やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2022/02/13(日) 名作ショートショートをAA化しよう 「包囲」

カテゴリータグ:2003 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2003) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



12 名前:包囲 1/21 投稿日:03/07/25 18:46 ID:shFdwUTg

ある夕ぐれ時、私は駅のホームのはじに立っていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
______________________________________
======================================|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|''| ̄
                       ┌―――――┬―┐                   ||
                       ├―――――┤□|                   ||
                       └―――――┴―┘      (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)  ||
―┐┌――――┐┌―――――――┐               (   疲れた・・・  )   ||
院||帝京大学||代アニ生徒募集.|     ┌―――――┐`~~~~~~' .  ||
  ││..TEIKYO..││ □■□■□■ |     |  逝手佳  |     O         ||
  ││        ||.就職率100%? |.        |   Iteyoshi . |    o           ||
  ∧_∧――∧∧ ∧∧―――――‐ ∩___∩  ├―― ∧_∧    ∧_∧   .    ||
 ( .・w・)  (*゚ー゚)゚Д゚,,)        (´∀` )  |..害出(´∀` )   ( ・∀・)       .||
 (    )  /U .⊃   |)       (    )  └――(    )   (    )      ||
 | | |. ~(  ノ  |  |~       | | |       | | |.   | | |.        ||
 (__)_)  し'.ノ   し`J        (_(__)      (_(__)  (__)_)       ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                                      |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さっき、満員になった電車をやりすごしたから、つぎの車にはかならず腰掛けられるはずだ。
それで腰かけさえすれば、あすの朝まで自由と休息にみちた時間がつづくのだ。


13 名前:包囲 2/21 投稿日:03/07/25 18:47 ID:shFdwUTg

私は早くも点滅しはじめた遠くのビルのネオンをぼんやりと眺めながら、
ホームに入ってくる電車の音を聞いていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.                             ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.....                   __,,,,,_         ..:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::..........             i''''''i==ii ~|    i''''"""~iiii:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::    : : : : : : . ,,,,___   i{}:::i//ii ;;|__,,,, i-''iiii,,  ..iii|--;::::..:::::::....:::::
. .:. . .. :      . : : :___,,ii i|iiiii=.  i 「,ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;.!i|:::::|:::....:::::...:::::
,,, .  : .         |::::|| |iiiiiii| _,,ii | ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::| :..  __,,,,
||ii==「!!!!!!!!!!!!_ . :: i'Ii ii! |iiiiiii| || |; ii//ii ;;| |||||.|//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::|/ヽ__i-|; ; ;
||__| ̄|||||||||||||iii   | ii iii |iiii|~~~~~~~~~~~i~~~~~~''''i-;==;;=iii|「「司 ii三.|; ; ;
||||||||||||||||||||||||| TTT」iiiiiii |iiii|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |iiii| |「「| ̄| ii三|.|; ; ;
ii|||||||||||||||||||||||| iiiiiii| iiiiii;;---;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__iiiiii| 「「=i i~i三 ,|; ; ;
 iiiii--「ii!!!!!!!!!!____;;;=;; ;;;;;;;;;;;;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|三三三三三三三三

14 名前:包囲 3/21 投稿日:03/07/25 18:47 ID:shFdwUTg

その時、なにものかが、私の背中を勢いよく押した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヽ    __人   ┃ ┃┃
  ',  ゝ   て  ┣━
  ',  `Y`Y´  ┃   ━ ┃
   i    ,r'~ヽ      ━┛
   | ,r'~ヽi   ト─
   | i   ト───
   | i   ___
   |  ゙─'

15 名前:包囲 4/21 投稿日:03/07/25 18:48 ID:shFdwUTg
______________________________________
======================================|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|''| ̄
                       ┌――  ___┏━┳━┓_____┏━┳━┓  =二三
                       ├――r┘────────────────────
                       └――|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : [ 弐茶<─>野砲 ] : : :
―┐┌――――┐┌―――――――┐|               ┌──────┐──────
院||帝京大学||代アニ生徒募集.||   ┌───┐  │            │
  ││..TEIKYO..││ □■□■□■ ||   │      │  │ ┏━━━┓ │┌┐  ┏━━
  ││        ||.就職率100%? |..|   ├───┤  │ ┃  /  ┃ │││  ┃ //
  ∧_∧――∧∧ ∧∧ ―――――┘|  =≡三   │  │ ┃/    ┃ │││  ┃ //
 ( .・w・)  (*゚ー゚)(゚Д゚,,) .          |   │      │  │ ┗━━━┛ │└┘  ┃
 (    )  /U ⊃ .  |)          |   │      │  │            │      ┗━━
 | | |. ~(  ノ  |  |~    .    |   │      │  │¶            =≡三
 (__)_)  し'.ノ   し`J            |   │      │  │    ≡ 三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   │      │  │        ゴトンゴトン
                        人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人__
                      <                                >
                      <         うわあああぁぁぁ!              >
                      <                                >
                        Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

16 名前:包囲 5/21 投稿日:03/07/25 18:48 ID:shFdwUTg

あぶない、と思うより早く、私の手はとなりに立っていた男のそでにつかまっていた。
そのため、間一髪というところで、ホームのはじにとまることができた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::、ニ二ノ::、::::::::ヽ /
 :::::::::::::::::、:::::::ヽ /     /  |  プシュー
 ::::::::::、::::::::ヽ /        |  /
 ::::、::::::::ヽ / /! /゙|  |/  // ,
 ::::::::ヽ / /_||_| |  |     ∩_∩   . . . . . . . ...
 ::ヽ / /.| ||  | |/゙  / .(    )  . . . . . . . . .
  /   |∧ ∧ "|    // (   O ) . . . . . . . . . . .
       |(*゚ー゚) ゙|  .// ,  │ ││ . . . . . . .
 .  /゙| |U  J .|// ,   (__)__). . . . . . . . .
 .  |  | |二]].|.// ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 .  |/゙ |(/ ∧_∧´Д`; ) < あぶないところでしたね
       l/ ( ;・∀・)    )   \__________
     // (  つ つ. | |
 .  // ,( ̄__)__)(_(__)
 // ,
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ひとりで足を滑らせたのかと思ってか、となりの男はこんなことを言ったが、
私はそれには耳もかさず、今うしろから押したやつを見つけようとした。

17 名前:包囲 6/21 投稿日:03/07/25 18:49 ID:shFdwUTg
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| ん? いまの電車から下りた乗客のように装って歩いていくあの男! |
| あの電車から下りたのなら、まだあそこまで行けないはずだ!       |
\____  ________________________/
       |/
  ∧_∧                             ∧∧
 (.#・∀・)                            (,,  )
 (    )                            / つ
 | | |                            ~ ノつ
 (__)_)                           (/´


アクセスカウンター



18 名前:包囲 7/21 投稿日:03/07/25 18:50 ID:shFdwUTg

私はその男を、改札口のさきでつかまえた。そして、
駅のそばの薄暗くて人影のない路地に連れ込み、くり返して問い詰めた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;;;;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
;;;;;::::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
;;:::::::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::::::::   ::: ::: : |          |     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\:::::::::::::::::::::
| やい、なぜ、おれを突き落とそうとしたのだ |:::::::::::::::::::::
\_____  ____r───────────┐::::::::
:::::::::::::::::::::::::∨:::: |__| そんなこと知りませんよ  |::::::::::
:::::::::::::: :::::::::::::  |   └───v───────‐┘::::::::
:::::::::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;:;;;:;;::::::::: ∧_∧ ::::::::::::::  ∧∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;;;;;;;:;;;;:::::(.#・∀・);;;;;::::::::::::::(゚Д゚;)\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;::::::::(    つ;;;;;;;;;;::::⊂  ⊃ \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;::::/| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;|  |~::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;::/;;;;;(__)_)::::::::;;;;;;;;;;;;し`J;;:::::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

19 名前:包囲 8/21 投稿日:03/07/25 18:50 ID:shFdwUTg

この小柄で貧相な男には、まったく見覚えがなかった。それだけに
かえって薄気味が悪く、なぜこの男が私を殺そうとしたのか知りたかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┌―――――――――――――――――――――――――
│とぼけるな。なぜおれを殺したいんだ
└――――――y‐──┬―――――――――───────
                    │わたしはあの時の電車で下りたんです。
                    │そんな言いがかりは困りますよ
┌――─――――――┴────────y────────
│…そうだ、思い出したぞ!
│それなら、あのとき入場券で改札口を出たのはどういうわけだ!
└─―――─―y―――――――┬――――――――――──
                          │   うっ……
                          └───y─────
         ∧_∧             ∧∧
         (.#・∀・)            (゚Д゚;)
         (    つ        ⊂  ⊃
         | | |            |  |~
         (__)_)             し`J

20 名前:包囲 9/21 投稿日:03/07/25 18:51 ID:shFdwUTg
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  どうしても言わないつもりなのか……  |
\                        /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧         ∧   ググッ    ∧
      / ヽ      / ヽ_       / .∧
    /   `、___/   `、⌒ヾ⌒ヽ/  ∧
  /        /    (.....ノ(....ノ   / ヽ
 .l::::ノ(        |   ι      ι::(....ノノ
 |:::::⌒ -=・=-  / ̄ ̄ヽ      ::::::::::::::/`ヽ
 .|:::::::::::::::::  \_(___..ノ     :::::::::::::::::::(....ノノ
  ヽ:::::::::::::::::::  \/ヽ   ι ::::::::::::::::::::::::::ノ
      人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
    <                           >
   <   痛っ! わ、わかりました、言いますよ   >
    <                            >
      Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

21 名前:包囲 10/21 投稿日:03/07/25 18:51 ID:shFdwUTg
          ┌―――――――――───────
          │さあ言え、おれになんの恨みがある
┌――――┴────────y─────────
│恨みなんかありませんよ、第一、初対面じゃないですか
└─―――─―v――┬――――――――――────
                │それなら、なぜ背中を押した
    ┌‐──────┴‐┬───y──────────
    │頼まれたんですよ ゙|
    └────v───‐┘
             ∧ ∧
             (||゚Д゚)ヘ_∧
             (つ´゙(   )
             | 'ヽ、   ノ
             ヾ ィ゙ , O)
              ~"(_)、__)

22 名前:包囲 11/21 投稿日:03/07/25 18:52 ID:shFdwUTg
    ┌―――――――――────────────────
    │そうか、頼まれたのか。お前を知らないはずだ。で、誰にだ
┌―┴───────────y──────────────
│く、苦しい。やめてください。さいたま市のシラネーヨという人にですよ
└─―――─―v―┬――――――――――─────────
              │記憶にない名前だ。そいつはなぜ私を狙うんだ
    ┌‐─────┴─────┬─y────────────
    │知りませんよ、そこまでは…゙|
    └─────v──────┘
             ∧ ∧
            (||。Д゚)ヘ_∧
             (つ´゙(   )
             | 'ヽ、   ノ
             ヾ ィ゙ , O)
              ~"(_)、__)

23 名前:包囲 12/21 投稿日:03/07/25 18:55 ID:shFdwUTg

(#・∀・) < しかし、頼まれたくらいで人を殺す気になれるもんかね

 (;゚Д゚)  < おっしゃるとおりです。しかし、たまたま二人のひとから同じことを頼まれたのです。
         しかも、それぞれかなりの謝礼を出すという。そうなると心が動きますね
────────────────────────────────────────
                        ∧ ∧
                   ←   (´ー` )
            ∧∧    
            (,,゚Д゚)        ∧,,∧
                   ←  ミ゚Д゚,,彡

────────────────────────────────────────
(#・∀・) < そのもう一人のやつは、なんという名だ

 (;゚Д゚)  < はい、フッサールと言っていました

(#・∀・) < その男と、さっきのやつとがいっしょに頼んだのか

 (;゚Д゚)  < いや、べつべつでした。知り合いでもなさそうでした

24 名前:包囲 13/21 投稿日:03/07/25 18:56 ID:shFdwUTg
;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;;;;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
;;;;;::::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
;;:::::::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::::::::   ::: ::: : |          |     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| これ以上おまえを痛めつけても意味はなさそうだな  |
\_____  ____r─────────────┐
:::::::::::::::::::::::::∨:::: |__| そうです、もう勘弁してください |
:::::::::::::: :::::::::::::  |   └───v─────────‐┘
:::::::::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;:;;;:;;::::::::: ∧_∧ ::::::::::::::  ∧∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;;;;;;;:;;;;:::::(.#・∀・);;;;;::::::::::::::(゚Д゚;)\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;::::::::(    つ;;;;;;;;;;::::⊂  ⊃ \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;::::/| | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;|  |~::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;::/;;;;;(__)_)::::::::;;;;;;;;;;;;し`J;;:::::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は聞き出したふたつの住所と名前を手帳に書き、男を放した。

25 名前:包囲 14/21 投稿日:03/07/25 18:57 ID:shFdwUTg

 次の日。私はその住所のひとつを探し、
 その名前の主を近くの空き地のすみへ連れ出すことに成功した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| あいつに俺を殺すよう頼んだわけを、聞かせてもらおうじゃないか。 |
| おまえに会った覚えはないが、なんの恨みがあるんだ         |
\_____________  _____________/
/         \         ∨
|  シラネーヨ   |
\____ __/        lヽ
       ∨               l 」 ∧_∧
      ∧ ∧           ∥(・∀・#.)
     (;´ー`)           ⊂     )
     ノ ノ、                | | |
    ( UU,,,)フ           (_(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし私は昨日の男にしたように執拗に問い詰め、最後に相手は、
 私のちらつかせているナイフより目つきのほうに怯えたのか、観念した。

26 名前:包囲 15/21 投稿日:03/07/25 18:58 ID:shFdwUTg
  ∧ ∧
 (;´ー`)  < 別に、あんたに恨みはネーヨ。だけど、たまたま二人の人から
          同じように頼まれたんダーヨ。でも、とても人殺しなんかデキネーヨ。
          だから、代わりにやってくれるようあの男に頼んだんダーヨ
───────────────────────────────────
                                 /■\
                             ←  (´∀` )
            ∧∧         ∧ ∧
            (,,゚Д゚)   ←   (´ー` )       ∧∧
                             ←   (゚ω゚=)

───────────────────────────────────

 相手の答えは、昨日の男と同じだった。
 私は、その二人の住所と名前を手帳に書き込んだ。

27 名前:包囲 16/21 投稿日:03/07/25 18:59 ID:shFdwUTg

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| ぃょぅとおにぎり、この二人はお互いに知り合いなのか?   |
\_____________  __________/
/         \         ∨
|  違うと思うヨ  |
\____ __/        lヽ
       ∨               l 」 ∧_∧
      ∧ ∧           ∥(・∀・#.)
     (;´ー`)           ⊂     )
     ノ ノ、                | | |
    ( UU,,,)フ           (_(__)

28 名前:包囲 17/21 投稿日:03/07/25 18:59 ID:shFdwUTg

 次に私は、昨日の男が言った、
 私を殺すよう依頼したもう一人の男について訊ねた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  お前はフッサールというやつを知っているか?  |
|  隠しても無駄だからな!                   |
\_____________  ______/
/            \      ∨
|  本当にシラネーヨ  |
\____ _____/.      lヽ
       ∨               l 」 ∧_∧
      ∧ ∧           ∥(・∀・#.)
     (;´ー`)           ⊂     )
     ノ ノ、                | | |
    ( UU,,,)フ           (_(__)

29 名前:包囲 18/21 投稿日:03/07/25 19:00 ID:shFdwUTg

 私はふたたび夢中になって問い詰めたが、
 相手はまったく知らないようだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       |  お前は本当に知らないようだな。       |
       |  よし、こいつに会って聞き出してやろう     |
       \____________  _____/
  (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)    ∨
 (  尋問というより拷問ダーヨ…  ) .  lヽ
  `~~~~~~~O~~~~~'   l 」 ∧_∧
       ∧ ∧  o             ∥(・∀・#.)
       (;´ー`)  スグニ          ⊂     )
   __/ /  サイセイ スルケドヨ        | | |
  ◎__/  ζ⊃              (_(__)

30 名前:包囲 19/21 投稿日:03/07/25 19:00 ID:shFdwUTg
 
 
 
 
 


31 名前:20/21 投稿日:03/07/25 19:01 ID:shFdwUTg

 私は手帳を一冊書きつぶしたが、
 私を殺そうと思っているものの正体を、いまだに探し出していない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        ,、-‐'''''゙゙゙ ̄ ゙゙゙̄'ヽ、_,,r''゙゙゙ ̄ ゙゙゙̄'''''‐-、,,_
        | =三三三三= ∥ =三三三三= |
        | 三三三=三三 ∥ 三三=三三三 |
        | 三=三三三三 ∥ 三=三三三三 |
        | 三三三三=三 ∥ 三三三三=三 |
        | 三三=三三三 ∥ 三三=三三三 |
        | =三三==三 ∥ ==三三=三 |
        | 三三三三三三 ∥ 三三三三三三 |
        | 三====三 ∥ 三====三 |
        |,,,、-‐'''''゙゙゙ ̄ ゙゙゙̄'ヽ l ,,r''゙゙゙ ̄ ゙゙゙̄''''‐-、,,|

32 名前:包囲 21/21 投稿日:03/07/25 19:02 ID:shFdwUTg
     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    ( .:::::::::::)( .:::::::::::) ( .:::::::::::)( .:::::::::::) ( .::::::::::::)( .:::::::::::)( .:::::::::::)
   ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
  ( .:::::::::::)( .:::::::::::) ( .:::::::::::)( .:::::::::::) ( .::::::::::::) ( .:::::::::::)( .:::::::::::)( .:::::::::::)
  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
 ( .:::::::::::)( .:::::::::::) ( .:::::::::::) ( .:::::::::::)( .::::::::::::) ( .::::::::::::)( .:::::::::::)( .:::::::::::)
 (.:::::::::::::)(.:::::::::::::) (.::::::::::::) (.:::::::::::::)(.:::::::::::::) (.::::::::::::::)(.:::::::::::::)(.:::::::::::::)
  |.:::::|::::::| |.:::::|::::::|  |.::::|:::::|  |.:::::|:::::|  |.:::::|::::::|  |.:::::|::::::| |.:::::|:::::| |.:::::|::::::|
 (:::::(::::::)(:::::(:::::::)(:::::(:::::::)(:::::(:::::::) (:::::(::::::) (:::::(:::::::)(:::::(::::::)(:::::(:::::::)

                      ..::.. .::..
                 ∧_∧:::::::::::::::
                (・∀・;.)::::::::::
                (    ):::::::
                | | |::::::
                (_(__)::

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、世の中のすべての人が私を殺したがっていることだけは、
 おぼろげながら想像がついてきた。
                                           糸冬





関連記事
ランダムジャンプ

| 13:39 |コメント(0)
カテゴリータグ:2003 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2003) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚

|

<< 名作ショートショートをAA化しよう 「夢20夜 部屋」 | HOME | 名作ショートショートをAA化しよう 「抑制心」 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV