やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2021/11/21(日) 三人兄弟のモララー

カテゴリータグ: モナーのネタ帳 モララーのビデオ棚 2003 カオス・ナンセンス・シュール系(2003) カオス・ナンセンス・シュール系 歴史・民話・事件・逸話系(2003) 歴史・民話・事件・逸話系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



86 名前:1/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:26 ID:bxqXHvvl

     あるところに、三人兄弟のモララーがいました。

     今日も一番上の長男と真中の次男は

     2人で仲良く遊んでいます。


                     ∧_∧ ∧_∧
                     ( ・∀・)(∀・  )
                     / つ⊿と     キ
          ∧_∧      (   □ て____つ
         (・∀・ )        ̄ ▲ ロ○
        _φ___⊂)_
       /旦/三/ /!
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
     |愛媛みかん|/         
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

87 名前:2/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:26 ID:bxqXHvvl

     一番下の三男が言いました。

     「勉強中だから静かにしてくれる?」


                     ∧_∧ ∧_∧
                     (・∀・ )(・∀・ )
                     / つ⊿と     キ
          ∧_∧      (   □ て____つ
         ( ・∀・)        ̄ ▲ ロ○
        _φ___⊂)_
       /旦/三/ /!
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
     |愛媛みかん|/         
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


88 名前:3/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:27 ID:bxqXHvvl [3/17]

     次男は言いました。    「あ、ごめんよ。」

     長男は言いました。    「うるさくしてごめんね。」


                     ∧_∧ ∧_∧
                     (・∀・ )(・∀・ )
                     / つ⊿と     キ
          ∧_∧      (   □ て____つ
         ( ・∀・)        ̄ ▲ ロ○
        _φ___⊂)_
       /旦/三/ /!
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
     |愛媛みかん|/         
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        キャッ キャッ
                   メ              ヽ
                  キ   ∧_∧ ∧_∧  キ
                  ヾ ( *・∀・)(∀・* ) メ
                     / つ⊿と     キ
          ∧_∧      (   □ て____つ
         (・∀・.#)        ̄ ▲ ロ○
        _φ___⊂)_
       /旦/三/ /!
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
     |愛媛みかん|/         
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

89 名前:4/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:28 ID:bxqXHvvl

     一向に静かにならない兄達に、     

     三男は ある提案をしました。


     「僕たち別々に住まないか?」


                     ∧_∧ ∧_∧
                     (・∀・ )(・∀・ )
                     / つ⊿と     キ
          ∧_∧      (   □ て____つ
         ( ・∀・)        ̄ ▲ ロ○
        _φ___⊂)_
       /旦/三/ /!
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  i
     |愛媛みかん|/         
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


90 名前:5/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:29 ID:bxqXHvvl

     こうして、いつも仲良く暮らしていた3人兄弟は

     別々に家を作り、離れて暮らすことになりました。


          なまけもの の長男は

        わらを束ねて作った家を。

                 ∧_∧         遊び人 の次男は
             (・∀・ )
             (ミ彡ミと )        木で作った木造住宅を。

         しっかりもの の三男は        ∧_∧
                            i三( ・∀・)三!
        レンガを積んで作った家を。     (     つ

             ∧_∧
             (・∀・; )
              (!コココと )

        それぞれ懸命に作りました。


91 名前:6/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:43 ID:bxqXHvvl


                  先に家のできあがった長男と次男は

                  まだ家のできあがっていない三男を

                        ∧_∧ .∧_∧
                       (;;:.・∀・)(・∀・.:;;)



                         手伝いました。


            ∧_∧ ココデ イイ?
           ( ・∀・)__ __ __ _       ∧_∧
           /    つ__|__|__|_|     (∀・; ) フゥ フゥ ・・・
           (    〈._|__|__|__|      ∪   ヽ    ソコデ イイデス
                     ∧_∧
                     (・∀・*.) ツミキ ミタイ
                     (!コココと )


                  こうして、3人の家は完成したのです。



アクセスカウンター



92 名前:7/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:44 ID:bxqXHvvl [7/17]

        ある日のこと、

        1匹の腹を空かせた狼が通りがかりました。


          ∧,、,∧_
          f´ ;;::叉;;)     「腹減ったー。」
            リミ ´∀`)
          (     )
          |   |  |
          (____)__)




          ∧,、,∧_
          f´ ;;::叉;;)     「スニッカーズでも食うか。」
            リミ ´∀`)
          (  つ¶()
          |   |  |
          (____)__)


93 名前:8/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:44 ID:bxqXHvvl

        1匹の腹を空かせた狼が通りがかりました。

               、 ! ,
              ∧Ω∧_
              f´ ;;::叉;;)
                 リミ;´∀`)     「は・・・腹減ったー。」
              (   つ つ
              (  ヽ ノ
               し(_)


94 名前:9/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:45 ID:bxqXHvvl

        それを見た長男は急いでワラの家へと逃げ帰り、
        ぶるぶると震えていました。
                                        \
             ∧_∧               アンパンマン
             ( ;・∀・) ヒィィ・・・。          アタラシイ カオヨ!  | ̄ ̄\
             ( ⌒つ()                          | TV. |┐
               `'(_)_)                 ギャーーーッ  .|    |┘
                                              ̄ ̄ ̄
                                        /


        それを見た狼は言いました。

        「ばかめ。そんなわらの家なぞ、俺様が一息で吹き飛ばしてやる!!」


          ∧,、,∧_
          f´ ;;::叉;;)
            リミ ´∀`)
          (     )
          |   |  |
          (____)__)


95 名前:10/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:45 ID:bxqXHvvl

        なんということでしょう。狼の一息で、

        長男の家はひとたまりもなく 飛んでいくじゃありませんか。

        「うわー!ひとたまりもない!」

         __________         ∧_∧
          ――――――――――       (・∀・; )
           ――――――――――――   と と  )
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   / /  /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (⌒(⌒ノ
                ーi ゛
                 / オ オ オオオ



        狼はフフンと鼻を鳴らし言いました。

        「それ見たことか!」


                     //ミ、  __________
          ∧,、,∧_     /!i ミツ!  ――――――――――
          f´ ;;::叉;;)    =!i 三()  ――――――――――――
            リミ ´∀`)     ミ!i 彡.!   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          (     )      ヾ彳'   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |   |  |         | !   ーi ゛
          (____)__)     ∠二)    / オ オ オオオ


96 名前:11/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:46 ID:bxqXHvvl

         家を吹き飛ばされた長男は、

         すぐさま次男の家に避難しました。

                           ___
                         |\.二二二
              ∧_∧  ∧_/! .|二二二
              ( ;・∀) (・∀・ |0. !二二二
              /    つ ヽ  .|  !二二二



        それを見た狼は言いました。

        「ばかめ。そんな木造住宅なぞ、俺様が一息で吹き飛ばしてやる!!」


          ∧,、,∧_
          f´ ;;::叉;;)
            リミ ´∀`)
          (     )
          |   |  |
          (____)__)


97 名前:12/21 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:50 ID:bxqXHvvl

        なんということでしょう。狼の一息で、

        次男の家はひとたまりもなく 飛んでいくじゃありませんか。

        「うわー!再度ひとたまりもない!」

         __________         ∧_∧.∧_∧
          ――――――――――       (・∀・; )・∀・;)
           ――――――――――――   と と  ) と  )
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   / /  // /  /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (⌒(⌒ノ(⌒(⌒ノ
                ーi ゛
                 / オ オ オオオ



        狼はフフンと鼻を鳴らし言いました。

        「はたまた それ見たことか!」



          ∧,、,∧_ フ-! フー!               _______
          f´ ;;::叉;;) 、          ――――――――――
            リミ ;´∀卍 , - ー ― ―――――――――――
          (   つ/()          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |   |  |     ーi ゛               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          (____)__)     / オ オ オオオ


98 名前:13/17 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:52 ID:bxqXHvvl

          ついに次男の家までも吹き飛ばされ、

          残るは 三男の家だけとなりました。

          三男は言います。


          「大丈夫。この家はレンガでできてるんだ。

             狼だって 吹き飛ばすことはできないはずさ。」


              ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧
              ( ;・∀・) ( ;・∀・) (∀・  )
              ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
                `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ


99 名前:14/17 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:53 ID:bxqXHvvl

        それを聞いた狼は言いました。

        「ばかめ。そんな石造住宅なぞ、俺様が一息で吹き飛ばして・・・」




                ∧,、,∧_
                f´ ;;::叉;;)      ┌───────┐
                  リミ ´∀`)       └┬─┬─┬─┬┘   
                (     )          ├┬┴┬┴┬┤     
                |   |  |         .├┴┬┴┬┴┤ww
                (____)__)      ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄  ⌒





                ∧,、,∧_
                f´ ;;::叉;;)      ┌───────┐
                  リミ; ´∀)       └┬─┬─┬─┬┘   
                (     )          ├┬┴┬┴┬┤     
                |   |  |         .├┴┬┴┬┴┤ww
                (____)__)      ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄  ⌒


100 名前:15/17 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:56 ID:bxqXHvvl

                                         ├┴┬┴┤
                                         ├┬┴┬┤
                                   ┌──┴┴─┴┴──┐
                                   └┬┬┬───┬┬┬┘ 
                                     ├┼┤      ├┼┤
              「本当に大丈夫?」            ├┼┤      ├┼┤
                                     ├┼┤      ├┼┤
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧
              ( ;・∀・) ( ;・∀・) (∀・  )  「大丈夫だって。心配するなよ。」
              ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
                `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ



101 名前:16/17 [sage] 投稿日:03/07/30(水) 03:57 ID:bxqXHvvl

                                         ├┴┬┴┤
                                         ├┬┴┬┤
                                   ┌──┴┴─┴┴──┐
                                   └┬┬┬───┬┬┬┘ 
                                     ├┼┤(::叉::;;,..├┼┤
                                     ├┼┤(´∀`リ├┼┤
                                     ├┼┤ U U .├┼┤
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧    !
              ( ・∀・)  ( ・∀・) (∀・  )    |ヾ サ ッ
              ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
                `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ


                                         ├┴┬┴┤
                                         ├┬┴┬┤
                                   ┌──┴┴─┴┴──┐
                                   └┬┬┬───┬┬┬┘ 
                                     ├┼┤(::叉::;;,..├┼┤
                                     ├┼┤(´∀`リ├┼┤
                                     ├┼┤ U U .├┼┤
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧_∧.  ∧_∧   ∧_∧
              (   ・∀) (    ・) (     )
              ( ⌒つ() ()と⌒ )  と ⌒ヽ
                `'(_)_). (_(_)"   (__入_ノ


102 名前:ジェロニモ ◆sai/angedc  [] 投稿日:03/07/30(水) 03:58 ID:bxqXHvvl


      \ ぎゃー。/
   ┌───────┐
   └┬─┬─┬─┬┘   
     ├┬┴┬┴┬┤          【王様の耳は】( ・∀・)の井戸 2本目【ロバの耳】
     ├┴┬┴┬┴┤ww       http://aa.2ch.net/test/read.cgi/mona/1053223158/l50
   ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄  ⌒


104 名前:( ´∀`)さん [sage] 投稿日:03/07/30(水) 18:55 ID:JStaMYIs

>>86-102
禿藁。でもコマ数的にビデオ棚向きかも。



105 名前:( ´∀`)さん [sage] 投稿日:03/07/30(水) 20:03 ID:Bj5qoUtb

井戸はこのスレから生まれたから里帰りということで。おもろかったしw




関連記事
ランダムジャンプ

| 09:28 |コメント(0)
カテゴリータグ: モナーのネタ帳 モララーのビデオ棚 2003 カオス・ナンセンス・シュール系(2003) カオス・ナンセンス・シュール系 歴史・民話・事件・逸話系(2003) 歴史・民話・事件・逸話系

|

<< 大学生のヒソカ | HOME | 教師、生徒の前で包丁を振り回す >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV