やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2022/02/13(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「うちの子に限って」

カテゴリータグ:2003 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2003) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



457 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:52 ID:yBs5/SRH
1/8

ある警察署の一室。机をはさんで二人が向かい合っていた。
ひとりは刑事。ひとりは四十歳をちょっとすぎたぐらいの男。
その男は頭を下げながら、早口にしゃべった。

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |うちの息子が、こちらにつかまったと聞きましたので、急いで
  |やってきたのです。なにかの間違いでしょう。うちの子に限って、
  |警察のやっかいになるようなことを、するはずがありません。
  \
     ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      .∧_∧               ∧∧  .  |    │
      (;´Д`)              (Д゚ )──┴──┴-,,
     .( ∪ ∪ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (| と)          .\
     | | /           .□ \|  |\
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |みなさん、同じようなことをおっしゃいますが、犯罪は犯罪です。
    |それを取り締まるのが我々のつとめです。
    \_________________________


458 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:53 ID:yBs5/SRH
2/8

刑事は冷静に言った。いちいち感情を表していたら、つとまらない
仕事だ。しかし男は簡単には引き下がらない。
男は身を乗り出して話していたが、ついには立ち上がって刑事の
そばにより、服をなでながら熱心にたのんだ。


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|うちの子に犯罪など出来るわけがありません。しかし、まあ、かりにですよ、
|何かやったとしても、うちの子のことです。悪気があってしたじゃないはずです。
|そうにきまっています。ひとつ、穏便にお願いしますよ。どうかあなたの
|お口ぞろえで…。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ..∧__∧  .∧∧
               ( ;´∀) ..(゚Д゚ )
                (   づ)(|  |)
          (((   ) ) ) |  |~
               (_)__)  .し`J
                        |\
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|そう勝手なことをおっしゃらないように。事件をご説明します。おたくの
|お子さんはスポーツカーを運転し、スピード違反をしたうえ、道路標識に
|ぶつけてそれを壊した。これをパトカーに目撃されたのです。
\_____________________________

(;´∀`)「金に余裕があったので、車を買ってやりました軽率だったかもしれません。
      しかしその程度の事なら、何も捕まえて留置することもないでしょう。
      他人を傷つけたわけでもないのにひどいじゃありませんか。」
 (゚Д゚ ) 「それはそうです。それだけならたいしたことないのですが、息子さんは
      その先がいけない。職務質問しようとした警官に、見逃してくれといって、
      お金を渡そうとした。この点ですよ。警官を買収しようとすることは、
      言語道断です。署に留置したのは、そのためです。」
(;´д`)「はぁ……。」

459 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:54 ID:yBs5/SRH
3/8

刑事は煙草を吸おうとし、ポケットに手を入れ、妙な表情になった。
何かが指先に触ったのだ。引っ張り出してみると、厚い札束。


       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      <なんでこんなものが…!?   >
       VVVVVVVVVV∨∨∨∨∨

           ∧∧     +
         ∑( ゚Д゚) [1000]]]
           と  つ

 (゚Д゚ ) 「ははあ、さっき、ポケットに押しこんだんですな。どうも
      そぶりがおかしいと思った。」
(;´д`)「はぁ……。」
 (゚Д゚#) 「なんということです。刑事の買収をたくらむとは。けしからん。
      まったく、この親にしてこの子ありです。見のがすことはできない。
      留置場へすぐ入ってもらいます。お宅へはこのことを署から
      電話してあげます。」
(;´д`)「はぁ……。」

男はあわれな顔つきになった。いやおうなしで、もはやじたばたしてもだめなのだ。

460 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:55 ID:yBs5/SRH
4/8

男を留置場へ入れたあと、刑事がこの件についての報告書を作っていると、
所長からちょっと室に来てくれとの連絡があった。

                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      | なんでございましょう。
                _____________ \
              . |   .| //|    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧|   . ̄ ̄ ̄ ̄     ∧∧        
  |ヽ  | | ( ´ー`)     ,-----、    (゚Д゚ )
  |ヽ  | | (     )    (/◎\)   と  つ     
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |~
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

( ´-`)「きみは少し前に中年の男を留置したかね?」
 (゚Д゚ ) 「? はい。いま報告書を作っているところです。上流社会の人のよう
      ですが、何しろ現行犯でしたので。しかし、そのことで何か…?」
( ´-`)「じつは、いま七十歳ぐらいの老人がここへたずねてきた。品のいい紳士で
      大きな会社を経営してるという。きみが留置した男の父親だそうだ。
 (゚Д゚ ) 「事情を知ろうとして、あわてて飛んできたのでしょう。わたしのところへ
      回して下さればよかったのです。」
( ´-`)「いや、ここに入ってくるなり、とたんに彼は話しはじめたのだ。うちの子に
      限って悪いことをするはずがない、なにかの間違いでしょうと言う。わたしは、
      警察は理由もなく人を逮捕しないと答えておいた。」
 (゚Д゚ ) 「それで納得してくれましたか?」
(#´-`)「するとだ、札束をそっとわたしに差し出し、穏便にはからってくれと言う。
      困ったものだ。」
 (゚Д゚ ) 「そうでしたか。うむ。となると、これは遺伝的なもののようだ…。」

461 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:56 ID:yBs5/SRH
5/8

刑事はこれまでのいきさつを説明した。警官を買収しようとした少年。刑事である
自分を買収しようとしたその父親について…。

       r――――――――――――――――――――――――――――
       |なるほど、そうだったのか。わたしもそうしたよ。すぐ署員を呼び
       |現行犯で逮捕し留置させた。老人で気の毒だが、金で警察を
       |左右しようというのは許せないことだ。このような精神は反省させるため、
       |留置場に入ってもらうのだ。当然の事だ。
       └――v――┬――――――――――――――――――――――
               | そうですとも。やむをえないことです…。
               └―――――y―――――――――――‐

                _____________ 
              . |   .| //| 
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧|   . ̄ ̄ ̄ ̄     .∧∧
  |ヽ  | | (#´ー`)      ,-----、    (゚Д゚#)
  |ヽ  | | (     )    (/◎\)   と  つ
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |~
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

462 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:57 ID:yBs5/SRH
6/8

刑事と署長はともに憤慨した。警察を甘く見るにもほどがある。買収計画は
いずれも不成功で、さほどの罪にはならないかも知れぬが、その心構えが
よくない。こんな風潮を一掃するためにも、ここで一罰他戒を行わなければならぬ。
話しあっていると、机の上の受話器がなった。署長が出る。

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |はぁ…。さようでございますか。しかし…。はぁやむをえません。
          |そのようにいたしましょう………。
          \
             ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄

                _____________ 
              . |   .| //| 
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧D    . ̄ ̄ ̄ ̄    .∧∧
  |ヽ  | | (;´-`)○     ___      (゚Д゚ )
  |ヽ  | | (    )D……/◎\     (|  |)
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |~
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

463 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:58 ID:yBs5/SRH
7/8

                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |何か起こったのですか?
                _____________ \
              . |   .| //|    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧|   . ̄ ̄ ̄ ̄     .∧∧
  |ヽ  | | (;´-`) ガチャン ,-----、   (゚Д゚;)
  |ヽ  | | (    つ  ∑ (/◎\)   と  つ
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |~
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

            |\
      / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |上からの命令だ。今の老人とその息子と孫とを、すぐに釈放して
      |やってくれというのだ。政界上層部の有力な筋からの依頼で、
      |どうにも断りきれないことなのだそうだ…‥。
      \________

 (゚Д゚#) 「……。」

(#´-`)「……。」


464 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:58 ID:yBs5/SRH
8/8
     r―――――――――――――――――――――――‐
     |そうだ。まだ上があったんです。少年が取り調べの時に
     |言ってましたよ。曽祖父は九十歳を越えているがまだ
     |元気だ、と。その名前、どこかで見たようだなと感じましたが、
     |やっと思い出しましたよ。
     └――v――┬―――――――――――――――――
             |何をやっている人だ。
             └―――――y―――――――――――‐
            
   、l ,       .       _____ 
   ∧∧               |∧_∧. | | ..彡ミ 
  ( ゚Д゚)     ..,-----、   . (´-` ) .| |  /|  
  と   つ    .(/◎\)   (     ) | | ./|  
 ~|  |     ┬─―| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄| .⊥  
   し`J  .    |.___| ̄署長 ̄ ̄| ̄| ̄◎.|__|

       |\
 / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |新聞や雑誌などで、政界の裏面を扱った記事があると、よく
 |その名前ガ出てきます。政界の黒幕といわれる大物なのだそうです。
 \___________________________

                                           糸冬

465 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 16:59 ID:yBs5/SRH

星 新一の『ひとにぎりの未来』から「うちの子に限って」でした。



466 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 17:01 ID:hfRzM0XC

ひさびさに作品キター
結構好きな話なんでうれしいねこれ



467 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:03/07/06(日) 17:43 ID:tWtjpCZU

ひさびさで乙!
結構タイムリーな話かも知れないな。




関連記事

| 13:27 |コメント(0)
カテゴリータグ:2003 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2003) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚

|

<< 名作ショートショートをAA化しよう 「再会」 | HOME | 名作ショートショートをAA化しよう 「第20夜 厄日」 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV