【重要】令和五大やる夫短編祭 開催

詳細はコチラ→開催告知

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 twitter 短編まとめ やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2010/04/08(木) ヤラナイオ先生の静かな生活


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.48 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1270049925/
中編 短編投下所20                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270040804/
やらない夫短編投下所13                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1268839995/
戦国時代超短編やる夫                  .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258850377/
やる夫系R18ストーリースレ その5           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1264311808/
ローゼン短編投下スレッド4               .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1262951189/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1267589878/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1269018125/
出演 やらない夫 巡音


52 名前: ◆cAAWxj6UAY [sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:45:55 ID:ikbPsp0d

初めまして。

こんな時間ですが、投下してみます。
原作モノで、93レスです。



53 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:46:37 ID:ikbPsp0d

───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-== ̄ ̄ ̄ ̄  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄-==____  ─____     ─────   _-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄


        もし誰かが、ヤラナイオ先生はどんな人物かと尋ねてきたら、
    
        僕は間違いなく、先生はとびっきりの天才で尊敬に値する学者だと答えるだろう。


───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─  ̄-== ̄ ̄ ̄ ̄  ─ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄-==____  ─____     ─────   _-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄

         


         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
         ┃         『ヤラナイオ先生の静かな生活』                 ....┃
         ┃                                              ┃
         ┃        The Silent World of Dr.Yaranaio            ..┃
         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



54 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:47:29 ID:ikbPsp0d


         
         ┌───────────────────────────────┐
         │ヤラナイオ先生の存在を初めて知ったのは、僕が修士課程1年のときだ。..│
         └───────────────────────────────┘




55 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:48:25 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────┐
│先生は、よく院生室をのぞいて、                  .│
│僕がそこにいると、にこにこしながら入ってこられたものだ。 ....│
└──────────────────────────┘




                   / ̄ ̄\
                 /   _ノ  \
                 |    ( ●)(●)
                . |     (__人__) 
                  |     ` ⌒´ノ
                .  |         }     どうだ? この頃、調子は
                .  ヽ        }
                   ヽ     ノ  mm
                   /    ̄ ̄ ̄ つノ
                   |    | ̄ ̄ ̄



                             ┌────────────────┐
                             │それがヤラナイオ先生の挨拶だった。.│
                             └────────────────┘

56 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:48:53 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────┐
│ヤラナイオ先生は、当時33歳で、大学の助手という身分だった。  .|
│                                        .....|
│  先生は、                                  |
└────────────────────────────┘



                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \  ( ;;;;(
                   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                   |      (__人__) /;;/
                .   |        ノ l;;,´     助手は気楽でいいだろ
                    |     ∩ ノ)━・'
                  /    / _ノ´
                  (.  \ / ./   │
                  \  “ /___|  |
                .    \/ ___ /



                              ┌────────────┐
                              │といつもおっしゃっていた。 ...│
                              └────────────┘


57 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:49:42 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────────┐
│ヤラナイオ先生の研究を、僕の周辺では誰もよく分かっていなかった。 .│
│ある研究領域で、先生はすでに世界的にも第一人者だった。      ...│
└──────────────────────────────┘¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                    厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    。            ヽ      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
     ┌───────────────────────────────────────┐
     │僕はヤラナイオ先生の研究に近いテーマで修士論文を書こうとしていたので、          │
     │世界中の論文で、ヤラナイオ先生の既発表論文が頻繁に引用されていることを知っていた。 .│
     │僕はあまりよく理解できなかったけれど、ほとんど目を通していた。                 .│
     └───────────────────────────────────────┘


58 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:50:10 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────────┐
│先生は、いつも単名で論文を発表される。教授や助教授との連名ではない。 ....│
│先生の講座の教授も助教授も、先生とは違う分野の研究者だった。      ......│
└─────────────────────────────────┘

                        / ̄ ̄\
                       / ヽ、_   \
                     . ( (● )    |
                     . (人__)      |
                     r-ヽ         |
                     (三) |        |
                     > ノ       /
                    /  / ヽ     /
                   /  / へ>    <
                   |___ヽ  \/  )
                       |\   /|
                       |  \_/ |

          ┌──────────────────────────────────┐
          │たぶん、大学で先生の研究を一番理解していたのは僕だった、と自負している。.....│
          └──────────────────────────────────┘


59 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:50:43 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────────┐
│先生は、研究室にいるときでも、自分の部屋をほとんど出られることがない。..│
└────────────────────────────────┘


      ×      |     ______。   |     [||]     | :|  :| ::::::::::::::::::::
 ;;      ___  |  #;   |          ||  |___||___|/ Κ|__:::::::::::
       /  /:|  |      |          ||    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ニニニニニ:::::
   ;:゙ /  / :::|  |      |          ||    ;;:':    ..,,;;;;;.    |ニニニニ::
 ゙  /  /| 、 |  |      |[]        ||  _________ |――――
 ./   /  i|丶  |  |   ζ |          ||./┏>≡≡<┓ 《 ̄ ̄》/| |二二二二
 | ̄ ̄| \ i|    |  |___|_____||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |_|____
 |    |   、i|  /|/                  |__|| ̄ ̄||____|/
 |    | 丶 i|/  |
 |    |  /||  /       / ̄ ̄\
 |    |/  ||/       /   _ノ  \
 |    |  /        |    ( ●)(●       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |    | /         ..|      (__人__)   . /                   /
/ ̄ ̄         .   .|        ノ   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |      ∩ ノ ⊃
               /     ./ _ノ
               (.  \ / ./_ノ │
               \  “ /___|  |
             .    \/ ___ /

                     ┌──────────────────────┐
                     │それどころか、大学に出勤されないことも多かった。 .│
                     └──────────────────────┘


60 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:51:14 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────────────┐
│助手は講義を受け持たないが、大学院の一部のゼミにだけ先生は顔を出された。│
│大学院生はみんな、ヤラナイオ先生を恐れていた。                   │
└──────────────────────────────────┘
          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ●)(●)
        |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
        .|         }                                         ,. -- 、
.        ヽ        }                                          ,. '´イ   }
         ヽ     ノ                                       ,  ' _,. '
          /  l/r´ ̄}}                                  ,. '´         , '
         / ヽ!〈 r´   ヽ--―― 、                   ,. 、 __ --‐ ' ´        ,. '
           ム.、 ト| !、   ,.-        `丶 、        _  -―ヤ´               ,. '
          ./.リヽ `┴`キ (、           ` ー-/ _/` ー-                ,.  ' ´
.          /ニ/,. >、   \              /           { / / _ -‐´
.         /  イ-ヽ=\  ,\             /  __            ∨ / ̄       ,. ' ¨ヽ
          `ー― イノ__〈.イ/  `丶、 -、      /     \   ヽ{.      `〈ー一' ー― '´      }
                イ´ /     /`7ヾ、   /             ヘ、      \          ,.イ
         , - ' ´   /     /  ム. ヽ、      ヾ      ヘヽ.       \      , '
      , 一 ´    /    _, -┴' /-イ  ∧      ヽ.     ヘ. \      ト----‐ ´
   r'´     ..┌──────────────────────────────────┐
   /        ,.│大学院では、自分の研究の途中経過などを発表する機会が多いのだが、     │
   ̄ `ー 、 /...│ヤラナイオ先生はいつも、相手がまったく答えられないような質問をするからだ。 .│
         Y   └──────────────────────────────────┘
       /    ,/    ,',!   ;'  ,!            `丶-ヽ.  j       ヽ 、__ 〉
        /    /     /,'   ;'  /                     ̄      ` ー‐ '


視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会い系出会いメル友



61 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:51:42 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────┐
│その学生を指導している教授、助教授も、たいていは、.│
└───────────────────────┘


                
                                            .____
                                           /     \
                                          /ノ   \  \
                                        /(●) (●)  u \
             まあ、そこは難しいところですからね     | u  __´__   U    |
                                        \_ `ー'´    _/
                                     ⊂ ヽ∩ /        \
                                      '、_ \|         |
                                         \ \  /  /

                 ┌──────────────────────────────┐
                 │などといった、お茶を濁すだけの助け船しか出すことができなかった。. ..│
                 │先生はこういうときでも、飾りのない言葉で遠慮なく質問をした。    .  .│
                 │教授や助教授に受けが良いわけがなかった。                 │
                 └──────────────────────────────┘


62 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:52:15 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────────┐
│学会の研究発表会でも、ヤラナイオ先生は同じだった。              ..│
│僕は博士課程1年のときに初めて、公式の場で発言されているところを見た。.....│
└─────────────────────────────────┘
                                                  /   /
       ‐-、_                                            /  ./
            ̄"''ー-、_                               /  /
       __         ̄`ー 、                           / /
       __`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
        [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
                 (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                        「 T~|  |  ||||||||              ||||||||   |
                        | | |__|_|||||||└―――――――┘|||||||___|_
       ――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二二二二二二l、  |
       -、,-、 ,Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
        |  Y⌒Y⌒`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
       ,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、
       |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l
       Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`i
       .|    |    |    .|    |    .|    |    |    .|    |    |    |    |
       / ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄゛ヽ

                  ┌────────────────────────┐
                  │このときは学会が外国から招待した研究者の講演会で、 .│
                  │200人くらいの国内の研究者がそれを聴いていた。   ..│
                  └────────────────────────┘


63 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:52:31 ID:nZZyp5yX

森か~



64 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:52:45 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────────┐
│講演が終わって、司会者が質問や意見を聴講者に求めたとき、             │
│ヤラナイオ先生は後ろの方の席から手を挙げられ、次のようなことをおっしゃった。....│
└───────────────────────────────────┘


              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)        
           . |     (__人__)       俺なら、この四つ目の仮定、    
             |     ` ⌒´ノ       つまり図4の曲線をエキスポーネンシャルで近似した仮定、
           .  |         }
           .  ヽ        }        ……これは使わないだろ。
              ヽ     ノ  mm
              /    ̄ ̄ ̄ つノ
              |    | ̄ ̄ ̄         ※発言は英語です



65 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:53:19 ID:ikbPsp0d

          
                 (⊃ ̄ ̄\
               (⊃   _ノ  \
              (⊃   ( ●)(●)
               |     (__人__)      最初の三つの仮定がファンタスティックなのに、
               |     ` ⌒´ノ      四つ目の仮定はエキセントリックだ。
                 |         } \
               /ヽ       }  \
             /   ヽ、____ノ     )   まったくアンビリーバブルだろ。
            /        .   | _/   これで、この論文が台なしになっている。
           |         / ̄ ̄(_)
            \   \ /| JJJ (
             \  /   /⊂_)



              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)      アンタはいつかこの四つ目の仮定を取り下げることになるだろう。
            |     (__人__)
            |         ノ      それがわかっているはずなのに、
            |     ∩ノ ⊃ }
            /ヽ   / _ノ }       なぜアンタはこんな辻褄合わせをしたんだ?
           ( ヽ  /  / ノ        慌てなければならない理由があったのか?
            ヽ “  /_|  |
             \__/__ /

                          ┌───────────────┐
                          │たぶん、こういう内容だったと思う。 .│
                          └───────────────┘

66 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:53:58 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────┐
│ヤラナイオ先生の英語は上手くなかったが、     .│
│内容は的確に壇上の研究者にも伝わったはずだ。.....│                  /   ./
└──────────────────────┘                 /   /
         ‐-、_                                            /  ./
              ̄"''ー-、_                               /  /
         __         ̄`ー 、                           / /
         __`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
          [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
                   (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                          「 T~|  |  ||||||||              ||||||||   |
                          | | |__|_|||||||└―――――――┘|||||||___|_
         ――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二二二二二二l、  |
         -、,-、 ,Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
          |  Y⌒Y⌒`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
         ,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、
         |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l
         Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`i
         .|    |    |    .|    |    .|    .┌────────────────────┐
         / ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒...│会場は騒然とし、                 ......│
                                 │そして、すぐに水を打ったように静かになった。 │
                                 └────────────────────┘


67 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:54:26 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────┐
│白人の研究者は困った表情で肩を竦め、 . │
└──────────────────┘


                                            ./ ̄::\
                                            |   : : : ::|
                                            \_:;;;;/
                                              |
           今、その理由を説明するだけの            /  ̄ ̄ ̄\
                                         /;    . . : : : :\
           データも時間も持ち合わせていない       / ∪   . . : : : : : : \
                                       |         . : : : : : : : :|
                                       \_    . : :〃 : : : :,/
                                         /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
                                        / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\

                                 ┌───────┐
                                 │とだけ答えた。 .│
                                 └───────┘

68 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:55:06 ID:ikbPsp0d

┌───────────────┐
│僕の座っていたすぐ前の座席で、......│
└───────────────┘

                               , ⌒ハ      ハ⌒ 、            _   _,
                              j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i         ___,> Y´'ー-、
                              ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i      _>     :::::::::≧__
                              ル:::::γ::::::    ノy:  :リ      >        :::::::<
                              Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )   .  />        :::::::::::::::::>
   (ヤラナイオの方がエキセントリックだ)      リ::::::::::::::      (   / <      ::::::::::::::::::::::<
                                (::::::::::::::        ) .  l ,ィ  ヽ  :::::::::::::::::::::::::::::ノ
                                 ):::::::        (    |ハ | <  ノ ノ ノ ノ ,/レ′
                                (,(.(  ル リ ルリ いノ ))     `| ノ   ::::::::::::/|/
                                    ):::   (         ヽ\   :::::::/|/
                                   /::::::::    ヽ  ヒソヒソ     l ノルリハ レ
                         -───―――|::::::::::::::    \―──―─'イ::::::::::::::`l
                                   |::::::::::::::      二つ     |:::::::::::::::::|

                           ┌─────────────────┐
                           │とささやく声が聴こえたけど、      .....│
                           │僕はヤラナイオ先生はすごいと思った。...│
                           └─────────────────┘

69 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:55:52 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────┐
│講演会のあと、ロビーでヤラナイオ先生を見つけた。         │
│みんな誰かと話しているのに、先生は独りでぽつんと立っていた。 .│
└────────────────────────────┘_____
          .:: :::::|:::::: .
        |ヽ ::::|:::.    _____      __________
        | | :|: :     ||__,____||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
        | | :|      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
        !-   |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
           |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
           .:::|___||__||___||____|_|_|_|_|_|_|_|_|_____
          /:::     / ̄ ̄|   iニニi
        /         ̄ .i | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|、`i     .    iヽ\ ̄ ̄ ̄ ̄
       /           / ̄ ̄\_____\ |         |ヽ|‐\_____
     /           /   _ノ  \  ( ;;;;(┃ |          ' .|:::.. ┃:::::::::::::::
    /           |    ( ─)(─  ) ;;;;).┸            .  :::┸:::::::::::::::
                |      (__人__) /;;/
             .   |        ノ l;;,´
                 |     ∩ ノ)━・'
               /    / _ノ´
               (.  \ / ./   │
               \  “ /___|  |
             .    \/ ___ /


70 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:56:25 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────┐
│僕は、さきほどの質問で、「エキセントリック」という単語を          ...│
│どういう意味で使われたのかをきいてみたかったので、それを質問した。  │
└───────────────────────────────┘



                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \  ( ;;;;(
                   |    ( ●)(●  ) ;;;;)    そうだな、
                   |      (__人__) /;;/
                .   |        ノ l;;,´      王道を外れている、
                    |     ∩ ノ)━・'
                  /    / _ノ´         という意味だろ。
                  (.  \ / ./   │
                  \  “ /___|  |
                .    \/ ___ /


71 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:57:02 ID:ikbPsp0d

    ┌───────────────────┐
    │『王道って学問に王道なしの王道ですか?』.....│
    └───────────────────┘


               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ●)(●)        違う、まったく反対だろ。
            . |     (__人__)         ロイヤルロードの意味じゃない。
              |     ` ⌒´ノ
            .  |         }         覇道と言うべきだろうな。
            .  ヽ        }
               ヽ     ノ   
               /    く__,-ュ__  
               |    ___ 三)  
               |    |       ̄   ´



                / ̄ ̄\
              /       \
              |    ⌒   ⌒       俺は、王道という言葉が好きだから、
             . |     (__人__)       悪い意味には絶対使わない。
               |     ` ⌒´ノ
             .  |         }        学問には王道しかない、だろ。
             .  ヽ        }
                ヽ     ノ    
                /    く    
                |     \    
                |    |ヽ、二⌒) 


72 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:57:42 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────────┐
│そのときの印象が強くて、僕はヤラナイオ先生のことが決定的に好きになった。 ........│
│この「学問には王道しかない」という先生の言葉も、それから永く僕の頭に残った。......│
└───────────────────────────────────┘


                    / ̄ ̄\
                  /   _ノ  \  ( ;;;;(
                  |    ( ─)(─  ) ;;;;)
                  |      (__人__) /;;/
               .   |        ノ l;;,´
                   |     ∩ ノ)━・'
                 /    / _ノ´
                 (.  \ / ./   │
                 \  “ /___|  |
               .    \/ ___ /


              ┌────────────────────────────────┐
              │いかにもそれはヤラナイオ先生の生き方を象徴しているように思えたし、  ...│
              │僕が今、研究者になっているのも、たぶんこの一言の響きのためだった。 .....│
              └────────────────────────────────┘


73 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:58:17 ID:ikbPsp0d

                               _____
                             /    `‐-、_
                            /:.        :.`:‐-、_
┌─────────────────────────┐:.:.:.:.:`ヽ____
│ちなみに、翌年、講演をした研究者の論文が発表された。  │.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
└─────────────────────────┘ .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
        ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
    ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.       ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
  /i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
  :i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
  :i:i:i┌───────────────────────────────────┐
  l:i:i │その論文では問題の四つ目の仮定は使われず、                     . │
  li:i:i│最初の三つの仮定から組み立てられた計算だけで最終的な結論が導かれていた。...│
  .li:i:.└───────────────────────────────────┘ヽ
  ..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
  . li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
   li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.    ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
   .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:  ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
    li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三‐-'´
    .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
    li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
    .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
     li:i:i:il            _,-┌────────────────────────┐
     .li:i:i:il        _,-‐'´三│その論文は素晴らしい内容で、                │
     li:i:i:il     _,-‐'´三三三.│ヤラナイオ先生の既発表論文が三つも引用されていた。...│
     .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'.└────────────────────────┘
      li:i:l/三三三三-‐'´
      .li:/三_,-‐'´ ̄
      .`´ ̄

74 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:58:54 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────────────┐
│僕は、その論文のことでヤラナイオ先生にきいた覚えがある。                    │
│『先生があのときした質問で気がついたんですね。謝辞くらい書いてもらってもよかったのに』 . │
└───────────────────────────────────────┘


                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |    ( ●)(●)     やつだって馬鹿じゃないだろ。
              . |     (__人__)
                |     ` ⌒´ノ     これは、最高に良い論文だろ。
              .  |         }
              .  ヽ        }      俺はこいつを尊敬しているだろ。
                 ヽ     ノ  mm
                 /    ̄ ̄ ̄ つノ
                 |    | ̄ ̄ ̄


75 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:59:30 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────┐
│ヤラナイオ先生は、コンピュータの天才だった。..│
└────────────────────┘


                       / ̄ ̄\
                     /   _ノ  \
                     |    ( ー)(ー)
                    . |     (__人__)
                      |     ` ⌒´ノ
                    .  |       nl^l^l
                    .  ヽ      |   ノ
                       ヽ    ヽ く
                       /     ヽ \

76 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 02:59:55 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────────┐
│TSS端末が目新しかった時代で、大学の計算機センターに僕は入り浸っていた。  │
│TSS端末の席を確保するために、早起きをして場所を取りにいったものだった。 ......│
└───────────────────────────────────┘
                     ______________
                    | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|   
                    | |      ||           |l    | :|   
                    | |      ||           |l    |_,|
                    | |      ||           ||    | |
                    | |      ||           ||    | |
                    | |      ||:        ..||    | |
                    | |      ||           ||    | |
                    | |      ||           ||    | |
                    | |      ||           ||    | |.        ___
                    | |      ||           ||    |_|.       / ―\
                    | | l| ̄l ||           |l    | :|     ./ノ  (●)\
                    | | l|: ; l ||           |l    |_,|     |  ( ●)   ⌒)l
                    | | l|(,0 ||           ||    | |     }   (_ノ ̄  i
                    | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |     |         /
                    | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |     \      _ノ
                    | |      ||           ||    | |      /´     `、
                    | |      ||           ||    |_|      / ,___  ,. i
                    | |      ||           |l    | :|     ( 、__⌒) ノ
                    | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''" ヽ、 i⌒i⌒i
                    | |      ||           ||_,.. -‐''"         i  i  i_
                    | |      ||     _,.. -‐''"    .          \_)_)
                    | |     _||,.. -‐''"
              ┌──────────────────────────────┐
              │ところが、毎朝、端末室のドアの前に行くと、ヤラナイオ先生がいた。 .....│
              │先生がいつも1番だった。                            │
              └──────────────────────────────┘

77 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:00:30 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────┐
│これにはわけがあって、実はヤラナイオ先生は、午後は大学にいない。 ....│
│ゼミがあるときは(先生いわく)「残業」をされていたけど、         .......│
│毎日、昼食を学食で食べたあと帰ってしまう。                 ...│
└───────────────────────────────┘


                
                       / ̄ ̄\
                     /     ノ ヽ
                     |    ( ●)(●)        
                     |     (__人__)        
                     |      `。⌒ソミヾ ゚     
                      |       イリ ),丿 ;    ∫ 
                      )      。} )ノ。        
                    /⌒ヽ、    ノ'゜(    ∫   
                ___|   | \_Y´  丶  ゚      
                | |   |    |   Y`⌒ヽ、 ; ゜  ∬  
                | |   |    | /゙\,ィ゙i=ョ=ョ=ョ=ョ  
                | |    |   〆   /"  \ ____ /  
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  └─‐┘ ̄ ̄


78 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:01:02 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────┐
│つまり、それが先生にとっては夕食であって、午後はずっと寝ているのだ。..│
└───────────────────────────────┘


                    / ̄ ̄\
                  /   _ノ  \
                  |    ( ●)(●)     
                 . |     (__人__)     午前零時が起床時間だ。
                   |     ` ⌒´ノ
                 .  |         }      時間の計算が楽だろ。
                 .  ヽ        }
                    ヽ     ノ
                    /    く
                    |     \  
                    |    |ヽ、二⌒)

                           ┌─────────────────────┐
                           │とおっしゃっていた。                 .....│
                           │だから朝早く、計算機センターに来ることくらい、......│
                           │先生にはなんでもないことだったのだ。      ....│
                           └─────────────────────┘


79 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:01:32 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────┐
│確かに、端末の場所取りの目的もあったけど、本当はもうひとつ、   . │
│先生が計算機センターに早くやってくる重要な別の理由があった。. ......│
└─────────────────────────────┘_||_
                      /| ._________ ,________
                    /  ||     |      .| |        |
                  .||/   ||//.. |//  .| |//... |//
                 /     ||/   |/    .| |/.   |/
                /      ||     |      .| |        |
             .||/        ||     |      .| |     .|
             /           .!_|,_____|______| |____|____
           /            ./____________/_______,/|
                      |i [工]! ||__。,,,|i――|| o ||iiiiiiiiiiiiiiii|:::::;;;; | ⊂⊃
            /:!         |i [工]! ||__。,,,|i――|| ̄ ̄||iiiiiiiiiiiiiiii|----| .|::::..|
            i,//|       .|i [工]! ||__。,,,|i――||//||三三三|__| .i_,|
            /  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄
            .i|..  |    /
            .i|:::: .. |   /          r====-、  ̄ ̄ ̄ r====-、. ̄ ̄ ̄ ̄/|
            .i|::::: : | /           ||__,|||___ ..||___,|| | ____,//|
            .i|::::::/            / !-―-E!、    / i-―-'E!、   /レ'゛
            .i|/          /   /三三/∪ ,/  /三三/∪ ,//||
           /           || ̄ i|~ ̄|  ̄ ̄||| ̄ i|~ ̄|. ̄ ̄||/
          /            || ̄ ̄ 末´  ̄ ̄||| ̄ ̄ 末´. ̄ ̄||
                             ┌──────────────────┐
                             │これは、僕が一番知っていることだった。 ..│
                             └──────────────────┘

80 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:01:56 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────┐
│大学の計算機センターにはたくさんの職員がいたんだけど、......│
│ものすごい美人の職員がひとりいた。             ........│
└──────────────────────────┘ '|>!.ヾX
              l    i  ::i::.. l       ::i::lヽ  ヽ::ヽ:::i:..    ll:‐―
             .|   .: |  ::l';::. l       ::l::| `', ‐\ヽ|::. l  l レ ,ニ
             l  .:i: :l  ::| ヽ ',ヽ      :|::l/  ` _,,,..-:,:: | :::l | .l;;;;;
             |  .:l ::|  ::l--- L_':, i   ::l'l.| ,..z=- ''::´ヽ!:l .:::| l. |;;;;;
             l  :::| ::l  :|    \.ヽ   ::| l./,'´レ<)::!!:::::::i:! .::l , .| l;;;;;
             | :::|l  ::l l |=,== =z、,ヽ: :l |  .'<,,... -‐'/ .::/ l :l .|;;;;
             l i::l l '; ::';.', .ll.! レ-,:ii:::::'; `ヽ',./     ,  , / .:/./!/!.ヽ;;
             | .l | '; ':, ヽ':,.!ヾ.ヾ_... - '           /.イ///::::l丶-
             .l.||l  iヽヽ. ヽヽ  ,  ,     !        ‐'゙ // / ::::;'|::
              | l  | \\丶ヽ          _ .. ィ     '/./  .:::/:l:::
              l   l .l ヽ::l丶 ::>.. .._     `´    ,.ィ'//  .::::/::i:';::
              |  .|l. ! :::;|ヾニ==<二>`   '' ‐- ィ´ /'/  .:::/::::|::ヽ:..
                l ':,!:ヽ ::i'> '''''' <  r..ニ-/ニ, /ニ../  .::::/::l:::::l:::',丶
               // |ヽ.,\!ヽ     >!::::::/´j .i.l:::::/ .::::/,_,. -_,_'::;:::
               /'  .l ::/ >---<''´-‐/::::::人_ ノ':::/  .::://./´  `ヽ、
             /  /:::L../ .i'´ `>ニ三=-=>',..L.=/  .::/:::/'      __\
            /    /:::::ヽ ヽ<_ 二=_ニ-‐―-/ .::/:/:/   r ニヽLr,. l
          / /  ./:::::::::::::::::>--_..=ニ 'ヽ 丶-::i  .:/::i:l:;'    | l l.| _'-, l
           /   l:::::::::::::::::// /´:::::::::::.┌──────────────────┐
                           │学生の間でも頻繁に話題になったほどだ。 │
                           └──────────────────┘

81 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:02:31 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────────┐
│巡音さん(それが、彼女の名前だ)は、コンピュータのことに詳しくって、 . │
│システムやプログラムなどに関するアドバイスがいつも的確だった。   │
└──────────────────────────────┘

                       ..  -―-=.,―- 、
                     ..::':´..::      ヽ/--\、
                    ´./:'   / ,     \<ヽ\
                    /'./..::.;‐'-、.'/.: / ,    ',/.l  ヽ
                     i.::;イz=<. ,'::/:,:L.: .:/   l.\|.  ',
                     レ:::|! iイ:| !/ ' l :::\.:/ ._L< !:   l
                 .   /:::i ,,゙-',  ==z、/::/ /-`ヽ ::   |
                    i::;:::!  、    ,,,ヾ/ //";>/     l
                    |:!.!::ヽ  `   / ///;;;/::..    |
                    !' .!:::|丶--,-/ .:::::!i-;;/!::::  :.   i l
                      ヽ!. > ''/  :: /-―-、::|::::.. .:::.  | |
                        i/'   /    !::l::::::. :::::  l l
                    ,-‐='''/!   ! i 03  |::::':::::. :::::.. | |
                    .!;;;;| /,.-.|   /!-‐==‐!-――.::::::. l l
                    !;;;l./ ,.l .::..::/;|     l    |:::::::. | |
                    ヽ;l /;;;;| ::::::l;;;l          l:::::::::..l l

                  ┌─────────────────────────────┐
                  │最高に頭が切れるし、知的かつ艶っぽい声も、とてもセクシィだった。 .│
                  │当然ながら、絶大な人気があった。                   .......│
                  └─────────────────────────────┘

82 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:02:56 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────┐
│ヤラナイオ先生は、巡音さんが好きだったんだ。│
└────────────────────┘


                         ./ ̄ ̄\
                         / ヽ、_   .\
                       . ( (● ) .   |
                       . (人__)     |
                       r‐-、    .   |
                       (三))   .   |
                       > ノ       /
                      /  / ヽ、 .   /
                      /  / ⌒ヾ   .〈
                     (___ゝ、  \/. )
                        . |\    ,.1
                        . |  \_/...|

                         ┌───────────────┐
                         │それは、先生の視線で分かった。 ..│
                         └───────────────┘

83 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:03:26 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────┐
│端末室や談話室で、先生と僕が話しているとき、         ....│
│突然、何の脈絡もなく、先生が話を中断することがよくあった。.......│
└───────────────────────────┘
    
                      / ̄ ̄\
                    /   _ノ  \
                    |    ( ー)(ー
                    |      (__人__)
                 .   |        ノ
                     |      ∩ ノ ⊃
                   /     ./ _ノ
                   (.  \ / ./_ノ │
                   \  “ /___|  |
                 .    \/ ___ /


                      / ̄ ̄\
                    /   _ノ  \
                    |    ( ●)(●
                    |      (__人__)    …………。
                 .   |        ノ
                     |      ∩ ノ ⊃
                   /     ./ _ノ
                   (.  \ / ./_ノ │
                   \  “ /___|  |
                 .    \/ ___ /
                         ┌──────────────────────┐
                         │そういうときには、必ず、巡音さんが近くにいるのだ。.│
                         └──────────────────────┘

84 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:03:56 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────┐
│先生は、僕はほったらかしにして、ずっと巡音さんを目で追い、......│
└───────────────────────────┘

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |   ( ●)(●)
     . |    (__人__)
       |     ` ⌒´ノ    …………。
     .  |         }
     .  ヽ        }
        ヽ     ノ
        .>    <
        |     |
        |     |

                      / ̄ ̄\
                     /ノ  ヽ、_  \
                   . (●)(● )   |
                   . (人__)      |
                     |⌒´      |    …………。
                   .  |        /
                   .  ヽ      /
                      ヽ     /
                      .>    <
                      |     |
                      |     |

                                        / ̄ ̄\
                                       / ヽ、_   \
                                     . ( (● )    |
                                     . (人__)      |    …………。
                                       |⌒´       |
                                     .  |        |
                                     .  ヽ      /
                                        ヽ     /
                                        .>    <
                                        |     |
                                        |     |



85 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:04:23 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────┐
│そして、彼女が部屋を出ていってしまうと、          ....│
│何もなかったみたいに、急に話の続きを始めるのだった。......│
└─────────────────────────┘

                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |    ( ●)(●
               |      (__人__)
            .   |        ノ
                |      ∩ ノ ⊃
              /     ./ _ノ
              (.  \ / ./_ノ │
              \  “ /___|  |
            .    \/ ___ /


86 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:04:56 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────────┐
│巡音さんは、毎朝一番にコンピュータセンターに出勤し、鍵を開ける。     .....│
│それが、ヤラナイオ先生が、朝早く、ドアが開く前からそこにいる理由だった。......│
└─────────────────────────────────┘
                                          ┃       , _ '二二 '_  、
                                          ┃     /<><><>ヽ、`ヽ,
     ______________                    .┃   /‐'' ´  ̄ ̄    ´ ̄\. ヽ
    | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|                 ......┃  / / , l    /:l:':,   ';_:.. ',
    | |      ||           |l    | :|                   ┃ /  /  li .|   .l::_L -,‐r :i.L::. i
    | |      ||           |l    |_,|                   ┃,'  .;'   _L,=i i ::|' !_,L,,,_.l ::.|l;|::: |
    | |      ||           ||    | |                 ......┃l  ::l ::..´l !,L,,_: l :::lZi;;;;;:::i゙'|: .:!l|;l::i: l
    | |      ||           ||    | |                 ......┃.| ::| :l ::. Z゙l;;;;;:iヽ;:::| !:::::::!l'::::l:|;l;|::|:|
    | |      ||:        ..||    | |                 ......┃ ':,:..:';:.ヽ:::..', ':_::! ヾ  `"´'::;:'/-┘!l
    | |      ||           ||    | |                 ......┃  ヾ:;:\::\:ヽ,,   _   ''/!:/::: ::/::|
    | |      ||           ||    | |                 ......┃    ゙'| !゙'r-ヽ ...._  ///:: ./::::::l
    | |      ||           ||    | |.        ___        ..┃     !:l :':; ヽ.ニ>r'rj‐‐=r'  /:|:::::::|
    | |      ||           ||    |_|.       / ―\      ....┃     ヽ\ヽr=‐゙=rr= / , ヾ:::::l::::::::',
    | | l| ̄l ||           |l    | :|     ./ノ  (●)\      ┃      __.>'=-i.!|',!':: .,イ03|:::::l:::::::::ヽ
    | | l|: ; l ||           |l    |_,|     |  ( ●)   ⌒)l      .┃      lr‐.i  .::|! ./:..:/:r=‐''''' i''i: : ::::ヽ
    | | l|(,0 ||           ||    | |     }   (_ノ ̄  i      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━
    | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |     |         /   
    | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |     \      _ノ     
    | |      ||           ||    | |      /´     `、    
    | |      ||           ||    |_|      / ,___  ,. i                コツコツコツ>
    | |      ||           |l    | :|     ( 、__⌒) ノ    
    | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''" ヽ、 i⌒i⌒i    
    | |      ||           ||_,.. -‐''"         i  i  i_   .
    | |      ||     _,.. -‐''"    .          \_)_)   
    | |     _||,.. -‐''"                          


87 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:05:22 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────────┐
│僕も早く来過ぎてしまったとき、そのシーンを目撃したことが二、三度ある。 ...│
│ヤラナイオ先生は、巡音さんに、                         .......│
└────────────────────────────────┘


             / ̄ ̄\
            / _ノ  ヽ、_ \
          . | ( ●)(● ) |
          . |  (__人__)  │    おはようございます
            |   `⌒ ´   |
          .  |           |
          .  ヽ       /
             ヽ      /
             >     <
             |      |
             |      |
                     ┌─────────┐
                     │とだけ言っていた。......│
                     └─────────┘

88 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:05:57 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────┐
│これは、時間に几帳面で、                           .│
│合理的な生活を旨とするヤラナイオ先生には極めて異例のことだ。  .│
└─────────────────────────────┘

               . __
              ./::::::. \            / ̄ ̄\
              /::::::ヽ;;:   \         /   _ノ  \
            . (:::::(::::冫    |        |    ( ●)(●)
            . (:人;;;) .    |       . |     (__人__)
            r‐-;::::::. .     |        |     ` ⌒´ノ
            (三)):::::.. .   |       .  |         } 
            >::::ノ:::::::::.    /       .  ヽ        } 
           /::: / ヽ;:::::::::   /         /        \
           /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈        / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\
          (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)       / /    |     \\
             . |\::::::::::::;;:1      | | 9   ○    3 | |
             . |:::::\;;/:::|       | |    /      ||
                            \\   6     //

          ┌──────────────────────────┐
          │ヤラナイオ先生は、この時間を巡音さんに捧げていたのだ。......│
          └──────────────────────────┘

89 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:06:36 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────┐
│修士課程二年の時だったと思う。                   . │
│僕とヤラナイオ先生と巡音さんは、喫茶店で三人で話をした。 .....│
└───────────────────────────┘

      二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
      .  //     | |          /| |    //    | |          /| |
      .//       | |  /.       //| |  //      | |  /.       //| |
              | | //      /  .| |  /        | | //.          | |
              | |/          | |          /| |/          | |
              | |            | |        //| |            | |
              | |        _  | | _         | |            | |__
      三三三三三三三三三三三 ..|\\蒜蒜\\.三三三三三三三三三三三三三..|\\
       \       日 \     :|  \\蒜蒜\\  \       日 \     |  \\
      \. \          \  \   \\蒜蒜\\  \ 日       \   \  .\\
       ̄|ヽ  \          \   \ ..| ̄|ニニニ| ̄|\ \          \   \  | ̄|
        | \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ ゙\|  |..   ..|  |  \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ .\|  |
         ̄ ̄| ||              ||\| ̄ ̄  |    |   ̄ ̄|  ||              ||\| ̄ ̄  |
       ̄ ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄

                            ┌─────────────────────┐
                            │これはもう、神の導きとしか思えない偶然だった。...│
                            └─────────────────────┘

90 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:07:08 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────┐
│その日は論文の締め切りだった。           ..│
│僕が院生室で論文原稿の仕上げをしているとき、........│
│ヤラナイオ先生がぶらりと現れた。           │
└──────────────────────┘



                   / ̄ ̄\
                 /   _ノ  \
                 |    ( ●)(●)
                . |     (__人__) 
                  |     ` ⌒´ノ
                .  |         }     どうだ? 調子は
                .  ヽ        }
                   ヽ     ノ  mm
                   /    ̄ ̄ ̄ つノ
                   |    | ̄ ̄ ̄


91 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:07:34 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────┐
│先生は煙草に火をつけながら言った。  .│
└─────────────────┘


                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \  ( ;;;;(
               |    ( ─)(─  ) ;;;;)
               |      (__人__) /;;/
            .   |        ノ l;;,´     まだ、できてないのか?
                |     ∩ ノ)━・'
              /    / _ノ´
              (.  \ / ./   │
              \  “ /___|  |
            .    \/ ___ /


          ┌────────────────────────────┐
          │『ええ、あと、図面を貼って……謝辞と引用文献を書くだけです』 .. ..│
          │僕は作業をしながら答える。                      ......│
          └────────────────────────────┘

92 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:07:55 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────┐
│もう午後だったから、ヤラナイオ先生は帰って寝る時間だ。 .....│
│だから先生は論文をとっくに完成させて、            ....│
│余裕で僕たちの様子を見にこられたのだ、と思った。      │
└──────────────────────────┘



                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \  ( ;;;;(
               |    ( ●)(●  ) ;;;;)
               |      (__人__) /;;/
            .   |        ノ l;;,´     俺もこれからだろ
                |     ∩ ノ)━・'
              /    / _ノ´
              (.  \ / ./   │
              \  “ /___|  |
            .    \/ ___ /


                 ┌───────────────┐
                 │先生はぶらりと部屋を出ていった。...│
                 └───────────────┘


93 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:08:22 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────────┐
│締め切りの五時寸前に、学会支部の事務局まで論文を持っていった。.....│
└──────────────────────────────┘
         |   _________  __   _____________________  ::. .: :. :..|: .: ..: .: .: . :..
         l  |「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄| l __ |  |i゚ _ ___________|____ .   | : . :. .: .:.:.:.:
         i  |l 「 ̄ ̄ l !    .il `| |.こ'|  |l |┌────────────┐|   |   |\:. :. ::.
       /〉 . |  |l L _ 」 .|      |i . l | lil |  |i |│~~~   OO→ノ⌒v´`ー‐ │|   |   |  l\ :.
  .     //.! .|  |l         |      |\l |(:::)|  |i。 |│~~~     .i' n__Ω_,←│|   |   |  l  | 
     〈//i| .|  |l      「|      l  | ,.二、  . ̄|│「゚ ゚」同 .XX→ノ_ノ_,.-‐' ´ . │|   |   |  l  | 
      li.!/l  !   |l      l_|      |  | |,ェョ'! ..  |└────────────┘|   |. .: .:\l  | 
      il  ゝ  . |l         |      |  | lli'tl:|     ̄ ̄「|  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄「| ̄  ̄ .:..:.::|: .: . :.: .\| 
      l!v´  l ,、--、      |      l  | l,lLl.|       |.|================|.|  .: .:.:.:.:.::|. :. :. . :.: . :.
     く>   |_l  ̄ l_ ___.|_ __ _\|   ̄         .|;|            ... ..|;| :. :._:._.:.:_.:_|: .: .: .: .: : .:
    <l <> / .!   ,l ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄. ̄  ̄|.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.| ̄: .: : .:. : ..゙、 :. :. :.: .: ..
     <>  /    ̄      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄、      ◎     :.: . :.゙、 :.: : :. :. .
  .  〈>   /          /  〈〉  く<<> __ | 「 ̄」 ロ /  .、,`;  ゙              : :.゙、 .: .:. ..:
   <l  /         /_、y'_____||l|l|i|l|||__________ 、              :..゙、 :. :. .
    l> . /         / i、,l ゚、,`,. <>>  ||l|i|l|l||| 「「「「 」 ,.;`,   [o]~   ゙ 、              ゙、 :. :
     /          /  /三三/    kl ,, _,,。|   l ̄ ̄| /          、              ゙、 :.
  .  /           /  /三三/  \  リ ,iHi.|   l_三l    <> 「」    ゙、              ゙、
    /            l======================l========================l               
  . /            ||___l__l__||____|||____||__l__l____||               
  /     .    <>||  /.         ||____|||____||          .、  ||                
           | l ||| ,===========||       |||       ||==============||                .:
                       ┌───────────────────────────┐
                       │そうしたら、そこの事務机で、ヤラナイオ先生が何か書いていた。│
                       └───────────────────────────┘

94 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:08:43 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────┐
│『先生、こんなところで何されてるんです?』    ..│
│僕は不思議に思って、先生の机を覗き込んだ。  ..│
└─────────────────────┘


                    / ̄ ̄\
                   / _ノ  ヽ、_ \
                 . | ( ●)(● ) |   見りゃわかるだろ、論文を書いてるんだ。
                 . |  (__人__)  │
                   |   `⌒ ´   |    ちょっと待っててくれ、もうすぐ終わるだろ。
                 .  |           |
                 .  ヽ       /
                    ヽ      /
                    >     <
                  /       \
              _/((┃))______i |
           .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
           /  /_________ヽ..  \

       ┌─────────────────────────────┐
       │ヤラナイオ先生は、ものすごいスピードで字を書きながら答えた。   │
       │まだワープロなんてなかったから、学会の論文だって手書きだった。 .│
       └─────────────────────────────┘


95 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:09:27 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────┐
│結局、ヤラナイオ先生の論文が仕上がったのは六時ごろだった。.....│
│そのあと、僕と先生は二人で一緒に帰ることになった。      .......│
│駅の近くまで歩いて来たとき、先生は、                .....│
└────────────────────────────┘



                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |    ( ●)(●)
              . |     (__人__)    コーヒーを奢ってやるだろ。
                |     ` ⌒´ノ
              .  |         }
              .  ヽ        }
                 ヽ     ノ    ビシッ
                 /    く__,-ュ__   て
                 |    ___ 三)  (
                  |    |       ̄   ´

                       ┌───────┐
                       │と言われた。 .....│
                       └───────┘

96 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:09:55 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────┐
│珍しいこともあるものだと思って、僕がうなずくと、 │
│先生はにやりと笑ってこうおっしゃった。     ......│
└─────────────────────┘

               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( ●)(●      実は、財布を忘れてな。
             |      (__人__)
          .   |        ノ      来るときも知らない人に電車賃を借りた、
              |      ∩ ノ ⊃      いや、もらっただろ。
            /     ./ _ノ
            (.  \ / ./_ノ │      代わりに煙草をやったけどな。
            \  “ /___|  |
          .    \/ ___ /


               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |   ( ●)(●)      コーヒー代は明日返すから、
            . |     (__人__). rm、   ちょっと千円ほど貸してくれ。
              |     ` ⌒´ノr川 ||
            .  |         },.!  ノ'
            .  ヽ        r / .|    それに煙草も吸いたいだろ。
               ヽ     ノノ ノ
               /     / ./
               |      /
               |    i´

97 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:10:34 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────┐
│入った喫茶店は混んでいて、空いているテーブルがなかった。 │
│僕と先生は諦めて、その店を出ようとした時、           │
└──────────────────────────┘

      二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.       /| |    //    | |          /| |
     |    先 生     |.       //| |  //      | |  /.       //| |
     ヽ_  ______/      /  .| |  /        | | //.          | |
        ∨     | |/          | |          /| |/          | |
              | |            | |        //| |            | |
              | |        _  | | _         | |            | |__
      三三三三三三三三三三三 ..|\\蒜蒜\\.三三三三三三三三三三三三三..|\\
       \       日 \     :|  \\蒜蒜\\  \       日 \     |  \\
      \. \          \  \   \\蒜蒜\\  \ 日       \   \  .\\
       ̄|ヽ  \          \   \ ..| ̄|ニニニ| ̄|\ \          \   \  | ̄|
        | \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ ゙\|  |..   ..|  |  \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ .\|  |
         ̄ ̄| ||              ||\| ̄ ̄  |    |   ̄ ̄|  ||              ||\| ̄ ̄  |
       ̄ ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄
                                  ┌─────────┐
                                  │女性の声がした。 .....│
                                  └─────────┘


98 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:11:24 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────┐
│一番奥のテーブルに、巡音さんがひとりで座っていたのだ。 .│
└─────────────────────────┘


                  , ' ´ __ ` ヽ、
                /  ,. X /..へ X`へ、\
               / ,/l// ´   i` |ヽLヽ ヽ
              / /X/    /  / ./!  \,...!、
             / /l/ l ./  / / /, l―|ヾヽ::::l 
             / ./ ' | .l/_....L/ // ! / l. \::::|ノ
            .l ./!  l ./ ' /,z=、    _ノ |  /"!
            | l !  V / !i'l:!:イi     ̄, , l / | ヽ
            l | ヽ. / .l  ', ヾ-゙  '  ,    /' :/: l  \
             '!   l .|  ヽ,' '__ ヾ´_.! /.:::/::::: |:::...  ヽ
               /| lヽ /X -‐'‐-r ' ! .:/|::::::  l:::::::.....  ` ヽ
               / .l .| ::::!/   ニ ヽ"!/!_l::::::  |::::::::::::..... _  \
             /  .| l ::::|   ,..二ヽl |ノ'l二!::|:::::  lヽ:::..... \  ヽ  ヽ
            /  i   l :::l  /XX>ヽ!.!l. |/ ,l.:::::  | \::::..... ヽ |   \
          // .::::|   ::|  l`;;"!´|;;;;;;/l;;;;;;;;|::::::. l  /,ヽ、:::..... l    ヽ

                          ┌──────────────┐
                          │彼女は、僕らを席に呼んでいた。 │
                          └──────────────┘


99 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:11:48 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────┐
│僕とヤラナイオ先生は並んで、巡音さんの向かい側に座った。     .│
│彼女は計算機センターで見ている時よりも、いっそう綺麗に見えた。  │
└─────────────────────────────┘

                    ,.. =. ´===、 、`.ヽ、
                   /‐ '´      `ヽ!\. \
                 /             \l':、 ヽ
                ./          __   .ヽl.', ':,
                /,     |-,   ´ ,、 .i `   LL ',
               /i    '´'l |i   |,' ヽ .|i   .|- l. l
              . ! |   .i  | ! lヽ   l! -===ー l:::|| .|
                .l   l _!,, z==\ ! .|:イ!!゙:! i  .|::l.l. l
                ', .i  '´ ゙' !イ!!::i, `  `" ´| l.  l'ノ  |
                 ヽ ヽ  rV'i゙'"´   , "" !/  .|   .l
                  `i \.| |. |"" `´   ..イ/  /    |
                   !.i ヽヽ`ヽ'' =r= '´.../   /    l
                   /ヽ' -\  ' |-‐=/   ,i‐-.、  |
                  /   /!l>  !l´ 〉    l |/  ヽ ヽ、
                 /   /  !.!  / ヽ.i    | l   |  |

100 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:12:31 ID:ikbPsp0d

┌────────────┐
│ヤラナイオ先生がしゃべる。 │
└────────────┘



        / ̄ ̄\
   .   ./   _ノ  ヽ
       |    ( ●) (●)
       |      (__人__)  ∫  学会の論文の締め切りだったものですから、
       |     `⌒´ノ ∬   この近くまで、それを出しに来たのです。
   .   ヽ         } | ̄|
        ヽ     ノ |_|)
   ____/      イー┘ |
   | |  /  /     ___/
   | |  /  /      |
   | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)      いや、そんなことはどうでもよいことです。
       |     ` ⌒´ノ
     .  |         }       しかしながら、論文を書いた甲斐があったというものです。
     .  ヽ        }       巡音さん、お宅はこの近くですか?
        ヽ     ノ    mm
   ____/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ つノ  
   | |  /  /    | ̄ ̄ ̄ ∬
   | |  /  /    ..|   ..┌‐┐
   | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ ((|   |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



101 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:13:04 ID:ikbPsp0d

┌─────────────┐
│巡音さんは理知的に微笑む。 │
└─────────────┘

                                 / ./ :::/ .::/:/ ,   ::i  ::: :ヽ :. ::ヽ.ヽ::.. ヽ
                                ./ :l :::| :/::l :l   ::::|  :::i ::l  :i ::::| l:::.   |
                                l | :| ::l :l |:| :|   :::l  ::| :::| ::| :::l |:::::.  l
                               .| l ::l ::|l :| l::l :l   :::|  .:::l :::l.i :l :::| .l:::::.  |
                              . l |  ::l :l ̄!ヽ! |  :::l .::::/ :/ | :| .:/ :::|:::   l
                                l.ll. ヽヽ z==.、ヽ .l .::/.:/‐ </.::// :::/l:::   |
                                '|ヽ \.゙' |イ:i゙i ヽ //z==s.、///  :/|l.|:::  l
      いいえ、                     ヽ.\ ヽ. ゙ ー      |‐':!:j::ヾ丶 .::/i.l l::  |
                                 \ 〉.,! '' ''' ,     `'' ー/ .:::/ //!:  l
      近くだったら喫茶店なんて入りません。     / /,ヽ   _    "' '''  -‐/!_-'-/::  /|
                                  l .l l  \ ヽ` ァ    ///.  ̄|::  / .l
                                  ヽヽ ヽ! ヽ` ´_ ... -. ´//   ..:l:: /|  l\
                                   丶-'-ヽ/`/ヘ - ‐/ '//   ::|:/./ .l  ヽ ヽ
                                      | .l /ヽ ! |-‐''´;;/  /  ::l// l |   \ \
                                     rl. | l /,.-、ヽl;;;;;;;;;/ ./  :::::://‐--- 、   ヽ
                                     .ll |-'‐.!l ノ:::l |l// ./  .:::::///,. -― 、ヽ \ `
                                    〈.ノ-r<..ヽ:ノ--,::,'  i  ::::::i i/ ./     ヽヽ ヽ
                                  _.../;;/>- 二 >'-l  ::|  :::::| |. /   _ _ ', \
                                 /r―ヽ.! / / /../ _.'-‐|  :::l  ::::ヽヽ   i  i _i. l\
                            ┌───────────────┐
                            │言っていることも、実に論理的だ。 .│
                            └───────────────┘


102 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:13:55 ID:ikbPsp0d

┌─────────┐
│先生はまたしゃべる。│
└─────────┘

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)    
        . |     (__人__)     今出してきた論文は、なかなか良いものです。
          |     ` ⌒´ノ
        .l^l^ln        }     実は昨日まで、面白い思いつきがなかったものですから、
        .ヽ   L       }      本当のところ諦めていたのです。
          ゝ  ノ    ノ      それが今日の午前中になって急に閃きましてね。
        /   /     \
       /   /        \
     . /    /        -一'''''''ー-、.
     人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ●)(●)
       . |  .   (__人__)      なかなか面白い、斬新な発想だったのです。
         |     ` ⌒´ノ
       .  |         }       ですから、それをお昼頃までにきちんと検算して……、
       .  ヽ        }       たった今完成させましてね。
          ヽ     ノ
          i⌒\ ,__(‐- 、
          l \ 巛ー─;\
           | `ヽ-‐ーく_)
       .    |      l


           / ̄ ̄\
         /       \
         |    ⌒   ⌒   
        . |     (__人__)      はは、人間せっぱ詰まると、なんとかなるものです。
          |     ` ⌒´ノ
        .  |         }       今日私が出した論文は、
        .  ヽ        }       私の人生のきっと星になるでしょう。
           ヽ     ノ    
           /    く    
           |     \    
           |    |ヽ、二⌒) 


103 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:14:23 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────┐
│先生のロマンティックな表現を横で聞いて、.│
│僕は必死に笑いを堪えていた。       . │
└──────────────────┘

                                _.._-―_- 、_
                             ..=‐―――- 、ヽixヽ、' 、
                          ., '´          `ヽヽi.\.\
                         ./    ,          \i\', ヽ
                        /  i   :| i   l i ヽ    ',l ヽ!  i
                        i .:l  | l :l ::l,ヽ   | l _ヽ :i l, - !、. |
                       .| ::| l :l :| :l ::|ヽ\  l. '!  `i':. :l |---!,. l
                    .   l :::l | :| :lz'´.`! \ヽ | ,z==z、:| l |゙l|゙l|. |
       ホシ……ですか?      | ::| l ':, '' z=.、  ヽ !. !イ:::j:|/!l | l |l |l. l
                        .l ::l':,':,. \ヾ.!イj:!     '==' // l | l| l!. |
                        ヽ:!ヽ.\ ヽ ゙='  ,    '''' /  ヽ='=' l
                         \.\ ヽ !'''        / ::/:!:/::.  l
                            |:lヽ  ヽ.、i゙ヽ` ´,..,/ .:/://:!::  ',
                           //|:l \ :l ||`゙|`、,/-!'  ///l:|:|::.  ヽ
                          //l r/ /-!::/゙!. l / ./ / /へ!l::l::..   \
                      、   // r |' /;;;;:|::l;/  V /./ .//;;;| l;;,、:_::.   ヽ
                        ̄/:/ ./ /:/;;;/ l:/    / /  :l;!|;;;;;l |;;/ヽ、    \

                       ┌────────────┐
                       │巡音さんは首を傾げていた。│
                       └────────────┘

104 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:14:50 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────┐
│ヤラナイオ先生はつぎつぎにおかしな質問をした。......│
│僕は、気が気ではなかった。               .│
└──────────────────────┘

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ●)(●)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ    センターでは、Cでコーディングをしている人はいますか?
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ     ノ
         .>    <
         |     |
         |     |

          ┌─────────────────────────────┐
          │先生はまた違う質問をする。                       .......│
          │どうも会話は途切れがちで、噛み合っていないように僕には思えた。 . │
          └─────────────────────────────┘

105 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:15:16 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────┐
│先生のおかしな質問にも、巡音さんは理知的な微笑みで答えた。 ..│
└────────────────────────────┘

                                    / /   / //  / .i  i  l> , .,i  i
                                   ./  /  / //'  ,:'  /!  | l | ヽ/|. i |
                                   /  /  ,'. ´冫、i  /,'  / |  /l .l lヽ ,l l l
                                  ./  /   i. ‐,.‐,、| /,' , r‐!‐< | .l. |//' | .l |
                                  i ./|  ,' | /i:::;;: !! ./ i  /_/._'  l  l .l ヽ/l | l
       まだ、少数派ですね。             .| l l  il .ll l |::!;;!:! / .| ./´ ,....ヽ |  l lー‐┐l  |
                                 l | '゙.| l|l | ! 丶-' !'     /;:;;;ヽ'! /:::/ / /!::l  l
       科学技術計算用のライブラリィが     '´,! l  l .|l.|l':,   ,       .i::!;;/;:/ / ::/ / /./::l  !
       貧弱なものしかありませんから。      /l |'  l l/ヽ',    、     `''‐' ' :::/ /_/./::/ /
                                  〉!  / ゙' / ヽ    ´    / , ' 丶-‐ ' / /
                                ./ / /  ./ / \   ... -/ / /   / /
                                ' / /  , -< - ..、 ´r | _/ '´ /   //
                                . / ,' _ヽ <' ヽ、:::;;::'ー '´  ./::----/.....'...
                                / .,' / r- 二ニ//´ .゙!i:/  /:::::::::::::::/    ヽ
                                . i ! ヽ::::::::::/ i  ノ/  /-、ヽ:::::/      |
                                 | /ヽ ... ̄二ヽ`´ / ,ヘ\--'ノ:/   03   l



106 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:15:44 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────┐
│『Cってなんですか?』と僕。             ...│
│その頃の僕は、もちろんFORTRANしか知らない。. │
└─────────────────────┘


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   プログラミング言語だ。
          |         ノ   
          |     ∩ノ ⊃ }   このまえ、『はじめてのC』という本を読んで感動した。
          /ヽ   / _ノ }
         ( ヽ  /  / ノ    これからは、Cだ。
          ヽ “  /_|  |
           \__/__

107 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:16:17 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────┐
│僕は、先生の言われた『はじめてのC』という本の題名と、 ...│
└─────────────────────────┘




                  《これからは、「C」だ。》





                      ┌───────────────────┐
                      │という発言で、不覚にも赤面してしまった。 .....│
                      └───────────────────┘

108 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:17:08 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────┐
│先生は気付いていなかったみたいだけど、           ....│
│巡音さんは口もとを手で隠して、僕を見て笑っていたと思う。 ...│
└──────────────────────────┘

                i        _........,.., ---- ..、
                ヽ.._ ,. -‐ '''""´ ̄`"''ヾ!Xi<ヾ.,::ヽ、
                  ./  ̄        ::::::`ヽ!-ム:::ヽ
                 ./     :i ,     |   :::::::\|/i ::',   
                /   |  ::| :l  ::|  :::l    :::::::';|>l ::',   
                ,'   :i :l  :::l :| :::l  :::::|l ::i  ::::|<>| :::l  
        .       l :i l ::| ::L.. ‐:ト ::|i ::;'|l-‐:/‐i:::| ::i ::::l― l ::::|  
               | :|.:l ::l .:::|l':, :::|':,:ll::/l'| ::/  |:;' :/::::/r- i| ::::l  
               l :l|::| ::|';,::l ヽ::::l  '゙ !/''""゙iヽ::::://.|  |l :::::|  
        .       |:| ';:l :l l./゙!"゙'     ' ' ' 'l/l:::/l l  l| :::::l  
                'l ヽ';:| r ゙' ' '  ' _..、  '゙ |/  ヽ..二ll :::::|  
                  〉l   !、   ヾ   !  /ノ ::/:/:::::| ::::l  
                  /:iヽ  `丶 、 `_ .. ' i:::::!::':/:::::::ll ::::|  
                 /::|:::l\    l `-― ニ=z;/:::::::::|:| :::l_  
                ./ :, -‐| :ヽ    | ̄;/"ヽ;;;;;;;;/ :::::::::l;''l :::::|`ヽ
               / :l   l :::r'‐=ニ゙l;;;;;!、.ノ;;;;;;;/ ::::::::|;;;;| ::::l   l  
              / ::::::|  l ::|   _:lー-'ー-‐,'  ::::::::l;;;;;l ::::|3 |  

                        ┌───────────────┐
                        │あのときは本当に恥ずかしかった。 │
                        └───────────────┘

109 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:17:40 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────┐
│それにしても、ヤラナイオ先生はよく喋った。   ...│
│いつもよりトーンが1オクターブは高い。       .│
│こんなに機嫌が良い先生を見たことはなかった。 . │
└─────────────────────┘


                       (⊃ ̄ ̄\
                     (⊃.      \
                    (⊃   ⌒   ⌒
                     |     (__人__)
                     |     ` ⌒´ノ
                      |         } \
                     /ヽ       }  \
                   /   ヽ、____ノ     )
                  /        .   | _/
                 |         / ̄ ̄(_)
                  \   \ /| JJJ (
                   \  /   /⊂_)


110 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:18:04 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────┐
│でも、その反動というべきか。                  ....│
│ちょうど僕とヤラナイオ先生がコーヒーを飲み終わった頃、 . │
│残念なことになってしまった。                  . . │
└─────────────────────────┘


                        ____
                      /     \
                     /  ─    ─\
                   /    (●) (●) \
                   |       (__人__)    |
                   \     ` ⌒´   /
                  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
                  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                     |  \/゙(__)\,|  i |
                     >   ヽ. ハ  |   ||

                         ┌────────────┐
                         │巡音さんの彼氏が現れた。 │
                         └────────────┘

111 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:18:30 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────┐
│ビジネスマン風の人で、とても愛想が良かった。 ...│
│僕とヤラナイオ先生が立ちあがっても、      . . │
│彼は僕らを引き止めようとしたくらいだ。      ..│
└─────────────────────┘


                       _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                     ,r'        \
                     / ⌒         ヽ,
                    ( ●)    ⌒     ..i
                    i.     ( ●)    .|
                   . \(_入_ノ      /
                      \______/
                      ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
                      |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
                      |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
                      |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

112 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:19:11 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────┐
│巡音さんは、ヤラナイオ先生と僕を彼に紹介してくれた。  ..│
│でも、彼氏がどんな人なのか、                  │
│特に巡音さんにとってどんな人なのか、説明はなかった。 ....│
└─────────────────────────┘

                               ,     l   ,  Vハ ヘ
           ____               / /_」 | / /ム  Yニl|
          /⌒  ⌒\             | l| レ㍉r '´イ_,リl  |::::l||
        /( ●)  (●)\            Ⅵ |ゞ' ,    l | l|::::l||
       /   (__人__)   \            トミ  -‐  ノリ /`7:!
       |     |r┬ i     |            |  :l>r=≦/イ  / :|
       \     `ー‐'    /            ゝ : :`人ノ  /ルノ  ハ
       /::::::::\/▼ヽ/::::::::::|              r;==ノリ≧彡/   八\
                                 `テ示T´不/  /   i ',
                                ,:'´^¨ノノ¨´ /   /} 03|  i
                               f{::.  {{  .::/   //´ ̄`ヽ┐!
                               仏::. }j} ::/  ;' レー、   / :|
                               レ7二二 二二了⌒ぅ 厶/  |
                               {{l__| :::{   `Y   !

                            ┌────────────────┐
                            │僕らは、挨拶だけして喫茶店を出た。 .│
                            └────────────────┘

113 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:19:47 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────┐
│それから、大学まで帰る道すがら、僕らの沈黙は最高に重かった。 │
└────────────────────────────┘

      ;;):.:'. ;;:.:. ;(';:.:. ) ; ;;:.:.'` ;);:.:.:. ),.,.,,.,,.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ;;:'.`):. ; ;:.:. ;;:.:.:;;:,;:;;;:;; ;:;;;:';;;:; ;) ';:.:.'.:). ,.,,.,.,,..  ::::::: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::: :::::::::::::::::::::::
      ;;:.:. ;;:.:)`).( ;;:.:;;;):;;;: ;';;:;;;;: );;;:;:;;;:;;; .);:.:.` ;;:,.:)   :: :: : : :: :: : :: :: : ::: : :: : : : : :: : :   .(:. ;;:.';:.
      ;;:.:. ';;:.:;:.):. `;;:'.:. ;;:.:. ;;:.';:. ;;:.):. ,,,';;:.;ヽ:. ;;:`.:. ;;:.:.)  . . . . .. . .. ... . . . . . . . . . . . . . ;:(.:. ;;:.';:. ;:.:.
      ':;;`;:;;;:;;:;;)';;:;;;. ;';:.):. ;;:.ヽ;`;:.:;. )''''                     , .,.., ., ;:.(:. ;;:.';:. ;:.:.
      :;;;:;;:;`);ヽ';;;: .) '''|| ' ''' '''                     , .,.., .,(;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.(';:.
      ;;:.:. ;;:.;;;;;;:. )゙,,, ,||. ,,., .,.., .,., .,.,               , .,.., ., (;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.');:.   (;:.:. ;;:.
      i! ii!! i!i,. ;i;';;. ,,.;||;.;i;';.,,;;`;;;;`;;      ___  __  (;:.:. ;;:.'(;:. ;:.:. (;;:.';:;:.';(:. ;: ( ;:((.:. ;;:.';:. .:.
      i!i!i! i!i,.;;.;i;' . :;,||.;;.;,.;;. i;'; ,;;`;;`;;   |iiii| |!!!!!!!!|(;:,;:;;;:';;;:;:,;(:;;;:;; ;:;;;:';;;: ;.;;.:;;`;(;,.;;.;;.:;;`;;,.;
       i!i!i!|/ ,.;;.;i;;.,; ;;;;||;;;,;;`;,.;;;;;;;i`.;;.;i;';.,,;;`;;;.゙ii| |!!!!!!!!|.;;.;,.;;.;.;;.;:;;`;,.;;.;.;;.;,.;;.;ii|;.:;;`;;,.;;.;.;;.;,.ii|;;.;
       `i!i!i ,.;;.;i;';. :;;`;||;,.;;.;|i |i;';.,,;;`;;,i;';.,,;;`;; 「 ̄ ̄.;;.;,.;;.;.;:;;`;;.;,i|.;;|ニニニ|i;.;;.;,.;;.;.;;;;;;;;; ;;iii|;,:;
       |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;;|i;`;;|i`,.,;:;;|i`;;;;;;;;;;;`;;i`.;;.;,.;;.:;;`;;i|.;;.;,.;:;;;i|;;;;||;:::`;.;||i|;,.;;:;;`;.;.;:;;`;;.;,.;;.;.
       |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;`|i;`;;|i`,.,;:;;|i,;;;;--`      -- ;;;`;:;;;:;;:;':;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;;;;:;`;:;;;:;
     __,,,,,,,,,,-----;;;;:::::::)''''''''''''''"""""~~  /     ヽ        ~~~~"""'''''''''--------,,,,,,,,,,__
     :::::::::::::::::::   ,, --''''''"       /        ヽ
       _, --'''""~           /           \
     ~~,                      ┌───────────────────────────┐
                            │僕は何度かヤラナイオ先生に話しかけた。              │
                            │でも、先生は軽い返事をするだけで、ぜんぜん上の空だった。.......│
                            └───────────────────────────┘

114 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:20:14 ID:ikbPsp0d

┌────────────┐
│僕は博士課程に進学した。 │
└────────────┘

      ×      |     ______。   |     [||]     | :|  :| ::::::::::::::::::::
 ;;      ___  |  #;   |          ||  |___||___|/ Κ|__:::::::::::
       /  /:|  |      |          ||    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ニニニニニ:::::
   ;:゙ /  / :::|  |      |          ||    ;;:':    ..,,;;;;;.    |ニニニニ::
 ゙  /  /| 、 |  |      |[]        ||  _________ |――――
 ./   /  i|丶  |  |   ζ |          ||./┏>≡≡<┓ 《 ̄ ̄》/| |二二二二
 | ̄ ̄| \ i|    |  |___|_____||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |_|____
 |    |   、i|  /|/                  |__|| ̄ ̄||____|/
 |    | 丶 i|/  |
 |    |  /||  /       / ̄ ̄\
 |    |/  ||/       /   _ノ  \
 |    |  /        |    ( ●)(●       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |    | /         ..|      (__人__)   . /                   /
/ ̄ ̄         .   .|        ノ   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |      ∩ ノ ⊃
               /     ./ _ノ
               (.  \ / ./_ノ │
               \  “ /___|  |
             .    \/ ___ /

                      ┌──────────────────┐
                      │ヤラナイオ先生は相変わらず助手だった。 │
                      └──────────────────┘

115 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:20:42 ID:ikbPsp0d

┌──────────────┐
│巡音さんは、この年に結婚した。 .│
└──────────────┘

                 r'   /  .:::         :: :i  \ヽ:::\     '|>!.ヾX
                 l    i  ::i::.. l       ::i::lヽ  ヽ::ヽ:::i:..    ll:‐―
                .|   .: |  ::l';::. l       ::l::| `', ‐\ヽ|::. l  l レ ,ニ
                l  .:i: :l  ::| ヽ ',ヽ      :|::l/  ` _,,,..-:,:: | :::l | .l;;;;;
                |  .:l ::|  ::l--- L_':, i   ::l'l.| ,..z=- ''::´ヽ!:l .:::| l. |;;;;;
                l  :::| ::l  :|    \.ヽ   ::| l./,'´レ<)::!!:::::::i:! .::l , .| l;;;;;
                | :::|l  ::l l |=,== =z、,ヽ: :l |  .'<,,... -‐'/ .::/ l :l .|;;;;
                l i::l l '; ::';.', .ll.! レ-,:ii:::::'; `ヽ',./     ,  , / .:/./!/!.ヽ;;
                | .l | '; ':, ヽ':,.!ヾ.ヾ_... - '           /.イ///::::l丶-
                .l.||l  iヽヽ. ヽヽ  ,  ,     !        ‐'゙ // / ::::;'|::
                 | l  | \\丶ヽ          _ .. ィ     '/./  .:::/:l:::
                 l   l .l ヽ::l丶 ::>.. .._     `´    ,.ィ'//  .::::/::i:';::
                 |  .|l. ! :::;|ヾニ==<二>`   '' ‐- ィ´ /'/  .:::/::::|::ヽ:..
                   l ':,!:ヽ ::i'> '''''' <  r..ニ-/ニ, /ニ../  .::::/::l:::::l:::',丶
                  // |ヽ.,\!ヽ     >!::::::/´j .i.l:::::/ .::::/,_,. -_,_'::;:::
                  /'  .l ::/ >---<''´-‐/::::::人_ ノ':::/  .::://./´  `ヽ、
                /  /:::L../ .i'´ `>ニ三=-=>',..L.=/  .::/:::/'      __\
               /    /:::::ヽ ヽ<_ 二=_ニ-‐―-/ .::/:/:/   r ニヽLr,. l
             / /  ./:::::::::::::::::>--_..=ニ 'ヽ 丶-::i  .:/::i:l:;'    | l l.| _'-, l
              /   l:::::::::::::::::// /´::::::::::::::::: ̄::`:‐-! .::/:::l::l:l    丶ニノ '--'

             ┌─────────────────────────────┐
             │彼女の結婚相手があのときの男なのかどうかは、僕は知らなかった。.│
             │ただネームプレートが、[入速出]に変わっていた。            .│
             └─────────────────────────────┘

116 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:21:07 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────┐
│ヤラナイオ先生と僕は、その頃にはずいぶんと親しくなっていた。  ....│
│僕は、先生の研究がようやく理解できるくらいには成長していたし、  ..│
│これまでの業績の中に、いくつかやり残しを発見した。        ......│
└─────────────────────────────┘


                      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                    |  (●)(●)/;;/
                    |  (__人__)l;;,´|
                    | ./´ニト━・' .l
                    | .l _ニソ    }
                     /ヽ、_ノ    /
                   __/  /    ノ__
                  / /  /       `ヽ.
                  /´  ./       ,.  ヽ.
                  ト、_,/.       |、  ヽ
                   |         |/  /

              ┌────────────────────────────────┐
              │それを先生に言いにいくと、先生はとても喜んだ。               ......│
              │それで二人で相談して、そのやり残しの課題を僕が担当することになった。.... │
              └────────────────────────────────┘

117 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:21:34 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────┐
│ヤラナイオ先生のアパートにも一度だけおじゃましたことがある。   ...│
│先生と連名の論文を書くことになったので、その打ち合わせだった。.....│
└─────────────────────────────┘

        TTTTTTTTTTTTTTT\        l.TTTTTTTTTTTTTTTTT
       . | | | | | | | | | | | | | | | | l.\____ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
       .「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\゙| | | l.\  _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\!.| | | l.\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |   __       \!.| | | l.\              __
          |  f_f]   <二二>   \!.| | | l.\           f_f]   <二二>
          |  .___. ____    \!.| | | l.\         .___. ___
          |  「|「|「|「| || __ .||     '\!.| | | l.\.     「|「|「|「| || __ .||
          |  |」|」|」|」゙[| |_| ||        \!.| | | l.\.     |」|」|」|」゙[| |_| ||
          |    ̄ ̄~ || __ |]||           '\!.| | | l.\       || __ |]||
          |        [| |=| ||              \!.| | |゙.|       .[| |=| ||
        /|、_____|| |_| ||,__________\!.|゙.|_____|| |_| ||__
       /          ~ ̄ ̄ ̄                .\|        ~ ̄ ̄ ̄
       !二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

118 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:22:17 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────┐
│夕方の六時くらいだっただろうか。                .│
│それは先生にしてみれば、ずいぶん夜更かしだったので、.....│
│僕はもう帰ろうと思った。                      │
└─────────────────────────┘

                                 / ̄ ̄\
                               / _ノ  .ヽ、\
                               |  (●)(●) |
               .                |  (__人__) .|
                                |   ` ⌒´  ノ
               .           r─一'´ ̄`<ヽ      }
               .          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
                          ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
               .            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
                        (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
                          / // / /        r==、\_\_)、_)
                          ー' {_/ノ        L__.」   ."´
                                      ,!  t
                                    /⊂⊃\
                                   /-―――-∧
                                   |:..:.:.:/\:.:.:.:.|
                                   |.:.:.:l|.:.:.:.:.:l|:.:.:.|
                                   }==V ⌒ V:==!
                                   |.:.:.:| {洋} |.:.:.:.!
                                   }≡l!ウィスキ!≡{
                                   |.:.:.∧  ∧.:.:.:|
                                   |.:.:.:l|  ̄´il.:.:.:.|
                              ┌────────────────────┐
                              │すると先生が、台所からお酒を持ってこられた。.│
                              └────────────────────┘

119 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:22:45 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────┐
│僕はお酒の勢いで、このとき初めて巡音さんのことを先生にきいてみた。 .│
└───────────────────────────────┘


                                    / ̄ ̄\
                                   /  ヽ_  .\
                                  ( ●)( ●)  |
       ああ、そう、結婚したそうだろ。        (__人__)      |
                                  l` ⌒´    |
       あそこで君も一緒に会った人だ。       {         |
                                  {       /
       彼女、普通の男と結婚したな。         ヽ     ノ
                              ▼/ ̄      ̄ ̄)____
                            〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
                        ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

                         ┌──────────────┐
                         │先生は表情を変えずに答えた。 . │
                         └──────────────┘


120 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:23:14 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────┐
│『先生、どうして、それを知ってるんですか?』 │
└───────────────────┘


             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)
          . |     (__人__)
            |     ` ⌒´ノ    彼女に聞いたからだな。
          .  |         }
          .  ヽ        }
             ヽ     ノ  mm
             /    ̄ ̄ ̄ つノ
             |    | ̄ ̄


121 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:23:43 ID:ikbPsp0d

┌────────────────┐
│僕は少し驚いた。              .│
│『誰と結婚したか、きいたんですか?』..│
└────────────────┘


              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)
           . |     (__人__)         違う。
             |     ` ⌒´ノ
           .  |         }          俺と結婚しないか、ときいたんだ。
           .  ヽ        }
              ヽ     ノ    ビシッ
              /    く__,-ュ__   て
              |    ___ 三)  (
              |    |       ̄   ´

122 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:24:48 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────┐
│僕の口は開いたままになった。                ......│
│『え……、それは……、つまり、プロポーズしたんですか? ..│
│ え、いつですか? それ』                    ...│
└─────────────────────────┘


                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \
                |    ( ●)(●      なんだ? プロポーズ?
                |      (__人__)
             .   |        ノ      ああ、そうだ、まあ提案したわけだな。
                 |      ∩ ノ ⊃
               /     ./ _ノ       間違いではないだろ。
               (.  \ / ./_ノ │
               \  “ /___|  |
             .    \/ ___ /


              ┌─────────────────────────────────┐
              │プロポーズという単語は、新しい解析モデルか計算手法を提案するときにしか、.│
              │先生は使わないのだろう。                                │
              └─────────────────────────────────┘


123 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:25:41 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────┐
│『すごい! そうだったんですか、すごいですね、先生』...│
└───────────────────────┘


              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \  ( ;;;;(
            |    ( ─)(─  ) ;;;;)
            |      (__人__) /;;/   
         .   |        ノ l;;,´     俺はもともとすごい男だろ。
             |     ∩ ノ)━・'
           /    / _ノ´       今さら驚いてどうする。
           (.  \ / ./   │
           \  “ /___|  |
         .    \/ ___ /


               ┌─────────────────────┐
               │先生はいつもの調子で少し誇らしげな顔をする。 .│
               └─────────────────────┘

124 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:26:06 ID:ikbPsp0d

┌──────────────┐
│『でも、ふられたんでしょう?』   .│
│僕は少し可笑しくなってきいた。.....│
└──────────────┘


             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)      
          . |     (__人__)       ふられた?
            |     ` ⌒´ノ
          .  |         }
          .  ヽ        }        それは違うだろ……。
             ヽ     ノ  mm
             /    ̄ ̄ ̄ つノ
             |    | ̄ ̄ ̄


             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●
           |      (__人__)       まあ、彼女にも、その何て言うのか、成り行き……、
        .   |        ノ        しがらみ、と言うのか、どうも言葉が出てこないが、
            |      ∩ ノ ⊃
          /     ./ _ノ        周りに対する義理みたいなものがあったんだな。
          (.  \ / ./_ノ │
          \  “ /___|  |
        .    \/ ___ /

125 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:26:29 ID:ikbPsp0d


              (⊃ ̄ ̄\
            (⊃   _ノ  \
           (⊃   ( ●)(●)
            |     (__人__)       それはそれで、しかたがないことだろ。
            |     ` ⌒´ノ
             |         } \      そういうものは俺にはないが、
            /ヽ       }  \     普通の人間には沢山あることは学習しているだろ。
          /   ヽ、____ノ     )
         /        .   | _/
        |         / ̄ ̄(_)
         \   \ /| JJJ (
          \  /   /⊂_)



             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)        つまりは、俺が彼女に言うのが遅かった。
           |     (__人__)         もう、話が決まっていたようだったな。
           |         ノ
           |     ∩ノ ⊃ }         もう少しはやく言って欲しかったって言われただろ。
           /ヽ   / _ノ }
          ( ヽ  /  / ノ
           ヽ “  /_|  |
            \__/__ /

126 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:27:07 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────┐
│僕はますます可笑しくなる。                │
│『断るときは、みんな、そう言うんじゃないですか?』 . │
└──────────────────────┘

             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)
          . | u.   (__人__)
            |     ` ⌒´ノ         意外に低俗なこと言うな、お前……。
          .  |         }
          .  ヽ        }
             ヽ     ノ
             i⌒\ ,__(‐- 、
             l \ 巛ー─;\
              | `ヽ-‐ーく_)
          .    |      l


               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \  ( ;;;;(
             |    ( ─)(─  ) ;;;;)   まあ、どう思うかはお前の勝手だ。
             |      (__人__) /;;/   結果には変わりがないだろ。
          .   |        ノ l;;,´
              |     ∩ ノ)━・'     しかし、俺は嘘は言わないし、彼女も本心だろう。
            /    / _ノ´
            (.  \ / ./   │       たしかに、俺と彼女は出会うのが少し遅過ぎたな。
            \  “ /___|  |
          .    \/ ___ /


127 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:27:30 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────┐
│なんという自信だろう。                   ...│
│いや、これこそがヤラナイオ先生だ。           . │
│こんな男が世の中にいるのか、ということに感動した。 │
└───────────────────────┘


                        / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                      / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                      |  (●)(●)/;;/
                      |  (__人__)l;;,´|
                      | ./´ニト━・' .l
                      | .l _ニソ    }
                       /ヽ、_ノ    /
                     __/  /    ノ__
                    / /  /       `ヽ.
                    /´  ./       ,.  ヽ.
                    ト、_,/.       |、  ヽ
                     |         |/  /

                   ┌───────────────────────────┐
                   │きっと、あの喫茶店から帰ったときだって、              .│
                   │僕が考えていたように落ち込んでなんていなかったに違いない。...│
                   │新たな研究の構想に夢中で上の空だったのだろう。        │
                   │気を使っていたのは僕だけだったんだ。               . │
                   └───────────────────────────┘


128 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:27:56 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────┐
│僕は博士課程を修了して、近くの私立大学に助手で採用された。 ..│
└────────────────────────────┘
                         ___       ___
                            |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                            |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                            |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                            |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
       :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
          .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
    ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
    |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
    |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
    |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
    |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
    |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
    |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
    ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
     . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
     . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
     . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
     . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
     . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
     ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄

129 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:28:43 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────┐
│そのときも、ヤラナイオ先生は相変わらず助手だった。 ...│
│もう四十近い年齢だったのに、まだ独身だったし、    ...│
│風貌や生活にも少しの変化も見られなかった。        .│
└────────────────────────┘


                / ̄ ̄\
              /       \
              |::::::        |
             . |:::::::::::     |
               |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
             .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
             .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
                ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
                /:::::::::::: く         ,ふ´..
        -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
                |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

           ┌──────────────────────────┐
           │でも、残念ながら、先生と話をする機会はなくなっていった。 ....│
           └──────────────────────────┘

130 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:29:17 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────┐
│僕は助手になって三年目に恋愛結婚した。         │
│当然ながら、僕は結婚式にヤラナイオ先生を招待した。.....│
└────────────────────────┘


                        / ̄ ̄\
                       /   _ノ  \
                       |    ( ⌒)(⌒)
                       l     (__人__)
                       l     ` ⌒´ノ
                       |           |
                       ヽ       l
                        _,ゝ、   _,ノ
                     ,、-='l \_,ン g<\
                   / \ └〆\ i=i|\'\
                  丿   ゙i   \ \=il / i!
                  l    l    \\| /=|l
                  |    |     \i/   ||



131 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:29:41 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────────┐
│先生は、司会者を完全に無視して、三〇分もスピーチをしたし、             .│
│しかもその内容の九割は「弾塑性論」や「流体力学」の最新の研究についだった。   │
│僕以外にはちんぷんかんぷんだっただろう。                       ....│
└───────────────────────────────────┘


              
                  / ̄ ̄\
                 /   _ノ  \.
                 |    ( >)(<)
              .   |  ::::::⌒(__人__)
                 |     ` ⌒´ノ
              .   |         }.    
              .   ヽ        }   
                  ヽ     ノ   .
                   / lヽ介/lヽ、 ,rE)
              .     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
                  | |  ゚|  |\/
                _ | |  ゚|  |__
                |\         \
                |\\          \
                |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

132 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:30:16 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────┐
│さらにその上、先生は司会者の皮肉を振り切って、 .│
│「マイウェイ」を三番まで英語で熱唱した。        .│
└──────────────────────┘


                        / ̄ ̄\
                      /    _ノ' ,,\
                      |     ( -‐)(‐)
              .          |    ::~(__人__)
                      |     'ヽ ヾリ
                      |      ゙ー'ノ
                       ヽ       ソ}
                        ヽ      ノ     ●ォ、_
                        /⌒Y◆・◆、        ”¶ト.
                       /  y   |。=, \.      ||
                       ノ  ,/___,ン)_|,、 ソ'~,‐っっ||
                      (_"___リ_ソ `ー─iソ´~ ||

         ┌─────────────────────────────┐
         │この披露宴の撮影を、あらかじめ式場に頼んでおいたのだけれど、......│
         │ヤラナイオ先生の歌は、編集ですべてカットされていた。          │
         │世の中にはものの価値のわからない人がいるものだ。         .│
         └─────────────────────────────┘

133 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:30:38 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────┐
│僕は、その後国立大学に移り、助教授に昇格した。 │
│そのときも、ヤラナイオ先生はまだ助手だった。   .│
│でも、先生からは、お祝いの手紙をもらった。    ...│
└──────────────────────┘



                       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                       |                    |
                       |                    |
                       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
                      /              /ヽ__//
                     /    おめでとう☆   /  /   /
                     /              /  /   /
                    /   ____     /  /   /
                   /             /  /   /
                 /             /    /   /
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

134 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:31:10 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────┐
│ヤラナイオ先生は45歳の時に結婚された。 . │
└───────────────────┘
                        .  †
                          ∧
                         ./;' ヘ,
                        、_/,: ,、゙.ヘ._,,
                        i゙7;' li^il ゙Vi
                        レ´l ̄ ̄`ト、:
                       〔;'´l ̄ ̄`ト、〕
                        | |    | |    _,。/)     パタパタ
              ╋        |^i| r^'i |i^|    `ー'" _,。/) _,。/)  バタバタ
              ┃        |ヒi| .l韮l .|トi|        `ー'" `ー'"    パタバタ
             ./\.       | |     :| |          _,。/) _,。/)
            .//\\.      i幵iェェェェェェェェi幵i         `ー'" `ー'"
          .//   \\.    冂| ̄ ̄ ̄ ̄|冂
         .//  .仝.  \\.  | |l  ∧∧ l| |             _,。/)
       .//    i燹!    \\.! |l  目目 l| |              `ー'"
      .//            \\.|l .且且 l| |(;;"'',,,;;゙);;゙)
     </               \> ..  (;;"'',,,;;゙);;゙);;;:::::::Y:;;;;;:::ヾ
      |                   |   (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,):::;;::::,,, ;;;;,):;,,)
      |       ,r'全ミ、       |  (rill;;::(;;;,,,, ,,,;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)
      |       |田l田|       | 丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::)
      |       |田l田|       | ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,, ;;;ノ ;;;,,,ゞ;;,,,ゞ;;;;)
      |       |田l田|       |巫┌─────────────────────────────┐
   __辷辷辷辷  iニニニニニニi  辷辷辷 │それは僕がちょうど留学中のときで、結婚式には出席できなかった。 ..│
   辷辷辷辷辷 iニニニニニi  辷辷辷 .│それと同時に、先生は九州の大学に助教授で栄転されたのだ。    .│
   .... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: └─────────────────────────────┘

135 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:31:35 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────┐
│僕は全然気がつかなかった。               .│
│驚くべきことに、結婚相手は、あの巡音さんだった。 ..│
└──────────────────────┘、_ 丶、
                             ,r { `ヾゝ‐、_r、Xヽ\
                            /  \     ゝ、xヘ ハ
                             /  l   |   l l ゝl l |
                              l   l ト、  |  ハ. |  l∨ !
                              | l レ「z-、| /',rニ、! / ハ. l
                                ヽlヽ ヘ ゞ ,'   ヒリ イ ィ/ | !
                             ヽ 、  、.  /  レ  |
                             / ` _>  イ   /  |
                           / _| l-'   /  /、 リ
                           /  λ | 〈   〈,'  / )ヾ
                         ,. <   / .| ヽl   イ  l /r' ハ
                         /    /  ! / rヾYィ |.  | !´  ヘ
                    r '     /  _,|,'  ゝ' |:|(=|  ! y   }
                    ∨   // / ,{_八   H  |   ハノ__  r'
                       Y/  レ'/| j }`  !l   V リY `ヾ、
                         !|   { {   У /.   !l   V /⌒ヽ_/
                     ` ´  ヾ  / /   ノノ     /    /
                              l/-‐' ´  ヘ   /   /
                          r/`´        У   /
                         / 7      /   ┌───────────────────┐
                          /H/      /    ..│それはずいぶん後になってわかったことだ。....│
                       / ノ     ,.イ     ...└───────────────────┘
                         /〃      l ヘ   =γヾ l ト-'
                      / /'      ゝ、ヽ、 __ゝ'ハ} |l !ヽ
                     //        l ヽ、‐-r-'  |ヽ ヘ ヽ

136 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:31:59 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────┐
│巡音さんは、前のご主人と離婚し、ヤラナイオ先生と結婚したのだ。  │
│僕は、この事実を知ったとき、感動して、本当に背筋が寒くなった。 ....│
└─────────────────────────────┘
           ×      |     ______。   |     [||]     | :|  :| ::::::::::::::::::::
      ;;      ___  |  #;   |          ||  |___||___|/ Κ|__:::::::::::
            /  /:|  |      |          ||    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ニニニニニ:::::
        ;:゙ /  / :::|  |      |          ||    ;;:':    ..,,;;;;;.    |ニニニニ::
      ゙  /  /| 、 |  |      |[]        ||  _________ |――――
     ┌────────────┐       ||./┏>≡≡<┓ 《 ̄ ̄》/| |二二二二
     │先生は嘘を言わなかった。 . │ ___||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |_|____
     └────────────┘       .|__|| ̄ ̄||____|/
      |    | 丶 i|/  |
      |    |  /||  /       / ̄ ̄\
      |    |/  ||/       /   _ノ  \
      |    |  /        |    ( ●)(●       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |    | /         ..|      (__人__)   . /                   /
     / ̄ ̄         .   .|        ノ   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                      |      ∩ ノ ⊃
                    /     ./ _ノ
                    (.  \ / ./_ノ │ ┌──────────────┐
                    \  “ /___|  |  │先生の自信は本物だったのだ。 ..│
                  .    \/ ___ /  └──────────────┘
     


137 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:32:23 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────┐
│先生は、昨年、大学を辞められた、と聞いた。│
│まだ47歳だ。                    .│
└───────────────────┘

                    / ̄ ̄ ̄\
                  /         \
                 ./          ヽ
                 .l           l
                  l             l
                  .l           l
                  ヽ          l
                   ヽ         l
                    .)     __,,../
                   /===、_〈
                 /       \
                /            ヽ
               .i       、    . l
               .l i         l     l
               l .l        l     l
               l l       . l     l
               l l       . l    l
               l .l       、   .ヽ
               ヽ .l       ヽ   ヽ
                ヾ、__  ___ヽ_, ')
                 l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
                 l   l   l  l   l     .┌─────────────┐
                                 │僕には、その理由がわかる。 .│
                                 └─────────────┘

138 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:32:46 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────┐
│先生は助教授になって忙しくなり、気楽な研究生活ができなくなったのだ。...│
└───────────────────────────────┘



     ┌─────────────────────────────────┐
     │午後の時間を睡眠につかうことができなくなり、講義をしなくてはならなくなり、......│
     │委員会や学会の運営もしなくてはならない立場に立たされたのだ。         │
     └─────────────────────────────────┘



                ┌─────────────────────────────┐
                │そんな不自由な生活に、ヤラナイオ先生が我慢できるはずがない。......│
                │僕にはそれがよくわかる。                         .....│
                └─────────────────────────────┘


139 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:33:06 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────┐
│僕はどうだろう……。                       .│
│最近研究をしているだろうか。勉強をしているだろうか。  │
└────────────────────────┘

             .      iイ    |     i   / `ヾr= ノ⌒ヽ、
                   从{ { {{人   ー /      ミ  `ヾ
                   / j i八   ト 、 __/       ヾ    ヽ、
             .      /  人 \  |`ヽ、 i / r 〃 、 ヽヽ     }
                 / / 八  \ト、   .V 爪 {ト、{>ー=jハノr‐く
             .    / / /  \   `ヽー-{ハY作┐  {トッ リ }と/-‐ァ
                i| / / -==ミヽー=ミト、   ヽヒr}.  `¨´ , rー'  i
                i|  r ´     \`ヽl `ヽ 八  ワ / ̄ ̄`ヽノ
                i| i八_/ ̄ ̄\  } }ー--n  ≧ァ彡ケ     }
                 〉  | __rーl⌒ヽ/ /  {ニ >{__{ー 'ー=ニ --、 |
                /  T「 | | |  | /   ー、/  `ー    }  i l
             .  / /. |l  | | i  ヽー/  ├、       /   ! i
               { 〃.  |l  | i   rー{ー/  / \__ /ー= _ノー- _
             .   ∨ i|. |i  l_r‐zノ  V / /       `ー / ノ== /
             .   |    Ll___)ハ     ∨ l  ヽ     ヽ/∠ ./\、_〉
                ー=}  r―-∧     ヽ│  \   /   ∧  \_
             .    ノ/ .| r==ミハ       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /| \/ ̄
               ー≠/   ̄ ̄リ ∧         __ -‐≦   ハ
             .     //   /ノ イ \___  -‐=ニ三 イ | |ー}   }

                         ┌────────────────────────┐
                         │そんな時間がどこにあるだろう。                │
                         │子供もできて、日曜日は家族サービスでつぶれてしまう。 .│
                         └────────────────────────┘

140 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:33:31 ID:ikbPsp0d

┌──────────────────────────┐
│大学にいたって、つまらない仕事ばかりだ。             .│
│人事のこと、報告書のこと、カリキュラムのこと、入試のこと、 .│
│選挙、委員会、会議、そして、書類、書類、書類……。     .│
└──────────────────────────┘

                                   ,iー..
                                  /  /
                                 /  /
                                /  /
                               /  /
                               / . /
                              / . /
                             /  /
                            / . /
                           /  /
                          / . / -''''^゙''''ー-.._
                        , ‐'./ ,i゙.、  ..     `゙'ー ,,,
                      ,/ У ./ .|______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
                     /  , ‐‐'~´
                     !  (  !
                     l ./丶、___._.ノ┬―-、.. ;;ン'
                     .゙/ ./  ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
                     / .,/ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
                     l./    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
                    ’                      ̄

141 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:33:59 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────┐
│いつから、僕は研究者をやめたのだろう。 .....│
└───────────────────┘

                 , . ; ; ;,'∵,'∴,'+,ヽ;','+ ;,'∵,'∴,'+:.:.:.:.:.::; ; ,. ,、
           ,. ; ,+X'∴゙'+"                   ゙ ∵ ':,+';x ;、 、
          +:'、+                                  +、', 、
          ゙,∵,、                                 , +,∵
           ` ∴',+:; . ,                          , +: ∵
              `'∵',+'∴; ,                  , . , ; + ;∵ '゙
                 ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "


                        
                        ┌──────────────────────┐
                        │一日中、たった一つの微分方程式を睨んでいた、 ....│
                        │あの素敵な時間は、どこへいったのだろう?     .│
                        └──────────────────────┘

142 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:34:24 ID:ikbPsp0d

┌───────────────────────────────┐
│ヤラナイオ先生と話した、あの壮大な、純粋な、綺麗な、解析モデルは、 ...│
│今は誰が考えているのだろう。                          ..│____________|
└───────────────────────────────┘             |
               |     .        |                |                                |
               |          |________|                  □            |_______
               |                                                     | ̄|
               |                                            ̄
   ______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   .                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
   .                         └─┘        |            |            |        |
             □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                     |        |            |______|      /|..  |____|
                     |        |                                   ! .|
    | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
    |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
                ┌┐                     |__|  |                       _|__|
                └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
       |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
       | |         |__|                   □       | ̄|
        \|                                       .  ̄             ロ
                                 □         /|
                       □                |/              □    /|
    ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                    ロ      ロ              □
         ・                           ロ        ロ            □
            .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ
   

143 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:34:48 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────────────────┐
│世界のどこかで、僕よりも若い誰かが、同じことで悩んでいるのだろうか……。 │
└─────────────────────────────────┘
     ;;):.:'. ;;:.:. ;(';:.:. ) ; ;;:.:.'` ;);:.:.:. ),.,.,,.,,.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ;;:'.`):. ; ;:.:. ;;:.:.:;;:,;:;;;:;; ;:;;;:';;;:; ;) ';:.:.'.:). ,.,,.,.,,..  ::::::: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::: :::::::::::::::::::::::
     ;;:.:. ;;:.:)`).( ;;:.:;;;):;;;: ;';;:;;;;: );;;:;:;;;:;;; .);:.:.` ;;:,.:)   :: :: : : :: :: : :: :: : ::: : :: : : : : :: : :   .(:. ;;:.';:.
     ;;:.:. ';;:.:;:.):. `;;:'.:. ;;:.:. ;;:.';:. ;;:.):. ,,,';;:.;ヽ:. ;;:`.:. ;;:.:.)  . . . . .. . .. ... . . . . . . . . . . . . . ;:(.:. ;;:.';:. ;:.:.
     ':;;`;:;;;:;;:;;)';;:;;;. ;';:.):. ;;:.ヽ;`;:.:;. )''''                     , .,.., ., ;:.(:. ;;:.';:. ;:.:.
     :;;;:;;:;`);ヽ';;;: .) '''|| ' ''' '''                     , .,.., .,(;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.(';:.
     ;;:.:. ;;:.;;;;;;:. )゙,,, ,||. ,,., .,.., .,., .,.,               , .,.., ., (;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.');:.   (;:.:. ;;:.
     i! ii!! i!i,. ;i;';;. ,,.;||;.;i;';.,,;;`;;;;`;;      ___  __  (;:.:. ;;:.'(;:. ;:.:. (;;:.';:;:.';(:. ;: ( ;:((.:. ;;:.';:. .:.
     i!i!i! i!i,.;;.;i;' . :;,||.;;.;,.;;. i;'; ,;;`;;`;;   |iiii| |!!!!!!!!|(;:,;:;;;:';;;:;:,;(:;;;:;; ;:;;;:';;;: ;.;;.:;;`;(;,.;;.;;.:;;`;;,.;
      i!i!i!|/ ,.;;.;i;;.,; ;;;;||;;;,;;`;,.;;;;;;;i`.;;.;i;';.,,;;`;;;.゙ii| |!!!!!!!!|.;;.;,.;;.;.;;.;:;;`;,.;;.;.;;.;,.;;.;ii|;.:;;`;;,.;;.;.;;.;,.ii|;;.;
      `i!i!i ,.;;.;i;';. :;;`;||;,.;;.;|i |i;';.,,;;`;;,i;';.,,;;`;; 「 ̄ ̄.;;.;,.;;.;.;:;;`;;.;,i|.;;|ニニニ|i;.;;.;,.;;.;.;;;;;;;;; ;;iii|;,:;
      |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;;|i;`;;|i`,.,;:;;|i`;;;;;;;;;;;`;;i`.;;.;,.;;.:;;`;;i|.;;.;,.;:;;;i|;;;;||;:::`;.;||i|;,.;;:;;`;.;.;:;;`;;.;,.;;.;.
      |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;`|i;`;;|i`,.,;:;;|i,;;;;--`      -- ;;;`;:;;;:;;:;':;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;;;;:;`;:;;;:;
    __,,,,,,,,,,-----;;;;:::::::)''''''''''''''"""""~~  /     ヽ        ~~~~"""'''''''''--------,,,,,,,,,,__
    :::::::::::::::::::   ,, --''''''"       /       ┌───────────────────┐
      _, --'''""~           /         │もしそうなら、僕は、その人がうらやましい。 ..│
    ~~                            .└───────────────────┘

144 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:35:09 ID:ikbPsp0d

┌────────────────────────────────┐
│ヤラナイオ先生のところに出した年賀状が、今年は宛先不明で戻って来た。...│
└────────────────────────────────┘
        :::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
        .:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
        ::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
        :::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
        :::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
            :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
              _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
        :::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
        ::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...
        ::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...
        ::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..
        :::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...
        ::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
           , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
        丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
            (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
             `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
               丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
               ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                         ):::..        : . : : : : : : : : .
               ┌───────────────────────────────┐
               │風の便りで、ヤラナイオ先生の奥さんが自殺して亡くなったと聞いたのも、...│
               │つい最近のことである。                              ...│
               └───────────────────────────────┘

145 名前: ◆cAAWxj6UAY[sage] 投稿日:10/03/29(月) 03:35:35 ID:ikbPsp0d

┌─────────────────────┐
│でも、ヤラナイオ先生だけは、今でも相変わらず、..│
│学問の王道を歩かれている、と僕は信じている。 .│
└─────────────────────┘



                / ̄ ̄\
              /       \
              |::::::        |
             . |:::::::::::     |
               |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
             .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
             .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
                ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
                /:::::::::::: く         ,ふ´..
        -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
                |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

                              十 ヽ |   ニ|ニ  l  ヽ
                            (厂)  L_ノ  d-   ヽ  o


  原作:森博嗣「キシマ先生の静かな生活」(『まどろみ消去』収録)

146 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 09:52:13 ID:l1SCzU9e

乙なんだよ!



147 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 11:31:59 ID:DHr3ePs4

2作品とも良かった
乙です



148 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 11:53:35 ID:aIEpx1bG

乙だ
う~んなんかとても純粋すぎて、ルカにはついていけなかったのかなあ



149 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 13:50:40 ID:fU9DiwLu

>>148嫌な事件に巻き込まれたとかいろいろ想像できるな
考えさせられるわ…                            おっと乙



150 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 14:08:33 ID:aA3M8xY2

乙!
森博嗣の『まどろみ消去』は読んだはずだけど
この話全く記憶に無いwww
もう一回読むか・・・・・・



151 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 20:55:45 ID:gGVQI25j

おつ!



152 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/03/29(月) 22:58:52 ID:lrQHcun1

切ないな……
力作、乙



153 名前:名前なんて無いでしょ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/04/01(木) 03:05:42 ID:yUkXkJa+

すげえ、ジーンときた
遅ればせながら乙!



関連記事
| 00:00 |コメント(6)
カテゴリータグ:小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2010) やる夫短編作品 2010

|

<< ロリータ・レンピカの残香 | HOME | 作って── >>

■御感想or寝言

9721 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/08(木) 02:20:28 ID:-

やらない夫は不幸→幸福→不幸の絶望スーパーコンボを喰らっても動じなかったのだろうか
伴侶が自殺などという最悪の終わり方をした時何を思っていたのだろうか

頑強な精神というべきなのか、既に機械と呼ぶべき存在になっていただけなのか・・・


9727 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/09(金) 01:21:30 ID:-

これ見て思ったけど、やらない夫って犀川にぴったりかもしらん


9735 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/09(金) 16:18:36 ID:-

なんという・・・


9752 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/10(土) 18:02:15 ID:-

内心はどうだったんだろうか


9827 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/13(火) 18:39:11 ID:-

うむむむ……
言葉が出てこない


54288 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/10/21(水) 08:52:32 ID:-

ない夫は何事にも動じない超人だったな
巡音関連で人間臭さを見せたけど、そんな彼女さえもついていけないレベルの人だったんだろう


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ