やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2022/01/15(土) 送る

カテゴリータグ:えんがわ氏の短編集 オリジナル系 オリジナル系(2018) 2018 モララーのビデオ棚

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



3 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:32:22


━━━━━━━━━━━━━━━━━
          送る
━━━━━━━━━━━━━━━━━

4 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:32:54


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |   それでは、足袋に草鞋を                |
   \_____________________/

5 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:33:41


         ∧_∧
        ( ・∀・)
        (    つ目
        | | |
        (__)_)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  兄は黙してゾウリのような草鞋を受け取り、

             棺へと向かい、

                      母の足にそれを履かせる。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

6 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:34:11

        ,,@@@@
       @,,゚д゚)
       (    )  ∧_∧
       | | |   (∀・  )
        (皿ii皿) と    J 
              | | |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  その動きはゆるりとしながらスムーズで、滞りが無い。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

7 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:34:43


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |     ついで、弟さんは、手甲を              |
   \_____________________/

8 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:35:15

  ∧_∧
 ( ´∀`) ,) )
 (    つ□
 | | |  ) )
 (__)_)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  手甲は、手の甲に付ける四角い布で、四方に凧のような紐が垂れている。

  それを母に付けさせる。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

9 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:35:50

        ,,@@@@  ∧_∧
       @,,゚д゚)  (Д`  )
       (    )と^    )
       | | |  | | |
        (皿ii皿) (__)_)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  腕が思ったよりも軽く、

           そして思っていた以上にひいやりと冷たかった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

10 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:36:20


        ,,@@@@  ∧_∧
       @,,゚д゚)  (Д`  )
       (   □ と^    )
       | | |  | | |
        (皿ii皿) (__)_)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  簡単な作業なのに、

     妙に定まらないというか、この位置で本当に良いのかと惑い、

         時間をかけてしまった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

11 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:36:51


    ____
   ∧     ∧
  ∧ ,,@@@@ ∧
 Ⅷ @,,゚д゚)   Ⅳ
 .Ⅷ ◇   □  Ⅳ
  Ⅷ | | |  Ⅳ
  .Ⅷ (皿ii皿)Ⅳ  ∧_∧
   .Ⅷ____Ⅳ (Д`  )
            (    )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  最後まで母に見せるのは不器用な息子の姿だ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

12 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:37:24

 ∧ ∧
 (*゚ー゚)
 [Ul]] |
  |  |
  U U
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  次いでショートカットのおばさんが、何やら荷物箱をごそごそする。


  しばらくして、死に化粧の用意だとわかった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

13 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:38:03

            ∧∧
       ,,@@@@ (ー゚*)
      @,,゚д゚) と  )
      ◇   □ ( つつ
      | | |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  紅をひく。
          頬を塗る。
                   所作は一筆書きのように早い。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

14 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:38:35

       ,,@@@@
      @*゚д゚) 
      ◇   □
      | | |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  霞んでしまった顔に、見る間に色が宿る。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

15 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:39:09




               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |  綺麗です。生きている時みたいだ                               
       ,,@@@@    \_  ____________________
      @*゚д゚)       V
      ◇   □     ∧_∧  ∧_∧
      | | |    (∀・  )  (Д`  )
               (    )  (    )

16 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:39:41




              
                                           
       ,,@@@@   
      @*゚д゚)       
      ◇   □       ∧_∧
      | | |       (Д`  )
                  (    )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   僕の見ていた母は、家で化粧水もせずに、

        高い声で愚痴を言いながら、台所のテーブルを布巾で拭いている姿だ。


   だから、生きている、という形容が何か空しく聞こえた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

17 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:40:15

       ,,@@@@
      @*゚д゚) 
      ◇   □
      | | |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   生きているみたい、だけど、その生は母の生活とは離れたものだ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

18 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:40:50


    ____
   ∧     ∧
  ∧ ,,@@@@ ∧
 Ⅷ @*゚д゚)   Ⅳ
 .Ⅷ ◇   □  Ⅳ
  Ⅷ | | |  Ⅳ
  .Ⅷ (皿ii皿)Ⅳ  
   .Ⅷ____Ⅳ
           
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   そうだ、母は死んだのだ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

19 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:41:39

  *


アクセスカウンター



20 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:42:10






                          ∧_∧
                          ( ´∀`)
                     _ , ┏(    J
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀・ )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ (┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   朝の台所は冷房がまだ行き届いていなく、熱がまだ滞っていた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

21 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:42:43



      . ._.~x、 / ̄ ̄ ̄ヘ ._.-x、
      .../    ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.  . .,!
      ./  ;;;;;;; .`---。≠‐'´   ゙/
      ...r:::::::::::.   .   .  .:;;;;.
      `ー--------、.-‐ "´

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   兄の作った目玉焼きは、少し焦げている。


   我が家では何時も醤油をかけてたから、

        兄がそれに中濃ブルドックソースをかけているのが新鮮だった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

22 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:43:13


         /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        | (・∀・ ) お前も、これから家で一人なんだから、  |
        |              自炊に慣れなきゃいけないぞ  .|
         \____________________/




                          ∧_∧
                          ( ´∀`)
                     _ , ┏(    J
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀・ )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ (┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||

23 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:46:05

      /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      | ( ´∀`) アニキ、俺でも、これくらいは作れるよ  |
      \____________________/


            /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | (∀- )  んっ、何だ、こんなに太っちまって。    |
           |              食事管理、出来てないだろ。 |
           |                                . |
           | .    コンビニや惣菜じゃ、どんどんメタボになるぞ |
            \____________________/



                          ∧_∧
                          ( ´∀`)
                     _ , ┏(    J
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀- )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ (┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||

24 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:46:40


                          ∧_∧
                         ( ´Д`)
                     _ , ┏(    J
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀・ )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ (┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   東京に出て働いている兄は、

    現在の過食気味の食生活が、酷い拒食症の反動だということを知らない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

25 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:47:11


             /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             | (∀・ ) 親父も、糖尿だったし。             |
             |           おふくろも、年取ってからは。     |
             |              お前もこれからなんだから   |
             \____________________/


                  /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  | ( ´Д`)    んっ、んん                |
                  \____________________/


                          ∧_∧
                          ( ´Д`)
                     _ , ┏(    J
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀・ )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ と┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||

26 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:47:43

           /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | (∀・ ) 俺も中年さ。                     |
           |        嫁さんから、                  |
           |           これ以上服のサイズを変えたら、リコンよー、なんてな
           \____________________/


                          ∧_∧
                          ( ´∀`)
                     _ , ┏(    J
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀・ )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ (┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   兄は少し笑って、お腹をさする。

     驚いたことに、ずっと痩せ身だと思っていたそれが、ふっくらしている。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

27 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:48:20

            /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            | ( ´∀`)   家系なのかもしれないね        |
            \____________________/


                          ∧_∧
                          ( ´∀`)
                     _ , ┏(    J
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀- )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ (┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||


                       /∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      | (∀- )  娘にゃ、継いで欲しくないもんだ      |
                       \____________________/

28 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:48:56



                          ∧_∧
                          ( ´∀`)
                     _ , ┏(    つ
                   .:::|\ ̄ ̄ ̄ □〇  ̄ ̄\...
                    ||;;;;\       .∧_∧\::
                    ||;;;;;;.::\   〇□(∀・ )  \
                    '' ;;;;;;;;;;;ヽニニニニ と┏┳┓ニニi
                         |l ;;;;;;;;;;;; l┣╋┫:::::||

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  和やかで、久しぶりだ。

     このような空気で食卓が続けば、
             母の入院後の、味もわからないで胃に詰め込んでいる毎日から、
                           立ち直れるのかなと思った。


 兄は二日後に、東京に帰ってしまうけれど。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

29 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:49:33


  *

30 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:50:12



                      ┏━━━━┓
                      ┃ ,,@@@@.┃
                      ┃ @,,゚д゚)..┃
                      ┗━━━━┛


    ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )(,    ;)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 通夜が始まった。

 家族葬とのことだったが、

      親戚が二十人ほど、それに農協か何かの役人が数人、
      土地の関係かどこかの建設会社の部長、

                   とこじんまりとしたものだった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

31 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:50:47


             γ⌒''ヽ     
             6 ´Д` )     
             /;;;:;y/;;;;)   
              |;;;;;;;;;;;;;;;;;|          
             (__)_)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 お経を唱える住職は、父の葬儀の時のそれは体調不良で出られず、

    隣の市から呼ばれた、随分と若い、

       それでも僕よりも一回りは積んでいるのだろうけど、

                       肌の艶のいい坊さんだった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

32 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:51:41

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 お経は低音で響きながら、芯と抑揚があり、

        時に泣きたくなるほどに高くなることもあり、

              時に漢字の連なりがゆるやかに沈み、

                             会場全体を包んだ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                 :::: ::::   _ ::::  ::::   
                ::::::    ,。´ °` 、  ::::
               ::::::    /  _   _  ヽ ::::
                ::::   ! ´ 、___, ` |  ::::
               ::::    ヽ  i─丶  ノ   ::::  v、
              ::::::    ,.ィ´::ヽヽァ  //:ヽ  ::::_∞。ソ` 
                ::::  /:::::::::::::::|fα//::::ィ::ヽィ'´/_))8
                ::::::   {:::::::イノヽ_て/::::::::ノ:::::/^´8 8
               :::::  ヽ:::::::::::::://:::::ヾ:::::::ノ  ::::8 8
              ::::    ヽ/-‐''´∞===={`´  ::::8∞
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 坊さんって言うのは、歌手なんだなみたいな、鎮魂歌なんだなみたいな、

        自分の言葉にすると悔しいほどに軽くなってしまうけれど、

                         お経は母を送る歌声に聞こえた。


 産声の対極にある、終わりを祝うような。


 ダメだ、自分が言うと、どんな思いも軽くなってしまう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

33 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:52:15


               ∫∬∫∬   
                 iiiii iii ii iiii    
              ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)   
           ∧_∧____|   
           (  ´Д)
           (    )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  焼香の所作。

  茶黒い香を摘み、額の高さまで持ちあげ、少し念じ、香炉の中に落とす。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

34 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:52:47



               ∫∬∫∬   
                 iiiii iii ii iiii    
              ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)   
           ∧_∧____|   
           ( ;´Д)
           (    )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  頭ではわかっていても、直ぐ前に兄が見本のようにきちんとしたのを真似ても、

         どうにもぎこちないものになってしまった。


  自分でも実感する。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

35 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:53:22


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  三十分。

 僕の太った足は悲鳴をあげ、これ以上は保ちそうもなかった。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

36 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:53:57



       ∧_∧
       (;´Д`:)
       | , ⊂_入
       し(⌒つ'´)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  正座を崩し、あぐらへと変える。

  事前に正座の補助をする椅子を勧められ、「いーよ」と強がった結果が、これだ。

  兄も親戚も何も見なかったように、平然と葬儀を続ける。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

37 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:54:27




       ∧_∧
       (;´Д`:)
       | , ⊂_入
       し(⌒つ'´)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  そのまま葬儀は滞りなく終わった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

38 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:55:01

  *

39 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:55:33

  |______ _ _____ ∧∧___________
/ ∧_∧ _______    (,,゚Д)    ∧_∧        ∧,,∧
  (  ´Д) /          /(  J    ( *・∀)/ ̄ ̄ ̄ ̄(-O*)~)
   (   J   |__|      /::  |  |     (   つ|__|     |__|と  i
   (  /          /     UJ     ( /           /  )
      |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|                |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|  ̄
                    ∧_∧        (( ))
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  終わった後の宴会のような送別会のような宴で、

   礼儀良くそれでいて朗らかに酒を注ぎ、会話を運ぶ兄を、テーブルの隅でじっと見ていた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

40 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:56:10

  |______ _ _____ ∧∧___________
/ ∧_∧ _______    (,,゚Д)    ∧_∧        ∧,,∧
  (  ´Д) /          /(  J    ( *・∀)/ ̄ ̄ ̄ ̄(-O*)~)
   (   J   |__|      /::  |  |     (   つ|__|     |__|と  i
   (  /          /     UJ     ( /           /  )
      |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|                |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|  ̄
                    ∧_∧        (( ))
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  酔ったとき特有の場を考えない大きな声で、

         親戚のおじちゃんがこう言ったのを覚えている。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

41 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:56:47



                                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                      |  しっかりしてるな、琢也兄ちゃんは。
                                      |    ほんとに、大したもんだ。母ちゃんも安心してるだろ。
                                      |      出世頭だし、孫の姿も見せたし、孝行息子ってなもんだ
                                      \__  ______________
                                          ∨


  |______ _ _____ ∧∧___________
/ ∧_∧ _______    (,,゚Д)    ∧_∧        ∧,,∧
  (  ´Д) /          /(  J    ( *・∀)/ ̄ ̄ ̄ ̄(-O*)~)
   (   J   |__|      /::  |  |     (   つ|__|     |__|と  i
   (  /          /     UJ     ( /           /  )
      |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|                |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|  ̄
                    ∧_∧        (( ))

42 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:57:19

  *

43 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:57:52




         ∧_∧
         ( ´∀`)
         (    )
                 ∧_∧
                 ( ・∀・)
                 ノ    つへ
                と_人_  ヘ_)
                   ( __)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  葬儀から二日後、兄は家を出て行った。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

44 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:58:24




   ∧_∧
  ( ・∀・)       ∧_∧
  /   ./^)      (∀`  )
 と_/(   ノ^ヽ、    /     |
             と_/( ⌒ヽ^ヽ、
                 ̄`ー'`ー'

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  前日、色々と話した。

  東京でこれから会議だの、
     娘がお遊戯会で準主役だっただの、
          これで臨時の小遣いの余りが貯まってラッキーだなど。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

45 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:58:54

       ∧_∧
    .  ('(,,・∀・)
      ヽ    )
       | | |
       (__)___)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  お前、しっかりやれよ。
                 頼れるのは自分なんだからな。

  とそのまま慌ただしく玄関から仕事場へスーツ姿で向かっていった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

46 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:59:26

  *

47 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 21:59:59



           ∧_∧
           ( ´Д`)
           (    )
           | | |
           (__)_)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 誰もいない空間で、葬儀の、人が一人死ぬということの、

       欠けたものを短時間で埋めようとすることの、

             その忙しい時間が過ぎたあと、ちょっとした、考える時間ができた。


 これから、嫌というほどある時間だ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

48 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:00:33


           ∧_∧
           ( ´Д`)
           (    )

                   l ̄i ̄l
                   l ̄l ̄l
                   i ̄ ̄ ̄ ̄:::i
               [_| ̄:::::::::::::::. -┰ '´
               _ll ̄ ̄|| ̄   ||
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 視界の端っこに、上に段ボールが積まれているピアノが映った。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

49 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:01:06



             ♪       /\/                 ♪
                    ♪                     \/V
                 ヽ::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::)
                  ∧_∧::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::ノ
                ( ´∀`)///≡≡≡≡≡≡≡)
             .  ( っ ', //≡≡≡≡≡≡_,ノ::i!
               |  /i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::ノ
                [_| ̄::::::::::::::::::_,,.. -――┰ '´
                _ll ̄ ̄|| ̄ ̄       ||
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 子供の頃、男の僕と兄に、ピアノ教室に通わせた母。

 きっと母も幼いころに、その流れる音色に憧れていたのだろう。

 だけど、やっぱ恥ずかしくて、小4で止めちゃったな。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

50 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:01:43



      _、+''"~ ̄: ~"''*、
    /___: :/ : : /: : /: :ミh
    ./⌒_!~"''*、_/: : /: : \:
   く /{,, ~"''*、::::(: : /: : :/: :.\、
      i   、  \:\、: :/: : /:.∧
      丶,,: ::::::  \≧s。.: :/ 
        \,,.    `、::::マ:::::::/  
           `--、,,..... マ::}::/
                  `"´
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 小学生の時、給料日にまぐろの赤みを沢山買って、お寿司を握ってくれた母。

 おにぎりみたいにでっかくて、ワサビの量は当たり外れってくらい、まちまちだった。

 だけど美味しかったな。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

51 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:02:16


       ┌────────┐
       | ,,@@@@(       |
       | @*゚д゚γ⌒∧∧  |
       | (   (⌒)(,,゚Д゚) ,,|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 その余ったまぐろのブツを猫にやっていて、その猫を本当に可愛がっていたっけ。


 愛猫と映った写真の顔は本当ににこやかで、

     富士山の入り口で撮った自慢のアルバムのトップのそれよりも、らしくて、僕は好きだった。


 コロと名付けられた彼も、いなくなったのはもう大分前だ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

52 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:02:51

     ||____,O||    | ||[]ll/ll||                  || .  ||| ..\
  .ε= ||#######||    | ||====||                  ||   .|||   ||\
___||#######||__|_||lllll llll||日________|| .  |||   ||φ\
               ̄ ̄ ̄                 \  |||// ||[])) ||ゞ、
                                ∧_∧ \|||__||_,,,||IIIIゞ、
                                 ( ´Д` )   \_||_,,,||IIIIIIIl|| 
___                         ,(    )     \||_,,,||IIIIIIII||
 ==   |     i\ ̄ ̄ ̄= 匸  ̄ ̄ ̄\    | | |       \_||IIIIIIII||  
      |      \\({了 _,,,,,,_     匸\  (__)_)        \||IIIIIIII||   
___|_   .   |_\\ i'、 ###ヽ      ii \                    ヾIIIIII||
      ||           \\`iー--'i        \           .   ヾII|| :
      ||           \\ ̄           \         .      \
      ||              |_\i二二 二二二 二二二 i     /ミヽ__,      ∫
 ̄ ̄ ̄                                ~i,)彡i )     ∫ \
                                     ヾミ/|.|      n_n   \
                                      //_ヽ    ( ;;~)   \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 そんなことを思い。

 今までそんなことを思い出せず、死後の手続きや葬式と言う儀式に急かされていた自分。

 そんなことを、葬儀で親戚やこれまでの知人、兄にも語り合えなかったこと。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

53 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:03:22

     ||____,O||    | ||[]ll/ll||                  || .  ||| ..\
  .ε= ||#######||    | ||====||                  ||   .|||   ||\
___||#######||__|_||lllll llll||日________|| .  |||   ||φ\
               ̄ ̄ ̄                 \  |||// ||[])) ||ゞ、
                                ∧_∧ \|||__||_,,,||IIIIゞ、
                                 ( Д )   \_||_,,,||IIIIIIIl|| 
___                         ,(    )     \||_,,,||IIIIIIII||
 ==   |     i\ ̄ ̄ ̄= 匸  ̄ ̄ ̄\    | | |       \_||IIIIIIII||  
      |      \\({了 _,,,,,,_     匸\  (__)_)        \||IIIIIIII||   
___|_   .   |_\\ i'、 ###ヽ      ii \                    ヾIIIIII||
      ||           \\`iー--'i        \           .   ヾII|| :
      ||           \\ ̄           \         .      \
      ||              |_\i二二 二二二 二二二 i     /ミヽ__,      ∫
 ̄ ̄ ̄                                ~i,)彡i )     ∫ \
                                     ヾミ/|.|      n_n   \
                                      //_ヽ    ( ;;~)   \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 そんなことが、何か悲しかった。

 母の死を、母への思い出で送ってやりたかった。

 いや、今からでも遅くないのだろうか。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

54 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:03:57

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  それは自分が背負っていって、少しずつ思い出したり忘れたりするものなのだろう。


  自然、軽くなっていくだろうそんな思いだけど、

      今はその重さが少し辛く、それでも何か、生きてきた重力を感じるのだった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








              ∧_∧
              (  ´Д)
              (    )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   母は、死んだのだ。

   これまで生きてきて、これからはそうではないのだ。

   ただ、その残り香のような響きを、自分の中に映して、そうして僕も生きていき、死んでいく。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

55 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:04:27

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 この夏を通して、6kg痩せた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

56 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/11(火) 22:05:01


   送る

        ─  了  ─

57 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/13(木) 20:02:33

暗すぎる…これはヒッキーですわ



58 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/13(木) 20:08:39

巣立った兄と残った弟とのすれ違いというか
兄を否定しつつも・・・、
そっちが所謂「正解」なんだろ!みたいな弟の歯痒さを感じました、乙!



59 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/14(金) 08:59:58





60 名前:名無しのAA書きさん [sage] 投稿日:2018/09/26(水) 20:19:01

>>57

新スレでっす。ビデオ棚を意識。
やー、暗いよねー。
今度は明るくなる、はず!(嘘)

>>58

なるへそー。
兄みたいに生きるのが理想ー、としつつも、やっぱドロッてしてるよねん。
こーゆー、コメント、自分の狙い通りだったり、思いがけない発見だったり、どっちも刺激になるっす。
ありがたや。

>>59

どもー。




関連記事
ランダムジャンプ

| 18:16 |コメント(0)
カテゴリータグ:えんがわ氏の短編集 オリジナル系 オリジナル系(2018) 2018 モララーのビデオ棚

|

<< 夏厨奇譚 | HOME | 仲間の絆の重要度 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV