やる夫短編集 FC2阿修羅編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 年末年始 三大やる夫短編祭 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2010/07/25(日) できる夫は苦悩する勇者のようです


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.49 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276528948/
中編 短編投下所36                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279463451/
やらない夫短編投下所17                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1278251167/
やる夫系R18ストーリースレ その6           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド6                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1275789585/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1277394422/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その2    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
出演 できる夫 ルイズ クラフト やらない夫


824 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:09:23 ID:I6DuCO8U

23:15から処女作を投下させていただきます。
105枚予定です。



825 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:16:01 ID:I6DuCO8U
投下開始します。



                  「できる夫は苦悩する勇者のようです」




826 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:16:50 ID:I6DuCO8U
1.
冒険者の集まる酒場。
昼食の時間も終わりに近いと言うのに、客足が全く途絶えようとしないのは
この所暴れていた海賊団が壊滅したと言う知らせが二日前に入ってきたからだった。


      ___________________________________
                      |__|___|                 |__|___|
      ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒|____|_|⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒|_|______|
                      |  |     .|___________|_|____|_|
         |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                    ||__|
         | おい聞いたか!               |聞いた聞いた!              |_|_|
         | 北の海の海賊団が壊滅した     |王国騎士団ですら            .|_|_|
         | んだってよ!               .  |手を出せなかったのに        |_|_|
         |                             |一体誰が倒したんだろう?     |_|_|
         |___________ ___|                    |  ,/;:;;ヽ
                      |.   ∨|    | ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ̄ ̄| ̄ ̄/;;;:;::;ヽ
               ∧_∧   __∧∧__ ∧∧_∧_∧__ ∧_∧___ /,;;;;;;;;;;;ヽ
    ∥ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∥´) ∥   ( ゚Д゚,)  (゚Д゚,,)  ∥∥ )__ (・∀・ )    ∥ l!リl
    ∥                ∥ ⊃. i三i日と と i三i 日0 l  ∥∥ ⊃/ヽヽ ̄ヽと)  .  ∥iiiiiiiiiiii]
    ∥                  ̄ ̄l========|  ̄ ∥ . ̄ ̄l =====| ̄ ̄∥:::::::::::l
    ∥___________|____∪∪__∪∪|__∥____|__しし___|__∥:::::::::::l



       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \    ふう……。
  |        '      |
  \      ⌒   /


景気がいい話は久しぶりと相まって、ほとんどの客が海賊団を壊滅させた者の正体を
まことしやかに詮索し、好き勝手な事を言い合う中、場違いなため息が喧噪にかき消される。


827 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:17:31 ID:I6DuCO8U
2.
                         ___
                      /      \
                     /_,ノ   \  \
はあ………。          / (ー)  (ー)   \
                     |      '         |   
             ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
             ヽ_ノ   /          \:::::l


一体、幾度目のため息だったろうか。
できる夫は目の前のグラスを見つめてぼんやりと考えたが、三桁を超えたところで
数えるのを辞めた事を思い出した。



                       _,,  --―-- ..,,_
                     >'"´           `丶、
                  , '´                ≧
                /                     、\
                    |   , -、               トヾ‐`
               r'. _,,/.,ィ-,,イ ト、 .,、 ト、   .|\.    ';:::ヽ
               」/./ /ノ .j:∧::;:ヾ::', |:::ヽ   |:::::ヽ|ヽ,、 .|:::ヾ、
              γ/ / // /::|ィ|:A:ト;:|';'::::,、ヽ,、!::::ト、:';::::ヽ!::N `
                 l./ /  |,' ,'从| '   ヾ | ∧:::::::::::リ`: ヾ:::::::::::!
   ………。      / {  '´ 〉 -‐'"    '´ リ;::::∧!ノ /::::::::::;:|
              V ' :    l  `           ∨ 二ノ::::::::::::iリ
              ∧     .,'            厂ヽ:::;:;::::::!
               ∧    ー- 、         /j j/リヾ、|__
               ∧      ハヽ ''ニ¨    /:::::i:__,, -‐''"´ .l
                ヽ,__    j ヽ,i i i , /::_, ‐''"       ∧
                / ̄`丶、   ./  ` ¨´ゝ;ヘ        _,, -''"´:ヽ
           _ /     `ヾ/    ./ ./ /     _才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-.、
          /   ̄`ー- 、   ./     >l'´  __,, ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;; -‐ヽ、
         ./        \ /  __,,,/:.:/」彡イ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;才´     > 、
        /          Уr''"´ ./:.:.:./´/イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    , -‐''"⌒ \


      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \         …………。
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!

828 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:18:20 ID:I6DuCO8U
3.
グラスを見つめたまま視界の端を確認すれば、二人の仲間はこちらをちらちらと窺っている。
彼は、二人の視線を受け止められずに俯いているのだ。



                     -‐ ―-  、
                  /     ‐¬  `  、
                 /.         l    .i
                .,'          .! .i    !
                .,'          ト,、!    ',
                И     i.      l  !. l、  !`
                 l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ
                 レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、
              /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、
            ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
           /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      どうするんだ?
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!     このままじゃ干上がるのを
       γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l     待つばかりだぞ。
       .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-</ ./.7'ァ_イ´ 「:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〉
       l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.V:.:.:.:ヽ'_/././ 〉 .j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:-<
       \:.:.i:.:.:.:.:._:.:.-‐>'、;;ヽ:.:.:.:.:. ̄',. ! /l_:.:.:-‐:/「:.´:.:.:.:.:l
        ヽ!:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:`´:.<`;;‐y':::ヽレ:::::l:.:.:.:.:.:.:.:.1:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
         〈/:.:.:.:.:.:.:._/:.:.:.:\:.:.:.: ̄:7:::::::十:::::!:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         ',:.:.:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::l:::::⊥:.:.:.:.:.,、:ゝ<`丶:.:.:/
          !:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:r=ニ二二ニ=.、'孑`丶‐-_、:.ヽ:.:.:.:.:.:\
       _ _ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        ├-   ヽ-‐',:.:l:.:.:.:.:.:.:.ト----   _
 -‐   ̄     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ       .ト -   ./ニ/:.:!:.:.:.:.:.:/          ̄   ‐-
             >:、:.:.:.:.;ハ       l`  _,/_/:.:/':.:-‐ '
                   l       .l`´.¨   ´   ̄´
                    l        l
                  .ト-  _  -‐.l
                   `‐- ― -‐´

視線を感づいた神官の男、クラフトがまた、答えの見つからない問いをぶつけてくる。


829 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:19:05 ID:I6DuCO8U
4.
             __
           ′    ` ' 、
       /          \
.      / / / | ∧  \    ヽ
     / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l   私たちはどうでもいいのよ?
      |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ    リーダーはあなたなのだし…
      | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|
      | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
    ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ
   /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\
 //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ
./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉 

もう一人。
魔法使いの娘ルイズは気遣うように言ってくれた。
だが、今の彼にとってはその思いやりも重荷以外の何物でもない。



                          ____
                        /::::::::::::::::::\
                      /::::-::::::::::::-:::\
 (ルイズにまで気を遣わせて   / ( ○ ):::::( ○ ) \   
 私は何をしているんだ……)  |    :::::::__´___:::::::   |   
                    \    ::::::::::::::::::::   /
                     / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
                    ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |

830 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:19:44 ID:I6DuCO8U
5.
再び頭を抱えた彼の名はできる夫と言った。
大陸北部のいくつかの国ではそれなりに名の知られた冒険者の一人であり、
若干17歳にして偉大な「勇者」の称号を承けている。


            ____
           /     \
          / \   / \
        /  ●)  (●)   \
      |      ´        |
      \    ⌒       /
     ./ー-.l`‐-‐< ̄の) \ __
     (  /⌒⌒ ̄ ̄r:| !ヘ  /  \
     ノ` /   ,.      |_ /   / \
    |//          | / \/  / \
   / (________;__/ \   /   /
  /   Y/   ゞヽ ,ノ ヘ|   /   \/
/    ,〈______;;λイ\   ,|  /  /\__/
   //∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐".| /  /  /
 //  └r,;;;イ'"">   〉;|/  /  /
ヽ´    _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};; \∠_/
,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___   ___);;;;
"""""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"

831 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:20:22 ID:I6DuCO8U
6.
不釣り合いな称号である事は明白だった。
いくつかの冒険をこなし、多くの人達を救ってはいる。
釣り合うようになろうと、過去の偉人達を始め、最近この大陸を騒がせている英雄を目標に
できる限りの努力もしている。



                           ,
        ,___             //
      /     \         //  
     /  \   / \      //        山賊ども!
   /    (●)  (●) \   //         村から奪った食料を素直に返すのです!
   |       、__',_,    |  //
   \           ヘ /.//
.   /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,)/
   |  ,___゙___、rヾイソゝ
   |            `l ̄


                   |::::::::::::::::人/:::::::::::::::::::〉
                   |:::::::::_xく_;ノ}::::::::::::::::::/
               r-ト、_ノノ ,-=⌒フ_::::::::(____, 
               ノ少, マ 〃-='´  ノ::::::::::::::::< 
               (从 、゚从ノ⌒ル=彡'::::::::::::::; -=ニゝ
              (^<ニ)~'⌒,二ニ¬''¨ ̄
             r-イ入r'´  ̄ ̄
            >=ァ-、\                魔力があればキックも魔法!
               //;>'´ ̄
             /:':/
          /::/
         /:ィ
          ∨


              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ
           ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\      いやそれはキックだろ…
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /
   i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/
   |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /
   !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y
  /::::::::::::::::l::l::::::::::::::::::|:::::`|'"::|::::::::::::::::::::|
 ヘ :::::::::::::::∥:::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |
  }:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |


しかし、クラフトもルイズも、人々がある「理由」を押しつけるためにできる夫を「勇者」と呼び始めた事を知っていた。

視聴者カウント
アクセスカウンター
ワクワクメールメル友出会い出会いテレクラ



832 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:21:03 ID:I6DuCO8U
7.
そして―――――その「理由」故に、彼らは今、苦しんでいる。



              r―-、__r―-、
           |―‐z__,r:、__)
              |  |   /  /___r-、
           >―-、__ノr―‐┴'′
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
.      /           \    `〇
     |  残金         ヽ
     |   銀貨 2枚      |
     ヽ  .銅貨 34枚    /    ※場末の宿屋の一泊分ギリギリ
      \_______/

833 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:22:00 ID:I6DuCO8U
8.
先日から、殆ど気持ちの問題で二人の提案をはねのけているできる夫はどうしても譲れない部分がある、
と自分の考えを繰り返す。


         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\      私達から報酬を求める事はできません。
.  / /)(ー) (ー) \    皆、心からお礼を言ってくれているのです、
  | / .イ    '       |    それが何よりの報酬ですし…
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


                        / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.                          ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
                          iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
分かっている。                  | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y:          
できる夫が本当にそう考えているのは       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{          
俺も、ルイズも十分分かっている。         ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N          
                                  ヽ  、〈             jハ{::::!
だが、たとえお前が勇者でも、                \  __ ,.     /  jハル           
金がなけりゃなんにもできないんだ。             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、       
                                        Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                                      ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                                     / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :

834 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:22:46 ID:I6DuCO8U
9.

         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \      路銀も底をついちゃったし仕事もないわ。
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ    宿代だって今日までしか払えないのよ?
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉  ツイデニイエバ キノウカラナニモタベテナイワ
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ


もとは貴族で不自由のない暮らしが約束されていた彼女だが、冒険者にしても質素すぎる生活に
心から文句を言ったことは無かった。
本心を隠すようなイヤミはそれこそ絶えないとしても。


835 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:23:35 ID:I6DuCO8U
┌──────────────────────┐
│荷物運び    → 簡単すぎて紹介して貰えない    │
│護衛      .→ ちょうど良いのがない      .....│
│怪物退治   .→ ちょうど良いのがない        │
│怪しい依頼Ⅰ .→ とんでもない             │
│怪しい依頼Ⅱ .→ とんでもない             │
└──────────────────────┘
<どうするんだ?
<どうするのよ?

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://


彼らの言うことはもっともだし、できる夫も自分のわがままを重々承知している。
それでも、勇者の名に恥じない仕事が見つからない今、どうすればこの財政難を乗り切れるのかわからない。

836 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:24:26 ID:I6DuCO8U
10.
ちなみに、この世界に勇者と言う職業は存在しない。



                           , ―,‐
                     ∧ //// ,. ‐ 7
              __       i////////////イ!
              l o j  ヽー////////////ノ
                ¨\\ー=/rz//__///////>
                  .\〆 ̄f<γ o ヽ_リハ=一
                 i i丶 ヽト.l込示≧-サ7-‐ えっ
                  _.l_.ゝ >r l、_ゞ彳ィz=-
                ゝ-    rモ.>ーイ/⌒Y
.                 l ノ7 _ ' ´  .! ̄ Y  _ノ
                    ゞr   r、ヘキリ イ
                ゝ 7 j l ヽ' ̄ ヽ_
                   /_ ゝ^ '     イ ノ.、
                7  ヽ ゝ   イ     ヘ、
                  /   ニ=‐ ∠ニ一     i
                イ      /´ ` ー - z _   j、
              ,.イ        .イ         i! `ー7/ヘ、
              Y      jイ         ¨¨ ` ー=’
           ∧       ,.'
           ,'ヾ イ1ー,-"
         ,'// rz./
.          ,イー rイ
.        /z=ミj!
       r'/////j
.      ヾー _彡'

837 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:25:38 ID:I6DuCO8U
11.
受け継がれる血脈、時代が求める宿命、



  / ̄\   _ __
     _ V´      `ヽ、
   /    ヽ. \    \
  / / // / /|  l     ヾ7ヽ、
  レ{ / l| ! l l|  |_   ヽ }Y7、
   V { 「Tナトt|  |__ _ ̄  ー }ソヽ
   _ノ` フハTヽ |   |ー- ニ = }人ノ
   ヽ   ̄ ´ |  |へー‐= -ノンY  私は「剣聖」の称号を持っています。
    }ヽ      |  |ソノニ二ンート'
    !     |  |´-ニ ベー'_
    `ー┬┐  |!  |ニ´不ヽ、\\___
      レ上.ニ|ト、 |イ´ |_ \\ \_フ_ ___ ,
       7/  リ ソ L_   ̄ \\_/ー-- ―┴ァ
     / ̄` ¬  lL   ̄}_   ` ー― ‐ -- ―'
     r〈_ <フ/  `う)   L_
   /    ̄TY    ヾ、   ヽ


そして何かの偶然によって選ばれた戦士はなんらかの称号を受け、「勇者」もその中の一つであるのだ。

         ____
        / \  /  \
       ./( _) ( ●)  \
       /   、_',__,     |    私は「勇者」の称号を持っています。
       |           .|
       \         /


できる夫も正確には魔法騎士と言う、戦士と魔法使いの中間職に就いており、
剣だけ見れば一流の仲間入りが近いと言っても過言ではない。


838 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:26:16 ID:I6DuCO8U
12.
       . ─―─‐ 、
      , "          \
    /           \
.    /        _/::::::\_ヽ     (本当に………
    |            :::::::::::::: :..     どうしてこうなったのでしょう……)
    |  u    ( ー):::::::::( ー)
.    \             ´   /
     ,\        ` ー‐‐/
    /  ` ー─         \


本来であればそろそろ裕福な暮らしをしてもおかしくないはずの自分が貧困にあえいでいる。
原因は何だったのだろう、とできる夫は自分の辿ってきた道のりを思い返さずには居られなかった。


839 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:27:00 ID:I6DuCO8U
13.
15の時だった。

酒場で詩人が歌う英雄譚に魅了され、いつか冒険者になろう、いつか人々に褒め称えられる男になろうと
決めていた彼は若さ故の行動力で家を飛び出し、念願の冒険者になった。



       ,.‐: : ´  ̄ `\_            __
.     /: :,.=>.: : : :.i : : ハ        <    /
    / : : ハ¨r=《/ ノト| ,ハ. |         )X/
    ,′: f ∨rj|イ'てリjイ |!ノ       //
    ,′: : !f⌒ヾ.|..ト、 -ィレ/'      //
   .: : : :.||  i ∨\「〈|: :\   rっ./
  ,′: : :.:||─┤ |/|:| ノハ; : :ヽ/ fjツ            私の作った英雄譚を聞けェェェェ!!!
  ,′: : : : !i  !  .|:|.| '(厶/ / ‐x、
 ,:.: : : : : :.|li  !  j !// /|: : : : : :\
./: : : : : : :.l弋、 \_/ <\  |\ : : : : : \
: : : : : : :.:.,′||ハ.  \  \> /  ),: : : : : : :ヘ.
: : : : : : :..′./∧   /ュ.   /`ーx.ハ: : : : : : :∧
: : : : :. :,'../   ‘ーツー'゙  / ,/≧x.}: : : : : : : :.}
: : : : :.:.「 ̄厂 ̄ ̄`|    /<,,厂 ̄ \: : : : : ; ’
: : : : :.:.|  ∨7ニ=-=j    /   \.    \:./
: : : : :.:.|.   ∨,.-‐- |.   /   ,x≦ ヽ     ヽ.
: : : : :.:.|   '.    ', /    ̄ ̄ ̄^:,.    ∧
: : : : :.∧   }.i.   '/         ∨    '.
: : : : : : :.\ //    }}            ∨.   '.
.: : : : : : : :.:.>'    /'           〉.     '.
: : : : :._>'"   ,>"             《.     ‘┐
. /      /_三二ニ=─      |L_   `=┐  ※持っているのは多分リュートです
-- 、   //                 ̄ ̄` ー- ’
    ヽ//


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,           ウオォォォーーーー!!!!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l          
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ          
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

840 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:27:56 ID:I6DuCO8U
14.
実際、そのように生まれ育った場所から飛び出していく少年は多い。


  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \
  |   |  /(●)  (● ) \
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \          やるおも冒険者になって
  ヽ   |     |,┬‐ |       |          お姫様とイチャイチャするお!
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/

↓三日後

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \             冒険者?無理に決まってるおそんなの。
   |  \ (__人__) /  |             剣とか持ち上げるだけで筋肉痛になるし、
   \_ | ` ⌒´ | _/             野宿とか超怖いし野グソだし、
    /        |                隣の町まで歩いて三日とかどんな罰ゲーム?
   (_)| ・    ・ ||               地元で「ようこそ○○村へ!」って言う仕事で十分だお……
   l⌒ヽΞ   Ξ/| |               
   | |\_(;;U;;;)_ ̄)) 
  (_)      //
         ( _)

だが、その多くは厳しい現実を目の当たりにし、志半ばにして斃れたり、家に逃げ帰って
退屈だが平穏な生活を繰り返すものだ。


841 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:28:45 ID:I6DuCO8U
15.
しかし、運も実力のうちと言うべきか。
まさしく運と、それが引き寄せた信頼できる仲間との出会い―――




          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \
      / (●)  (●)  ヽ
       |:::⌒ __´__ _⌒::  |`ヽ
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、 まずは見聞を広げるためにお使いをこなしましょう。
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ 
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    
      〈、    /  キュムキュム
       \、__ノ

     _
   〃   `ヽ
   イハ〈ィ,ノ゙メリ,ゝ
   "メ(!!,,゚,,ー゚ノ゙
   f゙jモ|¥モ!゙i              なんか危なっかしい小僧が輸送任務受けてるなぁ……
.   (ュイzzzzEj_)
     }={={
    (ニフこ)

842 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:29:15 ID:I6DuCO8U
16.
          ′    ` ' 、
       /          \
.      / / / | ∧  \    ヽ
     / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l
      |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ
      | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|
      | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
    ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ       あら?あなた魔力あるのね?
   /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\     魔法は何か覚えてる?
 //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ
./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }
ヽ l .:レ':::::::/ .:.:.:.:∧' ⌒∨:::::\  .:.ヽ ノ
 \! :l:::::::::l :.:.:./、:ヽ、/:::::-ー:}  .:.:.:.Y
   }/::::::::::| ..:.:{:::\_::_/::::::::::::|  .:.:.:/
 /l::::::::::::::\ :ヽ:::ノ:||:\:::::::/ .:.:.:.∧ヽ
./  |:::::::::::::::::::〉 .:.\:||::::::ヽ/  .:.:.:/:::::|  \


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   /// __´__ /// \
     |       |r┬ |    |          自分に魔力があるなんて初めて知りました!
      \       ゙ー'    ,/          よければ私に魔法を教えてくれませんか!?
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


―――そして、ほんのちょっとの実力で彼と仲間たちは成功し、
いつの間にか世間で勇者と呼ばれる立場になってしまったのである。


843 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:30:05 ID:I6DuCO8U
17.
Q.あなたから見た、勇者できる夫はどんな人物ですか?

             __
           ′    ` ' 、
       /          \
.      / / / | ∧  \    ヽ
     / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |          根は間違いなく善人ね。
      |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ          お人好しで人を疑わないし
      | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|            バカが山盛りで付くぐらい正直で真面目よ。
      | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
    ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ
   /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\         そういう不器用なところ、嫌いじゃないわ。
 //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ      
./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }



            /                 \
           /                 `ヽ 丶
             /        .:ノ            ',  ヽ
         / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
         l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !
         |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |           き、嫌いじゃないって言っても
         ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |           別に好きって訳でもないんだからね!?
            ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |
             \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
              リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
            _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
         , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
        〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
         l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
         {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
       〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
       {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ

844 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:30:54 ID:I6DuCO8U
18.
Q.あなたから見た、勇者できる夫はどんな人物ですか?


        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ    今時珍しいぐらいまっすぐな奴さ。
       jN    i !            ヾ /′     不器用で頑固だが、それが良いって奴もいる、
        レ{ , ,ィj li!      、     イ        俺みたいにな。
       ___j_ムチ ヾ\     ` ̄ ヽ /′
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /          勇者=慈善事業 みたいな世の中だから
   ___ /           1ヽ `ー:、≧{ `ヾ:、          狡っ辛いのが付いている必要があるだろ?
  /:::::::`:.ァ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ
/: : : : /: : : :`丶ミ≧:、 L___ゞ(  ;ャァ'´ ̄ `ヽ
:-: : :/: : : : : : : : : :_≧ュミ:、    };>'  __    ‘,
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 才{__ .ィ´       ヽ
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. \: : : : : : : : : : : : :Z、 ≧一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧ ヾ: : : : : : : : : /: ≦ ゞ: : : ゝ       |⌒V



困った人を見ると黙っていられない質のできる夫は勇者向きと言えなくは無いが、
依頼でもないのに働いてしまう事が多々ある。

                                  ・ ・ ・
この間も村と町とをつなぐ重要な街道を荒らす怪物達を自主的に退治したは良いが、
被害に遭っていた村人達は礼を言うだけで謝礼は銅貨一枚だってよこさなかった。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……・

845 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:31:36 ID:I6DuCO8U
19.
         ┌──────────────────┐
         │ ~勇者できる夫一行のよくある一日~ ....│
         └──────────────────┘



            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \        どうやらこの近くにゴブリン盗賊団が住み着いて
      |         ´     |        村に迷惑をかけているようです。
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \        すぐに私達が退治しましょう!
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


                                 __
                               ′    ` ' 、
                           /          \
.                          / / / | ∧  \    ヽ
                         / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l
良いけど、いくらのお仕事なの?.      |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ
                          | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|
                          | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
                        ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ
                       /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\
                     //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ
                    ./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }


       ___
     /     \
    /  \   /\             依頼には出て居ないようですが、
  /   (●)  (●) \            被害が出ているのなら一刻も早く何とかしないと!
  |       __',_,    |
   \     /__/   /                                        .

846 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:32:23 ID:I6DuCO8U
20.
                                 ,  -―-  、
                             ∠     _r 、rヽ
                             / /   >ヽヽ ヘt
                               i i  i iレ`iヽ    !
                             レ W巡!厶 _jΔ   」__
依頼が出てないって事は              {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ
別に困ってないんじゃないか?             ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、
                               }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\
                            _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
                        _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                      /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /
                      i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/
                      |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /
                      !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y
                     /::::::::::::::::l::l::::::::::::::::::|:::::`|'"::|::::::::::::::::::::|



         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \        依頼を待っていたら被害が拡大してしまいます!
    |       ___'___    |        すぐにでも動ける私達が何とかするべきでしょう!
    \       |il!|!il|  / l!|
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ
                レY^V^ヽ ドンッ!

     _
    〃 ` ヽ
    l lf小从} l
   ノハ{ ゚ヮ゚ノ八       仕方ないわねぇ…
  ((/} )犬({つ)
   /"く/_jl〉`'l
  んーし'ノ-,ノ
                 
       __
.     /   「i`ヘ
    イ i i从{ハハ
.     'ヽ(N゚_〉゚ノ       しょうがないなぁ…
    ⊂)}=}゙゙}}つ
      ├干ト,
       |__j,_「

847 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:33:06 ID:I6DuCO8U
21.
                   ┌──────────────┐
                   │名もなきゴブリン団の皆さん    │
                   └──────────────┘
    ∬∬∬∬∬∬∬∬
    //::          \
   /::.   _ノ  ヽ_ ヽ
   |::〉 ─┰┬┘└┰─|      兄ちゃん、獲物が通りがかったゴブ
 (⌒ヽ    ̄      ̄  |)
  ( __     ( ∩∩ )    |
    |  ヽ__人_ノ  |
    ヽ    \__(_  |
     \          l
       ' - , ____ノ


           ________
       /:.'`::::\/:::::\
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |    よっしゃ、あの貧乳は俺がもらうゴブ
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/


                /     /                     \
             l .:.:. /  .:.:.:./              ヽ    \
             |.:.:.:.:.:,′.:. /                  \    ',
             |.:./.:.:| .:.:./.:.       .:.:.:/       !.     :ハ: ヽ.:. |
             |/.:.:.:.| :.:,'.:.:.:.     ..:.:.:.:.:.:{    ヽ   |:..     |:.:l:  |:.: j
            / :.: .: |.:.:l:./:.:.:.   .:.:.:.:.:.:. /.:.    |.:i |:.:..  .:.}.:.|.:.:.:j∨
           / .:.:/|.:.:|:|.:.:.:.:.: .:.:.:.:.://:..:.:.  :.|人 |:.l.:.: :.:/.:.j.:.:/     今、なんつった?
            / .:.:.:./.:.:.:|.:.:|ヘ.:.:.:.:./.:.:.:/:::/:./:.:.::.‐<  >‐:./.:.:/イ
        / ..:.:.:.:.:.{:.:.:/|:.  \:.{\.:{<:./ .:.:.:.: /`Y´Vj;イ -=7 八
          / . :.:.:. _斗''´ |:.    ト   \∠.:.:._/    !    |:  |:.:.:.:.\
       {  .:.:.: l´  l. /  ,' .:ト 、:::::::::      :::::::::: イ   |\ :.:.: \
        ヽ :.:.:.:|   ∨   / .: | l>   (^ーっ   イ.:.:.:|:   l ∧ :.:  }
         ) :.: |   /  / .:.:.:.:| l \. >ーz<  ∧.:.: '、  ∨ `ー、ノ
       /..:.:.:.:|.  /  ..:.:.:.:.:.:.:| | /^\ /ヘ  / ヽ.:.: \  \  │

                ┌────────────────┐
                │ルイズは火球の魔法を唱えた!    .│
                └────────────────┘

848 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:33:58 ID:I6DuCO8U
22.


      ____
     /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
   /( ○)}liil{(○)\   /   /
  /    _'__     ヽ/   /  /  )      逃げて!
 |     |i|||||||i|     /  /  /  /       ゴブリンさんたち逃げてぇぇぇぇ!!!!
 \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
   r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
  /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
 /        -、      }        (  ̄¨´
/           ヽ._       __  \
             `   --‐'´ `゙' 、_.)



                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

                   ゴブリンAは跡形もなく吹き飛んだ!
                   ゴブリンBは跡形もなく吹き飛んだ!

849 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:34:55 ID:I6DuCO8U
23.

                  _ __
                 /´        `ヽ_
           , -‐ '             `ヽ
          /           \
.         / /            ヽ:     l
        / ,′/.:/ .〃:. :.丶:丶:.:.ヽ :l   l  l
        l | l .:.l .:.ト、/:.:. {  :.:.:.ヽ.:\:.j:.!:  │ l
        lハ l.:.:|.::..!.:.{\八:.:.:.ヽ:,__匕厶}  │ l           邪悪な妖魔!
        ヽ∧:.:!:.:从7tーゝヽ:.:イヘ ::::ノ│   l   ヽ、               滅ぶべし!!
          jハ>ハ `‐'  j:/    ̄ /   リ:   `ヽ、
             | :}     ´   、 /    /:.:.      \
            _ ノ : ゝ , `マZ三)′    厶;._        }
        /  `ヽ┐:.:.:.:.: />'´    /:::::::::::ヽ   :.:   /
       /  ) {_,   }.:.:.:.:/       /:::::::::::_:::::-ヘ:. :.:.:.:.∨
       {  ┐r  /.:.:.〃     /_:::::-‐ ´:::::::::::::ヽ:.:.:.:/
        入  / ̄ ̄`V      /:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::|:.:.:.:ト、
        / :.:.Y / ̄ ̄ヽ :.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.\
       ヽ :.:.レ'     l-‐、__{::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::{:.:.:.:.:.:.::.:.:.:\
        ) :.l      \:::::::\::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       / :.:.ヽ       ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}




              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ
           ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\          おーおー、派手にやっちゃってまぁ。
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /           んじゃ適当に残敵の掃討してから
   i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/            件の村に行ってみようかね。
   |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /
   !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y
  /::::::::::::::::l::l::::::::::::::::::|:::::`|'"::|::::::::::::::::::::|
 ヘ :::::::::::::::∥:::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |
  }:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |

850 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:35:47 ID:I6DuCO8U
24.

         ____
       /     \
      /  \   / \       キムチ村の皆さん、もう大丈夫です!
    /   (●)  (●) \      街道の安全は私達が確保しました!
    |       __´___    |
     \     `ー'´  ,/


         
  ∧_∧   ∧_∧
 <丶`∀´> <丶`∀´>   感謝するニダ
 (    )  (    )   早速ゴブリン盗賊団の損害と賠償を
 | | |  | | |     隣町に請求するニダ
 〈_フ__フ  〈_フ__フ


        /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \   (えっ?)
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ

851 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:36:37 ID:I6DuCO8U
25.

                   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.                     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
                    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
                    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{
                       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{
                       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N
それで、報酬の件だが……          ヽ  、〈             jハ{::::!
                            \  __ ,.     /  jハル、
                             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                                 / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :



  ∧_∧   ∧_∧
 <丶`∀´> <丶`∀´>   勇者様ありがたやーありがたやー
 (    )  (    )   
 | | |  | | |    
 〈_フ__フ  〈_フ__フ



.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《 ヒ::リ       ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、 ヒ::リ 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|      報酬の話をしてもいいか?
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!
         |: :\__                 /      //
         |: : : : :ハ                   /'′
         レヘ: : :}∧       , -‐  ̄`ヽ    /
         }: : |  \.      ̄ ̄ ̄    /
         |ハ::| ヽ \      ̄   /
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\
         /¨|: : : : : : :/   \    :/ /  \
       //´\: : : : 厶__>、   /___>

852 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:37:33 ID:I6DuCO8U
26.

  ∧_∧   ∧_∧
 <丶`∀´> <丶`∀´>   さすが勇者様ニダ
 (    )  (    )   依頼がなくても人助けをしてくれるニダ
 | | |  | | |    ついでにこれまでの被害に対して義援金を要求するニダ
 〈_フ__フ  〈_フ__フ


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\   いやぁ、村人達に笑顔が戻ってよかったですね!
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \



     _
    〃 ` ヽ
    l lf小从} l
   ノハ{ ゚ヮ゚ノ八
  ((/} )犬({つ)
   /"く/_jl〉`'l
  んーし'ノ-,ノ
                 (また、ただ働きか………)
       __
.     /   「i`ヘ
    イ i i从{ハハ
.     'ヽ(N゚_〉゚ノ
    ⊂)}=}゙゙}}つ
      ├干ト,
       |__j,_「


━━━━━━━━━━━……・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

854 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:39:19 ID:xuXhUyjI

なんでじゃ



853 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:38:59 ID:I6DuCO8U
27.
できる夫自身は満足しているが、世の中理想だけでは立ち行かないのが現実である。
時折貰えるお情け程度の謝礼と、倒した怪物などからの収入では質素な生活を強いられてしまい、
消耗品の補給や戦力の拡充はおろか、限界に近い装備を整え直す余裕すらなかった。



        / /.:    / .:./ .:./..:/     `、      \
         ,′ :.:    i .:.j{.:.:.:.ハ.:.{..:jノ    ヽ:\    \ ヽ
.        i  |.:.:     |.:-八.:.‐{七j´:{.:.:..  `ト、!.:.:.:j    } |
.        |  |.:.:     | /ァz≧=.kハ.:ヽ:.:  .:j.:.j\ハ.:.: .:.:/:.':j
.        |  |.:.:     l'彳 {iヘ j|ヾ ∨}.:.: .:.,仟≦k |j:.:.:.://∨
       j !:|.:.:   │` r'::チリ    j.:./ {iヘイハ}从/イ         私、新しい魔法書が欲しい!
       ,′l ハ.:.:.    |  V_少       r' リ  /.:.:.「 |         ストーム系の奴とか派手な攻撃系の!
.      / :/.:ハ.:.:.   l  :::::::::       、 ヾ''  ,'.:.: │:!
.    /.:.:./ .:.:.:.ヽ :   !           :::::::::: i.:.:  |八     
.   /.:.:.:.:/.:.:__,r-ヘ .:..  ',      「   マ     イ.:.:  |:. ヽ    
 /.:.:.:.:.: // ::::::::::: i.:.:.:. ヽ丶、   ゝ /   イ.:.:!.:.:  {.┌──────────────────────┐
.'.:.:.:.:.:..:.: / ::::::::::::::::::::|.:.:.:.:.: \ > ‐-/⌒\│.:.:.:.:.:.  │※魔法使いが新しい魔法を覚えるには         │
.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::j.:.:.:.:.:..  \ ̄/ /⌒ \ .:.:.:.:.: │  魔法学院で教えてもらう(有料)か、         .│
.:.:.:.:.:./\:::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:   ∨  ′ /⌒_ヽ_ :.:.: :.│  魔法書を読んで独学で学ぶ必要があります    .│
:.:.:.:.く::::  ̄\::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.    l|      / __ノ.:.:.:.:└──────────────────────┘
:.:.:.:.:/::::::::::::::::\: / .:.:.:.:.:.:.:.     l|       / ヽ:.:.:.:.:.:.:.    }:.:.:/

855 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:39:27 ID:I6DuCO8U

                                  _,,  --―-- ..,,_
                                >'"´           `丶、
                             , '´                ≧
                           /                     、\
                               |   , -、               トヾ‐`
                          r'. _,,/.,ィ-,,イ ト、 .,、 ト、   .|\.    ';:::ヽ
                          」/./ /ノ .j:∧::;:ヾ::', |:::ヽ   |:::::ヽ|ヽ,、 .|:::ヾ、
                         γ/ / // /::|ィ|:A:ト;:|';'::::,、ヽ,、!::::ト、:';::::ヽ!::N `
                            l./ /  |,' ,'从| '   ヾ | ∧:::::::::::リ`: ヾ:::::::::::!
そんな金はない。              / {  '´ 〉 -‐'"    '´ リ;::::∧!ノ /::::::::::;:| ←共用財布管理係
自分で編み出せ。              V ' :    l  `           ∨ 二ノ::::::::::::iリ
                         ∧     .,'            厂ヽ:::;:;::::::!
                          ∧    ー- 、         /j j/リヾ、|__
                          ∧      ハヽ ''ニ¨    /:::::i:__,, -‐''"´ .l
                           ヽ,__    j ヽ,i i i , /::_, ‐''"       ∧
                           / ̄`丶、   ./  ` ¨´ゝ;ヘ        _,, -''"´:ヽ
                      _ /     `ヾ/    ./ ./ /     _才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-.、
                     /   ̄`ー- 、   ./     >l'´  __,, ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;; -‐ヽ、
                    ./        \ /  __,,,/:.:/」彡イ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;才´     > 、
                   /          Уr''"´ ./:.:.:./´/イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    , -‐''"⌒ \

856 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:40:16 ID:I6DuCO8U
28.

                 -――- 、
                , ‐'´         \
             /            、 ヽ
             |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
               .ljハ トkハ  从斗j │ ハ        クラフトのケチ!
                l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \       私が本気になったら魔法の一つや二つ、
        __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ     簡単に編み出せるんだからね!
        {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
        ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
           7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
          /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
          ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ

                ↓


                   |::::::::::::::::人/:::::::::::::::::::〉
                   |:::::::::_xく_;ノ}::::::::::::::::::/
               r-ト、_ノノ ,-=⌒フ_::::::::(____,
               ノ少, マ 〃-='´  ノ::::::::::::::::<
               (从 、゚从ノ⌒ル=彡'::::::::::::::; -=ニゝ
              (^<ニ)~'⌒,二ニ¬''¨ ̄     てえぇぇぇい!
             r-イ入r'´  ̄ ̄
            >=ァ-、\
               //;>'´ ̄
             /:':/
          /::/
         /:ィ
          ∨

┌─────────────────────┐
│ルイズは体術技「稲妻蹴り」を編み出した!    .│
└─────────────────────┘


       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \      (武闘家の方が向いているんじゃないですかね…)
  /    __´__      \
 |      -      |     コワイカラ イイマセンケド
 \            /

857 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:41:01 ID:I6DuCO8U
29.
             _
          , -‐'´   `ヽ
         /         `丶
        /               ヽ
       / /     /  、ヽ ヽ 、 ハ      三人とも魔法が使えるのだし、
       { ,'  i_i」Li   、 L,」__ }  }  |      魔石(※)を持っておくといざという時に役に立つと思うわ!
      l { i´lzL」_ト、 iソリ_」Lリ` l  l
      ∧ヾ〈.代ラj }ノ' .代ラj.〉! /  ト、
     /  〉 ヘ ゞ-'   ,  ゞ-' / ト、   \┌────────────────────────┐
    〈   /  .iヘ "" r‐‐y ""イ / ヽ    │※術者の精神力の代わりに消費される乳白色の石。    │
    ) /  /::/`ト ,_‐'_,.イ/ ∧   \_ ノ │  (ややお高い)                          │
                         └────────────────────────┘


                                  ,  -―-  、             
                              ∠     _r 、rヽ          
                              / /   >ヽヽ ヘt        
                                i i  i iレ`iヽ    !       
そんな金はない、                    レ W巡!厶 _jΔ   」__       
修行して精神力を高めろ。               {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ   
                               ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、 
…いざと言うときは                     }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\  
トランスファー・メンタルパワーで          _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
分けてやる。                  _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 
                       /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /  
                       i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/   
                       |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /    
                       !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y

858 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:41:34 ID:I6DuCO8U
30.


: : .―-∧-: 、 : : |\: : : ヽ : : : : : : /\ : : -ヽ:─:| : : : :
: :{.: : :/ \: \: :|  \: : : : : : : :.:/ /ヽ: : : }.: :│: : : :
{ハ: : |   \:_:`ト、  \}: : : : ://_  \∧:/:| : : : :
: :.个┝┯┯┯┯━\/∨ : :、/ ┯┯┯┯━∨: : : : :  瞑想、苦手なのよね………。
: : ヘ   弋_辷'_ノ    ∠: :_/  弋_辷'_ノ  / : : : : :
: : : :'、                      ,′: : : : :
: : : : :'. /:/:/:/          /:/:/:/ : : : : : : :
: : : : : '.                    u  ! : : : : : ;
: : : : : :i                      | : : : : :,′
: : : : : :|、        ~~‐-          ィ|: : : : : !



        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ      道具に頼るより、研鑽を積んだ方が良いですよ。
     |  (_)  (_)   |      結果として魔法の威力にも反映されますし。
     \   __',__    __,/
     /   `ー'´    \

859 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:42:16 ID:I6DuCO8U
31.
できる夫、とクラフトの声で回想から立ち返ったできる夫は、もう一度仲間達を見回すとおずおずと言ってみた。

          ____
        /     \
      /        \      み、身分を隠して仕事を請けるのは……
     /  \    /  \              どうでしょう?
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


ヒュウッ、とクラフトが口笛を吹く。
昨日までは「詐称は重罪です!」と言い張っていたできる夫がとうとう折れたのだ。


                                          __
                                        ′    ` ' 、
                                    /          \
良いんじゃない?                   .      / / / | ∧  \    ヽ
名声を騙る訳じゃなくて、ただ隠すだけだもの。      / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l
別に罪でも何でもないわ。                  |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ
                                  | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|
日銭を稼ぐなら簡単な仕事狙いでも良いし、        | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
中級までの依頼なら危なげなくこなせるでしょう。    ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ
                                /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\
                              //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ
                             ./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }

860 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:43:25 ID:I6DuCO8U
32.
ルイズの言葉に嘘は無い。
彼女は16歳、クラフトは25歳。できる夫は18歳であったが、一般より一段上のグループと言える。


        ,___                 ┌───────────────┐
      /     \               .│できる夫                ..│
     /  ⌒  ⌒ \               │職業:魔法騎士           .....│
   /    (●)  (●) ヽ        ,     .│腕力:上の中             ...│
   |       、__',_,    |      //     │知力:中                 .│
   \            ,/     //       │敏捷:上の下             ...│
   (⌒ヽ           ィ     //        │精神:中                 .│
   l\  \     ,   |   //         .│運:笑っちゃうほど幸運(60cp)    │
   |  \,,  \   |  .| .//           └───────────────┘
   |    \  \_ ヘ//
   |     \_r' ソイゝ              ※ステータスはイメージです
   |        r_ゝィ'〆

運の良さばかり目立つできる夫とて、並の戦士、魔法使いと比べても実力はあるし、
かの有名な長頭の英雄とてまだ二十歳前後のはずなのだから、若さを引け目に思う必要はない。


861 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:44:20 ID:I6DuCO8U
33.
                       / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
                         ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
手っ取り早く金になる依頼が良い…  iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
が、この店は駄目だな。         | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{
                           }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{
                           ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N
                              ヽ  、〈             jハ{::::!
                                \  __ ,.     /  jハル、
                                 ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                                      Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                                     ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                                    / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :

酒場の壁にある張り紙にちらり、と視線をやってクラフトが言った。

すでにこの宿では彼らの正体は知れている。
簡単な仕事は回して貰えないし、残るはできる夫が嫌がるような怪しい依頼ばかりだ。
犯罪行為に直結するとは思いがたいが、勇者とあろう者が金銭目当てに
グレーな依頼を受けたと噂されたら、今まで築きあげてきた名声は一晩で地に落ちるだろう。


         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\    余所へ行ってみましょう。
.  / /)(ー) (ー) \   偽名を使うかは分かりませんが。
  | / .イ    '       |
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ

立ち上がったできる夫に続き、頷いた二人も椅子を立った。


862 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:44:49 ID:I6DuCO8U
34.
                                -――- 、
                               , ‐'´         \
                           /            、 ヽ
そうね。                          |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
依頼の話を聞くぐらい、タダでしょうし。   ..ljハ トkハ  从斗j │ ハ
                             l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
                           __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
                      {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
                      ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
                         7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
                        /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ


   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{     どうせなら、一番いいとこに
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N     行ってみようや。
          ヽ  、〈             jハ{::::!
            \  __ ,.     /  jハル、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :

863 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:45:30 ID:I6DuCO8U
35.

         / ̄ ̄ ̄\
       / ノ   ヽ \
      / (●)  (●)  \
      |     __´ _      | 
      \       ̄    /      高級な宿ですか。
       / ゝ        ィ'ヽ       良いですとも、行こうじゃないですか。
     /                \
   /   ィ         r   \
    |   `||          |ヽ   ヽ
    /⌒ヾ|          | |,   |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´    /
         ヽ,   (    ,/
          ヾ  |    |
         ≒;|   |  キュム キュム
         (.("_`゙_)



               /            ヽ
              /  / /  l        ',
              ,'   /l ,イ   l   ヽ      !
                l | 」斗|ヤ  |、 l  ,l  l  |
               l l、{ィ|メ、\ j``トx.','  l  |
             |// l ヒノ   )ノ,圷ミ/   l  l
              / ::l:::: '   └イ ,/  ,'  ハ        ……………。
                / i ,\ 、   ::::/ / l |  ハ:: ヽ
             |.  ヽ ::::`ーェr イ,' /  l |  l/::  )
            / ヽ  l__// _,/ /l`ヽ、,|  \イヽ、
            〈  | ::l / /l、ノ| ゝ、ヽ  ヽ、  \:::..\
            ヽ l ::l レ' ,|_/|/  〉 l , ‐ヘ::..  \::.. )
            ノ / ::l  (戈)  ,/ ::|イ   /::::    ∨
            /´ ::\::ヽ、| l   ,/::/   ,/:::::::    }



無謀であれど、このままここで唸っているよりはましだろう。
空元気に違いないが、それでも胸を張って歩くできる夫の背中を見つめたルイズは、
硬い椅子に長時間座って痛くなった尻をさすりながら、彼が良い依頼に巡り会えるようそっと祈った。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……・

864 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:46:15 ID:I6DuCO8U
36.
━━━━━━━━━━━……・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||            こんにちは、
 |:::::::::::::::||   ⌒_\            お邪魔しますよ……
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::||  __´__    |
 |:::::::::::::::|| `ー´   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ /   . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

首都であるこの町で、もっとも高級な宿の一階に足を踏み入れたとたん、
値踏みするような視線をあちこちから向けられてできる夫は足を竦ませた。


                                   ___
                               /      \
                              /ノ  \   u. \
                            / (●)  (●)    \
                            |    __´___    u.    |
                             \ u. `ー'´       /
                             ノ           \


         ,  " ̄ ̄`  、
       /    > 、 _,...、ヽ
      /    /:::::::::::::ヾ:::::. \
     /   .. l:::::::::::::::::::::}ハ::::::.. \
    /  /  l::l:::ゞ、::::::::::::::ノ_;;}:::::::ヽ  \
  く  /  l |:lーtデヽY t:ァ=ll:::::::::::\  \
    ` /  ノ::::ヘ:l    ,    l:::::::::::::::::::\>'
     \ /:::::::::::、  ‐. ‐'  '::::::::l:::::::::/
      \ l::::::::::|\__ イ:::::::::::l::>'
     ―‐ 、二二ノ     |-、―- 、
   /;;;/;;;;;;;/;;∨;;;\__  ヾ:;;ヾ:;;;;;;l
  ./;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;ヾ:;;\_/};;;;l;;;;;;|
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;\;;;;;;;;ヾ:;;;;` ‐ ';;;;;;ヾ;;;|
_〈;;;;;;/;;;;;;;;';;;;;;;;;;;; 、;;;;;;;;;\;;__;;;;ノ;;;/;;|

865 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:46:44 ID:I6DuCO8U
37.
上流貴族や超一流の冒険者、大富豪、お忍びの王族が利用するような宿である。
身なりのよくない、はっきり言えば薄汚れている彼らが場違いな事は確実なのだ。


          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/
     ノ           \


                             /          ヽ、
                            ィ              i
                            /        i      ヽゝ
                           //´    / ノ イl       、ヽ
                           l   , ‐ィ ´ir'´〃',       トl
                           {  f三ミ'' アT ー-'ヽ       ノ
                           ヽ !、´ /i ヽ    }、     /
                            ヽ l´ .ノ   `ー 'ノ l    l
                          _,. - Jィヘ. `、''__  ヽ'ノノ   ,.人、
                         /  /ヘ ヘ ー   `ィ_ /  lヽ\
                         l   _,\  /`ー,. ''_,.ゝ'   /   |   \
                         | r┴―┐' r´-く    ハ  l
                         l l_   !  .|  ゝ、  /  ヽ--
                         r '´__,.)~┤  !ーi  ヽ /    `7
                        / /, -‐- 、 l /i  |   /     /
                        } '´ _, =-く┘'   l  /     /

866 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:47:29 ID:I6DuCO8U
38.
                  _,.  -── ー- 、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : `丶、
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
             /::j: : : : /: : : :/: : l: : : : .!: : : : !: : 、: : : l: : : l
           ,': :!: : : /|: : |: : : |: : : : .|: : : : |: : :l: : : l: : l::|
           |: :l: : : |: :|: : : |: : : ヽ : : /: :|: : |: : :|: : : |: : !::!
           |: :|: : : |: :|: _|_. 斗 ): :ハ‐.i-、/__|: : : | : |::|
           |: :|: : : | 丁,_ェ以、 ノ/  Y _厶ェ、|  ̄/ : |::|
           |: :|: : : |./ィテ {fz:ハ`      てfらテx./ : : |::|   や、やっぱりやめよう?
           |: :|: : : |ハ八 弋;ソ       弋zソ .人l : : :|::|
           |: :|: : : | 〈  ::::::::    ,   :::::::::  ソ!: : : |::|
           | /!: : : |` ヘ             / /: : : :ハ.!
           レ .|: : : |.: : ヘ、   「  ̄}     ,イ /: : : /!: |
          / : |: : : |\: : |> 、 ` ー ´ ,. <:::/: : : /|ヽ
           / : : |: : 人: :\! 八 _>-< ノ:ヘ:::/ : : /: : :!: : \
            / : : /!: : : :|\: !/:: :l\lヽ∧/ :|: ∨ : : /|: : : :\: : :\
        / : : :/: ヽ: /:: :::`/: :: |.:.::| | !:: :| /:: :/:::|: : : : : :\: : :\
          /: : : /: : : : : |: :: :: \: |:::/ ハ V:|/.//: :: ! : : : : : : :): : : :ヽ
       / : /{ : : : : : |:: :: :: ::ヽ/ _ムヘ、\::/ :: :: |: :/: : /ト、 : : : ヽ
     /: : : :{:: |\: : : : !:: :: :: : :/   _|_   ∨:: :: : / / /:: : |::|: : : : : :)
    /:: : : : : :|:: |: : \ : |:: : :: :::{  ̄_|_ ̄ }:: :: :/: /:: :: :: :|::|: : : : (
  (: : : : : : : /|:: ヽ :: : \|:: :: :: :::{  ̄ _|_  ̄ }:: ::.//:: :: :: :: ::|::|: : : : : :\
    ): : : : : /::ヽ:: :\::: :: :: :: :: :: :{.   ̄人 ̄   |,: ::´:: :: :: :: :: :::/:/::ヽ : : : : ::)
.  /: : : : : /:::::::::ヽ: : ヽ: :: :: :: :: ::\__フ マ___.丿:: :: :: :: : : :: :/:/:: :: :ヽ : : :/


一瞬前まではあったはずの、会話すら止まった酒場の空気に怖じ気づいたルイズはそう小さく囁いたが、


       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \      何言ってるんですか、ルイズ。
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\     私達は客なんですよ、客。
  |      __´___    |
  \     `ー'´   /     客なんですから大丈夫です。


客なんです、と自分を確認するように呟いたできる夫はそのままカウンターの席に座ってしまった。

867 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:48:09 ID:I6DuCO8U
39.

                -‐ ―-  、
             /     ‐¬  `  、
            /.         l    .i
           .,'          .! .i    !
           .,'          ト,、!    ',
           И     i.      l  !. l、  !`
            l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ
            レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、
         /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、     覚悟を決めな。
       ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、    びびってる奴に良い仕事を
      /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   紹介しようなんて思うか?
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
  γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l
  .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-</ ./.7'ァ_イ´ 「:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〉
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.V:.:.:.:ヽ'_/././ 〉 .j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:-<
  \:.:.i:.:.:.:.:._:.:.-‐>'、;;ヽ:.:.:.:.:. ̄',. ! /l_:.:.:-‐:/「:.´:.:.:.:.:l
   ヽ!:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:`´:.<`;;‐y':::ヽレ:::::l:.:.:.:.:.:.:.:.1:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
    〈/:.:.:.:.:.:.:._/:.:.:.:\:.:.:.: ̄:7:::::::十:::::!:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
    ',:.:.:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::l:::::::!.:.:.:.:.,、:ゝ<`丶:.:.:/
     !:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:./::::::::::::::::l:::::::!.:.: :.ヽ:.:.:.:.:.:\
  _ _ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ::::::::::::::l::::::::! :.::,:.:l:.:.:.:.:.:.:.ト----   _


              /       /    、  \   ヽ  、
             l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
             |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
う………。       ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
分かったわよ。    ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
              〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
             /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
スワレバイインデショ  /    |  |             /   |ヽ、|     〉
           ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
            〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
           /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ

868 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:48:49 ID:I6DuCO8U
40.

         ',.::::::! !     / /.:::/
          ',:::::| |   / /:::/
         ',:::| |_  / /.::/
          ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___ノ  レく
           "´ V      `ヽ
           ! , '      ヽ
            ! ' ,.ィ        ミ
           ',  `"  ,.  -‐┼ '''"              いらっしゃいませ。
            /    ィ´,.  -‐十 ''
             〈    ノ´   ,. イL
           `ーく_   ,.イ ,.イ.:::::.> ‐- 、、
              `y'´ イソ/.:/.:.:.::::::::::::`,
               〃介7.:::!.:.:.:::::::/.::::::::::::::i
             〃,fシ//.:::!.:.:::::::/.:::::::::::::::::|
             ,.イ/ ,fシ//:イ.:.::::::::!.::::::::::::::::::::!
            ,'.:.::l.,fシ//.::/.::::::::::::ト、.::::::::::::::::l
            i.::::::!シ//.::/.::::::::::::::ト.:ヽ.:::::::::::::〉
            l.::::::!//.:. /.:.::::::::::::::.',.::::::::::::::::〈
            l.:::::l/.:.:.:::::::::::::::::::::::.',.::::::::::::::::.',
            |.::::l..:.:::::::::::::::::::::::::::::',.::::::::::::::::.',
            |.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.: ハ.::::::::::::::::.',
            |.::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. ノ ',.:::::::::::::::.',
            |.::::::::::::::::::::::::::::.:.:. 〈  ',.:::::::::::::::.',
            |.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:. L ノ.::::::::::::/

覚悟を決めたルイズもできる夫の隣に座り、酒場内の視線が散ってから10秒。
儀礼的な挨拶のみを残したバーテンダーはグラス磨きに戻ってしまう。

869 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:49:28 ID:I6DuCO8U
41.

                /  ///    / //
              ′ ///   / //
              | r'/:::::\/ ィ /
               | |'ヘ::::/ /
              ∠! へ\</´
           /  \  ヾ
           /     ヽ |!|
          /            〉                    スッ
        { ̄ ̄  ‐- --  i                ┌──┐
        ヾ- ――-     〉                │::  .│
            \      __,.. ソ                │::  .│
         _r―  ー;.,.,. '´                 │::  .│
       _/マ==|ヽ{、                    ヽ_. ._ノ
    -‐ .:::.:::.::\::\└勺!                        ,. - )ii( ,
  //.:::.:ヽヽ:::.:::.:ヽ:::.\ ゞヽ、                    / ∠ )ii( /ノ_
 |l:::.:::.:::.:i i:::.:::.:::.:i l:::.:ヽ ヾヽト、                / ´ ̄ )ii(∠二ニ'
 |l:::.:::.:::.:j l:::.:::.:::.::|ヽ:::.::ヘ `i! l:::ヽ           ヘヽ ,.  ´ )ii(
 亅L. イ /.:::.:::.:::.\\:::.:Y i! l::.::|         /:::.:::.:::i丿  ‐―‐‐
 f―::: /:::.::l:.:::.:::.:::.:::.\`:::Yi! |:V|        /::.::.::.::.:/
 ヾ ∠:::.:::.:::j.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.∧i!|/::ト       /.::.::.:::/
  |   /:::.:::.:/:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.\il!|::;ハ    /::.::.//


       ___
    /_,ノ  ⌒\
  / ( ●). (●) \
  /    、 `     \
  |       ̄ ̄ ,.へ |
  \           ム  i
 /          ゝ 〈
 |           i  |

一つ一つの動作が洗練され、優雅である。
思わずここに来た事も忘れて見入ってしまうできる夫は、ルイズとは逆隣に座ったクラフトに肘でつつかれて我に返った。

870 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:50:10 ID:I6DuCO8U
42.


   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{     (おい。
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{       あの野郎、俺たちを嘗めてやがる)
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N
          ヽ  、〈             jハ{::::!
            \  __ ,.     /  jハル、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :


       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \
  /    __´__      \
 |      -      |
 \            /

囁かれて気がついた。
他の客の注文にはてきぱきと答えているバーテンダーは、カウンターの三人を
まるで「居ないもの」のように視線を向けようともしていない。

871 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:50:47 ID:I6DuCO8U
43.

              ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
               ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
               / ヽ (::___:;;) /
              /.._ ,'       ',. _
             /  | フヽ ヽ /  /lノ :\
        ___,/;:;.  |,' ヾゝ   ィフ ',;:;:;:;:;\
      /´;:;:;:;:<,;:;:;:;.  | _    ' l    __L_:;:;:;:.\
    _,.‐'.ゝ、;:;:;:;:;:;:; ̄ ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_‐´ ̄;:;:;ノヽ、
‐‐'"´;:;:;:;:;:、;:\;:;:;:;:;:;:;:;'´   _ィl ー┴-'ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:, ヘ,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.\;:;:`;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/   }   ト、;:;:;:;:;:;:;:/j_/;:;:;:;:;:;l
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:._ ̄ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;/   ノ    │;:;:;:;:;:;:,イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
‐‐'´ ̄ ̄´   ̄`tー、 ∠´        {;:;:;:;:;:;:.ソ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
      r、   ,イ_;:;:`ー `ー、/}  ┌‐'´;:;:;:;:./;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
   r‐'「ヽ」/ ̄ ∨`ー、__/  '-、_」ヽ、;:;:;:./;:;:;:;:;:;:;:;:;/
  r┴-ヒ´_r‐   i|;:;:;:;:;:;:;:;:`゙'''''''''''ー‐-、ヽ_/;:;:;:;:;:;:;:;:/
   ̄''''ー-_-‐'''iレ ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`;:;:;:;:;:;:;:;:;:./
          ー┬┬‐‐--、.___;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
         _
        .|  ) iニニニニニ'-、     ─ 、_
        .| |  _____l |      `┐ r'
      __ | |  └───┐ .|       | |  _,,-─-、
      | .| | |  iニニニニニ_ノ    .i-、_| フ-'_,-' ̄| |
      / | | | /`─────' ̄`i  ヽ_,,--l ' /   | |
      l__ノ | |/_ノ ̄ ̄| | ̄ 7_/     ./ r'     .| |
        | |  |`ニニ ニニ' .)     / ,i .|     | |   ,-、
        .l l  .| |  .| |  | |    ./ / | .|     | |   /./
       / /  | |  .| | _.| |   .l' ,、ヽl .|     l .l_/ /
      ノ/   し'  | | `-_ノ   └' \ |      `──'
       `        .し'           `-'

注文も取らなければ天気の話題すら振ろうとしない。
壁際の立派な掲示板にはそれなりに依頼書が張られていると言うのに、紹介するする素振りすら見せない
バーテンダーの明確な意志を感じ取り、できる夫は拳を震わせた。


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

872 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:51:40 ID:I6DuCO8U
44.
               _ __
              /´        `ヽ_
        , -‐ '             `ヽ
       /           \
      / /            ヽ:     l
     / ,′/.:/ .〃:. :.丶:丶:.:.ヽ :l   l  l
     l | l .:.l .:.ト、/:.:. {  :.:.:.ヽ.:\:.j:.!:  │ l
     lハ l.:.:|.::..!.:.{\八:.:.:.ヽ:,__匕厶}  │ l       (丸焼き?氷の標本?
     ヽ∧:.:!:.:从7tーゝヽ:.:イヘ ::::ノ│   l   ヽ、      それとも電気椅子?)
       jハ>ハ `‐'  j:/    ̄ /   リ:   `ヽ、
          | :}     ´   、 /    /:.:.      \
         _ ノ : ゝ , `マZ三)′    厶;._        }
     /  `ヽ┐:.:.:.:.: />'´    /:::::::::::ヽ   :.:   /
    /  ) {_,   }.:.:.:.:/       /:::::::::::_:::::-ヘ:. :.:.:.:.∨
    {  ┐r  /.:.:.〃     /_:::::-‐ ´:::::::::::::ヽ:.:.:.:/
     入  / ̄ ̄`V      /:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::|:.:.:.:ト、
    / :.:.Y / ̄ ̄ヽ :.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.\
    ヽ :.:.レ'     l-‐、__{::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::{:.:.:.:.:.:.::.:.:.:\


自分を、仲間を、そしてできる夫を軽く見られて黙っていられるほどルイズは人間が出来ていなかった。
このうさぎ面のバーテンダーをどうにかしてギャフンと言わせてやろうと思った時である。

―――カロロン。
ドアベルの音が鳴った瞬間に風を感じてそちらを振り返り、そして彼女は目を奪われた。


            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉    !
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \

873 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:52:12 ID:I6DuCO8U
45.
                                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  
                               /               .:.:.:.:ヽ
                              /             .:.:.:.:.:ヽ
                             /               .:.:.:.:.:ヽ
                             |  ヽ、          / .:.:.:.:|
                             |  / `ヽ_       / ヽ .:.:.:.:|
                             |  | (::::) |ヽ   /| (:::::) | .:.:.:|
                             |  ヽ_ノ      ヽ_ノ. .:.:.:|
                             |      /    \    .:.:.:.:|
                             |    (__人__)   .:.:.:.:.:|
                             |               .:.:.:.:.:|
                             |                 .:.:.:|
                             |                   _,,....┴一='''"~~.´|_           _
                            | ̄``''┴┐        f´ ̄ ̄    ,.- ´ ::::::::::::::::::}     _,,..-一='''"~´: :
                         f::: `ヽ ..  |<_ _ >ゝ_ __,,..-< ::::::::::::::::::::::::::>≦: : : : : : : : : : : : : : : :
            ___       f´::::::::::::i>'": : : : : : : : : : : : : : : : : :/ ::::::::::::::::::::::>ィ´.:.: : : : : : : : : : : :.:r― 、>
    _,,..-一='''"~´: : : : : : :~``''=ー-、{::f'⌒Y:::l:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : {:::::f ⌒ i::: / : : : : : : : : : : : : : : : : : :>   <
  r≦  ≪: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:ゝゝ.=.';ノ: : : : : : : : __: _: : : : : : : : : :ゝ_ゝ=彡_ノ,: : : : : : : : : : : : : : : : :.:/ /≧一
  ! {: :ゝヽr ⊃: : : : : : : : : : : : : : : : : f: : : : : : : _,,.-'"~´~``''=-、: : : :_: : : : : r ,: ;;;;;;;;;;;;l : : : : : : : : : : : :r― v /: : : : : :
  i .{: : > , 、`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : ::l/,: : : :,<     ., >, ヽ ハ ノ }   /  }: ;;;;;;;;;;;;l: : : : : : : : : : : : : :> /: : : : >´
  ヽヽ: : : : :`ヽ v つ: : : : : : : : : : : / {: : : /≧ ハ ∧ / ≦   l ;;; ノ: : :ノ  };;;;;;;;;;;;;;;;l: : : :r= 、: : : : _.ィ´ィ: : :> ´ ,,<
   ヽヽ: : : : :∧ (: : : : : : rっ: : : : {  {: : : { ゝ  ._ _  ,_.."  l;;;;f: : >   /: ;;;;;;;;;;;;;;;l: : : :)  ゙-   .ィ´>´ _,..''"´;;;;
    ゝ ヽ、: : :ゝ `<_ _/ /: : : : :lゝ \_{ ⊂ {;;;;;;;}  ⊃   /;;;  ゙  < : : : ;;;;;;;;;;;;;;;l: :/,-、 <: : :/  ,.ィ´ ヽ;;;;;;;;;;;
     `丶、`丶、: ≧っ ,、ヽ: : : l/  __ {  と´.`¨´` つ  ,/;;;;/≧ - っ  ヽ: :;;;;;;;;;;;;;;;;;l  /: : : : : :/  /     |;;;;;;;_,.
.       / ヽ. `ヽ`´: : ヽ ヽ: :{ f: : : : ゝ  U.l l.l lU  /;;;;/.:.: : : : : :/_ ノ: : ;;;;;;;;;;;;;;;;{ { : : : ___/  /       |.ィ´_,.
       i   `ヽ. ヽ-==、: :`¨ .{:: : : : : : :.:ヾ 、U.U / ;;;/: : : : : : : ゛: : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;;{ `´ _,,..   ノ         |/::::

874 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:53:01 ID:I6DuCO8U
46.
―――カロロン。
閉まる瞬間に再び鳴いたドアベルが、耳が痛い程の沈黙を呼んだ。
戸口に立つ青年は別に殺気を放っているわけでもないのに、できる夫以外の全員が視線を向けさせられている。


            ,.:- ' ¬ ─ 、
         ∠´        ヽ
        γ      ~ヽ   \
        /           ヽ  \
       ノ λi_λ_(_ノ!_ノ__火,     \
      ノ  i'ta:、 イtヲフ' |     \ \
     //  | .フ   ″  | | γ    \ \
.     < ノ    ゝヾ___    |i.レ'        \ ゝ
     ヾ ノ i ヾ!ヽ   _  |i.| ノ      \/
      `'-、ノ  `- ┐   ノノ/  ハ  _,/´
         '-ノ,_/. |   ヽ ノ/ル-"_
       /´ ̄ヽ`フ    // ヽヽ\ `ヽ
      /   ヽ\\ヘ   / /   } ∧ \  \
      /    \\` ̄´ /   / / }  ヽ   ',


      /                              ヽ
      /    l                            ヽ
    /    ハ |  、                            |
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ   
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--               /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、
   ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ   l  | |::::::::::::: |=<>ニ<>ニ<>=|::::::::::::ノ  ,
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_,.r┴┤|::::::::::::└――――‐┘:::::::ヽ__ハ
     ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ!  ', ',::::::::::::::::::::::::::::, -――::::::::::::::::::::::´<
      ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   〉〉:::::::::::::::::, -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

875 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:53:44 ID:I6DuCO8U
47.
この国の親衛騎士か、名のある冒険者か。
泰然とその場の空気を支配下に入れている男はしかし、注目が集まっている事を知って
不思議そうに酒場内を見回した。


                         / ̄ ̄\
                        /ノ  ヽ、_  \
.                       (●)(● )   |
.                       (人__)      |
                        |⌒´      |
.                        |        /
                      .  ヽ      /
                         ヽ     /
                         .>    <
                         |     |
                          |    


|                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
            ,.':::::::::::::::::::i!::i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
             /:::::::::::::::::::::::|i::|i:::|!::::|:|::::i::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        /::::::::::::::::::::::::::::::!二廾仆レヘ;|:::::::/l:::丿:ノ::ノ:: //::::::::::::::::::::::',
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::! ー弋;歹≧、ヽ'"升三二ー  }::::::::::::::::::::::::::',
    __./::/::::::::::::::::::::::::::::::∧l!        ` ′ 弋;歹> ∧::::::::::::::::::::::::',
    ∨:::,ー=====ー、::::::::!じ:! /////   :          ∧):::::::::::::::::::::::::::',
     ∨:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧::::::∨:i             /////  ∧ソ:::::::::::::::::::::::::::::::',
     ∧:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;',:::::::!;;::',     `´         /:::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
    / ヘ;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ:::::|;;:::ヘ   `   ─       ,.':::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::ヾ!i:;i!:ヽ   `       /:!:::::::;!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}:::::::::!:::| \      ´  イ´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:::::::::::|::::! ;  `   ´     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
      \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/!:!::::::::::::!:::i ;           !:::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::/
       `"''ヾ!;:Y'''"´ヾ!::ヘ;;;;;;:::!:::| ;           ト、:::::/!::::::::::::::_:/
   /¨´"''''ー--、| :レ )、,,,/;;;;;;>-ーソ  ;          ` <;;;;;;;;<;;,,,
  { クー―ー<|: | ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;,     ;           ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ∨ ーー-、_にニ);;;;;;;;;;;;;;;;;;,,____ ;          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   { /  ̄ ̄二二ラ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ヽ  /´ ̄  ̄,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ,,;;;;;;( ノ三二ラ|: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,       ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

876 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:54:10 ID:I6DuCO8U
48.
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


      ,. -Fl―‐―‐ 、
      /  Fl       ヽ
    /    Fl     、、、 ヽ
    i  i  Fl    .、 ゛゛゛  l
   ノ 人(.El--l从l i .)     |
   〈 .|<ニ> くニ> レ' r 、 〈
    .\レ-/`ー----、|__.| / /
     | 〈-,      |ノ「" 〈
     λ ―-  irー┴、  L_
      ヽ. ゛  ∥   ζ (
    r--┴┬‐´|| 〔 ̄i ゛Y
    ヾ  「'-―'》  ̄-=┴i
     》 |ノ   〃 〃´ `ー- ̄

877 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:54:50 ID:I6DuCO8U
49.
眉を一瞬動かした青年がコツッ、と一歩を踏み出した事で酒場は再び時間を取り戻し、

              __
               /    \
          /         \
          |     : :::::::::::|
          |     :::::::::::::::|
          |    ::::::::::::::::::|
          |   ::::::::::::::::::::::|ヽ
             ヽ       /_./|:\
               \__,-‐´~/:::::::\
           ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/
        //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
        |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
         |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
          |::::\_::::::::::::::::::::\|:\
         〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|
            /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\
            /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|
           |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
             \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
            /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ


青いマントを翻しながら靴音を二十三回鳴らし、ルイズの奥に立った彼は、
ゆっくりと背中の剣を下ろすとカウンター席に腰を下ろした。


                    ___
                  /      \
                /     、_,ノ  ヽ
               /       (● ) 丶
             /         (⌒  l
            /             ̄l__)     __
         r‐ ‐-- 、               ノ    |  ̄`》
         上: : : : : :>‐-.、__         /      〉二〈
     レ<>㍉、: : : : : : : : :>      /        |ニニ|
    /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/>ヾ,__ン         |三ニ|
  /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ//   j `.-、         /ヘニ7⌒)
 //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫      / ィニにン-、
||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
/∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
| ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐㍉、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
|: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|

878 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:55:26 ID:I6DuCO8U
50.
と、間髪入れずに戸棚の前から青年の前に立ったバーテンダーが、総革張りのメニューを取り出すと
恭しく頭を下げる。

                     ',.::::::! !     / /.:::/
                     ',:::::| |   ../ /:::/
                      ',:::| |_ / /.::/
                      ヽ!「 _ __V ./::/
                       ',」 ___,)  レく
                     "´ V      `ヽ
初めまして。                ! , '      ヽ
                       ! ' ,.ィ        ミ
お暑い中、                 ',  `"  ,.  -‐┼ '
ようこそいらっしゃいました。       /    ィ´,.  -‐十 ''
ご注文をどうぞ。             〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
                        `ーく_   ,.イ ´   / ',-、,,,_
                               _//`y'´    / .',  .`',:=‐‐ー-:、
                      __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
                    ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
                   ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
                   r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l
                 /   i   i. ,', i-:' ,:'ー';::./  ,'     l        i
                ,:'   l   .| i .i | .// .,'  ,'        ヽ      __|
    ,-、          ノ    .|   | | `i/"   ,'  /        |     ./ .)',
    !,__`'''‐:、__  _,..:'"      .|   | .|  |o   i. ,'    ___,,,,,,r''=‐---、,,!_ ,:',,_.',
.    ,.:-'-、  `i,"   ヽ     |   | l  .|    .|. ,'    (-i:':、,_`ー'-::、 、 ./,  ',
.  / ,  `‐ .li`i   ヽ    ,|   | |   .|o   |.,'     `゙、'_ `゙-、_ 、`' ` ノ,.l   i
. / /、 _,,,_、 ._,l | |        /|.   ',|  .|    .|i         ヽ':、_  `‐  ノノノ   l
.(__,:'i゙ )'r'i',_.)-'r、)' i      _,r'  |    |  .|o   |      __ヽ、ニニ,,,-='ニ/--―‐
   `‐゙ .`-:'、_,,r"r''゙  ___,,r:'__!,,,.... -'---'---――'''''''' ̄ ̄

879 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:56:01 ID:I6DuCO8U
51.
これには固まっていたできる夫のみならず、青年の登場で自分たちの状況を一瞬忘れていた
クラフトとルイズもハッ、と身体を強ばらせてしまう。

         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\    !
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ   !
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、
             ヽ.  \ゝ、l         /
              ヽ,  ,八     , -―, '
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ


            /                 \
           /                 `ヽ 丶
             /        .:ノ            ',  ヽ
         / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
         l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !
         |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |    !
         ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |
            ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |
             \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
              リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
            _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
         , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
        〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
         l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
         {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
       〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
       {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ

880 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:56:40 ID:I6DuCO8U
52.
どんな注文をするのか聞いてやろうと、クラフトができる夫、ルイズ越しに耳をそばだてると、
組んでいた腕を下ろして頬杖を付いた青年は小さくため息をつくと―――静かに言った。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)     そちらの三人が先客だろ?
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ




入店したて、注文したてで目の前に何も並んでいない可能性を完全に排除したはっきりした声と、
その中に含まれる意味を感じ取ったバーテンダーは巧みに動揺を押し隠す。


       ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
        ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
         ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
          ヽ (::___:;;) /
         _ ,'       ',. _
          フヽ ヽ /  /l            …これは、大変失礼いたしました。
          ,' ヾゝ   ィフ ',
         | _    ' l    __L_
       ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_
       '´   _ィl ー┴-'ヽト、
        //  V^ーく  ,ケ:::ヽ、
      , ィ7::::::ヽ、、{    l〃/:::::::ヾ:丶、
   , -:':,ィ':::::::::::::ヽ ソ   ,! ヾソ:::::::::::::ヽ::::`丶、
  r''" ''":`ヾ‐-v-‐ヘ!  li!/`ー‐v,ァ''"´:::`丶丶
  |:::、::::::::::::::::`丶、:::ヽ  f'":::, - '"::::::::::::::::::::::/:::
 〈::::ヾ:::::::::::::::::::::::::`ヽ>',:ィ:"::::::::::::::::::::::::::::::/:,r::
 ,j:::ヾヽ::::::::::::::::::::::::::::: {:▽::::::::::::::::::::::::::::::::/:/'"/
  {:::::::ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::://::,ィヽ

881 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:57:17 ID:I6DuCO8U
53.

 ',.::::::! !   / /.:::/
 ..',:::::| |   / /:::/
  ..',:::| |_/ /.::/
   ヽ!「 _ V /::/
   ',」 ___,)  レく
  "´ V      `ヽ
     ! , '      ヽ
   ..! ' ,.ィ        ミ 丶       お客様。ご注文は?
    ',  `"  ,.  -‐┼ ' )
    /    ィ´,.  -‐十 ''/
    〈    ノ´   ,.  /
    ..`ーく_   ,.イァ''"´ / ,/~
      ,.ゝi`y'´ l,,.ィ'",:ァ/:::
     /7V ,!  l",, ='/::::::::
   //:::l/  ハ  l,,ィァ"_:▽-‐
, ィニ´::〈v::f ,; fリ ,l/`´:::::,r:'"


入店の瞬間以来の、二度目の視線を向けたバーテンダーは持っていたメニューをできる夫の前に置いた。


お客様と言われてやっと、できる夫はやるせなさと不快感を腹に押し込める事が出来た。
まだ少し震えている手を伸ばし、手触りの良いメニューを開いた瞬間、



        / ̄ ̄ ̄\
       / _,ノ  ⌒ \
     /  (●)  (●) \
     |     、 ´      |
     \      ̄ ̄   //|
     /     /⌒ノ ̄ ̄ | ( )
      |   \ / /      |  .|
       \  “  /l      |  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄|_____|./ ̄ ̄ ̄

今度は逆側のルイズから肘でつつかれる。

882 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:58:07 ID:I6DuCO8U
54.

       /    /    \ ヽ   ヽ ヽ
        //  / ∧    :.  \\   :.',:.. ',
       // : { /:.ハ :l:.  ト;.: |l_ハ_:|   :.:l:.:. l
     l ハ 从丁≧ュ、}:.: 厶斗矛廾   :.|:.:. l      (ちょっと!
     レ' ヽ:|:.:} ,仟:r'} j/ 之:ン゙ |   .:.|:.:. l       注文する余裕なんかないでしょ!)
         ト-ゝ ゞ'´ ' __      |   .:.|:.: ',
        / | ∧   f'ー ヽ     !   .:.ト、  \
          / .|  ヽ   ヽ _,ノ  イ   .:.|:.}:.   \
       /   |   :.:> 、_,. < |/   .:.|:.:',:.:.   \
      / .:.:.:ノ ,z==|テ廾ァ、/  .:.:.:/\\:.:.:.:.:. 
    /.:.:.:.:./  〃.:.:/{=//\.:.:.:.:/:::::::`ヽ\:.:.:.:.
  / .:.:.:.:/   //{/!::::::レ'/  .:.:.:\/::::::::、:::::::::}:.:\:.:.



普段行くような酒場では、カウンターに座れば水が勝手に置かれて「仕事探しか?」と尋ねられる。
信頼もへったくれもない、流れの冒険者や荒くれ者相手の商売であるからだ。

だが、このような酒場では流儀がそもそも根本から異なっている事に気がついたクラフトは、
ぼりぼりと頭をかいて選択が誤っていた事を後悔するしかない。


                   r'´                   \
                 rイ´                     ヾ 、
                  !   l        \  、         ヽ
                  l.   ', ヽ.  l', l     ヽ!ヽ ト、 ヽ、    \',
                  l ィ ,  .!、 lヽ l ', ト、     λ!ヽ ',ヽ.     l     (完全に戦術ミスだ。
                 /'1 l l. ',ゝ斗リ「 ',!.ヽ. ,ィ    k ,ヘ',    .!リ     これなら最初から勇者と名乗って
                  ゝA  ヽ ヾ云ア  ヽ! リ、  l 'ノ/´ `    l      信頼を得るべきだった)
                 / ` l ./リl  '孑'   '  ヽ/ rイ,      N
              >' ´/  .ル'l. l  ``       ' .l. ヽ    !
          ,  ' ´      /  N、             j ,  l .ィ ,  .!
        , '              /ヽ_ __,,       / !  リ.ゝレ-‐ァ
      /             -‐イ  ゝ-    / >' ´     ',
     /           -‐'''イ´       ',i i i ,/ ./l        ゝ、
    /         /´  イ´   , ‐- 、   フ´ ヽ/  」    -‐':.:´:.:.:.:.ヽ
 .-‐'           /r'ヽィ丶/     <_ .//´ >孑'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
 l           /厂   ヽ ヽ      / 斗λレ' ´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. -‐―---、:ヽ
 ヽ   _  -― イ  、   ヽ \   /  ./:.:/´ >':.:.:.:.:.:.:.:.:.. <     _  .ヾ
  ヽ   _ 孑'´     \.   ヽ  \ !  ./:.ム.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:./    ,  ' ´    ̄`ヽ
    `> 、          \   ヽ   ! //厂:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   /          ',

883 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:58:55 ID:I6DuCO8U
55.
ルイズもクラフトとほぼ同時に気づいていた。

      / : : / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . 、: : : :ヽ
       / : : / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : l
     / . : :/. : : : : : : : : : : :l: :1: : : : : : : : : : : : : : : : : : ',: :.:1
    ./〃: /. : : /: : : : /: : : {:. |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 1: :|
    l/ Ⅳ{: : .:. |: :{: :{1: : : :ヽ:|: : : : : :l : : : : : : 1: : : : : : l: ::|
      {: {: : :.: |:.:.:|: :.| 1::ト、: : :ヽ: :|:.:}:|ヽ::l: l:!: :.l: : : : : : :l: ::|
      Ⅵ. : :.:.|:.:十-|-|_:Lヽ: : : :、L_|:.|__l:lLi:l_: :l_: : : : : ∧: |     (身なりが微妙な一見さんはお断りって事ね)
       ト、. : :|\|ヽ1_ヽ{ `V: : : l 」:ノ__lノ リ):〃7`: : :/ ハ:ヽ
      //|\:|ィ≧〒テ弍  }: : ノ弍〒弐テチ=: : : :./:/: : l: : \
       //: \: :1`ヽ 辷ソノ ノ/  `込ソノ´ノ7.: : : /`ヽ: : l: : : :
     ノ^Y^1 : : ', , , , , , , ,     , , , , , /. : : /.:.:.:.:.:.:.:`ヽ : :
    ノ:.:.:.:.:l.:.:.1: : :.',      ′         /: : :./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', :
   (.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:1: : : ヽ     rっ      /. : : /.:.:.:.::::::::::::::::::::ヽ
    ヽ.:.:.:.:.l.:.:.:.1: : : : :い>        ,. イ. : : : /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::
     ト、.:.:.l.:.:.:ノ . : : : :ヽ1   `二7´ /: : : : : l.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::
     |.:.:ヽ|.:./  . : : : : : }  ∠Vく  /. : : : : : |.:.::::::::::::::::::::::::::::::/
     ト、.:.:.:/  . : : : : : :.八/ <☆> V: : : : : : : :|.:.:.:.:::::::::::::::::::::::/ :
     |.:.:.::/ . : : : : : : :/.:.:.:V {ネ}V: : : : : : : : :\.:.:.:.:.:.:.::::::::::/: : :


だが、虚勢を張って身なりだけを整えても駄目だろう。
扉を開けた時の客の反応がすべてだった。
そして一流の店にはやはり一流の店員がおり、客を見る目も確かだった。
隣に座っている青年を見てしまったから分かる、一流には一流の風格があり、それはまだ自分たちにはない。

水だけ(それでもこの店では有料なのだが)で仕事の話にありつこうと考えていたできる夫も
今の状況に気がつき、全身に冷や汗を感じていた。

          ____
         /      \
       /  _ノ  ヽ、_  \
      /  o゚⌒   ⌒゚o  \
     |     __´___      |
      \     ` ⌒´     /|
     /     /⌒ノ ̄ ̄ | ( )
      |   \ / /      |  .|
       \  “  /l      |  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄|_____|./ ̄ ̄ ̄

あまりの場違いさに、空気を感じ取れていなかった自分が恥ずかしい。
内心の忸怩たる思いが涙となって溢れそうになる。

884 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/24(土) 23:59:56 ID:I6DuCO8U
56.
メニューを持つ手が再び震え始め、今すぐ席を立って逃げだそうかとも思ったその時、
そら見たことか、と勝ち誇っていたバーテンダーの横顔を眺めていた青年が静かに口を開いた。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    俺とその三人に、柑橘の炭酸割りを。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  --‐  ‐--    ヽ
     |  (◯)  (◯)   |
     \    '     __,/
     /         \

かしこまりました、とバーテンダーの視線が外れるのと同時にできる夫の手からメニューがパタリと落ちた。
その音で我に返ったクラフトとルイズは目で会話をするが



.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>  (どういうこった?
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《 ヒ::リ       ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|     ルイズの知り合いか?)
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、 ヒ::リ 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!



                 l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
                 |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
                 ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
     (違うわよ!)    ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
                  〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
                 /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
               /    |  |             /   |ヽ、|     〉

状況は全くつかめそうにない。


885 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:00:43 ID:o2wZSvF2
57.
思わずきょろきょろとカウンター内を見回したルイズは魔力の動きを感じ、
改めて自分が場違いなところに居ると実感させられた。


       ',.::::::! !     / /.:::/
       ',:::::| |   ../ /:::/
        ',:::| |_ / /.::/
        ヽ!「 _ __V ./::/
         ',」 ___,)  レく
       "´ V      `ヽ
           ! , '     ヽ
         ! ' ,.ィ        ミ
          ',  `"  ,.  -‐┼ '
          /    ィ´,.  -‐十 ''
         〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
          `ーく_   ,.イ ´   / \ __
                i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
          , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
         /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
        /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
       /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
     /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!
      l     .:.ヽ !: : : : i  ,.....ェzzzzェ....、    /.       li
      li         \: : .ィ尖:圭:圭:圭圭尖:、 /         l',
      l',  .         !: ,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:弐小!          l 〉
      l ', .:i       爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小      _    l/
      l ヾl         {圭:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}_- ― \  l′
    /l ヽ::j.  iニ.、   {圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}.   ̄ ̄ ー 、!
   { i|  ヾ.   l _j ,  守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐 、      ノ
    ヽヽ  ト\. !.   ',. i.守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙才'  `┬‐ ´ ̄ !
    / \l ` \.   ', ! `守:圭:圭:圭:才´ ,.‐´  ,' !     i
    l   ̄.l    r‐-、 ソo,. -' .― ̄ ̄   >-<⌒ l i   /
    /     l、.  ゝヽ \`  ゝ `) \ , -'、 ノ )ヽ l !  /
_ /ヽ    l、ヽ.  \  ` ̄  \   `  、 \. _ノ./!/
::::::: ̄:::::::―,' \    ,ヽ __    _丶._   ノ'´.:.: .:/ ,/


見ればバーテンダーが魔法で丸氷を作っており、しかもそれはかなり熟練した様子で、
魔法使いであるルイズの上の階級である事を容易に想像させられた。


886 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:01:30 ID:o2wZSvF2

58.
程なくして、四人の前にグラスが並んだ。
青年は置かれていた瓦版を読みながら冷たい飲み物に口をつけていたが、
三人が硬直している事に気づき、どうしたと声をかけてくる。



              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |    どうした?
            (__人__)      |     冷たい内に飲めよ。
            l` ⌒´    |
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i


瞬間、呪縛から解けたように身体を回転させたできる夫は深々と頭を下げていた。



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。    お心遣い、感謝します!
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
     \、   ゜   ̄ ,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


この青年おそらく自分と同い年か、1、2歳年上程度だろう。
だが、順番の件と言い、帰ろうとしてバーテンダーから嘲りの視線を投げかけられていた
自分たちの分まで注文してくれた事と言い、出来た人間だと感じられたのだ。

887 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:02:08 ID:o2wZSvF2
59.
                                            / ̄ ̄\
                                         /  ヽ、_  \
見ず知らずに頭を下げるなんてなかなかできる事じゃないが、   (●)(● )   |
余り褒められた事でもないな。                      (__人__)     |
                                         (`⌒ ´     |
リーダーが簡単に頭を下げたら、                      {          |
仲間も低く見られてしまうかも知れないだろ。              {         ノ
                                      mm   ヽ      ノ
                                     (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                         ̄ ̄ ̄|    |


         / ̄ ̄ ̄\
       /        \
     /  _ノ  ヽ、_   \.
     |  o゚⌒   ⌒゚o   |         で、ですが……
     \::::  __´___  :::: /
        /  ` ⌒´    \
       |             )
.     |  | .    . /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

888 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:02:49 ID:o2wZSvF2
60.
年長者のクラフトではなく、できる夫がリーダーと見抜いた彼は少し微笑むと気にするな、と言った。



                                             / ̄ ̄\
                                           /  ヽ、_  \
                                          (⌒)(⌒ )   |
                      頭をあげて欲しいだろ。     (__人__)     |
                      同じ冒険者だろ、気にするな。 (          |
                                      .    {          |
                                          ⊂ ヽ∩     く
                                           | '、_ \ /  )
                                           |  |_\  “ ./
                                           ヽ、 __\_/


            __ .ィー…ー- 、
          /´ : : : : : : : : : : `ヽ、
         / / : //: : : : :}:ヽヽ: : ヽ
         .′;' : 〃 : /:ノ: :リ: :} : : ヽ: }
          j: : i : { {: 7ト;{: : : :ノjム斗: :}:リ          (格好良い~~)
        丿 : |: :Ⅵf云ァヽ、( f云厶;イ(
     . ィ≦´ : : :∧: :ヽ///   ///{ {
 /´: : : : : :,/: :∧: : ヽ       〉'.
  {: : :, - /´f⌒´  i: : : :'.、  二´ィ个: :}ヽ
  '. : {: :/: : : :'.   ノ: : : : }>く! /: : : /: :} キュンッ
  i: :ヽ{: : : :j ,/: : : :/V⌒} {: : : :ヽ:/
__ノ : : j : /: レ´: : : :/  ヽ,/  \: : : :\
: : : : : :' : : ,入: : : : ヽ   ∧    ヽ; : : :'.

889 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:03:45 ID:o2wZSvF2
61.
やっと頭を上げて椅子に戻ったできる夫は、遠慮なしに彼を見つめているルイズの影から
ちらちらと青年を観察し始めた。


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::  __',__   :::::  | 
  |    `ー'´     .|
  \          /


瓦版を置いて、グラスを片手にバーテンダーの仕事ぶりを眺めている彼は、落ち着いてどっしりした雰囲気を持っている。
端正な横顔は一発で記憶に残るし、まるで黒曜石を磨き上げたような瞳は澄み切っていて、すべてを見透かす力すら
備えているような感覚すら感じた。

                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

目鼻立ちがはっきりしていて精悍な顔立ちは特徴的でもあるのだが、それよりも男らしさや
内に秘める意志の強さがありありと伝わってくる。


890 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:04:33 ID:o2wZSvF2
62.

        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●)    どうした?
. \    |     (__人__)    何か話したい事でも?
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }
      .\_,ゝ     ノ
      /, r、    く
     ./ 〈  \    i
    . ヽ、 .ヽ   \ i..|
       .て_)   \ノ
             \
               \

                                              ____
                                            /     \
                             い、いえっ。      /        \
                                         /  \    /  \
                                         |    (●)   (●)   |
                                         \      ´   u /
                                         /     ⌒     \


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)   じゃあ、俺が話したいから
          |     (__人__)   あっちに移らないか?
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |

できる夫の視線に気がついていた青年はそう言って、赤くなって俯く彼に微笑むと
空いている奥のテーブルを指さした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……・

891 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:05:20 ID:o2wZSvF2
63.
結局四人でテーブルを囲み、信じられないぐらい柔らかいソファに身体を預けた。
気まずいような、照れくさいようなできる夫達が言葉を探していると一人一人を見つめた青年が切り出す。


                          , ノ  、ヽ
         .                l(● ●)l    三人とも、冒険者だよな?
         .                | (_人_) |
         .                 ヽ     ノ!
                (,⌒ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄,⌒)
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/      /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : /      /:::: : : : : : : : : : : : : : : |:::::::::::::::::|
        |: : : : : : : : : : : :-――'      /:::: : : : : : : : : : : : : : : : |::::::::::::::::::|
        |: : : : : : : :/       ./⌒ヽ/:::::::: : : : : : : : : : : : : : : :|:::::::::::::::::::|
      / ̄ ̄ ̄ ̄./   / ̄ ̄ ./  /: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::::::::::::::|
     ./:::::::::::::::::::::::::/   /:::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|
    〈:::::::::::::::::::::::::/   /:::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::::::::::::::::|


         ____
       /     \
      /  \  /  \
    /  (●)  (●)  \  は、はい。あなたも?
     |      __´___     |
    \     'ー一`    /
      /             \

                                     / ̄ ̄\
                                    /  ヽ_  .\
                                   ( ●)( ●)  |
                                   (__人__)      |
冒険者だ。                            l` ⌒´    |
…そんなに緊張する必要ないぞ、               {         |
肩の力を抜いてのんびりして良いんだぜ。          {       /
                                   ヽ     ノ
                               ▼/ ̄      ̄ ̄)____
                             〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
                         ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

892 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:05:58 ID:o2wZSvF2
64.

               -‐ ―-  、
            /     ‐¬  `  、
           /.         l    .i
          .,'          .! .i    !
          .,'          ト,、!    ',
          И     i.      l  !. l、  !`          ……どうして、俺たちが金を持っていない事を?
           l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ
           レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、
        /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、
      ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
     /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l
.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-</ ./.7'ァ_イ´ 「:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〉
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.V:.:.:.:ヽ'_/././ 〉 .j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:-<
\:.:.i:.:.:.:.:._:.:.-‐>'、;;ヽ:.:.:.:.:. ̄',. ! /l_:.:.:-‐:/「:.´:.:.:.:.:l
  ヽ!:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:`´:.<`;;‐y':::ヽレ:::::l:.:.:.:.:.:.:.:.1:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
   〈/:.:.:.:.:.:.:._/:.:.:.:\:.:.:.: ̄:7:::::::十:::::!:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
   ',:.:.:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::l:::::⊥:.:.:.:.:.,、:ゝ<`丶:.:.:/
    !:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:r=ニ二二ニ=.、'孑`丶‐-_、:.ヽ:.:.:.:.:.:\
 _ _ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        ├-   ヽ-‐',:.:l:.:.:.:.:.:.:.ト----   _
     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ       .ト -   ./ニ/:.:!:.:.:.:.:.:/          ̄   ‐-
      >:、:.:.:.:.;ハ       l`  _,/_/:.:/':.:-‐ '
             l       .l`´.¨   ´   ̄´
              l        l
            .ト-  _  -‐.l
             `‐- ― -‐´


                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                  何となく、かな。                     (●)(● )   |
                  仕事狙いで高い酒場に入ったは良いけど     (__人__)     |
                  まず注文されるとは思っていなかったって     (          |
                  顔をしていたから。               .    {          |
                                                ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/

893 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:06:37 ID:o2wZSvF2
65.
      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \    (バレバレだったのね)
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!



青年の洞察力に感嘆するよりも、改めて自分たちの状況を思い返したルイズが恥ずかしくてうなだれると、
自分の言葉通りだった事を確認した青年は眉をひそめた。


894 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:07:14 ID:o2wZSvF2
66.
         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |
        |  (__人__)  |          冒険者が一文無しなんて珍しいな。
        |    `⌒´  |
       |        }
       ヽ       .}           ………一体、どうしたんだ?
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

                                          __
                                        ′    ` ' 、
                                    /          \
                             .      / / / | ∧  \    ヽ
                                  / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l
                       実は…        |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ
                                   | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|
                                   | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
                                 ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ
                                /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\
                              //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ
                             ./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }


       ___
     /     \
    /  \   /\        ルイズ!
  /   (●)  (●) \
  |       __',_,    |
   \     /__/   /


わざわざ恥をさらす必要はない、とできる夫は厳しい声を出したが、首を振ったルイズは続けてしまった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……・

895 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:07:51 ID:o2wZSvF2
67.
真剣な表情を一度も崩さずにじっと話を聞いていた青年はうんうんと頷き、あごに手をやった。


                                         / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                                      (●)(● )   |
                                      (__人__)     |
                     なるほど。          (          |
                     それで金が無い、と……  {          |
                                      ⊂ ヽ∩     く
                                       | '、_ \ /  )
                                      |  |_\  “ ./
                                       ヽ、 __\_/


             __
           ′    ` ' 、
       /          \
.      / / / | ∧  \    ヽ
     / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l   あなたも冒険者だそうだけど、一人?
      |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ
      | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|
      | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
    ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ
   /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\
 //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ
./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }

896 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:08:28 ID:o2wZSvF2
68.
もしそうなら仲間に誘いたいな、と言うルイズの希望はものの一秒で打ち砕かれる。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     いや、昨日一仕事終えたんで騒いでね、
. |  u  (__人__)      仲間はみんな二日酔いで寝てるんだ。
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


                 _,,  --―-- ..,,_
               >'"´           `丶、
            , '´                ≧
          /                     、\
              |   , -、               トヾ‐`
         r'. _,,/.,ィ-,,イ ト、 .,、 ト、   .|\.    ';:::ヽ
         」/./ /ノ .j:∧::;:ヾ::', |:::ヽ   |:::::ヽ|ヽ,、 .|:::ヾ、
        γ/ / // /::|ィ|:A:ト;:|';'::::,、ヽ,、!::::ト、:';::::ヽ!::N `
          l./ /  |,' ,'从| '   ヾ | ∧:::::::::::リ`: ヾ:::::::::::!
        / {  '´ 〉 -‐'"    '´ リ;::::∧!ノ /::::::::::;:|         むう………
        V ' :    l  `           ∨ 二ノ::::::::::::iリ
        ∧     .,'            厂ヽ:::;:;::::::!
         ∧    ー- 、         /j j/リヾ、|__
         ∧      ハヽ ''ニ¨    /:::::i:__,, -‐''"´ .l
          ヽ,__    j ヽ,i i i , /::_, ‐''"       ∧
          / ̄`丶、   ./  ` ¨´ゝ;ヘ        _,, -''"´:ヽ
     _ /     `ヾ/    ./ ./ /     _才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-.、
    /   ̄`ー- 、   ./     >l'´  __,, ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;; -‐ヽ、
   ./        \ /  __,,,/:.:/」彡イ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;才´
  /          Уr''"´ ./:.:.:./´/イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    , -‐''


二日酔いなど、できる夫と旅をするようになってから片手で数える程しか記憶にないクラフトが、
彼の仲間を羨んでも誰も責められないだろう。

897 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:09:16 ID:o2wZSvF2
69.
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)           しかし……
. |     (__人__)           勇者ってのも大変だな。
  |     ` ⌒´ノ           報酬が要求できないとはね。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


                                                        ____
                                                       /     \
                                                      /  \   /\
                        私に対する報酬は                 /   (●)  (●) \
                        人々の感謝の言葉と笑顔です!      |         ´     |
                                                  \       ⌒    /
                                                / ̄ ̄ヽ           \
                                               (「    `rノ          \
                                                ヽ   ノ              \
                                                 |   |             「\   \


照れもせずにはっきりと言ってのけたできる夫を、青年は笑わなかった。


898 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:09:46 ID:o2wZSvF2
70.
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \        いいぜ、そういう考え方は大好きだ。
    (⊃   ( ●)(●)        ……ただ、自分はそれで良い。満足できるだろうが……
     |     (__人__)        仲間達はどうだ?
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (                                             ____
   \  /   /⊂_)                                           /     \
                                                         /        \
                         ルイズとクラフトも分かってくれています。      /  \    /  \
                                                       |    (●)   (●)   |
                                                       \      ´     /
                                                       /      ̄ ̄    \

899 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:10:30 ID:o2wZSvF2
71.
     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ            分かっていなかったら、付いてきてはくれないだろうな。
    |    ( ●) (●)           誰も好きこのんで貧乏な生活は望まないだろ。
    |      (__人__)
    |     `⌒´ノ
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
                                                            ____
                                                          /      \
                         それはそうなのですが……                /_,ノ   \  \
                         お金を求めて、                     / (●)  (●)   \
                         見苦しい真似はしたくないのです。         |      '        |
                                                       \    ⌒     /

今度は、ちょっと弱気を感じられる言葉だった。
俯いたできる夫の代わりに青年が見れば、ルイズとクラフトは黙ったまま会話に聞き入っている。


900 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:11:10 ID:o2wZSvF2
72.
    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ             確かに、金に目の色を変えるのは見苦しいかもな。
  |::::::     (● )             じゃあ、今の状況はどうだ?
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ            今の状況は果たして、見苦しくないのか?
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


:.:.:.     |:   ハ:.. ヽ:   l.:{:.:.:.:.:.    ヽ:.:.  }/:.}ヽ.:.ヽ:.. .:.:.l.:. }
:.:.:.     |:.  | l:.:.:.j{:.  :|:.:',:.:.:.:.:.:..   |ヽ/:厶<ヘ.:.:.|.:.:.:/|.:/
:.:.:.     l:.:. │l:.:.:ハ:. :l:.:.l\,:.:.:.:.:.:... レ:lィ仗ヽ}ヾト:|.:.:l.: / j/
: .:.:   -―ヘ:.:. 十j:./ーl:.‐七弋"ヘ:.:ヽ:.:.:. イ圦: _ハ jN.:/K
ハ:.:.:..      マ.:7/'"仟テ¨ヽ`トヽハ:.:l.:.:.:/ V::イ j   j/:.{小、        (言っちゃった!)
.:.: .:.:. :.:   ∨ヘ  {仗:  ハ     V}:./  ゝ彡′ '{\| { ヽ __
:.:.∧:.:.:. :.:.:   ∧、  ∨f::-イ j     j/    ̄   ',:..  l:.  \  `ヽ
:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:..       ゝ=彡’         ヽ       }:.:  l:.:.:..  \
:.:.:/.:.: :.:.:.:.:.:..    ヽ                     イ:.: 八:.:.:.:.:.:.. \
: /:.:.:.:.::ヽ .:.:.:.:.:.   \          _. -っ    /.:.:.:.:.   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..\
:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.    \U       ‘ー_'´   /l.:.:.:.:.:.:.:...    \:.:.:.:.:.:.:.:.:...
:.:.:.:.:.:.: /:.ハ!.:.:.:.:.:.:    ::ヽ          /  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:....    \:.:.:.:.:.:.:.:.:..
:.:.:.:.:.: /://l:.:.:.:.:.:.:.      ト     __,.イ ヽ  \:.:.:.:.:.:.:.:.     \:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.: /  .}i :.:.:.:.:.:..       j__    | /    \  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..     \:.:.:.:.:.:.:

901 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:11:44 ID:o2wZSvF2
73.
青年の言葉に、はっと顔を上げたできる夫は両側の仲間を見た。


     ,..¨ ̄ ̄¨丶
     /        \
   / ⌒、:::::::      ヽ,
   /( ○)::::::::::::⌒    ..i          クラフト?
  i     ::::: ( ○)     |
  \  ´           /
      \ ⌒    .__/
     /        \


うつろな視線をまともに見返せず、顔を背けたままクラフトは頷く。



        _r'´  ̄   ̄``‐- 、
      ./  l           \
      ./  /!   l         ヽ
     /ィ /,' /レ」/! /  l       ',
     /ィ〈./' ' `l'.レ/.  l  l ,     ',
      ´ / 、""´ /ィ /ル /レl /    l`   すまん。
     .<      ´ .イ'//リ_ハ!    ヽ   本当なら俺が言うべきだった。
      `       l/r<    /レ'` `
       ヽ ̄`    ./  l   ./
        ,'i i i , , __,ノ,  .'レ、 /
       .ゝ-==´ ,-'‐――'‐'┐
         /'/」  ,. .、-‐┬ヽ、
        ∠_ >ニ/ヽ: : :ヽ_: '-‐<
        // ̄:ヽ;/´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      //`丶/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',

902 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:12:28 ID:o2wZSvF2
74.
                                               ___
                                           /      \
                                          /ノ  \   u. \
                            ルイズ?       / (●)  (●)    \
                                        |    __´___    u.    |
                                         \ u. `ー'´       /
                                         ノ           \


            <´ ̄ ̄  ‐-
        /         `i  ¨> 、
       /         :i   !  ヽ ヽ
       /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',
      /    /  :/   i  /  i  ',  i i
      /    ,' ー-/、  /j:  |  ∧ |  l: l      その、言いづらいけど………
     ,'     i  /ン`゙ー V | 7''ーl‐l'"  l l
     /      | ./示≧ミ/ ヽ,!/,,.ムr i  /l l
   /      .|/ ヾニシ     frシ/ / /: リ
  /     ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /:ハ
  ,'      \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
  |      } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',  \
  乂    ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、_   ヽ
    )   f;.;.;;: : :/トヽヽ,.-' イ V::.(   (:.:.::.:.:.:.:`ヘ    )
   /   i:.:.:.:.V`ヽ、`´,イ 'ヘ/::.:.:ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.:>`-、/
  / ,'  j:.:.,ィ': : : : : :∧) . /:/ /:.:',   ', r'"    \


縋るような表情に、胸が痛む思いながらもルイズは正直に答える。


903 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:13:18 ID:o2wZSvF2
75.

       ____
     /   ∪  \       た、確かに見苦しいかも知れません。
  γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ    いえ、見苦しいのでしょう。
  / _ノ (>)三(<) \ `、
 (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )   でも…でも、どうすれば良いのか分からないのです…
  \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://

できる夫には、なぜこの青年がこうも自分の心を刺激するのか分からなかった。
もしも逆の立場だったとしても、今の自分たちをここまで的確に、正確に読み取れるとは思えない。





         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \     たとえ、たとえ人のために働いたとしても、勇者だとしても。
       |  (●)(●) |     生きていくための報酬を望むことは間違いじゃいと思うぞ。
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |     正当な金額だったら相手も文句を言わないだろ
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」



     / ̄ ̄ ̄\
   /        \      しかし、勇者は報酬を望まないと言うのが通説になってしまって……
  /  --‐  ‐--    ヽ
  |  (◯)  (◯)   |
  \    '     __,/
  /         \

それは彼の行いによるものか。
あるいは、人の良い彼を利用しようとする者の思惑か。
できる夫に言えるのは、自分は間違っていなかったと言う信念のみ。


904 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:14:08 ID:o2wZSvF2
76.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●         できる夫、だったか。
   |      (__人__)         君は勇者の称号がそんなに大切か?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
                                            / ̄ ̄ ̄\
                                          / ―   ― \
                                        / ;;;(◯)::::::(◯);;;\
                                えっ……  |      __´___    |
                                       \     `ー'´   /

思いもよらない問いに、できる夫は戸惑い硬直した。
冒険者であれば称号がどれだけ名誉な事で、どれだけ多くの者が望んでいるか知っているはずなのだ。
ルイズとクラフトもまた、想像もしなかった質問と即答しなかったできる夫に驚きの視線を投げかけている。

905 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:15:04 ID:o2wZSvF2
77.
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    あくまで俺個人の意見だが、
. |     (__人__)    君は二つ大きな勘違いをしていると思う。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


                                                ____
                                              /     \
                          是非!              / \   / \
                          是非教えてください!    /   (○)  (○)   \
                                          |      __´___     |
                                          \      |il!|!il|    /
                                          /       ̄ ̄    \

普段、余程のことがない限り仲間の意見ですらなかなか受け入れられないできる夫が言葉を求めた。
青年が何者かは知らないが、これからの自分を形作る大切な何かが学べると直感した。

906 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:15:48 ID:o2wZSvF2
78.
          / ̄ ̄\
     rヽ  / ノ  \ \
     i !  |  (●)(●) |   まず、一つ。
  r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |   君は仲間と自分を同じと考えている。
〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
 l` ( ``/ .  |        }    それは正しくもあり、間違いでもある。
 ヽ   l  .  ヽ       }
  |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


                                                ____
                                              /     \
                                            /        \
                            ……それは?       /  \    /  \
                                          |    (●)   (●)   |
                                          \      ´     /
                                          /      ̄ ̄    \

907 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:16:21 ID:o2wZSvF2
79.
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)       君に共感するところがあったから、
    |     ` ⌒´ノ       君に何かを見つける事が出来たから
   .l^l^ln      }        二人は付いてきてくれてるんだろ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |          けれど、仲間は決して自分ではない。
            (__人__)      | ../}       価値観だって異なれば、信じるものだって違うかも知れない。
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ   必ずしも、君と同じ目的で共に歩んでくれているとは
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /     思わないことだ。
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


                                                  ____
                                                /     \
                          どういう、事でしょうか。      /        \
                                             /  \    /  \
                                            |    (●)   (●)   |
                                            \      ´   u /
                                            /     ⌒     \

908 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:16:55 ID:o2wZSvF2
80.
短絡的に答えを得ようとするできる夫を手で制し、青年は続ける。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         君は困っている人を助けたいと思って旅をしているんだったな。
 |    ( ●)(●)        ならば、一番身近に居て困っている人は助けないのか?
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


                                                 ____
                                               /ノ   ヽ、_\
                                      !      /( ○)}liil{(○)\
                                            /     _´_    \
                                            |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                            \    |ェェェェ|     /

909 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:17:52 ID:o2wZSvF2
81.
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ      気心の知れた仲間をぞんざいに扱う者が、
       |         } \     果たして赤の他人を本当に助ける事が出来るのだろうか?
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (                                     ___
   \  /   /⊂_)                                 /      \
                                                /ノ  \   u. \
                            助けて来た、          / (●)  (●)    \
                            そう思い……ます。      |    __´___    u.
                                               \ u. `ー'´       /
                                               ノ           \   

できる夫は「そう思いたいです」、と言いそうになり何とか言い直した。
助けてきた人達の笑顔、自分たちのこれからの安全を祈ってくれた人達の気持ちに
偽りは無かったと信じているから。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

幸運だったな、と青年は口の中だけで呟いた。


910 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:18:42 ID:o2wZSvF2
82.
                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l    今まではどうにかなったかもな。
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く       だが、もっと大きな壁にぶつかった時、
.            ,イ   :::::::::ヽ      今のままでは君達をつなぐ絆が切れてしまうかも知れないだろ。
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j



        . ─―─‐ 、
       , "          \
     /           \
 .    /        _/::::::\_ヽ
     |            :::::::::::::: :..   言葉も、ありません……
     |  u    ( ー):::::::::( ー)
 .    \             ´   /
      ,\        ` ー‐‐/
     /  ` ー─         \

青年の視線に感じられる、その事を経験したからこそ伝わってくる真実味に、できる夫はそう答えるしか無かった。
自分の知らない何かが、この男性から見て取れた。


911 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:19:29 ID:o2wZSvF2
83.
          / ̄ ̄\
        / ヽ、. _ノ \        遠くの他人よりも、近くの仲間をまず見つめるんだ。
        |  (●)(●) |        本当に大切なものを見失わないために。
        |  (__人__) |
           |   ` ⌒´  |        自分の手の届く場所を守れるようになったら、
         |        }        少しずつ視野を広げて行けば十分だろ。
         ヽ       }
         人_____ノ"⌒ヽ
       /           \
      /            へ  \
      (  ヽγ⌒)     |  \   \
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            {;;;;;;;}
             L;;;;」

   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{   (これはできる夫に…言い聞かせていると言うより、
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{    自分を戒めている、のか?)
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N
          ヽ  、〈             jハ{::::!
            \  __ ,.     /  jハル、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :

912 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:20:08 ID:o2wZSvF2
84.
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    それからもう一つ。
     |     (__人__)    俺は勇者じゃないから分からないが、勇者と称えられるのは
     |     ` ⌒´ノ    そんなに気分が良いもんか?
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー) \  ………………。
  | / .イ    '       |
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ

三人は夢にも思わなかったが「英雄」の称号を請けている青年の問いに、できる夫は最後まで答えられなかった。

913 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:20:59 ID:o2wZSvF2
85.
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \      名声や称号があるからこそ出来る事もある。
   |    ( ー)(ー)     けど、それを失うことを恐れ、それに縛られていると
.   |     (__人__)     何かあった時に身動きが取りづらくなってしまうだろ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


                                              ____
                                            /     \
                   (今、まさしくその状況……)      / ⌒   ⌒ \
                                         / u (=)  (=)  \
                                        |      __´___      |
                                        \     `ー'´     /

914 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:21:43 ID:o2wZSvF2
86.


    / ̄ ̄\
  / _ノ  .ヽ、\
  |  (●)(●) |       たとえ勇者と讃えられなくても、
  |  (__人__) .|       自分に出来る事は自分が決めればいいじゃないか。
   |  . '´n`'  .ノ
   .ヽ .  | |  }
    ヽ.. ノ .ュノ
    / { ..ニj、
    |. | "ツ \                                        ____
    |. | .l  |ヽ、二⌒)                                 /     \
                                              / _,ノ  ⌒ \
                                            /   (一)  (ー)   \
                   しかし、称号の無い私に何が…….     |        ´    ij  |
                                            \     ⊂つ     /
                                            /           \


視線をテーブルに向けたままの、絞り出すような声に青年は困ったように眉を動かした。

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |     君は、自分に自信が無いんだな………
     r‐-、    .   |.
     (三))   .   |.
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

915 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:22:20 ID:o2wZSvF2
87.

        /                 \
       /                 `ヽ 丶
       /        .:ノ            ',  ヽ
     / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
     l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !          (言い過ぎじゃないかしら……)
     |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |
     ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |
        ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |
         \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
          リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
        _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
     , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
    〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
    l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
    {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
   〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
   {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ


                    -‐ ―-  、
                 /     ‐¬  `  、
                /.         l    .i
               .,'          .! .i    !
               .,'          ト,、!    ',
               И     i.      l  !. l、  !`
                l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ          (だが、俺たちが言えなかった事だろう。
                レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、           代弁してくれてるんだ)
             /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、
           ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
          /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
      γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l
      .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-</ ./.7'ァ_イ´ 「:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〉
      l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.V:.:.:.:ヽ'_/././ 〉 .j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:-<
      \:.:.i:.:.:.:.:._:.:.-‐>'、;;ヽ:.:.:.:.:. ̄',. ! /l_:.:.:-‐:/「:.´:.:.:.:.:l
       ヽ!:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:`´:.<`;;‐y':::ヽレ:::::l:.:.:.:.:.:.:.:.1:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
        〈/:.:.:.:.:.:.:._/:.:.:.:\:.:.:.: ̄:7:::::::十:::::!:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
        ',:.:.:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::l:::::⊥:.:.:.:.:.,、:ゝ<`丶:.:.:/
         !:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:r=ニ二二ニ=.、'孑`丶‐-_、:.ヽ:.:.:.:.:.:\
      _ _ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        ├-   ヽ-‐',:.:l:.:.:.:.:.:.:.ト---
-‐   ̄     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ       .ト -   ./ニ/:.:!:.:.:.:.:.:/
            >:、:.:.:.:.;ハ       l`  _,/_/:.:/':.:-‐ '
                  l       .l`´.¨   ´   ̄´
                   l        l
                 .ト-  _  -‐.l
                  `‐- ― -‐´


クラフトには分かった。
何もかも見抜いているような青年が、昔はできる夫と同じように壁に突き当たって、それを乗り越えて来たのだと。

916 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:23:06 ID:o2wZSvF2
88.
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   良いか?
. |     (__人__)   自分を信じられないって事はな、
  |     ` ⌒´ノ   君を信じて付いてきてくれた二人の信頼を否定する事になるんだぞ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \        __
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \      / /
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l     / /
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |    L/
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l   ∠フ
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \

917 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:23:48 ID:o2wZSvF2
89.
青年は、石像の様に動かなくなったできる夫から左右の二人に視線を動かした。



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\    二人は、できる夫が勇者だから一緒にいるのか?
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/    そんな事はない。
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{     彼の純粋さがうれしくて、それがとても危なっかしくて
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{     俺が見ててやらないとどうなる事やら。
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N
          ヽ  、〈             jハ{::::!
            \  __ ,.     /  jハル、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :

918 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:24:22 ID:o2wZSvF2
90.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)   君は……いや、言わなくても分かるだろ。
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



         __ . -―-、____
            ア          `ヽ_
            //    / (/^     \
.           | |  / /|     ヽ   \ 丶ヽ
.           レ|l ∧\_l∧  , |ヽ _│  l l
           ∧ :|{/迄rトハ 、j斗泛ト/|  l |        エ!?
          ノ :|ヽ| 戈ソ ノノ 弋ソ_ 彳 │ |        ななななななんで!?どうして!!?
.      /  リ j/// ' //// /  / 八
.      / //  {   r~‐ '⌒ヽ u/  ∧  ヽ、 _
   /  ./ /   \. `ー─ ---' /  / ヽ      \
  (_  ヽ〈    ∨>,、_   -r<'  /   ヾ      }
     )  ハ    マ{ xヘ/ ̄/  {\__   }     /
   /  ん-ヘ   ヽ//⌒ヽ,/    ∨:::::} ノ   /
  /    {::::::::: 〉   ∧    /{.     \:::\   {
/     }:::::/   /:::::\-/:::ヽ       \〈     ̄ `ヽ、
.       {/     /::::=-:::Y::::-=ニヘ      \        ヽ
     /    /::::::::::::::∧ ::::::::::::::\       ヽ        }

919 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:24:59 ID:o2wZSvF2
91.
        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)   ほらな?
     . |     (__人__)   勇者なんて君のことを何も知らない人が騒いでいるだけだろ。
       |     ` ⌒´ノ   君は一番大切なものを持ってるんだ、
     .l^l^ln        }   何を選んでいくべきか自ずと分かるだろ。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                                       / ̄ ̄ ̄\
                                     /        \
                 ええ、そうですね。        /  \   /   ヽ
                                    |  (_)  (_)   |
                                    \  、__',_,    __,/
                                    /         \

920 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:25:44 ID:o2wZSvF2
92.
できる夫の、力のこもり始めた返事を合図にぬるくなったグラスを一気にあおった青年は、
いつの間にかがらんとした酒場を見回すとおっと、と呟いた。



.   /  . .:. |  |  |:.:.::.:/  .:.:::.::::.:.:...//   , ──────-、, ─────── 、
: //:.:.:::.. . |  |  |: . / ..:.::.: . .:.://  ,. -i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄├‐┐
//.:.:::.:.:.:...::.|  |  |:.:.:.:.   .:..::.//  /   '───────┴───────┘. │
/ . :.::.:.:.  |  |  |.:. :::.:.: .. .//.   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i
 .:.:::.:.:... .:.|  |  | . :. .:.://      |                               |
.:.:.:.  . :.:: /|  |  |:.:.:.//      |                               |
.:  .:.::.:: ://|  |  |//      , ─┴─────- 、, ──────── 、____|
 . :.:::.:.:// :|  |  |/    , ─i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、┘
::.:..:.  / .: |  |  |    /  /|               |                  |    |
.:.::::.:   /|_|/     i´ ̄`i |___________,|_________i´ ̄`i
.::::.:.:...//           |    |/              |                  |    |
:.:..://           |    |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |
//           |    |                  |                  |    |
/             |__|_________|_________|__|
               : :└─┘: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : └─┘
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          /                                  |
        [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
         |  「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        : :|_|,l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |_|

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  もうこんな時間か、そろそろ行かないとな。
     (`⌒ ´     |
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |

921 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:26:26 ID:o2wZSvF2
93.
不意に終わりを宣言した彼は、立てかけておいた自分の剣を掴むと
ただ静かにグラスを拭いていたバーテンダーに目配せしてソファを立つ。

             ____
            /     \
              /         ヽ
          l⌒   ⌒       l
         ( ⌒) ( ⌒ )     l  もちろんここは俺のおごりだぜ。
         ( _ 人 __ )    l  明日には俺たちもこの町を出る、
            ( ` ⌒  ´      !  またどこかで出会えたらいいな。
          ヽ           l
           {            l
           ヽ           l



            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \     あ、あのっ!
      |         ´     |
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

カウンターで代金を払い、そのまま立ち去ろうとする青年をできる夫は何とか呼び止め、

922 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:26:50 ID:o2wZSvF2
94.
振り返らないまま彼は立ち止まる。


    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |           なんだ?
  |               |
  |              l
  |          /
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
      j l   |


           ____
         /     \
       / \   / \      あなたの、お名前は…
      /  (●)  (●)  \
     |        ´      |
     \      ⌒     /

923 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:27:35 ID:o2wZSvF2
95.
                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |  名乗るほどの者じゃないさ。
                          /           _..,,ノ   |  口幅ったい事を言って恐縮してるだろ。
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


それだけを答え、再び出口に向かう青年の背中を見つめ、三人はもう一度名を問うても答えて貰えない事を悟った。

924 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:28:25 ID:o2wZSvF2

96.
カロロン。
開いたドアからあかね色の逆光が溢れかえった。


       ,r‐┐/)
       / ////>
     / イ └'´/
    ./  .\_.ンニニス_
    /  .__...二つ:::::::::\   うわっ、まぶしい!
   (   /:::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
    ヽ  .ヽ、:::::::: __´,_     |
     \ ヽ::::::::      /
     . |    ` ー    \



                             , ――-、
                            /       .:\      ……ああ、そうだ。
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´

925 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:29:06 ID:o2wZSvF2
97.
夕暮れの光が直接酒場内に差し込み、光の洪水に目を細める彼らからはその表情は
見て取れなかったが、優しく微笑んでいたと三人は後に断言する。



              /:::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::ヽ    仕事が欲しいのなら、神殿前の立て札を見てみると良いだろ。
            |::::::::::::::::::::::::::::::|    北の港町から、捕らえられた海賊を護送する仕事で
            |      (__人)   報酬は金貨四千、諸経費食事、宿も依頼者持ちだ。
            |::::::::::::::::::::::::::::ノ
                ヽ:::::::::::::::::::::ノ
             /.:.:::::::::::::::/
           _,r'゙.:.:::::::::::::.:.:.\
       ,.-‐'´.:.::::::::::::::::::::::::::::.:..`ヽ、
      /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
_ __ __l.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ _ ____ ___ ____ _
_ _ _  /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
_ ‐ _ ‐/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐ _ ‐
-_-_-/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.L-_-_- -_-_- -_-_- -_-_-
ニ ニ. l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ
二三 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ三 二三 二 三



   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/   四千!?
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{    食事と宿付きで!?
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N
          ヽ  、〈             jハ{::::!
            \  __ ,.     /  jハル、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :

926 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:29:49 ID:o2wZSvF2
98.
         _____
     ,任三三ミ、
      |三三三三l            かなりお手軽なのに、良い金になる。
.    ,イ',三三(三ノ、)           急がないと誰かに先を越されるだろ。
   /|| ',ミ=三=ミ/
   !ミ', ',三三ミ《 ,ィ==‐- .,,_
   !ミミv〉三三|,xイ三彡'´
.  r===三三三三三>'´
 /三三三三三三三> 、
. (三三三三三三三三三i
  ゙、三三三三三三三三ヨ
   '|三三三三三三三三ミ、
    \三三三三三三三三!、
    ゙、三三三三三三三ミヘ
     ',三三三三三三三三》
     ',三三三三三三三ソ

それだけの収入があれば今の状況を何とか出来る。
海賊の護送ならできる夫が不満を漏らす事もないし、勇者の名声に傷が付くこともない。



______
|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
| :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
|:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!  バタン
|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
|:::::|:::::::::::::::::::::||]::|
|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
|:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
|:::::|______|:::::|'
:::::::::::::::::::::::::::::::::: |:

927 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:30:21 ID:o2wZSvF2
99.
         ____
       /     \
     / \   / \
    /   (○)  (○)   \      あっ!
   |      __´___     |
   \      |il!|!il|    /
   /       ̄ ̄    \


        /    /    \ ヽ   ヽ ヽ
         //  / ∧    :.  \\   :.',:.. ',
       // : { /:.ハ :l:.  ト;.: |l_ハ_:|   :.:l:.:. l
      l ハ 从丁≧ュ、}:.: 厶斗矛廾   :.|:.:. l      外に!
      レ' ヽ:|:.:} ,仟:r'} j/ 之:ン゙ |   .:.|:.:. l      今なら追いつけるはずよ!
          ト-ゝ ゞ'´ ' __      |   .:.|:.: ',
         / | ∧   f'ー ヽ     !   .:.ト、  \
          / .|  ヽ   ヽ _,ノ  イ   .:.|:.}:.   
        /   |   :.:> 、_,. < |/   .:.|:.:',:.:.  
      / .:.:.:ノ ,z==|テ廾ァ、/  .:.:.:/\\:.:.:.:
    /.:.:.:.:./  〃.:.:/{=//\.:.:.:.:/:::::::`ヽ\:
   / .:.:.:.:/   //{/!::::::レ'/  .:.:.:\/::::::::、:::::::::}:.:


扉の閉まる音で、希望に目を輝かせていた彼らは我に返った。
お礼を言おうと転がるように夕日の中へ飛び出すが。


928 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:30:41 ID:o2wZSvF2
100.
                                              │
                                              士
                                              |
                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、

929 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:31:04 ID:o2wZSvF2
101.
           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \  お礼すら言わせて貰えないとは……
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /
     /           \


             __
           ′    ` ' 、
       /          \
.      / / / | ∧  \    ヽ
     / / :|:| :| :| |.:.:. ;l_l__.: |: |l
      |  | .:从7ナ'ヘヽ;.:}レ从/ノリ きっと、言わなくても伝わってるわよ。
      | .:| .:.|ィ孑テ' ` |ノイソ}:.|
      | .:.:|  :ヽ, ゞー'   、`´ | |
    ノ.:|.:.:ヽ .::ゝ    _  /| ヽ
   /.:.:.ノ:.:.:.:} :.:.:.}` 、_ イ .:.:|:.:、\
 //.:.:./.:.:.:./l .:.:.:.〉_,_,_」-┤ .:ヽ.:ヽ, ヽ
./ {.:.:./ rーく/ .:.:.:/ /∧ ∧  .:.:\〉  }

930 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:31:55 ID:o2wZSvF2
102.
             _ -‐― ―--、
         ,  ' ´         'ー- 、
        /            l ,   ヽ
       /           !   l,、,!    ト 、
      l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
      ,'        l AAトトl、. N .A   !
     ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
      レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ      しかし、何者だろな、ありゃ。
      l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'
      l ,  ヾ.、コヽ.!         イ
      ' レ'l   `ヘ. `     -―‐ /
        レ、   l>       ̄ .,'
         .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'
          レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、
         /´.',λ! /´/    ノ_: :\
       /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
        ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
      ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐-
   -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

きっと、彼らはもうしばらく分からないだろう。
青いマントと背中のバスタード・ソードが目印の、今もっとも有名な英雄と出会ったのだと。

         ____
       /     \
      /  \  /  \      誰でも、そう、誰でも良いのです。
    /  (●)  (●)  \     大切な事をたくさん教わったのは確かなのですから。
     |      __´___     |
    \     'ー一`    /
      /             \

夕暮れの街路で、ここには居ない青年に頭を下げたできる夫は、
もう進むべき道を見失った迷い子では無かった。
迷宮に迷い込んだ勇者は、英雄の導きによって出口の輝きを見いだしていた。

931 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:32:47 ID:o2wZSvF2
103.


           -――- 、
          , ‐'´         \
       /            、 ヽ         お礼も良いけどせっかくの情報よ!
       |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',        神殿前に行ってみましょうよ!
        ...ljハ トkハ  从斗j │ ハ
          l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
  __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
  {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
  ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
     7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
    /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
    ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ


                 _
          , -‐ ' ´ ̄  `  、
         /         ―--.ァ
       ./       ,      .ハ、     同感だ。
      /        /    /  ./  トヽ     のんびりしてて他の奴に取られたら
      /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `    あの人に顔向け出来ない。
     ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
     /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'
      レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、
        ヽ.  \ゝ、l         /
         ヽ,  ,八     , -―, '
      _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
   _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―-
-‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.


                    n
                    l^l.| | /)
                    | U レ'//)
       ___      ノ    /
     / ⌒  ⌒\  rニ     |
    / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
  /   /// ___´___ ///\ / `   /     ええ、そうですね!
  |       `Y⌒y'´    |   /
  \.       ゙ー ′  ,/  /
   /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
   / rー'ゝ        /
  /,ノヾ ,>         イ
  | ヽ〆          |


大きく頷き、ふと空を見上げた彼は、今日ここであの青年に出会えた幸運を神に感謝した。
情けない自分に付いてきてくれる仲間達の背中を見つめ、小さく「ありがとうございます」と呟いた。
そして、心の迷いを取り払ってくれた恩人にもう一度逢える事を願った。


932 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:33:48 ID:o2wZSvF2
104.

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    さあ、行きましょう!
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   駆け足ですよ!
   /    ノ    il゙フ::::::⌒ ___´___ ⌒::::\
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


そう号令をかけておもむろに走り出した彼は、数歩先を行っていた二人を追い越す。


      /       /    、  \   ヽ  、
     l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
     |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
     ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ       え!
     ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \     ちょ、ちょっと!
      〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ    お腹空いてるのに走るの!?
     /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
   /    |  |             /   |ヽ、|     〉
   ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
    〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
   /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ


                 _,,  --―-- ..,,_
               >'"´           `丶、
            , '´                ≧
          /                     、\
             |   , -、               トヾ‐`
         r'. _,,/.,ィ-,,イ ト、 .,、 ト、   .|\.    ';:::ヽ    やれやれ、さっきまで泣きそうになっていたくせに
         」/./ /ノ .j:∧::;:ヾ::', |:::ヽ   |:::::ヽ|ヽ,、 .|:::ヾ、    現金な……
        γ/ / // /::|ィ|:A:ト;:|';'::::,、ヽ,、!::::ト、:';::::ヽ!::N `
           l./ /  |,' ,'从| '   ヾ | ∧:::::::::::リ`: ヾ:::::::::::!
        / {  '´ 〉 -‐'"    '´ リ;::::∧!ノ /::::::::::;:|
        V ' :    l  `           ∨ 二ノ::::::::::::iリ
        ∧     .,'            厂ヽ:::;:;::::::!
         ∧    ー- 、         /j j/リヾ、|__
         ∧      ハヽ ''ニ¨    /:::::i:__,, -‐''"´ .l
          ヽ,__    j ヽ,i i i , /::_, ‐''"       ∧
          / ̄`丶、   ./  ` ¨´ゝ;ヘ        _,, -''"´:ヽ
     _ /     `ヾ/    ./ ./ /     _才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-.、
    /   ̄`ー- 、   ./     >l'´  __,, ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;; -‐ヽ、
   ./        \ /  __,,,/:.:/」彡イ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;才´
  /          Уr''"´ ./:.:.:./´/イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    , -‐''

933 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:34:40 ID:o2wZSvF2
105.
元気になったのならまあいいか、とため息混じりに頷きあった二人もできる夫を追いかける。


抜きつ、抜かれつ走りながら、久しぶりに大きく笑った勇者の心は、
雲一つ無い夕焼けの空のように晴れ渡っていた―――――


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: :: :: .. ....       ..........................................
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:::;::::;:;::;::::: ::::: ::: ::     ....::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::...
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::  .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::        .......:::::::::;;;;;''''
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::  ,,;;⌒Y⌒   ..........:::::::;;;'''
;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: :::  ,,,,;;;;  ,;; ,;     .....::::::::;;;'''          ⌒Y⌒
;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::                   ..:::::::;;''                      ...
;::::;::::: ::::: ::: ::                       ::::::;''                         ... . .
::::: ::: ::                  ∧二二二二ヽ::::;'              _________
  ________ l二.コ     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::∧:::::∧
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄|「l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , '゙ \ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l  |「l  |「l
[日 「lィ==ュ'"     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ/'ニニニニヽ________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' | .:.:::::::::.:. |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙| .:.:::::::::.:. |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:| .:.:::::::::.:. |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙| .:.:::::::::.:. |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'| .:.:::::::::.:. |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙| .:.:::::::::.:. |.'.'.'.':':'┌─────┐
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':| .:.:::::::::.:. |.'.'.':':':'│ END     .│
                                                └─────┘

934 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:35:09 ID:up.ZOSXE





935 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:35:15 ID:o2wZSvF2

投下終了です。
お目汚し失礼しました。



936 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:35:50 ID:pcDnGSWs

乙です!
面白かった。早速続きを(ry



937 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:36:05 ID:R1jDFIlQ


地の文が多いのは珍しいが、面白かった



938 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:36:15 ID:kTp3FWs6





939 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:37:08 ID:cEdXXCII

乙!
やっぱ良いな、こういうの



940 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:37:24 ID:1srwVFJo


途中で口を挟むのをためらうほど素晴らしかったよ

ロレンスは自分が言うべきだったと言ってたけど、そのときはパーティー解散だったのかもな



941 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:39:39 ID:o2wZSvF2

>>934,936-940
ありがとうございました、意外にご覧になっている人がいてびっくりしました。

地の文多めのスタイルは前例が殆どなく(プロ野球、GMPの人ぐらい?)、
かなり悩んだのですがなんとかまとまってよかったです。



942 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:40:40 ID:NyYs9wko

乙でしたー



943 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:43:01 ID:tpZygJPA

乙でした 
地の文がとてもいい味をだしてた!



944 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:43:29 ID:r5tffpSg

乙ー。
面白かったよ。

ただ、地の分がAAとか背景とかと同化して見づらいから、
枠で囲うなりしたらどうかと思った。



945 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:43:40 ID:AVnuqE2.

乙!
面白かった



946 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 00:48:39 ID:o2wZSvF2

>>942-945
まだ他にもいらっしゃったとは、ありがとうございます。

>>944
地の文の取り扱いにはまだまだ工夫の余地があると自分も思います。
今回は投下したくてうずうずして、AA表現には強くこだわれなかったので
次回はもう少し練ってから書くようにしないとですね。



947 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 01:01:27 ID:3chvYLdM

面白かったよ

さあスレをたてるんだ



948 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/25(日) 01:49:39 ID:YHEagYME

実に面白かった!
できる夫たちの世界を、オムニバスで見てみたいな




関連記事
| 21:00 |コメント(25)
カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 SF・ファンタジー系(2010) やる夫短編作品

|

<< 1スレネタ「誰でしょう」 | HOME | ワールドワイドレポート 典型的日本人 >>

■御感想or寝言

11906 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 15:37:38 ID:-

やらない夫イケメン過ぎるだろ


11908 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 16:17:02 ID:-

やらない夫の事を「良い仕事をチラ付かせて、若造を騙す類の悪人」かと疑った俺の心は間違い無く汚れている


11916 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 17:55:15 ID:-

読ませるね。


11919 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 18:45:27 ID:-

できれば、いつか続きが見たいもんだ


11923 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 19:10:58 ID:-

#11326
そういう事に気づける用心深さ、羨ましいな
俺はその可能性にすら気付かなかった・・・騙されて食い物にされる人間の典型だな


11926 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 19:27:15 ID:-

続きが読みたい。


11930 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 20:39:12 ID:-

こういうのはダラダラ続けると駄目になるからこれでいいだろ


11932 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 21:18:54 ID:-

続きよりも、同じ世界観で生きてる色んな冒険者の物語が読みたいなぁ。

途中のできる夫ステータスでTRPGネタかと思ったw
60cpってw


11935 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 22:01:45 ID:-

#11326
でもやっぱり食いつくか自分で探すかだから
某Wiz風に言うなら
君はこの冒険者の話を信じてもいいし、
信じず自分で仕事を探してもいい。
となるんだろう



11936 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 22:10:10 ID:-

これは…連載物として読みたい


11939 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/25(日) 22:56:42 ID:-

#11326
安全である事の裏返しとして冒頭に
海賊が誰かに退治された描写があるんじゃないかな


11952 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/26(月) 04:04:18 ID:-

長頭の英雄=やらない夫
と考えれば、疑うような話でもないような


11955 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/26(月) 06:01:57 ID:-

英雄=ない夫な描写はあるけど
三人は気づいてないってあるし、
取捨選択はやっぱり自己責任?


11960 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/26(月) 10:27:35 ID:-

引き込まれたわ

てか930でやらない夫=英雄って書いてあるじゃん


11968 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/26(月) 15:14:54 ID:-

面白かった!
続きもみたいが短編だからこそな気もするな


11973 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/26(月) 20:06:10 ID:-

旧SWのシェアード小説の香りがするわぁ。
羽根頭はどうなったんだろうか…


11980 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/26(月) 22:54:25 ID:-

面白い話だな。
なぜかフォーチュンクエスト思い出した。


11997 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/27(火) 12:43:57 ID:-

>かの有名な長頭の英雄とてまだ二十歳前後のはずなのだから、若さを引け目に思う必要はない。

>三人は夢にも思わなかったが「英雄」の称号を請けている青年の問いに、できる夫は最後まで答えられなかった。

とは書いてあるんだけど、俺も気づかなかったや


12067 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/28(水) 09:02:39 ID:-

これが処女作ってのはマジか?


12154 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/31(土) 23:09:39 ID:-

そんでもって北の連中捕まえたのもない夫か
またいつか投下して欲しいものだ


12155 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/07/31(土) 23:47:59 ID:-

#11572
ない夫板で連載始まってるよ
予告編もここで取り上げれらてたし

できる夫主人公じゃないけど




13703 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/22(水) 14:08:23 ID:-

古き良きファンタジーだなあ
ベテランと、駆け出しから中堅に上がろうとしてる冒険者の苦悩って感じだ
現実にも通じるものがあるかもね


22474 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/01/07(土) 17:49:25 ID:-

オリキャラ出すくらいなら
劉源信にでもやらない夫使えばいいのに


46897 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/08/26(火) 22:02:00 ID:-

地の分は色を変えて読みやすくしてるのな
いいまとめです

ところで、そろそろ本編の続きが読みたい


53410 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/11/05(木) 07:16:05 ID:-

できる夫はブラック企業の経営者みたいだな
理念が先立ちすぎてて仲間もそれに納得してると思い込んでるとことか
もし運よく一仕事当ててトントン拍子に成功しようものなら確実にヤバいことになってた


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ