やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編作品一覧 短編作品一覧(R18) TOP絵募集中 twitter やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2010/09/05(日) トカゲと眼帯、救いあい


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.50 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1280256447/
中編 短編投下所40                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282913904/
やらない夫短編投下所19                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その6           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド7                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その2    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/


771 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:37:36 ID:tLyS73OU

と、50レス短編祭りに出しそびれたブツのリメイクものを一つ。
若干暗い回想があります、ご注意を。



772 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:39:52 ID:tLyS73OU


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

                        短編「トカゲと眼帯、救いあい」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                _ ....... _
             ,  ´ _   `ヽ
           ./     、 `ヽ   ヽ
          ./ /  ヽ \ \. \   ヘ
         / l { ヘ  \.\ \ \  ハ
         !  !ヘ. ヾ 、 ヾァ,≧\. ヽ  ヽ
         !  l ヾ、ヘ ` x ,ィヤ ゝ、 ヽ  \
         lハ. ヘzキ≧、.  "マ以  l リヽヾ.、. \           _ _=‐
          {ハ. ヾヘ::::::リ      ├'  ヽヾヽ  ヾー- __ _≠"
            ヘ  ヘー' `、,    /lー-ri ヽヽ`ヽ  `ヽ、 ≦_ニニ=‐'
             ヘ.ヘ仝rzzzz, / 」 .l:トi  ヾヽ `ヽ_, ィァ `ヽ、         , ―、 ,─ 、
            ,rー<ヘ ヘ. /ハ= 、_Fト、l:lzム、  _,r≦>´    `ヽ、     / ─ Y ─ ヽ
          _,∠、 `ヽヾ\\i:i f仆.:ヾ! ,ィ:ュィチ _"-‐≦ ア"´  \ヽ   / γ∩Υ∩ヽ ヽ
       ._,ィ=- 、___ヽ \ゝト、示', /::::ニュチー-‐七´   ヽ  ヘヾ  /  ヽ∪人∪ノ  ヽ
     ./         _ア.「i ̄ ̄i.「Y::::::::::: =<中三三ニ≡=‐ ヾ 、.ハ /  ´ ̄` ´ ̄`   \
      {        , ィ´   l:l   l l l::::::,ィi^i'´ ヘ       ト. ヘヘ/  、          ,    \
     ヘ     _, ィ´     i」 __.」`Ti¨´三i!}   ヾ.        ハハ |   ―}         {─    |
      ゝ―=― フ  ̄ ̄ //三三 リ.ム三ニ}!l    \    .l!. ! ヘ |   ′ ′           `  ヽ  |
、`ヽ        __/     _//三三 //三三.ハ|\    \   !l l  ヘ|  |   \ ______ ノ   |  |
 ー-ヽ、_ ,ィ´    ̄  /∠三三 //三三/ i!ト ヽ    ヽ  l l l  \       ` ´ ̄`  ′    /
   `ー―‐- 、.    /∠三三三.//三ニ./  i!l.ヘ ゙ヽ    ヽ | .}'    \                /
                                          /               \
                                        /                      \

773 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:40:25 ID:tLyS73OU



───────────────────────
     何処とも知れぬ大地で、戦があった。
    戦争の主役は魔法が生んだクリーチャー。
  ホムンクルス、魔物、ゴーレム・・・数知れぬ兵器。
───────────────────────





                        ───────────────────────
                              5年続いた戦火は国という国を焼き
                           知性あるクリーチャーたちの叛乱をまねいた末
                            戦争前よりも悲惨な境遇に置かれるもの数多。
                        ───────────────────────





   ───────────────────────
          特に、人間と同じ知性を持ち、
      戦闘力に優れたホムンクルスの末路は悲惨だ。
       人間と子を残すことも出来る故、駆除された。
   ───────────────────────

774 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:41:18 ID:tLyS73OU






              ───だからこれは、幸運なホムンクルスの話だ。






  ;


アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会い系出会いメル友



775 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:42:02 ID:tLyS73OU


      【  大陸西端 ・ 北方連盟都市の端っこ】





─────器が醜いから、

   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()

─────心まで腐っているに “ 違いない ” 。


  ;

776 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:42:35 ID:tLyS73OU


          蜘蛛と同じだ、と思った。
  害虫を喰らう益虫でも、気色悪いから殺して良いんだ。

          _     ,- 、
      ___,-ー'i´,,,,_`'ー -、/´i: .:i     ____   __
     (_,,..'''´~   ̄`i´`i`.´.|´`|   /__;i:∨"i ノ゙\
     /´゙~ ̄. ̄ ̄ `ii,,,::!__ |:: ::i__/゙゙::!__.y'__:/ ̄`\i\
    i:::... . .  :  /ソ::i二´ ̄ ,ー 、 ̄/:"ヽ、    ヽ:__i
    i::::::::....  ...../.フi:::::ii´_i:|  /ヽ :i /::::/゙i\,;ヽ   .
    ヽ,::::::::::::::::/./,. |:/ .|::::| ./;;/i"゙i/:::::/ i∧\.`、
       ̄ ̄./.フ´ .ヽ|;:;|i:::.i/:::./::|;..;|::/i/ //.i\`!ー-,,,_
        /.,./    i´:|`''´`'´~~.i: :i ̄   `'´  `'ー-,;;;'フi
        /.,/    .i' :i'      .|: :|           i:: i
       /..::|     |;..;|      |;..;|          `i;;;ヽ
     /.フ´     / ./      / |            \;\
     `'´       `'´       `'´               `´
          醜い生き物へと嫌悪と暴力を与えるもの。
    命懸けで守り通した、民衆とか無辜の民とか、そういうもの。

777 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:43:08 ID:tLyS73OU


        ╋━━━━━━━━━━━━━━━━╋
        ┃   静かに鬱屈していたものが
        ┃     残酷な仕打ちに燃えた。
        ╋━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                    , ―、 ,─ 、
              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  \
             |   ―}         {─    |
             |   ′ ′           `  ヽ  |
             |  |   \ ______ ノ};;;{  | |
           \       ` ´ ̄`  ′    /
             \                /
                /               \
          /                      \

778 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:43:58 ID:tLyS73OU


               ああっ、クソが! ふざけるなよ豚ども!
     俺は生きている、あの地獄から生きて戻って、命を賭けて守ったんだ!!

,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','.'.'.'.'.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.'.'.'.'.',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','.'.'.'.'.'.' : : : : : : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : '.'.'.',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
,',',',',',',',',',',',',',',',',',','.'.'.': : : : : : : : : : : : : : :、vw::=:=:=≡≡=:=:=:w:z;ィ:v:,: : : : : : '.'.'.',',',',',',',',',',',',',',',','
,',',',',',',',',',',',',',','.'.'.' : : : : : : : : : : : 、vゞ:'ヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:".:.イvィ;';'; : : : : '.'.',',',',',',',',',',',',',
,',',',',',',',',',','.'.'.' : : : : : : : : : : : 、vヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:,xvxixixixixix;、;.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:"イ'ィv,: : : : : '.'.',',',',',',',',',
,',',',',',',',','.'.'.' : : : : : : : : ミxヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,、ixiゞ゙`.:::::::::::::::::::::::::::::::::':"'ィx.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡;ィ : : : : '.',',',',',',',
,',',',',','.'.'.' : : : : : : : : ミ:ヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ゙`.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  彡;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'彡,: : : : '.',',',',',
,',','.'.'.' : : : : : : : :ミxゞ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;7`.:::::::::::::::::::::::;:斗=ミ:x:::::::::::::';..   彡;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.';v'ィ: : : : .',',','
,','.'.' : : : : : : : :ミx゙`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,〃.:::::::::::::::::::::::::/圭圭圭ハ:::::::::::::::':'::::::::彡.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:."'ィ; : : : :.',','
,',' : : : : : : ミイ".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,'.::::::::::::::::::::::::::::{圭圭圭圭}::::::::::::::::::::::::::.'イ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡 : : : :','
,': : :_:_:,,::斗弍=‐-: : :.: _:_:_:.:.,:L:_.::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ圭I圭Ⅳ::::::::::::::::::::::::::::.彡;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'彡; : : : '
;': ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄: : `: ¨: :¬:=:―:-ゞ≡=::く::::::::::::::::::::::::::::::::;く7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i彡ィ; : :
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',' ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: :ー-:::.:_::::::::;艾:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}爻ハ:_ :
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',' ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:・:┴:-: : :-:―:一彡'゙ ̄:`: :

           なあわかるか、テメエらがガタガタ震え手を握り合うとき!
        足が千切れた戦友を見捨て、魔物の群れに突っ込む俺の気持ちが!

779 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:44:30 ID:tLyS73OU


: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               心を覆い隠した圧倒的な煌きの名は、憎悪だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;;;;;;;;;;./  /;;;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-




     無抵抗を貫く気はない。
   弄り殺されるくらいなら殺す。

         | |          ||  │
      _ノ  |      「|,_/  /
.       {彡 ,ノ,⊂ニニニ|l|ニ]   )三三三三三三三>
        ̄/    _l」   ̄ ヽ
.        /  / ̄   ̄ヽ    |
      __|   |        |    \
      (___,,ノ         ヘ     )
                    `ー‐'′
     腰の長剣はミスリル銀の業物。
   人間の柔な肉など百人でも斬れる。

780 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:45:04 ID:tLyS73OU

     こちらの放つ諦観が殺意に
   にわかに町の人間が後ずさり始めた。

     i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `i
    | /\_ ,、- ''`ヽ   |
    ,ソ    _,.、-''ヽ  .|
    ,ヘ`'il li´,、-‐'´/__ .|
   「モ‐。i二iモ‐。テF|.|ヨl | おい・・・こいつ、やばいんじゃないか?
.   ゝ:::::l  .|ゝ:::::ノ ||ヨ| |
.     | L.__」  u .llン .|
     | ⊂ニニ⊃  ハ  |
  __ /|  ==   /  ヽ,,|\__
'' "≡≡ 't――― ′  /|≡≡"''
≡≡≡≡|ヽ       / |≡≡≡

     そう思うなら逃げればいい。
  一人じゃ危機管理もできないのかクズが。





                 “それ”の心中は虚無に満ちていた。
             状況に応じ拒絶をオンオフできる必然の能力。
                             _ , . . ,
                             ,ィ : : : : : : ;. ,、
                            ,ュ'": : : : : : : : : : : ヾ、
                        ,イ': : : : : : : : : : : : : : : li
                           li: : : : : : : : : : : : : : : : : :il
                       ij: : ,ィ圭℡: : : :,ィ圭℡: :.l!
                          il!: : :ミ圭彡: : : :.ミ圭彡: :ij
                          li!: : : : : : : : : : : : : : : : : li!
                         il: : : : : : : : : : : : : : : : : :li!
                         li! : : : : : : : : : : : : : : : : リ
                         !il : : : : -=二三二=-: ::il
                       l!i: : : : : : : : :|||: : : : : :,''
                       i!l: : : : : : : : : ! : : : : : il!

                    命を奪うのに覚悟など必要ない。
                 徹底した無関心こそが必要なファクターだ。

781 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:46:06 ID:tLyS73OU

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  遅いか早いかの違いだったと思う。
            火蓋が落とされれば、己が息絶えるまで人が死んだろう。
                      ・・・そうはならなかったが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        |     |.l        、             |    l  |    ト
        |     |        ___         |    |  |    | i    ・・・そこまでにしておけ。
        !      |   l\   ` ー- '     /!     |  |    l ヽ
      |       |  |  `  、       .::'´:::::|      ト ⊥ __  ! ヽ  あんまりにもみっともないぞ?
      |       | ,⊥ー  ̄ ` ー┌ ´::::::::::::::| i   | , _-=1  l  ヽ
      !       | !i: : : : : : : : : : r、!_::::,  -‐_| l   | | !   l  !  ヽ
      !       | ||: : : : : : : : : : |`i∟!.l ̄  | l   | | |  /   i    \




      声を放ったのは小さな女の子だとわかった。
   もっとも、小ささの中に氷の刃のような苛烈さがあったが。

     /                    ハ
     / /        / ハ   、   ヽ  ',
    .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
    .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |
    .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  !
    .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  !
    .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l   私らは旅のものだ。
    .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l  ・・・事情はお察しするがな、
    .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l
    .l   !    !     __ _    ./ l  l   や め て お け 。
    .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  l
    /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ!   |
   .//   >l  ∧i|== i r_'1_    !  |
  // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl   !、

      珍しい光沢の頭髪。
  右目は無愛想な眼帯で覆われている。

782 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:46:40 ID:tLyS73OU


    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |   野良犬以下の害獣駆除だ。
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│  ・・・不要なホムンクルスなど、この街の景観を汚す。
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --     / ヽ !:::\    この街を今後も利用したくば黙っていろ。
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::

  一時期は切り札だったホムンクルス兵士の大半は、
 過大な消耗と終戦の後、使い道のない“兵器”として廃棄された。
   ・・・たとえ人間と同じ遺伝子でも、そういうものだ。

783 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:47:12 ID:tLyS73OU



           今度は恐ろしくどすの利いた声。
          自分に肩を貸すと、立たせて問うた。

ニ=-                          ヽ
                                 l
         /_.-< // l /l∠-z_      }     おぅ、立てるな。
>      _.ィ´l´Zニ、_\r'_ノ」/-'´_,.≦、_ヽ , -、 く
        |「l ヽ_ '='ヽ!_!ヽ-ァ‐´'=' _/ l レヘ }  }   ・・・行くあてはあるのか?
        ヽ/l 三二`} /" ´三二 ____/ .ト ノノ  ヽX´.
、______,. ィ __,.- 」 l:. ニ  /      ニ:::>   L-′ トヾ:`V´:_,
/. : : _´=ニ-‐'´  l:::::  く::: -     、 ニ='   { ヽ ト、ゞ‐、:.`ヾ.`ヽ、
. : : : :(:::::::>‐'  _ハ:::::::`:.ー ----‐''´ フ  ,ハ.ト、∧_ゝ;,:,:ノ.: : :}   ヽヽー- ,___
: : : : : :`ー`ニZ ̄/ .ト、::::::`ー--='  ´,Zニ´_,⊥:-:‐':´:.:. : : : ,(.    ヽ.ヽ   __`ー- ,_
:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : :`く. ヽヽ`、::::::三  _,.='´: : : : : : : : : : : : : : :/.:.:}  、   \\  ‐_
ミ:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : :`:ー:-: `:ー:-:-<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:-:‐:'´.:.:.::/        \\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐:'':´:.:.:.:.:.:.:.:〃   __ ,,. - ‐┘__,ゝ

       熊か虎か──とにかく獰猛な肉食獣の風情。
      町の人間は、この大男の登場に腰が浮いている。

784 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:48:06 ID:tLyS73OU


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、 u  /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|   いかん・・・!
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7   害獣のために死ぬなど、あってはならない・・・!
/  | /::: :ヽu   (_ _:ノ   ,'
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /
::::::::: |\:   :ヽu  ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\


       どうやらこの二人組みが彼を連れて行くようだと悟り
         厄介ごとを増やす前にと、連中は逃げ帰る。


         _ -‐' ´ ̄:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:! ト、   ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv
        ´_ニ=-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.lノ:.:l    )
    、_ -‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ‐=、´   命拾いしたな馬鹿野郎ォ!!
 、  ___ニ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く   )
 \ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、
   `ー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:,イ:.:./ ヽ:.:.:.:.l,-ヽ└-‐z
     /.:.:.:.:.:.:.:.:./:≧ミ:_,-イ.:.:.:.://彡≦冖ヽ:.:lV/.:.:.:.:.:.:.>
   /-_ニ=-.:.:.:./.;イ^!/ヽ__ヽ/.:.:∠l/┛/_, ):.:V.:.:.:.:.:._:_:≧⊥_
  _-'三 ̄ニ=-:.lイヘ._l-   /イ  =´ ̄  ‐/.:.:.:.ト┬升: : : : : : :``ァー-ニ_
_-'     `ー-ァ冖ハ=     l !l      /イ:.l:イ  l l: : : : : : : :/     `ヽ
         /:/.:.:ヽ  ,_ヽ__"____, rイ  /lノ: |   l l: : : : : : :,'
        /: :´7-z:/ヘ `┴__┴ ' ´ / /: :l  / l : : : : : : l
       V: : : :l  i、 |\  ̄  イ  /.: :/ / /: : : : : : : l

785 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:48:39 ID:tLyS73OU


   死を待つばかりの醜いホムンクルスを助ける旅人。
      ありえない人種を怪訝に見やると、
        __ -――-
      /   `       `ヽ、
      / /             `ヾ
     .' / /  ,           ハ.',
     |.′,{ ,イ | .ハ l  | l |  !  !i
     |ト,ムト」ハ | } ,イ ,! ,イ ,!  !  |.|
     || {:::::::::ヽヾ  |ァ'iア=l7F./  リ !    人攫いではないぞ?
     |圦:::::::::ノ   ´.7 ̄`トz/   /.|
     |  |`¨´ ,    弋__ン'   ./  |  ・・・南に伝手があってな、住み着こうと思ってる。
     ! 込、         /   /  ハ   その道中、下男にちょうど良さそうなやつを拾った。
    ハ  / \` ー  _ /    /   .ハ
    ′ /!, ‐ ´`ー≦ / ./  /ミヽ  ヘヘ     なんて酷い二人組みだ。まるでヤクザだ。
    {ハ {__   /l__,ィ/ /  /  ヘ.\  ヘ.ヘ
     | iハ >、./`ー、./ / ./   _.> ∨ ハヽヽ

         などと嘯いた。

         _ -‐' ´ ̄:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:! ト、
        ´_ニ=-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.lノ:.:l
    、_ -‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
 、  ___ニ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
 \ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ         そういうこった。
   `ー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:,イ:.:./ ヽ:.:.:.:.l,-ヽ└-‐z
     /.:.:.:.:.:.:.:.:./:≧ミ:_,-イ.:.:.:.://彡≦冖ヽ:.:lV/.:.:.:.:.:.:.>   さっきの連中の命を救っただけだしな、
   /-_ニ=-.:.:.:./.;イ^!/ヽ__ヽ/.:.:∠l/┛/_, ):.:V.:.:.:.:.:._:_:≧⊥_    こわーいトカゲ面の兵隊から!
  _-'三 ̄ニ=-:.lイヘ._l-   /イ  =´ ̄  ‐/.:.:.:.ト┬升: : : : : : :``ァー-ニ_
_-'     `ー-ァ冖ハ=     l !l      /イ:.l:イ  l l: : : : : : : :/     `ヽ
         /:/.:.:ヽ  ,_ヽ__"____, rイ  /lノ: |   l l: : : : : : :,'
        /: :´7-z:/ヘ `┴__┴ ' ´ / /: :l  / l : : : : : : l
       V: : : :l  i、 |\  ̄  イ  /.: :/ / /: : : : : : : l

      彼が街の連中を斬ろうとしていたのも承知らしい。
             そしてふとこう思う。

786 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:49:37 ID:tLyS73OU







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ああ───お前ら、アホだっていう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  ;

787 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:50:10 ID:tLyS73OU



                      ●

                      ●

                      ●





        / \Yノヽ  キリッ        r‐ ' _ノ
        / (0)(―)ヽ          _ ) (_
      /  ⌒`´⌒ \      (⊂ニニ⊃)
     | , -)    (-、 |         `二⊃ノ  ───というのが4年前の話っていう
     l   ヽ__ ノ  l |       ((  ̄
     `r'ニニヽ__    /       ;;
     r':ニニ:_`ー三`:く./           [l、
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/

  でっていうは自慢げに語った。

788 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:50:42 ID:tLyS73OU


   聞き手はでっていうの悪友――向こうは否定――たるやる夫。
       現在の商売を始めてからの顔なじみだ。
     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \  おめぇの昔話って言うからどれだけうざいかと思ったら・・・
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /   ・・・意外と苦労してるもんだおー
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

    南方はホムンクルスに同情的な都市が多く、
  3人が住み着いたのもそういった地域の一つだった。




ニ=-                          ヽ
                                 l
         /_.-< // l /l∠-z_      }
>      _.ィ´l´Zニ、_\r'_ノ」/-'´_,.≦、_ヽ , -、 く     まーたテメエら駄べりか。
        |「l ヽ_ '='ヽ!_!ヽ-ァ‐´'=' _/ l レヘ }  }
        ヽ/l 三二`} /" ´三二 ____/ .ト ノノ  ヽX´.   もっと働かねぇとカミさん逃げちまうぞ?
、______,. ィ __,.- 」 l:. ニ  /      ニ:::>   L-′ トヾ:`V´:_,
/. : : _´=ニ-‐'´  l:::::  く::: -     、 ニ='   { ヽ ト、ゞ‐、:.`ヾ.`ヽ、
. : : : :(:::::::>‐'  _ハ:::::::`:.ー ----‐''´ フ  ,ハ.ト、∧_ゝ;,:,:ノ.: : :}   ヽヽー- ,___
: : : : : :`ー`ニZ ̄/ .ト、::::::`ー--='  ´,Zニ´_,⊥:-:‐':´:.:. : : : ,(.    ヽ.ヽ   __`ー- ,_
:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : :`く. ヽヽ`、::::::三  _,.='´: : : : : : : : : : : : : : :/.:.:}  、   \\  ‐_
ミ:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : :`:ー:-: `:ー:-:-<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:-:‐:'´.:.:.::/        \\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐:'':´:.:.:.:.:.:.:.:〃   __ ,,. - ‐┘__,ゝ

    命の恩人たる大男・・・竜馬はこの食堂+居酒屋の店主である。
     こう見えて料理の腕前は一流、店は繁盛している。

789 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:51:52 ID:tLyS73OU


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    やる夫はまだ独身だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |   ここには既婚者なんて──
  \      `ー'´     /

   お節介な店主をからかおうとし、

             /二二Yニヽ
            /   ( ゜)(゜)ヽ
          /   ::::⌒`´⌒::::\
          | ,-)        (-|  あーそう言えばそうだっていうwww
         ,┤ i〈 、_____, 〉 /
        /  !  ヽ\+┼┼+/ /   俺は早く帰らないと怒られるっていうwwww
      __/   ヽ    `ー‐‐'´ /
  , -‐''" i    \       人
-''~     |    \`ー----‐'´! iヽ、
       ヽ      \     /  i  `ヽ、
        \     丶_/   |    \








    やる夫の表情がかたまった。

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (○)  (○)  \ ・・・・・・は?
    |     (__人__)    .|
     .\     ` ⌒    ,/

790 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:52:30 ID:tLyS73OU

   どういうことかと騒ぐ友人をあしらい、家に帰ったのは日も暮れてから。
       これは彼女に怒鳴られるな、と予期していたが


    ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
     )
  ‐=、´       遅いぞこの無精者っっっ!!
    )
   , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ

         案の定、第一声はそれだった。




     でっていうの新妻は「チンク」という名前だった。

            , -‐  ̄ ̄ ̄  ‐- 、
           /             ` 、
         ./               ヽ ヽ
        /  /                ハ ',
        / ./    /   ハ    .!     ', l
       .′/  、__./  / / ',   ト、ヽ,ィ   ', ト、
       .′ i  ≦,イミヽi /   ! l / Xレ´ i  i i \
       {  |   /__|  「ト、 /| ! /,≦zキミ、!  |    ヽ
      .ハ  ハ  f:::::`ヾ ̄ハ  iル'イfチ.ハ }'| / .ト、    ハ    人が待ってやってるのに!
     ./ }   N、ハ:::::::::::::::::リ     V__ノ  | /  l:::ヽ   i}  お前はまた竜馬の店で寄り道か!
     /  !    ハゝ―― ´  i   ////./イ  ハ―}   ||
   /  ./   /`ヘ   ,.., -‐ ⌒iヽ  /´ハ  ヘ::::|  ,リ   ええぃ、本当にお前というヤツは───
 ./   ./   /`ヽ::\ {:/       ´:},.イ::/:::::\  \  /
./    /   /::::::| ヾ:| ≧  __  ≦! l:::i¨`ヽ:::::\  ヽ'
{   ./   /V:::::::::l  i:l ヾヽ></ノ |:::{   }:::::/ \ ヽ
.',   {   {  V:::::::l  l:廴 ヾ⊥⊥/./ }  /__:/ / ヽ ',
. ∨ .\  ヘ   ヾ¨  ト,  `ー≠― ´  ./   /' ./   Y .}
  ∨  \ \  ,ヘ   〉i   o }   r/    ハ {  从{ .| |
 .―――‐\ \__f=='1――――‐.|ヾ=´イ‐┴‐{ .ヘァ' /―
        `ー―‐_ミi_,イ       `トー<   弋z彡.'
            / }ル ィ}          {   ヽ
              〈////u         uヘヘヘヘ〉
             ̄´            ` ̄´

   想像以上にお冠だが、それもまた彼女の可愛いところだ。
   ・・・同棲がバレたらさぞや冷やかされそうな見た目だが。

791 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:54:12 ID:tLyS73OU


    /ニYニヽ
    /(0)(0 ) ヽ
  /⌒`´⌒   \    マジすまなかったていう・・・
  |      (- 、 |
  ト-―――-` l  !
  ヽ `⌒´    / /、
   `コー   /,ノ:::ゝ、

    素直に謝っておくのが彼の甲斐性だった。

                                    ____
                                -‐       `  、
                             /                 \
                            /      ,             ヽ
                            /         ハ             ハ
                           /     |   /  .i ハ           ',
                          /     | .! {   ||!| | _ムzキAニL i  i
                          i!  !   l ハ ト、l /:;iルイ/ }ハハ |  |^ハ!
        ならいい。            iハ { ニキ「ニ=-v'/   オf 笊丐/!  ! リ.!
    さて、夕餉か風呂か───     ||,ヘ. ヽヾ{:::::::::::::::ハ   弋Zン |  |/ .|
                          {'  \ト,ヘ:::::::::::::::::}        |  |  |
                              |ヘハ:::::::::::::/ 、        ,!  !  |
                              | .圦ー‐'´  _, -‐'  /.!  !  l
                              |  | iゝ _    , <  |  |   l
                             ハ  ! |  <`_ー/  `ニ,!  |ー-⊥_

792 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:54:45 ID:tLyS73OU


                              , -‐  ̄ ̄  ‐- 、
                             /      、  ハ \
                            / /  ハ     l   l   ヽ
                           /イ/z、/ r=|=ミ l   l    ',
                          { ハ i/iハ Vィテミ l   l    i
                           |从!:::::} `.」ン〈.!   |⌒i   !
       それとも、わたし?         | | }-i'  ,,,,,  |   l ン  .l
                           |.圦 _     ハ   リ´  .∨
                           |  ハ  `   /  /   ∨
                           / / ハ __ /  /    ∨
                          / / /    l /  /!  ./  ′
                         / / ̄ ̄>´l/  / .! /  .′
                       /  / , ≠´ .‐/  /  V   l

           こういう誘いにどう反応すべきやら・・・

      /ニYニヽ
    / (・)(・)ヽ
   / ⌒`´⌒ \
  | ,-)    (-、.|     で・・・・・・・・・・っ!
  | l         l |
   \  ` ⌒´   /

         戦争知識と一般常識はあっても、
   男女関係の駆け引きが判るのは先のようだった。

793 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:56:05 ID:tLyS73OU


    数刻が経った夜。

     ‘       `  , .. .    +    ’‘     :: . ..
 .    .         ,   ,:‘.。 +   ,..
    ,              ’‘ +   ,.. . ..; ',   ,:‘
         . .; : ’   ' ,:‘.
  ,:‘.      +  ☆彡    ,..        ,.. . ..; ',   ,:‘
   ..             .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。        ,.. . ..; ',   ,:‘
   .     。  ,:‘. 。      ,.. .    .; ',   ,:  ‘
        ,     .. '            ,:‘.     , ;   `
:: . ..                                 .. ' ,:‘.
  ,   ,:‘.         ..;               ',   ,:‘  ’‘   ,
      + , .. .+    ’。              .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。
   ,:‘. 。 .. . .    :::  ' ,:‘.  , .. . +
         .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。

   でっていうは一足先に、暖かな寝床に入った。







     結婚式は、今月分の給金が入ってからだろう。
   寝床でそう考えながら、でっていうは馴れ初めを考えた。

          ,. "´: : : ヽ "´: ヽ
          /: : : : : : : : ハ: : : : : ハ
  _,,..-一=''"ノ: : : : : : : : : : }: : : : : : }
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: : : : : : }
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :/
: : : : : : : : : _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ ,/ r _= 、,:'
: : : : : : : : : : : ヽイ (.フ/)/ \(7 )
: : : : : : : : : : : : `¨ ¨´: : : : : : : ``''=ー- 、     出会いから告白まで・・・
       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
          : : : : : : : : : : : : : : : `丶、: : : :l
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l    俺って助けられっぱなしっていう・・・
            : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,ノ
             : : : : : : : : : : : : : : : /
            : : : : : : : : : : : : : _.ィ´
         `ー-------一 ' 、
                /   ヽ
 `丶、          /       |
     ` ‐ - 、. _   ノ        |

      あの街のはずれで衛兵に殺されるはずだった自分。
      そこに“人間らしい”生き方をくれたのは彼女だ。

794 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:57:20 ID:tLyS73OU


      開戦からかれこれ5年は続いた魔道戦争。
      その戦禍で、片目と姉妹を失ったというチンク。

      /                 \
      / /   /          \   \
     ! l   !  ,ィ ,イ !  ト、 ヽ  ヽ    \
      l   |_/// | ト、. | \ ト  、!  ハ , !
    |   !  _レニメ<__ !! ヽ !   }l ヽ_」_! | リ\!
    |  ヘ   F==ミ.| / },, =ニ二< ! !
    | 〈  i  l::::::::::::::::}    fセ フ ア/「,リ  !     ん、起きてたのか?
    |  ゝ i  l::::::::::/   マzク  /ソ !   ヽ
    |  r=ニi_  「 ̄   '      /'   ヽ   ヽ
    | l    ┐!  ‐ -   ∠ __.  \  ヽ
   , ム⊥ _.  | | ヽ    ィ´        「|  \ ヽ
/⌒ ー 、 ー-| |=\\t_iイ!、      | |ヽ、  \ ヽ


      /ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ
   /  ̄`´ ̄ \    なあチンク。
  | ,-)    (-、.|
  | l ____ l |    ・・・どうして俺だったんだっていう?
   \   `ー'´  /

      ここ数日のぼせ上がり頭がいっぱいだった彼は
    不意に“なぜ自分なのか”という恐るべき疑念に駆られた。

795 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:57:53 ID:tLyS73OU


     あるいは予期していたのか───
   でっていうの顔を見て、チンクはすぐに語る。

          _ ---  _
        , ´      ` .、
      ./ ./      `ヽ ヽ
      / /         ハ ハ
     .i / / ./ / i  i l .|ヘ ', .i
     .| l | ,! | ハ | | | | ! | i!    ・・・なあ、でっていう。
     ,| |'1ミト!、ハ|ハハ ハzrェキ ! ハ
    . ハ | トr::::::: ミ  rィテ示l l .l l    私が姉妹を失ったのはな、
    / l ヘlヘ:::::::::ノ   込.リ// .l ハ  戦火に巻き込まれたからじゃあないんだ。
   ./  l  l./ ̄´ i    /イ .l ハ
   /   ハ  |>.、  ‐‐ , ヘ.|  l   ハ
  /    ハ l  |≧-≦|  l ./   ヘ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         むしろ巻き込み蹂躙する側だったから───
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    /ニYニヽ
    /(0)(0 ) ヽ
  /⌒`´⌒   \    ・・・・・・
  |      (- 、 |
  ト-―――-` l  !
  ヽ `⌒´    / /、
   `コー   /,ノ:::ゝ、

      切実な響き――でっていうは黙して聞いた。
       寝物語には似つかわしくない昔語りを。

796 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:58:25 ID:tLyS73OU


                              ●

                              ●

                              ●

 ;

797 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 00:59:23 ID:tLyS73OU


                 ┏――――――――――――――――――――――――┓
                       もともと、私と姉妹たちは赤の他人だった。
                    血も家族としての繋がりもなく、ただ施設での適正と
                     戦闘部隊としての体裁を整えるために、そうなった。
                 ┗――――――――――――――――――――――――┛

    ___ ..-‐::´://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     `ー -、:_::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾー -、:::::.
   ャー ---‐´::::::/::::::::::::/:::::::;ィ:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::\__ i :::::\
    `  _:::::::::::/:::::::::::::::/イ//:/ /ィ:::/ヽ::::::::::::::::::::::::\l:::::::::::\
     __>::/:::::::::::::::7‐- __'´  //  ヽ::: ト::i、::i::::::::::::ヽ::::::::::::::\
      >:::/:::::::::::::::/≠ァ=ミ、ヾヽ'´     ∨ ` ヽl::::::::::::::i:::::::::::::::::::::`>
    <__l::::::::::::::/ ` /゚::::::::}ヾ    ―――- .」:::::::::::::::l:::::::ヤ ̄ ̄
      <__l:::::::::::::l  .込zン'         ア。=ミ、 l::`::::::::::l::::::::::::\      >、::`ヾ:::::::\|:L..-―ァ
    ´ ̄ ̄ .l::::::::::::l              l:::::::::/`>イ::::::::::::::l::::::::、ー―` _..ィ:´::::::::::::::::::::::_::::::::::≦..、_
 /: : : : : : : : :|:::::::::::l、              `ーマ. /} l:::::::::::::/ 、__ム   ̄>:::::::::::::::::::::::::::\_ヽ::::::::::::<´_
/: : : : : : : : : : : l:::::::::::l:ヘ _        '      /≦l:::::::::::ム ̄`   _...ィ´:::__::::::::::::::::::::::\::::\}::::::::::::ヾ、´
: : : : : : : : : : : : :l:::::::::|:{ {\'    ‐_ 、     // /::::::::::/\      ̄≧::{/:::::::::ト、::ト、>‐≧、::\:::::::::トー`ヽ
: : : : : : : : : : :/ l:::::::|::::ヾヽ\     _ ム '  /./::::::::::/: : : ヽ   _..ィ´___////,ム ヾ,.ィ≦i´  l::7ヾ::::::\
: : : : : : : _ < / ヽ::::l::::::::\ i.`ー,= イ    /{/::::::/: : : : : :    ̄ ̄ /イ/< r ャ    V斗  リ´.,リ::::{ヽ ゝ
: : _ イ ´  ヽ }  lヽ:l'`ー- _ =' '::´:/  ィ { ./:::/: : : : : : : : :|     //lハハ.マム,       r="::{`ヾ
                                       ./'   |圦   , -  r:、/:|::::从
                                             ゝゥ    ..イ:::r ニニニ!
                                              __>‐zr´rzzz|:|  」
                                             |「   .ノi凵|:::::ノノ /  ̄ >‐、
                                             ケ=イ_ニ-.|[___  ./  .ヘ

                 ┏――――――――――――――――――――――――┓
                      戦災孤児、中でも少女と呼べるものを集め
                     諸々の教育と対ホムンクルス能力を植え付け
                      敵味方の危険なホムンクルスを狩らせる・・・
                   女子供の容姿は、ホムンクルスへの牽制だったようだ。
                 ┗――――――――――――――――――――――――┛

798 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:00:11 ID:tLyS73OU


   /::;ィ:::::/::::::::l::::::::::l l|!/|´ .|:::::::::::::::l:::::l、ヽ::::::::::::::::::::::::l .   |  l:i:ii|   / 〃 / :/:l |: : : |:|ヽ: ',::l:::::l::::l:::::l.、 \
   // /:::::l::::::::::::l::::::::l  >ヘ_」ャ l:::::::::::::::l:::::l } l::::::::::::::::::::::l  .   |  ヽ/|    |i// / :/l ハ|: : : |:|ハ:::l::l:::::l::::l:::::|Vi
  l/ l:::::/|:::::/::::::l:::::::|_/ィjム/ l::::::::::::::l::::::l  /::::::::::::::::::::::l     l: : : : :|: : : .:|i:イ ムイ-jイノ|:l :::ハ|',.z',:l::l:::::l:::::l::::| |i
  {  l::::/ l:::::l::::::::ヘ:::::|  ´   /:::/::::::/::::::レi:::::::::::::::::::::::::l     l : l : :|:.:.:.:.:.|rjイfテ弌` |:l::/,イitj7 l::l:::::l::l::l::::l. ||
    l:/ l::::i|::::/:::::ヽ:|    //::;イイ:::::::l l::::::、:::::::::::::::: {  .   V/: rハ :.:::::|  込zン   l〃  Vリ./l::l:::::l::l::l:::l ||
    l{  l:::l|:::|:::::/`   /; '´/' l:::::::l  l{\{\::::::::l:::ヽ     / : ハ「ヽ:::::|     /      _l::l:::::l::l::l::/ リ
       l::l v!:::::`ー、  _  ̄ ヘ l:::::::l   -_ニニ\:::ト{\l.   /.::/::ハミヽ::l         _ ′〈/:/:::/::j:ル'
        l{  l::::::::| `i_ー’   \ >レ-‐´=― 、:.:.:.:.\{l  .  ノイ:::/|:::::/Tiヽlヽ/^>   ´ -  /l:/l::/:ルソ
          ヘ::::|  ヽ    /: : : : : : : : : : : : ヾ 、.:.:.l     ル'/|::/::jノ|\l 三≧z.. 、__,.ィ': : :/ l:// : :ヽ
           ヘ|   ヽ__/: : : : : : : : : : : : : : : ヽ `、ヘ     イ/|/ ,.、┤:::::` ー‐ i;;;;i|、:::l 、______,ノ
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ホムンクルス専門の女性猟兵部隊「赤の牝鹿」は、連盟都市の精鋭扱い。
          真っ当な感覚なら狂っていると思うだろうが、当時はそれが正しかった。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        l   |_/// | ト、. | \ ト  、!  ハ , !
                      |   !  _レニメ<__ !! ヽ !   }l ヽ_」_! | リ\!
                      |  ヘ   F==ミ.| / },, =ニ二< ! !
                      | 〈  i  l::::::::::::::::}    fセ フ ア/「,リ  !
                      |  ゝ i  l::::::::::/   マzク  /ソ !   ヽ
                      |  r=ニi_  「 ̄   '      /'   ヽ   ヽ
                      | l    ┐!  ‐ -   ∠ __.  \  ヽ
                     , ム⊥ _.  | | ヽ    ィ´        「|  \ ヽ
                  /⌒ ー 、 ー-| |=\\t_iイ!、      | |ヽ、  \ ヽ

799 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:00:44 ID:tLyS73OU


───────────────────────
   捨てられないために、生きのこるために、    ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
    確実な黒から明らかな白まで殺して、     ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
  ・・・たくさんの姉妹が死んだ。そして補充された。 ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
───────────────────────                     .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..        ───────────────────────
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           正しくないことはわかっていて、
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .それでも自分を姉と慕う年下を護るため
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:   ・・・・・・・・・無感動な機械に徹したよ。
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄              ───────────────────────
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
──────────────────────┐                         ー====-
     戦争が憎かったはずなのに、         ...│       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
     自分もその歯車になっていた。        ..│、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
   わかっていても、私は逃げられなかった。    ...│ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
──────────────────────┘`,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄

800 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:01:48 ID:tLyS73OU

                                            /./ .//  ./ l ハ l       ',
                                            / l  //l ,イl .l / l i |   |  l  .!
                                           / .l  lzl=/」_Ⅶ l | |  /l l.l ハ. |
                                           / l  Nr―::-.、l'/|ル'「=メトムイ  } !
                                          /  |  |{::::::::::::::::}   ァ=ミミ`l.  / .l
                                          /  l  |ヘ:::::::::::ノ   {:::::::リ/'.  /  |
                                         /   .l .|ヘ'`¨¨´ '   `¨´,/  /  .!
            ─────無垢な少女だった自分。      ./  __/| |込、   、,    ,イイ ./   |
                                        / r「´ <__l | /:i\     イ /' /l    l
                                       ./ / {   ヘ ト、l::::|`ヾ ーr´´/l / /i|\   !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ,ィ  ̄ ̄ヾ、
                          /  i     ハ`ヽ
                          ハ   |>、iヽル'=ヽ_>
                          { ∨ ∧_ノ  旬> .∧        ────殺しを肯定する自分。
                          ハ ∨ ∧    ' /  ∧、
                          i⊥_∨.∧  ̄`,イ ヾ. ∧\
                         f   ∨∧`7 ,!\ ヽヽ ∧ \
                        r ┴- 、/∨∧{∨|   \ヽヽ∧ \
                        |      |\∧  `ヽ  ヾ ∨!  ヾ=-'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /     \  ヽ ヘ         ヽ
       /     ト、 ><≧ハ ヘ       ハ
       /   i i ト、 ト.ム´\ニl !  ト、    ハ
       {  | | ト{ .X{ r仟::ム´Ⅵ   l }    ハ     ────妹たちを可愛がる自分。
       ヘ l lキ≠、. " 弋以 l   レ'     ハ
       ヘ ト、{::::::ハ     /   lr ニニニュ ハ
        Ⅵ ゞ、:,イ_    ./   .ll:::|      〉ハ
         /   ゝ、 _ `’ /   ./|::l    __/_ヘヽ、
        ./    ///`¨/   / |:|, - ´    ヽ  `ヽ、
      ./   ./ 〈::〈  /    //'         ハ     \

801 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:02:31 ID:tLyS73OU


        ・・・・・・・・不釣り合いに頑張った末路は、自分以外の全員が死んだ結果だ。
            猟兵部隊「赤の牝鹿」は敵方に待ち伏せされ、悉く殺された。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        >、::`ヾ:::::::\|:L..-―ァ                   ´ ̄ ̄  、
     _..ィ:´::::::::::::::::::::::_::::::::::≦..、_              , ∠ ---  、     ヽ
     ̄>:::::::::::::::::::::::::::\_ヽ::::::::::::<´_            ∧,――― 、 `ヽ
  _...ィ´:::__::::::::::::::::::::::\::::\}::::::::::::ヾ、´            レ        `ヽ{`ヽ. |
   ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ           { イ /!,イ/!,ィ.ト i   i  ト、 } |
  _..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:{ヽ ゝ       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ゝゥ    ..イ:::r ニニニ!           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          __>‐zr´rzzz|:|  」            -‐∧ |´iF ==ヲ/ |/\, - 、l
         |「   .ノi凵|:::::ノノ /  ̄ >‐、      /  {::::::ヘ.レ^ー―‐< /__/    `ヽ、
         ケ=イ_ニ-.|[___  ./  .ヘ    /    !::::::::::弋__ ,...-' ̄::::{
        / ,.,イ〈 Ⅷ ,...イ ̄¨7/ ./    ハ   l    / `ー、:::::::::::::::: -‐<ヽ、      !
       ∧/' /::::`::´::::::|  // ./     !、  ヽー´/     V´ ̄     ヽ ー- 、.  }
      ./ .|i /`ヽ_ _ -‐'l //  /       〉  ムイ´{              ト |::\  ー |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
,,,,_________
               ⌒ヽ、    ノ⌒`''''-- ,,_
                   ヽ (⌒  ノ       \                  __,,--
                     `-へ,,,,,____     \"''ヽ ___,,----''"" ̄
      ┃         };;;{            ̄''''''------ 、
  __ ,, ----─ '''  ̄ ̄ \ /⌒,! /⌒,)  };;;{  \ ___ \     };;;{
 ̄                 Y   ノ /  / /"`ヽ   _ .\  \   i
                  ∟___Y   /./  /};;;{ \\ \ λ !            ┃
                     /  .//  :/./゙`)  \.l  |  `┘  };;;{    __,---
                     '--::`!   // ./ \ `! /  _,,---''" ̄
                         ヽ-.// ./ 〉  〉 〉" /
                             ヽ-/ /  / /

802 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:03:04 ID:tLyS73OU


                               ・ ・
          私はそのとき・・・悲しくて、怖くて、安堵してしまった。
         ・・・もう姉妹のためと殺さずに済む、懊悩も止まると・・・

             /                      \
           /                       ヽ
          ., '                         ヽ
         / /                      ヽ     ',
         .l // /     / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ',
         .//  l   ./  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ',
         l l  l  / l  l l | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  i       l
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    .!
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  !     !
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  .|     !
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  .|    l
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  .l    l
       ./    ヘ{ ハ::::::::::::::/   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l
       /     ,ヘ .ト、:::::::/ , :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ./     / 圦 `¨     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,
     /     /    >   ` ´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /     /   /   _.>:.... _ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /
  /    ./   /___,./‐、::::::::::::::|     ,/    /、.   /
 /     /  /:::::::::::::/::::::|::::::::::/ノ    r'/    ./l:::`::.、/
.
        まあこんな貧相な身体のお陰か、乱暴もされない。
       代わりにむごい死に方をしろと、そういう運びになった。

803 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:04:18 ID:tLyS73OU


i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ       .┌――――――――――――────
|   、     .,へ             ヽ   │      処刑の秒読み前
    t     Υ  \     \        .│      青空が綺麗で
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝ.│   自分がそう思えることが
.|     \   l   l  \       \  l  │      奇跡だと思った。
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ.└――――――――――──────
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !

804 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:04:51 ID:tLyS73OU


            よくわからない気持ちで涙が出て、でも死ぬとわかっていた。
                ─────やるせなかったそのとき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         /ヽYノヽ
                        /(0)(0 ) ヽ
                       /⌒`´⌒   \
         ,               |      (- 、 |  処刑されるのはお前らだっていう・・・!
         |\             ト-―――-` l  !
         \ \           ヽ `⌒´    / /、
          \ \            コー   /,ノ:::ゝ、" ̄¨`<
            \ \         /{ 下彡 //{{    : :: : }
             \ \        { `r ‐=  / : 从  : :: :_ノ{
               \ \      人 {`¨¨´  : : {{`==彡"ヘ
                \ \    /7トx、_   : :: : `}      j}
                  \ \  ,〃/ リⅩ又kァzx、_,「}/∨∨`「
                   \/`テ /人 ̄`7云==彳|     h__,
                    人_,{彡゙  `¬{ {  : :: :ト{__..彡仁イ
                      L.__    八‘、 : :: :{    j仁イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 当時、最精鋭のホムンクルス連隊の兵・・・そう、お前だ。
             味方の陣営だったお前率いる兵たちが、連中を追い払ってしまった。

805 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:05:42 ID:tLyS73OU


=========================================
  /           ヽ  ヽ  l ヾ、 ヽ     ヽ   ヽ
  /          l ヽ ヽ  ヽ、 ト ヽヽヽ    ヽ    l //
 /        l  l  l  ヽ ヽ ヽヽ lヽ l ヾ, 7_  l__  / ./
 l        l  l l   ヽ ヽ ヽヽ l ヽ} / >‐ ´   l ,>´  /
 l    l   l  ト  ト l   ヽ }ヽl } l  X / l     l   .l
 l   .l   l  l ヽ lヽ l   }/ リ リ//, -―_z    l  l    どうして助けた・・・
  ヽ   l   l  l ヽ l ヽ\  | 、__'//// ̄ l     l
   ヽ  ヽ  ト、 ャ=ヽ「ニニ=、‐-'   ̄ Z/     l     l     私には、もう理由がないのに!!
    ヽ   lヽ  l X7´\   \          l     l
     \ l ヽ l {        〉         l     l
      ヽl  \ヽヽ      /   、       |     l
        l   \ヽー--‐ ´      -,    |     l  ,ヘ
        l    `l >、       `      /|     |/ l
         l     V /´` ー-   __  /,イ    |'´ | l
         l     K           ヽ イ/|    l  l l


                    , ―、 ,─ 、
                   / ─ Y ─ ヽ
                    / γ∩Υ∩ヽ ヽ       ・・・お前、嘘ついてるって言う。
               /  ヽ∪人∪ノ  ヽ
             /  ´ ̄` ´ ̄`   \    生まれちまったら、人間もホムンクルスも、
             /  、          ,    \
             |   ―}         {─    |   ───“生きたい”って身体が言う。
             |   ′ ′           `  ヽ  |   どんなクソのどん底でも、それだけは本当だっていう・・・
             |  |   \ ______ ノ   |  |
           \       ` ´ ̄`  ′    /
             \                /
                /               \
=========================================

806 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:07:00 ID:tLyS73OU











━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              だから  お前は  “ 生きなきゃ ” いけねぇんだっていう・・・!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







  ;

807 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:07:57 ID:tLyS73OU
─────────────○───────────────
                  O
                 o

            /ノYヽヽ
           /(0)(0):::ヽ
          ./ ⌒`´⌒ ::\  ・・・昔のオレ、イケメンすぎっていう・・・
          | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
          |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
          \ `ニニ´ ::::/
          /`ー---―´\



      /                    \
     /                    ハ
     / /        / ハ   、   ヽ  ',
    .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
    .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |
    .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  !
    .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  !
    .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l     その言葉に救われ、
    .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l   除隊後は竜馬の奴と旅をした。
    .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l
    .l   !    !     __ _    ./ l  l    ・・・あの道端で再び出会うまで、
    .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  l       胸の奥にしまっていた。
    /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ!   |
   .//   >l  ∧i|== i r_'1_    !  |
  // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl   !、

808 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:08:30 ID:tLyS73OU


    /ニYニヽ
    /(0)(0 ) ヽ
  /⌒`´⌒   \
  |      (- 、 |    ・・・・・・・・
  ト-―――-` l  !
  ヽ `⌒´    / /、
   `コー   /,ノ:::ゝ、


   /              ` 、
. /  /              \
/   ./    /            \
.   /   ./               ヽ
   ′  /   /  /      ハ     ',
  |    l  ,イ  /     |   !  ハ   l
  |    z!-/./_.,イ__, .,イ /|   ! |  !    |
  |   Tア7 7 ̄´/ l /.`トミ,イ、!  |   !
  |    l三三/,r≦ハ. //   !/`ト「ゝ/  |i! |
  |   .l三三三三:リ./'  ァテ丐ミ、// /ル'
  |   lゞ、三三>'   .込ン /'イイル'    ・・・あのとき死んでいたのは私で、
  !   ! """     、 ,,.,,.,, /   l         生かしたのはお前だ。
  l   |\           /   !
  l   |_ \    ̄ `   .イ    l      でっていう、お前が一人でありたいなら私は不要だろう。
 __」  .ト、`ー`-ー―<´|!|/l    l          ・・・・・・・・・でも。
7,/∧  ハ::\rュ,イ´¨ヽィァi:ヾ..、|   l
,///∧  ハ:::::\ ゝ―〈∨l::::ヽ:!   |_

809 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:09:51 ID:tLyS73OU

                                    /            ヽ    ヽ.  ヽ
                                   /       ヽ   ヽ   ',      ',   ヽ
                                  / /         |  | ト, -z_ l     l
                                 ./ /   / ハ. .ト、   ト、zキTヾ ̄`|     l
                                 i .!   ! .! ∨| 〉, イ z≦三三ミ |     |
                                 | |  |zF=ト.!/ \i/イT ヽ  |/`|     ト、
                                 | {  i .レ:⌒ヽゝ    r'  .}   |     |リ
                                 | !.ヘ .ヘ|::::::::::::|       Vン   .|     !'
                                 {ハ ヘ. ハ:::::::::リ     ////   !    .|
                                  \从ハゝ‐' 、            |    .!
                                   |   .ハ//            u ,.!    |
   “ わたし ” はな、お前がホムンクルスだとか、  .|    圦    -‐ '^   / |    !
     お世辞にも綺麗とは言えない見かけだとか、  ...|    |  ゝ _      _/  |     ! _
     そういうのをひっくるめて全部お前が好きだ。  ..|    |  |   「 T 爪      !    「 ※トヽ
                                   .|    |  |  _⊥,r/´i     !    |※r' `
                                  . |    |  | ,./※ン       |    レ'´
=========================================
              -―-― 、
            ´     、  \
         .//  ト、.ヾ. ヽ.  l i ヽ
        / .l .l l ,ヘ」>=i=}ゞl  ',
        .{ l r_ハ_ト/ rィテミァ  ト、  ',      でっていう、私の・・・チンクの、道しるべとして──
        l l"ヘ「::::ハ.  弋_ン/  lン'i   ト
        .l l  .l::::_ノ  _, /  イ  l  | ヘ     お前の命のすべてを、私とともに居てくれないか?
         l l  込 ._ `´ /  /⊥ l  ト、 \
         ハl  | トr‐≧/  /:::_:ヽ  !. \ \
       .// ,|   !/.|:::|::/  /"´:::::::`ヾ、ト、 ヽ. \
      ./,/ / !  l'´ノ::;l/ ./::::::::::::::::::::::/ヽヽ  \ \
     ./// / i|  l::i´// /ヽ;:::::::::::::::::://:\ヽ  ヾ.  \
     〃/ .ハ/i,l .l::|/,.{ {'/':::::::::::::/.'::::::::::::::ヾー-ヾ   ヽ
   . 〃 l .K:/':| !::li l:l .|::::::::::::::/'´::::::::::::::::::::::::::/アヽ.  ',
   .〃 .l l.ヾヽ:l /:::i| |'l |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;/ヽヽヽ  l
   .ll  l l/ヽ.l,ヘ__」 l_ヘ !_____:::-‐ ´_...:´:::::::/ } Y. |
   .ll  K´:::::::::::マー-! l、_ヘ{___.......<ア::::::::::::::::::/! l.  ! !
   .|  ヘl::::::::::/ヽ|:| ヾヽ::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/ l l  l l

810 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:10:35 ID:tLyS73OU

      / Y ヽ
     /::.   ヽ
    /:::::::::..   \      ・・・・・・・チンク。
   |:::::::::::::::::.    |
   |::::::::::::::::::    |
    \::::::::::::    /

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z____________________
       /    !       ヽ.  |   i
       .l    | | ./ ハ  ト  ト.  !   l
       .l    | | ハ {/ハ 「ヾ 「トゞ!   .!
       .|    ! レ:::ヘ.{' ,リ,r=ミ, l   .i!
       .|     |ト、{:::::::::〉  辷zリ}イ   .!l   ああ。
       i!     トゝ:::::::ン .    l l    l .l
       l !    圦`¨´ 、_ _,  ,イ1    l l
      .! .l   .!  >..    ,.イ `.|    ! ハ
      l  !.   |/   }`iニi´ニ!   !   l、 .ヘ
      .ハ .ハ   |__   /`ヽ_/ h   !   .|zヾュヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z____________________

                 ,ヽ   、 , /、       十 | |
                 /  \ Y / ヽ      丁  ノ ツ
                   /  γ∩Υ_ヽヽ                     ハナ
               /   ヽ∪人 ̄ノ  ヽ      お前を────絶対に許さないっていう(感動的に)
              /     ´ ̄` ´ ̄`    \
             /    、         ,   \
             |     ―}         {─   |      女にそこまで言わせて断るのはねぇっていうwwww
             |     ′ ′           `  ヽ |         かくなるうえは十月十日後覚悟しろっていうwwww
             |    |   \ ______ ノ   | |
           \         ` ´ ̄`  ′   /
             \                  /
                /               \

811 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:11:42 ID:tLyS73OU

                     ̄ ̄ ̄`
               /           ` 、
              / /          \   ヽ
              ′/ / / / ,ィ      ヽ   ',
             i /-メ、/ / / | | |     }    i
             | iイ |i从ミハ/ .l .| ! | |    '   |
             | | .|:::::::::} 十ェ‐ト ! |   ′   !
             | Ⅳー ´  下ミxl`ト  /    !   ふふ、閨は優しくせねば鬼畜変態になり果てるぞ?
             |.圦 、    ゞ少ム′ ./       |
             | .iヘ `ー     /  /     ∧
             | .|¨ゝ.___ ィ/  /}       ヘ
             / / 7トー――‐.|/  //       ヽ ヽ
            / / 〃~ヾi.:.:.:.://  /ー'、     | { ヾ.、\
          r/ / / ゝ= ".:/ヾ/  /   \   {  ヽ .ヽ\ \
         / {  i /.://.:.:.:/ //  /   /ヽ  ヽ  ヽ ヽ \ \
        ./《 | | .l'`'∠-‐//´ .′./  /   >、  ヽ  ヽ ヽ  \ \
       / {ヾiル'.i 「 ̄.:/"   | / /    //ヽ  ハ  ヽ ヽ   \ ヽ
       {  } ヾ'.:.| |.:.:./    | /   _//  ∧  ト,  ヾ ヽ    ヽ.i
        ゝ{! /.:.:.| |.:.:i       !'_.ィ≠ァ<´     ∧ | i  ハヽ ',     }!

                          ┏――――――――――――――――――――――――┓

                             ────本当に幸福な ホムンクルスと一人の話。

                          ┗――――――――――――――――――――――――┛

            /ニYニヽ
           /( ゚ )( ゚ )⊂)
        ./::::⌒`´⌒::::⊂)     見た目の時点でオレ変態扱いされてるって言うwwwwwww
      ./| ,-)___(-⊂)
    ./  | l   |-┬-|  l |
   /    \   `ー'´   /
  (              \


                     【   糸冬   】


   ;

812 名前: ◆XTizUZT1Sw[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:12:50 ID:tLyS73OU

了です。

チンク姉職人殿に自スレでお世話になりっぱなし故、
50レス祭りの時だそうとして無理だったものを再構築したブツでやす。

うざくないうえに単純にイケメンというのは「でっていう」として間違ってる気も・・・
まあチンク姉はシリアスかわいいという話ですのであしからず。
作り荒いのはいろいろ試した結果です、申し訳ない。

黒い過去とかそういうのって、書いてると菩薩のように優しい顔になれますよね。
長編だったらこの辺の調理を真っ黒にしたいところですが、げへへ・・・

石馬戒厳もAA増えたら超ヒロインな話を書くんだ、オレ・・・



813 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:14:48 ID:ssSPj8h2

新ジャンル:ウザイケメン





814 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 01:14:55 ID:m3hj0yiE

乙です
甘い…なんちゅーか、しっかりしたお話なんだけどちょっと砂糖吐きたくなったぞw



815 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 02:11:50 ID:lJzloixc


やっぱうぜえwww



816 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 03:06:36 ID:czp8y2XA

乙様です。
チンクかわえぇ。



関連記事
| 12:00 |コメント(4)
カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 SF・ファンタジー系(2010) やる夫短編作品 2010

|

<< やる夫で学ぶ!正しい男性機能の破壊の仕方 | HOME | やる夫と軍人さんシリーズ 【キングサイズ】 >>

■御感想or寝言

14415 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/04(土) 19:09:09 ID:-

でっていうモゲロ


14423 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/04(土) 21:33:24 ID:-

でっていうのウザかっこよさは異常。


14452 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/05(日) 15:31:12 ID:-

このでっていうなら、チンク姉を任せてもいい!


14819 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/23(木) 13:07:55 ID:-

貴重なチンク姉ヒロインスレだというのに


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ