やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

■2020/08/23(日) ~秋の憂鬱~    高橋慶彦物語 第二部 

カテゴリータグ:スポーツ・武道・格闘系 スポーツ・武道・格闘系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系 2020

過去記事の検索欄




短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション



362 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:50:23 ID:UbaNM0JY [122/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       トレード。それはプロ野球選手にとって、クビに次いで代表的な憂鬱の種の一つである。
                                                             .┃
             ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                                 __________________
                                ||////|_____________|////||
                                ||////|[速報]                |////||
                                ||////|  ドラえもん(ドラえもん)     |////||
    ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i              ||////|   ↓ ↑             |////||
    ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;             ||////|  うまえもん(うまい棒)      |////||
    :::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;             ||////|                    |////||
    :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i             ||////|  トレード成立!!!      .|////||
    :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;           ||////|二二二二二 l三三l 二二二二二|////||
    :::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i           二二二二二二二_ ∧   ∧ _二二二二二二二
    ::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"           ||―――――――>===<―――――――||
    ::::::: |.    i'"   ";|                ||:三三三三三三三三三三三三三三三三三 ||
    ::::::: |;    `-、.,;''" |               ||                          ||
    ::::::::  i;     `'-----j               ||: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       主にチームの弱点を埋める等の目的で、異なる球団同士で互いに交渉し
         選手同士、あるいはそこに金銭を介在させて交換する。

       そこに至るまでは、通常は球団首脳部同士の意向によってのみ事は進み、
         その過程で選手自身の意思は無視される場合がほとんどである。
                                                       .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

363 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:53:39 ID:UbaNM0JY [123/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
      もっとも近年は終身雇用神話の崩壊等、働き方に対する考え方が変化している事もあり
       一昔前に比べると、トレードの持つ悲劇性は薄れているのかもしれない。
                                                               .┃
               ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                -――‐- 、
                /        ヽ
              / ヽ_乂_乂_乂丿 l
              |   ∩    ∩   |       怖いOBが来なくなった!
              |            |
            /           `ヽ     のびのび野球がやれてごはんもススム!
           /  r―0――――――┐丶
            |   |___0__o__,!  l
           ゙、  l           / ノ
            ヽ、ヽ、――0-⊂二二ニ⊃
             >-‐(⌒)== |       |
             (_ノ ̄  ̄  \__ (⌒)
              /        └┬' ̄
              / _____  ⊥-‐(∬∫) 、
         ,,,-―''^ ̄        (  (∫∬∬) ) ̄`ー-、
                          `ー-ニ二ニ-‐'

             【  大田泰示  】



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
      それでも、一般サラリーマンに例えるならクビがそのままリストラとすれば、
       トレードは言わば転勤、単身赴任、さらに言ってみれば左遷に等しいもの。

      それだけに、トレードと言うと即ちショッキングなイメージを持ち
       できれば避けたいものと思うのが、まだまだ一般的な感覚ではないだろうか。
                                                       .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

364 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:54:03 ID:UbaNM0JY [124/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
      そしてその対象が、長年主力として働き続けたチームの顔とも言える選手となればなおの事である。
       球団から容赦なく突き付けられる、お前はこのチームには要らないという宣告。
        それに対し、多くの実績を積み重ね自分は球団に無くてはならない存在だと自負している選手ほど
         その分プライドを傷つけられ、怒りを覚え、憂鬱な感情を抱くのはある意味当然の事だ。
                                                                    .┃
                    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      |l!i│il  |i!   |!    |    ―――――――― 、   i|    !i|   !li| l|i│il!li|
      |l!i│il  |i!   l:      /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :\      i|   !li| l|i│il!li|
      |l!i│il  |i!   |   /:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :\       l   !li| l|i│il!li|
      |l!i│il  |i!       /::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : \      !li| l|i│il!li|
      |l!i│il  |i      /:::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :             ヽ       li| l|i│il!li|
      |l!i│il  |!:    /::.:.:.:.: : : : : : :                   :.       i| l|i│il!li|
      |l!i│il  |     |.:.: : : : :                      |       :!| l|i│il!li|
      |l!i│il  |     |:. :   ¨二ニ=ミ _ノ  廴_ 幺=ニ二¨      |      | l|i│il!li|
      |l!i│il  |     |:   ≫ ´  __  Ⅵ :i|i:i|i: Ⅳ  __  ` ≪   |      | l|i│il!li|
      |l!i│il  |     |   i{    ( ・ )  川 li|il 从  ( ・ )    }i  |      | l|i│il!li|
      |l!i│il        |    ≧=― ‐=彡       ミ=‐ ―=≦'゙   |         l|i│il!li|
      |l!i│il       :.        /            \        : /       l|i│il!li|
      |l!i│i!       ヽ     /               ヽ  : : : /           l|i│il!li|
      |l!i│il         /\.   {               : : } : : : /\        l|i│il!li|
      |l!i│il.      /        ヽ      人: : : : ノ: : : : : :.:.:.:.:.\      l|i│il!li|
      |l!i│il:    /             ≧=‐≦ _ ≧‐=≦: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::\     l|i│il!li|
      |l!i│il:   /          : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::ヽ    l|i│il!li|



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       そうした選手として、例えば監督との確執から放出された江夏豊をはじめ、
        チーム改革の煽りを受けた田淵幸一や、『江川事件』の犠牲になった小林繁や、
         落合博満というあまりにも大きな存在の代償としてお鉢が回ってきた牛島和彦など。

       彼等は皆一様にトレードに不満を持ち、悔し涙を流し、
        球団に対する恩讐入り混じった複雑な思いを抱きながら球団を離れていった。
         そしてそうした選手の残りの野球人生に付き纏うのは、
          無念と諦観と復讐心を孕んだ、ただ浮かび上がる沈鬱な影である。
                                                             .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

365 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:54:27 ID:UbaNM0JY [125/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       高橋慶彦も、そうしてトレードされていった選手のうちの一人となった。
                                                       .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                             V/ ∨////
                          .  -─-〉∨///
                        ´     //⌒´ 、
                   /       ,イ/      \
                              //            ヽ
                   /         //       │ l    ,
                            l/,:      | ∧    ′
                :         l/:       ハ`ト、i  l  }
                |      i -彡 i     / V _ l  | ノ
                |      l  /⌒|      { ^7T | ル
                |      l  { { |、\  トミ {/ ∧ {
                |      : 人 `| \l\ l     ヽ`
                |           `゚|l   │`    /
                |  :       i   ||l  |     -
                |i |       |   |∧ :ト _/
                |l |       |   ト ∧ ,
                || |       |l   :|::::\, ′
                リ |      :|l  :|::::::::::>‐ 、
                / │     |l  |:::::::/    ヽ
.               /  :|       |l |:::::/
              /   |         |l :|:::/       }
             /    |        :|l:|::'`i     ∧
            /    /i|       |l|:l |      ilハ
           /     / ||         |!∧|      || l



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       彼が広島東洋カープで記録した通算成績は、
        1546試合出場、1741安打、154本塁打、572打点、464盗塁。
         打率3割5回、盗塁王3回に全試合出場4回、ベストナイン受賞5回。
                                                       .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

366 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:55:16 ID:UbaNM0JY [126/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       間違いなく彼は、カープにおける大功労者であった。
         山本・衣笠といったカープ二大英雄に次いで、いや、彼らと比べても引けを取らないほど
           カープに大きく貢献し、人気を集めファンに愛された、そんなスーパースターであった。
                                                                .┃
                ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                 i、                             ,、
                ::マ\                          , <∥
                :::::マ//\                 :::; <://///
                : : :マ///ム                  ,  <://///////
                ::::::マ///∧            ://////////////
                  ::::マ:///∧:           :::/::///////////
                 :::::マ:///ヽ:           :∥///_::=- ' ´
                    :∨:////\      ::::∥:///
                   ::` <::///`ヽ:   :::::::∥//
                      :::` <:///\ ::::∥::/.  \
                            ` <ミ_ヾ_)/二ニ=.、∨
                       :::∥   //    \::: ヽ:∨::
                     ::: ∥ : :// . ∧    |::.\ ..|
                       :::::i:::: ∥::::: !:| ::∨   .|-―.} ..|
                     ::::::i::::::::|!::::::: l`  ̄:\. リィtイリレ'
                      ::::∥::::::リ:::| : |-ィtイ .`   |
                        :∥:::::: ;:ィヽ ーゝ、.     `  ノ
                     / ,.r≦ミ{:::::::\::::     /
                     /ミミミミム ::::::::::::/ ̄ ̄  .\
                   :// ̄ ̄`ヾ、ミ\―::イ ,|::::::   >.-.、
                   //|::     \ミ:\:: |ミ/:|,ヘ、::::: /ミミミ≧、
                  :/∥|:::        >、=ミ'イ,ノ.|....`ヾ{ミミミ/  \
                : /: ,イ ヾ、:\  /ミミミ\ア},ヘ. |     `ヾ , -ー   \
               ./......∥:::::::::/ ̄:/ミミミシ´ \ _,..-==<, ´       :::}
              ..// ∥::::::::∥:: : ゙マミ,/   .   \-―/        /.、
              ∥ i::|::::::::::∥:::::::::: : :゙ヘ:::::::::::::::   /             |
              {|  .i∥::::::∥:::::::::::::::::∥ \ :, - ´     _ - ´  ̄ヾ:: |
              )ヽ//::::::::/::::::::::::::::::::::/i:| ./   _  -  ´,,;;∨tr:r:i:i:i:i マノノ
               .....`ヾイ}:::::::::::::::::/::|i:i:|::|   |.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨i:i;i;iシ~∧
                 :::|_ ̄ ̄/_∥::マi:ム|   |、i:i:i_i>''''"~::∨ ::;;:::-=∧
                :::::/::::: / /ミミ| :::::::マi:iヽゝゝ_,∨::::::: : : ;_,xr∨il i:i:i:i:i:i∧
                 :::|ィ<:ミ/ミミミ/:::::::::::::`゙ヾi:i:i:∧∨マi"i:i:i:i:i:i:i:i∨i:i:i=''''"∧
                :::::マミミノニ二/::::::::::::::::::::::::::::/:::::::∨i:i:i:i:シ'''" ∨:::: _ _,,r∧



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       だが、それにも関わらず彼は本人の望みに反し、現役生活をカープで全うし
         ファンの温かい喝采に見送られながらカープを去る事が叶わなかった。

       広島での最後の数年間は幾度もトレード要員に挙げられ、その度に憂鬱な秋を過ごし、
         その果てについにカープから放出され、失意と共に選手生命晩年を送る事になる。
                                                             .┃
             ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

367 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:55:42 ID:UbaNM0JY [127/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
      どうしてこのような事になってしまったのか。

      それには彼が起こしてしまったある一つの大事件が決定的な要因としてよく取り沙汰されるが、
        そこに至るまでには、彼がチーム内で置かれていた特殊な状況や、
          何より彼個人に備わった特異なパーソナリティもまた、見逃せない事項と言えるだろう。
                                                                  .┃
                  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      \//////////.> 、         /////  ;      !
        ` <//////////\     //////   .|    |
          ` <///////\   //////   .|    ;
              ゜ <////.》=ァ////     .|    |
                 >{/{/リ>_-=ミ、   !     |
                    /ィ≦ー '  ̄ ̄` .、.\.!   _|
          > ´ ̄/ ´       .ハ   \ |  〉--}
          |   /   ./ {   {  / .| } .ハ  〈ニニ.}
          {  . イ   ハ八  .| /-‐-} .ハ   '.  ー.f         私は若い頃からえらい人にも随分減らず口を叩いたし
          '.   八 |´ /ヾ {′  }′}   l}_ |
           ∨ / l{ l{.ィ≠ミ     _  .|  .八: : :`ヽ        やりたい放題やってきたからねー
           》/ イ八 .《 Vrリ    ´ ̄ ` 八 .′: : : : :}
              《: /: :{ .八ハ     '      /}  / ̄ ̄ }ソ        だからいつかしっぺ返しを食らうのは覚悟してたし、
           ∨: :八 {、从    r.、     .八.′    |
            ` 〉 ヾ } >       イ}/イ .|     .ト、        それが来るのを少しでも先に延ばせるよう
            /∧  八/: : : :>.< /: : ! {     ;l \
              // .∧/ .∧: : : :{   /: : : | .|    .从.  ヽ     必死に頑張ってはいたんだけど……
            ./  / ./ ./ .〉: :八  /: : : :∧八     .′   ∧
         / / ./ ∧ /  \: ヽ/: ://  Vハ   .′   / .∧
        / /  / / V  ○{::\{/:/○ }Vハ / \   ./ ∧
      / /  ./ / ./    >{::::}く     '. VV    ヽ  / .∧
     / /  .// /  .{   /::::::ゞイ:ハ     { ∧ヽ    ∨  / .∧
   / /  ./ / / ./ !  /::::::/  l}:::::l}     {′       .∨  / }
  /  ./   / ./イ / ′ {:::::/  八::リ    /》        '.     |
/   /   /     ./ .′ |::/  /:::/ ○  ハ.′          }    l|
   ./   /    /  .′  }′ /イ      { .′         .|    l|

368 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:56:08 ID:UbaNM0JY [128/337]





                            ハニ=‐- . _
                       //∨/////ヽ
                        ////∨//////\
                         |////.》、///////∧
                         |///// \//////∧
           .ィ ≠=‐- .        .{////     \/////∧
       /l|///////////≧=- 、 _V//--=ミ   ` <//∧
      .///l|/////////////ニ=--ヘ⌒^≠ミ、`ヽ    `ヽ./ヽ
       .////l|    ̄ ̄   /´ /   ヽ    \. \   \.ハ
      /////l|        /   ′   '.     ∨ ハ    ヽ}
      //////}        /    {        .    ∨ ∧
    .//////リ         ′    l|      }ヽ    V l}
   ///////        {   { 八      |__.\   } 从
  .///////           |   | { ヽ\   リ.ィz=ミ } | .∧       やっぱり、トレードってのは嫌なものだね
  ///////           .人 } }.八 | ィzミ、ヽ {. し:リ》八リ  ∧
 l|/////           /ハ} |lヾ《.Vソ  , ::::::: }ハ {  / ヽ      ……さみしいよ
 l|////             } リV ハ ::::::  _   人.| | \   \
 l|///                八     个 . _´_ .イ、_八 V   \   \
  V/                /     _r―:≠:{ヽ ノ} : : : :Vハ`ヽ \   \
                 /    /  \: : :人   /: : : ノ \\.}  \   \
                /  > ´′ 〉´.≧=:-∨-=≦ ヽ/ \\.   \   \
              /   /   ,.{--/    ゞ≠ハイ   }Y ̄`ヾ.\`ヽ \   \
           /   /    .ハ:_:_{,  ○   {::{}::}    / ハ: : : }Vハ  \. \   \
            /{ /      .{/ ハ /    .|::|l::|  ○ { V⌒∨ Vハ    \. \   \
          / 人{       } j/      |::|::リ     | l{  ハ .} }    ヽ ヽ  ハ
       /   /{ |       | / 0    {:::{/  ○ | ハ  ′ .ノノ     }ハ }ヽ  }
       /  ./ l| |       〃 _. -―‐ レ'―-< .|   { {         /  }/ }  八
       {  { 八 .{     /´ ′               ` <人 |            //
      .八  l|  ヾ     .{/                Vヾ           /
          ヽ八         /!      -=-         V }
            ヾ{      ./|:{ . -―======―- .    ./ハ|



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       高橋の現役生活の晩年は、華々しい全盛期からは落差の激しい、寂しいものとなった。
                                                             .┃
             ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

                     みんなでプロ野球12球団紹介スレ 

                  ~秋の憂鬱~    高橋慶彦物語 第二部 

             ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・
アクセスカウンター



369 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:56:33 ID:UbaNM0JY [129/337]

1979年のシーズンオフ。
この年に33試合連続安打、盗塁王のタイトル獲得、チームの日本一といったような偉業を次々と達成した高橋は、
一気にスターへの階段を駆け上がっていった。



                           f-'i
                      r , ! !
                  ____________, |"|  | |
               //////,, ''  |. |  ト-'!__
             /'//y'⌒´  ...ィー' 三=-、_辻L、
             \'/〔   _j|≦7////////77≧xァ
         ____y/7≦/=ミΤ ̄ ̄ ̄ ̄ l  ̄|
         `ア'”´ ̄′⌒`' 、 \  `^´   |___/
          '  /1 _,ム、  `  寸三三三三}
           /  7ヽl /_Ⅵ  ⅰ┌==ミx   {     ∩
          ノイ : iィ斧∨ ドア|   ゝ└r―┘ :   }     || /)
         VNメゞ'   ¨::: 以ノ小 Ⅵ    :  {》    「Y.し' /
          /从  「ヽ   ,ィ.\   \   :  寺≫ { 小Y 〕
            // ℡._  ,。⌒ヽ≧、   \_:_x≦{_}、 !{./〉__
        /'    } i i! ∨     \\`゙ー-  ______/^  /´---=. ̄二ニ=‐-、
         .′    }! ! !/{  __   /77ヽ.____/[ゝ / ̄ ̄゜ 。. `丶
      /゜     }! 妝{ i\  \ ||| /^\,、/ [ゝヾ㌧ー=ミ \   ヽ  \
    /′       }__」/0ヽ Υ  ヽ、廴{   ( [ゝ≧彡ヘ\ \ ヽ  ヾj` \
   / /      ,x≦ニノ   丶<二二ゝ、ヽ>*.._/ X :〉 ‘,〉   ヽ }\ }   `丶
   ,′     ,仁//ニ人  '0 ヽ 丶.__ ̄〉、_ノ 。Y" /   j/    ]/  }ノ
   {.′    /ニ// ∨  ヽ   0 、 > `゙ーォ‐-<,x :>ィ、
   丶    /イ /    / ト、   , /     {{   //,く:i:i〉
     .      /    ,イ{  | トヽ , /      }}.//i:!/  Y>)
         /,′ /| !{  Ⅴヾヽ{、 ... _  ,:ioく:i:i:iУ  lく_)
           /,: /Τ\   {ヽ 弋>、 `/:i/:i:i:i:i/    !
    .      / /i゚ ___!: |i\   }  |  __>ィ:i:i:i:i:i:i/    :
  ㌻ … =.,/i i|/,′。゚,リ  i ⅰ  | .ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:/       !
   二ニ=-.^フーイ<>〉 (/丶 |、| /  ` ̄ ̄ |      :
 ___/__)寸_ゝ/丶   /リ`/≧*、     l    ____j_
(()___}_ゝ 丿\ \///≧、`ヽ㌧、_. イ !,.:*≦三三}//)
     Y 〉〉/ く> ヽ/,___ ̄ヾ㌧,∠}}j__i___}彡'´,.x===|<
       く \く> _,-' /γ三三≧ィ }i|| }i|i| ℡,.*彡'´ ̄|一{
        ゚ 、ヽ   /< ..{ ___,*彡' ノ''ノ ノ'''ノ_}}}'. ,.*≦ニ|....人
             ´  「:}`r-≦n∩―ァア ̄ノ\> ヘ彡'´  ,ム´
                弋! }_ノl i∪′`=ニ彡′    Х_,*彡' `寸x、
                 ∪                 ` <  _,ィ彡' `>、
                                  `“-.=ニ彡'  \ ___
                                      `” ・_-=彡):'/\
                                            ㌧z彡'丶/ーrx_,ニ、 __
                                             \:_/   \。XV´/}
                                             \ヽ  }{∨'/
                                                ヽ.、 1{ ¨
                                                  ‘,ノ }.}
                                                寸_リ
                                                 “’



何しろこの年の年内だけでも、クイズ番組や歌番組等のテレビ出演が12回に、サイン会が15回。
野球の実力に加え若さと甘いマスクとスタイリッシュな風貌もあって彼はあらゆる方面から引っ張りだことなり、
その結果副業だけで当時カープからもらっていた年俸と同じだけの金額を稼ぐほどであったらしい。

370 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:56:58 ID:UbaNM0JY [130/337]

おまけにこの頃には、彼は歌手としてのデビューも果たした。
1980年に高橋は『君の声がきこえる』というタイトルのレコードを発表。



                       /二二二二7
                       //___.//          Vk、
                      / ―――‐ /           Vト、` ー 、
                      //     //            Vk `ー、 i
                  , -‐-v./  , -‐-v./             Vk   l/
   〃`:            《   .ノ  《   .ノ               Vk
  丶_ノ ー、            ̄      ̄               〆 .〉
    \.  ト.                                /   ノ
     \.! !                                ゝ- ´
       ヾ|



          ィ --- ... ,,__
       /           ̄ ̄ " '' ー― -- ......,,,__
        /___                           ̄ ゙̄ ''''' ― -,
       ∨///''''''''――--- .... .,,,,__                 |l
       ∨/////////////////////''''''――---......,,,___    ||i!
.         ∨/////////////////////////////////////¨Ⅷili!
           ∨/////////////////////////////////////(Ⅷili! .
          ∨/////////////////////////////////////Ⅷilil!
.            ∨////////////////////////////////////!lⅧili!
.            ∨////////////////////////////////////(Ⅷili
              ∨_////l=ー-////////////////////////////Ⅷii|
            ,--ニ..‐'';-,,..._///////////////////////////Ⅷi|
           / -:::-‐'''''" ̄ ̄~~゙゙゙''''‐‐-- ----._/////f゛‐-///Ⅷ|
          /´'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ `.'''冖‐- 「丁゙刈-'--Ⅷ
         / , '::::::::::::::::::           :::::::::::::::::::`、` 、〈.‐'' 厶::.._ ̄''
.     /l {:::::::::::::::::::     o     ::::::::::::::::::::::} :}; {丿ノ'_‐:,::;}
.    /  '、 ゙、:::::::::::::::::...        ...:::::::::::::::::::::丿 ー, .∠'__゙‐'"
   , ,, -- 、\. '' 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _:: '',_ ァ=彡'
 / .:-_r:'  ,'‐ ._ ‐-- ::::::::::::;;;;;;;;;;;:::::: :: -‐'''"''    ̄
 |         ゛ー ..''_ー -= - ... ---- ‐‐ _,''..- '
 |               ¨ …―‐―‐‐ ' "     -   .......      /
 |                                ''-=-'〈、_,,.... }    /
 ` ー-                             ^''''"´   /
     ゙ __.. ノ" ''‐- ..,,_                          /
                 ̄ '''  - . ..,               /
                          ゙ ''  -  . ..      /



球場で自分を応援してくれるカープファンへの感謝の気持ちを表したこの曲は地元広島で特に評判になり、
発売から数日で5万枚の売り上げを記録し、市内のレコード店では売り切れも続出するといった大反響を呼んだ。

371 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:57:22 ID:UbaNM0JY [131/337]

このようにテレビ出演やレコード発売等、芸能人まがいの事までやっていた高橋だったが、
実際にアイドルやテレビタレントといったような芸能人や、その他野球以外の世界の有名人と交友を深める機会も増えていった。



 ,、‐'"´ ̄`ヽ,                          ,、-‐- 、
´ ,r'"``ー- Y  _ _                  r'"´ ,,、-、 ``ヽ    ,r'゙´ ̄ ̄``ヽ,
. ,!´      レ'´  ,、-'´ヽ, -‐- 、            },r'゙´    `ヾ ,!.  /´ ̄`ヾ     ヽ
/  == 斤/    /   _,i    ゙`ヽ、         i! -‐、 ,ィニ、 i ,イ  /     `、    ゙i
 、  ,:; ,」,/     ヽ   ,ヽ     ,!         ヾ '゙~`,    ,!イj  !,ィ=-    V、   l
   , 、   ,〉   ,r、 /  ,ィェY、-‐''"´V          `、  」 - ヽ ``j / ;:.´     ソ  ,!
ヽ、 '   ̄Λゞ-─‐- 、    リ -‐、 ソ            ヽ,' ー-‐ ,! /ト、,、 ゝ、    Yゞ イ
`, `ヽ、‐'フ´       ヽ  ー{ '"´:;V!ト、            `、    // !\丁`,   ,i  ,人
..:ヽ ,ィ`7          `, /   ,:;;;:;! ,!          , ィ´ゝ-‐'´/  !.;.;.;`i    / ,ィ/ヽ
.:.:.:i\ヽ〉             iノ `、 '´  i 〉        ,、‐'/.;.;,! `ゝ<´  ,!.;.;.;.;.;``ー, -‐'´: : : : : `、
.:.:.:.:\,! i          ,イイヽ `、   !人     ,、‐'´.;.;/.;.;.;.;ト、/} ,/`ー//.;.;.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : `、
\.:.:.:.:i /        / ! l ゝ- ゝイヽ `ヽ、  /.;.;.;.;.;.;.;.;\ /i /^i   /  ̄!.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : : : ,i
.:.:.:\.:.:i        /`V | /\/、/    ト、!.;.;.;.;.;.;.;.;.;i ̄.;.l /  |  /.;.;.;.;/.;.;.;,/: : : : :,、-─- 、、: : ,|
.:.:.:.:.:.:.:.:〉-‐─- 、 _ ,ィ  /\!'´   ,!  ̄/   i }.;.;.;.;.;.;.;.;.;!.;.;.;.;,リ  | ,/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : ヽ、!
.:.:.:.:,r'´二二ニヽー- 、! /  ,カ   ,!  /     | i.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ.;.;.;\  i/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : ,!: :,!
'"´::::::::::::::::::::::``丶、 Y´  d |   ! /      ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;.;ヽ/.;.;./.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : : |: : |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''ー、  |   ,! /     ,!, i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;/.;.;.;.;.;.;!: : : :i: : : : : : : : : : : :.|: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,!  レ      ,! !.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : .|: : : : : : : : : : : .|: : .|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /       !  l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : : .l: : : : : : : : : : : ,!: : ,!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::久        ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;,イ: : : : : : :.|: : : : : : : : : : : !: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉       | |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : |: : : : : :.|: : : : : : : : : : :,!: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        | ヽ、.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;/: : : : ,!: : : : : /: : : : : : : : : : /: : ,!



現在よりも遥かに巨人という野球チームが強く世間への影響力を持っていた時代において、
その巨人と同じリーグに属し、そこで黄金時代を築いていたカープの顔と言える選手であった高橋は
その分だけ世間からも高い注目度を集め、自然と色々な人間と知り合う機会も多くなる。

372 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:57:48 ID:UbaNM0JY [132/337]

そんな中で人懐っこく明るい性格をしていた高橋の人柄は好かれ、交友範囲はどんどん増えていった。
彼が仕事で広島に訪れる有名人を飲みに誘い、広島の歓楽街・流川で楽しそうに飲み歩く姿は幾度も目撃されており、
特に共に野球好きであったお笑い芸人のビートたけしとシンガーソングライターの浜田省吾とは仲が良かったという。



            __,.-----.,___
          r'~:::::_,,,_:::::::::::::::ヽ
          |:::r'~  ~"""''-、::|               ┌───────────┐
          |;;| ,へ、  ,.ヘ、.|::|                  │たかはし さんは     . ..│
         r'レ'  ^ .::::::. ^   'y^i              │とても いいひと だね  ..│
         ゝ'、   '、___,'.  ,;'-'                └───────────┘
           '、  ----  .,;'
            ';、     .,;'
              ̄ ̄ ̄



ボクシングの具志堅用高やガッツ石松等、他業種のスターと親しくもしたし、
いつぞやの年末では当時を代表する人気若手俳優3人と男4人だけで楽しく忘年会をしたりもした。
一介の野球選手、しかもローカル球団に所属する身にも関わらず、
高橋の交友関係はそんじょそこらのアイドルも顔負けの、実に華々しいものであった。

373 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:58:12 ID:UbaNM0JY [133/337]

女遊びもよくした。
野球の実力とルックスの良さを共に十分すぎる程兼ね備えていた上に、彼自身も女には貪欲だった。
狙った女性は大抵一日で即お持ち帰りに成功し、日本全国で交際人数は100人以上にも上るほど。



       !ヽリ,r'''''' ̄ ̄`‐‐---      丶
        'i               ヽ   ‐-、
        i                     ヽ
        i       i        i       i
          i       i         i       i
       i       i         i       i
      r i       i         i         i
     ,ri i       /         i       i
     i /      /         /       i
     i /      /                /
   (´i/      //                /
    V      //             /  /
    /      i/              /  /
   i       i |             /  /
   ',      i l            /  /
    ',      亅             /
    ヽ、 , ‐''" i              〈
           i           i   \








      ,.-―|::::::::ハ::::::| 丶、      _,.. '´ |:::::::: ノ∨ `ー-,,.._
     /    ';:::::/ 、ヽ;|   ヽ、  ,. '     |::::/ _       `丶、
   /     ヽ::{  ヽ`     _ ̄ヽ       !/ /           \
.  /        ``   \ r‐'",._`ヽ、     _' "              ヽ
.  /              ,.-'ニ-、 ヽ ヽ  /                 ',
. ,'              ,yニ-- 、 ̄`  ',                     ',
 l              _/-―-、__ ̄   ',                     }
.. !       ヽ      'r,-―-、      l           ,            |
.|       ハ      {  ´「} },       l          ' ,        |
. j       /. |       !   〈`1l      l         l  ',       |
/         /. }       !   ∨ヽ.     丶         '   ',       {
       /  ,'    , '     } , へ     \         ,l        l
       /  /   /     j'′  \     \       ハ        ',




夜の女性や素人だけでなく人気芸能人の女性と噂になったりした事もあったし、
フォーカスやフライデーなど写真週刊誌の誌面を賑わす事も多々。
終いには『夜も盗塁王』等と冷やかされもしたりと、高橋は当時のプロ野球界きっての遊び人として名を馳せていた。

374 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 12:58:48 ID:UbaNM0JY [134/337]

高橋は我が世の春を謳歌していた。
芸能人達と賑やかに遊び、女を好き放題に抱き、
銀座のホステスに買ってもらった真っ赤なポルシェ911を昼も夜もかっ飛ばしたかと思えば
夜の歓楽街ではでかい顔をして肩で風を切って歩く。



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;/ヘ~ヘ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;|FF|ニ|;;;;;; /ヘ~ヘ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;・:☆;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;|FF|ニ|;;;;;;;|FF|ニ| ;;;;;;;;;;;;・:☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;|FF|ニ|;;;;;;;|FF|ニ| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;|FF|ニ|;;;;;;;|FF|ニ| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;・:☆;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;|FF|ニ|;;;;;;;|FF|ニ| ;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;・:☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;:;;|FF|ニ|;;;;;;;|FF|ニ| ::::;;;;;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::;;;;:::::::;;;;::::;;;;;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::;;;;:::::::;;;;::::;;;;;;;;;;;;;::
;;;:;;|FF|ニ|;;::;:;|FF|ニ| ::::::;;;;;;::::::::::;;;;;;;;:;;;;;;;;:;:::::;;;::;:;;;:;;:::;:::::::::;;;;;;::::::::::;;;;;;;;:;;;;;;;;:;:::::;;;::;:;;;:;;:::;:::::::::;;;;;;:::::::
::;;::|FF|ニ|:::;;:;|FF|ニ| ;;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::;;;;:::::::;;;;::::;;;;;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::;;;;:::::::;;;;::::;;;;;;;;;;;;;::::::;;;:
;;::;;|FF|ニ|;;;;:::|FF|ニ| ::::::;;;;;;::::::::::;;;;;;;;:;;;;;;;;:;:::::;;;::;:;;;:;;:::;:::::::::;;;;;;::::::::::;;;;;;;;:;;;;;;;;:;:::::;;;::;:;;;:;;:::;:::::::::;;;;;;:::::::::
::;;::|FF|ニ|:::;:::|FF|ニ| ;;::::::::;;;:::::::::;;;:::::;;;::::::::::::;:;:::::;;::::::::;;:;;::::::::;;;:::::::::;;;:::::;;;::::::::::::;:;:::::;;::::::::;;:;;::::::::;;;:::::::::
:::::;|FF|ニ|:::::::|FF|ニ| ;; ○;;:::;::;:;○:::::::;::::::::::::::::;::::::::::::::::;;:;:::::;;;:::;::;:;○:::::::;::::::::::::::::;::::::::::::::;; ○;;:::;::::;:::
::::::|FF|ニ|:::::::|FF|ニ| ::::::::::::::::::::::。+:::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。+::::::::::::::::☆::::::::::::::::::。+::::::::::::::::
::::::|FF|ニ|:::::::|FF|ニ| :::::i::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::。:::::::::::i::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::。:::::::::::i::::::::。::
 /二ニ,ハ /~i~i,∥]===========(^)-i::::::::。 。::::::::。 。。 +。o+::::::::。。+ 。::::::::。。o 。+::::::::。。
 |EEE|日|EEE|日|o:。:: :: : * : /~| ]\*: o: :+o:。:: :: : * : :o : * : o : :+ : o :。* o:::::::::
 |EEE|日|EEE|日|○ o o 。.O 。| .| ]l.∥○ o◯。O ◯。 ◯ + +゚+。o+: :○:: :: ::。+。o+:::
 |EEE|[l].|EEE|日|_______ ___| .| ]l.∥o ◯。 O   ◯。  ◯ ○ o ◯。 O  ◯。 ゜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                \/
                /⌒ヽ <はっやーい!
_____.,, ,___      (゚д゚  )  ______.,, ,_____.,_____,.,_._;:;:.. ,,. :._
;:;:.. ,,. :.:. ;:;   /' ̄ ̄ ̄~/ヽ    )____ ≡=-  ;:;:.. ,,. :.:.       ;:;:.. ,,. :.:.
    _.-ー"~  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ⊇-ー─ "  ヽ ≡=-
   /Oo┌┐ oO)  o     - 〕   | ≡=-
 ̄  ヽ.,_i――i  ,l'⌒'l__.i__--- イ_l'⌒'lノ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `--' ̄ ̄ ̄ '--' `--'  ̄ ̄ '--'    ブ ロ ロ ロ ロ ロ … !



メディア露出が増えるにつれ世間からの人気もうなぎ上りで、ファンレターは毎日200通届き
バレンタインデーのチョコは400~500個も届くほど。
本業の野球でも活躍し、金も儲かる一方で、寄ってくる人間も皆ちやほやしてくれる。
まさに怖いものなしとなった高橋は、有頂天な毎日を過ごしていたのだった。

375 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:00:43 ID:UbaNM0JY [135/337]

だが高橋は、有頂天になっていたその一方で、
それでも絶対に忘れず自分に言い聞かせ続けてきた事もあった。



                      {ニニニム         __
                   マニニニ/⌒ ̄¨\( /ヽ\
                /\/マニニ/      ∨\_}_
                  /___/   ∥   ヽ  `、  ', マ∧::::::}
                /:::::/    || l   マi¬|‐  l l彡i-/
                 〈:::::::::i    斗匕    Vi斗=ミx l/}〈
              ヽ二! ', ',xzz≦    i价ハ Yリ }/l:::〉      ねえ……あんたまた今日も“アレ”するの?
                }:从  'イ/ f::心ヾ、 |乂り ///ヽ〃│
                 《「⌒ヾ从 乂ツ:::::::,∨::::::::::::l/|ノ/|  l
                    | |  `ヾミ、::::::  r┬r┐u/イ {  ‘,
               ∥|  \込    「≦⌒¨Y.  |  |  ‘,
              ∥ |r‐≧=- __≧/// ̄ ̄\_|_l__ ‘,
              /  l}ニニ\丶 ¨∨ニニニニム  ∥/l   ‘,
                 /  ∥ニニニヽ\,_〈ニニニニニム_∥/ニ> ‘,
              /   ∥ニニ/ニ∨ \マニニニニニムイ/ニニ{  ‘,
    〃ヾ     / / ∧ニニ,'ニニニニ∧ニニニニ=ムニニニl '   ‘,
    乂ノハ   ((¨))/  / }ニニ{ニニニニ{:::(lニニニニニ{ニニ=ム∧   ',
     ⅦI∧__/⌒./  /  {ニ从ニニニニ\マニニニニニlニニニ∧∧  ',



     ∨////∧     |ll////
      ヽ////∧   ___t|///―-- 、
        ヽ\/∧!|||||||////== 、   ヽ
         `,ゝ,,,{lllllllナ ̄ ̄ `ヾ \   ヽ
         // `ー'        ヾ,ヽ、
          ,'/              \l    V
          /    ',      |\      ヽ   V
       /    l、 i       |  \ |l    ヽ  V
       ,'    | \丶    !='""丶ト、    丶  V
      i    |ー-=ヽ',    | ニ,-ュ==ト     ,ハ}   V
      /     ! _,ニ,_ ヽ、, l 弋恋示 | ,人リ    V    うん……こればかりはやらなきゃ気がすまないからね
     ノ/|   ト 升心  ヽメ   ''=' , l,イ |l      V
          l ト、 | ',ヾ=''        '"" リl |ヽ ' ,   V
        リ ヽ|i. ベ""  `        ,イ | 丶 ' ,  V
           |.  lf 、    _    イト|  |   ヽ  '
           |.  || `  ー- _ ィ ´  l |! l\  ヽ 丶 \
           |.  |l   | /  l     / | /   ゞヽ、丶 \ \

376 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:01:29 ID:UbaNM0JY [136/337]

球界のスターになって大きな顔をするようになり、女も好きなだけ抱けるようになった高橋だったが、
それでも生来の練習への執着ぶりは全く変わらなかった。
女性の家に泊まる時も、その家にバットを持ち込んで置いておくと
必ず寝る前に素振りをする時間を作り、リビング等でバットを振る。



                    lヽ
              - 、  レ' 1ヽ
              /    !   レ′
         / /7 /
           、_/ / /
                レ

            r‐ 、
               ̄ /ノ
                _//
                ̄

                                                  lヽ
                                                  - 、  レ' 1ヽ
                                            /    !   レ′
                                            / /7 /
                                              、_/ / /
                                              レ
                    lヽ
              - 、  レ' 1ヽ                             r‐ 、
              /    !   レ′                           ̄ /ノ
         / /7 /                                _//
           、_/ / /                                  ̄
                レ

            r‐ 、
               ̄ /ノ
                _//
                ̄



知人と飲みに行く時も、自分から誘った場合だろうが構わず途中で席を外し、
2時間ほど外で素振りしてからまた店に戻る。

377 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:01:57 ID:UbaNM0JY [137/337]

「自分がこれだけ楽しく遊んだり女の子にモテるのは、全て野球でプロとして結果を出しているから」
どれだけ世間や周囲から持ち上げられ自身もその気になっても、それでも高橋はこの意識だけは一時たりとも失わなかった。

だからどれ程派手に遊ぼうが、己の技術の修練は決して欠かさないし、
それだけでなくプロとして体調の管理に関しても常に気を引き締めている。



:::::n::::::::i'i:::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::::::::::::,i、:,ii、:::,ii、::::::::::::::::::::::::::::::::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::||
:::::i'i i'i |;;;|::::::i'i i'i::|[]|/.ヽ::::,ll、:::l:::l:|l,,|::li,,il::▽::▽::U:::U:::::::::i'i::i'i::|[]|/.ヽ:::||
:::::|」( )|;;;;|:::::|」( ):|  ||:...!|:::l,_,l:::|__|l._,l::l,_,l::⊥::⊥:⊥:⊥::::::::|」(_):|.....||:....:|:::||
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三]

                  ∧_∧     お待たせしました。
                 ( ´∀` )     ご注文の野菜ジュースでございます。
                 /:/M>:::▼
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┸ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二



偉い人と食事したり歓楽街で遊ぶ時も、実際に酒を飲むのは少量だけで、後は基本的に飲むのは『野菜ジュース』ばかり。
食べる物についても体重が増えて動きを悪くする事を何よりも恐れ、断じて欲に流される事はない。

378 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:02:23 ID:UbaNM0JY [138/337]

レギュラーとなって随分年月が経っても、高橋は相変わらず誰よりも練習する選手であり続けた。
スターになってからは忙しくなり二軍にいた時のような練習は出来なくなったが、
それでも寝る前のバットの素振りも試合前のベンチ裏でのティーバッティングも欠かさず続けたし、
キャンプの時も朝から夜までひたすら体をいじめ続ける。



          /`l
      ,、.   l  |/ 〉
    ,l |  l  |レ'
     ,! L.-ヾi=,'
  _,.-'´  _, - '_´
  |_,.- '´| L-'´_|      __     _
   ,.-'´  ,.-'"       /__ノ   /丿
  |,.- '´| |    />        / /
     |,i   / r´   ,____,. - '´ /
         く/Ll   /____,/
                                             ∧ . 从
                                             ノ ト、VV
                                          | ̄,,.  ..┘     .__  i\     ._
                                            ̄ ) ((,,-┐   ./〃  |l li   _/ 》
                                           | ̄,,.  ..┘ / 〃   \i ._/ _〃
                                           . ̄ )((   ∥イ |i    _/ _〃
                                             ∨/     V/    L_〃

                __/ ̄/__ ./77 _/ ̄/_      ./ ̄/ ./''7
               /__  __  /. ̄ /__  _/  ,ノ ̄7  ̄  / /
               _./  //  /  ./__  __// ̄  / ___ノ /
               |___ノ.|___,/.     /_/   7_/  /____,./






  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_       『慶彦ぐらい練習せんか』と俺に言う人がいたけど、冗談じゃない
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/       あそこまでやったら胃から汗が出る!
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
       i.u  ___     ,' |        俺の体が滅亡してしまうよ……
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、

       【  達川光男  】



これから成績が落ちれば、きっと今ちやほやしてくれる人も離れていき、調子に乗っていた分のしっぺ返しが来る。
だから今のようにやりたい放題やって存分に人生を楽しむためにも、ずっと結果を出し続けたい。
その一念で高橋は何歳になっても変わることなく、練習の虫であり続けたのだった。

379 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:02:46 ID:UbaNM0JY [139/337]

また彼は自分一人で頑張るのみならず、時には他人に教えを乞うてそれを生かす、そんな素直さも持っていた。



                 -=ニニ>
       -─.、   /ニニニ- ´
   /ニニ/ニ\ -ニニ/
  -ニニ/ニニニ}二/
 /ニニ/ ̄_、≧s。.l/--  .
 ⌒´ ,、*'``    ヽ``'*ミh、\
   /  i       l     `ヾ,ヽ
 / ィ   ハ    ハ ;.   '
 ´ /  /⌒:、   /⌒V l    乂_ :      すいませーん。
  /  f'芹N\/'芹了7  i⌒ |
  ⌒V ヒソ    ヒソ |  ノ   |      私今バッティングで困ってることがあって、
    | |         ノ イ   │
    | 人   て ̄}    / /:,    |      それで山内さんにアドバイスを頂けると嬉しいのですが……
.   , |l ≧=- ,  -</ イ ′   l|
  / l||  /.イ / __/,〈 |  :,  |l
. / 八! r::厂厂} V/-ヘ 、  ′ ',
 i  '│ l/ i、 ノ\j、::::/ \ :、 ′
 | l |  { / \   /´   丶 ヽ :
 { l l /Y  ̄, ̄ ーヘ     l  l |
 乂{ ∨ ハ‐──=oT:,      | ル
     /::::i:::::l:::::i::::::l:∧   ノイ
      `1 L:::L:::L::┴ ´  / ´
        |ー‐| |ー─|
        |ー‐| |ー─|
        }---{ }---{_
      Tニ{  }ニ7/
        `¨¨  ¨¨´

380 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:03:10 ID:UbaNM0JY [140/337]

山内一弘。現役時代は職人的な打撃技術で打低投高の時代の中長年にわたり好成績を残した偉大な打者であり、
指導者としても“かっぱえびせん”の異名をとるほどの熱心な指導ぶりで知られ、様々な球団から重宝された男。



                       ,.-=ニ二ヽ、  ,.-、
                     ′ _. -‐一`ヾ∠ニl|、
                    ,..:.´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::リ::ヽ、
                     /.::.::.;.::.::.::;.::.::.::.::.::.::.、.:.:.ヽ:.:.\
                   /.::::/::/:::'::::/l::l::::l:::::l:::::::';:::::::';:::::::ヽ
                      li::::::l:::il::::l::::l:||::|::::ll::::|トl::::l:::::i:l::l:::::::i
                 |l:::::|:::lトN、」ハハ::」|::」l::|::::|:::::|:|::|:::::::|
                      lヘ:::l、:{'⌒ヽ.   '´ ̄`ヽ、l::::jリN:::j:::l         勿論OKです
                    ヽヾ1|y'Tヾ゛   丁ヾ、_,|lTムkl:/::/
               ,-x‐<フ{Tゝしノy‐f ̄上メイイ::K) j/          貴方みたいな良い選手に教えられるなんて
                  / ュ_} } }, |:トー-イ `ー‐一'′!::ル/   }ハ
                 ヽ ⌒Y^′l::!ヽ、 、ー┐    //ン{、_   ノノノ       願ったりかなったりですよ!
              ,ハ、   _ ノlムrィ\ ヽ.ノ   /公ム厶スス彡'′
               ,r=7 〈  ´ /__`ー亠'´_>ー ´ __イ、
              ノ;r〈   ヽ∠}/,.' ̄,'フ7l/ ̄ ̄  __∟、
            /,' / ,´,>‐一´_´ ', ' Oゝ‐;¬,ブ' ̄', '´ ̄>‐ 、
        ,/´, ' , ´/, '´,. -‐_´‐' _'/,. '´_,. ' ,. ' , ',. ',. ',´ ', ',.ヘ
      // , ' , ' ,/,' ,' ,' , '´O, ‐'´, ‐' ,. '´_,. '´,. ' ,.' ,' ', ;  , ;. ;l
      ./ '/ ,.' ,.' ,.' i ;. ; ; ; ,' / , ´,. ',. '´,. '´ ,. '´,. '´, ','',. ; ',. ; ; ;.|
     l , , ' ,.' , ' , '{ : ; ; ; ; ;l ,' ,.' , ' , ' ,. '´,. '´,. '´, 'i. ', ', ', ',. ; ',l
     l', ' , ' ,.' 'ノl ; ; ; ; ; j,' ,' ,.' ,.' , ' , ' ,. '´, ' ,ヽ{、', ', ', ', '、,ハ
     | , ' , ' ,イ, ',ハ,.' ,' O,ハ ; ,' ,' ,.' , ' , ' , ' , ', '八`'、 '、 '、 ,. ',.イ
     L__'_、'-‐'7'; ,' ,' ,'/ ,' ; ; ,' ,' ,.' , '、,. ',. ', ' '/ `、', `, ',. ',. ; '〉
         /, ',' ,' ,'/, ', ' ,' ;`,' , ',. ' ,. ',. ', ' /   ヽ 、,'´,'、 ;. ' |
         / , ' ,.'O∠,'_,' , ' ;' ,.' ,' ,' , ',. ' ' /     {ソ、 ', ,'ヽ,' !

                【  山内一弘  】



レギュラー3年目の1980年こそ3年連続の3割と2年連続盗塁王を達成したものの、
その翌年の1981年には打率が.289まで落ち、さらに次の1982年には打率.269と益々落ち込む始末。
そんな風に壁にぶち当たった形になった高橋は、目の前に現れた壁を乗り越えるために
1983年の春のキャンプに臨時コーチとして招かれたこの山内を頼り、教えを乞う事にしたのだ。

381 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:03:33 ID:UbaNM0JY [141/337]

指導にあたり高橋は山内とまず、これまで足を生かすためにコツコツと当てて転がすダウンスイングだったのを、
鋭い当たりで野手の頭を越す事を狙ったレベルスイングに変えていくのを目指す事を確認。

そしていざバッティング練習に取り掛かり始めたのだが、ここで山内が説いた理論がまた独特なものだった。



                   r―=ヽ  ,ィ=‐-、
                  ,.ィ≠´ ̄:`:゙^:ニ‐-..、  ヽ
                 /. : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
               〃. : : : : : : : ;イi: : : : : : : : :ヘ
.               i:;'. : : :i: : : : // |ハ: : : : :i: : :;ハ
.                |:|: i: : i|: : : // リ |i: : : :リ: : :;:;}
                !;ィi ̄≧=、 ′  !|_: : /: : :;:;リ
                {,':i、f'7::心    二.≧、7;:;:/       いいですか、ボールには打つ場所が5か所あります
         _/i.     i: | ( ¨¨ `マ__,-‐〈;ヒハィ//}´
         ∨.:!   _|:il   ̄  〈 `、._,.イ/:iソ         ボールの内側、外側、上、下、そして真ん中
          \}:ヘ=:{: : ! |\   、_  ,-, ./:ノ     ,
            ̄¨´ ̄ヘ!  \    _i .i<//:ト,_  /:iィ
                  _.| `ーrニヾ._|〃ーヾ:}=ェ:_:ノ′
              __ノ `‐-〈//.,ニ i    ゙¨
           , -'"彳/〃/>.、_|ヒー-}  | ̄"'''- .
          //,ィリ/〃/ / / iP|ト、 {  ∨i| ト、ヾ、ハ
         ///,.=| 〃/ / / :i|.|| ヘ_,.ノ \i_ } i| i ',
      /.〃//, ‐i//〃〃 /|o|:i| |\  ノ`ヽ\ヾ∧
    , -'"// 〃 //リ{:. / 〃 イ :|. |: i | iト、\\ヽ、\ ∧






               -‐=ニヽ、 ,..-_、
                .''" ̄ ̄``\,=.、 `丶
            /, : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.           ,' :/ : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.            ,' :,' : : : : ./.: : : :,リ'Yi.: : : : :: ::}
.            ! :| : : !: :/i: : : :,'/ |!|l: : : | : ::|
.           ',ィY.i≠―=ミ' ′ '_|!!_,′ ,'       いい打者になるには、ただ漠然と来たボールを打つのではなく
      ,     { | i\r=z、    __ ``Aノ
     、イ:!     |`|| ( ̄ ¨ ヽ=r` ̄`_,'/         これらボールのどの位置を打っているのかを意識して、
     ` 、ト,_ ,-、,ィ┤{ l!  ` ̄´ l `ー‐','/
       ヾ-=-‐='´',.|丶   f‐-ァ   /ノ.  /㍉      打ち分ける事こそ大事なのです!
                l|  i\  =  ,..<メラ,∠ノ´
             _ /` 、 ` ≦!ュ 〃  ̄^'´
        ,.-‐ヾ ̄i i `ェ、_ `i'´¨ _{、_
        i |i /〃l || ! | /ヽ`「/冫、| l`ー-、
.        { l| ', 》 ,〉{i | |,' レ'´ ィ イ | | !! ノミヽ
        リ| } |/ 〃! メ、      '/}|! |仆、|l}
        | | /リ{ ll |_/   \__,,. ィ"l| | i i ll/!l,'
        |l| | | } i/〃 ,   ,〈bl | | } ∥i}./ |

382 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:03:56 ID:UbaNM0JY [142/337]

余りにも独特な山内の理論に、高橋も最初は目的がよく分からず面食らった。
とりあえず練習に取り掛かってみても、すぐにはそんな事はできず満足に打球を飛ばす事さえできない。



        __,ィァ..,─、   ./::\ィヘ ,,
.        Ⅴ:::/ ./::::::」,.-、|:::::_/.|::::〉
        /:::::〉 レ'´ ー'.レ'_,.ィ ̄ ",勹
.      f::::::レ<´|.   _/:::::/;; _」:::::二>
   ,イ _」::::::::_;>‐'_/:::_::::::::|./´:::::_:::「
.  /::'<:::_::::::Г __ .「:::::/ .|:::: l.レ'./:/|:::|
 /:::::_;.匕..|:::::| .「::::|レ'´  ._」:::::{ /:/ .|:/
. レ'´ /::::| |:::::| .|:::/  ./::::_/ .レ′.´
.   /::::: | |::::::〉レ′_/:: /
   |:::/ |:::/   f:::::/
   レ′  l/    .|/

                                      .ィアZz、
                                  ///´  `
                                  ////
                            /////     ___
                           //////   . <//////\
                      _//////_ . <////// ̄ ̄ `
                  >≦==V//.:::////////
                   /.::::::: : : : : ヽ/X∠////. <
                  /.:::::: : : :/: : : :!`ヽ\: : : : : : : ヽ
               /.:::::::::/.: :/: : : : i: : : : :\\: : : : : : :.
.              レi::::::i:、:: /|: : : : :l!: : : : : : ヽ V : : : : : :ト、   . -‐
              l:i::::レ!メ、|: : : :/|:i: : : : : : : }, !: : : : : : 厂ヽ/. : :
              ノヘ::!仍、ヽ: : :/ !: : : : : : : :リハ: : : : : 人_ノ. : : :/
.            γ゚ ̄/: 弋ぅ レ!:/`ー!:i‐-i: : : :,::::i: : : : : {: : : : : : : {       うーん、全然駄目……
              人 /::{ ゛゛ ,  / うミ、:lヽ:|: : :/.::::、: : : : :ヽ: : : : : ノ
            /.:∧     弋zz沁 リ: :/⌒Y::.、: : : : : .゙ー=ニ -‐.:
              /.:人トヽ 、  ヽヽ ノィ:〔__/::\:、: : :x≦二ヽ―
              ィ/  \ ヽ `  u  .ィ|: :{≧x>'´ ̄ ̄ ̄ヽ三 }
           //      ∧\丁  ̄/.ニ\ゝ-=ニ二: ̄:`.ヽ }三ノ_
        /.::/       八=≧≦ァ7///{       .>、: .\
.          !:::{         ///^ヽ//< i ヽ。.__ イ「   \: :\
.         ヽ:.\____ _{///\  \//,ヽ.  >イ !       \: :\
.            \:::::::::::::/\///\  \/人_   ノ       ): : }






        ,,.:==≧ヽ_/_ ̄㍉、
         ,..<:  ̄: : : : : : :>.、
        /. : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
.       /: : : : : : : : .:;:ト、i,:: : : : : : : :.',
      ,: : : ::ii: : : .::/リ .i| i: : : ::i: : : : !
       {: : : ::l| : : ::|!/  | |i:: : ::|!: : : .}
      ∨.:i,≠三<    -‐=ミィ:_:/
.       f'|:ト riア:iヽ   イマ:l`ス|:i }            いえ、今のはいいスイングでした!
       ゝi. (゙¨   )‐( ゙¨ .).i:|ノ
  ィ〈     |:i',   ̄  '    ̄  'lリ    /:i、       しっかり意識していた場所を叩けています!
  \:.〉._.-i'´〈|:.〉.   丶 フ   .<}:/゙:}、_ _/: ノ´
   >'=ィ='ーヘ.  丶    .< ノ'ー'=‐=ィ''´
            -ト、 ¨´::|-、
         _.、-{ 、  `゙'「 ,}、.. __
        ,..'"〃ヽ〉 il `ー.|イ 、 ヽ }` 、
      l ii ll || {,ィil ll ヘ{ .l; .| i|ヾ 、∨、i
      | ll ll || { !| | }} i}∨o il ', ヽi l|i
     〈 |l || i| i |,〈i |i i} ヘ i! ヘ ヽヾ', il
.      il|斗ニ ¨.ヽ.}} }| ; }} |b| } ll } i} ト.
        |i|ゝ‐‐ 、ヽヽ.} | }} i| | i ii / リi i!',



しかし山内は、どれだけいい当たりが出なくても、高橋が自分の言った事を実行できているとみれば
高橋を忌憚なく褒め、打撃練習を続けさせた。
そのような山内の態度に高橋も前向きな気持ちになり、
山内を信じてひたすらボールの5か所を意識して打ち分けられるようになるために練習を重ねる。

383 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:04:18 ID:UbaNM0JY [143/337]

するとやがて、高橋の感覚にも変化が起こってきた。



                   -===-  _
                /ニニニニニニ-
                /二二> 、ニニニニニ\
                /ニ> ´ _  -====-<ニニ\
          -‐〈_ ィ(_.。s≦ニニニニニニニニ-< >
        /、+''"⌒ーヘ-==-─…   ⌒\ニニニニ\
       /≠          `寸:、 `、    \ニニニニ\
.      /'´  /l         \,  :,       \ニニニニ\
     /   / l   |l   l|    ヽ  ′       ̄⌒   一
.    / .イ  /\ l    | 、 |    、  :,
    ハi  l卞ミ 、  厂 \j   ! ト   、
      | l|:| ヒツ  \/卞ミ;リ   ハノ 、   \
      l从,〉 '     ヒツ/ _,/} \\    \       およ? これはこれは……
.      / 人        7 /-≦   ≧ミ .   丶
     // | .>、 ° _  .ィ /∨:::::::ー, く_\ニ> _
    /   W l:: ̄l ヽ // /::::::::::/   V-\ニニニ>  _ `
   ,: '     l{ l:::::::l  // /:::::::/     `、ニ\ニニ\   ‐-  _
.  / /     人 、::::.、 // /:::::::/       ノ\ニ\ニニ\    `丶 ` 、
 / /         \`/,/ /::_ イ \ \__ .ィ:::::::::}、ニニ\ニニ\      \ \
            〃 ..ヘ/_7/_)l `⌒\::::::彡' \ニニヽニニニ}      \ \
│ i|          l{ />ニィ´  │    ` ー‐=ミ Vニニ}ニ/        ヽ 丶
│ |l          l|仁/´ハ    .            /、 i_//             i     :
  l{       /l|l /`7ニ!   O\        /  〉マニ\          │|   |
  \、       厶l|「  l二ノ O     \    /  /   }'::7ニ- _         │l   ;
            lト、 l/ ⌒7=- _O_}__彡   /  /::/`::.、:::::::::7     ノイ ノ/
          `>\ __ /(      ;      /  /:/:::::::::::\::/      ///
          __`ヘ〈 〕〔/:.、\         / .ィ(:/:\::::::::::::/
           └、ー' ´ j:::\:≧=--  --=≦(_).〈::::::::::::\::::/
            >‐ ´.::::::/:::.ー....---┬=彡.::::::',::::::::::::::/
           \:::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::::::::',::::::/
             /`⌒ 〈=- _〈:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::〉´/
.             /      ̄  > _::::l::::::::__彡 '" /
            イ         /    厂⌒      /
          /:乂     /    ,'       /
.          ∧::::::::....--/     ,′     /
          /、  --=彡'        ∧       /

384 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:04:41 ID:UbaNM0JY [144/337]





        /-=ニ   /ニ=-/
        -=ニ{   'ニ=/
         -=ニ{__/=/_
         \/>' ´ ̄ ` 、 ̄` 、
.          / /    i     ヽ    ヽ
.        /   i{   八 ハ        ,
       / / 八  /´ ̄、/イ  ',     ′
       /イ i ⌒ \{ 〃⌒ :   }! .八 .
       , 从lr=ミ    ::::ノイ ハ/   \,           ……なーんか分かってきちゃったかも!
.      /イルイ}:::::: __ ノ,ハ  ノ' イ\     \
         //八   ゝ-- '   .: |   、    \        5か所を打ち分ける感覚!
.        / :  .ゝ  __n   ..イ :__  { \    `  、
        i 八 /´ ̄/./ヘ}<     {ヘ...\ ハ \     ,
        人  :    {  ヘ)、.\__  ハ.......ヽ } : ヽ    ′
          \{   .八  ヘハ.......\`  :..... /} : | ハ    ',
         ',     \  }ト ..... ヽ }.. // 〉ノ}/  }    }!
         ‘:,    _}  ; i 〕iト .Vイ/ /(:::イ  ,  ハ  ,
           /´ ̄.....}  :, :|0  ハ:::〉∧//ノ} /イ/ , /
            {..............;   :,|  {::::i´ _}:{:///ノ ノ'/イ



いつの間にか高橋は、ボールを打つ位置によってバットの出方が変わってきている自分に気づいていた。
ボールの内側、外側、上、下、真ん中。
その5か所を打ち分ける感覚が体に染み込み、実行できるようになっていたのだ。

385 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:05:03 ID:UbaNM0JY [145/337]

そしてこうして山内の教えを会得して臨んだ1983年のシーズン、高橋はさらに飛躍した。



    ,,                             
   / |   /| /|               \ ,,_人、ノヽ 
  /:::::i  /::i |:::::i                )ヽ    ( 
./::::::::i  |::::! .i::::::i             - <       >
 i::::::::::i  i::::i i:::::::i               )     て
 i:::::::::i. i::::i,/i:::::/    ,,          /^⌒`Y´^\
  i:::::::::i. i:::/::::i:::/    / |   /| /|            
  i:::::::::i i/:::::::i/:|   /:::::i  /::i |:::::i      ,,       
  i:::::::::"::::::::::/  ./::::::::i  |::::! .i::::::i     / |   /| /|     ,,                              
  i:::::::::::::::/    i::::::::::i  i::::i i:::::::i   /:::::i  /::i |:::::i    / |   /| /|               \ ,,_人、ノヽ
  i:::::::::/      i:::::::::i. i::::i,/i:::::/   ./::::::::i  |::::! .i::::::i   /:::::i  /::i |:::::i                )ヽ    (
   .i::::::::i       i:::::::::i. i:::/::::i:::/   i::::::::::i  i::::i i:::::::i./::::::::i  |::::! .i::::::i             - <       >
   i:::::::i       i:::::::::i i/:::::::i/:|    i:::::::::i. i::::i,/i:::::/  i::::::::::i  i::::i i:::::::i               )     て
   i:::::::i       i:::::::::"::::::::::/    i:::::::::i. i:::/::::i:::/   i:::::::::i. i::::i,/i:::::/    ,,          /^⌒`Y´^\
   .i:::::::i        i:::::::::::::::/      i:::::::::i i/:::::::i/:|   i:::::::::i. i:::/::::i:::/    / |   /| /|
   .i::::/        i:::::::::/        i:::::::::"::::::::::/    i:::::::::i i/:::::::i/:|   /:::::i  /::i |:::::i
    i/        .i::::::::i         i:::::::::::::::/      |i:::::::::"::::::::::/  ./::::::::i  |::::! .i::::::i
              i:::::::i         i:::::::::/      i::i:::::::::::::::/    i::::::::::i  i::::i i:::::::i
              i:::::::i         .i::::::::i        i:::::::::/      i:::::::::i. i::::i,/i:::::/
             .i:::::::i          i:::::::i        .i::::::::i       i:::::::::i. i:::/::::i:::/
             .i::::/           i:::::::i         i:::::::i       i:::::::::i i/:::::::i/:|
              i/          .i:::::::i         i:::::::i       i:::::::::"::::::::::/
                         .i::::/         .i:::::::i        i:::::::::::::::/
     \ ,,_人、ノヽ               i/         .i::::/        i:::::::::/
      )ヽ    (                          i/        .i::::::::i
   - <       >                                  i:::::::i
      )     て                                    i:::::::i



打率は.305で3年ぶりに3割に復帰し、出塁率が自己最高の.379まで上がった事で盗塁も70と大幅に自己記録を更新した他
特筆すべきは本塁打数。
それまでシーズンで7本が最多だったのが、この年だけで実に3倍強となる24本に増加。
それまでの当てるだけで恐さはない打者から、一気に長打を警戒しなければならない打者に覚醒したのである。

386 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:05:28 ID:UbaNM0JY [146/337]

高橋のこの覚醒は、その後も続いた。
翌年の1984年も23本を記録する等、本塁打数は1983年から4年連続で20本塁打以上をマークし
二桁本塁打もカープ在籍中を通して途切れることなく継続。
打率も極端に粗くなる事無くほぼ安定した成績を続け、盗塁数も高い水準を保ち1985年には73個で5年ぶりのタイトルを獲得。



                           _ 二ニ=--<
                           ィ≦//////////ヽ
                   __////////.> ´ ヽ./∧
             ィ≦////V///////./>.、     》//}
           ////////V////////////\ .////l|
             /////////V//////>≠-<//У///_リ
             //////> ´!/////      `ヽ/////、
             {/> ´    .|///  //       \《. ヽ
             ´          ./  . イ /    }    .V} ハ
                     ′ ./ |/   ./.八     }l|  l}
                        { .《心 !   /./ }     .|l|   l|
                       レリ. Vj |   /}/、 |  八 .リ  .リ
                       / l{::::::' ! ./ .心、八/  /  /{       パワーもあるって、いいよね
                   / .从   }´  V刈 イ  /    ハ
                      / / {∧_` ´ :::::  〃/ /  { ∧
                   / / l| {リ二ニ=- / /ノ ./    |  .∧
               / /  /⌒ヽ.゙リ j/ 乂ー-.゙/   |   ∧
                 / /.. j/´ / ̄/イ  /    `マ. {  / ∧
              r、ヘヘ^Yヽ.//  _. ィ       i: |   / ∧
           ,.>-'―==≦只<´ ̄{    __.:      i:. l|    ./ ∧
        r-≦=-- ≠=-  O ヽ:::::..、i  . ´ `i    |:.八     / ∧
.         _jー- __ -=ミ、  { \:::}\}   |     |:  \  ./ ∧
          }'´ ̄  ./   ̄` <O >  j/  ヽ..__ノ}     { \   \     ヽ
  プルン   ,     {        `\   ,.へ/...}` ̄ ̄´!\ \  \  .ハ
.        八      ',            \  \ノ......L __ .」   \ \  ヽ ∧
         ヽ    ヽ        .イ ヽイ   i    i...   \ \  V ハ
          `7 ´i ≧=--  =≦  /  ',:   :!            \ \ }  }ー-----‐ ァ
             ′ .|          {   ',   }    ',:. ヽ   }、ハ .l|  |   -=≦ァ
              {  !              V  }:::::i:::.     i... ハ |ハ ∨l|  |≧=-=≦`
           !              ヽ. !::::}.:::',     .!:. {.ィYハ: :\.リ   !



長打を打てるようになった事で精神的にも余裕が生まれ、他の事にも良き波及効果が出る。
こうして高橋は山内の協力を得て打撃改造を成功させ、選手としてまた上のランクに昇りつめたのだ。

387 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:05:52 ID:UbaNM0JY [147/337]

このように選手としての高橋の生活は、順調そのものだった。
個人成績で結果を残し続けるだけでなく、チームも山本・衣笠らが健在で投手陣も良い上に
途中から高橋の長打という新たな武器も加わった事で厚みが増し、
1984年には山内率いる中日との激しい優勝争いを制して4年ぶりに優勝、そしてそのまま日本一も達成。



            ヽ、 !     | /         ,.イ          ヽ、 !     | /         ,.イ
           `′     ′    ヽ、 !             `′     ′    ヽ、 !
   〈ヽ     /丶、           `′     〈ヽ     /丶、           `′ ,.イ         _,.ィ
    ∨      /  /     〈ヽ     /丶、     ∨      /  /     〈ヽ     .<> / _{.  r┐     !   Kヽ
         ヽ. /     ∨      /  /           ヽ. /     ∨      /  //,/   L..!    |  ,{ ∨
        .イ                  ヽ. /           .イ                  ヽ. / {/      _r‐-、  ー'´
        i´ |     / !      .イ            i´ |     / !      .イ     ._  __ <_ >、}<ヽ
 ,. ‐ァ   l   !    l l     i´ |     / ! ,. ‐ァ   l   !    l l     i´ |  / ̄ /く _、 ̄!¬、,、 `′
./ /    l/       | ,. ‐ァ   l   !    l ./ /    l/       | ,. ‐ァ   l   !./   /   ._  ̄丁_,ヘVヽ
ー-'  r1        ./ /    l/       | ー-'  r1        ./ /    l/ .|__   {ヽ l. l    /  〉
i´{    !,l   _     ー-'  r1         i´{    !,l   _     ー-'  r1     ´ヽ` / l__ !   /  /
`ー      |_,!    i´{    !,l   _      `ー      |_,!    i´{    !,l   _    .V       \/〉     ∧
    __,, i、_      `ー      |_,!         __,, i、_      `ー      |_,!             ^      V
     | | l.__!‐┐         __,, i、_           | | l.__!‐┐         __,, i、_       ,.へ          ト、
    |. !  l  {        | | l.__!‐┐        |. !  l  {        | | l.__!‐┐    、   \     l´l   |  `!
 ̄l   ー'´  `ー-        |. !  l  {      ̄l   ー'´  `ー-        |. !  l  {     .`ヽ/       V   l  l
  l ;¬     ト、r┐  ̄l   ー'´  `ー-      l ;¬     ト、r┐  ̄l   ー'´  `ー-           r1     `ヽ.|
‐-' L..{  ,、   }  ヽ、  l ;¬     ト、r┐  ‐-' L..{  ,、   }  ヽ、  l ;¬     ト、r┐        l_,ヘ
     / ヽ  L..._ i ‐-' L..{  ,、   }  ヽ、      / ヽ  L..._ i ‐-' L..{  ,、   }  ヽ、        l__,!   ,ィ
                  / ヽ  L..._ i                   / ヽ  L..._ i             l l r¬
                                                                  '´  L..l
                        ,-=;,
                       {__7!
                       〔_ラレ        ,、_,-‐y;
                        `y"l       rヲレへシ'"
                        iト-ヘ、      (_;フイ             r;_/iレソ
                         l  'ヽ      ル ||                し ン′
                           ヽ   ヽ     レ' ||!            人_フ
                          V  ヽ,    |   |.| r‐-、=‐-、    _/ /
                           ヽ   ヽ,  ト = }{i y=‐'~Y__ 〉  / /
                            `i 、,  ヽ, }- ルハjト'`_ント∠-r'"  シ´
                             V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                             V丶  |   リ >,    ( <_/ ,_
                              ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"<rn ゞミヽ
                               ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
                rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
               rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
               〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
               |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
               .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
                 ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
                }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
                Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
                .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
                 ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
                  V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
                  }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]

388 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:07:59 ID:UbaNM0JY [148/337]

私生活はバラ色で、人気は全国的に根強く多くのファンから力強く温かい好意を受け、
仕事でも自身の成績は十分で所属する組織も強く、とても楽しんでプレーできる。



.          ,--- 、
         〈   ‘,
          ‘,   ゝ''"~ ̄ヽ
      _,,.、丶´        ノ          >'⌒ヽ
     /         ャ=≦         >'゙´    /   >'゙´ ̄) (ヽ⌒Y⌒i
     乂_,,.、丶´‘,    ゝ''"~  ̄ヽ  >'゙´  >'゙´ />'゙´  >'゙´  ∧_)ノ /
      _,,.、丶´ ̄        _ノ   \_>'゙´/   ''"  >'゙´        / /
     /          ャ=≦ 厂廴_     乂__,,.、丶´          `¨´
     !   _,,.、丶‘,   ‘,γ ̄  __ `゙'、
     ゝ''"~     ∨  ∧`¨1  (___ノ
             ∨  ∧ 乂_ノ
                \_ノ



     \__人_人从_人_人从人_人从/
     _)                      (__
      )    高橋さん頑張ってー!!    (
     ̄ ̄)                   ( ̄ ̄
      /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y\
                                     \__人_人从_人_人从/
                                     _)                (__
                                      )     愛してる!     (
                                     ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                                      /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                            /////./
                       /////./
                        /////     __
                         {l/Y   . -=ニ////////ニ=- . _
                   . -≠V/{、ィ≦////////////////ニ=-‐ ´
                 .  ´   ̄ ̄` <ヽ` 、 ̄二ニ=--=ニ二
               /   /      ヾハ. ヽ
              /   /{        ヾ  ∧
                /   /《 l|       /    ∨ .∧
               .イ   /  ヽ{   / {      .∨ .∧
              {{八 《芹ミ、|  / --.|<   }、ハ  .∧
             |ト、Ⅳ しリ .}/ィ≠ミ、V  } 八 l{  ∧
              / /ヾ{   '    /:しハ′ .〃     ∧
                / / .人  、 _   .ゞイ   /{ l{. \    ∧
           / {    \ゞ'_ -=イ /   |   \   ヽ
             /  l|       ノ´>-.<    八    \   _\
  |ヽ         l{   |     _/ ./    }l     \    \./ .}. \ > .フ
  .V/\      l|   |  _. <イ  { {     !\.      \   / ./> ´. <
    V//丶   .八 __Уノ≠{ {  .|ハ   .|  \       \/  }   ニニつ-=ニ
    \////≧≠≦ ィ´  .ハ !  { '. ィ≦: :ヽ  ` .    ノ   ノ   \ヽ
       ̄  ̄///リ  /   ゝV八∧: : : : : : }     > ´    _ イ} }ハ_}
          //// / ./   / V ∧{: /´ ̄V > ´     . <     U  \
        .///// / ./   /  /ヽ Ⅵ   /       . <    \      \
       /////  ′/   /  /  \.ハ        イ       \
       .{////  .′.{   ./  《   rz、ヾ{    . <              ヽ
      .|///   ′ .′ /  ハ   {//ー.ゝ=≦/.リ              Y ト、
      .|/  .′./  {   __ヽ   ̄\/////イ                } |ハ
         .′/  _.ハ/´{.V .》    .≧=≦                   | |  ',
         {___{/´      '. ヾ                            | |



高橋の人生はまさに順風満帆だった。













――――順風満帆であるかのように、見えた。

389 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:08:48 ID:UbaNM0JY [149/337]





. | l  ll,.l,  .l ..l,.l,  l  | l !  .l  l .! .!.!.| | .|    .| .| l ! .l .l゙ l゙ | l / / ! l i′/ . l ./ ./ / ./ . /
.. !.l  .l.l..l  l . l l ..l, .! .! .!  .|  ! ! .l.| ! ! |    .| .| !,! .!│.! l ,! l  l ,! ! !  l / ./ / / ./ . /
.| | |   l.l,.l,  .l  .l,.l ..l. !│.l  .l  ! ! .!.!.! .,! l    .!│ !.! .!│.! ! ! l゙ ,! .l゙ .,! ! / / / ./ / / ./ /
..l | l,   l.l, l  ゙l、 l.!  .l !│.! │ .l | .|.|.| ! |   │l !.! .! | .l ,! .,! ! / .l゙ .l゙ .l゙ . l / / ././ / ./ /
 l l..l   l.l l,  .l  .'l  .l, | .!│ |  .| ! .!.!.! .|│   ! ! .l゙l゙ l .! .! ! .l゙ ! .! .l゙ / ! / ./ ./ / /./ ./ ./
l. .!.l l ┌──────────────┐!   .| | .,!,! l ,! ,!.l ./ ! .! / .,! .l゙ l゙ ./ / / / / ./ ./  /
l,! | !││だが、その裏では――――    .│|   .l | .l゙l゙ ! ! ,!.l ./ ! ,! .! .l゙ / i" l ./ / /./ ./ ./  /
|l  l.l,.l.└──────────────┘|   .!.l .,!l゙ ! ! ,!.! .l│ / .! / .l゙ l ./ / / / / / ./  / /
リ   Λヽ   l.l l.  ゙{ l  l  .! .! .!  l ! |.|.! .!.|   .!,! .!,! !.l .l゙.! .! ! l .l゙ ,! / l l l / / / / /  / ./
::::::゙ッ. l lヽ   ゙l,.l l  l ! .l   .l .l .! .| .| .l.|.! :!.!   |.! .!,! !.l .l l .l゙/ l / / / l ./ /./ /./ / /  / / /
:::::::::  .l,.lヽ   .l.l..l.  l,.l .|   } l .! .| .| .!.!! .l !   .,!| .!.! !.! ,!.! .!.l / l / / ./ / / / // / / ./ / / /
:::::::::   l,.l,ヽ  .l.l,.l,  l..l |,   ! .! ! .!│,!|,! ,!,!   .|} !.! .l゙l゙ l ! .!/ l .! ,! / ././ /./ /./ ./ /  /./ / /
 :::::::::::: ..l..l..l.  .l.l..l. ..l.l |.  / │..! .!│|.|| .|.!  // .!.! .| ! | ! l l .! ! / i" l / /./ // /./ . ,/./ /./
  ::::::::::::: ..l,.l,ヽ  l.l l, .l l |. l   !/,|、l .! |∥.!.! //  l.| !l゙ l ! l l ,!/ ,! i! / / // .// ././ . /./ /./
   :::::::::::: ..l, l l.  ..l.l l.┌─────────────────────────────┐
    ::::::::::::.. .l,゙、.l,  .l.l,.│後年に彼が不遇の立場に追いやられるまでのその伏線もまた、  ......│
     ::::::::::::::..l. l l.  l.l│                                         ....│
      ::::::::::::::.l. lヽ  l│静かにちらほらと、伏在していたのだった。               .....│
       :::::::::::::.lヽゝ └─────────────────────────────┘
        ::::::::::゙:::::::::..    .lU .l, l.l,  .lノ./  ,/./ .,,iシ′,/,l゙ .!l゙/ l //.//  !,! | |  │l
           ::::::::::::::::::::::::::.. .l|.l ..l .l.l,   l゙  ,!! ,./'" .,-/ . l,!/ l //.i!/  . l | .!.l   l゙.l      /
                :::::::::::::::::::::::.l|  ! l l  !  .|フ" , ツ゛.,,-ン゙/.iリ/ i7  / !| .!.!   ! !      ./ /
                :::::::::::::|  |   l..l  l .,ノノ゙ .,. |'".,ンシ'゛/.///.i7   / ./〉 !.!  .| !    //
                   ::::::::::::  | !  !.! .!,. !'", 彡".,//" ,!/.〃 ./ .//  .!.!  l.l    //
                       :::::::::::::..|.|  |.| .|'゙, /'"_..‐ン'゙.,..-彡"〃 ./ .〃 / //  //  .//
                      :::::::::`.l. |.l .! |┌彡'゙,, x>'゙_.. -ジ ./ 〃.,/ .// /./ //
                       :::::::::::ヽ|.l ,l.| !..ィツ彡-'"゛//    / 〃 //.// /./_//

390 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:11:27 ID:UbaNM0JY [150/337]

例えばこんな事があった。
1982年5月6日、広島市民球場でのこと。



\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 )                  >
<    バッチコーイ!    >
 <                 (
 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^

                              /`l
                          ,、.   l  |/ 〉
                        ,l |  l  |レ'
                         ,! L.-ヾi=,'
                      _,.-'´  _, - '_´
                      |_,.- '´| L-'´_|      __     _
                       ,.-'´  ,.-'"       /__ノ   /丿
                      |,.- '´| |    />        / /
                         |,i   / r´   ,____,. - '´ /
                             く/Ll   /____,/


三三三三三三三三三|_______________|三三三
三三三三三三三三三 /l  |                   |  |i三三三三
三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
 ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
         _,,. -=- .,,_

                                     _,,..、 -
                             _,,..、 - ‐ '''' "´
                    _,,..、 - ‐ '''' "´
_     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
./ = /    /
   /    /
_,/ ̄

391 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:11:55 ID:UbaNM0JY [151/337]

この前日の5日、カープはこの球場で阪神と戦い、6対9で逆転負けを喫していた。
手痛い逆転負けという事もあり、この日は試合がなかったものの首脳陣は球場に選手を集め、特別練習を行う事になる。
そしてその練習に、高橋は特別な思いで臨んでいた。



━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥


            \_人_人∧从_人_∧_人_从__人∧从_人_∧_人从_/
             )                                >
            <  またまた失策……!                  >
             <                               (
            <  高橋、今日だけで3つ目のエラーであります!  >
             <                               (
             /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^Y^Y ̄∨^Y^⌒Y^⌒Y^Y^Y⌒ ̄



             ,.-= .._        _、r=― 、
            //////` <    ////////\
              ' ///////////≧‐≦/////////// 、
          ////////%-ァ≧-―‐―-≦ミ: :マ /////ヽ
            ///////%ア ィi「  /     マ`x、マ'//////、
.          ///////% '  ;.:  :i   i {   :.. Vハ、/////ハ
.          ////// ゙ ,:  i/  イ   i ハ  ::.  vミ, <///ハ
       /////  .'   i :/_{_:  | :l_V、 j  } ;   ` <j
.      ////    i :! i 7 ̄ヘハ  V ̄V j  ハ;:
       '"        jィ l :マ斧牟マヘ {牟尖ッ- ハjヘ           うわあー……
             ´j人 ハ{ vツ V\i vツノ イ  {`
                 ;  :}:.ム /////////u イ :  ::.          流石にこれはヤバいよね……
              ;  } /_ヘ、 r ュ ,.ィ(.:.{  :.  ::.
                 ,/  j'...........{=j  ̄ {=j......ハ  :.  ::.
            ィ/  .∧..........ヘ、   ,/.........ハ: v   :.
          /,.:'   /  v..........ヘ  ./............ハ V   ::.
         //   ,     \.......ヘ./........./  v V   :.


                         ‥…┳━┳━  ━┳ ━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳ ━   ━
                  ━ ━┻━  ━    ┻━  ━┻    ━┻━┻━    ┻━┻━┻  ┻━┻━┻━┻━┻



この前日の試合において、高橋は何と一日で3つもエラー。
失点につながる痛いエラーもあり、この日に限れば彼は明らかに戦犯とも言えるような酷い出来だった。

392 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:12:27 ID:UbaNM0JY [152/337]

どうして昨日はあのような酷い守備をしてチームに迷惑をかけてしまったのだろう。
この日高橋は反省し、あれこれ理由を考え、その内にヒントを思いつく。
そこで守備練習の時間になった時、高橋はこのようにコーチの大下剛史にお願いしてみた。



                                    -ニニニニニニ
                                  /ニニニニニニ-
                          -─‐-        /ニニ/⌒ ̄
                      ´    ____  `  、 /二/
                   /      ´      .、s≦{-ィ(____
             /             /> ¨⌒ー<ニニニニニ-
             ,                 ,/´     .イ\ ̄⌒丶 ニニニ
               /      .      __/      / /│  ,    \ニニ
           /     /    -=ニ/        / / l|  |      \
            .′   /        / ,        . イ ∧ 八
              /      イ⌒/ /   / / レ  l   ヽ |
              /           ! /.イ    ' /   ⌒ヽ   l|
          , /           ∧'⌒ト.    l {  ,、__  }  ノ
.         /"  /      .  /  ` 、|∧  ト   '⌒ヽ;/ /          すいませーん!
        /   /    /  /     |/∧  . \   V(
       .イ /     /    /      :| i  \〉       ゝ           ちょっと思いついたことがあるので、
    /         /    .イ_      | |     /`ヽ /
   /  ,     /     /:::::::\     | |    V⌒ ´             私にはゆるい打球を打ってくれませんか?
 /  /     、 --<:::::::::::::::::::\ /| ト    /
    /    //      `丶、:::::::::::::\| |  l 「´
   /    / .'         \::::::::::::::V( l |
      〃  イ          l   \::::::::::\ 、ト
      i{  │        l    / ト、::::::l:::ヾ| ヽ
       |{/ 从        ,   /   V\:j:/ニl|  ,
       |{ / ハ        {  . ′  \_ヾニ7l|l  ′
       |{    l ...-‐…‐-..、ィ    (__) Y⌒} |ヘ  ,_
       |{    〈::::::::::::::::::::::::::l         乂_7 |l ∨:::}
       |{    }:::::::::::::::::::::::::{        /ニ} || }:::::}



実戦での打球は色々な種類のものがある。
いつもノックの時来るような強い打球ばかりでなく、打ち損じのゆるい打球が飛んでくる事も十分多い。

昨日自分が失敗したのは、こういうゆるい打球を確実にグラブに収める部分が疎かになっていたからではないか。
だからそこをしっかり練習しておこう、そのように高橋は考えたのである。

393 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:12:51 ID:UbaNM0JY [153/337]

ところが大下には、高橋のこうした意図は通じなかった。



              /ニニニニ{               `ー---マニ/
               /三三三三ム                     マ}′  ピク
.              '三三三三三≧  ___                   |′
              'ニ/`マ三ニ.f´ ´ ̄ .≧_、__   、            !
.             /シ ,,ヘ. }ニニ./     ヽ`ー-ゞヽ、__〉           l
             ' {   /ノムニ/i          `ー′  ィ、_______ .|
            ムヘ 、 i ムニ{ |                 〈ヽヽ`´ヽ`.〉
.           ムニヘ ゞyニニム ヽ                   i    ̄ ´r′     何だと……
           ムニニヘ_/三ニム ヽ.         / _   |      i
             ムニニ/ムニニニム  `      .//´_ `ー-.j    /
.            ムニ/ .ムニニニニニヘ ,ィ`ー─----´__` ケノ     ,ィ
.          ム, '  .ム三三三ニニY三三三三三ニニニヽ、   /ii}
           /     .ム三三三三三r‐、-‐‐‐‐‐‐-- ニニニヽ. /ニ!
.         /     .{三三三三ニ{´ ヽ  ̄ ‐ -  __ }\ニ.|/ニニ!
         /`ー---、ヽ三三三三ニ\    ̄フニ=- .__ ̄, }ニニニ|
.         /        \三三三三ニ`ー' ´ニニニニニヘ   |ニニニ|

394 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:13:13 ID:UbaNM0JY [154/337]

大下がこの時、どのように解釈したのかは彼自身にしか分からない。
だが、現役時代はガッツのあるプレーぶりで鳴らし、後年もコーチとして『鬼軍曹』の異名をとるほどの猛練習を課す事に
定評のあった大下としては、ゆるいという言葉だけで反射的に、たるんだ軟弱なイメージを持ったのかもしれない。



             ,. -―――- 、
             ∧>-、 _____`ヽ
              /V⌒ヾ、| l7フ7///|
           /V     `´ ̄ ̄ ̄Vミ|
           ハ|/           |ミ|
         { f/  -、         {ミ|
         ヘ|  ゞ・>ソ {xニニ.    |:;ハ
          ∧   ̄ }   ゞ゚ー'   |{ }|
         //}    /       r /:|,r'
       ./////X777Xァァイvx / /-―-、
_.. ‐ ニニ/:::::∨//\ ー-__ ,,`ヾハT ⌒ヽ \_
「「「「「「「「|:::::::::|\///>、/7ハ..x<7{ ̄´       ヽ「「Tゞ、
| l l l l l l |:|:::::::::l.  \//// | | | | { ̄    \ \ ∨///ク
|」」」」」」|/::::::::::|、〈ヽ `フー‐r―‐ゞヘ    ヽ   ∨/:::
:::::::::::::: /:::::::::::::|∧ ヘ〉∧::::::∧ にシ‐\        ノ|>、:::
:::::::::::::::|:::::::::::::::| ∨ / / ̄|ヘ__/  /::>r―   />':\
:::::::::::::::|:::::::::::::::| ヽ∨ |:::::::::|     /::::::::::∟  -' /:::::::::
:::::::::::::::|:::::::::::::::|    |:::::::::|   /:::::::::::::/::\_/:::::::::::::::ノ



ましてや昨日高橋が3個もエラーをしたという事実は、大下の頭にも無いはずがない。
しょっぱいミスの繰り返しでチームを敗北に導いておきながら、昨日の今日でこの緊張感の無い態度。

さては奴め、普段から野球以外でもチヤホヤされてるものだから、いい気になってやがるのか。

大下の頭には、このような考えもあったのかもしれない。

395 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:13:38 ID:UbaNM0JY [155/337]

だからだろうか、高橋の頼みを聞いた大下は、このように高橋を怒鳴りつけた。



         {///r-- </////////>--、/{
         l///     `  ̄  ´    }/!
        _ |// l             l l/{ _
         ,ハ{彡 '    、    ,     ' |/{/ l
         {i {/!   ___  \ il /     _ ∨!ィ }l           いい加減にしろ!
        |、l/!.    t 。ヽ_}il.{_,.ィ。 ア´  }/{/ |
 _,...-r-‐∧j/!     ̄  /  ヽ  ̄    l//!/            ふざけるな! このヘタクソが!
 ̄     /::::}/{ヽ      ,     ',     /j//|ヽ_
       /::::::l/∧____/   l  }_  {///{::::、  >-- 、_
_,..--ィ/::::::::}//////////>-- <///77////!::::::,_      > 、
i i i i i i/:::::::::::!////// r 二二二二二ヽ∨////}:::::::,i i i -<_
i i i i i/::::::::::::::\///{ {∨、____} } }///,イ::::::::::, i i i i i`‐<
i i i i{:::::::::::::::::| \/\>ー―――‐ '//// !:::::::::::} i i i i i i
i i_i_i|:::::::::::::::::| ',  \///777777777´///  |::::::::::::| i i i i i i
;;;;;;;;;;;{::::::::::::::::::, \  \////////// /  /j:::::::::::::} ̄` <_i_
;;;;;;;;;;;∧::::::::::::::{   \<\ ̄7介', ̄ ´/>/ /:::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;',::::::::::::l    \、>/:::::::::::ヽ <,:'/ /::::::::::::::/- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;






          Ⅵ       ,    _  \ミ、//}
           /    、   /   /_     ミ/{/`ヽ
            / -- 、_,> {__/_。_ノ      }_/{ヽi }
          ヽ   <__。〉/ ` ー--     / //,{ /,イ         やる気がないんだったら帰れ!
              }      ,'          / ////! ´ハ
              ',    {    _ ヽ       { ,'////{_ノ、i}        帰ってしまえ!
           }、    ヽ`___`_xwイ7777∨、///∧ ',
           l∧  ,xイ7ir__,. -――-、ヽ\\//}  /\_
           |/ ヽ'´/イ/ ̄ _,..-――‐ '_///\\,! /  }:::::`ヽ
           ∨/i//!  ̄_,.. -、---イ////////  l:::::::::::
             }/i//∧_//i l///\/////////   l::::::::::::
             ∨//l//i|///!,!/////\///イ     ;::::::::::::
          _,...> 、//i///i/i/////>-'/     /::::::::::::
    _,.. -  ´     / |:::::::T ー‐ー'´、   / />.   /::::::::::::::
-  '´           {   |:::::::::',  `ヽ   /  </   /:::::::::::::::::

396 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:14:09 ID:UbaNM0JY [156/337]





                    /              / ////
                   //               ///////
                     ///                 〈//////
               ////           ,ィ7y--イ/////
              /////           ///////////
            //////           ////////////
              ///////              ///////////
            ./////f´                //////// /
          //////し           ////////
          ///////ハ            ////////
          {///ヽ.//∧          ////////
            \///\/∧        ///////
            \///\∧ _____  //////
              <////ハ/_レ三∠//77ヽ
                 /ァシ"´           ヾ\\
              // /       、    \ \ヽ
             /   /         ‘,ヽ   \ \ヽ
            /    l            ', \     ハ
          ____ノ    八            ', _メ ト     ハ
        \  /   / 丶\.       r=イ≦_Vヽ、   ',\
          {  l  l   -ミヽ  \  l,xzzzzs,_i     トミ=
          l  |  ! ,xr≠二  \    / r≠、ヾハ.    | ハ
             /   l  ト. I{ f:;;心.........ヽ /: ヒィ:り / /  ∧ト ハ
         //l .ハ lハ. ヽ_弋ソ:::::::::::::l/:::::::`¨:::::::::/ /′    ',       ――――…………!!
               |/ ト、;ハ::::::::::::::::  ′    :: :: ::// ∧      ',
                l  ;ハ:: :: ::           / ./:: ヽ       ',
                / /l込       ⌒      /l /: :: :: \      ,
            / .//:: ::> 。        イ__/ /、: :: :: :: \     \
             / //:: :: :: :: ::/ハ> --<   l:::I ∧ \: :: :: :: ::\     \
       __x-r‐z,/∠、/:: :: :: :://ハ         V /:::::ヽーァ 、:: :: :: \    \
.      〈 / / // イ:: :: ::∠ ‐'::://!      //./:::/.:/⌒ヽ>x、:: ::`` :. 、  丶、
.       トし{_ノ  ./ }:: :: 〈::l l::::::::{  l   /:::::::i |/:./‐y-、Y///フ7ァx、:: :: 丶 、 ``  .、
     //      ./::/ ∨ l::::::::ト ,....::::´:::::::::::| |:./ / {  / Yヽ,ニ__//l/ハ丶 ;: :: ::`:丶.、ー-``  、
    i /     /::/   ∨ヽ::::::|/:::::;;..ィア´ | .|′ /  )イ / /  .}/ハ/ハ   丶:: :: :: \ \ \ ヽ
.   |     / |: /  l /∨>-くイ///入   l .|  /  :; { i ./_////|//ハ     ヽ:: :: :: \\ \ \
   j    /l   .|/  ,/ノ /{//r‐''( _) ハ   l ハ {   ヽ¨´¨-  ////|//ハ     \:: :: :: :: :\. \
   |    |:| __/ 迅、/////|    / ハ //iハ    .:     /////|///∧       ヽ:: :: :: :: ハ
    |   -‐''" ̄ ̄ _〕//// 7//l    |  ハ/ニニム......:::..... ....://////|////l|        :: :: :: :: ::ハ
    !''"   _,..-r'"  ///{ /// \  /      フ//ヽ !     〕::::::::|//|///「i|           l:: :: :: :: :lハ



高橋は茫然となり、思わず大下をにらみつけた。

彼にはどうしてそんな事を言われなければいけないのか全く分からなかった。
彼はただゆるい打球を打ってくれと頼んだだけであり、そこにはサボろうという意図は全くなく
同じミスをしないために、彼なりにいろいろと考え抜いた末での事だったのである。

397 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:14:32 ID:UbaNM0JY [157/337]

この高橋と大下のやり取りの時、場には他の選手や首脳陣だけでなく、
練習を取材しに来ていた新聞記者達もいた。
この時に高橋が取れる行動は、様々なものがあった。



            \ー x冖 く_
          __// __ \ \_
         ⌒ア´ ̄ 、   ̄`  、(
         //          \
        //       |   U   、
.       ,       |   |            /
      /    i   |   |、  ∧    ∨ /
      .′U  |  _ ∧   | `<⌒ ∧    ∨
     .  /  | ´ /   、 |.x=ミ、_j   ‘, ′
      | /i    |  x=ミ、 \|'んハ 》 |     ∨}!
      |i{|    《 んハ   `  Vソ /,   ト、|
     {∧     、 Vソ  ,     イ  | 〉
       | ∧  \_      _     j|    !
       _j/ 〉  、(.,_   ´    /∧  ∧
       __//)  厂≧s。._ . ´{__,j/
    〈 ̄    \j/ ̄ ̄ \  __У/ ̄ 7、
    ∧     i{       | r┴―  ̄\i{ ` 、
    / ∧   「  { ┐    | ⊂ニ__    ∨ /
    / ∧ || //‐┐  |  「 __.     ∨ /
    / ∧_.」 |′{ 厂    j|/_У∧    ∨ /  `、
      /∧   ′ ̄ ̄厂「 ̄「 ̄  \.   ∨ /   〉
.      〈   .∧   〈 ̄   .〉‐┤ /   ∧   ∨__./
      〉―、∧   〉   ′ ∨   / ∧   ‘,_〉
       {____}   ′  , i|   ′./ ./ ∧    ‘,|
         |   ,′  |   ’ |    ∨ / ./ ∧    |



どうあれ高橋が伝えたかった事は、サボりの意思ではなくあくまで真面目に考えた末の効果的な練習方法なのである。
だからその意図をきちんと伝えれば、大下も素人ではないのだからしっかり理解して誤解は解けていた可能性は高い。

あるいは高橋も大下の事は現役時代から知っているわけであり、彼の性格を把握する機会は十分にあったはずなのだから、
誤解され怒鳴られたところで大下はこういう人間なのだと割り切り、後は受け流して飲み込む。
出来ている人間ならば、そうした事も十分可能だったはずなのである。

398 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:15:02 ID:UbaNM0JY [158/337]

だが高橋はそうしなかった。
常人で考えうる限りの、最悪と言える行動を彼はとってしまった。





              _,,...,,_
        _, -‐'"/////> .、
    ,,.. '' "///////////////\
  /////////////>< ///////ヽ        _,,.. -‐ 、、
.  ////////>''"    ` </////ヽ _,,.....,,, <//////////>、
  ///.。 *''".            > 、//∧, //////////////////`ヽ、
                   ,. ´_,,....ェヽ.//////、 ''"~  `丶\////////>、
              /,ィi{三ニ=- 、//ィ////>、 ヽ    ヽ.`'<///////∧
             ,.'/ / ./  ~"'´| `''</ヽ∧.   ∨  `''<///
               ,'/   ./       .|  ∧ ヽ/ヽ',           `
                /  / / .l |       |  ∧  ` 、∨   .l
           /   /.| /  ',. ',     /       ∨.  ..|
              './ .   l l/|  ',. ', / /      .|        |
          / |  |/l./ |   ゝ∨ /.|.       |.   .|   |
            /,ィ.|  |‐-=.∨   .l`'/、..|       .|.   .|   |
.          /ィ/ |  |.、.,,_ ∨  |/ミt、_∨l ∨  .|.   .|   |        それじゃあ、帰ります。
           /'"∨ l. { ',心 ヘ  | __  ̄{ .| |./   l l   |
              ∨.|\.ゝ:ソ./\l " `{芯:メ} | l'     | ‘,  .|
             ``~   、  `   ∨:ソ''//.|   / |`~ ∨
              | ヽ          / /  ,ィ∧|\   ∨
              | l \. マ.、       .ィ ,ィ/.l\  .\.  \
              | //.  ヽ` "  , <ィ / .///l \   \
               ///     l, ̄// 〉 _/ ././// l  ∧
.            , 、/\    ././//ィ/,ィ" .///////l  ∧
            {/``~' ゝ  ./ ///ィ"_ ィ´//////// |
            l~"''==''" .|. />'"ィ'///>-‐‐──‐-、{
           ィ‐=ニ"  l///ノ     {         i:l

399 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:15:29 ID:UbaNM0JY [159/337]

そう言って高橋は練習から抜けて私服に着替え、そのまま帰ってしまった。
彼は外部の人間も見ている中で白昼堂々とコーチに反抗し、練習をバックレてしまったのだ。



                  _- -   ── ‐- -..、
               ,<.' "             \
              f´. ` 、___   ___ ,. . -‐‐  \
                 ∨    ,イノ ̄            ',
                ∨ヽ.  |      ,-‐‐‐-彡    |
                    /  \ |  / ̄  u   `、.    |
                 /     ヘ|/          /    |
             / u.  三三          ヽ  |彡   |
                 {_    三        _', /.     |           え? 本気か? おい……おい!
                |  \  l  L_-‐‐'  ̄   |/⌒}. !
              ', 《にフ> |   ヽ、に7.ゝ u.  |    |. ト、
                 |  / .イ    ` ̄´     /|.   | ./  `ヽ
                _|u.    ,ノ  ム_       \   |∧     >‐--,
            ,.'  ̄.  |   f´ ̄ゝ-‐″ `丶   u  ハ_,ノ ∧         >..
.      r-‐′     \ { l ̄`Y´ ̄`‐- ', u.   |. /   |            `>、
     /          .∧! | r-―─―┐l `、.    |/.    |              \
    /||.         | ∧ヽr'‐-----`ノ   ヾv-‐7!      |                / >、
  /||. ||            | ∧  ̄ 二 ̄   /   /. |      |二二二二二_ ヽ   / /  }
./  .||. ||二二二二二ni |  ∧`丶/\__/    /  |     |        ヽヽ/ /.    |
    ||. ||        /   ∧________/  |     |         | | ̄|      |
    ||. ||          /      j     只       /.      !          | |  |      |



勿論高橋は本当にやる気がなかったわけではない。
彼は練習であれ何であれやる気をなくした事など一度もなく、常に誰よりも手を抜かず技術の向上に励んだ自負があった。

だからこそ、大下の反応は心外にもほどがあった。
皆の見ている前で下手糞呼ばわりし、あまつさえ人を勝手にやる気がないと決めつけて罵る。
そうした態度がどうしても彼の道理に反し過ぎていて、許せなかったのである。

400 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:15:57 ID:UbaNM0JY [160/337]

結局このトラブル自体は翌日高橋の方が大下の所に行って謝罪し、大下もそれを受け入れた事で一応の決着はついた。
だが理由はどうあれ、面子を潰された形になった大下としても、そこに快い思いが残るはずがない。



                        V/ ∨////
                     .  -─-〉∨///
                   ´     //⌒´ 、
              /       ,イ/      \
                         //            ヽ
              /         //       │ l    ,
                       l/,:      | ∧    ′
           :         l/:       ハ`ト、i  l  }
           |      i -彡 i     / V _ l  | ノ
           |      l  /⌒|      { ^7T | ル
           |      l  { { |、\  トミ {/ ∧ {
           |      : 人 `| \l\ l     ヽ`
           |           `゚|l   │`    /
           |  :       i   ||l  |     -
           |i |       |   |∧ :ト _/
           |l |       |   ト ∧ ,
           || |       |l   :|::::\, ′
           リ |      :|l  :|::::::::::>‐ 、
           / │     |l  |:::::::/    ヽ






             _,.ィ7777777777> 、_
        _,..</\/////ィ7 ̄7>、/ ∧
       {///7777 ヽr77////////////!
          ∨////////ィ'''''´ ̄ ̄ヽ////,{
          ∨/!´ ̄ `   ,    、 {///∧
         ∨{      /  _   { ∨//-'、
         |/l   - 、 {_/_,.ィ  {//ィi }
         }/{  -r-。,=-、_`ー゚' ノ ∨/' /
         ∨!   ¨ { l }     /∧' 、__
          }ハ__ j  l ヽ __///∧ /}::::\
        _,.. ////// '=-=- '///////// , !::::::::} ̄ > 、
     _, <  {//////, -――- 、ヽ//// / !::::::::|       `> 、
  _/      \/////777777///// /  j:::::::::{
 ´       _/::::\//////////_/ /   /:::::::::|__
     > '´ /::::::/ \  ̄ ̄ ̄´ /    /:::::::::::l i i i i i` <_
  > '´i i i i i /:::::::::{ <\ `丶、_ / /> /,:::::::::::::| i i i i i i i i i i i
´i i i i i i i i i i,:::::::::::::|、 \> /三三\</ / ,::::::::::::::! i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i i/::::::::::::::| \_/三三三/\_/ l::::::::::::::| i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i/:::::::::::::::::!   >---- く     /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i
i_i_i_i__,イ /::::::::::::::::::::!  /三三三ニ〉   /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i i



つまるところ、和解は形だけのものだった。
これ以降高橋と大下は顔を合わせても口を利かない、そんな間柄となった。

401 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:16:33 ID:UbaNM0JY [161/337]

――――こうした事は高橋にとっては特別な事ではなく、ほんの一例に過ぎなかった。
例え相手が誰だろうが、彼が納得できないと思えばそれを率直に表現し、そして自分の信じるままに突っ走る。
よく言えば一本気な硬骨漢。悪く言ってしまうなら、協調性がなく幼稚。
高橋とはそんな男だった。




<ニニニニニ=-  _              |ニニニニ{
   <ニニニニニ-          |二二二-
      ` <ニニニニ\       |ニニニ7
         \ニニニニ-         |ニニ-/
           \ニニニ-      ノニニ/
            \ニニニ-    lニニ/
             \ニニハ, -─,ニニ' _
              -≧=//〉イ__彡、  `丶、
           /    `⌒¨¨ <ニ-     \
           /               \-\     ヽ
         ,      /             ---     ,
       /     /     ト         V--    ′
     / イ   ∧     | ヽ         V-l    l
        l  l |ヽ,    ,'  l !     V|    |
       ノ l l| !_ 、 、 /  | ,ハ      、     |
       '⌒l 从 jf圷 \V ´ ̄厂 l     ト\   |
          、 ゙| lr}  )人,,__    |      |     |
          \| ,     いフ7^│  ノ ル     |
            ∧       ゞー'  ノ イ / ノ     |
             | ト`        / イ フ イ  l     |l
           ノノ \ __  -=≦// l |l  |l     |l
          / .ィ´::::::::/│ 〃 / {:.、 j |l  ||l     |l
         / 〃l:::::::::/  ,ノ / / ノ::::.ー-、 :l||l     l
       /   l l:::::::/    / //:::::::::::::::::\|l     、
     〃     l |::::::'     '  .:::::::::::::::、丶`⌒!: 、   \
     |l       !/|::::::!  /:|  l::::::/´     |   \   \
     |l      / l|::::::l/:::::::|  |ィ(   |    |    \   \

402 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:17:01 ID:UbaNM0JY [162/337]

高橋のものの考え方を示す挿話として、次のようなものがある。

彼が入団してからというものの、カープのフロントの偉い人間達は機会があればよくこう教訓をたれた。



              ,,,,, ,, 、、
          ,,、、゙,川 川////≡,,、
           、、ミミミ川川川 //ミミミミ、、
          /ミミミミ川,.. '゙´ ⌒ヽミミミミミ,,
       ミミミ,、´         }三三三ミ
       三/       ,,,   ミミミミミミi
       ,,三/     ''''_゙゙゙‐゙、ェ、_ ミミミミミll
      ミミi ,,,     r'´ _,-ュ._ヽ    ヾ ̄r'`、ミ
       ,,彡〃‐ ´ヽ‐ヽ (.'´ ̄ ノ      ミレ'  iミ        『よき野球人たる前によき社会人たれ』
       {ミr'´ , 'シ>}i  ヽ、_,/         ゝ `i
        ┤ レ'´ ,'    ヽ.、         、 iミ
         ヽ __,/(  , ‐‐' ヽ         「´ミ
          ヽ   `'´                  i、
           ヽ   i r-‐'_ ̄> 、        ;; /ヽ\
            ヽ  レ_´_, -'´ //  ;;    /   }
               ヽ         /     /  /
             ヽ、      ,ノ   /   /
             _, 'ヽ`ー-‐ '´   ,/     /
          , '´     `ヽ、_    /    /
         , '´           i `><´       /
     ‐'´              l /  ヽ     /



いくら野球が上手かろうが、それ以前に社会人としてのルール・マナーに反した行動をとる人間は
その行動のせいで周囲に害を及ぼして集団に迷惑をかけ、チーム全体に悪影響を及ぼしその結果自分のためにもならない。
その上、野球人としての人生は体が衰えたら終わりなのだが、
社会人としての人生は誰しも死ぬまで続けなければならない、一生ものの事柄である。

そのため、内容の陳腐さはともかく言ってる事自体は極めて真っ当な正論、そのはずなのである。

403 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:19:12 ID:UbaNM0JY [163/337]

ところが高橋は、口には出さないもののこんな風に思っていた。



                                   ______
                              .ィ≦//////////////////フ
                 _                 //////////////////> ´
                .///≧=- .         ////.> ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            //////.>-=ニ>、  __/////
           //////.///////≧=-r=》=<ミxヽ
         //////./  `≧=ァ‐ァ=>'⌒´ ̄ ̄`ヽ\
          .//////./      ./.// i     、      ヽ
      //////./         . 〃   {       }ヽ    ‘.
     /////> ´  .ィオ     {/ .′ ハ      .|/Yハ   \
    //> ´     / .{     /  { l{ { ∨  }.リ  .xz}x    八
    ̄         ′ ;    / {  | lト.{ ̄ ヽ  ./ ィ乞ハヾ }  }⌒\         それ、おかしい!
             {  {    .//l|! .| .八ィ芹ミ、`´  Vし' } 八.人
            |  |  ./イ ト、八 .《 Vしリ  .、     从 }∧ヽ           どんな素晴らしい社会人になっても、
              八  V     l ∨{ヽ人     r.、   / / .∧
          /  〉  .∨   .| /ヾ  ≧=-..   ー' イ  { l{   ∧          野球選手は野球がだめなら
         { { Y     ヾー-'-〈_}__}ハ l}<ノ  ̄  ゞ≧∨  {∧
           〈| | .{     ー.―― ァ Vハ} |、:::::`ヽ    }::::::∨ .八 ヽ        クビになるだけでしょ?
         人ヽ }>---、---=≦ .ノ::::}Vハ \::::::::\  |::::/}∨ .∧ヽ \
          `'`       /≧=ァ≦ーイ-∨}.  ∨<:::ヽ.}:/lリ V ∧ \ \
                  //  /  / /  .} |  ノ }≧=-{/}イ≦.ハ  ∧  \ \
                    //  /  / /   | |、/ .|○/::/^Vハーイヽ ∧
                 /イ ./  イ/}     ll |__   | ./::::{  .Vハ .}    ∧



                                    ----  _
                                 /_\ニニニニ-
           --==ニニ≧s。              -ニニ.ヘニニニニ∧
         /ニニニニニニ=--=≧s。        /ニニ/  Vニニニニ∧
        /ニニニニニ/ニニニニニ\. -─/ニ/  .  Vニニニニニ
        -ニニニニニ/⌒ ̄ ̄  --ニニニYニニ}≦===ミ \  、ニニニニ}
      -ニニニニ-           , :´,、≠⌒ ー‐' 、      `丶、 \ニニ7
     {ニ-  ̄          / _+`   /    丶 \    \  \_/
                       / ,:`    '     i  :、  、  \ゝ
                    ' /       l{    :  l \ ト.    ',
                       { '     l| ハ       | __}L l:   : 、
                   八|     l| .′`、    ィ´ リ |l   ト .\      それとも何、素晴らしい社会人になれたら
                     |     T{ ̄⌒\   ハj _,,.斗ャl|   ノ   ⌒
                     | |     l _,.斗r, ハ / 弋ーク リ ルヘ         球団はヒットを一本も打てない人でも
                     l人   「弋ーク   ´      イ.!   ,
                  /   \   、       ,    ノ:| |   :,        ずっと選手として契約してくれるのかなあ?
                  /     -、≧ーヘ      o  /- | |- 、 ′
                  /   /, ´  \| l::、 ≧=-  ,<::::::::::| l   V、 、
                  ´  / /     Y |:∧     {  l:::::::八 、 │ \\
            . :     /   /     │:::::∧     .,::::::::::/ \\  丶 \
          ´      `  .ィ7      ,、 | |、::::∧ヽ  '/::::::::/ ,  \\    \
                .   ´ .イ     /  ,│ハ、::::、  /::: ィ´ /  / \ 、   、 丶
  /      _ . :     /::乂_  _/  / ル  乂≧ー≦/\ l  _,ハ   ヽ、    \
/      . . ; : :/       」:::::::::::::::::∧__/ , ◯  7、__√ l Y´:::::/    ]l :、   丶



そうして高橋は球団が望むようなよき社会人になる事を半ば放棄し、野球にばかり精を出す事にした。
結果――――『よき』の定義がどうかはともかく、
少なくとも到底品行方正とは言えない社会人になってしまっているのはこれまで書いてきた通りである。

404 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:19:36 ID:UbaNM0JY [164/337]

また、彼がレギュラーに定着しスターになった若い頃、知り合ったどこかの会社の社長にこんな事を言われた。



.  +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ
     ,l;;;;;;;,r"__~_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l
    ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/      いいかヨシヒコ、「人」という字は人と人との支え合う姿から生まれたんだぞ
     ヽ;;;iヽ、~`'''''" /;;ヾ
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''
     / \ `ー- '"ヽ`ヽ、
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
  ;;,,   フ  ヽ. 〈/ヽ, |   ::''
   '';;,, \   ヽ |  ヽ |,,::''
     '';;,,\   ヽ|,,;;;;;::::'''
      ''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::
      ''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::

405 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:20:00 ID:UbaNM0JY [165/337]

だが高橋はその言葉を聞いても、こんな減らず口を返すばかりだった。



                            ,z ''"////
                            /////>‐=
             >''" ̄`` ~ミ  ////
             , '/       _,,.>i////廴,,............,,_
           , '/     >'",ィi>''" `= 、-=、、_///>
         /            / '  / /| ∨  .∨/
.        /    /    /./    ,//| ',
      / . /.   .イ´//  // l/ | |∨ l
      / /     ./ l./ィl  .|/ {l l` У
      / ' ./    / / >l∧.  |{ 气 //      何言ってんですかwwwwwww
      / /     ./ / ´ l. ∧ ト、   ‘、
  /.//   //./   l .| `` .,.、 , '       倒れそうになっても、自分の右足を前に出せば
   /    /''" ./:::ヽ   | l    (>'
.  /  /,>''´‐-、、:::::::\'l l>、 '           1人だけで「人」が完成するじゃないですかw
    /イ/     \ :::: ∧',.|
..  // / l      .l  ト、:: ∧|` .、
.    / /',       l  / ',ヽ::iヽ、. l
.    / .} ,... _ {./  O 、:::::l l| l

406 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:20:23 ID:UbaNM0JY [166/337]

言ってみれば彼には、自分の与える誤解も含めた周囲への害やそれに伴い周囲が持つ悪感情には無頓着、
そして人と人との結束を軽視する、そんな傾向が見て取れる。
そういう彼の性格は、別にプロに入ってから始まった事でもなかった。

高校時代。第一部で書いたように彼は憧れであった甲子園出場を果たしたのだが、
実はその前に人間関係で悩み、野球を辞めようかと真剣に考える事態にまでなった事がある。



ll|:::   ::chb::   :;リ ;i'      'l,:::::  :::(;=⌒=,)"'  :::|3   彡((レハ//l//ノ"  'jiリl;,   _,.-::,,-ー-:,,,,
"';:::  ,r''''''''ヽ,  :;l'"ゝ ,..:-ー''''''ー-;., ,,,,,,,," ",,,,,,,,,_;; ノ::l'    リ彡'""''-:;  .;:==''#'"ノ》:; /'"//ヘヘ 》,, "':;..,
,,,::-;,_    '''''   .ノ、 /"::::;;;;=====;;;;#;:,  ..,,,,,..   "::/ノヽ_ i巛:: "="'::  : '"="'"/ノ'///ル》ヽ\  \ \ヽ
;((''""ヽ::,::::::::::-''"/"/::ノミ ,,,:::::-,:: ., "';; ミ :::::::::::::::,.;;;;;;;//  /'ヽq:::  :::::: ,.; "'- ::;3//《ハソ/|ハヽ\》ゝ 丶\ゝ
:; ;; ; ,;;,,;ゝ., ̄'''"-'''l'彡ミ  '_,_,;=;,._  ';. ミ:..,,,,,....::-''"o _ _'"_''"l::::  ::く:::. >  ::ミ;;'リ// レ/ u \ヽiiハlヽヽハ ; ,ル;
 ; ,/ /ハ,,ヽヽ,/'::::'" d::ミ;:⊂・.::: :ヽ:・⊃;::b"'" ,, ,.;;;'llll|||||||||lll||llii;;;;.,,:::''"二"'; ;;/l i'リハ/-ーー::,,ヽミリll 》 y iハヽ
(rハf/人ミ )S ;:::  い::    ::::  :.,   : :ソ  ,.;;illlllllllll::il//ハllヾilll,,ゞi::, ::::::::  ノ/ヽリl リ::"=・=::: i jハレ'l //i ソl
'"''"''  ;'ノノ;, )   し:::   "'--''    ;f'  ,;iilllllll:ル/llll;/ヽiiiiハllllllliiilll;:, :::'ニ二//ハゝ;::   ::::: .、 ' jハレ/ヽヘ;
. "'ー--;,, ミ))ソ    ,i'l:::::: ,,;------->)'/|;,, /;;lllll'"レ/;',#"u "''ii'#ミl巛llllli;: ,,;-ー'"  /lレl:::::  "'--'   ' '"レハi
./: :".b" ..彡ソ) 彡:\ヽ:::::::    :::'',,/;ミ/"illll/;iii';==;;,,,,,,; i;,__|,,_"llfヾiハii    ’ ' "'ヽ:::::: -――- ":/_  __,
  "'''-''"ミ》;ノ、 ::::::::::::ヽ;;,,,___,,,,,,,,,...:://゚ ,;llll/;i:'',,.....,,"''":::: "'''""''''ヾ》llli:;  ノ('''--::##ヾ:::::::''''''''::::::'''ノ//'''"  )::
 、    :"""::  "";;;'''"  '''--:.,  o   i;;;;;/::''.,::b::"ヾ::" r'',':B:'"'jハllll) 彡;;》ヽ::::,,,,,,:::::::::ヽ::"'    ,://ソ"・/ ::
:::-'   ::/ ::-ーーv'"         'i,   :::::::'リlミ:::::...  彡、''::.,;   '":/ill/ :::::""" "''-;;。:::::::::"'''''''''''''"-"oく"o  :::::
ニゝ, ::://'"   息  野   お    l ::::::::::::::::ト'i:::::::  ::く:;__,.;::ゞ  :;'":l;:lj     :::::::: oヽ― ;--――--::..,,    ,:::::::
   :::,i':/    苦  球   前   .'l--/""7,.::ヽ::::::::,__....:::...._ , ::ノ;;、#ii;;ー-:.,,,_  0, ’/    高   ヽ  ::::::::
;;,::://人    し  .や   と    .>/'=ニ::::::(:::ヽ:.''--――---'"/::/二:::::)l―-;; ヽ-:.,<     橋      'l :::::::
. ::/;;;;;;;;/'i    い  る      / ヽ::::'l;;;;;;ヽ:::::'ヽ,''""""'''' /'/ / ゚ |::::/ .t;;;::|⊃ ) ヽ.|      :      /::::::::::::::::
./;;;;;;;;;/ ハ    .よ  の       ノ  .丶::::l;;;;;;;';\::::::"''---'''" //。  /::/  ,   ノ ,iヽ    :     /:::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;///::丶    '"'ヽ     '''" ,  ヽ:::l  ゚"''';;::-===-―''" ・  .く::<      ./  ノ \     /::::::::::::::::::::::



原因は、練習への入れ込み方についてのチームメイトとの軋轢だった。
「甲子園に出たい」という思いが強すぎるあまり、少しでも練習で妥協している部員を見ると高橋は許せない。
だが、周囲の誰もが彼のように強い甲子園への思いも、そして彼のように“努力する才能”を持っているわけでもないのだ。
結果やりすぎだと他の部員から反感を買い、チーム内で浮いた存在になってしまっていたのである。

407 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:20:51 ID:UbaNM0JY [167/337]

そんな調子で生きてきたものだから、プロ入り後も高橋は度々チーム内にも敵を作るところがあった。
前述の大下との因縁の他、例えば主力選手の中では特にエースの北別府学と正捕手の達川光男、
この二人とも普段から口も利かない険悪な関係としてチーム内では知られていた。



    べ ̄ ̄ ̄ ̄"''─ ‐ "''─ \ヾヽ、 il、\ \ヾ\ゞ\
    ゝ、ヽ、 _   ゙ ー 弋三=──\ヽ\!ヽミ、 ヽ、ヽ、\ヽ、
    il!ヘ`ヽ、ミ ニ =─‐  ヽ、ミ>\-、\ヽ、\ヽヽ !j|l、ヽ\ヽ
    l|'! \ヽ、 ミ二三三-─/>ミ==´\ ゝ、ハミヽ ll゙ll∨゙ヾ!j″
    ll゙l 、 、\ 、_ゞ ミミ>∠イィ'勺リ゛    ヽ  ヽ ゙ヽ! ゙ |! .! l;;!
    ! l 、 ヽ \゙゙フ=イム;〔 `-〃              ゙"`リ゙
     Λヘヽ\ / /ミン"゛ミ、 "゛              ! ,ノ
      ヾ ヽンく辷\、-、" !.;l                   ′ ノ       いつも自慢げにポルシェを乗り回して
       ヽ゛ーヾ^ヽl"゙ミく、_,;;タ                 「
           ゙ゞノ  ` ´                  i         遊び呆けてばかり……
              /
          /   _,                    ,′        到底人事を尽くしてるようには見えん!
           `'―- 、                  /
                  }  .,.‐''' フ′          ,
               `''''''`''、,/          ,
                    |              /
                   ゝ、          /
                    ヽ       /          /
                     ヽ   / `ヽ       /

             【  北別府学  】






  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r' ゝ}二. {`´ '´__ (__),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }      いつもこれ見よがしに練習ばかりしやがって……
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./       俺達へのイヤミかよクソッ!
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´        ∪  l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐=======‐-        .!::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l



こういう選手同士の不仲という関係自体は、どの球団にも幾らかは発生したり噂になるのは仕方ない面もある。
だがそれにしても、高橋は現役生活を通してこうした因縁を生み出す機会が多すぎた。
彼はあまりにも、衝突を恐れなさすぎていた。

408 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:21:12 ID:UbaNM0JY [168/337]

中にはそうした高橋の生き様を見かねて、この様に諭そうとした者もいた。



                  / ̄ ̄ ̄ ヽ、
                 /        ヽ
                /    _    |
                /ヾニ< レへ>ゞ   |
                レ(ノ>/ <(ノ>   |へ
                >  /        |ノノ    なあお主よ、お主には“妖刀”と“名刀”の違いが判るか……?
                |  トヽ)      / |
                | ~へ     / |
                 | ```    /  .|
                シノノ小ミミニ/   |、ーv
                 `````|`ヽ    //\o__
                 o/:| |     //:::::::::8:::::::::::::
            ___ノ8:::| |   //:::::::::::∂:::::::::::::::
            ノ::::::::::::::8::::| |  //:::::::::::::∂:::::::::::::::::::
          /::::::::::::::::8:::::| |//:::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::
         /::::::::::::::::::::::8:::::|//:::::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::::::
        ノ:::::::::::::::::::::::::8::::::レ::::::::::::::::::∂:::::::::::::::::::::::::::::::
   ,く^>  /:::::::::::::::::::::::::::::8::::::::::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  <X \\< Yヽ::::::::::::::::::::8::::::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  (iヽ.\.\\|> ヽ、;::::::::::::::8::::::::::::::∂:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   \ヽ.`    /::::::::::::::::::::゚∞∞゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



その人物曰く、まず妖刀とも謳われるような凄く切れる刀は、和紙を上から落とすとスパっと鋭く切ってしまう。

409 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:21:44 ID:UbaNM0JY [169/337]

ところが日本刀の名刀ともなると、同じように和紙を落としてもそれを切ってしまわず、
泰然といなしてみせると言うのだ。



                  / ̄ ̄ ̄ ヽ、
                 /        ヽ         良いか、人間切らなくていいものは切ったらいかんのだ。
                /    _    |
                /ヾニ< レへ>ゞ   |         生きていく上では、心に鈍さを持つ事も必要なのだ。
                レ(ノ>/ <(ノ>   |へ
                >  /        |ノノ        それが無い限り、どれだけ正しい言動を行っても
                |  トヽ)      / |
                | ~へ     / |          きっと相手はそれを受け止めやしないだろう。
                 | ```    /  .|
                シノノ小ミミニ/   |、ーv        気を付けるがよい……
                 `````|`ヽ    //\o__
                 o/:| |     //:::::::::8:::::::::::::
            ___ノ8:::| |   //:::::::::::∂:::::::::::::::
            ノ::::::::::::::8::::| |  //:::::::::::::∂:::::::::::::::::::
          /::::::::::::::::8:::::| |//:::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::
         /::::::::::::::::::::::8:::::|//:::::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::::::
        ノ:::::::::::::::::::::::::8::::::レ::::::::::::::::::∂:::::::::::::::::::::::::::::::
   ,く^>  /:::::::::::::::::::::::::::::8::::::::::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  <X \\< Yヽ::::::::::::::::::::8::::::::::::::::::∂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  (iヽ.\.\\|> ヽ、;::::::::::::::8::::::::::::::∂:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   \ヽ.`    /::::::::::::::::::::゚∞∞゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

410 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:22:08 ID:UbaNM0JY [170/337]

高橋は“妖刀”だった。
直情径行を地で行き、気に入らない事柄や己の道理に反する事柄はことごとく切り捨てる。
例え相手が首脳陣や先輩といった目上の人間であろうとも、
例え相手にどんな事情があろうとも、
例え切ってしまったその先に、どんな取り返しのつかない事態が待ち受けていようとも。



                /                              \
               '                                 \
              /             _______            \
              /       _....-‐  ̄           ̄ ̄ ̄ ̄ ‐-..._    、
             /     ── ───────────         \   ゝ
             /     =───────                    丶  :!
            /    /                                 、  :|
            /   /                          ┏┳┳┳┓ ┏━━┓          ┏┓
          / /_/、                         ┏┛  ┗┻┛ ┃┏┓┃          ┃┃
         \__/                      ┗┓  ┏┛   ┗┛┃┃ ┏┳┳┓ ┗┛
         /ミ,r´ノ:l\                        ┗┛┃         ┃┃ ┗╋┛┃ ┏┓
         ヽノ/:::::/:::::::\                        ┗━┛         ┗┛   ┗━┛ ┗┛
         〈:ノ、/::::::::::::::::\ / ̄ ̄\                         /    |
            \:::::::::::::::::::::\       |                            /    |
             \::::::::::::::::::::\    |            __           〃  ∧|
               \::::::::::::::::::::\  }.            /:::::::::::\      /   /
                \:::::::::::::::::::\/              |:::::::::::::::::::::|      ' ,ヘ/
                /::\:::::::::::::::::ヽ           |:::::::::::::::::::::|  /  /
              /::::::::::::::::\:::::::::::::::l ,-,-,, ̄ ‐- ヽ|      } / /
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ 〈_ノと      ヽ {:::::}  / /
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄ ̄ ̄ヽ∧ ̄//c(⌒ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            /  /'    `==
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\          / /
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::>       / /      /
      /´\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/っノ      /\        〈

411 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:22:36 ID:UbaNM0JY [171/337]

しかも厄介な事に彼は、このような自分に対する危険性を決して自覚していないわけではなかった。
自分が生意気なのは分かっていた。今のままだと落ち目になった時に必ずしっぺ返しを食らうのも痛いほど分かっていた。
それでも生まれ持った性根は変えられるものではない。
ならばただ延々と、誰にも文句を言わせない結果を出し続ければいい。そうとしか考えられなかった。



                       Vニニ∧       /ニニニニノ
                        Vニニ∧     . イニニニ/                  }
ィ彡三ミヽ                   、ニニ∧, 、_/ニニニニ/                  ノ´   ィミ三ミヽ
彡'⌒ヾミヽ__                  ` <ニ{/〈ニニ- <                  ー´   彡ッ⌒'ミ_
     ヾ、.                  /、+7⌒了⌒ ´"''+s、 `丶                   ィッ
  _    `ー―            ≠'`  /  │  : 丶 \ 、 \             '―ー´    _
彡三ミミヽ                 /'´   /     !    :    \ 、                   ,ィミミ三ミ_
彡'    ヾ、     _ノ .  .       /    イ          l  :     ヾ,  :          、_    、ッ    'ミ_
      `ー '            /  l / |         ∧ │    ', l              ' ー´
 ,ィ彡三ニミヽ  __.ノ        ,    | '   .    :     ', ハ     , |l          、__  ,彡ニ三ミミ,
彡'                  ノ   |l -─\  l  / ̄レ^' l    乂l              ̄´     ヾミ_
      _   __ ノ    /.イ   {   - 、\ 、/     |      トミ        、 __  _
   ,ィ彡'            ⌒ | │ | f'斧ミ :::::::::::::::: 斧芋フ.'  ノ , │「             ̄  'ミヽ
ミ三彡'                | 人 lヽ 乂rj ::::::::::::::::: 乂rj / イ / レ |       ⌒\        'ミ_三ミ
       ィニニ=- '         |{ l|\,∧  ::::::: , ::::::::::   ⌒ ル' │  |          ' -=ニニヽ
    ,ィ彡'                | |  |:.            .イ  |l                 ヾ、'ミミ
   //        /         | |  | 丶    ー ‐    / :|  l|l   |l        \        ミヽ
 彡'       __,ノ          | 人 |  l >       イ |  |  |l     ||l         ヽ,__       'ミ_
      /               |   ヽl  |l  l小 ̄     |_ |  |    ||l             \
            ノ         ;   _j|..-─...::フj       V^|  |     ||l        、
      ィニ=-- '"    .        / , ‐l:::|l:::::::::::::{´      /:|  |::..‐- _ ||l        ゛' --=ニヽ
    /     /         / /  |::::|l::::::::::::|      /:::|  |::::::::::: 癶 l|l、       \     \
   ノ     _/     .      /  ′  .::::l|:::::::::::l ヽ , -‐/:::::|  |:::::::/     |l \      \_     ヽ
      /            /  l    >」l::::::::::l     /:::::::|  |::/     i | 、 \        \



――――高橋の順風満帆に見える野球人生は、こうした自暴自棄とも言える綱渡りの上に成り立ったようなものだった。
常に刃を剥き出しにして光らせ、いつその刃が自身をも巻き込んで傷つけるか分からない、
そのような危うさを宿らせながら、彼はただ前だけを向いて走り続けていたのだった。

412 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:25:26 ID:UbaNM0JY [172/337]

そしてやがて、高橋の環境にある重大な変化が起こった。



                            ̄ ̄  ヽ
                      /       ___}
                    {        イニ<
                       \ _____ ィ>、ニニ>
                         {ィ{ハV/ハ{ | | ̄
                       }ハVハv/八| |
                       ノィハVⅥィ { | |
                     「≧s。从{_>L_|
                   ィi〔/>、 ____  { __
               _ ィi〔//>´      `<//≧s。
                 {  ̄           `<////>、
                 {                    ¨/  ハ
               j{: i      i           /      }
               { : {     __}:         .     {
               | : :v    ⌒\     ', {    丶 〉
               | : : :.     : : 丶     Ⅵ/   \_{
               | : : :v//    : : : :、    {//     }
               |  : : v//     : : : :...   .//
               {   : :V//              i//     i
.               〉、 __ : i}//            ://
               {..............|}//              l//>、 __ }
               |..............ノ//         .: : : v//>- i
               |...........///          . : : V/     l



1985年のオフ、それまで長きにわたってカープを指揮してきた古葉が退団する事になったのだ。

413 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:25:58 ID:UbaNM0JY [173/337]

古葉退団の報を聞き、高橋は寂しさと一抹の不安を感じた。
思えば高橋のプロ初年度の5月に監督に昇格し、それ以降今まで高橋にとっての一軍監督はずっと古葉一人だった。
その間もスイッチ転向、ショート固定、レギュラー定着と高橋にとっての大事な転機はことごとく古葉によってもたらされたし、
それだけでなくずっと高橋の事を厳しくも温かく育て、野球の何たるかを植え付けてくれた。



                                  ト
                                  |∧
                      ____             |ニ-
               ⌒丈ニニニニ- _        ノニニ}
                    ̄ -ニニニ\     |ニ/
                  __,r/7ー‐=ニ\,rー{く_
                    ┌‐冖 、> /⌒>く/´ ̄⌒` 、
                ]≧=  | r/  /'/      丶 \
                    l≧=--| 7   //  i  、   i  ;、 :
                  `7*s。」 {   j/,   l ノ \ l: /ヽ ト
                   rv'  {(>′/|/ !   |//. ヽl/斗| ,ハ
                 /(    / /. ィ人  l_,,.斗、 ' ヒl !(
                     、 \  ア  ´ (ヘ \ 弋ノ    、 | ヽ      監督……
                   〈.ヘ /   /: : :∧ {      _ ∧l
                  /   / / :厶.ヘ '> .  ´ / |l| i
                 _ . :   / / /::::::〈ヘ i  /:: ̄〈 、ノl| |
            -‐  . ;    . : :/ x≠、:::::::::::`、l l  .' l::::::::::} l | |
      ィ´   . . : : :/  . : : :/ 〃   \::::::::::| |   |:::::::/ ハ: l|
   / ´ ̄/. : : : /. : : : /  /l        、:::::::l |::.、 l:::::/} |_.ノ} ノ!
  /   /'⌒ ̄//: : ィ:/   //l       \//:::::∨::/i∧|_-彡'
〃   {(    //: / //   // ハ    、  ///≧s。∨i/ ハ
{     乂   .' i: / {:'     ̄ |:i    |一 //  ⌒7乂_,/::::}
乂       l 人{         ノ」__  _j:、//(__)  {i:i:i/ 〉:::}



言わば自分と古葉とは一心同体、そのような感覚さえ高橋にはあった。
そこまで信頼していた人間が居なくなるという現実がやって来た事に、彼は妙な胸騒ぎを感じずにはいられなかった。

414 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:26:22 ID:UbaNM0JY [174/337]

古葉の後任の監督として当初球団は山本浩二を据えようと動いたものの、まだ現役に未練があった山本が固辞したため
球団は窮余の策として、それまでコーチとして古葉を支えていたカープOBの阿南準郎を昇格させた。



    __, -ァ ´ __          i__ |i  ハ
   / /    ´ ̄     ` 、   {_ イリ / /
   j  ィ ´             ヽ  ヽ  / イイヽ
   '/         i.、       ‘, マT ´  ヽ\
  /          i \       ‘, マj  |  } ヽ
 /     i      T  ̄ マi ハ   i、i  Y_ j-,┘
. , イ     .il人 i  ハi    `リ ∨  | .}  .|   .i        どうせ影が薄いですよーだ……
..i     ヽイ.、| マi .| }   ,,,.z.彡 .V j   |    ト
│' i    {ヽi  .ヽV    ¨¨ ヽ } .} イ   i.|    | ヽ      どうせ某タブ○くんで顔を「?」マークにされたり、
  マト ',  .i  ィ彡      `    / l   リ    i
   ヽマi\ iム { i           i .j  /  .} ハj        「影が代わりに指揮している」とか描かれますよーだ……
     〉 ヽ ハ       _ 、  i .,  ./ ./i ./}
    ハ   ヽ\   < ノ     j /}ムリ、
    i .{、  .ハ ヽ 、       ィ ムイ'    \
        ∨ | ヽ .{ ヽ リ ̄ ̄ ´ ィ-=<       \
       \{  ヽ      /     ヽ        ヽ
                    /       ∨       ∧
                i         ∨      .∧
                  i           ∨       }



とは言え監督になった経緯が経緯なだけあって、
彼に求められた役割は、自他共に認める『山本浩二へのつなぎ役』にして『古葉野球の継承』。
そのため阿南も特別な自分の色を出そうという色気は薄く、
そういう意味では選手達も比較的戸惑いも少なくまだやりやすい環境だったと言えた。

415 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:26:47 ID:UbaNM0JY [175/337]

新しいシーズンが始まるにあたり、阿南は高橋に大きな期待を寄せた。
彼は高橋の事を『ニューリーダー』と呼ぶようになったのである。



               {/        /             ∨-=ミマ \
                       /  /          ヽ     ∨i{ /}  }}
                 /      / /| : /              i:     ∨/ ノリ
             /イ     : / ⌒ト |    /|  ∧      |:    |、__,彡
              |/ . : : :| :/  | l   |/  /⌒ト、:/∨:!:     |/: : : ハ
       (⌒ヽ       レイ: : : : 〃⌒心八 │ ∨   | :/\| :     | : : : : : |    慶彦君もカープを代表する選手になって
.         ヽ  ヽ、  -、:|: :|: イ{{. i_ノ:.:ハ \|      |/   :|/     厶L:_:」_:リ
          \  `(  }八八ハ. 弋いソ     __   /     ,: : : : : |      長いもんね!
.           /  ⌒ヽ ∨ : : :j(//)  .      ⌒¨¨~ヾ /: :    / :   リ
          〈   ´ ̄)  | : {           _     (//) : :   / : :   |      その経験と若さを生かして、
         '    '⌒) }i| : :丶    「   }   ∠/: :   / : : :   |
         '.  ノ´ {八 : :∧\    __ノ      / : : :  / : : : : 人|      もっとチームを引っ張ってくれたら嬉しいな!
                } \厶:∨::>  _,,,...  ´/: :/| 〃丶:∧: :/
            /〉   ∧ /{:::|「::::::::::::::::: ∧    // /|/::::::::::\|/
       / /   /  〉 八:||:::::::::::::::::/_     /:::::::::::::::::::/>、




     ∨////∧     |ll////
      ヽ////∧   ___t|///―-- 、
        ヽ\/∧!|||||||////== 、   ヽ
         `,ゝ,,,{lllllllナ ̄ ̄ `ヾ \   ヽ
         // `ー'        ヾ,ヽ、
          ,'/              \l    V
          /    ',      |\      ヽ   V
       /    l、 i       |  \ |l    ヽ  V
       ,'    | \丶    !='""丶ト、    丶  V
      i    |ー-=ヽ',    | ニ,-ュ==ト     ,ハ}   V       はぁ……
      /     ! _,ニ,_ ヽ、, l 弋恋示 | ,人リ    V
     ノ/|   ト 升心  ヽメ   ''=' , l,イ |l      V
          l ト、 | ',ヾ=''        '"" リl |ヽ ' ,   V
        リ ヽ|i. ベ""  `        ,イ | 丶 ' ,  V
           |.  lf 、    _    イト|  |   ヽ  '
           |.  || `  ー- _ ィ ´  l |! l\  ヽ 丶 \
           |.  |l   | /  l     / | /   ゞヽ、丶 \ \

416 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:27:09 ID:UbaNM0JY [176/337]

背景には、時間の流れから来る必然があった。

これまでのチームにおいては、古葉政権以前からのチームの要である山本・衣笠の二人がどっしり構え
選手内での絶対的な精神的支柱として君臨していたが、
如何せん1946年10月生まれの山本と1947年1月生まれの衣笠は、もう共に選手としての限界も間近な年齢。



     / __: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\
.     レ r:v::、ヽ: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `ー=ミ
     Ⅵ:ト1:| }: :: :: :: :: :: :: :: :: :x= 、:: :: }
     /´ ̄ ̄`¨ <::_____{ らい: /
    /: :: :: :: :: ____/ u ハ ノニヲ ) /
   ー‐== ァラ:::::¨r㍉フ /ニ) ¨^´(_ノ::)x-―-
        Y´::::::::::'"¨´∠ニフ     /: :: :: :: :: :
      {:::::::.: '  瓜ニフx-う    /: :: :: :: :: :: :
        ` ー‐=くz=≦¨´   xァチ: :: :: :: :: :: ::
              /て´  _xく'///: :: :: :: :: :: :: ::
          /: :: :`¨¨lニニT.:7: :: :: :: :: :: :: :: ::
.        γ⌒ <⌒うニrュ|//: :: :: :: :: :: :: :/:
        /  /⌒У⌒{_}圧ニ¨: :: :: :: :: :: /ニ



                     _|\,,,_
                  _/,-.    \l\
                 冫  {  :、-z-、,,|_ 」,_
            ;-、   Z _人_) そ-、ヽz ┴-、
         ;- _ |  \__L,=´ ,>^´ ` ┴、○^′ 丶ヽ
         |   >!    ) ,′ /       u ´        |
        r┴< _ヽ__/ /  {    ノ´|>、_ u    ,ノ
        入    i ,.- ´_/,ヽ、 \ ,ィ::|>‐r-ァ'´
     ,. -‐1 ヽ_,ノ ! / ;-、 `X≧、 `┴-'厶 ^´
     ` -、.|      |ム ,≠‐-、Y_ ヘ、  , _,,)
      , ┴''⌒ヽ  l'y_f .... -‐X.Y  ̄ ` ''i<L_
      >、,,_ ノ  /  |::/rヽ .. ┴<ヽ-/´  Zヽ
      (::_l   /  ,人! `7´   く^Yヽ 入∧_」
       ┌Tー'´  /   `()」__, く__V >::‐<^ト,」



もういい加減これからの事を考えると、どこかで山本・衣笠頼みからの脱却が必要。
そこでチームとしては彼らに次ぐ顔でありまだ若い高橋に、次世代の大黒柱となる自覚を持ってほしかったのだ。

417 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:27:49 ID:UbaNM0JY [177/337]

そのような中で始まった1986年シーズン。
古葉が去り、山本・衣笠は引退が近く、おまけに予算不足の関係等で外国人助っ人も不在。
このように明るい話題が乏しく前評判は今一つなカープだったが、
予想に反して開幕からスタートダッシュに成功すると、そのまま巨人との激しい優勝争いを繰り広げる。


   _
.  { ヽ
.  八
    :. ’
     ヘ ::.
    r‐、ヘ. ヽ
  ,-マ ,廴__ \                        γ==‐
  入. \ーュ、 ̄`ヽ                  ム - : : `
  { \_ く.| ̄`  V                    ´: : : : : : : ` 、: \
.  `寸‐二八    ト、            /: : : :/: : : : : : : : : \: \
    \   ヽ   // 勹ュ          ′ : : /: : : : /: : : :,ィ: : : ヽ: :\
     ヽ__   // /./二\         /|: :\/:/: : :/ : : : / ハ: : : : :ヘ: : :` ー-_- __
       `寸ニ/ノ /二二ハ.     |λ:!: ,l:/: :\|: i: ;.イ / | : : : : : ヾー- 、: : : ` 、-- _‐-、
        守三ヲ二二二入      lハ:|:ハト、i: |_|ヽ: | |/ ||: :|:ト、:\  ` 、: : : ヽ  `ヾ、
         マ二二二二二ニヽュ_  V´.|:l ,ィ示心ト、ハ| -┼|: :|:| |トヽー-- \: : : \   `
.            `寺二二二二二ヘ\八 ハヘ. 弋_ツ   ヽン芯ムイ:./|: | j! ヾ.    \: : : \
.              `寸二二二二ヽニマ.迅ヘハ ""    .辷ツ/|_j厶レ'二≧、ヾ     ヽ: : : ハ
                   ` 二二二二{ニ.ハ、ヾ、| Y`ー、_ '  ∧:|二/ムァ‐ 、二ヽ\、    }: : : |
                   \二二ニ./ニヘヽ.|ト、`ー_'_ ィニ∧、〈 { / / /ヽニ{       ノ: : :/
                   \二/二二二リ「} ̄二ニ/ニ/ニ.ヾ、>ニュ{_ム}‐'    _/: : /
                   |_/二二二二 ||二二ニレニ.厶ィ´ }:|        ー―‐z/
                   |二二二二二ニ||二二ニ厂    リ
                   |二二二二二ニ||二二./
                   |二二二二二ニ||二ニ./
                   λ二二二二ニ ||ニニ./
                  ハ.}二二二二ニ/'二 /\
                  二二二二二./'二 /ト、ニヽ
                   |二二二二二.{{二ニノ ヾュニ}
                    |二二二二二.ハヤ二二二ノタ
                     |二 「l二二二二ヾ二ニ/.,イ
                     |二 |.|二二二二ニ}} /./ '
                八二l」二二二二_ム' /   ト、
                  }二二≦==‐rヘ´     .|ヾュ、

                     【  正田耕三  】



この快進撃の一因として、ここ数年固定出来てなかったセカンドに正田耕三が台頭してきたのも大きかった。

社会人を経てドラフト2位で入団した正田は、プロ1年目の前年に古葉の勧めでスイッチヒッター転向を志し、
睡眠と食事以外の時間を練習に費やす等、高橋を彷彿とさせるような壮絶な猛練習の末技術も向上。
その結果2年目のこの年にはレギュラーを掴み巧みで安定した打撃でチームに貢献すると、
その翌年からは二年連続で首位打者になる等一流の成績を残し続け、
やがて彼はカープの球団史を代表する二塁手として名を残す事になるのである。

418 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:28:36 ID:UbaNM0JY [178/337]

巨人とのマッチレースの末一時は5.5ゲームもの大差をつけられ絶体絶命かと思われたが、
それでも古葉時代からの豊富な経験で勝ち方を知っていたカープは諦めなかった。
ゲーム差をひっくり返してマジックを点灯させ、更に巨人がラスト10試合で猛烈なまくりを見せるも負けじと勝ち続け、
その果てについに熾烈なデッドヒートを制し、高橋達は2年ぶりの優勝を達成する。



  ー=テ/ ァ // i / ハ   i、、ヽ、_   ヽ\_
  _,ノ〃 //' / /  /! 7  i、  ',ー-`、_ー-- ニ、_ ̄ー
ーァ ///{ i ,r‐{ ,'i  i ハ l    !\ ヽ、  ``ーヽ、ヽ`ー- _
~  !l/  ,i l'  l i |  il!ヽ.',    、  `\ー- ...._  `ヽ 、ヽ、
ヽ//!/ソ \,rヽ',!  ゞ、 \   ヽ、      `ヽ ンヽヽ、
 l,' /  | .il/ ,i 心、 ヽ\ _`   ヾ=ェ_ ニニ -‐、' 「!\
 ! .l i ', {l l!::',_ヽ\、_ ` ̄_二ン_,ノ __ ン r/:::「!|!)ヽ
 ', | i 入', i{,rf:::::、_ヽ、ー二ンfrt:::::::)ヾヽー' ,/:::::((||)://_     「広岡あっての森でしかなかった」
  )! ', i iゝ|!、゙ー'ヾ}゙辷_、::::〃 `~´ }l:::ソ/、 / ,r'=_-
='、-' 、ヽ廴ヾゞ、_ノ '  ... ̄ ヾ=ェ‐'ン' iン_>/‐'´  `     そんな世迷い事、皆様に言わせるわけには
  ゙∠ヽ}ソヽニ-  ̄    .:::::..      /(‐'_il‐'''ー‐ヽ
 {l、__,ノ/⌒ヽ',、     、 ,       ,r'、::r=__l|__ _.       いきませんよねえ……
. i ゙=彡  メンヾ、 丶、______,.ノ/_  ゝ(ー|l   `ヾ、_
 !   | r'''''ヽ:::  \  ` ー '´ /::::::`:::::、__``l|ー-、
. l  |.V   ゙i⌒ヽ__ `ヽ、     /::::::::::::::::::://7|l / ',ヽ、
. !  ヽ!   i    ', `ヽ|ヽ`''''"{:、:::::::::::::::// /,r'|l、  〉:ミY
.l|.   {   !   |  i_ヾヾ: ヽrヾ,::::://.//r':::|l∨/ミ/`
ヽ   ゙        ,   ヾ\、: ////`/i∧', ',',::/l ,'/!

           【  森祇晶  】



だが日本シリーズで落とし穴が待っていた。
パ・リーグ優勝の西武ライオンズを相手に初戦引き分けの後3連勝であっさりと王手をかけるものの、
阿南と同じくこの年から監督になった森祇晶率いる西武はここからがしぶとかった。
第5戦を投手の工藤公康によるサヨナラ打で取るとそこから一気に流れを傾かせ、
怒涛の4連勝を果たして大逆転でカープから日本一をかっさらって行ってしまったのである。

419 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:28:58 ID:UbaNM0JY [179/337]

このシーズンを終え、高橋は時代の流れをヒシヒシと実感していた。
リーダーを意識した行動をする機会が増えたのもそうだが、
阿南がしばし「3番打者高橋」の構想を口にし、実際にシーズンの最終盤に彼に3番を打たせた事も心にあった。



   ⌒  -ニニニニニ\ニニ、
         ⌒ <ニニニニ〉--   _
         -   ̄ /`ヽニ〈       `
      /      /   V∧        \
                    Wl|         \
  /                 Wl|
       i l:          Wト
 |  :'  | |l         W| ヽ
 |   l|  | |ヘ        l/|
 l  l| √`ヽ',        V!  l
  、  | / -   l    ,     l  、 l
  \,ハ 'i卞7 |  /     ハ、_ \ l           打席から見える景色はいつもと同じはずなのに……
    ` } Ll  ノ .イ   , / ノ ノ ̄ |
   r      / ノ /レ1/    |    l       なーんか不思議ー
   l         イ  /│    │   |l
               | / ハ       |    |l
     ^      |:/ / l|:      |     |l
     丶 _ .  、l' / _|l      |       |l
              ´  ̄ `寸    |l      |l
         /       \    l|l      |l
          {          、ヽ   |l      |l
          |         V' ,  |l      |l
           l|         V ,   |l      |
         从 ,        V,  |
        ,' ハ∧      ...:´::::::∨ l
          /  j\ 、   /::::::::::::::::::V
          /  ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヽ 、



彼は高校時代は4番打者だったもののプロに入ってからは長らく切り込み隊長の役目に徹し続け、
彼自身も自分は生まれながらの1番バッターだと思うようになっていたので、そんな自分が3番を打つのには違和感があった。
だが考えてみれば、この年も含め4年連続で20本塁打以上を打った彼の長打力からして、
十分クリーンアップを打つに値するだけの能力があるというように見られるのも、至極妥当な事なのである。

420 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:29:27 ID:UbaNM0JY [180/337]

おまけにこの1986年のシーズンを最後に、我らが『ミスター赤ヘル』山本浩二もついに引退。



            \                                   /
            <      山本浩二は幸せな男です!!!!       >
            <                                   >
            /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                                    、丶` ̄ ~"''*、
                                    /( M ):: :: :: :: :: \
                                 , ┴―― 、:: :: :: :: :: :∧
                                 /:: :: :: :: :: :: :: ~"''*、:: :: ::∧
                             {:: :: ::/ ̄ ̄ ̄~"''*、\:: :: :',⌒\
              , -<⌒\          \_〈 -={  '==-   \\:: :: :: :: }
            /⌒ヽ  ヽ  }             γ⌒     莎    /ニ\:: :: /
          /⌒ヽ  ',  .|_./_           {      }、     〈ニ/⌒Y
          ! !  }___,!_/ ,. }          {>――≦-- 、   .〉/ :/ /
          } `¨´  .: ゝ- ' ノ            (ニニ人ニニニ)    __/____
          {         イ            ∧\::::::::::ノ    /   }:: /:i:i:i:i:/ ̄ ̄
          \___,,.、丶´)         , ----∧ `こ´   / .   /::/:i:i:i: /:: :: :: ::
            ∨:: :: :: :: :: ∧       /:: :: :: :: :: `ト----=≦    /::/:i:i:i: /:: :: :: :: :
            ∨:: :: :: :: :: ∧     /:: :: :: :: :: ::: :/:i:i:i:∧     /:: ′i:i:i,′:: :: :: ::
.             ∨:: :: :: :: :: ::ヽ   /:: :: :: :: :: :: :: ::/:i:i:i:i,' ::≧==≦:: :: ::|:i:i:i:i:i|:: :: :: :: :: :
              ∨:: :: :: :: :: :: :ヽ/:: :: :: :: :: :: :: :: ::/:i:i:i:i:,'_______,|:i:i:i:i |:: :: :: :: :: :
              ∨:: :: :: :: :: :: ::}\:: :: :: :: :: :: :: :|:Y^Y:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:Y^Y.!、:: :: ::\
.                ∨:: :: :: :: :: ::,′:: :: :: :: :: :: :: ::,:|人人!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: |人人|i\:: :: :: :
                \:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: _,,.、丶/└―┘i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: └―┘:i:i:≧≦:i
                 \:: :: :: :: :: :_、‐''゛     |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i



             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                             {_,l゙ .
       \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
        <                                              >
        <  浩二!!  浩二!!  浩二!!  浩二!!  浩二!!   >
        <                                          >
        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

421 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:29:50 ID:UbaNM0JY [181/337]

山本の引退は、偉大なチームリーダーと頼りになる強打者、その二つが一度に無くなる事を意味していた。
それだけに、高橋にのしかかる責任もより重大になるのも十分予想できた。

これからは貴重な長打を打てる選手として、3番に入れられる機会もより増えるだろう。
そうなったら期待に応えなければならない。クリーンナップの役割を果たし、自分がチームを牽引しなければならない。



            ア  /    ,ィ(:ヘ、   Ⅵi:ハ
            /  /   .ィ( V }ハ    マi:∧
           v( ,.:'    , :゚   ハ,-j―、  マ vi∧
           jィ(   .ィ(     "j/  V  ',  V∧   ァ-、    気を引き締めて、頑張らなきゃ……
          /   / jハ_     j,y芹茫ア .j  '/ハー―_,ノ
      ,.(  /     ,.:' i  !'´ V  i:/  ゞ^’イ イ/:}、V \、          _
.     j 1 (     〈i :: j ,x示  j' ,   .::::7イ jノ \  〕h、 _ _、rセ7ア ̄ `丶、
    八;ゝヘ.   .;入 :! {公ゞ^’j/     // :i  ヘ  、         ―ー< ヽ
     ア ァヘ    \:ヽ、 .::::::::   '`  {1ア i:   ヽ 、       ̄   ̄  ヽ j
     (  `" ア 、    j.....ミx、       ノ:{ : j!_、  丶、  _,,.、丶   ̄ ̄ ヽ iイ
    f\     ,/マ>‐<....../ ヾヘァzャ   ゝ_マ、.....≧s。 y マヘ           1 :}
    { ≧,.> ´  ゝ、........ノ  1 マ........\  /..\\'   ヽ )イ  ァ /{     _ :j
    人     _、    `ヽ、 ,/ ノ }~^≧ミx≦ミ、+'ヘヽ j  マ  ノー={ ー… _,.. - ノ
      >=ー        }i>/ア ', .j  >ミVミミー=、.\i   マ=イ   (_ノ    ヽ
     y(′    _,ノ    ハ :{  /'´ミミミミノ ゝミミミミミ)h、v=¬≧ゝ、_  _,.. -‐ 、
    ,         、丶`  } :iハ/ミミミ > ´     ` <ミミv..._、r=j    /´
    ,::     ァ'" ̄      j :l.1ミ / .Y"マ   -=マ"ぅ\ミ〈   .V  /'
    .:     /       // }ミ/    j`¨  、_、―、_,ヘ ヘ、ヽ  v{ {
   v    人      ('"  イハ   i ,,.> ´ / ー"¬=ー-‐⌒ ヽ、  ノ
   人 ゝミ、_  ~^ ' ̄ ̄ ̄ `ヽ/ 1   ア'   ,.イ-ー‐           }`¨¨vヽ、
    ゝ.._  _  _,,.、丶⌒ヽ ;j!  /   / `'¬宀  ¬=<   ,ノ  ノヽ Y



こうして決意を新たにして、高橋の1986年は更けていった。
そして日本一を逃した悔しさを晴らすべく、彼は翌1987年シーズンの開幕を張り切って迎え――――

422 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:30:15 ID:UbaNM0JY [182/337]





| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| ┌─────────────┐| | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| │――――られなかった。     .│| | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| └─────────────┘| | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
┌─────────────────────────────────────┐
│彼の野球人生を決定的に破綻させる、『あの』大事件が起こってしまったからである。   .│
└─────────────────────────────────────┘
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||
| || | || | || | || | || | ||| || | ||| || | || | || | || | || | ||| | || | || | || | ||| || | | || || || | || | || | || | || | ||| || | ||

423 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:32:39 ID:UbaNM0JY [183/337]

事件の元凶は、地元広島のテレビ局が主催するファン参加イベント『カープ激励の夕べ』だった。



∥ ∥ ∥━━━━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━━━━∥ ∥ ∥
∥\/∥            ┃             ┃                ∥\/∥
∥ ∥ ∥            ┗━━━━━━━━━┛                ∥ ∥ ∥
∥\/∥                     _,.、.-――       _,.、.-―-.、., ∥
       ,、-―-.、.,_             、-''´          、-''´       `'-.、,_
――-:‐''^´      `'-.、,_      _,.、-''´         ―--:‐''^ ´      ∥\/∥
∥ ∥ ∥          `'--:‐''^´                          ∥ ∥ ∥
∥\/∥_________________________∥\/∥
∥ ∥ ∥                                      ∥ ∥ ∥
∥\/∥                                      ∥\/∥
∥ ∥ ∥      .∧∧                ∧∧           ∥ ∥ ∥
∥\/∥       (´∀`) ∧∧  ∧,,∧  ∧∧ (・∀・)           ∥\/∥
∥ ∥ ∥      ((   )) (*゚ ー゚) .ミ,゚Д゚,ミ .(゚∀゚*) ((   ))         ∥ ∥ ∥
∥\/∥      ∪∪~( uu)  ミ uu ミ  (uu )~∪∪          ∥\/∥
∥ ∥ ∥                                      ∥ ∥ ∥
 \_/___________________________\_/
    /|                                       |\
   ./ .|                                       |  \
  ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧ \
 ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
  _∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧∧∧_∧∧_∧∧_∧



地元のファンが集結した会場のホールに、カープの選手と首脳陣がやって来て壇上に勢揃いし、
そこで各々がシーズンの抱負を語ったりしてファンとの親睦を深める。
毎年開幕前の恒例行事となっている、球団にとっては大切なイベントだった。

424 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:34:11 ID:UbaNM0JY [184/337]

チームとファンとの交流を目的とするこのイベントの開催の是非自体は、
猛練習の日々の中でも嫌がらずにファンへのサインも欠かさないほどファンを大切にする高橋にとっては全く文句はない。
問題なのは、イベントを行うその時期だった。



  _-_-_‐_              _-_\__人__人__/
    _-_-_‐_         _-_‐_‐_\ .          /
     _-_‐_‐_       _-_‐_‐_/     2    \_
      -_‐_‐_‐_      _-_‐_‐_ \             /
        ‐_-_‐_‐_  _-_-_-_-   }      日       {
        >-_‐_‐_‐_-_‐_‐<__/             ∨
      ∠二¨´ ̄   ̄`¨二ア.      前       ∨
.     ´             <                >
..   ./               /  \      !?    /
    ′  _.∠^i     .__/\  }              {
.  ./   .:7¨¨´|   . .:/`   ヽ \          /
.  ′   .:/   __|_  . . :/___   |  ∨ ⌒∨⌒ ∨
  /     .:|=≡〒´ . :/`〒≡=|       |  |
. 厶ィ  i|.| {{   }}人∨  {{   }}:|   |  |  |      何それ!? 馬鹿なの? 死ぬの?
.  .|/i八| 'ー‐''      'ー‐'' |   |  |  |
    || ∨             u |   |  |  |
    || 人     __{  。   |  八    .|
    |||个=‐─/  /- °┬‐┤/|   |  |
    ||¦||_,/_/___}   :|‐┐  |_ |  |
    ||¦¦¦{ __, } ∧/  / |  |/`
    ||¦¦'⌒ヽ.   } ∨⌒∧ |  |   |   |
    ||¦.:|{    〕 }\_,.∠   |  |__|   |
    |||.八   乂_,人T巾   |  |__ }  |



この年の開幕日が4月10日なのに対し、このイベントが開かれるのは2日前の8日。
つまり開幕ももう目の前で、選手が一番調整に気を遣う大事なその時期に、
ファンへのおもてなし等といった直接野球とは関係ない事柄に神経を使わさせられる、
そうした理不尽を彼は強いられる事になっていたのである。

425 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:36:09 ID:UbaNM0JY [185/337]

この開催時期を不満としていたのは高橋だけに限らず選手一同の総意でもあり、
実際に選手会長の北別府学を通して、球団に何度も日程変更の要求はされていた。



                        _____
                   ,.  ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.......、
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:.:.:∧
             /:.:.:.:ヽ:.:.:..:.:.:.:.:.:\:.:.:.\:.:\:ヽ:.:.:、:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
               |:.i:.,.へ:\`ミ三三_≧<`ヽ:.ヽ|:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|      この時期の我々はあなた方の想像以上に
                |:.|i:ト、ト、\`,≧≡¨ィてメァ二ヽ!:.:/_ハ|:.|:.:.:.|:.:.|:.:|:.|
                !イハ!ィ代_テ=f「 ´ ̄ ̄´ _ノノ ̄ jレレ7/小ヽ|:.:.|:.:|:.|      繊細なんです。
               f {_7^Y' ヾ==ニニ‐'     /イハ爪:リ:.:.|:.:.i:|
                `ラー彳              ノ)〃/:.:.:|:./リ      もっとふさわしい時期があるはず。
               /  /ヽー _              (  /:.:.:.:.:|:〈
.           /  ,. ヘ  ,. < .ノ          /ーく:.:.:.:.:.:.∧「`      日程変更、ご配慮いただけないでしょうか?
.         /   / -‐' ´ /ニ=-        /    V:.:.〃 ヽ
      /   /´  _,..-‐ヘ          /       V i|
.       /  /  /    ̄ ̄(_フ    ,. '         Ⅵ-、
      /  /  /   7 ̄ ̄.∧´ ,. <      / ̄ ̄_-‐ヘ
.     /  /  /   /       ̄ ヽ     // 二二―  ̄ヽ
    /  /     /            }  / //,. -────‐へ
.... /         /           レ' ///:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄`ヽ:.\
. /         /          /  ///:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\






              ,ィ      __,  -‐-   、__
             / {  /     ⌒/⌒      \
             乂 V      /   `、 `- 、  `、
              7 ´  /   /     i    `-、 ム   - -
              / /  /   i       i      \i /  -、`、
             / /  i    i       ト---、    Y/  ̄ _ ヾ
             {  i  i    ハ       i    ミ  / `、\  ` 、
            /i i   iー---升斗    ー-i------‐ミ〈 Yソ | \  i
          / i  i  i  ! ! i i !、    /i !     ミ {\ /  |  }/
        /   i  i  i斧苹苹卞`、  / i !斧苹苹Yミ / y 〉  |  /´
       ‐---゙´´i  ハ  iリ {℃妁j リ`、ノ  j/℃妁j} iミ -、 /  |         そう言われても、
            |/ | i  `泛少´   ´  `泛少´  ´) 〉、〈  `、
           /   リ( |       ´          ´ ノ Y/    `、      こっちにだって事情があるのよ……
          /    / |               イ ´\ /  i  |
         /   /   `、     _ _      / /  〈 〉  i  |      ヾ
       /   /    / ゝ    ´─‐`   / /  / ! y/\   \ _ //
     /__, -‐ノ    /     >     <  /  / !==!  \\ _   ノ
        /   / ̄ ‐- 、 〉 \    /ヘ/   / /  | __  \
      /    /二:二:二| /__,, -‐、\_/  {    {/ i  iル二` 、  \
     /  _,,.-‐^/二二二二|/ ー‐‐´つ_/`、  { i   { リ\|从二|    \
     i/ /〈~二二:二:二:/  ` ̄ ̄つ´`Y`、/|ハ   {  |二二二二|     `、
     /   /:二:二:二二/  ` ̄ つ、 ソ `、 \ {  |二二二二|`\   |
    /    /二二二二二/    |´`/ ` ´|   \  ヽ( |二二二二| \` 、/
   /    /二二二二二/    } /   | `\ \|  ヽ、二二二〉  \

                     【  松田元  】



しかし、球団は変更の要求に応じなかった。
応じないまま、時は流れてしまった。

426 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:36:40 ID:UbaNM0JY [186/337]

高橋は憤懣やるかたなかった。
元より彼は練習のみならず普段の生活も含めてより良いプレーが出来るよう人一倍神経を使った生活をしており、
少しでも満足できない事があると不安で仕方なくて思い悩む性分だった。
それだけに、開幕直前という最も野球に集中したい時期に、
例え一夜だけと言えどもこんなどうでもいい催しに貴重な時間と神経を浪費させられるのがもどかしくて仕方がなかった。



                    ⌒>ニニ≧ー≦ニニ> ⌒
              ,  ´、+''"゚~  ̄ ⌒ヽ"''*s `丶
             / /            `   `\\
            , . '゚      ,        :    \ ,
              / /    /  /     |   l  l    ヾ,
            j /    /\       |   |  l ./
          ル'    ∧ \     l|  ∧/     l
         /     .' ∨__  、   リ  ′∨ヘ :   |l
       / ィ     |l,zそ芋ミ、 :::::::::::::::: ,zそミ、 l:|    、       開幕戦はナイターなんだよ!?
         ⌒ | l     l i{ _):i刋 `::::::::::::::::: _):i刋 }i リ     i \
            | |l    、  乂ーク ::::::::::::::::::: 乂ーク /    | ⌒     だったらこの時期にはナイターに体を慣らすために、
            人,ト  \ \   ::::::::::::::::::::::::::::::  / _..ィ ∧!
           | \〉√⌒      ′    ⌒; ノ.ィ リ       夜間にも練習するのが当たり前なんじゃないの!?
              ,  |  | 、        '^      / |l |
          /   j|  |/ \     、 ノ       イ| l|: |
            /   |  |   /丶        . i  | │ |
        /:/  |  |/ / , -| ≧=-  ハ | |   | │ |l
         /   / |  | -‐.::/´      {::::.、 |   | |   |l
       /    . -=|  |:::::::::{         Y:::::. <| |l  |l
      /   . ´l:::::::|  |::::::::::.        l::::::::::::::| |:、  :|l
    /   〃   、::::|  |::::::::::::. ‐- 、  ,. -':::::::::::::::| |::ハ   、
  /    / l     \  |:::::::::::::::.、    /:::::::::::::::::| |' |l 、 \
/    /   l     |  |、:::::::::::::::\   /:::::::::::::::/l | ハ \ \



不満を持っているのが彼一人だけではないという事も、彼の怒りを増幅させる要素となっていた。
山本もいなくなり、これからは自分が新たなリーダーとしてチームをまとめていかなければならない。
そんな時に選手一同が持っている不満を座して放置しているなんて、そんなリーダーを誰が信じるものか。
高橋の心には使命感のようなものも燃え上がりつつあった。

427 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:37:42 ID:UbaNM0JY [187/337]

そしてイベント当日の8日午後2時過ぎ、球場での練習が終わった後のベンチ前で
ついに高橋の怒りが噴火した。



三三三三三三三三三|_______________|三三三
三三三三三三三三三 /l  |                   |  |i三三三三
三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
 ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
         _,,. -=- .,,_

                                     _,,..、 -
                             _,,..、 - ‐ '''' "´
                    _,,..、 - ‐ '''' "´
_     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
./ = /    /
   /    /
_,/ ̄




   \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
   <                                  >
   <      一体どうなっているんですか!!?      >
   <                                  >
   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

428 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:38:10 ID:UbaNM0JY [188/337]

練習を視察に来ていた球団フロント幹部達の姿を捉えた高橋は、彼らに迫り、そして問い詰めた。
自身でも乱暴なものだったという自覚のある、かなり強い口調での抗議だった。



     .\//////////////////八 |ニニ> 、ニニ./////三三三三三ハ
        \////////////<////ヽニニニニ\./////.==========.ゞ'
          ≧=‐---‐=≦   \///\ニニニニ/////ニニニニニニ/ニニ|
                      \///\rzイ///、\ニニニニ ̄ニリ
                    /≧=-Vソ≠ミ、 \ニ.ィ=ミ(ニ/
                      //´ /       \ .∨-=≦}
                       /   l{     }  l| ヽ Vニニl|
                   / { { ハ     l|ヽ l}   V⌒}=|      何度も日程を変えてくれって私達言いましたよね?
                    ./ { | |V`ヾV::::::::::::/}/    }ーイ=|
                   フ八 |人rz≠z、::::::::ィ≠zァ/ .个 V}       どうして開幕前の一番大事な時にやるんですか!?
                  7ハ人ハ {乂リ::::):::::::Vリ}/ }/八 {=|
                      ハ { ∧    ` -.、  人!.    V       選手みんなこの時期は神経とがらせてるんですよ!?
                   /   }个 .、 (: :_:ノイ: { {_    ∧
                      /   <| }: : :l{ 千 /: :| |: : >   ∧
                   /  Y | |: : 八  ./: : :l |/ }   ∧
                  /    r{  .}リ\: :ハ /: :/l |   ハ  .∧
                 /   /}ハ / {ゞ>≠≦イ .| |  .ヽ     \
           /   /  リ_У  |○./水ヽ ○| |   ハニ\     \
          /   /   〃ー=≦} {:::{ }::》 ハ {ー=アニニリ\    \




       .| \           ,  i
       .,   `  、         /   |
       /       >―=‐-く     」
       u                  ヽ
          -‐        ‐-            お、落ち着いてくれ慶彦
    |            ___       |
         u    /    「  u            今さら言っても仕方ないじゃないか……
              /   _/      /
     ヽ、     「‐=‐ヽ  u
       >‐-   __   イ

429 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:38:36 ID:UbaNM0JY [189/337]

                                                     /\___/\
                                                   / /    ヽ ::: \
                                                   | (●), 、(●)、 |
                            来年からは必ず考慮する。       |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
                                                   |   ,;‐=‐ヽ .u.:::::|
                だからどうか、それで矛を収めてくれないか……      \  `ニニ´  .:::/
                                                   /`ー‐--‐‐―´´\
                                                 .n:n    nn
                                                nf|||    | | |^!n
                                                f|.| | ∩  ∩|..| |.|
                                                |: ::  ! }  {! ::: :|
                                                ヽ  ,イ   ヽ  :イ  



                  \ニ=-__       _ノニ/
                   \ニ=-   _-=ニ=-/
                  __\=}!__/ニニニ=-
                  .  ´_-=ニ乂}ニ}ニ=- ´
           /  /''"´  /   `ヽ
          /  /'  / / イ    }! \
            /  /  , イ ./( i  }! ハ   \
.           /  /   / ,ィ^斧ミ:::::::::::::ノ }!⌒
          / 八 i{ル i{: ゝ ヒッ:::::::/x=ミ }!       ちょっとは私達の気持ちを考えてくださいよ!
.         / /人 i!从i{   ::::::::::::::(ツノ} 八
        / /   `i!  |  ..:^´ ̄`ヽ    /        もう開幕なんですよ!? そのこと分かってるんですか!!?
      / /  /.八  ! (: : : : : : : ノ   ノ{
   ./_//´ ̄`ヽハ ;   ー‐ ´  . イ :
,,.. イ///      V..  イ...> ''" 八 i
 ///{           }....V//   ;     |
///人 {   ハ     :\〉' /   イハ   |
{/〈/ ∧ ゝ-  ∧    :i/:}人:.ー‐‐'}     :
乂∧/ノ     f´ ̄....V/:::}........._}\   |
           {............ノ /:::}  ̄/  }  ,



高橋は何も恐れてなかった。
自己主張というものは相手にはっきりと言い分を伝えてこそ初めて成り立つものであり、
しっぺ返しを覚悟の上で行動しなければ自己主張など出来ない、それが彼の信じるポリシーだった。
チームリーダーとして選手全員の思いを背負っているという使命感にも背中を押され、高橋の口は止まらなかった。

430 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:38:58 ID:UbaNM0JY [190/337]

┌─────────────────────────┐
│だが、高橋の頭には致命的に欠けている観点があった。  .│
└─────────────────────────┘



─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


                                            .   i ! .
                                        . :    ,ノ キ、 : .
                          -----‐=========´,.  , ==
                   :::::::::::::::::::::::、                 ,./  !|l´. :
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                 ,.r'.::1   i l|
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ,.r'´:::::::;!  i |l
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ,r.'´:::::::::::::i   l' l|
               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ,.-'´::::::::::::::::;r'゙  ,' |l
                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ,.r'´::::::::::::::::::::::::i   /  ll
               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ,.-'´:::::::::::::::::::::::;:- '゙   /   .ll
            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ,.-'´:::::::::::::::::::::::::::::/     /   l!
             :::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;l !;;;;;;;ヽ,.-'´:::::::::::::::::::::::::::::;:- '   , '    l
            ,}'´   ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;l,l;;;;:-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::;f´    , '       !
            /    /';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-'´::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;ノ    ,:'
          /    ,i゙ ;;;;;;;;;;;;;;:-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::;f´       /
         /     ! ;;;;;;;;;-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::;:- '゙       /
         /    ./. ;:-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;ノ      ,. '´
        ,/     ./-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ´      , '´
        ,ノ    ,r:'´:::::::::::::::::::::::::::::::;ノ ̄     , -'´
     ,/    ,r'´|:::::::::::::::::::::::::r'⌒´     ,. ‐;´l
     /  、   !  |:::::::::::;rー- '´       , -'´;;;;;;;i !
   ,/ 、  i,  ヽ__|rー- '      ,. -'´::::`::::ー:、! .l
   入 、 ヽ l、   ,|        ,. - '´::::::::::::::::::::::::::l l
 r'´ ヽヽ ヽ 'ーy-.' |   ,. - '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l
 l  , -ヽゝ-`i'´  ::::'‐ ' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l , l
 `'''´      l  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::K,ノ


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────



┌───────────────────────────────────────────┐
│それがどんなに正しい言葉でも、時と場合、                                    .│
│                                                              ..│
│そしてそれを言う人間への信用が失われていると相手が受け入れてくれるとは限らないという事。    .│
│                                                              ..│
│そして、それが備わってないと時に“正しさ”は人を裁く“凶器”にしかならないという事。           .│
└───────────────────────────────────────────┘

431 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:39:25 ID:UbaNM0JY [191/337]
┌────────────────────────────────────────┐
│開幕目前の大切な調整の時間を、プレーとは全く関係の無い事柄に割かせて消耗させる。  ......│
│                                                           .│
│それは確かに、選手心理を軽視している球団の落ち度と言えるかもしれない。            .│
└────────────────────────────────────────┘


┌────────────────────────────────────────────┐
│だが、冷静になって考えてみてほしい。                                        ..│
│                                                                │
│それをイベント開催まであとたった数時間、今更中止も現実的に不可能な段階で指摘してどうなる?     │
│                                                                │
│このタイミングで不満を並べ立てたところで、相手に何が出来たというのだろうか?              .│
└────────────────────────────────────────────┘



─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


                       Vニニ∧       /ニニニニノ
                        Vニニ∧     . イニニニ/                  }
ィ彡三ミヽ                   、ニニ∧, 、_/ニニニニ/                  ノ´   ィミ三ミヽ
彡'⌒ヾミヽ__                  ` <ニ{/〈ニニ- <                  ー´   彡ッ⌒'ミ_
     ヾ、.                  /、+7⌒了⌒ ´"''+s、 `丶                   ィッ
  _    `ー―            ≠'`  /  │  : 丶 \ 、 \             '―ー´    _
彡三ミミヽ                 /'´   /     !    :    \ 、                   ,ィミミ三ミ_
彡'    ヾ、     _ノ .  .       /    イ          l  :     ヾ,  :          、_    、ッ    'ミ_
      `ー '            /  l / |         ∧ │    ', l              ' ー´
 ,ィ彡三ニミヽ  __.ノ        ,    | '   .    :     ', ハ     , |l          、__  ,彡ニ三ミミ,
彡'                  ノ   |l -─\  l  / ̄レ^' l    乂l              ̄´     ヾミ_
      _   __ ノ    /.イ   {   - 、\ 、/     |      トミ        、 __  _
   ,ィ彡'            ⌒ | │ | f'斧ミ :::::::::::::::: 斧芋フ.'  ノ , │「             ̄  'ミヽ
ミ三彡'                | 人 lヽ 乂rj ::::::::::::::::: 乂rj / イ / レ |       ⌒\        'ミ_三ミ
       ィニニ=- '         |{ l|\,∧  ::::::: , ::::::::::   ⌒ ル' │  |          ' -=ニニヽ
    ,ィ彡'                | |  |:.            .イ  |l                 ヾ、'ミミ
   //        /         | |  | 丶    ー ‐    / :|  l|l   |l        \        ミヽ
 彡'       __,ノ          | 人 |  l >       イ |  |  |l     ||l         ヽ,__       'ミ_
      /               |   ヽl  |l  l小 ̄     |_ |  |    ||l             \
            ノ         ;   _j|..-─...::フj       V^|  |     ||l        、
      ィニ=-- '"    .        / , ‐l:::|l:::::::::::::{´      /:|  |::..‐- _ ||l        ゛' --=ニヽ
    /     /         / /  |::::|l::::::::::::|      /:::|  |::::::::::: 癶 l|l、       \     \
   ノ     _/     .      /  ′  .::::l|:::::::::::l ヽ , -‐/:::::|  |:::::::/     |l \      \_     ヽ
      /            /  l    >」l::::::::::l     /:::::::|  |::/     i | 、 \        \


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────



┌────────────────────────────┐
│高橋は果たして、その事をどのように認識していたのだろうか?  .│
└────────────────────────────┘

432 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:39:50 ID:UbaNM0JY [192/337]

間もなく、高橋とフロント幹部との不穏な空気は周囲にも伝わっていった。
球場に散らばっていた報道陣が、何事かとぞろぞろ集まってくる。



      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                     ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                    `ー――'′ し∪  (ノ

                                 r―==二 ̄`ヽ
                                  >‐-_'´ u V:::::|
          r―-―== 、               , ' r-- 、   }:::::|
          アー-'^⌒}:::::!                (  '    }  「r、:::|
         /    u  〉:::|                > i}  リ  |ヒ}}: |
         ヽ ==ヘ  /-、::!    _  __       / ー--'   |ン::: |
 _ rァ__   / i   }} |ヒ}!::|   > ^´  ヽ    ∠__r=_`-イ丁ヽ.|ヽ:::::|
>::::^':::::::::'. /  ==彡  |ン::::|   イ/⌒く  |   、---ヾエヱ二」 ! \|r
そ:/ヽ:::::_::! `1工エエハ ./\:: 「`ヽ  .> i う ヒ}l    <r 、V^ー ´`ー '_| //
 ハ。=Y{.)|   _}-r‐://   ヽ\リ <_r-┬!ト、|_  ∠≦リ::}  , イ //.....
  <.`_^、/く:|  Lー-イ/  //:.:.:.\  f=' j | ヽー-<j /イ   \//..........
  〉-- / /\ (_,イ /:.:./:.: |`Y´|\イ-、 l |   /`ヽ#\  /...................
  ヽ__//   \    ( \:.:.:.| | |:.::__| | K´   l   \#Y=―- 、.........
\   }-― 、  \r──  `'┴┴r!(___  _ア´ ̄`ヽ{     }/.................ヽ....
:.:.:.\/    }    }`ー―― 、  、‐':.:.:.:.:.}   , <`ヽ '._/   /............................
:.:.:.:.:.:V  __/    :.Y´ ̄ ̄ ̄   >:.:/:./   /\   } } ◯./..◯...................../
:.:.:.:.:.:.:Vノ.   ̄`Y:.:.| ( ̄ ̄ ̄ ̄:.:/:.:/  .|:.:.:.:.> / /  .}............................/
:.:.:.:.:.:.:.:.', \. ヽ_人.人   ̄ ̄ ̄ ̄):.:(__,.ィ__j:.:/(__/  ,イ.............../....../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.'. ヽ_VL イ:.:.:.:.: ̄「 ̄「 ̄:.:.:.ヽ:.:.:.:.:./  |:.\/ j--―..´........../
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V"´   ヽー--}ヽ \:.:.:.:.:.:.\/    j:.:.:.:\/........................./












そして――――この男、オーナー代行の松田元も気づかないはずがなかった。



               / {     /                    \  //
              .'  ゝ-─‐ア       /          ヽ   _  ヽ//-──- 、
              {    /        l           |ィ、、__    {‐< ̄ ̄`丶 ヽ
               ̄ ̄ / /    /   ,|           |  ^Z_ /乂   ヽ     \}
                  /     /   /´|    }     |    } // マヽ }
               / /       /  |   '      |    Y//   {  ヽ
              /-‐'7      | ~'─‐''¨¨ /   `ー~─-  Y'     ト、  }
                 i|       | /  _‐-、 /      /-‐__     }′   ', {\|ヽ     …………!!
                 i|  |    | ,ィア~rミヽ/    /'^ rミ `ヽr_ }      ',{   }
                /|  |    |人  ヒソ /   / {l   ヒソ  人 /7    | 乂_ノ
                 /   |i   |     ̄/  /{\ ', ` ̄    /く}    |  {  )、          _ - ノ
                 ', j{   {    /ノ/  |   ̄       厶 ノ   |__ ゝ‐' _>──'''´  /
             /   ∨ ',  {、    ̄            //     |/   r‐ヘ       /
            /    __/ 丶 |::.         _ _      /   /    /|   {ニニト、 - ´
             ´     /     |ヽ', \    ´─‐`     ィ   /     { iト、  \=_} \
_     _ -‐ ´     _/       {{ ヾ V>        < ,'         | i|ニ\ー─ノ
\  ̄ ̄      _、rf〔ニ{         {{    ∨   > _ < 、 /  /        V|ニニ/ニニ}    ヽ
  ` ー--   _/{ニニニ       {{      〉' / 乂ハ_ハ乂 \ ,ィ         Vニ/ニニ/      }
         {ニニ',ニニニ       {{     ./ '    ̄  -=彡'く7            Vニニニ}l    }
       /{ニニ',ニニニ      {{  /     |   |    Y l        |\\ニニ=/{_
       rニニニ',ニニニ      {{ /      |   |     .'        |  | ̄ニ/ニニl   /
     / }ニニニニ',ニニニ     {/   /             | l         |  |ニ/ニニ|  /
       ,'ニニニニ=',ニニニ   〈   /                | 八       '   }ニニニニニv'
   /  /ニニニニニ',ニニニ     \/              | | ハ  |  /   ノニニニニニ\

433 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:40:44 ID:UbaNM0JY [193/337]

┌───────────────────────────────┐
│騒ぎを聞き、松田の胸に飛来した思いは何だったか。             .│
│                                            ....│
│どうにもならぬ“正しさ”で、容赦なく全身をえぐられた事への痛みか。  ......│
└───────────────────────────────┘



─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


      f^ヽ         /',
      |:.:.:. ヽ     /  !
      |:.:.:.:.:.:.ゝ-─-<    |
     /:.:.:.:.:.:.:.:..      u  ',
     ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:        ,
     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:    ‐-  ,
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:      l
      ';.:.:.:.:u.:.:.:.:.:.:.:.: -―  /-──- 、
     ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.::.:     /       ヽ
     /:.:゙"''':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...  /       ノ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |       /



    / \____/ ヽ
  / U         \
 / _,,.ノ゙'  ~\,_   U  .ヽ
 |U~       ~''' ::: ::::::|
 | 、_(O )_,:  _(O )_,    ::::::|
 |   ::<          :: :::::|
 ヽ  /( [三] )ヽ  U  :::::::::|
  ヽ        :::;;;:::::::/








         _,./ /r‐、//∧//|i////////////∧
      /_/ /'´ ////∧/l{/////////彡//ハ
       / 〈/  //  /´   `丶、Ⅵ- '´ ̄   ∨// !
       !  !  ,イ  /       `´  __ (⌒ヽ ∨`ヽ
      {l /    イ       l    {  ヽ\ \ハ、 \
     l ,  ,     !          !  , 丶  ヽ \  ヽ}   }
     | i i    {  ̄`ヽ、   、  /  ∨ ∧  }  l|  |
     | l l    |  < ̄。ヽ、_ (⌒ヽ,.ィ 。∨ ∧ |i  i!   {
     | ; ;    }    ` ̄´イ \ \`¨ ∨ ´      ヽ、
 ,-、 ,、/      /      /   \ `ー '  ヽ  `    ∨}
´: : :\ \.    /     / { `   ´`ヽ、       li  「! }/
: : : : : :\ \_,/∧` 〃イ///> - <//∧     l!   |!  |l ;'
: : : : : : : :\ >////∨//////=-- ‐ -=///∧    !   |! /' {
: : : : : : : : : :〉/////////´, - ―――- 、\!   |   !   ,'



─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────



┌───────────────────────────────────────┐
│それとも、これまで高橋がチーム内で積み重ねてきた“減らず口”という名の業の深さか。    .│
└───────────────────────────────────────┘

434 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:41:45 ID:UbaNM0JY [194/337]

松田の頭にどうしようもなく血が昇っていき、彼は我を忘れた。

松田は高橋に向き直ると、血相を変えてヒステリックに叫んでいた。








__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



/' |             /  V  / /      \/_         }//
  |         _ -──'''"  /        /    ̄ ̄`ヽ   }/         |
  | |           / _,ィzz≦ ̄/       / ̄_,ィzzzミ、_    }         |
  | |          ' ィア´  rn 寸         / ィ7 rn   寸、  '⌒ヽ      |
  | |         丶{l′   ヒリ /       /:::::::::::  ヒリ   }r‐¨ '/ヽ',    |     ――――前から決まっていることでしょ!?
  | |、      | / ヾ  __ /      /  ',::::::::::: 、_ _ ^ソ  ,⌒i  |    |
  | |‘,      |,'    ::::::://  / \  ',:::::::::::::::       ) ノ
  从 |  ,     |     ::::// /::::::: |::::::::::::::::::::::::::::       厶'  ノ     |    そんなに嫌だったら、
. / | |  ,    ',      //::::::::::::: i|::::::::::::::::::::::::::::    /   /      |
/  ||   ,   ',           __            /、_ィ        |    貴方は出てこなきゃいいだけじゃないの!!
    |      ,              /   ヽ           /              |
        -─丶  ',丶         /      ヽ          '               |
     ノニニニ \ ', \     {v ⌒^⌒ v}      /      |       |
  _ -=ニニニニ   \l  丶       ー─‐'      /     /|           |
=ニニニニニニニ   \    >            イニ\    / |         |
ニニニニニニニニ       /ニニ>     <ニニニヽ    / |        |



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

435 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:42:20 ID:UbaNM0JY [195/337]

場が凍り付いた。



     _,,.. r=i              r--==
    ´     .|              }    |   /\
   ヽ_,.. r≦、   , 、         | ,.  ´ ./   /  __
     ,.. r≦ i! /    ,. r== 、   ´   /   ,  /  | 「」 ハ
     i!  /./  , ,イ      `=   /   ,    ` ´   .`´
     ` .´/   ,   \,. ≦≧s。__} ./    ,イ
     /   ,            .、    ,.イ
     、    /              ヽ ./
     \  /
       `



                    /              / ////
                   //               ///////
                     ///                 〈//////
               ////           ,ィ7y--イ/////
              /////           ///////////
            //////           ////////////
              ///////              ///////////
            ./////f´                //////// /
          //////し           ////////
          ///////ハ            ////////
          {///ヽ.//∧          ////////
            \///\/∧        ///////
            \///\∧ _____  //////
              <////ハ/_レ三∠//77ヽ
                 /ァシ"´           ヾ\\
              // /       、    \ \ヽ
             /   /         ‘,ヽ   \ \ヽ
            /    l            ', \     ハ
          ____ノ    八            ', _メ ト     ハ
        \  /   / 丶\.       r=イ≦_Vヽ、   ',\
          {  l  l   -ミヽ  \  l,xzzzzs,_i     トミ=
          l  |  ! ,xr≠二  \    / r≠、ヾハ.    | ハ
             /   l  ト. I{ f:;;心.........ヽ /: ヒィ:り / /  ∧ト ハ
         //l .ハ lハ. ヽ_弋ソ:::::::::::::l/:::::::`¨:::::::::/ /′    ',     …………
               |/ ト、;ハ::::::::::::::::  ′    :: :: ::// ∧      ',
                l  ;ハ:: :: ::           / ./:: ヽ       ',
                / /l込       ⌒      /l /: :: :: \      ,
            / .//:: ::> 。        イ__/ /、: :: :: :: \     \
             / //:: :: :: :: ::/ハ> --<   l:::I ∧ \: :: :: :: ::\     \



しかし高橋という男は、それでも止まらなかった。
怒りで燃えたぎる刃をむき出しにしてぎらつかせながら、その場にただ屹立していた。

そして――――

436 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:42:46 ID:UbaNM0JY [196/337]

――――妖刀は、一閃した。







          _____
    _ -ニニニニニ-
_ -ニニニニニニニニニ\
ニニニニニニ> ⌒\ニニ\        _____
ニニニニ> ´      \ニニ\ ---. -=ニニニニニ- _
ニニ-           . \ニニヽ/ニニニニニニニニニ-
-/          / _,.、、-ヽ〃イニニ> ⌒ ̄丶\ニニニニ丶
´          .、+'''"゚~~~⌒乂ニ≦ニニ- _ \  \ \ニニニニ\
          、`  / /      ̄l⌒丶ニ\ 丶  ヽ \ニニニニ
         /   '         |  ヽ\ニヽ     ,  \ニニニ
.        /     /          l       \ヘ     ′   \ニニ
       /     イ          '    i    V,   l     丶
.      /   /' /:|       /    |    ':   |
     /   / l/ l        イ :     |     l   i|
    ノ イ  :「⌒ ー:,     / :l ハ    |     |   l|
    '⌒∧   |l「抃、 :\ l/、__ V l  : l    |   |
        、 、 いハ ::::::{::::::: __ ̄ | ,      : |   |
        \〉、` ┘::::::::::::::::卞拆┐/ /     | l   |         だったら出ません!!!
          iヘ   :::,:::::::::::::: 弋rク '/ イ    l\、  |l
          |  、         /´/   .イ {     :l
          | //\ (\       .イ  /:l \、 、
        ノ /   l丶 ┘_、< --=彡゚::::l 、   \  \
       /、    l / /:::::/}__/  /::::::::::l \    \  \
    ,勹<,__\   / /:::/> ´  /::::::::::::::l   \   `   \
    l/ ___  }  / /、+ ´  _ ..イ::::::::::::::::::::::l     \      ヽ
    厂 ___  | ,/ . -=≦ニニ==-----=ミ::}     丶
   /√ __   レ /ィ´     {         Y         ,
 /  ] ハ   / 〃ニ/ (__)    ', ;       ;           ′ i
    ⌒7   {  lニ/       V     /          }l  |l

577 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:35:58 ID:UbaNM0JY [337/337]

そして急展開に戸惑う周囲を尻目に彼はさっさとベンチ裏に消え、
やがてグラウンドに戻ってきたと思ったら阿南監督に「ファームに落として下さい」と言い捨ててまた引っ込み――――



                  (
              ´ ̄ ⌒Y⌒ ̄ ̄`
          /   /⌒   ⌒\    \
        --/                    x-- 、
      〃{ /  /  /  /           \  ヾ ハ
       {i ∨   /  /  /   l   八   ヽ  ヽ ∨ }
     _ゝ /   /  /  /ハ    |  /} l \  |  l  ∨ノ_
    /  ,′   // l {l l∧   | // ノノ八ハ |  |  〈  \
    \    {  | l/⌒ヽ∧ j/l l l /⌒ヽ}ノ  }  | /
      ヽ|  {ハ |〈     l l Yl l l l      }| ハj  l |/     えっ、ちょっ、何言ってんの慶彦君……
      | l   Ⅵ 、    l l l l l l l     ノノⅣ    l |
      | l   {ハ  ^冖'^        ^冖^´  }ハ     l |
      | l   |ハ               ハ}   l |
      |八  八人     「 ̄ |     イ 八  八|
        \(  \> 、  、 _ノ   < /  )/
          \{ハノハ 〕トー‐ セ〔ハノイノノ}/
             ...:<{      }>:...
         ..:<:::::::::::::::∧  __  /::::::::::::::::> 、
        { \\::::::::::::::∨::::::::∨::::::::::::// }

438 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:43:38 ID:UbaNM0JY [198/337]

ロッカールームにあったユニフォームやスパイク等の野球用具を全部まとめて自分の車に積み込み、
終いには自分のロッカーの名札まで剥がして、そのまま球場を後にして帰ってしまった。
勿論、イベントには出席しなかった。



                         |   lロ lロ   _          i  l| ̄i!
                  l|__i!_l|i_   i|_i| l|i_l     _|l_i|!  |l_|!
                   i|l___  |l  il__   _|i    i|__   _l|!
                       ̄ ̄l|!  i|    ̄フ'  l! ̄      ̄フ  |i
                      /'  /'    く/i__l|        / イ  l|!
                     / /       ̄_    く_/ |l_|!
                        ̄         i|_|l l|!_l_
                             il__   _|i
                                  ̄フ'  |i ̄  i| ̄i|
                                く/i__l|    l|_l!  /^7'
                                            / /
                                           <_/
                          ,.ィ''''===ニ二'、''' ―-- ...,,,__
                         /          `゙/T~~~''''''ーテミ;-、_
                      r'フ".           ,;" !     ;!!  `ヾ:;.、`~゙゙''''',-、
               _,,,,.. . ----;;'ニ―- ..,,,_          /;,.......!    _/;!,... --‐' \'''r-''"
        ,,... -‐ ''''""~   ,. - '"   ~”゙゙`  ~` ''ー- ,,,,/ ,二二! ''' "~         `丶、
      /::;!  ,.  '"       _ ,.  - ‐         :;         "~      ,.r'"   L
      ,ト''         ,r-、、'"               :;            ,.:' /:;r=ミ:、  ,..)
     r'" :;、_        i'::::::,!:!       _,,.-=ミ:;,、    ;            ,!  ;':;' ; ! !!レ"''
    〉ミ:;.、 ミ'ー-.、_   ゞン,:'     ,.ィ",,.-=ミ ヽ ;     !       __,,... -―- -|::|l ,ノノ,リ
    ヾミ:、 ミ:;- 、 、_`"''二 ー'''",,. :/:;;;'"  ヾト,il! !   ,,.. . - ‐ ';'"~.-‐''''" ̄~~`'ミ:;ヾ彡ン
    |  |`ヽ.、_  {二二!三三 ;: ::;/:;:;il    ,!; ,l| | ''",.~-‐ ''"´           `''''"
     `ヾ、!   |~`''''''ー―'''''''''''":; ,'::;:;:;:il、   _,.クノ:リ-'"
        ~`'ートミ  ,....................; /ゞ;:;:;:;:ヾ、,.彡':;ノ
             ̄~~~~"""~~´  `ー---‐''"



高橋はどうしても納得できなかった。
自分はただ選手全員の思いを代弁しただけなのに、何故あんな風に感情的に怒鳴られなければならないのか。
選手は何も口に出してはいけないのか。

彼には分からなかった。自分の何が悪いのかを、心から本気で理解できなかった。

439 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:44:03 ID:UbaNM0JY [199/337]

翌日、高橋は今後の彼の処遇について協議するために、球団に呼び出された。
協議の場に同席した阿南監督は、高橋の心を溶かすべく、心から彼の事を想って説得をした。



          , })  ¨¨ヽ…  "¨゙  .
        ノ       ヽ       \
.      /                 _  ヽ
    /            '.  V´ {   ハ
◯ //{ ′ ∧           .  {  乂__/ }  '.
   {j {i i | / \| .| |.      |__\ / ノ=彡7
    . { | |   \ト、.       |_彡⌒t‐く ̄ /
    ヽ{\|     .|   i   |       `  |      ダメだよぉ! こんなことで汚点を残して野球人生を棒に振っちゃ!
   o   :} ==r_う|   i   ;             :
      r′.: : .  |   i.   ′         ヽ     ユニフォームを着た慶彦君が本当の姿って、私知ってるもん!!
      '.      |   i  /            }
  ◯   V⌒ヽ  |   i. ∧            {_
       \  '.  | ,.  i/ ハ ト、   /   | /⌒
         \ノ. _j/i} ./}/  }/>ヘ.j//}ハソV
               ヽ ///////7 ヽ.
      r 、 _r‐く .  rz/ / ̄ ̄`ヽ//∧
     r‐'  ヽヘ.r‐ ヽ  ///    ヽ ∨/∧
     {     }.し' }  レ' |       } .∨/∧
     {     iコ`  )^V ノ ____ _/   ;  ∨/∧
     \  /i⌒y'.  }/_         /   ∨//77
.      /  ∨  { ̄ `ヽ   /-‐   ∨//
      /    |\ ノ─ 、  \/       `¨






              ,.  ´ ̄ ̄`Y´ ̄ ` .
        -‐- 、 /: : : : : x-=: : : : : ‐=ミ. : : :\〃⌒ヽ`ヽ
     /:. ///:. :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ\/}:}: : Y
.    l:.:. l:.:./:.: /    . . . . .: : : : ヽ. : : : : : : : :.:.V//: : :ノ
.    人:. ∨: :/: : :.:.:./: : :./ : : : : : : : ト、: : : : : :\:.∨  く
  /: :. :.y′//:./′/l: : : : : : : ハ: :! ヽ..:|: : : : :ヽマ´、: :\
..〈/: : : :./:.:.〃: :./  lX   |: : :. :.:.:./ : :!  j∧: |: : :.:.l !: : ヽ: :.〉
  \/! l: : :{:|:.:./ U  .\ハト、: : :/  ! ノ /  V: | ト、!:|: : : :lV    まずは球団の人にちゃんと謝ろう? 私も一緒に謝るから!
   └|: : : :∨  ,ィf孑丐ミー j/ ,斗,ィf 丐ミx、 V:.:|:.:.:.|`ー'′
.    /|: : : :.lハ  {{ {ト、.j::ハ        ん..:/ハ }}│:.!:.:.:.|        そして開幕戦にも出ようよ!
    / !: : : :抓  弋い.ソ      V辷ン '′レv: : :.|
.      | |: : :ト.ハ ,,,,,,,,,      '      ,,,,,,,,, ∧!: : : :|        ファンも慶彦君の元気な姿、楽しみに待ってるんだよ!!
   レ! ∧!: : :|: ::: .''''''''           ''''''''' /イ: : : :.:ト、
.    レ,j∧:.:.:.ト、vヘ     , ─‐ 、    u,イ : ||!: : / ト、!
       }ヘ.:.:|/::::::::::...             . イ/j/ l:.:/j/
        人! .、:::::::::::::::`__   _  __<._/ :::..ヘj/
      /  \\:::::::::::ハ .x-‐-x /::::::::::::://⌒ヽ
         v‐く二)__i. V´  ̄ `〉r‐~<./
      l /  .{  } i l`ヽV///`Y^i⌒i⌒Y´    │
.      」/  八        ィ V:('  ' '  ' .ノ      |
     |  x-─y>r─ '´. |>┬!> --- イ      │



しかしそれでも、阿南の説得は高橋の心には届かなかった。
彼は一夜が明けたこの期に及んでも、まだ気持ちの整理をつけられていなかった。
高橋は球団への謝罪も開幕戦出場も、両方する意思を見せないままだった。

440 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:44:28 ID:UbaNM0JY [200/337]

協議の後、事態を重く見た球団は高橋に1軍登録抹消と2週間の謹慎処分を下した。
謹慎期間中は2軍戦の出場も球団施設の使用も認められないという、厳しい内容も含まれていた。

翌日、球団施設の使用を禁じられた高橋はスポーツジムで1時間半ほど汗を流すくらいしか出来なかった。
本来なら出るはずだった開幕戦は、自宅のテレビで観戦した。



            \\====||===/===========================//
             //                              \\
             | |  ついに皆さんお待ちかね、球春到来!!  | |
             \\                               //
            //======================||=============\\



                        ///〉
                        /////
                       //////       _
                    〈//////       ,ィ7///
                     V///{     ////
                    V//{    ////
                   V/{  />''"
                      _V{/く
                ,.ィ7>''"´⌒``丶
                  /{/         \
               / {  、_イ  、_,  \
                  / ./|   /  |   ハハ   「
               /  | |/| ┬‐┬  /‐┬|   |      …………
               ,   | |/弋_,ノ ,:代_,ノ {ハ /
               |  |   }/      川/
           ′  |  |    _  ./ {
               /,  ト       イ | `、
           |    /,  '/  `¨〔´ ∧ ∨ `、
           | |  | /,   ',\ヽ´「\ ∧ ∨ `、
           | | !./,   i\\ | / >}, ∨  \
           | !  Y'7,  |  \Y_/', `、 ヾ、   \
           !   |/ }  | o   o ′ ヽ }     \
               , \/ / /       V   }/      ヽ
            , / j/   o   o  V (0)       |
                ∨                } (ー^ー)       |

441 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:44:52 ID:UbaNM0JY [201/337]





                        ///〉
                        /////
                       //////       _
                    〈//////       ,ィ7///
                     V///{     ////
                    V//{    ////
                   V/{  />''"
                      _V{/く
                ,.ィ7>''"´⌒``丶
                  /{/         \
               / {  、_イ  、_,  \
                  / ./|   /  |   ハハ   「
               /  | |/| ┬‐┬  /‐┬|   |      私何でこんなことしてんのかな……
               ,   | |/弋_,ノ ,:代_,ノ {ハ /
               |  |   }/      川/
           ′  |  |    ∠ヽ   / {
               /,  ト       イ | `、
           |    /,  '/  `¨〔´ ∧ ∨ `、
           | |  | /,   ',\ヽ´「\ ∧ ∨ `、
           | | !./,   i\\ | / >}, ∨  \
           | !  Y'7,  |  \Y_/', `、 ヾ、   \
           !   |/ }  | o   o ′ ヽ }     \
               , \/ / /       V   }/      ヽ
            , / j/   o   o  V (0)       |
                ∨                } (ー^ー)       |



いるはずの場所に自分がいないという現実が、何だか不思議だった。
例えようもないむなしさが、妙に心に響いていた。

442 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:45:17 ID:UbaNM0JY [202/337]

試合に出られず練習にも参加できない、そんな現実を体感してようやく高橋も自分を見つめ直す気になれてきた。
このままでは事態も好転しないし、何より他の選手にまで迷惑が掛かってしまう。



、       |l!    ,/ i|!  l| i|   ,/ \       ./                     /
..ヽ     !|!    ,/ l|   i! l!  ,/    `''-、   ./、                     /
  .l   . |!    ,!' l|   l/l!  ,i'        ヽ.  ,!.!                ,/゛                __
  .l   . !l    i! .l!   l! l!  i!       `'、 !│             _..-′        _,,.. -‐''"゛
   .l   |!    l!/l|   | l!  i!          `{ .|           ,,-''"          /"゛
   \, .l!    l'" l! //l_,,/           |'、.!             /               /
     `l|!      l//  ´            | . l|        /            l
     l!       /               |  `''-..、    !               /
       !     /    /'7            ∧     `ヽ   .!            /           ,,
      |!    |!   /  ./          ,/ .l      ヽ │          ../             /
     .!l    |., /    /          ,/   .l      ヽ l        ,..-'"           ___/
    ,..-.ll!    l/   ,../      `゙''ーr‐''/    . l       ヽ.!     ., '',゙_ -―― ̄ ̄ ̄
.._..-'"  l!        ,./ \,           l/     ゙l       ./L  _,,,.. /'"
゛     .l!    ,.、- '"    `ヘ-__     /      ,,|、     ./ . `'¬ー- .|_
      !l _,、-'"          __,,|__>-!ヘ.l     /  ヽ    !.l        \                 ,..-'"
     ̄ ̄`''´―――――ーッ'"         ,ス、    l    .l   l__L、        \         ._..-'"
     ./           _ ‐/       /  .ヽ   /     |  ./    `''ー ..,,,      `'-、  _..-'"´
   /        /  !        !   .ヽ │     l /    .,f'''““゚゚”'l゙゙゙"'''¬ー- ミir'"
.,, -'´         /   /        │   . l/     !./     .なww,,,r°    ,l“゚'ョ }'、,
           /   /         /    .`'-,,.   .l゙       ,,,,,,,,,,─i,    ,f°,l    _、
             /  /          ,i′      `''-〟,!      l°   ,l   ,il°,r'   ,,,i、<゙'i、  .,,、
             !‐´             /              |゙'ミ      ゚─''“゚゚“’  .,,i″.,r° ‘i、.゙'i、'-'",/,,/
             /             ,ノヽ              !.|.l             .,,r'″.,r″    `ー" .,-'゙,/
         /        . _..-'"゛  ゙''ー ,,、       .!l .l     ,,──'″.,,xぐ       .,/,/  ヽ
          /       ,/゛            \.      l゙  ゙L     'h,,,,,,,,,x='″        'ー    ヽ
      ./           /              \    /   .ヽ、′
    . _./         ./                \ ,/     `''-,,
  /'"             /                      !          `!

443 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:45:39 ID:UbaNM0JY [203/337]

高橋は、やっと折れる決心がついた。



       /〉    __
         `´    /!  {_
           // ̄ 7´                               ,. ┐
        //   /                             ,、   ,//」
       j,/    /                               `    ´ ̄
      く、  /
        \/ ,.、                                      ,.r 、         /
           `´                                ///|          / /
    トj                                        | [,-┘     ,/ /
    ´                                           ̄        / /  /
.         __,.、                                            / ,∠、 ,/
       /{  ,> , 7、                                        / ,.イ´_,.-〉´
        ヽにノ '´ [,-1                          /|ヽ    /,. '´ /‐'´ ,/
          ノ / / ,ト、                         '-―'´   //  r'    |
         く∠-┘ '‐ '                                 ,//  /`丶、  !
          __                                    //_, ‐'´    _,.>!
      l´\/         ,」 -―≦、 _                    // ̄|    _,.-'´
        ̄        ∠-― ¨ ‐- 、 ヽ                  / /   !   /
 ̄ ‐- 、 _           / _,. ---- 、 _ ヽV Y              / , 1   |_,ィ´
       ̄7¨ヽ、     f,'´r‐ァ¨¨」`‐ 、ヽ !! }           ./ / └ ァ┘/
,. -―‐ ¨  ̄ヽ  r'    { r' '- '´    .i } ||_j        / /  /、マ´
        ,ヘ/     ,>‐ ´ ̄`丶、  | |  >'        / /  /  N ,. 、  ,.ヘ
      ,/ >'´     |_,. - 、  ヽ | | /     / /   ,<}     `´ / | \



4月11日、高橋は球団幹部に一連の騒動を謝罪。
球団は謝罪を受け入れ翌日昼に謹慎処分を解除すると、13日には一軍の移動前練習にも参加できるようになった。

444 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:46:01 ID:UbaNM0JY [204/337]

そして4月26日――――



               . -‐- 、}/⌒ヾ¨丶
                / ..:::::.   .::::::... \ `> .ニl ヽ
          ィ'⌒//            ヽ{/  |  }
         { V′  :/    }  }  ヽ  ':、__j_,x'
          ゝ/   ./ { :、  ハ. /\ }   ∨、 `ゝ
            /,/{   /{/ V \{' j/   }イ .  L. x''´
        /イ{人 { /   ___     x=ミ.jィ′ !   ヽ      おかえりだよぉ! 待ってたよ慶彦君!
             `7\{:、〃⌒  .   ::::::  |   |   }|
             / /i jハ :::::  r―‐     l   j  ハ|
          { ハ |  人    、  ノ    / /jハ /  |
.    _ {ヽ    { ヽi  /{:> 、_.  ' /ィ'/ }' }'
   \ヽ ', ':、  ,‐;  |ヽ{ ヽ/\ィ'}   マ^ヽ._
  r‐- ヽ`'   ヽ/ /     x<:::/'′ /:::::::::::`ヽ、
  `¨ ヽ       }     ,{::::::::::::レ‐ァ'´:::::::::_. ''⌒`ヽ
  ⊂ニ、     イ   / \:::::::V/:::::::::::/ /    |
        ` T   |  _/ i   ヽ[_]-‐ ''´  /     .|
         |  |  {  |    |:::|      〈     ハ




               /⌒ー一ァ
            ハ zく  __ ⌒フ ,、
        __    { Y  ヾ     >‐z ハ  __
       '、\ 人 /ミ⌒=Y Y=⌒ミ_ノ / /
       〉一'ア´ ̄`V´ ̄`V´ ̄`ヾー‐く        おかえりなのだ!
.      /  {      ‘ ‘     }  ハ
       ' /:¨ゝ、ヽ.___人___,ノ rくーヘ ′      ワガハイもこの日が待ち遠しくて仕方なかったぞ!
    <| 仁)'´ {  }∨─‐∨{  } \(_) l>
     l {::::{  (___,、___)  }:::::} l
.      l υト、  z    }::::::}-‐'´ z   /-0' l
      l  { ヽ及__人σ、___,幺. イ  /
      厶 /  マ二二二二二二7  `ヽ厶
      / Y     マ           /    マ
    (`ー{wv    マニニニニニ7     vw}
      `ヾW      ゝ-------ム    Wノ
      ノ⌒     ) ̄ ̄(    ⌒ヾ.
     厶厶厶ニ=‐ ´     ` ー=ニ_ヾヾヽ

445 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:46:24 ID:UbaNM0JY [205/337]

ようやく高橋は一軍復帰。
チームメイトや監督からは勿論、ファンからも暖かい出迎えを受けた彼は、早速今季初打席から2打席連続ヒット。



                                |l|_|l
                          \\ ,>'゙´ |
                    \       ,>'゙´    |             |l|
                    \\>'゙´  ,>'゙´|  |              「「 ! |l
                       〈    >'゙´    |  |                 | .|「 |l .//,
                       ∨ ∧       |  |         ,>'゙´ ア| .|| |l / ,/
                       ∨ ∧      .|  |      ,>'゙´'´  >'゙  | .|| レ′/
                         \∨ ∧     |  |  >'゙´ ,>ァ>'゙´     W||,,/  /
                         \__/    |  |/]>'゙´  '´           /  /
                                |l| |                    /  /
                                |l| | . r‐、, i⌒i i⌒Y     ////
                              \ |l| /ヽ |/,  '/,  ∨.    //
                              ∧ ∨:∧ .∨,  /,    r.、-、/ /
.  ,ヘ__ / /       \\  rv^!  /! /^!___  ,へ  /^i、\∧ ∨/∨   ,r‐\\\/
 ∧ ∨〈 ̄',/         (∨ | || / ; ; ∥ /\ \ \ .| ',  \! /、 ∨  |У^!\\\
_/ ∧ ∨',.  ,/      (\':,Ⅵ } .∨ レ' ∥/\   \ \_',   ヽ  ヽ .|/  〈_/_〉   ,|/
( \∧ ',|  |/    \\\ ;        /        /,\             |/   !/)  ,/|/
\、 \  ',: |     \ ヽ ,′    / _i^i^i^ii^i.,'^,', ヽ           |/  弋_{    才
、 \ ヽ   ;          { {       /  | ! ! ! !| |' //, :::∧        |   //、   Y\_
.:〉      ./         八 乂  \/\ .ヤ   /   .ハ ::::∧         ∨    |__>、 / ///
|     ,′           ヽ ヽ  /^!  キ  |   / ∧ :::\__      /\   〈///// ////
|      {_             (_入___/ ヽ 乂__入  丶/ |ヽ   アヽ  ./   〉、  ∨//>/////
::\    〉\         |  ∧   \∧__/〉イ /..: !   //  |/ .   ///\ ∨//\///
  \   /   )\.        |   :∧    \//\/_、+''" ̄ /| ,/    ,//////\'////.\
____/〉`У  ,////\      |   .:::∧      \ /| C    ,//| \ C /////////.\/////



以前と変わらぬ打棒で健在ぶりをアピールした高橋は、そのままショートのレギュラーにも復帰。
こうしてやっと、彼が起こした大事件にもひとまずの区切りがついた。

446 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:46:46 ID:UbaNM0JY [206/337]

だが、本当に何事もなく全てが元通りになる事は、もう二度となかった。
高橋が真に事件のツケを支払わさせられるのは、1987年のシーズンが終了しオフに入ってからだった。






::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     おい、今日のスポーツ新聞見たか?
:::::::∧:::/ `ー             /
:::::/ ∨             `ー=ニフ /       カープの高橋が大洋にトレードされるらしいぜ?
/ヘ                  , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \






.          ¨〈⌒{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}⌒.〉
           ∨i|::::::::::::::::::::{::|:::::::::::::::::::::::::::::l.) /
            寸       ゝ‐      / /      マジか! そういや今の大洋の監督古葉さんだもんな
            ヽ               / ¨
              、 ー ェェェエイ) /         でも待てよ、俺昨日の新聞では
                  l:ヽ    ー ‐   .: :l
                  |  ヽ、    ,  |         高橋西武にトレードって記事も見た気がするんだがな……
                ハ|      ̄ ̄´   |ハ
           /  \         /  ∧
.           x≦|      \,   ..,/      |≧x

447 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:47:12 ID:UbaNM0JY [207/337]

『高橋(広島) トレード!?』このオフのスポーツ新聞紙面上での流行語は、これだった。
あの時、多数の報道陣の前で堂々と繰り広げた造反劇。
鮮烈な印象を焼き付けさせるこの事件を、記者達は忘れるはずがなかった。



    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                       ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                      ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,,                  '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;'''  .___          ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,,;.         ./辷三三三二ニ≧:、    '';;'       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''       /=== ̄ ̄ ̄ ̄´/             ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''          //////゙/ ̄ ̄ ̄`/ /
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''            //////゙/.ス  ○ / /          ';,       ,;
                       .//////゙/.ポ  ○ / /             ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                       //////゙/. /    / /                  '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'       //////゙/. ツ   / /              ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''          ////// .'ー―――.' /                    ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';          ././〉/〉/〉/〉/〉/〉/〉 /                       ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';            /./〉/〉/〉/〉/〉/〉/〉 /                      ''''';;;;,,,,,,  ''';;,



あんな激しく球団に反旗を翻した人間が、何食わぬ顔して球団に残り続けられるはずがない。
しかも高橋は数少ない全国区の知名度があるスター選手。
新聞の売り上げを伸ばすためのネタとしては、これ以上ないほど格好のものであった。

448 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:47:34 ID:UbaNM0JY [208/337]

しかもこれがいわゆる“飛ばし”のみであればまだよかったのだが、
火のない所に煙は立たぬという格言もあるように、実際に成立寸前までいったほぼ真実に近い話もあった。

トレード相手は西武ライオンズで、交換相手は同じ遊撃手の田辺徳雄。
後々にはライオンズの監督にまで昇りつめたこの田辺であるが、当時はまだ高卒3年目でほぼ実績がなく
1987年のシーズンも78試合で打率.224とまだ一流には程遠い成績で、取柄と言えば高橋より9歳若い事のみ。



                N::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イィ
              ト':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'イ
                Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
             |:::::::_,,-─--、:::::::::::-──-、:::::::|
             |:::::{      ヾ''´      }::::::|
             |:::::j                 j::::::|
             frヽ| Zニニ==  ト==ニヽ Y|ヘヽ
             | (:|  ィ O)   .イ f.O.)     |l.「i.j
             |.、ハ       |       |j '/
                  ヽ ヽ    r   | 、   ノ |ノヽ
                   Z|     `ー ''       ハ   \
         .   -‐<   人    -‐===‐-    / .|
      /         /  ヽ    ::::::::::::    /j .j
    /:         /  ∧\       // /
    |  :       /   | \ヽ、____.ノ / .j
    |  :       /   |   ヽ、  ____>'  ノ
    |   :      `> |   人,,,イ    /
    |   |    /   |.  /ー‐--\  /   彡
    j   |    |    |ヽ∧:::::::::::/  ∨   \
    .イ    |    |    |   〉ーy'  /       \
    |     |    |     |  |:::::::|  /         /
   /    |      |     .|   |:::::::|   {       /

                【  田辺徳雄  】



結局寸前でカープ側が翻意して話は破談となったのものの、
高橋はあわや、これほどまでに実績の釣り合わない選手と同等の価値扱いをされるところだったのである。

449 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:47:56 ID:UbaNM0JY [209/337]

高橋は、前々から感じていた歯車が狂ったかのような不吉な変化が、ついに目に見えて表れたのを悟らざるを得なかった。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:              :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:                 :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;: .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.: ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; .;; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .`` -‐--、..; ;:::::::::;ヾ、,-‐--、´;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;. ;;;:;、;:; ;:;  ...............;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...       ..:;;:;:; ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



田辺などというまだプロ通算80試合しか出てないような選手で妥協してまで話を進めたと言うのだから、
それだけ球団は本気になっているという事。
彼等はいつでも高橋をトレードに出す、その覚悟は出来ているという事だ。

450 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:48:20 ID:UbaNM0JY [210/337]

高橋を取り巻く状況は、確実に変わっていた。
彼がずっと恐れていた、今までの所業に対してのしっぺ返しが来る時は、着々と足音を立てて近づいてきていた。



  /                 Wl|
       i l:          Wト
 |  :'  | |l    U    W| ヽ
 |   l|  | |ヘ        l/|
 l  l| √`ヽ',        V!  l
  、  | / -   l    ,     l  、 l
  \,ハ 'i卞7 |  /     ハ、_ \ l
    ` } Ll  ノ .イ   , / ノ ノ ̄ |
   r      / ノ /レ1/    |    l       …………
   l         イ  /│    │   |l
           U  | / ハ       |    |l
     ^      |:/ / l|:      |     |l
     丶 _ .  、l' / _|l      |       |l
              ´  ̄ `寸    |l      |l
     ゴクリ ./       \    l|l      |l
          {          、ヽ   |l      |l
          |         V' ,  |l      |l
           l|         V ,   |l      |
         从 ,        V,  |
        ,' ハ∧      ...:´::::::∨ l
          /  j\ 、   /::::::::::::::::::V
          /  ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヽ 、



高橋の憂鬱な日々は、始まっていた。

451 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:48:43 ID:UbaNM0JY [211/337]

翌1988年のシーズン。何とか残留した高橋は、この年は開幕から3番打者を打つ事になった。
前年の1987年シーズンで衣笠まで引退した事でますますカープにはクリーンナップを打てる打者が居なくなったため、
前年に曲がりなりにも打率.281を記録し、パワーと実績のある高橋がその役目を期待されるのは至って妥当な流れであった。



                   ,. . . . -―-. .,
            ,. 'ヾ丁ヽ'´: : : , -―… 、: `〃⌒
             {/ リ: ハ , '´: : : ,,..:::ュ: : :ヾ/-`‐ 、
             乂: : レ'/: : : : : : : : : : : : : : : :=-: : :ヽ__
           /: : `¨, ': ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V:ヽ
   __     /7: : : : /: :/ィ: : : : //イ : : : : : : : : : : : : : :ヾノ
  /    `  .,  `ヽ.; :/: :/:.:i: : :/ .//.||、: : : : : :,ィ: : : : : : : :'.
 {        \ /: :7: : : : :{: / \_リ リ !:|: : /:/ |/|: : , : :|: :.ト、     ランス君はホームランは打てるけど粗すぎるし、
  ゝ         、: :i: : : : : :VィF守ミー  リ: /ノ 〃/: /: : :l: : !
   \         ,:.|: : / ̄`ヾ込!/}   j/  -‐七'/!: /|: /      小早川君や長内君だけでは足りないし……
    \       !:.!: ,′    ゞ- ′     x==ミ /イ レ'! レ'
      \     |:.i:/       !     ,     /: : : :|'′
       '.      |ソ     , ′  ゝ.._    /: : : : :ハ
        /!      _  /、 \      ,ノ: : :/: : : }         というわけで今年も頼んだよ慶彦君!
        /  ‐  ´     `ヽ:ヘ__ ` r‐r::::´::::::7||: : ::,ィ:ノ
        {            }:::ヘ`ヽ ‐|:::::::::::/::リ):,.イ '′         1,2番は山崎君と正田君がいるしね!
.        }       __,,......ノ\:ヘ___/::::::// ´ |
        .イ      ̄    } \ヽ:―:-‐'´イ l | .|、
      八         ,.イヘ   `ヽ;;;;;r'"/   ! / .| !
       |:|::ヽ    _,. '´ |     、_O_}/    !/    〉
       ∨::{          ,ノ    |l.:.l|     l    ノ::、
.      Vハ.}   ,. -‐ '"j      |l.:.l|      l__.../::::/::〉
       \ゝ..,__,..ィ´      .|l .:l|    j_;:::-‐'::∧
         /\:::::::/         |l.:.:l|    /ゞ-r― '".:.:'.

452 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:49:04 ID:UbaNM0JY [212/337]

ところが、この年の高橋は開幕からおかしかった。






       'vハ
       ∨i__        ___
        ヽ;、ソー、    ,'::::c:::::`';
          〉;ト、:`::.、 }::,=テ=、_::i
          ヽ::ヽ`、::`-ヘ!   i::;!
 ̄゛''‐- .._      ゙;::::ヽ_`ゝ、」!`ヽく"
,,.. ......,,_. "゛'-.._    V:::::::》 〉'^|!:..  ` 、
     ゛''-.._. \ _ `ーム nifi`u、::、 i           _              r⌒ヽ
        \ _"\, i V!l:.:.:.:ハ、ノ       ┌──-/// ┌‐┐ ┌┐      /  ノ
           `\_ \.、!レ:.:.\/       └-  / ̄ . └‐┘//      / /
              \, \ヽ:.:.:.{         / /    ┌─' /      , ァ"~
              ヽエ\.\,冫          ̄     .  ̄ ̄     (_ラ
              /  `i~\,\,  
              ,'  `ヽ、 ', ,.\,\
              i.    `Y:.:. l \.\
                 i     i:.:.:. i  ゙i.,\  
              ',    i:.:.:.: l    \.(,,.             |\     /\     / |   //  /
               ヽ,,.   !:.:.:.. ;    "ン(,,.          _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                ヾ!   i:.:.:...ヽ     \(,,         \                     /
                 ',   ト、:.:.:.:.:〉      ゙i.(,,.        ∠      ストライク!        >
                 、==! ヽ彡';、      \'i,..       ∠     バッターアウト!       >
                  ヽ彡'!  ヒ彡i        ゙i.      /_                 _ \
                   ',Y^;  .iヘ::!                ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                    ヽ,ヘ  ト'::{                 //   |/     \/     \|
                       v^‐-、:::〉
                     l_:_;: -'~

453 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:49:26 ID:UbaNM0JY [213/337]







                __      ゙, ',                  _
             、-ィ'゙   .ヽ       ', ',                 /三三ム
               ̄7-¨¨¨;;;!      ', ',                 ;゙i=====ヲ
  . 人__/        }_,..ィ ‐-゙ ..     ', ',                 ¨';;;;;;;;;;;;'
  ,.ィ==:::.、       ,..ィ'゙.        `丶、  ', ',               ,..・´.  ̄ ̄ .``ヽ、
 {三三  `ァ,.,_  ,f'゙            ヽ、', ',          /          ‘,
 `'ー─一ヾ.   ”¨ヤ               ‘, } ', ',      /    ,.         ‘,
          ``''''''''''ヽ, ィ'¨゙ヽ、       .゙,_,,|.  ', '、    /`・、_,イ          ; ヽ
                 ヽ  ____゙,i.   ', '、  /  ン゙ │           ム==ァ゙
                  ゙}''゙““¨¨¨”””ヽ .   ',..,-<,..・´    リ           ‘、,/
  _/\/\/\/|_  ,,・"          i   ム=ーt''゙     .ゝ、_____ }゛
  \          /´           |     ', '、      /``''ー──-==ァ''゙
  <   アウト!  >             i!     ', ',     ,'             !
  /          \. .=-‐ ''"´¨゙:,   .{、      ', ',   ;゙     ,      リ
    ̄|/\/\/\/ ̄            `、.   \.    ', ',   }   ン´~}    ,:′
             l   i            ヽ、   ヽ.     ', ', .;′ ( ___ノ`、   .,:゙
.            l    l            ヽ、  ゙:、.   ', '、;  `'7‐''"‘, ,:゙
             リ___リ             `、.   ヽ    ', ',!   .,リ
      ,.ィ==:彡;;;;;;;;;′             ‘、 ,:彡ミ:t─ー┤  ;゙‘:、__ン゙
       `ー-=:::::;;;;;リ                  `・ミニリ─ーt┤  .{
.                                      ',|  ‘,
                                        |__,,..ィリ
                                       ゙ミ彡ヘ
                                      ', ',
                                       ', ',



シーズンが始まってからというものの、今までが嘘のように彼のバットは湿り続けた。
チームが好調だった4月終了時点ですら打率.239と低調な滑り出しを見せると、
5月終了時には打率.226まで下がり、更に6月終了時点でも打率.224と、一向にスランプから抜け出せない。

454 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:49:47 ID:UbaNM0JY [214/337]

原因は何となく分かっていた。高橋は本来、3番には不向きの打者だった。
例えば3塁にランナーがいる時、1番なら凡退しても仕方ないで済ませられるが、3番ともなるとそうはいかない。
最低限外野フライ等と、クリーンナップの果たすべき役割をどうしても意識し過ぎてしまう。
周囲からは1番の時と同じ気持ちでいいからとアドバイスする者もいたのだが、
元来人一倍不器用で、真面目で、頑固だった彼はどうしてもそのようにする事が出来なかった。



゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;;;;;;;;;;./  /;;;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/
. ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !;;;;;;;;;;;;;;;;;,/      .‘゛ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  '、_./     ..
  .!;;;;;;;;;;;! . l;;;;;;;;;l   ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./ ;;;;;;;;;. /              l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!'゙!     ,゙ 、,, r‐''''~



それでも1987年はまだそれなりに役割を果たせたが、この年はさらに危機感も追い打ちをかけた。
押しも押されぬチームのスターからトレード要員へ。
迫りくる未来を免れるには、手放すのを惜しまれるような結果を出すしかない。
そのような焦りが更に高橋のバッティングを狂わせ、彼を泥沼へと誘っていったのだった。

455 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:50:09 ID:UbaNM0JY [215/337]

おまけにプレー以外でも、この年の5月には更に彼の立場を悪化させるようなトラブルも起こっていた。
切欠は、二遊間でコンビを組んでいた正田耕三が発症した右肩の故障であった。



             _ ,. .‐:´: : : : : : : : : : :`: : . 、
           /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
          /:/: : : : : : : : : : : : : :;ヽ: : : : : : : : : :\
            / : /: : : /: : : : : : /: :/: :'  ヽ: : : : : : : : : : ヽ
          /: : / : :、:/: : : : :/: ! : ハ: :{   '; :、: ヽ: : ヽ: :ヽヽ
       /: : : ': : : :/:/: :\: :ハ: :ハ: {   ';.ハ: ハレ: :i : :ヽ:',
       l/: : :!:、: : :{:/ : : ハ`ト'、:{ V    }:レiイ }: : }: : :ハ:.!
       /: : : ハ: :\:iハ: : :{ ,z==ミゞー'    彡zzx ハ :ノ: : :ハj
        /: : : : ∧: : : i: :ヽ:i〃           ゙{イ !:ノ
     /: : : : : : : ヽ/´!: : ハ! ヽヽ     `  ヽヽi: ヽレ       あ、痛たたたた……
      /: :/: : : : : : : { { : {                ト; :.ヘ
.    /: :/: : : : : : :/: ヽ{: :{__   /ニー ―‐_ァ  ノ ヽ: }
   /: :/i: : : : : : :ハ: :{ ヽ: !  ヽ,  ̄ ̄  ̄ ̄ イ   ヽ:!
   {: / {: : /: : : ハ: :{ ヽ:!  「::::::エ=--、zz彡}     i:}
   i: { ヽ: !: : : :{ /⌒TV::::く:`===:::zl゚}:::=〈__   i!
.   V   ヽヽ: :/    ヽ::::::::::`::-:::_::《::_:ノ:::::::::', \
    /つ/ノ/ 7 r,     }::::::::::::::::::::::::::::》:::::::::::::::::::::i  ヽ
   ハ 〈 / / / / ハ   j:::::::::::::::::::::::::::::{{::::::::::::::::::::::i  ヽ
  〈ヽ ´ Lノ / ノ ノ   /::::::::::::::::::::::::::::::}}::::::::::::::::::::::i   ヽ
.   \`     /  / /::::::::::::::::::::::::::::::::}}::::::::::::::::::::::ト    \

456 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:50:32 ID:UbaNM0JY [216/337]

故障はした正田だったが、それでも衣笠・山本時代からの伝統である少々の怪我はものともしない精神が
チームに根付いていた事もあり、手にしたレギュラーを離すまいと彼は休まなかった。
痛みを我慢して試合に出続けていた正田だったが、それでもこれぐらいは大丈夫と思ったのだろうか
ある日彼は怪我をしている事実を親しい新聞記者に漏らしてしまった。



             <^\_ -====ミ、
            _>┴―<_   \
       -=ニ二_\ ̄ ̄ ̄¨¨丶、  (_
        /⌒        ̄\ \ (_
   __/ ./ ./    .∧   \.∧  、
      ⌒ア /  /    {     ∧    Vハ   ≧=-
      ./  ′ |   i{    ∧    V| 厂 ̄
     i| |  N、    {\     i|   N /
     |∧ |  | _\  {/`_ ー┤ ∧V             怪我をおしてチームに尽くす、うーん何という美談!
     |i ∧ 、 Y´んハ\{ んハ`Y| j/
         ∨\. Vソ   Vソ   | /__              これはいい記事になりそうですね……
        j{  人""  '   """.人(   「 ̄` 、
        \(⌒> .,ー'__ ./|     i|    \
        {___     \.   ‘,    八/      、
        /  、 \    \_∧   /} 〈     -‐、
        _/   _)k \    Vハ 」  / / ‘, ./   __〉/
      厂ー ⌒ ∧  ≧=- r―くレ_/    V  /⌒V ./
     /       ∧   ア  、\\__/ ̄ ̄}\/    ∨ /
    く ⌒ー――― }! ./  「 ̄ ̄ i|     厂  、    ∨ /
     \______/   /|.     i|   ∧    \_ ∨ /
       ∧       /  i|    「 ̄ ̄\} __/´   ∨
       /  、    /    |__∧〈 ̄  \    _,.。<
            > イ         L__└〈____,.。<
            / 、                /〉
           ./\ `  .,_       _,.   ´/\



記者は早速、この事を新聞記事にした。
怪我をしても休まない正田を褒めたたえる、感動的な記事となった。

457 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:51:14 ID:UbaNM0JY [217/337]

だがこの記事が高橋の目についた時、彼はよく思わなかった。
彼の脳裏に浮かんだのは、かつて彼が大先輩の衣笠から受けた教えだった。



━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥



                 /    ,'         `ヽ     /    /
               ,'       ∨,  '"~ヽ,.‐- ,_..  ∨   /    /
             / {     ,. '^~/      ^'  ∨`ヽ   ,'     l
             / l .,_/ ノ     .      '   ‐_/     .{
            ,  ::., `  - '      /        }    ∨./    l
         ,   ノ    ∧ / ,' __.  /  /       ;     ∨./   l
        ` ‐- 彡 ,.__  ∨ {   >\ /,'      ,'     .∨/  /
           // \`ヽl    ̄`ヽヽ {       从      }/ /
           /    彡ヽ /从リ,≧=、\l.|/ /  /.l   /  ,'/
          ,'   /,'::::::∨ ヽl''丈ソヽ  イ  /-┴≦.   /
         /./| ,'::::::(。l   ゝ\¨゛   //它气 ̄  ∧/
          {(  .l ,'::::::::`ヽ\≧ ̄      j `‐-''/ ./,.>        試合に出る以上は決して痛いと明かしてはならん。
           レ   |,::::::::::彡//`ヽ\ マvv,,._   ‐=,   >
              .l::::::::/::::ノ |:l::}   >。 ̄.,, -‐/  /           そんな泣き言は勝負には何の役にも立たないし、
           /:::/|/  从-‐ ,,,,,,=,‐┘,,彡イ  ̄
         //     <〉;;;O;;;;〇;;;;O;;〈>__   ,...           ただ敵に弱味を教えるだけに過ぎんからな
         , ⌒ '  ,..  __.. -‐丶 ̄"''" ̄  ̄ヾ       `ヽ
          /  ,./   ,::   _,,......,,_   ヽ           \
        ,,..  -‐  , ‐- / _.-=ニニニニニニ=-_     ..       ,,..___ __
     _.-=ニニニニ=-._({;;;;;;}).-=ニ二二二二二=-;._ / `ヽ  /;;;;;〇\|
    _.-=ニニニニニ=-._;;_.-=ニ二三三三三三二ニ=-._-‐\ ./;;;〇;;;/ ̄
.   ニ二二二二≡‐=-≡二三三三三三三三三l|:::\  |;O;;/    \
   {三三三三三≡-==-≡三三三三三三三三リ::::.. ヽ.\/.         \
   乂三三三三三‐===-三三三三三三三三彡',:::::..  ∨   \



                         ‥…┳━┳━  ━┳ ━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳ ━   ━
                  ━ ━┻━  ━    ┻━  ━┻    ━┻━┻━    ┻━┻━┻  ┻━┻━┻━┻━┻



試合に出る以上は、絶対に怪我という弱味を敵に握られてはならない。
高橋もこの教えには深く共感したし、それゆえにずっと大切に守り続けてきていた。

458 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:51:39 ID:UbaNM0JY [218/337]

それだけに高橋には、正田の事を甘いとしか思えなかった。



<ニニニニニ=-  _              |ニニニニ{
   <ニニニニニ-          |二二二-
      ` <ニニニニ\       |ニニニ7
         \ニニニニ-         |ニニ-/
           \ニニニ-      ノニニ/
            \ニニニ-    lニニ/
             \ニニハ, -─,ニニ' _
              -≧=//〉イ__彡、  `丶、
           /    `⌒¨¨ <ニ-     \
           /               \-\     ヽ
         ,      /             ---     ,
       /     /     ト         V--    ′
     / イ   ∧     | ヽ         V-l    l
        l  l |ヽ,    ,'  l !     V|    |
       ノ l l| !_ 、 、 /  | ,ハ      、     |
       '⌒l 从 jf圷 \V ´ ̄厂 l     ト\   |       まったく、私なんかもっと酷い怪我でも黙ってたのに
          、 ゙| lr}  )人,,__    |      |     |
          \| ,     いフ7^│  ノ ル     |       この程度でだらしないんだから……
            ∧       ゞー'  ノ イ / ノ     |
             | ト`        / イ フ イ  l     |l
           ノノ \ __  -=≦// l |l  |l     |l
          / .ィ´::::::::/│ 〃 / {:.、 j |l  ||l     |l
         / 〃l:::::::::/  ,ノ / / ノ::::.ー-、 :l||l     l
       /   l l:::::::/    / //:::::::::::::::::\|l     、
     〃     l |::::::'     '  .:::::::::::::::、丶`⌒!: 、   \
     |l       !/|::::::!  /:|  l::::::/´     |   \   \
     |l      / l|::::::l/:::::::|  |ィ(   |    |    \   \



実際に高橋は、医者からも選手生命の危機と宣告されるほどの大怪我をした時でさえ
その事を最低限の人間にしか話さず素知らぬ顔で試合に出続けていたし、
新聞記者に故障と感づかれかけた時も「スランプだ」と言い張ってごまかし、とことん悟らせようとはしなかった。
そんな高橋としては、このぐらいで泣き言を漏らした正田の事が我慢できなかった。

459 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:52:05 ID:UbaNM0JY [219/337]

そこである日高橋は、正田に苦言を呈した。
高橋にとって正田は二遊間の相方であっただけでなく練習時はいつもコンビを組む仲間でもあり、
それ故彼にもこの機会に衣笠の教えを伝授して、自覚を持ってもらおうという高橋なりの老婆心のつもりだった。



              _,,...,,_
        _, -‐'"/////> .、
    ,,.. '' "///////////////\
  /////////////>< ///////ヽ        _,,.. -‐ 、、
.  ////////>''"    ` </////ヽ _,,.....,,, <//////////>、
  ///.。 *''".            > 、//∧, //////////////////`ヽ、
                   ,. ´_,,....ェヽ.//////、 ''"~  `丶\////////>、
              /,ィi{三ニ=- 、//ィ////>、 ヽ    ヽ.`'<///////∧
             ,.'/ / ./  ~"'´| `''</ヽ∧.   ∨  `''<///
               ,'/   ./       .|  ∧ ヽ/ヽ',           `
                /  / / .l |       |  ∧  ` 、∨   .l
           /   /.| /  ',. ',     /       ∨.  ..|
              './ .   l l/|  ',. ', / /      .|        |
          / |  |/l./ |   ゝ∨ /.|.       |.   .|   |
            /,ィ.|  |‐-=.∨   .l`'/、..|       .|.   .|   |      ちょっとあんた、試合に出てるのに痛いだの何だの
.          /ィ/ |  |.、.,,_ ∨  |/ミt、_∨l ∨  .|.   .|   |
           /'"∨ l. { ',心 ヘ  | __  ̄{ .| |./   l l   |      泣き言言って情けなくないの?
              ∨.|\.ゝ:ソ./\l " `{芯:メ} | l'     | ‘,  .|
             ``~   、  `   ∨:ソ''//.|   / |`~ ∨     痛いんだったら試合に出ないでよ!
              | ヽ          / /  ,ィ∧|\   ∨
              | l \. マ.、       .ィ ,ィ/.l\  .\.  \
              | //.  ヽ` "  , <ィ / .///l \   \
               ///     l, ̄// 〉 _/ ././// l  ∧
.            , 、/\    ././//ィ/,ィ" .///////l  ∧
            {/``~' ゝ  ./ ///ィ"_ ィ´//////// |
            l~"''==''" .|. />'"ィ'///>-‐‐──‐-、{
           ィ‐=ニ"  l///ノ     {         i:l

460 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:52:31 ID:UbaNM0JY [220/337]

――――ところが、この高橋なりの親心は正田には伝わらなかった。
この辺りはどうも正田自身の認識と新聞記事を見た高橋の解釈に何らかの乖離があった可能性があり、
その点の確認を怠ったまま一方的にきつめの苦言を呈したのは、高橋の不用意なミスと言えたかもしれない。



                   __
            , .-‐: : : : : : : : :`: . .、
         /`7: : : /: : : : : : : : : :ハ: :\
        /: : /:´: : //: : : : : :/: :/ / ヽ: : ヽ
.       /: : : /:\: :/:!: : : /:_:/: :/ /  ヽ: : : ,
.       /: : : :{ヽ: : : ハ: : :/:ハ:≧ト、    V: : :}
     /: : : : :i: : : : : : ヘ: ハ /んバ`ー zィ:ノ:.ハ      えっ、えっ? 私怪我の事は言っちゃったかもしれないけど
     /: /: : : :V: : :'⌒!: N   辷ソ   f:゙ハ:.ノ
    /:/: : : : : ヽ: :{  {: {     ,,,,     ,ゞi ′       痛いとかの弱音は誰にも訴えた覚え無いのに……
    /: : : : : : / \: ーi:{  u         ''l
   /:/: : : : : /:/   ヽ:ヘ:i       ⌒  丿        何でそんなきつい言われ方されなきゃいけないの?
.  /:/: : : : : /i:/ _∠zヘ{`ヽ、  _ ィ:.j
 /:/i : : : : / レ/:::::::::::::ヽ:トz:::::《::7  }:/
./:/ !: : : :/ /:::::/:::::::::::::i:::::::::〃ト.―レ.、
.レ  !: : : :! /:::::/::::::::::::::::::::}::::::::::》:::::::::::::::ハ
   '; : : :{ i:::::;'::::::::::::::::::::::::}:::::::《::::::::;::/::::!
    ヽ: : V::::i:::::::::::::::::::\:ヘ:::::::}}::::::{::::::::::;
     \:/::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::}}::::::{::::::::〈
        /:::::ヽ::::::::::::::::::::::::i::::::::ji:::::::}::::::::ノ
       /:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::l::::::〃:::::j::::::::{






    /:/ /: :/: : :イ\:// /    /:/ : : : : : ノ: : : : : : :
    {/ {: : {: : /ハ:ハ:\ {     /:/: : : : :ノ:ノ: : : : : : : :
      l  i: :ハ:/:!/7c=ミヽ   ノ/: : : :ノ:ノ:ノ: : : : : : : :/        そういえば試合に出るなとも言ってたよね……
      ∨ V:ハ ん///゙    zヒ三/ァ'-<: : : : : : //
          /:/ 辷:ソ     7C≧、ノ /: : /://: :        もしかして、私が台頭してきたのが目ざわりだとか?
          /:/ ""        ん///ハ /ィイ彡: /:/:
        _{:ハ     ´      辷z:ソ ノ /:/⌒Yイ: : :         プレーの事では今まで色々学んできたし、尊敬できる
      /::/.{:{..\            ""   /:/   ノ/: ;/: :
    イ:::::::i....{{.../r\ ヽニ>     u  ,.、/:/..イ /:/'/: :        先輩だと思ってたけど、何か見損なったかも……
  /:::{:::::::i.....i{...{::{ヾ::ヽ.._.........―::::´:::/:/:::::::\:/ /: :
./::::::::::i:::::::{..........{::ヽ::\〃:::::::::::::::::::_z/:/:::::::::::::::∨: : :
:::::::::::::::::V:::::{..........{:::::ヽ:::《:====:":::/;イ::::::::::::::::::::ヽ: : :



高橋の言葉を悪意と受け取ったのか、正田はこれ以降、高橋と口を利かないようになった。

461 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:53:04 ID:UbaNM0JY [221/337]

高橋としては、何で正田がこのような態度になったのかまるで分からなかった。
彼としては、100%善意のつもりであの言葉を送ったのである。

何日経ってもむっつりしたまま口を利いてくれない正田に、彼は段々フラストレーションが溜まっていた。
そこで神宮球場でのヤクルト戦前の練習の時、思わず高橋は正田の尻を蹴飛ばしてしまった。





                                          /////
                                     . <//////
                                  . </////////
 _                            . <////////////
 ヽ///ニ=- ___              . <_/////////////> ′
   \////////////////////ヽ  . -=ニニニニニ.//_/_/////-=≦
     .\//////////////////八 |ニニ> 、ニニ./////三三三三三ハ
        \////////////<////ヽニニニニ\./////.==========.ゞ'
          ≧=‐---‐=≦   \///\ニニニニ/////ニニニニニニ/ニニ|
                      \///\rzイ///、\ニニニニ ̄ニリ
                    /≧=-Vソ≠ミ、 \ニ.ィ=ミ(ニ/
                      //´ /       \ .∨-=≦}
                       /   l{     }  l| ヽ Vニニl|
                   / { { ハ     l|ヽ l}   V⌒}=|
                    ./ { | |V`ヾV::::::::::::/}/    }ーイ=|
                   フ八 |人rz≠z、::::::::ィ≠zァ/ .个 V}       いい加減何か言ってよ、もう!
                  7ハ人ハ {乂リ::::):::::::Vリ}/ }/八 {=|
                      ハ { ∧    ` -.、  人!.    V
                   /   }个 .、 (: :_:ノイ: { {_    ∧
                      /   <| }: : :l{ 千 /: :| |: : >   ∧
                   /  Y | |: : 八  ./: : :l |/ }   ∧
                  /    r{  .}リ\: :ハ /: :/l |   ハ  .∧
                 /   /}ハ / {ゞ>≠≦イ .| |  .ヽ     \



      /l ,イ,イ
      // レ'レ'
.     / ニニフ
    //
   /'    ____ ,イ,イ
        ヽ=.--7/レ'レ'
           //
       ___//
       ヽ=.-- '   .,ィ     ,ィ
             t=' ーァ  / }
             〈,1|   ./ /
                       //
                       ´
                    , イ
                    レ'

462 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:53:34 ID:UbaNM0JY [222/337]

すると、正田は血相を変えて高橋に向かってきた。
喧嘩を売られたと解釈した彼はそのまま高橋に食って掛かり、つかみ合い寸前の大騒ぎになった。



                    ___
                / ̄`ヽ ´         `
              /   /               \
          /    /   / : : / : : : : : : : . .    \
            / /  /  し'/ : : /: : : : : : :∧: : : : .   ヽ
          ′/ヽ:/ゝ,_/_: : /: : : : :/〃 ‘.:.|:| : : : |   ,
        /  ∧ :/ ´  ̄j: : : ハ、: : : ' /    }ハ| : : : |:...  ′          __
        . ′ {\:{ : : : ∧: : { リ\: :{ {    ノ | : : : |_|___j          / }
      /  . : |: : :|. .:|、:i} γ二ヽ \_/:::::::::::,斗/}:./j ̄` |      /  /
      :′ ..:.: : l: : :乂ノ \〃///∧:::::::::::::::^^二ヾ  //.: : }ノ     ´    ′
     /   .:.: : :.:∨/ |: :i ⌒ 乂//ノ::::::::::::::::: //ハ } :′:/:/__/    /
   .:′ . : : : : : :{  |: :|      ::::::::::::::::: 乂/ノ 厶イノ/   、   /         何するんだよ!
   /  ..:: : : : : : : \_|: :|      -―- 、    .∧r‐′    \/
.  /  . : : : : : : : :′ |: :ト、  /      \   //     、  \
  ′ ..:..: : : : : : : i    :.:| \ ゝ ___,,-----ノ   \   \   }
 |: | .:.: : : : : : : : :|   {:.:|⌒¨¨¨¨¨¨¨¨¨´           \    ヽ/ー―-
 |: | .: : : : : : : : :|: |   ∧}             { \     ‘,  ノ__       `ヽ
 | ハ: : : : : : : : : |: |   {                  \ ー―/ ̄    ー―-- イ
 |:|│: : : : : : : : |: |    ,                 ,.>― ′         ハ ハ
 リ |: : : : : : : : :.|リ   ′  ┬───‐…… ヾ´   ̄ ¨¨¨¨¨`  ., r、}ト.ノ lノ/
   乂: : : : : : : :{     }ー‐/ニニニニニ\ \}            `¨¨   {



居合わせたスポーツ新聞の記者達は、勿論この騒ぎを紙面に載せた。
そして世論は痛みを我慢して試合に出続けていた正田の方に同情を集め、
必然的に喧嘩相手の高橋は意地悪な悪役となり、彼はますますトラブルメーカーとして認識されるようになったのだった。

463 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:54:02 ID:UbaNM0JY [223/337]

このような面倒なゴタゴタも影響してか、高橋はますます精神的に落ち込んでいった。
心が滅入ってくると、以前は出来ていた事までも出来なくなってしまう。
そのいい例がバントだった。



                  | | | |
                  | | | |
                  | | | |

              ,.ィュ、
              ,' /ヽ二二人三`゙'i
              | i!   γ⌒ヽて)ノ
             ,、i゙'i i゙'!゙`ェォュ、,ノ そ
              | i! | ! l:./ /: :. ` ̄リ
             ,...| i ゙ '゙ {:. :. :. :. λ
            ヽヽ     .iヽ;_:._:ノ,ノヽ、
              ’、,...--', ヽ彡'゙:::::::::ヽ,
               ‘:,__,,,彡゙ヽ ‘、:::::::::::::::: ':,
    ,...............         ',:::::::::::::::ヽ, ';:::::::::::::::::::',
  ,.:゙;;;;;;;;;;;;;;;:'¨``"´゙'ー、_ ゙ミ::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::',
  ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;|        `ヾ,::::::::::::::::::゙:,::::::::::::::::::ソ
  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!       ,. イ ';::::::::::::::::::::',::::::::::::::/
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::彡...、  /  |'"}::::::::::::::::::い,::::::,:'
  ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ........ィ    ,.リノ';:::::::::::::::::::::::}:::::,:゙
  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ::: ,..ィ'"´   ':;:::::::::::::::::::/ミミ,
   ゙ヾ;;;;;:::';;;;;;;;|´ ,ィ'゙      ':,:::::::::::::::,'ミミミ:,
       ヾ;;;;ト,:'         ヾ;::::::::,'ヨ三三:,
        `゙ !           ヽ;ソニ三三ニ':,



┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│              ' ///////////≧‐≦/////////// 、                     .│
│          ////////%-ァ≧-―‐―-≦ミ: :マ /////ヽ                    .│
│            ///////%ア ィi「  /   u  マ`x、マ'//////、                  │
│.          ///////% '  ;. u i   i {   :.. Vハ、/////ハ                 ..│
│.          ////// ゙ ,:  i/  イ   i ハ  ::.  vミ, <///ハ                 .│
│       /////  .'   i :/_{_:  | :l_V、 j  } ;   ` <j                 │
│.      ////    i :! i 7 ̄ヘハ  V ̄V j  ハ;:                     .....│
│       '"        jィ l :マ斧牟マヘ {牟尖ッ- ハjヘ         ひいぃっ……!  ......│
│             ´j人 ハ{ vツ V\i vツノ イ  {`                    .....│
│                 ;  :}:.ム /////////u イ :  ::.                    ......│
│              ;  } /_ヘ、 r ュ ,.ィ(.:.{  :.  ::.                      .│
│                 ,/  j'...........{=j  ̄ {=j......ハ  :.  ::.                     │
│            ィ/  .∧..........ヘ、   ,/.........ハ: v   :.                    .│
└────────────────────────────────────┘



かつて古葉監督時代には自己判断でセーフティバントをするほどそれなりに自信を持ってバントをしていた高橋だったが、
この頃になるとサインでバントを指示されると、気分が「決めなきゃいけない」という恐怖で満たされ、動きがぎこちなくなる。
その結果成功率は下がるし、失敗したら「次は失敗できない」とまた新たに重圧が積み重なる。
何もかもうまくいかない、悪いサイクルに彼は完全にはまってしまっていた。

464 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:54:35 ID:UbaNM0JY [224/337]

結局高橋は、この1988年のシーズンは最後まで自分のバッティングを取り戻す事が出来なかった。
シーズン打率は今までのプロ生活の中でダントツ最低の.238で、本塁打も良かった頃の半分以下の11本のみ。
これまでの彼のプロ人生史上、最悪のシーズンだった。



          Vニニ∧       /ニニニニノ
         Vニニ∧     . イニニニ/
           、ニニ∧, 、_/ニニニニ/
          ` <ニ{/〈ニニ- <
            /、+7⌒了⌒ ´"''+s、 `丶
        ≠'`  /  │  : 丶 \ 、 \
        /'´   /     !  U :    \ 、
.       / u  .イ          l  :     ヾ,  :
      /  l / | U       .∧ │    ', l
     ,    | '   .    :     ', ハ     , |l
     ノ   |l -─\  l  / ̄レ^' l  u  .乂l
    /.イ   {   - 、\ 、/     |      トミ
   ⌒ | │ | f'斧ミ  レヘ.  斧芋フ.'  ノ , │「
      | 人 lヽ 乂rj   u  .乂rj / イ / レ |      …………
      |{ l|\,∧     ,      ⌒ ル' │  |
        | |  |:. U     u    イ  |l
        | |  | 丶    ー ‐    / :|  l|l   |l
        | 人 |  l >       イ |  |  |l     ||l
        |   ヽl  |l  l小 ̄     |_ |  |    ||l
         ;   _j|..-─...::フj    u V^|  |     ||l
.        / , ‐l:::|l:::::::::::::{´      /:|  |::..‐- _ ||l
       / /  |::::|l::::::::::::|      /:::|  |::::::::::: 癶 l|l、
.      /  ′  .::::l|:::::::::::l ヽ , -‐/:::::|  |:::::::/     |l \
     /  l    >」l::::::::::l     /:::::::|  |::/     i | 、 \
.    /  /|   ∨ ' |l:::::::::::.   .::::::::::|  |´       | |l \
   /  / ,|   |/ リ、\:::::V/ _.、+`|  | ヽ/    | ||l   \
.  /  / l::ー‐/ /  \≧ ィニ/ │ |  !     | |||l
 /     {_:::::/ /_)  /ニXニく  (_| │ rー─=≦:} ||||l



高橋は、チーム内の自分の居場所が確実に失われていくのを自覚していた。
結果さえ出せていればと思っていたのが結果が出せなくなり、おまけに更にチーム内の敵も増えた。
案の定オフに入ると、前年と同様スポーツ新聞のオモチャにされる日々。
もう自分はいつトレードされても仕方がない、そのような諦めの境地に至りつつあった。

465 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:54:59 ID:UbaNM0JY [225/337]

翌1989年、再び何とかカープへの残留を果たした高橋ではあったが、
シーズンオフの間には、彼にとってはそれ以上の凶報もあった。

この年から阿南に代わり、これまで在野で見聞を広めてきた山本浩二が満を持して監督に就任。
そして――――



   /. :: :: ::_::_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  .: :: :: :γ ト、/lヽ :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.
 /.:.:.:.:. ::弋!V!ノ_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.
. {.:.:.:.:>:: ::¨ ̄:: :: :: :`>x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 、::≫== ===≪.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 //州__: : : : : : : :`>≧≡= ≧、.:.:.:.:.:.
 {(:州へ≧=x 、≦rビテ‐`   川⌒ヽ:i       お久しぶりです先輩
  ゛¨沁 <ツゝi !::''     、__彡イ/^} }i
  -=彡   |        ̄ }!_ ノ/:i:i       どうか手厚いサポート、よろしくお願いしますよ
      j!   ,{、ム )     )}  〔彡'州:i
     ∧ ,ィ升_守≧=≦ノ  ,' _))川:i:       何せ自分は指導者経験が乏しいものでしてね……
     辷彡ノ辷ニ≧≡'"   / ー=≦彡
       ヘ  `:::::7´    ,:′  从州
.        ';      / ;;   /:/ニニ
       ,.斗`ー‐一 升i/:ミ  /.:.:i二ニ
     ,ィ劣/∧、 ______,//:: ::.:.:|二ニ
-‐: :: :,ィ仁:i/:: ::∧:.:. :: :: :: :/: :: ::.:.:.:.:」二ニ
: :: : /ニ二/: :: :: :∧:.: :: :: :/:: :: :__二=!≠ニ
: :: /ニ二/三二ニ=‐、: : r=ニ ̄: :: :: :|三二

466 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:55:27 ID:UbaNM0JY [226/337]





                              _ ‐― 、
                             ,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                     少'´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、i:、:i\
                         {_,ィ _ ̄ ̄≧=、 \}i:i:i:ム
                       {7/r 。ァ__  ¨}/込、 ≧=-}‐、         おう、任せとけ!
                       入__¨ィ//込、_ノ∧ノ㍉ノ (  ノ
                       └=>''´二ノ////》 i ム  `゙゙~         お前が安心して指揮できるよう、
                       `ヽ'/¨////イ‐┴==ト=‐、
            r‐、           _{/////          \        このワシが選手をビシビシしごいて
       r‐、_ノ二}         ,ィ升、i:i: ̄i:i:i≧===≦´ ̄¨¨¨´` 、
      ノ二二ニ〈        /i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\     鍛え上げてやるわ!
     〈二二二ニ》    _ イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト、
     _ト'   ̄二`ヽ  ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:iム
    /    ,ィi:i:i:i:i:i入_ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Yi:,
     {    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:八 i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:ム
    i   {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:圦
     \__i}、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iイ__:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{i:i:i:iム
        \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>''´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:ム
            `'守i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{i:i:i:i:i:i:}
                `''<>''´ /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i/}
                   {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ヾ-i:i:ム
                  マi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}__i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:i:i:|
                  }≧ _i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_:i:i:i:イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ|i:i:i:i:i:i:ト、
                       ∧////≧:i:i:i:_i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/≧=--イ i}
                   /i:i:i`''<//////≧=‐i:i:i:i:i:i:i:i:i:_儿_:i:i:i:i:i:イ}        |i
                     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:`''</////////////////////>''∧_ _ /
                 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧ニニニ===‐-‐===ニニニ≦:i:i:i:i:i:∧7‐ュ-トイ
                    ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ムミ=-'



よりによって山本を一番に支えるヘッドコーチに就任したのが、高橋にとっては因縁の人物である大下剛史であった。
かつて1982年にノックをめぐってひと悶着が起きて以来高橋と口も利かない仲となっていた大下は
その後1983年のオフに一度退団していたが、この度山本たっての要請でカープに復帰する事になったのである。

467 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:55:50 ID:UbaNM0JY [227/337]

キャンプに入ると、案の定彼ら二人の間にまたしても不穏な空気が漂った。
ある日、スケジュール通りの練習が終わった後で、大下がこれから全員で守備の特別練習をすると言い出した。
しかしその時高橋は練習中に膝を痛め、水が溜まっているほど悪化した状態だった。
そこで彼は大下に事情を説明したのだが――――



             ,.-= .._        _、r=― 、
            //////` <    ////////\
              ' ///////////≧‐≦/////////// 、
          ////////%-ァ≧-―‐―-≦ミ: :マ /////ヽ
            ///////%ア ィi「  /     マ`x、マ'//////、
.          ///////% '  ;.:  :i   i {   :.. Vハ、/////ハ
.          ////// ゙ ,:  i/  イ   i ハ  ::.  vミ, <///ハ
       /////  .'   i :/_{_:  | :l_V、 j  } ;   ` <j
.      ////    i :! i 7 ̄ヘハ  V ̄V j  ハ;:
       '"        jィ l :マ斧牟マヘ {牟尖ッ- ハjヘ           かくかくしかじかで……
             ´j人 ハ{ vツ V\i vツノ イ  {`
                 ;  :}:.ム /////////u イ :  ::.          ちょっと今日はこれ以上は勘弁して頂けませんか?
              ;  } /_ヘ、 r ュ ,.ィ(.:.{  :.  ::.
                 ,/  j'...........{=j  ̄ {=j......ハ  :.  ::.
            ィ/  .∧..........ヘ、   ,/.........ハ: v   :.
          /,.:'   /  v..........ヘ  ./............ハ V   ::.
         //   ,     \.......ヘ./........./  v V   :.

468 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:56:15 ID:UbaNM0JY [228/337]

大下はそれを聞き入れず、高橋を強引にグラウンドに引っ張り、練習に参加させた。



          Ⅵ       ,    _  \ミ、//}
           /    、   /   /_     ミ/{/`ヽ
            / -- 、_,> {__/_。_ノ      }_/{ヽi }
          ヽ   <__。〉/ ` ー--     / //,{ /,イ         何だと! 甘えるな! 何でも全員一緒にやるという
              }      ,'          / ////! ´ハ
              ',    {    _ ヽ       { ,'////{_ノ、i}        今年のチーム方針はお前も知っているだろう!
           }、    ヽ`___`_xwイ7777∨、///∧ ',
           l∧  ,xイ7ir__,. -――-、ヽ\\//}  /\_      いいから来い!
           |/ ヽ'´/イ/ ̄ _,..-――‐ '_///\\,! /  }:::::`ヽ
           ∨/i//!  ̄_,.. -、---イ////////  l:::::::::::
             }/i//∧_//i l///\/////////   l::::::::::::
             ∨//l//i|///!,!/////\///イ     ;::::::::::::
          _,...> 、//i///i/i/////>-'/     /::::::::::::
    _,.. -  ´     / |:::::::T ー‐ー'´、   / />.   /::::::::::::::
-  '´           {   |:::::::::',  `ヽ   /  </   /:::::::::::::::::



またいつもの減らず口だと判断されたのか、それとももう怪我が悪化しても構わないような選手と認識されてたのか。
何れにせよ、キャンプの間は二人はずっとこんな調子だった。
前の時は大下が出ていく形にはなったが、今度も自分と相手のどちらかが出ていかなければきっとおさまらない。
高橋はそのように覚悟せざるを得なかった。

469 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:56:41 ID:UbaNM0JY [229/337]

おまけに高橋にとって、この年新たに増えた敵は大下だけではなかった。

こちらは敵といっても喧嘩したりいざこざを起こすというわけではないが、
それでも球団が高橋の後釜として想定しているのは明白で、
彼等の多大な期待を背負って高橋の居場所を容赦なく刈り取ろうとしている、
そんなエネルギーに満ちた強力なライバルが、この年から新たにカープに加わっていた。



                 _,...-r777777l77ヽ、
               ,..イ/// ̄ ̄ ̄\l//ノ/\
                 //////          ̄`ヽⅥ
             ////イ   ___          }!
              //|//7    r tォミ_、 _,_   {       いいか、カープの将来はお前にかかってるんだ
               l/ハ/,/        ̄   {、fjァ` ノ
             {/ !/ハ、         !    ,       大学の先輩として責任持ってみっちり鍛えてやるから
             i∨//| ヽ   _rィ-, ,、}   ;'
             Ⅵ//∧ } //--- '''''ーrr、  {        無様な姿をさらしたら許さんぞ
             l/!//////// ´ ̄_`´_`ヽ}/Ⅵ
            / ∨///////>、_///}_ ///!
             _/、  \/////////////l//// |
           / \ `丶、`<//////////!///
     _,... -  /: : : : 、   `ヽ、 ̄  ー--- イ
_,.. -  ´    _|: : : : : :、   <\ `ヽ、_,.. - '、
   _,..ィ´ ̄i |: : : : : : : 、  \_> /: : :ヽ }: \_
イi i  i i | i | |: : : : : : : : \   / ∨,:-:∧ !: : :\_ `丶、
i i i i | | | i | |: : : : : : : : : :、\/    }: :l: :, ∨!: : : : \i- 、 `丶

470 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:57:13 ID:UbaNM0JY [230/337]





       /\                _ イ^!
        ∥ ヾ;\            ィi「;/⌒}
       }   \;;丶、         /;;;;/    リ
       l!    \;;;;;\    / : /      ,
              __\: : 丶  /: : 〃     ∥
         `、    マ⌒ヽ: : : ∨: : /ー、     ′
         ヽ  . .<. . : : : : : : : /: :∠    ノ
        /``: : : :__zヘ: : : : : : : : :/. . イ、
      . : :/: : : : ''"´:`ヾ z=ミ、: : : : : : : : : :丶
     / : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヾ、 : : : : `、: : : : 、
     ': : /:/: : l: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : V: : : : :,
    / : /:/: : :イ⌒ヽ: : : : : : : : : :/!: : : : : : : :V: : : : ',
   . : : i: i : : i l: / l : : : : /!: : /-i、: : ノ: : : : :! : : : :|
   l/l: :l: !: : :lィf示ミ : : //:_z=、 〃: :ィ : : : : : !: :l: : : |       は~い!
  r7フへ:l : : l  _ノ ト: :/  _ノ : メ:/ /: : : : : :}:|: :|
 /// 人 : !  ヒリ V  i : 刈 》 /:/ : : /:/ : ′ : i       が~んばるぞ~!
 \l 丶 l< ヾl "" ′   Vzノ / /:/: : :ィ /: :/ : : : '
   ⌒r─ " 八  γ ─‐‐v 〃/:、+''"ノ : : /: : /l/
    `¨¨Y´ 个 、乂    ) s个ー≦ー──イ/
        }   K }>ー─<二_: :上 _: (ニ): : :}    _ -─z
       ∥  }:ヽV ゚: (:_/__:c: 。)    ヽ─‐┘  γ三三三≧
      ′   l: ゚:レ>ーイ/  ≧く   _ム-、    }三三三三\
     /     ノ _ノl  レ  /    ヾく: :(): : : }    ヾ三三二=ー丶
      ヽ  /  l  / /   /  ヾ:\ー‐:>-、   \ミ: : : : : : : : :`、
      `¨´   _丶、!Υ_ /  /  : :ヽ:゚ : :c: : :ヽ   丶:-=三三ミ、: ,
          イ/)⌒>个、_  __,,ィ__       }    V三三三ミ_: !
        /⌒: : : : : : : :ト \二__ イ: ≧=- __/     }: : : : : : ヾニ!
        {ヽ: :(ニ): : :=メ_\\____//ヽノ         ノ三ニ : : : : =!
         し: : : r‐、 : : V≧: `¨¨¨¨¨´: : : : V个ー──"´=三三三ノ : /
       < : : : `¨´: : : : : : : : : ゚: : : : (ニ) : (V入ミ三三z: : : -=Ξ三 /
       ィ个: : : : : : : : 。: :(ニ): : : : : : : : : : : :}: :マ: :=三Ξ : : : : : : /
       〃: L__ : : : : : : : : : : : : : :(ニ) : : : (ニ}: :人 ____ -= ´

         【  野村謙二郎  】



野村謙二郎。
駒澤大学でリーグの通算盗塁記録を更新し、ソウルオリンピック野球日本代表にも大学生ながら選ばれる等
前年のドラフトで大学野球界屈指の野手として注目されていた彼は、
重複指名も十分予想されていた中でカープが単独1位指名を果たし、そのまま入団。

次代を担うリーダーとして見込まれこの春から大学の先輩である大下に徹底的にしごかれていった彼は、
その後才能を開花させ、平成初期のカープを代表する選手かつチームリーダーになるまでに成長していくのである。

471 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:57:36 ID:UbaNM0JY [231/337]

やがて、1989年のシーズンが始まった。
この年は新外国人がそこそこ頼りになる選手が入ったのもあってか、高橋は再び1番打者に復帰。
そのためこれでまた自分のバッティングを取り戻せると彼は喜び、実際にそこそこ調子が戻っていた。




           _,,.....,,_
..     _、rf〔////////> 、 _,,..       、、   _,、rセ7ア///> 、、
   ,.ィi///////////////// >、        >'´///////////////>.、
   //////////ィ=,ニ/.,,_//////.∧,.、 ,ィi////////>‐ '' ''</////// \
   //////ィ´  /    ̄,>///''"f///>/<´  ヽ     \///////.\
.    >''"      /   ,ィi{/>''" `ー''"~~"'' </\  ∨     `''<//////
.            /  /i/   /      ヽ     `'ヽ、 ∨          `'' <//
          /  //   / {      ∨ ヽ   \` ∨
           /   /  ./  ./ ヽ      .| ∨丶   ヽ、`>、
.          /  /    |  |   \.   |.  ∨    \``~、、
.       /   ./   ∧  {    `''< ト、  ∨     ゝヽ `
       /   |    ∧ |\     / ゙_、‐∨ 、    _'>          よしっ、いい当たり!
     /   / |    _'  `~、\    /ィi「 `''<}',     | ヽ
    /   , / ,l ヽ 《`l≧ェュミ ∨ヽ/、r≦i´》 .リ |   /  \
. /   //ィ´∧  \ゞ∨:ソ   l'  `∨ツ〃/' |/ }. /      \
.     /  ,.:'   ゝ、  ヽ     / ,       // .i/ \     \                 /`l
.   /  /  .,>''"~≧- 、>          , イ  \      \      \            ,、.   l  |/ 〉
    /   / /:::; --==ミメ、`    ´, 、<  | γ Y .、     ヽ       \          ,l |  l  |レ'
.    /   ./ /::/    ''´ `" 'ヽ、 ィ′ .|  ,' /  .|  \    |          ヽ         ,! L.-ヾi=,'
   /     |./:/          ヽ./   .| 〈/    ′  \   |        ∨     _,.-'´  _, - '_´
.  /      ‘、 |             / .   |ィ':/   ./      ∧ |    .|    |      |_,.- '´| L-'´_|      __     _
          从/            /   /:::/ .   /        ∨     |    |       ,.-'´  ,.-'"       /__ノ   /丿
.          ∥         ,,.._ ./   /:::/   /           |     |    |      |,.- '´| |    />        / /
           ∥        /  Y   //   /           .|     |     .,′        |,i   / r´   ,____,. - '´ /
          ∧       ,/    |  /´   / |      _,,....、/     ./   /            く/Ll   /____,/
.           ∧    //   /  /   / .|  .>''´   )     ./   /

472 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:58:02 ID:UbaNM0JY [232/337]

だが――――



                       - 、
       --  _              /ニニ\
.     /ニニニニ-           /ニニニニニ\
    /ニニニ;ニニ\     -ニニヘニニニニヽ
.   /ニニニ/ニニニニ\  /ニニ/  Vニニニニ-
  /ニニニ/ ⌒ -ニニニ- /ニ/    、ニニニニ-
.  'ニニニ/      >、∨ イ-- ミ    \ニニニ-
  -ニニニ/     /、+'`゚~ ̄~゚`''+。.\    \ニニ}
 i二二-     ,  ` :      :   ´' ヽ      一
 |ニニ/    /     l      l      ,
   ̄     /     ∧     |\     ′
.        /    / `、     l   \    ,
       / イ  V ⌒ \  l ⌒ ヽ   '、
       ´ |  |灯苅下 \,灯苅下}!  ト \      コーチ、やりました! 慶彦打ちましたよ!
         从  弋ーク     弋ーク ノ イ | ⌒
         |ヘ l、           イ ル1
         | \,> . `__´ . <,//  |
        ノ /  | , -‐√  l‐-..,//  l |l
      〈∧/ /  ノ/ \::::.  /:::/ ハ l | :|l,
   〈∧ Vヘ/  //`V \:V::ィ V「 ∨ ! |′
.    Vヘ...V,〉 ̄ 〈 イ o /-ハ-,j[「 ̄_〉    ,
   厂V,〉   / ∨| o {ニj jニ} | |Τ ∨ 、 ′



               ,....、
              .( O )
       iニニニニニ~カ `-′
            ,ク
           ,ク  _                     .,
          _,ク   //     __,    rv┐        / l
             /,イ|   ()O{ /   { { {       /  |
              .|,     jノ    OO     /    |       _ ,
                               ./     L,_,. -‐‐''´ ./
                              /        `ヽ、   /
.             , .-─‐             |              't /
            .(゙  ( ,,__  _           l   O,  、   ,   i/
             ` '' ー- ニ ~"ニ = - ‐     |      ト-イ ,O l
                               ゝ      |. /    /
                               ヽ   _  ´__/
                                //,、  ̄`、ヽ,
                              /  i  \ヲ´ i ヽ

473 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:58:25 ID:UbaNM0JY [233/337]





                                \///∧        |/////
                                 \//∧     |////
                               ヽ/∧    .|///
                                ∨∧、V≧={//
                                   》</{//}//ミxヽ
                                /〃´      ヾハ‘>、
                                 .′         ヽ .Vニ>
                               .′  /{   ト、    V}
                               |  |./八   l|ハ }   }ハ     あれ? コーチ、あのー……
                               |  |rzzzヽ リィzzァ 八.∧
                                  从 {.|.乂リ  ヾ{.Vリ }/}イ  .∧
                              / V}ハ    ′  /l{ |    \
                               /  /| }.> 、 ゜ イ }:.l |> 、   \     .ィ≦/\
                              ./  { | |: : : :{    八 .!: /  Y    `  . .//>-ァ/ハ
               .              ./   .ト.| .八: : :!   /: : | |イ   |      ゞ' ////∧
                             ./    .ハl|/}/ \ハ .イ>´l | 、  ./}` .    {{乂{< }//}









           _,.. -――--_、
           {7ュ<7 ̄7 ̄ィ}
           } ヽ-' ´ ̄ }__: :l
            l        トミr}
              { ェォ  rtォ ヽ:.}、)       …………
              l / 、   ィ: !''}
             }ィゞii'wx、 /ミ{ノ}\_                                 l\          /|
         ,.. {i: ´_ ̄_`>´::i/ /::////> 、                             .|  \       /  |
      _,...</ィi\i_Y:_ヽ/  /::{i i </////>、                          .|   \    /    |
   ,.<//イi i i/::{ 介、      /::::li i i i i i i i<///>、                         .|.      \──   .|
  /i i i i i i i//::/V/:::ハ.  /:::::/;;;;;;\i i i i i i i;;;;;;;;;;}                        .|               |
  {;;li i >'´;;;;;;/:::{ /::::{  `/::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<i i {;;;;;;;;;;l                        |    __   __|
  |;;;;;/;;;;/:::::{::::::l /::::/ ,/::::::::/:::::::`ヽ、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;< ̄ヽ           …………      |.  l__l    l_l |
  |;;;/´:::::::::::::::',::::|{:::://::::::::/___::::::::::::`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;\ }                      |     ____  |
  |;/:::::::::::::::::::::∨!/イ:::::::/:::::: ̄ ̄::::::::::::::{::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;从_                      \  /___ ヽ| /
  l;{:::::::::::::::::::::::::∨::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::<;;;;;;;;;;l                       >       <
  l:|:::::::::::::::::::::::::::∨_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ                    /          \

474 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 13:58:55 ID:UbaNM0JY [234/337]

高橋は、コーチ達に無視されるようになっていた。
例えいいヒットを打とうがファインプレーをしようが、誰も声をかけてくれない。



                            /
                            /_/ \
                           _-=ニ/   ニヽ
                          /-=ニ/   }ニ=-
                      /-=ニ/     ニ=-_
                        /-=ニ/     }ニニ=-_
                    /-=ニイ       ニニ=-_
                      /-=ニニ       }ニニニ=-_
                  -=ニニニ{      }ニニニ=-
                 -=ニニニ     ,ニニニ=-
                     -=ニニニ      ,ニニニ=-
                    -=ニニニ     'ニニニ=-
                      -=ニニニ    /ニニニ=-
                      -=ニニ   'ニニニ=-
                    -=ニ}!  /ニニ=-
                   ィニ乂/ニ{イニ=-_
                  ´      ̄ ` <=-_ ` .,
               / /              \=-_  ':,
              /   i{        }!     \-_   ,
                /   /i{      八        ヽ   ′
            / / ,        /  \       \  }!
            ,   i{`ヽ八      /´ ̄  ヽ        \}!
            .   iⅣx=ミ:.    , x==ミ         ハ ⌒ヽ       え? そんな……
             i{   ル〃 )ハ \  { ):ハ  ヽ }     }!  |
           八Ⅳ ,圦 ヒリ ::::::::::::::: ヒり ノ  ,    ,           何でみんな、慶彦のことを無視するの?
            /  :::::::::::,:::::::::::::::::::::::  /イ   ../   |
              {    :::::::::::::::::::::::::::   -=彡 イ ノイ}    |
               八               /  |ゞ'''ノ   |
              i\  ´`           /   , イ     八
              |  \          /  / 八       \
              :  i| >-----    /  /           ハ
              /  .八   }    /  /     \
.           /´/  ./\_,,//    /  /..\_______        i
.           , /  ./........../´    _/  /__/..../´ ̄`ヽ     |
         / /  ./........../ヽ   / ,   ./........../        ,   :|
         , ./  ./...........,    /.  ............/         ′  |
          {/  .∧...........{   /.../  /......./         }!  :|
.       / / }\..../__/..... /  /..../          }!  :|



いつしか高橋は、今度は自分が何のために野球をやっているのかが分からなくなっていった。
彼は、もはや四面楚歌だった。
彼の新たな憂鬱な日々が、始まっていたのだった。

475 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:08:49 ID:UbaNM0JY [235/337]

やがてシーズンが進み7月になると、高橋は今度はついに打順を6番に降格させられた。
降格前まで打率は2割8分近くを保っており、彼は決して不振というわけではなかった。
打順の組み直しで1,2番を前年と同じ正田耕三と山崎隆造のコンビに戻すと、
この年は3番の新外国人のウェイド・ロードンが主軸の役目を果たしていたため、高橋が上位打線からはじき出されたのである。



                    ,.‐:⌒:>:―:-. . .、
                /.:/: : : : : : : : : : : : `:-.、
              /: :,:´:!: : : :/: : : : : : : : : : : :\
                /: :/: : i: :/: : : //: : : : : : : : :ヽ
                 /: :/: : : ∨: : : :/: /: : : :./ '; : : : : :ヽ
              ': !: {: i : :/: : : 、': /:/: : :/   }:!: : :!: : ヘ
                {: !: :レく:ハ: : :ハ:\/: : :/    !:!: : :}: : : l
                i: !: :{⌒ {: :.ィ示rテミ:ヽ:i{    ノ;レ: j : : :ハ
           _ヽ:ヽ:ヽ {: :代/ソ  ヽハ 彡に///: :/:∧ゝ
   __..<⌒\::::::\ヽ: :ー!: :{, , ,     んソ彡イ: :/:/
/::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ::::::ヽ::く::ヘ: !  、_   ' ゙'´ /; :ノ/ノ
{::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::i:::::ヽヽ;\ (_フ  ' 'ィ: {: ト<
、::::::::::::::: ̄::::┴::::、::::::::::::V:::::::::ヽ;{:::::::ー―: :<: : : :i: !: :\ニニ=一⌒
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::/::::::::::::::::ヽヽハ:7ヽ: : : :\: }:|: : : : \
 \:::::::::::::::::::::::::::/::〃:ヽ::::>―へ〃:ハ   ̄ \: }:ト: : : : : :ヽ
   ⌒\::::::::::::::〈:::::〃::::/´   \ ト ヽ-、:\   ノハ; \: :ヽ:ヽ
       \:::::::::ゝ:《::::::ト_ -- '   ∪ヘV七〉x:ハ ノ  )  \:'; ヘ
         ̄!: ̄::: ̄:⌒ヽ- _´二つ萬/:::/::ヽ       ): :)
          {:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::}}:: ̄::::V:::::::ハ      ノ/
         V:::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}}:::::::::::::}::::::::::ヽ    ´´






                    __,,
             、ヽ` ̄/  ノ_
              /      `¨´ \ ̄ 〉
            /              ', /
     /⌒\ |,, -、     ___     ├―<
    ./    .V{ ㌢⌒\ '´んハ   ;    /__
   i⌒\   { /;;;;;;;;;;;;∧ 乂シ   ,   /   /
   人    .人乂;;;, -、;;;;;\ ::::  /`¨¨´--一⌒Y
    >=    \ ∨::::::ア   ⌒ヽ'´         } ̄\
    \__,、     ア乂/=- У⌒^ .::    、_ノ_ /
         ‘,   ./ i⌒    /  /            〉
        ‘,  ! 「        ¨´       \_ノ
    r―、「 ̄\{_               、__〉、
    人.  ‘,.   〉ヽ      ´"'''‐--‐'''"´    >
    .∧__〉-イ;;;;;;| y^ヽ     、ヽ`⌒ヽ_,,.、丶´
       {;;;;;;;;;\ ;;;;; |;;ヽ;;;|''‐-‐'''"´,;;;;;|∧
      `¨¨\;;;;;;;;;;j;;;;__/     |;;;;;;Ⅵ}
         \_イ          ∨;;;;;;;;\
                     {;;\___;/\
                        `¨´ゝ-一'

          【  山崎隆造  】






          /: .: //: : /: : : : : : :/ー─∨ーl: : {: : {
           } / / /: : / ;  /: : : ノ      }: : : }: ヘ
          / l / /: : / ;//: : /       l: : ヽ ヘ: Y
           } イ: : {: : / ./_l_: :/    ___ヘ: : : } ! i: ヽ
           l .l: : : l: ∧/  ̄` ヽ _ / ´ ̄ ̄` ) : l ! .j: : }
          ヾヽ: : ヘ `ニtツアニ`}. T { ´ ニツアニ 、} // /: /
              入: : ヽ       / .l ヽ      / |/ /: /
            __jゝ: ヾヽ__ ノ   |  ヘ__ /// //
            丶ノハ jヘ        `       ///´
               <: : : \  ヽニニフ   / √
              >ニ≧iヽ         イ/l ハ
             //.:.:.:.:ヘk >    / l.:.:´.:.:ヽヽ
              //.:.:.:.:.:.:.:.:iー-- ` - ´‐ーi.:.:.:.:.:.:.:} ゝ
            ヽヽ:.:.:.:.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::::::::i.:.:.:.:.:.:/ /
             ゝ \.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::_ i_ .ノ ハ
            / j  ┃ ̄ ̄`ー─´        ト 、
    , ____ ノ    ヽ.┃                     } _____
  /               ┃         __ ノ             ヽ
 /              ┏┛` ────→´  ノ               l
. {               ┃        / /                     }

            【  ウェイド・ロードン  】



.

476 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:09:16 ID:UbaNM0JY [236/337]

更にオールスターが終わり後半戦が始まると、今度は球宴前まで下位打線にいた野村謙二郎が、
山崎を押しのけて2番に入るようになった。
この年の野村は外野を中心に起用されショートに入る機会はほぼ無かったが、
それでも少ない出場機会の中で足をアピールしたりして、徐々に存在感を発揮しつつあった。



                /゙ヽ Y゙い,
                  //゙vヘ, | :| ヘ
.               :゙'  Vハ| :|   ゙:,
             |i    |:|:|   ハ     r「l ,ゎ
             |i _)V|:|:|V(_, i|   〈〔川//
             |i _〉 _」:⊥:L_ 〈 i|   |   {ノ〉
                )じ ´: ,:イ ト、: :`:ぐヽ、 j  /
.             /,:´: : :〈八八〉: : : :\ :VI /´
             / /: : : : :| : : : : : ト、ヽ: : :゙: ∨
            :゙ i|: : : :|:八: : : : :.ム Vl : : |iい
            |:八: : ∧k泝 : : 泝k ハ : 八 |
            |: i :\ト, ヒり`Y ヒリ {ムイ.: :j |
           VI、: :〔ヘ、  _,   ノ 」/V
             \「`メ>r - rf´`Y/
              「{_  ./x‐く〉ー_{_}xく{'
.           r┴、〉 く/   Y´ 《  〈
.          そ⌒{ rf⌒`Vノ  ゙:,,   Y
           `Y \}i   /{(_   》 _ノ
           ゙v  `ヽ/ にニ⇒ぐア{
            \__ノ _}ー_-_  ッくゝ、_...ニ=-――ぇ
                  /´o 。 o 。ッく o   O (_) `ヽ
              _/ O 。 o 。 o O  (_)     〈
          _x<(_ )  O  o  O  ( _)  ( _)  く
           /⌒´ 厶'⌒)   (_)  ( _)      __厂
         厶ッー‐ッ、人 (⌒)  (⌒)  (⌒)厂 /
                k|`ーぇ (⌒)       /}ー《   _, ;-==ニ
               ノ^ト、 ____フ   (⌒_)/\/.ノ  》´ ̄`Y
          ト-‐rr‐くヽ,ハ(_) o{V^ヽ/\/  /゙v_>‐--‐'
        >_l」 _. :' )}  Oノ      く   _/`⌒^フ´厂´
         `ー---‐'´/o  /           >ーく`⌒^ア/´`ヽ
              ,:゙ 。 o/         K´_ _ ,_;_;厂 ̄´ _;‐_;‐_;
                | 。 o/       l`ー_‐_‐く   _;‐_;‐_;‐_;
                 l(_ _/           ヾ/ _, _;/  _;‐_;‐_;‐_;‐;
                 | ,:゙           〉_,_;_厂;>ー_‐_‐_‐_‐_
                |__{          _ _/^ア⌒'く     _; _;_ _;_
                {{》《}}     _;‐_;‐_;‐く_;‐_;‐_>ーく´_;‐_;‐_;
          _ _ ノ《 ,》_  _ _     ‐_;‐_;‐_;‐_;‐_;_   _;‐_;‐_;‐;
          _;‐_;‐_ ゙v____) _;‐_;‐
             ‐_;‐_;‐_;‐_;‐_;‐



野村の素質が本物である事は段々周囲も認めるところとなり、
将来的にカープの『1番・ショート』として使えるメドは、十分に立っていた。

高橋の年貢の納め時は、もはや目前まで迫っていたのだった。

477 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:09:41 ID:UbaNM0JY [237/337]

そして8月8日、東京ドームでの巨人戦。
この日高橋は、今までプロ生活で自身が行ってきた言動に対しての、最大のしっぺ返しを食らう事になる。



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _,,:,.,……………….,,,__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,.: -‐,.””´””            ̄” ” ‐- 、.,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : :.> ‘ ´,. ’ ´          _,,,………    ??  …,,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : :
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ,.ィ’´ ,. ’´   _,,..  -‐、’ “´ ̄    ` 、     ` 、 `” 、、: : : : : : : : : : : : :
; ; ; ; ; ; ; ; >”´_,,i,,∠_,.-‐ ””´      ` 、         \      \   `>、、: : : : : : : : : : :
!!!!!!!!!!>””´ ̄/ ̄”"‘ =、、_          ヽ         ヽ,       ヽ,   ヽ,\!!!!!!!!!!!!!!
,’,',’,'/`アァ=∠,,,,___ `”ヽ_         \_    _  ヽ,_  _ ヽ,_  \ V,’,',’,',’,',’,
__`”-=  //ニ二三三三三\ヾ\二二二㌶k,二ヾヾヽ====ヾヽ===ヾヽ==ヾヽニヾニヾヾチム>’,',’,',
㌍ ̄””””’? f|gkhj|gxkji|L──┴─┴─,,f㍍!?-┴-┴-㌶ニ巛㍍㎞㍑㎞ニ≠-┴””””"  ”"”
┴─┴==ニ三≧=-””” ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ”””””  ̄ ̄ ̄ _jL_ ,,gzh|h,,,j|          __,,,,……
三三三”"”´                             ”"”"”"”"_,,jk=-ニ∠二ヾ三三三
 ̄ ̄ ̄j! j!k  ㌶㌍k fgh gz、     ㍑   ,,,_ _…  .,r ?””   ̄      ┴ ┴

478 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:10:06 ID:UbaNM0JY [238/337]

この日を高橋は、いつになく特別な気持ちで迎えていた。
試合前のストレッチや練習も入念に、いつもよりも張り切って行っていた。



                                       \ニニ{      ノ-ノ
                        ____________        \ニ     //
                   ィ´  F_l /二二二ヘ F_l `ヽ   _ -≠ニヾ≧:、//
                  //     . --、,. --、, --、,. --、,. --、//´ ̄ ⌒丶く
                 j/|   /{ニニlニニlニニlニニlニニ}> ´       ` \
                   〈|〈|  {   ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/
      ノ\        |/,----------------------イ     ,:/ / .イ    ; l
      ):::__::ー=ミ     ------< ̄ ̄ ̄ ̄>--7 ⌒7  //..イ/./ /  / , |
       7´:::::ヽ:::::/::\          `l  ̄ ̄|   /  ハイ /,z=ミ、\{ .'  イ / ,      いっちにー、さんし……
    /  ト::::::::::::V::::::::ハ          |     | ___/___{   { {  ヒフ  人,.イミ 7 イ
   ,′ {:::\::::/:::::::/  ',、        |     |〈:::::::::::::::八  乂     ⌒ヒフ, イ /
    {   、::::::Y:::::::/   | \ / 、  r≦_jー一≧-ア  ̄⌒ヘ  ',、  .、,  ′/イ /
    、    \:乂:く    ノ   7  ー‐ ̄|   |  /      ,  ' \_ .、<´  ! { /^ミ、
    l _    ⌒ヽ:::`::T丶 _ /         |   | .′ -- 、  ′ ∨ 彡′   │レ     フ
    | ´       \::j::::::::::}       |   | {    ∧   ,  V      人 、  /
    |    _       `⌒ ̄ _         |   {  ー─≠ハー‐ヘ  !    ≫ ´  ,>\
    |   ´         ´       乂__/      // -ヘ:::::::::. | ≫ ´   /⌒ヽ'
    |      _         _----------------=彡  │〈 ̄l (´    /,. -- 、 }l
    L_    ´        ´       /ニニ/ l   ノーヘ )ノ   .、イ/  つソ }l、 r、
    {ニニ=--- 、     _ --ヘ     '⌒)ニ/   八       ー<  ̄ . ィ´ ̄r、_) ー' j
    | ̄  --==' ヽ _ -ニニニ一         ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      乂/ ̄
    ニニ==---   Vニニ-    __〉
    √  --==-     ̄  _ -ニニ〉
   ト ____,     〈ニニニ- ⌒
    --=ニニ7       - ̄     _ -



なぜならこの日の試合が彼にとって、通算1500試合目の一軍出場となる記念すべきゲームだったからである。

479 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:10:29 ID:UbaNM0JY [239/337]

1500試合出場。
それはレギュラーを10年続けても届かず、高橋の前にプロで達成した選手はわずか93人しかいない、
それだけの重みがある記録であり、高橋のプロ野球選手としての成功を裏付ける、立派な勲章となる事績だった。



      \//////////.> 、         /////  ;      !
        ` <//////////\     //////   .|    |
          ` <///////\   //////   .|    ;
              ゜ <////.》=ァ////     .|    |
                 >{/{/リ>_-=ミ、   !     |
                    /ィ≦ー '  ̄ ̄` .、.\.!   _|
          > ´ ̄/ ´       .ハ   \ |  〉--}
          |   /   ./ {   {  / .| } .ハ  〈ニニ.}
          {  . イ   ハ八  .| /-‐-} .ハ   '.  ー.f
          '.   八 |´ \ヾ {′  }′}   l}_ |
           ∨ / l{ l{.ィ≠ミ     _  .|  .八: : :`ヽ
           》/ イ八 .《 Vrリ    ´ ̄ ` 八 .′: : : : :}
              《: /: :{ .八ハ     '      /}  / ̄ ̄ }ソ        私もここまで来れたんだ……
           ∨: :八 {、从   、 _,     .八.′    |
            ` 〉 ヾ } >       イ}/イ .|     .ト、
            /∧  八/: : : :>.< /: : ! {     ;l \
              // .∧/ .∧: : : :{   /: : : | .|    .从.  ヽ
            ./  / ./ ./ .〉: :八  /: : : :∧八     .′   ∧
         / / ./ ∧ /  \: ヽ/: ://  Vハ   .′   / .∧
        / /  / / V  ○{::\{/:/○ }Vハ / \   ./ ∧
      / /  ./ / ./    >{::::}く     '. VV    ヽ  / .∧
     / /  .// /  .{   /::::::ゞイ:ハ     { ∧ヽ    ∨  / .∧
   / /  ./ / / ./ !  /::::::/  l}:::::l}     {′       .∨  / }
  /  ./   / ./イ / ′ {:::::/  八::リ    /》        '.     |
/   /   /     ./ .′ |::/  /:::/ ○  ハ.′          }    l|
   ./   /    /  .′  }′ /イ      { .′         .|    l|



この1500試合出場を達成できる事を、高橋は誇りに思っていた。
プロ入りして15年にわたり積み上げてきたモノが結実する様子を思い浮かべ、彼は感慨深かった。

480 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:10:51 ID:UbaNM0JY [240/337]

高橋は試合が待ち遠しかった。
この1500試合出場は、最近暗く憂鬱な日々が続いていた彼にとっては久々となる、明るい気持ちになれる現実だった。



        <///ニ=- .             //////l}
            ヽ//////>.、      ////////リ
           ∨///////\    /////////
               ∨////////.\‐_ァ{//////.イ
             ∨//////////ヽYハ///<
              ` <//////ニ=― '      \
                /  .7/   {     ヽ   ヽ
              ′ .〃     ./|      }ヽ   .∧
             ′ ./     {八   { |  V  .∧
                {   {     { l|-=ヽ、 .八 | ,xzァ }.八
                |   |    ト.{xz≠ミ、  リ芹}〃 ハ{
              V  .}八{   《芹r刈  \{ Vリ }}/`ヾ{
               /  ハ {ヽ {. ゞし'     、 :::::八        こんなワクワクした気持ちいつ以来かなー……
             ./     》、 .人 :::::::   ,  ./ {
            /   //: : :V {>  `¨ イY{ 八
              /  ,.<: : : : : V八 /Y.:千}   } V ∧
            /   ′ ` <: : ∨∧ }: : //  ハV ∧
          /     l{       、`ヽ∨∧j: :/}  .〈  ヽ ∧
        /   /八     Y \ヽ ヽ/八イ》   V∧
     ./   / / .∧     V  >\ ∨_:_/     Y.ハ  ィ、
    ./    /  /  r<ヽ     ノハ {:::::ハVハ ′     {/、》//》
   /    ./ >f{´ .乂《:.ー=≦: : :} .|:::::} {::V.V  /ヽ  {ミイ }/l}
  ./      .ィァ´  |{   V ヽ:_:_> ´Vハ::::ハ:::} }}  .Y《   }/}ノ/リ
 /      《:八  ヾ、.  ` <}    .∨}/  }/ .|!   \>-'////フ
./ {   /:::∨:::\.  \    ‘ト、   V .| / ノ|    ` <=-<
{ /|  {::::::::::/\:::::≧=-\ __ }    .Ⅵ /イ .!
|( .|  ハ:::::/:::::::::>:::::_:::::::::::::八    .V}   .|
ヾ人 .{  ヾ:::::::::/:::::::::::/:::::: ̄:|:::ハ    }ハ   .!
   ヾ  { \:/:::::::::::/::::::::::::::{:::::::::'.   .|  }   !



この記念すべき試合で活躍してお立ち台に立てれば、久しぶりに周囲に高橋慶彦ここにありとアピールできる。
そうすれば自身も気分が上向き、勢いに乗れるかもしれない。
そうして良い成績を残す事が出来たら、もしかしたら奇跡が待っているかも――――
そんな事を考えていたかはともかく、彼はとにかくこの試合を印象深いものにしようと、気合を入れて開始を待ち構えていた。

481 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:11:14 ID:UbaNM0JY [241/337]

だが――――






   \─|──|──|──|──|──|──|─―|―─|──|─/
   │                                     │
   ―     お待たせいたしました。               .―
   │                                    │
   ―     両チームのスターティングラインナップ、    .―
   │                                     │
   ―     並びにアンパイヤの紹介をいたします。     ―
   │                                  │
   /─|──|──|──|──|──|──|─―|―─|──|─\



                   ●


                   ●


                   ●



   \─|──|──|──|──|──|──|─―|―─|─/
   │                               │
   ―     2番、ショート、野村。 背番号7       ―
   │                               │
   /─|──|──|──|──|──|──|─―|―─|─\

482 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:11:43 ID:UbaNM0JY [242/337]





           /{         ∨ / '⌒Y   }
            | |        } {    |   |
            | |        | |    |   |
            | |      _|__     .|
∨          | |    /´ /厂\/〉\)、 人          /)
. ∨         .{人 /    〈/   ´    \丿         /  二
  ∨       /                   ∧         / ∧ 二
   \     ./     /            ∧         / /
    \   / {     .//⌒ヽ    ⌒ヽ}./ ∧     /   /
\    \./  .|    | 芹云ミ\} 芹云ミ厶イ |  /    /
.  \    \ 人    |/ rタハ 厶イ.rタハ | } .} /   /        わ~、今日は私がショートできるんだ!
    ∧     \ \ .{  じツ     じツ |.丿.丿    /
.     ∧       \{         '     |´ ̄´   /            う~れし~!
      ∧         \\    「 ̄`)   ノ/   /
.       ∧       /´ 7´ ̄\ ー' ─イ    /
        ∧   /  \{    .} ̄}   } ̄\ /
.         ∧イ     人__丿 j、  人 /__)
          ∧    /    ∨∧ `ーイ /
.           ∧  /      ∨∧  ∨.{
            ∧ /       ∨∧  ∨
.             ∧        }   }   }
              ∧          |   |   |
            ∧         .|   |   |






                                    ----  _
                                 /_\ニニニニ-
           --==ニニ≧s。              -ニニ.ヘニニニニ∧
         /ニニニニニニ=--=≧s。        /ニニ/  Vニニニニ∧
        /ニニニニニ/ニニニニニ\. -─/ニ/  .  Vニニニニニ
        -ニニニニニ/⌒ ̄ ̄  --ニニニYニニ}≦===ミ \  、ニニニニ}       (ヽ、00  ∩
      -ニニニニ-           , :´,、≠⌒ ー‐' 、      `丶、 \ニニ7      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     {ニ-  ̄          / _+`   /    丶 \    \  \_/       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                       / ,:`    '     i  :、  、  \ゝ         ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                    ' /  U    l{    :  l \ ト.    ',           `ー――'′ し∪  (ノ
                       { '     l| ハ       | __}L l:   : 、
                   八|     l| .′`、    ィ´ リ |l   ト .\
                     |     T{ ̄⌒\  ハ,.==ヾ l|   ノ   ⌒
                     | |     l  ,.==ヾV::::《 (・) .ノ .リ ルヘ
                     l人    ∥ (・)ノ:::::::`ー '’ .イ.!   ,
                  /   \   、`ー-=   ,    .ノ:| |   :,        は……!?
                  /     -、≧ーヘ      o  /- | |- 、 ′
                  /   /, ´  \| l::、 ≧=-  ,<::::::::::| l   V、 、
                  ´  / /     Y |:∧     {  l:::::::八 、 │ \\
            . :     /   /     │:::::∧     .,::::::::::/ \\  丶 \
          ´      `  .ィ7      ,、 | |、::::∧ヽ  '/::::::::/ ,  \\    \
                .   ´ .イ     /  ,│ハ、::::、  /::: ィ´ /  / \ 、   、 丶
  /      _ . :     /::乂_  _/  / ル  乂≧ー≦/\ l  _,ハ   ヽ、    \
/      . . ; : :/       」:::::::::::::::::∧__/ , ◯  7、__√ l Y´:::::/    ]l :、   丶
   . :´ :/: ;         , '⌒ー r‐1  / /    /-ハニl◯ l l:::::::/       }| :\
 /. : : /: : /       /    /  」 / /    /ニ, lニl  .' 厂/   .-┐  'l  : : \



高橋は己の耳と目を疑った。
この日のスタメンのショートは、高橋ではなく野村謙二郎だった。
それどころか、スターティングラインナップに高橋の名前がまるで無い。

彼は決して、どこか特別に体を痛めていたわけでも、レギュラーを失いかけていたわけでもなかった。
この年彼はこれまでオールスター前に一試合外れた以外は、全ての試合でスタメン出場していた。
それにも関わらず、よりにもよってこの日に限っていきなりスタメンを外されたのである。

483 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:12:07 ID:UbaNM0JY [243/337]

一体どういうことだ。監督は何を考えている?何でこんな仕打ちを受ける?
そんな風にパニックになりかけた高橋だったが、それでもやがて何とか気持ちを鎮めた。
一縷の望みを思いついたからである。



                 -=ニニ>
       -─.、   /ニニニ- ´
   /ニニ/ニ\ -ニニ/
  -ニニ/ニニニ}二/
 /ニニ/ ̄_、≧s。.l/--  .
 ⌒´ ,、*'``    ヽ``'*ミh、\
   /  i  u    l     `ヾ,ヽ
 / ィ   ハ    ハ ;.   '
 ´ / u /⌒:、   /⌒V l    乂_ :
  /  f'芹N\/'芹了7  i⌒ |     そ、そうだ!
  ⌒V ヒソ    ヒソ |  ノ   |
    | |       u .ノ イ   │     山本さんはきっと、いい場面で慶彦を代打に使って
    | 人   て ̄}    / /:,    |
.   , |l ≧=- ,  -</ イ ′   l|     ヒーローにしてくれようとしてるんだ!
  / l||  /.イ / __/,〈 |  :,  |l
. / 八! r::厂厂} V/-ヘ 、  ′ ',
 i  '│ l/ i、 ノ\j、::::/ \ :、 ′
 | l |  { / \   /´   丶 ヽ :
 { l l /Y  ̄, ̄ ーヘ     l  l |
 乂{ ∨ ハ‐──=oT:,      | ル
     /::::i:::::l:::::i::::::l:∧   ノイ
      `1 L:::L:::L::┴ ´  / ´
        |ー‐| |ー─|
        |ー‐| |ー─|
        }---{ }---{_
      Tニ{  }ニ7/
        `¨¨  ¨¨´



確かにスタメンで出たとしても、確実に試合を決めるチャンスで回ってくるとは限らない。
だが代打ならば、好きなタイミングで打席に立たせる事が出来る。
つまり試合が大詰めとなり観客が固唾を飲んで見守る中、掴んだ一打逆転あるいは勝ち越しのチャンスで
ズバッと高橋が登場し快打を放てば、それでもうヒーローの座はいただきなのである。

484 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:12:32 ID:UbaNM0JY [244/337]

主役は遅れてやってくるもの、そう自分に言い聞かせて高橋はベンチでその時が来るのを待った。
そして、実際におあつらえ向きの場面はやってきた。



             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                             {_,l゙ .



          /: :: :ァ-‐-、: :: :: :: :: :\
           .{: :: : { |lv1| } : :: :: :: :: :: :\
           _〉-‐====‐-: :._: :: :: :: :ヽ
          .(;;;;;;;{l〃< >¨`ヾ ミミ: :: :: :/
         `<ゝtッュ { f.ッ_テ  .ヾうヽ く
              .i  i j ュ     ミ〉rリミ        よしっ、流れがこっちに来たぞ!
            キァ彡_匁ミュ、  .} <ミミ
               ∧ ゝー-    / / ∧
                ', ”¨   / ./>f >  、
                   ≧- イ= 7: : /: :: :: :: : ∧≧ 、__
            ,  イ´: :∧: :: :: :/: : /: :: :: :: :: :∧:∨ ノ: :
        <∧:∨: :: :: :∧: : /: :/: :: :: :: :: :∧:∨イ: :: :
   ., <: : : : ∧:∨< _: :: : } /: :/: : ,-、: :: :: :∧ ∨ :|: :: ::
  / : :: :: :: :: :∧ ∨: :: :: :: :ヾ ,r‐/¨´/´`Aュ、 {A:V{ :| : :: ::
  .{ : : : : i: :i: :{A V{: :: :: :: :≧〈o O C Cヽ〈 .} |/ /| :|: :/:
  .! : :: :: :l l: : |///|: :: :: :: :: : i!∨ > ヽ : :: : }.|/ /|  {/: :: :
  .l: :: :: :: :|! : |///|: :: :: :: :: : l!: ∨    _ゝ: :.ノ.|/ /| :/ : :: ::
  .|:..:: :: :: :l!: :|///|: :: :: :: :: : |!; : ヽ<: :> ´〈 |/ /| :{>-‐
  .l : :: :: :: :ヽ (⌒)ヽ: :: :: :: :八:: : {¨´: :: :: :: : }(⌒) :|



7回表、それまで0対2で負けていたカープは、ここで猛反撃に出る。
1点を返し、さらにその勢いで続けて生み出される無死満塁の大チャンス。

485 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:12:56 ID:UbaNM0JY [245/337]

ここだ、と高橋は思った。
ここで回ってきた打者は、これまで打率2割前後しか打ててない8番捕手の植田幸弘。
この場面で託す打者としては明らかに力不足で、どう考えても代打しかない場面。



             ト
             |/ \
                 V///\
               ∨////\
               ∨//////>x、
                  \/////////≧sx
ヽ  .,________   `゙</////////|
  \////////////////〔    `゙'ァ'/////|
   \//////////////ハ    ///////l
       ̄ ̄ ̄ ̄ ∨/ハ    {///////
               \//\ ∨///
                    \/ハ__〕//==ミx、
                     / ̄ ̄      \
                /  U        ヽ ',
              /   l   ',   ∨    \ ',
               /   λ   ',   ト、 ‘,   V、
                l   :ハ   .   レヘ |   rゝ  チラッ
                 ト i   :|``\  ヽ ナ___j,」 λハ
                lト,:.  :|rtァァ \Уア゙トiリ レリ ト  l   チラッ
              | \ ト弋リ.  ヽ   ¨::/|  |  l
                  `|ハ ::: ′   u イ|  |  ハ
                      | i个... ` ´ イ |7|  |\. ∧
                      |  |::::::|〕Ii´   /::::|  | /゙ヽ',
                / |  |::::::|、 ,. /::::::::! イ    Y,
                  /  V::トミ:::l _./::::::/! l    j∧
               γ´ ̄ ヽ.| !/=/::::::::::ヾ//ハ :l    .l ∧
            /:::::::::\ ト :|O'{´ ̄``丶ハO::l____ // ∧
            / \、::/ .ハ  ',____/ ヽ/::::::::::`i 、  ヾ
            /:::. 、  }/:::::ハ .}:::::::::::::::::ハ:::/:::::::::::::/::::.   :..\
            /\:::::`\l::::/ ∨l`¨¨¨  ̄ Y ̄ ̄ /,ィ<::. ',  :.  \
            /   \::::;;!   /:Vト----‐::::´}   ./ 〕i〔 ; ',  :..   \
           /:::\    /__/::::::::iハ::::::::::::::/ |  /V/ム-, ; :. :. i   丶
           /、::::::::::``:7::::::::::::/ .|ハ ̄ ̄  ....|  /ノヽ// :. :. ヽ !  丶 丶
          /  \:::::::/ハ‐  ´ ,.ィレ:l::: ̄::::::::::;l ./:.::::::/V∧:::、 丶..|::.  l    ヽ



高橋は、代打はきっと自分だと信じた。
二塁ランナーが還れば逆転、長打が打てれば一気に試合が決められるかもしれない局面。
そんな千両役者待ったなしの機会が本当に巡ってきた事に、彼は胸を昂らせていた。

486 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:13:21 ID:UbaNM0JY [246/337]

ところが、ここで山本が指名したのは――――



     , ‥≦¨´ ̄¨ミ‥ .,
  ,.' ´: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :`ヽ
/: :: :: :: :: :: :: :::_ : : : : : : : : : : : : \
: :: :: :: :: :: : ,r.'_. ⌒`_ヾ: :: :: :: :: :: :: :: : \
: :: :: :: :: :: : {! |l\/!| i}: :: :: :: :: :: :: :: : : : i
: :: :: :: :: :: : ゞ,    ノ: :: :: :: : : : : : : : : : i
: :: :: :: :: :: :: : ,.≠´¨  ̄ ¨ ヽ,: :: :: :: :: :: : }
: :: :: :: :: : /: :: :: :: : l|\: :: :: :: :` ー-、: :/
: :: :: :: :/: :: :: :: :: :: :l|  ヽニニニ二∠/
: :: : /: :: :: :: : .,>'´  .  ,.イミミミ/A',
: :<__>,ィ≦,___ヽ  fセ斗-ャ ミ互/}               ,.'´⌒/
: :Ξミヾ〈彡´>云マ`.  ,'女叮乂 ミソノl                 {   ,'     よし、原! お前の出番だ
 i rX彡 , ≧迦ル' A Ⅷ     i |r,ノ                i、   {
 >、派ミ  ',      ', Ⅶ、   .i 「キ       _       i.   i      頼んだぞ!
  \'ーミ,, \    r'´,__,ツーミ、. ,' ! ',      《..   ヽ.     }_   .}
    マ∧,,   '; ≠≦彡ゞーミ孑 } ',       \  .ゝ.    {    i
     |! ∧',,  彡'´ィー=…'¨,,` .,/ .∧,_      .き  ':,   ト==∧,
      ハ':, \',,   ≧毟~「  ,,/  ノ / : :¨ > 、,、 __i  ,入_/j: :,.≦⌒Y
 ,.<´iム\', >ミ      ,゙イ//,' : :: :: :: :: :: :|/./.キ'": :ハ: :/    》: :X,
': :: :: :: : i ム: : ∀ミー‐≧三千´イ: :: :7/: :: :: :: :: :: : i!/.//i: :: :: : .八   ,..´`t: :〉
: :: :: :: : ハム: :∧: : ヾ: :: :: :: :: :/: : .,' /"¨: : ー-: : il/././.i.: :: :: :i 'y<   ク孑ヽ,
i: :: : /: : .ヾ,\: :\: : ヽ: :: : , ': :: :/: :: :: :: :: :: :: :: :il/././/',: :: :: :Y ヾ斗 ' ´  i: :i
.i!: :: :: :: :: :: : ヽヽ: : ヾ: :: :ー-.: :: : /: :: :: :: : >'´: : i|/./././/i、,: :: : ∨ ヾ   イミ. j
∧ー- : :._: :: :.\: :: :∧: :: :: :: :,': :: :,..'´: :: :: :: : A//././∨. ゝ: :: :|`' イ≦.: :: : //
 ∧: :: :: :: :: :≧‐-ヾ: :: :ヽ: :: : ,' <: :: :: :: :: :: :: ://./././∨ i|: :ヽミ : :: :: :: :: : //






           _  -―- _
        _ ィ'"       `>-、
      / ̄ >- 、          \
    /        /          \
   /        /
  ./         /        ィ -   _ \
 /_        /      イ          ヘヘ、
 l三__ ___/    イ      ____  ヽ/|
 ヽ三三三三三  /   _ ィ_≦三三三三三≧z、ヽ二ニl        分かりました!
  ヽ三三三三  /  _,イヘニヽ_,〉ヾ/二二二二二二\\ソ
   `=ニ三三 /_/三三三>ミ彡'二二\二二/'/"\\        よっしゃ、やってやるぞ!
       `ヽニ二二二二\三三イ7二二/‐Y///"   \\
        l / Y T ̄`l T゙lヽ三三ヽl>―=l///X      ヽヽ
        l/ |  l  / _l l 〉ニ>7/ァ   `///        \〉
         ` `ー'ー"ヘ ヽ/ニ=、///      ∨
               `〈ニーイ/
                  ̄ ̄

              【  原伸樹  】

487 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:13:46 ID:UbaNM0JY [247/337]

高橋は、愕然とした。指名されたのは彼ではなく原伸樹だった。
確かに原は今シーズン割と好調といえる選手ではあったが、前年まではシーズン最高で72試合しか出てなく、
通算でも4本塁打に19打点しか挙げてない、言わば高橋よりも二枚も三枚も格下と言っていい選手だった。




__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━


        .....:::::::::::::::::__                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::
           .:.::::::::::::::::: ̄ ̄≧x、             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        `ヽ         〃V´
          _______                           _______
        /    __      \                   /     __     \
      /     /   \    \ヾ    ::::::.       〃/    /   \    \
    〈      |   〇  |         ::::::::        :::           |  〇   |      〉       ――――!!
             \___/        ::::::::::            ::::::::::       \___/
                  _彡                   ミ_
      三三三三三三三三三                      三三三三三三三三三
                          ....::
                              .....::::


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━




高橋のかすかな希望はこれで潰えた。
山本は別に高橋の記録を知った上でヒーローにしてあげようと計らったわけでも何でもなかった。
故意なのか偶然なのか、とにかく山本はわざわざ高橋の1500試合目の日に高橋を華々しいレギュラーとしてではなく、
実績ではるかに劣るはずの選手よりも下のただの控え選手として扱った、その事実だけがそこにあった。

488 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:14:08 ID:UbaNM0JY [248/337]

代打で出た原は期待を裏切り、併殺打に終わった。
そして二死二、三塁となったところで、やっと高橋は代打に指名された。
二塁ランナーが還れば逆転という状況なのには変わりなかったはずだが、
生憎な事にチームの持っていた流れも、高橋の気持ちも、どちらも切れていた。






                / ̄ ~/   __ __ 
           /   /___./  //  / 
       / ̄ ̄       /  //  /  
        /__   __ /  //  /   
          /   / / /._M//_M/   
            /   / /   /        
        /   / /   /         
       ./   / /   /         
       /μM/ /   / _ _ _   
          ./μM/ / // // /   
      |  / ,     ./M//M// /   
  \__ノし// 、            / /    
..__)/⌒ヽ(_ ',         /M/     
   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄             
  /⌒|「⌒\

489 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:14:31 ID:UbaNM0JY [249/337]





               /
              ./
             /
            ./
            /
           /
       V ん
     .   ,.-ャ そ
       ヾ((ム
     ,..、,.ィ 下l
    (,.イヌ ,!,,!
     .7ミE-ヘ-{
    l-( 、l`┘l
     .Vヾ T⌒´
    〈__」
     ノ÷=!
     l  '-l.
     l ヽ  !
    ,! } l.
    厶 ,l :l
   /ミ>' ト-l
  rくl/  Vl|
  `ヽム  rK>、



高橋は巨人のピッチャーが投じたスライダーを、あっさりと三塁後方のファウルグラウンドに打ち上げ凡退した。
彼はそのまま引っ込められ、試合はそのまま1対2でカープの負けで終わった。

490 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:14:55 ID:UbaNM0JY [250/337]

試合後、東京ドームからチームの宿舎に戻るバスの中――――



::::丁T=- ___≧s。  `丶、    \         /   xf〔⌒   。s≦────__ -  ̄
:: ::}:: }: :}: ::「〕iト ── ≧s。   `丶、   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   xf〔⌒  。s≦‐──_ -=T ̄:::::::::|::::::::
:: ::{:: {: :}: ::}: }: }: :{: 了Tr 。二≧s。  `ヽ、|______| xi(⌒  。s≦ニ=- 丁::::::{:::::::::{:::::::::{:::::|:::::::
:: ::}:: }: :{: ::|: {: {: :}: : |: : {:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    | ̄|     ̄ ̄ ̄ ̄|`'||丁:::|::l:::}::::::::}:::l:::::}:::::::::{:::::|:::::::
:: ::{:: |: :|: ::|: |: |: :|: : |: : |」──────:|__|_|__o∬±Ю+| ||‐|: :|::|:::|:::|::::|:::|::::|:::::::::}:::::|:::::::
ー┼┴宀宀冖冖 '''T ̄ | || ̄ ̄ ̄¨| :| |___| ̄ ̄ ̄ゝ' ̄  ||├宀¬冖冖广了 ̄ √ ̄
  }: : :}: : :り     |: : : | ||____,  | :|  | ̄]     __    || |:: ::{     }: }: |: : : /
_|_ |: :√ ̄ ̄ ̄ヽ¨¨v-┴'‐ 、 ̄ヽ | :|..  ̄||     / ̄__ヽ_/ ̄ ̄ /¨¨¨¨¨ヽ|: |: : /
 ̄: :\ヽ′   /  ̄ ̄ \   ∨, V, |   || __ /: :://: :/二二二二ヽ: : : : : :∨v────
: : : : : ∨.  ./       ∨,  ∨, V, |:| ̄/77‐┐ j{: :://: :/ / : : : : : : : : : ∨: : : : :/ / ̄ ̄ ̄ ̄
_:_:_:_:_:_:∨__/_          ∨,  ∨, V|:lニ|l丁 ̄丁|: ://: :/ /: : : : : : : :__∨_:_:_/_/_:_:_:_:_:_: : : :
        / \      ∨,  ∨,__V」::|:|:::|~ ̄~|:|: //:::/ /: : : : : : : /\            \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  ∨       ∨,  ∨V7:: |:|:::|::::::::::|∨/:::/ /: : : : : : ::/: :// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : ///∧ ∨      ∨,___∨〉___|:|:::|::::::::::圦Τ7 /: : : : : : :/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : //∧ ∨       ∨V7 |:|//|:|_」─‐┘∧7 /: : : : : : :/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : ///∧ ∨_____∨/: |:|´ ̄: ::...........: ∧∨: : : : : : /: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : ///∧ ∨::::::::::::::::::[__]/|:|: : : : : : : : :::〈 [_]┬──/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : //∧ ∨:::::::::::::::::|::|://: : : :     ∧|::| |::::::::::/ヽ//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : ///,  '/ ̄ ̄ ̄|┘/: : : ::     ::└|二二/ //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

491 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:15:19 ID:UbaNM0JY [251/337]

高橋は、コーチや他の選手から離れて、一人ぼっちで一番後ろの席に座っていた。

高橋が記念すべき1500試合目に先発メンバーから外された事については、誰もが口をつぐんで何も言わなかった。
彼は誰かから何か言ってもらいたかった。無視されるのは嫌だった。



   i、                             ,、
  ::マ\                          , <∥
  :::::マ//\                 :::; <://///
  : : :マ///ム                  ,  <://///////
  ::::::マ///∧            ://////////////
    ::::マ:///∧:           :::/::///////////
   :::::マ:///ヽ:           :∥///_::=- ' ´
      :∨:////\      ::::∥:///
     ::` <::///`ヽ:   :::::::∥//
        :::` <:///\ ::::∥::/.  \
              ` <ミ_ヾ_)/二ニ=.、∨
         :::∥   //    \::: ヽ:∨::
       ::: ∥ : :// . ∧    |::.\ ..|
         :::::i:::: ∥::::: !:| ::∨   .|::::::::.} ..|
       ::::::i::::::::|!::::::: l:::::::::::\. リ:::::::::|レ'       ……………………
        ::::∥::::::リ:::| : |::::::::::::::::::::::::::::::|
          :∥:::::: ;:ィヽ ーゝ、:::::::::::::`  ノ
       / ,.r≦ミ{:::::::\::::     /
       /ミミミミム ::::::::::::/ ̄ ̄  .\
     :// ̄ ̄`ヾ、ミ\―::イ ,|::::::   >.-.、
     //|::     \ミ:\:: |ミ/:|,ヘ、::::: /ミミミ≧、
    :/∥|:::        >、=ミ'イ,ノ.|....`ヾ{ミミミ/  \
  : /: ,イ ヾ、:\  /ミミミ\ア},ヘ. |     `ヾ , -ー   \
 ./......∥:::::::::/ ̄:/ミミミシ´ \ _,..-==<, ´       :::}
..// ∥::::::::∥:: : ゙マミ,/   .   \-―/        /.、
∥ i::|::::::::::∥:::::::::: : :゙ヘ:::::::::::::::   /             |
{|  .i∥::::::∥:::::::::::::::::∥ \ :, - ´     _ - ´  ̄ヾ:: |
)ヽ//::::::::/::::::::::::::::::::::/i:| ./   _  -  ´,,;;∨tr:r:i:i:i:i マノノ
 .....`ヾイ}:::::::::::::::::/::|i:i:|::|   |.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨i:i;i;iシ~∧
   :::|_ ̄ ̄/_∥::マi:ム|   |、i:i:i_i>''''"~::∨ ::;;:::-=∧
  :::::/::::: / /ミミ| :::::::マi:iヽゝゝ_,∨::::::: : : ;_,xr∨il i:i:i:i:i:i∧
   :::|ィ<:ミ/ミミミ/:::::::::::::`゙ヾi:i:i:∧∨マi"i:i:i:i:i:i:i:i∨i:i:i=''''"∧
  :::::マミミノニ二/::::::::::::::::::::::::::::/:::::::∨i:i:i:i:シ'''" ∨:::: _ _,,r∧

492 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:15:41 ID:UbaNM0JY [252/337]




                                .


                                .

                           i
                           :
                           ;
                           |
                           |
                           :
                           i
                           ;
                              .|
                           |:
                           。
                           |
                              :|
                             o
                              .;
                          O
                           :
                           i
                           ;
                              .|
                           |
                           |:
                           。
                           |
                                !
                              :|
                           :
                             :!
                              .;: 。
                           、  .  |   .。  ポタッ
                            ゚ ,、人,、'
                         `^⌒^´



.

493 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:16:07 ID:UbaNM0JY [253/337]




      , ー1
    /:/       }::i
    〃.:/ }:j }:j }ー='.:::ー=}:j }:j
   《::::〈     _ ̄}::::「¨
   ヾ:::.\    {:::r=:::::|   r:::::::::::::::1                 , ー1
      }ト、:ハ   `ー=}:::|    ̄ ̄;::::j                /:/       }::i
     : `"     /.::ノ       |:::{               〃.:/ }:j }:j }ー='.:::ー=}:j }:j
           _}:/       /:/              《::::〈     _ ̄}::::「¨
     .      {「                        ヾ:::.\    {:::r=:::::|   r:::::::::::::::1
              }                          }ト、:ハ   `ー=}:::|    ̄ ̄;::::j
                                      : `"     /.::ノ       |:::{
                                            _}:/       /:/
                                      .      {「
                                             } 


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : __: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄≧x、: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : : : : : : : : : : : 〃V´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \: : : : : :
. . . . . . /          __    \ヾ. . . . . . . . . . . . . . . . . 〃/   __           \: : : :
. . . . . 〈          /  ヽ      . . . . . . . . . . . . . . .     /  ヽ            〉: :
                 |    |                          |    |
     ヽ       ヽ_゚ノ  _ノ ヽ                ,' , ヽ゚_ノ           ノ )
     (  ./三三三三三三 ., ' , ´                   ) ,! 三三三三三三三三ヽ (
     .i ,'       : : : : :  ./ (         ....::        i i : : : : : : : :        ヽ )
      ! {: : : : : : : : : :     .i  i´         .....::::          .l |   : : : : : : : : : : :     i |
       i .{           し´      ........:::::::         .i.j               i l





.

494 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:16:32 ID:UbaNM0JY [254/337]





三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
三三三二ニ=-―   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨   ―-=ニ二三三三
 ̄ ̄                                                       ̄ ̄


       ┌────────────────────────────┐
       │野球って、こんなに辛くて悲しくなるものだったっけ…………     ...│
       └────────────────────────────┘


__                                                       __
三三三二ニ=―-   ______               _______   -―=ニ二三三三
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三






高橋は、帽子で顔を隠し一人泣いていた。
今の自分のみじめさと寂しさを思うと、どうしようもなく涙が止まらなかった。

――――高橋は孤独だった。

495 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:16:53 ID:UbaNM0JY [255/337]

そして、秋が訪れシーズンも終わりかけ、残り10試合程度になった頃――――






                ,  -‐‐   ‐-  ,
                  /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : \
            /: :: :: :: :: :: :: :: :>‐<: :: :: :ヽ
           / : :: :: :: :: :: :: :: : / |l∨l| Y: :: :: :}
           /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ゝ-.==┴- ∠_
        / : :: :: :: :: :: :: : _>'_´〝´  ̄ ¨ Ⅷ7'izヽ
        i: :: :: :: :: :: :y彡'´/へ≧ュ、 ; _,z≦ヽ___)
        ヽ: :: :_z,≦ミ,リ   七ツュヾ〈 〉rセユ|
          Y´ミfてヽ彡    _ -‐' . ',‐._ !         慶彦、今度トレードすることになったから
          リ三∧ ヒミ       r z、_,〉  }
          )彡ミハーキ      ,.ィニ彡ミュ、 ,'
         、__フミ/ ∨i    /ィ"ャ‐-‐ヽ`ヽ       
          ヌミ   ',人       ¨三;' /        
          彡/   .':, >        /         
         /`ー-. .. .__  `≧- _ノ          
     _ _/: :: :: :\: :: : ∧ ̄ ¨: :¨ ̄ハ           
-‐=<ニニニ:ヽ,: :: :: :: :: :\: : ∧: :: :: :: :: : }> ,_        
: :: :: :: : \ニニニ\ー-: :__: : ` ..∧: :: :: :: :/: :: :: :`ヾー-、_  
: :: :: :: :: :: :ヾ;:ニニニ':,: :: :: :: : ‐- ≧\: :.∠: :: :-―: : ヽニニヽ: :¨
: :: :: :: :: :: :: :}ニニニニi: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヾ: :: :: :: :: :: :: :: : }ニニニ}: ::






     ∨////∧     |ll////
      ヽ////∧   ___t|///―-- 、
        ヽ\/∧!|||||||////== 、   ヽ
         `,ゝ,,,{lllllllナ ̄ ̄ `ヾ \   ヽ
         // `ー'        ヾ,ヽ、
          ,'/              \l    V
          /    ',      |\      ヽ   V
       /    l、 i       |  \ |l    ヽ  V
       ,'    | \丶    !:::::::::丶ト、    丶  V
      i    |:::::::::ヽ',    |:::::::::::::::::::::     ,ハ}   V        ……そうですか
      /     !::::::::::::::ヽ、, l::::::::::::::::::::::| ,人リ    V
     ノ/|   ト ::::::::::::::::::ヽメ:::::::::::::::::::: l,イ |l      V       チームはどこですか?
          l ト、 | ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リl |ヽ ' ,   V
        リ ヽ|i. ヘ::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::,イ | 丶 ' ,  V
           |.  lf 、    _    イト|  |   ヽ  '
           |.  || `  ー- _ ィ ´  l |! l\  ヽ 丶 \
           |.  |l   | /  l     / | /   ゞヽ、丶 \ \

496 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:17:17 ID:UbaNM0JY [256/337]





            _  -―-
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        x≦.:.:.:.:.:,. -‐…‐-ミ.:.:.:\
       /:.:.-‐- '".:.:.:.:.:.:.:.:.:: : :: `丶、_\
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :ヽ
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :}
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ソ:、:.:.:.:.:.:.:.Y´/vヘ`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ー=彡\¨ニ=-∨___∨--‐‐ァ爪》
       イ彡《 \: :: :: :: :: :: :___∠ 》乂i}
      八从{  ≧=ァう不ゝ’=彡ル川リ         いや、それはまだ決まってない
        ゞ,:{ヽ   ノ{ }ハ    ノイ仆"
         ''|、} ___,< } レ)、ー=ィ〃|《
          | ヽゞz彡辷冬≧ノ,ノ ト、
          ノ| ∧ >一`¨〃イ  |  \ー- _
    x=水フ´ |  込 _こ__ノ /    }、  }:: :: ::
  /ニニハ  /|  ∨ 7 7  /    i ヽ /: :: :: :
‐7ニニ/: ::‘ / !   ∨ /  /    ,′ /: :_: :-‐
/ニニ7¨ ‐-: :、_ ;   ∨  /    /_/: :¨: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: ::、‐-ミ.  ∨/  -‐ニア: :: :: :: :: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: :: :\__`ヽ /,..''": :: :: :: :: :: :: :: :: :






          -=ニ二ア≧s。
     /ニニニ/ニニニニj≠ニニ=-
    /ニニニ/  ̄⌒ /´ ̄ ⌒\二二二\
  /ニニニ-       ,         : \ニニニ},
/ニ- ⌒        /  |:     ト.  \ニニl_-
 ̄             /  ' |l     |::::ヽ i \」ニ-
           /  l ハ    /::::::::V|  l |ニ-
             /イ   ト::::::::丶 /:::::::::::::::::  ハ|ニニ}
              │l 从'::::::::::::::::::::::::::::::::::::; !ソ|ニ.イ        ……そうですか
              人|/:| 丶:::::::::,:::::::::::::::::::/,ハl l/│
             |ヽ人   _   ..イ:| l: {   l
             | |l l>  _    l | |      、
             | リ _....-‐rハ   /| ト .   、 \
                 , 〃´l::::::::::ト ,/:::::l /:::::癶. \ \
             / l  {\:::::| /:::::::::::;//´   \ \ \
               /  l| ル、_ヾーくニニ7´     l//> \ \
           /   l| //ニハニヽ ∧  l    |////l⌒`丶 \
             /   厂{/ニ7  lニニV′\|_   _ト ///|     \ 丶
         /′ {:::::[ニ/  |二/l{   {::::::::::::::|///|      ヽ
         仆   厂レ´     |-/ }i、  ハ:::::::::::ノ///|         .  ,
.       / |:!      |      |,「〈 〈/l 7ハ ̄ |'///|        :  ′



高橋と山本、二人の会話はそれだけで終わった。

497 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:17:42 ID:UbaNM0JY [257/337]

それから間もなく、高橋はロッテオリオンズにトレードされた。



:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . . . . . .
::::::::::::.:.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . .
::::::.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . .
::::.:.:. .: .: .: .: .: . . . . . . . . .
:::.:. .: .: .: . . . . . . .                  V/ ∨////
:;.:. .: .: . . . . .                .  -─-〉∨///
:.:, .: . . . . .                ´     //⌒´ 、
:.:, .:, . . . .             /       ,イ/      \
                          //            ヽ
                 /         //       │ l    ,
                         l/,:      | ∧    ′
                 :         l/:       ハ`::::::i  l  }
                 |      i -彡 i     /::::V:::::l  | ノ
                 |      l  /⌒|      {::::::::::::::| ル
                 |      l  { { |、\  トミ::::::::::∧ {
                 |      : 人 `| \l\ l::::::::::::::ヽ`
                 |           `゚|l   |:::::::::::::::::::/
                 |  :       i   ||l  |     -
                 |i |       |   |∧ :ト _/
                 |l |       |   ト ∧ ,
                 || |       |l   :|::::\, ′
                 リ |      :|l  :|::::::::::>‐ 、
                / │     |l  |:::::::/    ヽ
            .    /  :|       |l |:::::/
               /   |         |l :|:::/       }
              /    |        :|l:|::'`i     ∧
             /    /i|       |l|:l |      ilハ
            /     / ||         |!∧|      || l



カープを去っていく彼の顔には、笑顔はなかった。





    ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

            みんなでプロ野球12球団紹介スレ 

         ~秋の憂鬱~   高橋慶彦物語 第二部 完

    ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

498 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:18:10 ID:UbaNM0JY [258/337]

以上で第二部投下終了です。

ぶっちゃけ、私が高橋氏の物語をやる上で一番書きたかったのはこの重い雰囲気の第二部の方です。
その動機となったのは、私が中学の頃辺りに初めて読んだ、海老沢泰久氏の「ヴェテラン」という本でした。

この本は主に1980年代に特に活躍していた野球選手6人の人生を描いたノンフィクションで、
海老沢氏の著作自体はこの本しか読んでないのですが、その独特のシニカルで乾いた筆致から描かれる
6人の選手の成功の裏にあった逆境体験や彼等の安易に信念を曲げぬ正直でタフな生き様が、
彼ら6人の選手の知識が既にあった事もあって面白く読め、私の心に印象深く残る本となっておりました。

その中でも高橋氏を扱った『秋の憂鬱』という短編は少し異色でした。
というのも、他の話がまだ終わりが明るかったり救いのある締め方をしている話が多い中、
この話は彼がオリオンズにトレードされた直後に書かれたということもあり、
特に終盤からひたすら暗く救いのない展開が率直に続き、その果てにトレードに出されるという悲しい末路で締められる話で、
この短編が本の最後の話だった事もあり、何とも言えない無情さ・力の落ちたヴェテランの悲哀が妙に余韻として残り、
個人的にノンフィクションとして以上に物語として惹き込まれる話でした。

それゆえ、やる夫スレの作り手の端くれとして、ただの明るいサクセスストーリーだけではなく
全盛期との落差から来る悲哀の物語も1度は表現してみたいとの思いもあって、
この「ヴェテラン」を原型にした高橋氏の物語をやる夫スレ化してみたいという思いが以前より心にあり、
それをこの度実行に移したというわけです。


それでは、もうちょっと続きます。


関連記事

やる夫短編作品 ランダム記事表示(※試運転)

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 18:15 |コメント(0)
カテゴリータグ:スポーツ・武道・格闘系 スポーツ・武道・格闘系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系 2020

|

<< 高橋慶彦物語  エピローグ  | HOME | ~走れ!タカハシ~  高橋慶彦物語 第一部 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV