やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

  • .(04/23)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2010/04/08(木) やる夫は10分間だけの殺意を抱くようです

カテゴリータグ:作者別短編集 兄リエ◆hrPgATdXSI氏の短編集

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.48 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1270049925/
中編 短編投下所21                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270482350/
やらない夫短編投下所13                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1268839995/
戦国時代超短編やる夫                  .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258850377/
やる夫系R18ストーリースレ その5           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1264311808/
ヒロイン短編投下スレッド5                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1270567258/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1267589878/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1269018125/
出演 やる夫 初音ミク


269 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:13:30ID:gR7EyfMg

.
『やる夫は10分間だけの殺意を抱くようです』

15レス程。
後味が悪いです。
ミクファン、ルカファンの方は閲覧されない方が良いかと思われます。

.
.

270 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:14:44ID:gR7EyfMg

.
『やる夫の同僚に毎朝遅刻をしてくる者が居る』
.
      ────────────────────────────────────
     _____________________________________
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                       ||
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ||
                        |   ||
                        |   ||
           、、         |   ||
        ┼┐─          |   ||
               ̄| 、、       |   ||
                  ┘    |   ||.
                    /  |   ||
                  /    |   ||
                      /|   ||
                        |   ||
                      /|   ||
                    //|   ||
                ////|   ||
      _________|   ||
                   r──-、
                   {二二  |
                    {二二  |
                     匸二..__ノ
                       ||ノ
                       ||

271 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:16:04ID:gR7EyfMg

.
                       __  ,、へ
                 _.._  ,、 '": : : : : : : : Y/、i: :\
                i:::〆 : : : : : : : : : : : く〈: : l: : : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : ::l: : : : ヽ
                  / /: : i: : : : : : : : : : : : : l、: : : : l: : : : : :',
               /:./: : :.lヽ: : lヽ: : : : : : : : L:.:.: : : l: : : : : : ,  やる夫君、おはよう!
                 /:./l: : : :l..._\V゛\: : : : : :l:::::::ヽ: :l: : : : : : i
              l:./: l: : : :L..  ヽ /l::\: : :.l::::::::::l: ∧: : : : : :l
               /l/: : ',: : :.| l::ヽ   ヽ-'ヽ: ト:::://  ',: : : : : l
                /:.l': : : ヽ: :.l l`" 、     |:.l: : :/   i: : : : : l 『 彼女は初音 ミク
           /: : : : : : : 〉: l ヽ  -‐'   ィ:./Tく.     l: : : : : l
           /: : : : : : :./ `.j   > -r '゛l/_.ハヽj    l: : : : : l  やる夫よりも数ヶ月先に入社した娘だ 』
           / : : : : : : /     `rr┴ '"::::::::/>--、   l: : : : : l
           /: : : : : : :/   _.. r '"Hヽ:::::::::::::/     ヽ.   l: : : : : l
           /: : : : : : :/  r'"  レ'/^/::ヽ:::::/     i.  l: : : : : l
          /: : : : : : /  l  /:::/ ./::::::::::Y  i.    /    !: : : : :.l
         /: : : : : :./   j /:::::::/ ./::::::::::::::l.  l. 01 ,'     !: : : : :.l
        / : : : : : /   ノ l:::::,:' /::::::::::::::::::',. l    l     l: : : : : l
        /: : : : : :/  ./;;:ソ::/ ./::::::::::::::::::::::ヽr‐---‐ト,    l: : : : : l
        /: : : : : :/   /;;;:/::/ ./::::::::::::::::::::::::::::|:;;;;;;;;;;;;;;リ

272 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:17:10ID:gR7EyfMg

.
               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \   『やる夫は彼女と二人だけの部署で働いている
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l  そして彼女は毎朝必ず遅刻をしてくる       』
          \     `⌒´     /
          /              \

4
.
 /    //// ィ   ∧    ト、    |\    \   \
      ∧| l/  |   /‐∨   |  ヽ.   ∟ \ ∧  \   \      さっ、今日も頑張ろ
    // ∧j!  !  l! ,厶\ \ ,ハ  |   `∨∧   ヽ. \. \
.  / / ′l|   ! l| イ イf ト、\ \ ∨|=‐x. ∨∧     . \. \
. /,′ .′i  |   |i  |  弋ソ' \\  ∨イr'ハ. Vヘ.\      ヽ  \
//    !   !  ,/ト、 :|.       \\ l!弋_ソ  | |\ハ   i    ヘ.   \
/  .   i  |   | ! ヾ、    __ '   \ !    ハ V  \ l|   ハ    \
      |  '   |   ヾ.fて  = ミ 、      / | |    ∨∨    ∧    \
      |   .  | |.   ∨      ヾ〉    / /| |     }|∧     ∧
      |   ∨:ト、込    r─‐  、.〃   〃 /リ| |     ||/∧ !
 |!     .    ∨ ヾ. ゝ   `ー -‐'     ,.'/〃  ! !      |l///! ぃ   i
 |!    '.   ∧  ,/'.\   ̄    . ィ升 ∧   ! /     }///,| | |  | 『 彼女は快活で感じがよく
 ||     '. /  \/〃∧ ヽ._       |川/ 》, j/     /////| | |.   !
 ||     ∨ __/>┐ヘ.        ,ノ j/   :ト、 __,∠. .// ! ! !  |    そして少しだけ狡かった 』
 |:!  ,. ´ ̄`Y, '  ノ'⌒:.,   _,x≦_    |  //  '    `ヾ.|| ! :i |
 | ! /    /  , ' {::::::::リヘ√ ,>‐《: :/'\.   j       ,'       寸 |:l |
 | ! ,′  /  /  /`7T’ヽr<.: : : :.y′〃\/     ,'          ∨:l |
 | l,′ /  ∠.  /  / \:_:!: : : : _L .″       ll ,        ∨ |
 |/  ,´  , ´ ̄ ̄`〕_/     :ト+<\: :\        《 .         ヽ|
. /  / . ./   r' ´  〕     :.:.:|:.:.:.\.: : : :\      || ,         \
イ  / :. :. :. :.    /〉    :.:.:.|:.:.:.:  \.: : : :\      !! ヘ          \

273 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:18:13ID:gR7EyfMg

.
          ____
        /      \
       /  ─    ─\  …ソウデスネ
     /    ⌒  ⌒  \
     |       ,ノ(、_, )ヽ    | 『 10分だけの遅刻に頻繁な煙草休憩
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く    トイレに行ってくると言ってはコンビニ袋片手に帰ってくる 』  




                   /スヽ、..  -─…‐| |´ ̄`  、
               //.:,`'´       ヽ\::::::..  \     あーあ、ここの仕事って退屈ですね
              ,〈〈::/   /       \>.、:::::..  \
              ,.' .:/  |  .:.:.|       \::\::::::..   \   もっと暇でもいいけど
            / .::/     ',  .:.:.:ト _.二ニ   ヽ‐\::::::..  \
           / .:::/     /\::::::::|'´ x≧、、:::::::::::Yl|´\::::::..  \
          / .::::: ! :|   ィ´ ̄\::| f{、ハ '}ヽ:::::::::[I|J V⌒ヽ,、.  \
         / .::::::::::| ,{:.:.:.:.: |ィにヾ `  ヾツ  |::\:::Ll    \./ \   \
           / .::::::::::/|,' ∨ ::小. ヾり ,       |:::::∧|‐,x    /     \   \
        / .::::::::::/    ∨:::|∧    、-、    .|::/  /  ヽr'´       \  ヽ
.       /  .:::: :/      \|:::::ゝ.,..__ ,.ニ´ / |/_  `二.¬、          ヽ  :.',
      /  .::  /       ',:::::::/ ミ.彡'ニ.´___〉 ヽ´   ` ァ>、        ', :::i
.     /  .:   /        ヽN  /    マ  |、 |\  //  \       |. ::|
     /  :   /             |     ',. 、 トヘ |  \ | |          ハ |
.    /     ,′             |    , ,コ. ヽ \.  \ゝ---┬─┬r'´.:::::. !
   /   .   !                !  、/ /  \ \\   ヽ  / .:::::/ノ .:::::::::リ
.  /  : .:   |               ',  〈_/    \ \`  <}/.:::/ ..::::::::::::/

274 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:19:24ID:gR7EyfMg

.
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \    そう…か、お?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |  『 確かにこの部署は大変暇だったが
 \      ` ⌒´   /    その時彼女の発言にやる夫は苛立ちを感じた 』


                 /个ヘ、_,. --‐- 、/7ハ
               /´ ̄ ̄´: : : : : \: ///、_}
              //.;': : /: :、: : \: : : \〈 : :  ̄`ヽ、     暇ですよー!
                厶'/: //l:.l: : :l: : : : ヽ: : : :}ヽ: 丶 : : : \
            //:.l: :.|Tト|:.l: : |: : l : : |: : : :|: :ヽ: : \: : : :\  だから、やる夫さんも上手に息抜きしてくださいね
            /,:.':l:.l:.l: :.|N V\l\l、: : l: : : :j: :ノ \: : \: : : :\
           /:,:.': : |:.l:.l: :.l゙=ミ   、___\l: l: :厂爪  \: :`、: : : : \
.        /:./: :./Vヘ: : l'''    '' ̄ 川/トr{ l lヽ   `ヽ、\: : : : ヽ
      /:./: : /   /7フ\ ヾフ   ル'ノ扛レ二ニ=┐  \\: : : : \ 『 彼女は、そう言って笑った 』
    /: ; ': : /     /フ'/ァ _>ー┬ ノ´ //:;'::: ̄:::::::::::|    ヽ `、: : : : l
   /: : :/: : :/    /l {  ノ,/   ノ | /  〈/:〈.:::://::::::::|     l: : : : : : :|
.  /: : :/: : : :l  / _,.l - イ |  /  |/    l\:::{:::::l::::::::::|     |: : : : : : :!
  /: : :/l: : : : :| / // ̄ |ノ∠ ィ''⌒ト、   / / }:::::::l:::::::::::|     l l: : : : :i l
 ,′:/ |: : : : :l 〈_//::::::::::::::} {  /^ーイ \ /`く/|::::::::l:::::::::::l     l |: : : :.,':.l
 l: :l'  |: : : : :l  \_::::::::::::::::|ハ/: : /´       {:::ヽ:::::::::::::::::ヽ     | |: : :/lノ
 |: :|   ヽ: : : ヽ   \:::::::::::::::/: :./  __  ノ ト、::\::::::::::::::::〉     lノl: /
 ヽ.l    \lヽ〉    \:::/::_,:イ`ヽ      /  \::::::::::::::::/     V
            _, -‐'´ ̄´: : j二ニ´   /     \__/
          /: : : : : : : : : :/    __ノ{
         /: : : : : : : : : :/ 二´ -‐ ´ \

275 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:20:41ID:gR7EyfMg

.
                  __r‐ュ.........................rュ___
         > ´  -―――――――――-   ` <
       rf「_,       _________     __〉
      //|        厂 ̄`マニニニニy'  ̄ヽ      ',
    _〉{ l      /1     `¨¨¨¨¨´    `ト、     j  『 ならば、彼女のように遅刻でもしようか
    〈\〉 ト、__  .イ  /   ,斗‐――- ,     マ`ー--У
    〈\〉  `マ_ ノ   / 4k__)(__)(__) 2\    ヽ_/     けれど やる夫はそうできなかった
    〈\〉       f「   ' 5k__)  _   (__).1   l|
    〈\〉       l| ,' 6k__)´g㌢ ̄`守。       l|        彼が来なければ10分の間
    〈\〉       || l k__)i {iii{<(_ _)>}iii}    ;  l|
    f^YYYYYYY^ー|| li 7k__) ⅥiマニフiⅣ    '  l|        誰が電話をとるのだろうか        』
  〈 Уーyー'ー'ー'ー'^|| ∨ k(__)、`定主亥〈\  ,'   l|
  〈/  /        .l|   ヽ 8`ト(__X__)_  〉 У   l|          
  〈   ト、        l|    < 9 0   >'     l|
    ヽ Y^ヽ      l|        ` ¨¨¨¨´         l|
     \|  ト、    i|                  l|
      l  Lム    、___________ノ
        ヽ」  ト、      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          l  Lム`ヽ
        ヽ |  ト-仏
         `ー^ー '

276 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:21:42ID:gR7EyfMg

.
            _,,、、、、、、、、,,
          , .ィ77 !  l / / >.、
        ,イ1  |.:|.::|  l / //   ヽ
       / i |  !.:|::|  N //   , -`、
      j  N  ヾトト、ノノ,イ,イ ,r'´   ,ハ
      ト、.;シ'"´ ̄`¨`ーー'"´ ̄``ヾ_ノ 1!      滅多に顔を見せない上司は
       | ;シ   ‐- 、 __, -‐   、 ゙,  ,j|
       Uシ           __  j | //      彼女の遅刻癖を知っていたが黙認していた
     」ノィ´ 二ニヽ   '" ̄`ヽミヽ レ:;'ト、
     /ハ!,レ'" -=ン    ー=- ヾ }:::| 〉、     彼女は愛想が良く、美人で、
     しノノ ´~ ''"´ ,r   ``¨`    |.::レ'  ト、
   , ィ´j j      /   ヽ        j!:;!   i ヽ、  そして やる夫以外、誰も彼女のその行為で
  / i  V、   rrヾ ,,_, イ  r、   ノソ    |   \
     |  `ト、  リy====ァ リ   / |    |      困るものはいなかったからだ
     |   1 ヽ、  `ニニニ"´   , イ  ,!    |
     |    |    >、_,,_ , ィ≦ /  /     |     少なくともやる夫はそう考えていた
     |    | / /  /l丁 ト、\ /     |



        ____
      /      \
     /  ─    ─\     だから やる夫は彼女の遅刻癖に対して対抗手段を取らなかった
   /    (●)  (●) \
    |       (__人__)   |   その悪癖さえ除けば彼女はとても好ましい女性であり 
   \      ` ⌒´   /
   ノ            \   そしてやる夫は密かに彼女を好いていた、嫌われたくはなかった
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

277 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:23:07ID:gR7EyfMg

.

   /  『 ただ、一度だけその遅刻癖に対して言及したことはある 』
  /
/      _________________
      /              /          /|
     /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / :|
   / _______/ ._________/ :|
   || ̄ (ニニ)_______|    ||| ̄ (ニニ)_______|    || : ::|
   || ̄ : `┯    ::| ̄ ̄||| ̄ : `┯    ::| ̄ ̄|| /
   ||     ┷    | ̄ ̄|||     ┷    | ̄ ̄||/
   ~          ̄ ̄~~      。    ̄ ̄~~


       r-/ヽ.._     __    /ヽ _
       く::::::::::::::i ,、 '": : : : : : : ` 、l:::::::::::::::>
      r‐>─ァ‐'": : : : : : : : : : : : : : \::::::::/┐
      /:.〈:::::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ-': : ヽ
      /: : : Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',: : : :',    そうですね…気をつけます
     ,': : : :/: : : : : : :/l: :.i: : : : :ハ: : : : : : : : ト,: : : ',
     ,': : : :.ハ: :.i: : : :/ !:/l: : : :/ \: : : :l: : l. ',: : : :
    ,': : : :,' ',: l: : :/-‐'l/ l: :/  `‐ヽ: : ハ: :l  ',: : :
   ,': : : :,'  V: : rr==、 l:/   ィ==-Y: :.V  i: : :  『 けれどその発言の三日後から
   ,': : : :,'    ヽ: : lヽ::::::ノ    i:::::::ノ/: : :/    !: :
.  ,: : : :,'     \:ヽ        /: , イ     l: :    彼女の遅刻は再開した  
  i: : : :,        `-ヽ   -‐-  / '"l/     l: :
.  l: : : :i     r‐---r->- イヽ---- 、    l: :    だからやる夫は諦めてしまった
  l: : : :l     /: : : : : l〈: : >-く: : /: : : : : :l.    l: :
. l: : : :l    /_.r'"⌒ヽl: /: :゚: lヽ/⌒>‐-: :l    l :    彼女との関係を悪化させたくなかった 』
 l: : : :l    /: : :  ̄ ヽノY: : : :.l :.i /: : : : : :\  l :

278 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:24:20ID:gR7EyfMg

               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /   ...::::::::::.\    『 只、始業開始から彼女が来る10分の間だけ
      | |   /     ...:::::::::::::.\
      | |   |      ...::::::::::::::::: |    ミクはやる夫の中で最も唾棄すべき最低の女として存在した
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶     その時だけは 彼女への殺意の言葉が
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |    やる夫の脳内で尽きることはなかった
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l     けれど それは誰にも知られなかった 
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.          ミクが居なければその部屋はやる夫一人だけの空間だった 』
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´

279 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:25:14ID:gR7EyfMg

.
;;;;;;:;;;;;;;:;;:;;:;:;:;::;;:;::;:;;::;:;:;;:::::;::::::::::::::::;;:::::::::::::::::: :::: ::: : :: : : : :
;;;;;;:;:;:;::;;:;::;:;;:;:;;:::::;:::::::::;::;:::::;;::::::::::::: :::: ::: : :: :: :  : : :  :
;::;:;;::;:;:;;:::::;::::::::::::;:;:::::::::::: ::::: :::: ::: :: : : : :  : _____         『 そしてある日
:;:;;:::::;::::::::;;:::::::::::::::::: :::: ::.: : :: : : : :       |  レ  |
;;:::::::::::: :::: ::: : :: :: :  : : :  :            |.    |           10分過ぎてもミクは現れなかった』
:::: :::: ::.: : :: : : : :                 ̄ ̄ ̄
::::::: :::: :: :: :  : :                  カチコチカチコチカチコチ
:: :::: ::.: :  : : :
::::::::: ::: :  ::
: :: :  : : :
                ∧∧ ←やる夫
                (,, ゚Д゚)
           __(つ ____ _____|| ̄ ̄ ̄ ̄|
            |\   、/   / \   ヽニニ||  iヽ-ヽ . |
            |  \   ̄ ̄   .\.    |L,,,`jl  |,,,,,|

280 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:25:57ID:gR7EyfMg

.

               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /ゝ  ...::::::::::.\  どうせいつもの遅刻だお…
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\
      | |   (人__)    ...:::::::::::::: | 『 やる夫はそう言い そのまま一人業務を続けた
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶    けれど彼女は姿を見せず 一時間程して携帯に連絡したが
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |   彼女が出なかったので別室の上司に後はその件を任せた  』
_l_____| /      |_|   |_|

281 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:26:48ID:gR7EyfMg

.
::. .:w:..|i!ji!;|!|::. :... :: :.:.|;l川: ..:| |: . :,:.,| |:.:.. . ::. . :: . :. : . :. .. :
ミ.;:jレ:.|;j;j;!ij|¬‐-=.:|;l,j,:|.. _| |:.: :.:. :゙ :.: :.: ..: :. :.. :.:.: :. ..:. . :
:;メミー: |:il:l!:!l|‐:;;-:vx。|! :j:|  | |冖¬ ─--==ニ .... _: .: : .
巛ミY:.j:jlj:l;lj|:.yW.::,;ij:.|li;jl;|`' | |x_-、           ~`゙
X爻ミwxk、jl|:.Wx::.v .m:゙`mr| |:.v'ヾ\
:x:Wメ::ミ爻Xjk;;::: :.j : :v: :.:w :゙'゙ . ,ハ ' ヽ    『 次の日 やる夫は彼女の事故死を知らされた
ミ爻;,:y从彡::.j:. .: x:; y.:;:Vw:;k..:; .; |  }  '.
Wx;;,:ミ爻w:: ,;,:;、i.,k..:;W.,;,xw..;;jki.: : !  j   !     家を出てから20分後にバイクに撥ねられ
::..V::.:k.:..j.:k.:ww...:.j :: .v: . :v:: . : . ,   ,'  !
w:;il:;;;:v:;:xW:; : : : : i : :w: : : : : . :/   ′ '     そのまま人気の無い道に数時間放置された末での死亡だった   』
l.: ..:k..: :...k:::::...:.y..: :..w..:.:. : .j. ;., '   '  ,'
::..:.j.:.lf:w ..: ::.k.: ;:ly..:.:k::.:v.. :,. '  , '  /
::. .j.. :.:.:r..: w.:.:V..:.:.i.:.j.:.:k.,. '  ., '   /
l. :. y::,,;.: .: w.: ::. k:. : :. ,. '  , '    /
:. .:. :. : . i: ..: :.:: !::. :.;/   ,. '    , '
. ::.!: :. ::. : ::. :: :. :./   ,. '    ,. '
: .: : . .: f:.:: . :: /   ,. '    ,. '
:. :.j.:. : : .!:,. '   /   /
: i: :j! ,. '    /   /
;>'"    /   /

282 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:27:50ID:gR7EyfMg

.
『 それから数日後、やる夫の部署を彼女の姉が訪れた 』


                          _r=≦ミく   ヽ
                      ⌒ヽ、 ` ぐヽ、 \
                  /   、 ヽ   `くハ  \
                 ′/    | l ∧   Vハ   ヽ、
                    /〃{    ! l / ヽ   Vハ     .    
               l l トハ   │|l   _」、   `く\   .:.    何で警察への連絡がこんなに遅れたの!
               | l l小、  ハkィ_'刋 }l !l  l爪  .: :.   
                   { いrf仗ミノノ`ー=彡ノハi   从〕  i .:.   貴方がもっと早くミクが来ていない事を
                   \_ハゝ }j       |i l  八J   l.: .:.   
                 トハ  ヽ _,_   川 / 小,   │ .:..  教えていれば…一時間もしてからなんて
                      !l  \rf;辷 ’  丿N ´/!}   j .: .:..  
                   」l_rヘ/ ノ  __,ィ彡イl   ノ/  / .: .: .:. そのせいで、ミクは手遅れに…!!
                  /ニ、ヽ∨从斤く「 │l/ ′/  .: .: .:.:.
                    ( ー┐ l ノノ},√{ノ_儿ィく// / ̄  ヽ .: .: .:.
              _」 └'’ 八{に> ⌒Y〃/      l .: .: .:.:.
              ┌〃7′ ーrrく孑'´,ィ介y / ∧       | .: .: .: .:.
            ノ〃 /   ノ廴r匕フ乂ノ{〃 ハ{_      _ノ7.:. .:. .:..:.
              /r《__厶´ ̄フ´/. : . : . .:..:.|  | ∨二ニー≦彡}.:. .:. .:. .:
           /,小7¨. . .:.:/ /. . . . : .:. .:. .:.|  l /      7 /.:. .:. .:. .:..:
            /ハハ!,′.: .:.:.{ 〈...:.:.:.: .: .: .: .: :.|  l ム- 、  / /.:. .:. .:. .:. .:
         /,j仏从:. .:.:.::.ハ 、:.:.:...: :.: . : . : l  くr‐¬ ご´_/.:. .:. .:. .:. .:.:

283 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:28:37ID:gR7EyfMg

.
               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /ゝ  ...::::::::::.\    やる夫は彼女の言葉を右から左へと聞き流した
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\
      | |   (人__)    ...:::::::::::::: |  そして、退社することを決意した
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶    やる夫は彼女の姉に向き直り
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |   
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´



                     ______
                /           \
              /              \     『 時間通りに家を出れば
             /      ⌒     ⌒ \
           /     /  `ヽ    /´  `ヽ\    きっと彼女は死にませんでしたよ 』
          /        (   ● l    l   ● |  ヽ
            |         ヽ_  _ノ    ヽ_   _ノ   |
            |        ´ ̄` (    i    ) ´ ̄`  |  そう言った後、部屋を出た
          \          ー‐ ^ ー     /
           \           ー一       /    何故か心の一部分だけ酷く爽快な気分だった
           /                      \
          /                    ヽ                  終わり

284 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:29:26 ID:gR7EyfMg
.


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。

             /^7_
.            ,' / /
           |  //ヘ
           |  /  /
       三 |   /
        -‐¬  {   ミ rへ __  __
 \  /  三  L 」  ミ/: : : : : : : Y: :ヽ
    X  /   ..| | /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
  /  / .    | | //: :/ノ  l: : `ヽヽ: ::',: : :'.,    と言う悲劇を回避する為にも
  ,′ ,\\   .| |/ l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',
 {     \\ _/: :l: :l@ 、_,、_, @ l: :/: :l: : : :.',   数分程度でも遅刻はしないように
 ―  --  \/:::::::\ヽl.\  ゝ._)  /:// l: : : :..i 
  ‐ ― .   {:::::::::::::::::`T7 \‐‐‐<.     l: : : :. l   あと仕方なくする時は10分程度でも連絡するように!!
      / /r──‐┼-/l/l// __ヽ  l: : : : : l
   ヽ / /ミ/: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l  わかったかな?新入社員君!
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l



                、
    〈\ _ /〉      __,)ヽ.
   / >充<ヽ    . ' <´、ソフ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | |iノ\__>iリ    iミ//゙ノ )リゝ  |  了解だぜ!
  从D|゚ ヮ゚ノハ.   乂.[リ゚ ー゚ノ! <
    ⊂)!芥iつ     と.》氷{つ   |  了解です!
    迂瓧!       y゙_j_j     .\_____
     ヒIソ`.       `{モt.{

285 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:29:53 ID:uUfGeskc

乙です。
なんとなくやる夫に共感できる……



286 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:30:02ID:gR7EyfMg

.
        ____
      /      \    ミクさん、そこは普通に「出社時間守れ」の一言で良いと思いますお
     /  ─-  -─\
   /──( )─( )- \ それと室内で長ネギ振り回すのやめてください
    |       (__人__)    |  _________
   \      ` ⌒´  ,/  | |              |
   ノ           \  | |              |
. /´               | |              |
 |    l                | |              |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   |_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二     | |   |
                                                今度こそ 終わり
.

287 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:31:07 ID:XACi5VDg

良かった、死んだミクはいなかったんだ・・・
乙!



288 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:32:09 ID:53EcOnqw

乙!
最近、ミクたちボカロが登場する作品も増えて来たな。



289 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:33:10 ID:QVRtsBsI

乙でした!



290 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:35:29 ID:asP726s2



いや、いい雰囲気だった
最後に救われてなおよかった



291 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:35:33 ID:cLTxx12k

なんか深いな乙



292 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/04/08(木) 02:50:18 ID:.s3ievbM

乙です!本当にいそうだよなぁこういう奴…。
でもオチは明るくて良かったぜww


関連記事
| 12:00 |コメント(7)
カテゴリータグ:作者別短編集 兄リエ◆hrPgATdXSI氏の短編集

|

<< 「開きっぱなしの窓」──原作:Saki『The Open WIndow』 | HOME | 殺ったね!? バラすーちゃん >>

■御感想or寝言

10181 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/08(木) 13:28:23 ID:-

ああ、これは何とも…取り敢えず、ミク生きてて良かった!


10183 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/08(木) 20:40:18 ID:-

これはやる夫が正しいわな
まあ正しいもへったくれも無いというべきではあるのだが


10204 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/10(土) 16:07:14 ID:SFo5/nok

話の本筋とは関係ないんだろうが
いったい何の部署なのか気になるぜ
暇な仕事、2人だけ・・・
受付?


10217 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/10(土) 23:04:42 ID:-

定刻に間に合うように出たから事故に遭った って人もいるだろうし
遅刻しないように自転車で高速道路に乗り入れて・・ってんなら別だけど


10222 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/11(日) 04:59:49 ID:-

だからいつも定刻に来る人が一時間遅れてもこなかったら警察にれ・・・連絡するかなあ?


10234 名前:  [] 投稿日:2010/04/11(日) 17:52:07 ID:-

>>7800
この場合電話をしたのは「ミクの携帯」
日頃遅れてこない人なら、本人の携帯に「どうしたの?」と電話するし
それが不通であれば、場合によっては家族に連絡する事もある。

いつも遅れてくる人だと、本人への連絡も「またか」で遅れるし
わざわざ家族に連絡しようとも思わない。


55126 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/10/21(水) 06:26:49 ID:-

このやる夫は真面目さで損をするタイプだなぁ
周囲にストロングポイントとしてアピールできなきゃ真面目な人は仕事押し付けられて終わる


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV