やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2009/07/12(日) 絶対に損をしない料理店

カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 SF・ファンタジー系(2008~2009) やる夫短編作品 200809

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No28 【練習用】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1247297921/
やらない夫短編投下所4
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1245335165/
出演 月 やる夫 やらない夫


964 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:22:18.81 ID:4YEpkCIo

10レスにも満たないほどの、本当に超短編ですが
投下しても構いませんでしょうか?



965 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:23:09.07 ID:cy47zEco

ばっちこーい!



966 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:24:56.39 ID:4YEpkCIo
それでは…
【絶対に損をしない料理店】

    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|   「彼」は料理店を営んでいた
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|   暗い路地裏でひっそりと
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|   決して繁盛しているとはいえず.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   むしろ貧乏な暮らしを続けていたが
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|    「彼」は決して自分が損をしているとは思っていなかった
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|    それには、二つの理由があった
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.

967 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:25:58.51 ID:4YEpkCIo
         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |    「おお、これは美味しそうな「料理」だろ。
       l` ⌒´    .|   常識的に考えて。」
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|   来店する客は、みな「彼」の「料理」に満足する
       | ``ー―‐'| ..ヽ|   それがまず一つ、「彼」が損をしない理由であった
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ !:::::::::::::::!
      l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:! l::::::::::::::::|   
      l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:! !::::::::::::::::!
      l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'    
     l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'    「彼」が客に出す料理には秘密があった
       \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、    誰しもが満足できる理由が
        \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く
         ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/
         / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/     その秘密は、彼が損をしないもう一つの理由
           /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_      に直結する
           !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、
    ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー~
        l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!::::::::::::::::

視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラライブチャットメル友募集出会い館メル友



968 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:27:00.70 ID:4YEpkCIo
         / ̄ ̄\
       /       \
      ( ―)( ―)  |    「…なんか、食べてたら眠くなってきたな
      .(__人__)      |     まだまだこの料理を楽しみたいんだが…」
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |    「彼」が料理として提供するのは「お客自身」であった
      (ヽ、ヽ   /  )|    自分が嫌いな人間はいない お客はその料理を満足して口に運ぶ
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / ̄ ̄\
       /       \
      ( ―)( ―)  |    「…シェフ、悪いけど…救急車を…」
      .(__人__)      |     
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |    また、人の人生とは単純なものではない
      (ヽ、ヽ   /  )|    いくつもの挫折、いくつもの幸福、他人には計れない幾重もの連なりがある
       | ``ー―‐'| ..ヽ|    それがこの「料理」の、最高の調味料となった
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

970 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:29:42.65 ID:4YEpkCIo



                            そして、「自分自身」を食し終わった時、
                            お客はこの世から、姿を消す




                         コトン
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ !:::::::::::::::!
      l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:! l::::::::::::::::|   
      l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:! !::::::::::::::::!
      l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'    
     l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'   
       \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、    「彼」にとってこの瞬間は最高の愉悦であり
        \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く    最高の生きがいであった
         ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/
         / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/     「人を消す」のではない
           /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_      「人に損をさせない」
           !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、  それが最高の生きがいであった
    ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー~
        l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!::::::::::::::::

971 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:30:43.65 ID:4YEpkCIo
【ある日、「彼」の店に一人の青年が訪れた
彼は、いつも通り「料理」を振舞った】

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \      しかし、今日の「客」はいつもの客と違っていた
   /  (ー) (ー) /^ヽ     目の前に置かれた料理に箸をつけようとせず、ただ黙っている
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

    !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   
    j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !  
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   .
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!  
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!   「彼」は聞いた、自分の「料理」に不満があるか?
         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ    「彼」は自分の出したものには絶対の自信があった
           ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ    
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/     いつもの通り、この「客」にも損はさせていないはずであった
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

972 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:31:55.61 ID:4YEpkCIo
 .         ____
.        /      \
.      /         \
.    /     ─    ─ \     「客」は答えた
.     |     .(ー)  (ー)  |     「客」は自分の人生に失望し、自殺を考えているという
      \     (__人__)  ,/
.     ノ      ` ⌒´   \     自殺の直前に、いつもは入らないような店で最後の贅沢をしようと考えていた
  /´               ヽ    しかし、この「料理」は自分の求めていたものとは違ったらしい
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

973 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:32:53.64 ID:4YEpkCIo
                  ,. -‐- 、
                    /. :/:} : ハ
                 {: :/|イA: :}
                   V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
                /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__          瞬間、「彼」は自分の中で何かが崩れるのを悟った
     _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
    /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
    `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                     V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                     }、: : : : : : : : :i: :|          「客」を満足させられなかった
                     {:`:ー : : : : : }: :}          つまり、客も自分も損をしてしまった
                      |: : : : : : : : :/_ノ          初めて、自分の店の看板に偽りができてしまった
                       ト- 、:_:_: :イ´
                        | : : : : : : /

       _ ,;--、_ , 、-;: 、 
     _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_ 
    ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐ 
 , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .
/ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; {
./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
 /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    そして、「彼」は悟った
r'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l     自分のしてきたことの大きさを
j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´ 
/|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /T
 レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j     自分が多くの人の人生を奪ってきたことを
  |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./     自分が他人に、これ以上ない損を与えていたことを
  レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
  l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
  /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
  |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /

974 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:33:51.64 ID:4YEpkCIo
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|  すると、「彼」は何処へともなく去っていった
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|  自分の店の看板を持って
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|  最後に「客」に「ありがとう」と言い残して
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |  
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|   
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \    なんのことか分からない「客」であったが
    ヽ   L   |r┬-|    |    「ありがとう」という言葉に、悪い気はしなかった
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \    次第に、自殺しようと考えていることもバカらしくなってきてしまった
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

975 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:34:55.08 ID:4YEpkCIo
          ____
        / ─  ─\
       / (●) (●)\
     /    (__人__)    \   落ち着くと、お腹が空くもので
     |     ` ⌒´     |   自然と先ほどまではまったく食指の動かなかった「料理」が
     \             /   とても美味しそうに見えた
     ノ            \
   /´               ヽ          「彼」の手が、自然と「料理」へと伸びていた
   |   l              \ グゥ~
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


【絶対に損をしない料理店】 end

976 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:35:39.29 ID:7y/sDEQo

乙。
なんか、昔のSFかなんかで、自分を食べ続けて舌と脳だけが残った人間とかいうグロ小説を思い出した。



978 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:36:22.51 ID:4YEpkCIo

というわけで、以上です
スレ汚し失礼いたしました

とりあえず、ルールに従って新スレ立てて参ります



979 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:49:16.18 ID:4YEpkCIo

新スレ立てて参りました
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No28【練習用】
ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1247297921/

>>976>>977
ありがとうございます
一応、オリジナルのつもりですが…やっぱり、印象が被る作品もあるみたいですね
もっと勉強しないと



980 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 16:54:23.55 ID:2HXFI76o

乙、星バーーーローーあたりが書きそうな話だな



981 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 18:36:44.72 ID:eJEpH4Mo

人肉飯店かと思えばオリジナルか。不思議な余韻があって面白かった。乙



982 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 18:51:05.72 ID:hMhMPdco


「彼」は最後に自分を料理したのかな

客が「自分自身」を食するイメージがよくわかなかったので
描写があるともっとおもしろかったかも
客は来るたびに自分の体の一部も失っていくんだろうか?



983 名前: ◆rpmUKaHt7Q[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 19:03:25.04 ID:4YEpkCIo

>>980-982
ありがとうございます。

バーローはこのやる夫短編で少し見知った程度なんですが、本当にスゲェ人だな、と思います

細かい部分は色々妄想したくなるような「なんともいえない余韻」を残せたら成功だな、と思って作ってみたんですが
「描写を細かく」ってのも、たしかに取り込んでみたい課題ですね…
それができなくて、以前大失敗してますので…




関連記事
ランダムジャンプ


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

| 23:00 |コメント(3)
カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 SF・ファンタジー系(2008~2009) やる夫短編作品 200809

|

<< やる夫は四国・徳島で名物を食べるそうです | HOME | 二人の白饅頭が月につきあってくれるそうです >>

■御感想or寝言

3686 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/07/14(火) 10:54:55 ID:-

料理食わせて眠らせてからそいつを料理する?
食べもせずに求めてた料理と違う?
イミフ


3688 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/07/14(火) 12:18:32 ID:-

自分という概念を料理として出してるんだな
自分が好きなヤツは料理もうまそうに見える。
で、それを食べることで消費しちまって自分の存在をなくしちまう。と。
やる夫は美味い料理を食べに来たが、自分が嫌いだったので料理もまずそうに見えた。

やらない夫の時点では現象だけ見せて
やる夫の時点で秘密が明かされれば不思議な感じが強くなったかもしれないな


3690 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/07/14(火) 16:51:17 ID:bjkQOZek

いいねこれ。好きだわ。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV