やる夫短編集 FC2阿修羅編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 年末年始 三大やる夫短編祭 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2010/09/13(月) できる夫でよく分かる人面桃花


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.51 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所40                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282913904/
やらない夫短編投下所19                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その6           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド7                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その2    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/


772 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:10:11 ID:mn2moU9Q [1/36]

こんばんは
33レス使わせていただきます。



773 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:10:41 ID:mn2moU9Q

              ┌──────────────┐
              │できる夫でよく分かる人面桃花 . │
              └──────────────┘

                                 ぐ/      ' 、、_ノ    \\  〈::::::::;;;::::\ (_ '、ノ
         ____                   〈 ,'     ヽ、ー'        \\./::::::「フ,ヽ::::V ヌ  フ ,
       /      \               , -‐/,l   >'=≠k', ヽ,        \|:::::::::\_,ノ;r=tュメ、"'
      / ⌒  ⌒   \           / .//,| /ィ::::::::::::::Y            ノ\:::::::::::ンイニjヘ, 「t^
    /  (ー) (●) /^ヽ          イ /,イ.  | ' {弋;;;;と_, !           、  `ヽ  ̄ユ´{ くfェjイツ_
    | // __´___ ( /   〉|        ,‐〉( ,イーヽ/  弋   _ソ          ー--く.   ハ ゞてツ_ヌ:::::\
     \   `ー'´  〈 / ⌒^ヽ     , '"k'  、 ̄ ソ,      ̄        ,>チ≠kx,, 〉 |::/ ̄フ=i`フ:::ト;::
  ―――――――― \ _ _ _ )  . /: :<i´\  ̄  i  ""          ´ゝ:::::::::::::心く__,/::ト-ヽ_|::| .|::::| ):
                      /: : :<i   ー/  l,        '       i 弋:::く゛ヽ l. く|::// .|::|^|:::::し'/
                      : : : : : <ト   i  _i^ 、   へ       弋  `´> ノ  ノ::|^ヽシ|::トハー-'
                      : : : : : : <メヽ /| /;t=\.    `゛-、    ,,,,, `""´   .イ:::::|)  .|/
            原作:本事詩「人面桃花」、出演:できる夫、金糸雀他

774 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:11:21 ID:mn2moU9Q [3/36]

───────────────────────────────

          唐代中国の博陵に崔護という人物がいた。

───────────────────────────────
                     ____
                   /      \
                  / ─    ─ \
                /   (●)  (●)  \
                |       __´ _     |
                \       ̄     ,/
          r、     r、/          ヘ
          ヽヾ 三 |:l1             ヽ
           \>ヽ/ |` }            | |
            ヘ lノ `'ソ             | |
             /´  /             |. |
             \. ィ                |  |
                 |                |  |
            ┌────────────┐
            │  崔護(できる夫:2ch)   . │
            └────────────┘

775 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:12:14 ID:mn2moU9Q

─――――──────────────────────────

    容姿がとても美しかったが、孤独で気の合う者は少なかった。

───────────────────────────────
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ | <キラッ☆
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l        おかーさ(ry>
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /         見ちゃだめよ>
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´


アクセスカウンター
テレクラライブチャットミントCzokuzokuメル友



776 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:12:52 ID:mn2moU9Q [5/36]

───────────────────────────────

     官吏(※)登用試験の受験資格を手に入れ、試験を受けたが

───────────────────────────────
                              ※偉い役人のようなもの





        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_)   |   受験資格さえ手に入ればこちらのものです。
     \  、__',_,    __,/
     /         \




                                     ____
                                    / \  /  \
  前日まではおろか、                     ./( _) ( ●)  \
   当日すら無勉強で受けてやりました。         /   、_',__,     | <チラッ
                              ドレドレ |           .|
   そして今日は合格発表日です。            \         /

777 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:13:32 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

            落ちた。(面接的な意味で。)

───────────────────────────────




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




                    _,,..,,,,_
                   / ,' 3  `ヽーっ
    八つ当たり中(1か月).  l   ⊃ ⌒_つ        <なぜ僕が落ちるんだぁぁぁぁ
                   `'ー---‐'''''"
                                    <ゴシャァァァバキッグチャ




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

778 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:14:07 ID:mn2moU9Q [7/36]

───────────────────────────────

    一ヶ月後、崔護は気分転換に街の南に出かけることにした。

───────────────────────────────





} ヾ ゙' {!li;:, ,, -" , " i__|_|_|_|
ゞァ''ゥ゙_,,..-" ,, - " - |_|__|⊥|___ や 街  そ
ヘ , -''_ , エ","┴    .|__|_|_|_|_  っ    ん
 i_,7i= |E エ ┴    |_|__|⊥|___ て  の な
  E||=E|E エ ┴ [fj] .|__|_|_|_|_ 来     .わ       ____
  E||=E|[8]ェ ┴ _ |_|__|⊥|___ た 南  け      /     \
  E||=E|E エ ニ.._ |__|_|_|_|_ の    で     / ⌒   ⌒::::\ 南の方は花が満開ですね……
-,-='.'┷|E エ ニ.._ |_|__|⊥|___ だ  に      /   (●)}ili{(●)::::::\
ーニ_゙、゙ー.┷エ ニ.._ |__|_|_|_|_      .   |       __´___   :::::::|
ニニニ゙、゙、 _ ゙ 、 ━ |_|__|⊥|__          \      `ー'´  ...:::::/
ニニニニー、゙ 、 \ ー-----|_|_|_





 .

779 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:14:36 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

   しばらく歩くと草木が生い茂ったもの寂しい様子の屋敷を見つけた。

───────────────────────────────





::;;;::;;ゞ:;:;;ヾ;:::ゞ;;::ゞ:;ゞ,',;:ゞヾゞ;ゞ
;ゞ::://;;;;;::::ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞ;ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞゞ
::;;;;;;;:ゞヾ::ゞ;;:::ヾ;ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞ:;ゞ
::;ゞヾ;;::;//;;;;;;:ゞヾ;ゞゞ
;;:i; l;;//:ゞ;ゞ;:ヾ;ゞゞ
;|;:..|:/::ゞ
ii;;:../       /\                    /\
i::./.      / ロ ロ \=======寂===========皿 / ロ ロ \
:/     /ⅢⅢⅢⅢ\        合        /       \
    / ========= \_________/          \
     | |目 目 目| | [田]   [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |目 目 目| | .(;;.).  [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |   ____    . ⅢⅢⅢⅢⅢⅢ|              |
  (;;:::;;    /     \ ;;::;) l''"^"''l l''"^"''l|.   [田] [田]  .|
:::;;;:;:::::):  /        \ ...|;;;;;;;;;;;| |;;;;;;(;::;;:;;;(;;:;;:(;;::;;:;;:)田](;;;:;:;;;:::;;::
;;;:;::):;;;:;: /           \. ;;;;;;;;;| |;;(;;::;;:;:(;:::;;:;;;:;(;;::(;;;:::;;(:;:;;;:;:;:::;;;;;
     |              |
     \              /すごく……大きいですね……



.

780 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:15:06 ID:mn2moU9Q [9/36]

───────────────────────────────

            喉が渇いてきた崔護は水をもらおうと
             門を叩き、人が出てくるのを待った。

───────────────────────────────





            (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
            //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
           //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
           //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二
_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_
_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ
/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽ
=○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===
         |   |││││││││││││││││|| カ ||
         |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴. , -- .、┴┴|| ナ ||
         |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬ /     ヽ┬┬|| リ.||
.______|   |││││││││││.ゝ     ノ││|| ア ||__
./\/\/\|   |││││││││││.(Y    .|)││||  .||\/
.\/\/\/|   |││││││││││ {ソ    |〉││| ̄ ̄|/\
'.''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""し   J""""" ̄ ̄'''''''''"
                                          ____
                                         /     \
                                       /  \   /\
                                      /   (●)  (●) \
                   ここは常識的に行きましょう  |         ´     |
                                      \       ⌒    /
                                    / ̄ ̄ヽ           \
                      ドンドンバキッ>. (( (「    `rノ          \
                                    ヽ   ノ              \
                                     |   |             「\   \

781 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:15:35 ID:mn2moU9Q [10/36]

───────────────────────────────

         しばらくすると門が開き、隙間から少女が
            こちらの様子をうかがうように見ていた。

───────────────────────────────
        |      _            ,.. ...
        |   _.. -| ヽ ̄ ¨`ヽ.     r  ,. -- 、ヽ
        | ,.'´   │  .ト    \   ' 「     ヾヽ
        |    イヽ,. |   r_ォ=、_、 l i  ( )   l }
        |   , '   i  ゝr_7  __ゝ-^'、ァ      'ノ
        | /     ゝ  {_j __ハ>ryj  ,| }ヽ - ‐' ´
        |´ ´ ̄ `     \ ヽ::_ィ ゞラ;:くリ7
        | ,.-= 、ヽ    -- 、 j_\  ,.>:ノ
       │トt_rハ    ‐   \ノ_Y_r'´
        | ` -'      ィ_´`ヾ   |  /
        |/ l ヽ  ,   弋tフハ r= v'  (常識的なノックで扉を壊さないでほしいかしら)
        |       / l ヽ  ハ /          どちら様?
        | >、   ゚    __ _∠-イ
        |─_`r -、-‐くゝ__`,ノ
        | イ:/ T:::\: : :.ゝ==く
        |/::/ ゚:.|ヘ-┘f_ ̄`ヽノ ヽ.
        |::/。:..:|!: : :/ _フ、.ノ   l
        |: :。: : : ゝ=二=-‐'′   |
     ┌─────────────────────┐
     │  屋敷に住む少女(金糸雀:ローゼンメイデン)   l
     └─────────────────────┘

782 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:16:07 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

  崔護は自分の名を伝え、喉が渇いたので水が欲しい旨を伝えた。

───────────────────────────────


                                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                    /             \
                                   /       " ̄ ̄`    \
        どうも、みんなのアイドルできr…ではなく  l  '´ ̄`   ( ー );;:::    ヽ
            崔護という者ですが、   .        l ;::(● )    "''"´       l
           水を一杯頂けないでしょうか。     |  ´"',                |
                                  l    ヽ              i
                                  \   、__,__,         丿
                                    \             /



     |、   (⌒×⌒)
     | `二¨ヽ〈 八 〉 |
     |   _ ` トイ'、l
     |  ィこ:Y_| Vハ/   (台本通りやって欲しいかしら)
     |   {しリ`イ ソ    崔護さんね……わかったかしら
     | ̄ }   ,、.ノイヽ      ちょっとだけ待ってほしいかしら
     |ー_'_ イヽ Lヽソ
     |lヽ⊥〉  ハ {ソ
     |ー|┘    V´
    r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ
   └j  !\-くノ:ト、〉}
    {_ ノ|    |」l_!イ
     |:::::j      人
     |_:ムzェ--'´   \
     |   └ヒュ、_    }
     | l   l └'冖=ュォ’
     | l    l  l 丿
     | ヽ   l  l イ
     | 、 ヽ   ノ ネ、

783 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:16:35 ID:mn2moU9Q [12/36]

───────────────────────────────

         少女は門の中に戻り、水をくみに行く間
              崔護を門の中に入れ、
          庭の桃の木の近くの椅子に座らせた。

───────────────────────────────

""" "ヾ *;ヾ *;" ;";ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;  ;"ヾ    ;ヾ; " ;;ヾ 〃";ヾ ;ヾ" ;ヾ ;ヾ  ";;ヾ ;ヾ
" *"" "ヾ* ;ヾ ;ヾ;" ;;" ;"ヾ __ ;;"   ";ヾ* ;ヾ  ;"ヾ *; ;ヾ ;ヾ"  ; / "; ;ヾ ; ;ヾ ;"
" ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ* ;" ";ヾ ;"  ;ヾ ;ヾ * 〃 ";ヾヾ ;ヾ "  " *; ; *; ;ヾ ;ヾ";
"ヾ " * *   ;;"ヾ;"〃*  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ*;ヾ  ;" ;
";ヾ* ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  "* ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ *//*  ";* ;;"ヾ ;
" *ヾ ;ヾ* ヾヾ *  ;ヾ ;ヾ* ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;*ヾ;* ./;*  ";.* ; ;*ヾ ;ヾ ;" ;
;"";"";* " *" ;*; " ";  ;"ヾ ;ヾ *;ヾ;"  "ヾ;" "; ; ; ";ヾ ;;ヾ;;";ヾ ;;"
;ヾ;"ヾ ;ヾ;" ヾ ;ヾ;"* ;ヾ;"ヾ;";ヾ ;ヾ* ; / ' "       ____
       ;ヾ;"ヾ\、j,iiii,i ;";ヾ ; ; //;ヾ;"       /     \
            yi,iiiii;";ヾ ;ヾ/        /        \
            ,|ii,iiiiiii;;;;;;::::,:|        / _,ノ   \    \  カナさんこれは車椅子では……?
            |iiii;.iii.;;;:_ _. :|        |  (●)   (●)     |
            |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|        \_   _´_    u  /
            |iiiiiiii;;ii;;;;;;:;::::|        /          ヽ                   聞こえないかしら>
            |iiiiii;iii;;;;i;;: :::..|        / /       /  /⌒l.
            |iii;;iiii;.: ;:,;;;::::::|   ( ゙̄^.) /        ( ゙̄^);;;;;;;;|
            |iMiiii;;;ii:i;;:;i:i;:::|    l'⌒゙l. /⌒ lヽ/⌒ Y|⌒゙.,―t‐- 、
;;._,,,..._,,,..,..._,,,. ;;;._,,,.ノ/;::;::.l;;;..._,,,.: ;;;|. ;;;.,|  |/  /‐/  /┤,ヘ   |   ヘ;;;._,,,..._,,,..,..._,,,. ;;;._,,,..._,..,,..._,,,.;
  ..._,,,. ;;;._,,,..._,,,..,           / .|  ノ_  / ノ_  /  レ  \|/  ヽ
                      ト.,|iヘ__ソ___ヘ__ソ____,|―‐‐ *-――|
                      | ,|ニニ| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄!、 ./ | \.  /
                     '..、 |  ヽ/        ';.、  |  ヽ/

784 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:17:06 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

        水を受け取った崔護は礼を言って水を飲んだ。

───────────────────────────────

                                  ____
                                /      \
                               /─    ─  \
                  あゴボりがtガバ . / (ー)  (ー)   \
                            │       `          |
                             .\ i ̄ ̄ ̄ r:ー^\ /ゴクゴク
                               .!、___ ,.(, __ \

      ,. ‐ Tヽー‐ 、
     /   ', \ 、 ,>-、
    / .:.!  .:.:∧   〈(⌒゙}
   i .:.:.:|  .:.:/  `\:{7r{薔}
   |.:.:.:.∨:/ _  __ヾン,ノ    (台本通りにry)
   ヾ,:.:「゙7  _    __ |/   本当にカラカラだったのね
     ゞミく___ww  , w,厂ヽ
    ,.-k′_〕 ⊂つ ,ィ、
   /  ヽ、 ゙]` =´  ノ
  /       孑 |::ll::| 孑゙\
.  ヽ、  :/  チ レ'l」 チ  ハ
    ゙1  :/ \ ・ 〃 ノ /
    |  :|:    \_〃  |
   ,.イ  :| __   /::/`ヾi 、|
  /:/ i ::!    ̄ ,/\. \
/:::/   | ::!    /::.::.::.\ |

785 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:17:35 ID:mn2moU9Q [14/36]

───────────────────────────────

      崔護が水を飲んでいる間、少女は木に寄りかかり、
             崔護に思いを寄せていた。

───────────────────────────────

                                             /\   ィ
                                    ,. -─   ̄r三{ヽ Y´└‐┐
        ____   ,                   /三二ニ──〉 rf─<^>, └iト、/|____
      /     \  -                 /< ̄ ̄ ̄ ̄/ </::::::::::::`ヾ>─x‐z‐┐ /
     /  ⌒   ⌒\`                ,べ、   `ーx_ \ コ|::i ̄ ̄〉´>-、}ノ‐┴、\
   /   ( ●)  (●) \. ?              / // ̄/`ー、≧`ー/  人:ヽ=イ仄ト厶 }' ̄ヾ:::K´
   |      ___´___    |             ,' ////       `ーヲ てじイ⌒>、〉/イ\_〉jノ
    ヽ、    `ー '´   /            . ///, /         ̄ ̄} fx |:::「ヽイ::{\::::::;人
                             /  ///  _          └‐┬ |::::!  ト、∨}大{ ̄
                            〈 .//  ' ̄ `          '´ ̄└ |::::|Z上ヽ:\
                       \i‐x_ |イ {     ,二.,_        ,.二,_  ̄{i/|ヽハ:::::>
  . 崔護さん……改めて見ると         Y  |__\ li  ,f゙ヌヽ`      ィ'゙ヌヽヾ イ_|/ /  ̄
     なかなかのイケメンかしら    ..イ   l/「Yヽト, {{ {lif`C}       {|if`Cリ  ∥ ∨
     (台本通りに……)        |  /| i| {  ヾi   ゞ='゙       ゞ='゙_/ムイ⌒ー─-、
                       \|  イ |人ゝ、_jヘ._   r‐/`Y⌒Y´゙Y´ ̄ ̄          \
                         Y⌒ヽ> '´    ヽ_〈 /     ,   从
                           /    、  i  }   〈  l  i  /
                 .       / ̄ゝ、 ヽ _人ノ  ∧ノヘ_ノ-イ
                 .             `ー┘

786 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:18:06 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

    崔護も少女のしとやかであふれる美しさに惹かれていた。

───────────────────────────────

                .       ___
                .      /      \
   なぜこちらをじっと  .    /ノ  \   u. \
  見ているのでしょうか…… / (●)  (●)    \
                .   |    __´___    u.    |
                .   \ u. `ー'´       /
                .   ノ           \

            ____
           /     \
         /  u   ⌒  \
        /      u (●)  \  ……
        |           __´_ |
        \    u   .``ー/
         ノ           \

                           ____     l_
                         /   u \    /
                        /  \   / \   >
                      / U (○)  (○) \ \
             あっ!!   |    u  __´,_  U |
                       \u    /__/   /

787 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:18:39 ID:mn2moU9Q [16/36]

───────────────────────────────

   崔護は少女を口説こうとしたが、少女はこれに答えなかったので、
            しかたなく崔護は帰ることにした。

───────────────────────────────

      ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \     ばれたのか……
  /    __´__      \     今朝楽屋にあった卵焼きを食べたことが!!
 |      -      |
 \            /


                / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
 (できる夫が  .     l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
  固まってるかしら)   !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
  そろそろおいとま   ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
   してもらうかしら   {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、
             _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ
            rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ
           <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
          匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )
         (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {
          / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V
       rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ
  二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄
  / ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }
         | |  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈

788 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:19:06 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

         崔護が帰る際、少女もついてきたが
  門のところで崔護への思いに耐え切れないように屋敷へ戻ってしまい、
     崔護もまた少女への思いを抱えたまま帰って行った。

───────────────────────────────

         ,〔       < /  ,.-r‐、. `゙<}
        / \  `ー {|v‐fi、{薔}i   ,l}
        i    7ー--、 ヾヘ二ニ!\∠}
        !   ,/    `゙ー\,,..-‐'"  !
        ',  ,/ ,..-‐    ー‐`゙ー-、  |  あ……崔護さん、
        ! ,/  ,.- 、     ィ´;;;`ヽ,!,-、 !
        レi /ト;;;;i.j.     弋z_ ノ i リ′    よろしければまた……
       ⊂ ヾ! 弋zノ  、   ` ´  .!ノ
       ⊂ i ト、          /! ̄`) __
         ヾ >   、⌒ヽ ィ'i-r==ニニ´
     r‐、    /  _〕ー rァ、イ‐-〔_,,.-―|
  r 、. ヽ \/!ヽ,ァフ `ヽУ .〉!Ti--' i´,==′
  ゝ \\ ヾ i、ヽ,.-‐⌒!∨| !。!.!  `‐ア |
   _>  `゙  ヽ `ーァニ´7  | !。'ハ   `〈.}
   Zr ! \  ,. )  Z〔 !   ! ! ヽヽ   ,リ
  <´ ゝ、ーソ‐'" イ、ヽ \"   i」。  `´  ,ィ′


        \
          \   \  丶
            \   \  丶
       ヽ     \   \  丶      _____
        ヽ      \   r⌒ヽ、   .  /     \   こうしてはいられません
          ヽ     \/ \  \. /   \  / \
           ヽ     _/ / ヽ   /   ( ●) (● )   現場に戻って隠蔽しなければ!!
             ヽ  〈__/  . |  |       _ __´__   |
                    /  .\     i `ー'´´ /  やる夫君あたりがいいでしょう
                   ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
               .__   r  /     |/ー、\   \
              ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                .i /  //  ./
                .ヽ、_./ ./  /
                    ./ /
                  .ノ.^/   ダッ
                  |_/

789 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:19:36 ID:mn2moU9Q [18/36]

───────────────────────────────

      崔護はそれから少女の屋敷に訪れることはなかった。
       そして一年後、崔護は再び官吏登用試験を受験し、

             合格発表日がやってきた。

───────────────────────────────

        / ̄ ̄ ̄\_
      /:::/:::::::::::\( ;:;:;)  今年も受験資格を得て
     /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<-> \   試験を受けました。
    (;:;:;:;;;:;    __´ _   .:::::)
    ./ ||     `ー'´    ,/   さて結果は……
   / / |\/ /  /l |  ̄
   / /__|  \/ / | |   (まさかやる夫君に先手を打たれていたとは……
  ヽ、//////) /  | |          おかげでぼこぼこです……)
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ


        / ̄ ̄ ̄\_
      /:::/:::::::::::\( ;:;:;)
     /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<●> \ <チラッ
    (;:;:;:;;;:;    __´ _   .:::::)
    ./ ||     `ー'´    ,/
   / / |\/ /  /l |  ̄
   / /__|  \/ / | |
  ヽ、//////) /  | |
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ

790 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:20:06 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

     発表内容を見てすぐ崔護は、少女への感情を抑えきれず
             屋敷を目指して駆けだした。

───────────────────────────────

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \
                                    ___
                                  / ヽ  / \
                             r⌒ヽ / o( >) (<)
                            / /\ .| l|lii!:::::: __´,_ ::i
        うおおおおおおおおおお!!  〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
                               / \     `⌒´_/
                              /           \
                             /      / ̄ ̄ヽ )
                         _  r  /⌒ヾ/   //
                        "ヽ |  i,     i    (_ノ
                          | ヽ/ ヽ、_/  /::::::::::::::::::::::::::
                          ヽ、_/ / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              (/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

791 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:20:35 ID:mn2moU9Q [20/36]

───────────────────────────────

       屋敷に着いて門を叩いたが、門は固く閉ざされており
                人の気配もしなかった。

───────────────────────────────

            (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
            //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
           //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
           //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二
_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_
_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ
/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽ
=○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===
         |   |││││││││││││││││|| カ ||
         |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴. , -- .、┴┴|| ナ ||
         |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬ /     ヽ <ドンドン
.______|   |││││││││││.ゝ     ノ││|| ア ||__
./\/\/\|   |││││││││││.(Y    .|)││||  .||\/
.\/\/\/|   |││││││││││ {ソ    |〉││| ̄ ̄|/\
'.''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""し   J""""" ̄ ̄'''''''''"





            _____
          /       \
         /_ノ   \   ヽ
        i(ー)  (ー )。   |  まさかまだ卵焼きの件を
        ゝ  __`____   0   j    引きずっているのでしょうか……
      .   ` _`ー'´    /
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
       (   (  ̄ノ `ー-'′

792 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:21:09 ID:mn2moU9Q [21/36]

───────────────────────────────

      仕方なく崔護は、左扉に詩を書き記して帰って行った。

                 桃 人 人 去※
                 花 面 面 年
                 依 祇 桃 今
                 旧 今 花 日
                 笑 何 相 此
                 春 処 映 門
                 風 去 紅 中

    ※簡単に訳すと、美しい桃の花は変わらず門の中にあるのに
      同じ美しいあなたはどこへ行ってしまったのか、といった内容。

───────────────────────────────

        / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
    /    。<一>:::::<ー>。  せっかく台本覚えてきたというのに……
    |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
    \、   ゜   ̄ ,;/゜  (せっかくあなたに見合う男になれるよう
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。      頑張ってきたというのに……)
   / ,_ \ \/\ \
   と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

                         ____
                        / ⌒  ⌒  \
                       ./( ―) ( ●)  \
                      /::  __',__   :::::  | チラッ
                      |    `ー'´     .|
                      \          /





                            / ̄ ̄ ̄ \
                           / ノ    ヽ \
                         / 。(ー)  (ー)  \
               (まさか……)  |  0   __´ _     .|
                         \        ̄    /
                         (  ヽ   _____ /  /
                          \ \|    .レ゛ /
                            \ 旨   ξ ン

793 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:21:37 ID:mn2moU9Q

───────────────────────────────

    数日後、役人としての任務で街の南に訪れる機会があった。

           なにげなく屋敷を訪れてみると、
          門の中から大声で泣く声が聞こえた。

───────────────────────────────


      /\___/ヽ
     /ノヽ      ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、 貴様が娘を殺したのだぁぁぁぁぁぁ!!!
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |          ダディさん台詞とんでる!とんでる!>
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ                    早すぎるかしら~>
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。

794 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:22:06 ID:mn2moU9Q [23/36]

─────―――――――――――――――――――――─────

         崔護が門を叩くと、老父が出てきて言った。
              「君は崔護ではないのか?」
                「そうですが……」

             「お前は私の娘を殺したのだ。」


          崔護は驚いて答える言葉も分からなかった。

―――――――――――――――――――――――――――――――

       /\___/ヽ
      / ''''''     ::::\
     . |   (●),  、(●| +   つーわけでタヒんで☆
     |      ,,ノ(、_, )ヽ、|
   .   |     ` -=ニ=- ' :|+
      \     `ニニ´_/   +
      /        ヽ
      |  _r'゚lニニニl]_ ____/l
fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三iF
      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄

    ┌───────────┐
    │老父(ダディクール:2ch) │
    └───────────┘
                                       ____
                                     /ノ   ヽ、_\
                 ちょっと待ってください!!   /( ○)}liil{(○)\
                  今、なんと……!?    /     _´_    \
                                  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
                                  \    |ェェェェ|     /

795 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:22:36 ID:mn2moU9Q

―――――――――――――――――――――――――――――――

             老父は崔護に詳しく語りだした。

     「私の娘は15歳※で学問を身につけ、まだ嫁ごうとしない。
        去年からぼんやりとして心を無くしたようだった。」

        「最近、娘と出かけていたのだが、
      帰ってきて扉に書いてあった詩を読むとすぐ家に入り、

              病気になってしまった。」

―――――――――――――――――――――――――――――――

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




                    _,,..,,,,_
                   / ,' 3  `ヽーっ       <タヒねぇぇぇぇぇ
          説明中…….  l   ⊃ ⌒_つ        <うわぁぁぁぁぁぁぁ
                   `'ー---‐'''''"
                                  <ダディさん!ストップかしらー




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

796 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:23:06 ID:mn2moU9Q [25/36]
―――――――――――――――――――――――――――――――

    「数日前から食事もとらず、そのまま死んでしまったのだ。
                私は知っている。

              娘が誰にも嫁がないのは
   老いた私を含め養うことのできる人物を求めていたのだということを。

         どうしてお前が娘を殺していないと言えようか。」

―――――――――――――――――――――――――――――――

                               ____
                             /  ● .\
                            /ノ   \.  \
         詩を読んだだけで      /(●) (●)  u. \
      死ぬ人間がいるのですか……?| u  __´__   U    |
                          \_ `ー'´    _/
                       ⊂ ヽ∩ /        \ アナガアイテシマイマシタ
                        '、_ \|     .●  |
                           \ \  /  /


               __/ヽ_∠L_
              /:::::::     ''''\
             .|:::::::::    (ー), |  実際に私の娘は死んでしまった
             |::::::::      ,,イ_,`)
           .   |:::::::::      ノ.-=ラ   何が原因で人が死ぬのかなんて
              \:::::::      `フ      本当にわからないものだ
           ,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
           :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
              |  \/゙(__)\,|  i |
              >   ヽ. ハ  |   ||

797 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:23:37 ID:mn2moU9Q

―――――――――――――――――――――――――――――――

        崔護は嘆き悲しみ、老父に頼んで屋敷に入ると
            娘の体はまだ腐敗が始まっておらず、
          とてもきれいな姿で寝台に安置されていた。

―――――――――――――――――――――――――――――――

       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \ どうしてもっと早く来ることが
   /   (ー)  (ー)  \   できなかったのでしょうか……
   |      __´ _      |
   \        ̄    /  いや……もしかしたら……


                                , -v‐、
                          __, - ´  ̄「Y⌒ヽヽ-、_
                         ハ ー- __ハヘ_,ィ我ハ_ Y)、
                        / 7rー- 、__く__ィニく `く〈:.
                        ′// _   ー─`ー<ヘイ ',::.
                        | i // _    ´ 二.._  ヽ ヽ.i:::
                        | |{'′´ _..   ´  ̄ ` 〈‐ 、l|:::::.
                        Vハ, 〃´   、    、_,ノ}ノノノ::::
                      , =ハr}       ,-、   / ̄ ヽ::.
                     〃  / ̄\         /  ィ─廴_,r‐┐
                  ┌个卞ニト-、`ヽ >、     ,ゝ_ハ  /  ノ}  ト、, -、
                 _! ||,>ー‐`‐く  _≧rt匕⊥二〉'─< ! /^′ j
                ((⌒ゝ >'´       `7/く:::/^卞、〉ヽヽ   ` く
                 `ー |           // /:Y o |:::l   ', ',     ヽ
                   |       | l,厶イ   |::::l  l!       }:
                    ヽ,- 、    ヽ\   o ‐┘/ ヘ  - 、 /::.
                  .:::/   ,ィー¬   ヽ\___,/.イ   ヽ   <:::
                _r‐イ   / .:::ノ´ ̄   √ ̄}¨「 ̄ ¨ ーヘ   \:.
            _ - ´      / .:>┴-   r┴ーく||       \  }
          ,  ´         j ' _  -  "´  辷'   〉| |         丿
        /           .ィ´ _∠ -- 、     _人二_厶ヽ\        / ヽ
     _, イ  /       /   「 f⌒7ー`ニニン′ } }LLィヽヽ     ,イ \  \
   <_⌒ヽ_∠二、ヽ  /     ヽヽ/            '、ヽ L| l_j_ - ´ヽ\ ヽ /
∠_  `Y´ー‐z__ ヽ',∠ -- 、___,メ  i     ,'    ヽ\レ′      \\/::.

798 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:24:10 ID:mn2moU9Q
―――――――――――――――――――――――――――――――

    崔護は少女を寝台からおろし、彼の膝を枕にして祈った。

        「私はここにいます。私はここにいますよ……。」

―――――――――――――――――――――――――――――――

                   ほんとうに僕が殺してしまったのかも……
        / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\   カナさん……この前卵焼きを食べたのは
    /    。<一>:::::<ー>。               僕なんです……
    |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
    \、   ゜   ̄ ,;/゜  くんくん探偵の予約を
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。    サマーウォーズで上書きしたのも僕です……
   / ,_ \ \/\ \
   と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.   だからって死んでしまうなんて……

                                , -v‐、
                          __, - ´  ̄「Y⌒ヽヽ-、_
                         ハ ー- __ハヘ_, ┛┗ )、
                        / 7rー- 、__く__ ┓┏ 〈:.
                        ′// _   ー─`ー<ヘイ ',::.
                        | i // _    ´ 二.._  ヽ ヽ.i:::   <ピクッ
                        | |{'′´ _..   ´  ̄ ` 〈‐ 、l|:::::.
                        Vハ, 〃´   、    、_,ノ}ノノノ::::
                      , =ハr}       ,-、   / ̄ ヽ::.
                     〃  / ̄\         /  ィ─廴_,r‐┐
                  ┌个卞ニト-、`ヽ >、     ,ゝ_ハ  /  ノ}  ト、, -、
                 _! ||,>ー‐`‐く  _≧rt匕⊥二〉'─< ! /^′ j
                ((⌒ゝ >'´       `7/く:::/^卞、〉ヽヽ   ` く
                 `ー |           // /:Y o |:::l   ', ',     ヽ
                   |       | l,厶イ   |::::l  l!       }:
                    ヽ,- 、    ヽ\   o ‐┘/ ヘ  - 、 /::.
                  .:::/   ,ィー¬   ヽ\___,/.イ   ヽ   <:::
                _r‐イ   / .:::ノ´ ̄   √ ̄}¨「 ̄ ¨ ーヘ   \:.
            _ - ´      / .:>┴-   r┴ーく||       \  }
          ,  ´         j ' _  -  "´  辷'   〉| |         丿
        /           .ィ´ _∠ -- 、     _人二_厶ヽ\        / ヽ
     _, イ  /       /   「 f⌒7ー`ニニン′ } }LLィヽヽ     ,イ \  \
   <_⌒ヽ_∠二、ヽ  /     ヽヽ/            '、ヽ L| l_j_ - ´ヽ\ ヽ /
∠_  `Y´ー‐z__ ヽ',∠ -- 、___,メ  i     ,'    ヽ\レ′      \\/::.

799 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:24:40 ID:mn2moU9Q [28/36]

―――――――――――――――――――――――――――――――

      すると少女は目を覚まし、半日ほどで完全に蘇った。

―――――――――――――――――――――――――――――――

                          ',l `ヽヽ,ィ":.:''"´:.‐-、_:.:.:.:.:.:.:`丶、
                          ':、 ,>く:.:.:ヽ丶、:.:.:.:.:」VVL,.、:.:.,rvL__
                           '、/:/:.:ミ、:.:.:.:.丶、:.:く f^ーtn,W,_rwぅ'ァ
                            X/:.:./ `丶、:.:.:.:.:.:>( 'ニ=,r-t、,_,ニ,`}`7
                            l:l:メ/     `丶、> )r‐;;{(薔)};;;;;l,j ,ノ
                            l:l:l/`       `乙ヾ'´Tfiイ`'7 _,フ
                            l/l `ー-    -‐',二lZ_ヽ,l;;ll;;;lJ^ r>l  <ガバッ
        卵焼きはともかく.         ..l:.l ,ィー。、    ,イ;:;゚ヾ'、レi;;H;;l r‐‐'リ
         くんくんの予約消したのも   .,rゝ!fぅ;;j:ト    'ぅ、;j:.:! 〉 ,rラLl-i、:./
         できる夫だなんて初耳かしら! //゙',丶-'  ,   `ー'′/'´  lr lノ
                          // r:l///  _,. - 、 ////  ノ三ミく,
        あの時は危うく真紅に     l/ ,jミゞ、 ヾ7゙ ̄ヽ  ι _,fー-ミ、_}
     ジャンクにされるとこだったかしら!  }二Zl,丶、`ニニ´ ,. ィラ´ノ、_r―z人_
                            ノ三7'"´とミ===彳 ノ ミミ==j  ヽ
                    ,-、     ヾニフ,ィ",イiliト-、、: :l そ==、_ノ    l
                  j,二、`´L、   ノ「〈f´//l! lト、 ヽ、:j `ーミt- '    l
                  У--、`ト、⌒)ーニヘ lヽiノ: :l|l、,l|l、  ノリ ,ィシ'´  r―-、 '、
                  { ー-、)' } /     l __ト、ll|l^lll|lヽノイ (,_ ___``   ,)


         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\   しまったぁぁぁぁぁぁぁ
     /     _´_    \
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  うまくやらない夫君の所為にできてたのに!!
     \    |ェェェェ|     /

800 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:25:08 ID:mn2moU9Q [29/36]

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                                       r‐ー',!
       ,,..、                                          r‐ー1  l゙  .l゙
       ! ..l                                  ,,..、       ,l゙  ,i´ l゙  l゙
      .,!  ."'''''!                               l   l    . │ ,"  l゙ │
   ...-‐'"゛      ゙;                         _    , .|  i' _,,、  |  ,l゙  .|,,,,,ノ
  .l      ./ '''ッ  .!         _,,,,---,            _,,,―''''"`  .|  し''´ 」 .L,,,ノ  .,r'"゙゙l
  .ヽ,,.. ,  /  . l  |   .    .,,,-‐''″._、 〕    ,,、 .r‐┐| _,,,-''''"   .|  ,,.-''´  r'"^゙l  ヽ-'゜
    ./  /  ,!  l   ..,,,-‐'゙` _,,―''゙,i´ / ._,,-,'l″,!,/ / ‘^       | .|     ヽ-'゜
    ./  ../  . l   !  ..〔 ._,,-‐,ニ-ッ 丿 ./ `゙l、.゙l゙l-'ナ /         l、_ノ
   ./   ./  ./  /   ."″ /  ,i´‘''''''"  .゙‐'` 丿 丿
  ./    `'―′  l       │ .l゙         `冖'"
  .ヽ___ノ \    /     .. 丿 .l゙
       `'--ヾ       .,__,,i´


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 l     ヽヽ    ,-―一-
 L____    /    /
 |               /   __
 |               /       )
 L____       ノ      . ̄


      /}                / ̄ ̄ ̄\_          /\___/ヽ
     _ !l ,.- 、         /:::/:::::::::::\( ;:;:;)      ./''''''   '''''':::::::\
    //|| ̄ `ヽ⌒',      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<-> \   .  |(●),   、(●)、.:| +
  / /  ヘ入ヽ  ∨     (;:;:;:;;;:;    __´ _   .:::::)  .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, u::|
  !|  //ー, \, }     ./ ||     `ー'´    ,/ .    |  u `-=ニ=- ' .:::::::| +
  l  .// ○  ○{    / / |\/ /  /l |  ̄         \  `ニニ´  .u:::/
   \(⌒リ"  △"ノ    / /__|  \/ / | |        ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
    {こ.フ>、ー,.イ    ヽ、//////) /  | |        :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   〈二}/  ∞Y_〉     ./  ̄ ̄ /   | |          .|  \/゙(__)\,|  i |
    └ 〉  ハ〈┘   .___,/  )--- ヽ   ヽ つ         >   ヽ. ハ  |   ||
       /     ヘ

801 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:25:37 ID:mn2moU9Q [30/36]

    ,il;;;;;;;;;;;;;ヽ
   ///.~~~'ヽヽヽ.      ┛┗人从
  ///;;;;;;;;;;;;;ヽヽヽ..      ┓┏,,,,,,,、〉  おいこら。
 ///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽヽ       ,'. ミ ゚ >  おいこら君たち。
 ||li!゙   ,,,,,===ヽヽヽ,,,,,,,,,,,,,,,,-',illlllll'lJ   君たちアドリブ決めすぎて
 llli!゙     ゙!illlllli!゙゙/   ノノノノノノノノノl
 lli!゙     ゙!illli!゙゙/       ノノノノノノl  台本の原型残ってないじゃないか。
 li!       ゙!ill/       ./ノノノノノ
         ヽヽ,,,,,,,,,,,,,,,,/ノノノノ    こーゆーの初めてで仕方ないかもしれないけどさ、
          ヽlllノノノノノノノノノノ     台本ちゃんと読んできっちりやってくれないと
              |./. |./~        別の人呼ぶよ、呼んじゃうよ?
.             -||. -||
.             .´!ミ ´!ミ
           ┌─────┐
           │監督(鶏)  │
           └─────┘

                                                 _ _
          ___                           ..      (´ `)) _
        /      \                         ..        -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!
     ,---、  \    /\ ― 、                   ....     / /\ ー、 ゞfニ薔ニヲ
     .l   l  (●)  (●) \  | 僕のせいじゃありません!!       //, '/   `ー-=ヘ、/メヽ
     .|   |      '     |  |                    ..    { l! /ノ    `ヽ ヽ._ l i|
     .|   |   |!!il|!|!il|  / /                     .    `i |l ●    ●  ツ メノ
      ゝ     |ェェェェ|    ノ        . カナのせいじゃないかしらー `|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃/ |/
      \          /                         /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  {ミ'/⌒i
       /             |                       ....  \~/ ≦}>,、 __, イ゙ァ/~~/
      /             |                           (  `ア | l><l |ヘ、_ ∧


     /\___/\
   / ―   ー ::\
   |  --、,   、ー-、  |
   |  ,,ノ(o_o.)ヽ、,  ::|  <ヘッッ
   |   r‐=‐、   .:::|
   \  `ニニ´  .::/
   /`ー‐--‐‐一''´\

802 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:26:06 ID:mn2moU9Q [31/36]

    /\___/ヽ
   /       :::::::\
  |             .::::|
  |  /      \ .;:::| <クシュン
  |  ー,   ー  ::::|
   \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.::::/
   /``ーニ=-'"一´\
     . ,". ',.` .
    .  。. ,


        ,:; ,.:;';. ,:;';':. ,.,
        ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:':':;:;:''
     -=:く:;:;:;:ィ=-:;:;:;:;:;:;:;:;''
     、、_ヽYすj;;;,, ゙:;:;:;:;:;:;:'    ……もういいよ。
      ゝ-‐';;;;:''';;;'  ':':'    次がラストシーンなんだから。
     ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:    :.
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;,         ここで変なアドリブ決めたら
   ,  ''''';;;;;;;:''          本当に別の役者探すからね!!


      / ̄ ̄ ̄\
    / ―   ― \
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\   ラストシーンか……
  |      __´___    |   台本読んでてここが一番いやだったんですよね……
  \     `ー'´   /


                                     /| l  \_  `ヽ、
                                    {, '´い  //⌒ヽ   \
                                    /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                                    l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
              カナにまかせるかしらー      ..ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
           (ラストは本当に恥ずかしいかしら)  「   xx ̄xx  _V    l     l
                                  lr‐1         》⌒! |   /
                                  ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
                                  _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
                              __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
                             /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、

803 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:26:36 ID:mn2moU9Q

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二








                 だってそうでしょう?









                演技だってわかってても……










二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

804 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:27:08 ID:mn2moU9Q [33/36]

―――――――――――――――――――――――――――――――

          少女が蘇ってあと、老父は大いに喜び、

              崔護に少女を嫁がせた。

―――――――――――――――――――――――――――――――

             , -< ´ ̄ ` 丶、                        , ‐──‐ 、
      {\ , '´_   ヽ `丶\  ヽ,                  /       \
       ヽV`ヽ、 `丶、`ヽ \ 、 、                  /   __ノ   ヽ、_ \
       〉、 /丶ミニ、丶 `丶、 `、ハ               l             l
        {//X     `丶ミ、  \ ヽ}    }           |    ( ●)  ( ー) |
.       l// `丶、    _ヽ `ヽ lト--'′    .       !         ,     i
        ヾ! '⌒       、_,_` ミヽ∨               ゝ    、__,_,  /
        〉 ィ':うX     'r'::.うY }'^i                , イ ̄ / \       /、  _
         ハ 〉 <:丿  ,   ゞ:ノ ;`Y            | ヽ、  |  .V`::::::::ー ':::::.;. |  ∧
        //ヽヘ ''   _   ''' ,イ彡|ヽ            「´  `i. /__,厂V::::::::::::::::.:/ィヘ」  /  ヽ
 ̄ ̄ ̄ < {{\_/> 、 _,   '´ム_ノ-勹  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     | ´     ヘ、::::::::::/.    ,' ,ィニ`ヘ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ 〈ミヽノ 〈「 └t_r┘   / ∨彡ユ. ̄ ̄ ̄ ̄ / ____   |        \_/    r/   ∧ ̄ ̄
  li   / .廴 ) :/i rー 水 ー‐┐{ /‐Y!ヘ     ili .〈ィ´  `ヽ」j       「        {以イ´ ̄`ヽ、
= 0 = \lゞl../Y  ̄/{ }ヽ ̄ Y i   l /  =:::0:: r'       `¨¬-、_   |   r‐‐-ィチ´       〉
  li   r」}‐j/  い / ∨  ',  } ヽ  _Yィ   il. `ゝュ,,__        `¨亠'"´ ̄ ̄ヘ   __,ィ=≦ヽ
     〈小i'  {.  _ {lノ_   /  |└小'      f´ i . . .:`寸=ー----ュ、,___ ,、 , , 〉ャ'´/.: : : i  ',
      / {   \_ 、゚, _,/   /  |」!」.    │ :i . . .: : :} \   /    ,斗ク,々y′ ,.′ : : : :i::. ∧
  li  /  \::, _ 〔 氷 〕_  ::;/!    ヽ    il !  :i . .: : : ::V ソゝ /   T′`^__ソ.: : :/  .: : : :i::. : : :,
 = rt'_/⌒ヾ_>‐ッ'〈小〉/ ̄¨゙'ー-、_ーr ィ ヘ = 〈.: i.: :i . : : : : :} '.:: : /    ト、,f壬イ.: : :,ハ  .: : : ::i:. : ::/
  ,{ ヽ/    \::.    .:/     、 下」 }ハ,   V .:: i . : : : ::iy.: : :ハヽ __ィニ′.,'.: : : : : : j .: : : : i:. : :{
 くl ヽ/  : .   \ 、l.:;' 、 ..::,   \{_ソ :..:_T┐’.:.::i  . : : : l.: : : : :`^´.: : : :,イ/.: : : : : : :l .:,'.: : :i:. : :|
 込、/   ー┘   ヽ:l:|   ´    ::.!__r '__r┘..|.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : : :.,'/. : : : : : : :i /.: : : i:. : ;'
 /__〈 、      /.:|_._|  、    ハ. |_, -イ \ィ i.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : .::′. : : : : : : : :l /.: : : : i:. :;'
〈ヘ::. \:.ヽ, -、 \  」: :.ヽ  \  ___ 」 └'  ̄「´ノ-|.:.:.i  . : :::::!ゝ __________/l/.: : : : ::i.::,′
 \ヘ.  Y r-、'ー、_/.: : : .\ /r--ヘ L  / /--|.:.:.j  . :ヽ├―――――――――┤.: : : : : !〈

    二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
                 ですよ。
     やっぱり恥ずかしい      好きな人と結ばれるエンディングなんて……
                 かしら。
    二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

805 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:27:38 ID:mn2moU9Q [34/36]
                           ._
                           \ヽ, ,、
                             `''|/ノ
                              .|
                          _   |
                          \`ヽ、|
                           \, V
                             `L,,_
                             |ヽ、)    ,、
                             /     ヽYノ
                            /    r''ヽ、.|
                            |    `ー-ヽ|ヮ
                            |       `|
                            |.        |
       , -「\‐- .._               ヽ、      |
    , - ´  ヽ \\ゝ=、,、      .     ヽ     ノ
   /   //\、 :. :〉{ r;、ヘ           イ´   `ヽ
  /  ./ ./.:/   丶、::ゝイゝ}7         / /  ̄ ̄ ̄ \
  i{. .:/ .//  、   `ニミヘ/ソ      .   /_/     ∞    \_
  i:、::{ _{´ __\  ノ_Vソ         .|_________|
  ゝ:`{メ,   { 弋ツ   弋ノ /'           |      __´___    |
  ``i{、_ xxx      ,xx{= 、          \      `ー'´     /
   人、__メ      , -'、ノ   〉        ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 ,. ┴‐ < ̄ }、...  ィ'´`ヽ /       .  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
r'´     V⌒ヽ水コゝ‐<- 、      .    |  \/゙(__)\,|  i |
i: 、: . .    ゝ ィl」 ヽヽr-」  \    .    >   ヽ. ハ  |   ||
                                          -|-ヽ -|―、レ |
                                           d⌒) /| _ノ  _ノ

806 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 21:28:36 ID:mn2moU9Q [35/36]
      t、,./ヽ,/゙|.,,、
     r‐┘:;:;:;:;:;:;:;:; リ
      l ―― 、 }    以上です。
     / ,,,, ○ 二ニ、  ありがとうございました。
    /   =ニ,,_,, .i.,'、
    /     !  .!.!/   ちなみに原作の漢文でも少女は生き返ります。

807 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 22:00:34 ID:39ZjFAZw

乙です
ハッピーエンドっていいよね!



808 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 22:10:55 ID:25Nw24PA

乙乙、ご都合主義万歳。



809 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 22:16:36 ID:mn2moU9Q [36/36]


      t、,./ヽ,/゙|.,,、  初乙にテンションMAXで失礼します。
     r‐┘:;:;:;:;:;:;:;:; リ
      l ―― 、 }   >>807 ハッピーエンドは自分の大好物です。
     / ,,,, ^ 二ニ、 >>808 メタネタも大好きです。       
    /   =ニ,,_,, .i.,'、
    /     !  .!.!/   幼稚な作者の初やる夫系作品なので
                分かりずらい表現等、あったら申し訳ないです。

810 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/12(日) 23:02:17 ID:2L/jvw1o

乙でしたー
カナ可愛いよカナと言いたくなる作品でした!




関連記事
| 15:00 |コメント(3)
カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 歴史・民話・事件・逸話系(2010) やる夫短編作品

|

<< やらない夫ヒロイン短編祭り シュレディンガーの真紅は元気か | HOME | 勇者ヤルオ、冒険ぼっち伝説 >>

■御感想or寝言

13700 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/09/22(水) 09:05:32 ID:-

面白いんだけどメタ発言多すぎ…

カナはマジプリティ


13753 名前:七氏の巌窟王 [] 投稿日:2010/09/24(金) 18:05:02 ID:aYpzl2JE

メタ発言が多すぎて話がわかりにくくなってるな


19646 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/08/05(金) 03:45:15 ID:-

口語訳の参考になった

ありがとう!


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ