やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

■2021/06/26(土) 7匹の子やぎ

カテゴリータグ:モララーのビデオ棚第55巻 モララーのビデオ棚 2005 カオス・ナンセンス・シュール系 カオス・ナンセンス・シュール系(2005) 歴史・民話・事件・逸話系(2005) 歴史・民話・事件・逸話系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション



27 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:09:04 ID:b7E3m1jm

 ____________
 | __________  |   ┌─────────‐┐
 | |                | |   │.狼と七匹の子山羊。 .│
 | | |> PLAY.       | |   └────v─────┘
 | |                | |           ∧_∧
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


28 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:09:31 ID:b7E3m1jm

ある所に一匹の雌やぎと七匹の子やぎがいました。
雌やぎは子どもたちを大変かわいがり、注意深く狼から守っていました。
     ∧_∧
    ( ・∀・)       .∩_∩         .∧w∧
    (    ).  ハ,,ハ  (´ー`) .ハ,,ハ  ハ,,ハ  (゚∀゚,,,)  ハ,,,ハ  ∧,,∧
    | | |   (゚A゚*) (   )('A`,,) ('д',,) (   )~ミ゚ω゚ ミ (゜Д゜ )
    (__)_)  (u u,)~ U U  (u u,)~ (u u,)~ し`J   ミu u ミ~ (U U )~


ある日、雌やぎは食べ物を取るために家を空けました。


                  |エエエエエエエ
    ∧__∧≡ = ー     |  |エエエエエ
   (∀・ )≡ = ー   |コ...|エエエエエ
  ⊂    )≡ = ー   |  |エエエエエ
    ヽ ヽ ヽ≡ = ー   |  |エエエエエ
    (_(_) = ー . | ̄|  |エエエエエ


29 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:10:09 ID:b7E3m1jm

間もなく狼が戸口にやってきて言いました。
「子どもたち、開けておくれ。おかあさんだよ。」

けれども、7匹の子やぎたちは言いました。
「おまえは僕たちのお母さんじゃない。お母さんの声は細くて優しい。
でもおまえの声はがらがらだ。おまえは狼だ。開けてやるもんか」

               ∧,,∧エエエエエエ
               ミ*゚Дミ. |エエエエエ
            .  .ミ  つ...|エエエエエ     ∩∩
            .  @ミ ミ|  |エエエエエ  ハ,,ハ (ー` )
    .            UU|  |エエエエエ (゚A゚*)(   )
               . | ̄|  |エエエエエ  (u u,)~U U



狼はその晩、涙で枕を濡らしました。
がらがら声は、幼少の時期からのコンプレックスでした。

     __________
     |_____.∧∧ _|
     |\_    ミT; ミ \
     | |\ ̄'''⌒⌒⌒⌒ ̄\
     \|  \::::.......,,,.....,,,,..::::::...\ 
       \   \;;;;;;;::::::::::::;;;;;;:::::,,..\
        \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          \||_______||


30 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:10:52 ID:b7E3m1jm

気を取り直した狼はのど飴を一箱食べ、戸口に立って呼びかけました。
「かわいい子どもたち、中に入れておくれ。お母さんだよ。素敵なものを持ってきたよ」

しかし狼は、黒い前足を窓枠にのせていました。それを子やぎたちが見て、言いました。
「おまえは僕たちのお母さんじゃない。
お母さんの足は、おまえみたいに黒くなんかない。おまえは狼だ。開けてやるもんか」


               ∧,,∧エエエエエエ
               ミ*゚Дミ. |エエエエエ
            .  .ミ  つ...|エエエエエ
 \____/     @ミ ミ|  |エエエエエ ハ,,ハ  ハ,,ハ
   |のど飴|       ...UU|  |エエエエエ('A`,,) ('д',,)
   |_______|          | ̄|  |エエエエエ (u u,)~ (u u,)~

彼の部屋は大洪水でした。

   __________
    |_____.∧∧ _|,,,,,,,,,,,从,,,,,,,,、,,,,,ゝ',,,
    |\_  ミДT ミ \ ~     ~
从~| |\ ̄''⌒⌒⌒⌒ ̄\ ~ ,、   ~
 ゙~从|  \::::.......,,,.....,,,,..::::::...\ ,.、  ~
ゝ´_,、'~从::''ヽ;;;;;;;::::::::::::;;;;;;:::::,,..\   ~
 从_ ~、, 从'|| ̄ ̄':::' ̄ ̄ ̄ ̄|| ~
  ゝゝ_,    .从~~::::´::::`::~从;;´´ゝ'


31 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:11:50 ID:b7E3m1jm

心に消えない傷を負った狼は漂白剤を一箱使い、戸口に立って言いました。
「かわいい子どもたち、中に入れておくれ、お母さんだよ。おまえたちみんなに、おみやげがあるよ」

7匹の子やぎたちは、まず前足を見ました。それは雪のように真っ白で、
声もとても細いので、子やぎたちはお母さんだと思い、戸を開けました。


               ∧,,∧エエエエエエ
               ミ*゚Дミ. |エエエエエ
            .  .ミ  つ...|  ∧∧
 \____/     @ミ ミ|  |(`(∀゚,,,)    ハ,,,ハ
   |漂白剤|         .UU|  | ヽ   )~  ミ゚ω゚ ミ
   |___|.         | ̄|  |  (ノ`J     ミu u ミ~




 すると狼が入ってきました。子やぎたちは、狼だと分ると、大急ぎで隠れました。
1匹目は机の下、2匹目はベッドの中、3匹目はストーブの中、4匹目は台所、5匹目はたんすの中、
6匹目は大鉢の下、7匹目は柱時計の中。

     ∧,,∧
     ミ*゚Дミ               ∩∩           ≡∧∧ 
     ミ  つ          ∧,,∧  ( ´ー)  ハハ   ハ,ハ  ≡( ;゚∀)  =ハ,,,ハ  ハ,,ハ
    @ミ  ミ           ( ゜Д゜) (   )  (;'A)  (ii'д) ~(  つ  =ミ ;ωミ(;゚A゚)
     (ノ ヽ)         .~( U U)  (ノヽ) ~(,u u~ (,u u  ≡ (ノヽ)~ =c_u u ~c..u u


32 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:12:36 ID:b7E3m1jm [6/9]

狼は、まず、柱時計の中の末っ子を見つけました。

                                         ,,ゝゝ,
                            /'' ̄''\        ヽ ノ
                      ∧,,∧.. ||  |_ ||         ||
                      ミ*゚Дミ ゙||゙::....,,,,,..::゙||       _ゝ,,!!,,ノ
                      ミ  .つ .||ヽ∧|| . ゙||       |ミω゚;ミ|
                    @ミ  ミ.   ||゜Д○ . ||       ヽ___,/~
                     (ノ ヽ)..  ||U U  . ||
                            . ̄ ̄ ̄ ̄



そして、丸呑みにしました。当然のどに詰まります。

                                         ,,ゝゝ,
                            /'' ̄''\        ヽ ノ
                   ∧,∧て  .   ||  |_ ||         ||
                   ミiii゚~U )~ . .||゙::....,,,,,..::゙||       _ゝ,,!!,,ノ
                   ミ  つ   .   ||   ||. ゙||       |ミω; ミ|
                  @ミ  ミ. .  . ||  ○゙ ||       ヽ___,/~
                    し`J     ||,,    .||
                            . ̄ ̄ ̄ ̄


33 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:13:27 ID:b7E3m1jm

それから間もなく、お母さんやぎが帰ってきました。ああ、なんということでしょう!
狼がきてかわいい末っ子を食べてしまったのです。


      ∧_∧ て.
     ( ;・∀) そ                ∩∩          ∧w∧
     (    ).             ハ,,ハ  (ー` ) ハ,,ハ  ハ,,ハ  (゚∀゚;)  ハ,,,ハ
     | | |       @、 ∧,∧  (゚A゚;) (   )('A`;) ('д'ii) (   )~ミω;ミ
     (__)_)    ⊂,, ''''つii゙~ミ (u u,)~ U U  (u u,)~ .(u u,)~ し`J   ミu u ミ~


雌やぎと子やぎは深く悲しみ、戸惑いました。

          ∧__∧          ∩∩           ∧w∧
          ( ;Д)      ハ,,ハ (ー` ) ハ,,ハ  ハ,,ハ  (д; )  ハ,,,ハ
          /  つつ ∧,∧ (゚A゚ii) (   ) ('A`;) ('д'ii)  (   )~ミω;ミ
         ( ̄__)_)''つii゙~ミ (u u,)~ U U  (u u,)~ .(u u,)~ し`J   ミu u ミ~



34 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:14:17 ID:b7E3m1jm

数年後、末っ子の保険金を元に長女が書いた本がベストセラーとなり、
長男は会社を設立、次女、次男はミュージシャンとなり、三男は農場を経営、
そして今は末っ子となった四男は大学で教授になりました。

立派になった子供たちを見て、雌やぎは誇りに思いました。

  ∧∧     ∩_∩  ∧∧  ,,,∧∧ . V/∧w∧  ____       ∧__∧
  (*゚A゚)    (´ー`)  ( ,,'A(#).|||'д',,)  ||(゚∀゚ ) ⅲ■∧    (∀・ )
  ( つヽ___  .(社長)  ( つ/ O||⊂ )  ノ⊂   ) ミ ゚ω゚ミノ   (    )
 | ̄ ̄ ̄ ̄|  | | |...~|  | | ● | |~( ゚ー゚).  | ミ  ミ     || |
 |____|  (__(___). .し`J ヽ__ノ.ヽ)    U U  U U    . (__(_,)


めでたしめでたし。

              ⊂⊃        ⊂⊃
             ∧ ∧て      ∧_∧
            ミ ;゚Дミ     ヽ(゜Д゜ )
            ミ   ミ       ルリルリル
             ) ノ
             //



35 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:14:50 ID:b7E3m1jm

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



36 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 15:33:13 ID:BH22yS/H

うはwwwwwwwwwwテラワロスwwwwwww



37 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 16:28:24 ID:d4HQSljc

全米が泣いた。



38 名前:(゚∀。) ◆wH.OhZo9D2  [sage] 投稿日:2005/05/01(日) 17:12:12 ID:/o7lPEMJ ?

全米が、うわ!なにをする!やめ(ry




関連記事

| 10:49 |コメント(0)
カテゴリータグ:モララーのビデオ棚第55巻 モララーのビデオ棚 2005 カオス・ナンセンス・シュール系 カオス・ナンセンス・シュール系(2005) 歴史・民話・事件・逸話系(2005) 歴史・民話・事件・逸話系

|

<< 彡´・∀・)モララーパパのビデオレター ~The Video Letter Of Morara's Father.~ | HOME | クイズ番組 「テ〇〇〇」/賢人会議 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV