やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2021/04/01(木) 【坂口安吾】 白 痴 

カテゴリータグ:兵◆HEY/0km.w6氏の短編集 小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2008) 2008 モララーのビデオ棚

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション



560 名前:1/34 兵 ◆HEY/0km.w6[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 00:56:33 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      \   |   /
  隣人は、気違いであった。          ∧_∧ アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
_____________       ⊂(  ゚∀゚∩ アッヒャヒャヒャ爆撃ズドズド
                        (( (⌒ヽ、 ノ  パンパンパン機銃
                         :  フー,_)  ))
.:         ... :.    .::::   :: ::.... .:::  :...( ...)      :::..    ... ..   ..::::       .  ... :. .   :::::: ::....
..: .:::..       .. . :. .::.. . (_@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@(◎).::::. ... :. .  :::::: ::.... .:
...  . ...        ... . ::..:.. ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ, ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ ノ ̄ノ ̄ノ  ̄ノ  \ゝ_....::::.        ... :
  .. :.      :.. ...::: ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄:::.. ... . . ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ 二  \ゝ_..::::. ... :. .  :::::: ::...
:::::     .... .::::....  .ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ   ───  \ゝ..        ... :. .
        ..:::.   @==@==@==.┌┬┐==@==@==@==@==@==@| | ̄|==@=='           `i〉  .   :
 ...:::::... ...: :..  .. .::::..... ...  I _i  I|::││ __ . ||  __   |l  | |  |    |      .. ....::::. ... :. .  :::::: ::.... .:
  .   ..  .   .  . |   I__i_I|::││ [ I I I I] || [ I I I I ] . |l  | |  .... ...:.: ... .. .  :.. ... .   ...:i::::... ...: :..  .. .::::...
             |        |::││  ̄ ̄ . ||    ̄ ̄  |l  | |  |    |            |
.:: :..    ... ....::::. ... :. ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ. |_|_| ̄ノ ̄ノ            . . .  .  .
          ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ |         ... .  ..|.:::::... ...: :..  .. .::::...
...       .. .. .@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@===@=' .|            |
           |i l|二二二二|i l|\__________\ |i l|     :|   _____   :| .. .. . .    ....
  ::    ::.... .::::....  .... ̄ ゙̄l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll||||  ゛ | l || |i l|     :|   || ̄|| ̄|| ̄||  :|
 . .     . .   |i l||      l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll|||  |   i|l || |i l|     :|   ||_||_||_||  :|. .    .   .  .
           |i l||      l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll||| |  |i  l || |i l|     :|   | |   ̄ ̄| |  :|
           |i l||      l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll|||i | | ii  l|| |i l|:     |   | |      | |  :|
           |i l|l、__,、_,,,,l;|i l|l i | |l_ll_ll_ll|||| |   | ゛|| |i l|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |i l|二二二二|i l|l i | ||  ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ || |i l|   笑いたいときにゲタゲタ笑い
           |i l| | i l;l i| ; ; |i l|l i | ||_____||_____|| |i l|
           l;;;;|────l;;;;|;;[二二二二二二二二二二二]|i_l|   演説したいときに演説をし、
  ε⌒ ヘ⌒ヽフ                               ________________
 (   ( ; ・ω・) =3 "・;   。゚  ・,;,..  ⊆⊇;..
  しー し─J  #'';゛。 :;#.、 ・ ゞ;;:;。
         ブッブッ    ’’% 、
     。・               ・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  豚小屋の残飯をぶちまけたりする。
_________________

561 名前:2/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 00:57:09 ID:FW32fHq60


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  気違いの女房は、白痴であった。
________________
| |l|_ト!: .: .: .: .: :.:|  | |l   ||iii|l i| |l: .||: .|i__|__i| ||: .|i__|__i| ||: .: .|..__||____________
| |l|  レ!: .: .: .: .:.:::|  | |l   ||iii|l i| |l: .||.________||.________||._.|_||
| |l ニニi!: .: .: .: .: : |  | |l   ||iii|l i| |l,-||ェェェェェェ::||ェェェェェェ::||:ェェェェz||
| |l /三ヽ: .: .: .:.::.:|  | |l   ||iii|l,ィ ソ!l,イ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
| |l{三三}: .: .: .: : .|  | |l   ,ィ彡!l,イ/L   .,,, ..,.,.,   ,,.
| lヽ三ノ三三三三E| |l 彡, イ  |__L/  .,,, ..,.,.,   ,,..,,, ..,.,.,   ,,.
冖冖冖冖冖冖冖っ´          ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  .,,, ..,.,.,   ,,.
       ∧∧ っ          (・д・  ) < おや、こんばんは。 |
      (::.;゚ -゚) …??        ( ヽy/ i)  \________/
      ハ∨/^ヽ  ンー        L_ノ∽ヾ_l
     ノ::[二く.:;;ノ'、         (__)__)
     `-|:ノ.,;;,.,,ゝ
      'ー-― ` ))

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  モゴモゴと意味の解らぬ言葉を呟き、

  よく怯えていた。

__________________
562 名前:3/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 00:57:36 ID:FW32fHq60


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  俺の情熱は死んでいた。
_____________

       ガラッ
      .|;. |      ||  ||  ||
     . | .:|      ||==||==||==
    . . .|. i|    三;;||_||_||_
  . .:.:.::|;. |.:;:∧_∧,;|| ̄|| ̄|| ̄
 . . .:.:::::|l i|::(:::.・д・)||==||==||==
. . .:.:::::::::! .,! ( ヽy/.;_iつ:||_||_
.:.:.::::::::::::| ;i| Lノ∽ゞ_l.|| ̄|| ̄|| ̄
:::::::::::::::::| | (__(__;||二二二二二......
:::::::::::::::::::::          .:.::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::      .::::::::::      .:.:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::      .:.::::::::. .     .:.::::::::::::::::::::::::::::::
563 名前:4/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 00:58:08 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  明日の東京は廃墟になろうとしている。
___________________
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /====================
   / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  ||;.
  ;/ / (__.,,);;.# l  il     ;;,
  /  /~'ヽ、__∧_∧ |l
   /l ;.;    (:::::::-д)|   #,
   / ヽ  ::;;  /_iヽy/ ) i|        、;;
   ー―\_,' (_iつ _)|l
      ノ  ノ
      `ー´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  この戦争はいったいどうなるのであろう。
____________________

564 名前:5/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 00:58:29 ID:FW32fHq60











              白       痴










                               原作:坂口安吾




アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友



565 名前:6/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 00:59:04 ID:FW32fHq60


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ある晩、帰宅すると、万年床の姿がなかった。
______________________
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /====================
   /           |l
  ;/      ;;,   .  li    '#,,  ∧_∧
  /             ||      (д・  ;) ?
           #,   |i ..;;     (_ヽy/ _)
         、;;            Li∽ヾ__il
                      (__(__)
566 名前:7/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 00:59:33 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  訝りながら押入れをあけると、

  積み重ねた布団の上に白痴の女が隠れていた。
________________________
            |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:...   | | | #;
            |:|.:.:.:.:...      | | |
            |:|_______,| | |.;:
            |:|______ヽ| |   ,;
  ==========|:|ー‐――――┬ | |
 ※※※※◎ |:|   ∧∧.;  :.| | |
 ※※※※※ |:|⌒iつ;゚ -゚)―-、:::| |
 ※※※※※ |:|二二二二二ニ) | |
 ※※※※※ |:|二二二∧_∧)、| |
              (u    )
              /´ ̄| ̄ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  しばらくの間、おどおどと俺の顔を伺っていたが、

  怒らぬことを知ると、呆れるくらい落ち着いてしまった。
_________________________

567 名前:8/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:00:14 ID:FW32fHq60

     ┌―――――――――――――――――
     | いったいなぜ、ここにいるんですか?
     └―――――――v―――――――――
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /====================
   /           |l∧_∧     ∧∧ コスリマシタ
  ;/      ;;,   .  l(; ・д・)    (- ゚::::) スリムキマシタ
  /             |(_iヾy/ )     (V/U
           #,   |iゝ_iつとi_)   (_ヾ___iつ
         、;;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  女は、どこかにひっかけたらしいかすり傷を、しきりに気にしている。
_______________________________

568 名前:9/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:00:43 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  気違いを叩き起こして怯える女を返すというのもやりにくく、

  さりとて泊めることがいかなる誤解を生み出すか想像もつかない。
______________________________

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       | わたし、痛いの。  |
       \__  ____/
            |/

        l\_/i      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       / 。  。ヽ   < さっきも痛かったの。  |
        '、_*  -  ノ     \_______   /
       ./ ヽ∨/ \               /    ̄ ̄ ̄ ̄\
      ∧   〉/   ∧              | 今も、痛むの。  |
      |  、 //   / |               \______/
      l   Y二二Y   l
      〉   \_/   〈
     / \∠と_ヽ/ \-、
    〈   /´     ヽ  ノ
     ゙‐-ヘ.____ノ-‐'′
569 名前:10/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:01:07 ID:FW32fHq60


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  しかし、無感動な生活に対する好奇心と刺激の魅力に惹かれた。
_______________________________
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /====================
   /           |l∧_∧     ∧∧
  ;/      ;;,   .  l(  -∀-)    (- ゚::::) イタムノ。
  /             (__iヾy/ _)    (V/U
           #,    ゝ_iつとi_)    (_ヾ___iつ
         、;;

570 名前:11/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:01:31 ID:FW32fHq60


     ┌――――――――――――――――――――
     | 仕方がない、どうぞ泊まっていってください。
     | 俺は明日も仕事だから、もう寝ることにしよう
     └―――――――v―――――――――――――
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /====================
   /           |l∧_∧     ∧∧
  ;/      ;;,   .  l(  ・∀・)    (- ゚::::) ゴメンナサイネ。
  /              (_iヾy/ iつ    (V/U
           #,    ゝ_iつとi_)    (_ヾ___iつ
         、;;

571 名前:12/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:02:05 ID:FW32fHq60

.......................
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................................



    寝床をふたつ敷き、女を寝かせ、


    電灯を消して1、2分もした頃……



ゴソゴソ
              ゴソ…
                           ........................
    ...........................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | んん………どうしたんだい、  |
  \____________/


572 名前:13/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:02:30 ID:FW32fHq60





 ┌――――――――――――――――――――
 | 心配なのか。あなたの身体に触れるような
 | ことは絶対にしないから、安心して眠りなさい
 └――――v―――――――――――――――
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||   ∧∧
     /=================(゚- ゚::::)===
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||;. l ̄ ̄ ̄ ̄ /ヾVと) ブツブツ…
  ;/ / (_(:; -д・) |;;.# l | (_   )(_ / )
  /  /~ーU--―-l |  i| ll\_   ,-‐丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    `ー'    ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''
573 名前:14/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:02:50 ID:FW32fHq60



 ┌―――――――――
 | じゃあ、おやすみ。
 └――――v――――
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /====================
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||; l ̄ ∧∧ ̄\ ゴソゴソ
  ;/ / (_(-д-::::) |;;.# l  | ((::゚ -゚:)_) 丶
  /  /~ーU--―-l |  i| ll`ー~(ノー‐-丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    .''      ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#     ;ヽ
   `==========!'   `========≠=="

574 名前:15/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:03:25 ID:FW32fHq60




      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /====================
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||; l ̄ ∧∧ ̄\ ……
  ;/zzz...(_(д-::::::) |;;.#l  | ((゚- ゚:::)_) 丶
  /  /~ーU--―-l |  i| ll`ー~(ノー‐-丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    .''      ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#     ;ヽ
   `==========!'   `========≠=="

575 名前:16/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:04:20 ID:FW32fHq60




.......................
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................................



                    ミシッ…



                       ゴソゴソ
              ゴソ…
                           ........................
    ...........................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





576 名前:17/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:04:43 ID:FW32fHq60


      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||     ∧∧
     /====================(:::゚ -゚)===
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||;. l ̄ ̄ ̄ ̄(( /_フつ
  ;/ / (_(:;・д-) |;;.# l | (_   )とi_ノ_)
  /  /~ーU--―-l |  i| ll\_   ,-‐丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    `ー'    ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  女は、寝床にもぐっては起き上がり、うずくまって、

  呟くことを繰り返した。腹が立つほど執拗に。
________________________

577 名前:18/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:05:08 ID:FW32fHq60


 ┌―――――――――――――――――――――――
 | おい、きみ。いい加減にしてくれ。侮辱も甚だしい、
 | 信用できない家へなぜ逃げ込んでくるのですか。
 └――――v――――――――――――――――――
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||  ∧∧
     /================(゚- ゚::::)===
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||;. l ̄ ̄ ̄ ̄ /ヾV )
  ;/ / (_(:# ・∀・) |;;.# l | (_   )(_ / )
  /  /~ーU--―-l |  i| ll\_   ,-‐丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    `ー'    ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''

         ┌――――――――――ヘ――――――――――――
         | ……ワタシはここへこなければよかったでも帰れない
         | なぜなら帰るところがないからです。ここへきたから
         └―――――――――――――――――――――――

578 名前:19/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:05:32 ID:FW32fHq60

 ┌――――――――――――――――――――――――
 | だから、ここで安心して一夜を過ごせばいいでしょう。
 └――――v―――――――――――――――――――
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||  ∧∧
     /================(゚- ゚::::)===
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||;. l ̄ ̄ ̄ ̄ /ヾV )
  ;/ / (_(:# ・∀・) |;;.# l | (_   )(_ / )
  /  /~ーU--―-l |  i| ll\_   ,-‐丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    `ー'    ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''

         ┌――――――――――ヘ――――――――――――
         | ……来なければ良かった……ワタシは帰れない
         | あなたは、ブツブツ……わからなかった違うとおもった
         └―――――――――――――――――――――――
 ┌―――ヘ――――――――――――――――――
 | ……何です?嫌ならどこか他へ行けば良いことだ
 └――――――――――――――――――――――

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  意志の疎通もままならないと思うと馬鹿馬鹿しくなって、

  女の横っ面を殴りつけてさっさと眠る方がいい気がしてきた

_____________________________

579 名前:20/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:05:55 ID:FW32fHq60





     l丶        /l
     |  \      /  |
     |   \ー-'    |
    /          |
   /             ヽ
   l   O       O  l   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    |               l   | 私はあなたに嫌われていますもの   |
   ` 、      -=‐     ,   < そんなことはないと思っていたのに。  |
     `>ー、     - ‐ '     | 嫌われているとは思わなかった     .|
    /\ \\  // /ヽ    \_______________/
   /   \ \\// /
  /      \ // /
580 名前:21/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:06:21 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ―――俺は、初めて了解した。

  女は、恐れていたのではなかった。
___________________

      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||  ∧∧
     /================(::::゙ -゙)===
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||;. l ̄ ̄ ̄ ̄ /ヾV )
  ;/ / (_(; ・∀・) |;;.# l | (_   )(_ / )
  /  /~ーU--―-l |  i| ll\_   ,-‐丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    `ー'    ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  床についても俺の手が女に触れないため、

  嫌われた自覚の恥辱と自卑に布団を抜け出していたのだ。
___________________________

581 名前:22/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:06:55 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  この捉えがたい小さな愛情と、幼く素直な心。

  私はあなたを嫌っているのではない、と伝えようとも思ったが
______________________________
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||  ∧∧
     /================(::::゚ -゚)===
   / / ̄ ∧_∧ ̄l  ||;. l ̄ ̄ ̄ ̄ /ヾV )
  ;/ / (_(  -∀-) |;;.# l | (_   )(_ / )
  /  /~ーU--―-l |  i| ll\_   ,-‐丶
   / ;.;     #,  |i  l| |i    `ー'    ヽ
   / ヽ  ::;;      l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 いったい言葉が何物であろうか。何ほどの値打があるのだろうか。
______________________________

582 名前:23/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:07:24 ID:FW32fHq60


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 俺は「女」が欲しかった。しかし、女は鍋だの米だの子供だのを付属し、

 生活自体が道ばたの馬糞のようにグチャグチャに踏みしだかれていく。
________________________________
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /================∧_∧====
   / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  ||;. l ̄ ̄∧と(∀・  ) ヨシヨシ
  ;/ / (_    _) |;;.#l  |  (_(*゚ -゚)ヾy/  ヽ
  /  /~ー---、  l  i|  llー~--(ノ‐(_(__iiつ
   / ;.;     ゝ__ |i  l| |i         ヽ
   / ヽ  ::;     `l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 この白痴の女は米を炊くことも知らず、喋ることすら自由ではないのだ。

 まるで俺のために造られた悲しい人形のようではないか。
________________________________


583 名前:24/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:07:55 ID:FW32fHq60



.......................
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................................


   女の寝息を聞いていたら、慟哭したい気持ちになった。

 それでも、すべてが虚妄のように感じられた。

::::::::::::.............

           もしこの街に焼夷弾のふりそそぐ夜がきたら……

                                            ........................
                     ...........................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


584 名前:25/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:08:26 ID:FW32fHq60


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 驚くほど長く短い一夜だった。空が白み始め、夜が明けてもなお

 俺はただひたすらに、女の頭をなで続けていたのであった。
_____________________________
      |   __________  ;;.
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||
      |    ||        |||        ||   ; .,
      |    ||____|||____||
      |    ||◎※※※|||※※※◎||,
      |    ||※※※※|||※※※※||#;,.
      |    ||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※||
     /================∧_∧====
   / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  ||;. l ̄ ̄∧と(д:::::::::)
  ;/ / (_    _) |;;.#l zzz...(_(:::゙ -゙)ヾy/  ヽ
  /  /~ー---、  l  i|  llー~--(ノ‐(_(__iiつ
   / ;.;     ゝ__ |i  l| |i         ヽ
   / ヽ  ::;     `l|  i、|l    ,;#   ;ヽ
   `==========!'   `========≠=''


585 名前:26/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:08:57 ID:FW32fHq60





――――――――――――


     その日から生活に白痴の女が加わった。しかし、部屋の隅にいるだけで


            俺も俺で外に出てしまえば女のことなど特に思い出しもしなかった。
   

                                            ――――――――――――





586 名前:27/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:09:34 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そんな生活が数ヶ月続いたが、ついに空襲がきた。

 俺はそこで初めて、虚空をつかむ女の顔を見た。
_________________________
            |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:...   | | | #;
            |:|.:.:.:.:...      | | |    ・、        ドドンッ!
            |:|_______,| | |.;:     ,,_人     
            |:|______ヽ| | }}   ,;   >        ザザザッ
  ==========|:|ー‐――――┬ | |         \ヾ
 ※※※※◎ |:|∧∧ ∧_∧;; | | }}
 ※※※※※ |:|::゚ -゚') (д・ ; );。| |    |l
 ※※※※※ |:|つV/´`ー(ノ-'`ヾ |     ゚ 
 ※※※※※ |:| ノ,,( :;      ;# ヽ ユサユサ
 ===============`ー、  .;     / }}
    {{  #;  il      ゝ     ノ
         |l      `ー-― '
          

587 名前:28/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:10:07 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 叫びも呻きもなく、表情もない。俺をも意識してはいなかった。
_____________________________
            ,
           / l
            /  | }}
  ;,        /    |
 ____, /    ー、
 \            ヽ }}
   \/::.         O l }}  
    l:::::.  O       |     
     |:::::..      _   / }}   
    `、:::::.....    ´  / }}  
    /`ー      //、_      
   /\ \\   // / ヽ}}    
  /    \ \ \// /   丶
,:/     \  // /      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 これほどに盲目的な、無自覚な、絶対の孤独が有り得ようか。

 理知も抵抗もない苦悶は、犬が大笑いするのと同様に醜怪なものだった。
_________________________________

588 名前:29/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:10:48 ID:FW32fHq60


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 爆撃が終わり、外へ出てみると焼き鳥のような死体がいくつも転がっていた。

 火の波がじわりじわりと迫り始め、皆、どこかへ逃げようとしている。
_________________________________
                                            ,'
               (:. ,                           ,ノ (,
                  :从,)ノ':.:                        ( ,;. ,:ノ :《ヘ
              ┌个┐| | .:_|___.           /⌒)         |_.' |.::.:..:.ヾ-=  人
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::| (:. ,:. 
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__. |`7'..:/´    rr┴' | |.:.::.:.:: : : :_/:从,)ノ':.:
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.. |/...::::)::7 ─]:]:.: : | | :.:: ::..::.::.:从ヾ;. '',人    /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工]          。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!┘                         .',    ルヘ: ∧∧
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~ ,,、∧          .&,,     ∧_∧    从, パチパチ…   (;゚Д゚) ヒー!!
: :|ェ|_|::|/<>。           (:::::#U::,@#つ      .、 .   (:::::・∀・)   ヾ;,.)      .   (_iつyつ
: :レ|[:::《   '     、}il|                '  (:::д::}   ( ヽy/ i)  (::::;;;;゛と;;;@つ 三~(_iつ/  .
_〈l〈V\|コ                            と;::::::,,:@ ∧∧L_ノ∽ヾ_l          、     (ノ
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´ /ノ        //#'       `と;;/ (::゚ -゚)(__)_ノ
: :|ェレ                                /ヽ∨ヽ
/                                ∠i [二]ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 俺は女を殺しはしないが―――戦争は女を殺すだろうか。

 それでも、土から作られた人形が土にかえるだけだ。
___________________________

589 名前:30/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:11:22 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ところどころ火のついた家屋が夜空を明るく照らしていた。

 群集の中に気違いの隣人を見つけたが、白痴の妻には気付いていない。
________________________________


     パチパチ…   ,'                 
\            从;          
\\         人 ::;          
.、 .\\       );;,.人;;.                   
 \, \\_,__,__,__,_(;:{ ;;;从                    
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::,
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:.......アヒャヒャ
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|:::::,、,、
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::∧∧∩
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l:::::::::::::∧∧ ) )
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::(__;)')∧∧ ニゲロオォォ
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::  /∩_∩  )
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/'':::::::::: :∧_∧; ゚д) ̄iつ
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l/ ∧_∧  (∧∧ )∧∧iつ
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/(; ・д・)::::::(゚- ゚::::):::(;  n ウワァ
ミg、::ロ´r-、':::|_::::::: |/`::::( ヽy/ iつとゝ___)::::::''::::::              
ミoミ/ ̄ ̄/]::::::::::::::...:::/_ノ∽ヾ_l   ヽ_二]           
 ┌―――――――――ヘ――――――――――――
 | 怖がるな。そして俺から離れるな。わかったね?
 └―――――――――――――――――――――

590 名前:31/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:11:58 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 俺は集団の流れに訣別し、女の手をひいて走った。
_______________________


       ┌――――――――――――――――――――――――
       | わたし疲れた。ねむいの。足が痛いの、ねむりたい。
       └――――――――v―――――――――――――――
   ┌―――――――――――――
   | それなら、向こうで少し休もう。
   └――――v―――――――――

   ゙゙ """  ,,,.   ・"゙         ゙;,, "゙゙ ,,.,lルw,,. ..,,. ""゙゙ ,,,_
    "  ,゙゙   .,vi,, "           ゙,  "" ゙゙゙゙゙ ''' ""' ,,, ""゙
  ,,_  ^゙゙`  ,,,i,. ,"  ,           "、  ",wノ ,,""   ゙ ゙""
"" ,,ノv_,, ゙゙` @ ,゙.     '      .    `,,l ""゙゙ ,, wlレ,,.. ゙゙゙^゙~ ,,.、
 ,,,  ,,,. "" ヾノゞ゙        ∧∧       " ,.., ゙゙゙ """,,,.  il,,.. ゙゙ "
  "^゙゙  ,,wイv,,.  ∧_∧  (゚- ゚:::) .    , . ゙゙、、,."  ゙・ ゙ ,,,., ゙゙`
,,,vレvi,,.. " ,.    (::・д・:::)(ノゞy/^ヽ       . " ,,.i  "゙^゙ ,. " ,,.,il,.
 ,,.゙゙゙"` ,,.゙    , (_iつy/^iつ [二ヽ_,,)       、",,,゙゙  ,,.,   ~゙゙: ;,,.,
`゙゙゙ ,,.,""       ヽノ∽ヾ_l  l_/ l        ,(,,..,  ,,., ,iy,,,.., """゙゙
 ,,゙゙"i!,.'        `ー'(_)    ̄           ,    " ,,;.,・ ゙゙゙""" 
 "",゙                            ,"  ゙ ,,.゙ .,,..,,i,.l. ゙`゙
,.,vw,,       .            ,         ゙;,  "^ ・,,. ""゙ ,
,""     ,                            ,, " ゙゙ ,!,,,""`
"  ,.                              ,,`  "",,.w,,.゙
591 名前:32/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:12:27 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今眠れるのは死んだ人間とこの女くらいのものだろう。

 微かに、いびき声が聞こえた。それは豚の鳴き声によく似ていた。
______________________________
:::::::::....................
:::::::
.......

                   
    .|;;;;..:;;;::゙                             
    |.ii゙:;''゙;.;::;:                             
   ,〈゙i゙゙゙, ; ii::゙,; ,.゙|从  ∧_∧.__
  ;:.ノヘヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw ~(:::::・∀・)    ''""''   '''""'',,,,-‐'゛~~
        ゙゙''   vi(iヾ y/ i) ∧∧ ンゴ…     
 Mw M从    ,.,vw _(_ノ∽ヾ_)、 (゙- ゙:::)  'ヾ',._  ゙゙''        
         ,,、-‐'' " `ー-‐´ とi  ヽ    "'' ‐-、,,    '
 ,,.、 '''""'' _、-'   ''‐、,,    ゙゙'';:;.:.(. ̄` \ 
    _、-'             ,;;iルゝー-‐-` ,.. '゛``
 ,,.、,,、''            ''、,,   ..   ,,,,-‐'゛..,. ,
 、-'                
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 まったくこの女自体、豚そのものと大差ない。
____________________

592 名前:33/34[sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:12:58 ID:FW32fHq60

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 女を捨てて立去ろうとも思ったが、それすら面倒くさかった。
___________________________
    .|;;;;..:;;;::゙                             
    |.ii゙:;''゙;.;::;:                             
   ,〈゙i゙゙゙, ; ii::゙,; ,.゙|从  ∧_∧.__
  ;:.ノヘヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw ~(∀-:::::::)    ''""''   '''""'',,,,-‐'゛~~
        ゙゙''   vi(iヾ y/ i) ∧∧ ング…     
 Mw M从    ,.,vw _(_ノ∽ヾ_)、 (゙- ゙:::)  'ヾ',._  ゙゙''        
         ,,、-‐'' " `ー-‐´ とi  ヽ    "'' ‐-、,,    '
 ,,.、 '''""'' _、-'   ''‐、,,    ゙゙'';:;.:.(. ̄` \ 
    _、-'             ,;;iルゝー-‐-` ,.. '゛``
 ,,.、,,、''            ''、,,   ..   ,,,,-‐'゛..,. ,

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 紙屑を捨てるにも、捨てるだけの張り合いがあるだろう。

 俺はこの女に微塵の愛情もなかったし、未練もなかったが、捨てる張合いもなかった。
_____________________________________
:::::::::....................
:::::::
.......
593 名前:34/34[sage 春の海 ひねもすのたり どうでもよい] 投稿日: 2008/03/13(木) 01:13:56 ID:FW32fHq60
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ―――明け方の空気はあまりに冷たい。
 
 朝になれば、俺と俺の隣で眠る女に、太陽の光が降り注ぐだろうか。
_______________________________
       "';,. :.: .:
   ` ,,,. ,., ' ,. . :. .: .   . . :.: ...   : .: .
'""''''';:;:;,., ::,. . :. ...::: ..::.. ::...':::::..... 
::::::::.....: .. : ,´.   .. ......:..:.:::::::::.:.:.: .: .:: ...:;'. :. :. .. .  :
:::::::.:: .: ..::::.:.:.: .: .:: ...:;'. :. :. .. .  : . :. .. :..:.:..::::::::::::.., . . .   ...::::::
::::::::::::.: ..: : .: .. :  ;, .: .. .  ...: ::: .. .::::. : :: :::::... ..... :. :.: .:. .
::::::.......: ..: :': :.. :. :......:::::::..:.: :.: ::.';:,:,.: :,,; , ,; ;'...:..:. :. .... . :;,; ,;.:. .,:;
::::::.::::. ::.. :..:. ... ... .: .. :  ;, .: .. .::::.:.:.: .: .:: ...:: :: :::::... ..... :. :.: .:. .
";,..:::.:.:::.:.;,.,.;, ;. :. :,: .: . ;. :. . .;.. .."''';:;:,.,.,.._,    . :.: . :.: .:. :. :. .: .     :
.:. :.: .:., :,, "''';,;;;、:::::...:.:.:,;, :. :. .. . :, :.: . ;. :. :. :. . . . .   "'' , ;, ;,, , , ;,, : .: .:.:.:
.. , ;:,; ,.;,:;,,..:..: .:. :.: . .: .:."'''',;'. :.";,.. :. :. , . .:. . : "'';:,.,.,._ . .   . . . . . : :'";,: , ;. .
           ....,,_,,,...;:;::''""''''"'.:.:.:.: .: .:: ...:
,.,;:;:;:;:;'''"""""" """"""''''';:;:;,.,_,.  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""::::.:.:.: .: .:: ...:
";;;,.. :::;,;'"';,,.;. :. :;.; :.:. .:;. ... .:.:.: .: .:: ...:;'. :. :. .. .  : . :. .. :..:.:..::::::::::::.., . . . .: .: .: . .. . . .: .:. :. . . .. .
             ゙゙"''゙;:,...::::::.:. :.: ::,;..:.:.. .:. :. . . :.: .: . .. .:.:.: .:< 完 >


594 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 02:03:10 ID:I3tXh6Qg0

乙。



595 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 07:56:07 ID:o3Yzprjo0

焼夷弾怖いよ焼夷弾



596 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 10:31:27 ID:m0FRK9DF0





597 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 11:08:38 ID:x2PSFJlu0

兵っちは時々こういう真面目な話を書くから困る

GJ



598 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 19:58:01 ID:lpeVlCnq0

GJ


599 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/13(木) 20:05:54 ID:KA4sfrkk0

なんてシリアス



600 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/14(金) 10:33:34 ID:DSEsBi6B0

しかし、この話が何を言いたいか分からないから困る



601 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん[sage] 投稿日:2008/03/14(金) 19:19:26 ID:67F+zp5z0

原作読んでも分からないぞ。映画化したらしいが



関連記事
ランダムジャンプ

| 00:00 |コメント(7)
カテゴリータグ:兵◆HEY/0km.w6氏の短編集 小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2008) 2008 モララーのビデオ棚

|

<< バレンタインチョコ受け渡し短編:アグリッパ | HOME | (夜の)サトゥルヌス >>

■御感想or寝言

16304 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/04(木) 09:03:40 ID:-

池沼のオンナノコが部屋に転がり込んでくる
テンプレだよな



16319 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/04(木) 14:30:33 ID:-

え?終わり?



16340 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/04(木) 21:08:17 ID:-

言葉では詳しく言い表せないが、ただただ切ない。



16351 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/04(木) 22:18:25 ID:-

「これほどに盲目的な、無自覚な、絶対の孤独が有り得ようか。」
この一文が全てじゃねえか?



16352 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/04(木) 22:52:21 ID:-

「死ぬ時は、こうして、二人いっしょだよ。
怖れるな。そして、俺から離れるな。
火も爆弾も忘れて、俺たち二人の一生の道はな、いつもこの道なのだよ。
この道をただまっすぐ見つめて、俺の肩にすがりついてくるがいい。わかったね」
女はごくんとうなずいた。
そのうなずきは稚拙であったが、伊沢は感動のために狂いそうになるのであった。
ああ、長い長い幾たびか恐怖の時間、夜昼の爆撃の下において、
女が表した始めての意志であり、ただ一度の答えであった。
そのいじらしさに伊沢は逆上しそうであった。
今こそ人間を抱きしめており、その抱きしめている人間に、無限の誇りをもつのであった。



16359 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/05(金) 00:17:40 ID:-

>30540
さすが、矢吹ジョーの髪型のために毎朝ハードスプレー2缶使う男は違うな



16649 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/20(土) 01:01:03 ID:-

この作品を題材にしてくれたのはすごく嬉しいけど、
もっと解釈のしようがあった気もする



Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV