やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2021/06/14(月) ものわかりのいいハンス

カテゴリータグ:モララーのビデオ棚第50巻 小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2005) 2005 モララーのビデオ棚

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション



89 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:40:15 ID:hWBQLRlN

 ____________
 | __________  |   |   童話を見るよ。    |
 | |                | |   \_____ ____/
 | | |> PLAY.       | |           ∨
 | |                | |           ∧_∧
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


90 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:41:10 ID:hWBQLRlN

ハンスのおっかさんが聞きます。「どこに行くんだい、ハンス?」
ハンスが答えます、「グレーテルのところさ」
「うまくおやりよ、ハンス」
「うまくやるにきまってるさ、行ってくるよ、おっかさん」


   ∧_∧           ∧∧
  ( ´∀`)          (゚Д゚,,)
  (    )       .  (|  |)
  | | |         ~|  _つ
  (__)_)    .      し´


ハンスがグレーテルのところへやってきます。
「こんにちは、グレーテル」
「こんにちは、ハンス。なにかいいものでも持ってきた?」
「べつに持ってきてないよ。なにかおくれよ」


   ∧∧         ∧∧
  (,,,゚Д∩       (゚∀゚,,)
  (|  ノ         (   )
 ~|  |   .      |  |~
   し`J          し`J


91 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:41:46 ID:hWBQLRlN

グレーテルがハンスに針を一本あげます。
ハンスが言います、「それじゃあね、グレーテル」
「それじゃあね、ハンス」


      ∧∧   ∧∧
     (,,゚Д゚)  (゚∀゚,,)
     (|  |つ-と   )
    ~|  |   |  |~
      し`J    .し`J


ハンスは針をうけとると、干し草を積んだ車に刺して、
車のあとをついて家へ帰っていきます。



    ____
    |─┐   | .:,;.:,;.:,;.:,;     ∧∧
    |  |   │:;::;:;:;:;:;:;:;:;: ‐   (゚Д゚,,)
    |─┘   └────i  ⊂|  |)
    =========   と_  |~
    '''''''◎'''''''''''''''''''''◎'''''''' .     `J



92 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:42:19 ID:hWBQLRlN


「ただいま、おっかさん」 「おかえり、ハンス。どこに行ってたんだい?」
「グレーテルのところさ」 「なにか持っていったかい?」
「なんにも。むこうがくれたよ」 「なにをくれたんだい?」
「針をくれたよ」 「その針はどこにあるんだい、ハンス?」
「干し草の車に刺したよ」
「そいつはまぬけなことをしたね。袖に刺さなきゃ」
「まぁ、なんでもいいや。こんどはうまくやるさ」


   ∧_∧         ∧∧
  ( ´∀`)        (゚Д゚,,)
  (    )      .  (|  |)
  | | |          |  |~
  (__)_)        . し`J


93 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:43:16 ID:hWBQLRlN

「どこに行くんだい、ハンス?」
「グレーテルのところさ」
「うまくおやりよ、ハンス」
「うまくやるにきまってるさ、行ってくるよ、おっかさん」


   ∧_∧          ∧∧
  ( ´∀`)         (゚Д゚,,)
  (    )       .  (|  |)
  | | |         ~|  _つ
  (__)_)  .        し´


ハンスがグレーテルのところへやってきます。
「こんにちは、グレーテル」
「こんにちは、ハンス。なにかいいものでも持ってきた?」
「べつに持ってきてないよ。なにかおくれよ」

   ∧∧         ∧∧
  (,,,゚Д∩       (゚∀゚,,)
  (|  ノ         (   )
 ~|  |   .      |  |~
   し`J          し`J


94 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:44:01 ID:hWBQLRlN

グレーテルがハンスにナイフを一丁あげます。
「それじゃあね、グレーテル」 「それじゃあね、ハンス」


      ∧∧     ∧∧
     (,,゚Д゚)    (゚∀゚,,)
     (|  |つ<≡llと   )
    ~|  |     |  |~
      し`J      .し`J

ハンスはナイフをうけとると、袖に刺して、家に帰っていく。


     || ∧∧     ∧∧
  .    .|||(゚Д゚,,)     (゚∀゚,,)
      ⊂|  |)    と  )
     . と_  |~    |  |~
        `J     し`J


アクセスカウンター



95 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:44:38 ID:hWBQLRlN

「ただいま、おっかさん」 「おかえり、ハンス。どこに行ってたんだい?」
「グレーテルのところさ」 「なにか持っていったかい?」
「なんにも。むこうがくれたよ」 「なにをくれたんだい?」
「ナイフをくれたよ」 「そのナイフはどこにあるんだい、ハンス?」
「袖に刺したよ」
「そいつはまぬけなことをしたね。ポケットに入れなきゃ」
「まぁ、なんでもいいや。こんどはうまくやるさ」


   ∧_∧          || ∧∧
  ( ´∀`)       |||(゚Д゚,,)
  (    )      . ⊂|  |)
  | | |          |  |~
  (__)_)        . し`J

96 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:45:48 ID:hWBQLRlN

「どこに行くんだい、ハンス?」
「グレーテルのところさ」
「うまくおやりよ、ハンス」
「うまくやるにきまってるさ、行ってくるよ、おっかさん」


   ∧_∧          ∧∧
  ( ´∀`)         (゚Д゚,,)
  (    )       .  (|  |)
  | | |         ~|  _つ
  (__)_)      .    し´


ハンスがグレーテルのところへやってきます。
「こんにちは、グレーテル」
「こんにちは、ハンス。なにかいいものでも持ってきた?」
「べつに持ってきてないよ。なにかおくれよ」

   ∧∧         ∧∧
  (,,,゚Д∩       (゚∀゚,,)
  (|  ノ         (   )
 ~|  |   .      |  |~
   し`J          し`J

97 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:46:43 ID:hWBQLRlN


グレーテルがハンスに山羊の子を一頭あげます。
「それじゃあね、グレーテル」 「それじゃあね、ハンス」


      ∧∧     ∧∧
     (,,゚Д゚) ∧ ∧(゚∀゚,,)
     (|  |つ(・∀・と  )
    ~|  |  (   )  |~
      し`J  し`J し`J


ハンスは山羊の子をうけとると、足をしばってポケットに入れます。


      ∧∧       ∧∧
      (゚Д゚,,)       (゚∀゚,,)
      ⊂|  |)      と  )
     . と_ {ヽ,\},     , |  |~
        `J{ヽ)ヽ)}    し`J:

98 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:47:37 ID:hWBQLRlN

家に帰ると、山羊の子は息をつまらせて死んでしまいます。
「ただいま、おっかさん」 「おかえり、ハンス。どこに行ってたんだい?」
「グレーテルのところさ」 「なにか持っていったかい?」
「なんにも。むこうがくれたよ」 「なにをくれたんだい?」
「山羊をくれたよ」 「その山羊はどこにいるんだい、ハンス?」
「ポケットに入れたよ」
「そいつはまぬけなことをしたね。紐につながなきゃ」
「まぁ、なんでもいいや。こんどはうまくやるさ」


   ∧_∧         ∧∧
  ( ´∀`)        (゚Д゚,,)
  (    )       . (|  |),
  | | |          |  ヽ,\,,
  (__)_)        . し`Jヽ)ヽ)

99 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:52:47 ID:hWBQLRlN


「どこに行くんだい、ハンス?」
「グレーテルのところさ」
「うまくおやりよ、ハンス」
「うまくやるにきまってるさ、行ってくるよ、おっかさん」


   ∧_∧          ∧∧
  ( ´∀`)         (゚Д゚,,)
  (    )       .  (|  |)
  | | |         ~|  _つ
  (__)_)          .し´


ハンスがグレーテルのところへやってきます。
「こんにちは、グレーテル」
「こんにちは、ハンス。なにかいいものでも持ってきた?」
「べつに持ってきてないよ。なにかおくれよ」


   ∧∧         ∧∧
  (,,,゚Д∩       (゚∀゚,,)
  (|  ノ         (   )
 ~|  |   .      |  |~
   し`J          し`J


100 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:54:00 ID:hWBQLRlN


グレーテルがハンスにベーコンをひとかたまりあげます。


      ∧∧     ∧∧
     (,,゚Д゚)    (゚∀゚,,)
     (|  |つ{;;;;;;;}と   )
    ~|  |     |  |~
      し`J      .し`J

ハンスはベーコンを紐にしばって引きずっていきます。

    ∧∧        ∧∧
    (゚Д゚,,)       (゚∀゚,,)
     (|  |O、      と  )
   . と_  |~ヽ      |  |~
      `J  {;;;;;;;}   し`J

101 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:55:05 ID:hWBQLRlN

家へ帰ると、犬がベーコンを喰いちぎってしまい、
紐の先にはなんにもついていません

    ∧∧
    (゚Д゚,,)
     (|  |O、   ∧ ∧ ,,,,,,,,,
   . と_  |~ヽ  {;;;;;Д゚*ミ  ミ@
      `J     し´ し´ ̄`J



「ただいま、おっかさん」 「おかえり、ハンス。どこに行ってたんだい?」
「グレーテルのところさ」 「なにか持っていったかい?」
「なんにも。むこうがくれたよ」 「なにをくれたんだい?」
「ベーコンをひとかたまり」 「そのベーコンはどこにあるんだい?」
「紐にしばって、家に持って帰ったんだけど、なくなっちまった」
「そいつはまぬけなことをしたね。頭に乗せてこなきゃ」
「まぁ、なんでもいいや。こんどはうまくやるさ」


   ∧_∧         ∧∧
  ( ´∀`)        (゚Д゚,,)
  (    )      . ⊂|  |O、
  | | |          |  |~ヽ
  (__)_)        . し`J


102 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:56:36 ID:hWBQLRlN

「どこに行くんだい、ハンス?」
「グレーテルのところさ」
「うまくおやりよ、ハンス」
「うまくやるにきまってるさ、行ってくるよ、おっかさん」


   ∧_∧          ∧∧
  ( ´∀`)         (゚Д゚,,)
  (    )       .  (|  |)
  | | |         ~|  _つ
  (__)_)   .       し´


ハンスがグレーテルのところへやってきます。
「こんにちは、グレーテル」
「こんにちは、ハンス。なにかいいものでも持ってきた?」
「べつに持ってきてないよ。なにかおくれよ」

   ∧∧         ∧∧
  (,,,゚Д∩       (゚∀゚,,)
  (|  ノ         (   )
 ~|  |   .      |  |~
   し`J          し`J

103 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 17:58:21 ID:hWBQLRlN


グレーテルがハンスに子牛を一頭あげます。



      ∧∧  .∧_∧ ∧∧
     (,,゚Д゚) (・∀・ )(゚∀゚,,)
     (|  |つ(    と   )
    ~|  |  | | | |  |~
      し`J  (_(_,) し`J

ハンスが子牛を頭に乗せると、子牛はハンスの顔を蹴とばします。

      ∧_∧
      (・∀・ )ヽ、   ∧∧
      (゚Д゚Σく ヽ   (゚∀゚,,)
      ⊂|  |) (_)  と  )
     . と_  |~       |  |~
        `J       し`J


104 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 18:00:08 ID:hWBQLRlN

「ただいま、おっかさん」 「おかえり、ハンス。どこに行ってたんだい?」
「グレーテルのところさ」 「なにか持っていったかい?」
「なんにも。むこうがくれたよ」 「なにをくれたんだい?」
「子牛を一頭」 「その子牛はどこにいるんだい?」
「頭に乗せたんだけど、顔を蹴とばすんだ」
「そいつはまぬけなことをしたね。引いてきて、かいばの棚のところに立たせとかなきゃ」
「まぁ、なんでもいいや。こんどはうまくやるさ」

                ∧_∧
   ∧_∧         (・∀・ )ヽ、
  ( ´∀`)        (゚Д゚Σく  ヽ
  (    )       . (|  |) (_)
  | | |          |  |~
  (__)_)       .  し`J


105 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 18:01:20 ID:hWBQLRlN



「どこに行くんだい、ハンス?」
「グレーテルのところさ」
「うまくおやりよ、ハンス」
「うまくやるにきまってるさ、行ってくるよ、おっかさん」


   ∧_∧          ∧∧
  ( ´∀`)         (゚Д゚,,)
  (    )       .  (|  |)
  | | |         ~|  _つ
  (__)_)      .    し´


ハンスがグレーテルのところへやってきます。
「こんにちは、グレーテル」
「こんにちは、ハンス。なにかいいものでも持ってきた?」
「べつに持ってきてないよ。なにかおくれよ」

   ∧∧         ∧∧
  (,,,゚Д∩       (゚∀゚,,)
  (|  ノ         (   )
 ~|  |   .      |  |~
   し`J          し`J


106 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 18:02:39 ID:hWBQLRlN


グレーテルがハンスに言いました、
「あなたといっしょに行きたいの」

     ∧∧     . ∧∧
    (,,゚Д゚)     (゚∀゚*)
    (|  |)     と   )
   ~|  |   .   |  |~
     し`J       し`J


ハンスはグレーテルを紐につなぐと、引いていき、かいばの棚の前へ連れていって、
きつくゆわえつけます。

     ∧∧
    (,,゚Д゚)      ∧∧
    (|  |Oー~~‐(゚∀゚*) ・ ・ ・
   ~|  |   .,;;;;;;;;,.┣╋╋┫
     し`J  ヽ_/┣╋╋┫


107 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 18:03:57 ID:hWBQLRlN


「ただいま、おっかさん」 「おかえり、ハンス。どこに行ってたんだい?」
「グレーテルのところさ」 「なにか持っていったかい?」
「なんにも。むこうがくれたよ」 「なにをくれたんだい?」
「グレーテルを連れてきたよ」 「グレーテルはどこにいるんだい?」
「かいばの棚んとこへ引っぱってって、ゆわえて、草をやっといたよ」
「そいつはまぬけなことをしたね。やさしい目を投げてやらなきゃ」
「まぁ、なんでもいいや。こんどはうまくやるさ」


   ∧_∧         ∧∧
  ( ´∀`)        (゚Д゚,,)
  (    )       . (|  |),
  | | |          |  |~
  (__)_)        . し`J


108 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 18:04:58 ID:hWBQLRlN

ハンスは家畜小屋へ行き、
子牛と羊の目玉を残らずほじくりだすと、グレーテルの顔へ投げつけます。


                  ∧∧
 .  ∧_∧   ∧_∧   (,,゚Д゚)     ー・∧
   ( ;∀;)  ( "∀ll) .   (|  |つ   ー・∀゚#)
  ┣╋╋┫ ┣╋╋╋┫~|  |   .,;;;;;;;;,.┣╋╋┫
  ┣╋╋┫ ┣╋╋╋┫  し`J  ヽ_/┣╋╋┫



そこでグレーテルは腹を立て、紐を引きちぎると、さっさと逃げてしまいました。
そしてハンスのお嫁さんにはなりませんでした。


          ∧∧             =∧∧
  ∧_∧    (,,゚Д゚)    ー・  ー・  =(#゚∀゚)
 ( "∀ll)   /  つ  ー・  ー・    =/  つつ
┣╋╋╋┫~/  /  .,;;;;;;;;,.┣╋╋┫=~/  /
┣╋╋╋┫  し`J..  .ヽ_/┣╋╋┫ =(ノ ヽ)


109 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 18:05:41 ID:hWBQLRlN

 ____________
 | __________  |  |   正直、感動した。
 | |                | |  \_____ _____/
 | | □ STOP.       | |           ∨
 | |                | |           ∧_∧
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                グリム童話集 「ものわかりのいいハンス」


111 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:05/03/12(土) 18:07:39 ID:TkFtXwQL

>>109
こういうの好きだ



関連記事
ランダムジャンプ

| 12:43 |コメント(0)
カテゴリータグ:モララーのビデオ棚第50巻 小説・文学・絵本系 小説・文学・絵本系(2005) 2005 モララーのビデオ棚

|

<< クモ女の居る生活 クモ女の出た日 | HOME | クモ女の居る生活 重言 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV