やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎

■2010/04/26(月) 犬伏の別れ

カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 歴史・民話・事件・逸話系(2010) やる夫短編作品 2010

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.48 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1270049925/
中編 短編投下所23                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272000961/
やらない夫短編投下所14                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1270991157/
戦国時代超短編やる夫                  .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258850377/
やる夫系R18ストーリースレ その5           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド5                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1270567258/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1267589878/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1269018125/
出演 やる夫 やらない夫 ポップ


267 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:52:52 ID:/rvOECB6

皆様、開けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

初詣にも行ってきたので今から投下



268 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:53:25 ID:/rvOECB6

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                       露と落ち露と消えにし我が身かな



                         浪速のことは夢のまた夢




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

269 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:54:03 ID:/rvOECB6

                              ,.' ´         `ヽ、
                          ,r'´              \
                         ,/         ‐-、 、    ヾ.,
                    ,_..,,、-‐'´ _,,:ィ',レ'゙  ,:,ィ'    ヾ:i::...   ヽ、
                 _,.ィ'´' _..,、-‐''´  ,〃 ,r'´   ,r-‐-、,,;;::リ、    ヾ,
                '´,イ ,r'´       .;:;;; j 〃  l';';;:::,r'   ヾ;ヽ、  l
                 ,!,イ,r'´ 〃   '';';'_,:,ィ' ,.ィ:;イ ,i';';',;:;'         |
                 !.l i,l   ,;:´ ̄`¨_,:,ィ'ヾ;-‐'´,;イヾ,,!リ         l
                 `ヾ;ヾ、,;リ ,.,、r,r':ィ',レ'゙、'゙,.  _,.,.;イ 、 `ヽ, 、ヾ;ヽ、  .l
               ,、r,r;'゙  i|'`i ,/ ,!;::lテァ),r'´,、-=,;、、-一ト.,.レ,.;:;;ゞ‐、   l
               ノ``,!   .;l  '` ,!;;:::| `イ,:ノ´ 弋テ=-、  リ ) ゞ〈´iヾ、  ,!   明を手に入れたら……みんなで……
             _,,.、.-─'レ ,ソ  ,ノ;;;::::l ,)'`         ソ  ,イ';リ,! ,i カ
           ,r'´ ,r´ ゙̄` ̄ゞ _∠' ,:ィr'!/  ,       ,彳,‐'´ _,ソ ,リ ヾ、
           イ .r´  ,.r'´ ̄    ,、r,r'゙,ヾ,''`          ,イ´   ,i   |i
         /´l il  彳      ,r'´:    ハ`ー-、     _,,:ィ',レ'゙,|l ,! ,;:l .,r'´
       /  ,.j ,!  ,〉_,,,...--‐〈‐''"_,,.:ィ',レ',ヘ``     ,r,r'゙`ソイ ヾ、 ' ' ,!
    ._,ィ'´¨``ー''´ ノ,r'´,イ¨´  ,ィイ´_,,..-‐;:;:'';´i ,ヽ、 _,,  ィ '  ,r'´i   ,!;:``ー'- 、
  /,r-``ーrュr‐;''´-r:i-‐┬;ィ;:;:'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ、ヽルノ´ `iil´;r'´;l  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`''‐┬‐ュ..,,,_
  ,ゞ `ヽ-‐ゝ l-─‐┤l: : : i  i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ,j    ,li| ,l  'i/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i  i: : : `i'';iーrュr‐- 、
, 〈;,==-‐ ''´ヾヽ.: : : :| l: : : |  l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ、 _,..liil,、!‐'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  |: : : :| l: : : ,ゞ"'''-
 ト、   _,.、-`i l: : : :| l: : : |  l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,.、-‐'",_`'' ‐- ...,,_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  l: : : | l: : : i‐- 、
 〉`ー''´  ,.ノl l: : : l ,!: : :|  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__,,. .-‐;="-‐'フ,イi⌒ヽ,`''' ‐- 、`ー- 、__;:;:;:;:;:;:;:l  |: : : | |: : : | ` ,ゞ
丿 ``  ,ィイ´ l」.: : ,!,!.: : :|  |;:;:;:;:;:r''"¨´,r-‐ i l"´  l´ .il;..,ィイ ,;!   //`'''ー-'ー'゙=、;:;:;:l  |: : : l l: : .,」`゙''ー

                           【豊臣秀吉】


慶長三年八月十八日、一代にして天下人へと上り詰めた最高権力者、豊臣秀吉がこの世を去る。
その死は諸大名の均衡によって成り立っていた政権に致命的なヒビを入れた。

270 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:54:45 ID:/rvOECB6

                __
             /´   `ー―- 、
              , '            ヽ
           /                 `、
           /                  ',
            /           ヽ      !
            / / /, /,  |   | 、 ヽ   ト、
        / / /// ハ  | |  ト、ヽ  |   l|
         //〉///|/| ', ∥ | |||_」L⊥!  リ
       '´ /'レV'土辷V ', |ヽ_」=i方iラレ/^v
             rヘヽ└ヘ ソ ヽ|`ー'  ||ス |    ようやく我様が天下に号令をかける時が来たようだな。
           ヽヘ  ̄ j       '__ノ
              `\  ‘   _,   ,イ/
                 \  ̄    / '|'
             ___| 丶= イ / |
            /`ヽ、 | |    ' /_∟-''ヽ、
 ,-┬一''"´ ̄ ̄ ̄/  8 / |    _「 8  _/ ``''ー- 、._  _
/  |      _/ `ヽ、_/7 ノ  「「└―''"ヽ       ,'´  `ヽ
|  |    /     //ー、 , -l |      ヽ       ,'     |

               【徳川家康】

特に五大老の一人であった徳川家康は、秀吉が生前に定めた掟を平然と破り始め、その野心を顕にする。
同じ大老で諸大名の信望の厚い前田利家が没すると、その動きはますます加速度を増していった。

271 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:57:46 ID:/rvOECB6

こうなると他の大老や奉行達も黙ってはいない。中でも上杉景勝は国許に戻ると兵馬を整え始めた。

             ,.::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶 、
           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::::::、`丶、
            ,:':: .:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :::..`ヽ、``
         /::: :: :::.:: ::::::::::: : . :: :::::::: ::: :: :::::::::.. :: :::.. . ::::;;:::::\
       /::::: .:: .:::::::::::::::::: .:::: ::::::::::: : : . :. ::::::::::. . ::::::::.:ヾ`丶、ヽ、
       ,':;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ` 丶
       l:l'l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       !' !:::::::::::::::::::;::::ト:;:::::::i:;::::|;::::::::::::::;::;イ:::::::::/::::::::::、:::::ヽ
         |:::;:::::::::::::::ヾ、|_ヽ;:::|ヽ:| ';:::::::::/|ノ,,!:;ィ:;/::::;:::::l:::iヽ::::l
          |::ハ::::::::::::::::ト、ニ'‐ヾl‐-! i:::::/''ソ;;;レ;:イ:::::;:::;:::|ヽi ヽ::l    内府(※)の好きなようには…させない!
        !' ヽ;:::::::::::;ヽ´"''''´   ∨   ´ /:;::::::::;::::| ' ヽ;|
           !|:;:::::::::ヾヽ     .::::: !    /ィ::::イ;ハ:::|     '
           !'|:ハ;::::ヾ'`     :::: ,'   /;::::!レ' ヽ!
              lハハ:lヽヽ、.  ─_-;‐ ,.イ::;イ' |!
             /`:::::::`:::`ー:.、__/:::;!/ ´
          _,..ィ  \::::::::::::::::::i|::::::::::|ヽ
     _,.. -‐'' ´  l|    \::::::::::::|l::::::::::l  ヾ`ヽ 、
 ' "  ̄   _,... -‐'l |   /ヽ \::::::l|:::::::/〈\ ヾ、  ` ' - 、 _
 _,..  -‐'' ´    ,.!l,、'´/   \.゙i|:::/  \ | li ` 丶 、   `丶 、

                 【上杉景勝】

※ 内府=内大臣、この場合は家康のこと
                                               _,,,,,,,,,,,,,__
                                             _,r'´: :     `ー‐‐‐.,_
.                                           ,/: : : :           .`、
.                                          ,/: : :              .`、
                                         ,/: : ,' ,  ヽ、 `.、  、 '.,     `、
                                        ∠,',': :,! .i、`、ヽ、ヾ,, `、 i .; : .    ヾ!
                                        /,' : ,!!:i : i.`、;!ヾ`ニ`.、,!ヽ!、!: : .  : . `!
.                                         レi : :iヽ:ト、 !,r'7i´,! ,ノ    .i; r'´`.i ト、,!
.    フン、我様に楯突くことがどういう結果を招くか……       `、:!__` .ヽ! i._'/     i,!f´ i ! .i
.    骨の髄まで叩き込んでやるとしよう。                 ``f、,!           ヽ -,ノ .,!
.                                            <_    __,      ./`´! ,!
                                             `、 r ニ-'     ,/!  .i .i
.                                              `、     .,/ .,'   i,!
                                                `、   ,/   ,'  _,,,,,,!-----┐
                                                  ̄ `、  r‐''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i__


家康は問罪使を派遣するも、これにたいする上杉側の返答……俗に言う「直江状」に激怒。上杉家討伐を決意する。

272 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:58:21 ID:/rvOECB6

真田昌幸も息子である信幸、信繁の二人と共にこれに従い、下野の国犬伏(栃木県佐野市)に陣を布いた。

                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y      太閤殿下が死んで2年も経ってないってのに、
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /       どっちもよくやるぜ、全く。
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |
                       | |\\ > | K_/ //// /   ∥   |
                      \\弋マ.( ○ )く ////|    ∥    |
                     | |l>,\ゝ//L!V/ // ム   `==1

                       【真田安房守昌幸】

273 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:58:49 ID:/rvOECB6

        / ̄ ̄\
      /   _ノ   \
      .|   ( ●)(●)  ぼやいても仕方ないだろ。常識的に考えて。
     |     (__人__)
      .|       ` ⌒´ノ
      |        }                     /  ̄ ̄ ̄\
      ヽ       }                      /   ⌒  ⌒ \
      ヽ       ノ                        /  (●)  (●)ヽ  全くだお。
      /⌒ヽー-ィ                        |  :::⌒(__人__)⌒|
      |  |.   |、_    ____              \     `ー'_ / ___
      |  |   |〆 ̄ ̄ ̄ヾィリ            /⌒  ー|i〆 ̄ ̄ ̄ヾィリ
     .( ` ̄ ̄リ⌒)   ⌒ ⌒              | 、 \ /       ⌒ ⌒
      | `二二二"   (● __(●            | _\二つ   (● __(●
     |___y  )    .::⌒('g g,)           |__ ⌒l       ::⌒('g g,)
   /´    |  |         ̄ノ          /´    |___|\        ̄ノ
`@/        |__|    ー‐ ィ´        `@/       `ー     ー‐ ィ ´
  |       (___゙)     |            |                    |
  |   ,ノ             |            |   ,ノ            |
  〉   ノ、___  、  r__ ,ノ            〉   ノ、___  、  r__ ,ノ
  (  (  ヾ__て ̄〉  ,〉 /             (  (  ヾ__て ̄〉  ,〉 /
   ̄``       ー‐" ̄               ̄``       ー‐" ̄

   【真田伊豆守信幸】               【真田左衛門佐信繁】

視聴者カウント
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友



274 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 10:59:24 ID:/rvOECB6

そんなある日……

                                           . -―┐
                                        /  /::::::|..-―…┐
                                       , '       ``ヽ:::::/    へ
                                       /    /     ∨  /  .\
                                      {  ''""   r:::....,  }r'⌒ヘ   /
      石田治部少輔殿からの書状でございます。      l、.        |:::::/   八   }/
                                      ^ゝ        ー'  イ    /
                                      /                /
                                    /     .         /
                               : .  /    /.:      /
                               .:. :.:/    /: .:       /
                               :. :.{    ノ.: .:       /


           /
           /:::i
        /:::::ハ、
         /:::::::::::::`ゝ、
        i:::::::::::::::::::::::::``‐-.,,,,、,  ヽ、
  ∧    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、/ヽ
  |::::\_ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.   i:::::::::::`'┘::::::::::::::,'、::::::::,‐-'、,::::::::::::::::::!ノl
   !::::::::::::::::::::::::::::::/_/::::::/__ ̄ヽ:::::::::::/
   \_::::::::::::::::,-" /:::/     `Y、\::/
  _,_/:::::::::r⌒ヽ ' ´ /⌒'ヾ  i;l⌒ヽ/
  \_::::::::::::::::〉 ,-‐、    (;9)   リく`', }    出陣中にわざわざ送ってくるとなると、よっぽどのことか?
      ̄ ̄フ 入 9 ;          、 ソ、
       / _/ ヽ '' _,         ィ<_::::ゝ
  __ / // /|          ./ ィ-‐´ ̄入_
  \_ ,/ / / .i  ─     //  - ",-<//
        /´ /  丶、 _  イ/ - ",-<//////
     <__,/      _/ ィ-<///////////
           , - "´   ∨/////////////
             /ヘ⌒` ‐ - ∨///////////


※ 石田三成のこと。昌幸と三成は相婿にして義兄弟であり、常日頃から親交があった。

275 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:01:55 ID:/rvOECB6

                                               ⌒ヽ、
                                            _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
                                           ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                                       , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                      /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   安房守殿、突然手紙を送る無礼は許してくれ。      ,/:::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
                                      l::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                      |/|:::::::::::::::::::::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   上杉殿とその家老たる直江殿は…              |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   太閤殿下の恩顧に報いんとする義に篤い人物だ。   .  |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
                                      |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \::::*?:::::::::::::|
                                      |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
   それを討伐しようとする家康は           .     .|::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/
   太閤殿下の遺言を度々反故にしてきた輩だ。        |/  ヽ.;;;|ヘ              /ィ<"l/
                                           ゝ;八      ;       /イ
                                             _> 、   ──    イゝ:::`>-、
   これを座視するってことは、秀頼様を見捨てるも同然だ!     〆y´ 'l‐<` 、   , <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
                                         /´ /   〈   lヽ、 `‘´.   /  /::::7::::::::::::::::::::ハヽ
                                        γ  ノ      { `xl    /  ,/::::/::::::::::::::::::::::/::::l
                                       八j      :;  ^  ノ   /∧ /::::/::::::::::::::::::::::/:::::: |

                                                 【石田三成】

276 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:02:35 ID:/rvOECB6
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ    俺にはそいつがどうしても我慢がならねえ!
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′       だから先日七月十七日に兵を挙げた。
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ
:::::::::::::::::∧               \          アンタだって太閤殿下の御恩は忘れちゃいないだろ?
:::::::∧:::/ `ー             /          秀頼様に忠節を尽くしてくれ……頼む!
:::::/ ∨            (  ̄ 7 /
/ヘ                ̄ , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \

※ 書状の内容(三成のセリフ)は激しく適当です。正しい内容をお知りになりたい方はセルフ調査をお願いいたします。

277 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:03:01 ID:/rvOECB6

                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j  そんな謀があったってのに、何で俺に一言も相談が無ぇんだよ。
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'    俺、あいつのこと、義兄弟と思ってたのにな……
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ Ⅵ三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l Ⅶ三三三三三三三三l|! l7
            i    ,' ヽ  l i三三三三三三三三三i イ!
.           l   ノ;/ ヘ l 弌三三三三三三三三l/! !
          l /ヾ /  i |○ )三三三三三三三iji |∧
         / /}′  ij.ノヽ、.__ ̄ ̄¨¨"""''''''''(○/ヘ∧
        ヽ/ /     i!        ̄  ‐‐‐  --┬′イ l
           /   /     |            / /   |! |
.         /   /    |            /   ム\ |! l
        /   /       !        /  /  }  ヾ∧


これほどの大事である。昌幸にとって相談はおろか事前の連絡すら無いことは大いに不満があったのは間違いない。

278 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:03:36 ID:/rvOECB6

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   親父、気持ちはわかるが今後の去就を決めなきゃならないだろ。御家の行く末的に考えて。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ                                   / ̄ ̄ ̄\
.  |       nl^l^l                               γ⌒)      (⌒ヽ
.  ヽ      |   ノ        迂闊な行動は取れんお…        / _ノ ノ    \  \ `、
   ヽ    ヽ く          母ちゃんは間違いなく、         (  < (○)  (○)   |  )
   /     ヽ \        向こうに柄を押さえられてるお。    \ ヽ (__人__)   / /


              卜、
                }  ヽ
              ノ    i    ,ィ
     ,ィ   _,.-‐ '´      |  / |
.    / |  /            └ '´  /
   / レ'                  _,ノ
    |                 ト、  \
    |         i   ∧ { _>、_,>
    |         , へ /  `/  !       わかってるさ。兎に角方針を決めるぞ。
    、        | f リ   { ti {       人払いだ。誰も近づけさせないでくれ。
    i         l ぃ ``    7
      \      ヽ  }      ヽ
       ヽ       厂 、   ̄「
         レ 小∧厶 _`┬--'


     ∧
     ┃    ┌┐
     ┃     | │
     ┃     | │
     ┃     | │
     ┃/ \├┘
     ┃ノ(∵ヾヽ    ははっ!
     ⊂ (◎∪
     ┃ ∪∪

279 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:05:14 ID:/rvOECB6

昌幸は人払いをすると、息子達と三人だけで協議を重ねた。

                             ____
                       /:::/
                      /::::::::i
                       ,イ  /::::::::::::::i
                   /::! /:::::::::::::::::ヽ-:::¬::-..、,_      i、
             i、      {:::ヘ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    i:ヘ
              |::\ _     ヽ::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  /::::j
              ∨::::::::`:>ー-..ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::/
             ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::ヽ、
             ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::/!::::::::/''"´ ̄   _jヽ::j
                 ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ     治部少輔は義を謳うけどよ、正直なところ、
                 /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }    どっちに義があるかは知ったこっちゃねえし、
            ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /     俺に何も言わずに決めたことを許した訳でもねえ。
                 ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /
                /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ     それでも俺はアイツの力になってやりたい。
                 /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ     何より家康には遺恨があるしな。
                く  /  /  /   ヽ   `   /     |
              ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                  ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ


 確かに俺だって治部少輔殿とは親交があるし、尊敬もしてるだろ。
 でもあの人は敵を作りすぎだ……ここは徳川につくべきなんじゃないのか?

                   γ ⌒⌒ヽ
   / ̄ ̄\           ( ( ヽ ) ノ
 /_ノ     \     (⌒) 三  ノ 从 ゝ
 ( ●)( ●)  ヽ   三/ | ニ  ____     (⌒)
. | (__人__) u  }   |  |   /\   / ) し / |  ミ
  | ` ⌒´    ノ   !   、 /(○ )::(○ )⌒\/ | ミ 兄ちゃんは本田忠勝の婿だからそういう発想が出てくるんだお。
.  |         }    \./:::::::(_人_)::::::::  i'   |   大阪方は上杉殿に毛利殿がいるんだお。
.  ヽ        }      |     )ww)     |  |   いくら家康が戦上手つっても手も足も出ねーお!
   ヽ     ノ   ヘ   \    `ー"      ノ
   /    く 、_/っ/      \ .    .   \
   |     \--一''           \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

280 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:05:54 ID:/rvOECB6

議論は長引き、紛糾した。その為、家臣の一人が心配して様子を見に来た。

r'´       /       /  l  .l
        /       /  l  .l
       ./       /   .l  l
ヽ,、,    /       /l,   l  }
 ヽ`ヽ、/      ./:: : l   .l  l
  .\. ヽ、     .<::......, .l   l  .l
    .ト,, `ヽ,    '、:::::' l   l  .l
    .} .ヽ、  ヽ、  ヽ,_,、-   l  .l
    l`-、 `‐ 、, ヽ,  l     .l  .l,
   ,l、  `z,   ~'''=、l__    l   ',
   j .\ .l`r‐一 '''7:,ヽこ‐- 、l_  .',      流石に時間がたちすぎた。
   ,'   ヽl .l!   / ',  ヽ__、、 ニ=、 ヽ,     そろそろ様子を見に行った方が良いだろう。
  /\   l .''ー‐‐t、 /z-y'     ,、-‐'
  /  \ 't── tヽ// /    ,r'´
 /.\  \ `ヽ.,_,'、/ ./   ,/
,/   \  \ l     f   .f
へ、   \   l`'''''''''''''''''l    l
  \   \ l     .{    l

     【河原綱家】

真田家の重臣、綱家は昌幸の従兄弟であり、
兄たちが長篠の戦いで討ち死にしたために家督を継いだという、昌幸と同じ経歴を持つ。

281 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:06:24 ID:/rvOECB6

                        ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ
                        /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }
                   ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /
  だいたいテメーは…         ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /
                      /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ
  ムッ!                 /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ
                      く  /  /  /   ヽ `ー`   /     |
                    ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                        ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ
                                    /  /   _ ,.、<::::::::::::::::::::7//`ヽ    \



 ..;:│    /       /  l  .l
 ..;:│    /       /  l  .l
 ..;:│   ./       /   .l  l
 ..;:│  /       /l,   l  }
 ..;:│、/      ./:: : l   .l  l
 ..;:│. ヽ、     .<::......, .l   l  .l
 ..;:│ト,, `ヽ,    '、:::::' l   l  .l
 ..;:│} .ヽ、  ヽ、  ヽ,_,、-   l  .l
 ..;:│`-、 `‐ 、, ヽ,  l     .l  .l,
 ..;:│l、  `z,   ~'''=、l__    l   ',
 ..;:│j .\ .l`r‐一 '''7:,ヽこ‐- 、l_  .',   (チラッ
 ..;:│'   ヽl .l!   / ',  ヽ__、、 ニ=、 ヽ,
 ..;:│\   l .''ー‐‐t、 /z-y'     ,、-‐'
 ..;:│  \ 't── tヽ// /    ,r'´
 ..;:│\  \ `ヽ.,_,'、/ ./   ,/
 ..;:│  \  \ l     f   .f
 ..;:│、   \   l`'''''''''''''''''l    l
 ..;:│ \   \ l     .{    l


綱家が物陰から様子を伺っていると、それを目ざとく昌幸が見つけ…

282 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:07:09 ID:/rvOECB6

             ___    /
   |   l l``    '  ,'   /
   |  / ヽ、 '__, //レ'/   |  言   誰
   |   、、   ,. -,、     /、 ト、_j.  っ.   も
   |    __ノ l / )    /\\|     た   来
   |   __l___ ー' -'   /|:::::: \    だ   ん
   |    ノ  |       、 !:::::::::::::}   ろ   な
      '´  ┘      >::::/     ッ    っ
  ` ` / -┼‐ァ      \∠__  ///   て
   ー‐'   | '´     \ ̄:::::::::::/ ’’’
  //// 「 ̄ |     | ̄::::::::::::::::: ̄7     __「\|
  ’’’’ L_」     |::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄|/
7  __/\  |\  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー‐- .._
.__/ //、_ \!:::::\|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐< ̄´
.   //ト、___/^7‐ヽ::::::::、 :::::::::::\ー- 、_::::::::\ヽー- _
  /´ / ,ノト-ト、_\:ヽ`丶、_::: \ ∧/ ̄ ̄ :;; u
.     l/ / / |ーァ-、_ヽ、\ ,.ィ行ン !_/ ij   ;,,
    / / /|ハ| ヘ弋rダミ一 、`¬ハ|    .. ''
. / ,ィ' / /^| ,ヾ.;:` ゙゙̄,. -一'¬ u      '''''''
 ヽ// / /` ̄:.,ヘ`゙'   / ̄ ̄丁| /   /  u
    / / /  ミ、`  \u {ヽ___」ノ .'  。∨`ー┬―- '´
. u  |   |   ヽo ゚ `ヽ、 ー=='/    /     |    //
    |__|  u  `ー- .. _  ̄,  u  /    j/⌒レ'
   j    ,.-―/`ヽ_  `     /
       /   /   |`ヽ j___,.イ            ,.
.      /   ′  /   「ヽ   /ーァ       /
     |   /       /  | /  ´ ̄>  /
     |                '∨-、/⌒_ -‐/


r'´       /       /  l  .l
        /       /  l  .l
       ./       /   .l  l
ヽ,、,    /       /l,   l  }
 ヽ`ヽ、/      ./:: : l   .l  l
  .X ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    .ト ,\          下駄
    .} .ヽ、\
    l`-、 `‐ 、, ───────────────
   ,l、  `z,   ~'''=
   j .\ .l`r‐一 '''7:,______________
   ,'   ヽl .l!   / ',  ヽ__、、 ニ=、 ヽ,
  /\   l .''ー‐‐t、 /z-y'     ,、-‐'
  /  \ 't── tヽ// /    ,r'´    ━╋┓┃┃
 /.\  \ `ヽ.,_,'、/ ./   ,/.        ┃┃
,/   \  \ l     f   .f        ┃┃  ┃┃┃
へ、   \   l`'''''''''''''''''l    l                     ┛

激怒した昌幸はが投げつけた下駄は、ものの見事に彼の前歯に命中した。
主君を案じたにも綱家は、主君の八つ当たりにより歯抜けのまま残りの生涯を送ることになる。

283 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:09:38 ID:/rvOECB6

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;|\;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,     <ウギャー! ハガー! ハガー!
;;;|__\;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶- ‐--一´
;;;;|─‐\;;;l= ̄ゝ,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
\|::ι::l,ヘi ,-‐、, .∥ヾゝ;;;;;;、‐-、_`>     チッ!このまま話していても埒があかねえ。
:::::::::::::::::_  (゚c) ' ,/ソ / \;;;;ヽ         
::::::::::::::;;;;;;;;: ̄  /'ソ /―-、 \|ヘ       こうなったら、お前ら兄弟で両方の陣営にわかれちまえ!
:::::::::::::ゝ:::ι:. / /       .Y´  \      御家のことを考えりゃ、ソレが一番無難な選択肢だぜ。
::::::_`_´、:::::::: /ノ       iヽ     \
::::'.-‐´:::::::: /         l |ヘ,    ト
::::::¨::::::::::'/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  l.|  \ l


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|   ちょっと待て…親子兄弟が相争うのか!?
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ    テカ、ツナイエホットイテイイノカ?
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |

                                                   ____
                                                 ./      \ ( ;;;;(
                                                /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
      古今例が無かった訳じゃねーお                     /    (─)  (─ /;;/
                                              |       (__人__) l;;,´|
      このままgdgdやってるうちに機を逸するよりはマシだお       ./      ∩ ノ)━・'/  キニシタラマケダオ
                                             (  \ / _ノ´.|  |
                                             .\  "  /__|  |
                                               \ /___ /

284 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:10:17 ID:/rvOECB6

                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'    伊豆守(信幸のこと)、お前は徳川に合力しろ。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/    俺と左衛門佐(信繁のこと)は三成に味方する。
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ     今度戦場で合間見えたら…そんときゃ敵同士だ。
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |    親父……
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /::::/::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,

                                                        _-─―─- 、._
                                                     ,-"´          \
        兄ちゃん、別にこれが根性の別れってこともねーお。            /              ヽ
                                                   ./       _/::::::\_ヽ
        東西わかれての戦ってのはgdgdになるだろうし、              |         ::::::::::::::  ヽ
        そのうち風向きだっていくらでも変わるお?                  l  u    ( ●)::::::::::( ●)
                                                    ` 、        (__人_)  /
        だから……また家族一緒に過ごせる日が来る筈だお。             `ー,、_         /
                                                     /  `''ー─‐─''"´\

こうして、信幸は小山へと合流し、昌幸と信繁は上田に向かうことになった。
後世「犬伏の別れ」と呼ばれる出来事の顛末である。

285 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:11:02 ID:/rvOECB6

三成方への加担を決めた昌幸、信繁親子は犬伏の陣を引き払って上田を目指した。
途中で信幸の居城である沼田に差し掛かった時──

                     ト、
                 ∧    ,ノ::::ヽ、
              ,ノ:::ハ   /::::::::::'ハ
            /::::::::::l、_/::::::::::::::::::}
          ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     /l
         ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  _/:::::|
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー"::::::::::::i
      ト、_ ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ、::::::::::<__
        [二二二二二二-"Yハ::::|二\::::::/
       l'::::::::::::::::::::::::::::," ,_.|.l | l/ r' .i . ̄
        ヾ:::::::::::::::::::::::::i' i' l l.| 'i _f;|        なぁやる夫、折角だから沼田城によってかねえか?
        丶:::::::::::::::::::::l、 'yl |i     〉
        \::::::::::::::::::::>、| l.l、  __}
         );nr'Y´`Y'  | .|ハ  ,ノ
.          , -───-- 、 |  | ヘ´l i         _, -── --,
      ___/______ニ、_|__ゝl_!_  ,r' ̄   ,r - ‐' "´
≦者圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ y´  ̄^、   i!る }
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ ∨       ヽ ヾ-′
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ ∨   ,ヘ    丶-′

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /    賛成だおー
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /     やる夫も久しぶりに甥っ子の顔が見たいし。
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

286 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:13:08 ID:/rvOECB6

ところが、一行は信幸の正室である小松姫によって門前払いを食らってしまう。

                     ノ::::::::::::::弋_,ノ:::::::::::::丶
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    ,/
                     ./:::::::::::::::::::::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,/i
             lヽ /::::::::爪─ヘ:::::i─ヽ::::::::iヘ:::::::::::::::::::::::::/
             l:::::`'::::::/l i レ─\!─‐\:::i'-ゝ::::::::::::::::::/
               \::::,-‐、N;ソ   ,ィ一''  ヽ!  ヾ::::::::::/
              Y,へ/,/ i.     、_,,,   ゝ_ \:::::\
                { l( // !  ""  ` ̄´ , ヾ、、/ ` ̄ ̄
                ヽノ/ /      _  -ゝ  /ソ   孫の顔が見てえだけなんだけど、城に入れちゃくれねえかな?
                _/ /  /ト    い  ̄丶_ /´
.          、-‐ "´  ,イ  ./:::!.丶  丶.  ‐-ヲ/
         \    ,ク   ./ `.l  丶、 `‐‐ '"ノ
             ゝ/   /.  l   '';;丶_,/l
        _ -─、─ ` 、 / . r‐┴'‐─一Y'‐‐一ヘ  _ ,, -─"`τ´ヘ

                                            .、.-:.:ー─:.:-. .、 _
                                          ,.ィ:.`ヽ:´:.:./:.:.:.:.:.:`:.:.ー:..、:.:.`ヽ、
                                   /:.:.:.:.:.:.:.\//:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:`::ー.、:ヽ、
                                   /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:/ヽi:∧:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.;.:∨iヘ
                                     /:.:.:.:.:!:.:.:.l:.:. !ヾVノヘ:.:.:.:.:.l:.l :.:.:|:.:.:.:.|:.:.V:.:ハ
                                 /:i:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.|    }:.:!:.:.:l l:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:ハ
                                  |:.:!:.:|:.:.|__:,|;.V:!    i:.:l:.:.::l斗:十:.:.:.|:.:.l|:.:.:.:.:}
                                  |:.:!:.:|:.:.ト:.:`!>!、    ム匕千ミxノイ:.:.:!:.:.リ:.:.:.:/!
  いくら義父上の仰せでも                ヾト;:∨∨Vjィ云      イに心ヾゝ:ノー:.':ト;/:.:|
  夫の許しもなく開門することは出来ないわ。         ∨Vヘ イに::ハ      弋::;;ソ  |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.|
                                       \!:.ヘ 弋::ソ ,          |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、
  どうしても通りたいのなら…                        |:.:..ヘ    ` ___      ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
                                          |:.:|:ハ    ∨ ヽ    イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
                                          |!:.!:.:.:.:.:..、  ー ′ /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
                                          |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧
                                          |:.:.ハ:.:.:ハ/:/:.: j     /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l::7ー-:.:\
                                          |:/:.:.:.∨:.//>..-..、 ___ ./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.i./: : :./ `ヽ、
                                    ┌‐┤:.:.:.:.:.:.:.i/ - ― - 、 ,//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : /    ヽ
                                    ∧::: |:.:.:.:.:.:.:.:.l/:´: :`:\//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/: : :./        i、

                                             【小松姫】

287 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:14:14 ID:/rvOECB6

              ラ   ,'                      ,'  ゾー
                 (:'                     (:'
               ',  ))  / , - ' ¨  \ ` >-、     ',  ))
               }  /( ./ / , ' , '   |‐'´  ヽ    }  /(
      メ        ,' ノし': :ヽヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \ .ノし': :ヽ
            ((,イ: :  :: :V). ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉((,イ: :  :: :V)
        }  /(  、ゝ: :   : :(ノ}i ヽ_lyz七リ>   | | / 、ゝ: :   : :(ノ} }  /(   マ
      ,' ノし': :ヽ  ヽ: :: :  : :: :/ レ|,,r==ミ :;:;:;::;:;:;:ム,Lハ / ヽ: :: :  : :: :/ ノし': :ヽ
     ((,イ: :  :: :V) ゝ;:; :;从ノr | l |( (::) :;:;:;::;:;:;::;:;::~∨ / ゝ;r'´¨i:;:ノ.(,イ: :  :: :V)
     、ゝ: :   : :(ノ}   `、 ヽヽ |│! ` "::;:;:;::;:; , ::;:;:;::;/∨l/ /   /  、ゝ: :   : :(ノ}
     ヽ: :: : ,,,_:: :/    /ヽ ヽヽ ! |.         / 〃 | /   /   ヽ: ::_,,,  :: :/
      ゝ;:; :;ヽ `ヽ、 /   ト、 ヽ!>\  ヽ三.ヲ .ィ /  ./  /     _,,-" /从ノ
          `ヽ、 `ヽ、_,,,lヽ ヾ ヽ!f¨'''''` ー <'''''''''i' /  イ,,..-、,,-"  ,,-'′
            `ヽ、  `ヽ' `  `、ーi,,,_   .............:::レ  'ヽ,,-''" ,,.-'"
     ,. ' ´ ̄`ヽ /  `7、      ヽ:.....¨'''''‐-¨ ̄/      , イ´ ::`、
    /      ノ   / 、i   i   ,,..ゝ;;!::::... ._;;/-'、  i  ,_,, ! :i::::!
     { ,. -‐   ,.. '    l、  `'¨l      ` 、:;r"      !`,'′ ,l :!:/
    l,'  ,..`'´      .!ヽ、`ー-i''`  `''7、___,i__,,.-<   ''`i_,,-''´/ !′
     >'´        `ヽ、`<_ヾ'''''''フ´/::l   i   `、`ヾニニ=`-i''´ /
   /            ` 、` ¨_,,-'_¨-''′  .l   `ヾ、''_''_¨_,,-''i´
   ',.! l           / ! `ー-.."..........  .::l.   ...::::::::::..    l

   弓  矢  を  も  っ  て  御  応  酬  つ  か  ま  つ  る


                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /       ゴメンナサイ……
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |

流石の昌幸も、ホンダムの娘…もとい息子の嫁には手も足もでず、沼田城に入ることは適わなかったとさ。

                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ

288 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:15:12 ID:/rvOECB6

おまけ

この後の顛末は家康スレでも扱われているが、ここではもう一つの顛末について触れようと思う。
一行が沼田入城を拒否された後、御用医師の坂巻夕庵が小松姫からの使者として現れた。

          ヽ ー―-
             、       、
                     \     卜、
   卜―-  、   l         \    l  \
     、     \   |           \  |
     \     \ |            \ |   |    ,ィ
   、_       ヽ             ヽ     |   /|
    \  \                     | /  /
.      \             -―- 、         レ'   /
         \      /  , --、  \_            /
          >  _/ _トリ{ c  j トリv、 ̄ ‐- 、_ /
        /  ヘ  ‐=-z`ー ' レ'⌒          l
.       / /  」v-‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ =ァ⌒∨
            { rハニ≧=ミ、 、x=≠≦ミ l j rくj }
            ぃ{ヘ〈 _frクj     _frクi〉  レ ( マ /    伊豆守様は何処におられます?
             ヽ 、j   ̄ j      ̄     し /
              \1    ヽ-       小- ヘ
               、  ー―一'   / |    、
                  /\  ` ̄   /  ! i |\〉
               / イ l\ __/   | ∧ゝ

                 【坂巻夕庵】

289 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:15:48 ID:/rvOECB6

                                                  ____
                                                /   ノ( \
                                               /  _ノ  ヽ、_ \
    ハァ!?知るかお!                             / ノ( ●━━●   \
    兄ちゃんはどうせ浮木に乗って風を待ってるような奴だお!    .|  ⌒ (__人__) ノ(  |
                                            \     ` ⌒´   ⌒/


                卜、
                  |  \
       ト、 ヽー-      |            ト 、
       | \  、  \ |     \     |  \
      卜、  \ ヽ    ヽ       \  ,
.     |  \                  ∨       |
       |                          |
      |                            | ∧
                               l/ |
       ヽ                        /   |
         >‐                          r ⌒ヽ
   ト、  /               ∧           /   (     )
   ヽ  ̄    /     // /  \ ヽ       /    ノー '
.      ̄ ̄ ̄/     _/ //   _ N、 , ‐ 、∠-    ´
        ∠  ィヘ`ミ≧、、 r≦三=‐'   | /rこ l√
            ぃV==   ヾ=='     l/ ゝケ/    なんて言い草だ!
               〉l  ノ       ミ   / ニ /
            レ1 ヽ‐       小ー' i、
    ̄>、__    、 ´ ̄ ヽ     // !  ハ ゝ
   /       ̄ \ )、      / / | ノ     ____
  / ,- 、       /二Y  `ー‐ '´ /   ∨ ´ ̄ ̄    / >


城に入れず門前払いされたのが余程癪に障ったのか、温厚とされる信繁も悪態をついた。
その態度にカチンと来てしまった夕庵も帰ってしまい、信幸が戻ってこないことで沼田では混乱が生じた。

290 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:16:29 ID:/rvOECB6

                                                / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
                                              /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
                                             / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
   完ッ全にアッタマ来たお!こうなったらいっそ焼討してやるお!   |      (__人__) 〃/ ノ
                                            |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
                                            \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
                                             / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
                                            (___)    ./      ))

              ,      ___ _
              /{     /  /
           /  、  /     {        ー―┐O
          ∧{   ∨      、        /
            i  ヽ           ‐-、     ̄  __ノ
            |                  \        |
            |                   ヽ ト、
          、                  ∨ }
.         トー ┘                    ,
         \__   _ /  ∠/ ∧        /
.              ̄ト∠ -</ / ¬ー―- 、/
.             /|、_〉 、_,.二‐  ̄`¬‐ァ-、-i        馬鹿なことすんじゃねえ!放火も時によりけりだ!
     _ -‐ ´ __K_   ー=     レ'う } /
.      ヽ -― < /|r―‐ 、     ミ   ーン /  ノノ
       </ /\||` ̄`|       /T´ >    _ -ァ ┐
     _,// /    ヽ 、  |     _/  〉¬ ゝ-‐ ´  / /|
   ,/   | l       \二 ‐ ' ´  /  / l      / / ̄  、
_,.-┘     | |       | | \___,/  / /     / /     \
         | l       | |\ |___/ /      / /        `¬- 、
         | |       \`二二二 - '′      / /               \


温厚誠実な義の人として扱われる武将も、内面は意外と癇癪もちだったのかもしれない。

                                                  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                          今度こそ   d⌒) ./| _ノ  __ノ

291 名前:犬伏の別れ[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:17:45 ID:/rvOECB6

補足

義兄弟といってもいい程親交のあった昌幸に、事後報告で賛同を求めた。
とだけ書くといかにも三成がズサンな人に見えてしまうが、後でちゃーんとフォローはしているのである。

.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |    挙兵について相談も予告もしなかったのはスマンカッタ!
  <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V     その代わりといっちゃなんだが、
      \_!   ☆          !        大阪にいるお前のカミさんは大刑少(※)が面倒みてっから安心してくれ。
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |

※ 大谷吉継のこと

                                                  ヘ
                                                 ⌒ヽ)
                                               . ――-''" ̄`゙''ー-、
                                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                              /ノノ//|::::::::.ト、::::::::、::::::::l
                                            /i/::::::!|::.|::|:/:::ヽ、::::ヽ:::::l::::::l
    伏見城は既に陥落したし、丹後田辺城もそのうち落ちる。     |/〃;;{_{ノ v ` `ヽ: 、 ト、 :|::>
    主力は既に近江に集結したし、美濃尾張に検問も設けた。     |レ!小l ●    ●ヽ:;;j|Y ::::ア
                                       .         |⊃ 、_,、_, ⊂⊃j:::}:}/リヽ
    羽肥前儀(※)殿も賛同してくれたんだぜ!これなら勝てるって!      ヘ  ゝ._)   /::レ':/レ
                                                _ ., >,、 __, イァ イ/
                                                ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
                                                 /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ

※ 前田利長のこと

※ 書状の内容(三成のセリフ)は激しく適当です。正しい内容をお知りになりたい方は(ry

慶長五年七月に三成から昌幸に届けられたこの書状には、西軍の戦略や布陣が事細かに記されている。
天下の奉行とも言うべき男が、表裏比興と評された男にここまで打ち明けているのである。
これこそ、三成の昌幸に対する友誼と信頼の厚さを示すものではないだろうか?

                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                           今度こそ本当に   d⌒) ./| _ノ  __ノ

292 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:20:24 ID:/rvOECB6

以上です。

4キロバイト制限にひっかかるとか全然意識してなかったorz



293 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:22:02 ID:OV227/QU

乙でした。
三成が信用するのはよくも悪くも自分と同程度の規模の大名だなあ、とかも思った。



294 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/01(金) 11:28:23 ID:H.1j4V4k


三成って相性のいいやつとは本当に仲いいけど、
そりが合わないやつには徹底的に嫌われるってイメージだな



295 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/01(金) 12:41:06 ID:XlSFnUDM



>>287
弓矢じゃねえwww



296 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/01(金) 12:55:16 ID:GPQloJZM

おつです
秀家が先に動いてしまったものだから
三成は行動起こす前に昌幸に相談する間がなかったっていう説もありますよね
まあ、なんにせよ西軍は最初からgdgdだったのだなあ



297 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/01(金) 23:23:06 ID:hJz8ncdc

乙。

>>294
実際どうだったかはしらないが、堅物ってイメージが強いな。



298 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/01/02(土) 10:36:56 ID:oqcTIaqU

三成は上司にしたいけど同僚にはしたくないですね。




関連記事
ランダムジャンプ

| 14:30 |コメント(5)
カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 歴史・民話・事件・逸話系(2010) やる夫短編作品 2010

|

<< 第二次上田合戦 | HOME | 赤沢嘉兵衛の憂鬱 >>

■御感想or寝言

10699 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/26(月) 21:18:56 ID:-

みっちゃんは関ヶ原スレで触れられてるようにえこひいきが激しかったからねぇ。


10701 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/26(月) 22:31:32 ID:qg05QxWw

三成は上司でも部下でもやだろjk


10705 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/27(火) 08:49:37 ID:-

>根性の別れってこともね
誤字のおかげでギャグになってしまってたwww

それはともかく小松姫が後で使者を送ってこっそり孫と顔合わせさせたことはやらなくて良かったの?


10706 名前:以下、名無しにかわりましてワロタがお送りします [] 投稿日:2010/04/27(火) 09:15:27 ID:-

根性の別れ噴いたw


10722 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/04/28(水) 12:32:15 ID:-

>8109
>この後の顛末は家康スレでも扱われているが
って書いてあるからいいんじゃね。

>大阪方は上杉殿に毛利殿がいるんだお。
こいつらがヘタレだったのが三成の敗因だよな。特に毛利。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV