やる夫短編集 FC2阿修羅編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2016/01/30(土) 普通の短編祭 ◆fDiWNXi/YI Eight Days A Week


推奨スレ
中編 短編投下所                        http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1452255835/
やらない夫短編投下所                   http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14429/1399037709/
やる夫系R18ストーリースレ                 http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1450987204/
ヒロイン短編投下スレッド                     http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1430814027/
やる夫短編投下所 in おーぷん             http://open.open2ch.net/test/read.cgi/yaruo/1396490018/
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)           http://testtest4556.seesaa.net/article/428080454.html
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)           http://blog.livedoor.jp/mukankei961/
短編投下用スレ(方舟板)                   http://shokaku05.sakura.ne.jp/test/read.cgi/reppua7m1/1406803565/
短編スレ(シェルター板)                    http://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1397181772/
普通のやる夫板短編所                  http://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1449322720/
ホラー、オカルト系共用短編スレ                http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1439291132/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】       http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1332498408/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1286199880/
やる夫でコピペスレ                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
やる夫自作絵投下所                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15956/1384273840/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】             http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1408446068/
やる夫達で語るF1あれこれ                   http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1400395580/
プロ野球12球団紹介スレ                      http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1403012413/
やる夫で学ぶご当地知識&方言            http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1343321601/
牧場                             http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14504/1437750109/
やる夫はセクサロイドを調教するようです       http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1424043118/
フレンダ板 ガチャ短編スレ               http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/16985/1451743630/


833 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:38:48 ID:d08b9c07

投下させて頂きます
タイトルは「Eight Days A Week」です
メインではありせんが一部暴力表現があるかもしれません
よろしくお願いします




836 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:46:17 ID:d08b9c07


         ┌────────────────────┐
         │――「夢日記」、という習慣があると、      ...│
         │以前、とある友人に聞いた事があります。    │
         └────────────────────┘


       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


        ┌──────────────────────────────────┐
        │友人曰く、朝起きた際などに、くーねるわたししてた時に見ていた          ..│
        │夢の内容を、なるべく詳細に記述し、泡沫な夢の記憶を記録する事により、    .│
        │心理学やら無意識的な何とやらな効果により、                     .│
        │いつしか、本来は大体において受動的な夢の中で、                  .│
        │能動的に行動出来る様になり、次第に夢の内容をコントロール出来るなど、     │
        │所謂、明晰夢を見る事が可能になる……そうです。                  ..│
        └──────────────────────────────────┘


.

837 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:46:48 ID:d08b9c07




    ┌─────────────────────┐
    │先の話を、初めて友人から聞いた時の      ....│
    │わたしの反応は、要約すると大体こんな感じ。    │
    └─────────────────────┘



                ,ィ    -‐…‐-ミ ト、
                {乂´          `ヽY ア
              ー=イ乂 `¨           `ヽ
              /                     :.
             /       /          ヽ|   ヽ   :.
         /       i     |   .:|    |  i
           ムイ     . : A   . .:i A . :| . :|   .:}  }   「……あなた、まーた変な所か変な本か
          |   . .:ト{ ヽ .: .:.ト{ ゝト、│  .:/   ′  変な人から、変な話を仕入れてきましたね……」
          jィ   . : | TT\ . :| TT  /  .:/   i{
             人ト、人:{ ∪  乂{. ∪ ムイ:イ   八   「夢の日記を書くだけで、好きな夢を見れるとか、
                | }   '      │! .:|       普通にありえないと思いますよ……」
                |人   △  U  .| ..:′
                | .:| 〕j : . _ ,..   ´,′,′ヽ
                  /| .:|// //. : }   / .:/   \
              / :| .:|/ //.:/j  . '/ .:/ \_
                / :/| ├''"´/  / / .:/xr≦⌒`ヽ
            / ://| .:|   / / ./ .://         Y


    ┌────────────────────────────────────┐
    │友人曰く、友人と似た名前の高名な心理学者とやらの著作を読んだ際に、      ......│
    │先の夢の様な夢に関する話を拝見したそうですが、                    .....│
    │少なくともわたしにとっては、気は置けないが信用もおけない友人である          .│
    │彼女の言う事です、すぐに鵜呑みどころかチョイ呑みもしたくはありませんでした。    │
    └────────────────────────────────────┘


.

838 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:47:19 ID:d08b9c07


  ┌─────────────────────┐
  │夢の内容をコントロール出来る……          │
  │願望的な意味においての「夢」としてならば、     │
  │大変魅力的な話ではある、とは思いました。   ....│
  └─────────────────────┘

  ┌─────────────────────────────┐
  │それは即ち、空やら宇宙、はたまた何処ぞの地下世界なんぞを     │
  │縦横無尽、自由自在に飛び回るのも良し。                 │
  └─────────────────────────────┘

     ┌────────────────────────────────┐
     │欲望奔放に身を任せ、カロリー食費その他諸々を一切気にする事無く、  .....│
     │大好物を好きなだけ食べまくり、酒池肉林に溺れるのも良し。         ..│
     └────────────────────────────────┘

  ┌──────────────────────────────┐
  │……あるいは、わたし的に物凄く魅力的な人と、             ......│
  │映画の様な栄華を誇る、魅惑の薔薇色生活を送るのも良し、です。    .│
  └──────────────────────────────┘


           /                         ヽ
          ./                           ヘ
         ./                           .ヘ     「……まあでも、そんなに上手くいくものであれば、
         ./                             .l    もうとっくの昔に皆さんやってるものですよねぇ」
        / /                            |
      . イ_| /      |       | l               |    「それに、夢の中で好き放題出来るのであれば、
        .|/ |     |       | .|      ./        |    この世界には、お酒や怪しい薬物なんてリスキーな
         |::::|     |    l  /|‐|    \/ヘ        |   イケナイものなんて存在しなかったでしょうし……」
         |::::|     .|  ‐-‐/、 ̄| ヽ     /`-ー- 、_      |
         .|:::|     |   ∠-\|、 .\   / ___ヘ_/|      |
         |:.N_    | _/____ ヽ \ \ ./___ '\    __/
         |:::::|    |/| {::しイ    |___/ {::しイ   ヽ /  \
         /:::::ヘ  |  | .|.乂 ソ    /   |  乂 ソ   |ヽ‐ー^ヽ  \
        /:::::::::::イ \_| |\    /    \     /、 ̄ヽ―‐´  ヽ
        ./:::::::::::::|   \|、 `ー‐ ´   '    `ー‐ ´|/|/\ |_ ‐ ´  .ヘ
       /::::::::::::::::|    | ヽ    __      /|   | l_____--´   |
       /::::::::::::::::::::|    |  \ く___ゝ   /::::::|   .| ヘ       .|
      /:::::::::::::::::::::::|    |    ヽ     .....´::::::::::::|   .|  ヘ 「 ̄|   |
      /::::::::::::::::::::::::::|    |     ` ´/ヽ:::::::::::::::::::|   .|、  〉、_l |   .|

  ┌───────────────────────┐
  │だがしかし、程良くリアリストであるわたしは、     .....│
  │ドリーミーな友人のドリームな話を、           ....│
  │ただのヨタであると一発で決めつけて一瞬で一蹴。    │
  └───────────────────────┘

     ┌──────────────────────┐
     │それっきり、これっきりな、一抹の俗説を      ......│
     │小耳に一寸挟んだだけ……で終わる筈、でした。  .│
     └──────────────────────┘

.

839 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:47:54 ID:d08b9c07


. ┌───────────────────────┐
. │それからそれから、幾つもの夜と朝が巡り巡って。    .│
. └───────────────────────┘

                            ┌─────────────────────┐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.│「夢日記」の話を、聞いた事は覚えていても、  ......│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.│一体いつ、どの様な状況で聞いたのか、       .│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:.│細かい事はすっかり忘れてしまった頃。       .│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(  .└─────────────────────┘
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
  f´ ̄ ̄`ヽ   .:,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 :.| チュン… .|   . :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . 廴__ ノ.:.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :. . f´ ̄ ̄`ヽ   .:.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :. .| チュン… .| ..┌──────────────────────┐
 .   . . : : :..廴__ ノ ..│わたしは、その他諸々の諸事情により、         │
                 │どうにも寝付きが悪くなってしまい、          ...│
                 │もやもやとした眠気に纏わり付かれている様な、    │
                 │重苦しい朝が続く様になってしまいました。       │
              イ   .└──────────────────────┘  ..、. ,
              l    |          /   、          | ヽ       .|     。
              |   |         ./ <=二ヘ          |二=ゝ      .|  ~
              |   ハ   |      /      \        .|    \    .|
              l   |ヽ  !      |x=======ミ.\       |x======ミヽ_  .|
              ヽ  | ヘ  ヽ     .|  |::::::::::|   \     | |::::::::::|    7  /
               \ ヽ .\ \    |  |::::::::::|     \__| |::::::::::|    /  /
                 ヘ|  \ ー---  ;;;ヽ;;;;;;ノ;;;         .;;;ヽ;;;;;;ノ;;;;   /  /   「……うーむ、むむむむむ……」
                      l\__|.    ・・・             ・・・   _ノン7
┌─────────────────────┐                     ./     .「新しい朝が、来ちゃいました……
│そんな困難な時に、ふと思い出したのです。     .│                    /     絶望的にボーッとしてしまう朝が……」
│ドリーマーだった友人がドヤ顔で語っていた、  .....│                U   /
│ドリームを上手くメイクしていく話の事を。      │
└─────────────────────┘

.

840 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:48:26 ID:d08b9c07



   ┌───────────────────────────────┐
   │もしかかもしたら、夢を自由自在に操って、                   .│
   │素敵な妄想マイドリームを毎晩密かに楽しむ事により、            │
   │少しでも夢見が良くなれば、寝付きもまともになるのではないか……    .│
   └───────────────────────────────┘

      ┌───────────────────────────────┐
      │そう考えたわたしは、あっさりさっくり前言のドヤ顔断言を撤回。       │
      │夢日記とやらを、早速今晩、ババーンっと、試してみることにしました。  ....│
      └───────────────────────────────┘



      __
        /
      /            ./                  \
       ̄ ̄ _      ./                     ヘ
           /     ./                       .ヘ
            ̄     .l /     / イ                |
           Z    .|/|     | ハ      /l         .|   .、. ,
               ・    .|     |/ .|     / / /        |     .。
             ・   ヘ|、  /  |/|   / | /|       /  ~
                ・  / \ ヘ z==  ヘ_/  |/ | /     / |
               /  | \|       ==ミ ヘ/  / / ヘ     「……さすがに、性的な意味じゃない方の……
             /   .|  |     ,      /  / ´ |   ヘ     初夜、ですので……イヤンな夢は、
           /   r-y  ∧     .   /__/ /  |    .ヘ    勘弁して欲しいですねぇ……くぅ」
         /    /|./  / / \  っ     /   ./   ヘ     ヘ
        /    ./  /  /_ -|  ヘ ‐  ‐   /  ./l    ヘ     ヘ
/\    /     /  /  /‐  | /ーl ̄   /  / ヘ     ヘ     .ヘ
/ ̄   l     /  /  /  _ _|/  ・  |   /|  /  .ヘ     ヘ     l
      |   /   |  |ヘ/  |  ・  |__/ヘ |  ./ | ./ヘ     l     .|
┌─────────────────────────┐ . |     |
│何とも女々しく、じれったい自慰行為ではありますが、    .│ .|    .|
│「黙っていればそこそこ見れるのになぁ」などという、     .│ .|    /
│何とも微妙な美少女、いや微少女判定を            .│
│欲しくも無いのに頂戴したわたしです。             .│
└─────────────────────────┘

  ┌───────────────────────────┐
  │「美」ではなく「微」な冠を被ってしまったとは言え、         ..│
  │一応少女なわたしなのですから、少々こしょう女々しくとも、     │
  │女々しい行為をしても、多少問題無いでしょう……          .│
  │多分、きっと、絶対に――                      ......│
  └───────────────────────────┘


                     о
                      о
                       ○
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ丶、_ノ⌒丶_ノ⌒丶、_ノ丶、_ノ⌒丶、、

アクセスカウンター

841 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:48:57 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


     ┌───────────────────────────────┐
     │――夢日記の付け初め、あるいは姫初めの夢は、大体こんな感じ。     .│
     └───────────────────────────────┘


         ┌────────────────────────────────┐
         │夢の中でわたしは、午後のティーをたしなむカフェテラスなどという       │
         │スペースが存在する、しゃらくせぇぐらいに小洒落た家の一角で、        │
         │一体の綺麗な真紅の服装で色飾られた人形と向かいあい、          ..│
         │味は良く分からない、けれども何だかお洒落っぽい、              ...│
         │不思議というよりかは不可思議な味わいの紅茶を堪能しておりました。    │
         └────────────────────────────────┘



              、__,              ..,,, -‐―=ヘ
        γニ二 ヽ{i:{`Yフーrrrrェヘ,,,.,.,.,..-.‐'"´rしヘゝィ´ー=ゝ、
       (( i==ミヽムYノ:.:.:/i:i:i:/ .:.::.:.:.:.:.: κ;ノ=ミ三ニ=:.:.:.:.:乙}
      /ヽヽ〉}く;ノ:.:.:.:/i:i:i:/:.:.:.:.:.:. r=ミ乂    \三ニ=:.:.て}}
.      / /}ゝirヘ}:.:.:.:.:/i:i:i:/:.:.:.:.:_彡′   ヽ    \ニ=-:.:{ゞ}
     ,   i}i川i}マ{:.:.:.:/i:i:i:/:.:._!う‐'       l      Ⅵ{:.:.てノ
      |i  /ヽイ仁ゝ:./i:i:i:/:.:.:}ノ// /   l   l      V:.:.:う}
      |i i斗l |(Ⅳ 〈i:i:i:i:〔λフ// / /  '   '  / ,  'Yく:ソ
      |i l リ |〈ゝ:.:.{i:i:i:i:{:.〔〉 l十;- l 、/ / ′ / ,  , };ノ
      |i l  l |{κ:.:.}i:i:i:i|〈) j,l_l,,,l-/ / // / / / / / / ′
      |i l  l | ゙廴刈i:i:i:lリイf斧抃ミ癶// / /丁7'/ / /
      |i l 〈_j}ヽて)《薔》ミ代zツメ   `´ ´f斧ヽイ / /
      |i |  |  `ミ癶!刈{ム`¨¨´     {じ;メムイ'//          「――マスター、ちょっと良いかしら?」
      |i |  |   ゞミヽヽ\ヽ      ' `¨ 从;|j/
      |i |  | ‐=彡'_l'"\ヽヽー=ミ ‐ ‐   イi:川
      |i |  |    }:.:.:.:ー:\ヽ Y j、_  イ〈i{ノ i |          (  (  (
      |i |  |   ノゝ=-ゞ'"´:`ヽ 》i:i:i:i:i:〉 ヽミ从         )  )  )
      |i |  | /´:.:.:.:.:.ノ:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:マi:i:i:/}  Ⅵヽ`ミY     、ー‐r―r―r―,
      |i |  l |:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:マ:〈从   } 川j     , ー―‐-, / /
      |i |  | }:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V≦フ__j_ノ_ノ          二Y´/ /
      |i |  | |:.:.:.:.:.:./:.{:.:.:.:.:.:.:.:-=ニ二:Vニ厂二ニ=i}     _|   ー‐} ― '
      |i |  | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.-=ニ二:ヽ√{二r‐-、   /{   厂}ノ
      |i |  | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_,ノ::::::::ゝ__,ノミ: ヽ
      |i |  |_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノノノ{;イう{:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.{/、
      |i |  |ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー=ニ二彡 :.:.: r=彡':.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.Y::〉
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

842 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:49:32 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


    __  _ r- 、    __ イ  |/         ヽ, _      _ノ
    f::::|_::: V    ̄  `ー'::::::::/   ー、 ,    /   '    `   ー┤
   |::::| _ヽj_     /::::::::/   __ ノ/   /    !    ヽ  \  L__
  γ´:::::_,.ィ   ヽ    '::::::::/  ´ (._ /  ,イ          \  ヽ   }
  | /::::::::,ィ       i:::::::::'     ノ'  '/ |!   '        ヽ  ヽ ノ
  L__::_.イ !|      |::::::::|    rV |! |:| ',  l! | | |::      i! | | |
      ' ゝ,. -    !:::::::|  '´ ヽ  |! _'_|_|.__|! |ハ,.:|::     ハ. |: | レ
     /!  | ̄j    !::::::l/    ,ノj ,|! |N   | l| `|ト |! |::  |  / |,.'  |!. |
     ,イ   | ス   !::::::|   (/  |V   _ ヽヽ|ヽ.ヽ!:  i イ /   ハ |    「……この紅茶、淹れ方がなってないわね。
     |::|  ,      !:::::|    / |! |   ヾ===ゝ   ヽノヽlノ   ,'! l |    風味が消し飛んでしまっているわ」
    ,/!::|  | |::|`ーヽ ., =,、 /  /ヽ.ヽ           、 /,  // j/
   ,' !::|  .., |::|  ヽ. {fゞjト}'   /  \ ヽ           ヽY-イ   /     「マスター、とっとと淹れ直して来て頂戴。
   /  ~'  /! ゝ    ` ー !  /     ヽ. !         / l:: |         今度は丁寧に、慎重に、この格式高き茶葉を、
  i     /, !          V /ヽ. ___  | |      - 、 .ィ::ィ |         茶番の様な代物にしない様にして貰いたいわね」
  ,'     // ノ        r'⌒': |: ̄ : : : .\j |      - / ,// rー 、== 、
  !    // ,'        _.ゝ |:: |.: : : : : : :. :| |_  _ _∠. // /  _  ヾヽ\
  |   i// /       _ノ   |:: |: : : : : : : ,ノノーV : : : : : .V/ / / __.\ \\\
  |  // /      /      ゝ _\: : : :/: : : :|t! : : : :.:.|'!/ / /   \\ \ヾ.\
  |// /    /     r'  ̄   ̄ `ー 、: :ノj }___: : :,ノ/ / /.     \\ \\\
/,/| !   '       ゝー────-、 ヽノ: : : : }./ ./ /       \\ \\\

 ┌────────────────────────────┐
 │真紅のドレスに身を包んだ綺麗な人形は、美しい外見に反して   │
 │口と性格があまりよろしくないらしく、マスター、すなわち主人、  ......│
 │あるいは管理者たるわたしに対しての態度は大したものです。    .│
 └────────────────────────────┘

        ┌───────────────────────────────┐
        │高貴さ7割、高慢さ18%、残りは傲慢さで構成されてる様な物言いに、   ....│
        │わたしは内心、かなりムカムカしちゃいました。                 │
        └───────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・

843 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:50:25 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


  ┌─────────────────────────────────────┐
  │いやそもそも、人形が茶を嗜み人語を喋るなど、平素のわたしであれば、        ......│
  │すわ怪奇現象、あれ一大事と、大変驚き大層おののいてしまうでしょうが、          .│
  │夢の中のわたしは、まったくもって平然と、おかし過ぎる状況を受け入れていました。    .│
  └─────────────────────────────────────┘


                > : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ     __
             -=彡/ : : : : : -= ニ __: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :二ニ斗 ´
               /: : : : : : : : : : : : : : : ! : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ┛┗
                / : : /: : : : : : : : : : : /!: : : : : : : : : : /!: : : : : : ヽ: : : : : : : ┓┏
                : : /: : : : : : : : :!: : /  : : : : : : : : : ' ! : : : : : : : ',: : : : : : ',: : ,
              ' : : , : : : : : : : : l: : ム-', : : : : : : : : | __!: : : : : : : : :,: : : : : : ,: : l
                { : : l : : : : : : : : !: :/  ̄ ',: : : : : : : : !´--,: :!: : : : : :l: : : : : : :}: : !
              ' : : !: :l : : : : : : |     、 : : : : : : |   ', |ヽ: : : : | : : : : : ,': : ,
              ∧ : |!: :,: : : : : : :!/ ___   \\   !   ヽ \ : : : : : : : ': : :
                : : : :丶 : : ヽl,, ===、、    \!  x -- 、  y: : : : : :/ ' ' ヽ
                 X:,丶: \: : : .,            " ̄ ̄ ヾ/: : : : : :/:./:./: : : ∨    「……はいはーい、分かりましたー、お人形様★」
               ./: :ヽ \ヽ\: :\               /: : : : : :': :/〃: : : : :∨
               ': : : : : : ',: :ヾ∧  ̄       l      ムイ: : /: : 〃: : : : : : : :∨
               ./: : /: : : : :,: : : :∧              /イ: : : : ,' : : : : : ',: : : : ∨
              /: : / : : : : ∧: : : : ト     `  --       イ : : : : ,: : : : : : : :' : : : : ,
             ./  イ: : : : : : : :! : : : |: :>             イ: :,: : : : /: : : : : : : : ', : : : : ,
            //: : : : : : : : : :!: : : :l: : : : >      </: : : ./: : : :,': : : : : : : : : : ,ヽ : : .',
          /: : : :/: : : : : : : !: : : :! : : : : : |    -     !: : : :|: : : :,': : : : : : : : : : : l  , : : '
         /: : : :/: : : : : : : : : ': : : :' : :/ ̄}        |--、 |: : : l: : : : : : : : : : : : !  ',: : :!
       /: : : :イ _=、 ――‐/ : : / ̄    /        丶!  ! : : |――――‐ー|  : : !



      ┌───────────────────────────┐
      │あまつさえ、敢えて彼女?を名前で呼ばず、             .│
      │お嬢様ならぬお人形様と、嫌味を混ぜた軽口まで叩く始末。    .│
      └───────────────────────────┘

    ┌────────────────────────────┐
    │どんなに不自然な状況でも、不思議と受け入れてしまえる     ....│
    │夢というものは、まったくもって、不可思議なものですねぇ……  ......│
    └────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

844 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:51:03 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


   ┌───────────────────────────┐
   │など、などという、個人的でこじんまりぃとした感想はさておき。  │
   │わたしは、大生意気な真紅の美少女人形に、           ...│
   │淹れなおしたお茶を差し出しました。                .....│
   └───────────────────────────┘


      /             .ゝ.|__
     /     _ノ           <
   //  <彡ィ           .、ヽ
   /   丿 /|     /        ヽ l
  //    !.|../`|    l /=|      ヘl .l
. / | .|   | | r==x、    .lィ | |     冫、|_
..| ヽll  ゙.ぃイ |)/|.ヘ____/:r==x!l∨    | .Tー-
. |  ゛.ヘ>、_| 弋シ    |)/|ヾ .|/   ./ / /
 ヽ    | ヽ    ,   弋シ /    / / ∧     「真紅ちゃん、これで良いですかね?」
     / ハ \  、 _  ∠- .._/ニ'´   ゙ 、
二ゝ  ./ / .|: .冫、  ,.‐--< ̄ ̄/       \
   ./ / / '___./    `` ー 、    ゙、
_r'_/--'  ̄|           l     ヽ
.          |            | 、     \
._______ヽ、、          | ヽ
  /  /l    / ̄\___/   | \

     ┌────────────────────────┐
     │ああそうそう、この喋る人形、どうやら「真紅」という、    │
     │そのままズバリな名前なようです。              .│
     └────────────────────────┘

  ┌──────────────────────────┐
  │知ってる筈も無い事柄を、当たり前の様に知っている……    │
  │夢特有の、多々ある不可思議な現象の一つです。       ..│
  └──────────────────────────┘

                      _/``ヽ_
                     _∠フ::.::.::.::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::..:ハ::.::\
                  / ̄`::::.::.::.::.:.:`ー'⌒Yハ
               _/::.::::__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/  ,  '´       \}:ヽ`┐
                 / ./ /           /了}ヽ\
               / / / ./           \ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
                / / / ./  /      |   i!ヽ::|::::::l::.ー─-‐{   「ええ、いただくわ」
                /l l .丁Tト、 /   / ./ !   ||〈::ノ::::/::.::.::.::、::.::.::.|
               .|l | |fケミ、 l|  / ,/ / / , ! |{八!::::/::.::.::.::.::.:`辷′  「今度こそ、まともな代物になっていると良いわね。
             |l | |、r':::ハl| ,/__,/ / / /r=≠へ、:人_::.\::.::.::.::.:ノ   せっかくの高級で高貴な茶葉が勿体無いのだわ」
            |l .ル′.`′l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | 八   '  l' 7:::ミ、  ヽ、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-∠ヘ      ,ゞ=え> /イ//又.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈/ /ハ‘'         〃厶イ__」_7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// ; `¬__rー─/ /.--‐ "´'//| l// l|| l }
::.\     \/ /ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/


   ┌────────────────────────┐
   │などなどと、高慢で小生意気な科白を呟きながら、   ......│
   │真紅の人形ちゃんは、私が淹れた紅茶を口にして、    .│
   └────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

845 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:51:35 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

               ,...-┐ ,.-―-..、
           ,.イ:::::::::::|/:::::::::::::::::}
        _ r'´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ゝ__, -t
         ,イ:::} ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::}
       /::::::::しi´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'   /|_
    , -、く__:::::::l::::l:::::::; ィ ´  ̄ ` ー- 、::::::::::廴..く  ∠__   _/\/\/\/\/\/\_
 __,ノ: : /: : /:::::::::; イ            `ヽ:::::_ノ  ヽ  /   \               /
/:.: : : :r‐r‐'::::::/       i    ヽ ヽ ヽ:〉  ..}  >  .< ……ぶっふぅぅ!? >
〉: : : :く: :|:::::::/        l      :,  ヽ i     ̄`   /              \
: : :.:`:iト、l_::::′ /      !     トム- l !            ̄|/\/\/\/\/\/\/
: : : : :.{三ミi!/ /    /   i /! i  l lイ 从l /i/  .━━┓┃┃
: : : : : ヾ三}i  l    l /-/‐l‐从ヽ γ ヽ .! /}      .┃   ━━━━━━━━
ゝ: : : : : ヾ/l ト、!   l l' γ ヽ   ..弋__ノ..! l      ┃               ┃┃┃
 ヽ_; -、: :{ frzヘ  ヽヽ 弋__ノ     ..,、 j川/  ゚ 。                         ┛
.,ィiタハ /}`ヘゞ"ノiヽ、ヽヘ     ,,'   ≦ 三
.ヾミxv三}  ヽ`ー、:__ヽ ヘ- . ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
   ヾ三}   ヽ /: : ヽ ...゚ 。≧         三 ==-
   〃ゞ' ヽ   ∨: : : : : `: ...ァ,          ≧=- 。
  〃   ヽ   }: : :、: : : : : イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  {{      }  l: : : :ヽ: : : : : : : .ヾ        ヾ ≧
                       ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
                          レ   ≦
                             "ヾヽ。`=、、


         ┌─────────────────────┐
         │なーんていう、素っ頓狂な声と共に、         .│
         │せっかくわたしが淹れてやったお茶……     .....│
         │らしき何かを、盛大に吹き出しやがりました。   ..│
         └─────────────────────┘



゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

846 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:52:35 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

     r‐:':::::::/     ,'  ,'        !   l . i'"´:: |:.:.:.:.:.!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l       |l     ! ',: : : :.|.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |    l  | l !  ! |  `丶; |.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|   ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト  / !./l/├ /¬ ¬、). : :.!.:.:.:.:.,': : : :|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\/ l//´ ̄ ミト、|  {:: ::/.:.:.:./: :::::::|    |:  「なっ、にゃっ、ぬぁっ……!」
      ヽ|l ',ヽ \!/´ ̄`ヽ '′{{      }  ,ハ: :/.:.:.:./:::::;:::ノ|    !:
.        |   ト、. {{     ノ′ ヽ     八| ! | '^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:  「お、お前、一体何を入れやがったんだわっ!?」
      |   l l.|.とつ=        ` て__う l  ! .|/j〈ィ'>》_ノ !::l. !   |:
       |   / / |/    __   ヘ.    | l| |.ヾ ニフ   !::l |   |:
.      |  / / |{    i/      \、  l l ! !/    ヽ:| .|.!   |
       !|_ノ' r":.:l人   └ ---‐   ´    :! !| |           .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:..! .l:.>z,、...   __  z<:.:.:| || |、          .! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,''-:.:.:.:.:.::.:`¬´:.``.:./:.:.:.:.:.::! !| |: \      





       _ イ  _ イ         \
      ー‐/    ̄ ̄|          ー―‐フ
.       /      /|     ハ  .',  ` ̄ ̄     「……接着剤を約20gと、雑巾の絞り汁を少々ですが、それが何か?」
       | /    ./ .l    | |   ',   l |     
       | l     .| 7 ∨   i| マ   |   .l |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.      从 |i从  |i|   \  .l  i!\ |   7 |       |   にゃにっ……!? ど、どうしてそんなモノを入れやがったのっ!?   >
        7レi\  l.r==ミ  \| .r==ミ 〉  /l ハ      \_____________________________/
.       ,  ∧ \|   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ノ / /イ  '
       ,   ∧.込     '    彡イ  7     .'
       //   |  ゝ、  - '   イ  /     '      「その生意気過ぎる口を、ピッタリくっつけてしまえば、
.      /'.    |  l ≧ 、   イ  l .7    ト  '      少しは黙ってくれやがるかと思いまして……」
    / /   |  |__.|     |__  | |    .ムマ '
   / イ, 、----/ 7  _/    八 l | |___ ムマ '
. / // /  〉 / /  |       7 | |   イ- 、| l .|       、从人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧从/
                                       < ふっ、ふざけるんじゃねーのだわっ!! >
                                       /VV∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V\



   ┌──────────────────────────────────────────┐
   │思わずイラッ☆としちゃったわたしは、可愛くて小生意気な真紅ちゃんに、                  │
   │可愛い悪戯兼心遣い兼復讐兼憂さ晴らしという名のサプライズをあげちゃいました。          ..│
   │きっと真紅ちゃんも、表面上は怒りながらも、内心では喜んでいる……筈ですよね? 多分……    .│
   └──────────────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

847 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:53:12 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

                      _____
                    ト:、::::::::::/i
                   /:ヽz...才::::|:::: : K|  ハ
             /:::::::::::∨::::: : |:::: : |::::¨/::|
              _  }:)::::::::> 廴_;_;ノ=ミ!::::/::(!
.          /::廴ノ:::i '´     ̄    ¨ヽ:::::|\ ____
         /:::::ヽ::: ノ                ∨:::::/::::::∧
.        /=ト、:::/       i       i    ヾ:イ:::::_::::::}}
.         >j::: ;'      j       i     ∨¨r' ̄ハ     「……まったく、お前は本当にとんだマスターなのだわ」
      /_}:::i:i       从       从 i    i::::::ー^i ̄\
      \ {:¨::八  i i_i_⊥ ハ   i _/⊥_リ  i . |:::::::::::j    }}   「まあ良いわ……では、束の間の休息は
        |゚X!::::{::::::}i | r〒テミ\ヾ/ ィテ:〒ォ ,' |:r==くヾ__/   これぐらいにして――そろそろ、往くのだわ」
      / :{\::::::从小. 辷:ツ   ヽ  辷:ツノ'}  |:::>:!  }}
     〃 |  | ::>=;' ト{               / . 从乍 =彳ヾ,
      {{: |  | :{:{ /  ト、 U    '     .イj イ∨ノz|  j  }}
      {{: |  | .{:{./ ,イ{__ > .  ∠ヽ  . イ_|   !/∧ .|  j  }}
.        l/∧  /⌒¨ }. マー┬≧zz≦.∠ノイl: :/' /ハ:l .|





        >                 /     ヽ、
        /             ー- '"/   ヘ     ヽ,   /
      , '                  イ   ヽ .ヘ     ヽ  ―
.    /          、          ヽ、  ヘ、ヘ     ∧  \
.    ,'         ヾ 、         i,;:ゝ、l-、!  ヘ   , i
    l           ヽ ヘ._ヽ      .i  ヽ ,.ヽ   i  i .l
.   |   ,'         i、 .i''"ヽ     i. l. ,ィチミ、 .i  .l  i!.l   「……いく? ああ、アリス・ゲームの事ですね」
.   |.  /        lヘ i , i i.  j/ ' らヽ : .l   .l. ,,'!ノ
    l/,,ィ         |.,ィチミ't.i/i . /   ゝ゛ } ij  ,'/ヾ    「わたしとしては、あの様な乱暴な事を、
 ‐ '"',". i      ヽ |ij.ら,.ヽ : '´     `´ ∥ /イ      真紅ちゃんにはあまりやって欲しくは無いのですが……」
    ヽ ヘ      ヽl. ゝ,゛ }     、   ' '"',∥
     ヽ. ヘ ヾ、     ヽ, . `´            ,' i      「それが真紅ちゃんの使命なら、仕方ないですよねぇ……
.     | ヽ ヘ、ヽ.゜<_` ‐-.        ο   / i      はぁ、仕方ありません……付き合ってあげますよ、わたしも」
     i  `ーゞー- .ヘ¨i'' ´             , '  i、
.     i ./ : : : ',  . ヘヘi゙ - .. _       /i    iヽ,
    ∧./  : : : : :.   ヽ:.:.:.:.:..:.:.:. ̄/:  ̄: :.ヘ   i ヽ,


   ┌───────────────────────────────┐
   │さてはて、わたしが口にした『アリス・ゲーム』とやらについてですが。     .│
   └───────────────────────────────┘

 ┌───────────────────────────────────────┐
 │どうやら、この夢の中の世界では、わたしが一緒に暮らしている(らしい)               │
 │真紅ちゃんとは別に、人語を喋る自律歩行型の機械の如き奇怪な人形が            .│
 │数体いるらしく、彼女らは、皆それぞれの目的を叶える為に、                    │
 │命(……と似たような何か)のやり取りも辞さない、骨肉の争いを繰り広げているらしく……  .....│
 └───────────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

848 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:53:48 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


           ┌───────────────────────────────┐
           │その争いの名が、ズバリ即ち、『アリス・ゲーム』である、という訳です。   │
           └───────────────────────────────┘


    ┌─────────────────────────────────────┐
    │……自分で書いておいて、一体それが何なのだ、何故アリスなのだ、            .│
    │そもそもそれはゲームなのか? などなど、様々な疑問が湧いてきますが、        ....│
    │夢とはそういうものなのです、もしこの女々しい夢日記を目にしている奇特な御仁が   ...│
    │おられましたら、「そういうもの」だと納得して頂ければ、幸いです。               .│
    └─────────────────────────────────────┘



  ┌────────────────────────────────────┐
  │しかし、アリス・ゲームだなんて、ファンタジックにしてバイオレンス、             .│
  │ミステリアスにしてエキサイティングな、ちょっと恐ろしい催しについて          .....│
  │つい先刻まで影も形も微塵もヘチマも知りもしなかったにも関わらず、           │
  │当たり前の様に状況を把握してしまっていたのは、本当に不思議だと思いました。    .│
  └────────────────────────────────────┘

 ┌────────────────────────────────────────┐
 │もしも、所謂明晰夢としてこの夢を見ていたのであれば、少しは疑問を挟んだのでしょうが、    │
 │生憎と、この夢の世界のわたしは、あくまでも夢の世界の一住人でしかありませんでした。    .│
 └────────────────────────────────────────┘



                 / イィ’__:::::::::::::::::::::::::::::::-=ニヒ.
                イ '"ソ:.:.:. ,.   ` 、:::::::::::::::::-ニヒ
          ,ヒ'´`">ーf´' イイ´.:. ,イ      !  \:::::::::::::::ノ
          f ノニ-イ:::::| ,.ィイ:.:.:. :./   /   ,!   ゙,::::::f´
        f ヒニrヘイ:::::| 7:.:.:|:.:.イ{;イ::. /:   / ,!   lr-イ
        ム'ー'´Lィ{  { ,r'、:.:fテ‐ト、{i:. l:. :. /:. ,イ   }イ
       イヒイL´ ゙!:::::゙!7イ:.:| ィテト、ヾ{ l|:.ム‐7"|:.  ! |!
        ,/イ: :トヘ、 ゙!rべ{:.:.:| ゞ;:ン   `,ィセリ }::. / リ
      ム'| : :|:;ヘr、ヘテイ'〉:|        {;:ソ,.イィ,イ '     「ではマスター、そろそろ行くのだわ」
       7 l : : ト{f`个rヘ/.:.|、     '   / ト{´
.      |! : :.! ゙! !: : / ィ !:ヽ.   --  ,.イ:. |l|       「今度こそ……私は、あの子と決着を着けるのだわ」
      |l : : | {' |: :/ /_l !ニ->ー-、 イ__,. !:. !ヘ
      !! : : i  | / /´ l |, {::::::::::.ヾイ:::::} |: | ゙,
.      || : : :|   く-イェ_ | {、 \:::::::: }ァヘ::| ! {   i
        !! : : :|  ,イ ヽ_: : ` ‐-. .、f-:. ト,トイ{ | !   }!
.       || : : ::| /    `ィー- 、: : ヽ::7イ::::::} ゞ〉 '´
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

849 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:54:41 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜



      /: :/ /        /_∨ハ     A..ト∨    }l |
       |: / イ       / /ノ ∨'.     | リ ∨   { |リ
       |イ: : :|     { / /z=く j |   //,z=く 1   乂
       |:..: : :| |     ‘。,〃|)j/| / .!   / |)/|′}/ ./\}
       l:..: : :| |    ハ  弋rノ   ―‐ ′弋シ  j  /
       ∨: : :、: \   \ヽ  --          彳T″
.       八 : 、\: \.......\         `     { .|    「決着、ねぇ……わたしとしては、チェス辺りで
     / : \`ー\   │             |     優雅に決着を付けて貰いたいものですが……
      / .: : : : : : : : |    |       ´ `   / .|     それがあなた達の、“流儀“なんですよねぇ……」
.     / .: : : : : : : : : |    ト             /   l
    / .: : : : : : : : : : |    |  `   .. __ ィ |     |
    .: : : : : : : : : : : : ハ.    |       |: : : : .|     |
/ : : : : : : : : : : : : : : ハ   |       |: : : :..ハ   ト、
 .: /: : : : : : : : : : : : / ハ   ゚.      |、⌒ヽ: ゚.  {  :,
 :/: : : : : : : : >      :,  ゚        { \  \:,   ;  ′
::/: : : :>          ′ ゚:.,_      l    ∨ ∧.,__ハ
:{|: : :/\ \          '. ゚: 、 ヽ  / |    ∨ ∧ ハ ,
:{|: :/   \ \        '. }\      |    ∨ ∧  }ヘ


         ┌───────────────────────────────────────┐
         │なーんて、知りもしないシリアスな事情を、少々自重しながらも語っているわたしは、       .│
         │決して嘘や適当を騙っている訳でもなく、真紅ちゃんを多少なりとも心配している思いは、    │
         │多分、恐らく、少なくとも、夢の世界の中の私の心の中では、本物で。                .│
         └───────────────────────────────────────┘

      ┌───────────────────────────────────┐
      │突拍子も無い世界観を、観念する訳でも無く受け入れてしまっていたわたしは、   .│
      │どっぷりずっぷり、夢の世界の住民になっていました。                 .....│
      └───────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

850 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:55:22 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


                     .ィ/~~~' 、
                   、_/ /  ̄`ヽ}
                   ,》@ i(从_从))
                ,..||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||、
                { || 〈iミ'介'ミi〉|| .}
                '≦ ノ,ノハヽ、≧
.                テ ` -tッァ-' テ
                ; ;      | ',
.                ; ;       !. ',
             γ¨,' ; v --- ~、_, i. ;⌒)
              i、_;___r7 `i    i_!_ lノ_>
              〉___ノ)i人.  N、 r.、辷7、
             i  / /iヒソ|__ノ ヒソ! \ |     「……よっこらせー、っと」
.             ',    i      j|   /
              ;   | 、 `´ /!  / 、
              |   !}. j - i.  |  / |  、
               イ   / ハ   /7 |. / !   、
             / ', / γヘ ̄//i !  j     、
    , --、      ,.'.   ',l /: :=::=:| !、/ '.,     、
    !/´⌒   ., .' , '   iい: ノノ/ /」:.|/: :i.   ',      、
    \______,  ' , '     i:.゙: : :/ /: : : : : ,'.    ',.   ',   、
     ー―‐,-    /   |: : :/ /: : : : : :|.    ',   ',,   、
       /    /    /7:./ /: : : : : : :.|.     ',   ',',   ;
       ,'    /.   / {_/ /--: : :‐-:_: :i.     ; .  ', ',  ;


       ┌─────────────────────────────────────┐
       │わたしは、自分で歩けない訳では無いが、他人の足を使うのが当然だと思っている、   │
       │プチイラップリンセス気質な真紅ちゃんを抱き上げて、肩にポンと乗せて上げました。    │
       └─────────────────────────────────────┘




       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、     「……マスター、あなたの肩の乗り心地だけは、悪くないと言えるわ」
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<    「まぁ、せいぜい及第点といった所だけど……」
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 l`      ,r==ミ l|. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾ ,x=ミ       l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ    `_ ノ  ,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ


   ┌──────────────────────────────┐
   │……などとほざく、上から目線が解せん人形を、             ......│
   │肩と足が滑ったフリをして窓から放りなてやろうかなどど、        ....│
   │下世話な妄想をしつつ、わたし達は、                      .│
   │玄関(これも何故か場所を知っていました)の方へと向かいました。    │
   └──────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

851 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:55:54 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

  ┌──────────────────────────┐
  │一歩、一歩、ぽてぽて、てくてくと、                 .│
  │いつの間にか一方通行になっていた玄関までの道程を、  ......│
  │わたし達は、ゆっくりと進んで行きました。            ...│
  └──────────────────────────┘

                             |//,|.  ヽ
                             |//,|    ヽ
                             |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |     .┌───────────────────────────────────────┐
       | |     .│わたしは、肩に乗せた真紅ちゃんの重さを感じながら、                        .│
       | |     .│赤ちゃんや2、3歳程度の幼子を担ぐと、これぐらいの重さなのかなぁ、などと思いながら、    │
       | |     .│白く淡い光でぼやけた周囲中、やけに存在感のあった玄関のドアを開け――         .....│
       | |     .└───────────────────────────────────────┘
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |iーi,| r 、     | |
       | |                       |lニl,| | !l      | |
       | |                       |L.l,| | ;!!.      | |
       | |                       |//,| |-|l.     | |
       | |                       |//,| |i l.!      | |
       | |                       |//,| |.! !!.    | |
       | |                       ||l l|| | !.||.    | |
       | |                       ||l_l|| | l ||.     | |
       | |                       |//,| | | |l.     | |


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

852 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:56:55 ID:d08b9c07



     ┌──────────────────────────────┐
     │――ようとドアノブに手をかけた辺りで、わたしの意識は覚醒して、    .│
     │夢の世界から引き戻されてしまいました。                   .│
     └──────────────────────────────┘

  ┌────────────────────────────────────┐
  │夢の終わりは、大体唐突です。                                 ..│
  │例えば、今回の様に、次の展開に続かないまま、プツリと終わってしまったり、    ......│
  │何か物を食べようとして、それを口に入れて味わおうとした瞬間に……みたいな。   ..│
  │まるで、起承転結の承か転あたりで唐突にページが破らていて、             ..│
  │続きが一切読めなくなってしまったペーパーブックのようです。                .│
  └────────────────────────────────────┘


                          ┌──────────────────────────────┐
                          │とは言え、夢日記の書き始めを、夢らしい夢で始める事ができて、     │
                          │わたしはちょっとだけほっとしました。                    .....│
      / ::/ :/: : : :   ::/|: / .|: :|: :.└──────────────────────────────┘
       | :/  :|: : : : : : : :|_j: /ニ|: :|: : : :.  : : |: | ∠二∨:..|:..: : : :. |: : : : : : :
       | : |  : |: : : : : : : :.:|´l/   ∨:v: : : :. : : :|:/     \}、: : : : }: : : : : : :
       | : |∨: |: : : : : : : :.:| z==≪V:ト、: : : : : :|′  ≫==ミ \: : ,': : : : : :
      ∨| v..:..: : : : : : : :{〃/:ハ  \ \:_:_:_{     /:ハ ㍉ y′: : : :
.       リ  ∨:.:ト : : : :..∧ |::し:|           |::し:|    /: : : : :
           }リ \: : : ∧乂rノ            乂rノ   , : : : : :     /  「だって、もしこれが、とんでもない悪夢だったり、
          .′ '.  \ー‐ヘ¨¨                 ¨¨ /: : : : :    /   観た事すらも忘れる様な、印象の薄い夢だったとしたら……
          /     , ∧          '         ´ ̄厂     /
            /      :  ∧                  し /     /、    「とりあえず、明日も続けてみよう、
        /     .!   ∧       r  ュ          イ      /::∧    という気にはなれなかったかもですからねぇ……」
         /        |     \                 /: {     /: : : ::.
.       / /       !     |: : :丶             ィ: : :..:.:|    .: : : : : : :
.        / /       |    |: : : : : :}>       ´  ′: : : |   .: : : : : : :
      //         |    |: : : : : :|    `´     |: : : : :.|    i : : : : : : :

    ┌────────────────────┐
    │いつかの以前、かの友人Yが、           │
    │「何事も幸先とインパクトが大事なのさ!」     │
    │などと、言っていたような、いやそれは実は   .│
    │わたしの個人名な見解だったような……    ...│
    └────────────────────┘

       ┌─────────────────────────┐
       │まあとにかく、何事も初めは肝心という事なのでしょう。   ..│
       │恐らく、多分、何となく……                     │
       └─────────────────────────┘


.

853 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:57:31 ID:d08b9c07



                      ,.   ¨¨¨¨` い,r=ァ
                  ´            `ヽ
                ./                 \
          --==彡                   ゚。
                /      /              }、____,
            / ./   -=彡イ          ゚。      「 ̄
               ′′     /│           ゚ /   |
            { l       /ニ!      /{ {   }   │
            ..| |    ∨  、    /`乂{\./    .′
             乂 :、    {圻芥、_}___} 圻芥、:′  ./}    「……そう言えば、あいつともしばらく会って無いですよねぇ」
                { \   }弋_ソ       弋_ソ/  /  {
               .、   `ー{     '    彡 /     !    「どこかで息災だったら……まあ、良いんですけど……」
                 > ___:_入    .ー   ィ、:________,ノ
              /  |:}=={|  `> .,__,. イ . | |:}=={:|ヽ.
               .′  /   ハ   \   /  j/   {. ‘,
               |   ′   ゚。/⌒i i⌒ヽ/     }  ゚,
               |   i       }   〈 /   /       }   }
             :,  {       }    }  .′     ,′ ,
            ‘, l       }、     {       /   ′
               ∧ ゚。     }:::\  //    / /   /


   ┌───────────────────────────────────┐
   │などと、数少ない友人の一人であり、良い意味でぞんざいに扱える間柄であり、  .....│
   │悪友とも呼べる存在でもある彼女に対し、わたしなりに思いをはせながら、       .│
   │夢を文章に変換したペンを、ポンと置いたのでした――                ......│
   └───────────────────────────────────┘


.

854 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:58:09 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


  ┌────────────────────┐
  │――次の日、わたしはまた夢をみました。     │
  │わたしは、わたしの家の部屋の様な、     .....│
  │そうでも無い様な部屋で、一人ヒソヒソと、    │
  │秘蔵の悲壮な小説をよんでいました。     .....│
  └────────────────────┘


       /         |         ∧    ゚。    : : :゚。: ヽ
.      /        j. /゚,      .l | !   ‘ |    : : ゚。 :|
.      /| |        |..ト-|       | |ー|...ト、    |     .┌───────────────────────┐
       | | | |     | ∧|ー∨      | |`乂{´\  j    .│内容までは覚えていませんが、             ......│
       | | | ゚。    |/ _ノヽ\   .リ ,,ィ⌒ゝ \ |    .│とにかく物悲しい物語だった事は、覚えています。  ......│
       | | ∨ ‘。    | { /い \\___} /い }  /     └───────────────────────┘
       リ  ゚。 \  ゚。  |乂|       l乂|  /       /:/: : : : : ::.
         乂}ノ,:\. ヽ弋_ノ       弋_ノ 彡  イ  .:/: : : : : : : : :.:.
         /    ハ  ーヘ      '         ∠ィ ノ//: : : : : : : : : : ::.
.        /   .: ::゚. ∧               /   :./: : : : : : : : : : : : ::.
      /   . : : :.:゚.  入    ―‐ 、    /   : :/: : : : : : : : :│: : : :.:.
.   /    . : : : : : :}  个: .         ィ 厶 --====ミ : : : : : ト : : : :.:i
-‐ ´  /三三三三三ミト、}: : :.>  __,.  -===   ̄ ̄ ̄ ̄/: : : : :.| |: : : :│
/    .∨        .`ヾヽ/::::| 彡 ´           /: : : : : :.| |: : : : :!
    . : : :∨         .\Y/             /ヽ: : : : :/ : : : : :|
/ . : : : : r∨           | |  Die Verwandlung  /:::::/\: / .′: : : |
 . : : : : : ::入∨             | |           ,.  ´ ̄}   \ /: : : : : ′
: : : : : : : :〈  ) )           | |          (_,..  ´ ̄}   ヽ: : : : /

    ┌────────────────────────┐
    │ただ生憎と、作者の名前も本のタイトルも、         │
    │まるで覚えが無い代物だった事は覚えているので、    │
    │恐らく、夢の中の世界の中のみに存在する、        │
    │まさしく幻の逸品だったのでしょう。              │
    └────────────────────────┘

   ┌────────────────────────────────┐
   │わたしは、真剣に神経を心身共に深々と研ぎ澄ませながら、           .│
   │夢の中の世界の中の本の中で繰り広げられていた、               .│
   │ヒステリックだがストイック、ヒロイックで                       │
   │パセティックでロマンチックな美しい悲劇を、たーんと堪能していました。  ......│
   └────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

855 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:58:48 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


    ┌───────────────────────┐
    │突然、唐突に、バサッという、何かの紙束が      ....│
    │地面に落ちた様な音が、足元で弾け、鳴りました。    .│
    └───────────────────────┘



             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_//
            /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /
             //::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::ヽ   ―
         _/::/:::/:::::::::::':::::::::l:::::::l::l::::l:::::::::::::::::lヽ:::::::l:::::::::::::::ヽ  \
         ヽ-:::::::l::::::l::::::::::::l::::::::/l::::/=l::::l:::::::::::l:::::l ヽ:::::l:::::::::::ヽ:::ヽ
          l::::::::l:::::l::::::::::::l::::::/// l::/l::::::::::l:::/≡l::/l::::::::::::::l:::::::l
          l::::l::ヽ:::l::::::::::::l ィ毛ミz  /:::::::://   レ :l:::::::::::::lヽ::::l     「……んっ?」
          ヽ::::::ヽ::::::::::::::l {o:::l l /:::::/ ィ毛ミz /::::::::l::::/ l::::l
          l:::ヽヽ:ヽヽ::::::ヽ弋::ノノ      {o:::l l /::::::::/::/ //
          l:::::::ヽヽlヽ:\::::ヽ           弋::' ' /:::::://
          l:::::::::::::::l:::::::::::l        丶   /:::/ 彡


    ┌─────────────────────────┐
    │思わず音がした方に視線を向けると、              │
    │そこには、一房の髪束が落ちていました。            .│
    │どうにも見覚えのある艶と色をした、一房の髪束が……    │
    └─────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

856 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/15(Fri) 23:59:43 ID:d08b9c07
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


     ┌──────────────────────────────┐
     │嫌な予感がして、思わず自分の髪に手をやると、             ....│
     │つい先刻まで、ごく自然に、当たり前の様に存在していたもの――     │
     │すなわち、わたしの髪の毛の手応えが、明らかに足りません。     .....│
     └──────────────────────────────┘


   ┌─────────────────────────┐
   │床にポトリと、あっさり、どっさり落ちた髪束が、        .│
   │自分のものであったものだという愉快では無い事態に、   │
   │わたしの血の気は一気にドン引きです。            .│
   └─────────────────────────┘


              /     〃    |  |   | ;
              /     //     l    :|:    |
  ,. - 、           /     //    ;'   :|:   | ;
  |i  \         /   _,.ム'   _,ム   :|     |
  ‘,   丶.      /  /´  ヽ      ` ー、j:     |
   ',    '.   /        |        |::   | ;
   ',     }    l                  ヽ:   |
    l     〈   /  ̄ ̄` :|i: : : : : : : : i    .`   | ;
    |    ', /      ..八: : : : : : : :|         l    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    ',     ',          : : ,: : : : ∧ |         .'    |   ……ふぇ~~……?   |
    ',     \- 、 : : :.ノ / : /. /丿. ̄`丶    ,' ;    .\___________/
      i         \ー ./ /}/ ´   u.  丶 l
      l          丶 . イ /           .l ;
      |           ヽ\                l
     ',            ', ヽ           ,'
       、 u.             }             / ;
      ヽ                         /
        \          ノ        / ;


    ┌────────────────────────┐
    │思わず、間と力と意思と意識と空気が抜けた様な、     .│
    │だらしない声が口から漏れてしまいました。         │
    └────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

857 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:00:31 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


  ┌────────────────────────────┐
  │間抜けな笛を吹いた様なわたしの元から、容赦無く、          │
  │手で受け止める間も無く、次々と髪が抜け落ちていきました。    │
  │当然、突然、あっという間に、短髪なわたしの爆誕です。       │
  └────────────────────────────┘


                > : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
             -=彡/ : : : : : -= ニ __: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :二ニ斗
               /: : : : : : : : : : : : : : : ! : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                / : : /: : : : : : : : : : : /!: : : : : : : : : : /!: : : : : : ヽ: : : : : : : : : ',
                : : /: : : : : : : : :!: : /  : : : : : : : : : ' ! : : : : : : : ',: : : : : : ',: : ,
              ' : : , : : : : : : : : l: : ム ,{' : : : : : : : : | !: : : : : : : : :,: : : : : : ,: : l
                { : : l : : : : : : : : !: :/_ノ ',: : : : : : : : !ゝ{、 :!: : : : : :l: : : : : : :}: : !
              ' : : !: :l : : : : : : |     、 : : : : : : |   ', |ヽ: : : : | : : : : : ,': : ,
              ∧ : |!: :,: : : : : : :!/ ___..:::::\\   !:::::::.. ヽ \ : : : : : : : ': : :
                : : : :丶 : : ヽl,, ===、、 :::::::::::::\!::::: x -- 、  y: : : : : :/ ' '
                 X:,丶: \: : :どっ    :::::::::::::::::::: " ̄ ̄ とっ : : : : :/:./:./:
                 ヽ \ヽ\: :\゚。              /: :: : : : :': :/〃:  「……ちょ、これはいくらなんでも……
                         ヾ∧ ̄ι      l       ムイ:: /: : 〃:    あんまりですよぉ~~!」
                       ∧            u /イ:
                             ト    ⊂=ー....´⊃     イ          「ひ~~ん、うぇ~~ん……!」
                          >             イ
                                >      </
                               |    -     !
                           / ̄}        |--、


     ┌───────────────────────────┐
     │自分でもそれなりに気に入っていたわたしの髪達と、       ..│
     │強制的にお別れさせられたわたしは、さすがに          ....│
     │たまらなく悲しくなって、子供みたいに号泣してしまいました。  ....│
     └───────────────────────────┘

   ┌─────────────────────────────────┐
   │されど、泣いたところで、一度去ってしまった髪の毛が              ......│
   │すぐに伸びて元に戻る筈も無く……床に散ってしまった               │
   │わたしの元髪を前に、わたしは為す術もなく、泣き続けていたのでした――  ....│
   └─────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

858 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:01:19 ID:b5ebca77


   ┌────────────────────────┐
   │――泣いて、嘆いて、喚いていたら、何時の間にか     .│
   │わたしは夢の世界から卒業していました。          .│
   └────────────────────────┘

 ┌───────────────────────────────────┐
 │目が醒めて、意識が覚めるまで、しばらくの間は呆然としていて……           │
 │やがて眠気も冷めて、わたしの頭も覚醒してきて……やっと、落ち着きました。   ...│
 │わたしが好きな数少ないわたしの良い所が無くなったのは、夢だったのだと。   ......│
 └───────────────────────────────────┘


                ,ィ    -‐…‐-ミ ト、
                {乂´          `ヽY ア
              ー=イ乂 `¨           `ヽ
              /                     :.
             /       /          ヽ|   ヽ   :.
         /       i     |   .:|    |  i
           ムイ     . : A   . .:i A . :| . :|   .:}  }
          |   . .:ト{ ヽ .: .:.ト{ ゝト、│  .:/   ′
          jィ   . : | TT\ . :| TT  /  .:/   i{    「……それにしても、本当に酷い夢でしたねぇ」
             人ト、人:{ ∪  乂{. ∪ ムイ:イ   八
                | }   '      │! .:|       「髪は、わたしみたいな、そこらにいくらでもいる程度の
                |人   △   U .| ..:′       美少女ですら、大事なものだというのに……」
                | .:| 〕j : . _ ,..   ´,′,′ヽ
                  /| .:|// //. : }   / .:/   \
              / :| .:|/ //.:/j  . '/ .:/ \_
                / :/| ├''"´/  / / .:/xr≦⌒`ヽ
            / ://| .:|   / / ./ .://         Y


     ┌──────────────────────────────────┐
     │悪夢としては、ある意味良く出来た夢でしたが、わたしは、どちらかと言えば、  ....│
     │一流の悲劇より三流の喜劇の方が好きなタイプです。                 │
     │夢の中のわたしの様に、美しい悲劇に心揺らすよりは、                │
     │チャップリンの映画でも見て、心からコロコロ笑う方が好みです。           .│
     │つまる所、こんな夢はまったく、これっぽっちも好みじゃありません!        ..│
     └──────────────────────────────────┘

  ┌──────────────────────────────┐
  │……まあ、悪夢を好きな人というのも、なかなかいないですよねぇ、    │
  │なんて当たり前の事を思いながら、私は悪夢を嫌々記したペンを、  ......│
  │若干乱暴に置いたのでした――                         .│
  └──────────────────────────────┘

.

859 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:02:11 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜








.    ┌──────────────────────┐
.    │――次の次の日、またまたわたしは夢を観ました。 .│
.    └──────────────────────┘


                             |>
        ,. -.、                    γヽ  l>               -.、
        /':':':':':`.、                    にiコ,、∧             /':':':':':ヽ、‐-.、
    _ノ':':':':':':':':':':': ー、             A l/ヽrヘ!lll_   _    _,...-‐':':':':':':':':':':':':':':':':':
  ..:'´':':':':':':':':':':':':'_,. -‐:.'´`ヽ   _     ...、iY´`ニlllヽ^i Yl ':':':ヽー:.'':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':
-‐'':':':':':':':':':':':':':':':´':':':':':':':':':':':゙゙ー':':':.`   |:!:::、\}l:Π::ー'r-ヘ,、   `
   ...  .:.     ..:::               i:::/:::::、:::::ヽ::::::::::lニl=|    ::    ..:   ..
                       〈二〈ニニニl」ー-'ニニニニl
    ..:..                   i:::::/:::::::::il:::::: ̄:::i!:::i:::l:::|
         ..:               /:::/::ィ::::::i::::::::::::::::::l:::::、::i::|_   ................
                  ▲__ ∧==〈〈;;l:::/:::γヽ::(;;''):::〈::|-、ヽ
                /l    l\_ll二 '''ー| 「ニニニニニニl^l-' i      ..:.
     .:::::::..........       ▲lヘニヽ  :\ll ヘニヽ||_.| ヘニヽ,-、,-、l :l  l\▲_
               /ll\ー' ヘニヽヘニヽ ヘニヽヘニヽ' ヘニヽ ヘニヽ /i _ ヽ
                / /||  \▲ー'  ー'  ▲‐'  ー'   ▲ __ ▲' /  ヽ \     ..:
           //:.:.\   i l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l   .l i/   // /l、 ::.
            ,< 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ/ヽ二ヽ――l__!――――l__!―‐ l__! /二/ヽ.//::::ヽ
          r〉 \ニニニニニニ |__|_::l_____く二二ゝ_____| ̄O| /::::::::::: ー- 、
      ,. -‐':::::\二二二二 .┌──────────────────────────────┐
_,. -‐'' ~::::::::::_,.-‐'::::::::/:::::::::::::::..│夢の中の世界のわたしは、幻想的な物語の中の世界にしか      .....│
:::::::::::::::::_,.-‐'::::::::::::::/:::::::::::::::::l::│存在しない様な、無駄に豪快で豪華なお城のてっぺんにいました。  ......│
:::::_,.-‐':::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ノ::└──────────────────────────────┘
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

860 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:03:05 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


   ┌──────────────────────────────────┐
   │何故かわたしのお世話をしている(……らしい、と、わたしは認識していました)    │
   │妖精さん――の様な何かが語る事柄から推察する限り、               .│
   │どうやら今回の夢の中の世界でのわたしは、                     .....│
   │とある悪い存在に囚われた、可哀想なお姫様なようです。              ...│
   └──────────────────────────────────┘


                  /: : : : : : :_.....----...._: : : : ∨
                 /: : /: : ..-'        `‐、 ∨
               /: : : //   _...------.._   ` .、∨
              /: : : : : r  ,  ´ ∧ ,、  ,__/ \  \
             /: : : : : :|  /|  ̄  ` ー   ̄  |\ /
             |: : : : _ーvl / 〇        〇 ∧/lム-    「よー、げんきかー、おひめさまー」
              ̄ ̄ヽ ̄`ヽ  ┌‐────‐‐┐ __/
                  \ ヘ  |         | /ー‐ゝ    「おまえのせわをするなんて、ばっふぁろーのげりを
                  /―‐\         ノ | //     みみにいれたほーがましだけど、おせわしてやるよー」
                   ̄7_,l 7 ――――‐' -<>
                       /: \ /‐二 ̄-...._\_..-- ̄|
                     /:l: : : :\:.|       .|    .|
                     /∧: : : : : .`\      .|    .|
                    /: :∧: : : /  /ヽ     |    .|
                    /: : : ∧_/  ./ヽ-´     |   _..l
                    |: : : : : : :\//_____|__...-
                    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                    ー...____/\_....-´
                     ヽ     .-‐    /





           ___       (⌒)
         /__  ,ー―、`ー__/`|
       /   ヽ´    \      .|
    _/_|  _____  `ー、   /
   /    /、       /\  \ /
   |  / |  .\    / \\  |/
   ゝ/  .//  `ー―´ \ `l ヘ \
  /_ |  |  〇       〇  .| |_---
  | ̄`l  |_            __/ /  /
  \ \_/ ――――――、 ー|  /
    \__|   |        /  /_ ´   「ひかれてくさったすかんくのへをびーるとのむぐらい
     \\ \      / /_/    おせわなんていやだけどー、つかまえたのはこっちだからなー」
       ̄/ー/`ー―‐´―、
       / /\  | |__/\      「だからさっさとおせわされろやー、おひめさまー」
       | /\  ̄|―|    /|
       |    ̄/  \― ´/
       /ー‐ ´     ー‐´∨
      ./             .∨
     /              .∨

      ┌──────────────────────────┐
      │……というかこの妖精さん(たぶん)、かなり口悪いです!    .│
      │見た目はそれなりに可愛いのに、何と勿体無い事を……   ..│
      └──────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・

861 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:03:40 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

        //////
       //////
      /////
     .////        _..-‐‐―――‐‐‐ー 、_
     //       _. -.     |        `.7‐_
     /       /       |         /  `
   . イ     ,.イ´         |  .∧      /
    |     / |   ――    |  /.∧     / ―‐
    |    /  .∧         | ./  ∧    ./
    |   /   ∧         .|/   .∧   ./
    |  .|   |              .∧ . .|
    _---|   .|    γ ヽ         ∧ | .  γ ヽ
 .〈 ̄___ヘ  .|    .弋__ノ          ∨   弋__ノ  「いまごろまおーさまが、ちんこけんしかのーがない
  .ヘ     ヽ |     _____________    ゆーしゃとやらのけつをふぁっくしてるはずだぜー」
   \    .∨     |
    \     l   .|                      「そしたらゆーは、ばふんをまぜたおーとみーるなみに
      \    .|   |                      よーなしになるから、かくごしとけよなー」
      /ー――、  .|
     /      ヽ ヽ
    /        \ \





                ,ィ    -‐…‐-ミ ト、
                {乂´          `ヽY ア
              ー=イ乂 `¨           `ヽ
              /                     :.
             /       /          ヽ|   ヽ   :.
         /       i     |   .:|    |  i
           ムイ     . : A   . .:i A . :| . :|   .:}  }
          |   . .:ト{ ヽ .: .:.ト{ ゝト、│  .:/   ′
          jィ   . : | TT\ . :| TT  /  .:/   i{     「……へー、そーですかー、そりゃー大変ですねー」
             人ト、人:{ ∪  乂{. ∪ ムイ:イ   八
                | }   '      │! .:|        「うわー、わたしかわいそー、しくしく、うえーん」
                |人   -      | ..:′
                | .:| 〕j : . _ ,..   ´,′,′ヽ
                  /| .:|// //. : }   / .:/   \
              / :| .:|/ //.:/j  . '/ .:/ \_
                / :/| ├''"´/  / / .:/xr≦⌒`ヽ
            / ://| .:|   / / ./ .://         Y


      ┌──────────────────────────┐
      │暴言には気の抜けた棒言で対処する事。            ...│
      │敢えて相手と同じレベルに落ちても馬鹿を見るだけだと、   ..│
      │昔誰かに教わった様な気がするので、             ......│
      │わたしは先人の教えに従ってみることにしました。         │
      └──────────────────────────┘

  ┌──────────────────────┐
  │いくら夢の中とはいえ、可愛らしいグレムリンと    │
  │口撃を交わそうとも思わない程度には、        │
  │わたしは平和主義者なもので……           .│
  │というか、「勇者」って、一体誰の事でしょう?    ....│
  └──────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

862 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:04:48 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

   ┌─────────────────────────────┐
   │勇者が剣と魔法を用いて魔物を倒し、人々を救い、           .│
   │囚われの姫(わたし)を救うなど、幾多もの困難を乗り越えながら、    │
   │魔王を倒し、世界に平和を取り戻す、非現実の幻想夢物語……  ......│
   └─────────────────────────────┘

 ┌────────────────────────────────┐
 │友人Yに勧められ、そういった類の小説を幾つか読んだ事はあります。   ....│
 │故に、夢の源泉となる私にその時の記憶や感想の残滓が残り、       ....│
 │この様な残念幻想夢物語を形成してしまったのでしょう。           ......│
 └────────────────────────────────┘



    ┌──────────┐
    │……しかしながら、  ....│
    └──────────┘


             /   /      |   /|         / !  |
               /  ,.       |  /_,,|           /、_|   ハ
             ′ /{      .:|  |'::::|      /| ,ハ:::::|  .{-{
           |   /│       ハ 孑''゙!        :::|,′ ̄V |~゚:,
           |  .′|::.      |  V|  ゚:, {   .:::::||     \| ‘。j         「わたしとしては……特段好きなジャンルでは無かったんですけどねぇ。
           |  |  :,:::::::..   三三三三:, ゚。  ::::::::|{三三三三三`{         それに、お姫様ってガラでも無いですし……」
              :, |  :,::::::::::.   | {|///|}   乂ー―‐'   {|///|}  .′
               ゝ|   ヾ}:}:::::::::リ `¨¨´             `¨¨´  //   .: ::/   「どうせ夢を見るのなら、バスター・キートンの映画の様な世界で、
                    リ`ーr‐         j            /イ   .:::/::::::    好き放題はしゃぎ回りたかったものです……」
                 | ゚。::::|                   `ヽ::/:::::::::::
    --- 、            ,′.゚.::ハ                     /:::::::::::::/:
/      ヽ         / ./ィ゚,::入        ______,,..ノ      / . r┐__ ー
    --- 、 }          //  ’ ::::> ..            ..   ´ .′| r‐一       、____
 /     )ノ       /:′   |  ::::::ハ `¨ 、――‐ァ ¨´     ′ | |__  t‐┐  ヽ-------'
 {               /.|       |   ::/ .}    /:ハヘ         ィ{ ...ヽ----' t‐'└i
 {             / |       |   ::{ ‘,  //   い     / l   .′//   . ̄

    ┌────────────────────────────────┐
    │その時点で、ある程度ここが夢の世界であるという認識を持っていた、     .│
    │つまり「明晰」していたわたしは、わたし自身が脳内で勝手に創り上げた    │
    │夢の内容に、ぶつくさケチをつけていたのでした。                 .│
    └────────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

863 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:05:25 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜
           / ̄ ̄ ̄ /_/_/
            / ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/
            /__,--,  / / ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/
                /___ノ. /__,--,  / ./ ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/
                    /___ノ. ./__,--,  / ./ ./二/ /
                          /___ノ. ./__,--,  /
                                /___ノ .


   ┌─────────────────────┐
   │その時です。突然、扉の外から地響きの様な  .....│
   │音が響いてきたかと思った途端、           │
   └─────────────────────┘

             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_//    /\
            /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /  /
             //::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::ヽ   \/ />
         _/::/:::/:::::::::::':::::::::l:::::::l::l::::l:::::::::::::::::lヽ:::::::l:::::::::::::::ヽ     </
         ヽ-:::::::l::::::l::::::::::::l::::::::/l::::/=l::::l:::::::::::l:::::l ヽ:::::l:::::::::::ヽ:::ヽ    ┌─┐
          l::::::::l:::::l::::::::::::l::::::/// l::/l::::::::::l:::/≡l::/l::::::::::::::l:::::::l    └─┘
          l::::l::ヽ:::l::::::::::::l ィ毛ミz  /:::::::://   レ :l:::::::::::::lヽ::::l
          ヽ::::::ヽ::::::::::::::l {o:::l l /:::::/ ィ毛ミz /::::::::l::::/ l::::l
          l:::ヽヽ:ヽヽ::::::ヽ弋::ノノ      {o:::l l /::::::::/::/ //
          l:::::::ヽヽlヽ:\::::ヽ           弋::' ' /:::::://
          l:::::::::::::::l:::::::::::l        丶   /:::/       「んっ? なんでしょう、この音は……」
          /::::::::::::::::l::::::::::l\          /:::::l
          /::::::::::::::::::l::::::::::l      ⌒   /::::::::::l:ヽ       「まるで、戦車か何かが近づいてきた様な――」
        /:::::::::::::::::::::l::::::::::l     /   <::::::::::::::::::l::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::/ l::::::::::l ̄ ̄ ̄`────── - ::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::/´  l::::::::::l   /            \__
.   /::::::::::::::::::::::::::/    l::::::::::l /              /    /─
 /::::::::::::::::::::::::::/    ..l::::::::::l               /    /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                        |   ……なんだー? この陽気なケツ裂け音はー?   >
                                        \_____________________/

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

864 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:05:56 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


         ┌───────────────────┐
         │部屋の扉が、勢い良すぎに蹴破られて、   .│
         └───────────────────┘


     /: .: .: .: .: . : ./    _,,.-‐''"    / /         / ̄||           |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: . _,,.-‐'': : : : :  三 二 ニ ―     /  ||   | ̄|| | || | || |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: .//:: : : : : : : : / /     三 二/  || ― |  || |_|| |_|| |: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : : : : : / /         /  ||    |  ||  .|   |: .: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : ヽヾ`;;:} 三 二 ニ ―    /__||    .|  ||  .|   |: .: .: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .//: : : : Z::::Z,,, / /        = ̄     .|_|| 三 二 ニ ―: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .// : : : : <:::::::ヽ:::>'                       _ l   || ̄|| .: .: .:
 /: .: .: 三 二 ニ ― : : <:::::/ ̄,                       |_||   / // .: .: .
_/: .: .: .: .: .: .//: : : : : Z:::::{                        l  / // .: .: .
/ : .: .: . : .: .:,'/: :  _,,.-‐>::::::ヽ                       __/ //.: .: .: .: .
: .: .: .: . : .: //_,,.-‐''":  Z:::::}ヽ、::::{、                         |___// .: .: .: .: .
: .: .: .: . : .://: : : :  ノ/ /ー/ヽ                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: . : // : : : : : :  / /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: .: ,'/ : : : : : : : ./ /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: . : .:l | : : ―二: : ./ /                         |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .{ l: : : : : : : {  {                            |   |: .: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .| |: : : : : : : |  |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . :..| |: 三 三 二 ニ ― |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: . : . :| |: : : : : : : |  |                             |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: .: .| |: : : : : : : :|  |                         |   |: .: .: .: .: .:
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

865 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:06:28 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜
    ..\\\               | |         //         //
.       \\\               | |           //       //
          \\           |          /           /        ,、                ___,,,
┌─────────────────────────┐  //  |亅       /|.,、   / ̄ ̄    /
│勇者――ではなく、友人Yが、豪快に現れたのでした。   ...│.../ /   | |. /l  __ ||| l ∠-一ァァ 7  /       __
└─────────────────────────┘../ / /1 ||| | / /∧l/ V     / / / .// \   / /
                                     ト、  |_| |     7 / | | | l |/ / /|1 ,-‐─¬ / .///  ヽ、_/ / /
                                   / \| |     ./ /   l | |ノ / /  | | `"7T7// / ´   __/ /
                                   i    /|     ./ /    l |   | /   l |  // レ // / ̄ ̄__/
                     -‐- ._     }    j      / /     l | ,' l/   `'   |/ ∠人  ̄ ̄ ̄
                     . ´       `ヽ    !   /    ./ /     レV
                       .′ イ :/`ヽ    八  ,′ /       .`
                      j / j/fヒ}フ|││ |ゝ′//  \人_从人__从_人__从__从人__从_/
                      |/ ftぇ   jイ ! !  |/  ,′  ≫                     ≪
                   ムイハ <⌒ヽ | | |  j   ,′  ≫ ……姫っ!!         .≪
   ,ハ__            | 个 .`´ ,j __rУ_  ′   ≫ 助けに参りましたぞっ!!  ≪
  / Y  Y`ヽ__ _       |ハハ/ {`7´ZУア〈  j    ≫                   ≪
c彡'´卜、 {_       `ー-----< {三ニ〔〕ニニニ〉/ ,ハ     /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WY⌒W⌒Y\
     \! ` <ニ=- _      {三_ア`マニニニニニニニヽ
               ` -=ニ{/ニ/   |: /`¨¨¨¨i`jノ
.._ _                    /ニ/{    |/      |
.._ _ _ _ _ _ _        /ニ/\ヽ  |     イ-───────── 、
..─ ─ ─ ─           マア /》、│                      /⌒ヽ
                     //.:.:.〉└ 、               /.:.:.:.://
                     / /.:.:.:.:.:.〉   `ー- 、               | .:.:.://
                     /   /.:.:.:.:.:./   /\   \             | .:.//
                    /    /_  -┤ /   \   \     __ __ :| //
                 /´ ̄        |//      \   /\ ⌒i f⌒ j /
               〈             l/   _ \   \/   ヽ j {  //
.  ┌────────────────────────────────────┐
.  │……えっ? 何ですか、この展開? 夢の中とは言え、さすがに強引すぎやしませんか?│
.  └────────────────────────────────────┘
                      /       |                   \\
         /       /           | |                    \\
         /         /         | |                    \
      ./           /             | | |
.     //           //             | | |
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

866 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:07:02 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

   ┌────────────────────┐
   │大いに戸惑うわたしをよそに、自称勇者の   ..│
   │友人Yは、妖精さん?達に轟き叫びます。   ....│
   └────────────────────┘



          /               `ヽ
         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |
 r‐ ´     /「}い  / /z斗fセ |       |   |    「……貴様達の主、魔王×××××は、
/ ̄oヽ    ∠i | | |㍉ //  _し' |       |    ,    勇者であるこの私が打ち倒した!」
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノゞ' /,         ! /        .′
⌒ヽ:./  |    ハ          //    ′ |   〈    「さあ、悪しき者共よ、今直ぐその
: : : ∧   ,    |ハ   .⌒ヽ   /´|    ′ ! 八{    暴虐な魔の手から、姫を解放したまえ!」
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .   ノ .   イ  /   / ./
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  //
: : /   / ー┘ー'、____,ィ==}⌒ヽ /_/、⌒´
/⌒¨¨´: : : : : : : :ヽ: : ;: : :{    O  {: :\__,. -- 、
: : : : : : : :\: : : : : : :} : ;: : :.\      :, ‘,: : : :{: : \




                 /|_
       ___     く  ∠__
      ´ ___\ .    ヽ  /
   /  /'  ,..-‐―‐ .      }  >
  /   / /_,__l\_/   . ̄`
 ./    | ./ ‐   ‐  |,∩、
  |/\_|_-|ゝ o  o  ト-/
     \_U | ̄ ̄| | /     「な、なんだってー!?」
      __ゝー―‐´ ̄/
   ,-ハ ̄|   |/ ̄ヽ|\     「じゃあくなるしのにじをせおい、じょーきをいっした
..  ´|/_|ー|´   〈〉   \    あくぎゃくをほこるわれらのまおーが、たおされただってー!?」
       /   _- _   \
       /__- ´ _ `ー―´
       ヘ__/ |_/
        (二l  l二)


     ┌───────────────────────┐
     │……このあまりにも唐突な急展開に、           .│
     │思わず胃と喉の奥がきゅうと鳴ってしまいました。    .│
     └───────────────────────┘

  ┌───────────────────────────────┐
  │えっ? あのYが勇者? どこまでもふざけてて、享楽的で、         .....│
  │妙に知性とユーモアがあって、その癖石の様に意固地な所もあって、  ......│
  │男子同士の行き過ぎた友情が大好きな、あのYが、どうして……?    ....│
  └───────────────────────────────┘

      ┌───────────────────────────┐
      │いくら夢の中の世界とは言え、もう少しばかり、            .│
      │キャスティングに気を配って欲しいものだと、           ......│
      │夢の中の世界を創った脚本家に文句を言いたい気分です。   .│
      └───────────────────────────┘


   ┌─────────────────────────────┐
   │……あっ、それはつまり、わたしがわたし自身に              .│
   │イチャ文句をつけるという事に、なってしまうのでしょうか……?     .│
   └─────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

867 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:07:39 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


   . -‐-
  /_-_-_- 、>o っ
 _レ'。 W 。Ⅵ   っ    「うわーん、にげろー」
 `ゝ「 フノ´
  ‘Y_i⌒ヽ> =     「まさか、まおーさまのぱわーぐろーぶがつうじないなんて~」
    「_/ >、 =
    ヽ_ノ ̄‘ '
    ‘-'         . -‐-
              ./_-_-_- 、ヽ っ
              _レ 。~~~。Ⅵ.リ  っ
              `ゝ「 フノ´レ      「くそー、このしおふったすかんくみたいなゆーしゃめー、
              ‘Y_i⌒ヽ>.  =   じごくでばっくそばーにーにけつをふぁっくされやがれってんだ~」
                「_/ >、  =
                 ヽ_ノ ̄‘ '
                 ‘-'

   ┌───────────────────────────┐
   │などと、いかにも如何ともし難い遺憾の意、            .....│
   │簡単に言えば捨て台詞を吐きながら、                .│
   │妖精さんらしき生命体は、せっせと逃走して行きましたとさ。    │
   └───────────────────────────┘

       ┌───────────────────────┐
       │……というか、逃げ際ですら口が悪いんですねぇ。    .│
       │とても、わたしの夢の中の世界が形成したとは      │
       │思えません、いや寧ろ思いたくありません。       ..│
       └───────────────────────┘



        , '      ,                      ヽ
.       /        ,'                         :.   ヘ
      ∧        :i.        . .:                :.:.:. .  i
.      ,' ,    :  .:i!:. :   .  : .:l.  :.   :.      :.:.:.:. :.:. l、
     i i!:.   :. :.i !:. .:.   :. i .:.lヘ:. :.:.:.  :.:.   .:.  :.:.:.:.: :.:. | ヽ
     l !i.:.:.  :.:.:.:.i__、:.:、:.:.  :.:.l.i:.l.._ヘ.:. .:.:.:.  :.:.  .:.:.:. i.:.:.:.:.:.:.:.:.: !  `
.      ', ',ヘ.:.:.:. :.:i、 i''''ヽヾ:.:.:.:..、ヘヾ'''''ヽヘ:.:.:.:.:.:.i.: .:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/
.      ', ', ヽ.:.:.:.:.ヘヾ、  ヾ \:.:.ヾ、   ヾ\:.:.i:.:.:.:.:.:./:./:.:.:.:,':./、
        ヾ、 `,,_:.:.:.:ヘ==     ̄ === .>':.:.:.:.:./ィ':!:.:.:.,', ':.:.:.     「まったく……もしこの日記を盗み読みしちゃう様な不届きな
            ' ヽ、、、ゝ            彡:.:.:.:.:':.:.:i:.:!:.:, ":.:.:..:.:.    糞野郎共に、わたしが実は案外腹黒で、口も内心では存外に悪くて
           i! 'ヘ    '            '"i.:.   :.,':.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    我ながら大概な性格をしている、そこらによくいる程度の美少女だと
           i.!. 人              u .,'    .:,':.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   誤解されたらどうしてくれるんだか……」
          ,' !   ヽ.  '、ニ二二⊃  _./   ./:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           / .i    .:.:.iヽ.       _. </    /_:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   ...┌─────────────────────────┐
   ...│などと、我ながら薄汚いぼやきをボソッと呟いていると、  ....│
.   ..└─────────────────────────┘
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

868 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:08:22 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

                   /    :/ . : ::/    /  |    j
                    | ,.  '" . : : ::/  /----|   ,
                 ー―=彡. : : : : : :/  /      |  ,′
                 \ー―===彡   /      |  /
                 ,. ′ <_____,,: ノ ___        l :′         「……お姫様、御無事でしたか?」
                 /   . : :r―― ´  ミ===一  |/
                   /  . :..:..|     ´ ̄      /        .::   「助けに来るのが遅くなって、大変申し訳御座いません……
               /  . : : : : |     : : : : : :    /   /      .: ::   でも安心して下さい、魔王は倒され、闇は払われました」
                / . : : : : :_ノ            ′../     .: : ::
               ./ . : : : : : :{             / /        .: : : ::   「貴女の憂いも……この澄み渡る青空の様に、
                ′. : :/: : : : :} ̄`ヽ     / //      .: : : : ::   必ずや晴れ渡り、哀しくも美しき涙は枯れ、
                 ′. :../ : : : :/ー‐ ´    / / /      .: : : : : : :   笑顔の虹がかかることでしょう……!」
                i .:..:/; : : : : :}       / イ  ,:′      .: : : : : :/
                | : / ′: : : :..′    / ´   /      .: : : :.:./: : :
             .| / | : : : {_         __/      . : : : :/: : : :/
                |:{  .| : : : : :/`≧=- : : :./       .: : : :/: : : : :./::


       ┌────────────────────────┐
       │……みたいな、なかなかにクサい台詞を、         ..│
       │ドヤ顔で語り散らす友人Y……ではなく、自称勇者Y。  ....│
       └────────────────────────┘

  ┌──────────────────────────────┐
  │現実の世界におけるYも、そりゃーもう、色々と痛いというか、       │
  │人生が複雑骨折し、ドラマ型統合失調症に羅患している様な        .│
  │痛さと残念な所が多々あるお人でしたが、さすがに、           ....│
  │ここまでナルシスティックな方向性に突き抜けてはいませんでした。    │
  └──────────────────────────────┘



                ,ィ    -‐…‐-ミ ト、
                {乂´          `ヽY ア
              ー=イ乂 `¨           `ヽ
              /                     :.
             /       /          ヽ|   ヽ   :.
         /       i     |   .:|    |  i
           ムイ     . : A   . .:i A . :| . :|   .:}  }
          |   . .:ト{ ヽ .: .:.ト{ ゝト、│  .:/   ′  「……というか、そもそも勇者って、こんな感じでしたっけ?」
          jィ   . : | TT\ . :| TT  /  .:/   i{
             人ト、人:{ ∪  乂{. ∪ ムイ:イ   八   「これでは、勇者というよりかは、喜劇の最後に主役に倒されて
                | }   '      │! .:|       逃げ去る様な、嫌味な貴族の敵役みたいなんですけど……」
                |人   -   U  | ..:′
                | .:| 〕j : . _ ,..   ´,′,′ヽ
                  /| .:|// //. : }   / .:/   \
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

869 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:08:57 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

          /               `ヽ
         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;    「……おや、どうしたんだい?」
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |
 r‐ ´     /「}い  / /z斗fセ |       |   |   「闇は去り、空には希望という名の光で
/ ̄oヽ    ∠i | | |㍉ //  _し' |       |    ,    満ち溢れているというのに……」
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノゞ' /,         ! /        .′
⌒ヽ:./  |    ハ          //    ′ |   〈    「姫よ、君の瞳にはまだ、憂いという名の
: : : ∧   ,    |ハ   ――ァ  /´|    ′ ! 八{    影がさしているじゃないか……」
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .  ゝ- ′   イ  /   / ./
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  //
: : /   / ー┘ー'、____,ィ==}⌒ヽ /_/、⌒´





                /   /              |
               ./   /          ./.|           .∧
              イ   /          / ヘ           l .、       .|
              l    |          /   、          | ヽ       .|
              |   |         ./ <=二ヘ          |二=ゝ      .|
              |   ハ   |      /      \        .|    \    .|     「そりゃ当然でしょう……だって、
              l   |ヽ  !      |x=======ミ.\       |x======ミヽ_  .|     勇者だと思ったら、ただの腐れ縁で
              ヽ  | ヘ  ヽ     .|  |::::::::::|   \     | |::::::::::|    7  /  繋がっている様な愚者が現れたんですし…
               \ ヽ .\ \    |  |::::::::::|     \__| |::::::::::|    /  /
                 ヘ|  \ ー---  ヽ::::::ノ           .ヽ::::::ノ    /  /    「私のささやかな希望もグシャって
                      l\__|.      ̄             . ̄   _ノン7     潰れちゃいましたよ、
                     /   |                         ./      一体どう責任取ってくれるんですか?」
                     / |  .|                         /
           ,..----、     /  .|  .i                      U  /
         / ___  |    /   |  \                       ノ
        / /   ヘ/   /   /    ゙‐ 、     /二ニニゝ..┌──────────────────────────┐
        (/       /   /        ー 、_       │……夢の中とは言え、久々のYとの再会です。          │
         ト------- ̄     /             ̄ ー----‐.│思わず、気軽な罵詈雑言が口をついて出てしまいます。     .│
          ー-----------‐'/                |     .│まあ、どうせ夢の中ですし、多少遠慮を考慮しなくても、     .│
                                             │問題は無いでしょう――と、わたしは思っていました。     ...│
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.* └──────────────────────────┘

870 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:09:38 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

                                          }    {
                               |   ハ {
                                     ト、  |_| |
                                   / \| |/
                               /    |
                                   i    /|
                     -‐- ._     }    j
                     . ´       `ヽ    !   /
                       .′ イ :/`ヽ    八  ,′ /
                      j / j/fヒ}フ|││ |ゝ′//
                      |/ ftぇ   jイ ! !  |/  ,′   「……そうか、そういう事か……!」
                   ムイハ <⌒ヽ | | |  j   ,′
   ,ハ__            | 个 .`´ ,j __rУ_  ′   「くっ……! どうやら姫は、未だ魔王の悪しき呪いの
  / Y  Y`ヽ__ _       |ハハ/ {`7´ZУア〈  j     影響から逃れられてはいない様だっ……!
c彡'´卜、 {_       `ー-----< {三ニ〔〕ニニニ〉/ ,ハ     .嗚呼、嗚呼っ! まことに……嘆かわしい限りだっ……!」
     \! ` <ニ=- _      {三_ア`マニニニニニニニヽ
               ` -=ニ{/ニ/   |: /`¨¨¨¨i`jノ
                   /ニ/{    |/      |





            /             ::::::::::\
         --=彡                ::::::::::::::.
              /    ー==彡         :::::::::::::::.
          /        /{      /}   :::::::::::::::i
           |  |     | j={    |={ |   }:::::::::::|
           |  |     |∨ ∨ │ | ∨:, :::}::::::::::|
            乂 |、  \l''TT ∨__}_,ノ TT''∨::::::::::::::′
            丁\   ヘ.乂        乂 /::::::::/    「呪いって……わたし、そもそも魔王とやらにすら、
            |   ゚。:、{\    ,     彡:::::ィ::::|     会った事が無いんですけどねぇ……」
            |   ゚ 八    __   U イ..:::/::::::|
            │/ ::| ::::>      イ::,゚::::/:::::::::.    「はぁ……こりゃ、次の夢に期待ですかねぇ」
            |/ ::::| ::::}:::::::| > <│: │::i::::::::::::::.
           /....::::::l.::::ハ::::::}      |::::: |::::|::::::::::::::::.

  ┌───────────────────────────┐
  │先刻まで、超ウザいぐらいにテンションが高かったのに、    .....│
  │わたしの毒多分な返答にいきなり急降下してしまったらしく、   .│
  │頭を抱えて、またもや訳分からんちんな事をほざいて――     │
  │おっと失礼、おっしゃっています。                  .....│
  └───────────────────────────┘

       ┌─────────────────────────────────┐
       │わたしは、「早くこの夢覚めないかしら?」と思う程度には、            ...│
       │この夢の世界の超展開にすっかり醒めちゃっていました。             .│
       │それに伴い、自称勇者に対する態度も自然と冷めたものになるのも、       .│
       │ある意味仕方の無い自然の摂理というものなのでしょう……恐らく、多分。    │
       └─────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

871 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:10:16 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

          /               `ヽ
         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |    「……姫の呪いを解くには……
 r‐ ´     /「}い  / /z斗fセ |       |   |    やはり、あの方法しか、無いのか……」
/ ̄oヽ    ∠i | | |㍉ //  _し' |       |    ,
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノゞ' /,         ! /        .′   「しかし……いや、やはり……
⌒ヽ:./  |    ハ          //    ′ |   〈     迷っている場合では無いか……」
: : : ∧   ,    |ハ         /´|    ′ ! 八{
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .   - -    イ  /   / ./
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  //
┌─────────────────────────────────┐
│自称勇者Yは、わたしがあまりにもあんまりな態度だったせいか、        ...│
│下を向き、ひとしきり、独り心地で考え込んでいる様な素振りをした後、     ..│
│不意に顔を上げて、わたしの目をまっすぐ見据えながら、こう言いました。     │
└─────────────────────────────────┘



          /               `ヽ
         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |
 r‐ ´     /「}い  / /z斗fセ |       |   |   「……姫よ、その身に刻まれし、心閉の呪い……」
/ ̄oヽ    ∠i | | |㍉ //  _し' |       |    ,
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノゞ' /,         ! /        .′  「僭越ながら、私の口付けで呪いを解いて差し上げます……!」
⌒ヽ:./  |    ハ          //    ′ |   〈    
: : : ∧   ,    |ハ   .⌒ヽ   /´|    ′ ! 八{
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .   ノ .   イ  /   / ./
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  //
: : /   / ー┘ー'、____,ィ==}⌒ヽ /_/、⌒´
/⌒¨¨´: : : : : : : :ヽ: : ;: : :{    O  {: :\__,. -- 、
: : : : : : : :\: : : : : : :} : ;: : :.\      :, ‘,: : : :{: : \


    ┌────────────────────────────┐
    │……だからどうして展開が急な上に斜め上なんですかー!?     │
    └────────────────────────────┘

       ┌────────────────────────────┐
       │というか、勇者だか王子だかの口付けで               .....│
       │呪いが解けるって、わたしは蛙か野獣か寝坊助姫ですか!?    │
       └────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・

872 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:11:13 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

                   /    :/ . : ::/    /  |    j
                    | ,.  '" . : : ::/  /----|   ,
                 ー―=彡. : : : : : :/  /      |  ,′
                 \ー―===彡   /      |  /
                 ,. ′ <_____,,: ノ ___        l :′
                 /   . : :r―― ´  ミ===一  |/
                   /  . :..:..|     ´ ̄      /        .::   「……姫よ、君は美しい……」
               /  . : : : : |     /////     /   /      .: ::
                / . : : : : :_ノ            ′../     .: : ::   「無事、呪いが解けた暁には……私と……」
               ./ . : : : : : :{             / /        .: : : ::
                ′. : :/: : : : :} ̄`ヽ     / //      .: : : : ::
                 ′. :../ : : : :/ー‐ ´    / / /      .: : : : : : :
                i .:..:/; : : : : :}       / イ  ,:′      .: : : : : :/
                | : / ′: : : :..′    / ´   /      .: : : :.:./: : :
   ┌─────────────────────┐. : : : :/: : : :/
   │などと、意味深且つ不吉な事を呟きながら、     .│: : /: : : : :./::
   │Yの姿をした勇者は、一歩一歩、確実に、    ......│
   │わたしとの距離を詰めてきます。          ...│
   └─────────────────────┘   、从人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧从/
                                      < 『私と……』一体何を、わたしにする気なんですかー!?   >
                                      /VV∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V\



       ┌─────────────────────────┐
       │夢の中とはいえ、いくらなんでも、同性の友人に        .│
       │唇を奪われるのは、草食系よりもご勘弁願たいです。     .│
       └─────────────────────────┘

    ┌─────────────────────────┐
    │慌ててその場から逃れようとしたものの、          ......│
    │何故か、どうにも体が上手く動きません。            .│
    │まるで、透明な紐でゆるく縛られているかの様でした。    │
    └─────────────────────────┘


        ┌────────────────────────────────┐
        │まあ、夢の中では、この様な現象に陥る事も、                  ...│
        │ありがちと言えばありがちなのですが……                      .│
        │でも、よりにもよってこんな状況の時に、夢の謎法則が発動するなんて、   .│
        │いくらなんでもあんまりじゃないですか!?                     │
        └────────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

873 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:11:59 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

                   /    :/ . : ::/    /  |    j
                    | ,.  '" . : : ::/  /----|   ,
                 ー―=彡. : : : : : :/  /      |  ,′
                 \ー―===彡   /      |  /
                 ,. ′ <_____,,: ノ ___        l :′         「……姫よ、怖がらないでおくれ。
                 /   . : :r―― ´  ミ===一  |/           私は姫に全てを捧げるつもりだ……」
                   /  . :..:..|     ´ ̄      /        .::
               /  . : : : : |     : : : : : :    /   /      .: ::   「私は君の艱難を払う剣となり、辛苦を防ぐ盾となろう」
                / . : : : : :_ノ            ′../     .: : ::
               ./ . : : : : : :{             / /        .: : : ::   「……死が二人を別つその日まで、私の魂は、姫の傍に……」
                ′. : :/: : : : :} ̄`ヽ     / //      .: : : : ::
                 ′. :../ : : : :/ー‐ ´    / / /      .: : : : : : :
                i .:..:/; : : : : :}       / イ  ,:′      .: : : : : :/
                | : / ′: : : :..′    / ´   /      .: : : :.:./: : :
             .| / | : : : {_         __/      . : : : :/: : : :/
 ┌─────────────────────────┐: : :./::
 │……など、などと、ラブロマンス映画も真っ青な        .│
 │臭い立つ台詞の粒をブツブツ呟きながら、            │
 │Yの様な何かは、とうとう互いの息の温度が感じられる   ...│
 │距離まで迫って来やがりました。                ...│
 └─────────────────────────┘



      / ::/ :/: : : :   ::/|: / .|: :|: : :   : : |: |     | : : | : : :. │: : : : : :
       | :/  :|: : : : : : : :|_j: /ニ|: :|: : : :.  : : |: | ∠二∨:..|:..: : : :. |: : : : : : :
       | : |  : |: : : : : : : :.:|´l/   ∨:v: : : :. : : :|:/     \}、: : : : }: : : : : : :
       | : |∨: |: : : : : : : :.:| z==≪V:ト、: : : : : :|′  ≫==ミ \: : ,': : : : : :
      ∨| v..:..: : : : : : : :{〃/:ハ  \ \:_:_:_{     /:ハ ㍉ y′: : : :
.       リ  ∨:.:ト : : : :..∧ |::し:|           |::し:|    /: : : : :
           }リ \: : : ∧とつ             とつ   , : : : : :     /
          .′ '.  \ー‐ヘ¨¨                   /: : : : :    /   「だ、だからぁ……本気のマジで止めて下さいって!」
          /     , ∧          '         ´ ̄厂     /
            /      :  ∧                  し /     /、    「夢の中とは言え、貞淑な貞操を散らされたくはないんですよー!」
        /     .!   ∧       r  ュ          イ      /::∧
         /        |     \                 /: {     /: : : ::.
  ┌──────────────────────────────────┐
  │同性の友人に堂々と迫られて、わたしはすっかり泣きべそをかいていました。   │
  │夢の中なので、最早恥も外聞もあったもんじゃありませんでした。         .....│
  └──────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

874 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:12:49 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

          /               `ヽ
         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |   .「……姫よ、だから泣かないでおくれ」
 r‐ ´     /「}い  / /z斗fセ |       |   |
/ ̄oヽ    ∠i | | |㍉ //  _し' |       |    ,   「大丈夫……全てこの私に宿りし『光の力』によって、
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノゞ' /,         ! /        .′  君にかかった心迷の呪いは、きっと払える筈なのだから……」
⌒ヽ:./  |    ハ          //    ′ |   〈
: : : ∧   ,    |ハ   ――ァ  /´|    ′ ! 八{
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .  ゝ- ′   イ  /   / ./
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  //
: : /   / ー┘ー'、____,ィ==}⌒ヽ /_/、⌒´





  |   |   |            |    }____/       \}    ∨ |
  |   |   |            |              ――       ∨.|
  |   |   、    ●    ′         /      ヽ   ∨゚.
  |   |    \        /         /         '.    ハ
 ハ\  ハ       ー―                ′            :   / ;
. ∧ \ ハ                      {            }  /  .|
  ∧  \}                         ●     /  /   |     「何が呪いですかっ!?
.   ∧                        \       /  /   .|     確かに今、わたしはオイオイ泣きたいぐらいですけど、
.   ∧                         ーと つ    /    | |    その理由は主にアンタのせいですよー!」
     ∧            /:│                 /|      | .ハ
\____\         /: : : :|                   / :,     |/│
  \             |: : : : : :|               /  ′   / j/
    \           |: : : : :./               /    :,
    ゝ} 、           | : : : /              ,. ′     ′
     ゚ 。 \       |:_:/              イ       :,


   ┌──────────────────────────┐
   │新たな設定を作り上げながら、『呪われている』わたしに     .│
   │迫り来るYという名の嵐は、冷静を気取っているわたしの     │
   │心の鎧を、どんどん剥がしていきます。             .....│
   └──────────────────────────┘

 ┌─────────────────────────┐
 │……これがもし、例えばフレッド・アステアの様な、     .....│
 │好みの顔立ちをした殿方であったすれば、その……     │
 │わたしも、色々と吝かではないのですが、残念な事に、    │
 │お相手は勇者気取りの某暴者なYという始末。         │
 └─────────────────────────┘


      ┌────────────────────┐
      │現実もそうですが、非常の世界である     .....│
      │夢でもやはり、時には非情なようです……     │
      └────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

875 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:13:20 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

                        、从人∧人∧人∧人∧人∧从/
                       < さあ、姫っ……さぁっ!!  >
                       /VV∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V\


:::::::::::::/::::::::::::/::::::::/    :.:.:.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:.:.:.       ヽく
::::::::::/::::::::::::/::::::::/     ι           /'′::::ヽ、
:::::::/::::::::::::/::::::::/                          ノ`
::::/::::::::::::;:'::::::::;'             <  ̄ `ヽ    (
:::::::::::::::;:':::::::::;'               ` 、_ ノ      ノヽ、         ι
::::::::::::/:{:::::::::{      u       、_        /:::::::}、>
:::::::::/::::i:::::::::i   ヽ            `       /:::::::::::〈
:::::::::::::::::';::::::::';   \               イ |:::::::::::::l `
:::::::::::::::::::';::::::::';    \           <:::/  ハ:::::::::l  l
:::::::::::::::::::::';:::ト;::'.、    ヽ       .イi::|::::::/  /イ:::::::::::l  l
:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::/  / |::::::::::::!  ヽ、______  ,,
   |   だから、本当にやめっ――   |
   \_____________/


      ┌──────────────────────────┐
      │ぐいぐいと、強引に、傲慢に、迫り来るYらしき何かに、      .│
      │今まさに、唇の純潔と、控え目な美少女としての貞操と、    │
      │人間としてのプライド、など、など。                 .│
      └──────────────────────────┘


         ┌───────────────────────┐
         │様々なものを、奪われそうになったその刹那――   ...│
         └───────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

876 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:14:02 ID:b5ebca77


   ┌────────────────────┐
   │――……やっとこさ、目が覚めましたとさ。   ..│
   └────────────────────┘


                /   /              |
               ./   /          ./.|           .∧
              イ   /          / ヘ           l .、       .|
              l    |          /   、          | ヽ       .|
              |   |         ./ <=二ヘ          |二=ゝ      .|
              |   ハ   |      /      \        .|    \    .|
              l   |ヽ  !      |x=======ミ.\       |x======ミヽ_  .|
              ヽ  | ヘ  ヽ     .|  |::::::::::|   \     | |::::::::::|    7  /
               \ ヽ .\ \    |  |::::::::::|     \__| |::::::::::|    /  /
                 ヘ|  \ ー---  ヽ::::::ノ  U        .ヽ::::::ノ    /  /   「……まった、く……
                      l\__|.      ̄             .iijij   _ノン7    とんだ悪夢を観てしまったものです……」
                     /   | U                       ./
                     / |  .|                         /     「おのれYめ……絶対に許すまじ……」
           ,..----、     /  .|  .i                      U  /
         / ___  |    /   |  \                       ノ
        / /   ヘ/   /   /    ゙‐ 、     /二ニニゝ       ,..ィ' ./     /
        (/       /   /        ー 、_         _,-  ̄   /    /
         ト------- ̄     /             ̄ ー----‐' ´  |    /    /
          ー-----------‐'/                |       |ニニ、 /    /


    ┌──────────────────────────┐
    │Yからしたら、勝手に夢の舞台の偶然にも最悪な悪役に    .│
    │勝手にキャスティングされた上に恨まれるなど、          .│
    │非常に理不尽でしょうが、わたしだって、理由の無い     .....│
    │暴力的な夢を観てしまったのです。                 .│
    └──────────────────────────┘

       ┌──────────────────────────────────┐
       │一時の八つ当たりぐらい、彼女には多めに大目に見てもらいたいものです。     │
       │大体、彼女には以前から、色々と振り回されて来たのですから……はぁ。      │
       └──────────────────────────────────┘


.

877 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:14:36 ID:b5ebca77
━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━

     ┌──────────────────────────┐
     │さて、ここで一応、Yという、わたしの数少ない友人であり、  ....│
     │悪友でもあるものの、親友かどうかと問われると、       ...│
     │若干……いえ、かなり怪しい人間のことを、            .│
     │少しばかり説明しておきましょうか。                 │
     └──────────────────────────┘


          /               `ヽ
         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |
 r‐ ´     /「}い  / /z斗fセ |       |   |  .┌──────────────────────────────┐
/ ̄oヽ    ∠i | | |㍉ //  _し' |       |    ,   │彼女は、わたしのいわゆる幼馴染的な人で、                ..│
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノゞ' /,         ! /        .′  │男の子よりは女の子の関心を集めそうな、                   │
⌒ヽ:./  |    ハ          //    ′ |   〈   │というか実際集めていた程度には整った顔立ちをしていて、        .│
: : : ∧   ,    |ハ   ――ァ  /´|    ′ ! 八{   .│それでいて男の子からもそれなりに好意を抱かれていて、         .│
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .  ゝ- ′   イ  /   / ./     │実際に好意を示す行為、いわゆる告白をされてたりもして、         │
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  //      .│でも本人の主義趣味趣向としては、美しい男の子同士の         ..│
: : /   / ー┘ー'、____,ィ==}⌒ヽ /_/、⌒´         .│「行き過ぎた友情」を綴った作品が大好物である為、           ....│
/⌒¨¨´: : : : : : : :ヽ: : ;: : :{    O  {: :\__,. -- 、   .│現実の恋愛事には目もくれず、架空の恋愛叙事詩に            .│
: : : : : : : :\: : : : : : :} : ;: : :.\      :, ‘,: : : :{: : \ . │酔いしれまくり、普通の女子としての道を踏み外しまくっていた……   ..│
: : : : : : : : :.:.\: : : : :} : ‘・,: ,\  O  }: :‘,: :.:{: : : ∧ └──────────────────────────────┘
: : : : : : : : : : : :.\: :.:}: : :<÷: : : :ヽ.    |‘・,: : :{: : : : ∧
: : : : : : : : : : : : : : : :/・・…:,、’:,: : :\ O|: : :;: : : \:.: : ∧
ー――‐- 、: : : : : :./: : : : : :;: > ’・:,:.\| ,’: : :;‘”ヽ: : : }
       \: : : : : : : : : : ;: : : : : :>’ ュ},’: : : : ;: : : :.}: : :\


     ┌──────────────────────────────────┐
     │という、纏めれば、人生の色んな箇所が複雑骨折している様な人間でした。     .│
     │……どうして彼女が、よりにもよってわたしの友人なのでしょうか?         ..│
     │他にももっとマシな――いえ、まともな人は、周囲にもいた筈なのですが……   ..│
     └──────────────────────────────────┘


━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━

878 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:15:12 ID:b5ebca77




   ┌───────────────────────────┐
   │……と、ここまで考えた所で、                     ..│
   │「美少年同士の行き過ぎた友情」を好む彼女なら、        ...│
   │「美少女同士の進み過ぎた友情」に興味を示す可能性も、    .│
   │無きにしもあらずであり……もしも仮に万が一、         ......│
   │世界の道理がひっくり返ってびっくりする様な事があれば、     .│
   │わたしとYが、夢の中の世界の急展開の続きを、          │
   │二人で愛の叙事詩として綴っていくという――             │
   └───────────────────────────┘
      ∧        :i.        . .:                :.:.:. .  i
.      ,' ,    :  .:i!:. :   .  : .:l.  :.   :.      :.:.:.:. :.:. l、
     i i!:.   :. :.i !:. .:.   :. i .:.lヘ:. :.:.:.  :.:.   .:.  :.:.:.:.: :.:. | ヽ
     l !i.:.:.  :.:.:.:.i__、:.:、:.:.  :.:.l.i:.l.._ヘ.:. .:.:.:.  :.:.  .:.:.:. i.:.:.:.:.:.:.:.:.: !  `
.      ', ',ヘ.:.:.:. :.:i、 i''''ヽヾ:.:.:.:..、ヘヾ'''''ヽヘ:.:.:.:.:.:.i.: .:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/
.      ', ', ヽ.:.:.:.:.ヘヾ、  ヾ \:.:.ヾ、   ヾ\:.:.i:.:.:.:.:.:./:./:.:.:.:,':./、
        ヾ、 `,,_:.:.:.:ヘ==     ̄ === .>':.:.:.:.:./ィ':!:.:.:.,', ':.:.:.
            ' ヽ、、、ゝ            彡:.:.:.:.:':.:.:i:.:!:.:, ":.:.:..:.:.
           i! 'ヘ    '            '"i.:.   :.,':.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   「……展開なんて、絶対にあり得ないですよねぇ。
           i.!. 人              u .,'    .:,':.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  だって、アイツですし……」
          ,' !   ヽ.  '、ニ二二⊃  _./   ./:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           / .i    .:.:.iヽ.       _. </    /_:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           , ' .,'   .:.:∧::::`:: -,<:::::::::::/   /:ヘ ,`ヽ、:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        / _.,'   .:.:/ _::::/::/!:::::::/  , ':::/:::::::::::.` '._:.:.:.:.:.:.:
.     /,と'¨ /  .:.:/´  .:::::::/:::/::::::/  //:::::::::::::::::::   > ._
    / Ⅹ  /  .:.:/    :::7::::::::::, '   ,'´:::::::         /
  ''" , -'   ./   .:.:/      i ::::::::/    ,'             /


               ┌─────────────────────┐
               │我ながら、いくら起き抜けのぼやけた思想の   ...│
               │行き着いた先とは言え、ふざけすぎです。     ..│
               └─────────────────────┘

       ┌───────────────────────┐
       │こんな変な思い、略して変思は、適当に茶化して、  .....│
       │頭の片隅にでもしまってしまうに限ります。       ....│
       └───────────────────────┘


.

879 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:15:42 ID:b5ebca77



                        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \___,ノ
                      ,. ゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <
                  ,: : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、__,,ノ : : : : \
                ,゙: : :/. : : : : : : : : |: : :、: : : : : : : : | : : : : : : : : : ヽ
                  j: / |: : : : : : |: : :|: :/ヘ. : : :│: : |i: : |: : : : : : : : '.
                イ: : : | : : : : : :|: : ル;''⌒|: : : : :|: : ,ハ: :|i: : : : : : : : i
                |: : : :| : : : : : :|: /仏=s |/i: : : |/⌒}:八: : : : : : : :|
                |i : : :.,: : : : : :.|/7....:}   丿. :丿扞S狄: : ,: : : : ∧ |  「……しかし、アイツは今頃、
                    八: : : \ : : :八弋V        }.:::}ハノ / : /. / 丿  何処で何をしているんでしょうねぇ?」
                    / : :\|\|\ : 〈\         弋V / /}/
               /. : : : : : : :|: : \_〉      ′   ∠ イ /      「今度会ったら……会える事が出来たら、
                 /. : : : : : : : :|: : : : |、    ,....    ,.: : :|i        その時にでもまた、詳しく聞きましょうか……」
             /. : : : : : : : : :|: : : : | ):.、      ,. イ: : :.八
              /. : : : : : : : : :八: : : :.\ > __,. ..'゛__上ニ=-ミ: .、
                /. : : : : : : : :/⌒\: : : : `ニ=_=-‐=ニ二 ̄   \\
            /. : : : : : : : :〈       >‐=≦⌒             / ̄ ̄〉---------‐‐
              /. : : : : : : : : : }    //                   /    /
          /. : : : : : : : : : /  / ,′              /    ∧
            /. : : : : : : : : : 〈__,/′ /                /   /⌒

              ┌─────────────────────────┐
              │……などと、わたしなりの思いをYにはせながら、       │
              │わたしは夢を文を集めたものとして書き記したペンを、  ......│
              │ポンと置いて日記を閉じたのでした。              .│
              └─────────────────────────┘

.

880 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:16:27 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

  ┌─────────────────────────────┐
  │――次の次の明後日の昨日、またもやわたしは夢を観ました。     .│
  └─────────────────────────────┘
                         .:;;;;:::::   :.
                     -、   ┌──、xヘ、
                   /::::: >-┴‐- ::::|ハ\〉
                   }/       \ ', \
                  '  , -=ミ       v : :.\
                 /   {/癶:::ヽ      ゚。 :. :. \
                ′   {::::(__ノ∨      ::|``ト :.  `  .,
                  _|    ゝー‐'"        :::|  |i `ト..   `ヽ、
.                |:|     / ̄ ̄/       ::::|  |i |i  `ト、  :::::::\
.                l |    /ー‐‐'′     :::}  |i |i  |i `ヽ:::::、::〉\
   ┌─────────────────────────────────┐
.   .│夢の中のどんよりとした世界で、わたしは、とある列車に乗っていました。   ....│
   └─────────────────────────────────┘
             ||_| ̄|l ゝ──' ゝ──‐'    :|| ̄|| |  |       | |   _| `
             ||_| ̄||                || ̄|| |  ノ二ニ=- _   |_|   _|| | | `
             || | ̄||                ::|| ̄|| |  |:::::::|:|::::::: ̄ヽ |   _||_| | :|s。`
             / ̄ ̄|: ̄:|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ || ゙̄| | ̄ :| |  |\ノノ:::::::::::: ::|:|    || | | :|||||||is。\
       ___[l|| ∧ |  || ___   || .::| |   .| |  |'^刈|::::::::::::::: |    |廴__|_:|``|::|::\
 ̄ ̄~\ /\ ̄ ̄..:|| ̄~乂__「「MM「|______|/_____| |  |  ||弌==ハ:::::|/──从::::::::::::::::::::≧=- ‐|



   ┌─────────────────────────┐
   │ゆらゆら、ゆれゆれと、列車にゆられ、            ...│
   │体はブレブレ、心はブルブル、ごゆるりな          ......│
   │体勢とは裏腹に、不安で心がゆれている、みたいな。    .│
   └─────────────────────────┘



                  __
             _,.  ´_   `ヽト、__
             ア    `ヽ      `ヽ
            /    /         ゚。
              ′  {__Α   Α |::}   ゚   「…………」
            { :{ {  o :,_____{ oリ:′   }
             乂ゝ._>::::::::::::::::::::/ /  ,ノ
           ′ :|:{       \ィ__,ィ ´{
          /   |入   ^    ノ: : |  ゝ     ノ)
            /    .| : :≧=---=≦,′ ′\ `¨¨¨¨´/
         ;     |  |rv' }{ ̄ト/ /: : :.  \_/

 ┌────────────────────────────┐
 │そんな、何とも言い難い不快感を抱きながら、            ....│
 │わたしは一人、孤独に、ヒトヒトと独り心地に              .│
 │浸りながら、死んだ魚の様な目で、膝を抱えて座っていました。   │
 └────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

881 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:17:03 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

┌─────────────────────────┐
│わたしの横では、日系人らしき若い女性二人が、      ...│
│なにやらかんやら、よく分からぬことを呟いていました。   .│
└─────────────────────────┘



.                   -─-__-─- 、
                ..:´: : : : :´: :`ヽヾ: : : ,..、
              / : : : : : : : : : : : : ゙ :} : : }.:ヽ
             /イ: : : : : : i.: : : : : : :ヽ: }:.ヽ: : ::ヽ
.             /: : : : : : :イ: : : : : : : : }|: : }: : : :ヾ
.             /: : : : : : / |: : : : :|ヾ: : ::}| : :}: : !: :ト
.             {:i: :{: : : /-‐|: : : :.:|‐ヾ: :.}: : :} : .}: :|ヾ
.             {: :i:{: : / _ |ト : : :|  \|:} :.| !:.}: :.|     「……合い言葉は、消えちゃいました……」
            /: : |:{: ::!,,==ミ {. ヾ: :|,x==.t:.}:.|:| ):.|:.|
           ∠ イ!:|::ヾ.:!゙ んハ   ヾ代.ハリ|::}:|:|ノ::.|ヾ、   「天候、無関係……距離、無関係……」
              ヾ: : ハ. `´  ,    ´/:/: }:∧|
            / i::|: :人        /ノ: :.}/ .ヘ
           /   ヽ|ヾ: :ト .  ^  / { : / /  ヽ
           {   ヾ \ヾ:::..` ‐ ´..::::::|//,    .}
           {    ヽ  \\::::::::::::::::/ ´ ./     }
.           {    .ゝ、 ヽ ヽ:::::/  〆-、   .}

     ┌───────────────────────┐
     │わたしだけでなく、二人も、他の周りの人も、      ...│
     │皆一様に、不安そうな表情を浮かべていました。    .│
     └───────────────────────┘

                   _,....-------.....、_
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:...、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヽ
               ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::丶
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/::::::::::::/|::::::l
               |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::|:::::::::::/ /:::::::l
              .|::::::::::::::::::::::::::::::_, -:/::::::::::::|:::::::/ヽ::::::::::l
              .|:::::::::::::::::::::::::::/  ./|/|::::::::|:≦_、/:::::::::::::l
              .|:::/:::::::::::::::::::::ヽ ./:::::ヽ::::::|イ ,.ァ`./::::::::/|/
              |::/::::::::::::::::::::::::::>|:::::::::::ヽ::| // /-::::/ .|
              l/::::::::::::::::::::::::::/ |::::::::::::|  ` 丶 ̄    「……方向は、仮り……動機も、仮り……」
             /::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::/    /
           /:::::::::::::::::::::::::::::人ヽ|::::::::/  、-        「……行く先は、ここ……」
          /:::::::::::::::::::::::_, - : : : : : |::::::|、 , -
        /::::::::::::::::::::::/: : : : : : :-、ヽ:::|ゝ:l
       /::::/:::::::::::::/: : : : : : : : : : : :ヽ:::l┐、

         ┌──────────────────────┐
         │どんよりと淀んだ重い空気に、押され、潰され、  ......│
         │挟まれ、のしかかられている様な圧迫感を、      │
         │わたしは……恐らく、わたし「たち」は、        ...│
         │強く、確実に、感じていました。             ..│
         └──────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

882 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:17:39 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


 ..┌──────────────────────────┐
 ..│列車、列車は走って行きます。列車、列車はどこまでも。   ...│
 ..└──────────────────────────┘


                         ::::::;:;:;:.:;:;::::::: : : ..
                         :::;;;;;;;;;::::::::::: : : :
                          ::;;;;;;::::::  :.
                         .:;;;;:::::   :.
                     -、   ┌──、xヘ、
                   /::::: >-┴‐- ::::|ハ\〉
                   }/       \ ', \
                  '  , -=ミ     .┌───────────────────────────┐
                 /   {/癶:::ヽ  ...│ラインを越えて。トーチラインを、青空を、雨上がりを越えて。    │
                ′   {::::(__ノ∨   .│ミサイルの様に。右手の、爆弾の、月の爆撃機の様に。    ......│
                  _|    ゝー‐'"     └───────────────────────────┘
.                |:|     / ̄ ̄/       ::::|  |i |i  `ト、  :::::::\
.                l |    /ー‐‐'′     :::}  |i |i  |i `ヽ:::::、::〉\
              __,|_|_______    ノニニヘ__|i_   `Y:::ヽ`く
.               {_|| r‐ ─┐ r──ー┐ ̄~廴_| |  | ≧s。 ::: :: |_/,'ミs。
             ||_| ̄|| |    | |     |   || ̄|| |  |    ≧s。:| |`''<ミY、
             ||_| ̄|l ゝ──' ゝ──‐'    :|| ̄|| |  |       | |   _| `
┌─────────────┐            || ̄|| |  ノ二ニ=- _   |_|   _|| | | `
│どこまでも、いつまでも。    .│         .::|| ̄|| |  |:::::::|:|::::::: ̄ヽ |   _||_| | :|s。`
└─────────────┘   ̄ ̄~ || ゙̄| | ̄ :| |  |\ノノ:::::::::::: ::|:|    || | | :|||||||is。\
       ___[l|| ∧ |  || ___   || .::| |   .| |  |'^刈|::::::::::::::: |    |廴__|_:|``|::|::\
 ̄ ̄~\ /\ ̄ ̄..:|| ̄~乂__「「MM「|______|/_____| |  |  ||弌==ハ:::::|/──从::::::::::::::::::::≧=- ‐|
^^^^^^^^|====:l二二:||N:: :|    l⊥⊥⊥⊥ |    Yー─|_ノ_八ノリ  ∨八ソ弋乂乂乂乂ククヌヌ~''´: : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ||弋__|__|______|____弋::::::::ノゝ -彡ゝー'ー'`¨¨´ ̄ :, :, :, :, :, :, :,  : :
二二二二二二二二二二二二二≧≦三三三≧≦二ニ='"   :, :, :, :, :, :, :,:,:,:::::::。o≦>
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_  -=ニ二二ニ=-‐…  ̄ :,  :,  :, :, :, :, :, :, :::::::::::::。o≦>''゛
-_-_  -‐=≠ニ二二ニ=-‐   ̄  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :::::。o≦>''
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

883 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:18:18 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i''i~7ニニニニニニi~i''!´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;i''i~7ニニニニニニi~i''!´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. f´ ̄ ̄`ヽ       .|.ll |        l | |         |.ll |       l | |
. | ガタ… |      |:|!|_____|;|l|          .|;|!|_____|;|l|
. 廴__ ノ     .lニl  ̄ ̄ ̄ ̄.|ニl           lニl  ̄ ̄ ̄ ̄.|ニl
              | l|       l:l.l|           | l|       l:l.l|
       ./´/`l  l. ||_____|| l|;  ./´/`l  l. ||_____|| l|   ./´/`l
     f´ ̄ ̄`ヽ .| . ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~ / ./   |  ~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~' ./ ./   |
     | ゴト… | .|ニニl._,       / ./    |ニニl.__       / ./    |ニニl.__
  / ..廴__ ノ ..:::::::/|____/ ./     / .:::::::/|____/ ./     / .:::::::/|_
_ l^l^l     ./ .::::::::/ /     l^l^l     ./ .::::::::/ /     l^l^l     ./ .::::::::/ /
_ |:l|l:|   / .::::::::/ /        .|:l|l:|   / .::::::::/ /        .|:l|l:|   / .::::::::/ /
_ |:l|l:|. /.::::::::::/ /         /|:l|l:|. /.::::::::::/ /         /|:l|l:|. /.::::::::::/ /
ニ|:l|l:|ニニl_,/ /      _,lニニ|:l|l:|ニニl_,/ /      _,lニニ|:l|l:|ニニl.f´ ̄ ̄`ヽ
:::::::::::::::::::::::::|/       |::::::::::::::::::::::::::::::::::|/       f´ ̄ ̄`ヽ.:::::::::::::::::| ゴト… |
  ̄ ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         .| ガタ… |   ̄ ̄.廴__ ノ
                                 廴__ ノ


    ┌──────────────────────────┐
    │思考は錯誤し、頭脳は迷走。不安は増大、不満は蓄積。  ......│
    │不定の地面は不条理な事情を乗せ、              .....│
    │わたし達を、不気味な何処かへと運んで行きます。        .│
    └──────────────────────────┘


            ┌──────────────────────────┐
            │拒否など否定される事は、とうに分かり切っていたから。    │
            │わたし達はただただ、ひたすら、                  .│
            │不穏な流れに身を任せるしかありませんでした。       ......│
            └──────────────────────────┘



゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

884 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:18:49 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

      ┌────────────────────┐
      │若い日系人らしき二人は、相も変わらず、   ...│
      │視線を交わさず、視点も定まらず、        │
      │訳の分からぬ事柄を呟いています。      .....│
      └────────────────────┘


               , .ィ :´  ̄ ̄ ミ: ー-. .
                / . : : : : : : : : : : : : , : : :>ー 、
               / . : .:′ . : : : : : : : : / . : : : : .: : :ト、
            / : : :;′. .: : :/ : : : : :/ .: : : : ..:.: : : }ハ
             /:/ .:/ . : :.:! . ′: : : :/:/: : /.:.ィ:. : : : : . '.
              }/ .:/ . : : /|. i . : : : : l/.: ://_ }.: : :|: : . '.
           ノ. .:/ . : : :;.:.l :l . : : : : {: :/´ ̄ |:′:}、 : : .!
        /イ.:./ . : : : ァミ||. : |. : :|ム≦ミ  }′/|: : |: 廴__
           }.:/. :ィ . :/ '^ハ:! . : l. : :|チぅ:} {  ': z=ミ!: :リ: リ
          ノ.:' /.:.} :八 (ヽ:| . :.:|. : :ヒツ  /:ィん} }' /i /
          ̄彡=ヘ:| . : :ヽ.__ !. ::∧ . l    /′ヒソイ/:. }′
         _.∠ -―┴―<  l. : .:∧|     ' {/:.:.:.|    「……C28の……M73……」
     /            \'. : .:.∧|    _   ノ.:.:.:.:.|
    /          __     ヽ. .::ト、   ‘ ’ イ.:.:.:.:|:.;′   「……Y18で……Kが14……」
    ,′   , 彡'´     ミヽ '. :小:>‐ 彡ァ'|.:.:.:/}/
   {   /            ヽV ト { / ノ:::::|.:.∧′
   廴/                }八}ノ/ }/:::::}:/





                  ......-─ ‐-....
              , ...:´::::::::::::::::::、 ::::::::\
             /::::::::/::::::/:::::::/ \::::::::::::\
                /::::/::::/::::::/ !::::/   ',:::::::::::::::ヽ
             /::::::|::::::|:::::/ |_/    ヽ::::::::|::::::.
           .:::::::::!::::::!::/ _ ノ   `-'; ::: |:::::::|
           |::::::::|::::::|/             \,!:::::::!
           |::::::::|::::::| /テミx      テミx .|:::::::|
           |: γ|::::::|  弋::リ     弋::リ .|:::::::|
           |:::{ |\.!        ,     :T´    「……曰く、交響楽的社会……」
           |::::ヽ|::::::|            :::|
           |::::::::|::::::|.       _     '::::!    「……形而上学的、道徳感……」
           |::::::::|::::::|::::.         /::::::|
           |::::::::|::::::|:::::::|`  ‐─ . <::::|::::: !
           |::::::::|::::::|:::::r}、     |::::::::::::!::::::|
           |::::::::|::::::|´ {  \_ ノヽ::::::::|::::: !
  ┌────────────────────────────┐
  │気が触れてしまったのか、それとも軸がぶれてしまったのか。   ...│
  │同様に定まらぬわたしには、判別など付きませんでした。     .....│
  └────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

885 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:19:20 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

     ┌───────────────────────┐
     │どろどろな不安が、とろとろと身体を溶かしそうで。  ....│
     │けれどわたしにも、誰にも、どうにもできなくて。      .│
     └───────────────────────┘


: :          |: : :/ ::/: : :/:::::::::::::::::::::/    /:          /:|: :.. ,′
: :          ├ ´ ::/====ミ 、::::::::::::::::/    /            ,. ::::|: : /
: : :.         l:::_/  ,,zzz:、 ヾー‐::::/  //:           /ー‐| : /
: : : :        l:::   /。/////}  } ::::::/..//:       /`¨¨¨¨:!:/: :
: : : ::..        .|::::  |/}/{⌒:| .:::::::/. /: :         /,.-==ミ:::::/イ}: :
: : : : : .      |:::::.  |: : し': :./ .::::://: : :       ,..:::: //ハ ヾー,′
:、: : : : : .    、 ゚。::::::.. ∨⌒(二):::::::::::: ̄`ヽ __,...:ι'":::::: /。////}  }::/: :
: :\: : : : :.   \\:::::::: ー‐'″ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /`Y//´/ .::/: :   /   /
: : : :`ー――――\\               ::::::::::::: |: : し': / .:::/: : /  ;′/:/
: : : :      |                        ∨´(ニ)::::/: : : :{  l/ : /
: : : :..      |   し                〉     ー‐″::/: : : : :{  |  :/:
: : : :.:.      .|                            < __/ハ  | .ノ
: : : : ::.     .|                                 /:  /:ゝ.l´  ィ'"
: : : : :.:.     ト し                        し  /--==彡 ´  |
: : : : : ::.    |i:i:、          γ⌒'ー-  __            /:   /: : :.    |
: : : : : : :.   |i:i:i:i:、          ̄ ` …‐--'        /:   /: : : ::    |

  ┌──────────────────────────┐
  │ただ、ぼやけた視界の片隅で、呆然としているしかなくて。   │
  │そうこうしている間にも、列車は目的地、             ..│
  │あるいは終着点へと、わたしを運んで行って――       .....│
  └──────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

886 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:19:53 ID:b5ebca77





























   ┌────────────────────────────────┐
   │――……切れ間も分からぬまま、わたしは夢の世界から帰還しました。   ..│
   └────────────────────────────────┘


      / ::/ :/: : : :   ::/|: / .|: :|: : :   : : |: |     | : : | : : :. │: : : : : :
       | :/  :|: : : : : : : :|_j: /ニ|: :|: : : :.  : : |: | ∠二∨:..|:..: : : :. |: : : : : : :
       | : |  : |: : : : : : : :.:|´l/   ∨:v: : : :. : : :|:/     \}、: : : : }: : : : : : :
       | : |∨: |: : : : : : : :.:| z==≪V:ト、: : : : : :|′  ≫==ミ \: : ,': : : : : :
      ∨| v..:..: : : : : : : :{〃/:ハ  \ \:_:_:_{     /:ハ ㍉ y′: : : :
.       リ  ∨:.:ト : : : :..∧ |::し:|           |::し:|    /: : : : :
           }リ \: : : ∧乂rノ            乂rノ   , : : : : :     /
          .′ '.  \ー‐ヘ¨¨                 ¨¨ /: : : : :    /
          /     , ∧          '         ´ ̄厂     /
            /      :  ∧                  し /     /、    「……うーん……あの夢は一体、
        /     .!   ∧       r  ュ          イ      /::∧    何だったんでしょう……?」
         /        |     \                 /: {     /: : : ::.
.       / /       !     |: : :丶             ィ: : :..:.:|    .: : : : : : :
.        / /       |    |: : : : : :}>       ´  ′: : : |   .: : : : : : :
      //         |    |: : : : : :|    `´     |: : : : :.|  ┌──────────────────────┐
.     /         |    |: : : : : :|           |: : : : :.|  │どうやらわたしは、何とも言い難く、            │
     ′        ,′   :..: : ---|           |--、:..:.|  │如何とも表現し難い夢を観てしまったようです。    .│
    /         /    //   /             :,   \  └──────────────────────┘


     ┌─────────────────────────────┐
     │あの夢は、わたしに何を見せ、何を伝えたかったのでしょうか?     │
     │不思議な程に不自然で、妙な不快感が残る、              ...│
     │不気味で不可思議な夢でした……                    .....│
     └─────────────────────────────┘


.

887 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:20:24 ID:b5ebca77


      ┌───────────────────────┐
      │駄目な内容を盛り上げる為に、人を殺しちゃう様な   │
      │悲劇も好きではありませんが、かと言って、        │
      │シュールをお洒落だと洒落込む様なしゃら臭さも   .....│
      │生憎と持ち合わせていないわたしです。         ..│
      └───────────────────────┘


            _____/                   \
                \      _....___----‐-77.           \
.            /  _...- 二........-‐彡-/           {_ア
      .-    ./ _.-   / ..-‐''゙゙_ ‐'´  ハ  /        ハ
    / ....\  ノ'     / .L==---、    l | i      ヽ.  |    「……明日こそ、楽しい夢が観られると良いですねぇ」
.  /       ̄` 、  _../    _____..ノ    | i |l  |.    |  |
 イ \...         \   _/∨  i      | ∨ \|.     |   i    「例えば、鳥の様に空を飛んだり、
  \ \__        ヘ ̄ ̄ |芹芋ミ l     |芹芋ミ i    /  / 、    好きな物をお腹一杯食べれる様な夢が良いと思います……」
   `ヽ-7-二_ヽ、    /   | {.:J刈 \__| {.:J刈 /.   /  /  \
     i/: : : : : :\ヽ / l    | 乂_ツ      乂_ツ//  /. /.    \
   /: : : : : : : : ヽ /リヘl.\___|       '      /  / /.       \
 /: : : : : : : : :∨=ノ  / ヽ  ヽ              ̄/  /.          \
'´: : : : : : : : : : /  __/_  ヽ   ヽ    、  ノ    /.  /            \
: : : : : : : : : : /__/: : : : \  i   |\         .//  /` - _.          \
: : : : : : : : : /: : : `: : 、: : : :ヘ l. |  |:::::::l`  __  イ 〉l   |:::::::::::::::/--、
: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :ヽ.|/  ハ::::::i.       /:::|.  |::::::::::/: : : : :\
:. :. : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : i  i \:::l‐-、.  _- /:::::|  |::::::/: : : : : : : : : \
: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : /  /\. \   ´ /::::/l.  |/: : : : : : : : : : : : : \


         ┌────────────────────────────┐
         │我ながら、まことに俗な願望ですが、                   .│
         │変な夢でもやもやした感じを残すよりは、ずっと良いでしょう。   ....│
         └────────────────────────────┘


    ┌─────────────────────────┐
    │ロクな感想も思いつきそうも無いので、             │
    │わたしはペンを、昨日よりは少し乱暴に置きました――    .│
    └─────────────────────────┘


.

888 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:20:54 ID:b5ebca77

















     ┌──────────────────────────────┐
     │――次の次の明々後日、わたしはまたまた夢を見てしまいました。   ..│
     └──────────────────────────────┘

                                ┌──────────────┐
                                │とてもとても、嫌な夢でした。  .....│
                                └──────────────┘


 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::: : : : :
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
 ....::.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
 ....::.:|                                       《》 《》
 .....;::|                         ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
 .....;::|                       ,.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
 .....;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
 .....:::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
 .....;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||_||_,lYニl   《》 .《》
 .....;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|''r┤   《》  《》
 .....:::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....:::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
 .....:;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
 ..::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》 .《》
 ┌──────────────────────────┐ 《》 《》
 │わたしは何故か、薄暗く、薄汚く、薄ら寒く、薄気味悪い、   ..│
 │酷が濃い、何とも居心地の悪い建物の中、           ...│
 │どんよりとした面持ちで座り込んでいました。          ....│
 └──────────────────────────┘

             ┌─────────────────────────────┐
             │他にも人は沢山いましたが、殆どわたしと同じ様に沈殿し、       .│
             │心地悪い沈黙の中で、ただ時が経つのを黙って数えていました。    .│
             └─────────────────────────────┘


.

889 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:21:33 ID:b5ebca77



    ┌─────────────────────────────┐
    │わたしが不潔な大部屋の片隅で、独り俯き座っていると、        .│
    │ドス、ドス、と、乱暴な音と共に乱雑にドアが開け放たれました。     .│
    └─────────────────────────────┘


              / N〃//〃/〃ミヽ\ヽ
             /ゞ/´         ミゝ ', `
             〉彡     ::::::::::    ヾ\` }
              〈 ゞ_  :::::::::::::::::   ミ   〈
             | :|  ̄''=zゝヽ =二 ̄ |: |  /   「……Seien Sie uber den 492.!」
               .r|ミl ヱ・テ   ヱ・ エ :|ミ|⌒}'          /\
               .l lミ| ミ三  |  三ニ  |ミ|´).l        / /,.ヘ、
         ........<::.ゞ、      、      "_/::\:::>....... ./ < <__/
     ..........<::::::::::::::://::::.    、-‐=、  / |  l:::::::`、:::::::::://\> <>
   /::}|:::::::::::::::::::::::::' ':::::l ヽ   L _ノ     |:  l:::::::::::',:::::::::::::::::/ヽ  ../\
  /::::::::|{:::::::::::::::::::::::' ':::::::|  ゝ    /  /   l::::::::::::l::::::::::::::/:::::::::\  \/
/:::::\ヽi!::::::::::::::::::::::l l:::::∧  \_  ̄   /   ,':::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::../\/|
:::::┌────────────────────┐::::::::::l::::::::::::::::..\_/
  │中にズカズカと入ってきた兵士は、         .│
  │何故かわたしがいる方を睨み付けながら、  .....│
  │492という番号を短く吐き捨てました。      ...│
  └────────────────────┘
    ┌────────────────────────┐
    │最低限の文脈からは、彼が492という番号に        .│
    │紐付けられた誰かしらを呼んでいる様でしたが……     │
    └────────────────────────┘


         ∠´ ̄`ヽ
        /  ,.r‐ 、 ヘ
         |  {   }  }
        `ー ′/ /     ./. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \___,ノ
              / /     ,. ゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <
          / /     ,: : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、__,,ノ : : : : \
           ̄       .,゙: : :/. : : : : : : : : |: : :、: : : : : : : : | : : : : : : : : : ヽ
         (_)     j: / |: : : : : : |: : :|: :/ヘ. : : :│: : |i: : |: : : : : : : : '.
                イ: : : | : : : : : :|: : ル;''⌒|: : : : :|: : ,ハ: :|i: : : : : : : : i
                |: : : :| : : : : : :|: /仏=s |/i: : : |/⌒}:八: : : : : : : :|
                |i : : :.,: : : : : :.|/7....:}   丿. :丿扞S狄: : ,: : : : ∧ |
                    八: : : \ : : :八弋V        }.:::}ハノ / : /. / 丿
                    / : :\|\|\ : 〈\         弋V / /}/
               /. : : : : : : :|: : \_〉      ′   ∠ イ /   「はてさて、492番とは、一体誰のことやら……」
                 /. : : : : : : : :|: : : : |、    ,....    ,.: : :|i
             /. : : : : : : : : :|: : : : | ):.、      ,. イ: : :.八
 ┌────────────────────────────┐
 │だってわたしには、お祖父さんが名付けてくれた、          ...│
 │若干古風だけど、実はそれなりに気に入っていたりする、      .│
 │大切な名前がある筈なのですから……                  .│
 │いくら夢の中の世界とは言え、そこに変わりは無いでしょう?    .│
 └────────────────────────────┘


.

890 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:22:15 ID:b5ebca77

            __| // \   . .::::::::::::::::::::::::::::::::::.. .      \\ \ \.   |
.          _,. - ' ´::::::::::〈//.   \  二三二ニ::::::::::::.. .       ミ   \ \ \ l
      /  .::::::::::::::::::::〉:|      ヽ\二/三三二:::::.. .        \\  \ \ ,'
     / .::...:::::::::::::::::::::::::::lミ|      ヽ \!二二二ニ           ミ:ミ\  \ /
.    / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ミ!   チミ=、、 ` へ三二ニ,_________ヾ\. \.  /
.     | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ   ┴、゚_.テ゛㍉.:l三三二\___,.. - ‐ ' " ´ |ミミ\  /
.     | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ミ三ニ` ー . .::!ミ二ニ  チミ=、、       ,' \  _/
.    | :::::::::::ヽ.::::::::::::::::::::::l    ミ三二 . .::lミ二ニ  ┴、゚__テミ:=、、   /ミ:ミ/´  ヽ
      | ::::::::::::::::ヽ::_::::::::::::::!             ,'::::::::::::.. .   ミ三` ー   / \ //^)  l   「……Der 492.、ist und Standplatz fruh!」
     | ::_,. - ' "、`Y' ヽ二|          /         ミ三二   lミ:ミ/`)    /
     /   ヽ,ノ ノ.  l/l        /               /\.//    /
    /        /.:l   |: :∧       〈              ∠_/(_,ノ  /
.   /    _.ィ´:/ ̄ ̄ヽ/∧        ヽ              彡ヽ__,. - ‐'l !_
  /    /.::/   ヽ   〉/∧                    / / / / / /. |    ̄
. /    //        _,ィヽ//∧    ` ‐ 、_           / / / / / / / /⌒,
/                /   )//∧        ` ‐ - 、     / / / / / /  l l◯ l


     ┌───────────────────────────────────┐
     │わたしが座ったままでいると、男は苛々した様子で、                   ..│
     │憎々しい顔を浮かべながら、わたしの痩せた手を強引に引っ張り上げました。   ....│
     └───────────────────────────────────┘

         ┌────────────────────────────────┐
         │……どうやら、492番とは、わたしを示すものだったようです。         ....│
         │わたしにはちゃんと、わたし自身の、自信のある名前があるというのに。   .│
         └────────────────────────────────┘


   ┌───────────────────────────┐
   │いくら夢の中とは言え、失礼千万、無礼極まりありません。     .│
   └───────────────────────────┘


.

891 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:23:01 ID:b5ebca77
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. __i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,___,_i,,,,__i,,____i,,,,_ ゙l,,__i,,,___i,,,,__i,,____i,,,,_
__i,,,,__i,,__.:.:.:.:__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___i,,__.:.:.:.:.__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,__i,,__
__i,,___i,,;;;`,___i__,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,__/__i,___,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,__冫i,,,,__i,,__
::_i,,__,_i,,,,__,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、i,,___i,,___,_i,,,___i,____,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、,,,,_ ゙i,,,___l,,___i
i,,___i,,____i,_/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘ__i,,__.:.:.:.:.:. __i,,,,_____/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘi,,,,_:._i,,,___,,i,,__
_i,_____i__' ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ,,,,__i,,___,_i,,,,___i,_'ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ__i,,,,__i,,,___,
i,,,,__i,,__, 、,_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,___,i,,__人_::;i,,,,__i|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,,__i,,____i,,,,_:.
__,i,,__.:.:.:.__i,,__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,i,___,,_i_ _i__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,,i,,__.:.:.__i,,,___
,,,__i,,____i,,,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|i,,_____i,,___,_i,,,___i,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,;;;`,__i,,,,__i,,_
,_i,,,__,,i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|__i,,____i,,,,__i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|,,__i,,___,_i,_/_
___i_,,__i,___|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,_ ゙l,,___,i,,;;;`___i_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|__i___,,i___i,_
__i____,_i,,__|-‐|  |  |  |  |  |  |[|‐-|_i,,,__i,,___;;i,,,,_:._|-‐|  |  |  |  |  |  |[|‐-|,_:._i,___,,i,,__,i
,,,,__i,,____i,,|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i___i___i,,,,__i,__|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,,___i__,,_i_,,
ニiニ ┌───────────────────────────────┐ニニiニニiニニiニニiニニ
  ..│どこまでも暗く、闇の底まで続いていそうな廊下を、               │
  ..│わたしは乱暴な男に手を引っ張られ、無理矢理引き立てられていました。 │
  ..│止める人は、誰もいませんでした。                         .│
  ..└───────────────────────────────┘


     ┌────────────────────────────────────┐
     │……どうせ夢の中の世界なんだから、それこそ、いつぞやの自称勇者Yの様な      .│
     │ふざけた存在でも良いから、颯爽と助けに来てくれれば良いんですけど……     ......│
     │などと考えながら、わたしは暗い廊下の奥の闇へ、強制的に誘われていました。    .│
     └────────────────────────────────────┘


.

892 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:23:47 ID:b5ebca77
           ./`l |   |;;;;;:;;;;;;:;;:;:;:;::::::::::::| |      |               |
.       ,、.   l  |/ 〉 .|;;;;:;:;:;;:;::::::::::::::::::::| |      |               |
        ,l |  l  |レ'   .|;:;;;;:;::::::::::::::: .  | | (()  │               |
      ,..,! L.-ヾi=,' |   |;;:;::::::::::::.      | |      |               |
.   _,.-'´  _, - '_´ |   |;;::::::::.      | |      |               | :.;'
.   |_,.- '´| L-'´_| .|   |:::::.         | |      |               |   :.
.    ,.-'´  ,.-'"  |   |::         | |      |               |
.   |,.- '´| |    />...|         | |      |               |
.      |,i   / r´  .|   ,:  ; "  | |      |               |
          .く/Ll.|   |     '       | |      |               |
              .::' |   |         | |      |               |
               |__lニニニニニニニニニニ| |      |________,;;'|
            /           .   | |    /                \
  ┌───────────────────────────┐
  │闇の奥のその先、薄汚い建物の、更に小汚い部屋の中に、   .│
  │わたしは兵士の男と共に入りました。                  │
  └───────────────────────────┘



       ┌────────────────────────┐
       │部屋の中には、男と同じ様な兵士が一人いました。   ....│
       └────────────────────────┘


  ソ7 \                 V .V// /   ./レ´
  {     \    _∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\VV///    //
  .{       \.  <               `ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ./
.  |         \ ‘,         ̄ ̄\  , -ー′ .‘,
.  |         `y      ___    \{      ‘,
.  |          /   / ̄     `ヽ ノソ ノ,ィf ̄ ̄ヽ.〉
  .∨     ,ヘ /     -ィ t ツ ̄> 〉 ',⌒', rセ ラ-、 /
   ∨.Y⌒ヽ\\     `─冖¨ ノ  ',. ',` ¨¨ ´ .〈
    ∨| ,^7', \\  ,/三/77777ハ、  ,_.',ハ77777二777
.    ', .〈 〈 ',リ .\F/////////////ノ⌒ヽ//////////У
      ',‘,      {//////////// r ,_ /i{//////////}
      〉‘,_     |マ//////////   j-´ .\///////
      //   ∨  | .\/////./ ,rー 、,─ 、 ̄ ̄|´
    .// ,   ∨  !   ̄ ̄    ‐'ー ー ヽゝ   /
. ┌──────────────────────────────────────┐
. │部屋中には、血の様な、体液の様な、澱み咽る臭気が満ち溢れていました。        .....│
. │それらが、男達から発せられているのか、それとも部屋自体に染み付いているのか。   ....│
. │わたしには良く分かりませんでしたし、分かりたくもありませんでした。              .│
. │というか、本当に臭いです……夢の中だというのに、リアリティあり過ぎです。         .│
. └──────────────────────────────────────┘


.

893 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:24:27 ID:b5ebca77
  ソ7 \                 V .V// /   ./レ´
  {     \    _∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\VV///    //
  .{       \.  <               `ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ./
.  |         \ ‘,         ̄ ̄\  , -ー′ .‘,   「……Ist diese Judin heutige Prostituierte?」
.  |         `y      ___    \{      ‘,
.  |          /   / ̄     `ヽ ノソ ノ,ィf ̄ ̄ヽ.〉
  .∨     ,ヘ /     -ィ t ツ ̄> 〉 ',⌒', rセ ラ-、 /  ______
   ∨.Y⌒ヽ\\     `─冖¨ ノ  ',. ',` ¨¨ ´ .〈 (\  \ ̄ ̄\`ヘ、
    ∨| ,^7', \\ ,/三/77777ハ、  ,_.',ハ77777二777` ─´     ヾ  `>‐ 、
.    ', .〈 〈 ',リ .\F/////////////ノ⌒ヽ////// ///У── 、__      `>
      ',‘,      {//////////// r ,_ /i{//////////} ⌒ヽ、      \____
      〉‘,_     |マ//////////   j-´ .\///////マ    ヤ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      //   ∨  | .\/////./ ,rー 、,─ 、 ̄ ̄´   マ    '/   ̄ ̄


  ┌─────────────────────────────┐
  │明らかに野蛮で暴力的で残酷な雰囲気を漂わせている男達は、    │
  │わたしを指さして、何やら下品そうな事をほざいております。      .│
  └─────────────────────────────┘


              / N〃//〃/〃ミヽ\ヽ
             /ゞ/´         ミゝ ', `
             〉彡     ::::::::::    ヾ\` }
              〈 ゞ_  :::::::::::::::::   ミ   〈    「Oh, ja」
             | :|  ̄''=zゝヽ =二 ̄ |: |  /
               .r|ミl ヱ・テ   ヱ・ エ :|ミ|⌒}'    「Ich bin dunn, aber das Gesicht ist nicht schlecht♪」
               .l lミ| ミ三  |  三ニ  |ミ|´).l
         ........<::.ゞ、      、      "_/::\:::>.......
     ..........<::::::::::::::://::::.           |  l:::::::`、:::::::::::>.......
   /::}|:::::::::::::::::::::::::' ':::::l ヽ   .ー-‐'    |:  l:::::::::::',:::::::::::::::::/ヽ
  /::::::::|{:::::::::::::::::::::::' ':::::::|  ゝ    /  /   l::::::::::::l::::::::::::::/:::::::::\
/:::::\ヽi!::::::::::::::::::::::l l:::::∧  \_  ̄   /   ,':::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::.:.
:::::::::::::::丶l:::::::::::::::::::::::l l:::::::::ゝ/\\,─‐´,ヘ  /:::::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::.:.:.
  ┌──────────────────────────────────────┐
  │……もしかしたら、わたしが値踏みされる程度の美少女だと思っているのでしょうか?     │
  │だとしたら、本当に失礼な話です。どうせ夢の中なんですから、神か悪魔かYの罰でも     .│
  │当たって、二人に落雷でも落ちて来たら良いのになぁと、わたしは密かに祈りました。   .....│
  └──────────────────────────────────────┘

     ┌───────────────────────────────┐
     │そう、夢の中なんですから、少しぐらいわたしにとって楽しいと思える、  .....│
     │ご都合主義な展開があったって、良いと思うんですけどねぇ……      ..│
     └───────────────────────────────┘

.

894 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:25:05 ID:b5ebca77

                       ,イ⌒ > 、
                    //三ヽ   `>、
                     //±±`<     `>、
                      //=鷲≠=   `<     `>─ 、
                       /////// / ̄ ̄ヽ `<      )
           /⌒i.   ////./髑三三二ニ=0 .`>─_.ノ
              乂. ノ   {/////王王王王/_{Y^ヽ─、
       / ̄ ̄ヽ 〈     .`<《王王王王./ィ‐ッz、 ))} }      「Oh, es ist gut. Ich fuhle sexuellen Wunsch」
     / ̄ ̄ ̄ヽ } ヽ       `==≠=´ 冖¨´ / ノ  》=‐ 、
     〈 ̄ ̄ ̄ヽ }  /        .',:::: {__ァ ̄.   |. | ミ`ゝ}  }   「……Wollen wir es sofort beginnen!」
      ._ゝ ̄ ̄`}′. / _        ',:: `_,─ 、   !. } ‘, リ´
     |   ̄ ノ.  ソニ |王三ニ≧、    ', 辷_ 彡   .ソ | .‘,
     人 ミ ─ /三.└─z、  ヽ⌒/ !  T   /      〉‐、
   /.| .\___ノ|/)i:/ /i:i:ニ=‐- _ | .|\ {  _イ |    /.三|
.  /.//|      /i:i:i:}i:{i:i:i:|i:i:i:i:i/i:i:i./i! ./\ `''一'  |   /ニ二ミ/⌒ヽ三二ニ=‐- _
 ///《    /i:i:i:i:i:ノi:i:i:i:i:|i:i:i:i:|i:i:i┌───────────────────────┐
                      │そう言って、部屋の中にいた方の男は、          │
                      │わたしに毛むくじゃらの手を突き出してきました。     .│
                      └───────────────────────┘


                        /7Г|ロロ
                     / / | |
                     /_/ |_|
                        ,.ニ7./二._
_..  :::==ニ>⌒ヽ              'ー''7/´ ̄
   //  /  . ! _人_///     /'__ノ>/〉.___
  , ' /   {  ノ }   (     _/ ̄.¨j/´〃..l
  / ./    l } }  ハ    (   // ノ弋'   rァ.l l   ┌───────────────────────────┐
  { {    l└1  .}   (  / __ 二  \_ l l ...│あまりにも急で、乱暴な所作だったので、わたしは思わず、   ...│
  ', ', ---|  {   |.Y⌒ ( く /ヽ        } !  │反射的に男の手を叩いて払ってしまいました。            │
  \二二ハ  `ー┴‐┐  ./\_) ィ  >-┬1 !  └───────────────────────────┘
 ,. --―‐" | 下二ニニ__.   ヽ, Y〈 {  /   V /
        `ト----‐く‐┘   ヽノ ヽ. 〈    ∨  __
.         `  ̄ ̄´       \ノ\_)


   .┌─────────────────────────┐
   .│パチンという、薄く乾いた男が、汚い部屋に響きました。    │
   .└─────────────────────────┘


.

895 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:25:41 ID:b5ebca77

        >                 /     ヽ、          ./⌒i
        /             ー- '"/   ヘ     ヽ,    ._,,..、 .|  / ,..-、            /`l _
      , '                  イ   ヽ .ヘ     ヽ   l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉
.    /          、          ヽ、  ヘ、ヘ     ∧ . |  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'
.    ,'         ヾ 、         i,;:ゝ、l-、!  ヘ   , i  |  し''´ 」    . l  ._‐t  .|  ヾ'
    l           ヽ ヘ._ヽ      .i  ヽ ,.ヽ   i  i .l .|  ,,.-''´      ヽ┘ l  /
.   |   ,'         i、 .i''"ヽ     i. l. ,ィチミ、 .i  .l  i!.l  | .|                ! .!
.   |.  /        lヘ i , i i.  j/.: -─- ,__-‐'''´-‐'''-l、_ノ         、  __/  l
    l/,,ィ         |.,ィチミ._-γ--''´ ̄   / /.ヾ            | ̄  __,!
 ‐ '"',". i      ヽ |ij.◎          / // /   `             └-...‐''゙
    ヽ ヘ      ヽl.  .}           l l |  |    ',
     ヽ. ヘ ヾ、     ヽ, }|           l   | 丶
.     | ヽ ヘ、ヽ.゜<_` ‐.、|          ,. -'´  \'
     i  `ーゞー- .ヘ¨i'' 人     /   :∠ミーニ丶、 |`! !' ,/
.     i ./ : : : ',  . ヘヘi゙ -丶、__ ./ ̄>.-'⌒ー‐r;┬' ∠ミーニ=
    ∧./  : : : : :.   ヽ:.:.:.:.:..:.:.:. ̄/:  ̄: :.ヘ   i ヽ,
   / ./ . ┌───────────────────────┐
   / /  │その途端、瞬間、わたしは男に顔を殴られました。  ....│
.  / /   .└───────────────────────┘
 / /    : : : : : /   `ー ≦ '"                 ヽ `ヽ,

  ┌──────────────────────────────┐
  │殴られたわたしは、部屋の壁まで吹っ飛んで叩きつけられました。     │
  │……夢の中なのに、妙に痛みがリアリティです。              ...│
  └──────────────────────────────┘


.    ┌─────────────────────────────────────┐
.    │夢の中の世界かどうかを判断する為に、夢の中でほっぺをつねって、            │
.    │痛いかどうかで夢か否かを判断する、といった描写を、小説やら戯曲の          ...│
.    │中でたまに見かけますが、どうやらその手の描写には、間違いが多かったようです。   .│
.    └─────────────────────────────────────┘


.


896 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:26:14 ID:b5ebca77



           ,.   '゙゙"""""""""""""'丶、
      、、、,.; '゙゙´                `丶、
       ミ `ミ:;ミ:;ミミミ;:;:.:.:;:`Yイ.:.:;:;:.::;::;:;:.:.:.;:ミミミ 彳
         ミ `ミ、、、、;:;:;:;:.:.:.:.:.';,;州.:;:;:.:.:.:.:;:;:.:ミミ   i
       `. ミ;   ``゙゙'''ヾ;:;:jilk,. '゙´  `ミミ   .!
        ゙;  ミ; '′ .   ``'´    ;  ミ  .:′
        ; .::i ∧          ノム、.:ミ .;.′
        ; .::i ノ,.ヘ_ニニ_=ッ'.;}:;{;. ィイ∠二ヽ}:ミ .::j
        ト、.:j  ーに・テ''゙´゙´`ヾ:;゙テ・ンソ‐'.:.::ミ ,:′
        いリ   ``  ̄´ `i  ``  ̄´ ..  リハ
        ! ; ト、      ;.'    ,,   ノ iハ
         い j {      i       イ .;彡′
        彳ハ  i      〉_〈     i  ; 彳   「Mit einer untergeordneten Rassenposition、
         ハ ゙, i    ノ -_-_-_ヽ_   j  レハ    widersetzen Sie sich uns nicht!」
         ) ハ  {    >ー====‐<  ,:' ,ハル
         i i ト、   `ー‐‐‐一'  ,'./  ル
        /〈 ; ヽ\ ;.       .; イ  ∧
         /.::::\  `、.\      ,.ィ´/  /.:.:.:',
         /.:::::::::::.\  ゙、  ``゙゙゙゙゙゙゙´ / /  /.:.:.:.:.:.',
     ,. イ.::::::::::::/\:\ ゙、. :.: .: .: .:  / //∧.:.:::::',
  . イ.:::::ノ\::::://ヽ \:.\ . :.: .: .,. ィ´.::/∧.〉.:::::/``ヽ⊆ ヽ


   ┌───────────────────────────┐
   │……はて、彼らは一体何を言っているのでしょう?         │
   │壁に当たった時に耳を打ったからなのか、              .│
   │それとも酷い夢の中だからなのか、あまりよく聴こえません。   │
   └───────────────────────────┘


    /./ /_______    \、
  ..7| 〃/-.   ___ ̄ ̄`、"ヽ\ ヽ
 [(.l|(,/ノ゛.//〆<´-t___>⌒~  .\、
...[./ ヾツ/´     ー====、、_ _ -.\
 [゜./`、        `ー―\ \\ヽ丶|l
||(            \\,,.\ \ヽ
 X|       _彡≡==イ  く\ヽ  |レ
  Y ==ミゝ、 〃´=ェ__   ソ ノノ  V
  `)レ≠幵ヾ;;;;;;;゛〃ア TT リ /ミイト、 V    「Haha……Als ein Arier、
   |l  ゙==ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;=イ  /ミノ n レ     "erziehen Sie es um" und mussen es hier tun」
   l|   /ノ;;;;;;;;;;;      ヾメ  r /
    l、  、           / _/
    k  .\         ./.\^へ
     \           / /::::::::::\
     ...ヽ   _ノ   /./::::::::::::::::::::::\
       ゝ..    _ ンく/:::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ、
         ゛` lて7 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/\\
         l^r、\く.\:::::::::::::::::::::::::::::::::/ 0 ゝ、

     ┌────────────────────────────┐
     │でもまあ、出来の悪い怪奇映画に出てくる様な面を見てれば、  .....│
     │大方のニュアンスは伝わって来てしまいます。            ....│
     │嫌な感じですねぇ、本当に……                     ....│
     └────────────────────────────┘

.

897 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:26:44 ID:b5ebca77



      ┌────────────────────────────────┐
      │わたしが呆然としていると、男達は下卑た下品な笑みを浮かべながら、   ...│
      │わたしのボロだらけの服を強引に剥ぎ取りました。                 .│
      └────────────────────────────────┘

  ┌───────────────────────────┐
  │……ちょ、もしかしてエッチな展開ですか? 淫夢ですか!?  ....│
  └───────────────────────────┘

       _,,...., r 彡: : : : :_..r彡 .'ニへ、 ヤ=、 u =彡へ:.:\  。 ./: : :)
   ,,..‐'''´: : : : : : __.::-..}ゝ   ト、,.-ヽ `>ミー'_,.イr'"⌒ヽーニ、O .: : : /: ̄:`ヽ
 / : : : : : ;-=彡´ : : : : ヽ7 ∠ニ7_ノ() /ヽ_j ̄_/(_,.、   Y`´__ .: : /: : : : : : : \
./ : : ; ―.彡ー/ .r,ニヽ、__   | ∠ィヽ ハ__/  ,.--'   j '-'´./: : : : : : : : : : : :.
: : :;/ ./: : :/: : : : :,.-`‐   ̄`ヽ、ノ j  ='⌒'/ (/   ,.-、'ゝ! O : : : : : : : : : : : : : i
: : :i/: : : :/: : : : : :.(,r'´_        \{_/7ヽO ゚,.、/  ∠rイ`V./: : : : : : : : : : : : : : : : l
: ::/ : : : : /: : : : : : : U´r',.―┬、     ヽ'   ⌒` /    / f rァ.ー=―: :- -: :、 : : : j
: :!: : : : : ′ : : : : /: ::.ヽ〉:::::|{ ヽ    \   /    /r、|.`ー=ニ:_: 二:-っ:ノ: : : ::
│ : : : : l: : : : :/: : : /:::::::::::.| ヽ、 ヽ    \/    ,ハ !  ゚.: : : : : : : :ノ: : :/ : : : :/
-一": : ノ: : :/ : : :/:::::::.ノl l   `7ヽ     ヽ、   /_ノ L∧: : : : : :≦ー: ´: : :/: /
: : ; -‐´: :/ : : /:::::::::::...V l    /!  ヽ        , 'ノ  /´.∧: : : : : : : : : : /,イイ
ト'´ : : : / : : : /:::::::::::::::::::::/|    |   ヽ   / V⌒:::::::::∧: : : : :/{: : :(. {: : :ゝ
: : : : : :/{: .ト'´ : : : / : : : / |    l     ヽ-'´ハ_:::::::::::::)、:::::::::'′::/ .ゝ: : \: : : :\_
;;//::/ ` .: : : : : :/{: : : / /|     j  f,ゝ     i--ヽ:::::〈r〈ヽ、:::::.Ⅳ、  \:_:_ゞ\:_:_:ゞ
       ;;//::/ ` 、:/../ |    l   〈{__    l / |_:::::::::::´リ
              l7 l /l     !  〈_f 〈ゝ ∨ f´ l〉


    ┌────────────────────────────────────┐
    │はぁ……ま、まあ、わたしだって所謂性的な事柄にまったく興味を            ....│
    │抱いていないなんて言えないよ絶対ですし、かと言ってそういう意味で           .│
    │良いお付き合いをさせて頂いている相手は残念ながら今の所は居ないので、      │
    │そういった隠れた願望やら欲望やらがこの様なエッチな夢を見させているのかも     .│
    │知れませんけど、ねぇ……いくらなんでも、相手が酷すぎます!              .│
    └────────────────────────────────────┘

        ┌──────────────────────────────────┐
        │どうせ夢の中なんだから、ぜめてフレッド・アステアの様な               │
        │素敵な殿方か……まあ、最悪、勇者の格好をしたYでも良いです。          .│
        │少なくとも、こんな最低で下衆な兵士達よりは、ずっとマシでしょう……多分。    .│
        └──────────────────────────────────┘


.

898 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:27:29 ID:b5ebca77



      ┌──────────────────────┐
      │相手がアレなので、ジタバタと抵抗していたら、     │
      │また何発か殴られたり、蹴られたりしました。    ....│
      └──────────────────────┘

                                    r 、     _
   ... /⌒i       /`l _   ,、            ||: |  _〈:_]_
. _,,..、 .|  / ,..-、 ,、.   l  |/ 〉 .〈 .|  ,.-、           ||: |   | ::| [_:〉
.l   l | /´ l,、_ノ ,l |  l  |レ' _,,」 .`'´   〉        .||: |  \゙|
.|  i' '´_,,、   ,! L.-ヾ=,'  l、_,.. 、 「Zノ ...`     ' .||/
..|  し''´ 」 _,.-'´  _, - '_´     ゙l_,〉     、   ノヾ     '    .|l:\
. .|  ,,.-''´ (_,.- '´| L-'´ _)            )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´  .._||: |_
. | .|     ,.-'´  ,.-'"                 `r      r'  ∠.._  _》
. ..l、_ノ    {,.- '´| |                )     (  ... ̄ ̄|l: |/|
             ..|,i                 , '´⌒`Y´⌒` 、  ..|; ̄   _|   /
                             ,          |;,/|  | ̄人_,/
            `                             |:/  )  て
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
              )ヽ    (               、ハ,          \
           - <       >─           ^ <  て
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `

    ┌──────────────────────────────┐
    │……相変わらず、痛いです。夢の中なのに。                ...│
    │夢の中ならば痛くないなどと言う、お伽話やら夢物語やらを         .│
    │書いた人間のほっぺを、抗議の意味でつねってやりたくなりました。  ....│
    └──────────────────────────────┘


.

899 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:27:59 ID:b5ebca77




┌───────────────────────────┐
│……何ら躊躇する事無く、彼らはわたしを踏みにじります。   ....│
│何ら臆する事無く、彼ははわたしを口汚く罵倒します。        │
│何ら戸惑う事無く、彼らはわたしを侮辱し、凌辱します。     ....│
└───────────────────────────┘
三三三ミ|..: : : : : : : : : : : : : : : ,: : :.`ゞミ|
三三三ミ|: : : : ハ: : : : : : : : : : :. ', .: : :⌒ト .,
三三三;|.: : : :.| ト、: :`', : : : : : :}: : : : : 「` `ニ=一
三三三|.: : : :.||=キ弋.: : :', ..: :.. ,.'..: : : :.λ
三三三ト、: : :.|| リ ` ,: :}.:. : :/.: : : : :/ ∧
三三三|. ',;;;;;ⅷ=≡ミ。 y′ イ: : : : :./.: : :∧
三三三|        ゚イィ爻.|_ ;,:: イ: : : : :.∧
三三;;;;;;;;;;;;; /:/:/:/ 彳|.: : :/.:: : : :.|..: : ┌───────────────────────┐
三三;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,. 仆 : :/..: : : :.. '., .: │わたしの悪夢は、まだ覚めてくれません。        ..│
三三;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ィ ゛ /: ::. イ..: : : : :: :∧..│まったく……早く目覚めて、朝が来て、         .....│
三三;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,」 /: : / ヒハ .: : : : :.. │キッチンにいけばきちんとお祖父さんがいて、      │
三三三;;;;;;;;;;;;_,.丿/: : / / `ヽ, .: : : :│たちまち町に出てみれば、Yみたいな悪友がいて。  ....│
三三三三ミ|  /: : //     丶 : :.└───────────────────────┘
三三三三三| ,' : ,'         `≧ :/.: : : : : ::.!
三三三三三|. i: : i      _ ,. =- ´ ∨.:: : : : : :..,′
三三三三三;| |: : |-=≡ニ7i !/     } : : : : : : /
三三三三三ミ|,!: :|    /i:i/      !: : : : : :/
三三.┌───────────────────────┐
.    │そんな一日に、夢じゃない、夢じゃなかったけど、    │
.    │今はもう夢の様な日々に、早く戻りたいものです。  ......│
.    └───────────────────────┘


.

900 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:29:23 ID:b5ebca77



    ┌──────────────────────────────────┐
    │怖くて、痛くて、苦しくて、悔しくて、悲しくて、辛くて……                 │
    │わたしにこんな夢を見せているのは、一体どこの何様な神様なんでしょうか?   │
    └──────────────────────────────────┘


           ,.   '゙゙"""""""""""""'丶、
      、、、,.; '゙゙´                `丶、
       ミ `ミ:;ミ:;ミミミ;:;:.:.:;:`Yイ.:.:;:;:.::;::;:;:.:.:.;:ミミミ 彳
         ミ `ミ、、、、;:;:;:;:.:.:.:.:.';,;州.:;:;:.:.:.:.:;:;:.:ミミ   i
       `. ミ;   ``゙゙'''ヾ;:;:jilk,. '゙´  `ミミ   .!
        ゙;  ミ; '′ .   ``'´    ;  ミ  .:′
        ; .::i ∧          ノム、.:ミ .;.′
        ; .::i ノ,.ヘ_ニニ_=ッ'.;}:;{;. ィイ∠二ヽ}:ミ .::j
        ト、.:j  ーに・テ''゙´゙´`ヾ:;゙テ・ンソ‐'.:.::ミ ,:′
        いリ   ``  ̄´ `i  ``  ̄´ ..  リハ
        ! ; ト、      ;.'    ,,   ノ iハ
         い j {      i       イ .;彡′   「Haha……Die judischen Genitalien sind nicht gut!」
        彳ハ  i      〉_〈     i  ; 彳
         ハ ゙, i    ノ -_-_-_ヽ_   j  レハ    「Weil es eine untergeordnete Rasse ist、 gibt es keine Hilfe dafur!」
         ) ハ  {    >ー====‐<  ,:' ,ハル
         i i ト、   `ー‐‐‐一'  ,'./  ル
        /〈 ; ヽ\ ;.       .; イ  ∧
         /.::::\  `、.\      ,.ィ´/  /.:.:.:',
         /.:::::::::::.\  ゙、  ``゙゙゙゙゙゙゙´ / /  /.:.:.:.:.:.',
     ,. イ.::::::::::::/\:\ ゙、. :.: .: .: .:  / //∧.:.:::::',
  . イ.:::::ノ\::::://ヽ \:.\ . :.: .: .,. ィ´.::/∧.〉.:::::/``ヽ⊆ ヽ

    ┌──────────────────────────────────┐
    │赤い悪夢は醒めなくて、淡い夜の夢にすがるしかなくて。                │
    │とても残酷です、まったくもって酷い夢です。日記に残したくもありません       │
    │早く目が覚めて、朝に挨拶して、昼に祈って、夜を迎えて、              ..│
    │今度は……今夜こそ、楽しい夢を観て、楽しい夢日記を、書きたいものです。  ....│
    └──────────────────────────────────┘

.


901 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:29:54 ID:b5ebca77





    . ┌────────────────────┐
    . │……だから、だから――お願いですから、   ...│
    . └────────────────────┘

                 ,. . . .: -――ゝ:\
              ,...:´: :__: : : : : : : : : : :``: : 、
             /: : : : : >ァ': : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : : : : : : / : : : : : : : : : \: : : : : : : ヽ
          /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : :ハ
          /: : : : : : : : :/: : : : : : l : : : : : : : : : ‘, : : : : : :ハ
         /イ: : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : :‘, : : : : : ハ
        /: /: : : :|:/:/l:/|:|: : : : : : |: : : : : : : : : : : :|: l: : : : : ヽ
        l: :|: : : : :-=|〒T「 : : : : : ト、: : : : : l : : : : ト | : : :|: :.:トゝ
        |:∧: : : l: : :|,テzx: : : : : : | 卞ミx、:l : : : : |V: : : :!: : |
        l/ 、: : :Vリ:lイ f´ハヽ: : : : | _zzx`ヽ: : : :.|//.、从人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧人∧从/
           、: : :V::lr _Vjリっゞー-ゝ"ん抃x |: |: | .< ……こんな夢、早く終わって下さいよぉ!!! >
            〉、 \i(:::::::~:::::::::::::::::::: 乂じリ//V: リ /VV∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V∨V\
          // : ミ=-    ′ :::::::::::::i(¨i!///イ: : : : : : : `、
          //: :/: :/\   .r- 、   |l ./: :/ : |: : : : : : : : :`、
.       //: :/ : : /: /: :\ ヽ__, 〉  . イj : : :/|: :.:|: : : : : : : : : : \
    //: :/ : : :/-―- 、_,≧=Ui´ / : : /⌒ ̄ ヽ: : : : : : : : : : \
   //: :/: : : //    ゝ- _ / /: : : :/ /      ∨: : : : : : : : : : :>―――
. : ' /: :/: : : :/: /          /: : : /彡         |: : : : : : : : : : : : : : : :ー--
:./: :/: : : :/:/:j   、   .../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
: : : /: : : : /: :/: :,:ィ   ./      |   もう嫌です……嫌なんですっ……お願いですからぁ――    |
: : /: : : : /: :/: / ′ ノ       .\_________________________/

902 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:30:35 ID:b5ebca77



    /./ /_______    \、
  ..7| 〃/-.   ___ ̄ ̄`、"ヽ\ ヽ
 [(.l|(,/ノ゛.//〆<´-t___>⌒~  .\、
...[./ ヾツ/´     ー====、、_ _ -.\
 [゜./`、        `ー―\ \\ヽ丶|l
||(            \\,,.\ \ヽ
 X|       _彡≡==イ  く\ヽ  |レ
  Y ==ミゝ、 〃´=ェ__   ソ ノノ  V
  `)レ≠幵ヾ  ゛〃ア TT リ /ミイト、 V  「……Wie ist es dieses Schwein、 das ich tat?
   |l  ゙==ソ     =イ  /ミノ n レ   Ich habe begonnen、 plotzlich zu schreien……」
   l|   /ノ         ヾメ  r /
    l、  、           / _/
    k  .\          /.\^へ
     \           / /::::::::::\
     ...ヽ   ---.   /./::::::::::::::::::::::\
       ゝ..    _ ンく/:::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ、
         ゛` lて7 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/\\
         l^r、\く.\:::::::::::::::::::::::::::::::::/ 0 ゝ、\





  ソ7 \                 V .V// /   ./レ´
  {     \    _∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\VV///    //
  .{       \.  <               `ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ./
.  |         \ ‘,         ̄ ̄\  , -ー′ .‘,   「Verlassen Sie es、und das folgende
.  |         `y      ___    \{      ‘,   wird es in Hinterbacken einfugen als es――」
.  |          /   / ̄     `ヽ ノソ ノ,ィf ̄ ̄ヽ.〉
  .∨     ,ヘ /     -ィ t ツ ̄> 〉 ',⌒', rセ ラ-、 /  ______
   ∨.Y⌒ヽ\\     `─冖¨ ノ  ',. ',` ¨¨ ´ .〈 (\  \ ̄ ̄\`ヘ、
    ∨| ,^7', \\ ,/三/77777ハ、  ,_.',ハ77777二777` ─´     ヾ  `>‐ 、
.    ', .〈 〈 ',リ .\F/////////////ノ⌒ヽ////// ///У── 、__      `>
      ',‘,      {//////////// r ,_ /i{//////////} ⌒ヽ、      \____
      〉‘,_     |マ//////////   j-´ .\///////マ    ヤ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      //   ∨  | .\/////./ ,rー 、,─ 、 ̄ ̄´   マ    '/   ̄ ̄
    .// ,   ∨  !   ̄ ̄  / ‐'ー ー ヽ}.   /.    マ ./   , ──────
.    //   ',   .∨          〈,. -──'─´.  /.     /   /
..  / |    ',    ∨         ヽ、       ,  /    /ヽ. /  ,──────
   {∧   |-─=ニヘ\        \}'´ ̄`/  .人   { ノ/.  / / ̄ ̄ ̄ ̄
   リ. |   |ニニ二三‘, \               / } __/ヾ  /、/ ___
     iニ二三三王王.‘, `ヘ、           ./   }ニ二 ヽ_ノ/〈_ノ /     ___
     |王王王王王王.‘,   \       ノ    | 三三三三




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・


─── ─────────── ─── ──  ─…


─────────── … ……


_________


__ __


.


903 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:31:18 ID:b5ebca77


__


__ __



_________




─────────── … ……





─── ─────────── ─── ──  ─…






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・







      ┌─────────────────────┐
      │――……その次の日の明々後日の明後日、    │
      │やっぱりわたしは夢を観ました。          ....│
      └─────────────────────┘


   ┌────────────────────────┐
   │わたしは、とある昼下がりに、机に肘をつきながら、     │
   │うとうと、うつらうつらと、うたた寝をしていました。    ......│
   └────────────────────────┘


.

904 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:32:18 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


   ┌────────────────────┐
   │夢の中の世界の筈なのに、周囲には     ......│
   │見慣れた背景ばかりが広がっていました。   ..│
   └────────────────────┘



                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: |::::|
                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: l[]|
                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: |::::|
                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: |::::|
                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: |::::|
                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: |::::|
                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: |::::|
                          |::::| :::::::::::::::::::::::::::: |::::|
________________|::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::|_____
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                          ┌───────────────────────┐
               | ̄ ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄ ̄ ̄|         │そこは、わたしとお祖父さんが二人で住んでいた、   .│
         ___|____|___|____|____     .│シンプルというよりは素朴、あるいは武骨という      .│
     「lヾ l\                            \   .│表現が似合う様な、洒落の欠片も無い家でした。    │
     l l、「l \\                            \..└───────────────────────┘
     l l、l l ||.\\                            \
     l l、l l || |\\                   | ̄ ̄ ̄ ̄l  \
     l l、l l || |   l\\         | ̄ ̄ ̄ ̄|    |        |   \
      l\l l. ̄ ゙̄\l」 \l二二二二|        |二二|        |二二二l
     |\l三三三三l  l」 ||  | |\|        |    |        |  |
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

905 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:32:57 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

. ┌─────────────────────┐
. │わたしは、お祖父さんと朝食を共にしながら、  .....│   ...\
. │少しだけ会話を交わします。              │   ..┬
. └─────────────────────┘ ____ {
       | {  !              冫ー―――‐‐‐、`ヾー― ´ 乂
       リ  |  / ̄ ̄`>     /          `ヽ` : ,   ー
         | // ̄ ̄`ヾミ    \----‐-…・・ ⌒      ヽ . ト
        ’  .,:'  ヽ        \    ⌒ヽー‐       ゚ |
        ‘,   {__}          \/ /  ‘.     {  リ
         ′´、少′ =ニ          /     }       乂ヘ
.        /  {                 {   / /      / `
       /   \               _,ノ  ′    { {      「……今日の朝食は……普通だな」
.      /   、  `            /   /   ∧     乂__
       ー┐ ′           /      ノ } |    .{リ
         {{{{い\        ,′   r‐ ´  ,ノノ} ト、  {
          ゝ---'′ \        |     |      {__j   }ニ}
             〈 ̄ `ヽ  }            j         -=ニヘ--





             /   /      |   /|         / !  |
               /  ,.       |  /_,,|           /、_|   ハ
             ′ /{      .:|  |'::::|      /| ,ハ:::::|  .{-{
           |   /│       ハ 孑''゙!        :::|,′ ̄V |~゚:,
           |  .′|::.      |  V|  ゚:, {   .:::::||     \| ‘。j        「ええ、普通ですねぇ。だってわたしが作ったんですから」
           |  |  :,:::::::..   三三三三:, ゚。  ::::::::|{三三三三三`{
              :, |  :,::::::::::.   | {|///|}   乂ー―‐'   {|///|}  .′       「もし文句があるのなら、自分でちゃんとチャチャッと
               ゝ|   ヾ}:}:::::::::リ `¨¨´             `¨¨´  //   .: ::/   作りやがったら良いんじゃないですかねぇ?」
                    リ`ーr‐         j            /イ   .:::/::::::
                 | ゚。::::|                   `ヽ::/:::::::::::
                      ,′.゚.::ハ                     /:::::::::::::/:
                 / ./ィ゚,::入        ______,,..ノ      /′ :::::::/ー
                   //  ’ ::::> ..            ..   ´ .′ : :::/ /
. ┌────────────────────┐  ¨´     ′ :::/ //
. │口数少なく、言葉も少なく、その割には       │
. │口が悪く気遣いも足りないお祖父さんに、     .│
. │わたしはいつも通りの軽口を返します。      │
. └────────────────────┘

           ┌────────────────────┐
           │何回、何十回、何百回と、幾度と無く、     ....│
           │細部を微妙に変えながら繰り返された、    ....│
           │まったくもっていつも通りの、やり取りです。    .│
           └────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

906 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:33:29 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

       {    |  { 、 ゚。/                       \
      \\ゝ ∨ヽ...}⌒ヽー―‐‐‐‐……・・・    \      ┬
      /./}"""´  ノノ     ー―――……  - .,   \____ {
       | {  !              冫ー―――‐‐‐、`ヾー― ´ 乂
       リ  |  / ̄ ̄`>     /          `ヽ` : ,   ー
         | // ̄ ̄`ヾミ    \----‐-…・・ ⌒      ヽ . ト
        ’  .,:'  ヽ        \    ⌒ヽー‐       ゚ |
        ‘,   {__}          \/ /  ‘.     {  リ
         ′´、少′ =ニ          /     }       乂ヘ
.        /  {                 {   / /      / `
       /   \               _,ノ  ′    { {    「……いや、それはお前の仕事だ」
.      /   、  `            /   /   ∧     乂__
       ー┐ ′           /      ノ } |    .{リ
         {{{{い\        ,′   r‐ ´  ,ノノ} ト、  {
          ゝ---'′ \        |     |      {__j   }ニ}
             〈 ̄ `ヽ  }            j    .┌──────────────────┐
           }、           ,.  ´     │お祖父さんもまた、いつも通り、        .│
           / \     ,.   ´     /   │わたしの軽口を軽くかわしてから、      │
.          〈{  } }   -´┐´       / -=ニニ│静かな独り心地に入っていきました。     │
            ー―′ -=ニ{       -=ニニニニニニ└──────────────────┘





      /             .ゝ.|__
     /     _ノ           <
   //  <彡ィ           .、ヽ
   /   丿 /|     /        ヽ l
  //    !.|../`|    l /=|      ヘl .l
. / | .|   | | r==x、    .lィ | |     冫、|_    「まったく……だったら、ケチなんて
..| ヽll  ゙.ぃイ |)/|.ヘ____/:r==x!l∨    | .Tー-    いちいちつけないもので欲しいですねぇ……」
. |  ゛.ヘ>、_| 弋シ    |)/|ヾ .|/   ./ / /
 ヽ    | ヽ    ,   弋シ /    / / ∧
     / ハ \  △  u∠- .._/ニ'´   ゙ 、
二ゝ  ./ / .|: .冫、  ,.‐--< ̄ ̄/       \
   ./ / / '___./    `` ー 、    ゙、
_r'_/--'  ̄|           l     ヽ
.          |            | 、     \


               ┌─────────────────────┐
               │誰に似てるのか、一体どこぞの血筋なのか。   ..│
               └─────────────────────┘


      ┌────────────────────────────────┐
      │マイペースを邁進し続けてはや幾年、とうとう孫にうだうだ文句を垂れる   ...│
      │お歳になりやがりました、とでも何処ぞの誰かに何故か紹介したくなる   ......│
      │様なお祖父さんにいつも通り呆れながら、わたしは自分の分の食器を   ......│
      │片付ける為に立ち上がり、キッチンへと足を向けました。            ..│
      └────────────────────────────────┘

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

907 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:34:02 ID:b5ebca77

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜
   :.:.:::.:::.:::.::.::(
..       :::.:::.::.::ヽ
:::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....            ┌───────────────────┐
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....        │ふと、窓の外の景色が目に入りました。   ...│
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...      └───────────────────┘
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                 ):::..        : . : : : : : : : : .
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..


           ┌────────────────────┐
           │見慣れた景色、風景、光景、そして青空。    │
           └────────────────────┘



゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

908 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:34:39 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜



                 /                  \
                /                     ヘ
               /                       .ヘ
               l /     / イ                |
               |/|     | ハ      /l         .|
                |     |/ .|     / / /        |
                ヘ|、  /  |/|   / | /|       /
                / \ ヘ z==  ヘ_/  |/ | /     / |     「……今日は、散歩でもしてみましょうかねぇ」
               /  | \|       ==ミ ヘ/  / / ヘ
             /   .|  |     ,      /  / ´ |   ヘ
           /   r-y  ∧  、   ,   /__/ /  |    .ヘ
         /    /|./  / / \        /   ./   ヘ     ヘ
        /    ./  /  /_ -|  ヘ ‐  ‐   /  ./l    ヘ     ヘ
/\    /     /  /  /‐  | /ーl ̄   /  / ヘ     ヘ     .ヘ
/ ̄   l     /  /  /  _ _|/  ・  |   /|  /  .ヘ     ヘ     l
      |   /   |  |ヘ/  |  ・  |__/ヘ |  ./ | ./ヘ     l     .|
      |  /    |  | ヘ  _- |   ./ |   ./  / ./  |     |     |
      ヘ/      .|  | .ヘ   .|/   |  /  //    |     .|    .|
\    /       ハ  ヘ  .\/|     -/  ./      |      |    /


     ┌────────────────────────────────┐
     │家を少し、早めに出て。朝の少し、冷たい空気を吸って。            ..│
     │少しだけ、遠回りをして。少しばかりの、運動もして。                .│
     │帰りには、少し買い物でもして。途中で友人に逢えば、少し話でもして。   ....│
     └────────────────────────────────┘

         ┌───────────────────────────┐
         │そんな、平凡だけど平穏で平和な一日を、今日も送って――    │
         └───────────────────────────


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

909 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:35:13 ID:b5ebca77





     ┌──────────────────────────────────┐
     │――……いつも間にかわたしは、夢の中の世界のから戻って来ていました。   ..│
     │いつか来た道の様な、いつも見ていたかの様な、そんな、夢でした。       ......│
     └──────────────────────────────────┘



              X:,丶: \: : : .,            " ̄ ̄ ヾ/: : : : : :/:./:./: : : ∨
            ./: :ヽ \ヽ\: :\ ゚             ゚/: : : : : :': :/〃: : : : :∨
            ': : : : : : ',: :ヾ∧  ̄       l     ゚ ムイ: : /: : 〃: : : : : : : :∨
            ./: : /: : : : :,: : : :∧ ゚             /イ: : : : ,' : : : : : ',: : : : ∨
           /: : / : : : : ∧: : : : ト     `  --   ゚   イ : : : : ,: : : : : : : :' : : : : ,   「……まったく、どうせ観るんなら、
          ./  イ: : : : : : : :! : : : |: :>             イ: :,: : : : /: : : : : : : : ', : : : : ,   もっと分かりやすくて、優しくて、
         //: : : : : : : : : :!: : : :l: : : : >      </: : : ./: : : :,': : : : : : : : : : ,ヽ : : .',  楽しい夢でも、観たかったんですけどねぇ……」
       /: : : :/: : : : : : : !: : : :! : : : : : |    -     !: : : :|: : : :,': : : : : : : : : : : l  , : : '
      /: : : :/: : : : : : : : : ': : : :' : :/ ̄}        |--、 |: : : l: : : : : : : : : : : : !  ',: : :!
    /: : : :イ _=、 ――‐/ : : / ̄    /        丶!  ! : : |――――‐ー|  : : !
   /: : ´/: :/´   \  / : : /     |/          |   ,: : :!       /-、!  |: : |
 //   /: :/     / / : : /     !           /.   !: : |     <    ヽ  |: : |


      ┌────────────────────────────┐
      │なーんて、心にも無い心音を呟いてしまう程、             ..│
      │わたしは、幸せだけど切ない、何とも不思議な心持ちでした。   ....│
      └────────────────────────────┘


   ┌───────────────────────────────┐
   │とても良い夢だった筈なのに、とても嬉しかった筈なのに。           .│
   │あんな夢を観た、観たかったけど、観てしまった事が、とても悲しくて。  .....│
   └───────────────────────────────┘


.

910 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:36:09 ID:b5ebca77



      ┌────────────────────────────────┐
      │こんなにも幸せで不幸な夢を文章に表す術も、最早思い浮かばなくて。     │
      │だからわたしは、こんな事を書いて、ペンをポンと置きました。          │
      └────────────────────────────────┘


            _____/                   \
                \      _....___----‐-77.           \
.            /  _...- 二........-‐彡-/           {_ア
      .-    ./ _.-   / ..-‐''゙゙_ ‐'´  ハ  /        ハ
    / ....\  ノ'     / .L==---、    l | i      ヽ.  |
.  /       ̄` 、  _../    _____..ノ    | i |l  |.    |  |
 イ \...         \   _/∨  i      | ∨ \|.     |   i
  \ \__        ヘ ̄ ̄ |芹芋ミ l     |芹芋ミ i    /  / 、       「……『今夜も良い夢が、観られますよいに』、っと」
   `ヽ-7-二_ヽ、    /   | {.:J刈 \__| {.:J刈 /.   /  /  \
     i/: : : : : :\ヽ / l    | 乂_ツ      乂_ツ//  /. /.    \
   /: : : : : : : : ヽ /リヘl.\___|       '      ゚/  / /.       \
 /: : : : : : : : :∨=ノ  / ヽ  ヽ  ゚            ̄/  /.          \
'´: : : : : : : : : : /  __/_  ヽ   ヽ    、  ノ    /.  /            \
: : : : : : : : : : /__/: : : : \  i   |\         .//  /` - _.          \
: : : : : : : : : /: : : `: : 、: : : :ヘ l. |  |:::::::l`  __  イ 〉l   |:::::::::::::::/--、
: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :ヽ.|/  ハ::::::i.       /:::|.  |::::::::::/: : : : :\
:. :. : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : i  i \:::l‐-、.  _- /:::::|  |::::::/: : : : : : : : : \
: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : /  /\. \   ´ /::::/l.  |/: : : : : : : : : : : : : \


     ┌────────────────────────────┐
     │ささやかな願いを、明日からの夢の中の世界に託す様に――  ......│
     └────────────────────────────┘


.

911 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:36:40 ID:b5ebca77















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



─── ─────────── ─── ──  ─…



─────────── … ……



_________



__ __





             .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|
             .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|
             .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \
   / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\
 /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |
/   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |
     |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.:;.:,.;.,|. .|  \ |
     |         |_________.|. |   \
   ./.|        /            \|    |
 ././|      /               \   .|
//  |     ./                  .\ .|
/   |   /                     \
     |  /     .,..,.,;:,;:,.:               \
     |/       .;::,..;,:.;:.;::""'     ┌──────────────────────────────┐
   /                        │――その次の次の五日後の前日、やっぱりわたしは夢を見ました。    │
  /                         │わたしは、くらくらする程に長く暗く、歩くのが苦しい廊下を、        │
/                           │おろおろ、とぼとぼ、ぞろぞろと、歩いていました。              .│
                             └──────────────────────────────┘
                                "".;:,.;:,.      \
                                          .\

912 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:37:14 ID:b5ebca77



   ┌─────────────────────────────────┐
   │歩いているのはわたし一人ではなく、沢山の人たちがいました。          .│
   │なのに不思議と、安心感や連帯感なるものは、まったくありませんでした。    .│
   └─────────────────────────────────┘


   |:::::::::::/:::/:::i::::::::::::|  \\::::::::::::i:::::::::::
   |::::::::: |::::|:::::|:::::::::: |   ー-\::::::|::::::::::
   |::::::::: |::::|::::ハ::::::ノ:|      ィ歩ミォ::::::::::
    .:::::::: !::::!:::| !/:::::|    仡。心i::::::::::::
    、::::::|::::|:N |/イ心.    乂z::jり|:::::::::::
    ∨:|:::::::::|〈 {。:::j     `¨´八::::::::::
     ∨ヽ::::ハ∨zツ   ,     |::::::::::  「……Ich werde tun、 ist zu gehen, wo gebracht?」
      .:::::\从        _   .′::::::
      |::::i:::::`:::\   r ´_ノ /|::::::::::::
      |::::|\::::::::::|>─   -イ! .!::::::::::::
      |::::|ィ´ヽ:::::|  \ ̄`∧ .|  }::::::::::::::
      |::::|   |:::::!    \/ハ∨ヽ ,:::::::::::::
..     Ⅵ!   !::::{   / // | | .| \::::::::::
        ∨  |::::ト、 〈 〈/ |//    ヽ::::::
           . .|::::|  、  ̄ `Y´       ∨
            \::::|  \   |o





                _ ,. - ヘ
             . :イ/: :/: :F=z.、  _
             /::: : l/: :/ l : /^^`ヽi}ミハ
           /:::: /: : l: : l: :l: /    `ヽiハ
.          //::: l: : /l : l: :l/´ ̄ `    ∨i
         /イ:: : l: :ム:l : l ltf示ヾ   _ヽ i: !
        ノ l::: : l:/ヘl: l:ハ: l弋ソ     fiカ {: l
        ノl::: :/lハゞl/ ハl        ヒソ/: :l
         ムイl/::::. ーl: : 八      ' l : :l
            ムイ_ノハ: :l     ^  .: l/
         _,. く:丶\l: l 丶    . イ: /l   「Ich scheine、 Sie eine Dusche nehmen zu lassen……」
     _,.  .::::::::::::Vハ j:/ヽ イi `¨ ´ l:l /
    /`ヽ :::::::::::::::::::Vハ   /i ヽ   ノl/     「Sicher das Stinken……」
.   /::::::::::',::::::::::::::::::::Vハ ハY/:ヽ
    .:::::::::::::::',::::::::::::::::::/、:::∨/:}'ハ:::::l
  r'::::::::::::::::::',::::::::::::::/:/::::::l:{:八iノ::/
  /::::::::::::::::::::::',::::::::::/:::\::::::7| | i:::〉


    ┌───────────────────────────┐
    │皆一様に、暗い顔と臭い体をしていました。              .│
    │卑屈で窮屈そうな彼らを見ていると、なんだかわたしまで、    .│
    │陰鬱な面持ちになってしまいそうで鬱々としてきました      ....│
    └───────────────────────────┘


.

913 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:37:45 ID:b5ebca77



    ┌────────────────────┐
    │……わたしたちの先を歩く兵士さん達は、     │
    │まるで鉄の仮面を付けているかの様に、     .│
    │徹底的に無感情、無表情です。          │
    └────────────────────┘


                       ,イ  ,イ  ,イ,イ
                      __/.ム_/./  レ'レ'
           > ´i       ヽ=, ,.--., .二7
        > ´:::::::::::|        /″ .//
       > ´:::::.==ニ<l_        //
       ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !! . ./´   ,イ,イ ,イ
        ∧:::::::j マヘ  ;      .|ト     レレ //
          }::::ノ マヘ¨      ||          /'
        >¨ベ 、i      {¨:」
          ,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|
       , 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l
       ,'7::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|
       i::::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|
       ∧:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}
      ∧:::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,
.       ∧:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|      「…………」
         ∧:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「
          ¨i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、
.    ,イ  ,イ  ,イ,イ . _.∧::::::::::∨ |::::::| !」
..__/.ム_/./  レ'レ'::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,
ヽ=, ,.--., .二7:::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<
. /″ .// :::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |
    //..¨i  ̄ ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i
   ./´   ,イ,イ ,イ.::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ
       .|レレ //:::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚
       .|:::::::./'.::::::::::::;::::::::::j::::::j

      ┌───────────────────────────────┐
      │別にYみたいに馬鹿みたいなバカ笑いをする必要は無いでしょうが、   ....│
      │どちらかと言えば愛想悪いわたしですら出来る                 │
      │愛想笑いの一つでもすれば、随分印象も良くなると思うのですが。      │
      └───────────────────────────────┘



   ┌─────────────────────────────┐
   │……まあ、よくよく考えなくても、彼らがわたし達を             │
   │くよくよさせる事は仕事でも、よくする必要はありませんでしたね。  ....│
   └─────────────────────────────┘

        ┌────────────────────────────────┐
        │夢の中の世界だからなのか、そんな事はすぐに分かってしまいました。    │
        │まあ、そんな損な事など、別に分かりたくもなかったのですが。          .│
        └────────────────────────────────┘


.

914 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:38:38 ID:b5ebca77



   ┌────────────────────────────────────┐
   │ところで、はたしてこれは、この有り様は、夢の中の世界だからなのでしょうか。    ...│
   │皆一様に暗い顔で、薄汚れていて、周囲の景色も同様で、恐らくわたしも同様で。    │
   └────────────────────────────────────┘

       ┌────────────────────────────────┐
       │まるで、土曜の夜の淀んだ盛り場のくすんだ空気の様な空虚な世界で、    │
       │清潔感も現実感も欠けています。まあ、現実ではなく夢なので、        ..│
       │ある意味当然と言えば当然なのですが……                     .│
       └────────────────────────────────┘




.       八 : 、\: \.......\         `     { .|
     / : \`ー\   │             |
      / .: : : : : : : : |    |       ´ `   / .|    「でもどうせなら、もっと綺麗で楽しい夢が観たかったですねぇ」
.     / .: : : : : : : : : |    ト             /   l
    / .: : : : : : : : : : |    |  `   .. __ ィ |     |    「こんなんじゃあ、夢日記を徒然綴るのも、
    .: : : : : : : : : : : : ハ.    |       |: : : : .|     |    億劫になるというものですよ、ええ……」
/ : : : : : : : : : : : : : : ハ   |       |: : : :..ハ   ト、
 .: /: : : : : : : : : : : : / ハ   ゚.      |、⌒ヽ: ゚.  {  :,
 :/: : : : : : : : >      :,  ゚        { \  \:,   ;  ′
::/: : : :>          ′ ゚:.,_      l    ∨ ∧.,__ハ
:{|: : :/\ \          '. ゚: 、 ヽ  / |    ∨ ∧ ハ ,
:{|: :/   \ \        '. }\      |    ∨ ∧  }ヘ

915 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:39:22 ID:b5ebca77



        ,.': : : :/: : : : : : : : : :}:.|:|: : : : : :.:.ヽ
      /: : : ; ' : : : : : : :,ハ: :/:.ノ:ト、: : : : : : :ヘ
      ,: : : :/: : : : : :/: /  ,!:/ : | ヽ:.:.i: : : :.‘,
.      .: : :./:/: :.: :.:/}_/_/ |: : :./:} _:_|: : : : : :.
     i: : /:.; : : :,:./´匕   |: :./j/ ´  j;ハ:`:.:.i: :.:.
     |{:/ : i:/.:/ x≠ュ  |:.//  ィ斧ミx‘, |: : :i
.     八: :_:|: :.:/ f´{::::r'j゛ j/   {::f:rj j} Ⅵヽ:.|
.       f´r|: :,′{ 弋:ソ         ゞ゚ '  ,'}jノ  ヾ
.      |t八:{          ,       ,ノ
        ゝゞ ヽ  u.             ,ェz
       _` ー: :.、      ( つ    イ厂
       ∨/7{三}、>       /Ч: :、   「Ist es ganz recht? Ich sehe blass aus……」
           ̄,: : :i 寸} i  ` ー‐ i´   |.: : :.
        /: : :.|   ,!     , ク:\ !: : :.i
.         ,: :.: :.:|  /:|`> r‐ ´ /:::::::::::\: : :|




   ┌─────────────────────────────────┐
   │わたしが独り心地で密やかに今日の夢の世界にダメ出しをしていると、     .│
   │ふと、隣に並んで歩いていた妙齢の女性に声をかけられました。          .│
   │どうやら、夢の中の世界のわたしは、珍しく他人から心配される程度には、    .│
   │体調、あるいは心調の心証があまりよろしくなく見えてしまっている様です。  ....│
   └─────────────────────────────────┘

      ┌──────────────────────────────────┐
      │別段不良な事も無いので、わたしは若干作った愛想笑いを返しました。     ......│
      │要らぬ杞憂とは言え、せっかく赤のアカなわたしを心配して下さったのです。    │
      │無愛想に無視するのは無礼過ぎるでしょう。                        │
      └──────────────────────────────────┘


 .\  \     \ 、ヘ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∠-‐‐/   /     /
   \ \` 、   \`:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;--‐´   /  //   /   /
     `ー  `ー―‐ `-‐‐-----------‐‐‐‐‐‐‐‐‐' ̄ ̄      /__/ /  /     /
      ∧                              :::::::::::     .|//     /|
       ∧    :::::::::::::::                     :::::::::::      /      / |
    |    ∧   :::::::::::::::     ________ ィ   :::::::::::      /      / |
    |    ∧   :::::::::::     `ー――――――‐ ';;;    :::::::     /       /  |
    |      \ :::::::::::::::                 ゝ   :::::::::::   /       |  ヽ
    |     |  \                             /         |
    |     |    \      ;;;;;;;                 /          |
    |     |     | \    ;;;;;;;;;;;              / |           |
    |     |    /   | >                 <|  | |          |


  ┌─────────────────────────────────────┐
  │……ほら、この通り。どちらかと言えば愛想が足らぬわたしでも、              ...│
  │夢の中の世界では、愛嬌溢れるわたしです。                           .│
  │きっと彼女も、思わず愛でたくなる程度の愛らしさを感じてくれたことでしょう、多分。   ...│
  └─────────────────────────────────────┘


.

916 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:40:09 ID:b5ebca77



     ┌─────────────────────────────────┐
     │ところで、夢日記を付けるきっかけの一つとなったのが、             ....│
     │かの友人Yによる、明晰夢を観られる様になる、という怪情報なのですが、    │
     │今のわたし、実はぶっちゃけ正直な所本音を申しますと、            ......│
     │かなり意識が一式ハッキリしちゃったりしています。                 .│
     └─────────────────────────────────┘


   ┌───────────────────────────────┐
   │生憎と所々よく思い出せない思い出は多少あれど、              │
   │意思は明朗意識も明快、視界は良好手足も軽快、              ..│
   │正しく明確に明晰している状態なのです。夢の中の世界なのに、ね。    │
   └───────────────────────────────┘


.                 _____
                 | |      |
                ,-、.!     ノ、
                {∃|     モョ.}
                ', | |_____|γ
.                i L二二二二i !
                ; ;      | ',
.                ; ;       !. ',
             γ¨,' ; v --- ~、_, i. ;⌒)
              i、_;___r7 `i    i_!_ lノ_>
              〉___ノ)i人.  N、 r.、辷7、
             i  / /;;;;;;|__ノ;;;;;;;! \ |
.             ',    i      j|   /
              ;   | 、 `´ /!  / 、
              |   !}. j - i.  |  / |  、
               イ   / ハ   /7 |. / !   、
             / ', / γ ┌────────────────────────────┐
    , --、      ,.'.   ',l /: : │さすが夢日記、ありがとう夢日記。                   ....│
    !/´⌒   ., .' , '   iい: ノ..│ぶっちゃけあまり楽しく無かった夢の中の世界を、         ......│
    \______,  ' , '     i:.゙: : : │こんなにもクリアな気持ちで送る事が出来る様になりました!     │
     ー―‐,-    /   |: : :/ └────────────────────────────┘
       /    /    /7:./ /: : : : : : :.|.     ',   ',',   ;
       ,'    /.   / {_/ /--: : :‐-:_: :i.     ; .  ', ',  ;
┌─────────────────────────┐
│と、わたしは思わず、夢らしき何かを綴った、        .....│
│切れ切れの紙切れの集合体を高く掲げてしましました。   │
│感謝の想いを、何処かの何者かに示すかの様に。     ...│
└─────────────────────────┘
        i__/:./、__/.    ;   ;.     '.,   '.,  /   /
       /___/.:.:.:,:.'     ;   ;       ',    '.,    /
       ヽ___//.      ;  ;        ',    '., , '
        /./. /       i  ,'.        ',.    〈

917 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:40:42 ID:b5ebca77


            ,  -‐  ̄ ̄ ‐- 、
          /: : : : : : :!_=ニニニニニ=_` 、
         , ' : : : : : : : : |_ -‐-ヽ__ |_-、`:` ‐、
        /: : : : : : : : : :,'´         `ヽ,:i: :',
       ,': : :|: :|: : : : : ,'    _       ',l: : l
       ,' : : :|: :|: : : i : ! -‐ ´     ヽ   i: : |
       i: : : :|: :|: : : |: :|           ` |: : |
        |: : : :|: :|: : : |: :| x==、      __  |: : :!
      ,': |: i: l _|: : : i: :|{.い:ハ     んミx ,': : :|
      / : |: ', / |: : : :' :|弋_:ノ     !::リ } , ::i : ,
     ./ : /!: :`l l : : : |`!        ¨´ ,' : |: ,'
    /:/ .|: : i:|ヽ', : : :!         ,   ': : ,'V
    '´  レ´ .!: : ',: : |      __    ./: : ,
.            |: :|:iヽ,:|` 、   ´ `  /: : /   「……Dieser Gefahrte tut was?
          レ'├i、`、  ` -  _ , ' | : :/    Seitdem vor einer kleinen Weile nur bezuglich des Monologs……」
           /i   ' `' 、 .ト、    レ´
       ,  ´  |   .',  .`,| rヽ 、
    , '´       |.    ,  /ミ/h!',ヽ` 、
   /  \     |     ', / |.i.|ヾ', 丶 ` 、
   ,     ヽ    `‐-,   ,.  |.| ! ',ヽ/   i





           -――- 、
.       /::::::::::::::::::::::::::::::`丶
    /:::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::\
    ′ :::::::::/ |::|::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::/::/  ',:ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::',
.   '::::::::: :!::l .ノ  トヽ:::::|!::::|:::::::::::|::::::i
  |:::::::::/|::|´   ヽ.-\l|:: |:::::::::::|::::::!
  |:::::::::| l:t‐    シTラ弌ァ:::::::::::|:::::′    「……Ich bin verruckt geworden」
  ||:::::::ハiてハ       辷ノ´|::::::::::ハ:::i
  |!∨∧ 弋ソ        !:::::::::|ノ:::|      「……Es tut mir leid……」
    | |:::', ,,      '''   |:::::::::l::::::|
    | |::ハ   r..‐ュ    |::::::::ハ_ ⊥
    |:斗::::> 、     イ:::::::::|/ ̄¨`ヽ
.    / |:::::::「 |>‐</ !::::::::/      |
   /   |:::::::| 1  .ィY、  !:::: // /   |
   |   |:::::::| | /i| ド∨|::::::レ' /       !
  |  |:::::::! V/l!||| ぃイ::::::! /       l
   Ⅳ  |ハ::|  !レ ||l|」|イ::::://   / 〈
.   !∨,、 |!l::! ヽイ トソ!|:::::レ''ニつ¬  ハ
  (` ┘\い!   !| |」|! |::/     イ  l::|


       ┌────────────────────┐
       │わたしの唐突で突然の突飛な行動を見て、  ....│
       │近くを歩いていた日系人らしき人が、        │
       │ヒソヒソと密かに酷い言葉を呟いています。  ....│
       └────────────────────┘

   ┌─────────────────────────────────┐
   │でもわたしは気にしません、だってこれは夢の中の世界なのですから。     ..│
   │たわ言を言われて嫌な気分になったって、夢から醒めて朝を迎えれば、      │
   │雨が夜更け過ぎに雪へと変わる様に、全ては夢の中の世界の戯れ言へと    │
   │変わる事でしょう、恐らく、きっと、絶対に。                     ......│
   └─────────────────────────────────┘

         ┌────────────────────────────────┐
         │……というか、「狂ってる」って……余りにも的外れじゃないでしょうか?     │
         │わたしは、食う寝るたまに心の中で語りまくるのが好きな、           ..│
         │そこら辺にいくらでもいる程度の美少女なのに……               ...│
         │全く以って、おかしな話をするおかしな人達です。                ....│
         └────────────────────────────────┘


.

918 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:41:13 ID:b5ebca77




    ┌─────────────────────────────────────┐
    │わたしが心の中でぼやっとボヤいていると、冷たそうな兵士がいきなり振り返って、     .│
    └─────────────────────────────────────┘


              / N〃//〃/〃ミヽ\ヽ
             /ゞ/´         ミゝ ', `
             〉彡     ::::::::::    ヾ\` }
              〈 ゞ_  :::::::::::::::::   ミ   〈
             | :|  ̄''=zゝヽ =二 ̄ |: |  /   「……Seien Sie ruhig!」
               .r|ミl ヱ・テ   ヱ・ エ :|ミ|⌒}'
               .l lミ| ミ三  |  三ニ  |ミ|´).l
         ........<::.ゞ、      、      "_/::\:::>.......
     ..........<::::::::::::::://::::.    、-‐=、  / |  l:::::::`、:::::::::::>.......
   /::}|:::::::::::::::::::::::::' ':::::l ヽ   L _ノ     |:  l:::::::::::',:::::::::::::::::/ヽ
  /::::::::|{:::::::::::::::::::::::' ':::::::|  ゝ    /  /   l::::::::::::l::::::::::::::/:::::::::\
/:::::\ヽi!::::::::::::::::::::::l l:::::∧  \_  ̄   /   ,':::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::.:.
:::::::::::::::丶l:::::::::::::::::::::::l l:::::::::ゝ/\\,─‐´,ヘ  /:::::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::.:.:.


   ┌───────────────────────────────────┐
   │などと言って、わたしとぼやぼやボヤいていた日系人の人達を殴りつけました。  .....│
   │……ああ、まったくもう、相も変わらず、夢の中の世界の筈なのに痛いです。    ....│
   └───────────────────────────────────┘

       ┌───────────────────────────────────┐
       │こればっかりは何とも如何し難く、何処かに痛みを移管するなど不可能であり、   ..│
       │全く以って遺憾であり、こりゃーイカンな~、といった具合です。             .│
       └───────────────────────────────────┘




   ┌─────────────────────────────────┐
   │……と、我ながらいー感じのダジャレを心中で語ってしまいました。        │
   │もし今度、Yかお祖父さんに会える事があれば、こっそりたっぷり披露して、  ....│
   │相手をげっそり疲労させてみましょうかね――                    .│
   │と、また洒落たダジャレが思い浮かんでしまいました。              ......│
   └─────────────────────────────────┘

      ┌────────────────────────────┐
      │わたしの密やかなユーモアに、わたしは我ながら独り心地で、  ......│
      │クスクス、ワハハと笑いました、心の中だけで。            ..│
      └────────────────────────────┘


.

919 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:41:56 ID:b5ebca77
━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━


    ┌──────────────────────────────┐
    │……そう言えば、Yは今頃、何処で何をしているのでしょうか?      .│
    │お祖父さんだって、今頃何処で何をして過ごしているのでしょうか?  .....│
    └──────────────────────────────┘


  ┌───────────────────────────────┐
  │まあ未知なのを既知であるときちんと知っているわたし自身に         │
  │問いかけた所で、キッチリとした答えが返って来る筈も無く……       .│
  │問いかけは夢の中の世界の宙の中に溶けて消えて行くだけでした。    .│
  └───────────────────────────────┘



          /               `ヽ
         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |
 r‐ ´     /「}い  / /;;;;;;;;;;;;;;|       |   |
/ ̄oヽ    ∠i | | |;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      .┌──────────────────────────────────┐
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノ;;;;;;/,         ! /   ..│……ああ、そう言えば、夢の中の世界では無い話かも知れませんが、        │
⌒ヽ:./  |    ハ          //     .│Yをかすかに知っている誰かから、Yは黒い三角の証を貰ったと聞きました。     │
: : : ∧   ,    |ハ   ――ァ  /´|    ′.│黒い三角の証だなんて……ピンクならともかく、いくら可愛いというよりかは    ..│
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .  ゝ- ′   イ  /   │凛々しい寄りな彼女でも、あまり似合うとは思えない代物です。           ...│
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  /│失礼ながら、送った方のセンスを疑ってしまいます。                  .│
: : /   / ー┘ー'、____,ィ==}⌒ヽ /_/、⌒´ └──────────────────────────────────┘
/⌒¨¨´: : : : : : : :ヽ: : ;: : :{    O  {: :\__,. -- 、
: : : : : : : :\: : : : : : :} : ;: : :.\      :, ‘,: : : :{: : \
: : : : : : : : :.:.\: : : : :} : ‘・,: ,\  O  }: :‘,: :.:{: : : ∧
: : : : : : : : : : : :.\: :.:}: : :<÷: : : :ヽ.    |‘・,: : :{: : : : ∧
: : : : : : : : : : : : : : : :/・・…:,、’:,: : :\ O|: : :;: : : \:.: : ∧
ー――‐- 、: : : : : :./: : : : : :;: > ’・:,:.\| ,’: : :;‘”ヽ: : : }
━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━

920 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:42:27 ID:b5ebca77
━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━


   ┌───────────────────────────────────┐
   │……お祖父さんとは……最後に会ったのは、一体いつだったでしょうか。        .│
   │わたしの記憶が確かならば、列車に乗せられる前が、最後だった気がします。     │
   │それからは、顔も見てないし息災もとんと聞いた事がありません。          ......│
   └───────────────────────────────────┘


       {    |  { 、 ゚。/                       \
      \\ゝ ∨ヽ...}⌒ヽー―‐‐‐‐……・・・    \      ┬
      /./}"""´  ノノ     ー―――……  - .,   \____ {
       | {  !              冫ー―――‐‐‐、`ヾー― ´ 乂
       リ  |  / ̄ ̄`>     /          `ヽ` : ,   ー
         | // ̄ ̄`ヾミ    \----‐-…・・ ⌒      ヽ . ト
        ’;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  \    ⌒ヽー‐       ゚ |
        ‘, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   \/ /  ‘.     {  リ
         ′;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     /     }       乂ヘ
.        /  {                 {   / /      / `
       /   \               _,ノ  ′    { {
.      /   、  `            /   /   ∧     乂__
       ー┐ ′           /      ノ } |    .{リ
         {{{{い\        ,′   r‐ ´  ,ノノ} ト、  {
          ゝ---'′ \        |     |      {__j   }ニ}
             〈 ̄ `ヽ  }            j         -=ニヘ--
           }、           ,.  ´       -=ニニニニニ\
           / \     ,.   ´     /    -=ニニニニ二二/
.            〈{  } }  ┌─────────────────────────────────────┐
              ー―′ │……ああでも、どうしてわたしとお祖父さんとは疎遠になってしまったのでしょうか?   ....│
                │数少ない、血縁関係にあった、所謂肉親だったのに。                    ......│
                │でもこういう不自然な状況も、夢の中の世界だから有り得るのでしょうね、きっと。      .│
                └─────────────────────────────────────┘


     ┌──────────────────────────┐
     │夢の中の世界から醒めた後に記す予定の夢日記には、    │
     │非常にシュールな世界観が形成される事でしょう。       ..│
     │いっその事、日記風の小説形式にでも纏めて、        .....│
     │どこぞの出版社にでも送りつけてやりましょうか。       .....│
     └──────────────────────────┘


            ┌─────────────────────────────────┐
            │そしたらわたしは、ちょっとした売れっ子美少女作家になれるでしょうか?    │
            │余りにも現実感の無い妄想に、夢の中の世界の戯言とは言え、        ......│
            │思わず我ながらほくそ笑んでしまいました、てへっ。                  .│
            └─────────────────────────────────┘


━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━

921 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:43:00 ID:b5ebca77





       ┌─────────────────────────────┐
       │そんなこんなな下らない事を考えている内に、             ......│
       │やがてわたしたちは、シャワー室とやらの前に到着しました。    ......│
       │冷たい兵士たちは、わたしたちに「ここに入れ」と言ってきました。   │
       └─────────────────────────────┘


          ┌──────────────────────────────────┐
          │明らかに、のんびりシャワーを浴びてじっくりさっぱり出来る様な広さは       .│
          │無さそうでしたが、冷酷な兵士たちは冷静且つ冷酷に入室を命じてきました。    .│
          └──────────────────────────────────┘


  __                       ______
   :||                        ||┌────┐|| .φ
   :||           θ           ||│ ____,,│||::ミ
   :||                        ||│[∥∥∥]│|| ∞
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│.  ̄ ̄ ̄ ;│||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:


       ┌─────────────────────────────────┐
       │……ああ、そうでしたそうでした。これは夢の中の世界なのです。         │
       │きっと中に入れば、この薄汚れた小さな扉からは想像も出来ないぐらいの    .│
       │広くて清潔なシャワー室に大浴場、ついでにサウナとプール付きの、       │
       │清々しく水々しい空間が広がっている事でしょう。                  ..│
       └─────────────────────────────────┘

    ┌────────────────────────────────────┐
    │夢の中の世界は摩訶不思議、何が起こったって不可思議では無いのですから。    .│
    └────────────────────────────────────┘


.

922 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:43:31 ID:b5ebca77








      ┌──────────────────────────┐
      │……生憎と残念無念な事に、中は外見通りの狭さでした。    │
      └──────────────────────────┘

        ┌────────────────────────────────┐
        │人、人、人の肌がピトピトとくっつきまくり、                     ..│
        │前後左右の人、人、人、人の体温を体感させられる程の            ..│
        │ぎゅーぎゅー詰め具合に、ぐぅの音も出ないぐらいうんざりさせられます。   │
        └────────────────────────────────┘


  ┌─────────────────────────────────────────┐
  │いくら夢の中の世界とは言え、不愉快過ぎるシチュエーションでは無いでしょうか?         ....│
  │わたしにこんな夢を観せている(筈の)わたし自身に、謝罪と賠償を請求したくなるぐらいです。    .│
  └─────────────────────────────────────────┘



       | ヽ|\ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉      \l
       l   ヽ_ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//|   |  _\
   ___ ∨\ l      ___      /.   \. |  \          「……まっ、どうせ夢ですし、
 /       |  ヽ     V.:::::::::::::::)    /     \|    \         いつかは醒めて終わるでしょうし……」
/l       /     \            /             ` ー―
. |      /    |  `  、 ____ --l /_ヽ            ー――    「それまでは、少しぐらい
 \___/     |    |/// l_ -‐ . ̄/: /             ヽ       我慢してあげましょうかねぇ……」
\   ___     /    l、: :l/ `7、 /: /              ヽ
   ̄ ̄ /    //  ---:/ /___/ /ヽ/                ヽ
.     |    /    |: : :| /::::://: /                    \
.     |   /     ハヽ: |:::/: : : /                     \


     ┌───────────────────────────────┐
     │わたしの呟いたぼやきは、不平不満を漏らしまくる他の人達の声に   ......│
     │混ざって紛れて埋もれて沈んで掻き消されて、誰に聞かれるでも無く、  ....│
     │夢の中の世界の空気に溶けて、消えていきました。               .│
     └───────────────────────────────┘


.

923 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:44:11 ID:b5ebca77

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒
: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒)::::ノ
 : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~
 : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'".∠二>  ,.イ
     y. : : : : : :):y'"~)           .∠二> /_/
 . . . : : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r        .//
  . . . : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~:ノ:::::'"      ..//
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :            .|/      t‐┐    ___
: : : : : : : : : : : 、                  t‐'└i   ゛―――'
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':                  ̄
: : : : : : : :  : : : : ⌒
 : : : : : . .: : : :,.~ '~
: :  . . : ~'~ソ: :,. y'
   .┌────────────────────────────┐
   .│そして、天上や壁に何個か取り付けられていたシャワーから、  ......│
   .│何故か水では無く、白い煙が吹き出してきて――            .│
: : : :.└────────────────────────────┘















.


924 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:44:42 ID:b5ebca77

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

925 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:45:12 ID:b5ebca77































‐ ‐
二 ニ - ‐ ‐
三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐


926 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:45:57 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

  ┌──────────────────────────────┐
  │――そこで、夢の中の世界は終わってしまいました。             │
  │わたしは何時の間にか、暖かいベッドの上で横になっていました。   ....│
  └──────────────────────────────┘

      ┌────────────────────────────┐
      │わたしは半分だけ体を起こして、情けないあくびと共に、      ....│
      │気怠い眠気を吐き出しながら、目覚めの独り言を呟きました。   ..│
      └────────────────────────────┘


              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /-――-- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
              /  -----   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           //       `ヽ  \::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        -=彳 ー=彳 : :|   : :. : ゝ-{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          /     {  :..:|、 {: :}: : : :} }:.:.:.:.:.:./:.:.:.:i
           {   ‘。「乂__「\∨: : :} } {:.:.:.: /:.:.:.:.:.}
           乂ト、い=ィ   =ィj: } /}ノ! V:.:/⌒!:.:.:.|
          }/  ハ  '  u. 厶ィ゙/: :ハ ∨  |:.:./
         /  {_:_:>/.,_ /' /: : : : : } ノ   }ィ
           乂____/∠{: : ノ} 乂_:_:/:_ノ'"
          / } ミ{⌒Y´/  ヽ:.:.:.:.:`ヽ      「……ふわぁ~~……なんだか、
         . ′ j:--┴r: 、イ : : :}/;.:.:.:.:.:.:.      とっても息苦しい夢でしたねぇ……」
          /  ./{...................{  : :い.:.:.:.:.:.:.:.
.         /  .{........................乂 : :} ) :.:.:.:.:.:.
.┌─────────────────────────────────────┐
.│夢の中の世界の終わりは、曖昧どころかロクな欠片も残っていなかったのですが、     .│
.│妙に息が苦しかった、と感じていた事だけは、なんとなーく、覚えていました。        │
.│きっと、悪夢的なロクでも無い夢だったのでしょう。内容が朧気で助かりました。     .....│
.└─────────────────────────────────────┘
.            | r'ー--\____}-- ´ハ
         _,,ノ-=彡:.:.:.:.:.:.:.乂_:_: :`ヽ:.:.:.:.:.
    ,,  '":.:.:.:.:.:.:.:. .┌───────────────────────────────────────┐
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.│本当に怖く恐ろしい悪夢って、地味に嫌な思い出として残ってしまいますからねぇ……     ..│
.   /:.:.:.:.:.:./ `ヽ:.:.:.:..│都合の悪い事を忘れるわたし、というか人間の脳を作った神様に、ちょっぴり感謝です。     │
  /:.:.:.:.:/    \:..└───────────────────────────────────────┘
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

927 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:47:05 ID:b5ebca77

゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

    ┌────────────────────────┐
    │窓のカーテンを開けると、そこには雲一つない、       .│
    │これでもかと言うぐらいの青空が広がっていました。   ...│
    └────────────────────────┘



,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''

       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,


   ┌─────────────────────┐
   │思わず喝采したくなる程の快晴ぶりに、       .│
   │本来見えるべき朝の光をさっぱり見過ごし、     .│
   │いや寝過ごしてしまったのも忘れて、         │
   │暫しの間、すっかり見入ってしまいました。      .│
   └─────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

928 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:47:36 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

  ┌───────────────────────┐
  │快晴に一通り見惚れた後、台所に向かうと、      ..│
  │何やら小難しそうな本を読んでいたお祖父さんが、   │
  │子憎たらしい不機嫌顔で一言。              ..│
  └───────────────────────┘

      \\ゝ ∨ヽ...}⌒ヽー―‐‐‐‐……・・・    \      ┬
      /./}"""´  ノノ     ー―――……  - .,   \____ {
       | {  !              冫ー―――‐‐‐、`ヾー― ´ 乂
       リ  |  / ̄ ̄`>     /          `ヽ` : ,   ー
         | // ̄ ̄`ヾミ    \----‐-…・・ ⌒      ヽ . ト
        ’  .,:'  ヽ        \    ⌒ヽー‐       ゚ |
        ‘,   {__}          \/ /  ‘.     {  リ
         ′´、少′ =ニ          /     }       乂ヘ    「……孫よ、日々の支度も忘れてまで
.        /  {                 {   / /      / `   貪った惰眠の味は、美味かったか?」と。
       /   \               _,ノ  ′    { {
.      /   、  `            /   /   ∧     乂__
       ー┐ ′           /      ノ } |    .{リ
         {{{{い\        ,′   r‐ ´  ,ノノ} ト、  {
          ゝ---'′ \        |     |      {__j   }ニ}
             〈 ̄ `ヽ  }            j         -=ニヘ--
           }、           ,.  ´       -=ニニニニニ\


 ┌────────────────────────┐
 │……相も変わらず、そこら辺にいる程度の美少女な  ......│
 │孫にまで手厳しいじじい、いえお祖父さんです。     ......│
 └────────────────────────┘


               /  ,.       |  /_,,|           /、_|   ハ
             ′ /{      .:|  |'::::|      /| ,ハ:::::|  .{-{
           |   /│       ハ 孑''゙!        :::|,′ ̄V |~゚:,
           |  .′|::.      |  V|  ゚:, {   .:::::||     \| ‘。j
           |  |  :,:::::::..   三三三三:, ゚。  ::::::::|{三三三三三`{       「ええ、とっても美味しゅうございましたですよ~」
              :, |  :,::::::::::.   | {|///|}   乂ー―‐'   {|///|}  .′
               ゝ|   ヾ}:}:::::::::リ `¨¨´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`¨¨´  //   .: ::/  「なので、ぜひお祖父さんにも、
                    リ`ーr‐   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    /イ   .:::/::::::   同じ体験を味わって欲しいですねぇ」
                 | ゚。::::|                   `ヽ::/:::::::::::
    --- 、            ,′.゚.::ハ                       ┌───────────────────┐
/      ヽ         / ./ィ゚,::入        ______,,..ノ       │などなど、ぶつくさと、フライパンを片手に    │
    --- 、 }          //  ’ ::::> ..            ..   ´..│軽口を吐いてあげるお茶目なわたし。    ...│
┌───────────────────────┐    ..└───────────────────┘
│毎度毎朝、たまに昼と稀に夜に繰り広げられる、   ....│  ...ィ{   / //
│いつもの日常的なやり取りです。              .│ . / l   .′//
└───────────────────────┘
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

929 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:48:07 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


  ┌─────────────────────────────────┐
  │それっきりお祖父さんは、またもや小難しそうな本に視線を戻し、         │
  │しばらくは本の虫になってわたしを自然と無視する様な雰囲気でしたので、   .│
  │わたしは散歩兼日向ぼっこ兼夕飯の材料辺りの買い物に繰り出しました。  .....│
  └─────────────────────────────────┘

                             ┌──────────────────────┐
                         乂: : │それは相変わらずの快晴で、SUNの光が燦々と   │
                        ー=彡: : : :│降り注ぎ、少し眩しい上に暑いぐらいです。      .│
                            /: : : : : └──────────────────────┘
                            ,': : : : : : : : : : :/: :|: : : : : : : : : :.ハ: : : : : : : : : : : : : :.',
                           ,': : : : : : : : : : :ハ: :ハ: : : : : : : : :.,' ',: : |: : : : : : : : : : :.|
                            |: : i: : : : : : :|: :|zl::|=',: : : : : : : :.| r=|: :ハ: : i: : : : : :.|: :.|    「うーむ……帽子でも被ってくれば良かったで
                            |: : |: : : : : : :|: :| 从 ヽヽ: : : : :.|   レ  |: :|: : : : : :|: : |
                           |: :.| : : : : : : |: :|z=テミ ゞ;;;;;;;;;;;| rテ≡ミ|: |: : : : : :|: :.,'    「そしたら、紫外線と日光を防止出来たのに
                       从八: :ヽ: :.爪: | p;;;}          p;;;} .|:|: /: : :./: /\
                              >ゞト: |:!:乂 弋ノ       弋ノ  イ/: : イ/: : : :\
                          /: 弋从从       ,         イ/: /: : : : : : : : :',
                           /: : :∧: :.圦           u. /: : :/: : : : : : : : : : :
                            /: : :/.: .',: :.|::ヽ     -     ,.イ: : :/::::: : : : : : : : : :
┌─────────────────────────┐  ._,ィ:::::|: : ,':::::::::: : : : : : : : :
│などとボヤいていると、ふと足元に、気配を感じました。   .│  |::::::::::|: : |::::::::::::::: : : : : : : :
└─────────────────────────┘

                              /\
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     /  /
          /             \   \/ />
                 _______        </
          /     /           \|    ┌─┐
          .′ j/  ,. -―――‐- .,   〉    └─┘
       /   j|:..//-∠、. . . . . /--. \{
        〈_/上|. / o  \/∨ o V/庁=、
         \ |/ ┌──── ┐ ∨ソ/
           )、_;,. !         | ;_/    「おー、にんげんさんじゃないかー」
             ⌒ 介:. 、 ____,,ノイ{
              ⌒7⌒\/\/\'⌒      「おっはー☆」
                ,′ V/, ○∨  ∧
             j__,V/○ j  ′〉
             {___,ノ  人__ク
              _,ノ\冖┘.┌─────────────────────┐
          {丈____\/│わたしたちの可愛い?隣人、妖精さんです。     │
                  └─────────────────────┘
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

930 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:49:02 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

     ┌────────────────┐
     │……ああ、そう言えばそうでした。   │
     └────────────────┘

   ┌───────────────────────┐
   │夢の中の世界じゃない世界のわたしは、         │
   │人類が衰退したこの世界で、彼ら『妖精さん』の     │
   │生態及び状況を逐一調査しつつ、時には交渉、     .│
   │時には交流、時には武力行使も辞さないお仕事、   ..│
   │『調停官』という職業に就いているのでした。       │
   └───────────────────────┘

        ┌──────────────────────────┐
        │微妙に小難しく、仰々しくもあり、さも役人的で         .....│
        │響きだけは立派な職業、かくしてその職務内容とは――   ....│
        └──────────────────────────┘



              / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
            /.::::::::::::::   ´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、:::::.\
           / .::::::::::::/   ____  \:::::::|
        ___/ .:::::::::::::∨   / \. . . . /^\ \,′
          \:::::::::::::::::::::::|  // '⌒ |/∨ ⌒ |\__〉
          `  ――r┴‐| /  o      o│./┴┐
                  \⌒′ r――――┐ レ'  /
                   >ヘ  |      │ ,<   「にんげんさんにんげんさん、このまえあまいものを
                   ^⌒T>乂__   ...ノ イ⌒^   いただいたーおれいに、おまつりをひらきまくりたいのですー」
                    ∠ニ=干‐ 厂}‐r‐厂}
                       { . . . │ |=イ.│|=イ    「おさけとおにく、おびーるさまとすてーきさんが、
                _,,..ノ\ . .│ | 八 |│/     いっぱいたくさんぎょーさんですよ~」
                 /. . . . . . \_|_j,′.〉 ̄
               \ . . . . . . . . . . . (__)ヘ
                    {\. . . . . . . . . . ∧. . 〉
                、::\___/::::}/
                 \::::::::::::::::::::,′:/





       _ イ  _ イ         \
      ー‐/    ̄ ̄|          ー―‐フ
.       /      /|     ハ  .',  ` ̄ ̄
       | /    ./ .l    | |   ',   l |
       | l     .| 7 ∨   i| マ   |   .l |
.      从 |i从  |i|   \  .l  i!\ |   7 |     「……は~い、ぜひ喜んで、参加させて頂きますねぇ~♪」
        7レi\  l.r==ミ  \| .r==ミ 〉  /l ハ
.       ,  ∧ \|///     ///ノ / /イ  '
       ,   ∧.込     '    彡イ  7     .┌───────────────────────────────┐
       //   |  ゝ、  - '   イ  /    ..│歓待という名の接待に満ちた、思わず堕落してしまいそうなぐらい      .│
.      /'.    |  l ≧ 、   イ  l .7    ト..│楽でそれがある意味苦になる時もあるものでしたとさ、ちゃんちゃん。   ..│
    / /   |  |__.|     |__  | |    .ム └───────────────────────────────┘
   / イ, 、----/ 7  _/    八 l | |___ ムマ '
. / // /  〉 / /  |       7 | |   イ- 、| l .|
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

931 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:50:10 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

   ┌────────────────────────────────────┐
   │それからそれから、妖精さんと一通りお話したり、たまにイジイジ弄ったりした後、    .│
   │改めて町へ向かうと、友人兼悪友兼親友のYに、バッタリと会ってしまいました。    ...│
   └────────────────────────────────────┘

         /     }           \
        /     / ノ             、
      /      //   { 、            ,
      .′     }/´    | \         ′
      |    /     |   | ,,.. ,         ;
      -‐   ̄`ヽ /}  /´   ′     |   |    「おお、お前か! ちょうど会いに行こうと思っていたんだ!」
 r‐ ´     /「}い  / /z斗fセ |       |   |
/ ̄oヽ    ∠i | | |㍉ //  _し' |       |    ,    「いや実はね、つい先日、世にも奇妙だが素晴らしい書籍を、
: :o: : : 〉´ i ̄~`ヾ{ノゞ' /,         ! /        .′    図書館の閉架書庫から発券してしまってね――」
⌒ヽ:./  |    ハ          //    ′ |   〈
: : : ∧   ,    |ハ   ――ァ  /´|    ′ ! 八{
: : : : :.〉  ′ :i| :| 个: .  ゝ- ′   イ  /   / ./
: : : :./    } :i| :| :i| |__,> _,.  ´ /  /|  //

   ┌──────────────────────────────┐
   │Y曰く、「行き過ぎた友情で固く結ばれた美少年達」と、            .│
   │「緩くない絆で結ばれた美少女達」が繰り広げる、             ...│
   │愛情と愛憎と欲望と陰謀と動乱と騒乱に満ちた、              .│
   │非常に素晴らしい、いや素薔薇百合しい一大エンターテイメントで   .....│
   │エキサイチングでエロチックな書籍を見つけたので、是非私にも、    .│
   │何処ぞの誰かが遺したエッチな叡智を分かち合って貰いたい、     ...│
   │との事だったのですが、わたしは当然、                     │
   └──────────────────────────────┘


        ___/. : : : : : : : : : : : : : : :\
        \_/: \、__,ノ. : : : : : : : : : : :ソ ;
         / . : : : : Т: : : : : : : : : : : :.:-rく
         ;′. : : : : :」: : : : :_j__」 : | : : : :| : '.
          | | : : :人「|: :|i : :「∨`V|: : : : | : }i
          |: :|: : : {Yf示八__|f示V/: : :/:八ノ;    「あっ、いや、割と本気で嫌な意味で結構ですので」
         \〉: : 从h」    h」〈/ /./. : イ
          个:^T^   '     く_/}′ :│   .「どうぞ、あなた独りで楽しみやがって下さいねー」
          | i 人  [}   U /. : : : : : : |
            乂____〕i: .、__,,. イ{: }: : : : : /
               }三r'ア   __乂_辷__,彡′
┌────────────────────────────┐
│と、あっさりきっぱり断りました。                    ......│
│生憎と、ある意味高層な妄想を心から楽しみながら嗜んだり、   ..│
│冒涜的な煩悩を暴走しながら暴投する様な心意気は、         │
│わたしは持ち合わせてはいませんでした。              .....│
└────────────────────────────┘

    ┌─────────────────────────────┐
    │いくら友人とは言え、お互い超えちゃいけないラインが          .│
    │あるというものです、というか超えたくありません、かなり本気で。    │
    └─────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

932 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:50:41 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

    ┌───────────────────────────────┐
    │買い物を軽く終え、すたすたと家路を辿る途中、すれ違った妖精さんと    │
    └───────────────────────────────┘


                     /\
                   /  /
       ./ ̄ ̄`ー- _    \/ />
      /    _   ヽ      </
     / / _.-''´   ` ー _|_    ┌─┐
    / ./´  ,..rー―‐- 、  |    └─┘
   ./ イ /l ‐´\,-/‐ \l‐7
   |/<-|/  o    o |/
      `ーヽ l ̄ ̄ ̄ノ/>    「おー、でらべっぴんさんなにんげんさんですなー」
       </ー――´\
        | \ ○/  |     「おかえりんごすたーですー」
        |二コ○l二二l
       /ー―‐´`ー´ `l7
      「\_---´ ̄ ̄ ̄´
       ̄





            _____/                   \
                \      _....___----‐-77.           \
.            /  _...- 二........-‐彡-/           {_ア
      .-    ./ _.-   / ..-‐''゙゙_ ‐'´  ハ  /        ハ
    / ....\  ノ'     / .L==---、    l | i      ヽ.  |
.  /       ̄` 、  _../    _____..ノ    | i |l  |.    |  |
 イ \...         \   _/∨  i      | ∨ \|.     |   i    「はいー、ただいまですー」
  \ \__        ヘ ̄ ̄ |芹芋ミ l     |芹芋ミ i    /  / 、
   `ヽ-7-二_ヽ、    /   | {.:J刈 \__| {.:J刈 /.   /  /  \
     i/: : : : : :\ヽ / l    | 乂_ツ      乂_ツ//  /. /.    \
   /: : : : : : : : ヽ /リヘl.\___|       '      /  / /.       \
 /: : : : : : : : :∨=ノ  / ヽ  ヽ              ̄/  /.          \
'´: : : : : : : : : : /  __/_  ヽ   ヽ    、  ノ    /.  /            \
: : : : : : : : : : /__/: : : : \  i   |\         .//  /` - _.          \
: : : : : : : : : /: : : `: : 、: : : :ヘ l. |  |:::::::l`  __  イ 〉l   |:::::::::::::::/--、
: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :ヽ.|/  ハ::::::i.       /:::|.  |::::::::::/: : : : :\


     ┌──────────────────────────────┐
     │なんてやり取りを交わしたりもしつつ、わたしは無事帰宅しました。     │
     └──────────────────────────────┘

   ┌─────────────────────────────────┐
   │……(恐らく)わたしのささやかながらよろしい部類に入る             ...│
   │外見を褒め称える形容詞の前に付いている二文字の意味については、     │
   │少々気になる所ではありますが、ようせいさんの言う事やる事為す事は      .│
   │大体において適度に適当なので、敢えて気にしないでおくことにしました。   ....│
   └─────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

933 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:51:25 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


  ┌───────────────────────────────────────┐
  │そんなこんなで、別段困難でも無い一日を終え、わたしはとっとこ床に就くことにしました。    .│
  └───────────────────────────────────────┘

      ┌────────────────────────┐
      │ベッドの中、ランプの薄明かりに照らされながら、      │
      │今まで観た夢を綴った日記をパラパラと眺めつつ、     .│
      │わたしはふと思いました。                    │
      └────────────────────────┘


      /: :/ /        /_∨ハ     A..ト∨    }l |
       |: / イ       / /ノ ∨'.     | リ ∨   { |リ
       |イ: : :|     { / /z=く j |   //,z=く 1   乂
       |:..: : :| |     ‘。,〃|)j/| / .!   / |)/|′}/ ./\}
       l:..: : :| |    ハ  弋rノ   ―‐ ′弋シ  j  /
       ∨: : :、: \   \ヽ  --          彳T″
.       八 : 、\: \.......\         `     { .|
     / : \`ー\   │             |   「……何だか、中には怖い夢もありますねぇ」
      / .: : : : : : : : |    |       ´ `   / .|
.     / .: : : : : : : : : |    ト             /   l   「例えば、つい先日観た夢なんて、妙にリアリティがある割には、
    / .: : : : : : : : : : |    |  `   .. __ ィ |     |   ただ暗いだけで、まったく救いがありませんでしたし……」
    .: : : : : : : : : : : : ハ.    |       |: : : : .|     |
/ : : : : : : : : : : : : : : ハ   |       |: : : :..ハ   ト、
 .: /: : : : : : : : : : : : / ハ   ゚.      |、⌒ヽ: ゚.  {  :,
 :/: : : : : : : : >      :,  ゚        { \  \:,   ;  ′
::/: : : :>          ′ ゚:.,_      l    ∨ ∧.,__ハ


    ┌────────────────────────────────────────┐
    │夢なのに、夢の無い話に、書き記した我ながら少々辟易してしまいました。              │
    │というかこんな夢の中の世界の内容なんて、一体いつ書いたのでしょうか?            ...│
    │普段のわたしなら、ここまで後味の悪い夢の内容なんて、敢えて残さない筈なのですが……   .│
    └────────────────────────────────────────┘

  ┌─────────────────────────────────────┐
  │夢を形作った筈のわたし自身の行為に、わたしがやったという自信が無いのです。   ....│
  │これではドリームというよりはミステリー、あるいはホラーです。                .│
  │夢遊病ならぬ、夢日記綴病なるものでもあったりするのでしょうか?              .│
  └─────────────────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

934 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:52:03 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


    ┌─────────────────────────────────┐
    │しばしの間、様々な可能性の有無についてうむうむ、むむむと考えた後、    .│
    │これはすぐには答えが出ない問題だと結論付け、                   .│
    │とりあえず今夜の所は、解答を追求するのを放棄しました。            .│
    └─────────────────────────────────┘

        /     /        ヽ  -‐_ノl
.      .′    l    .∧     l    l i
      l      ハ    l | ゚。 l   |    i ト
      !.    ハ l ゚。   リ. ヽl\ |   / /  \
      ゚。    い  \_|.     y  / /.    \
       \ハ  ヽz=ミ    z=ミ/  / /      \
          ヽ\|    ,     イィ/.  ∧    \  \  「……まっ、今日はもう遅いですし、
          ∧.ヽ          |   /、_|_     \   明日にでも気がむいたら、また考えましょう」
         /:::l `>  `  ´ /ィl  /   ̄ー‐、   ヘ
        / ⌒l   | ` ー_/  i.  /       ヽ
       l   |   j_--------、l  ,'         i
.      /|   |.  ハ   |_|  |. ,'          |
.     / |.   l.  /くヽ// ヘヽ-| |.         |
   / ,-‐   !  ,' `l -/  〉-.| |         i
  /   l    l.  i   |::::::ヽ/:::::::|. |         ヽ


  ┌───────────────────────┐
  │……ああ、そう言えば、どうしてわたしは、        .│
  │夢日記とやらを付け始めたのか……            .│
  │そのきっかけも理由も覚えていないのですが、     ..│
  │それを思い出す作業も、明日に回す事にしました。    │
  └───────────────────────┘

     ┌───────────────────────────┐
     │多分ですけど、どうせきっと、下らない理由でしょうからね。   ....│
     └───────────────────────────┘


゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜

935 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:52:35 ID:b5ebca77
゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..:.*・゜゚・*:.。.:.*・゜


   ┌─────────────────────────────────┐
   │今の世界にしばしのお別れ、夢の中の不思議な世界にこんにちわ。      ....│
   │さてさて、果たして今夜は、一体全体、どの様な夢を観られるのでしょうか。   │
   └─────────────────────────────────┘

      ┌───────────────────────────────────────┐
      │……もしも、もしもの話ですが、例えば今が夢で、夢だからこそ説明の出来ない、         .│
      │まるで夢みたいな事があったとしても、今がもし夢ならば、                      │
      │夢なので気にしませんし、気にもなりません。なので問題はありません。             ...│
      │それに、どうせ明日になれば、全て分かる事なのですから、何も怖い事など無いのです。  ......│
      └───────────────────────────────────────┘


      __
        /
      /            ./                  \
       ̄ ̄ _      ./                     ヘ
           /     ./                       .ヘ
            ̄     .l /     / イ                |
           Z    .|/|     | ハ      /l         .|
               ・    .|     |/ .|     / / /        |
             ・   ヘ|、  /  |/|   / | /|       /
                ・  / \ ヘ z==  ヘ_/  |/ | /     / |
               /  | \|       ==ミ ヘ/  / / ヘ       「……今夜もまた……今みたいな、夢の様な、
             /   .|  |     ,      /  / ´ |   ヘ       楽しい夢を観られると……良いですねぇ……くぅ」
           /   r-y  ∧     .   /__/ /  |    .ヘ
         /    /|./  / / \  っ     /   ./   ヘ     ヘ
        /    ./  /  /_ -|  ヘ ‐  ‐   /  ./l    ヘ     ヘ
/\    /     /  /  /‐  | /ーl ̄   /  / ヘ     ヘ     .ヘ
/ ̄   l     /  /  /  _ _|/  ・  |   /|  /  .ヘ     ヘ     l
      |   /   |  |ヘ/  |  ・  |__/ヘ |  ./ | ./ヘ     l     .|
      |  /    |  | ヘ  _- |   ./ |   ./  / ./  |     |     |
      ヘ/      .|  | .ヘ   .|/   |  /  //    |     .|    .|
\    /       ハ  ヘ  .\/|     -/  ./      |      |    /


     ┌────────────────────────────────┐
     │今日のわたしからすれば明日のわたしは、                   ......│
     │一体どんな夢の中の世界を生き、どんな世界を創っているのでしょうか。   │
     │全ては明日の、お楽しみです。それでは皆様、おやすみなさいませ――   ..│
     └────────────────────────────────┘

                     о
                      о
                       ○
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ丶、_ノ⌒丶_ノ⌒丶、_ノ丶、_ノ⌒丶、、

936 名前: ◆fDiWNXi/YI [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:54:01 ID:b5ebca77

以上で投下終了です
長々と失礼致しました!

938 名前:普通のやる夫さん [sage] 投稿日:2016/01/16(Sat) 00:58:27 ID:824766d0

乙です




関連記事
| 00:10 |コメント(1)
カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2016) 普通のやる夫板普通の短編祭 年末年始やる夫三大短編祭 SF・ファンタジー系(2016)

|

<< 普通の短編祭 ◆gql6Jdyl2Q コピーヒューマン思考実験 | HOME | 普通の短編祭 ◆djx0PT1oGo 夜になるまえに >>

■御感想or寝言

53715 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2016/01/30(土) 13:42:06 ID:79D/WHSg

やっぱナチスって糞だわ


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ