やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2010/12/21(火) 乱世の豪放磊落 略歴その2:二人の少年期 一休の場合

カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 作者別短編集 【乱世の豪放磊落】文◆Civ.a/bGUo氏の短編集

短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.51 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所52                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282913904/
やらない夫短編投下所22                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その10          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド8                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その2    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
歌詞を短編やる夫storyにしてみるスレ         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287520904/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/


556 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:01:03 ID:KyAlVmf2 [1/16]



    【 略歴その2:二人の少年期 一休の場合 】




       +    ____
           /  ノ_ ヽ,,\  +
         / ≦゚≧ミ:≦゚≧
         |    (__人__)|        。 ゚。
     +   |     |r┬| }     (,.)´)´)´)) 
          |     | | | }     |~U~゚ ̄|゚o    しかし、俺もガキの頃は傷つきやすかったもんだ。
        .  |.    `ニニ  }   「ニ|:/::u ::::| O 
        .  ヽ       }   { |     |
     +      ヽ     ノ    {_L|______|  +     思春期のガラスのハートってやつだな。
          /     \   /  /
         /         \/  /
     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
 ヽ -┬―┬-                 <
 ヽ .|ニ| ̄|ニ|   /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
   |___|  / ̄. /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
 ノ |___|   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o


アクセスカウンター
出会いクレジットカード比較CFD取引FX



557 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:01:42 ID:KyAlVmf2 [2/16]



  6歳のころだったか。


  生まれの事情もあって安国寺の像外集鑑和尚のとこで出家して、周建って名前をもらったんだがな。





                   .ノ 、 、
                  ● ー) l
                   (人__) #|    ・・・・・・
                    ヽ   ノ
                    /-、r―'〉
                     └‐' ` ̄
                      ゝl  |
                        `(_ノ



              どうしても腸が煮えくり返ることがあった。


558 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:02:02 ID:KyAlVmf2 [3/16]




        安国寺は大寺院だ。 同年代の沙弥(見習いの少年僧)たちも沢山いたんだが――




   ____________
 /               <
|                <
|      / ̄√ ̄ ̄Τ ̄ ̄
|     /    /⌒\|
| |⌒\/     |  ヽ||
| | ∂       \_」|      君、どういう家柄の出身なんだ?
| \            ∟__
|  /       ____/
 \/        \____         ボクは藤原氏の傍流に生まれたのさ!
  |      ____/

                                          _          _____
                                        |r‐'      ∧/ヽ__, `ヽ、
                                        ||      (/  ー' 、__ー┐:.
                                      (⌒ン      i⌒  ( ̄`ヽ    |__j
             俺は右大臣家の出身さ!       (⌒i        ハ __ _〕ー'′   6)
                                 r‐―┤ \      {  ヽ    ̄ ̄ ̄l  {
                                「ニニl !   }       \  \, -r― 、/ |
                                ゝ二l___ハ         「\_ { /  r'__/}
                                      l    `ー… ¨ ̄ゝ、_\__ノ__,.へ、
                                     ヽ       /         __    /
                                        \      /  ∧   /{{     {



      奴らの自己紹介を聞いて驚いたもんだ、連中、名前より先に家柄の話だ。




.

559 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:02:33 ID:KyAlVmf2 [4/16]



    知っての通り仏教ってのは、戒名の頭に釈がつく。 仏弟子は釈迦の一族とみなされるからだ。






                   .ノ 、 、 ( なのに……!! )
                  ● ー) l    o
                   (人__) #| 。 ゚
                    ヽ   ノ
                    /-、r―'〉
                     └‐' ` ̄
                      ゝl  |
                        `(_ノ



        なのに連中、俗世間の権力関係をそのまま寺院に持ち込んでやがる。

               しかも、誰もそのことを問題にさえしないときた。



.

560 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:04:48 ID:KyAlVmf2 [5/16]





      そんな寺院社会は、父なし子には厳しい場所だった。






               .ノ 、 、
                ー ー) |  ……。 俺が誰の子か口にしたら、きっと奴らは真っ青だ。
               (人__) |
                ヽ   ノ     でも、そうしちゃいけない……それをしたら奴らと同じだ……
               /-r-.、 〉
               | |  |-'.|
               r┴┴.┤ノ
              ̄ ̄ ̄



          ――俺だってもう、自分の生まれを口にしちゃいけないことくらい知っていた。





.

561 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:05:43 ID:KyAlVmf2 [6/16]



    幻想――妄念の類だったんだろう。




リi ;リ,r'"~ソ .k; ;/ `7=================================rク ``'1エ皿エ:i''" wii=美 `wii'"美'"
:!i ;イ ji; ;l._,, |i; ;j= モ//リ,.',.',.',.',.',.',.',.',.',.',.',:,i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i//リヲ/ヨ、. ww美w、     `=美、洲  美w
ji;: ;j==<_,,.fi; ;L .モ//リ i',i',i',:',:',:',:',:',:',:',:,:',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',j'// リヲ/゙i、ヨ、   "''美ii ィ-//  |!洲|,,r'"`w
fi;: ;| |i; :i,=-|i: ;|. モ// リ,i',i',',i',i',;',;',;',:'',:',:',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',j,'// リヲ/:l|_゙i、ヨ、.wii美''" "'=w美=美、洲~
|i;: ;|=''""~ fi: ;i モ//リ i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i'// リヲ/jl||lllll゙i、 美=wii美i!_ ~美_>美、:|_,==美
|i;: ;| イi ;ノ='''" モ// リ;,i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',// リヲ/jlll||lllll__゙i、ヨ、 `美`美_~美=|!洲:j~ l: ;iL
ji;: ;j fi;: ;| i: ,r'/; / リ,;',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i','//r'、\kkkkkkkkkk .美、  "美~^'=j!:洲:|_,=-美
li;: ;| |i;: ; ,,r''/盒 j,;',:',:',i',:':,i',:',i',:',i',:',i',i',i',:',i',i',:',i',i',:',i',i',' 盒リ`i、':、\kkkkkk 美=w美w,,_wL. |!:洲_美=iiw
;; ,、 _,,-'',r''":,:',;',;',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i'`i、 '::、゙i、kkkkkkkkk"''美;''==、_j!:洲;L_,,美=
 {l,,r''",:',:',:',:',;',;',:',:',:',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',`i、 ';〔〕kkkkkkkkj;i='j: :;il ,=~!!:洲イ'" ;ij
;;: :``ミ牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟彳[jjjjjjjiiiiiilllllll  j: :;ijソ ト:洲:;| .l: ;i|
;;: ;| |i;: ;j ;: i:. | |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |:|llll|:|lll|:|lll||ll||ll|| 川川 .|: :;i|  .f!:洲:L_,,wii
;;: ;lリ _ ,,从 ! : | |iiiiiiii| |甬ヨ| |甬ヨ| |fjfjfj f甬ヨ| |甬ヨ| |iiiiiiii| |:|llll|:|lll|:|lll||ll||ll|| 川川 j: :;ij  .j!:洲;j'".: ;ij
- '''^::::::::: ::::::: | |―‐| |冊ヨ| |冊ヨ| |fjfjfj f冊ヨ| |冊ヨ| |―‐| |:|llll|:|llll'jl:-‐::'''",>  .|: :;i|  .|!;洲;| ,|: ;i|
::::::::::::::::::_,,-‐└― 亠― 亠― 亠― 亠― 亠― 亠ーー┴、'''"~ _,:-;‐ij"i!    .从 ;l、 |!;洲:j~^'' '"
::::::::::::  '====ィ=== ィ=== ィ====ッ:―‐ッ====ィ=== ィ=====;ィ==i:ii"[l! ‐'::~::::::::::::~゙゙ - '"'::::|!::洲:|:::::::::
   :::::::::::::::::::Ll,!;:::::Ll,!;:::::Ll,!;::::j','三j'j::::::: ::::Ll,!;:::::Ll,!;:::::Ll,!;::└'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   f!;i洲;l:::::::::
       :::::::: ̄::::::: ̄::::::: ̄::::: ̄:: ̄:::::::::::::: ̄::::::: ̄::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   |!;j洲:|


    複雑な生まれを顧慮することなく、ありのままの自分を受け入れてくれる場所。


              安国寺に――そういうものを期待しちまってたんだ、俺は。



.

562 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:06:04 ID:KyAlVmf2 [7/16]




           そして、裏切られた俺は――





                  , ノ  、 、
.                l。● ●。|
.              ゚| (_人_) |゚
.                 ヽ    ノ
                   /    ヽ
              ||    ||
.                 (|      |)
              .し    J





.

563 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:06:33 ID:KyAlVmf2 [8/16]







                  , ノ  、 、
.                   l(ー ー)|  ス…
.                | (_人_) |
.                 ヽ    ノ
                   /    ヽ
              ||    ||
.                 (|      |)
              .し    J

564 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:07:23 ID:KyAlVmf2 [9/16]





       詩作に逃避した。




                    ギョロ!!
                 , ノ  、 、
.                l≦゚>≦゚>      吟行客袖幾時情
.                | (_人_) |
.                 ヽ     ノ      開落百花天地清
                   /    ヽ
              ||    ||      枕上香風寐耶寤
.                 (|      |)
              .し    J      一場春夢不分明




         幸い才能はあってな。 15の時の『春衣宿花』なんかは、そこそこ評判になった。




.
565 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:07:33 ID:KyAlVmf2 [10/16]





                                          , 、
                                        ,へ , ;:::::ヽ`ヽ、
                                        //:::/ミ彡ヽ::::ヽ \
                                    / /::::/  ノ   ヽ:::ヽ  ヽ
                                    / /:::/⌒    ⌒ ヽ:::ヽ l
                どういう歌なのだ?        レ!::::ノ ●    ●  }:::::| |
                                     ヾ:l   (__人__,)  i:::/ /
                                       ▽、          j /レ'
                                       >。、 __, 。イ ァ.ァ
                                      _,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
                                      /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ

566 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:07:46 ID:KyAlVmf2 [11/16]





     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |   ≦゚≧ミ:≦゚≧     花見の客たちを酔わせた わずかのそまの袖の香りよ、
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ        あっという間に散った 百花の情よ。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }        家へ帰って寝てみたが 夢かうつつかまだ瞼に消えずあって
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \       枕もとにかけられた衣から その香りがただよってくる。
  /  /       \ 
. /  /      |ヽ、二⌒)
 ヽ__ノ

567 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:08:00 ID:KyAlVmf2 [12/16]






     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)        しかし、そんな気はなかったが、
    |     ` ⌒´ノ 
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

568 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:08:21 ID:KyAlVmf2 [13/16]





             ____  
          /  ノ_ ヽ,,\   
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧     
        |  /// (__人__)|      人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
        |  〃  |r┬| }     < 今あらためて見るとエロく見える! ふしぎ! > 
           |     | | | }       YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ       }  
          ヽ     ノ   
         /    \  
        /       ヽ

569 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:08:50 ID:KyAlVmf2 [14/16]






   .r-、 _00           /::::'┴'r'          .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /        .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./          .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /         . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /       、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/         . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____                         , 、
          /  ノ_ ヽ,,\                      ,へ , ;:::::ヽ`ヽ、
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧                   //:::/ミ彡ヽ::::ヽ \
        |    (__人__)|                  / /::::/  ノ   ヽ:::ヽ  ヽ
        |     |r┬| }                    / /:::/ ⌒   ⌒ ヽ:::ヽ l 
         |     | | | }                  レ!::::ノ ≦゚≧ミ:≦゚≧ }:::::| |
       .  |.    `ニニ  }                   ヾ:l ⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::/ /
       .  ヽ       }                     ▽、   |r┬|    j /レ'
          ヽ     ノ                      >。`‐´ 。イ ァ.ァ
         /    \                       _,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
        /       ヽ                     /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ

570 名前:文 ◆Civ.a/bGUo[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:09:18 ID:KyAlVmf2 [15/16]

花は女性の暗喩によく使われますよね。ええ。



571 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/21(火) 01:11:28 ID:uRaDwfYg

なんで全部台無しにすんだよw



関連記事
| 12:00 |コメント(2)
カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 作者別短編集 【乱世の豪放磊落】文◆Civ.a/bGUo氏の短編集

|

<< 「おとなの1ページ心理学」より数話 | HOME | 乱世の豪放磊落 略歴その1:二人の生まれ >>

■御感想or寝言

16861 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/12/21(火) 10:20:33 ID:-

イイポエムダナー?


16863 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2010/12/21(火) 14:36:15 ID:-

 一休の若い頃の詩と言えば有名なのがある かわいいあの子に見とれてつい酒をこぼしてしまったっていう意味の詩があるんだが、このころの酒は濁り酒のことで白くてドロッとしてるんだ。
 つまりイッちゃいましたってことの隠喩だと知ったときは一休さんすげーとおもったよ。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV