やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

■2020/08/23(日) 高橋慶彦物語  エピローグ 

カテゴリータグ:スポーツ・武道・格闘系 スポーツ・武道・格闘系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系 2020

過去記事の検索欄




短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション



499 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:18:32 ID:UbaNM0JY [259/337]

1989年のオフ、高橋慶彦はロッテオリオンズにトレードされた。
トレードされた相手の選手は高沢秀昭と水上善雄。
カープからは白武佳久と杉本征使も加えた、3対2の大型トレードであった。



                                  /\
                  〈⌒\               /:.:.:.:/,
                  ∨:.:.:.:\     ,,.、、 -―‐{:.:∧:.:/,_
                 ∨:.:.:.::∧>'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨::ハ:.: }:.:.- _
                    〈∨ハ/:.:.:.:.:.:.:.>―ァ:.:.:.:.:ヽ:.:.:. ノ:.:.:.:.:.\
                   V/:.:.:/:.:/   /:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                .:.:.:.:.:/:.//    /:.:.:.: '/:.:.:.:.:./,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミh
                    /:.:.:.:.:/ /   │:.:.:.:.:.'/:.:.:.:.:.:/,:.:.:.:.:.: へ/\iミh
              /:.:.:.:./  ∥     | :.:.:.:.:.:.'/:.:.:.:.:. /,へ/\/7_/|`マh
              /:.:.:.:/   ∥     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./У >/_/:.:.:.|彡イ
              /:.:.:.:.|  ‐xく     ‐}‐:.、:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|/,/:.:.:.:.:.:.:|
               :.:.:.:.:.:| / |   〃 / \:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄ :.:.:.:.:.:.:.:|
                 |:.:.:.|:.:| _ャ=x! /// _zx、 `ー|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:.: |
                 |:.:.:.|:.: i{{ィJト     イじミト、 |:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:|:.:
                 |:.:.:.:. /,!Vり      Vこソ 》.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:|:.|
                 :.:.:.:.:.:.:/,    ,        ` |:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:/:.:/_/:/
                '/:.:.:.:.:. ト               √ :.:.:.:.:.:.:|:.:.:/:.:/i:i:i|′
                  '/\:.:人   、       /:.:.:/:.:./:.://:. /'|i:i:i|
                 \ \:.:\    ̄     /:.:.:/:.:./:.:/ // |i:i:i|
                     >― /\__   </:.:.:/:./|:/        ̄
                 /. ./-_/   / }  /斗<   \
               : . . . |-_|   /        /    xヤ>x
                 /. . . . |-_|  __/ \ __/    // /. . .\ /
                / . . . . |-_|  | ̄ニ- ____/     .// /. . . . . . ∨ /
             /. . . . . /-/ │. . . . ./      // / . . . . . . . .∨ /
            /. . . . . . ./-/_____|. . . /_    .// / . ./. . . . . . i/
           \. . . . .〈/⌒\-|. /――㍉zz彡 ./. /. . . . . . . . |
            \. . ./_=_=_ア三Yヤニ-_ ̄   /. . . . . . . . . . . . :.
              トzzz{ =_=_{{=_=リ=-_=_= /――{ . . . . . . . . . . . . . .:
            \___}--=≦¨彳_=_=_= /_-_-_人. . . . . . . . . . . . . .}
.              /  /_=_= /. . |\_=_=./ _-_-_-_ |>_. . . . . . _彡′
.              /   { =_= / . . | =_\ /\_-_-_- |ミzzzzzzz彡|

                  【  高沢秀昭  】



交換相手である高沢は前年の1988年に首位打者を獲ったばかりの巧打を筆頭に、
走攻守三拍子揃ったパ・リーグ屈指の外野手であった上、
水上もこの年こそ出場機会を減らしていたものの10年ほどの間内野のレギュラーを守り続けた実績のある選手であり、
白武・杉本の実績も含めて釣り合いの取れた、両球団にとって理にかなったトレードであるようには見えた。

500 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:18:55 ID:UbaNM0JY [260/337]

大きな期待と共にオリオンズに迎えられたはずの高橋だったが、扱われ方はぞんざいだった。
開幕戦から1番ショートで起用されるものの2試合連続で途中交代させられると、
3試合目には早くも『5番・指名打者』に打順・ポジション共に変更。
さらに5試合目で早くもスタメンを外されると、その後もスタメンで出たり出なかったり、
出ても1番、5番、6番、2番、9番、7番と毎日のようにコロコロ違う打順で使われる日々。



'´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ ', `ー'`ヽ/ , '´    _  ','´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ ', `ー'`ヽ/ , '´    _  ',
i  !    ,'     ! └、. `>  ',  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、 i  !    ,'     ! └、. `>  ',  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、
'  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ -、.___      ヽ、ヽ,-‐ ',  〉 '  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ -、.___      ヽ、ヽ,-‐ ',  〉
       \     <.  ,'´ __   /      '、._i  ,'´  ,''        \     <.  ,'´ __   /      '、._i  ,'´  ,''
   ,、.   ノ        `´  ,' ````′   ',、.__  ,.!  '     ,、.   ノ        `´  ,' ````′   ',、.__  ,.!  '
-、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ  〈`ー、     ヽ、._ ̄´    ..-、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ  〈`ー、     ヽ、._ ̄´    ..
 ', `ー'`ヽ/ , '´     _   ',-'´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ ', `ー'`ヽ/ , '´     _   ',-'´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ
  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、 i   !    ,'     ! └、 `>  '  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、 i   !    ,'     ! └、 `>  '
- 、.___    ヽ、ヽ,-‐ ',  〉 j  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ.- 、.___    ヽ、ヽ,-‐ ',  〉 j  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ.
__   /     '、._i  ,'´  ,''        \     <.  ,'´  __   /     '、._i  ,'´  ,''        \     <.  ,'´
 ````′   ',、.__  ,.!  '     ,、.   ノ        `´  ,'.. ````′   ',、.__  ,.!  '     ,、.   ノ        `´  ,'..
 〈`ー、     ヽ、._ ̄´     -、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ 〈`ー、     ヽ、._ ̄´     -、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ
'´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ ', `ー'`ヽ/ , '´    _  ','´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ ', `ー'`ヽ/ , '´    _  ',
i  !    ,'     ! └、. `>  ',  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、 i  !    ,'     ! └、. `>  ',  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、
'  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ -、.___      ヽ、ヽ,-‐ ',  〉 '  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ -、.___      ヽ、ヽ,-‐ ',  〉
       \     <.  ,'´ __   /      '、._i  ,'´  ,''        \     <.  ,'´ __   /      '、._i  ,'´  ,''
   ,、.   ノ        `´  ,' ````′   ',、.__  ,.!  '     ,、.   ノ        `´  ,' ````′   ',、.__  ,.!  '
-、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ  〈`ー、     ヽ、._ ̄´    ..-、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ  〈`ー、     ヽ、._ ̄´    ..
 ', `ー'`ヽ/ , '´     _   ',-'´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ ', `ー'`ヽ/ , '´     _   ',-'´ /   /´`ヽ、 `| ̄'、  ヽ
  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、 i   !    ,'     ! └、 `>  '  ',,...-‐-'′ i´ , '``´´ `、 i   !    ,'     ! └、 `>  '
- 、.___    ヽ、ヽ,-‐ ',  〉 j  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ.- 、.___    ヽ、ヽ,-‐ ',  〉 j  !、_,,..-‐ヽ.    L/ /  ノ.
__   /     '、._i  ,'´  ,''        \     <.  ,'´  __   /     '、._i  ,'´  ,''        \     <.  ,'´
 ````′   ',、.__  ,.!  '     ,、.   ノ        `´  ,'.. ````′   ',、.__  ,.!  '     ,、.   ノ        `´  ,'..
 〈`ー、     ヽ、._ ̄´     -、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ 〈`ー、     ヽ、._ ̄´     -、 〈 ``"´ ,,.- 、._     ノ

501 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:19:17 ID:UbaNM0JY [261/337]

こうした日替わりで臨機応変に違う役割を求められる使われ方は、
元々3番の時に3番のバッティングを意識し過ぎて崩れてしまうほど不器用で繊細な高橋には甚だ向いてない起用法だった。
それにセ・リーグ時代とは違うパ・リーグ投手の攻め方や球場の閑古鳥の鳴き具合といった環境の変化への戸惑いも加わり、
彼は出だしから思い描いていたようなパフォーマンスを見せる事は出来なかった。



    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,           ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,         ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''       ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;          ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                 ___  '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,         ___        ////                   ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,    .////∧      ////    ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''       .       〈//人/∧    ////    '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;'''     >-ー…‐-<      ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,,;;;''''''      /         \   '';;'       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''        /    /    |l    ヽ            ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''  .         /    /\   八     ;,
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''      .        ⌒7  /:::::::::)イ:::::::\  ノ|        ';,       ,;
                         ./イ /ノ::::::::::::::::`ヽ::| )イノ|          ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                  .           レ|l:::::::::::::::::::::::::::::|  | |              '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'          .小⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | |          ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''                | /⌒) __, イァ|   |            ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                 | /  /{  ノシ⌒ヽ i |               ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';                         |{  {ヾ只シ__;  | i |               ''''';;;;,,,,,,  ''';;,



良いパフォーマンスを披露できない事で、首脳陣は失望し、ますます高橋をスタメンで使わないようになる。
首脳陣の失望を感じ取った高橋は「このままではまずい」と焦り、周りが見えずに空回りしてさらに低迷する。
高橋はシーズンが進むほどにこうして日ごとに泥沼に深くはまり込んでいく、そんな苦難の日々を送る事になった。

502 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:19:42 ID:UbaNM0JY [262/337]

結局この1990年シーズンの高橋の成績は、100試合の出場で打率.207、54安打、9本塁打、7盗塁。
カープ時代からは信じられないほど悪化した成績に、余りにもこれまでの実績や年俸との釣り合わなさから持て余されたのか
高橋はこの年のオフ、移籍してわずか1年で今度は遠山昭治とのトレードで阪神タイガースに放出されてしまう。



         _,.  ‐-‐ '' ´ ̄ ̄"'' ‐ 、
       /                ヽ、_
     ./                   `ヽ、
     /  /            i            ヘ
    ./  /  ;'    l.    |            ハ
   /.  i. . .l  l. .|.   | ヽ . .    |     l
  ! . l l  . |.  .:l  | |. . | . |  . .   |. .   l
  .| .l . | . .l . ハ l | ! -|‐ -|-',L _. . .|.__    |
  .! l | . | .i .,.< ´,! ヘ l .| |. |.| ,」L_| |./`.  | ヘヽ、  .|
  |. | |:. .|. . l  .∨ニミl ヽ| ル/.ハリ^ミヾヽ .  | |/ |  |
  | !.l. . |. .| V ハ.ハ       └r_シ} リ .  |   /ヽ .l        と、遠山れす……
    .lル」レl」.  l. Lソ       └ -' | . . |  ノ`´ ./
        .|.i ハ   、           |. . lヘ´ V /、=、
         .| ' ヘ    __,       !.  ハ-ヘ V  〉
       |. . ../ ヽ、      /l. . /_,ゝ `´ . /、
        |. . ./     `ヽ、__, イ / . /  V---'. . |
         |. ./          Y . /  , ヘ. . ヽ`i
      / . /           r/. ./,  '    ヽーt. .`ヽ-、
      ./ /        , ‐/. ./         ヘ `ー+ー`‐-、
     /./         /: : /. ./`ヽ       ,.イ    `ー<´ヽ-, ―-、_
.     / |        ヽ: : /. ./: : : : >    ,.イ:.:.:ヘ       ``ー--< _ヽ、
    / . |        / `ソ: . |_/  ,..-::'´:.:.:.:.:.:.:.:ヘ            ヽ、_ l_
   l   |          /:.:.:.l . /|/-:.:.:':.:´:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヘ              ̄ヽ、 `ヽ、
  .|. . /         /:.:.:.:.| /:.:.`:.:.:.:.:.:.:.;:.:':´:.:.:.:.:.::.:.:ヽ:.:.:.:ヘ               ヘ . . `i
.   | ./      /`ー-、 _|':.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヘ               |. . . |
   l./      /    r‐ミ 〉:.:.:.;:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.ヽ:ヘ               | . . .!

             【  遠山昭治  】

503 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:20:04 ID:UbaNM0JY [263/337]

ちなみに余談だが、このオリオンズにおける高橋だけでなく、
彼と同時にトレードされた高沢・水上・白武・杉本にとっても、結果的にこのトレードは決していいものとは言えなかった。
オリオンズ時代はレギュラー格だった高沢と水上はカープでは揃ってレギュラーに定着できず、
水上は高橋と同じく1年、高沢も2年目の途中で共に早々とカープを退団。


                                                              _-ニ-_
                                           ァ━― --    _           /ニニニ}
                                            /              ` <__厶ニ7ニ7
                                        /      }               /ニニ[
                                          /二二, 、√¨ ―――― ¬=ミ、 /ニニニ}
                                            /―_ \/        _      `マニノ_
                                        ノ7⌒l></\/      '⌒Y }:.:.:.:Y      /ニニニム
                                       _l/ ̄/   /⌒7 \_  ⌒Y:.}ノ:.:.:.:.ノ'⌒\   {ニニニニニニ=-__
                                      | | /  /    ⌒7\  ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:/__ ̄   } ̄ \ニニニニニ\
                                      | | /  /    /__彡イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   /  /-―=ミニニニノ
                                     _|_l/_/  、+`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡イ    /  /
                                      /=_=_//./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, 、 丶 `         ノ  /
                                __/_= | //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,、丶`__7         /   /
            / ̄ ¨¨ ―/77 >―_    __\=_=_ /ム;,;,彡~ ^^   /   /⌒フ       ′   /
                   ///. . . . . . .>  ̄∨ -_-_-_\}=}………┐_____/   /\〈<  /     /
           /   / ̄ ̄\/. . . . . . /      ∨ -_-_-_ { _=_=_=_=_│    ``~、、/│l `'<    /
        /    /   >―‐<. /        V -_-_-_{ _=_=_=_=_/ _________/ / │l      /
              /  ./:.:.:.:.斗==ミh         ∨-_-_- \ ̄ ̄ /        / 〈 / /      √
.     /  /   /:.< |〃7/:.:.:.:.:.:YV /        V -_>――――‐< ̄\ /  / ―――――‐゚
   /     { _7:.:.:.:.:.:.:.ii//:.:.:.:.:.:.ノ-∨       V           \/ \/
  〈///   }:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.※===x__:.厶=-―――‐ァ
    〈////|_/  ̄∨:.:.:.:.:.:.:.:ゞ==彳 ̄:.:.:.:|. . . . . . . . /
   (/(/      \:.:.:.:.:.:.:〈 〉:.:.:.:.:.:.:.:.: |. . . . . . . /
             />ミ:.〈 〉:.:.:.:.:.:彡个zzzzzzz7
             _:.:./   ̄ ̄ ̄    ァ━━ァ_/
             └┐ ̄\ _____ /    /
        └三                 /
        └zzz_   、 ――  、、、 、__/
            └―ァ/
           └′


杉本は一軍出場の無いままオリオンズを退団しており、
白武も移籍1年目のシーズンこそ10勝してるものの、カープ時代の先発中心の起用から中継ぎ中心の起用に降格させられ、
結局カープ時代以上の勝ち星を挙げられないまま最後は故障で2年一軍登板できなかった末に退団。

こうして見るとやはりトレードはカープの“高橋放出”の目的が第一で両球団の戦力強化は二の次のように見えなくもなく、
そうなると高橋が受けるしっぺ返しの巻き添えにされた形のこの四選手も、割と気の毒な気がするかもしれない。

504 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:20:32 ID:UbaNM0JY [264/337]

それはともかく阪神に移籍した高橋は、今度は新しくレフトにコンバートされ起用されるようになった。
広島時代の実績を見込まれたらしく開幕戦から1番打者として使われ、再起のチャンスを得た高橋だったが、
やはり彼はそのチャンスを生かせなかった。




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,,::,::;;,::,,.,..::.,, :.. ..                                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:,,,.,:;;:;.:;:..:;;:;:.::,,::...,.. . .. .、...  .:..  .. ,. ..          .. ., ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;:;:;,,;,:;;:;;:;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.    ..                      ..    .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;:;:.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..                                   ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:;:;,,:.;:,,::;:;,,:,:,::..,. ..                                          .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,.;;:;:,.;;:;::....,,.,.                                                 .,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;:;;,;:.:;;:;:.::.,,..                                                       ..,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;


.               |鬥鬥鬥|                                           ,.。rf「」斗t≦三三三三
.            ┗┯┯┛                                      _rf「」斗t≦圭圭圭圭圭圭
              」」」_           r壬壬壬壬壬壬壬壬壬壬壬壬ェェェェェェェェ=ニ二工三王主圭圭圭圭圭圭圭圭圭
.                  |/|ニ|           |--|─|==|==|==|==||==|艾艾艾艾艾艾艾艾l||艾艾艾艾艾艾艾艾艾艾艾艾艾艾
ニニニニニニニニニニニニニニニコハAlニ|ニニニニニニニニ|l王王王王王王王王王王王王王王王王王||王王王王王王王王王王王王王王
\-_-_-_-_-_-_\-_「.}-_\ ̄ .|-_-_-_\-_-_-}l_-_-_-_三三三三三三三三三三三三三三||三三三/三三三三三三三二ニ=-
_-_\-_-_-_-_-_-_ヽlコ-_-_-\-.|_-_-_-_-_\-_.}l-_-_-_-_-三三三三三三三三三三三三三||三三/三三≧x三三三三三三三
.-_-_-\-_-_二ニ=-廾云斗=ニニニニニニニニニニ=======,..-‐━━━━━━━━=====ミ、 ||_-/-_-_ヽ-_-_-_\-_-=ニ二三三三
-_-_x≦::>-‐ ¨ ̄                    ``丶、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:_ヽヾ||、'_-_-_-_-_`、_-_-_-_ヽ-=ニ二\-_-_
/ > ´                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    || }_-_-_-_-_-_゚。z≦彡'マム-_-_-_-_-_
γ´                                                     || |zzzzzz≦彡´_-_-_-_-マム-_-_-_-_
.\                                                      || |_-_-_/ .7_-_-_-_-_-_-_マム-_-_-_-_
\:::≧s。                                            。s≦|ノ_-_-/ /_-_-_-_-_-_-_-_マム-_-_-__,.
_-_\|:::::::::::≧=-   __                                  。s≦>く-_-_-_/ /-_-_-_-_-=≦-_斗t弌 ̄|  _
-_-_-_ヘ、::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::¨  ────----------------------─=≦ |≧s≦______A-/--─十七T ̄ | l | jI斗I≦-_
-_-_-_-_-_≧=-    _:_:_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_:_:_:_:_|    | ≧s。   /__/___,, |...|,斗孑七さ ̄-_-_-_-_
-_-_-_--_-_-_-_-_-_-_-_-_-_三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_



年を重ねすぎて外野手としての勘を掴めなかったのが打撃にも響いたのか彼のバットは湿り続け、
辛抱強く起用されても打率は一向に1割台をうろうろしたまま。
外様で既に盛りは過ぎたと見なされている選手がそんな調子ではやがて首脳陣も見放さないわけがなく、
結局途中から試合にも出られなくなり、移籍1年目の1991シーズンはわずか57試合で打率.206と更に成績を落とす。

505 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:21:01 ID:UbaNM0JY [265/337]

再びショート一本に絞り今度こそ復活をかけた翌1992年シーズンも、やはり駄目だった。
シーズン序盤の4月に6試合先発出場の機会を貰ったもののそこで結果が出せず、あとは二軍漬けの日々。



   (⌒ 、    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...
 (     ヽ⌒ヽ 、            /   / .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...
(             ) ... :. .:.:.:.: .: ..   ___┐     /     /ヽ
          `ヽ         /  |´            , へ
  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. . |___/    / . ... ..   |   |  .. .... .. .:.:.:.
 (    '               /       ./       ヽノ
  ゝ     `ヽ          / .... .:.:.:.:.:... / .:.:.:..:.:. ..   | . ......  .. .
(⌒         ... .... . /... :. .:.:. ..     /         |
        .:.:.... .... /         /  .... .:.:.:. . ..  | ... :. .:.:.:.: .: ....
   .. .... .. .:.:.:..: /           / . .....:.:.:.:.:.:.:.. ...  |     . .. ...:.:.
.. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... ..                 i
         /       (⌒ 、   .. .... ..  .:.:.:..: .:.:...  , ⌒ヽ . :. .:.:...
  . .. .... .. .:.:.:..: .:.. ... (     ヽ⌒ヽ 、         (      Y⌒ ヽ




三三三三三三三三三|_______________|三三三
三三三三三三三三三 /l  |                   |  |i三三三三
三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
 ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
         _,,. -=- .,,_

                                     _,,..、 -
                             _,,..、 - ‐ '''' "´
                    _,,..、 - ‐ '''' "´          {∧    ∧
_     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´                   {/∧  .///〉
./ = /    /                           ∨∧ ////
   /    /                              ∨/V//
_,/ ̄                                  /  ̄` ̄ `ヽ
                                     /  ,   l\    l
                                    / /:::ム l:::::::',:l  l
                                    | !:::::::::}/:::::::::i:l  |
                                    |:〈   _   从l |
                                    | `ーz_  t-く li  |
                                    | V´ V_ィァ‐、 l| 「| 「|
                                    | / `/只く}  \_,|:| |:|
                                    ;/ー、{_{ハl/  /l/\::::]



華々しかった全盛期から遠ざかって久しい現状に、高橋の心も摩耗していた。
体力的にはまだ全然問題はなかったのだったが、それよりも精神的な疲労がもはやピークに達していた。
どん底に等しいこの状況からまた這い上がろうというだけの気力は、もう残されていなかった。

506 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:21:24 ID:UbaNM0JY [266/337]

1992年のオフ、高橋は引退を発表し、現役生活に幕を下ろした。
通算成績は1722試合出場、打率.280、1826安打、163本塁打、477盗塁。

名球会入りとなる大台の2000本安打まで、残りわずか174本であった。



:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . . . . . .
::::::::::::.:.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::.:.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . . .
::::::.:.:.:. .: .: .: .: .: .: .: . . . . . . . . . . . .
::::.:.:. .: .: .: .: .: . . . . . . . . .
:::.:. .: .: .: . . . . . . .             \ニニニニ乂_    _ノニニニ/
:;.:. .: .: . . . . .                .  --=ニニニニ厂ヽニニニニ/
:.:, .: . . . . .                ´   _、+ `⌒゚ ニ-冖<---=彡
:.:, .:, . . . .             /     _+`    /     \` 、
                  ,      j「                ヽ \
                 /     j「      /  イ        ヽ
                 /     j「    ゙  /   /│     |   ,
                /     j「      l /│ /  |       ハ |l ′
                   /      |/::::::l,/ ̄⌒、    ! /│ ル  ,
               i  -=彡 イ      |:::::::::::::::::::::::::\  l/ `ト/  . ′
               |      /´|       l::::::::::::::::::::::::::::::\{:::::::レ,   √\
               |   l  { ハ    、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l
               |   | 人 小 |\  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   、乂
               |   │  l∧   \、    :::::::::::::::::::::,:::: /ノ/ ` ̄
               |   ゙  │∧   l、             //
               |       | /∧  :.  、    ー  .イ
               | /     l|   ∧  :.  `; _   .ィ  l|
               |:/    リ   ⌒ 、   、/   厂  |   |
               /        /::::::::::\ \  l    |   |
              / /     /::::::::::::::::::`.--=ミ:、  |   |
              /      /::::::::::::::::::::::,+^´-─-ミ |   |
            /     ,  /::::::::::::::::::::::/::/       ヽ l|
           /       /::::::::::::::::::::::::゙:/         }│
         /      / /:::::::::::::::::::::::::l::'         |
        /         / /:::::::::::::::::::::::::::l:ト.         | |
      /            /:::::::::::::::::::::::::::::l::|∧        | li
             / ,.イ:l:::::::::::::::::::::::::::::l::|  :      | ||l





             ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

                     みんなでプロ野球12球団紹介スレ 

                       高橋慶彦物語  エピローグ 

             ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・
アクセスカウンター



507 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:21:48 ID:UbaNM0JY [267/337]

引退した高橋はとりあえず1993年は大阪、1994年は東京を拠点に解説者を務めていたが、
現場復帰の機会は思いのほか早くやってきた。



                         ___
                         /.:.:.:.ヽ:...、  __
                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.j}_.:_f_※※ヽ
                     ..-'―=.:.: ̄/.:_.:.:.:`'< ※}
                       /.:.:.:.:.:.-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:\'
                   /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:ヽ
                     /.:.:.:.:'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.
                   '.:.:.:.:∥.:.:./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.
                   /.:.:.:.:.:.':.:.:.∥.l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|、.:.:.:.:.:l.:.※:.:.'
                     ,.:.:.:.:.:.:.|:.l.:.||:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ-l-、.:.:l .:.l.:.:.:.|
                |.:.:.:.:.:.:.|:.l:|.|オ⌒\.:.:.:.:.:/  .:/ル'|.:.:l.:.:.:.|
                |:l.:.:.:.:.:.|:从| _- ヽ.:/ 'ィ==ミ|.:.:l.:.:l.:|
                |.l:.:.:.:.:.:|、| ィ" ̄`        :::::: /.:.リ.:/l.|     かつて一世を風靡した赤ヘル機動力野球の神髄、
                |:l.:l.:.:.:.:l.ハ ::::::    .;     /.:.:'/ ;/
                  ハ从.:.:.:.l.込、     ____   厶イ.:.|       私の下で選手達に伝授していただけますか?
                    /.:.:.:.:.\_ゝ.i.i.\  乂_ ノ   /}|.:.:.:l
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.`i.:.`Y〕iトs。 __ イV:i:||.:.:.:|
                  /.:.:.:.:.:.:>≦!.:.:.:|-_:i:i:i:‐'´:i:i:i:`i升:ソ|.:.:.:|≧s、
              /.:.:.:.:.:./   マノ.:.:/ニ-_:i:i:i(菊):i:i_-´ニl.:.:.:lニア ヽ
                /.:.:.:.:.:./   '.:.:./ニ二ニ-_:i:i:i:i:i:_-ニニニl.:.:.:l"   |
            /.:.:.:.:.:.:.l   /.:.:./ 乂マニニ-_:i:i_-ニ>八.:.:.l   |
             ,.:.:.:.:.:.:.:.:.l _,/.:.:./,  -乂`ヽ--y>匕_ノ_ V.:l.   |
              /.:.:.:.:.:.:.:./ニ,.:.:.〃     ゝ ヽ/ニニ{, イ.   ヽ:.マ二≧ァ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ /.:.:/      乂,)=く_ノ      V.マ―┴、
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:.:.,!        ∥-{777}        V:マ  /
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/|      {lニ|(大)       |,.:.:V /
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,イ.:.:/八: : .     :Vニ}il|__l|} : .     . . :八.:.:.v
       '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:ハ .\ : : : : : : }ニ|il|:.:_lj : : : : : : : : '  ハ.:.ヽ
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ,.:.:.:.'  ',   ≧=―={ニ{ニ=‐≧=―-=≦  / ',.:.:.',
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   .:.:,'   ∧    ∨ {ニ{.. . . . . . : :/    /  }.:.:.:}

                       【  王貞治  】



1994年のオフ、新しく福岡ダイエーホークスの監督に就任した王貞治に請われる形で同球団の一軍打撃・走塁コーチに就任。
これは王が巨人で監督を務めていた頃、ちょうど隆盛を極めていたカープの機動力野球に苦しめられた経験から
ホークス監督就任の際には逆に対戦相手を苦しめるこのカープ流野球を目指す事を当初考え、
その流れから赤ヘル機動力野球の申し子であった高橋に目を付け、呼び込んだもののようである。

508 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:22:11 ID:UbaNM0JY [268/337]

ところが高橋はコーチ就任早々、またしてもひと悶着を起こした。



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´      ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人_ノ
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙       <                            >
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u       <    高橋!!                    >
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-     <                             >
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l       <    お前の事が気に食わないんだよ!!   >
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l       <                             >
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



高橋同様ホークスに赤ヘル野球を根付かせるためバッテリーコーチになったのが、現役時代から仲が悪かった達川光男。
この達川と高橋は立場が変わったこの場においても相変わらず全くウマが合わず、
ついにはダグアウトの中で周りの人間も驚くほど激しい取っ組み合いの喧嘩までする始末。
図らずもコーチという立場となってからも、現役時代から変わらぬトラブルメーカーぶりを披露してしまったのである。

509 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:22:38 ID:UbaNM0JY [269/337]

とは言え肝心の選手指導の能力に関しては、高橋は決して無能ではなかった。
チームに全力疾走と積極的な走塁の意識を根付かせ、
特に村松有人は高橋の指導により核弾頭として頭角を現し、1996年には58盗塁でタイトルホルダーになるまでに成長。



    `:,':::::::、'':`''‐ 、_        __
     ',.',::::::';;;;;;;;;;;;;;;;`'‐ 、.,___,rf'` ,r '''
      } :::::::,;;;;;;;;;;;;、 _,.、-‐‐:、ゝ┘
      l :::::,;;;;;;;::_、- '´;;;;; /´,/             ヾ'‐:、
     ,l,:::;;;;::',r ';;;;;;;;;;;;;'/;;;;;;;:{              .l_,,人__  ____,,,,,,.......、、、、、、、.,,
     /,::'/;;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;,、、:l               ''ァf\ ̄,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;、:'´~,.r '´
     /./:::::::、;;;;;;;;; /;;;;/,イ´ i,               /;,l,;;;;;,\'';;;;;;;;;;;;;;:':::::,/
    /::_--::::::;;;;;./:::::/ / .{::::, i,              ノ,;;;,.l;;;;;;;;;,ヽ,':;;;;;;;;'::::/
     ~  `ヽ,'::;;;./ ':{ {  `''‐zゝ─‐‐ 、       /,;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;,.',.':;;;;:::/
         ヽ::::、--l, ',   .)     `'‐、  ,.r ':::::f'ヽ;;;;;};;;;;;;;;;、、;,',:';':/
          `´fニニ:、_ ヽ、,,ノ、-=;'゙元`''‐,、 `く:::::::::ノ '''j.};;;l;;;;;;;':::::::::::`:/
          ,/´   j~`,/  ヽj.ヽl  l `;z,.ヽ ̄  ,/j;;;;l;;::::、-''``'''┘
          .',   ,、ュ,/.  ,r:.、     l .リr';,',   r' ∠:!,r'´
           .`''''f`'''゙/  ./::::/\   .i  '` .リ:-‐'r'´ `´      ,.r:へ、
           ,、-l,  l  \::::l,  ,>:、,,L.、ィ''l l弋´  ,...,     ,、-'´,、-へ,``‐ 、.,_
         .,.r:'´  ', l    \`'‐':::::::::::{_,/::,l! j ,....i,r'r'`/  ,.、-,.'- '`´    .``''‐z `>
        /     ヽ,.',     \::::::::::::、- '´ノf´ //,..、k '´- '´       ,、-`,.- '´
       {     .,、- '゙ヽ,     > '´   ,k'ソ`‐1./( ) /__      ,r ' ,.r'´
        `'''''''''''`´    `''‐、,r-'´  _,.、ィ´.`弋 { { 了-- 、..,``'‐-、 r'´,/
                    ̄l  ̄   }   ` ヘヽ l     ``゙' ‐、,/
                     .',    .j      `´
                     .ヽ,___ノ

                 【  村松有人  】



こうした後々やって来るホークス黄金時代に繋がっていく財産を残し、
1997年のオフ、高橋はホークスでの務めを終え、退団する事になる。

510 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:23:01 ID:UbaNM0JY [270/337]

ホークス退団後も高橋は福岡に留まり続け、九州朝日放送やCSの解説者やスポーツニッポンの評論家を務めたほか、
テレビ番組の企画でアフリカのガーナを来訪し、ガーナに野球を広めるべく代表チームの特別コーチとして指導を行うという
通常の野球経験者でも中々ない貴重な指導者としての経験も積んだ。



                      ___
           __       xwx‐'´   '=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′                ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                    厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {  ↓       \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \,.●.,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
      ̄ ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    。            ヽ      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f

511 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:23:29 ID:UbaNM0JY [271/337]

そして2004年、今度はかつてダイエー時代に球団代表として高橋に関わっていた瀬戸山隆三に請われ、
かつて選手としては1年だけ在籍していたロッテオリオンズ改め千葉ロッテマリーンズに、
シーズン途中から一・二軍巡回コーチとして入閣する事になる。



                           γ ‐ 、
                           /    ∨
                     __,,,,,,,,,_  /    /
          ,. -―-:,-...、,.、,/:::/´i//::"::''ヽ,  /
         人    ` >,"'''' -::::;´_ '::::::::::::::::::ヽ
          `‐ 、_/  `' -::::、_::::`"' - ;;:::::::::::ゝ,
             /     、  /""''' -- >,、::::::i
              i ,ん ,   ,`_ ´γ ヽ     `ー- ,,
             ´ i/ i/i,.i'/ i, i.. `i i,      <、
                 ii i.:::i .i:::: i ,i      、--'
                     i i,-i, ,..i`´ .i ,;:  ̄`,r- ゝ  
                  r- '´ ` ̄"__,..丿`ノ
                 ,-(__,, ‐''"二 -‐― く,
                / ,--`..l´...(ゝ`); ; ; /ヽ、
               ,´、_l:::::::::::、.........´,,,-"ヽ、
                `ヽ '` ー―ヽ,. - ''ヽ 丶
       _,,,、    , - 、
     ./ _ ',  ./. ,、/
     ( (,_/ ', /   |   _,,,,   ___,,,_  _,○  _,,,     _,,,_   ,、
     ヽ,/j  ∨ 1 |  ./,ヵ ハ´ ,,. ) 〉 / <´ '',⌒j /,.ゥ .) 丿 >
      _/ .∧  / l .| / ,' ノ | 1 j / / / / ,/ .r´/ / / f´ノノ ,r' ,. (
     厂 ./  ', / .{ レ' レ''´ l,ノ ノ( .(,/ //, / / ム.' ヒ´/ (__〕 'ー 、
     /  .ノ   '´ し ''^ー''''^ー ''´ `'ー'''^ー'´-'" ゝ-''''^ー-''''´`ー-ー' ̄_) )
    ` ̄____,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.-----──────''''''''''''''''''''''''二二-'
    ' ̄''ー- 、__            ___,,,,,,--───''''''''´ ̄ ̄ ̄
           ` - 、  _,, -- '''´

512 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:32:13 ID:UbaNM0JY [272/337]

そしてここで、高橋のコーチ人生とマリーンズの歴史を変える事になる一つの大きな出会いがあった。





┌──────────────────┐
│ねえ、あんたって“アカンタレ”だよね    .│
└──────────────────┘





                  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   、
                ´          \         、
              /     |       \ /ヽ     ヽ
          '    {  ト 、       /ヽ | i     :.
          ′  { ハ  |  ` 、__/    XV       , i
        i.    ∨ ヽ {        >=≠ヽ.}       i|
        | i    ト 、___\  、≠´ ,x==ミ  ′   / i|
        | i   | ,x=ミ       〃f::い ) ′ /ヽ  i}      (は、ハア!? いきなり人をアカンタレって……
        }ハ  .| ( {ィ:し         Vツ  ′.ィ ヘ i .′
           '   }  ヽ'ツ       :::::: ムイ..:| .) ノ {       それはちょっと違……酷くない?)
           Ⅵ、 :::::  ′         |: :| .イ: . 人
.             弋'一            |: :ト': :|: :  、_≧=‐一
                  v.:::::::ヽ       |: il: : :!: : i{
               个:.、     ̄      , .:八: :|: : .八
            ー=≦, : : > 、 __   ´ /ノ´ ̄ ̄ `ヽ '.
               | : : | : : : :ヽ     /´       '. ヽ
               | : : |,x=-、ノ}    .′          i : :.
            ,. -‐| : : | (⌒´ノ   .′           |: : : ,
              /   | : : |  )、_   _,ノ|            |: : : :':、
          /    i| : : |  `ヽ_´..イ|            |: : : : : )





┌───────────────┐
│それに、“怖がり”……でしょ?  .....│
└───────────────┘





           /..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
        /..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ
       ′..:..:.:..:|..:..:i..:..:..:..:.:\..:..:..:..:..:..:ヽ:..:..:..:..:..:..,
      '..:..:..:..:..i.:.:|..:..:|ヽ..:..:..:..:.:.:\..:..:..:..:.:.:i:.:..:..:..:..:..i
       i..:..:..:i.:.:|..:ハ..:.:l  \.:..:..:..:..:.:\..:.:.:/i:.:..:..:..:..:..|
       |:l..:.:.:レレ′ヽ{   `'<..:..:..:.:.:><Ⅵ:..:..:...:..:..|
       |:l..:.:.:i/≧= 、 \ ー―‐≧//∨}:.:.:..:..:..:..|
       iハ.:.:i 「 r心   \  ,ィ=≠ァ、_/V:.:..:..:..:..:..|      (う……そう言われるとそういうところもあるかも……
       ヽ:l  弋iV       弋izソ } 〉:.:.:..:..:../:..|
        __ハ ::.....        .......   ′:.:., イ:..:..l      ……で、何? 説教しようとでもいうわけ?)
      `ーペ\  ′          ムイ__,ノ、:.八
         i:ヽ             /|..:i|:..i|:..:..\:..:..___,
         |..:.:iト、 ´ `      . ィ |..:i|:..i|:..:..:..i⌒ ̄ ̄
         , -‐|..:.:i| 丶、__    ´    |..:iトハ:.:..:..|
      /  .|..:.:i| V::::::ハ        |..:i|i \:...ハ
        '    |..:.:i|/::/、 }        八i}j  \:..}
       i     |..:.:i|::::/  }   ____/:..//     \
.            |..:.:i|:/      ´    /:...,'::'         ヽ
       ヽ  |..:.:i|′         /:..:..{::|        }

513 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:33:00 ID:UbaNM0JY [273/337]





                              |ニニニ}
                         /ニニニ/
                           /ニニニ/
              ____         |ニニニ-
           , ≦ニニ/ニニ>     __lニニ/…‐-
         ,〈ニニニ/ニニニニニ><ニ」/-----=ミ  `丶
        ,〈ニニニ7 ` ̄ ̄ ̄. 'ア´ ̄ 丶      `丶  \
       ,〈ニニニ/      /, ´        \    \  ヽ
      ,〈ニニニ7      //         .    丶     丶              ……それでいいんだよ。
     ,〈ニニニニ/      '/            ト、     ヽ    ,  ',
    ノニニニ-       {    ト.       l:::\.,___ .ィ   ′             “アカンタレ”だから強くなる。
  ,ィニニニニ/          |     |::::\    、:::::::::::::::::::, ,  、 ,
≦ニニニニ- ´           |     l::::::::::\   、ゝ::::::::::::::::V   |\, 、          “怖がり”だから伸びる。
 ̄ ̄ ̄´             八     l:::::::::::::::::ー:::::::::::::::::::::::l,  ノ/ 、  \
                       ,     <:::::::::::::::::::: 、 クスッ  ハ//   \  \       ――私だってそうだったもん。
                     ′  、\      __ '   .イ_//___, --  \
                    l ∧ |\,丶    ´ /│ .:::::::::/     ヽ、\
                        ノ'  ト l / /__> ̄::「 ̄   V::::::::/  ,:     l \ 丶
                     | '/ /_:::::::::::::::::.、   /:::::::/   {    |_  \
                     |/ / ⌒> _::::::\   ':::::::/;..,,_  ゚,_.、+`:::| 、  \
                         ノ /     ⌒> _\|:::ィj/   `丶∨:::::::::|ハ   丶
                    //,1   ',  /(__)⌒≧{__j\ (__)  \:::::ィ   :,     )
                 _ -=彡 /,小   ',  /      /ハ弌:i:i\     l⌒|   ′
                 /⌒   .イ/ 〈--=彡/     /:i:i:|  、:i:i:i:ヽ    |  :   ,
            /    / : {  ∧::::::::::{   (__){:i:i:i:l  \:i:iハ_)   |  l    ′
            /    /,:  | |    ー=≦、 -─‐ V:i/ ⌒  \j    }  |   |i
           (     ,  /   乂__   ,ヘ  {__    }/  ‐-  `_   1 _│   ||
          ヽ   / /       / ハ 〈   (__)=--  _       l|´ |    ||
               /  ′     /   j _ノ ̄⌒  ‐-  _ ⌒ (__)  |   V  ; !
                  | i   /  ,. ‐:r ´|l|          ,``  .     |    , /│
                  l人,/  /:{:::::::. l:l|         ′   `丶、 |.    V ノ

514 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:33:26 ID:UbaNM0JY [274/337]





     ′' : : : : : : /: : : :/ ヽ : \: : : : : : : :\ : : : ヽ : \
    〃/: : : : : : :〃: /   ∨: { \ : : : : : : : \: : ハ : : ヽ
.   ' : i: : : : : : : :{: V-‐--‐―ミハ  ヽ、: : : : : : : :X: :i}:. : : : :.
   i : :{ : : : : : : :ハ{ ,,x≠=ミ、  \    ミ:_‐-: /_: :Vi: : : : : i
   | :ハ: : : : :i: :| 〃 r.ノ心 ヽ   \    ,,x≠ミ、〈: i: : : : : |
   | : ,xミ: : : :ヽ| {  {i:::し':i}        〃_,心  i}、:ヽ : : i : |     !? ……は、はあ……
   |:V 〃\: :Ⅵ   弋::..て        {i::し'i} 〃ハ}: : ハ |
   |.:{ ハ i|: \ ヽ ////         弋:. ノ  爪/: :/ }ノ     (……? なんかよく分からないけど、
   |込 ゝ|: : :个 : \          ′ /// , レ':/
   レ ゝ、_| : : il  `ヽ                ム'          褒められてるのなら悪い気はしないかな……)
  ノ : :,: : : | : : i|、                  .: : :i
二ニ=イ : : : | : : i|  、        ___     ム: : |
    レ' : : : :| : : i|  `       'ー  ′   イ| : : : |
  ノ, : : : : :| : : i|       `          . イ: :|.| : : : |
=彳レ: : : : : :| : : i|         >--r<: : : :| : |.| : : : |
-=イ: : : : : : :| : : i|           i : : ヽ: :| : |.| : : : |
‐--一´`ヾ´| : : i|            {`'一}`'ー--| : : : |
.        } |: : 八               |   /    | : : : ト、



その男は、どこか高橋と似ているところが多かった。
俊足で、遊撃手で、スタイリッシュで、立ち居振る舞いに華があって、
そして、生意気なぐらいやんちゃで自己主張が強い――――

515 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:33:52 ID:UbaNM0JY [275/337]

そしてその男は、高橋同様にスイッチヒッターを目指していた。
野球センス抜群の将来の核弾頭候補としてドラフト1位で入団したものの、
左投手の変化球が怖いというプロの壁にぶつかり、
その状況を打開するために自分からスイッチ転向を指導者に申し入れ、本腰を入れて取り組もうとしていた。



            /         \  、     \
            /  |   i、      \ \ ヽ  \
         ./ |八  | \       Ⅹ乂.|   、 ヽ
        .,   . l ′’ i  ` ー-=≦彡^Ⅹ |   ' ‘,
       /.イ  |N_  ヽ’ 〈__,ィ笊乞ミx  ̄i     i  i
        /' ;| :l八x≧ミyヘ   〃f:..,ん:i 》  ;     l  |     お願い! 高橋さんの指導、あたしに受けさせて!
         i |. 小《 f:,斤` \   ヒ:..ミツ  //   ム ;
         l |: l | ヒ:.リ         //// i/  ,〈、 i、{     あたし、真剣にスイッチで成功したいの!
         l八 乂/// ′           /  イ , ム乂
             ` ド    _  ― 、 ‐=´  イ [_/ トミ^ー
             ,込   「厂     .     ;  |八   \
        ..-彡i 介.  弋,__  _丿    个 !  \  ry'^⌒ヽ
           ,|  : >        イ   i||   //   ノ⌒ヽ
           ./ !  !  ミ >-- z≦     |! |`厂  厶  ,    ‘,
         / |  |\  \ \ }     /j八i/  /  / /    {
         . _」  |  ト  >、  \弋ー、  厶}  | /   /       / ̄{
         !八 |  l∧{  > _ ¬ミ、    ノ  「 __/   /  ニ二 __〉-、
      ..-┘ Ⅵ  ! バ, 乂 (う >、 l_ イ  厂    __」              \
      {      八 V  i===≧チ==Ⅳ三Ⅴ  ' ===   ̄入
     ..\__   い i  !      ||   i   /        ミ_ー-  _
        /ム  \ ,  l ム        ||   l  ;i          介x、      /
       ∨/i\ ∨イ/ ∧‘,     ||   | 八           / ノj ミ=r―=ニ^_



そんな時に、運命に導かれるように高橋がマリーンズのコーチとして入団してきた。
彼は、この最高のお手本と巡り会えた機会を見逃さなかった。
この時から彼と高橋、二人三脚の日々が始まった。

516 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:34:15 ID:UbaNM0JY [276/337]

指導に当たり、まず高橋は彼のスイングの悪いところを丁寧に矯正するところから始めた。
それまでの彼のスイングは勢いはあったものの軸足がぶれていてスイング時に体が揺れてしまう、
端的に言えば『不細工なスイング』というのが高橋の見立てだった。



                                   ______
                              .ィ≦//////////////////フ
                 _                 //////////////////> ´
                .///≧=- .         ////.> ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            //////.>-=ニ>、  __/////
           //////.///////≧=-r=》=<ミxヽ
         //////./  `≧=ァ‐ァ=>'⌒´ ̄ ̄`ヽ\
          .//////./      ./.// i     、      ヽ
      //////./         . 〃   {       }ヽ    ‘.
     /////> ´  .ィオ     {/ .′ ハ      .|:::::Yハ   \
    //> ´     / .{     /  { l{ {:::∨  }.リ::::::::::::}x    八
    ̄         ′ ;    / {  | lト.{:::::::ヽ  ./:::::::::::::::ヾ }  }⌒\    あんたさ、バット振る時に体揺れてる感じしない?
             {  {    .//l|! .| .八:::::::::::::`´::::::::::::::::::: 八.人
            |  |  ./イ ト、八 .《 :::::::::::::: .、     从 }∧ヽ     それ、軸足がしっかり固定されてないからだよ!
              八  V     l ∨{ヽ人     r.、   / / .∧
          /  〉  .∨   .| /ヾ  ≧=-..   ー' イ  { l{   ∧
         { { Y     ヾー-'-〈_}__}ハ l}<ノ  ̄  ゞ≧∨  {∧
           〈| | .{     ー.―― ァ Vハ} |、:::::`ヽ    }::::::∨ .八 ヽ
         人ヽ }>---、---=≦ .ノ::::}Vハ \::::::::\  |::::/}∨ .∧ヽ \
          `'`       /≧=ァ≦ーイ-∨}.  ∨<:::ヽ.}:/lリ V ∧ \ \
                  //  /  / /  .} |  ノ }≧=-{/}イ≦.ハ  ∧  \ \
                    //  /  / /   | |、/ .|○/::/^Vハーイヽ ∧
                 /イ ./  イ/}     ll |__   | ./::::{  .Vハ .}    ∧
               / ./ // / .八   .リ }: : )  ; 《:::::′ .}::::} ! \  ∧
           / / / ./ /  / {   / /} ̄  .| 0V{  (.|::/ |ヽ }ヽ ハ
          / / /  /.イ  { .| ./イ./    |  }'    レ{ .| Vl| } }八



指導をするにあたり、レベルが高い部分での良し悪しとなると判断が難しくなるものだが、
なまじ元々悪い部分がはっきり目立っていた分、矯正させるのは容易だった。

517 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:35:04 ID:UbaNM0JY [277/337]

そして、いざ悪い部分を直して基本となるフォームを大体整えたら、
あとは本格的に形を完成させるために、ひたすら練習あるのみだった。



:::::::;:::;:::::::+:::::::::::::;:;:;:;::::::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;::::::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;::::・::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;::::::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;:
::: ::: :;:::;::::::::: ::::::・:::::;:;:;: ;::::::::;:: :;::::: :::::::::: :::::;:;:;:;:::: ::: :;:::;::::::::: :::::::::::;:;:;: ;::::::::;:: :;::::: :::::::::: :::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : :      : : : : : : : : ・: : : : : : : : : : : : :
: : : :     : : : :    : : : :       : : : :   ;:;:;:;:::: :::             : : : :    : :
                  ._   :::::::: :::::;         :::::+::: :::::;   : : : : ・:
ヾ        _,,、--・''~l´`l~`'''ー-、、,,,_   :::::::: :::::;       :::::::: :::::;  :;::::・::::;:::
:〃ヽ_,、、-‐''''´,,、、-‐''~|  |~`'''ー-、、,,,_``゙゙'''ー-、、,,,_    ::: :::::;:;:;:;::  : : : : :     ::: ::: :;:::;::
:::〃:゙|----::==========|  |=========~`'''ー-、、,,,_ `'''''ー-、、,,,,         : : : : : : : :
:〃; ::ミ:: |          .|  | : :           : ~`''''ー-、、,, ,_`''''‥、
: : 〃;:ヾ || ̄| ̄| ̄| ̄| |  |   | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|゙|    ..|: lー--i ::ゝ
: :〃:;;::ヾ、||二|二|二|二| |  |   |二|二|二|二|二|二|二|゙|    |: lーi‐i:i ::.|    : : : : : : :
: : ::;;〃; ソ|: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   : : :|::二二l :::| : : : : : : : : :
: : ::;〃:ノ::|| ̄ ̄l ̄ ̄| :|  |                       |: l   | : |
.,:::゙~ミ::丿.:|l.___゚l゚_....| .|  |===================〃i┌┬┬┬┬┬┬┬┬─
 ̄~ /':; /≡≡≡≡≡ヽ.|  ||_________、〃,,,l└┴┴┴┴┴┴┴┴─
 ミ::丿:/三三三三三三ヽ         ,,,r''''´    '''''''''''  : _,ノ' ̄ ̄ヽ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
  /_                    ,,、r'''''′  : _,ノ' ̄ ̄ヽ ´ー()--()ー'-” ´: : : : : : : : :
::/   ̄ ̄ ̄`゙゙゙゙゙゙゙: : ''''''''''''''''″‐------: : : ´ー()--()ー'-”,,,,___    ..
              ,,,r''''´                     : ''''''''' '' ''
          ,,,・''''´  : _,ノ' ̄ ̄ヽ                          ,,,r''''´
               ´ー()--()ー'-”               ┏━━━━━━━━━ : : : : :
                               :::: ::  :┃_________   : : : : :
                                     ┃   室内練習場
  ̄ ̄ ̄`゙゙゙゙゙゙゙: : ''''''''''''''''″‐------: : : 、、,,___       ::┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : : :
                           : : `: : ` ̄ ̄`~.┃ : : : : :
                                   ~゙゚'~"´~゙゚'~"´~゙゚'~"´`



試合前の練習だけでなく、ナイターが終わってからもホームの時は寮で、ビジターの時はホテルに場所を用意してもらい、
そこで毎日深夜1時頃までバットをスイングさせる。

518 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:35:30 ID:UbaNM0JY [278/337]

スイッチヒッターの練習であるから、練習量も自然と普通の倍になった。
高橋自身の時は左打席に集中しての練習だったが、元々中学時代に右打ちから左打ちに転向していた彼の場合は
右で500本、左で500本といったように右と左を同じだけ打つという練習方式となった。



  | ::::::|   |                              |:::|   |
\| ::::::|   |                              |:::|   | /
  \ ::|,______|______________________|;;;|   /
∥ |::::::|   l─ ─── ─── ── ──── ─ ────|:::|   |  /           ∧',
\ |::::::|   i    / /     / /     / /      / / |:::|   |/             | |i
  \ | ,,,,..;;; ..                              |:::|   l  /         ._.ノ .从,.-―
\  l: | l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二||   l/         | ̄_,,.  ..-‐┘
  \l: |ヽ_______________________/:|   i ̄ ̄        ̄ ._) ((,..-┐
 ̄ ̄ |   |                              |:::|   |         . | ̄_ ,  ..-‐┘
  | ::::::|   |ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/''|:::|   |           ̄   ) ((     、
  | ::::::|   |                              |:::|   |              ' , .∥   ./∥
  | ::::::|   |                              |:::|   |              .V/  ./ /
  | ::::::|   |                              |:::|   |                ∠_  i|
  | ::::::|   |____________________________,|:::|   |         .          .|i∥  . 、
  | ::::::|  /                               |:::|   |                  V , '/
  |____:|/                                 、|______,|                  ∠  |i
                                                               V/
                                                            ///
                                                   .      . ∠ //
                                                            V/
                                                         .ノ,
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__                        /|i|
 ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
         _,,. -=- .,,_                                      イ
                                                       ィ
                                     _,,..、 -                 ヾ/  /ヽ
                             _,,..、 - ‐ '''' "´                       .ノ ∥
                    _,,..、 - ‐ '''' "´                             ≦  __ノ'
_     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
./ = /    /
   /    /
_,/ ̄



高橋は妥協しなかった。
試合前も試合後も毎日、彼に付き合い、彼を引っ張り、一日中野球漬けの日々を送らせる。
彼が辛そうなそぶりを見せても、心を鬼にして逃げさせず、彼のために連日遅い時間までトスを上げ続けたのだった。

519 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:35:52 ID:UbaNM0JY [279/337]

そして彼も、高橋の課す猛練習のあまりのキツさに憂鬱になりながらも、
持ち前の負けん気の強さで高橋に向かっていき、何とかついて行っていた。

だがそれでも彼もまだ若く、あまりにもストイックな生活が続く日々に摩耗したのか
1度、思わず妥協しようとした事があった。



   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
  /: : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
. ,  /  /: : : : : : 〃: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :   ヽ
/: : /. . /   / / |: ヽ: : : : : : : : : : : : ∧: : : :     ハ
: : /: : / : : /:/   |  |\         / ∧      . . :
: /: : : !: : /:/    |: : |  \: : : : : ://: :V : : : : : : : :|
/|: : : :|: /|厶,__,ノ|: : |   \:_//: : /|: : : : : : : : :|
. |: : : :|/´|{   ヽ,八: : 、 ゝー- `<:_: ://|: : : : : : : : :|      あ、あのさコーチ。あたしずっと試合にも出てるんだよ?
. |: : : ∧ 气テ夲ぇ、, \:`、  ∠⌒  `<: : |: : : : : : /: :|
. ∨ : Iハ  弋::゚ソ     \ 气テ夲ぇーk Ⅵ: : : : : イ: : ′     それなのに毎日毎日試合後も練習はきつすぎ……
  ∨ Ⅶ               弋::゚ソ 丿 / : : :/| } :/
_/ \乂////   、             /: ://゙ソ/:/       今日ぐらいは休ませてほしいんだけど……
 ̄ ̄}: :`ト             ////∠:イ: : |_/:〈
    ∨八                 _|: : :|: : ト: \__
    }:∧:\  ~    ー- 、    イ: : |: : :| :八:{ ̄ ̄
   /: :∧ :个: .           < 人 /| : /: : : ハ _
 ̄ ̄ ̄ ̄}: : | }}>  -=≦     / }/ |:/ ̄ ̄ ̄´  `ヽ

520 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:36:15 ID:UbaNM0JY [280/337]

すると高橋は――――



┌─────────┐
│――――帰れ。  .....│
└─────────┘



                         . ,≦: : ̄ ̄: : :ミ: . ..
                     , . :´: : > : : : : : : : : : : : : : : \
                    / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.
                    // : : /: :イ             : : .ハ
                   / イ′ ./ ./ ! . :{、. . . . . \ . . ヽ. .     ‘.
                〃 ′ . :| /  ‘, | \ : : : : : :ヽ/'i!: : : . .  i
                / | : : イ{ \ ‘: {  \: : : /,ヘ/,! : : : : . . i
                    ! : : :i{    \,、{     ><:/ハ:| : : : } : .|
                  ‘: : : {|     ヽ ``^´     ` ー}: : : :′: :;         えっ?
                  ‘,: :}  ○       ○   ; : : ん、: /
                  、__乂∨//            /: : イ^ }:`廴__ ノ
                  `7: {`\         //,ノ イ: ‘.ノー┬一 ´
                  ./i :人    __ . _-‐==ヽ   ̄ .<ヽ: :∨ : {: \
                  / :lん }>. . {7´       } . イ:.:.:.`ハ : ∨:乂: : \
                   /: r‐ヽV: : : : :/≧ ―┬ ´ r― ミ:. .∧: : V : : : : : :ヽ
                 ′どノと`V:rく ハ:. :.:.:.} ̄/‘てィ_入 ,.} : : } : : : : : : ハ
                  { :‘个x_,` ヽヘヽ }__,.. -ァェ'ミ._と¨   Y!: :从: : : : : }ヽ: }
                 人 : 乂ハ.   ヽヽV{`¨´ビ_ノ`ー^‘ーr ' `く∨〉: : : :/ }:ノ
                  \ミ≧ヽ   人八  /:::∨    ∧    }:,ィ: /  ノ′
                    `    `ーく_:ト--トヽ:ノ、 \   ,ヽ  ノ ノ´
                            廴ー ┴一__彡 ' `¨’





     ∨////∧     |ll////
      ヽ////∧   ___t|///―-- 、
        ヽ\/∧!|||||||////== 、   ヽ
         `,ゝ,,,{lllllllナ ̄ ̄ `ヾ \   ヽ
         // `ー'        ヾ,ヽ、
          ,'/              \l    V
          /    ',      |\      ヽ   V
       /    l、 i       |  \ |l    ヽ  V
       ,'    | \丶    !:::::::::丶ト、    丶  V
      i    |:::::::::ヽ',    |:::::::::::::::::::::     ,ハ}   V        明日からもう、やらなくていい
      /     !::::::::::::::ヽ、, l::::::::::::::::::::::| ,人リ    V
     ノ/|   ト ::::::::::::::::::ヽメ:::::::::::::::::::: l,イ |l      V
          l ト、 | ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リl |ヽ ' ,   V
        リ ヽ|i. ヘ::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::,イ | 丶 ' ,  V
           |.  lf 、    _    イト|  |   ヽ  '
           |.  || `  ー- _ ィ ´  l |! l\  ヽ 丶 \
           |.  |l   | /  l     / | /   ゞヽ、丶 \ \



そう言って、彼を冷たく突き放した。

521 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:36:37 ID:UbaNM0JY [281/337]

果たして翌日、彼は高橋に素直に頭を下げた。



                      ________
                     ´ "         `丶、
                    /                \
                      /   │    \ \    \
                /     /| |\    \/〉
                        │/ ; | [  \  /∧│    |       昨日の考え方、あたしが甘かった!
                   |   レ{ _|-匕∨ `ー</_/〉|    |
                   |   │|斗守ト \ 斗守仆ミ|  │|       だから、だからもう一回――――
                    八  │{c辷り     辷りっ}  | |/
                     \ ∨i 「// ′ //i i/  /リ        あたしにチャンスを頂けないでしょうか!
                  ノト >i   , ´ ̄ ^ヽ /i /乂
                   /_人_,込i  {     }__ア|  〈⌒\   ⌒\
               ,;゙"""广二ニ)二ニニ=ー<二ニ|  ;'"""';,/ /} │
              :;,  / / // `マニニニ二二八  {:,   ,;; /⌒\|
               />;:∧   ´ /`ー’二二二二二、 `'ー''"´   _ ‐ヘ
                //\ ∧    Vニ二二二二二/ > ..,,___//  |、
               [,/  ゚、   ∨(^ヽヘ、二// /   |   {  人\___/}
              | /   イ「〉    ノ >⌒\\∨ ,′   |    \__/   /
              |{  〔___∨\,__∧ {__ ̄   }| l|     |           ̄` 、
              人|\_,/\  `7 {、__`   / l jl     | ̄¨二ニ=--  ...,,,___ \
              〈   /     /\У   /  ∨    |              _、\
               ∨'7     ∨ノ ノ{.   〈\ ] /   ∧   _,,... -―…=ミ厂∨\〉



彼と高橋、二人はこれまで毎日真剣に向き合っていた。
彼は反骨心をむき出しにしながらも全力で高橋に向かっていき、高橋も彼のそのスタイルを全力で受け止めた。
だから彼も、反発する一方でいつしか高橋の事を信頼し、尊敬するようになっていた。
だからこの時も、高橋の一見冷酷にも見える叱咤を素直に受け止め、反省する事が出来たのである。

522 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:36:59 ID:UbaNM0JY [282/337]

そして高橋も、彼の謝罪を優しく受け入れた。



                                    -ニニニニニニ
                                  /ニニニニニニ-
                          -─‐-        /ニニ/⌒ ̄
                      ´    ____  `  、 /二/
                   /      ´      .、s≦{-ィ(____
             /             /> ¨⌒ー<ニニニニニ-
             ,                 ,/´     .イ\ ̄⌒丶 ニニニ
               /      .      __/      / /│  ,    \ニニ
           /     /    -=ニ/        / / l|  |      \
            .′   /        / ,        . イ ∧ 八
              /      イ⌒/ /   / / レ  l   ヽ |
              /           ! /.イ    ' /:::::::::⌒ヽ   l|
          , /           ∧'⌒ト.    l {::::::::::::::::::::}  ノ       ……いいよ! よし、やろう!
.         /"  /      .  /  ` 、|∧  ト:::::::::::::::::::/ /
        /   /    /  /     |/∧  . \:::::::::::V(          その代わり疲れたら遠慮せず言っていいよ!
       .イ /     /    /      :| i  \〉       ゝ
    /         /    .イ_      | |     /`ヽ /           とりあえず今日は20球ぐらいにしとこうか!
   /  ,     /     /:::::::\     | |    V⌒ ´
 /  /     、 --<:::::::::::::::::::\ /| ト    /
    /    //      `丶、:::::::::::::\| |  l 「´
   /    / .'         \::::::::::::::V( l |
      〃  イ          l   \::::::::::\ 、ト
      i{  │        l    / ト、::::::l:::ヾ| ヽ
       |{/ 从        ,   /   V\:j:/ニl|  ,
       |{ / ハ        {  . ′  \_ヾニ7l|l  ′
       |{    l ...-‐…‐-..、ィ    (__) Y⌒} |ヘ  ,_
       |{    〈::::::::::::::::::::::::::l         乂_7 |l ∨:::}
       |{    }:::::::::::::::::::::::::{        /ニ} || }:::::}



そしてそう言っておきながら高橋は結局、彼を上手いこといい気分にさせて
気づけばこの日も夜中の1時半まで、300球ぐらい打たせたのだった。

このように高橋はただ練習させるだけでなく、要所要所で彼の心を効果的に刺激し、精神面でもその気にさせていた。
相手が妥協しかけた時に、素直に要求を飲むでもなく理詰めで練習の意義を説くでもなくあえて冷たく突き放したのも、
彼の性格や自分と彼の信頼関係を計算に入れた上で、彼なら時間をおけば必ず高橋の伝えたい事を理解し、
より自分から自覚をもって練習するようになってくれる、そういう勝算があっての事だったのだろう。

523 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:37:27 ID:UbaNM0JY [283/337]

そしてそうした精神面の指導として、高橋はこんなやり方をした事もあった。

2005年、高橋と彼が出会って2年目、最初となる鹿児島キャンプ中、
最初の休日に高橋はこのように彼を誘った。





            ┌─────────┐
            │知覧、行こうか。  ....│
            └─────────┘






.

524 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:37:58 ID:UbaNM0JY [284/337]





                         . ,≦: : ̄ ̄: : :ミ: . ..
                     , . :´: : > : : : : : : : : : : : : : : \
                    / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.
                    // : : /: :イ             : : .ハ
                   / イ′ ./ ./ ! . :{、. . . . . \ . . ヽ. .     ‘.
                〃 ′ . :| /  ‘, | \ : : : : : :ヽ/'i!: : : . .  i
                / | : : イ{ \ ‘: {  \: : : /,ヘ/,! : : : : . . i
                    ! : : :i{    \,、{     ><:/ハ:| : : : } : .|
                  ‘: : : {|     ヽ ``^´     ` ー}: : : :′: :;         へっ? チラン? どこそれ?
                  ‘,: :}  ○       ○   ; : : ん、: /
                  、__乂∨//            /: : イ^ }:`廴__ ノ
                  `7: {`\         //,ノ イ: ‘.ノー┬一 ´
                  ./i :人    __ . _-‐==ヽ   ̄ .<ヽ: :∨ : {: \
                  / :lん }>. . {7´       } . イ:.:.:.`ハ : ∨:乂: : \
                   /: r‐ヽV: : : : :/≧ ―┬ ´ r― ミ:. .∧: : V : : : : : :ヽ
                 ′どノと`V:rく ハ:. :.:.:.} ̄/‘てィ_入 ,.} : : } : : : : : : ハ
                  { :‘个x_,` ヽヘヽ }__,.. -ァェ'ミ._と¨   Y!: :从: : : : : }ヽ: }
                 人 : 乂ハ.   ヽヽV{`¨´ビ_ノ`ー^‘ーr ' `く∨〉: : : :/ }:ノ
                  \ミ≧ヽ   人八  /:::∨    ∧    }:,ィ: /  ノ′
                    `    `ーく_:ト--トヽ:ノ、 \   ,ヽ  ノ ノ´
                            廴ー ┴一__彡 ' `¨’







          -=ニ二ア≧s。
     /ニニニ/ニニニニj≠ニニ=-
    /ニニニ/  ̄⌒ /´ ̄ ⌒\二二二\
  /ニニニ-       ,         : \ニニニ},
/ニ- ⌒        /  |:     ト.  \ニニl_-
 ̄             /  ' |l     |::::ヽ i \」ニ-
           /  l ハ    /::::::::V|  l |ニ-        知らない? 特攻の基地だよ
             /イ   ト::::::::丶 /:::::::::::::::::  ハ|ニニ}
              │l 从'::::::::::::::::::::::::::::::::::::; !ソ|ニ.イ       私も行ったことないけど、前から一度行ってみたくてね
              人|/:| 丶:::::::::,:::::::::::::::::::/,ハl l/│
             |ヽ人   _   ..イ:| l: {   l       あんたも来なよ。野球のこと考え直せるから
             | |l l>  _    l | |      、
             | リ _....-‐rハ   /| ト .   、 \
                 , 〃´l::::::::::ト ,/:::::l /:::::癶. \ \
             / l  {\:::::| /:::::::::::;//´   \ \ \
               /  l| ル、_ヾーくニニ7´     l//> \ \
           /   l| //ニハニヽ ∧  l    |////l⌒`丶 \
             /   厂{/ニ7  lニニV′\|_   _ト ///|     \ 丶
         /′ {:::::[ニ/  |二/l{   {::::::::::::::|///|      ヽ
         仆   厂レ´     |-/ }i、  ハ:::::::::::ノ///|         .  ,
.       / |:!      |      |,「〈 〈/l 7ハ ̄ |'///|        :  ′

525 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:38:23 ID:UbaNM0JY [285/337]

知覧はキャンプの宿舎から車で小1時間ほどかかった。
『知覧特攻平和会館』。辿り着いた目的地には、そのような看板が出ている立派な建物があった。
中に入ってみると、かつて太平洋戦争末期に特攻隊として国のために散っていった兵士達の
遺影や遺品、家族に書き残した手紙等の展示物が、整然と陳列されていた。



.: .:::.. ... :. .::.. ....: .: ... .. . .                 ll               .   .. .:...:... .. . .  ... ....:::::.
: .:::.. ... .:... .. . .                    , -┴- 、                    .... ...:.:.::::..... ...:::.
 ..::::. ...::                     /-──‐-ヽ                    .:...:... .. .:::::.:.
\\::...                         (.   (  ,)   )                       .... ...:.::..
:.. \\::::...                     ̄      ̄                           /
..   \\::...                                                   /
/ ̄ヽ  . \\                                              /
l:.  .|    .\\_____________________________,/
l:::..  |      \\                         | |                . ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\______________| |                 .||.    /|
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____.__________| |                    ||  /.  |: ・ .,,
. l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l    .                 | |                    |/    .:l ,,-''
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |              /  :l: ・ ,,-''
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______    / |   :|,, -'' : |: ・   ,,
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄ ̄ ̄

526 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:38:46 ID:UbaNM0JY [286/337]

高橋と一緒に施設に入り、資料に見入っていた彼だったが、思わずあるところで足が止まった。
それは特攻した兵士が書き残した、両親への手紙のうちの一つだった。



         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::.
     ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.
    :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::.
     :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.
       .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、
       :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
       .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
   :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -
     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´



その兵士は野球好きだった。
本当は野球をしたいけど、お国のために自分は死ぬ。だから父さん母さん、喜んで見送って下さい…といったような内容。
そしてこれを書いた兵士は、まだ15、16の少年であった。

527 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:39:08 ID:UbaNM0JY [287/337]

彼は衝撃を受け、深い思いに浸った。
その兵士は、今の彼よりもさらに4,5歳も年下で、彼と同じく野球を愛するただの一人の若者のはずだった。
それが国のために死ぬ事、そのためにもう野球が出来ない事を受け入れ、立派に死に飛び立っていったのである。
自分にできるだろうか、いや、できない。彼はそう思った。

そしてそんな彼の様子を見て、高橋は言った。



          -=ニ二ア≧s。
     /ニニニ/ニニニニj≠ニニ=-
    /ニニニ/  ̄⌒ /´ ̄ ⌒\二二二\
  /ニニニ-       ,         : \ニニニ},
/ニ- ⌒        /  |:     ト.  \ニニl_-
 ̄             /  ' |l     |::::ヽ i \」ニ-
           /  l ハ    /::::::::V|  l |ニ-
             /イ   ト::::::::丶 /:::::::::::::::::  ハ|ニニ}
              │l 从'::::::::::::::::::::::::::::::::::::; !ソ|ニ.イ       どう? 当時の人達の想い、少しは分かったかな?
              人|/:| 丶:::::::::,:::::::::::::::::::/,ハl l/│
             |ヽ人   _   ..イ:| l: {   l
             | |l l>  _    l | |      、
             | リ _....-‐rハ   /| ト .   、 \
                 , 〃´l::::::::::ト ,/:::::l /:::::癶. \ \
             / l  {\:::::| /:::::::::::;//´   \ \ \
               /  l| ル、_ヾーくニニ7´     l//> \ \
           /   l| //ニハニヽ ∧  l    |////l⌒`丶 \
             /   厂{/ニ7  lニニV′\|_   _ト ///|     \ 丶
         /′ {:::::[ニ/  |二/l{   {::::::::::::::|///|      ヽ
         仆   厂レ´     |-/ }i、  ハ:::::::::::ノ///|         .  ,
.       / |:!      |      |,「〈 〈/l 7ハ ̄ |'///|        :  ′

528 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:39:37 ID:UbaNM0JY [288/337]
┌───────────────────────────────────────┐
│きっと当時の人達も今の人々と同じく、みんなやりたいことや夢があった。            ..│
│                                                         .│
│自分達みたいに、野球を思う存分やりたいって願っていた若者だってたくさんいたはず。     │
└───────────────────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


                                   -- 、
                                  /´      \
                               厶---  、
                              ,ィ≦__ ´ ̄`ヽ\
                           tf´ /__, ≧t、   \>-
                            ____`¨{tテッ `ー,tテッv┬v
                      ,ィ==≦、 、   `}`¨f^ヽ `ー宀│
              ト((ィー'^</ /    \ヽ、  j;; ^__`_  ;;;u j Y
.       , --- 、  ,r'      ∨ __,tッー¬fっ=r-ヘ r'===ヘィ   '^'__
      .イ廴__   ー≦f(乂从儿 ヽ!てテ  てテYヽ ヽ` ̄ ̄´;;u , ' /
     〃__,{ ヽ、 、({ ≦   ≧zヽ, } こ'⌒ヽ ¨´u |Y^ヘヽ、___ _, イ/
   、」:ftッ,ヽ、 ハ ミニ! /⌒ヽ ;;ト┘{ ;ヽ弋iつ7´,'└〉_ノ^f^ヽ、´/
    ヾ_| 〈_、 |  |   〈';;r===-イ 气,ハ `¨こ´u;;; _/ヽノ| ,ァ=r- 、
     「! fニぇj  j   入`¨こ¨´ u  /f≧ー一 '´  ,/ 厶八_ノ   \__
.     ヽ、 `¨7 ,イ/>rr--r≦´  jf`=--    /   ,r-、






                                              ‐}l‐
                                              ̄爪 ̄
                                             ‐‐ナハ‐
                               .: : : :::.    : : : :.:.:.::.:.    l_l_lコ
                   ,. : : : : : : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::;;;;;;;  : : : :.::;;;;;;,, _  l/lハ f´辷i
                  ‐ff‐  : : : : : : : ::.:.:.:.:.:.:.::::::;;;__:: : : : ::::::;;,ィ≦ム..l-|‐l 」G─ttttt..                           |l
                  卅              r彡イ      〈'" ,ハl__|二 H    == {‐‐r==_Å__               /|L..
.                  /l{     rTT┐    r==ハ  |     ___ } 」__}__.|_」_.H   r===rrァ |___二}== nn_m . -=ニ  ̄ア´
            ==厂 ̄¨7〕ハ    r┴、| |___爿凹--}厂ア ̄ゝ' 二二ァ /_ノ{∠,,..--┴─┴'゚´└┴┴┴' ̄ ̄       (山)  /
       _==厂 ̄/ ̄/厂幵¨¨ ̄{{``ヽ__)'´_|_ノノ「」,,.二二==─∟__/___爪廿_ノ-‐‐‐- ...,,,。o '`⌒ ̄⌒~'⌒~ ....        ,′
rェェfttr三[]-=γ~~~~'´ ̄``ー'゚ ゚̄ '´´´´´´´´´´      `´゚    ゚゚⌒'´  `ヽ `ヽ-‐'゚    ゚。  ο    o  ゚ 。`````丶、  /二三三
--=≠ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二二二二二ニニニ==-=≦三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-ヽ'三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌────────────────────────────────────────────────┐
│でも時代がそれを許してくれなかった。                                              ..│
│                                                                     ...│
│当時の人達は国のために戦えと言われれば危険な場所に戦いに赴き、死ねと言われれば死ぬしかなかった。   ..│
└────────────────────────────────────────────────┘

529 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:40:18 ID:UbaNM0JY [289/337]
┌───────────────────────────────────────┐
│そして、多くの人が命を散らしていった。祖国から遠く離れたどっかの陸地や海の中で、    .│
│                                                         .│
│ある人は凄惨な飢餓の苦しみを味わい、ある人は全身が跡形もなく吹っ飛んで――――    │
└───────────────────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


| ̄|   □□   ._| ̄|___   | ̄|    | ̄|
|  |__     |_   __  |    ̄     |  |
|  .__l       |  |   |  |           / /           | ̄|   □□   ._| ̄|___
|  |         |_|  / /    __/ /          |  |__     |_   __  |
|_|            /__/    |__,/            |  .__l       |  |   |  |
                  |  _l_l    l      _l    l |  |         |_|  / /
                  ._|    ‐ ┌‐ |       / |_|            /__/
                _|      ‐┘._|   .__/
::⌒::ヽ;;;ノ       ,,-、        (::...   :::  ..:::)   ,,;;;;            〃    _   r,  ヾ
  ,,;;;)   ':: 。  ヾ!/   ・ ,  (::..   ..:::ヽ:..  ''、 ..::::   i   ,    / /    _  Ll,!   ,  _
 ::ヽ''   ,,::''            ..:::ゝ:::.. ..:::ノ:::.. ..::::)     ・      _ / /  〈_i/ \   / ヾ_>
,,;;;;ノ,,;;),,::''   ':, r, \、    :::.. (::..  ..:::: ..::: ヾ ,,;;;::: '''      /:::ヾ,, '    ‐―    ―
,,;;;)::'''::''      ':,  \  _ ..:::   :::‐::::... (::... ..:::)    ,,;;;; i   と::::::::;;'   ヾ _,, " ''  `   //
''' ,,:::''    ’   。    「/,l    ..:::::..    ..::::     l l   。  (。Α。 )   _,,/_,,/_
..::::)   '':::,,       __         . .::'´      ..::::::  ’,  l l       ∪ '''    ,/_,,/_,,/  ⊂ ⊂ヽ、  
:::'''      '':::,,  l☆\' == .  ̄/_、_,,::_,,r_'`_,,/    _             _,,/_    三  c、   `っ
''  ・       ゜  ゛'‐''`    _  _ /_,,/_       〈ィ7              _    三  (   v)
        _        _'-::┴ 、 ) /_,                   三   /´☆_ヽ       V''''V
    _,,/_,,/_    _/´☆::ヽ,>:::;!'             _          三  (´д`;)
     _,,/_,,/_   (,(´Д`;i)O'        _r_‐,/´::_☆ヽ_,       三 と:::と::::l
     _,,/_     ゚  ̄ ̄         (_l´:::_:::::::゙:::つ・Д)''~         (__(_,r'
                    _       ` ̄  ̄  ̄ ̄






   ;:  :; ;;:: :;  :;;:             :;(;: ; : );;:     ;:  :; ;;:: :;:;  :;;:
   .,. :; ;: ;: :;                   ::;)::;)     :;:; .,. :;  ;: ;;: ;:  :;:;
      (;: .::).:,,:               (;;:::);;):::;;:)    (;: ...:, :).: .:,,,;:
    (.,;:;,.),;:);:..),,;:     ;):,:ュj |_  (;:;;:;::);;:)    (.,;:;:.,.),;:;:;:);:.,.,.),.,;:
   ___(.::.),;:);:.,__(;.;);:)|¬_ |コ|__(;;:(;:;::;)__|  (.,;:;:.,.),;:;:;:);:.,__  (.::.),;:);:.,
  ´ ̄||(;;:(;:;::;): :r!!ュ:_:rュ:二r!: ̄r! ̄ニij___( (ソ)ノ)!!ュニr!!ュii ̄r!´_r!´_r!_´ ̄i―l| ̄~';,ll,'` ̄`
   ;、_||  ||  i.__..__..__.. _ii_〕_〔''t;;‐ァt;‐ァ⊃⊂⊃oo¬::゚ ゚iit⊆ i..iニニji_ニi_ニi_ニ~}|ェェ||ェェェェ||
   ヽ゚` ̄: ̄: ̄: ̄´ ̄...´-:::i: ::j   . : : : :  :   . :ij: .  :ij.: : .i::j -冖-冖-冖~冖-~冖-´ ̄ ̄ ̄`i
:::::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、''‐--;;.:;.;:;;:..-;‐:;-:.:;.;:.;;.:


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌────────────────────────────────────────────┐
│――――無念だっただろうさ。でもみんなただお国のために、それを受け入れざるを得なかった。      │
│                                                                │
│ここを飛び立った子達だってそうだ。お国のために自分の夢や望みを捨てて、自ら命を投げ出した。    │
│                                                                │
│みんな生きていられさえすれば、まだいくらでも無限の可能性があったのに――――            ....│
└────────────────────────────────────────────┘

530 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:40:44 ID:UbaNM0JY [290/337]





                   -===-  _
                /ニニニニニニ-
                /二二> 、ニニニニニ\
                /ニ> ´ _  -====-<ニニ\
          -‐〈_ ィ(_.。s≦ニニニニニニニニ-< >
        /、+''"⌒ーヘ-==-─…   ⌒\ニニニニ\
       /≠          `寸:、 `、    \ニニニニ\
.      /'´  /l         \,  :,       \ニニニニ\
     /   / l   |l   l|    ヽ  ′       ̄⌒   一     それに比べてどうかな。
.    / .イ  /:::::::l    | 、 |    、  :,
    ハi  l:::::::::::、  ノ .\j   ! ト   、                1万球打ちました。それで人は死ぬかな?
      | l|:|::::::::::::\/::::::::::::ノ   ハノ 、   \
      l从,〉 ':::::::::::::::::::::::::/ _,/} \\    \
.      / 人        7 /-≦   ≧ミ .   丶
     // | .>、 ー _  .ィ /∨:::::::ー, く_\ニ> _
    /   W l:: ̄l ヽ // /::::::::::/   V-\ニニニ>  _ `
   ,: '     l{ l:::::::l  // /:::::::/     `、ニ\ニニ\   ‐-  _
.  / /     人 、::::.、 // /:::::::/       ノ\ニ\ニニ\    `丶 ` 、
 / /         \`/,/ /::_ イ \ \__ .ィ:::::::::}、ニニ\ニニ\      \ \
            〃 ..ヘ/_7/_)l `⌒\::::::彡' \ニニヽニニニ}      \ \
│ i|          l{ />ニィ´  │    ` ー‐=ミ Vニニ}ニ/        ヽ 丶
│ |l          l|仁/´ハ    .            /、 i_//             i     :
  l{       /l|l /`7ニ!   O\        /  〉マニ\          │|   |
  \、       厶l|「  l二ノ O     \    /  /   }'::7ニ- _         │l   ;
            lト、 l/ ⌒7=- _O_}__彡   /  /::/`::.、:::::::::7     ノイ ノ/
          `>\ __ /(      ;      /  /:/:::::::::::\::/      ///
          __`ヘ〈 〕〔/:.、\         / .ィ(:/:\::::::::::::/
           └、ー' ´ j:::\:≧=--  --=≦(_).〈::::::::::::\::::/
            >‐ ´.::::::/:::.ー....---┬=彡.::::::',::::::::::::::/
           \:::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::::::::',::::::/
             /`⌒ 〈=- _〈:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::〉´/
.             /      ̄  > _::::l::::::::__彡 '" /
            イ         /    厂⌒      /
          /:乂     /    ,'       /
.          ∧::::::::....--/     ,′     /
          /、  --=彡'        ∧       /

531 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:41:10 ID:UbaNM0JY [291/337]

彼は何も言い返せなかった。

彼は毎晩高橋に厳しい練習をやらされていて、時には死ぬほど打たされたという思いにとらわれた事もあった。
だが今彼は痛感していた。当時この場所で、自分と同年輩やより若い少年達が日本のために夢を諦め、
決死の思いで飛び立ち、戦って散っていった。
それに比べ、今この平和な時代で好きなだけ野球に打ち込める自分ときたら、何と幸せな事か。



.     /:.   . .::     \   >、        i:           :.
      ′ヽ..:. :       X   .:.       .|:.            ,
    .' . ...:トミ    . :.´   X.: .;       .:|.:..            ′
.    . ..:.. .:|  ` <:.    .: ´  ヽ!       ..:l;,__         .:
   i .:..i:. l       ><.: .     i      .:.' - 、`          i
   | : i|:. . ! ー '' ´    `   ‐-|      .:/   } }        .:|
   l.:.八:. .:.  f竓竿ミ       ;      /i ヽ  ':.   、`ー┴―ァ         …………
   j,′ 丶 :.、 {ノ! ノ        .:.    .:/ .l ノノ ハ     ー―<
        `ト  り         /    ..:/ . :l   /:.  \        `>―‐
.        ノ          /    ..:/ : . .l_, イ:.. .     ー―― ´/
      /             / . .:   イ: .   i、:.:l.:.  ` ー――  ´
.      ヽ         厶: ´  |  .:.:| :. :.          ...:.  -‐…
                        |  .:.:|   、:..       ...:/ 〉
          `ーr‐_-          .:|  .:.:|    \:.       .:/ /
          ヽ         . : :.:|  .:.:|     `7ー‐ァァ'"  /
.                 . :  -r'|  .:.:|     /  //   /
                ` -‐  ´ i  .::l |  .:.:l`  、  {   //    /



プロになれただけで満足していた自分の甘さを、彼は恥じた。
そして以降、彼はさらに強く練習に打ち込むようになった。
どれだけ練習がきつかろうが、それでも志半ばで命を捨てざるを得なかった人々の事を思うと大したことではない。
それよりも、野球ができるという事自体の幸せを噛みしめ、その事への感謝を忘れないように日々頑張ろうと彼は誓っていた。

532 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:41:42 ID:UbaNM0JY [292/337]

そしてこの2005年シーズン、彼は躍動した。
グラウンドを縦横無尽に駆け回り、野球ができる幸せをフィールドで力一杯表現した。



   -―-           /⌒)
(      丶         {  {
.  ー-ミ    \      '、 ヽ            -―…‐-
      \   ヽ /⌒\\   、       イ     丶     \
       \  /   ∠ ,,_Y⌒ ヽ.     / { トミ    \∧  \
.          ヽ/  /    〉    )        /八   `\/〉ハ   ヽ
         〈    /⌒ヽ   ∧   /  /\ \ 、_/`ー‐∨   ハ
.             、     /ノ 〈 ヽ  |  i | x=ミ. \      リ   八}
           \  イーく     \. 八〃 _)心     -=≠ /  /|
             丶、     ノ     ヽ \ Viソ     、、厶イ⌒!
                   ー=ト ´      `=-r-、、    ‐v、   | レく
                      ':.       ト 人   ∨ ::::::::ノ  /| {  \
                      ':.       i小⌒\      イ八 \  `ニ==一
                  ∧      }ハi:   マニ=ー ´ ∧: : : .、\    `丶、
                  /::∧     ′ }i   }\\  〈⌒\: : \ 丶    \
                  {::〈 ゝ _      ,リ   〈 |:::\\__>}}  ̄}ト、\  丶   \
                  マ∧   \ //  Ⅵ {_::::_ハ. ヽ::::::| ::::::i| ∧: \  \ __ヽ
                      マ∧    ,//   八ー‐<」  |\| ::::::i| │: : :丶、       `丶、
                      \:><:∠\   /    /⌒\厂[`<⌒Ⅵ: : : : .    ー---=ミ \
                      ̄ ̄/ . :\〈     {_  `く ∨{二}ノ\: : : : .   \  }i\リ
                        / . : : : : :〉〉   _彡ヘ    ノ〈 ゚ } \〉:∧: : .    ハ ノ



開幕直後からレギュラーの一人として定着して大活躍ぶりを見せ、
3,4月には打率.340に2本塁打20打点10盗塁、得点圏打率.577の猛烈な成績で月間MVPを獲得。
そして最終的には41盗塁で日本プロ野球最年少タイとなる盗塁王獲得に、
遊撃手部門でベストナイン、二塁手部門でゴールデングラブ賞を受賞し、若くして球界を代表する選手に名乗りを上げる。

533 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:42:05 ID:UbaNM0JY [293/337]

おまけにこの彼のフレッシュな活躍ぶりは、チームに爽やかな上昇気流をももたらしていた。
この年のマリーンズは、長らくBクラスに甘んじ続けてきた前年までとは打って変わり、
4月後半に12連勝、この年から導入されたセ・パ交流戦の初代王者になる等、序盤から勢いに乗った。



            ヽ、 !     | /         ,.イ          ヽ、 !     | /         ,.イ
           `′     ′    ヽ、 !             `′     ′    ヽ、 !
   〈ヽ     /丶、           `′     〈ヽ     /丶、           `′ ,.イ         _,.ィ
    ∨      /  /     〈ヽ     /丶、     ∨      /  /     〈ヽ     .<> / _{.  r┐     !   Kヽ
         ヽ. /     ∨      /  /           ヽ. /     ∨      /  //,/   L..!    |  ,{ ∨
        .イ                  ヽ. /           .イ                  ヽ. / {/      _r‐-、  ー'´
        i´ |     / !      .イ            i´ |     / !      .イ     ._  __ <_ >、}<ヽ
 ,. ‐ァ   l   !    l l     i´ |     / ! ,. ‐ァ   l   !    l l     i´ |  / ̄ /く _、 ̄!¬、,、 `′
./ /    l/       | ,. ‐ァ   l   !    l ./ /    l/       | ,. ‐ァ   l   !./   /   ._  ̄丁_,ヘVヽ
ー-'  r1        ./ /    l/       | ー-'  r1        ./ /    l/ .|__   {ヽ l. l    /  〉
i´{    !,l   _     ー-'  r1         i´{    !,l   _     ー-'  r1     ´ヽ` / l__ !   /  /
`ー      |_,!    i´{    !,l   _      `ー      |_,!    i´{    !,l   _    .V       \/〉     ∧
    __,, i、_      `ー      |_,!         __,, i、_      `ー      |_,!             ^      V
     | | l.__!‐┐         __,, i、_           | | l.__!‐┐         __,, i、_       ,.へ          ト、
    |. !  l  {        | | l.__!‐┐        |. !  l  {        | | l.__!‐┐    、   \     l´l   |  `!
 ̄l   ー'´  `ー-        |. !  l  {      ̄l   ー'´  `ー-        |. !  l  {     .`ヽ/       V   l  l
  l ;¬     ト、r┐  ̄l   ー'´  `ー-      l ;¬     ト、r┐  ̄l   ー'´  `ー-           r1     `ヽ.|
‐-' L..{  ,、   }  ヽ、  l ;¬     ト、r┐  ‐-' L..{  ,、   }  ヽ、  l ;¬     ト、r┐        l_,ヘ
     / ヽ  L..._ i ‐-' L..{  ,、   }  ヽ、      / ヽ  L..._ i ‐-' L..{  ,、   }  ヽ、        l__,!   ,ィ
                  / ヽ  L..._ i                   / ヽ  L..._ i             l l r¬
                                                                  '´  L..l
                        ,-=;,
                       {__7!
                       〔_ラレ        ,、_,-‐y;
                        `y"l       rヲレへシ'"
                        iト-ヘ、      (_;フイ             r;_/iレソ
                         l  'ヽ      ル ||                し ン′
                           ヽ   ヽ     レ' ||!            人_フ
                          V  ヽ,    |   |.| r‐-、=‐-、    _/ /
                           ヽ   ヽ,  ト = }{i y=‐'~Y__ 〉  / /
                            `i 、,  ヽ, }- ルハjト'`_ント∠-r'"  シ´
                             V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                             V丶  |   リ >,    ( <_/ ,_
                              ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"<rn ゞミヽ
                               ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
                rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
               rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
               〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
               |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
               .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
                 ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
                }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
                Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
                .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
                 ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
                  V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
                  }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]



そしてレギュラーシーズンこそ2位に終わったものの、プレーオフステージを勝ち抜いてリーグ優勝を決めると
日本シリーズでは阪神タイガースを4連勝と圧倒的な強さで破り、31年ぶりの日本一を達成。
彼は高卒3年目にして早くもマリーンズの中心選手としてチームを日本一に導き、チームの歴史を変えたのだ。

534 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:42:30 ID:UbaNM0JY [294/337]

さらに彼の活躍は、マリーンズの中だけに留まらなかった。



                             _____
                     ____/       \_________
           |\_____/                    /
          │                              /
          │         ,.. -─-. . 、                  /
          │      /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\            /
          /        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`、            /
         /       l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l           /
        /        l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l         │
       /          ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.;./           /
       /           \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/          /
     /              ` ー-  .-‐´             (
    <                         _____>
      \__            ______/
          \________/



翌2006年3月、本格的な野球の世界一決定戦として今では知られるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が
初めて開催され、彼はその日本代表チームのメンバーに選出された。
そして彼は日本を代表する選手が揃ったこのチームの中でも、
チームの志向する『スモールベースボール』を体現できる選手として抜擢され、代表内でレギュラーを獲得。

535 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:42:53 ID:UbaNM0JY [295/337]

そして彼はその期待に応えた。
大会が始まってから彼は2番・二塁手として全試合でスタメン出場し、代表の名にふさわしいプレーを披露。
全8試合で打率.355、2本塁打8打点5盗塁、出塁率.613と期待されていた仕事をこなし、
その甲斐もあり日本代表は見事初代WBCチャンピオンの栄誉に到達。

彼は日本一のみならず、栄光の世界一のチームのメンバーとしても球史に名を残してみせたのである。





             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                             {_,l゙ .



   l! i i! |                                   r'.二ヽ、                    || i |
   | i | l                                  i^Y゙ r─ ゝ、                    l! i i! |
   i| l  i                                  ヽ._H゙ f゙ニ、|                     | i | l
   || i |                     r'.二ヽ、            \`7ー┘!                  i| l  i
   l! i i! |                    i^Y゙ r─ ゝ、             「:ト  イ                  || i |
   | i | l                    ヽ._H゙ f゙ニ、|          |    |                      l! i i! |
   i| l  i  /'´ ̄ )/ヽ             \`7ー┘!          l    l      _,rーく´\  , --、  | i | l
   || i | ./  Y/´ /,へ、           「:ト  イ            l      |    ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   .i| l  i
   l! i i! | く、 {./  // ├(⌒ヽ        |    |                      { -! l _」_ノ‐′/     .|| i |
   | i | l  \ ヽ ヾ」  | ./  /        l    l                  ヽ ゙ー'´ ヽ  /     l! i i! |
   i| l  i   ヽ ヽ !! /Y  {            l      |           /)       ゝ、  ノ_ イ       .| i | l
   || i |    `ヽヽノヽ( ( )ヽ                  _   / :/          ヽ     |       .i| l  i
   l! i i! |      \       i                 ノヾ `‐-" l          |    |       || i |
   | i | l         i      }                   ノヽ      |                      l! i i! |
   i| l  i       |     :{                 l      ,  :l                    | i | l
   || i |         |:      :|                 (      ヽノ                    i| l  i
   l! i i! |      |: :     :|                 ヽ、      \                     || i |
   | i | l      i.| ::     |                  ヽ、i      \                    l! i i! |
   i| l  i       |  :      |                    \      \                 | i | l
   || i |     /           |                                                i| l  i
   l! i i! |    /        ヽ...}                                                 || i |

536 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:43:19 ID:UbaNM0JY [296/337]

そんな彼の名前は――――そう、西岡剛。
2000年代のマリーンズを、そして球界を代表するスピードスター。
高橋の熱い指導によって才能を開花させた彼は、その後も2006年に2年連続での盗塁王、2010年には首位打者になる等
派手な活躍を続け、ついには夢のメジャーリーガーの地位にまで到達。



              ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.........    .:.:.:.:.:.:\
           _".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;X/:./i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
          〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .イ.:/.乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ
         /.:.:,/.:.:.:.:.:.:./;"  {.:/ 乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
         /:/;.:.:.:.:.:. /;:-ー=|;;'.  ''、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ヤ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
        〆  {.:.:.:.:.:.;゜  _ ヤ">  \;.:.:._、ッ=+z;;_:.Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
           .キ.i.:.:.:.i  .;デ丐ミ;,ヽ    `_;:;<:;;.:.::.:.:.`'ヤ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}
           .'i:i!.:.:.{. イ んn:i|      ´    `¨""'リ.:.:.r;ー- ;_.:.:.:リ
            ヤ、.::i  弋゛;ノ      ≦ョ=ェ:.,_  ∥.:.:.:.:`:+.,`'ッ:.,,__      _
             .メ+'x;:;:;:;. ¨`       ´゛   ̄"ミ メ.:.:.:.:.:.:./.:.;>ー- 、,_ ̄゛¨"'''〈  Y,
             ./.:.{. "゛    ′      .::;:;:;:;/.:.:.:.:_;ィム.:.:.:(,. =-ー '''ナ,,..   .'V `Y
            /.:./',               ::;:;/_;x+''゛ / ):.:( y-.,''" ´     Y  ノ《
           .〆.:./.:.:.、     .r' '"¨`ヘッ、    ''"´/.:._;;=-ー ''' ¨´´,'     ._,,、メ⌒ 乂. \
         /.:.:ンメ/.:.:.x,   ..ヤ    y     /':ム-ー.::'''.:"¨ ̄/  ,xヘ"  __.,,ノ    \
       .〆.:.:./ 〃.:..:.:.:.:.:\   ゝ  .ノ'     ./.:.:.:.:ン.:.:.:.:.:.:.:\〆 /   ゛-ー'\       `.,
      x:".:.:./  /.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:ヽ、        ',".:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {_ /        .\      \
    ./.:.:.:/  ./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;`'ヤ '''"´  x'.:.:.:;'乂_;;;、-ー=ッ''"´` ̄"''ー、,_ .,、.,,,_   Y.       \
  /.:.:.:〆   /.:.:.:.:.:.,'.:.:_.: -―‐イ  .∧   ./.:.:/  /   /゛   〆  / _, r '''"´ ̄ヤ        .\
 ,"〆/    ./.:.:.:.:.:.:..r'´    .,´  ,゛.ノ  ,r".:.:/  /   /    ./  .〆 .'゛    ,x ''"\        ,)
./〃X     ./:.:.:.:.:.:.:Y     .i!  /   /.:.:;."   _/   /    V        ,x''"     `      _,r'゛
..Z;"     .,'.:.:.:.:.:.:.:.f     .i!  ./'ー-、./.:.:;/〆 _ィ"/  ./|    .゛      _, ''"       _,,_,,。=ー''"
.\:      イ.:.:/:.:.:.:.:|     i!  /.\.,_/:.:X;-ー'"  /  . / i!   .\      "     ._,ン'"´
.ヾ      Y.:/{:.:.:.:.:.|    {  V   /.:./    .,x'Y () 7 キ   i    _.,ム=-ー''"´
        キ;'.ヤ:.:.:.:.キ.V  ,} () {x  ./.:/  ._,ィ'" i|  _メ  ヤ  、   ''",;ン'´.:.:.:.:\
        \ .Y:.:.:.:.:ヤ',  /.{  メ ^ー;'.:/_,,+''´   _/.レ''゛   ',     ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         ` '、.:.:.:∧', ./ .レ'く_  .;.:y    ._x'゛       .',   /'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           '、.:.:{  V    `ーi;メ__,,,、+'"          .V 〆./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             .:V ;      .\               " ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              Y {       イ              ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

                   【  西岡剛  】



高橋も、西岡がブレイクしてからもなお連日彼の練習の手を緩めさせず、彼の更なる成長を促し、支え続けた。
この二人の二人三脚の日々は西岡のメジャーへの旅立ちと共に終わりを告げたのだったが、
彼等の親密な付き合いはその後も途切れず、西岡の日本復帰後も、
そして彼が野球人としてあり続けている今もずっと変わってなく、そしてこれからもきっと、よき師弟であり続けるのだろう。

537 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:43:45 ID:UbaNM0JY [297/337]

そして高橋は、西岡以外にもマリーンズで様々な選手を指導した。
ボビー・バレンタイン政権の下で一軍の走塁コーチや打撃コーチを歴任すると、2010年には新たに二軍監督に就任。
そこでチームをイースタンリーグ優勝及びファーム選手権制覇に導いた他、
角中勝也や岡田幸文といった、後のマリーンズで主力となる選手が頭角を現すその手助けもした。



                   // /                /        ___
               // /         __ハ   /{   ___ /       `ヽ、
                // /         / __ヽ\{ ,>'´    \.  ,  -―≠=、\
                  // /      /{  /´   `ー<        }/        } ヽ
              // /     ( ∨            \     /{         /  }
                // /  < ̄`             ヽ二  ̄`ヽ        /   ′
            // /    >                 }    ノ`ー‐― ´   /
              // /    厶//   /  {  \   ヽ∧_   ̄ ̄}______ /
          /厶勺      {/|/ /{/ 八  ヽ :}  l∨ !}`ー-、__/
         jモZ//    ___{ 小f心、ノ ハ_,斗七N人Y/
        か、 Y¨¨フ'´      7∧ゞ'    V少| ∨ \
        {_ミ}/ /  {   , -─'´厶 \ f7 ヽ -‐<!  ヽ ヽ
         /⌒>‐`¬寸} /__, イ ̄}_ ヽ/ >'´    ヽ   \ }
       { _ {   /  ̄  ̄   ┴厂/ ̄ ̄        \   ` ー――─ =≠=‐'´
      /ミ/ーヘ_{        { {                \   ‐-= =ニ二  ___ /
.     /ミ/    `ー-   __ヽ \              >ァ──---- ── '´
     {{シ)           /  \ \ _  -―-   /X
                  レヘ _>─-、\ ___,// `⌒ヽ_
                      / / ̄ ̄j`ー──<ノ      /7
                      { V   {    /´         く/
                      >′   l   ∠ -―-、      }`ヽ
                      { {    },//  ̄`ヽ \    / /
                         \ヽ___j{//       \ \__//
                         `tー─-∨      /\___/
                         \  ./      /

                     【  角中勝也  】






                       /       \
                        |   _/- へ≧ァ
                  ,. -=ニ ̄ ><...\ Y(/ />、
                 , '           \ノ/ .「  \\ 、
            ,/            ∧\ |    \\\
         _, _チ'             V∧ト \    マ..\\
         ̄ /   「          V ヘ >、}- _  マ... \\
  ___   /l    V    > ., /, Ⅵーi    〉  ∨.......... \
 ̄      「   | ;!    {\  \ト .,_/,zァ | | |Y   /   V............. \
          l   }' ∨   ト ._\ト、\メ沙 lハ !リ l{  , '     V.............∨∧
         l    ゙ ' 〉ィ   r弋炒  ̄  人j/...} l// ̄..|     V.............∨∧
       {     { }' j∧ \__r__ア´_ノ_彡'ノ..\.....>- _   ∨............∨∧
           ∧   ` ミ≧=-  /イ> ´.......v...\........./    v............ ∨∧
             / { /_,....._Y ミー彡' /}./............∨......マ./    |............... | |
` <          ⌒v........ | ``   /_//..|..._ -- ミ、..∧      |............... | |
   ` <           ∨...八\_/...{./...リ ,ィ=━- }-'       |............... | |
       ̄ ̄  ──/........∧........V.....|'.// ,. -=ニ二ニ=}      .|............... | |
                 {......_...ト .,_.マ...| ∨, ' /       l       .|............... | |
      「 ト、       {/   > 、\\.〈/../         l       |............... | |
      八  > .  ./        .〉  ー V   ,、    |      |............. / /
       ` <   ` ー--=^  、/   ___,. < l}   リ       .|.......... / /
             ≧=-  _,.      ー ´       /_,> ´      |....... / /
                V 、     _,ァ- __,. <             |.... / /
            _ -‐ ´ ,  }    /                  |//
        /    r _,/  :l     ′                  |/

               【  岡田幸文  】

538 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:44:11 ID:UbaNM0JY [298/337]

角中に関しては高橋は打撃フォームの形成、特にタイミングの取り方について重要なアドバイスを送った。



                                   ______
                              .ィ≦//////////////////フ
                 _                 //////////////////> ´
                .///≧=- .         ////.> ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            //////.>-=ニ>、  __/////
           //////.///////≧=-r=》=<ミxヽ
         //////./  `≧=ァ‐ァ=>'⌒´ ̄ ̄`ヽ\
          .//////./      ./.// i     、      ヽ
      //////./         . 〃   {       }ヽ    ‘.
     /////> ´  .ィオ     {/ .′ ハ      .|:::::Yハ   \
    //> ´     / .{     /  { l{ {:::∨  }.リ::::::::::::}x    八
    ̄         ′ ;    / {  | lト.{:::::::ヽ  ./:::::::::::::::ヾ }  }⌒\    あんた、スイングの始動がおっそーい!
             {  {    .//l|! .| .八:::::::::::::`´::::::::::::::::::: 八.人
            |  |  ./イ ト、八 .《 :::::::::::::: .、     从 }∧ヽ     投手がボールをリリースした時点で、
              八  V     l ∨{ヽ人     r.、   / / .∧
          /  〉  .∨   .| /ヾ  ≧=-..   ー' イ  { l{   ∧     いつでも打てる準備してなきゃダメだよ!
         { { Y     ヾー-'-〈_}__}ハ l}<ノ  ̄  ゞ≧∨  {∧
           〈| | .{     ー.―― ァ Vハ} |、:::::`ヽ    }::::::∨ .八 ヽ
         人ヽ }>---、---=≦ .ノ::::}Vハ \::::::::\  |::::/}∨ .∧ヽ \
          `'`       /≧=ァ≦ーイ-∨}.  ∨<:::ヽ.}:/lリ V ∧ \ \
                  //  /  / /  .} |  ノ }≧=-{/}イ≦.ハ  ∧  \ \
                    //  /  / /   | |、/ .|○/::/^Vハーイヽ ∧
                 /イ ./  イ/}     ll |__   | ./::::{  .Vハ .}    ∧
               / ./ // / .八   .リ }: : )  ; 《:::::′ .}::::} ! \  ∧
           / / / ./ /  / {   / /} ̄  .| 0V{  (.|::/ |ヽ }ヽ ハ
          / / /  /.イ  { .| ./イ./    |  }'    レ{ .| Vl| } }八



それまで二軍では結果を出すものの一軍の壁を中々乗り越えられなかった角中の打撃を見て、
彼の場合は投手がボールをリリースする瞬間から「1、2の3」で打とうとするため
どうしても上手くタイミングを計れず、一軍の投手に対応できないものと高橋は見た。
そこで高橋は角中にその事を伝え、彼の打撃を改善させるのに一役買った。

539 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:44:35 ID:UbaNM0JY [299/337]

また高橋は角中に対しては、技術だけでなくプロとしての心構えを叩き込んだ事もあった。

二軍でのある試合で、自打球を足に当てた角中がベンチに引っ込んできた。
彼の表情や身振りはいかにも「痛い」という感じを表しており、すぐにでも交代したそうな、そんな雰囲気を醸し出していた。



                 ___ ____
               , - '´/ `     ヽ、__
             // /// | | | |ヽヽ\\        /7
            / / / / //-l/-|∧|‐ト、ヽヽ!  rr~ァ-t‐//
               |レ‐|| | r' ´ ̄     ̄ !|   | ̄ ̄ ̄ ̄|
            ___| ´(|| | ""       "" |ヽ __|_____」
            / ヽ`T!  !         ゚   jl  | \  r一'       う~、これは無理無理……
            /   ヽヽヽ ヽ         /l|  |  \ 
       _「二二>/⌒ヽヽ      // |  ト、   /
      /     _ノ     r‐ヘ `〒ヲ--、 | | j /  \/
   / , --rrT´    / | `ヽ L厂  | | l// , '´
   / /   /∧ヽ /    フ´l/ ||\/\! /
   |/ ハハ/   ̄ヽヽ    /__ j j|ヽ  ヽ//
   {{ |/  |.      | |___//Oノノくヽ / ̄} }
 ヽヽ_ヘ ○`ヽ、  ト----イ //   ヽ二ノ
  /   `ヽ、  \∧  //O//   | //
  L..、_ノ ____>、__/  `ヘ/   | |   |/
 / く/\\\---‐ '` ┬-- ┬'´
 `ー '´ ̄ \\\    ト、____/
        \\\  /   /
          \\\/   /
           `ヽ /   /
               〈 レ--{
             |l二二!
             ヽ、 ̄ )
                ̄

540 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:45:05 ID:UbaNM0JY [300/337]

だが高橋は、そんな角中に対しすかさずこう言い放った。



                /ニニ/、ニニ.ム
           _____/ニニ/   ヽニニi
       ,.. z≦ニニハ/ニイ     }ニニ}
    ,. z≦ニニニ./、ニニ≧z..,,_,.ノ.ニニム_-― - ..
   /ニニニニ> ´   \ニニニ>ゞ=彡 ⌒~ミx   \
 ∠ニニ>''"´       ` ̄/          `ヾ  ヽ
                 /     /          ',
                _.ィ  i   ' 斗 f''       i    ',
                  '⌒i  i ト.  .{ ./  jハ     |   }
                 |  N::ヽ  |/、 __.j/  .i  }   ,     何代えてほしそうにしてんの? 甘えないでよ!
                 |  |ハ:::::::. !:::::::::::::::}  .ハ ,   /
                 | /レヘ:: ,ヽ{::::::::::::./ /レj/   i      あんたこれが一軍の試合でも痛いって言って
                  j/  } iヽ ,_、  'イ ィ   i  |
                    / , >= ≦.>=ミ   |   |      起用されたチャンスを棒に振る気なの?
                       / / /{ .∧/ /    ∨   :.
                    / / / .ハ{ / .,      V   ',
                  /  /_ハ::}/ ,    /  }   i  ',
                  /  /::::ァ:::/ {/   ./   .!   |
              /  ,.ィ::::/}{:::i  !-- 、 /   .リ   |   ',
            〃 ./:::::/} ,ハ::::{ |   }ヽ..._ノ/   |    ',
              / { / j/ // }:::ト. ヽ--イ   /     !
            ,  !      //  .ヽ!, \\'   ′
            i.  ',   / 〃    /  r==ォ /          ',



                 ____  __
              ,..:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.、
              /:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.<⌒
           /:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          ,:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヘ
         _ __i:.:.:,_:./:,:.:./:.:.:.:.:,:.:/: i.:.:.:.:.,i:.:.::.:.:.:.:..:',
     /  {/:.:jイ:.:..i:.:.:./j/j,/|:.:.:.:/,ヘ:.:.!:.:.::i:.:i
    /     }/:.:,|:.:.:,!:.:/ 斗-- j:.:.:/-‐ }:.}:.i:.:|、j
   ,       〃V:.:/:|:.:/j/{坏丐'' // f巧.|/:∧j          !
   \     ' /∨,:'j/:.:.:.:|.ヒ:ソ '´   ヒ:ソ.!イ
    ヽ.   /  ゝ、|:.:.:.:.:|       `   j:.!
      ` /   i |:.:.:.:.:|、      ゚  ィ:.:.|
        /'   ! |:.:.:.:.:| `  . __ .イ:. |:.: |
      '     | :!:.: .:.:|ニニニ「ニ}._、|:.: |:.: |
      i      j/|:.:.:. :!'///,| |ノ,_}.|:.:.:!:.:.:!
      |   /ヽ、!:.:.:.:.| ̄二ニ,ヘニ,!:.: |:.: |
      \.〃   |:.:. :.:!´  /}__}j !. :.|:.: |

541 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:48:25 ID:UbaNM0JY [301/337]

高橋にそう言われた角中は、我に返ったかのように「出ます」と力強く言い切り、そのままプレーを続行した。

かつて衣笠らカープでの先達から受け継いだ哲学を、コーチになってからも高橋は尚も大切にしていた。
少々の事では痛みを痛みとは思わないで、ブレーキをかけずに休まず試合に出てこそ体が強くなっていく。
そうした彼が信じるプロとしての在り方を、この時も確かに角中に伝授したのである。



                                          i!
                    ,, -- 、_                i.!
                 .,-'''"`     .`ー、__            i.!
                /t-、_/:::::::::::       ヾャ、`ヽ、         i.!
            / `'"|::::::::::: /       .ヽ\_        i.!
              ヘ   jー-.ァ'"   ./ ,.i ヘ 、、i `i ト、ヤ`      i.!
             .) /l /.// / / ./,| l.l、|!j| |i.i、ゝ`       i.!
          _,-'"(  ノヽrl  j-ム凶/l. lリgチリ/l.|          i !
        _,-":::::::_,メ _,/`l:::::|`Y;;ア |/.└'ノ'  `.ー--.、._ ..i !
        /::::._,.-.'"  '"〃ナ::::ト 、.   -_,/_`iー--- 、 __ ` ー-、_
     ./:::::::く   .人 ./ /::::.,!`ミ二コ'i,ノ'" .r|        7メ- 、_ .`ヽ、
    ,/:::::::::::::._,ト--' .冫 ,/:::::/   \} ji,}- 、ノゝ=--i    i .!   .`丶, `i
   ./::::::::::::::/   _,∠.-'" ,ノ     .V|.!、.       !.. . .i .!_,,,,,--''"_,ノ
  .(:::::::_, -亠'''''"":::::_,,r.'"      `'`i `.ー.、__   `.)  .i .!  ̄ ̄ ̄
  ._,>'"_,,,,-+-ー'''""`i.| |   二ニ=─   >、  \`ー-.'.. .i .!
 / ,- '"ヘ:::::.ト 、__   . |`-|     _,, - ''"_, <   ノ!.   .i .!
 `トー   `ー- _.二ニフヽ_`ー--ー'"_,,.-<.:.:.:.!.\.ノ.l     i .!
         r'f"""`|.:.:.:.:`ー-ー'" Z L,__ヽ.:.:.:.: \|    i .!
         | |.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ\ 。/  ヽ|`i \.:.:.:.: ゝ、  .l.ノ`i



こうして高橋に技術も心も鍛えられた角中は、高橋が二軍監督になって2年目の2011年8月に一軍の外野の一角に定着し、
その翌年には才能を完全に開花させ、初の規定打席到達にしていきなり打率.312で首位打者を獲得。
その後も2016年には二度目の首位打者にもなる等巧みで安定した打撃でレギュラーの座を守り続けており、
そして2020年現在もなお、主力選手としてマリーンズのために貢献し続けている。

542 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:49:02 ID:UbaNM0JY [302/337]

そして岡田については、そのプロでも最高峰と言える守備力を認め、無駄にさせないために
打撃面で一軍で使い物になるよう、彼の打撃スタイルの基礎を形作らせた。



          _____
    _ -ニニニニニ-
_ -ニニニニニニニニニ\
ニニニニニニ> ⌒\ニニ\        _____
ニニニニ> ´      \ニニ\ ---. -=ニニニニニ- _
ニニ-           . \ニニヽ/ニニニニニニニニニ-
-/          / _,.、、-ヽ〃イニニ> ⌒ ̄丶\ニニニニ丶
´          .、+'''"゚~~~⌒乂ニ≦ニニ- _ \  \ \ニニニニ\
          、`  / /      ̄l⌒丶ニ\ 丶  ヽ \ニニニニ
         /   '         |  ヽ\ニヽ     ,  \ニニニ
.        /     /          l       \ヘ     ′   \ニニ
       /     イ          '    i    V,   l     丶
.      /   /' /:|       /    |    ':   |
     /   / l/ l        イ :     |     l   i|
    ノ イ  :「⌒ ー:,     / :l ハ    |     |   l|        あんたはバットを“振”っちゃダメだよ、
    '⌒∧   |::::::::::::::、  l/、__ V l  : l    |   |
        、 ::::::::::::::::)、 {:::::::::::::::::::::| ,      : |   |        “ぶつける”んだよ! 低く強い打球を打たなきゃ!
        \〉::::::::::::⌒\::::::::::::::::::::::/ /     | l   |
          iヘ   ,  :::::::::::::::::::::::/ イ    l\、  |l
          |  、         /´/   .イ {     :l
          | //\ (\       .イ  /:l \、 、
        ノ /   l丶 ┘_、< --=彡゚::::l 、   \  \
       /、    l / /:::::/}__/  /::::::::::l \    \  \
    ,勹<,__\   / /:::/> ´  /::::::::::::::l   \   `   \
    l/ ___  }  / /、+ ´  _ ..イ::::::::::::::::::::::l     \      ヽ
    厂 ___  | ,/ . -=≦ニニ==-----=ミ::}     丶
   /√ __   レ /ィ´     {         Y         ,
 /  ] ハ   / 〃ニ/ (__)    ', ;       ;           ′ i
    ⌒7   {  lニ/       V     /          }l  |l



それまでは闇雲にバットを振り回す打撃だった岡田に、高橋は選手タイプの目標設定の重要さを説き、
彼の50m5秒6を誇る快足を生かしたコンパクトな打撃で生きる事を勧め、二軍で1番打者として英才教育した。
岡田も高橋のアドバイスを受け入れ、使用するバットを高橋の現役時代と同じモデルにし、
球威に負けないよう重さも900グラムから960グラムの重量バットに変更して日々の練習や試合に臨んだ。

543 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:49:27 ID:UbaNM0JY [303/337]

そして間もなく、岡田は羽ばたいた。
二軍で打率.287の成績が認められ2010年の6月に1軍に昇格すると、そのまま1軍に定着しこの年は72試合に出場。
そして出場した日本シリーズ第7戦で延長12回にチームの5年ぶりの日本一を決定づける決勝のタイムリースリーベースを放ち、
打撃面でも印象的な働きを見せて自信をつけると、翌年以降はさらに躍動。



               _ ____  _
               ⌒フ       /⌒   \
                 / / / /   ト ヽ  \
                 ⌒///  /  /' }ハ l!     ',
             / //  // / / xヘ l} |  |  |
              ⌒/l/ Xl/く  //了心イ  |  |
             // l /ハ)心      Vツ,   ハ |
                /   八{lト Vツ       // /ヽソl |
                  l  l    r 、 ∠ //_ノ八{
                    И 公      ̄   ////  ̄ \
                | / />   _イ ノ 「         \_
          _,r― ┐  l( ムイハ r∩ /}У /      ///>┐
        r┴‐┐―/ 〉_ へ_┌ トL|rく //   /:. /////  /〉―― --- ― ---- …… ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄  \
        r┴ - ┘/ /{⌒ヽ\_/\_/ :l::/:::::\:{ ///   彡三┐              _____     \
     ノ ー‐┘::  //  /  / rz_rz_rz_z ::|:::::::::|/  `'ーく /// 三三ミx,,_        <二 ___
     ト \:::/:::: /\rzく    /r「⌒ ̄ ̄`ヽXrz_:/_ \    L// ニニニ ニ三ミ'x,_             \     \
   /| ::ー':/ーイ/// ⌒ ̄ ヽ〃ニ=    =ニ/二ヽУ  \   ∨/ ニニニニニ 三三\    _          \    \
    { :::ヽ-/::::::八//{ニ   ニ八ニニ     ニ/=ニニ/     \  ∨/ ニニニ= /  ̄ ̄ ̄ ̄\ \        \
    / ー―‐ イ  }/人ニ   /  `     ⌒  =ニ/       \ \// \/  |  ̄| ̄|/  ̄ ̄ ̄ ̄ \       \
    {///////,}‐┘ ⌒ 〉   イ\ ___ へニ}             \ ⌒  ̄{   |   |  |             \      \
    ⌒ ̄ ̄´      /__/ ||   ̄ ̄ ̄    )ノ                    |   |   |  |    |   |   |  }_____
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |    }   }   }  |/////////
 ________________________________l | ̄|ニニニニニニニニニニニニニニ
             _|/ /  || /  / //∧             \        |   |  |   /  /  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           「У/   /八     /   //∧\   \          \      |   |  ト -ーr‐ ー- ー ´
         _「У/    /「Lz\     \/∧/\┐_  \        \    | _|_| ー― '
        ) {  \  /「   て \       \∧//\人  \         \
       (  ー┬イ У巨}ニ て_r \      ̄ ̄ )ト〈     \       \
          /⌒ ⌒  ̄|  ̄ ̄ ̄| ̄ Lr  ー ===='’ヽ(     \       \




2011年には開幕戦に1番・センターに抜擢されるとそのままシーズン終了まで1、2番でスタメン出場を続け、
ついには育成出身選手として初となるシーズン全試合出場を果たし、
41盗塁に統一球で投高打低だった当時の情勢の中で打率.267と、攻撃面でまずまずの記録を達成。

544 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:49:54 ID:UbaNM0JY [304/337]

そして何より、彼は自慢の守備で素晴らしい輝きを見せた。
外野手シーズン連続守備機会無失策359のリーグ新記録に両リーグトップの351刺殺という記録もさる事ながら、
実際のグラウンドでの躍動ぶりから観客や視聴者に残す印象は、それ以上に凄まじかった。

優れた身体能力と磨き抜かれた打球判断の早さを駆使して、精密かつダイナミックな好守を連発。
特に6月15日の巨人戦では鮮やかなジャンプキャッチやダイビングキャッチを次々と見せ、
長打決定的と思われた大飛球を好捕するスーパープレーを1試合で実に3度も披露し1点差での勝利に貢献。



          /: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ
        : : : : : : : : : {: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : :ヽ: : ヘ
         /: : : : : : : :{: :ハ: : : : ヽ: : : ヽ: : : : : : :ヽ: : ヘ : ハ
.       /: : : : : : : : |::,' ': {: : : |: : : : ',ヽ: : ヽ:',: :!: : : }7 ハ
       : : : : |: : /:/!:{  ',: !: : :',ヽ: : : ', \: :',:ヽ|: : : :}7:} }
      |: : : : |: : |/ |::|   ,!ヽ: :', \: }_,ィ_ヽ}、::| : : : |::: :|ゝ
      |: : : : {: : | ≧ミ_,{ \{ `¨Vイ:c、ヽヽ|: : |: :!::: :|\
.       /: : :!: ヘ: :', 〃r'c、`   ゛   {:i:::::ハ  |: : |: :|:::: :!        ヒットになると思った?
     /, イ: ト、:ト、{'{:i::i::}       弋_少  |: :,'|: :|::::: |
   〃ヽ/ |: : ヘ: :',\ 弋少       /i/ハヽ |: :,:: : }:::::|:!        残念、そこは岡田でした♪
   {  V |: : ::::\ヽ、/i/ハ    '        |: ,::: :,i::/!リ
   ヘ  ヽ、、: ::::::人`     __. - ≦}    イ:,!:: /|/ |′
    ゝ、  `ヽ、::l::{:> .   ゝ _ ノ   イリ!ハ://
    ノ、 ヽー  ヒ‐-、::::::Vヽ>  . _ .  イハル′///
 //  }  } r―‐ ヽ }ヽ7 \ `ー _ イ /、
.( .〈  |  ヽ ー- __レ }`丶、   //_ イ  `}ヽー-- 、
  ヽ ヽ )ヽ_ )ー´ /  ヘ:::::::::ヽ、_//, -‐――' '-,  / ハ
   ヽ _)、\_ /   ヘ::::::::::y':::::}_::::::::::::::::::::/  /  |



この華麗過ぎる活躍を切欠に彼の守備の知名度も全国区となり、
ネット上では『エリア66』『岡田ZONE』『残念、そこは岡田だ』等といった、彼へのリスペクトを込めた用語も次々と生まれたほど。

こうして高橋の指導により打撃で芽を出しレギュラーを掴んた結果、岡田の類稀なる守備力は無事日の目を見、
驚異的な守備でファンを魅了できる伝説の男として、彼は確かに球史の1ページに名を残す事が出来たのである。

545 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:50:18 ID:UbaNM0JY [305/337]

こうした成果を残し、高橋は2012年に一軍ヘッドコーチに配置転換されると、
監督等一軍の首脳陣が刷新されたこの年のオフ、高橋もマリーンズを退団。



                            /////./
                       /////./
                        /////     __
                         {l/Y   . -=ニ////////ニ=- . _
                   . -≠V/{、ィ≦////////////////ニ=-‐ ´
                 .  ´   ̄ ̄` <ヽ` 、 ̄二ニ=--=ニ二
               /   /      ヾハ. ヽ
              /   /{        ヾ  ∧
                /   /::::::l|       /    ∨ .∧
               .イ   /:::::::::{   /::{      .∨ .∧
              {{八〈::::::::::::|  /::::::::|<   }、ハ  .∧
             |ト、Ⅳ:::::::::::}/::::::::::::::V  } 八 l{  ∧
              / /ヾ{   '  :::::::::::::/  〃     ∧
                / / .人  、 _   .ゞイ   /{ l{. \    ∧
           / {    \ _. -=イ /   |   \   ヽ
             /  l|       ノ´>-.<    八    \   _\
  |ヽ         l{   |     _/ ./    }l     \    \./ .}. \ > .フ
  .V/\      l|   |  _. <イ  { {     !\.      \   / ./> ´. <
    V//丶   .八 __Уノ≠{ {  .|ハ   .|  \       \/  }   ニニつ-=ニ
    \////≧≠≦ ィ´  .ハ !  { '. ィ≦: :ヽ  ` .    ノ   ノ   \ヽ
       ̄  ̄///リ  /   ゝV八∧: : : : : : }     > ´    _ イ} }ハ_}
          //// / ./   / V ∧{: /´ ̄V > ´     . <     U  \
        .///// / ./   /  /ヽ Ⅵ   /       . <    \      \
       /////  ′/   /  /  \.ハ        イ       \
       .{////  .′.{   ./  《   rz、ヾ{    . <              ヽ
      .|///   ′ .′ /  ハ   {//ー.ゝ=≦/.リ              Y ト、
      .|/  .′./  {   __ヽ   ̄\/////イ                } |ハ
         .′/  _.ハ/´{.V .》    .≧=≦                   | |  ',
         {___{/´      '. ヾ                            | |



それまでほとんど球団に縁の無かった実質的な外様にも関わらず、2004年から足掛け9年の長期間在籍できたのは、
それだけ高橋のコーチとしての能力が球団から評価されていたという事だったのだろう。

546 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:50:44 ID:UbaNM0JY [306/337]

マリーンズ退団後の高橋は、映画の主役に抜擢されて俳優として演技を披露したり、
福島県の住宅建設業者の広報部長に就任して東日本大震災の被災地を中心に野球教室を開いたりと
プロ野球OBの常識にとらわれない幅広い活動をしていたが、
2016年には今度はオリックス・バファローズの一軍打撃コーチに就任。



                               ___
                            .。ャ≦三三三三::
                    __ ,x≪三三三三三三三
                 .  ´. : : : : : : : : :`. ≪三三三三三
    f:三三三三三≫ ´. . .: : : : : : : : : : : : : : : : .`守三三三::
.    Ⅵ三三三:/   . :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : . 寸三三::
      マ三三/      / .: : : : : : \.: : : : : : : i: : : : : .マ三三
      マ三/ . :.  . :.′. : : : : : : : : :丶_ : : .:|..: :.: .:._.:.寸三:
      ヾ/ . : ; : : : : :{: : : : : : : : : : :´ .:i ヽ.:. ,:..:|:.:: ./ ーァ`守
      /, : : / : : : : : ':_: : : : .: .:. .:.}:. |  ∨:..:j:.::/    ):.::
     ´ . : : {: : : : : :´∧: : |、.:..:.:..:../∨   ,}/.∨   7:「:..:.::
       {: : : :、: : : : : :{ \:! \:.:.:./ ,x=≠弍: /   /:..:|:.:..:.:      よしひこのおかげで寿命が300年は伸びたぞ!
        : : : : \: : :..:.:.  ,x=ミ、`       r ´ .\ / .:.::!:.:r:r
          . : :|: : .:\.:.::.:∨    . -‐ ´\ |    ヽ`7、.::|:.:j:.|
         、 |\ .:|:.:.`:.r `   { ´      }|      ` 〉 :|:/`′
            `   `!:.::.:.:..、    、       /ハ      |:.:/'
              |:..:.:.::.:. `   . _ `¨¨¨¨´/ ヽ      |/.. . . _
          ,. .:.∨\:.:\\  丁二´斗 く      /::. .:. :.: :
       , .: .:.: .:.: .:. .:.: :`:.ー`:.:>/::〈/,:i |_j::::::ヽ.ュr<:.: :.:.. :. :.:
      .:'. :.::. :.:.: .: .: - .'':.::´.::./:::://::| |::::::::::::::::廴':.:.`_ ¨  ''
    ,.:.': - '' ´   ,.::':. .;.: /:::::::::V:::::l.」::::::::::::::::::::::\:.:.:`:..、

               【  糸井嘉男  】



こちらはチームの不振からわずか1年での退団となったが、
前年の2015年に6年連続で続けてきた打率3割と20盗塁が共に途絶え衰えが見えかけていた糸井嘉男に熱血指導を施し、
打率.306に、自己最高を大幅更新となる53盗塁を記録させ初の盗塁王を獲らせて復活に導くといったように、
ここでも1年限りの在籍ながらもしっかりと後に残る功績を挙げてたりもしている。

547 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:51:08 ID:UbaNM0JY [307/337]

そしてここ数年の間は、たまにかつてのプロ野球レジェンドとしてテレビ番組に出演しお茶の間に元気な姿を見せるほか、
2017年に還暦を迎えたのを機に自身の公式YouTubeチャンネル『カープよしひこチャンネル』を開設。
2019年後半頃から動画の投稿数も増えだし、自身の過去の名シーンの回想やカープについての語りだけには止まらず
いわゆる“歌ってみた”動画や大食いチャレンジ動画等様々な種類の動画も上げたりと、
自らのファンを楽しませようと、未だ若々しい感性で高橋はあらゆる事に挑戦を続けている。



                         {/ヽ
     .__   __     .{> .    ∨ハ
    /´ _ > ´ ̄ ̄`ヽ    \//> .  ∨ハ
    {/´ _ノ .ィ≦ ̄`ヽ  \   ` <//>、 V/ハ
     |   八{`ヽ     {\  ≧=- _><ハ}//!、
             \  ー≧=-―        \Yl} >.、
           (⌒\ー==ニニ  /        }<ヽ ハ
         。     ーヽ  .〃       .ノ   ヾ}  }`
      。 O     ィ≠ミ、_ー_}/ / . ィ<  /  }  }  |
  ゚  。      -=ミ、 ⌒ヽ: : : /:} // /   /   .八 l|  |  ゚
    -  ・。 ( (   ー=ニニ彡イ/ ;::::::::::::::::::::::::/}/ /  リ   @ 。
           ,  ゚ 0   ─ { U u,:::::::::::::::::::::::::/ イ/./   。  ,'´ ̄ ̄`',
            ゚ ,,、,r-'⌒ーl //トェェェ、 . 。゚ //ン } /  o   ,! ハ ハ !
         。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u / 〃 /・゚      l フ ム l
           ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\        ∠ ハ ッ j
             ー = ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。      ヽ フ  /
    jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ         ` ̄ ̄
    )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
    )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
    7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
     )   !!     ( ,-=-, ∠ヾゞゝヽ ,-≡-,l  l-=二=-,
     ^⌒~^⌒^~⌒^└==┘   ̄ ̄ ̄ ヽ==ノヽ=ノ\__/

548 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:51:39 ID:UbaNM0JY [308/337]

また、そのプロ野球界のレジェンドという立場からマスコミから昔の事について取材を受けたり、
トークショー等のイベントに出たりする機会も多い高橋ではあるが、
そんな時によく彼が聞かれる質問が、これである。






         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
         ┃                                              ┃
         ┃     高橋さんは、現役生活に悔いはなかったのですか?      .┃
         ┃                                              ┃
         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋







.

549 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:52:01 ID:UbaNM0JY [309/337]

確かにそういった疑問を持ちたくなるほど、彼の野球人生には『もったいない』の言葉が似合うようにも見える。

若くしてスターになり実績を積み、順調に行けば2000本安打を達成して名球会入りする事も、
カープの大功労者として引退まで大切にされ、ゆくゆくはカープで指導者になる事もどちらも可能だっただろうに、
現実は志半ばで簡単に放出されその後の現役生活は落ち目の一方で、
結局名球会入りも果たせず、カープでの指導者にもなれそうにないという末路。


だが高橋のその疑問に対する答えは、複雑なようで単純な、矛盾してるようでしてないような、
そんな何とも言えぬ趣の深さを感じさせるものだった。



            人,ト  \ \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ _..ィ ∧!
           | \〉√:::::::::::::::::::::::::::′::::::::::::::::::::; ノ.ィ リ
              ,  |  | 、               / |l |       ……まあ確かに、後悔がないと言ったら嘘になるかな
          /   j|  |/ \     ―     イ| l|: |
            /   |  |   /丶        . i  | │ |       事実「ヨシヒコ、お前もっと性格よかったらなあ」って
        /:/  |  |/ / , -| ≧=-  ハ | |   | │ |l
         /   / |  | -‐.::/´      {::::.、 |   | |   |l      周りの人にもよく言われてるしね
       /    . -=|  |:::::::::{         Y:::::. <| |l  |l
      /   . ´l:::::::|  |::::::::::.        l::::::::::::::| |:、  :|l
    /   〃   、::::|  |::::::::::::. ‐- 、  ,. -':::::::::::::::| |::ハ   、
  /    / l     \  |:::::::::::::::.、    /:::::::::::::::::| |' |l 、 \
/    /   l     |  |、:::::::::::::::\   /:::::::::::::::/l | ハ \ \

550 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:52:29 ID:UbaNM0JY [310/337]
┌──────────────────────────────────┐
│実際、私バカだから若い頃から我慢できずに色々口が立っちゃって、       ...│
│                                                  │
│それで敵も多く作ったし、取り返しのつかないことまでもやっちゃったりして。     .│
└──────────────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


              .- ,─                      __
             / /       ⌒`` ⌒   、      /ア─ヽ
            {  {    /               丶   / /
             \__ア                  /.//⌒丶
                '            、  /   V/ /⌒丶、)
                        /       Y__/⌒  }l K
             / /        ,|i       } ^≦  ノ乂ヽ}
            _/  /        /|      .'   ミ‐'   }〈  〉
             ̄ ̄ }l   |  ./  |        /    ミ  /  )v、
                '|   ト / _  |  |   /  _ ノ } ,/  (  )
              / {    ,ィ 子ミトヽl}  ,ィ斗劣トミァ r⌒  ノVヽ
                  /`弋rゾ ソ  ノ〈゙弋rソ  /) }   乂_ノ
             ,′ V   〈   :::::/ィ/::::::::::::    / ./   /⌒丶
             /   ∨   、  ::::::::::l|:::::::::::    /¨    |{ { ヽ\      ィ
                 V\| 、      ─‐、    /       |乂l  ',``~--- ' ノ
          /   /      >  マ___ノ  <       |  ``ーゝ    /
         /   /        _/{ >   < }ヽ、      |  \ー──'
     _、‐''゛_、‐''゛/         ,ィ´/ ``‐-、_,.-‐''´ Yヽ'       |    \
     ̄ ̄    /     _,,.、∥ {    ,ィ⌒ヽ- 、  } /       |
          / _,,.、丶´  ∥  |_、‐''゛{{ O }} 、 \/      ト _    ヽ
      ,.-、ニニニ|      ∥ /   乂_ ノ   / /      |  }ニニ=‐-、
      ニニ',ニニニ|      ∥/  / /  |  l  .'          |   }ニニニ/ニ ,









::::丁T=- ___≧s。  `丶、    \         /   xf〔⌒   。s≦────__ -  ̄
:: ::}:: }: :}: ::「〕iト ── ≧s。   `丶、   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   xf〔⌒  。s≦‐──_ -=T ̄:::::::::|::::::::
:: ::{:: {: :}: ::}: }: }: :{: 了Tr 。二≧s。  `ヽ、|______| xi(⌒  。s≦ニ=- 丁::::::{:::::::::{:::::::::{:::::|:::::::
:: ::}:: }: :{: ::|: {: {: :}: : |: : {:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    | ̄|     ̄ ̄ ̄ ̄|`'||丁:::|::l:::}::::::::}:::l:::::}:::::::::{:::::|:::::::
:: ::{:: |: :|: ::|: |: |: :|: : |: : |」──────:|__|_|__o∬±Ю+| ||‐|: :|::|:::|:::|::::|:::|::::|:::::::::}:::::|:::::::
ー┼┴宀宀冖冖 '''T ̄ | || ̄ ̄ ̄¨| :| |___| ̄ ̄ ̄ゝ' ̄  ||├宀¬冖冖广了 ̄ √ ̄
  }: : :}: : :り     |: : : | ||____,  | :|  | ̄]     __    || |:: ::{     }: }: |: : : /
_|_ |: :√ ̄ ̄ ̄ヽ¨¨v-┴'‐ 、 ̄ヽ | :|..  ̄||     / ̄__ヽ_/ ̄ ̄ /¨¨¨¨¨ヽ|: |: : /
 ̄: :\ヽ′   /  ̄ ̄ \   ∨, V, |   || __ /: :://: :/二二二二ヽ: : : : : :∨v────
: : : : : ∨.  ./       ∨,  ∨, V, |:| ̄/77‐┐ j{: :://: :/ / : : : : : : : : : ∨: : : : :/ / ̄ ̄ ̄ ̄
_:_:_:_:_:_:∨__/_          ∨,  ∨, V|:lニ|l丁 ̄丁|: ://: :/ /: : : : : : : :__∨_:_:_/_/_:_:_:_:_:_: : : :
        / \      ∨,  ∨,__V」::|:|:::|~ ̄~|:|: //:::/ /: : : : : : : /\            \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  ∨       ∨,  ∨V7:: |:|:::|::::::::::|∨/:::/ /: : : : : : ::/: :// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : ///∧ ∨      ∨,___∨〉___|:|:::|::::::::::圦Τ7 /: : : : : : :/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : //∧ ∨       ∨V7 |:|//|:|_」─‐┘∧7 /: : : : : : :/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : ///∧ ∨_____∨/: |:|´ ̄: ::...........: ∧∨: : : : : : /: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : ///∧ ∨::::::::::::::::::[__]/|:|: : : : : : : : :::〈 [_]┬──/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : //∧ ∨:::::::::::::::::|::|://: : : :     ∧|::| |::::::::::/ヽ//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : ///,  '/ ̄ ̄ ̄|┘/: : : ::     ::└|二二/ //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : __: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄≧x、: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : : : : : : : : : : : 〃V´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \: : : : : :
. . . . . . /          __    \ヾ. . . . . . . . . . . . . . . . . 〃/   __           \: : : :
. . . . . 〈          /  ヽ      . . . . . . . . . . . . . . .     /  ヽ            〉: :
                 |    |                          |    |
     ヽ       ヽ_゚ノ  _ノ ヽ                ,' , ヽ゚_ノ           ノ )
     (  ./三三三三三三 ., ' , ´                   ) ,! 三三三三三三三三ヽ (
     .i ,'       : : : : :  ./ (         ....::        i i : : : : : : : :        ヽ )
      ! {: : : : : : : : : :     .i  i´         .....::::          .l |   : : : : : : : : : : :     i |
       i .{           し´      ........:::::::         .i.j               i l


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌───────────────────────────────────────┐
│そんでいざそのしっぺ返しが来た時は、本当にみじめだったし、すっごく嫌な思いもした。    .│
│                                                         .│
│あれだけ覚悟していたはずだったのに、それでも辛くて辛くてどうしようもなかった。      ....│
└───────────────────────────────────────┘

551 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:52:57 ID:UbaNM0JY [311/337]
┌────────────────────────────────────────────┐
│本当にバカなのは辛いよ。本当はもっと先のこと考えて、大人になるうちに徐々に路線を変えたりして  .....│
│                                                                │
│要領よくやっていければ良かったんだけど、私にはどうしてもできなかった。                   .│
└────────────────────────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────



                                    、丶` ̄ ~"''*、
                                    /( M ):: :: :: :: :: \
                                 , ┴―― 、:: :: :: :: :: :∧
                                 /:: :: :: :: :: :: :: ~"''*、:: :: ::∧
                             {:: :: ::/ ̄ ̄ ̄~"''*、\:: :: :',⌒\
              , -<⌒\          \_〈 -={  '==-   \\:: :: :: :: }
            /⌒ヽ  ヽ  }             γ⌒     莎    /ニ\:: :: /
          /⌒ヽ  ',  .|_./_           {      }、     〈ニ/⌒Y
          ! !  }___,!_/ ,. }          {>――≦-- 、   .〉/ :/ /
          } `¨´  .: ゝ- ' ノ            (ニニ人ニニニ)    __/____
          {         イ            ∧\::::::::::ノ    /   }:: /:i:i:i:i:/ ̄ ̄
          \___,,.、丶´)         , ----∧ `こ´   / .   /::/:i:i:i: /:: :: :: ::
            ∨:: :: :: :: :: ∧       /:: :: :: :: :: `ト----=≦    /::/:i:i:i: /:: :: :: :: :
            ∨:: :: :: :: :: ∧     /:: :: :: :: :: ::: :/:i:i:i:∧     /:: ′i:i:i,′:: :: :: ::
.             ∨:: :: :: :: :: ::ヽ   /:: :: :: :: :: :: :: ::/:i:i:i:i,' ::≧==≦:: :: ::|:i:i:i:i:i|:: :: :: :: :: :
              ∨:: :: :: :: :: :: :ヽ/:: :: :: :: :: :: :: :: ::/:i:i:i:i:,'_______,|:i:i:i:i |:: :: :: :: :: :
              ∨:: :: :: :: :: :: ::}\:: :: :: :: :: :: :: :|:Y^Y:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:Y^Y.!、:: :: ::\
.                ∨:: :: :: :: :: ::,′:: :: :: :: :: :: :: ::,:|人人!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: |人人|i\:: :: :: :
                \:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: _,,.、丶/└―┘i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: └―┘:i:i:≧≦:i
                 \:: :: :: :: :: :_、‐''゛     |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i






           /{         ∨ / '⌒Y   }
            | |        } {    |   |
            | |        | |    |   |
            | |      _|__     .|
∨          | |    /´ /厂\/〉\)、 人          /)
. ∨         .{人 /    〈/   ´    \丿         /  二
  ∨       /                   ∧         / ∧ 二
   \     ./     /            ∧         / /
    \   / {     .//⌒ヽ    ⌒ヽ}./ ∧     /   /
\    \./  .|    | 芹云ミ\} 芹云ミ厶イ |  /    /
.  \    \ 人    |/ rタハ 厶イ.rタハ | } .} /   /
    ∧     \ \ .{  じツ     じツ |.丿.丿    /
.     ∧       \{         '     |´ ̄´   /
      ∧         \\    「 ̄`)   ノ/   /
.       ∧       /´ 7´ ̄\ ー' ─イ    /
        ∧   /  \{    .} ̄}   } ̄\ /
.         ∧イ     人__丿 j、  人 /__)
          ∧    /    ∨∧ `ーイ /
.           ∧  /      ∨∧  ∨.{
            ∧ /       ∨∧  ∨
.             ∧        }   }   }


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌───────────────────────────────────────────┐
│上手いこと要領よくやれてさえいれば、もっとみんなからも可愛がってもらえて、              ....│
│                                                              ..│
│誰かみたいに2000本安打も、カープの監督も、もっと色々と出来た――――それは事実だと思う。  ......│
└───────────────────────────────────────────┘

552 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:53:22 ID:UbaNM0JY [312/337]
┌──────────────────────────┐
│でもね、私ある時、江夏さんに言われたことがあるんだ。   ...│
└──────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


.         ____
.       /     \         まあ、正直なところヨシヒコがああいう末路辿りそうってのは
    /       \
  / /) ノ '  ヽ、 \      チームメートだった頃から何となく思ってたんだお
.  | / .イ '(ー) (ー) u|
   /,'才.ミ). (__人__)  /      なぜかって? 似てたからだお。ヨシヒコと若い頃の俺とが
   | ≧シ'  ` ⌒´   \
. /\ ヽ          ヽ






.                __
              _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
         /      U       \
.        , '     ___    __ .ヽ       俺も生意気で目上の人にも臆さず逆らっていたから、
.         /                      '.,
.      /  u      ̄ ̄ ̄      ̄ ̄   '.,     その結果嫌われて、エースだったのにトレードに出された。
        ,'                        .l
.      l   U.    (     人    .)    .l     おかげで結果的にヨシヒコとも縁があったわけだけど、
      '.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
       ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /      そりゃもう当時は随分プライドも傷つけられたし、
.         ゝ、               /
.        /` ー――――― ‐=''' く         すごく憂鬱な気分になったもんだったお
.       /                      \
.      /                    ヽ
     /.                      ',
.    /       /                i   l
    l      |                |   |
     |       |                   |   |


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────

553 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:53:51 ID:UbaNM0JY [313/337]




─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  .,r'´` 、    , ´`ヽ、 \
    /                    \      ――――でもだお、俺はこの性格を悪い事ばかりではないと思ってるお
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ● )    \
  |       ´"''"   ,     "''"´       l    だってそうだろ?
  ..|.     "⌒(    j    )⌒゙       |
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l    何でもハイハイ言って受け入れてるようなおとなしい性格で
.  \.          ` ⌒ ´           /
    \                   /      俺もお前もプロであそこまでやって行けたと思うかお?
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \






                  ______
             /           \
           /              \
          /    ⌒     ⌒    \       ハナっからそういう素直な性格だったら、きっと残ってなかっただろうお
        /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \
       /     (   ● l   l ●    )     \    だからお、諸刃の剣なのかもしれんけど、そういう自分を大切にして
.      |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |
.      |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄`     |    自分の信じた道を貫いて突き進むってのも決して間違ってはいない、
       \         ー― ^ ー―       /
        \         ー一          /      野球人としては正しい道の一つなはずなんだとは思うお
        /                  \
       /                        ヽ
        |                      |
        |   i                  i   |
        |   |                  |   |


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────

554 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:54:14 ID:UbaNM0JY [314/337]




─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────



                   /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /: : : :              \
               /: : : : : :                 \
              /: : : : : : : :..                \    だから、俺達二人とも決して悪い野球人生ではないだろうお
             .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l
             | : : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |    ヨシヒコは精一杯自分に正直に頑張って結果を残した、
             .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l
              \: : : : : : . . (    j    )       /    そこに何を恥じる必要があるんだって話だお
               \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
               _ノ>'´小、    `ー―'´,),. /\イ
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /



─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────

555 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:54:40 ID:UbaNM0JY [315/337]





                              |ニニニ}
                         /ニニニ/
                           /ニニニ/
              ____         |ニニニ-
           , ≦ニニ/ニニ>     __lニニ/…‐-
         ,〈ニニニ/ニニニニニ><ニ」/-----=ミ  `丶
        ,〈ニニニ7 ` ̄ ̄ ̄. 'ア´ ̄ 丶      `丶  \
       ,〈ニニニ/      /, ´        \    \  ヽ
      ,〈ニニニ7      //         .    丶     丶
     ,〈ニニニニ/      '/            ト、     ヽ    ,  ',
    ノニニニ-       {    ト.       l `/  ...ィ   ′         それを聞いてなるほど、って腑に落ちたんだよね
  ,ィニニニニ/          |     | \    、     ., ,  、 ,
≦ニニニニ- ´           |     l__,,.\   、ゝ'r==ミ V   |\, 、        生意気でもずーっと精一杯、妥協せずやって、
 ̄ ̄ ̄´             八     l   ,ィ卞ー     , , , ,l,  ノ/ 、  \
                       ,     <´乂rソ   、      ハ//   \  \       だからこそ今の私があるんだなーって
                     ′  、\, , , ,   __ '   .イ_//___, --  \
                    l ∧ |\,丶    ´ /│ .:::::::::/     ヽ、\
                        ノ'  ト l / /__> ̄::「 ̄   V::::::::/  ,:     l \ 丶
                     | '/ /_:::::::::::::::::.、   /:::::::/   {    |_  \
                     |/ / ⌒> _::::::\   ':::::::/;..,,_  ゚,_.、+`:::| 、  \
                         ノ /     ⌒> _\|:::ィj/   `丶∨:::::::::|ハ   丶
                    //,1   ',  /(__)⌒≧{__j\ (__)  \:::::ィ   :,     )
                 _ -=彡 /,小   ',  /      /ハ弌:i:i\     l⌒|   ′
                 /⌒   .イ/ 〈--=彡/     /:i:i:|  、:i:i:i:ヽ    |  :   ,
            /    / : {  ∧::::::::::{   (__){:i:i:i:l  \:i:iハ_)   |  l    ′
            /    /,:  | |    ー=≦、 -─‐ V:i/ ⌒  \j    }  |   |i
           (     ,  /   乂__   ,ヘ  {__    }/  ‐-  `_   1 _│   ||
          ヽ   / /       / ハ 〈   (__)=--  _       l|´ |    ||
               /  ′     /   j _ノ ̄⌒  ‐-  _ ⌒ (__)  |   V  ; !



.

556 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:55:33 ID:UbaNM0JY [316/337]
┌────────────────────────────────────────────┐
│実際、すごく楽しかったもん。                                              ..│
│                                                                │
│練習すればどんどん野球が上手になっていくのが、楽しくて仕方がなかった。                 ...│
│                                                                │
│カープの一番いい時期にいられて、いいメンバーととても面白い野球が出来て、本当に幸せだった。   ....│
│                                                                │
│私生活でもたくさん遊べて、華やかな人達にちやほやしてもらえて最高にいい気分になれた。         .│
└────────────────────────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


               /   / /    //  /   /       ./ .′   /  /    ,
               /    ,}  :    {\ ./_  /       /  ,   /  /    /
               /    //  人    {  \ 寸ニ≧s。. イ   /  ./ /    /
              /  .。s≦二/ /   \     ハ 寸-==-\  / //./     ,′
.           __-=ニニニ=-/ /       .      }  -=ニニ=-\_,/ /       /
         /-=ニニニ=-/ i      }i     i    -=ニニニ=\/     /
.      /-=ニニニニ=-/  .|      }i     |   } V-=ニニニニ=-_、   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、
       /-=ニニニニニ=-∧  .|      }        , {-=ニニニニニ=-_/   /´ ̄ ̄ ̄ ̄`  \
.      /-=ニ=-.。s≦ニ≧s。 |       ,       /  \-==-。s≦ニニ〉 /          \ ヽ
     {-=ニ/-=ニニニニニニ≧s。   /        ./   。s≦-=ニニ=-_/ ,               } ,
     {-=ニニニニニニニニニニ=-\          / /-=ニニニニ=-_/ /                 /
     人-=ニニニニ二ニニニニニニ=-\     //-=ニニ二ニニ=-/ /              /
      ` <-=ニニニニニニニニニニ=-ヽ_  ./-=ニニ二ニニ=-/ ,
        \   ̄ ̄`  -=ニニニニニニ〉=Y-=ニニニニニニ=-_/  /              /〉〉
         \      ハ   ̄`>--ゞ-''ー‐‐‐‐<´ ̄   /             // {
          \        :   /´ ̄          \  /               /   ゝ-っ
                \       /    /           \  \               /   /´
              Y  /     | |    |、    \  ≧=-         /  , ´
     /}!          / .//    / | |    l \    \ \__--- 、     ./   /
      {八       ,/イ,  / ../ 八 、  l八  \ 、  \  ̄: : :/  /    ,
   ___{  \       {  / /.  / \  \   \  \\  ハ: : :/   /   /
   ゝ-  、 `  .  .八  { ./ {  i r=ミ 、   \   X´___)ノ'\ }: / :-<    /
.      \   〕iト Y从 八  圦 _)心     \イ斧笊ア  V):.∧: : : : :.  /  ___
          `  .    ` </l从  乂ツ       乂'ツ ,  ∨{ \: : : }/.//´ ̄ ̄`
          ___ >_____ /   /:. ::::::    ,     :::::::: 人   \   }:/ / /
    /´ ̄ _______      /: 込、   r: : :‐ヘ  /: : :\    ー‐ ' /
   /    /  /´ ̄   </  {: : : 〕iト .ゝ : :.ノ イ: : : : : />-- -=≦
.  /  /  / .  ´    \:::> {\: :. :.- 、    /: : : :/,} ∧     ハ
.. / /  ./ /         八 },\:. :.      /: : /ニ/ {:::〉  ./=,
  { /     {/              Y::. \_\.:.:.、 ./:./>.。s≦二≧=-_/
. 八                 V:/\ ー‐<:./イ。s≦ニニニニニ>
                      V::::\ ー‐ ヘ 人` <ニニ> ´
                          \:::/:>---}ニ\::::/___,/
                         Vー 、:i_:::∨ニニ≧s。:/
                          \/ /´: ` <ニニニ\
                          \::::/´ }、____ ̄Yハ
                            ー‐イ:::::::::::/ /=,
                                 /:、 ̄__{ _=
                                  {、_::::::::/ {/
                              /{_____,∧
                                〈/{::::::/'/ 〉
                             Vー '/イ7


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌──────────────────────────────────────────────────┐
│あの頃もっと後先考えて、あれこれ我慢しておとなしく生きていたら立場は今よりもっとマシになってたかもしれないけど、..│
│                                                                       ......│
│その代わりあそこまで存分に、毎日を楽しめなかったと思うんだ。                                .....│
└──────────────────────────────────────────────────┘

557 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:56:00 ID:UbaNM0JY [317/337]
┌──────────────────────────────────────────────────┐
│それにそうして自分が思う存分楽しくやってたからこそ、見てくれてたファンの人達にも色々いいものを伝えられたと思う。.│
│                                                                       ......│
│今でもよく言われるもん。「慶彦さんって、すごく楽しそうに野球やってたよね」って。                      ....│
└──────────────────────────────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


                        |l|_|l
                  \\ ,>'゙´ |
            \       ,>'゙´    |             |l|
                  \\>'゙´  ,>'゙´|  |              「「 ! |l
               〈    >'゙´    |  |                 | .|「 |l .//,
               ∨ ∧       |  |         ,>'゙´ ア| .|| |l / ,/
                     ∨ ∧      .|  |      ,>'゙´'´  >'゙  | .|| レ′/
                 \∨ ∧     |  |  >'゙´ ,>ァ>'゙´     W||,,/  /
                 \__/    |  |/]>'゙´  '´           /  /
                        |l| |                    /  /
                        |l| |                ////
      /    |_/////⌒⌒⌒Y/...|l|  ″           //
       ___/   {//^i   _!|   , へ///⌒}   ・         ′
     /   ″   //\Y   〈:::::/ }   r`Y_`Y   ノ    |l|          //
.    /    , ----、 _/ ≧s。.__/  `ヘ  |  |   // rrrr┐ ・  //  //  /777
    /  ///-+-+-+\     / |l|   //| | .|---、  〈つ ノ    __ , ---- 、 /っ_/
rセ7ア7ァ。,_ /-+-+-+-+-+\    ∧     ////| /  |   |   |   |   /:::;'::;:::;从从〉ニ./
//|///}/ハ-+-+-+}-+-+-+ \_/_〉 \___ // .|/  | ワ/_/|  |  |l||::::|、|: :|  〉 }ニ/|l|
//|///}///}___/___/ ̄ ヽ、-+-+-\_ / //|7777、:::|/|  |   |::::|_/从ヮ/ニ/
//| ̄ ̄ |リ      {三{  、_У}+-+-+-+./\  /```マ彡  |  |  /ニニ , -く:トニ /
//| _  ||__,,.、丶´  ̄ `¨´+-+-+-+-+-/:;:;:;:;\_|    }シ  / //,′./ニニ/ ,、ノニ/  ″
//|〈:::::/ /.| /+-+-+-+-+-+-+-+- /\+/:;:;:;:;:;:;:;:/___〉| へ′ / ./ ̄ ̄ ̄ヽニ)′
//ト. _//リ /+-+-+-+-+-+-+-+-./  /:;:;:;:;:;:;:;:;/ {::::::///:;:;:;\/ ./   从从从〉 { |l|
\! L//// /+-+-+-+-+-+-+-+-/ |l|/:;:;:;:;:;:;:;:;/:....__/:;:;:;:;:;:;:;:;У', Y^!    |
:::{  }::::\ __+-+-+-+-+-+-+- / |l|/:;:;:;:;:;:;:;:;∧  /!:;:;:;:;:;:;:;:;/  T圦  /7 /ハ   //
/⌒iイ:::::::::r巛)+-+-+-+-+-+- /|l| /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\/;:;:;:;:;:;:;:/   ///  .\_二/rっ} //


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌──────────────────────────────────────────┐
│そうやって楽しいってのを目一杯表現してプレーしてたからこそ、                      .│
│                                                            ....│
│どっかの小説みたいに私に影響されて人生変えられた人がいたかもしれないし、           ......│
│                                                            ....│
│今でも沢山のファンの人に覚えていてもらえるような、そんな選手になれたって気がするんだよ。   ....│
└──────────────────────────────────────────┘

558 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:56:23 ID:UbaNM0JY [318/337]





                       - 、
       --  _              /ニニ\
.     /ニニニニ-           /ニニニニニ\
    /ニニニ;ニニ\     -ニニヘニニニニヽ
.   /ニニニ/ニニニニ\  /ニニ/  Vニニニニ-
  /ニニニ/ ⌒ -ニニニ- /ニ/    、ニニニニ-
.  'ニニニ/      >、∨ イ-- ミ    \ニニニ-
  -ニニニ/     /、+'`゚~ ̄~゚`''+。.\    \ニニ}
 i二二-     ,  ` :      :   ´' ヽ      一
 |ニニ/    /     l      l      ,          だからやっぱり、悔いはないかな
   ̄     /     ∧     |\     ′
.        /    / `、     l   \    ,         自分に正直に好きなだけ野球に打ち込んで自分もファンも楽しんで
       / イ  V ⌒ \  l ⌒ ヽ   '、
       ´ |  |灯苅下 \,灯苅下}!  ト \       それで結果的に2000本安打に届かなかったりしたってだけで、
         从  弋ーク     弋ーク ノ イ | ⌒
         |ヘ l、           イ ル1         私としては野球を楽しく続けられさえすればそれでよかったんだから、
         | \,> . `__´ . <,//  |
        ノ /  | , -‐√  l‐-..,//  l |l         ここまでやれただけでも万々歳なんじゃないかな
      〈∧/ /  ノ/ \::::.  /:::/ ハ l | :|l,
   〈∧ Vヘ/  //`V \:V::ィ V「 ∨ ! |′
.    Vヘ...V,〉 ̄ 〈 イ o /-ハ-,j[「 ̄_〉    ,
   厂V,〉   / ∨| o {ニj jニ} | |Τ ∨ 、 ′
   〈  __   ̄  ゚,j    ̄  {l_| |_l}  ∨ \ ,
   ∧ / A   _/厂 ̄ ̄ ̄ ーr一ヘ  V ┐ヾ
.    ∧  __ . -≦〈 ハ    i     j,  |∧__j | |  }l
     √'∧\ (/ニマニニニOハ_r| |─--| |  }|
.     | { ∧、j /::::l:::::l:::::l:::::l:::::l:::::::, ̄¨¨¨¨¨ ┐}
    八 \ヘ__⌒iー -- -- 一 i⌒ l!  l!  l|
      \厂-‐≦',----| |----;    、__ ,  l|
    r  ̄L -‐ ′V---| |----L __      _jl
    ∧ ==   == V--|_|---/ /\¨¨¨¨/ヽ
.     ∧   マ7   「  ̄ |  ̄ l { ̄\)  ̄(/ ̄ }
      〈 ̄/ -‐ヘ ̄〕l ̄|| ̄l { カ ー プ 命  }
.        ̄      ̄  ̄  ̄  `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´






                                 /l|
                                  //l|
               {l\              ///l| ,rzァ
                ∨./\                ////l}/ニ/  ,r=.ァ
                     ∨///\             /////リニ/  /ニ/
                 \////\       _//////ニ/  /ニ/
                       \///∧      /=|/////ニ/   /ニ/
                        \//∧    /ニ|////ーイニ/ゝイ=、
                      ヽ/∧ ./ニニ|///ニニニニ><ニニ〉
                       ∨∧、V≧={//ニゝ-、__ニニ/〉ニ《
                          》</{//}//ミxヽ ニニニ〈/ニニ/
                       /〃´      ヾハ‘>、ニニニ/
                        .′         ヽ .Vニ>イ
       _               .′  /{   ト、    V}        あ、でも……
      (_ノ              |  |./八   l|ハ }   }ハ
       .∨∧               |  |rzzzヽ リィzzァ 八.∧       広島に戻れない、それはやっぱり辛いかな――――
      .∨∧            从 {.|.乂リ  ヾ{.Vリ }/}イ  .∧
    xz、 ∨∧           / V}ハ    ′  /l{ |    \
    《./∧ ∨∧           ./  /| }.> 、 ゜ イ }:.l |> 、   \     .ィ≦/\
     ∨::∧ ∨∧___      /  { | |: : : :{    八 .!: /  Y    `  . .//>-ァ/ハ
      .∨::∧ ∨∧.⊂⊃\   ./   .ト.| .八: : :!   /: : | |イ   |      ゞ' ////∧
       ∨::∧./∨∧\ニニ.\/    .ハl|/}/ \ハ .イ>´l | 、  ./}` .    {{乂{< }//}
      ∧/:∧ニ《::::::》ニ\ニニ.\__ノ 〃.′  {::水/ .八人.}.イ::ハ  _ > ´>ー⌒///
      .《ニ∨:∧ニV/ニニニ》_⊂⊃\ニ{{ニ{ {  .7/ハ   { ` <≧=-<`ヽ<ヽ  《/イハ
      У_∨:∧ニニニニ/ニ.\ニニニ\l!ニY∨::{ }::|   '.  ! У〈ヽヽソ    ∨   }
        |ニニV:∧ニ/ニニニ/_ ̄ ̄ニ/l{ニ人 }:::| |::{  O./ ! ./  / ̄´       V   |
       ∨ニ《:::::::》ニニニ./ニニニニ./_|{ニニ}ヽ/ .レ   《  |-r=.イ         V  l|
       .∨ニV:/ニニ./ニニニニ./ニニ.l|ニニ{ }}O     O}  .}:リヽ:\        } .リ
        ∨ニニニ/ニニニニ/ニニニニ{ニ/{V< ___ }>// .}:.ハY         | ./
         .∨ニ/ニニニニ/ヲノ ̄.≧=≦{込、}       .// .イ/: : |}         j/
          .<ニニニニ./ ̄       /: {: \≧=-----=≦: : : }: : :}       /

559 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:56:45 ID:UbaNM0JY [319/337]
┌────────────────────────┐
│なにせ喧嘩しちゃってるもんね私、今のオーナーと。  ......│
└────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


                     ´    `     `丶    -─、
             ,ィ     /                  V / ̄ \
             / {    '     /        _  {/=-─-、
            乂 ─/       ′     |^ー-z_   ノ\
               ̄,      |l      |    彡乂 }
                      | ./ ',   |   | _ -‐ 彡 /^ヽ
               /|  |   |/__'、 |   ''´ _  ,ィ V⌒\ ,}
                 |   |   -ヽ l}   '  ィ≠癶 r } (  )
             /イ{ |   |,ィ=≠ミY  人      ' ノ |^ヽ      - 7   広島に球団を残す事が私の使命!
               }     |     /l ,イi{       |‐'   |ヽ ノ     / /
                 ', ',. |、  //         '     | ノ¨r 、  / /
               ,′ ', l\|ー 、   、  ノ   /   =彡  } } / /
                /     \    > _    /|         ノ ' r'‐つ_
                         ,人 ≧=‐'---/      /  {// r‐、 }‐っ
             ノ  ./       _ィ  .ィ⌒ヽ  /      //  しし_r‐ノ (ノ─ァ
         _、‐''゛ /rニニニア  ̄/// {l()l}\/      /从  ノ__  r~ィ/_/
      --'──//ニ{ニニ/ .// /^ゝ-'' V     厶  V⌒ソ_ノ /
           / /ニ|ニニ{// /        '       r_  r~'´|  /=i|
            }ニニ',ニ=/ 入         { i{   У_r‐'  l }/ {{ i|ヽ
        / r─'ニニニ',=〈 入 ゝ _      V {   |く  ヽ _ノ/‐、{{ l|
        / _}___=/  Y辷辷辷辷辷辷辷辷辷   |  Y=イ=/   }}ヾノ| ‘,
          レニニニニ=/   \辷辷辷辷辷辷辷辷 \ | -‐V    、__ノ/ニ|
      /ニニニニニ={       \  マ~,~~~~'     ∨ _ノ -ニニニ  ‘,
     /ニニニニニニ{       \ Y_ - ¨        _ノ,ニニニニニニ
   /ニニニニニニニ从        {{o           /ニ=',ニニニニニニ{ヽ  |


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌───────────────────────────────────────────────┐
│まあ今考えると自分が悪いことなんだし、でも当時はみんなのためを思って、                     .....│
│                                                                   .....│
│自分の信条に嘘をつかずにやったんだからそのこと自体は仕方ない、それは分かってるんだけど――――     │
└───────────────────────────────────────────────┘

560 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:57:09 ID:UbaNM0JY [320/337]
┌─────────────────────────────────────┐
│――――でもやっぱり大好きなんだもん、カープというチームも、広島という場所も。   ..│
└─────────────────────────────────────┘


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


                                                      ---
                                                   ><ニニニニニニハ         -  、 -
                  ̄ ̄  _                            ィニニニニニニニニニニ斗     ⌒>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヽ
             /:.:.:.:.:.、、、、:.:.:Σ    _\__/                   |ニニニニニニニニ-<ニ=- /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       ノノノノノ i:.:.:.:.:.:/´    ``Y  -ニニニニニニニニニニ-                 斗ニニニ-ニニィ-ミ V:.〔 ̄ ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
     /: : : : : : : : :.V:.:.:.:l  ヾ     | /ニニニニニニニニニニニニハ           -==v⌒ヽ ´ 務  |/ド   l.:.:.:.:.:./l"-!.:.:.| ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
ヽ   /: : -""""""`ヽV:.:/ `ヽ  二 〈/ニニニニニニニニニニニニハ  ---<         ' 務 l      ノ   |/.:.:lγ-ヽ___γv寸.:.:.:.:,:
⌒v i: : : l  -   ヽ l_''      〉  '/ニニニ/ニニニ|ニ\ニニ><.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        ,   、  _  |/   人.:从ゝ- '  ゝ 'フ.:.:.:.:人
⌒ v|: : : ´     _. |l  、     / /ニニニ___\ニ´_`/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ        \ ´ ̄  /V     '.:.:l       //(
   v 、: : 、 迄  、  ,\-= ―― / イニニト _-a  ´゚ l.:.:.:.:.:.:.:/----V.:.:.:.:.:.:.:.:._         __ / 八    ..从  - 三//从
、__.vト、ヾ     ).    \ _川__   ,ニニ、  |..  |.:.:.:.:И     V.:/V.:.:.:从      -斗     /   、  从:l \  ./从
     v>-<   、__, /     ̄厂    ,\ハ  ヽ ノ|.:.:.:/-==-  " 歹 州.:.:|     / 〉 /〉    i     |\   ,   ̄   |
、-≦ .v "\     /     /       )ニ。     |.:.:.:.:} 歹      从,    斗./ |    ___   、|  >斗     、
     v    ---- 、 \    ノ>-_   / ニニニ, -- 从.:.:.:,    |    |.:./ -<  ー  ,     /    -<V       >-<
v      v      、\ --t    |  |>  从ニニ    \.:.、  _ - フ /从       /\___'| -<     .V ̄ ー -  ̄/
 v    __      v \ 「 |  ̄ |  |    Y/、   / >.:\   ̄ ィ从/        'ニニニニニニニ         、    /
   -/  --〈 ̄   ̄〉  \     人 |  r≦|   r-r   / |   ---  | /  |     ,ニニニニニニV           __
    l     ̄}、__|   \ー     / |ニ.|   ー   ./  _      、   |     ,ニニニニニニi|
    ,     ̄}     |     \  ,   |ニ._        /--        >-<     州ニニニニニ    | 
   ノ    / 彡    .|    |  | |  |ニニ、   - \\      __//\  州ニニニニ/     .| 
 /    ./  |    |    |  | |  |ニニニ<    \\     .//   \州ニニニニ'      .| 
     ,.     |    |    |  | |  |ニニ          \   /           \ニニニ〈      | 
    /    |    |    |  |  、  |ニニ            ̄          / 、ニニ>     | 
  /      |    |    |  |   l  .|ニニ| ,             ̄           /    ,ニニ| \__  
_/       |    |    |  |   l  .|ニニ|  ,                         |ニニ,   | | 
          |    |    |  |   l   .|ニニ|                              |ニ,     | | 


─────────────────────────────────────────
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
─────────────────────────────────────────


┌───────────────────────────────────────────┐
│今でも広島で仕事する事はあるし、コーチ時代は交流戦で敵としてカープ戦に赴いたりもしたけど、   .│
│                                                              ..│
│その度に誰もが温かく迎えてくれるもん。                                      │
│                                                              ..│
│広島を去って2、30年になるのに、昔と何も変わらずみんなに愛してもらえてね。               .│
│                                                              ..│
│本当にうれしいことだよ、これは。                                         .....│
└───────────────────────────────────────────┘

561 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:57:30 ID:UbaNM0JY [321/337]





        <///ニ=- .             //////l}
            ヽ//////>.、      ////////リ
           ∨///////\    /////////
               ∨////////.\‐_ァ{//////.イ
             ∨//////////ヽYハ///<
              ` <//////ニ=― '      \
                /  .7/   {     ヽ   ヽ
              ′ .〃     ./|      }ヽ   .∧      本当にいい人達にいい所ばかりで、愛着もあるし、
             ′ ./     {八   { |  V  .∧
                {   {     { l|-=ヽ、 .八 | ,xzァ }.八     帰れるものなら帰りたいんだけどね……
                |   |    ト.{xz≠ミ、  リ芹rっ ハ{
              V  .}八{   《芹r刈。 \{ Vu. }}/`ヾ{
               /  ハ {ヽ {. ゞcっ'   、 。八
             ./     》、 .人  o.   ,  ./ {        ホント、帰りたいなあ
            /   //: : :V {>  `¨ イY{ 八
              /  ,.<: : : : : V八 /Y.:千}   } V ∧       帰りたいよ、広島に――――
            /   ′ ` <: : ∨∧ }: : //  ハV ∧
          /     l{       、`ヽ∨∧j: :/}  .〈  ヽ ∧
        /   /八     Y \ヽ ヽ/八イ》   V∧
     ./   / / .∧     V  >\ ∨_:_/     Y.ハ  ィ、
    ./    /  /  r<ヽ     ノハ {:::::ハVハ ′     {/、》//》
   /    ./ >f{´ .乂《:.ー=≦: : :} .|:::::} {::V.V  /ヽ  {ミイ }/l}
  ./      .ィァ´  |{   V ヽ:_:_> ´Vハ::::ハ:::} }}  .Y《   }/}ノ/リ
 /      《:八  ヾ、.  ` <}    .∨}/  }/ .|!   \>-'////フ
./ {   /:::∨:::\.  \    ‘ト、   V .| / ノ|    ` <=-<
{ /|  {::::::::::/\:::::≧=-\ __ }    .Ⅵ /イ .!
|( .|  ハ:::::/:::::::::>:::::_:::::::::::::八    .V}   .|
ヾ人 .{  ヾ:::::::::/:::::::::::/:::::: ̄:|:::ハ    }ハ   .!
   ヾ  { \:/:::::::::::/::::::::::::::{:::::::::'.   .|  }   !              ィz、
        '.  ` </、:::::::::::::::|:_:_:_:ハ   { .ィ|  ノ ̄ ̄`ヽ__      . <ニ>'
      ‘.          ̄ }_ .ノ'.  !=八  、__`ヾハニニニ><_><{)
        ∧、        .|:_:_:_/ハ 人ニヽ.__.つニ`ヾ、}ニニ<><>
        / ∧:≧=---=≦: ハ./ニニニ}、    ̄_`ヽニニニ{{><ニ> ´
       / ∧ ー--―  { |\ニニ人    r-ミハ=ァ<ニ> ´ニ!
       / ∧ ー- -‐<:| |ニ.\ニニ≧=-、\=V}八> ´ニニニ|
         ./ ∧、:_:_:_:_:_:ノ| |ニニニ>{ニニニニニニニ}ニニニニニニニ.|

562 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:58:05 ID:UbaNM0JY [322/337]

――――そんな高橋だったが、1度、とてもうれしい事もあった。



三三三三三三三三三|_______________|三三三
三三三三三三三三三 /l  |                   |  |i三三三三
三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
 ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
         _,,. -=- .,,_

                                     _,,..、 -
                             _,,..、 - ‐ '''' "´
                    _,,..、 - ‐ '''' "´
_     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
./ = /    /
   /    /
_,/ ̄



2008年12月6日、同年度限りで閉鎖となる広島市民球場で、
これまでカープの歴史を支えてきた球場に感謝の気持ちを込めて別れを告げるための記念行事の一環として、
往年のカープ戦士が一堂に会して試合を行う『カープOBオールスターゲーム』が開催された。

563 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:58:27 ID:UbaNM0JY [323/337]

この『カープOBオールスターゲーム』に高橋も招待され、彼は「広島」チームと「カープ」チームに分かれたうちの
「カープ」チームの1番・ショートとして先発出場。






             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                             {_,l゙ .



          Vニニ∧       /ニニニニノ
         Vニニ∧     . イニニニ/
           、ニニ∧, 、_/ニニニニ/
          ` <ニ{/〈ニニ- <
            /、+7⌒了⌒ ´"''+s、 `丶
        ≠'`  /  │  : 丶 \ 、 \
        /'´   /     !    :    \ 、
.       /    イ          l  :     ヾ,  :
      /  l / |         ∧ │    ', l
     ,    | '   .    :     ', ハ     , |l
     ノ   |l -─\  l  / ̄レ^' l    乂l
    /.イ   {   - 、\ 、/     |      トミ
   ⌒ | │ | f'斧ミ  レヘ.  斧芋フ.'  ノ , │「       ……市民球場が、私をここに帰してくれたのかな
      | 人 lヽ 乂rj      乂cっ/ イ / レ |
      |{ l|\,∧     ,      ⌒ ル' │  |       育ててくれた上にこんな置き土産までくれて、
        | |  |:.            .イ  |l
        | |  | 丶    ー ‐    / :|  l|l   |l       感謝してもし切れないよ、本当に
        | 人 |  l >       イ |  |  |l     ||l
        |   ヽl  |l  l小 ̄     |_ |  |    ||l
         ;   _j|..-─...::フj       V^|  |     ||l
.        / , ‐l:::|l:::::::::::::{´      /:|  |::..‐- _ ||l
       / /  |::::|l::::::::::::|      /:::|  |::::::::::: 癶 l|l、
.      /  ′  .::::l|:::::::::::l ヽ , -‐/:::::|  |:::::::/     |l \
     /  l    >」l::::::::::l     /:::::::|  |::/     i | 、 \
.    /  /|   ∨ ' |l:::::::::::.   .::::::::::|  |´       | |l \
   /  / ,|   |/ リ、\:::::V/ _.、+`|  | ヽ/    | ||l   \
.  /  / l::ー‐/ /  \≧ ィニ/ │ |  !     | |||l
 /     {_:::::/ /_)  /ニXニく  (_| │ rー─=≦:} ||||l

564 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:58:54 ID:UbaNM0JY [324/337]

そして、トレードされて以来実に19年ぶりにカープのユニフォームを着て市民球場に降り立った高橋は、
そこで往年の姿を思い出させるような大ハッスルぶりを見せた。
既に中高年となっているOBだらけな上粉雪がちらつくような寒さもあり全体的に貧打な試合展開の中、
彼はファンの期待に応えるように、一人異彩を放つ躍動ぶりを披露。



       'vハ
       ∨i__        ___
        ヽ;、ソー、    ,'::::c:::::`';
          〉;ト、:`::.、 }::,=テ=、_::i
          ヽ::ヽ`、::`-ヘ!   i::;!
           ゙;::::ヽ_`ゝ、」!`ヽく"
             V:::::::》 〉'^|!:..  ` 、          { 
            `ーム nifi`u、::、 i     \    |l|w/L ,r_/
               i V!l:.:.:.:ハ、ノ      \\{w└ ¨ ´ /
               ; ..、!レ:.:.\/         \´     彡x
              ノ:.:〈〈ヽ:.:.:.{          >  ; ’  ∠─
              ヽエー-t-、冫        /      }|
              /  `i~「` ハ       /´ヾ,  r、r‐|^`
              ,'  `ヽ、 ', ,. i          //  }´
              i.    `Y:.:. l         /
                 i     i:.:.:. i
              ',    i:.:.:.: l






__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――_   _ _ ____ _ ___‐―
 ___―===―___ __ ,-―- 、                  - ─ ─ ───────__
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―\;i_,__ l                 - ─ ────── _,, _,,,_
 ―.                 ,,(__」っ,,'''フ――- 、           _........,,,_      _.......... -'"゛  | l i.
__―     __,,,.. -ー―'¬゙'ヽ、、\   `>   `''ーー....,,....-r./       ゙̄ニ ̄´       _,⊥イ ̄゛
 ̄__  <_ ̄  ................ --ー'''''''''''ヽゝ l ノ      .  ...,,;;;;;ii|‐|         `゙'''''''''''ー`-ニ-、┬
 ___    ̄              `゙゙゙゙.l-..,,,        --_;;l,'"                  __
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――    l____,./"'''''―ー''''''"´  ´ `" ゙゙゙゙゙̄''''ーーー-------'''''''^゙゙´´
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄     _..-'゙ _.ノ                             
                  <_ ̄ッ--'''"

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



打っては3安打の猛打賞、走っては1盗塁を決め更にホームスチールまで狙うエンターテイナーぶり、
守っても年齢の割には矢のような送球と、あらゆる面で出場した全選手の誰よりも元気な様子を見せながら
グラウンドを縦横無尽に、楽しそうに駆け回った。

565 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:59:19 ID:UbaNM0JY [325/337]

そしてその結果試合は3対0で高橋のいる「カープ」チームが勝利し、
高橋がこの試合のMVPに選出される。

その際、彼はこんなコメントを残した。



 _____                                   //////〉
 `゙'</////フフ77liァ zsx。_                        ///////
   `゙'<//////////////≧zs。_                 ///////
        `゙'</////////////////フ7liァx 、            ///////
             `゙'<//////////////////∧         //////
                 `゙'<///////////////∧        |////
                   ̄ ̄  \///////\   _ |///
                        `゙'</////ヽ〔/〕/〕l/=‐<
                               ``ィ升≧ム≠芋竿=ミx 丶
                               ィ㌢               ヾ  \
                         ィ㌢                   \ ヾ
                         //                    ヽ `       私は引退試合をしてませんでしたが、
                           /          /  /   / λ i|    ハ `、
                        /           / .//   / ./ `、 |     ハ  `、    皆様のおかげで、今日は私にとっての
                       / / / /   /l //   / //  _L」!     i|V\
                   ///  /  |   / l/ |‘, / // ´_.l /l      .l/ .|     最高の引退試合にできました。
         _            / /  /l   |  ./ ' ̄「` ヽli/   '´_,ムxzォ l.λ |   |
       ∧ \          /| / i|. │ i|. _,.二__   i|   'ヤて苅 リ/ ハ/  l     本当にありがとうございました!
          ヽ \             |./ lハ  | i|.ヤて苅ト  |   ,乂cっ.,. / / イ    l
         丶 `゙'< __    |′ 乂l l ∧ヽ乂oつ  、   ::::::::/イ ./    l        /Y
           >r       ヽー-- 、小 / :ハ:::::`::::           / ./      |       /  ノ
  ヽ`゙' ー---- ― ''"     v   }    ヽ-</ィ込     <" フ    .イ ./>―‐<ハ      /  イ
   ゙ ー-------¬  ヽ ‘, ‘,    //:::ヽ ヽ>:....        イ:::://:{    /:::/フ7>-イ  .l
             |  l    `¨「ヽ-′ .   レヘ::::::l  V::::::::/≧='´  |:://::/   /:::::/      /    丶、___,.. . 、
             / /ヽ. ヽ/ ヽ___ ノ   } l::::/  l::::::::ハ 丶   ///::/   {::::::l      /  -イ    ___ ,..  -‐′
           / /  ‘, ‘,      `/77ァl/<ト.  乂::::::ハ     ,l//::/    _ヽ:ハ     {  /     \
          / /    ‘, l      //// リ ;   ∧::::ハ\ ///::/:|   / l :/¨¨>---ヽ- l  r‐ 、 \
         ̄        l_/      //// ハ /   ./ ハ::::::l ./:/// .|   l   /   ‘,  / /ハ  {   \ \
                     /// ./   ハ′ ./  l○「>V=//○ l ∧   ; /      ‘, l / ∧ ‘,    \_〉
                        /// ./   / ! /  / ,. ィ:i:i:〉l |   ‘, \ .i |.\     ‘, し′   \ヽ.
                 /  {( ./   / {   ./ /i:/¨|:i:V |   ‘,  \|.....・ト            `′
                 /    乂   / 从.   l/:i:i:i/  |:i:i:| |    〈   :ハ...・| \   ヽ
                /    /   / /。小 、/:i:i/__ . |:i:∧ハ    l / :{:ム.・レ'´\   \

566 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 14:59:43 ID:UbaNM0JY [326/337]

その高橋の姿に、スタンドの観客は誰もが温かく力強い声援と拍手を浴びせ、
彼の広島への帰還を祝い、大いに活躍を喜んだのだった。



 ,-=  ̄  ̄!
 ',  r¬  l ___   /,、\                   , 、
  Lノ  |   l └―┐ 〉 く/ l l   く\            /, 、\
    /  /  「l ノ/   くヽく/   __\\          く/  \ ヽ  .t__┐
   く_/   〈/ `     Ll     ノ ノ// _         く\く/  ,__ l |
                    く/  ̄  └-、ヽ   __   i !     l .l[_ノ l二¨7
                            「l〈_/    ニ7 /   L,l    L」    nく/
                           〈ノ       Ll`              〈ノ


\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 )                  >
<     ヨシヒコ!!     >
 <                 (
 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
                                           \__人_人从_人_人从/
                                           _)                (__
                                            )    ヨシヒコ!!    (
                                           ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                                            /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
            \__人_人从_人_人从人_人从/
            _)                      (__
             )     帰って来い!!!    (
            ̄ ̄)                   ( ̄ ̄
             /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y\



かつてカープファンにきちんとした挨拶が出来ないまま広島を去り、
そのままひっそり寂しく現役引退した高橋にとって、
この日は、真の意味で心に区切りを付けられる特別な日となり、
改めてカープで野球ができた幸せを噛みしめられる、最高の一日ともなった。

567 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:00:13 ID:UbaNM0JY [327/337]

そして近年になって、高橋の愛するカープは再び強い時代を迎えている。



                                                          |─| |‐i|[|
                                                          |─| |‐i|[|
                                                          |─| |‐i|[|
                                                          |─| |‐i|[|
       ___                                              |─| |-i|[|
       | | |  |                                                ̄| |¨i|[|
       | | |  |                       ___                    | | |」|
       | | |_|        __  --===≠ニ二二二二二二二二二二二ニ≠=-   _       | | |」|      冂]
       | | |   _,、- 二'〈 ̄:::::::| |::::::: : | |:::::::::::::| |::::::::::::::::| |::::::::::: :| |:::::::::::::::://:::::::::::::// ̄ア7=- .| | |」|       i| | |
       | | |x≦'⌒〈∨_ ∧∨==::| |≠ニ¨| | ̄ ̄~| |¨¨¨¨¨¨| |¨¨¨¨¨| |冖¬=ァ'/─-- //__//::::::: :| |]¨| |ニ=-  _  |_| |
       |_/ <\。s≦ ∨:::∧∨:::::|_|_::::::| |:::::::::::::| |::::::::::::::::| |:::::::::::::| |:::::::::::://::::::::::: //:::::::| ̄| ̄|/| |/ | |-//_/`ヽ | |
______   | ̄ |xく\\::::∧∨_/ ̄MAZDA ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\___//_____,|  |  |/| |/_| |//::://::///\|
|   匚ニ|   |>- '' ” ̄    ZOOM-ZOOM                    \______二|  |  |二|二二_─=ニ/// 厶
|   匚ニ| / {            スタジアム                        \___|_|_|  |      ̄””¨¨““ |
|  ___|/__  '.            |三三| (( ))                           |   :| ̄ ̄””¨¨““ ''' 辷¬ーi|
|  | |   \ \=============ァ''"´ ̄ ̄ ̄¨゙||''マ=================ュ           | ̄| ̄|ニ|TニニTニTニTニTTニ|
|  |_|    \ \       イ二ニニニニニ||二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄≧≧≧≧≧≧≧≧.|  | | | ̄ |]|¨¨|¨¨|¨¨ニ|辷| | ̄
|_|_|]]]]]工工匚匚 ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|:::::::::::::|_|__||_|[][][][][][][][][][]|匚]| ̄|´ ̄i7´ ̄i7´ ̄i7´|´ |  | | |   | |  |  |   | ̄| |三
            ̄ ̄ ̄¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄_ -  ̄  洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲
幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵






                        ,-=;,
                       {__7!
                       〔_ラレ        ,、_,-‐y;
                        `y"l       rヲレへシ'"
                        iト-ヘ、      (_;フイ             r;_/iレソ
                         l  'ヽ      ル ||                し ン′
                           ヽ   ヽ     レ' ||!            人_フ
                          V  ヽ,    |   |.| r‐-、=‐-、    _/ /
                           ヽ   ヽ,  ト = }{i y=‐'~Y__ 〉  / /
                            `i 、,  ヽ, }- ルハjト'`_ント∠-r'"  シ´
                             V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                             V丶  |   リ >,    ( <_/ ,_
                              ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"<rn ゞミヽ
                               ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
                rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
               rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
               〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
               |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
               .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
                 ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
                }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
                Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
                .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
                 ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
                  V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
                  }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]



高橋がチームを追われて以降、1991年のリーグ優勝を最後に右肩下がりでチーム力が落ち込んでいき
長い低迷に喘いでいたカープだったが、
本拠地球場がMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島に変わった頃から徐々に地力が回復していき、
ついには2016年から2018年のシーズンには黄金時代にすら成しえなかったリーグ3連覇を達成。

568 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:00:38 ID:UbaNM0JY [328/337]

だが、それでもまだこのチームが黄金時代の頃の強さを越えたとまでは言えないだろう。
なぜなら、このチームは1984年以来の日本一を未だに果たせていないからである。



               l     l! / |  /ノ_ _,. ィ
           ト、|ヽ\ |レ' l |/  -`'‐-/    ,.
       _ ヽ、._i ヽ     , -‐-、=─'‐,=‐'_,//
       ヽ、``ヽ、`  ⌒ヽ     -、    ̄ ,  /
        ヽ、_ `=       ⌒-‐、  ‐-、 /
     、_z-‐`  ,r‐-  / ハ  ヽ ⌒ヽヽ ‐、 ヽ``フ
     ヽ、__,. ィ r  /  | ヽ l \ `\  ヽー、_ヽ、
         >‐ //|  | | !  ヾ丶. \  ヽ、i  \ ヽ!
      / ,  / |    ! |  、、 i lヽ  ``   、  ト、
      ///   | ! l_| |! | l | i,|l い|、 |、 \ゞ、\. !
     / /  ィ_, | !リ」_リメヘ.ト、 |l‐リ_[.リ_ゝ、ヾ`、‐ヽl      ご自慢の機動力とやらもこんなものかよ
       | /〈 ∧|| K゙lヘ::::>、l |ハ.| !ヘ::::ノ / /`'ヽiヽ
       レ /ハ 、.i.|リ. `ー‐  リ , ー一'" //' /         シーズン中のパの奴らの方がよっぽど歯ごたえがあったぜ
          ヽー i       l〉     /`' /
           `'¬、    、__,   /~li`′
              _.>,、   ー  , <\!ヽ
               };;;;;;;;ヽ`'‐- ィン;;;;;{` `
          __,,,.. -|;;;;;;;;;;;;`'''ー''";;;;;;;;;;ト 、
       , ‐'"  、‐''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;ァ``''ー、

             【  甲斐拓也  】



2016年から3年連続でセ・リーグを制覇はしたものの、
その後の日本シリーズやクライマックスシリーズでカープはことごとく敗退。

特に2018年の福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、
機動力を使った攻撃をホークス捕手の甲斐拓也に完膚なきまでに封じ込められ、
長い年月をかけてようやく復権させたと思われたカープ伝統の機動力野球も、
まだまだ改良の余地がある未熟なものだという事が図らずも露呈されてしまっていた。

569 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:01:00 ID:UbaNM0JY [329/337]

高橋は待っている。カープファンと一緒になって、今も待ち続けている。
かつて高橋等赤ヘル黄金時代戦士が高いレベルで実現していた『赤ヘル機動力野球』が真の意味で復活し、
カープがパ・リーグ王者をその機動力で打ち破り、再び日本一のチームになってくれるその日を。



                                  ト
                                  |∧
                      ____             |ニ-
               ⌒丈ニニニニ- _        ノニニ}
                    ̄ -ニニニ\     |ニ/
                  __,r/7ー‐=ニ\,rー{く_
                    ┌‐冖 、> /⌒>く/´ ̄⌒` 、
                ]≧=  | r/  /'/      丶 \
                    l≧=--| 7   //  i  、   i  ;、 :
                  `7*s。」 {   j/,   l ノ \ l: /ヽ ト
                   rv'  {(>′/|/ !   |//. ヽl/斗| ,ハ
                 /(    / /. ィ人  l_,,.斗、 ' ヒl !(
                     、 \  ア  ´ (ヘ \ 弋ノ    、 | ヽ     本当は私も選手と一緒に日本一を目指したいんだけど、
                   〈.ヘ /   /: : :∧ {      _ ∧l
                  /   / / :厶.ヘ '> .  ´ / |l| i    こればかりはどうにもできないもんね……
                 _ . :   / / /::::::〈ヘ i  /:: ̄〈 、ノl| |
            -‐  . ;    . : :/ x≠、:::::::::::`、l l  .' l::::::::::} l | |
      ィ´   . . : : :/  . : : :/ 〃   \::::::::::| |   |:::::::/ ハ: l|
   / ´ ̄/. : : : /. : : : /  /l        、:::::::l |::.、 l:::::/} |_.ノ} ノ!
  /   /'⌒ ̄//: : ィ:/   //l       \//:::::∨::/i∧|_-彡'
〃   {(    //: / //   // ハ    、  ///≧s。∨i/ ハ
{     乂   .' i: / {:'     ̄ |:i    |一 //  ⌒7乂_,/::::}
乂       l 人{         ノ」__  _j:、//(__)  {i:i:i/ 〉:::}
  ヽ       |'         / |::::::::::::::::::l /   (_j:i:/ /i}¨!
         l        r' 乂_::::::::::_ノ(__)   |/ /i/ │
                _/!    l  ̄ !     (__)/ /レ' │
                _.ィ´ ̄\\  l   |__)   , :/ / l  │
          ,≠:::::{    ヽ `¨¨l .  |---=彡/ / │  │



彼自身も今だ弛まず新しい挑戦を続けながらも、自分の願いが叶う日を、その時が来るまで待ち続けている――――

570 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:01:24 ID:UbaNM0JY [330/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       ――――昔々、あるところに色々な意味でとても不器用な野球選手がいました。
                                                           .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                                    ___
                        ___        ////
                         ////∧      ////
.                        〈//人/∧    ////
                             >-ー…‐-<
                        /         \
                       /    /    |l    ヽ
.                        /    /\   八     ;,
.                       ⌒7  /   )イ   \  ノ|
                         /イ /ノ      `ヽ | )イノ|
.                          レ|l ●   ● |  | |
                          小⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | |
                           | /⌒) __, イァ|   |
                           | /  /{  ノシ⌒ヽ i |
                           |{  {ヾ只シ__;  | i |



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       その選手は不器用であるがゆえに他の選手より野球が下手糞でしたし、
         不器用であるがゆえに、人間関係でしくじる事もありました。
                                                       .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

571 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:01:52 ID:UbaNM0JY [331/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       しかし、その選手は天賦の“努力する才能”を持ってました。
         彼はどれだけ単調な練習を繰り返しても全く飽きませんし、
           どれだけ過酷に体力を消耗する日々を続けてもまるでへこたれません。
                                                        .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                    lヽ
              - 、  レ' 1ヽ
              /    !   レ′
         / /7 /
           、_/ / /
                レ

            r‐ 、
               ̄ /ノ
                _//
                ̄

                                                  lヽ
                                                  - 、  レ' 1ヽ
                                            /    !   レ′
                                            / /7 /
                                              、_/ / /
                                              レ
                    lヽ
              - 、  レ' 1ヽ                             r‐ 、
              /    !   レ′                           ̄ /ノ
         / /7 /                                _//
           、_/ / /                                  ̄
                レ

            r‐ 、
               ̄ /ノ
                _//
                ̄



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       その取り柄を頼りに、彼は来る日も来る日も類稀なる量の努力を重ね、
         いつしか彼は他の選手よりも野球が上手になり、そして大輪の花を咲かせました。
                                                             .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

572 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:02:13 ID:UbaNM0JY [332/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       そして、プロ野球界のスターとなった彼の姿は、誰よりも輝いていました。
                                                           .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━


\                        __   .へ
.:.:.:\                     {_. イ:i: \/  ヾ:
.:.:.:.:.:.:ヽ                    /^{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\   vヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,                   /.i:i:i:i:i:i:i:i:i:、:i:i:i:i:i\  V:ヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\           { /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:ヽ:∧`∨∧
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       /{/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /^ヾ\ハ^ヾ V:ハ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≫..,_ _,.≠.:.:.:. .:. : i i:i:i:i:i:i:i/         \:{
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. : . i: :i:i:i:i:i:ii/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. . : .:i:i:i /;
'"^\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . .:. :.i/
    ` ≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . '′ . |\
\     ` ≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡....  | ./
.:. : .ー- ..,__ `ー-==≠      |/\
.:.:.:. .:. . : .≦ _                \∧
ー-=.:.:.:.:-=ニ三_                  / ∨V7                    i
  ̄ --==≦               |\/ /l/l/                    |
                         `7/           `.、          .i|
                          /′    />.          \、         i|
                           /    ./′/>.         \、     .|i|
  -----------------------------------../′..゙-----------...\ 、   .|i|
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────. \__/\...────.. \ 、 ,ノ し ’‐ ‐‐
──   ────‐‐───  ────    ` ̄ ̄ ゙̄‐ ─‐‐゙___) ≦⌒──‐‐─
──  ────  ‐ ─‐‐── ─── ──‐‐‐─ ‐... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^..──  ───‐‐
─────  ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       野球ができる喜び、野球が上手くなった喜び、
         カープの勝利に貢献できる喜び、多くの人に自分を見てもらえる喜び――――
           そういったたくさんの“喜び”を糧にして、
             彼は爽やかに、しなやかに、楽しんでグラウンドを駆け回りました。
                                                           .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

573 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:02:37 ID:UbaNM0JY [333/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       そして彼を見た野球ファン達は、誰もが彼に心を盗まれていきました。
         彼は自分が喜ぶだけでなく、
           彼を見る人々、何より広島カープファンの人々にもたくさんの喜びを与えました。
                                                                .┃
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                久 r≦八                          ':.:.>< ̄>:.:.:.:.\
                 乂.><´  `                         i//^\   \:.:.:}
                 _ 〔 ュ  i                          |/`  ⌒\   .マ'
                 ⌒`ヽ |  `                            | 符  符 l  |.|
                    ヽ   ヽ        、  _             |リ   l     l  |.|
                     ,     ,     /⌒^⌒\.          |ト  ( ̄)   l  '
        -----          |             / ≦ニ≧ .\__..    | \  ̄ /j ’  | --------
      /三三三三\.         |       ’-彡元<・><・>h≧=-⌒     |   ー  , -≦ ____ ≧- 
     /^      V≧=-     、       ,⌒ヽ 〈   |ノ ̄.        |    |   | / /―――――\ ヽ
   ァ´ | 近  近  Vハ Z     -ァ 、      |   l ワ /| ⌒ヽ_       | |-〈    | ,’ィ ,    /     ヽ/--≦ニ/ __
    〉 l  ⊂  、  レ’  / /  '   _    , 人≧=-=≦   人    /八 ,  , -≦.| /  /∨∨ , __\    | /ニニニ
    ⌒l  r彡  ) 「 ̄/   '          _ /≧____≦   ヽ ,    -≦    l  , x今 `  今 ヽ   lニニニ
    斗  、__   ,  '      |      / 乂__乂_ __       ' -≦       .|  | `´    `´  ∨、  `ヽニ
   \  ≧s _ s≦ '     |   |     ,  --::::::::::::::::::::::::::::く              /  / |   " - ┐  / 人   ハニ
/ ̄/ 、      ,       |         / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_  '        .人  '.   人  ヽ⌒ ノ  ー     リニ、_
⌒Y     ,      '     ,     /| `⌒:::::::::::::::::/\:::::::::::::::::〈  |      '  ヽ レ   \  ¨  /  レレ /ニ
/〉ム     ,―― ' ,    |  、.    |  l::::::::::⌒::/  ⌒、ヽ:::::::::'   、  / ---- `  、   ―    、  |ニニニニ
/^〉        ,  ,     |   \     | ー斗:::/ィュ、 , イユ  Y::::Ν /  ̄ 〕ニ/ ∨ ∨ニ=-> - <      ̄ ̄ ̄`ヽニ.
. /〉      ' / /.     |    \ ./    |:/|ゝ ノ ̄ゝ  ノ::hム '    / /  ,|,  ∨ γ   ___          |ニ.
、イ       "  ,.      |        |     |   ' -- ┐   ノ`'    '  '  .ハ.  ∨|   〈〈〈〈 ---- 、     |ニ.
/                     |        ∧.  人  .v⌒ソ 、<´ '    ,  |  | .|   ー…  ハ〉〉〉_     ̄ ̄ ̄ ̄/.
 /〉       /.        |         ,  < ≧  ̄ ≦  /     '   |  | .|  /∨ /  { }   |      、__'」.
 /       /.        |          ,   ヽ | 」 ̄L  |  /`― ミi    ヽ '  .∨/⌒i'   } |   .|      V ̄UU:
.,       /          |          γ  ̄  |     ./        マ        `/ .| x≦'  、 .Y^≧s。  ,   ,:



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       彼には人をときめかせるエネルギーがありました。
         スタイリッシュで朗らかで格好いい立ち居振る舞いも勿論でしたが、
           生意気でやんちゃで危なっかしいけど、その分どこまでも奔放で人間臭くてまっすぐな、
             そんな彼の損得に縛られない生き様も、独特の魅力となっていたのでしょう。

       例え2000本安打に届かなくても、彼は間違いなく皆の心のスーパースターでした。
                                                                 .┃
                 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

574 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:03:04 ID:UbaNM0JY [334/337]

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       誰よりも美しく、誰よりもカッコよく、誰よりも楽しそうに野球をした男。

       その名は高橋慶彦。
                                                       .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                            -===-  _
                         /ニニニニニニ-
                         /二二> 、ニニニニニ\
                         /ニ> ´ _  -====-<ニニ\
                   -‐〈_ ィ(_.。s≦ニニニニニニニニ-< >
                 /、+''"⌒ーヘ-==-─…   ⌒\ニニニニ\
                /≠          `寸:、 `、    \ニニニニ\
.               /'´  /l         \,  :,       \ニニニニ\
              /   / l   |l   l|    ヽ  ′       ̄⌒   一
.             / .イ  /\ l    | 、 |    、  :,
             ハi  l卞ミ 、  厂 \j   ! ト   、
               | l|:| ヒツ  \/卞ミ;リ   ハノ 、   \
               l从,〉 '     ヒツ/ _,/} \\    \
.               / 人        7 /-≦   ≧ミ .   丶
              // | .>、`´ _  .ィ /∨:::::::ー, く_\ニ> _
             /   W l:: ̄l ヽ // /::::::::::/   V-\ニニニ>  _ `
            ,: '     l{ l:::::::l  // /:::::::/     `、ニ\ニニ\   ‐-  _
.           / /     人 、::::.、 // /:::::::/       ノ\ニ\ニニ\    `丶 ` 、
          / /         \`/,/ /::_ イ \ \__ .ィ:::::::::}、ニニ\ニニ\      \ \
                     〃 ..ヘ/_7/_)l `⌒\::::::彡' \ニニヽニニニ}      \ \
         │ i|          l{ />ニィ´  │    ` ー‐=ミ Vニニ}ニ/        ヽ 丶
         │ |l          l|仁/´ハ    .            /、 i_//             i     :
           l{       /l|l /`7ニ!   O\        /  〉マニ\          │|   |
           \、       厶l|「  l二ノ O     \    /  /   }'::7ニ- _         │l   ;
                     lト、 l/ ⌒7=- _O_}__彡   /  /::/`::.、:::::::::7     ノイ ノ/
                   `>\ __ /(      ;      /  /:/:::::::::::\::/      ///
                   __`ヘ〈 〕〔/:.、\         / .ィ(:/:\::::::::::::/
                    └、ー' ´ j:::\:≧=--  --=≦(_).〈::::::::::::\::::/
                     >‐ ´.::::::/:::.ー....---┬=彡.::::::',::::::::::::::/
                    \:::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::::::::',::::::/
                      /`⌒ 〈=- _〈:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::〉´/
.                      /      ̄  > _::::l::::::::__彡 '" /
                     イ         /    厂⌒      /
                   /:乂     /    ,'       /
.                   ∧::::::::....--/     ,′     /
                   /、  --=彡'        ∧       /



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ┃
       あの頃の彼の勇姿は、日本に広島の街とカープという球団がある限り――――

       ――――ずっと、色あせる事はないでしょう。
                                                          .┃
       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

                    みんなでプロ野球12球団紹介スレ 

                        高橋慶彦物語   完 

            ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

575 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 15:23:59 ID:UbaNM0JY [335/337]

以上で全て投下終了です。いやはや長かった……

以下あとがき。
この『高橋慶彦物語』ですが、彼をテーマでやってみたいという発想自体はまだこのスレに活気があった頃から持ってましたが、
如何せん高橋氏を取り上げる以上は、苦難の部分だけでなくそれ以前の華々しい成功とそこに至るまでの部分も
きちんとやり切らないと失礼になると思ったので、全て書くと投下量が1回で投下するには多すぎる量になりそうという事と、
私がスレを知った頃には別の作者様による『高橋慶彦物語』が既にあったので、
(泳ぐやる夫シアター様収録「みんなでプロ野球12球団紹介スレその29 やる夫で学ぶ広島東洋カープ第六回番外編その1」)
作ったらそれの二番煎じ呼ばわりされて叩かれそうという恐怖があった事、
主にその2点が要因で当時は実際に書き始める事はありませんでした。

ですがあれから時が流れ、皮肉にもこのスレ自体が過疎化する一方で
私の方は近頃になって浩二マリオとか阿南あかりとか、これいいなと思うキャスティングを次々と思いついてしまい、
いつしかスレに投下とか以前に私自身が物語を見てみたいという感情が日増しに募ったので、
とりあえず本格的に資料を集めて自分で話を作ってみた上で、ついでにこのスレにも投下する事にした次第です。

主役のキャスティングは正直悩みましたが、
まず足が速くスピードがあるというのが大前提で、それに自分なりに解釈した高橋氏の性格や孤独感、
そして何より当時の野球選手の中では斬新だったしなやかでスタイリッシュで、スレンダーな風貌と
他の選手にはない天性の華々しさ、かつ誰よりも楽しそうに走り回る姿を表現したかったので彼女を選びました。
作成当初は意外と「やる夫スレ向きの」AAが少なくて困りましたが、
使い慣れていく内に思った以上に彼女のキャラが高橋氏のキャラにしっくりくる感じがしたので、
◆GqgSsEltUc様のようなキャスティングが好きな方々にはご不満かもしれませんが、個人的には割と満足してます。

以上、あとがきでした。



578 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 20:04:34 ID:TIUnQX/o

おつー

プロに大事なのは野球の実力なのは事実だけど、コミュ力も大事よね。
知らない選手だった事もあって楽しく読めました



579 名前:尋常な名無しさん [sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:42:14 ID:gZGM.0Ko





関連記事

やる夫短編作品 ランダム記事表示(※試運転)

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 18:16 |コメント(0)
カテゴリータグ:スポーツ・武道・格闘系 スポーツ・武道・格闘系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系(2020) 歴史・民話・事件・逸話系 2020

|

<< スマホでやる夫スレ!(※当然PCでも作れます) | HOME | ~秋の憂鬱~    高橋慶彦物語 第二部  >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV