やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2021/06/09(水) しあわせの王子

カテゴリータグ:モララーのビデオ棚第39巻 小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2004) 2004 モララーのビデオ棚

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション



69 名前:【1/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:44:21 ID:JZmMfqXJ
                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    | 久々に一緒に観るモナ
 ____________  \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄V ̄ ̄| 期待してるぞ、ゴルァ!
 | |                | |            \
 | | |> PLAY.       | |              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

70 名前:【2/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:49:04 ID:JZmMfqXJ
==============================
町の広場の高い円柱の上にしあわせの王子銅像がそびえていました。
==============================
   ∪∪
   [⌒]
  ││
  ││
  ││
  ││
  ││
  ││
  ││
  ││
==============================
体中ピカピカの金の薄い板で覆われ、
二つの目は青いサファイア、
刀のつかには真っ赤なルビーが輝いていました・・・。
==============================


71 名前:【3/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:49:51 ID:JZmMfqXJ
  ─┼─
─┬┴┬─  ┼┼
  ┴┬┴    │┘
  ─┼─    レ´  の

─┬─    ̄フ
  ┼    ─┼─
─┴─    亅

  ∧_∧
 ( ・∀・ )  ∩
 (    )つ回
 │ │ │  | |
 (__)_) ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


72 名前:【4/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:50:15 ID:JZmMfqXJ
ある晩1羽のツバメが町の上を飛んでいました。

 (,,゚Д) <早く行かないと。アシめ騙したなゴルァ!
ミ_ノ    今日はもう疲れたぞゴルァ!ここで寝るか。

つばめは他のツバメが南へ帰ってから、六週間もアシと話をしていたのです。

73 名前:【5/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:50:39 ID:JZmMfqXJ
│ │ │
(__)_)┌────────────
_ (,,゚Д) < ふう、だぞゴルァ!
ミ_ノ  └────────────

と、しあわせの王子の銅像の足元で眠りかけているると・・・

74 名前:【6/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:51:20 ID:JZmMfqXJ
  人
 (  )ぽとん
Σ(,,~Д)
ミ_ノ


75 名前:【7/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:51:59 ID:JZmMfqXJ
│ │ │
(__)_)┌────────────
_ (,,゚Д) < 今の水は何だ?空には雲一つないのに…
ミ_ノ  └────────────


76 名前:【8/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:53:22 ID:JZmMfqXJ
  人
 (  )ぽとん
Σ(,,>Д)
ミ_ノ

77 名前:【9/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:53:42 ID:JZmMfqXJ
│ │ │
(__)_)┌────────────
_ (#゚Д) < 雨よけにならないなんて役に立たないなゴルァ!
ミ_ノ   │別の場所に行くぞ!
 ̄ ̄ ̄ ̄└────────────

78 名前:【10/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:54:23 ID:JZmMfqXJ
  人
 (  )ぽとん
Σ(#>Д)
ミ_ノ


アクセスカウンター



79 名前:【11/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:54:52 ID:JZmMfqXJ
  ∧_∧
 ( ;∀; )  ∩
 (    )つ回
 │ │ │  | |
 (__)_)┌────────────
 _ (,,゚Д) < あれ?お前が泣いてるのかゴルァ!誰だ?
 ミ_ノ   └────────────


80 名前:【12/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:55:34 ID:JZmMfqXJ
  ∧_∧ ┌────────────
 ( ´・∀)<私は、しあわせの王子です
 (    )└────────────
 │ │ │  | |
 (__)_)┌────────────
 _ (,,゚Д) < 幸せなのになんでないてるんだ?そのせいでおれはびしょ濡れだぞゴルァ!
 ミ_ノ   └────────────

81 名前:【13/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:56:02 ID:JZmMfqXJ
==============================
僕は生きているとき、涙というものを知らなかったんです・・・
昼は庭で友達と楽しく遊び、夜は大広間でダンスをしました。
==============================
━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳
┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳
┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳
┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻
┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳
┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻
==============================
庭の周りには高い塀が取り巻いていて、
その向こうに何があるのか、知ろうともしませんでした・・・
==============================


82 名前:【14/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:56:30 ID:JZmMfqXJ
==============================
身の回りにある物は、何もかも綺麗なものばかりで
家来達は僕のことを、幸せの王子と呼んでいました。
==============================
┏━━━━━━━━━━┓
┃┏━━━━━━━━┓┃
┃┃ (^∀^)人(´∀`川 ┃┃
┃┗━━━━━━━━┛┃
┗━━━━━━━━━━┛
==============================
なんでも思い通りにできることが“幸せ”なら、ぼくは幸せでした
僕はそんな風に暮らして…死んだのです。
==============================


83 名前:【15/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:56:57 ID:JZmMfqXJ
│僕が死ぬと、皆はこんなたかいところに僕を銅像にして乗せました
│ここからは町のあらゆる惨めなことや醜いことがいやでもみえます・・・
│それをみていると、僕の心臓が鉛でも…泣かずに入られないんだ
└──v─────────────────────────
  ∧_∧
 ( ´・∀)  ∩
 (    )つ回
 │ │ │  | |
 (__)_) ∨
 _ (,,゚Д)
 ミ_ノ・・・。


85 名前:【16/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:57:26 ID:JZmMfqXJ
│ずっと向こうの通りに、一見の貧しい家がある。
│窓が開いているので、女の人がテーブルに向かっているのが見える。
│今夜お城のパーティーで女官が着るガウンに刺繍しているんだ。
└───────────────────────────
          |\_____/|
          | |       |  |
          | |   J( 'ー`)し|  |
          | |  | ̄ ̄|  |  |
          \|_____|/
┌───────────────────────────
│ところが部屋の住みのベッドには、小さな男の子が病気で寝ている。
│熱があるのでミカンを食べたがっているが、母親は水しか飲ませてやれない。
│だから、子供はわぁわぁ泣き喚いている。


86 名前:【17/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:57:54 ID:JZmMfqXJ
          ┌────────────
   ∧_∧ │つばめくん、お願いだ。僕の刀のつかにはまっているルビーを、
  ( ・∀・ )< あの女の人のところへ持っていってくれないか。
  (    ) | 僕は、自分で行きたくても、動くことができないからね。
  │ │ │└────────────
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < 仲間たちが待ってんだゴルァ!
  ミ_ノ   └────────────

87 名前:【18/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:58:18 ID:JZmMfqXJ
          ┌────────────
   ∧_∧ │つばめくん、ねえつばめくん・・・
  (´・∀・)< 一晩だけ、たった一晩だけ僕の所へ泊まって、おつかいをしてくれないか?
  (    ) | 母親は何もできないし、男の子は泣き喚いている・・・
  │ │ │└────────────
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < 俺は“男の子”が嫌いなんだゴルァ!
  ミ_ノ   └────────────

88 名前:【19/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:59:04 ID:JZmMfqXJ
==============================
去年の夏、川の近くにいったとき、二人の悪戯小僧が俺に石を投げつけてきたんだ!
==============================

     ○ミ
彡◇
        ┌────────────
  _ (#゚Д) < 人に石をぶつけるなゴルァ!
  ミ_ノ   └────────────

89 名前:【20/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:59:27 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧
  ( ´・∀)  ∩
  (    )つ回
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,uД) < まあ、もちろん当たるわけないけどな。そういうわけだ・・・。
  ミ_ノ   └────────────

そうはいったものの、あまりに悲しそうな様子をしているので、ツバメは気の毒になりました

90 名前:【21/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 19:59:52 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧
  ( ´・∀)  ∩
  (    )つ回
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < ここは・・・寒いところだな・・・
  ミ_ノ   └────────────

91 名前:【22/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:00:32 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧
  ( ´・∀)  ∩
  (    )つ回
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < でも、一晩だけなら言う通りにしてもいいな
  ミ_ノ   └────────────

92 名前:【23/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:01:22 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧   ポロ
  ( ´・∀)  ∩ <゚⌒)_
  (    )つ口。∠/\_彡
  │ │ │  | |
  (__)_) ∨

93 名前:【23/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:01:52 ID:JZmMfqXJ
つばめはその家に行き、ルビーを置きました
        ┌────────────
  _ (,,゚Д)。 < この辺りだな
  ミ_ノ   └────────────

男の子は熱に浮かされ,
 ('A`)ウウ
| ̄ ̄ ̄|

母親はへとへとに疲れて眠り込んでいました
┌J(  )し┐
│     │


94 名前:↑24でした【25/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:02:15 ID:JZmMfqXJ
それから、つばさで男の子の額を仰いであげました
       ┌────────────
  _ (,,゚Д) < 煽るのはよくないが仰ぐのはいいだろう
彡ミ_ノ  └────────────
 パタパタ
 ('A`)スズシイナ、ヨクナッタカナ、デモソンナコトカンガエルノマンドクセ
| ̄ ̄ ̄|

95 名前:【26/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:03:14 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧
  ( ・∀・ )  ∩
  (    )つ口
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (*゚Д) < ってわけなんだが、外は寒いのに何だか体がほかほかしてるぞ
  ミ_ノ   └────────────


96 名前:【27/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:04:21 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧ ┌────────────
  ( ・∀・ )< それは君がイイ!行いをしたからさ
  (    )└────────────
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < 善い行い・・・?
  ミ_ノ   └────────────

97 名前:【28/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:04:40 ID:JZmMfqXJ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::・・・と、そこまで考えると::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::すぐに眠ってしまいました:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::つばめは考え事をすると::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::すぐに眠くなってしまうのです::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

98 名前:【29/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:05:27 ID:JZmMfqXJ
-翌日-
   ∧_∧
  ( ・∀・ )  ∩
  (    )つ口
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < じゃあ俺はこれで。何かことづけは?
  ミ_ノ   └────────────


99 名前:【30/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:05:55 ID:JZmMfqXJ
          ┌────────────
   ∧_∧ │つばめくん、ねえつばめくん・・・
  ( ・∀・)< 頼むから、もう一晩泊まってくれないか?
  (    )└────────────
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < ちょっとまて、昨日も言ったが仲間が待ってるんだ
  ミ_ノ   └────────────


100 名前:【31/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:07:04 ID:JZmMfqXJ
│この町のずっと向こうに、若者が一人、屋根裏部屋に住んでいる。
│紙をいっぱい散らかした机によりかかって・・・あ、パソコン使えとかいうなよ(・∀・)
│劇場の支配人に頼まれて芝居を書き上げようと一生懸命になっているんだ
└───────────────────────────

  : :: Λ_Λ
:: :: :/:彡ミ゛ヽ;)ー、
::::::::/ :::/。 ヽ、ヽ、 ::i
::::/ :::/・ ゚。ヽ ヽ ::l
(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
: :::::::: :: :: :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌───────────────────────────
│だが、寒さで指が凍えて、書くことができないのだ。
│なにしろ中にはまるで火の気がないし、
│その上何も食べていないので目が回りそうになっているんだ


101 名前:【32/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:08:11 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧
  ( ・∀・ )  ∩
  (    )つ口
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < それじゃ、またルビーを持っていこうか。
  ミ_ノ   └────────────


102 名前:【33/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:09:27 ID:JZmMfqXJ
          ┌────────────
   ∧_∧ │ 残念なことにルビーはもうないんだ。
  ( ・∀・ )< でも、サファイアのこの目がある。
  (    ) | そのひとつをとりだして、もっていってくれよ。
  │ │ │└────────────
  (__)_)┌────────────
  _ (,,;Д) < め、目をとりだすなんてできるかよ! 
  ミ_ノ   └────────────

103 名前:【34/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:10:37 ID:JZmMfqXJ
          ┌────────────
   ∧_∧ │つばめくん、ねえつばめくん・・・
  ( ・∀・)< 何でもいいから、僕の言う通りにしてくれよ
  (    )└────────────
  │ │ │  | |
  (__)_) ∨
  _ (,,;Д)うぅ…
  ミ_ノ


104 名前:【35/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:11:08 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧ポロ<゚⌒)
  ( ・∀ ).∠/\_彡
  (    )つ口
  │ │ │  | |
  (__)_) ∨

105 名前:【36/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:12:04 ID:JZmMfqXJ
  : :: Λ_Λ・・・。
:: :: :/:彡ミ゛ヽ;)ー、
::::::::/ :::/。 ヽ、ヽ、 ::i
::::/ :::/・ ゚。ヽ ヽ ::l   彡
(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ●
: :::::::: :: :: :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

106 名前:【37/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:13:00 ID:JZmMfqXJ
    ∧_∧
  : :: ( ´Д`)こ、これは・・・
:: :: :/:彡ミ゛ヽ;ー、
::::::::/ :::/。 ヽ、ヽ、 ::i
::::/ :::/・ ゚。ヽ ヽ ::l
(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ●
: :::::::: :: :: :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

107 名前:【38/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:13:53 ID:JZmMfqXJ
│僕もどうやら世間に知られるようになったらしい
│これは僕の才能を買っている人がくれたんだろう
│これをうれば焚き木や食料がかえて、芝居を書き上げることができるぞ!
└──v───────────────────────────
    ∧_∧
   ( ´∀`)つ●

108 名前:【39/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:14:52 ID:JZmMfqXJ
-また翌日-
   ∧_∧
  ( ・∀  )  ∩
  (    )つ口
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < じゃあ今度こそ帰るぞ。
  ミ_ノ   └────────────

109 名前:【40/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:16:26 ID:JZmMfqXJ
  ∧_∧ ┌────────────
 ( ・∀  )<もう一晩泊まっていってくれませんか?
 (    )└────────────
 │ │ │  | |
 (__)_)  ┌────────────
 ガーン(i|i○Д)< またかよ、もう冬だぞ
 ミ_ノ     └────────────


110 名前:【41/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:17:22 ID:JZmMfqXJ
│下の広場にマッチ売りの少女がいる。
│その子はマッチを売ってお金を手に入れて帰らないと父親にぶたれる。
└───────────────────────────
  ,∧_∧
  X ノ ハヘ X
  |゚ノ ;∀;)
 §,    )
  !!|  Y |
  (__)_)
┌───────────────────────────
│なのにマッチをどぶにおとしてしまった。それで泣いているんだ。
│かわいそうに、靴も靴下もはいていないし、頭には何もかぶっていない


111 名前:【42/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:18:27 ID:JZmMfqXJ
   ∧_∧
  ( ・∀  )  ∩
  (    )つ口
  │ │ │  | |
  (__)_)┌────────────
  _ (,,゚Д) < わかった。でも、もう一つの目を持ってけとかいうなよ
  ミ_ノ   └────────────

112 名前:【43/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:19:13 ID:JZmMfqXJ
  ∧_∧ ┌────────────
 ( ・∀  )<そうすれば父親もぶちはしないだろう
 (    )└────────────
 │ │ │  | |
 (__)_)┌────────────
 _ (,,゚Д) < でも、そんなことしたら何も見えなk
 ミ_ノ   └────────────

113 名前:【44/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:25:06 ID:JZmMfqXJ
  ∧_∧ ┌────────────
 ( ・∀  )< 僕の言いつけ通りにしてくれよ
 (    )└────────────
 │ │ │  | |
 (__)_)┌────────────
 _ (,,゚Д) < ・・・。
 ミ_ノ   └────────────


114 名前:【45/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:25:51 ID:JZmMfqXJ
   ∧<゚⌒) _
  ( .∠/\_彡
  (    )つ口
  │ │ │  | |
  (__)_) ∨

115 名前:【46/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:27:13 ID:JZmMfqXJ
       ミ

  ,∧_∧
  X ノ ハヘ X
  |゚ノ ^∀^)<わーい綺麗なガラス玉♪
 §,    )つ●
  !!|  Y |
  (__)_)

116 名前:【47/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:28:33 ID:JZmMfqXJ
  ∧_∧ ┌────────────
 ( ∀  )< そうか。家に帰っていったか。
 (    )└────────────
 │ │ │  | |
 (__)_)┌────────────
 _ (,,゚Д) < ・・・お前はもう、見ることができない。だから俺はここにいる。
 ミ_ノ   └────────────


117 名前:【48/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:29:21 ID:JZmMfqXJ
  ∧_∧   ┌────────────
( ∀三 ∀)< それは駄目だ。君はエジプトに行かなきゃ!
 (    )  └────────────
 │ │ │  | |
 (__)_)┌────────────
 _ (,,゚Д) < いや、いつまでもここにいる。
 ミ_ノ   └────────────

118 名前:【49/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:30:02 ID:JZmMfqXJ
-またまた翌日-

 _ (,,゚Д)_∧
 ミ_ノ ∀  )
   (    )
   │ │ │
   (__)_)
それからつばめは王子の肩にとまって
いろんな国で見てきたことを話しました。

119 名前:【50/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:30:26 ID:JZmMfqXJ
顔が人で体が獣のスフィンクスの話。
金色の魚をとって食べるべにづるの話。
葉っぱの船に乗って、しょちゅう蝶と戦争している小人達の話・・・
 _ (,,゚Д)_∧ ┌────────
 ミ_ノ ∀  )< ねぇ、つばめくん
   (    ) └────────
   │ │ │
   (__)_)
話を聞き終わった王子は言いました

120 名前:【51/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:31:01 ID:JZmMfqXJ
==============================
君は不思議な話ばかりしたね。
でも、ぼくにとって、人間がなぜ苦しむのか
これほど不思議なことはないよ。
なぜ、貧しく、惨めな人間がいるんだろう
つばめくん、町の上を飛んで、見てきたことを僕に話してくれよ
==============================

  _ (,,゚Д)
  ミ_ノ

ツバメは言われたとおりにしました。すると・・・


121 名前:【52/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:31:44 ID:JZmMfqXJ
大金持ちが美しい家で騒いでいるのに、
門の前には乞食がうずくまっているのが見えました。

うら町の暗い路地で飢え死にしそうな子供が青白い顔をして
ぼんやり外を眺めているのが見えました。

橋の下では二人の小さな男の子が凍え死にしないように抱き合っていましたが、
番人がやってきて、こんなところで寝てはいかん!と怒ったので、
二人は雨の中をとぼとぼと出ていきました…

つばめは見てきたことを全て話しました。

 _ (,,゚Д)_∧ ┌────────
 ミ_ノ ∀  )< 僕の体には薄い金の板がかぶせてある。
   (    ) └────────
   │ │ │
   (__)_)


122 名前:【53/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:32:25 ID:JZmMfqXJ
 _ (,,゚Д)_∧ ┌────────
 ミ_ノ ∀  )< それを1枚ずつ剥して貧しい人たちに上げてくれ。
   (    ) └────────
   │ │ │
   (__)_)

123 名前:【54/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:32:54 ID:JZmMfqXJ
ツバメは、またいわれた通りにしました。

    /■\
 □と(´∀` )<これでパンが買える!

    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │
  ⊂|    |つ
   (_)(_) 

124 名前:【55/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:33:39 ID:JZmMfqXJ
やがて雪が降り出しました。
  。.   * 
  o ○  .  。
 _ (,,゚Д)。_。∧ 
 ミ_ノ ∀  )*
   (    )    O
   │ | │ 0
   (__)_)゚
雪の後にはひどい寒さがやってきました。

125 名前:【56/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:34:12 ID:JZmMfqXJ
かわいそうに、つばめは寒くて寒くてどうにもやりきれなくなりました。
でも、つばめは王子のそばを離れようとはしませんでした

 _ (´Д)。_。∧
 ミ_ノ ∀  )
   (    )
   │ | │
   (__)_)

というのは、ツバメは心から王子を愛していたからです

126 名前:【57/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:34:37 ID:JZmMfqXJ
つばめはパン屋の戸口にこぼれているパンくずを、こっそり拾って食べました。

 _ (,,´~)ムグムグ・・・
 ミ_ノ

そして、羽をぱたぱたさせて、体を暖めようとしました

127 名前:【58/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:35:31 ID:JZmMfqXJ
でも、そのうち、自分がどうしても死んでいくほかはないことがわかりました。

 _ (,,´Д)。_。∧
 ミ_ノ ∀  )
   (    )
   │ | │
   (__)_)

そこで、ありったけの力をふりしぼって王子の方にとびあがると…

128 名前:【59/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:36:34 ID:JZmMfqXJ

            /              \             
            |     /           |
            |         | ̄ ̄|     |
            |         |   |     |
            |         /   |     /   
            ヽ ,,     ――┤  /
==============================
さようなら…王子さま
==============================


129 名前:【60/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:37:03 ID:JZmMfqXJ
     ∧_∧ ┌───────
 _ (,,´Д) ∀  )< そうか。やっとエジプトに帰る気になったんだね。うん、そのほうがいい。
 ミ_ノ    ) └───────
   │ | │
   (__)_)
_|\__
いや、行こうとしているのはエジプトじゃありません


130 名前:【61/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:37:36 ID:JZmMfqXJ
    ∧_∧ 
   ( ∀  )
   (    )
  _| │ │┌───────
 ミ_ノ(,, Д)< あの世へ行くのです…
        └───────


131 名前:【62/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:38:30 ID:JZmMfqXJ
    ∧_∧
   ( ∀  )
   (    )
  _| │ │
 ミ_ノ(,, Д)

132 名前:【63/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:38:53 ID:JZmMfqXJ
    ∧_∧ /
   ( ∀  )パリッ
   (    )\
  _| │ │
 ミ_ノ(,, Д)

その時,奇妙な音がしました
それは、王子の鉛の心臓が二つに割れる音だったのです

133 名前:【64/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:39:34 ID:JZmMfqXJ
次の朝早く、市長が議員たちと広場を歩いていて、ふとしあわせの王子の銅像を見上げました。

  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <丶`∀´> <  なんだありゃ、ルビーも両目もも金の板もなくなっている
 (    )  │ まるで乞食じゃないかニダ。
 | | |   \__________
 〈_フ__フ
    ∧ ∧___   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /(*゚ー゚) /\< しかも足元には鳥が死んでいる
 /| ̄∪∪ ̄|\/ \__________
   |        |/
     ̄ ̄ ̄ ̄

134 名前:【65/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:39:57 ID:JZmMfqXJ
こんなわけで、しあわせの王子の銅像はとりこわされ、
炉の中で溶かされることになったのですが、
議員達はとかされた銅で誰の銅像を作るかで大喧嘩になりました。

  _
  (鉛)
   ̄
  _
 ミ_ノ(,, Д)


ところで、王子の銅像を溶かした工場では、
いくら温度を上げても、鉛の心臓を溶かすことはできませんでした。
仕方がないので、ゴミ捨て場にすてられました。
そこには死んだツバメも放り込まれていました・・・。


135 名前:【66/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:40:20 ID:JZmMfqXJ
==============================
あの町に、尊い物が二つあるが、それをもっておいで
==============================
 ⊂⊃
 (・∀・)トウトイ!
ε| |3

神さまが一人の天使にいわれました。


136 名前:【67/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:40:45 ID:JZmMfqXJ
すると天使は鉛の心臓と死んだツバメをもっていきました。

つ(  ),,Д)ドゾー

==============================
よくわかったね。
==============================

神様は満足そうにうなずきました

137 名前:【68/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:41:09 ID:JZmMfqXJ
==============================
この小さな鳥は、天国のわたしの庭でいつまでも楽しく歌うことになるだろう。
そして、王子はわたしの黄金の町で、本当の幸せな毎日を送ることだろう。
==============================

 _ (,,゚Д)
 ミ_ノ

    ∧_∧
   ( ・∀・)
   (    )
   │ │ │
   (__)_)


138 名前:【69/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:41:30 ID:JZmMfqXJ
==============================
そう・・・いつまでも・・・
==============================

 _ (,,゚Д)
 ミ_ノ

    ∧_∧
   ( ・∀・)
   (    )
   │ │ │
   (__)_)

幸せの王子 Fin

139 名前:【70/70】 ◆New/UVVdJs  [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:42:10 ID:JZmMfqXJ
 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | |  □ STOP         | |
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


140 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:50:30 ID:ooIBu3zP

乙でした。
筋書きがわかってても泣ける



141 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/10/17(日) 20:58:25 ID:REfYJJ9v

懐かしい…よかったよGJ



146 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/10/17(日) 21:20:11 ID:Q0MW8C+A

分かってはいても泣ける。
GJ!!




関連記事
ランダムジャンプ

| 12:20 |コメント(0)
カテゴリータグ:モララーのビデオ棚第39巻 小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2004) 2004 モララーのビデオ棚

|

<< 誕生日ソング | HOME | ( ;´;゚ё;゚) >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV