やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2022/01/16(日) 呪われた姫君を救え!!

カテゴリータグ:2004 ◆/D8/honey2氏の短編集 モララーのビデオ棚 SF・ファンタジー系(2004) SF・ファンタジー系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2004) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



70 名前:名無しさん [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 18:57:45
==============================================================================================

呪われた姫君を救え!! 2004/11/23

==============================================================================================

71 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 18:58:11
115 名前:(1/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:47:43 ID:9ibQUVt5 [2/65]


【 呪われた姫君を救え!! 】



     私の愛する姫君に



              ∧ ∧
               ("-"*)
              ⊂ ::::⊃
              ノ ::::::ヽ
              ` ~~^


             魔女の呪いがかけられた


.

72 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 18:59:38
116 名前:(2/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:48:11 ID:9ibQUVt5 [3/65]



  誰も近づけなくなった いばらの城


                   P
                     ||
                 |::|
              ∧ △|::::|
              △田.lΠl  l.△
.             |゚゚゚|二||O||二|゚゚゚|
        __〔ニニ〕 ||⌒|| 〔ニニ〕______
        __| | || 丗 || | |_____

      その一番奥に眠る 石人形が 彼女


.

73 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 18:59:53
117 名前:(3/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:48:46 ID:9ibQUVt5 [4/65]


     彼女を心から愛する者が

      単身で城内の魔物を倒し 魔女に挑み倒すこと



          Α_Α    Α_Α    Α_Α
         ((i)皿(i)) ↑ ((i)皿(i)) ↑ ((i)皿(i)) ↑
          U  U ヽノ   U  U ヽノ   U  U ヽノ
          ( ( (    ( ( (    ( ( (
          彡彡へ>   彡彡へ>   彡彡へ>

         それが魔女が唯一許した呪いを解く鍵


.

74 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:00:10
118 名前:(4/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:49:15 ID:9ibQUVt5 [5/65]



    「 ならば私が行くしかないでしょう
      行かせて下さい 父上 母上 」

                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                                      (Д`(∀‘ | : |
         ∧_∧                         と  と  .| : |
        (  ・∀)                        | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                       (  |(  |     ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                     「 いけないよ 王子
                      オマエはたったひとりの この国の跡継ぎ 」


.

75 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:00:24
119 名前:(5/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:49:44 ID:9ibQUVt5 [6/65]


 「 婚約の誓いを交わした
   愛しいあの方の 御身に降りかかった不幸
   いてもたってもいられませぬ 」


                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                                      (Д`(∀‘ | : |
         ∧_∧                         と  と  .| : |
        (  ;-∀)                          | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                       (  |(  |     ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 「 それでもいけない 魔女の力は極悪で強大だ
                   オマエの身に何かあったらこの国はどうするのだ 」


.

76 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:00:41
120 名前:(6/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:50:29 ID:9ibQUVt5 [7/65]


                 「 それに あちらの国が魔女の手に落ちた今
                      友好の証であった オマエ達の婚約は
                              もう意味を成さないのだよ
                              あの国はもはや敵対国
                           迂闊に手を出してはいけない 」

                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                                      (Д`(∀‘ | : |
         ∧_∧                         と  と  .| : |
        (  ・∀)                        | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                       (  |(  |     ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                         「 彼女のことは忘れなさい
                           いずれアナタに相応しい王女を
                                再び探してあげましょう 」


.

77 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:00:57
121 名前:(7/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:51:03 ID:9ibQUVt5 [8/65]


「 …私は 彼女以外の女性は考えられませぬ 」


                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                                      (Д`(∀‘ | : |
         ∧_∧                         と  と  .| : |
        (  iii-∀)                           | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                       (  |(  |     ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                             「 誠実で純真な我が息子よ
                        …だが己の立場はわかっているな?
                            誰もが認めるこの国の後継者 」


.

78 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:01:16
122 名前:(8/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:52:38 ID:9ibQUVt5 [9/65]


              「 利発で心優しく育ったオマエの担うこの国の未来を
                既にどれだけの国民が期待しているか知っておろう 」


                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                                      (Д`(∀‘ | : |
         ∧_∧                         と  と  .| : |
        (  ・∀)                        | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                       (  |(  |     ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 「 そして欲と暴力を好む我らが親族ウララー家が
                    私達の座を狙ってることもわかっていますね?
                    この国の繁栄、平和、正しき自治のためにも
               アナタが退くことだけは避けなければならないのです。 」


.

79 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:01:30
123 名前:(9/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:53:05 ID:9ibQUVt5 [10/65]


                       「 可哀想な頼みとはわかっているが
                        単身で姫を救うなどということだけは
                           無謀な行いだけは慎んでくれ 」


                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                                      (Д`(∀‘ | : |
         ∧_∧                         と  と  .| : |
        (  ;-∀)                          | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                       (  |(  |     ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   「 … わかりました 」


.


アクセスカウンター



80 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:01:54
124 名前:(10/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:53:40 ID:9ibQUVt5 [11/65]
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::
         頭ではわかっても  胸の痛みと共に溢れる恋心


__
    |    |      ∧_∧
    |    |     <⌒ヽ-∀)
    |    |     /   ⌒ヽ
    |    |     /     ヽ
__|__|    <______ゝ


             全てを失っても 彼女を救いたい


.

81 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:02:30
125 名前:(11/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:54:02 ID:9ibQUVt5 [12/65]


       向かった馬小屋で  待ってたのは私の侍女
   幼い頃から私の身の世話を務めていた 今では一番の侍女頭



      ∧_∧        ∧ ∧
    <⌒ヽ・∀)       (‘-‘;,)
      /   ⌒ヽ       と  つ
    /     ヽ         |  )
    <______ゝ        U U


       「 お気持ちはわかりますが 行ってはなりません
   残された国王 王妃が どれほどお嘆きになるかおわかりですか? 」


   「 そこをどくんだよ オマエなら私の彼女を想う気持ちを
          誰よりも一番良く知っているだろう? 」


      ∧_∧        ∧ ∧
    <⌒ヽ・Д)       (‘o‘;,)
      /   ⌒ヽ       と  つ
    /     ヽ         |  )
    <______ゝ        U U


         「 えぇ 知っております
   だからこそ命がけでお諌めする覚悟で参りました
     どうしても行くのなら 私を殺して下さい 」


.

82 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:02:45
126 名前:(12/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:54:23 ID:9ibQUVt5 [13/65]


      彼女を押しのけ 強引に馬に乗り


                ∧_∧ ∧∧
              <(・∀・; )ミ  ヽ
               /⌒ヽ つミ /ヽ___)
           //  /⌒)  /
           | ヽ~^し'   i

       振り返って見た先にあったのは
    短剣で胸を突き 血を流して横たわってる彼女の姿


.

83 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:03:12
127 名前:(13/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:54:45 ID:9ibQUVt5 [14/65]


                 心で詫びを入れながら 馬を走らす


               ∧_∧ ∧∧          ∧∧ ∧,,∧
             <( ;=Д=)ミ  ヽ         /  ミミ゚Д゚,,彡
              /⌒ヽつミ /ヽ___)        (_/ ミ   U ミ
           //  /⌒)  /             i   (⌒ ,,ミ ̄ヽ
           | ヽ~^し'   /              |    し'     |

             城門の前で会ったのは 剣術師範の息子
       身分は違えども 同じ日に生まれ共に稽古してきた一番の親友




                   「 知ってるか?ここ100年の間
                  あの魔女に勝てた勇者など独りもいない
                      君の腕ごときで勝てると思うのか? 」


               ∧_∧ ∧∧          ∧∧  ∧,,∧
             <(  ;・Д)ミ  ヽ         /  ミミД゚ ,,彡
              /⌒ヽつミ /ヽ___)        (_/ ミ   U ミ
           //  /⌒)  /             i   (⌒ ,,ミ ̄ヽ
           | ヽ~^し'   /              |    し'     |

  「 負けるかもしれないが
   それでも彼女を心から愛し
   救える可能性があるのは私一人だ 」


.

84 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:03:30
128 名前:(14/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:55:14 ID:9ibQUVt5 [15/65]



                      「 だが君がこの国を治めることを放棄すれば
                         いく万という民が救われない世になるぞ 」

               ∧_∧ ∧∧          ∧∧  ∧,,∧
             <(  ;・∀)ミ  ヽ         /  ミミД゚ ,,彡
              /⌒ヽつミ /ヽ___)        (_/ ミ と   ミ
           //  /⌒)  /             i   (⌒ ,,ミ ̄ヽ
           | ヽ~^し'   /              |    し'     |

     「 …わかっている
      だから生きて彼女と帰るつもりだ 」


.

85 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:03:53
129 名前:(15/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:55:44 ID:9ibQUVt5 [16/65]


                「 その考えが 甘いと言うのだ!! 」


               ∧_∧∧_        ∧∧   彡
             <(;・∀ミ    )  ∧,,∧ ミ   ヽ  彡
              /(つミ  r'´, cミ゚Д゚# 彡 ヽ__)
           //  /⌒)∴≡=/  ミ  ミ  |
           | ヽ~^し' ((・ /    ミ⌒)    ヽ



        「 どうしても行くのなら 私を倒して行け
             私ごときを倒せない者が
               魔女に挑む資格などあるはずがなかろう 」


      ∧_∧  /   \   ∧,,∧
    <(  ;・∀)/      \ミ゚Д゚# 彡
      / ⌒ヽ つ        と   つ
    /     ヽ          ミ   ミ
    <______ゝ         U U

86 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:04:46
130 名前:(16/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:56:21 ID:9ibQUVt5 [17/65]


   彼は最期に泣きながら私に言った
    「王子の心に巣食い この国を破滅に導く姫君こそ 魔女ではないか? 」と

   己の命乞いではなく 私情に狂う私の身を哀れみ嘆き 流したであろう最期の涙


                ∧_∧
              <( ∩∀T)
    ∧,,∧        / ⌒ヽ つ
 :::::::ミ:::::::::彡      /     ヽ |
    ヽ)        <_____ゝ

        親友の血と諫言と涙を浴びて 迷う我が身

        人を愛し慕うことは これほどの罪なのか?


.

87 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:05:06
131 名前:(17/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:56:44 ID:9ibQUVt5 [18/65]


        私の命などいくつ捧げてもかまわない

     心から信頼する大事な人間を二人も失ってしまった今
         もう私は この罪なる道に進むしか…


         ∧_∧      /    /
        < ̄ ̄ヽ)    /     /
        /    |   /      /
        /     | /       /
      <___ノ


        城外で待っていたのは数百人の民
     身の不自由な者 病身の家族のいる者
     直接私が施しをした 見覚えのある者もいる


      ∧_∧
    <(  ;・∀)                        ∧_∧
      / ⌒ヽ                      ∧_∧   ∧_∧
    /     ヽ                 ∧_∧    )  (
    <______ゝ              (    ) ∧_∧
                          (    )(    )

                       「 このたびは なんという不幸に 」
                        「 おいたわしや 王子様 」


.

88 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/28(火) 19:05:38
132 名前:(18/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:57:08 ID:9ibQUVt5 [19/65]


                      「 ですが行ってはなりませぬ
                        アナタのいないこの国の未来で
                            我々貧しい者は
                      どうやって生きていけばいいのでしょう 」
      ∧_∧
    <( ;-∀-)                        ∧_∧
      / ⌒ヽ                      ∧_∧   ∧_∧
    /     ヽ                 ∧_∧    )  (
    <______ゝ              (    ) ∧_∧
                          (    )(    )

 「 しかし 姫を救う方法は
    それしかないのだよ 」


             民衆の中から 一際力強い声が

               「王子、私めが魔女退治に行きましょう」

                           ∧_∧
                           (∀ ゚ ,,)
                           (    )
      ∧_∧                  |  |  |
    <(  ・∀)                (_(_)  ∧_∧
      / ⌒ヽ                      ∧_∧   ∧_∧
    /     ヽ                 ∧_∧    )  (
    <______ゝ              (    ) ∧_∧
                          (    )(    )

89 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:18:45
133 名前:(19/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:57:35 ID:9ibQUVt5 [20/65]


        見覚えのある若者

      「あの時 王子が情けを下さって 医者を寄越してくれたおかげで
        私の妹は こうして一命を取り止めることができたのです。」


                       ∧_∧
                       (,,゚ ∀ ゚ )
                       (    ) ∧∧
      ∧_∧              |  |  | (∀゚*)
    <(  -д)            (_(_) ( ,,)   ∧_∧
      / ⌒ヽ                      ∧_∧   ∧_∧
    /     ヽ                 ∧_∧    )  (
    <______ゝ              (    ) ∧_∧
                          (    )(    )

    侍女を見殺しにし 親友を手にかけ 凍りついていた心に流れる暖かさ


      弱った妹を抱き 泣きはらしうろたえていた当時の彼と
               今の己の姿が重なる

        よかった 私は彼を救えていたのだな?


                       ∧_∧
                       (゚ ∀ ゚ ,)
                       (    ) ∧∧
      ∧_∧              |  |  | (∀゚*)
    <(  -∀)            (_(_) ( ,,)   ∧_∧
      / ⌒ヽ                      ∧_∧   ∧_∧
    /     ヽ                 ∧_∧    )  (
    <______ゝ              (    ) ∧_∧
                          (    )(    )

       「 こう見えても 私も街で一番の力持ち
         古寺院に巣食う魔物を退治したこともあります
         私に命をかけたご恩返しをさせて下さい。 」


.

90 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:19:18
134 名前:(20/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:58:23 ID:9ibQUVt5 [21/65]


  「 だがね この呪いは
   姫を心から愛する者でないと解けないのだよ 」



                       ∧_∧
                       (∀ ゚  ,)
                       (    ) ∧∧
      ∧_∧              |  |  | (∀゚*)
    <(  ・∀)            (_(_) ( ,,)   ∧_∧
      / ⌒ヽ                      ∧_∧   ∧_∧
    /     ヽ                 ∧_∧    )  (
    <______ゝ              (    ) ∧_∧
                          (    )(    )



       「 王子、 私はこの国の良き国王となるアナタと
            そのアナタの王妃となる姫のことは
          生涯誓って 心から愛し続けますよ 」


                                    ∧_∧
                                    ( ゚ ∀ ゚)
                       ∧∧          (    )
      ∧_∧             (*゚∀゚)')
    <(  ;∀∩            (,, )         ∧_∧
      / ⌒ヽ ノ                     ∧_∧   ∧_∧
    /     ヽ                 ∧_∧    )  (
    <______ゝ              (    ) ∧_∧
                          (    )(    )

    …若者の誠心誠意の言葉に 私の頑なな心は 崩された
         私は彼に自分の気持ちを託し見送り
            城に戻ることにした


.

91 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:19:51
135 名前:(21/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:59:04 ID:9ibQUVt5 [22/65]


      部屋に戻ると 泣きはらす王妃の姿


                              ||
                       ∧_∧       ||
                    (  Tっ∩      ||
      ∧_∧        /    ノ  ̄ ̄ ̄|
     (  ・∀)       (⌒(⌒ ) ____|
     (    )
      |  |  |
     (_(_)


 慎ましくも毅然とし 国中の女性の尊敬を集めるこの王妃も
       私の前では 子を想うただの母親


         ∧_∧  ∧_∧
        (  -∀)(‘っT  )
        (    つと  と )
         |  |  |  ( (  (
        (_(_) (_(_)


   「 ご心配かけました 私は今後二度と
    一人で城を抜け出そうとは 考えないと誓います 」

   翌日 亡き二人を弔いながら 同じことを誓う


.

92 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:20:13
136 名前:(22/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 19:59:33 ID:9ibQUVt5 [23/65]


    だが数ヵ月後 悲しい知らせが届いた


                   P
                     ||
                 |::|
              ∧ △|::::|
              △田.lΠl  l.△
.             |゚゚゚|二||O||二|゚゚゚|
        __〔ニニ〕 ||⌒|| 〔ニニ〕______
        __| | || 丗 || | |_____


       あの若者が 魔物に殺され
     いばらの木に 無残に吊るされていたと



      ∧_∧
     (  =∀)             _||_
     (    )    ∧∧    ̄|| ̄
      |  |  |     (  *)    ,||,,,
     (_(_)    ( ,,)   ""  ""


   またしても 私の恋心は 犠牲者を出してしまった


.

93 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:20:42
137 名前:(23/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:00:13 ID:9ibQUVt5 [24/65]


    「 あたし 泣かないよ
          おにいちゃんと 約束してたもの 」


      ∧_∧
     (  ・∀)             _||_
     (    )    ∧∧    ̄|| ̄
      |  |  |    (゚∀゚*)    ||,,,
     (_(_)    ( ,,)   ""  ""


    「 おにいちゃんが ダメだったら 私が行くの
       私の命があるのは 王子様のおかげ
       だから 私達兄妹は 国を守る王子様のかわりに
                             魔女と戦うの 」



      ∧_∧ ∧∧
     (  T∀(∀゚*)
     (    つ ,,)
      |  |  |
     (_(_)

      私はこんな健気な娘をも 孤児にしてしまったのか

           若者の墓に深く懺悔した後
           城で娘を引き取ることにした


.

94 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:21:03
138 名前:(24/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:00:39 ID:9ibQUVt5 [25/65]


         私の噂を聞いて 何人もの勇者が城にやってきた
            私の代わりに 魔女を退治してくれると

                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                               ∧_∧       (Д`(∀‘ | : |
         ∧_∧               (-∀- )      .と  と  .| : |
        (  ^ x)               (    )     | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                |  |  |   (  |(  |     ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


      あの若者のように 心底私に尽くす気持ちの者もあれば
      勇者として力試しをしたい者 名を上げたいだけの者
        父母に媚へつらうだけの者 支度金目当ての者

              いろんな者が訪れた

                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                       lVVVlVV/| : |
                               ∧_∧       (Д`(∀‘ | : |
                              (・∀・ )      .と  と  .| : |
                               (    )     | ̄| | ̄| ̄ ̄ ::|
                                |  |  |   (  |(  |     ::|
                               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          そして城に戻ってくる者は 誰もいなかった


.

95 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:21:25
139 名前:(25/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:01:06 ID:9ibQUVt5 [26/65]


       いばらの城に送る すなわち その者を殺すこと
          私は犠牲者が増えることに 耐えられず
          魔女退治に来る者を 断るようになった

 それでも私を心配し心痛める者のために 姫を諦めたフリをすることにした


   ∧_∧
   (-∀- )
   と    )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |

96 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:21:56
140 名前:(26/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:02:07 ID:9ibQUVt5 [27/65]


         魔女は卑劣な方法で 彼女の国を盗った
         だが現在かの国は 落ち着きを取り戻し
         恐怖政治の中 豊かさを見せ始めている

  そしてこともあろうに 我が国へ友好不可侵の同盟を申し込んできた


      ∧_∧
     ∩=∀=#)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ
            |U ⌒)


   いばらの城付近に攻め入る 我が国の英雄を名乗る者の一部の暴虐が
        あちらの国民の脅威に なってきているらしい

   我が国民にも 戦争の不安を募らせる日々を送らせないためにも
         これ以上私怨を 国交に持ち込めない


             …もう 私に姫は救えない


.

97 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:22:33
141 名前:(27/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:02:33 ID:9ibQUVt5 [28/65]


  私が魔女を呪う気持ちは 魔女の呪いよりも醜く強いのではないか?
          悪鬼羅刹になって 全ての犠牲を省みず
     あの城を滅ぼすことが出来たら 私はどんなに幸せだろう



       ∧_∧
     ∩-∀- )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ
            |U ⌒)

      …しかし 私を慕う民が 私のこのような心の内を知れば
             どんなに落胆するだろうね

         結局私は なんの身動きもできない





       ∧_∧        ∧∧
     ∩・∀・ )      (゚∀゚*)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ       (  ,,)
            |U ⌒)     UU

           「 お疲れでしたら 寝室でお休み下さい
                こんなところでは お体に触ります 」


.

98 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:23:07
142 名前:(28/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:03:09 ID:9ibQUVt5 [29/65]


    あの時 私を心を溶かしてくれた 悲しき恩人の妹
      私の侍女として仕え 手元で育っている娘



       ∧_∧        ∧∧
     ∩ ・∀・)      (゚∀゚*)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ       (  ,,)
            |U ⌒)     UU

           「 王子の無念は わかります
             私も剣の稽古も魔法の勉強もしております
                   いずれ 私が魔女に勝てるように
                     一人前になるまで お待ち下さい 」


 「 それはもう いいのだよ
   オマエまで亡くしてしまっては
   オマエの兄に申し訳が立たない 」


       ∧_∧
       (,,  -∀) ∧∧
       /   つ (∀゚*,)
      (_ ⌒))  (  ,,)
        (_))   UU

           「 王子のお許しがなければ
             私は 兄の敵討ちということで 魔女と戦います 」


.

99 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:23:35
143 名前:(29/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:04:14 ID:9ibQUVt5 [30/65]


          「 …希望を失わないで下さい
            澄んだ魂を曇らせないで下さい
            復讐心なら全て私が背負います 」


       ∧_∧
       (  ・∀) ∧∧
       /   つ (∀゚*,)
      (_ ⌒))  (  ,,)
        (_))   UU


      情けないことに 彼女のそんな言葉に救われる


        ∧_∧
       ( -∀-)_     ∧∧
        U U ヽ || ∇ (∀゚*,,)
        (⌒(⌒ノ=rf ===c  )
        し'し'__i__|   (/"ヽ)


       私の一番愚かで醜い 心の内を知る侍女
           彼女の人をも殺す術の鍛錬を
        嬉しい想いと 後ろめたさの中で聞く


.

100 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:24:00
144 名前:(30/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:04:57 ID:9ibQUVt5 [31/65]


          十年の月日が流れ 父は崩御し
               王位を継承する

                                       § §§ §
                                           ||三| :|三| : |
                                           ||三lVV/| : |
                                           || (-‘ | : |
         ∧VVVl                             || と  .| : |
        (  -∀)                           | ̄| ̄| ̄ ̄ ::|
        /   と)                             | (  |    ::|
      ,‐(_  ̄l                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      し―(__)                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          …これで一切の我儘が できなくなるな
     望みのない石になった姫を 今更后にと願う国民などもはやいない
          私はいずれ 一番国益をもたらす婚姻を
                結ぶことになるだろう


.

101 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:24:24
145 名前:(31/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:05:24 ID:9ibQUVt5 [32/65]


       一方 いばらの城の方は

私が姫を諦めたという話の後も 目指すものは少なくなかった


                   P
                     ||
                 |::|
              ∧ △|::::|
              △田.lΠl  l.△
.             |゚゚゚|二||O||二|゚゚゚|
        __〔ニニ〕 ||⌒|| 〔ニニ〕______
        __| | || 丗 || | |_____


  「 あの城には 呪われた美しい姫君が
                  石像の姿で眠る 」

     という噂は既に世界中に広まっている

      私と姫のことなど知らぬ勇者が
      次々とあの城に挑んでは散った


.

102 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:24:59
146 名前:(32/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:06:01 ID:9ibQUVt5 [33/65]


         もう諦めたこととはいえ
 見知らぬ他の男が 姫の美しさだけを目当てに
   こぞってやってくる浅ましさには 心底参る



        ∧_∧      ∧∧
       ∩∀-iii)_    (゚∀゚*)
        ヽ U ヽ ||    |  U
        (⌒(⌒ノ=rf .   |  )
        し'し'__i__|    U"U


    …それでも 石になった彼女を救える者が
        いるに越したことはないが …

 私以外の 彼女の美しさに恋する者に救われたら
        彼女と彼女の気持ちは
     果たして誰のものになるのであろうか?

私が手を出せぬほどの 野蛮な者の手に落ちなければよいが…


.

103 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:25:38
147 名前:(33/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:06:46 ID:9ibQUVt5 [34/65]



               「 ご心配なさらぬように
                 魔女を一撃で亡き者にする 剣魔法
                 時間はかかりましたが
                 次の満月の晩には会得しようと思っています」


        ∧_∧       ∧ ∧
       ( ・∀・)_     (∀゚*,,)
        U U ヽ ||    |  U
        (⌒(⌒ノ=rf.     |  )
        し'し'__i__|     U"U


   賢く武芸にも秀でたあの娘は 今は護衛も兼ねる私の侍女頭



  「満月?」
             「 えぇ これを会得するのには
               修行だけではダメなのです
               私自身 魔女になり その一撃において
                  彼女を上回らなければなりません 」


        ∧_∧       ∧ ∧
       ( ・∀・)_     (∀゚*,,)
        U U ヽ ||    |  U
        (⌒(⌒ノ=rf.     |  )
        し'し'__i__|     U"U


.

104 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:26:12
148 名前:(34/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:07:13 ID:9ibQUVt5 [35/65]


  「では 悪魔と契約を行い 本物の魔女になるつもりと ?
   それを行う人間は 強大な力を得たとしても
   ゆくゆく地獄の業火を 浴び続ける運命になると 」

              「 わかっておりますよ
                でも 私の命というのは
                 この為に使うべき物だと考えています 」


        ∧_∧       ∧ ∧
       ( ;・∀・)_     (∀゚*,,)
        U U ヽ ||    |  U
        (⌒(⌒ノ=rf.     |  )
        し'し'__i__|     U"U



  「 私のために オマエがそんな
    運命を辿ってはいけない 」


        ∧_∧    ∧ ∧
        (  ;・∀)  (∀゚*,,)
        (    つ  |  U
         ) ) )    |  )
        (_)_)   U U

               「 王子のためだけでは ありませんよ 」


.

105 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:26:41
149 名前:(35/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:07:52 ID:9ibQUVt5 [36/65]


   「 あの優しかった兄が 強かった兄が

      無残に殺され その死を辱めるように

          吊るされていた姿  」



             ∧ ∧
             (;;;∀;;;)
              U;;;;;;つ=l二フ
             |;;;;;;;;|
              (/"ヽ)

  「 私はあの時から 我が身もろとも あの魔女を
                   地獄に葬り去る覚悟です 」


.

106 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:27:19
150 名前:(36/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:08:26 ID:9ibQUVt5 [37/65]


 「 王子 いえ 国王
   あなたは 多くの人から愛され慕われ
   ご自分の感情を殺してでも
   そこに存在せねばならぬ身

              私は身よりもなく 代わりはいくらでも入る ただの侍女
              自分の感情通りに単身復讐をしようが
              何も失うものなどない身 」


        ∧_∧   ∧ ∧
        (  ;・Д)  (゚∀゚*)
        (    つ と   つ=l二フ
         ) ) )    |  )
        (_)_)   U U

  「 昔も申したでしょう 私ならアナタの負の心も背負えます 」


    彼女の魔女退治は 私の念願でもあった
    だが次の満月には この娘は魔女になる…?



        ∧_∧           ∧ ∧
        ( ;-Д-)           (*゚∀゚)
        (    )          と   つ=l二フ
         ) ) )           (  |
        (_)_)           U U


.

107 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:27:44
151 名前:(37/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:09:18 ID:9ibQUVt5 [38/65]



        そんな中 大きな噂が持ち上がった
    海の向こうの大陸を 物凄い勢いで統一している
     某国の若く美しい王子が いばらの城の姫に
             恋焦がれていると


         ∧ ∧
         (,,゚Д゚)
          U  |
         (  |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
                    /

      …ふざけた国も あったもんだ
 一国の王子に そんな賭けじみた冒険をさせるだなんて


.

108 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:28:14
152 名前:(38/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:09:49 ID:9ibQUVt5 [39/65]


     その王子の別の噂も聞く 非常に感情的で一本気
    己の怒りに触れる者は 正義の名の下に容赦なく切ると

 「 …私にもそんな強さがあれば
   姫を救えたのかもしれなかったな 」

             「 蛮勇と国を治める強さは違います
               今この国がこうして平和なのは
               国王の つらくも強いご英断の積み重ねです 」

        ∧_∧       ∧ ∧
       (-∀- )_     (∀゚*,,)
        U U ヽ ||    |  U
        (⌒(⌒ノ=rf.     |  )
        し'し'__i__|     U"U



 「 …彼なら姫を救えるかもしれない… 」

             「 その前に私が行きます
               私が魔女を倒し 姫を王の元へ 」

        ∧_∧    ∧ ∧
       (-∀- )_ (∀゚*,,)
        U U ヽ || |  U
        (⌒(⌒ノ=rf. |  )
        し'し'__i__| U"U


.

109 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:28:43
153 名前:(39/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:10:23 ID:9ibQUVt5 [40/65]


 「 …今の私はね…
  姫のことよりも
  オマエが魔女になってしまうことの方が
  つらくてたまらないんだよ 」

         ∧_∧ ∧ ∧
        ( ;=∀=)(∀゚;,,)
        U   つと  |
        (⌒(⌒ノ=rf|  )
        し'し'__i__|U"U


  決して表では表せぬ感情を共有してきた彼女
   私の悲しい恩人の残した たった一つの形見

      このままたった一人で
       悪魔に魂を引き渡した
   漆黒の世界に放り込めるワケがない

        ∧_∧ ∧ ∧
        (  T∀)∀゚;,,)
        (    つ  U
         ) ) ) |  )
        (_)_) U U


.

110 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:29:15
154 名前:(40/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:11:00 ID:9ibQUVt5 [41/65]


    長年愛した姫への 裏切りとわかってる
        それでも止められない
       この娘に 感じる愛おしさ


         ∧_∧∧ ∧
         (    T)゙;,,)
         (    つ U
          ) ) )  )
         (_(_)UU

 自分のそば以外の 他のどんな世界にもやりたくない
もう戦いも復讐も忘れさせて ただ幸せにしてやりたい




        ∧_∧         ∧ ∧
        ( -∀-)         (;゙∀゙)
        (    )         | つO
         ) ) )         (  |
        (_)_)         U U


  魔女になる決心をするほど 心の凍てついていた娘は
    そんなこと考えたことなどなかったのだろう
        しばらく迷っている様子だった


.

111 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:29:44
155 名前:(41/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:11:26 ID:9ibQUVt5 [42/65]


      娘の出した答えは
      「 魔女にはならない これからもそばで仕える
        だが私が姫を想う気持ちは 持っていて欲しい 」 と

        ∧_∧
        ( ・∀・)
        (    )        ∧ ∧
         ) ) )        (∀゙; ⌒)
        (_)_)         U( つつ


     彼女に言わせれば 姫を一途に想う私の姿が
       自分を強くする支えでもあったと

        ∧_∧
        ( =∀=)
        (    )        ∧ ∧
         ) ) )        (∀゙; ⌒)
        (_)_)         U( つつ

       強くなることしか 考えてなかった彼女に
        急に自分に向けられ 求められた愛は
    人生をも脅かす とまどいになってしまっているのだろう


.

112 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:30:19
156 名前:(42/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:12:00 ID:9ibQUVt5 [43/65]



    彼女は今更 私の権力の前で 服従しているのではない

       人生の一番の目的 復讐を諦めてくれたのは
     私をつらい目に合わせたくないという心配りだろう?


          ∧_∧          ∧ ∧
          ( -∀-)         (,,;゙∀)
          (    )          | U |
           ) ) )            (   |
          (_)_)          U U

    いつかその好意が 私を頼る気持ちになってくれたらと願い
              私は待つことにした

        …もう届かない遠くの石になった姫を諦め
            近場の石の心を持った娘に
                乗り換える…か

                情けない卑怯者


.

113 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:30:52
157 名前:(43/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:12:43 ID:9ibQUVt5 [44/65]


   海を渡ってきた王子の強さは
     この近辺を脅かし続けた魔女の比ではなかった

          しかも悪魔との契約などではない
           先天的に備わっていた力が
  修行や怒りで 人智を超える勢いで強化していくというから凄い


         ∧ ∧    .,, ;; ''::;;,, .
         (#゚Д゚);::'"       "'::;;;; ;;.;,;.;,,;.;,,;.;,;.:.::,:,:,::,::::::.:
          | つ;::::::::
         (  |"。'::;;,,::::::     .,,, ;; ;;.;,;.;,,;::;.;;,;;,;;.;,,;.:,:,:,::,:.::,
         (/"U      "; ;;  '"


       いわゆる 少年誌的伝説の勇者
          実はこの物語の主人公


.

114 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:31:37
158 名前:(44/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:13:16 ID:9ibQUVt5 [45/65]


  既にその強さと奔放さで
  彼は単身その怒りに任せて 悪政をする国に乗り込んでは
  その国の「許しがたい魔王」を討伐していた


     ∧ ∧
     (,, ゚Д)
      |  つ┼──               ○
     (  |                    大
      (/"ヽ)

┌───────────────――──────────┐
| ギコ王子の会心の一撃!! チビ魔王に135のダメージ!  .|
| チビ魔王は倒れた!!ギコ王子に67の経験値!        |
| ギコ王子はラギを覚えた!                      |
└──────────────────────――───┘



 そんな彼がある日 呪われた城の噂を耳にする

  世にも美しい姫が 悪い魔女に魔法をかけられて
          石にされてしまってる


     ∧ ∧
     ( ゚Д゚)
     | つ/⌒/
     ヽ ⌒)^)
     | ̄し'U

      地元付近には元婚約者もいたそうだが
      魔女を恐れ 戦おうともせず放置

    ならば この気の毒な姫を魔の手から救うのは
            自分だろう


.

115 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:32:05
159 名前:(45/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:13:54 ID:9ibQUVt5 [46/65]


     北の祠の巫女より 神の導きの言葉を貰い
     愉快な商人の手伝いをして船を手に入れ
      途中 竜宮を苦しめる魔物も退治して
         伝説の剣も手に入れて

        王子はいばらの城へ突き進む


         ∧ ∧
         (,,゚Д゚)
          U  |
         (  |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/



       城の全ての魔物を殺し

         ∧ ∧    .,, ;; ''::;;,, .
         (#゚Д゚);::'"       "'::;;;; ;;.;,;.;,,;.;,,;.;,;.:.::,:,:,::,::::::.:
          | つ;::::::::
         (  |"。'::;;,,::::::     .,,, ;; ;;.;,;.;,,;::;.;;,;;,;;.;,,;.:,:,:,::,:.::,
         (/"U      "; ;;  '"

    魔女も吹き飛ばした王子が 奥の間で出会ったモノ


.

116 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:32:33
160 名前:(46/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:14:19 ID:9ibQUVt5 [47/65]


        それが彼女


              ∧ ∧
               ("-"*)
              ⊂ ::::⊃
              ノ ::::::ヽ
              ` ~~^

                私が愛した姫の時を止めた姿



      彼女の美しさなら 私が一番良く知っている
         彼は姫に本当に一目惚れして
      彼女にかかった呪いを解いたんだろう

             *
         ∧ ∧ ∧ ∧   *
         (,,*゚Д)(o ゚*,,)
          |  つOと |   *
         (  | /  ヽ
           UU <___>


.

117 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:33:00
161 名前:(47/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:14:42 ID:9ibQUVt5 [48/65]


               「 ここは…? 」

  「 魔女の城です アナタを石に変えた
    悪しき魔女は この私が成敗いたしました」


         ∧ ∧ ∧ ∧
         (,,゚Д゚) (,,*゚ o゚)
         と  つ Oと |
         (  | /  ヽ
           UU <___>




               「 あなたは…? 」

  「 囚われになったアナタの噂を聞き
   海を越えてやってきたギコ王国の王子です
   この呪いは心からアナタを愛する者にしか解けないと聞き
    こうして馳せ参じました 」


         ∧ ∧ ∧ ∧
         (,,゚Д゚) (o ゚*,,)
         と  つ Oと |
         (  | /  ヽ
           UU <___>


.

118 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:33:30
162 名前:(48/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:15:13 ID:9ibQUVt5 [49/65]



    「 そうだったのですか ありがとうございます
      でも私には 定められた婚約者がいるのですよ 」


         ∧ ∧ ∧ ∧
         (,,゚Д゚) (-゙;,,)
         と  つ Oと |
         (  | /  ヽ
           UU <___>

   「 知っています アナタのご親族が亡き者にされ
           アナタが眠りについて十余年
       一度だって魔女討伐をすることもなく
          魔女が治めていたアナタの国と
    友好不可侵の同盟まで結んだ臆病者のことですね 」



          「 十余年? 私はそんなに眠っていたの?
            彼は本当に私を助けてくれなかったの? 」


         ∧ ∧ ∧ ∧
         (,;-Д)(o ゚;,,)
          |  つ と |
         (  | /  ヽ
           UU <___>


 「 申し訳ありません 私の言葉も迂闊でした
   何か事情があったのかもしれません
   現在では国王になっている アナタの婚約者の元に参りましょう 」


.

119 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:34:09
163 名前:(49/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:15:45 ID:9ibQUVt5 [50/65]


  「 人々は呪いを解かれた我が身を祝福してくれます
    ですが父も母も知った家来もいなくなったこの国では
                     身の置き場がありません 」


        ∧ /∧ ∧ ∧∧
       (゚Д゚(゚- T*)ミ   ヽ
        | つ∩  |ミ  /ヽ_)
    / ̄( ⌒)´)´ )  /
    |    し' し'し'   i

「 …モララー王国がアナタを受け入れて下されば
   よいのですが。 」



 「 …アナタの言ってたことは 真実です
    誰に聞いても 彼は私を一度も 助けに来なかったと
     私のことなど 魔女の手に落ちた時点で
      その心から 切り捨てられたのかもしれません 」


        ∧ ∧∧ ∧ ∧∧
       (,, -Д)*Tっ)ミ   ヽ
        |  つ/ つミ  /ヽ_)
    / ̄( ⌒)´)´ )  /
    |    し' し'し'   i

 「 姫はそれほどまでにモララー国王をお慕いしていたのですか? 」


.

120 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:34:28
164 名前:(50/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:16:22 ID:9ibQUVt5 [51/65]


 「 遠く離れた私の国でよろしければ
   私の妻となって来てくれませんか? 」


       ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧
       (,,゚Д゚)(゚- ゚*)ミ   ヽ
        |  つ/ つミ  /ヽ_)
    / ̄( ⌒)´)´ )  /
    |    し' し'し'   i



  「 …もちろんそれはモララー国王に逢ってからお考え下さい 」



       ∧ ∧ ∧ ∧ ∧∧
       (,, ゚Д)( *゙ -)ミ   ヽ
        |  つ/ つミ  /ヽ_)
    / ̄( ⌒)´)´ )  /
    |    し' し'し'   i

121 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:35:08
165 名前:(51/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:17:30 ID:9ibQUVt5 [52/65]


    私に出来ることといえば 勇者と姫君を盛大に迎えること

        十余年 思い焦がれてた君を
     あの当時の美しい姿のまま 見ることができて
        私は心の底から 嬉しかったよ


        ∧ ∧  ∧ ∧   lVVV∧
         (,, ゚Д) (,,*゚ -) (∀;  )
         | U|  | U|っと    )
        (  |  /  ヽ  ( (  (
         U U <____> (_(__)

     だけど君は その分年をとった私に
            驚いたようだったね



           そして私に尋ねた

        ∧ ∧  ∧ ∧  lVVV∧
         (,, ゚Д) (,*Tっ) (∀・; )
         | U|  | U|っと    )
        (  |  /  ヽ  ( (  (
         U U <____> (_(__)

     「どうして アナタが助けに
      来て下さらなかったのですか?
      私の父母の仇をとってはくれなかったのですか? 」


.

122 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:35:39
166 名前:(52/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:18:00 ID:9ibQUVt5 [53/65]



        …言い訳はできなかった
      王位継承者である責任の重さのせいにはできない


        ∧ ∧  ∧ ∧  lVVV∧
         (,, ゚Д) (,*Tっ) (∀-; )
         | U|  | U|っと    )
        (  |  /  ヽ  ( (  (
         U U <____> (_(__)

     なぜなら彼女の背後には それを持ったまま
   彼女を救い出せた 天才的な強さの勇者がいるから




        ∧ ∧  ∧ ∧  ∧VVVl
         (,,゚Д゚) (*゚ -゚)  ( ・∀・)
         |U |  |U )っと    )
        (  |  /  ヽ  ( (  (   ∧ ∧
         U U <____> (_(__)  (∀゙; ⌒)
                         U ( つつ

        私の想いを 全て知ってる侍女が
        私の為に いろいろと語ってくれた
     親友や自分の兄が身を呈して私を止めたことも
     国民を思うため身動きできなかった私のことも


.

123 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:36:41
167 名前:(53/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:18:40 ID:9ibQUVt5 [54/65]


  しかし私のことで 震えながら必死に訴える侍女の姿を見て
  土下座して畏まる侍女を 思わず助け起こす私の姿を見て

       彼女は女として悟ることが あったのだろう


        ∧ ∧  ∧ ∧   ∧VVVl
         (,,゚Д゚) ( * - )   ( -∀-)
         |U |  |U )  (   つつ
        (  |  /  ヽ   )  ) )  ∧ ∧
         U U <____> (__)_) (∀T; ⌒)
                         U ( つつ


        私は 彼女が呪いにかかっている間に
    助けにもいかずに 愛人を作っていた 不誠実な人間

   「 彼女は 私が国に連れて帰って
              一生幸せにします 」


         ∧ ∧ ∧ ∧     lVVV∧    ∧ ∧
          (#゚Д゚)(-T*,,)    (∀-  )  ∩∀T*)
          |  つ ∩ |    (    )  ヽ  U
         (  | /  ヽ    ( ( (    |  )
          U U/___>   (_(__)   U U

    若く強く美しいこの王子の 屈託のない誓いの言葉が眩しい
        私より君の方が この世にも美しい姫を
        手に入れる価値のある人間なんだろうね


.

124 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:37:10
168 名前:(54/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:20:26 ID:9ibQUVt5 [55/65]


        その晩 私の城の泉のほとりで
        口づけを交わす 若き二人をみる



  ∧_∧         ハハハハ
  (  =∀)        (,, ) ,,)
  (    )        ( ) >
 (⌒(⌒ ノ\
  し' し'    \

         伝説の勇者の 一世一代の恋
           傷つく姫を 労わり癒す
    物語の中のラブロマンスで一番の盛り上がりどころ




       脇役の私は 彼女を連れ旅立つ勇者の王子に
 彼女を救ってくれた礼として 城に眠っていた宝『 魔法の鍵 』 を渡す


        ∧VVVl     ∧ ∧
        (  -∀)    (Д゚*,,)
        (    つ  ♀と   |
         )  ) )      |  )
        (_)__)      U U

        「とうぞくのカギ」では開けられなかった扉も
      開けることが可能な 冒険者には役立つアイテムだ

          もちろん国の財産をきちんと管理し
      他人様の部屋や宝箱を開く用事のない私には
             もともと不必要なモノだ


.

125 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:37:40
169 名前:(55/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:21:22 ID:9ibQUVt5 [56/65]


   さて 旅立つ王子と姫は 知っているのか知らないのか
      魔女が倒され 主無き彼女の国を襲う混沌


                   P
                     ||
                 |::|
              ∧ △|::::|
              △田.lΠl  l.△
.             |゚゚゚|二||O||二|゚゚゚|
        __〔ニニ〕 ||⌒|| 〔ニニ〕______
        __| | || 丗 || | |_____


     他国からの侵略か 内部からのクーデターか
    元友好国の主としてこの行く末を見守る義務がある


 「 はやくも 野心家のクックル皇帝が 
   領土拡大にこの地の侵略を始めたな… 」

           「 魔族の生き残りも 魔女の抑えの効かなくなった今
             各地を混乱させています…」

      lVVV∧   ∧ ∧
      (・∀・ )   (゚∀゚;)
      (    )    U U |
      |  |  |    |  )
      (_(_)    U U

126 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:38:35
170 名前:(56/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:22:13 ID:9ibQUVt5 [57/65]


  「 現地の情勢を探れ 」
   「 他の近隣国と和平条約を結べ 」
    「 難民の受け入れの準備をしろ 」


        lVVV∧   ∧ ∧
        (-∀- )   (゚∀゚;)
       と    つ  U U |
        |  |  |    |  )
        (_(_)    U U

   ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧
  (    ) (    )(    )

    魔女の独裁時代よりも 恐ろしく予想のつかない乱世
   このように 軟弱な私が 乗り切れるモノだろうか?


.

127 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:39:03
171 名前:(57/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:22:44 ID:9ibQUVt5 [58/65]


 「 …私のそばで これからもずっと
   助け支えになってくれるか? 」


      ∧VVVl   ∧ ∧
      ( ・∀・)   (゚∀゚;)
      (    )   U U |
      |  |  |    |  )
      (_)_)    U U


           「 …はい… 」

      ∧VVVl    ∧ ∧
      (  -∀)   (∀゙* )
      (    )    U |
      |  |  |    |  )
      (_)_)    U U


       君の私に向ける真心は知った
   振られた私への同情もあるかもしれないが
     それでもいい 今の私には君しかいない
       これからも 君を愛させてくれ


.

128 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:39:30
172 名前:(58/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:23:23 ID:9ibQUVt5 [59/65]



  馬鹿な国王が身分の低い侍女を寵愛することなどは
        特にめずらしいことでもない


        ∧VVVl ∧ ∧
        (  -∀)(∀゙* )
        (    つと  |
        |  |  |   |  )
        (_)_)  U U


     私達は特に誰からも祝福を受けることなく
     ただ二人 つらい時ほどなお一層寄り添った


.

129 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:40:11
173 名前:(59/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:24:19 ID:9ibQUVt5 [60/65]


   乱世は飛び火し 更なる巨悪がこの世を襲う
     あの魔女とは比べ物にならないほど
     強い魔族に 我が国も脅かされる

      ∧_∧      ∧ ∧
      ( ;・∀・)      (*゚∀゚)
      (  つ つ     と  つ==l二フ

    私の愛しい人は 城で国を守らねばならぬ 
      私の代わりに 何度も戦場に赴いた



      ∧_∧       ∧ ∧
      ( ・∀・)      (゚∀゚*)
      (  つ つ     と  つ==l二フ

 私を守ること それが 彼女の愛の証だと 今の生きる歓びだと


.

130 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:40:46
174 名前:(60/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:24:43 ID:9ibQUVt5 [61/65]


     ある日 彼女は 魔族の呪いを
       一身に帯びて帰ってきた


     ∧ ∧    ∧_∧
     (iii゙∀゙)  (・Д・; )
    ⌒⌒⌒⌒⌒ヽと  ヽ
             ヽ   )
              ヽ

  体中に出来た腫れ物には 焼けるように熱が篭もる



         「 熱いかい 何か欲しいものはあるかい 」


     ∧ ∧    ∧_∧
     (iii゚∀゚)  (Д・;  )
    ⌒⌒⌒⌒⌒ヽと  ヽ
             ヽ   )
              ヽ
 「 魔女になってたら 地獄の業火を浴び続けなければいけなかった
   でも この焼ける痛みは 私が死すれば消え去ります 」


.

131 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:41:12
175 名前:(61/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:25:16 ID:9ibQUVt5 [62/65]


        「 死など 不吉なことを 」

「 私 魔女にならなくてよかった 」


     ∧ ∧    ∧_∧
     ( iii゙∀)  (Д・;  )
    ⌒⌒⌒⌒⌒ヽと  ヽ
             ヽ   )



「 アナタに幸せを教えてもらいました 」


     ∧ ∧    ∧_∧
     ( iii゙∀)  (Д・;  )
    ⌒⌒⌒⌒⌒ヽと  ヽ
             ヽ   )



.

132 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:41:56
176 名前:(62/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:25:42 ID:9ibQUVt5 [63/65]



     ∧ ∧    ∧_∧
     (;;;;;∀;)  (ロT   )
    ⌒⌒⌒⌒⌒ヽと  ヽ
             ヽ   )                 ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                    ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

              そして この数十分後 私も
             侵略してきた 魔物に命を奪われる






      あの勇者の王子と 身も心も強くなったかつての姫が
     この地を訪れる時 全てが破壊され 人の住めなくなった
         この一帯の惨事の跡に 心痛めるであろう

      ∧ ∧  ∧ ∧
       (;゚Д゚) (iii゚っ゚)
       |U |  |U )
      (  |  <___>
       U U  (/ U                   ,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ........,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          .......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

           そして王子は最後の旅を決意し
      漆黒の大魔王に打ち勝ち この世の伝説になる


.

133 名前:呪われた姫君を救え!! [sage] 投稿日:2021/12/29(水) 01:42:46
177 名前:(63/63)[sage] 投稿日:04/11/23(火) 20:26:23 ID:9ibQUVt5 [64/65]



       私のことは 物語の中には
              ほとんど綴られていないだろうね



                       / ̄ ̄\
                :::::::/ ̄ ̄ヽ      \
                :::::::\      \      \
                 :::::::\      \ / ̄
                   :::::::\/ ̄ ̄ヽf

     あ…残っていたよ

    『 ヒロインを救おうともせず 手近な下賤の女にうつつを抜かし
     乱世に真っ先に 魔族に滅ぼされた臆病者 ヒロインの元婚約者  』

                                            だそうな。

     何一つ成し遂げたモノの残らない 脇役などそんなモノであろうな。


                                          ~ 糸冬 ~



※引用元:AA(アスキーアート)板(◆/D8/honey管理) http://jbbs.shitaraba.net/computer/43066/

関連記事
ランダムジャンプ

| 19:56 |コメント(0)
カテゴリータグ:2004 ◆/D8/honey2氏の短編集 モララーのビデオ棚 SF・ファンタジー系(2004) SF・ファンタジー系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2004) シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系

|

<< 喋る猫の話 | HOME | かすかに痛い >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV