やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2022/03/07(月) 名作ショートショートをAA化しよう 「なんでもない」

カテゴリータグ:2004 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2004) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚 SF・ファンタジー系(2004) SF・ファンタジー系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ



短編まとめ
18禁短編まとめ
やる夫&モナギコショートストーリーセレクション



635 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:20:48 ID:EHdq7GJ1
1/62


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その青年はある会社の社員だった。
順調で活気に満ちた企業だったが、青年そのものは大人しく平凡だった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             ∧ ∧
             (゚Д゚,,).
          _ φ_C___
        / 旦/三/    /|
      /|||||||| ̄ ̄     /  |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . |
     |                 |  /
     |_________|/

636 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:21:10 ID:EHdq7GJ1
2/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、会社において彼と机を並べている同僚は、やや性質が違っていた。
くだらない冗談が好きで、時には度を越した悪ふざけに至ることがある。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |ブラクラ踏んじゃった
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄

             ∧ ∧          ∧_∧
             (,,゚Д゚).         (´∀` )
          _ φ_C_____┌――┐)___
        / 旦/三/    /   |.VAIO:.|ソ/. ./.|
      /|||||||| ̄ ̄     /    ======/.. / ...|
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ...|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/

637 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:21:47 ID:EHdq7GJ1
3/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのたびに青年は腹を立てるが、絶交状態にはならず、
仲はそう悪くないのだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|ちゃんとやれゴルァ

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧∧               ∧_∧
   (,,゚Д゚)           (´∀` )
  ⊂   つ         と    ,)
  ~|  |           | | |
    し'`J           (_(__)

                   |\
             / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
             |ごめんごめん
             \________




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

共通点が多すぎると、ライバル意識ができ、かえって対立することにもなる。
しかし、そんなことはどうでもいい……。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

638 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:22:15 ID:EHdq7GJ1
4/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その時も、そうだった。
青年が書類を作成してると、となりの同僚がしきりになにか話しかけてきた。
青年は適当に聞き流していた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |……おや、電話だ。
                    |……もしもし
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄

             ∧ ∧ \ プルルル ∧_∧
             (゚Д゚,,).   \  |  ∩´∀` )
          _ φ_C_____…(つ   |__
        / 旦/三/    /曲ガチャ       /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/

639 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:22:41 ID:EHdq7GJ1
5/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
同僚の話し声が、ふと、とぎれた。
うるさいのも気になるが、不意に静かになったというのも、これもまた気になる。
同僚が電話の受話器を戻すところだった。
応答した声は聞かなかったようだが、短い要件だったためだろう。
少し顔が青ざめ、だまってしまったままだ。
異様な空気がそこにはあった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |…………
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄

             ∧∧         ∧_∧
             (,,゚Д゚).        (´Д`lll)
          _ φ_C_____∩と __)_
        / 旦/三/    / 曲∪       /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/

640 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:23:11 ID:EHdq7GJ1
6/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は声をかけた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |どうかしたのか?
     \
        ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |いや、なんでもない
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧∧         ∧_∧
             (,,゚Д゚).        (´Д`lll)
          _ φ_C_____ (___)__
        / 旦/三/    / 曲         /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/

641 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:23:40 ID:EHdq7GJ1
7/62


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |知り合いになにかあったのか?
     \
        ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |ちがう
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧∧         ∧_∧
             (,,゚Д゚).        (´Д`lll)
          _ φ_C_____ (___)__
        / 旦/三/    / 曲         /|
      /|||||||  |\    /           / .| 
      | / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.   |
      | |女性関係のことか||                | /
      | \______/|        |\
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                    |そんなんじゃない。
                    \________




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いままではしゃいでいたのがうそのように、同僚は沈んだ表情になっていた。
答える気力も無いといった感じだった。
あまり突っ込んで聞かないほうがいいように思えた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

642 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage支援スレの人ありがとうございます] 投稿日:04/12/20(月) 11:24:29 ID:EHdq7GJ1
8/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年はなぐさめの意味で言った。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |急用ができたのなら、帰ったらどうだい。
     |仕事なら、かわってやるぜ。
     \
        ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |いや、急用なんかじゃないんだ。
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧∧         ∧_∧
             (,,゚Д゚).        (´Д`lll)
          _ φ_C_____ (___)__
        / 旦/三/    / 曲         /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さっぱりわからなかった。
同僚は退社までの時間、机に向って考え込んだままだった。
青年は気になってならなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アクセスカウンター



643 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:24:49 ID:EHdq7GJ1
9/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは次の日にも持ち越された。
その同僚はめっきり口数が少なくなり、青年の方から話しかけることになった。
こうなると、かえって気の毒になる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |なんだか元気がないようだな。しっかりしろよ。
     \
        ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |ああ
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧∧         ∧_∧
             (,,゚Д゚).        (´Д`lll)
          _ φ_C_____ (___)__
        / 旦/三/    / 曲         /.|
      /|||||||  |\    /           /  | 
      | / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄|.   |
      | |帰りに、どこかで一杯やろう|        | ../
      | \__________/   |\ |/
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                    |ありがとう
                    \________




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まったくたよりなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

644 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:25:17 ID:EHdq7GJ1
10/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バーに寄っても同様だった。
グラスを重ねても、いっこうに陽気にならない。
ついに青年は言った。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


――――――――――――――────
なにか心配ごとがあるのなら、打ちあけてくれ。
僕にできることならなんとか力になるよ
__  __ .r――――――――────
    ∨   | いや、なんでもないんだ……
日 凸 Ⅱ | ___________
≡≡≡≡≡| /〃   Xノヘ ハヾ X 
 Ⅱ ∩ [] ∨%    (^∀^ヽ゜| 
__ ∧ ∧__∧_∧__O∞⊂ §
  (   ,,)日(    .)∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
― /   | ― (     )―――――――
\(__.ノ    ━┳━)
 ━┳━   └ ┃―・゛
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だが、なにかあることは確実だ。ほっとけない気分。青年は同情した。
しかも、事情がよくわからないとくる。
話したがらないのは、きみひとりの手におえないことなのだ、
という理由からかもしれなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

645 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:25:45 ID:EHdq7GJ1
11/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

周囲の者たちが、彼の気をひきたたせるようにしなければならない。
青年はそう思った。
まず、部長の耳に入れておくべきだろう。
また悩みを抱え込んでいる人間に、微妙な仕事をまかせてはことだ。
それは一時的に、こっちにまわして下さい。
そんなことを申し出るつもりだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




   ∧∧               ∧_∧
   (,,゚Д゚)           (lll´Д`)
  ⊂   つ          (    )
  ~|  |           | | |
    し'`J           (_)__)


646 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:26:08 ID:EHdq7GJ1
12/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、部長の方は、忙しがってさかんに電話をかけている。
このままでは話しようがない。
青年は机のそばへ行ってみることにした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   ∧∧                __    ∧,,∧D
   (,,゚Д゚)               |部|  .ミ,,゚Д゚ミD
  ⊂   つ            _|長|  ミつ  ,,ミヽ/①ヽ
  ~|  |             |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J              |                 |
                   .|                 |
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

647 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:26:35 ID:EHdq7GJ1
13/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その電話が終わる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |なんだ……
                      \
                         ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧            __   ∧,,∧
   (,,゚Д゚)            .|部|  .ミ゚Д゚,,ミ ⊂=⊃
  ⊂   つ         _|長|  ミつ  ,,ミつ/①ヽ
  ~|  |          |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J           |                 |
                .|                 |
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
|実は……
\________


648 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:26:59 ID:EHdq7GJ1
14/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だが、その時。部長の机の上の電話がなった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




   ∧∧            __   ∧,,∧        
   (,,゚Д゚)            .|部|  .ミ,,゚Д゚ミ ⊂=⊃  プルルルルル
  ⊂   つ         _|長|  ミつ ⊂,,ミ /①ヽ  
  ~|  |          |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J           |                 |
                .|                 |
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

649 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:27:29 ID:EHdq7GJ1
15/62


                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |……
                      \
                         ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧               __    ∧,,∧D
   (,,゚Д゚)               .|部|  .ミ,,゚Д゚ミD ガチャ
  ⊂   つ            _|長|  ミつ  ,,ミヽ/①ヽ
  ~|  |             |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J              |                 |
                   .|                 |
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  |……
                  \
                     ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧            __   ∧,,∧   ガチャ
   (,,゚Д゚)            .|部|  ミlll゚Д゚ミ ⊂=⊃
  ⊂   つ         _|長|  ミつ  ,,ミつ/①ヽ
  ~|  |          |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J           |                 |
                .|                 |


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それを取って耳に当て、何も言わず、部長はもとへ戻した。
それはほんのわずかな時間だった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

650 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:27:56 ID:EHdq7GJ1
16/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし変化がおこっていた。
部長の顔は青ざめ、深刻そうな表情だった。
そばに人の立っているのが、目に入らないようすだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ∧∧            __   ∧,,∧
   (,,゚Д゚)            .|部|  .ミ゚Д゚lllミ ⊂=⊃
  ⊂   つ         _|長|  ミつ ⊂,,ミ /①ヽ  
  ~|  |          |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J           |                 |
                .|                 |
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

651 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage連続投稿規制にひっかかりますた] 投稿日:04/12/20(月) 11:29:55 ID:EHdq7GJ1
17/62


 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |いまの電話は、なにか重大なことだったのでしょうか
 \
    ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                |  ちがう
                \
                   ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧∧            __   ∧,,∧
   (,,゚Д゚)            .|部|  .ミlll゚Д゚ミ ⊂=⊃
  ⊂   つ         _|長|  ミつ ⊂,,ミ /①ヽ  
  ~|  |          |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J           |                 |
                .|                 |
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |\
  / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 仕事に関することでしたら、打ちあけて下さい。
  | どんな努力だってします。
  | それが社員としてのつとめです。
  \_______________


                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                | そんなことではないんだ。
                | 気にしないでくれ。
                \
                   ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧∧            __   ∧,,∧
   (,,゚Д゚)            .|部|  .ミlll゚Д゚ミ ⊂=⊃
  ⊂   つ         _|長|  ミつ ⊂,,ミ /①ヽ  
  ~|  |          |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    し'`J           |                 |
                .|                 |
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しゃべるのさえつらそうだった。
こうなるとれいの同僚の件を切り出すどころではなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

652 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:31:15 ID:EHdq7GJ1
18/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は席へ戻る。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   γ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~λ
   ζ どういうことなのだ、これは。部長はなにを聞いたのだろう。 ζ
   ζ 気にしないでくれといわれたが、そうもいかない。        ζ
   ζ あれは、ただごとではない。                    ζ
   ζ                                     ..ζ
   ζ まるで、そう、先日の同僚の場合とそっくりだ。         ζ
   ζ                                      ζ
   ι~~~~~~~~~~~~~Ο~~~~~~~~~~~~ゝ
                       0
                        。
                       ∧ ∧
                       (゚Д゚,,).
                    _ φ_C___
                  / 旦/三/    /|
                /|||||||| ̄ ̄     /  |
               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . |
               |                 |  /
               |_________|/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年の感情は、同情から一つ進んだものへと変化した。
それは好奇心。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

653 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:31:52 ID:EHdq7GJ1
19/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いろいろと考えたあげく、青年は一つの仮定にたどりついた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   γ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~λ
   ζ いずれも恐喝のたぐいではなかろうか。             ζ
   ζ 二人ともなにか個人的な弱みを握られ、             ζ
   ζ おどされたのかもしれない。                    ζ
   ζ 他人に話したがらないのもそのためかもしれない。      ζ
   ι~~~~~~~~~~~~~Ο~~~~~~~~~~~~ゝ
                       0
                        。
                       ∧ ∧
                       (゚Д゚,,).
                    _ φ_C___
                  / 旦/三/    /|
                /|||||||| ̄ ̄     /  |
               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . |
               |                 |  /
               |_________|/

654 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:32:27 ID:EHdq7GJ1
20/62


   となると難問だ。
   警察へ行って相談すべきだろうが、弱みのたねによっては、
   下手をすると当人のためにならない場合だってある。

                ___                
     ___     (.,i´@`i,.)
     ヽ=@=ノ¶    リ´-´ル
     ( ・∀・)つ   (i,〈∀〉i)
    ./| ̄У フ      l___i___i
    ∪=◎=|     ノ______i
     (__)_)      し`J


   どんな弱みで、どうゆすられているのか、まったく見当がつかなかった。
   ~~~~~~~~~~~~~Ο~~~~~~~~~~~~~~~~~
                       0
                        。
                       ∧ ∧
                       (゚Д゚,,).
                    _ φ_C___
                  / 旦/三/    /|
                /|||||||| ̄ ̄     /  |
               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . |
               |                 |  /
               |_________|/

655 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:32:50 ID:EHdq7GJ1
21/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は学生時代の同級生で、いま弁護士になっているもののあることを思い出した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      ∧_∧
     ( ・∀・)
     ( <V> )
     | | |
     (__)_)
    優秀なうえに迫力のあるやつだった。
    彼に相談し、恐喝対処法の要領とでもいったことを聞き、
    それを、それとなく部長や同僚に話してみるとするか。

   ~~~~~~~~~~~~~Ο~~~~~~~~~~~~~~~~~
                       0
                        。
                        ∧∧
                       (,,゚Д゚)
                       ⊂  ⊃
                      ~|  |
                        し`J

656 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:33:13 ID:EHdq7GJ1
22/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会社の帰りがけに青年はその弁護士事務所へ寄ってみた。
あるビルの中の一室で、かなり景気がよさそうだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   __________  |
   .        |        | . |
   .        |        | . |
   .        |        | . |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
   __________  |
   .        |        | . |
   .        |        | . |
   .        |        | . |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
   __________  |
   .        |        | . |
   .        |        | . |
   .        |        | . |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
     ┌─┬─┐       .|
     │  |  │      ...│            ∧∧
     │  |  │       .│           (゚Д゚,,)
     │  |  │       .│           ⊂  ⊃
     │  |  │       .|            |  |~
   ┌┴─┴─┴┐        |            し`J
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

657 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:33:35 ID:EHdq7GJ1
23/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友人の弁護士は大げさな身ぶりで言った。
貫禄のある笑い方が言葉の各所にちりばめられていた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |いやあ、待たせてすまない。しばらくだな。
        |なにしろ忙しくてね。
        |もっと大きな部屋に移らなければならなくなりそうだ。
        |おかげさまでと言いたいところだが、こういう商売、
        |それを喜んでいいのかどうかだね
        |しかし、そんなことを考えはじめたら、どんな仕事も成立しなくなってしまう。
        |で、なにか事件かい。
        |きみのことだ。大サービスでやってあげるぜ
        \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

              ⊂=⊃     ∧_∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄/①\ ̄/.| ( ・∀・)
     /           / ..| ( <V> )
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . | | | |
     |                 |  / (__)_)
     |_________|/                ∧∧
                                   (,,  )
                                   ⊂  ⊃
                                    |  |~
                                    U U

                                      |\
                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                            |僕についてのことじゃないんだ
                            |よく説明しにくいんだが、実は……
                            \____________

658 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:34:01 ID:EHdq7GJ1
24/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その時、机の上の電話がなった


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






              プルルルルルル

              ⊂=⊃     ∧_∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄/①\ ̄/.| (・∀・ )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /           / ..| ( <V> )<電話だ。ちょっと失礼
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . | | | |  \_______
     |                 |  / (__)_)      
     |_________|/                ∧∧
                                   (,,  )
                                   ∪  |
                                    |  |~
                                    U U

659 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:34:48 ID:EHdq7GJ1
25/62

             
              ___.. ∩ ∧_∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄ガチャ……∪(    )
     /       /①\ /⊂(     )
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . || | |
     |                 |  /(__(_)      
     |_________|/                ∧∧
                                   (,,  )
                                   ∪  |
                                    |  |~
                                    U U


                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   |………
                   \
                      ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
             
              ___...∩ ∧_∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄   ……∪(    )
     /       /①\ /⊂(     )
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . || | |
     |                 |  /(__(_)      
     |_________|/                ∧∧
                                   (,,  )
                                   ∪  |
                                    |  |~
                                    U U


                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   |………
                   \
                      ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
                
              _ガチャ_∧_∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄⊂=⊃ (    )
     /        /①\⊂(    )
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   \ \ \
     |                 |  /(__(_)      
     |_________|/                ∧∧
                                   (,,  )
                                   ∪  |
                                    |  |~
                                    U U

660 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:35:23 ID:EHdq7GJ1
26/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それから先は、なにもかも同僚や上司の場合と同じだった。
受話器を戻した時には、人が変わったようになっていた。
青年は聞かずにいられなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



              ⊂=⊃     ∧_∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄/①\ ̄/.| (lll-Д-)/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /           / ..| ( <V> )| なにか急用でも
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . | | | | \
     |                 |  / (__)_)   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
     |_________|/            ∧∧
                               (,,  )
                               ∪  |
                                |  |~
                        |\      U U     
                  / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                  | いや、なんでもない
                  \________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、答えたきり、じっと考えこんでいる。
これ以上話しかけないでくれ、
そんな印象を受けた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

661 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:35:46 ID:EHdq7GJ1
27/62



              ⊂=⊃     ∧_∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄/①\ ̄/.| (lll-Д-)        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /           / ..| ( <V> )        | じゃあ、また来るよ……
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   . | | | |         \
     |                 |  / (__)_)           ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
     |_________|/                     ∧∧  
                                        (Д゚,,) 
                                        |⊃|
                                       ~|  0
                                        し'´


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は引きあげることにした。
相手は別れの挨拶もしなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

662 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:36:36 ID:EHdq7GJ1
28/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は帰る途中で考えるのだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



   γ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~λ
   ζ 弁護士なら、社会の裏を見つくしていて、            ζ
   ζ たいていのことには驚かなくなっているはずだ。        ζ
   ζ それなのに、あのただならぬようす。              ζ
   ζ いったいなにを聞かされたのだろう。              ζ
   ζ いまの世の中に、そんなに重大なことがあるのだろうか。  ζ
   ζ                                      ζ
   ι~~~~~~~~~~~~~Ο~~~~~~~~~~~~ゝ
                       0
                        。
                       ∧∧
                       (゚Д゚;∩
                       (|  ,ノ
                       |  |~
                       し`J

663 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:36:57 ID:EHdq7GJ1
29/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気のせいか、青年の周囲にそんな目に会ったと思える人がふえているようだった。
これまでと、どことなく印象がちがうのだ。
そして原因はいっこうにわからない。
弁護士でさえもああなるのだから、恐喝なんかではなさそうだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                           
                          
                           
                  ∧∧        
   ∧∧            ( 'A`)
   (,,゚Д゚)            |  ∪
    |  ∪             し‐J
  ~|  |        
   し^J        

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

残された仮定は、健康に関することぐらいだった。
このところマスコミが健康診断を受けるよう、さかんにすすめている。
それを受け、悪い結果を知らされたのではないだろうか。
それならそれで、なぐさめる方法だってあるのではないか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

664 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:37:35 ID:EHdq7GJ1
30/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は演技をした。
まちがい電話のかかってきた時を利用し、受話器を戻すを同時に
急に沈んだ表情を作り、となりの同僚に言ってみた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |いま、このまえ受けた健康診断の結果の連絡があったのだが
     |どうも、それが……
     \
        ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    | ふうん
                    \
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧∧         ∧_∧
             (ll゚Д゚).        (´Д`lll)
          __|  |____ _(___)__
        / 旦/三/    / 曲         /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まるで手ごたえがなかった。
じつは、ぼくも、と話が発展するかと期待していたのだが、そうはならなかった。
健康とは関係のないことのようだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

665 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:37:56 ID:EHdq7GJ1
31/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついに青年は、勇気を出して新聞社に寄ってみた。
こういうことははじめてだ。かなりの勇気と決心がいる。
小さな応接室に案内され、しばらく待っていると、社会部の記者というのが入ってきた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| なにか事件をお知らせにみえたとか……

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                 ∧∧
.  (-@∀@)                (゚Д゚,,) 
_ と    ,)              ⊂|⊂ |    
    .ヽ./~ ), .| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                         |\
                   / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                   |はい、ふしぎでならないことなのです
                   \________

666 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:38:26 ID:EHdq7GJ1
32/62

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| よくおいで下さいました。事件があってこそ新聞が成り立っているのです。
| 読者も喜ぶ。
| このところ大事件がとぎれ、社会面がさびしくなっている。
| ふしぎなこととなると、ますますぐあいがいい。
| で、どんなことです

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧               ∧∧
  .  (-@∀@)              (゚Д゚,,) 
_  (つ   ,)             ⊂|⊂ |    
    .ヽ./~ ), .| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                         |\
                   / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                   |このところ不幸の電話とでもいうべきものが
                   |はやっているようなのです。
                   \________

667 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:38:48 ID:EHdq7GJ1
33/62


 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | なんですか、それは
 \
    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧             ∧∧
  .    (-@∀@)            (゚Д゚,,) 
____(つ   ,)           ⊂|⊂ |    
    . ./~ ), 丿|━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                         |\
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |幸運の手紙とか、不幸の手紙とかいうのが一時はやったでしょう
          |電話を使ったそれというわけです。
          \________________________

668 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:39:10 ID:EHdq7GJ1
34/62

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| なるほどねえ。そういえばそんな手紙が流行しましたな。
| あの時、その対処法を紹介したのは、うちの新聞でしたよ。
| 鏡の前で、レフレクトと三べんとなえて、そのハガキを破くのです。
| すると、のろいが発信人の方へ戻っていくと。
| イギリスの有名な心霊術者が開発した方法でしたよ。
| なんという人だったかなあ……

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                 ∧∧
.  (-@∀@)                (゚Д゚,,) 
_ と    ,)              ⊂|⊂ |    
    .ヽ./~ ), .| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄

669 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:39:38 ID:EHdq7GJ1
35/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記者は青年の気分をほぐそうとしてか、そんな話をし、タバコに火をつけ、さらに続けた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ……それ以来、流行がおさまった。
| あの対処法、どこまで本当かわかりませんがね。
| 流行とはそんなものですよ。
| そん電話の一件も、うちの紙面でとりあげ、話題にし、
| 静めることにしましょう。
| で、不幸の電話って、どんなことを話すのです

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                 ∧∧
.  (-@∀@)   ∬            (゚Д゚,,) 
_ と    ,っ━~            ⊂|⊂ |    
    .ヽ./~ ), .| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                         |\
                   / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                   |それがわからないのです。
                   \________

670 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:40:03 ID:EHdq7GJ1
36/62

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| しっかりして下さいよ。
| その点がわからないと、記事にしようがない。
| たしかに、新手だ。あっという方法だ。
| しかし、これはハガキとちがって、いやならすぐ切ることができる。
| その気になれば逆探知で調べることも可能。
| 録音をとれば、声紋を調べることもできる。
| だから、それだけ発覚しやすいことにもなる。
| そこがどうなっているかですよ。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧_∧              ∧∧
.     (-@∀@)  ∬         (゚Д゚,,) 
___と    ,っ━~         ⊂|⊂ |    
   .. ../~ ), .| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                         |\
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |すぐに電話が切れてしまうらしいのです。ほんの短い時間。
          |その間に話がすみ、聞かされたほうはショックを受け、
          |人が変わったようになってしまうのです。
          \________________________

671 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:40:29 ID:EHdq7GJ1
37/62

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| よく思い出して下さいよ。
| その電話を聞いた連中、そのあとすぐに、たとえば三十分以内にとか、
| そこかへ何回も電話しましたか。
| 短い言葉をしゃべったり……

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧_∧               ∧∧
.     (-@∀@)  ∬          (゚Д゚;∩ 
___と    ,っ━~           (|  ,ノ    
   .. ../~ ), .| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                         |\
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |そうですね。
          |そういえば……
          \________________________



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ありましたか

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧                ∧∧
.    (-@∀@)              (゚Д゚;∩ 
___と    ,っ            (|  ,ノ    
   .. ../~ ), .| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
                         |\
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |そんなことは、
          |しなかったようです。
          \________________________

672 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:40:59 ID:EHdq7GJ1
38/62

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| どうもこまったことですな。
| せっかく興味ある事件なのに。
| 社会部の記者は、事件を大衆に伝える責任がある。
| 提供する義務があるんですよ。
| なんとしてでも、うまく作り上げなくてはならない。
| その衝撃的な短い言葉。
| それを紙面に大きくのせたい。
| ヒントになるようなこと、なにかありませんか……

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ∧_∧                 ∧∧
.  (-@∀@)                (゚Д゚,,) 
__と    ,)                ∪∪ |    
    .ヽ./~ ), ̄| ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|  ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

673 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:41:25 ID:EHdq7GJ1
39/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その時、記者の携帯電話が鳴った。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   ∧_∧                 ∧∧
.  (-@∀@) /             (゚Д゚,,) 
__と    ,)ピロロロロロロ         ∪∪ |    
    .ヽ./~ ),.\ ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
| 携帯だ。少し失礼
\________






  ∩∧_∧                 ∧∧
カチャ(@∀@ )                (゚Д゚,,) 
__ヽ    ,)                ∪∪ |    
    .ヽ./~ ),. | ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

674 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:41:48 ID:EHdq7GJ1
40/62

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ……

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∩∧_∧                 ∧∧
. ∪(@Д@ )                (゚Д゚,,) 
__ヽ    ,)                ∪∪ |    
    .ヽ./~ ),. | ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 


 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ………
 \
    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                 ∧∧
  (lll@Д@)                (゚Д゚,,) 
_ (つ∇と,)ピッ              ∪∪ |    
    . ./~ ), 丿|━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 



 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ………
 \
    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                 ∧∧
  (lll@Д@)                (゚Д゚,,) 
_と(   , )っ              ∪∪ |    
    . ./~ ), 丿|━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記者は、携帯を取り、耳に当て、すぐに戻した。
記者の顔は青ざめ、今までの調子のよさがなくなり、沈黙だけが残っていた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

675 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:42:11 ID:EHdq7GJ1
41/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は聞かずにはいられなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  | なにか事件でも……
                  \
                     ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                 ∧∧
  (lll@Д@)                (゚Д゚,,) 
_と(   , )っ              ∪∪ |    
    . ./~ ),   .━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
| いや、なんでもない
\________

676 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:42:32 ID:EHdq7GJ1
42/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぶあいそな返事だった。
しかし、青年は立とうとしなかった。
気になるのは当然だし、これこそいい機会ではないか。
おそるおそる口にしてみる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  | もしかしたらいまの電話が、
                  | わたしのお話したものかも……
                  \
                     ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                 ∧∧
  (lll@Д@)                (゚Д゚,,) 
_と(   , )っ              ∪∪ |    
    . ./~ ),   .━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄
 ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄| . ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
| いや、ちがう。べつのことだ。
\________

677 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:43:00 ID:EHdq7GJ1
43/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記者はそれ以上、口をきかなかった。
青年はもっとねばってみようと思い、そこにいた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




   ∧_∧                 ∧∧ 
  (@Д@lll)                (゚Д゚,,)  
_  し し )               ∪∪ |      
   く く く,   ━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄  
 ̄ ̄(_(_) ̄|   ┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 




∧_∧                    ∧∧ 
@Д@lll)                   (゚Д゚,,)  
し し )                   ∪∪ |      
Y  人, ̄ ̄ ̄ ̄| .━┳━   | ̄ ̄ ̄ (_(,,ノ. ̄  
(_」 J . ̄ ̄ ̄|  .┃    | ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ....┻     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記者は力なく立ち上がり、応接室を出ていってしまい、戻らなかった。
青年は帰らざるを得なかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

678 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:43:34 ID:EHdq7GJ1
44/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのあと一週間ほど青年はその社の新聞を、たんねんに読んだ。
とくに社会面を。
このあいだの記者が、あれを記事にするのではないかと期待したからだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



   ∧∧
   (,,゚Д゚)__
    |っ/    /
  ~| /__ /
   し^J


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事件を報道する義務があるとか言っていた。
それなら、ショックから立ちなおって、記事にしてくれてもいはずだ。
しかし、いくら待っても、それらしきものは紙面にのらなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

679 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:44:01 ID:EHdq7GJ1
45/62

   r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒''ヽ
  ( とてつもないことのようだ                       )
    )なんなのだろう。                           (
  ( あれだけの短い時間で、あれだけのショックを受けるとは。  )
    )そんなにまで強烈なものが、今の世にあるとは……。     (
   丶~'⌒~''⌒'~'⌒'~'⌒'○'⌒'~'⌒'~''⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
                 o
                。
            ∧∧
            (,,゚Д゚)
            |⊃|
           ~|  0
            し'´

680 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:44:23 ID:EHdq7GJ1
46/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電話を聞いた連中に対しての、青年の感情は大きく変わっていった。
最初のころは同情だった。
つぎは好奇心。
それが、いまやあこがれともいえるものとなった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒''ヽ
( そんなにすごいものなら、一度は味わってみたいものだ。  (
 )となりの同僚だって、その後、不幸な目にあったようすもない。)
( 命には別状のないことのようだ。                 (
丶~'⌒~''⌒'~'⌒'~'⌒'○'⌒'~'⌒'~''⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´


             ∧∧          ∧_∧
              (,,゚Д゚).         (´Д`lll)
          __φ_C____ _(___)__
        / 旦/三/    / 曲         /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/

683 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage支援スレ終わりそう……] 投稿日:04/12/20(月) 11:45:12 ID:EHdq7GJ1
47/62

すごいショックのようだな。
だれもが青ざめる。
しびれるような感じになるんじゃないだろうか。
しばらくのあいだ、ひとりで楽しみたくなるもののようだ。


  ∧∧
  (゚Д゚;∩
  (|  ,ノ
  |  |~
  し`J



そして他人には絶対に話さない。
この貴重な体験を、簡単に話したりできるもんか。
そんな心境になるらしい。
体験者たちは、しばらく仕事が手につかなくなる。
あの時の体験を思い出して、仕事どころではないというわけなんだろうな。
他人に話すと、思い出が薄れるのかもしれない。

686 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:45:37 ID:EHdq7GJ1
48/62

あれは不幸の電話なんかじゃなく、


       幸運の電話にちがいない。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            ∧∧
           (,,゚Д゚)
           ⊂  ⊃
          ~|  |
            し`J



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年はそう思うようになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

687 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:45:57 ID:EHdq7GJ1
49/62

 r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
 )そうとしか思えないではないか。              (
( どうして自分のところへかかってこないのだろう。     )
 )平凡な男だからだろうか。                  (
丶~'⌒~''⌒'~'⌒'~'⌒'○'⌒'~'⌒'~''⌒'~'⌒'~'⌒'~''´
               O
               o
             ∧∧          ∧_∧
              (,,゚Д゚).         (´Д` l)
          __φ_C____ _(___)__
        / 旦/三/    / 曲         /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/



それならば


  ∧ ∧
  (,,゚Д゚)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  |  <  他人にかかってきたのを、横取りしてやる
  (,,_/    \__________________


691 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:46:57 ID:EHdq7GJ1
50/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電話が鳴ると、だれよりも先に手を伸ばす。
いままでなら、少しはなれた机の上だとほっておいたのに、
いまではそれに飛びつくようになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



                ∧∧        ∧_∧
                ∩゚Д゚).      (´Д`lll)
          _    / __⊃__ (___)__
        / 旦/三/    / 曲         /|
      /||||||||  ̄ ̄    /           / . |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ..|
     |                 |                |  /
     |_________|________|/





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、いつも仕事に関する普通の電話だった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

693 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:47:22 ID:EHdq7GJ1
51/62

   r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒''ヽ
  ( どうやったらあれにありつけるのだろう。              )
    )あきらめないことだろうな。                     (
   丶~'⌒~''⌒'~'⌒'~'⌒'○'⌒'~'⌒'~''⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
                 o
                。
            ∧∧
            (,,゚Д゚)
            |⊃|
           ~|  0
            し'´



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そう自問自答しながら、青年はそれを続けた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

695 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:47:45 ID:EHdq7GJ1
52/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やがて、くせになった。
レストランで食事をし、会計をしようとし、
そこで鳴る電話にも手をのばしてしまうのだった。
変な目で見られても平気だった。
もし、それがあの電話だったら、後悔しきれないことになるではないか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            /   /  /
      ∧__∧  / ∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ;  ^^)/ ¶ (,,゚Д゚)<もしもし
    (   / …・⊂| ∪  \_______
    | / 曲 ./ |  |~
    /   /   し`J
   /   /  /
 /    |\ /
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
| あの~、お客様……
\_______


697 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:48:07 ID:EHdq7GJ1
53/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電話の鳴るのがすべて気になった。
遠くのほうで鳴っているのも気になった。
それが鳴りつづけていると、ああ、もったいないと思う。
かけ出していって、、手にしたい衝動にかられる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


プルルルルルル
            ∧ ∧∧∧
           (゚Д゚≡゚Д゚)
             |し |つ         ジリリリリリリン
            ⊂__ |
               し'

698 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:48:27 ID:EHdq7GJ1
54/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夢の中でも電話の鳴るのを聞くようになった。
しかし、それを手にしたとたん、目がさめ、夢は消えてしまうのだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今だ!電話ゲットオォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ


\________________________/
         o
           。
             。 ヽ从/
        ガバッ   ∧ ∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             (゚Д゚;):. _ < なんだ夢かゴルァ!!
            r'⌒と、j ミ ヽ \_________
           ノ ,.ィ'  `ヽ. /
          /       i!./
           (_,.         //
          く.,_`^''ー-、_,,..ノ/
            `~`''ー--‐'

702 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:49:27 ID:EHdq7GJ1
55/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある夜、帰り道で、青年はそばで電話の鳴るのを聞いた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


            ジリリリリリリリリリ
                             ∧∧
                             (,,゚Д゚)
                             |⊃|
                            ~|  0
                             し'´

704 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:49:51 ID:EHdq7GJ1
56/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小さな商店の店先の赤電話で、たまたま店の人がいないためか、
鳴りつづけている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        |===========たばこ=============|
        |________________.|
          |                  |
          |____________|
          |  ___|               |
          | | |    |            |
          | | ̄ ̄ ̄|            |
          | | ̄ ̄ ̄|            |   ジリリリリリリリリリリリリ
          |─┌─┐┌─┐-────-|  ⊂=⊃ 
          |  │  ││  │ 品品■■ |  /◎\ 
          |  ┌─┐┌─┐ .ロロ○○ロ.|  |   | 
          |  │  ││  │ ∩∩〓〓 | | ̄ ̄ ̄| 
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |     | 
          |∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥| |     | 
                                   ∧∧        
                                   (,,  )
                                   ∪  |
                                    |  |~
                                    U U

705 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:50:12 ID:EHdq7GJ1
57/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その店の人がいたとしても、同じことだったろう。
もはや、青年の反応は習慣となってしまっているのだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        |===========たばこ=============|
        |________________.|
          |                  |
          |____________|
          |  ___|               |
          | | |    |            |
          | | ̄ ̄ ̄|            |
          | | ̄ ̄ ̄|            |   ジリリリリリリリリリリリリ
          |─┌─┐┌─┐-────-|  ⊂=⊃ 
          |  │  ││  │ 品品■■ |  /◎\ 
          |  ┌─┐┌─┐ .ロロ○○ロ.|  |   | 
          |  │  ││  │ ∩∩〓〓 | | ̄ ̄ ̄|   ∧∧
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |     |   (,,  )
          |∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥| |     |   ∪  |
                                      |  |~
                                      U U
707 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:50:37 ID:EHdq7GJ1
58/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうせだめだろうとは思いながらも、期待に胸をときめかせて、
そっと耳に当てて待つ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        |===========たばこ=============|
        |________________.|
          |                  |
          |____________|
          |  ___|               |
          | | |    |            |
          | | ̄ ̄ ̄|            |
          | | ̄ ̄ ̄|            |
          |─┌─┐┌─┐-────-|    ガチャ
          |  │  ││  │ 品品■■ |  /◎\∩ ∧ ∧
          |  ┌─┐┌─┐ .ロロ○○ロ.|  |   |∪(   )
          |  │  ││  │ ∩∩〓〓 | | ̄ ̄ ̄| ⊂   \
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |     |    \ `~
          |∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥∥| |     |      UU

710 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:51:18 ID:EHdq7GJ1
59/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついに青年は声にめぐりあった。
理由も説明もなく、それはあきらかに自分への語りかけだ。
そうわかるものが、その声に含まれていた。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



             
 /◎\∩ ∧ ∧      
 |   |∪(   )     
| ̄ ̄ ̄| \  |   
|     |  |  |~ 
|     |  U U  


713 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:51:56 ID:EHdq7GJ1
60/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほんとに短い内容だった。
ただ、


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    \あなたは狂っている /
     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ガチャ
  ∧∧∩
  (゚Д゚; ∪
  (|  ,/
  |  |~
  し`J




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とだけ告げて、そして切れた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

715 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:52:27 ID:EHdq7GJ1
61/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青年は青ざめ、口をきく気にもなれなかった。
そのうち店の人が出てきて言った。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            ∧∧
            /⌒ヽ)
           i三 ∪
    ((( )))  ○三 |
    (; ´Д`)   (/~∪
    (  つつ   三三
    )  ) )   三三
   (__)__)  三三三

      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| どうかなさいましたか。
| おみうけしたとこと、
| ご気分でも悪いのでは……
\______________


62/62

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その質問に青年はうるさげに答えた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ∧∧
   /⌒ヽ)
  i三 ∪
 ○三 | 
  (/~∪
  三三
 三三
三三三
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
| いや、なんでもない
\________

717 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:53:09 ID:EHdq7GJ1

以上、星新一「なんでもない」でした(『ごたごた気流』所蔵)



724 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 11:55:29 ID:UrS3Anet

長編お疲れさん!
最後のとこが待ち遠しかったよ。

最初青年が犯罪者と思われてて泳がされてるから気をつけるようにって
電話で言われてるのか?とか想像してしてた。




729 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 12:06:14 ID:gXmHEnRM

62コマお疲れ様でした。
リアルタイムで遭遇したのが初めてだったんで更新押すごとに話が流れてくるのは感動もんでした。



730 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 12:29:47 ID:GBOCnDwZ

見入ってしまった



731 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 14:01:36 ID:EYy0qUZ7

星さんの作品で携帯が出てくるとは思わなんだ



733 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 17:10:23 ID:2S0GKUJy

乙かれさま。とてもよかったよ。。



734 名前:( ´∀)・∀),,゚Д)さん [sage] 投稿日:04/12/20(月) 17:20:25 ID:BQan6/Qe

作者さん、お疲れ。面白かったです。

>724
俺も同じこと考えてた。




関連記事
ランダムジャンプ

| 12:00 |コメント(0)
カテゴリータグ:2004 名作ショートショートをAA化しよう 小説・文学・絵本系(2004) 小説・文学・絵本系 モララーのビデオ棚 SF・ファンタジー系(2004) SF・ファンタジー系

|

<< 名作ショートショートをAA化しよう 「越天楽」 | HOME | 名作ショートショートをAA化しよう 天狗の落し文より 「注文」「煙草の名前」「宣告」「お喋り好きの謎」「娘の名前」 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV