やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2010/10/01(金) 博士の胡乱な愛情、というお話。

カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.51 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所40                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282913904/
やらない夫短編投下所19                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その6           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド8                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その2    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
毎度短めバカ話。 の記事一覧


455 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:22:42.02 ID:5NavXTwo [1/9]


では、毎度短めバカ話。
7レス予定でやらせていただきます。

今回は、博士の胡乱な愛情、というお話。


456 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:23:10.65 ID:5NavXTwo [2/9]
 1/7
┌───────────────────────────┐
│                                          │
│  あるところに一人の博士がいた。                    │
│                                          │
│  生物工学の権威であるその博士は、今は亡き初恋の人を.  │
│                                          │
│  クローニングで復活させる計画を進めていた。           │
│                                          │
└───────────────────────────┘


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | ┌────────────┐
             |  |  |        |  | │ クローン研究所       │
             |  |  |        |  | │                  │
             |  |  |        |  | │ よろずクローン研究承り枡 │
             |  |  |        |  | │ BSL : level 1           │
             |  |  |        |  | └────────────┘




457 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:23:40.84 ID:5NavXTwo [3/9]
 2/7
                 //                       \\
                 ヽ|ヽ                          /|./
                  |          0                     |
                  |         0                   |
                  |         0                   |
                  |        ゚              0       |
                  |        ゚             0     |
                  |        ゚             ゚       |
┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│ そしてその計画はもうすぐ完成する。博士の初恋の人はもうすぐ復活するのだ。  │
│                                                    │
│ 強化ガラスで作られた巨大なシリンダーの中に浮かぶ彼は、               │
│                                                    │
│ 細胞の成長と供に催眠学習で生前に限りなく近い記憶と経験を与えられている。  │
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘
                  |                          |
                  |        0           ゴポッ     |
                  |         ο               0     |
                  |         ゚。 ____     ο       |
                  |.            /      \ .。 ゚       |
                  |        / ─    ─ \.       |
                  |       /  (ー) (ー)  \      |
                  |        |.    (__人__)     |      |
                  |       \              /       |
                  |       /              \       |
                  |      /               \.    |
                  |    (__/l            |丶、__)   |
                  |        |            |        |
                  |.       |                | ゴポゴポ |
                  |   ゴポッ   \    /\     /    0   |
                  |   0    ノ  /     !  ヽ.       0   |
                  | .   0    └‐ '´      `-┘   .。゚    |
                 /.|/   ゚。                        ヽ|ヽ
                 \\                       //



458 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:24:11.03 ID:5NavXTwo [4/9]
 3/7
┌────────────────────┐
│                                  │
│   彼女は培養槽を情熱的に見上げる。       │
│                                  │
│   今はただ人工の子宮に浮かぶだけの彼。   │
│                                  │
└────────────────────┘

                      ___
                  , . . .´. . . . .`.v-―- ..、
                 /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ、
                 /./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
           ヽ_..イ. ./. . /. . /. . . . . . . . . .ヽ . . . \ . \
            /. ././. . /. . . ./. . . . . i. . . . . . .ヽ. . . . .', . . \
              /. . ././. . /. . . ./. .l. . . . .|. . . . . . . ヾ. . . . .',. .',. .ヽ
          /. . ././. . /./. . .j. . .|. . . . .|. . . . . . . . .',. . . . .',. .',ヽ._\
            j . ./ ..|. . .|. |. . . |. . .|. . . . .|, .ヽ . . . . . .', . . . ..l. . l
            | ./. /.|. . .|. |. . . |. . .|. . . . .|ヽ. . \. . . ..l. . . . .|. . |
            'イ. ./. |. . .|-|--l- 、|\.. . |  \z‐ヽ-|. . . .:.| . ハ
            |. .l!. .|. . .|. |._ | . / ヽヽ. | '´ \. . ヽ!. . .:.:.|. .| |
            |. .|l. .|. . .|.く.イ.干≧ミ  ヽl  ィ≦干下>. . . j. / j
           Ⅵハ..|. . .|   代ュ ::}.l 、   ,r .代ュ ::}.lイ. . . イ./
             ハ ..小イ 弋辷ソ  }_{.   辷匕リ }. //.レ
             , イハj. ハ、 ///// リ⌒ヽ /////rォ/ ̄ ̄ ヽ
           /: :.| ;;;|∧ >==''′-  `==イ| |! こつん |
         _/: : : : | ;;;;  V  l > .. _ .. <  |._.| ト、ー―‐へ
       / 〃: : : ヽ: :l .;;;;    |ー 、     , -rf 1 j ヽ.V;; /: /}
      /: : : :_ : : ヽハ. ;;;;    |ー‐、    z‐| !     }//://
     //: : : ―--:: ニュ:ハ. ;;;;.   |二ヽ.\/z二ト、   /}〃: :/へ
   /: : : : : : : : 二>'  V:\ ;;;.  |  \二/ ∧ :  ̄: : : :V-く: : :/
   ヽ : : : : : : :二:く     V: :\ ;; ヽ      /  }、: : : : /: : :/:イ
     \ : : : : : : : :.\,r.、 V: : : ヽi、 \ rA / ,,;; く: : ̄ : : : : /: : |
      \二ニ : : : : : : :トvヘヽ: : : ト-≧ゝ ィ≦- /: :ヽ : : : : : /: : : }
       \: : : : : : /: j: :ト{: : : :〈三三フ只三三〉: : ノ}: :\ : : : : /
         ヽ二:ノ: : : / ノ:ヽ: : j{}二//二| |二{|:/: :\: : : : : :/
          //ーァイ'/{: : : :/ヽ. //  ̄.| |/j: : : : : : :>、:_:/
         <_,.く _/ イ: :ヽ: イヽ, 〈_j.   |_| .イ: : : : /  l
          ヽ'    l\:_/ j  \     / ヽ:_:/    |
               l   /|           |ヽ   /
                    \_ム|           | ヽ_/
                 l. └‐┬────┬.┘ ̄ l
                 l ;   /        ヽ    ;l
                  イ__ ,/         \ __.l
                  l: . : ./            ヽ : .l
                   l: . :/              ヽ_j
               /-、/               {A
                 /〃/                     ヒリ
              ヽ-'′




アクセスカウンター
テレクラメル友出会い出会い不倫



459 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:24:41.02 ID:5NavXTwo [5/9]
 4/7
┌────────────────────────────┐
│                                            │
│ 彼は目覚めたらどんな言葉を語ってくれるのだろう?          │
│                                            │
│ そしてどんな笑顔を浮かべてくれるのだろう?                │
│                                            │
│ それを思うと彼女の頬は赤らみ、身体は火照りを覚えるのだ。.  │
│                                            │
└────────────────────────────┘




                                   ……やる夫。

                                   倫理的に言えば私は許されないかもしれない。

                                   でも、それでも早く目覚めてほしい。

                                   あなたが目覚めさえすれば、私はあなたと……。



                 ':,  \':, \: : !     \:.:ヽ:.:.|:.:.:.i:.:.:.: ト、:.:.:i: !:.:.:.: : i:.:.|:.:.:.Ⅳ
                   \  \   >        \i:.:.|:.:.:.|:.:: : l ',:.:|、:',:.: : : |:.:.|:.i: !
                        ヽ   //////  !:.:.!:.:. |:.: : :l  i:.l ',:.',:.:. :.|:.:.|: ! |
                          i`:..、        |:. ii:.:.:|:.:.:.:.l.  !:l Ⅵ:.:.: |、:.!ハ|
                          |: ハ: ー、‐     |:.:l l:.:.|:.:.:.:.!   ||   ヽ:.:| Ⅵ :!
                         !:{ ヽ:. `:.   l:.l l: |:.:.:./   !     ヽ!  >――‐
                          ヽ!   :.:. ∧   ll ´|:.:!:.:〈       , . : :´.: : : : : :
                          \ i:. i `´  ! . |:.:.: ハ      . : : : : : : : : : : : :
                                 l:.l        !:.:/  i   /: : : : : : : : : : : : : :
                              ll      |:/   !/: : : : : : : : : : : : : : : :
                                !      |'  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                   _  /: : : : : : : : : : : : : :-=≦三
                                     /:i:i:i:>': : : : : : : : : : ..z≦三三三三
                                  ∧i:i:iⅩ : : : : : : : ィ≦/三三三三三
                                  ∧i:iⅩ: : : : : : :/三/三三三三三三
                                   ∧i:Ⅹ: : :. :.:.:./三 :/三三三三三三三
                                   |i:Ⅹ: : : : : /三三/:三:三:三三三三三
                              Ⅳ: : : : :/ニ三三/三三三三三三三三




460 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:25:11.04 ID:5NavXTwo [6/9]
 5/7




                                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                        │  状況はどうだい、長門君?  >
                                       \____________/




          順調。

          この分ならば近いうちにきっと やる夫を目覚めさせられる。


                  _ .. -― - .. _
              ..ィ ´: : : :-:―: =:ミ:、`ヾ`ヽ.
           , イ: : : : : : : : : : : : : ⌒: : : : : : : : `:丶
         .: ´: : : /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: \
         /: : : : /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,
        .: ′: : : :〃 : : : : : イ: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : ',
     /: : : : : : :/: : : : : :.〃: : : :ヾ:、: : : : : : : :\: : : : : : : : : : :.
.    /: : : : :イ: /: : : : : : :イ: : : : : : : ト、:ヽ: : : : : : :',: : : : : i: : : : i
.    .′イ :/: }: {: : : : : : / |:i: : :\: : {  ヾ:.、: : : : : :i: : : : :.|: : : :i|
    i: //:/:. :.|:イ: : : : : / j∧: : : :ヾ:.ト、、 \:、: : : :|: : : :.:.|: : : :リ
    |:ハハ: : :.|:ハ: : : :イ-一{「ヾ: : : :Y、ミー-ヾハ:. :ハ: : :. :.|: : :人:、
    {′リ:. :.:.i{: :ヾ : /{/辷ミ:、 \ i X辷=≡ミ、: :Y: : : :|: : : トミ:、
      {:小: :Y.:.:.ハ:ヾハ:::r:、iヾ:、 __Y´ 乍r:、:i:ハ入:リ: : : ノ: :./:|  `
       }八:.:.|: : : Y{:/ 弋;じ }ノ⌒ヾ}  乂zじ’ 〃}: : イ:):/}:ノ
        ′ ヾト、:. :.i.:廴_"" ノ ,   ヽ.  ""_ .イ: : : :/∧:{〃
           }ハ: :|:.圦  ̄          ̄  /: : : :/彡ィヾ、
         ′ ヾ:!i: : :ヽ     ‐..‐      /: : : :/:厶、′
              人t:、: i:{`ト         .ィ〃: :イ从{ァ ‘,
               ヾ{、Y j/ ` 、_ .. ´/"// ヾУ  :.
              \! ′   /ヽ    〃   /     ヽ
                    ,ィ"  ∧  ′ /         \
                r=彡’   ;ヘ.    ,:′         \
               ,イY::i    ├‐=ミ:、 /       ___ ..-=ゝ、
                   ハ{ l:::|     |    7     ..´ィ _二二 ̄__``ヽ
               {:!!::{     トミ. /     //イ´: : : : : : : : : :`Y}




461 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:25:40.93 ID:5NavXTwo [7/9]
 6/7
                            _  -───-   _
                            ,  '´           `ヽ
                          /                 \
  そいつは楽しみだ。俺もやっと.    /                    ヽ
                      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
  初恋の人に 再会できるぜ。.     ' 「      ´ {ハi′          }  l
                      |  |                    |  |
                       |  !                        |  |
                      | │                   〈   !
                      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
                     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
                     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
                    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
                    ヽ {  |           !           |ノ  /
                     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
                      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                        `!                    /
                        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                            |\      ー ─‐       , ′ !
                           |  \             /   |
                      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
                 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_
                              _________
                          │ 博 士 ( ガ チ ) │
                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     私も楽しみ。男同士の愛情ほど美しいものは無い。

     やる夫と博士の愛の営みは貴重な研究資料になるだろう。

     倫理的に言えば許されないが、たっぷりと記録させてもらう。

             ノノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
             |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
             |::l::::::::',::|:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
                !:i!:::::r‐t:::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
                ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
                  ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
                   ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
                    `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
                      .ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
                     /ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '
                    /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /
               _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/
                     ________
                │ 助 手 ( 腐 ) │
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


462 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:26:10.86 ID:5NavXTwo [8/9]
 7/7
┌───────────────────────────────┐
│                                                  │
│                                                  │
│   計画はもうすぐ完成する。                                 │
│                                                  │
│         ・ ・ ・ ・                                  │
│   今はまだ 原 因 不 明 の理由で目覚めないが、               │
│                                                  │
│                                                  │
│   発達したテクノロジーと博士と助手の情熱的なテクニックによって、.    │
│                                                  │
│                                                  │
│   博士の 初 恋 の人はもうすぐ (無理やり)復活するのだ。            │
│                                                  │
│                                                  │
└───────────────────────────────┘


                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                │ なんだかわからないけど、    │
                │ 目覚めたら負けな気がするお! │
                \_____________/
              |        0                 |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              |         ο                     |        │  フフフフフッ   >
              |         ゚。 ____              |       \______/
              |.            /      \          .|
              |        / _ノ  ヽ、  \.         |        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              |       /  o゚⌒   ⌒゚o  \.       |         │  クスクスクス    >
              |        |.    (__人__)     |      |        \_____/
              |       \              /       |
              |       /              \       |
              |      /               \.    |
              |    (__/l            |丶、__)   |
              |        |            |        |
              |.       |                | ゴポゴポ |
              |   ゴポッ   \    /\     /    0   |
              |   0    ノ  /     !  ヽ.       0   |
              | .   0    └‐ '´      `-┘   .。゚    |
             /.|/   ゚。                        ヽ|ヽ
             \\                       //



                 / ̄7 ┌─┐        ─      ̄フ .    ̄フ    ──  / ̄7   __      / ̄7
                    /  │  │ -──.   │  _/_i__  ̄ ̄フ  ─┬─    /              /
                  ./   └─┘        .__/  (__/  ノ    (_    _/    /   ───  ツ  /

463 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:27:10.80 ID:5NavXTwo [9/9]

今日はクリーニングの日なので「クリーニング」をネタに書こうかと思ったら、
いつの間にか「クローニング」ネタを書いていました。ウソです。
あ、クリーニングの日は明日だった。てへ。



464 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:27:38.77 ID:W1gA.2Eo

そっちかいww




465 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 21:29:04.37 ID:ljK8F62o

これはひどいwwwwww





466 名前:VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 22:54:13.41 ID:7SM2x5Io

ID:.jadJoQo
ID:5NavXTwo


いつもうまいんだからもう



関連記事
ランダムジャンプ

| 20:00 |コメント(8)
カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

|

<< ベギラマ | HOME | チョコレート >>

■御感想or寝言

15639 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/10/01(金) 02:49:33 ID:-

掘られる為に作られた命・・・
ある意味殺戮兵器として作られるより悲惨じゃね?


15640 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/10/01(金) 03:55:27 ID:-

ひでぇw


15641 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/10/01(金) 09:08:49 ID:-

博士と『助手の』情熱的なテクニックって所が気になるんだが


15643 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/10/01(金) 15:00:31 ID:-

ワロチw
これは目覚めたくないww


15646 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/10/01(金) 16:22:24 ID:-

目覚めたら終わるwwwwお尻がww


15650 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/10/01(金) 20:31:02 ID:-

これは倫理的に許されないwwwww


16275 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/11/03(水) 16:08:09 ID:-

ドラえもんのひみつ道具にうこんなんあったよな。
確か、舐めたら試練に苛まれるやつ。


16429 名前:名無しさん [] 投稿日:2010/11/06(土) 23:59:56 ID:-

>>#14110
それは『くろうみそ』


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV