i:::i
    /  / /::::/;;;:;;;|;;:;::::i:::;;i;::;i  i|   i|      ヽ  /;;;ii;;;i::::::i::i        /|
   /   / :/;;;;/;;;; ;_;:|:::;;;;i::i:::i;;i  .ii   .||     =-  /;;;;;;i;;i::::::i:i  ./ヽ    /:: :i
 /   / ;/;;;;/;;;;::: ::;:i ̄`/;:;;/\ i|   ||    _;--  ./;;;;;i;;i;;i::::::ii  /:: ヽ__//i i
     ノ ;/;i;i;/;;;;;;;/  /;;;/;/ヽ i|`' -,.. .||     ''  /;;;;;;;i;;i::i:::::ii /丶,   ./ヾ/;;i
   /;/;i;i;i/;;;/  /;;;/::;i   /;;    '|i ' - ;,.  /''''--;__;;:i::i `  丿  :::; :: / '\
  //;/;;/;;;ノ   /;;;/;;i;;i 'i'i'i|`|`|`|`-||---===;     .:;;'`\  ノ   丶≡ '-  \
//;i/;;/;;\   ,.;:;;;;/,..;;;i;; /   ̄ ̄/ ||< ̄ ̄i |    ,;;';`  ヾ    ,.; :::: ::  `
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ,;;;;.;;/,.;;;::;i;::       | .|| \丿 .i

29 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:58:22 ID:FJm0StZI0 (PC)
男は精鋭兵と魔王の間に立った。
さあ、乗り移れ、男という存在から、男を解放し、理解される新生命となるのだ。
男という存在は消える。相手が魔物でもいい、お前という存在が、この肉体で他者を理解していくのだ。
魔王の力が自分に流し込まれる。男は期待に打ち震えた。しかし、なにも変わらなかった


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

30 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:59:00 ID:FJm0StZI0 (PC)
男は自分という存在を確かめみても、一つの物語が増えているだけだった。魔王の物語
しかし、なにも感じない。なにも理解できない。一冊の本と同じだ。
魔王の一生、その全てが自分の中にあるが。年表と、それぞれの知識にしか感じられない。歴史書と知識の教科書に、どんな感情があるだろうか?

魔王を倒した男に待っていたのは、監禁の日々だった。
もともと異質な存在である男に、魔王の知識が上乗せされたのだ。それ以外にも理由はあるが
監禁は当然だった

                      _
                   - '`` / ̄`;;'---;,_ _
                _,;-'`:::;;; ;/::::: : /:,  ,;__;|:: _;`' ヽ;,_
              _,;-`::: ;-'`/ ::: ;:/::/:;/``_;:i;;;≡=='丶,.
             / ;; ;// ;/ ::: ::/::::::::/:/;;:/,;-二ヽ;:/.';_;;---;丶
            / : :://::;/;:: ::::;/::::: :;//;//巛ミ:::|;;|;;.;-';;:;:;i;;i . ;;ヾ
           i;;;;;; :::::/ :::/ :: ::: :/ ::: ::///ミ《ミ巛ミ;|:::|:二;;i::i:::i ::: ::i ヽ
           i;;;:;;;;;/ :: / ::: ::::/::: ::::/;;:/ミミ《ミ巛;;;;ミ::|;;i;;≡ヾ i ::i;;  ;; ヽ
      `'' -;,, .i≡三` / ::: ::::/ ::: :://二|i二;二 ̄:: ̄: ̄;; ̄`ヽヾi i
     \``''-;,二;;-,;,__/ ::: :::;/ ::: :://ii.  i|   ;;; ;;   ̄ ̄ |;;;;::::i:::::i
       \ヽ i  i  | ::: ::/ ::: :://=i|≡i二二三二二;二=i  i;;:;i:::i::i
        \ ヽ i ::| ::: ;i ::: // =;;.,,_ii       .:_,,;;-= /i,;;;;,.i:i:::i
       / /`ヽ,,_i |::: ::i :::::// ヽ|i'---' i=  . iソ丿,,/ ./;;;i;;::::i::::i
      /  /;/::::/:::::i:::::i::i:::::/ i  i|  ̄|i ̄;::    / ̄  /;;;;i;;i:::::i:::i
    /  / /::::/;;;:;;;|;;:;::::i:::;;i;::;i  i|   i|      ヽ  /;;;ii;;;i::::::i::i        /|
   /   / :/;;;;/;;;; ;_;:|:::;;;;i::i:::i;;i  .ii   .||     =-  /;;;;;;i;;i::::::i:i  ./ヽ    /:: :i
 /   / ;/;;;;/;;;;::: ::;:i ̄`/;:;;/\ i|   ||    _;--  ./;;;;;i;;i;;i::::::ii  /:: ヽ__//i i
     ノ ;/;i;i;/;;;;;;;/  /;;;/;/ヽ i|`' -,.. .||     ''  /;;;;;;;i;;i::i:::::ii /丶,   ./ヾ/;;i
   /;/;i;i;i/;;;/  /;;;/::;i   /;;    '|i ' - ;,.  /''''--;__;;:i::i `  丿  :::; :: / '\
  //;/;;/;;;ノ   /;;;/;;i;;i 'i'i'i|`|`|`|`-||---===;     .:;;'`\  ノ   丶≡ '-  \
//;i/;;/;;\   ,.;:;;;;/,..;;;i;; /   ̄ ̄/ ||< ̄ ̄i |    ,;;';`  ヾ    ,.; :::: ::  `
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ,;;;;.;;/,.;;;::;i;::       | .|| \丿 .i

31 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 07:59:59 ID:FJm0StZI0 (PC)
それから2年の月日が流れたが、男は24歳で老化が止まっていた
男は、死という安らぎが自分にないことを痛感した
2年の間、男は魔王の物語を何度も読みふけり。魔王の知識の全てを自分のものにしていた。そのことは誰にも喋ることはなかった
この頃になると、従順な男にたいし、王国も多少自由を与えていた。
男は与えられた自由の中で、ほそぼそと生きていた


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

32 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:00:20 ID:FJm0StZI0 (PC)
一人の女の子がやってくる。男の様子を探るために送り込まれたのだ
運命に仕える巫女、自らも強い魔力を持ち、その魔力を受け継いだ種子をのこすことを運命付けられた16歳の女の子

自分のことを必死に探ろうとしてくる女の子との時間は、男にとって初めての体験だった。
男は、最初は話し渋っていたものの。すこしずつ、自分の半生を話し始めた

               _,,, --──- 、
              /..::::::::::::::::::::::::::::.... `ヽ
    _,,,  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
   <´   `Y、_:::::::::/:::::::::::::::::::::iヽ:::::::':、:::::...  、
   〉  '''‐〈  ノ、_/:::::::::::/:::::::::::゙、 \::::ヽ:::::.  、
   〈 / ̄ノ    !::::::::::::|ヽ:::::::::::゙、  ヽ::::゙、::: 、 、
   /::;;;;;;;/ /∨ |:::::::::::::| _\::::::ヽ  \|:::: !ヽ 、
  /:::::::;;;〈_     |::::::::|::::|/ _ヽ、;;\  ヽ::: j ヾj|
  ,':::::::::;;;;;;;; ̄`''''´;|:::::::|、:::! /7 ̄ヽ       ゙、/
. l::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;::| ヾ|! { ::::::゙l         !
. !:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::;r‐゙、;;:゙、 i! ゙、 ::: j     ,   |
. !:::::::::;:::::;;;;|、;;;;;;:::{ ー\:ヽ ゙' `'''゙      ノ
  {::::::::i;:::::::;;l \;;;::`ー-、\|     f''ー‐'''゙/:|
.  ゙;:::::::i゙、:::::;゙、 `''ー-ニ;;_ゝ       ヽ _,,/:::::l
   ゙、:::{、ヽ:;:::::\_ ,,,,ノニ/、_ 7'''''  ̄  |:::::::i:j
   ヽ::゙、\ヽ:;;:::::_}\      ̄j、_    |:::: /゙
    \!  ` _ノ   \   /二、}   |/
            ) ,,. - 、    ̄´|  ! \
        / / -‐=\ 、  }  ヽ  ` 、

33 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:00:35 ID:FJm0StZI0 (PC)
女の子は、実に真剣に耳を傾けた。理解できなければ、理解できるまで繰り返し何度も男に同じことを話させた
魔力を持つ人間同士なら、ものの5分あれば済むことを
何時間もかけて、語る。実に無駄で、恐ろしく徒労と写るだろう
男は、女の子の気持ちを理解することができなかった。何度女の子の話を聞いても、年表にすぎなかった。
そんな関係でも、自分のことを必死になって理解しようとする女の子は、いつしか自分の中で特別な存在になっていた。

            _,,, --──- 、
          /::::::::::::::::::::::::::::....  `ヽ
    _,,,  /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
   <´   `Y、_:::::::::/:::::::::::::::::::::iヽ:::::::':、::::::...  、
   〉  '''‐〈  ノ、_/:::::::::::/:::::::::::゙、 \::::ヽ:::::..  、
   〈 / ̄ノ    !::::::::::::|ヽ:::::::::::゙、  ヽ::::゙、::: 、 、
   /::;;;;;;;/ /∨ |:::::::::::::| _\::::::ヽ  \|:::: !ヽ 、
  /:::::::;;;〈_     |::::::::|::::|/   ヽ、;;\  ヽ::: j ヾj
  ,':::::::::;;;;;;;; ̄`''''´;|:::::::|、:::!ィてテヽ       ゙、/
. l::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;::| 〈  {:::::::}       !
. !:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::;r‐゙、;;:゙、  ゝ‐'     ,   |
. !:::::::::;:::::;;;;|、;;;;;;:::{ ー\:ヽ..xxx  .__, -┐ ノ
  {::::::::i;:::::::;;l \;;;::`ー-、\|    {`′ ノ /:|
.  ゙;:::::::i゙、:::::;゙、 `''ー-ニ;;_ゝ     `  /::::::::l
   ゙、:::{、ヽ:;:::::\_ ,,,,ノニ/、_ 7'''''  ̄  |:::::::i:j
   ヽ::゙、\ヽ:;;:::::_}\      ̄j、_    |:::: /゙
    \!  ` _ノ   \   /二、}   |/

34 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:01:06 ID:FJm0StZI0 (PC)
2年の月日が過ぎた。男は、女の子の心を何一つ理解できなかったが、それでも女の子が話す一つ一つを心に刻んだ
女の子は2年もの間ずっと、男の話を繰り返し繰り返し、真剣に聞き続けた。

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

35 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:01:25 ID:FJm0StZI0 (PC)
女の子には18歳になったときから、子供を作るという使命が待っていた
「運命のときがきました。私は、これから魔力の強い人との子供を産みに行きます」
「ああ、多分もう会えないだろうね。いままで、ありがとう。僕は君との時間を忘れないよ」
「……」

               _,,, --──- 、
              /..::::::::::::::::::::::::::::.... `ヽ
    _,,,  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
   <´   `Y、_:::::::::/:::::::::::::::::::::iヽ:::::::':、:::::...  、
   〉  '''‐〈  ノ、_/:::::::::::/:::::::::::゙、 \::::ヽ:::::.  、
   〈 / ̄ノ    !::::::::::::|ヽ:::::::::::゙、  ヽ::::゙、::: 、 、
   /::;;;;;;;/ /∨ |:::::::::::::| _\::::::ヽ  \|:::: !ヽ 、
  /:::::::;;;〈_     |::::::::|::::|/ _ヽ、;;\  ヽ::: j ヾj|
  ,':::::::::;;;;;;;; ̄`''''´;|:::::::|、:::! /7 ̄ヽ       ゙、/
. l::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;::| ヾ|! { ::::::゙l         !
. !:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::;r‐゙、;;:゙、 i! ゙、 ::: j     ,   |
. !:::::::::;:::::;;;;|、;;;;;;:::{ ー\:ヽ ゙' `'''゙      ノ
  {::::::::i;:::::::;;l \;;;::`ー-、\|     f''ー‐'''゙/:|
.  ゙;:::::::i゙、:::::;゙、 `''ー-ニ;;_ゝ       ヽ _,,/:::::l
   ゙、:::{、ヽ:;:::::\_ ,,,,ノニ/、_ 7'''''  ̄  |:::::::i:j
   ヽ::゙、\ヽ:;;:::::_}\      ̄j、_    |:::: /゙
    \!  ` _ノ   \   /二、}   |/
            ) ,,. - 、    ̄´|  ! \
        / / -‐=\ 、  }  ヽ  ` 、
         / ' /     ヽi  |i   ゙、    )

36 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:01:41 ID:FJm0StZI0 (PC)
何もいわない女の子の姿をみて。ふと、もしかして引き止めてほしいのかと考えたが。そんなわけがない、
男を探るという命令がなければ、自分のような存在より、別な存在と一緒にいることを好むに違いない。
なにより、女の子は自分以外とほとんど交流がない。自分のような人間といつまでも近くにいるのは気の毒だ。
「運命ですからね」女の子が呟く


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

37 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:01:59 ID:FJm0StZI0 (PC)
「……、使命が終わったら、うん。また会わないか」
黙る女の子の手に、そっと宝石のついた首飾りを握らせた。魔王の知識を使って、作っておいたものだ。
「魔力を特別な流れにして、老化を遅らせるものだよ。身に着けていれば効果が出る。捨てれば元通り」
女の子の気持ちは分からなかった。だが、女の子は首飾りを受け取って、旅立って行った


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

38 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:02:34 ID:FJm0StZI0 (PC)
女の子がいなくなると、私の心は酷く乱れた
渇望と孤独が溢れそうだった
自分という存在が、ひどく歪んでおり、おそろしく傲慢に、狂的になっていることに気づいた


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

39 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:02:46 ID:FJm0StZI0 (PC)
女の子を今すぐ引き戻して、自分だけのものにしたい
一日中、たとえ女の子が排泄する合間さえも手放さず自分の傍らに置き続けたい

               _,,, --──- 、
              /..::::::::::::::::::::::::::::.... `ヽ
    _,,,  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
   <´   `Y、_:::::::::/:::::::::::::::::::::iヽ:::::::':、:::::...  、
   〉  '''‐〈  ノ、_/:::::::::::/:::::::::::゙、 \::::ヽ:::::.  、
   〈 / ̄ノ    !::::::::::::|ヽ:::::::::::゙、  ヽ::::゙、::: 、 、
   /::;;;;;;;/ /∨ |:::::::::::::|  \::::::ヽ  \|:::: !ヽ 、
  /:::::::;;;〈_     |::::::::|::::|  ._ヽ、;;\  ヽ::: j ヾj
  ,':::::::::;;;;;;;; ̄`''''´;|:::::::|、:::!'" _ ‐     ゙、/
. l::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;::| ヾ|.〃 `゙ヾ      !
. !:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::;r‐゙、;;:゙、イ        ,   |
. !:::::::::;:::::;;;;|、;;;;;;:::{ ー\:ヽ.xxx    _   ノ
  {::::::::i;:::::::;;l \;;;::`ー-、\|      (_У /
.  ゙;:::::::i゙、:::::;゙、 `''ー-ニ;;_ゝ        /::::l
   ゙、:::{、ヽ:;:::::\_ ,,,,ノニ/、_ 7'''''  ̄ |:::::::i:j
   ヽ::゙、\ヽ:;;:::::_}\      ̄j、_  |:::: /゙
    \!  ` _ノ   \   /二、}  |/
            ) ,,. - 、    ̄´|  ! \
        / / -‐=\ 、  }  ヽ  ` 、

40 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:03:03 ID:FJm0StZI0 (PC)
恐るべき欲求に必死に抗い、考えた。自分の傍らを一時も離れることのない理解者、そんなのは無理だ。不可能だ。存在しない
いや、作り出そう。
魔王の知識を使い。私は魔王の人格の残骸と、己の壊れた精神の壊れた断片を集めて、一つの女性人格を自身の中に生み出した。
魔王の残骸をベースし生まれた人格と、一年間実に充実した時間をすごしたが、ある日終わりが来た


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

41 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:03:25 ID:FJm0StZI0 (PC)
「お父様。私、外の世界を見たいの」
ああ、なんという傲慢だろうか。私は自身の傲慢を深く悔いた。
娘の望みをかなえることにした。


       ,. ::'"´ ̄::::::::::::: ̄`゛'ヽ、
_,,,  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   `Y、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
〉'''‐〈  ノ、_:::::/::::::/___/:::::::/::i::::::::::i::::::::',
/ ̄ノ    /::::::://:::__/:::::::/::/i:::L__::i:::::::::|
;;;;;;/ /∨ |:::::::::/rィて`'!ヽ!::/ |::::i__::::i:::::::::|
:;;;〈_     |::::::/ ハ   リ   L,イ''ト,/|::::i:::|
;;;;;;;; ̄`''''´;ハ::::」 ゝー゛     トソハ/::::!:ノ
:;;;;;;;;;;;;;;;;/:;r‐゙、;;:゙、       、 ` .,,|::|
::;;;;;;;;;;;;;:::::::{ ー\:ヽ  ヽ,.___   .!:|
::::;;;;|、;;;;;:::::`ー-、ゞ        /::l
;:::::::;;l \/::;__|::,!  ヽ. ー - イ|::::::i
゙、:::::;゙、 ,. '"  ̄\.  ゝrッ} l |::/゙
{、ヽ:;:/      イ  ゞ `!| l/
゙、 /        / `ヽ,从゛ヽイヽ
\!        ノ、   ノ\ |  .i

42 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:03:46 ID:FJm0StZI0 (PC)
不妊に悩む女性を一人募り女性の魔力を用いて、魔力の応用で自身の中にいる女性人格をその体内に宿す
魔力の流れを導き、魔王の子が宿った。今までの記憶を全て忘れ、新しい命となり。私の関わり合わないところで、幸せに育つことだろう。


          _,,,  - ── - .,,_
   _,,,   /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
  <´  `Y、_::::::/:::::::::::::iヽ:::::'::、::::::::::..   、
  〉 '''‐〈 ノ、/:::::::/::::::::゙、\::::ヽ::::::..    、
  〈 〆::::ノ  !:::::::::::|\:::::::゙、 ヽ:::゙、::::::. 、   、
.  /:;;;;/ /∨|::::::::::::|  __ヽ::::,  \|:::::::. ヽ,  、
  ,':::;;;〈_    |::::::::|:::| ´   ヾ     ヽ:::::., j ヾj
. l:::::::;;;;;; `''''´;i::::::|、:! r t;:'Y     ィ:Yi ,/
 i::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;r‐!;;:| 〈 弋ソ     vノ j
. {::::::::::::;;;;;;;:::{ ー゙、;, .:::::.   ____   .:::!、
  ゙:::::;:::::;;;;|、;;::`--、リi     (_ У  ノ;:i
.  ゙;::::::i゙、::;゙、 `'-ニ:;;;≧‐ .,    _ ,,. ィ::,!ル
   ヽ::゙、 ;;ヽ   _入  \ ノヽノ iル'
     ヽゝ  〆 ‐ .、ヽ.,/'}八{`ヾ

43 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:04:07 ID:FJm0StZI0 (PC)
それから20年
私は己の中の狂った欲望とともに、空虚にすごした。

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

44 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:04:32 ID:FJm0StZI0 (PC)
しかし、事態は大きく変わる。人間同士の戦争が始まったのだ
汚染されてない大地を求めて、豊かな土地を求めて。生き残りをかけた血みどろの戦いだ
負ければ滅ぶのみ。勝つか負けるか。それだけしかない戦い。
国民は道を失っていた。私が王になっていた。



            △
   △      |王|,,,,
  ノ合|      ||甲□》___含合ヽ,,,,,,
  │;;;;|▲   | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐......、、
  │;;;;| |┌△田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△,,,,
  │;;;;| |゚゚O||二|゚゚゚|''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐
 ┌iii7'''''''''''冖∥亜l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐
__,|____,厂 ̄ ̄   |乂[ 柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_
    ̄ T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕  |\:::::::::::::::::::\...:;| | へ ヘ へ .|
  へ 、、|、、、、、、、、|  |  \:::::::::::::::::::\| |、、、、、、、、 |          __________________________
     | へ へ へ | ./三/| -----  |  へ へ へ  |        . |\_______________________\
 .へ、  |、、、、、、、、./三/ へ へ  .\三\ 、、、、、、、|.  、..     |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
  、、、.|     .. ' ./三/、、、、、、、、、..\三\へ へ へ .|        .|  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|ll,l.llll|
     |    .[寵].、;lll;;;《.、、;:;:;:;:;:;:;;;;;::::::;:;: .  .\三\.‐      |        |  ||||lll|||i巛門》》illl|||||ll|
 冖冖冖冖冖.[;;;;]冖冖冖冖冖冖┐               vv、、、       |.... |  ____________________|_____
 ............................[;;;;]................................冖冖冖冖冖冖冖-[寵]冖冖┐,,,,,、、、、        |\_______________________\
 _______________._[;;;;]..................................................................... [;;;;]..............冖冖冖┐        |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
            ^~~--- -,,,,,,,,,,,,,,____.......................... [;;;;].................................冖┐  、.. |  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|lil,lllll|
    ..:,:.:..     ..:,:.:..       ..:,:.:^^^''''---v、、,,,.[;;;;],,,,.....................................冖冖┐ .|  ||||lll|||i巛門》》illl|i||||ll|,,,,,,,,,,,,
  ______________     _______________          ..:,:.:..  '''.¬................................    ,,,,,,,,,.:,:.:...:,:.:...::.:..,:.:...:,:.:...¨.:,:.:...:,:.
  |\____________\   |\____________\ ..:,:.:..    ________________ ゙^゙^\   ,,,,,,,,,,,,,,,,,/.:,:.:...:,:.:...¨,:.:...:,:.:...¨:

45 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:04:53 ID:FJm0StZI0 (PC)
理解できない王、理解されない王。最悪の組み合わせ
結局、私は大臣たちのいいなりになることを選んだ。
戦力は拮抗していたが。大臣たちは己の優勢を主張してやまなかった


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

46 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:05:28 ID:FJm0StZI0 (PC)
王になってから半年
戦力は拮抗している。相変わらず大臣たちは優勢を主張している
魔力の極めて高い精鋭の隊長が私の前に現れる。若い、20代ぐらいだろう。


                   ,. -―---、
                 _∠三三{_   \
                /三 /   \ i ヽ
               /_ニ天弋弋ヽ、  \ |
              ,イ/ f^`´^i ト  iヽ、 `}
             〇 ./イ l i|_   |人_,_!__入 |_
           ||  \,_代t:、, 'tや う ノV  ̄`>、
     __ _ _    /∧    _ヘ. <__,   /<ヾ!    ヽヽ__
r'7ーにt⊥j_」__ーヽ |―' ̄r' ̄`ヽ__,.<‐''弋ネ__〇, ハハ――_‐三>
|_」二ニニニf´/ニニノ |二 ̄入、_ー― ̄` /´/ /''弋′ || ̄
    |==イヘ  ∨/r'T ̄ __\___二--/ / ―ニヽ||
   |  _/\__| |く、 / o ト-/ / o | |  / レ'  | !
      ̄\ //〇く \|  レヘ/ヽ _ _ _| |/レi i|  //
       r'´/从    |  く_/⌒ヽ , - ゙メ!| ノ  |_/
       ``<⊥>''"´| / /    l  / ∧ /  |
              __/ /―――┴-∠' ̄ノ(   |
            / / /\(⌒) ̄ ̄|  |  | l  |
           // io/\ \弋弋廾Oト、 ┬ー┬'
          ノ/ / / / \/イ\ヽト-イヘ「 ̄了ー,
          i/ /  | l   く< O | `ぐ| ,⊥三_ /
          |    ハl  l  `く ̄,.<  \ | ,  ヽ|

47 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:05:49 ID:FJm0StZI0 [47/78] (PC)
「王様、今度の侵攻ですが私の部隊におまかせください」精鋭の隊長がいう
彼よりも、私はその近くにいる人物に目が向いた。
はるか昔、私と語り合った女の子。今も首飾りを身に着けており、18歳当時の姿だった。
今度は彼の子供を産むのだろうとか、今まで何人子供を産んだ、とかそういったことは気にならなかった。

               _,,, --──- 、
              /..::::::::::::::::::::::::::::.... `ヽ
    _,,,  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
   <´   `Y、_:::::::::/:::::::::::::::::::::iヽ:::::::':、:::::...  、
   〉  '''‐〈  ノ、_/:::::::::::/:::::::::::゙、 \::::ヽ:::::.  、
   〈 / ̄ノ    !::::::::::::|ヽ:::::::::::゙、  ヽ::::゙、::: 、 、
   /::;;;;;;;/ /∨ |:::::::::::::| _\::::::ヽ  \|:::: !ヽ 、
  /:::::::;;;〈_     |::::::::|::::|/ __、;;\  ヽ::: j ヾj
  ,':::::::::;;;;;;;; ̄`''''´;|:::::::|、:::!「 {  l       ゙、/
. l::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;::| ヾ|! ゙、  j        !
. !:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::;r‐゙、;;:゙、 i   ̄     ,  |
. !:::::::::;:::::;;;;|、;;;;;;:::{ ー\:ヽ,           ノ
  {::::::::i;:::::::;;l \;;;::`ー-、\|          /
.  ゙;:::::::i゙、:::::;゙、 `''ー-ニ;;_ゝ        /:::|
   ゙、:::{、ヽ:;:::::\_ ,,,,ノニ/、_ 7'''''  ̄ |:::::i:j
   ヽ::゙、\ヽ:;;:::::_}\      ̄j、_  |:::: /゙
    \!  ` _ノ   \   /二、}  |/
            ) ,,. - 、    ̄´|  ! \
        / / -‐=\ 、  }  ヽ  ` 、

48 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:06:15 ID:FJm0StZI0 [48/78] (PC)
思いつくことは。次の戦局のことだった。
次の戦局はこちら側が不利だ。このままいかせれば彼は死ぬかもしれない
彼が死ねば、女の子を我が物とできるのではないか。今の自分は王だ。なんとでもなる
21年、思い描き続け。私を苦しめ続けてきた欲望が、終着点を見つけようとしていた。


              `マ \     _ ー―- 、
                  `マ ム  ,ィ´       ヽ
                  `マム'  ヽ   、   、_ハ
              ヽ 、.     マ.ム  `i   }  , ヾ、
         `ヾ、ー、   \ヽ _ノ マム   r  ソ イj 7j ト,
           \`ー=ァ) ヾ≧∨ マム } イュ、 、ヾ_/ハュj
        `ヾー-、ノ`= r! ィ,   ∨ マムィ、ヾv、ハ! ̄=ュ
          ,ゝ ,、ヘ レ   ' ''´({ハ   マムハ_`ヾェ、_,ィ
    ー==ー-' ィ、ハ ´,,ィ ノ ヾ  ヾヽ、_.マム≦ `ゝ=-'
      __,,>'r、ヽ )' -' ̄ ,イア ,='ヾ_}    マ ム
      _rイ,}l ハ 〉_,,、-、=<!r'´j´r  ノ     マ ム
      _7 ヽj' { ゝ、´\ ミノ  イ/       マ ム
     r7ヽ∧ゝ、_`ーァ /,;ィ,-''´          マ ム
    !'、ゝハ ヽー= ̄./  /            マ ム_
   イュ、!      /  /              _ マ/イヽ
   >‐、}r-' ヽ r‐'  _イ               ヾj !イ/ィ、
   イノ´   `{`ーr'  ̄`≧ 、_            //〉 >''ム
  ハ ィ イ`ヽ   ソ´ ̄ ー- _ ≧ = 、_      //イ 7 マ ム
   ',  }_ノ ,ィ`´_, -,        ー- _ ≧ =、__ノイ/ノ  マ ム
    ハr、{ (_Y /  __ゝ            ̄`ヽ=-'´    マ ム
    !{ ヽ ´ {イ Y´⌒!

49 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:06:39 ID:FJm0StZI0 (PC)
あまりにも大きい歪んだ異常な思い
それは一回りし冷静さとなった
女の子を自分のものとしても、そもそも自分は女の子を理解できない。また、女の子も私を理解しているのか分からない

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

50 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:06:51 ID:FJm0StZI0 (PC)
私は、ロボットを起動させた。
かつて魔王の城にいたものと同じものを、改良したものだ。

      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

51 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:07:05 ID:FJm0StZI0 (PC)
「次の戦場はキツイダロウ。このロボットを部下の変わりに連れて行くのだ」
「はい、ご命令どおり」

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

52 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:07:38 ID:FJm0StZI0 (PC)
精鋭隊長は、そう答えるとロボットとともに立ち去って行った。女の子は、私が悩んでいるうちにいなくなっていた
大臣たちが、なにか言ってきたが。やはり私には理解できなかった。
「決定である。異議を挟むな」
大臣たちにこういったものの、大臣はやはり理解できてない。だが、異議を挟むことはひとまずとまった。

                   ,. -―---、
                 _∠三三{_   \
                /三 /   \ i ヽ
               /_ニ天弋弋ヽ、  \ |
              ,イ/ f^`´^i ト  iヽ、 `}
             〇 ./イ l i|_   |人_,_!__入 |_
           ||  \,_代t:、, 'tや う ノV  ̄`>、
     __ _ _    /∧    _ヘ. <__,   /<ヾ!    ヽヽ__
r'7ーにt⊥j_」__ーヽ |―' ̄r' ̄`ヽ__,.<‐''弋ネ__〇, ハハ――_‐三>
|_」二ニニニf´/ニニノ |二 ̄入、_ー― ̄` /´/ /''弋′ || ̄
    |==イヘ  ∨/r'T ̄ __\___二--/ / ―ニヽ||
   |  _/\__| |く、 / o ト-/ / o | |  / レ'  | !
      ̄\ //〇く \|  レヘ/ヽ _ _ _| |/レi i|  //
       r'´/从    |  く_/⌒ヽ , - ゙メ!| ノ  |_/
       ``<⊥>''"´| / /    l  / ∧ /  |
              __/ /―――┴-∠' ̄ノ(   |
            / / /\(⌒) ̄ ̄|  |  | l  |
           // io/\ \弋弋廾Oト、 ┬ー┬'
          ノ/ / / / \/イ\ヽト-イヘ「 ̄了ー,
          i/ /  | l   く< O | `ぐ| ,⊥三_ /
          |    ハl  l  `く ̄,.<  \ | ,  ヽ|

53 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:08:19 ID:FJm0StZI0 (PC)
彼が戦場から戻ってくると、非常に賑やかになった。何度も何度も同じような言葉が繰り返されたので、理解できた。
「王様、あのロボットのおかげで大戦果をあげられました」
そうだろう。あのロボットはどこか私と似ているのだ。魔力のあるものに理解されることない、のろわれた存在だ。
「王様、いやはやあのロボットはすごいですな」
大臣が喋る。
私は。そんな風にロボットが評価されることに、なにも感じなかった。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

54 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:08:33 ID:FJm0StZI0 (PC)
私は、大臣にしばらく仕事を任せて、ロボットを作り続けた
大臣が口を挟むことはなかった


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

55 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:08:49 ID:FJm0StZI0 (PC)
私は、人間の真似事しかできない。このロボットもまた同じだ。
だから、なにか。形だけでもいい、なにかを生み出すことを願った。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

56 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:09:31 ID:FJm0StZI0 [56/78] (PC)
私は、汚染された大地に耐える強靭で頑丈な開拓ロボットをいくつも仕立てあげた
ロボットは、人間が立ち入ることが死を意味する汚染された大地を切り開き、汚染から生まれたおぞましい蟲たちを打ち倒して行った

      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

57 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:09:49 ID:FJm0StZI0 [57/78] (PC)
汚染が蟲を生み出すのか、蟲が汚染を作り出すのかよく分からなかった。どっちもかもしれない
汚染された大地を地道に丹念に浄化していき、作物の育つ大地へと開墾していく。
だが、私は完全に脅威をなくしていいものか考えた。魔王が倒され人類同士が争う。王国の光景を思い出した

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

58 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:10:10 ID:FJm0StZI0 (PC)
私は、汚染物質をエネルギーとして利用することを考えた。
汚染物質を凝縮し、燃費のいいエネルギーへと加工する。ロボットたちの動力とした。
エネルギーとして一定量は汚染地域を残し続け、常に汚染された大地と戦う。これを世界規模で行おう


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

59 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:11:07 ID:FJm0StZI0 (PC)
自分ひとりでは、世界単位のロボットたちの維持は不可能だと考え
500体の科学者ロボットを作り上げた。
だが、彼らの学習能力は非常に低く、1を学ぶのに100必要だった
次に、私は医療ロボットを作り上げた。そして、新しく戦士ロボットを作った
作業の間、人と会うことはなかった


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

60 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:11:33 ID:FJm0StZI0 (PC)
全てを終えると、私は城に戻った。一年が過ぎていた
戦局は我らの軍が不利だった。理解できないロボットは、たとえ味方であっても、使われることはなかったのだ
私に大臣が言葉をかけてきたが。やはり理解できない。

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

61 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:12:23 ID:FJm0StZI0 [61/78] (PC)
大臣の言葉を理解できないが、かわりに
何度も自分の命令を唱え続け、理解できるまで飲み込ませた。
「和平を申し出よ。相手が土地を求めれば、最低限の領土を残し。常に明け渡せ」
城内は恐ろしいまでに騒がしくなった
「この命令が飲み込まれない場合、私は自害する」
私が自害することの恐ろしさは、誰もが知っていた。私の死を引き金として恐ろしいことが起こる
一国規模で魔力を消し去る。魔力を消し去られた対象は"私"に等しい状態になるのだ
魔王の秘術を普通の人間が受けていれば、こうはならなかった。
欠陥人間が受けたせいで、欠陥人間は欠陥危険物へと変化したのだ



       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

62 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:13:19 ID:FJm0StZI0 (PC)
日々汚染地帯を開墾して新領土を作って行く。汚染地帯は農業区域へと生まれ変わっていた
かつて学んだ農業の知識を最大限に生かし、また魔王の知識も使い
肥えた土地へと改良し、そして苦心の末枯れた土地でも病に負けず大きな恵みをもたらす新種の作物を作り上げた


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

63 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:13:39 ID:FJm0StZI0 (PC)
敵国は、どんどん土地を我が物として行き。ついに最低限の領土にまで侵攻してきた
最低限の領地を守るため、戦士ロボットが動き出す

      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

64 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:13:59 ID:FJm0StZI0 [64/78] (PC)
戦士ロボットは、敵兵士を殺さないよう常に手加減して戦った。
傷を負わせた敵兵士は、すぐに野戦病院へと運び。医療ロボットに手当てをさせた
敵兵士が暴れ、医療ロボットを攻撃しても、医療ロボットは何一つ抵抗しなかった
そうして壊れた医療ロボットは、戦士ロボットの手により丹念に埋葬される。
敵兵士は、この光景におどろいたが。その不気味さから、心を許すことはなかった。


      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

65 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:14:22 ID:FJm0StZI0 [65/78] (PC)
こうした戦いは4年続いた。敵国は領土を攻め落とせず。しかし戦力は一向に衰えず。
対する王国は、ロボットの戦力の減りはあるものの。人間は誰一人傷つくことなく。戦々恐々としながら過ごしていた。

      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

66 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:15:01 ID:FJm0StZI0 (PC)
いつしか、敵兵士は。このロボットに対し戦う気を失っていた。
和平を望んでいるということを、完全に理解したのだ。
敵国の王は、恐ろしく欲深い男だったが、兵士のほとんどが命令を放棄し戦いをしなくなっていることに気づくと
このまま命令をし続けていては、自分はいつしか革命により打ち倒されることを欲深く感じ取り。和平を受け入れた

      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

67 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:15:36 ID:FJm0StZI0 [67/78] (PC)
こうして、大陸に平和が訪れた。
敵国の背後にある汚染地帯も、またロボットたちの手により開墾され。広がることがなくなった。


      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

68 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:15:57 ID:FJm0StZI0 [68/78] (PC)
男は、世界全土に活動を広げた。
たとえ真似事でも、なんらかの意味が生まれたのだ。同じ真似事で、今度は世界単位で和平を結ぼう

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

69 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:16:35 ID:FJm0StZI0 (PC)
船で大陸を超え、世界の国々に和平の願いを沿え。開墾した土地で取れた作物と、改良された作物の種を届けて回る
時にロボットは野党に襲われることあったし
使者が他国の兵士の手で殺されることもあったが、身を挺して使者をかばう他は、ロボットは無抵抗を刷り込まれていた
200年、300年の月日がたった。
長らく抵抗し続けた最後の一国も、和平を認めた。ついに、世界単位での和平が実現した


      /⌒\__,,,.---,  .         /⌒\__,,,.---,
     /     )  ヽ  )⌒ヽ       /     )  ヽ  )⌒ヽ
   // ・ 。 /   i__/i  .|     // ・ 。 /   i__/i  .|
  /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ    /  ( ヽ- /   /  _ヽ_ノ
 i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ  i~ i  丶- "    / /ヽ-ヾヽ
. .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i . .i  \       /  ⊂i_i-i_i-i_i
. i  / \___/)~\      . i  / \___/)~\
/ヽ-、/~\____/   )     /ヽ-、/~\____/   )
|   (   /  _~\_/     .|   (   /  _~\_/
\___|ヽ__/  // ̄ /      \___|ヽ__/  // ̄ /
|~ .iヽ) (   ( (__/、      |~ .iヽ) (   ( (__/、
ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )      ヽ ヽ/\ ヾ\ \   )
.∪∪/ "" ノ  ヽ-"        ∪∪/ "" ノ  ヽ-"
   (____,,,/                (____,,,/

70 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:16:48 ID:FJm0StZI0 [70/78] (PC)
男は、ずっとずっと、孤独だった。
世界が理解しあい。一つに結ばれても。男は人間のふりをしているだけだった。

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

71 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:17:08 ID:FJm0StZI0 [71/78] (PC)
身のうちで煮えたぎる歪んだ情欲。
平和の式典の場で、久しぶりに男は女の子の姿を見る。女の子は、長い年月のうちに少しずつ年をとり、40台へとさしかかろうとしていた

               _,,, --──- 、
              /..::::::::::::::::::::::::::::.... `ヽ
    _,,,  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... 丶
   <´   `Y、_:::::::::/:::::::::::::::::::::iヽ:::::::':、:::::...  、
   〉  '''‐〈  ノ、_/:::::::::::/:::::::::::゙、 \::::ヽ:::::.  、
   〈 / ̄ノ    !::::::::::::|ヽ:::::::::::゙、  ヽ::::゙、::: 、 、
   /::;;;;;;;/ /∨ |:::::::::::::|__\::::::ヽ  \|:::: !ヽ 、
  /:::::::;;;〈_     |::::::::|::::|   `ヽ、;;\  ヽ::: j ヾj
  ,':::::::::;;;;;;;; ̄`''''´;|:::::::|、:::ァ'テ〒Y       、/
. l::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;::|.   弋_,r        !
. !:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::;r‐゙、;;:゙            ,    |
. !:::::::::;:::::;;;;|、;;;;;;:::{ ー\:ヽ..             ノ
  {::::::::i;:::::::;;l \;;;::`ー-、\|       ^  /
.  ゙;:::::::i゙、:::::;゙、 `''ー-ニ;;_ゝ        /::::l
   ゙、:::{、ヽ:;:::::\_ ,,,,ノニ/、_ 7'''''  ̄ |:::::::i:j
   ヽ::゙、\ヽ:;;:::::_}\      ̄j、_  |:::: /゙
    \!  ` _ノ   \   /二、}  |/
            ) ,,. - 、    ̄´|  ! \
        / / -‐=\ 、  }  ヽ  ` 、

72 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:17:21 ID:FJm0StZI0 [72/78] (PC)
女の子に一つの書を渡した。首飾りについての、完全なる解説書。
魔力の流れの方向性を変えることで、緩やかな老化も緩やかな若化も自在に切り替えられる。その方法。
そして、もう一つ
「私は孤独の果てに、内面が化け物と化している。私がこれを解決できるまでしばらく君に会うことはあるまい」

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

73 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:18:02 ID:FJm0StZI0 [73/78] (PC)
それから400年
平和になり王でなくなった男は
城の地下研究室で長い長い懊悩を、ただ一人味わい続ける。
かつての王城は、男のいる研究室を残し、歳月とともに朽ちていた。
研究室の入り口を、世界でただここだけに残った2体の戦士ロボットが守っている。男を外部に解き放たないよう、誤って誰かが入り込まないよう

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

74 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:18:21 ID:FJm0StZI0 [74/78] (PC)
世界は男の功績により
飛躍的に発展し、平和そのものだった。
男は、そんな外の様子を知ることもなく、歪んだ心で、自身が人間になれる日を願い続けた。


       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

75 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:19:15 ID:FJm0StZI0 [75/78] (PC)
300年の月日が流れた
長い年月のうちに行方がしれなくなったり、壊れたりして数が減ったが
世界で活動する400体あまりの科学者ロボットは、魔王の知識を持つ男に迫るほど賢くなっていた。
1000年以上もの歳月、不眠で勉学をし続けた結果である
科学者ロボットの中には、教師として人々に教えを広めることに挑戦しだすものもいた
だが、科学者ロボットが一人前の教師になれるのは、人間の100倍の時間がかかるだろう

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

76 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:19:44 ID:FJm0StZI0 [76/78] (PC)
男は、長き年月のうち。夢の中を渡り歩くようになっていた。
ある時は、約束を取り交わした友人と、敵として対峙する生を
ある時は、犯罪者となり悪行の限りを尽くし
ある時は、優柔不断さから、来る日もいじめられる生
ある時は、弱いものを身を挺してかばう。心優しく強い少年

       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
    / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
    |;;::              ::;;|
    |;;::              ::;;|

77 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:20:11 ID:FJm0StZI0 [77/78] (PC)
ある時は、迫害され、誰を理解することもなく、理解されることもない
長い長い孤独
男は、アスペルガー症候群と呼ばれた
男は、しかし自分に、死という安らぎが戻ってきていることを知った
男は、死へと向かって、孤独な日々を安らかに生きるのだ


       / ̄ ̄ ̄ ̄\.   |
       /;;::       ::;ヽ   |     死ねアスペ野郎
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|.  |.
      |;;::        ::;;|. |.    こいつアスペじゃね?
      |;;::   c{ っ  ::;;|   |
       |;;::  __  ::;;;|   \                      /
       ヽ;;::  ー  ::;;/      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         \;;::  ::;;/        _____________
           |;;::  ::;;|          | |                  |
          |;;::  ::;;|          | |                  |
.   / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\.  | |                  |
   |;;::              ::;;|.  | |                  |
   |;;::              ::;;|.  | |                  |
   |;;::  |            |  ::;;|.  | |                  |
   |,、,、,、,、           ,、,、,、,、l  | |                  |
   〈 l l l l            l l l l 〉 |_|_____________|
   [二二二二二二二二二二二二]      _|_|___|_

78 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 08:21:51 ID:FJm0StZI0 [78/78] (PC)

よくわからない話ですね。よくわからないまま完結ですw
お邪魔しました。



79 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 11:36:19 ID:a9R3z1dE0 (PC)

結構面白かった



80 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2015/10/05(月) 11:49:25 ID:zYzC3P4g0 (PC)

なんか不思議な感覚だ




関連記事
| 09:00 |コメント(1)
カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 SF・ファンタジー系(2015) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2015) やる夫短編作品

|

<< 日本往生極楽記 | HOME | とある一日 >>

■御感想or寝言

53533 名前:名無しさん(笑)@nw2 [] 投稿日:2015/11/23(月) 04:06:32 ID:-

読みにくい!
せめて文はワクで囲うくらいしてくれ


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ