やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて 短編作品一覧 短編作品一覧(R18) TOP絵募集中 twitter やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2011/03/22(火) 10レス以下縛り短編大会 迎えに


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.52 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所62                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282913904/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その10          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド9                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
歌詞を短編やる夫storyにしてみるスレ         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287520904/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50
最速!最短!10レス以下縛り短編大会!の記事一覧
その他短編祭りの記事一覧



619 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:25:34 ID:kZScBeVA


         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
         ┃――特攻兵器、回天。                  ┃
         ┃                              ..┃
         ┃魚雷を改造し、人が乗り組んで操り         .┃
         ┃敵艦に体当たりする事を目的として造られた    .┃
         ┃必死必殺の救国兵器                  ┃
         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


               ,,-‐‐‐--  、、                               .。o
              /´   . .. .. .. . .. `ヽ 、                          ___  ,.,,. ..,, ,..,. ,  ..;,.
   ,,,,…'''゙゙゙ ̄ ̄i ̄ ̄ ̄``````````````````i```゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙''''''''''''''i……  ,,,,、        / i.|,,,;`;"´";" '
 γ゙゙i゙゙     .i                   .i ;; ;;        .i     i  ````''''‐- 、、!,!
.|  i =ゝ   i                   i           i     .i       ==!)
ゝ, .i         i                   .i           .i     !   ,,,,...-‐'''  i |'';;,,、、
  ゙:::!,,,,____!_____________!___,,,,,,,,,,,,,,,,,.....!.......--‐‐'''''"      \_!.! ´゙`゛"''゙."'゙゙ ゛ ゛"'゙.
                                                        


             ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
             ┃中には大量の爆弾が搭載されており        ┃
             ┃一撃で戦艦でも撃沈可能……な筈だった。    .┃
             ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

620 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:25:47 ID:kZScBeVA


      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      ┃だけど私は結局、目的を達する事は出来なかった。    .┃
      ┃                                    ┃
      ┃操縦中に故障した私の船……という名の棺桶は     ...┃
      ┃浮力を失い、海の底に沈んでいった。             .┃
      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \   「……くっ、駄目か……」
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       ┃元々特攻用に急造された、杜撰な設計の兵器だ。           ┃
       ┃私の必死の努力など介入出来る余地など初めから無かった。    ┃
       ┃                                         .┃
       ┃暗い海の底、狭い鉄の箱の中。                      ┃
       ┃私はただ、死を待つだけの身となった。                 ┃
       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

621 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:25:57 ID:kZScBeVA


       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       ┃……後どれだけ、空気が持つだろうか。       ┃
       ┃                              ..┃
       ┃私は、絶望感で朦朧とする意識の中        ..┃
       ┃やがて確実に訪れる死の恐怖と闘いながら    .┃
       ┃この狂った兵器に乗り込む前に別れた      ....┃
       ┃恋人の事を思い出していた。            ....┃
       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


                 /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 /::::::::::::::::::__ :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                  /::::::::::::::/fヽ_/::::::::::::::::::::_:::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
              /::::::::::::::::l i ./:::::::::::::::::::/ 、`-へ./:::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::l
            /:::::::::::::::::::', ', /::::::::::::::::::/,ィオミぇ、.  ',‐-、:::::::::::::::/l::::::::l::::::::::::::::l
           / /::::::::::::::::::::丶/::::::::::::::::::/.{ (たリ      ` ‐-、/__ l:::::l|::::::::::::::::l
.        ,-'´  /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/. `‐-‐´         ´,..__ `一l::::::::::::::::l
    __,.- ' ´   ノ:::::::::::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::/.             ,イちl )l /::::::::::::::::::l
   f::/    , -'′::::://::::::::::::::::::::::::::::::ト、            らソ /::::::::::::::::::::::::ハ
   ll__,. -‐::'´::::,::::-ニ イ:::::::::::::::::::::/l::::::::::::l `、               ̄ ./::::::::/:::::::::::::::l `、
./::::::::::::::::::::::::' ̄:::::::::::::::::::::::::::::::/   l:::::;;::::l  `、   丶、    .  /:::::/l:::::::::::::::::l  ',
::::::::::::::::,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  l::::l丶 l   >、     ̄  _,,,..-‐'´:::::::/ f::::::::::::::::::丶 ',
:::::::::::/ f::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    }::::l. ',l.  /:::::::ー:::::'::::´:::::::::::::::::::::::i  /::::::::::::::::::::::丶 l
ヽ::::::ヽ l::::::::::::::::::::::::::::::::::/       i::l  } l /::::::::::::::::::::jヽ::::::::::::::::::::::::::', /:::::::::::::::::::::::::::::`、
 `、:::::`:::::::::::::::::::::::::, -'´      /::ノ.  ハ`、::::_ __/_/:::::::::::::::l、:::::::::`:::::::::::::::::::::::ト、:::::\
  /:::::::::::::::::::::::::::::,-'´         //   ノ:::::',  ̄     `ヽ、:::::', )::::::::::::::::::::::::::::::::::', ',::::::::::::\
//:::::::ィ:::::::::::/         /  , -'´:::::::::}         `、::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::} ヽ::::::::::::::ヽ
  /::::/ /:::::::/         / , -'"::::::::::::::ノ          ',::::::::::::::::::::l ヽ::::::::::::::::::l  l:::::::::::::::::}


      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      ┃……可憐な、人だった。                 ..┃
      ┃                                ┃
      ┃こんな海の底で、決死の目的すら果たせず      ┃
      ┃ただ無駄な死を待つばかりの私には勿体無い   ....┃
      ┃素晴らしい人だった。                  ....┃
      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

622 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:26:07 ID:kZScBeVA


      ╋━━━━━━━━━━━━━━━╋
      ┃別れの日、海辺での逢瀬。      ┃
      ┃私に残された時間は、後僅か。    ┃
      ╋━━━━━━━━━━━━━━━╋


           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
          i(ー)  (ー )    |
          ゝ  __`____      j
         ` _        /    「……後、3時間しかないのか……」
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
         (   (  ̄ノ `ー-'′

                ╋━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                ┃私は、名残惜しむ様に言った。   ......┃
                ┃すると彼女は、こう言ってくれた。    ┃
                ╋━━━━━━━━━━━━━━━━╋


                 ,. ‐ '" ̄ ̄ ̄ ̄ ` ‐ 、
              ,. ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
             , ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`.、
            ,.';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`.、
           ,';;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
          ,.';;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;.ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
         ,';;;;;;;;/、;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   「……それじゃあ、私のと合わせて
        l;;;;;;;;'_ `、;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   まだ6時間もあるのね」
       ,.イ;;;;;' ´`i; ヽ" 〈;;;;;;;;;;;;;;;r‐ i;;;;;;;;;/};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      / .|;;;;;' f::::}    `''‐三! |;;;;;;;;:| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  
.     / .|;;;;'  .l::::/     " ̄ ̄`ー==' |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 「あと6時間……
     /  |;;/  じ      / ̄¨ェ、  |;;;;;;;;;;;;' ;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::|  悔いが残らないよう、愛し合いましょう」
.    /   .l;'          /" ̄::::`i |;;;;;;;;;;;;' ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   /   ∧.          t:::::::::::::ソ |;;;;;;;;;;;;l .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|,
.    {    |;;;;`、         `ー‐'"  l;;;;;;;;;;;;;;;l .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;キ、
   `、  |;;;;;;;;;'., ヽ、            |;;;;;;;;;;;;;;;l .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l"ヾ、
    ’, |;;;;;;;;;;;;`、  ´         ,. |;;;;;;;;;;;;;;;;! .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  `t、
     ヽ i;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    _,,,..  '" ,ノ;;;;;;;;;;;;;;'! .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  `ti
      f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;;;!   ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;,' .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   `|i

     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     ┃確定的な死と恋人との別離を目前に       ┃
     ┃自分の事しか考えていなかった私と       ..┃
     ┃そんな私との別れを心底惜しみ          ┃
     ┃一時でも長く傍にいようとしてくれた彼女。    ┃
     ┃                            ....┃
     ┃……つくづく、私には勿体が無い人だった。   ┃
     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

623 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:26:18 ID:kZScBeVA


    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    ┃いよいよ別れの刻が近づいて来た時     ┃
    ┃彼女は僕にこう言った。           ...┃
    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                       __
                    ,.....:::´::::::::::::::::::::...、
                  ,...:'´::.::.::.::.::.:::::::::::::::::::::::ヽ、
                /::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::::::::::::::::::::::::`::、
               ,.:::.::.::.::,::.::.::.::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::.::.::.::./::ィ::.::;:ケ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';
.              /::.::.::.::/゙‐ソ::://;::.:::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::l
     ,ィ'´       ,.'::.::.:::::;イ 'ラュヽ/ノ::::::::::::::/./:::::::::::::::::::::::::::::::l  「……あなたが大海へと旅立つ日。
   Y::i'        ,.::::::::::::::':リ f:rュ!  `>、_/-レj::::;:::::::::::::::::::::::::!  私は、この近くにある、海を見渡せる崖から
   l::::ヽ、   ,..:::::::::::::::::::;' `‐'     ,オァーt、ヾ::::::::::::::::::::::::{   あなたを見送ります」
   ゝ、_二ラ´::::::::::::::::::::::、       {:.ゞt ソ,::::::::;.:::::::::::::::::::l
   ,..ィ":::::::::::::::::::::::::::::::_;;:-':::ヽ、`     `¨´,::::::::::: ハ::::::::::::::::::l
. /::::::::::::::::::::::::::::::;:-,.ィ'´::::::::::::::::ヽヽュ    /::::::::::;'ィ':::::::::::::::::;'
/::::::r':::::::::::::::::::;:' ,.'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.__,...../:::::::;:ィ:::/::::::::::::::::::: /  「いつまでも、いつまでも、あなたが還るのを待っています。
::::::::{l:::::::::::::::::::{ ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::-:'":::::::;: ',:':::;イ::::::::::::::::::;'   あなたが還ってくるのを、ずっと、ずっと……」と。
::::::::':,ヽ:::::::::::::::v::::::::::::::::::::::::::::;:ィ '´::::;;::zニj 二.イ::; ' l:::::::::::;:イ:{
、:::::::::':, Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::; '´ ̄`ヽ、::::::::::;;:ィ'"}~`ヾ:::::::::lノ:;'
. Y::::::::} j::::::::::::::::::::::::::::::::;:'      `¬< ̄l  =「r‐i::::/
., ノ::::::;ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::l           `マーzjヾ、j::;'




       ____
..      /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |         '      |    「……僕は、帰って来れないかもしれないぞ?」
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./     / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      ┃特攻をするとは、彼女には言っていない。   ....┃
      ┃ただ、出撃するとだけ言った。           ┃
      ┃                            ....┃
      ┃でも、私は隠し事など大の苦手な男だ。     .┃
      ┃彼女は……分かっていたんだと思う。       ┃
      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

624 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:26:38 ID:kZScBeVA


             ,....-‐‐‐‐‐‐-. ...
           ,..:': : : : :: : : : :: : : : ::ヽ
         /: : : : :: : : : :: : : : :: : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         /: : : : : : : : : : : : :,: : : : :i : : : : : :l
        l: : : : : i: : : l: : : : ::l l : : : li : : : : : :l
        l: : : : : ll _ll: : :: : l .l,.-‐‐'l: : : : : : i     「……だったら、私の方から迎えに行っちゃいます。
        l : : : : ::l_.``丶  ̄ '´ ___ . l: : : : : :l     あなたがどんな所にいても、絶対に」
          l: : : : : l'7:^:ヽ    イ:::::.i`l: : : : : : l
         l: : : : ::l.ゞ::::ノ    ヾ:ジ l: : : : : :l
        l: : : : : l. `´, ,    , , ,  l: : : : : ::l
          l: : : : : l:、        ./l: : : : : : l   「だから……必ず私の元に還って来て下さいね?」
         l: : : : : l: .丶 ー‐‐ ,.ィ: : .l: : : : : :: :、
        ノ: : : : : : l: : : :l゙ ‐‐ " ! _,..」: : : : : : : : 丶、
      /: : : : : : : ::l-‐丶、   /  l: : : : : : : : : :: )
     (: : : : : : : : : : :l   丶/    l: : : : : : : : : :/
      ヽ: : : : : : : : : ::l    /     l: : : : : : : : : i
       ): : : : : : : : :ノ   /      l: : : : : 、: : :丶、
     /: : :,. 'l: : : r'´.   /     / ヽ: : : : :ヽ丶、:::ヽ
    /: : : /  l: : : l    /     /   丶.: : ::i   丶: :ヽ.
   /: : : ::∧  !: : : i  /   _  /       i: : : l / ゙、: : i
   !: : : :/ ': ヽ:::.,.....r‐- .. _ i丶、      ノ: : / /   l: :/
   ヽ: : /   ': ゙:ゝ .. `丶 .`丶、丶    /: / /     l/
    i: /    ':  `ヽ 、 丶、      ヽ  i: ,:'  /    i
    l::l       ':  l :\.丶 丶      :、i: :i /       l
     j:l      ':. i:/. \`       :、、::、        i::...__ノ
 、_ノ:l        ノ'     ` ー―‐、   :、`丶      l-‐



       ____
     /     \
    / ノ    ヽ \    「……ああ、僕は必ず君の元に帰るよ。
  /   (●)  (●)  \  この戦争が終わったら……一緒になろう」
  |      __´ _      |
  \        ̄    /


    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    ┃私は誓った。決して守れない約束を。    .┃
    ┃私はついた。下手糞な嘘を。        ...┃
    ┃                           .┃
    ┃これだけが、唯一の心残り。         ┃
    ┃私が遺してしまった、唯一の悔恨。     .┃
    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

625 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:26:48 ID:kZScBeVA



         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
         ┃……段々と空気が薄くなってきたのを感じる。  ....┃
         ┃徐々に足元を濡らしていく冷たい水から察するに....┃
         ┃浸水すらしているようだ。                ┃
         ┃                              ..┃
         ┃私は覚悟を決め、特眼鏡に刻んだ。       ......┃
         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


       ,r‐┐/)
       / ////>
     / イ └'´/
    ./  .\_.ンニニス_        『十九年十二月十二日 一五三〇 我未ダ生存セリ』と。
    /  .__...二つ:::::::::\
   (   /:::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
    ヽ  .ヽ、:::::::: __´,_     |
     \ ヽ::::::::      /
     . |    ` ー    \


     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     ┃私という人間が、ここにいた事を。                .....┃
     ┃恋人を陸に遺し出撃した男が、ここにいた事を。        ...┃
     ┃……命を捨てたにも関わらず、何も為せなかった無念を。   ┃
     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



       . ─―─‐ 、
      , "          \
    /           \
.    /        _/::::::\_ヽ
    |            :::::::::::::: :..    「……ごめんよ、僕は……」
    |       ::::::::::::::::::::::::::::::::
.     \             ´   /
     ,\          ‐‐/
    /  ` ー─         \


         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
         ┃……そして私は、目を閉じた。                   .┃
         ┃│                                   ┃
         ┃彼女との思い出と彼女への想いと共に             ┃
         ┃暗く孤独な海の底で、決して覚めぬ眠りにつく為に――   .┃
         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

626 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:26:58 ID:kZScBeVA
    ,'  l::::::::::::::::ヽ、ヘ::::::::::::::i、',                         /-l::
   ,.'  .l::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::l `、                            ハ_,ノ::
  ,'   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  ',                         /:::::::::::
 , '    j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 l                       /::::::::::::::
./    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、.        ー           /:::::::::::::::::    「――さん。――さん、起きてください」
j   /,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、               , -'´::::::::::::::::::::::
  / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、           ,.‐'.:´:::::::::::::ハ::::::::::::::
/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 丶 、    , -'"l:::::::::::::::::::::ノ `、::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      ̄    .l::::::::::::::://  ヽ:::::::


      ╋━━━━━━━━━━━━━━╋
      ┃突然、彼女の声が聞こえた。    ┃
      ┃朧気な、彼女の姿と共に    .....┃
      ╋━━━━━━━━━━━━━━╋


       ____
     /⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \      「……えっ? どうして……君が……?」
  /     __´__    \
 | u     -       |
 \             /


           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
           ┃何故こんな所に、彼女がいるのだろう?   ..┃
           ┃死境に垣間見た彼女の幻らしき何かに    ┃
           ┃私はそう問うてみた。              ...┃
           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

627 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:27:10 ID:kZScBeVA


     ╋━━━━━━━━━━━━━━╋
     ┃すると彼女は、こう答えた。    ┃
     ╋━━━━━━━━━━━━━━╋


         ___
      ,.ィ'´:::::::::::::::::::::`::..、
    ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
.   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、     「……あなたが、還って来なさそうだったから」
   ,'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
.  l.:::::::::::;l.::::::::;lヘi:::::::::ヽ::::::::::::::::::.、
.  l.::::::::::l-==t' l 'ーァ‐-'_、:::::::::::::::::.、        「だから私、迎えに来ちゃいました」
  l:;l.:::::::lアモ、   イアベ'ヽ:::::::::::::::::..、
.  l、l:::::::lゞ‐゙     ヾ='゙ .レヘ:::::::::::::::::::ヽ、
   l.::l.::::::l        /¨´:ヘ:::::::::::::::::::::::', 「……ごめんなさいね」
.   l:::l.::::::l>.. ヽニア ,.ィ'::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::l
    l:::ヽ:::::l:::::::l`'ー' l:::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::l
.   /.::::::::l、::',ニj    lニカ:::::::/.:::::::::::::::::::::/
  /.::::::::::l ';ヘヽ、   /. l::::/.:::::::::::::::::::/

             ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
             ┃彼女は恥ずかしそうに、悲しそうに     ┃
             ┃だけど嬉しそうに、微笑んだ。      ...┃
             ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   ┃……そうか、そうだったのか。               ..┃
   ┃私は、理解してしまった。                 .....┃
   ┃                                  ┃
   ┃もしこれが、今際の際の幻でないとするならば……    ┃
   ┃彼女は私と別れた後、恐らく――              ┃
   ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       ┃……こんな海の底にまで、命を捨てて       ...┃
       ┃魂となって迎えに来てくれた彼女に         ..┃
       ┃最早抜け殻となりかけていた私はこう答えた。    ┃
       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ    ヽ \    「……ありがとう。
   /  (●)  (●) \   これで僕はもう、思い遺した事は無くなったよ。
  |        ´      |  さあ……一緒に帰ろう。そして、帰ったら、一緒になろう」と。
  \      ー=‐'   /
   ノ           \


  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  ┃そして私達は、冷たい海の底から旅立った。        ......┃
  ┃連れて来てしまった罪悪感と、悲しき救済を携えて。    ....┃
  ┃                                   .....┃
  ┃私の体と無念を、静かに横たわる鉄の箱に遺して――    ┃
  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

628 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:27:20 ID:kZScBeVA




       .,.;:;::'''""""''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,       . ... . . ....  . .
  _...:;;:''"'"     ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…    ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,      . ...
 .,;: _...       .,.,;:;:;:,.,.,_                 ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .
    .....,,,,,;:;'''"'''"/ ̄ ̄ ̄ ̄\    ....,,_,,,...;:;::''""''''"    ..  ... .  .. .. .
,.,;:;:;:;:;'''""""""  │ ザー…… │;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:..  ..  . . .. .. .. . .
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,\____/. :..   . :.  .. . :.:.. ..  . .      _,,...;:;:;;:''""
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
             _,,..-―''´ ̄ ̄`ヽ、""""''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""
        __,,,..;;'''´  '''' ""''     ´''''''''""'''``''ー-、    ::::;;;;;;;;;,,,,..... / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ,__,,..;;;'''''''´'               '"""  '''''"   ,'〉       ""''.│ザザーッ…… │
''´'      "''' "" '''"                  ,,-'/. . . . .    .: .. .\_____/
""'"''""               "''''"""''"   ,,-'''゙ /.:.:.:..... .. .... .. .. . ...    :. .:.:.:
   '" "" ''''' "" "''   "''''''"       ,,-''ll:::l:〈
                        ,/l/:::: .〈::.|ー―.―:ーー.ー―..―ー.―‐‐
             ''"''''""""''    /(` .L:::::l||::::| ..::.:::. ::::. : .:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :
''"''''"""''"              。 /ト、,,,;;:i;;::..人/.. .. . . :. .: ..    .. .. . .: ..  ...
       '"´ `''"´ "''"   、、,,-'''゙li;;;;|;;〉;;;:::|:〉L;;|.. . :.。. .: .~ .:.:  . .. ... . ~

629 名前: ◆bueGn8HfA6[sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:27:35 ID:kZScBeVA

投下終わりです。
作品タイトル名は「迎えに」です。

『人間魚雷回天』という映画のエピソードを元に
色々混ぜて作ってみました。

こういうのあまり慣れてないんで
文字数多くて申し訳御座いませんでした。



630 名前:地震なんかに負けるなお![sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:33:38 ID:IybY44NY

乙。10レスでこうも綺麗に纏めるとは・・・



631 名前:地震なんかに負けるなお![sage] 投稿日:2011/03/19(土) 12:36:03 ID:hIEXw1y2

凄い…イイ…!


関連記事
| 10:50 |コメント(3)
カテゴリータグ:やる夫短編祭 最速!最短!10レス以下縛り短編大会! 2011

|

<< 10レス以下縛り短編大会 B.O.Wのあいさつ | HOME | 10レス以下縛り短編大会 こういうケースもあるというリアリズム >>

■御感想or寝言

18370 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/03/23(水) 02:34:40 ID:-

少し後味悪いけど、でもよく綺麗にまとめたな。この縛りでもこの密度か。


18417 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/03/24(木) 00:36:50 ID:-

シメが良いね


18506 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/03/27(日) 04:53:02 ID:-

これはひょっとしてできる夫は別れを告げるようですの作者か?


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ