やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2011/08/20(土) ~やる夫板Ⅱ周年記念短編祭~ テーマあり部門 B-29  二番セカンド、できない夫

カテゴリータグ:やる夫短編祭 やる夫板記念祭 ~やる夫板Ⅱ周年記念短編祭~テーマ部門 2011

短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.53 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所79                   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282913904/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その12          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド11               http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
歌詞を短編やる夫storyにしてみるスレ         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287520904/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50
~やる夫板Ⅱ周年記念短編祭~ テーマあり部門 の記事一覧
~やる夫板Ⅱ周年記念短編祭~ フリー部門 の記事一覧



264 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:50:42 ID:mtRMmk8E


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...::::::::::::::::
      ::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..:::::::::::::::
      ::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..:::::::::::::
      ::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: ::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, ////////┌────────┐/////////\
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, ////////│  旅館   威容   | //////////\
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ ///////l└────────┘////////////ゝ
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三┃
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ _ ___________________ ┃
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" 〃  l....... .... |=====l=====| | 〃 |  〃|  ┃
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "   〃   l ........ ...|=====l=====| |__|__|  ┃
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "         l::::: ... ...|=====l=====| | 〃 |  〃|  ┃
 ""|l!|| ll|ソ  ""           l....    |=====l=====| |__|__|  ┃
   li(~):|l|   ,,,,,, ,             l....    |=====l=====|:::        ::::┃
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;┌───┐
   |;l!l| |;;) iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iii__________;;;;;:::::::iii l │空有  |
   |ill|| lll(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)|三三三三三三三三三三|(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 二llil|l l!| (⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)|三三三三三三三三三三|口(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
、.,.ノiiノ:l|| !ヽ、.,.,             ,.、.,       ,.、.,,,.、.,      .、.,.,
 "" ^~"" ^~ " "

265 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:51:00 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 まいった、明日は試合だというのに寝つける気配がしない
 枕が変わったせいか、それとも、やはり緊張のせいだろうか
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



    / ̄ ̄\
  /   -‐'  \
  |    ( 一)(●)
  |        | |        …… 散歩でもするか
   |     __´___ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
 /  /    __人〉\





─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 俺は同室で寝ているチームメイトを起こさぬよう
 そっとふすまを開け、外に向かった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

__________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||____________|||____________|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  || | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||
                  || |          | ||| |          | ||
                  || |          | ||| |          | ||
                  || |          | ||| |          | ||               / ̄ ̄\
                  || |          | ||| |          | ||                  /   「   \
                  || |          | ||| |          | ||              |    ( ●)(●)
                  || |          |[l.|||.l]|          | ||                |       | |
                  || |_____| ||| |_____| ||                |     __´___ノ
                  ||┌┬┬┬┬┐. ||| .┌┬┬┬┬┐||               |        }
                  ||├┼┼┼┼┤. ||| .├┼┼┼┼┤||                 /\         }
_________||└┴┴┴┴┘. ||| .└┴┴┴┴┘||_______ /::::::::\     ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ . /:::::::::::::::::::\  一
                                               /::::::::::::::::::::ヽ`エ
                                             /::::::::::;::-─:::::::: : :ヽ∨
                                          /:::::::/: : : :::::::ヽ:::\: ゙|
                                            /:::::::/: : : : :::::::::::::|::::::::} j
                                        /:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/
                                          /:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/

266 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:51:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 夜だからか、八月だと言うのに、外は涼しかった
 爽やかな風が抜け、心地良さを感じた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


        ||      / /                ||     ||        ||
     / ||    / /                  ||     ||        ||
   / /||  / /                    ||     ||        ||
 / /  ||   /                      ||     ||        ||
  /    ||                     / .||     ||        ||
        ||                   /  ,l|     ||        ||
        ||                 / .    ||     ||        ||
        ||               / ./   l|     ||        ||
  ___||                  / .   ||     || [i]        ||
    (⌒ ;;)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (⌒ ) ̄ ̄||        ||
 (   ;; ⌒;;) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(⌒; ;;   ;) ̄||        ||
  , .,.;;;;( ,.,;;;;,)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(⌒ `´ `  ,;; .,. ,; ;;;)___||        ||
 三三三三三i/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三三三三三i/






─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 少し歩くと、公園があり、静かに置かれたベンチを見つけた
 俺は、そのベンチに腰掛け、明日のことを考えた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;` ; ; ゞ゛ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞ
;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┳ ヽ;;;;;;;;;;;ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ
;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;。;;*;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;゙'⌒)|.|;;;;;;;;;;;;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "゛;"; ゞ; ;
;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;ゞ ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::; ;;;ゞ゛//;;ヾゞ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ

267 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:51:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 明日は、夢にまで見た甲子園だ。この一年で急成長した、二年生二人の活躍で
 初めての地区予選突破を達成し、この兵庫までやってきた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


┌───────────────────┐
│       f ̄`i                     │
│       |.  │                      │
│       |.  │ ,。-‐…‐。、             │
│      |.  |/   ゚  ゚  ヽ              │
│.      |.   |         ヘ              |   ┌───────────────────────┐
│       |  │ミ三二二二二>            |   │           。-‐……‐-。                 │
│.       |.  | f´   \, /            │   │        /  ゚  ゚  ゚  ヽ      ./ ̄:三}     .│
│        |.. |c j   ( ●)(●)            |   │.       /          ハ    /   ,.=j     │
│       |  |イ     (__人__)             |   │      ∠二二二二二三彡'  |  ./   _,ノ        .│
│.       |. | |     ` ⌒´ノ         │   │.       / (●) (● ) `j(O│/{.  /          │
│        |. | ヽ.        }              |   │      /::::⌒(_人__)⌒:::::し__ノ'::::::::ヽ、/          │
│.       (ミ ̄)_ゝ     ノ            │   │      |    |r┬-|     /.::::::::::::::/ __        ...│
│      /´ 「ミ)      く             │   │       \.  `ー'´   ,. '´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、     ...│
│     ( . ´ ∧ \  ノ   / ヘ          │   │         >.、__ ,.イ::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ    .│
│     丶_/  \  Y    /   i         │   │        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /    .│
│          i \ _ ノ                 │   │     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\  .....│
└───────────────────┘   │.     i      ! ::::::::::::::/i    | !::::::::/ヽ、.._!      .│
                                 │     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/     ..│
                                 └───────────────────────┘

268 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:52:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 誤解のないよう、言っておくが、俺は補欠ではない
 二番セカンド、れっきとしたレギュラーである

 ある程度、守備には定評があるし、自信もある
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



   / ̄ ̄\
 /   「    \
 |    ( ー)(ー)
. |       | │
  |     ___´__ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 しかし、この夏の予選
 俺は一度も出塁を果たしてはいない
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

269 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:52:43 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 と、言うのにも一応理由があり

 一番できる夫が塁に出て、俺が犠牲バント
 三番やらない夫、四番やる夫が、できる夫を帰す
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

┌──────────────────┐
│                   n      ...│
│                   l^l.| | /)    ...│
│                   | U レ'//)    │
│      ___      ノ    /     .│
│    / ⌒  ⌒\  rニ     |      .│
│   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /      .│
│ /   /// ___´___ ///\ / `   /       .│
│ |       `Y⌒y'´    |   /      ....│
│ \.       ゙ー ′  ,/  /       .....│
│  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /         ...│
│  / rー'ゝ        /           .│
│ /,ノヾ ,>         イ             .│
│ | ヽ〆          |            ....│
└──────────────────┘

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 という、黄金のパターンがあり、本予選では
 驚くべきことに、ほぼ全ての打席で、犠牲バントが
 要求される状況となっていた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

270 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:53:01 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 現状に不満はない。事実、俺の仕事がチームに貢献しているのだ
 ただ、想像することもある。

 白熱する試合の中、ベースの上から見える景色は、どんなものか
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



            888
            888                     に|
            888                      __|_
            888                   に|   ┌’㊦‘┐  に|
            =||               ___|__| :。。  |___|____
              ||            | G EEEEEEE! ’    EEEEEEEEE! |
            _||.________|   EEEEEEE! ===    …   …   |___
            | |関西ペイント| | SSK |.| T EEEEEEE! EEE!    。。。。。。 .|SONY|
            三三三三三三三三三|―――――――――――――― |三三三
            三三三三三三三三三|      携帯!は三菱電機       |三三三
            三三三三三三三三三|_______________|三三三
            三三三三三三三三三 /l  |                   |  |i三三三三
            三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三
                 Panasonic                      生活設計
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
             ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
                     _,,. -=- .,,_

                                                 _,,..、 -
                                         _,,..、 - ‐ '''' "´
                                _,,..、 - ‐ '''' "´
            _     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
            ./ = /    /
               /    /
                 _,/ ̄ ̄ ̄

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 そして、更に想像する。甲子園は、きっと暑いだろう

 あの炎天下の球場で、出塁できたなら
 世界はどう見えるのだろう
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

271 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:53:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 現状に不満はない。不満はないが……
 やはり一度くらい、痛快なヒットを打って、出塁してみたいものだ
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;` ; ; ゞ゛ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞ
;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┳ ヽ;;;;;;;;;;;ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ
;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;。;;*;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;゙'⌒)|.|;;;;;;;;;;;;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "゛;"; ゞ; ;
;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;ゞ ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::; ;;;ゞ゛//;;ヾゞ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ


      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( ー)(ー)
.     |      │ │        できる夫が塁に出すぎるせいだよな
     |     ___´___ノ
      ,|        }           ……いや、非常にありがたいのだが
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 できる夫は俺と同じ、三年生だ
 高校に入ってからは、何が何でも塁に出る能力を磨き
 先頭の打者としては、鏡となる技術と精神を身につけた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

272 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:53:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 色々考えているうちに、いつの間にか
 公園には、もう一人の客人が訪れていた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


                         _z‐ 、イ_
                  (ヽ __≧∨ レ  >
                   __≧___ .   . ̄\
             .               <  <ヽ   ィ
           /                      ̄ /
          /                  ヽ   <
            /                    .ィ   ソ
          '    /     :!            レ1 .≦
        i   /_l /   /|        レ  く
        |  N |/|  /./ __! /!       ,'.  r<_ノ
        |. i: N下ィテ|/l/  |/`|  j.__. イ:   .|
        |. | {     '   下ィテア|   /r‐ }/| _人′      隣、いいですか?
         N| l\   、      /  /r'_,/. |/
.           |./ f `ト---r   /  /  /`>ー 、
.          /′ . |イ;/、  /イイ .///⌒V
.             '. {\_____イ.///     '.
.              ∨\_,|o|___|f` く{       ,
               辷_ |o|   ` ̄ '、     :
                  } `トキ― 、_、_》、     i
                   {.    !      }  {ヽ   '.
                 }\            iヽ!     '.
                  {           ノ ∧    '.

ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・

アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ



273 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:54:02 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 軽く頷き、少し席をズレる
 彼女は開いたスペースに腰掛け、息をついた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

    / ̄ ̄\
  /   -‐'  \
  |    ( 一)(●)
  |        | |    ああ
   |     __´___ノ ))
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
 /  /    __人〉\



          __
           > `ー∧―一 Z
          /r__     、 `ユ
        厶'⌒ー一 ⌒ヽ ヽ」 \
         /      ヽ \\   二ア
        ./   /   !  、」  ヽハ 、. ハ
       /   !ハ ! !    、 ヘ iゝ>ハ         どうも
      /i .i! l_i V ヽ_  \≧、 r‐\
      ̄! l!ト.∧iヘ   iヽト、. } l/   .f
     .人ハi |:::::::ト、r、!|:::::::| j!/i` .∧{
      ゝ} 、 `ー '    `ームレ |/レ′
       } ト、>x. _―_ .ィj ハ.|
       レ ゝ ヽ-r1ハ¨¨i/./‐x
          i \ゝ:l]::::::彳’  ハ
          | i  ヾ. y”   / ハ
          |ノ    ゙     }  .ハ

274 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:54:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 見たところ、自分より少し年下といったほどだろうか
 こんな時間に、こんな所にいて、表情も明るくない
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


                  `ー--≧   V レ´{
                  _,フ'         __`ヽ.
             -‐   ≦==、、-、     \`ヽ
          /             `ヽ、 }     `フ
         /                 ヽ|     `ヽ
    ∠ニ´_/            ヽ    |  }人 {ヽ. \ヾ
         /      /!     ト | ヽ  .|  ミ  ノ ヽ._
        |      / | |    | | | ヽ |  | ヽ }   {´ ̄
         }|     / __| ||  ヽ、|__リ__ ヽ!  |V-/,イ 人
       リ| |  _/  リ | | / y    リ| i´[]´ /.ノ
        | 、 | |jィ=≠ァ! //   ィ≠=ァ ! ´|/| | |/
        ヽ 、| | 弋付ソ|/"  弋イタ  | |ノ/
         \v||                  ! !/
           |ヽ    ヽ       /| ト,
       __  |ヽ             イ、/  | }_......,,__
      /  `ーヽ ヽ、_ .  ‐ ‐   / .ノ/  ./ /   ヽ
     |  ̄\   ヽ ヽ \ ー ‐ ´ / i   / /        ヽ
     |    ヽ  ヽ  \ \__/  | /   }         {
      |/     \j |  |;;} /;;;;;ヽ  /!/  /       }
     /     {  | | ./;;;{人;;;;;;;∧/;;;/リ  |         |


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 あまり他人を詮索する趣味は無いが、
 なぜ彼女がここにいるのか、少しは気になるってものだろう
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

275 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:54:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 だから、彼女に話しかけてみることにした
 会話でもすれば、リラックスして眠れるかなという気もした
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   「   \
    (⊃   ( ●)(●)        あの、さ
     |       |  |
      |     __´___ノ         ちょっといいかな ?
       |     `ー'´ } \
     /ヽ        }.  \
   /   ヽ、.,____ノ      )
  /        .   | _/



                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
             /        ヽ `Y′之>
.             /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |        何ですか ?
            |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
              `|   ヽ    「)'/|/
              ヽ、_ へ _,.ィT/
                /|| ̄ || 丶
        .      / .,_|L_,」|__,  ',
        .      |  !     i  |

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 俺が彼女に話しかけると
 彼女は、自然な感じで、俺に返答してくれた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

276 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:55:02 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 まずは、単刀直入に、一番のギモンを聞いてみた
 もしかしたら、教えてはもらえないかも知れないと思ったが
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


          / ̄ ̄\
         / へ     \
       . ( (● )    |       少し、気になっただけなんだけど……
          { |         |
        r-ヽ`         |      こんな時間に一体どうしたの?
       (三) |        |
       > ノ      /
      /  / ヽ     /
     /  / へ>    <
     |___ヽ  \/  )
         |\   /|
         |  \_/ |



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i         ああ、んー……
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|         ちょっと眠れなくて
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川           夜風にでもあたろうかと思って
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨
        |::::/::::/ `i
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 意外にも彼女はあっさりと、その問に答えてくれた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

277 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:55:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 理由は、自分と似たようなものであった。
 しかし、彼女の表情が気にかかり、もう少し話を聞いてみたかった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●         なんだ、じゃあ俺と同じか
   |        |  |
.   |      ___´__ノ       ……眠れない理由とかあるのか?
    |      ∩ ノ ⊃             キモチ、冴えない顔をしてるけど
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
.         /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |          うーん、ないこともないかな……
        |ハ |(●) (ー)u./ / ,/レ′
          `|   ヽ    「)'/|/          良かったら、少し聞いてくれる?
          ヽ、_  ―  _,.ィT/
            / Eニ::ィ -、 |
           /::::;/ ヽ:::/:::/'::
          /:::/へ ヘ/::::/:::
          /:::::\ ヾミ::::/|:::

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 あまり、突っ込んで聞き出すつもりは、当然なかったが
 どうにも少し、語りたいみたいだったので
 ありがたくその話を聞いてみることにした
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

278 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:55:44 ID:mtRMmk8E

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;` ; ; ゞ゛ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞ
;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┳ ヽ;;;;;;;;;;;ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ
;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;。;;*;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;゙'⌒)|.|;;;;;;;;;;;;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "゛;"; ゞ; ;
;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;ゞ ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::; ;;;ゞ゛//;;ヾゞ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ



      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( ●)(●)
.     |      │ │
     |     ___´___ノ      ああ、迷惑じゃなければ、是非
      ,|     `ー´}
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 以前涼しく、風通しの良い公園で、静かなベンチで二人
 俺は彼女の話を聞く
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

279 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:56:04 ID:mtRMmk8E


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 静寂の中、少女は語り始めた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


           _   , ------
         /::::::::::::::::/:::::::::::::::::\\
       / /┌──┐::\:::::::::l\l
      イ::::/: -.└──┘\:::l::::::::::l
    /:::l::::l ´:::::::::::::::::::::::::::::::l:/ヽ:::::::::l
    l:::/:l:::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::l
   /:::::::l/:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l:::::l:::;
   l::::::::::::::::::l:::l::::::l:::::::l:l::::/\:::::::::::::l:::::l丶:
   l::::::::::::i::::::l::l::::::l::::::::l::::l  \::::::::l l::l 丶;       別にね、深刻な悩みがあるとかじゃ
   l:::::;:::::.l::l┼l-トl:::::l:/ -- l:丶::l .l::l         ないんだけどね――
   .l:::::l::丶`-┬┬l:\l -┬┬. l::::::/ l/
   丶::丶::丶 `´ .l/   `´  l::::/:l
     丶l:l丶:           l::/:::l
      l;l l;;l:丶       ///从l
       ┌―l:::l`  - イ:::::/:l--┐
       │......l::l ┴..-..┴ l:/...........l
        l......│        l...........l




                  `ー--≧   V レ´{
                  _,フ'         __`ヽ.
             -‐   ≦==、、-、     \`ヽ
          /             `ヽ、 }     `フ
         /                 ヽ|     `ヽ
    ∠ニ´_/            ヽ    |  }人 {ヽ. \ヾ
         /      /!     ト | ヽ  .|  ミ  ノ ヽ._
        |      / | |    | | | ヽ |  | ヽ }   {´ ̄
         }|     / __| ||  ヽ、|__リ__ ヽ!  |V-/,イ 人
       リ| |  _/  リ | | / y    リ| i´[]´ /.ノ
        | 、 | |jィ=≠ァ! //   ィ≠=ァ ! ´|/| | |/
        ヽ 、| | 弋付ソ|/"  弋イタ  | |ノ/           自慢ではないけど、私
         \v||                  ! !/           ある程度のことは何でも無難にこなす方なんだ
           |ヽ    ヽ       /| ト,
       __  |ヽ             イ、/  | }_......,,__
      /  `ーヽ ヽ、_ .  ‐ ‐   / .ノ/  ./ /   ヽ
     |  ̄\   ヽ ヽ \ ー ‐ ´ / i   / /        ヽ
     |    ヽ  ヽ  \ \__/  | /   }         {
      |/     \j |  |;;} /;;;;;ヽ  /!/  /       }
     /     {  | | ./;;;{人;;;;;;;∧/;;;/リ  |         |

280 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:56:23 ID:mtRMmk8E



      / ̄ ̄\
     /      \
     |    -‐'  へ l
     |  (● )(● )|
      |      |   |      ふむ、それで?
      |    __´___   }
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ



                 ヽヘ      \
                     \\,     ヽ
       |              V∧     Vヽ,
  /   │       !          V|ヾ      ゝ
 .  !  │    │  |    ヽ:      ヽハ      \
  | ∧ ハ   .│   |    ハ     ヾゝ::.:.:.:.:.:.  ヽヘ
  ::, -┴ 、   ::/l  :::ト、    ::l    ..:::Nl :.:.:.:.:.ヽ:.:. |
∠´     ヽ ::__:i l  :::l `、   :l    .:::::j:::.:.:.:.:.:.ハ:. ,        でもね、なんていうか、こう……
    ̄`~ヽ `y l l :∧:l__ `、 .::l ::::::::::::___:j:::.:.:.:.:.:! j/
  ヽ、    l/ /| -V ̄ヽ   W| ::::「二ヽ|.:.:.:.リ V           特別得意なこともないというか
、   l   /イ´:::! _______ | :::|┌j l.:.:.:/              華がなくて、パッとしないというか、さ……
_ \. L/ /!::::::| ' ̄|「::::::::::|「 〉 | :::|/// .:(
i ノ`'´  ∧ ヽ::|   ̄ ̄ ̄ ´ l ::::| / :.:ゝ\
二__ __ ,イ /  `          } ::::|く´  :.| `ー
 || |「 |l |  r、         ,ィ :::::| ヽ jノ



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 彼女は、悩みまで俺に似ていた
 これはある種、思春期特有の、ありがちな悩みなのかも知れない
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

281 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:56:41 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 人は一度くらい、"主人公"に憧れるものだと思う
 俺も彼女も、ハタから見れば、主人公になれないという意味で
 同じような立ち位置にいるのだと感じた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;` ; ; ゞ゛ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞ
;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┳ ヽ;;;;;;;;;;;ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ
;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;。;;*;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;゙'⌒)|.|;;;;;;;;;;;;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "゛;"; ゞ; ;
;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;ゞ ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::; ;;;ゞ゛//;;ヾゞ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ




     / ̄ ̄\
   /   -‐'  \
   |    ( 一)(ー)
   |        | |         …――なるほどねぇ
    |     __´___ノ
    |   ,.<))/´二⊃
    ヽ / /  '‐、ニ⊃
    ヽ、l    ´ヽ〉
  /  /    __人〉\

282 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:57:01 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 だから、彼女の悩みは、よく理解できたし
 この話を聞いて、自分の悩みを再認識する部分もあった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



     / ̄ ̄\
   /   -‐'  \
   |    ( 一)(●)      正直、その気持ちは、とても共感できる
   |        | |
    |     __´___ノ         ……俺もな、明日、甲子園に出るんだよ
    |   ,.<))/´二⊃
    ヽ / /  '‐、ニ⊃
    ヽ、l    ´ヽ〉
  /  /    __人〉\




              _   _,
            ___,> Y´'ー-、
           _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
.          /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<       え、すごいじゃん!
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ |(○) (○) / / ,/レ′       でも、こんな時間に起きてて大丈夫なの?
           `|   '_   「)'/|/
           ヽ、_  、_)  _,.ィT/
             l 7Eニ::ィ1│
             'イ/ヽ::::`l┘
             i´ ̄ `|::::|





         / ̄ ̄\
       /  へ    \
      ( ●) (ー)   |
      │ │    ,|  |       ……ま、どうせ部屋にいても寝れなかったからな
      │___`___, (__) .|
       |           |、
        |         / \
        ヽ      / >  冫
        /        ´ /
        |        /
        |       |

283 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:57:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 ……若干、早く寝なければいけないと思いつつも
 それはそれとして、話を続ける
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



          / ̄ ̄\
         / へ     \
       . ( (● )    |       でな、俺はレギュラーで
          { |         |         予選にもフル出場してるんだが……
        r-ヽ`         |
       (三) |        |
       > ノ      /
      /  / ヽ     /        ……この予選で、塁に出たことがない
     /  / へ>    <
     |___ヽ  \/  )
         |\   /|
         |  \_/ |




          /{ _ r‐ 、
         、 { ∨`|    > .
         ヾト 、r 、 、      ≧ー-
      /> 7 l ヽ \ヽ、      `ヽ
.      /// ./ |     ヽ       lハ
     / /     ヽ`     ヽ.    } j
.    イ         ト、  l ト、j    、丶、_
    .′   ト、     l トj斗 | .|     、 ハ ̄
.   | ハ.   l ,`斗  l 代::)ハ |     }Vl       そ、それって大丈夫なの?
   ′| ト、 .トヘ代)\!  "uリ     | }j
     ヾ ` `込"   _  イ,..::::ヽ   | リ
         ,ィ≧:.V /.:Tl/:.:ム 、 ハj
         ,!:.:.:.:.:.:.:.○V:.:.:.::.:.:.:.ヽ
          l::.:.:.:.:.:,ヽ/`:.:ー:.:-;!
          |:.:...:.:.7:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          /:.:.:.//:/l ll:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::l


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 クールな見た目とは裏腹に、新鮮なリアクションをとる
 思っていたよりも、彼女はずっと初々しいみたいだ
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

284 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:57:45 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 恐怖の二番打者、なんて言葉もあるが、俺の場合
 バッティングの方は大した腕ではない

 それでも、二番打者を任されているのは、バントの腕を
 買われているのだろう
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   「   \
    (⊃   ( ●)(●)
     |       |  |        まあ、そういう役割なんだよ
      |     __´___ノ
       |     `ー'´ } \
     /ヽ        }.  \
   /   ヽ、.,____ノ      )
  /        .   | _/





       / ̄ ̄\
     /    「  \
     |    ( ー)(ー)      でもな、俺もキミと同じように
 .     |      │ │
      |     ___´___ノ       "主人公"に憧れる部分ってのはあるんだ
       ,|        }
     / ヽ       }
   く  く ヽ     ノ
     \ `'     く
      ヽ、      |
         |     .|




              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
.         /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
          `|   ヽ    「)'/|/
          ヽ、_ へ _,.ィT/
            /|| ̄ || 丶
.          / .,_|L_,」|__,  ',
.          |  !     i  |

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 彼女は黙ったまま、俺の話を聞いている
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

285 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:58:01 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 そして、俺は思いついたアイデアを
 思いついたままに、彼女に伝える
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;` ; ; ゞ゛ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞ
;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┳ ヽ;;;;;;;;;;;ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ
;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;。;;*;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;゙'⌒)|.|;;;;;;;;;;;;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "゛;"; ゞ; ;
;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;ゞ ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::; ;;;ゞ゛//;;ヾゞ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ



      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |        んで、さ……
    .|    |   |
     |   __´___  ノ        明日、甲子園見に来てくれないかな
     |        }          キミ、ここ地元の子でしょ?
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |



              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
.         /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ |(○) (○) / / ,/レ′       え!?
          `|   ヽ   U「)'/|/
          ヽ、_  ロ  _,.ィT/
            l 7Eニ::ィ1│
            'イ/ヽ::::`l┘
             i´ ̄ `|::::|

286 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:58:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 彼女は驚いていたが、このアイデアは
 彼女に見てもらえてこそ、効果があるものだ
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



   ,/テ=、/ ̄ ̄\
   | ///,.-ー`  「   \           まあ、もし良ければ、だけどね
.  | // / ̄ ( ●)(●)
  |   /       | |          俺は明日、主人公に……
. /`ー、ノ |     __´___ノ
/、   > |     `ー'´}        ヒーローになろうと思う
 ` ヽ´  ヽ        }
   /    .ヽ     ノ





       / ̄ ̄\
     /   「  \        でさ……
     |    ( ●)(●
     | U     |  |         もし、それが上手くいったら
.     |      ___´__ノ        キミも、主人公を目指してみないか?
      |      ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
.      \/ ___ /




               !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
            __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
              フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
            ///                   Ⅵリ     :、
               i//                   ∨ハ  i 、 \
            /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`
           . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
           |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ
            |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l    :ハ /V⌒ヽ
             | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |
             |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{       えっと……
             Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ
             ヾ、 \ """      """" ,i  /: :/
              \/|: >  . _´`__  イ:/: : 厶i/
                _レ> '  /}      }f: : /  ||\
               /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
                 /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
              /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
             「{   Y´              }//    }、
              ハ \ f               i/     {

287 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:58:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 ふと、落ち着いてみると
 俺は知り合ったばかりの子に、何を言ってるのであろうか
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( 一)(●)        まあ、うまく出来るかわからないけどな
.     |  ,l    │ │
     | .ハ  、_´_ノ        ……それに、急に変われっていうのも無理があるし……
      ,| し′     }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ                       / ̄ ̄ ̄ ̄\
    \ `'     く                           |   いいよ   |
     ヽ、      |                          \____/
        |     .|





      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( ●)(●)
.     |  ,l    │ │
     | .ハ  、_´_ノ        え?
      ,| し′     }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|

288 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:59:02 ID:mtRMmk8E

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;` ; ; ゞ゛ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞ
;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;+;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┳ ヽ;;;;;;;;;;;ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ
;;;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;。;;*;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;*;;;;;;;;;;;;;;゙'⌒)|.|;;;;;;;;;;;;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "゛;"; ゞ; ;
;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"!" ヾ ;ゞ ;"ヾ
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;.゙|:|:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;
;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;゙|.|:;;:;:;:;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;ゞ ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ.,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::; ;;;ゞ゛//;;ヾゞ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i!i:;;;:;i:|ソ
r'"";;;ゝ, ,  ,,,,,, ,          ゞミ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|il.i:::. :;;)
i;i;i;i;i;;;;::.ヾ. r"iiiii;;゙;:、,      ミ/ミ  ________|;|_ , ,,,,, ,    ,,,,,, ,   ||iii;i.;..;|
iii;i;i;i;;;;::::::::iiii;;;;;:::::::iiiii;(○)(O)  :i,,,, . ||三三三三三三三三|| ,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ' ,. |ii:i;;;:;i:|
iwWwii i w wiiwWwiiiiヽlノヽlノw i w.  ||三三三三三三三三|| iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i ||iii;i.;..;|
二二l二二l二二l二二l二二l二二l/           /_|二二l二二l二二ll |i:;.ii:;;;;|
                    |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|             |iii;i.;..;;|
                                               ノノ;;; ;;:illヽ




        ...::´  /             ∨|!    /  丶、 \
      ,..:'     /   .、        川    |    ヽ ̄
    ー=彡'  .'、\\    `ヽ   !     ハ    !   .| }
.       ,'   .i.i.|. \\\  !  ト、     } ノ   {   ト、!
     i    川   \\\}  !ミミト、  // ..  !  .}
      |   i , |.|     .斗-┼ !ミミト、  >、 .  i  人
      |   |.i i |   ´ ,,,r=≠i|  ト、ミY´`ヽ / Y´\ ゝ
     !   |リ リ   .〃弋::::ソi  | !i {、. リ '  /  ,{ ヾ
      |   |fトミ      " || リ r'./ i  /  人 ト、       おにーさんが、明日ヒーローになったら
.      ノ人川弋リ)       .! i    ,,イ / /  / |/ `      私も、変わる努力をしようと思う
    /´ .从ハ  ヽ        ヽ|  ∧ ハ从 /  ′
         ヘ.             ./ /  / ∨
         ノ\   ̄ ´    /.-‐ "´ ̄ ̄ ̄ ̄}
       i'' ̄ ̄`ミト.、   ..イ ´              |
       |三三>.  ` <´ _ _ ..-‐≠三三三三三{
       トニ三三ニ>..、   ` <三三三三三三ニ!
.         ノト.、`ヽ三三三>..、  ` ー=≠ニニニニゝ---、
       !/::::::::ト、 `゙<三三三三二二ニニニニニニニミ \
        |',:::::::::i´ \   `<三三三三三三三三三三三ニミ、 \
        |::V::::::!___..ノ>、____________`ヾ三三ミ、 \
        |::::V/  /::::| /::::::|   ∨::::::::::::::::::/::::/:::`ヽ.\三ニヽ \

289 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:59:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 一歩間違えたら、ただの痛い人になっていたところだが――
 ともかく、約束はとりつけた。明日は、何が何でも
 活躍しなければいけないだろう
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



          (⊃ ̄ ̄\
        (⊃   「   \
       (⊃   ( ●)(●)             そうか……!
        |       |  |            じゃあ、しっかり見ていてくれ
           |     __´___ノ
            |     `ー'´ } \
          /ヽ        }.  \         俺はそろそろ、宿に戻る
      /   ヽ、.,____ノ      )           体を休ませておかないといけないからな
     /        .   | _/
    |         / ̄ ̄(_)
     \   \ /| JJJ (
      \  /   /⊂_)



                 _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
            /        ヽ `Y′之>
.             /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
           |ハ |(●) (●) / / ,/レ′      じゃ、またね
              `|   '_   「)'/|/
              ヽ、_  、_)  _,.ィT/
                l 7Eニ::ィ1│
                'イ/ヽ::::`l┘
                i´ ̄ `|::::|
                j|     |::::|

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 部屋に戻ると、先ほどの寝付きが嘘のように
 落ち着いてすぐに寝ることが出来た

 散歩と会話で、リラックス出来たのかも知れない
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

290 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 00:59:41 ID:mtRMmk8E



888
888                     に|
888                      __|_
888                   に|   ┌’㊦‘┐  に|,             ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
=||               ___|__| :。。  |___|____        翌日、昨日の涼しさが嘘のように感じるほどの
  ||            | G EEEEEEE! ’    EEEEEEEEE! |       カンカン照りの日差しが、俺達を打ち付けていた
_||.________|   EEEEEEE! ===    …   …   |___ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
| |関西ペイント| | SSK |.| T EEEEEEE! EEE!    。。。。。。 .|SONY|
三三三三三三三三三|―――――――――――――― |三三三
三三三三三三三三三|      携帯!は三菱電機       |三三三
三三三三三三三三三|_______________|三三三
三三三三三三三三三 /l  |                   |  |i三三三三
三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三      ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
     Panasonic                      生活設計       長い…… 長いサイレンが鳴り
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       この試合の幕開けを知らせる
                                             ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
 ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
         _,,. -=- .,,_

                                     _,,..、 -
                             _,,..、 - ‐ '''' "´
                    _,,..、 - ‐ '''' "´
_     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
./ = /    /
    /    /
 _,/ ̄ ̄ ̄

291 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:00:04 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 甲子園に来ても、できる夫は落ち着いている
 開始早々、ピッチャーの一発目を捉え、早くも一塁に出る
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)





      ,/テ=、/ ̄ ̄\
      | ///,.-ー`  「   \
   .  | // / ̄ ( ●)(●)
     |   /       | |
   . /`ー、ノ |     __´___ノ
   /、   > |     `ー'´}
    ` ヽ´  ヽ        }
      /    .ヽ     ノ

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 ヒーローを目指すとは言っても、まずは自分の仕事を
 こなすべきだろう。まだ、打順はあるのだ
 俺は落ち着いて、できる夫を二塁へと薦める
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

292 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:00:22 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 そして、三番やらない夫が、大きな右フライを打ち
 できる夫はタッチアップで三塁へと進む
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



           / ̄ ̄\               /`>
         /       \         / /
         |______i_       / /      /
            |:::::::::::     |     / /      /|
             |::::::::::::::    }    __//       /  |
             ヽ::::::::::::::    }._,.-レヘ,)'´  │ /|
           ヽ::::::::::  ノ'´_,.;-/ /   .─┼─ |
             (  ̄ ̄ ̄ _]二ニ__ノ┼┐─┼─
         从    |  .3  リ     ││
      <  て   | ┴ 〈
       W⌒    f' ̄ ̄ソ






─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 しかし、四番やる夫、ピッチャーの球を三球三振
 できる夫は残塁し、初回の攻撃は終わる
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─




         ___
       /     \
      /  _ノ '' 'ー \
    /  (●)  (●)  \
    |      (__人__)    |
    \      ` ⌒´   /


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 チャンスこそ、ものには出来なかったが
 流れは悪くないと感じる
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

293 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:00:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 試合は投手戦となり、八回の表まで、両チーム無得点の試合が続いた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


                                     __
       ,.f"ミミヾ、                          /___` '- ,_
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、                    _∠ -――- ,`'-,_ `' ,
    ノ彡リノ/   中 \               /、イ l      \  \.  \
    |リ||リ/  ─   ─ \                ,' l、イ |'l゙/, /  /゙i l゙i ゙i__/
    (川/   (●) (●) \             ! l.L|/ニイ i / 〃イ7ヽ|l.゙i| l |
    ||ト|     /_人_\   |             .| | (○) / (●)   | l |l
    iリ\   §` ⌒´§ ,/            彡彡 (__人__)   ミ_ミ_ミ_
      /       | | |   ヽ                 \  `⌒´     /
      /   _   | | |   ヽ                 /          \
.     {      ̄| ̄|| ̄| ̄  }
     ゝ ___|_||_|_ ノ






─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 しかし、八回裏……
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !                 あっ!
/⌒)⌒)⌒.|  (○) / (●) u」 |    /⌒)⌒)⌒)
| / / /彡:::   (__人__)  :::ミミ (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 翠星夫が連続で打たれ、敵に一挙二点のリードを許してしまった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

294 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:01:01 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 九回表、この回の攻撃は八番からだ
 少なくとも同点に追いつかなければ、その瞬間
 俺達の夏は終わる
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',         す、スマンですぅお……
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  。<一>:::::<ー>。」 |           この大事な局面で
  彡彡彡  .:::。゚~(__人__)~゚.ミミ
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.




         ___
      /)/\  /\       大丈夫ですよ、翠星夫
     / .イ ' (●)  (●)\    この回で、僕まで全員塁に帰れば逆転です
    /,'才.ミ).   、_',__,    \
    | ≧シ'           |   そしたら、抑えは任せますよ
    \ ヽ           /

.

295 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:01:24 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 意気込んで出ていった、八番,九番打者だが、ニ者凡退
 できる夫が塁に出なければ、その瞬間試合は終わる
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



           ___
          /⌒  ー、\                 ハ!
        /( ●)  (●)\
      /::::::  __´___ ::::::: \.              コレくらいの方が緊張感があって
  cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ         盛り上がりますね!
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\)))





           ____
          /     \
   .     / _,ノ  ⌒ \              できない夫くん……
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |          僕は、必ず塁に出ますよ
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \            その後は、頼みます
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 そう言って、できる夫はバッターボックスに入った
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

296 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:01:42 ID:mtRMmk8E


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 できる夫は、宣言通り、塁に出た

 打球は、ボテボテのゴロであったが、全力で走り抜け
 何とか送球よりもはやく、一塁に辿りついた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─




             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::: __´,_ ::i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
         / \     `⌒´_/
        /           \
       /      / ̄ ̄ヽ )
   _  r  /⌒ヾ/   //
  "ヽ |  i,     i    (_ノ
    | ヽ/ ヽ、_/  /::::::::::::::::::::::::::
    ヽ、_/ / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        (/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 そして、次は俺の打順である
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

297 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:02:02 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 思えば、このような場面は久々である
 ツーアウトなので得意のバントは使えないし
 また、アウトになれば、その瞬間ゲームは終わる
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─




       f ̄`i
       |.  │
       |.  │ ,。-‐…‐。、
      |.  |/   ゚  ゚  ヽ
.      |.   |         ヘ
       |  │ミ三二二二二>
.       |.  | f´   \, /
        |.. |c j   ( ●)(●)
       |  |イ     | |
.       |. | |     __´___ノ
        |. | ヽ.       }
.       (ミ ̄)_ゝ     ノ
      /´ 「ミ)      く
     ( . ´ ∧ \  ノ   / ヘ
     丶_/  \  Y    /  i
          i \ _ ノ   ∧


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 だが、俺は昨日誓ったのだ
 主人公、ヒーローになってみせると

 そして、あの子にこの姿を見せるのだ
 "俺は変わった、キミも頑張ろう"と言えるように
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

298 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:02:23 ID:mtRMmk8E
888
888                     に|
888                      __|_
888                   に|   ┌’㊦‘┐  に|             ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
=||               ___|__| :。。  |___|____          スリーボール、ツーストライク、ツーアウト
  ||            | G EEEEEEE! ’    EEEEEEEEE! |        相手投手にも疲れが溜まっているのだろう
_||.________|   EEEEEEE! ===    …   …   |___   ボール球の数が多くなってきている
| |関西ペイント| | SSK |.| T EEEEEEE! EEE!    。。。。。。 .|SONY| ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
三三三三三三三三三|―――――――――――――― |三三三
三三三三三三三三三|      携帯!は三菱電機       |三三三
三三三三三三三三三|_______________|三三三
三三三三三三三三三 /l  |                   |  |i三三三三
三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三    ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
     Panasonic                      生活設計    フルカウントで追い込まれたこの打席
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      次の投球が勝負である
                                           ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,..................._..........................,,,,,,,,,,,,,,,,,__
 ̄               ̄                 ̄ ̄ """""
         _,,. -=- .,,_

                                     _,,..、 -
                             _,,..、 - ‐ '''' "´
                    _,,..、 - ‐ '''' "´
_     ____ ,,..、 - ‐ '''' "´
./ = /    /
    /    /
 _,/ ̄ ̄

299 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:02:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 ピッチャーから放たれた球が、
 まるでスローモーションのように、こちらへと向かってくる
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


                                         /゙゙゙゙''、
                                     , ―-,    l    .}    ,..-―- 、
                                     !    !    ゙.ー-ー′  /      ヽ
                               r⌒7   `''‐'゛             「         |
                                ゝ-ィ                弋      ./
                         ○                      ゛ー---ー゛




                                                  ,./ '"⌒゙''-、
                                                /       .ヽ
                                             !        : l
                                             l        l゙
                                              ヽ,     . /
                                                  `'''―''''″


                                      ,,-'''"゙゙゙゙゙゙'''-、
                                    /        .`ヽ
                                 l゙             !
                                 !          |
                                    l,         /
                                    ヽ、      ./
                                      `''ー---‐'´
               _..-‐'''''''''''ー ..、
                /        : ゙'-,
               /            ヽ
               l゙                 l


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 大きく弧を動き、向かってくる変化球を、俺は――
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

300 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:03:01 ID:mtRMmk8E

   ─ ─ ─ ─ ─
      見 逃 し た
   ─ ─ ─ ─ ─

                            _/\/\/\/|_
      / ̄ ̄\              \          /
     /      \              < ボ ー ル !! >
     |    -‐'  へ l          /          \
      |   (● )(● )|            ̄|/\/\/\/ ̄
     |u.    |   |
     |    __´___   }
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 ボール球とわかった球に、わざわざ手をだす必要はない
 確実に塁に出ることが必要な場面だ。
 どう考えても、これが最良の選択だろう
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─






          / ̄ ̄\
          「  へ   \
        (一)(● ) u. |
      |  |      U|
       .| __`___     |
       {       /
       lヽ、  ,ィ'.) ./
       j .}ン// ヽ
       ノ '"´  ̄〉  |
       .{     勹.. |
        ヽ 、__,,ノ . |


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 炎天下の中、憧れの甲子園の一塁である
 感想はというと……

 出てしまえば、何、ただの出塁だと感じた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

301 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:03:23 ID:mtRMmk8E
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 試合を決めたのは、やらない夫だった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


             ,.f"ミミヾ、
  ,,.,__  ,,,, _  ,,f";;;;]ノ^〃=ミミ;、、
  `ーミ彡-ミ、;;ヽf;;;;;;;j  / \ 中/\
          ``ー-‐"/  (●) (●)\
             /     /_人_\   \
            |     §|!!il|!|!l|§  |
               \      |ェェェェ|  ,/l!| !
            /           \ |i




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |==============
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |
                             |
                               |
               ヽ             |
               |             |
.人                /             |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 敵の放った球を、見事レフトスタンドまで運んだ
 逆転のスリーランホームランである
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

302 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:03:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 まさか、帰塁まで出来るとは思ってもいなかったが
 ホームベースの感触は、予想よりもずっと
 心地のいいものであった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 その後、やる夫もヒットで続くも
 続く5番がフライを打ち上げ、チェンジ、そして
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



                 __
               /   \
              /      \
              | \_  _ノ   |_
              | (●) ( ●)  |  \         ファースト!!!
              |   |      |   \
              ヽ  _´___   /     \- ― 、
               \_   /| / ⌒ ヽ、:\  \
                 ∨゙=./ .|     \ ヽ   `\
                  ヽ  |  |      ヽ ヽ     `ヽ、
               __ /\|   .|         \         /
.                「ヽゝ Xヽ、/\  `ヽ       \      /
.                `゙‐ククク}/  ,/\_\      \   ./
                       三 -´. / /    ヽ      \/
             , - '¨¨´    〈 〈     \       ヽ
          , - ´            ヽ|      「´    ∧
          _,- ´            _,/         ∨.     |
        r'´           __,-'´/        /{      |
.      |        , , --´  /           / |      |
.     ノ     ,-'¨¨´      /        /  ノ__ _ゝ
     /       〉        /          / /´     |
.    /        }           /       / / ,-,     |
   /        /        /       /. |ノ / ./ ./ ./ .|
   /      /           \      \ ./////
.  /       /                ヽ       \ `´`´`´


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 九回裏は、軽く三者凡退で、無失点に抑え
 二回戦への進出を決めた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

235 名前:◆bXmvBIOfvM[sage] 投稿日:2011/08/19(金) 18:00:17 ID:4qN.F32Q

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 祝勝ムードで、着替えを終え、球場の外に出る
 ……結局、未だノーヒットのままだなぁ……
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|         勝ちましたね、先輩 !
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |         先輩達が出塁してくれたおかげです!
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|





      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( 一)(●)
.     |  ,l    │ │      まあ、お前ほどの 働きはしてないけどな
     | .ハ  、_´_ノ
      ,| し′     }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 よくやったのはお前だよ、と思いつつも、悪い気はしない
 まあ、勝利に貢献したのは事実だし
 ちょっとくらい受かれたって、文句は言われまい
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


304 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:04:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 先に外に出たやる夫から、呼び出しがかかる
 俺は慌てて、Tシャツを着て、外に向かう
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



                        ___
                      /      \
                    /⌒   ⌒   \         おーい、できない夫ー!
                   /(● ) (● )   ヽ
                     | ⌒(__人__)⌒      |          呼ばれてるおー?
                  \   `⌒ ´     /
                      /             \




    / ̄ ̄\
  /    -‐'  \
  |   ( ●)(●)
 . |       | |. rm、         おお、ちょっと待ってくれ
   | u     __´___ノr川 ||
 .  |         },.!  ノ'       すぐ行くから
 .  ヽ        r / .|.
    ヽ     ノノ ノ
    /     / ./
    |      /
     |    i´

305 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:05:03 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
  監督の呼び出しかと思いきや、外で待っていたのは昨日の少女だった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



               .     ,イ
                 . / .l
           、..,,_,,..、 .{  .', .,⊿´
            `'<__,.ィiヽ!   Y .i'>=.,
            ,.ィ" _,〃---'゙ミ=、ヘ,_`'=.,
           / ,イ´ /     ', `㍉.',ベ=ヘ、
          ,∠/            ',}.ヽ,ヘ .)
         〆'   ,' .,' ,'   ', . ', .!  ', ',
         ./,' ,' l  l ,'    ', ',. ', .', . ', ',
         /.,'  l .l  .! ,'    i l .l ',.! .',  l ',
         ,' .l  ! .',  l !   . l!.l. l, lソ . ! i ',、',
       . l.i l .,  .i, l, ',l,     ,'l l,'ソⅥ l  l l.',Nヽ
    .     |.|从!  」,Lエ、 ',.',   .,'T丁T‐! l .l l .l.} `ヽ、
 .         Ⅳl l',  .l _,V,,,_ヾ\,ノ ,=f乍┐ / /,',' !l       や
       . l| .ll 'ト, .',". 込} `    Vソ, / /.,'.,' .リ,
          l! .',ヘ'、 ''¨  、   ¨´ノ,イ ,' ,' ./ ヘ
            ', l >._   __   ,ィ",' ,'./X ∠~''=、
             'l .lヽヽT= ....' .i' ,'l ///: 〉’ : : : : : ゙',
            ,=',.l‐ヘヘ|、    l ,' l,'〃: : / : : : : : : : : ',
           /: : :',!: : l ,,_   ,,... /: : : : : :.{.; : : : : : : : : :',
           ,': : : : : : :.ヘ、   ./: : : : : : : : ゙l : : : : : : : : :',
             l : : : :,': : : : :`l==r": : : : : :.l : : ヽ; : : : : : : : :',
          l : : : :,': : : : : :.|  '; : : : : : : :',;: : : :'; : : : : : : : :'l
            l : : : ;' : : : : : ;ノ   } : : : : : : } ヽ; : : : : : : : :_;,:ノ
         . l : : : ;' : : : : : {   l : : : : : : :.}  .>-‐=''~
            l : : :.l : : : : : :j   '、: : : : : : :.l

306 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:05:23 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 結局この試合、俺は主人公にはなれなかった
 今回、一番目立ったのは間違いなく、やらない夫だと思う

 だから、まずはそのことを彼女に謝ったのだが……
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   -‐'  \
    (⊃   ( ●)(●)
     | U.     |  |         ああ、その、スマンな……
      |     __´___ノ
       |     `ー'´ } \         主人公には…… なれなかった
     /ヽ        }.  \
   /   ヽ、.,____ノ      )
  /        .   | _/



                      _   _,
                   ___,> Y´'ー-、
                  _>z二_ ___`ー≧__
                  >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                 /        ヽ `Y′之>
                    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))       何言ってるの、すごいじゃん!
              (( ,ヘ, |(○) (○) / / ,/ /
                '、 `|'''' r-‐‐┐''''.「)'/|/ /         皆で、ピンチを切り抜けたんだよ!
                   \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
                  < l 7Eニ::ィ1    〉
                   ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                     i´ ̄ `ヽ::|
                    j|       <
                   /    ヽ  \


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 彼女の反応は、予想していたどれとも違った
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

307 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:05:42 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 正直、根拠はないが、おそらく彼女は
 野球に関して、素人なのだと予想していた

 素人の子に、ヒーローさを見せるには
 ヒットを打って、出塁するのが一番効果的だとも
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─




     / ̄ ̄\
   /   -‐' \
   |   ( ー)(ー)          ん、まあそれは否定しないが……
   |  U     |  |
.   |      ___´__ノ        それでも、主人公かと言われると、な……
    |      ∩フ´⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 だから、結局ノーヒットだったこの試合の内容で
 彼女がそのような反応をしてくれるとは
 これっぽっちも思ってはいなかった
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

308 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:06:12 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 だが、彼女は俺の疑問に答えるように
 自分の考えを語り始めた
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



         _」ヽ  /|
           >  ゙V´∠イz‐、_
      /  ,ヘ,_ /__/ ∨マ´
     //  /    ´       `丶、
    _,//   /              \
   _,//  〃   /    {         ヽ
   ,ノイ|  l′ .i  /   ∧  ヽ\     ハ
    小 |   .|   | i ./_,\   .}ヽ    |
.    从 .|   .|   | N___ \}´_j ハ .i |        私も正直ね、野球はあんまり知らないから
    ノハ小   .| 八ト |:::::::::|    「:::「iハ .i |          ホームラン打つ人が一番カッコイイと思ってたよ
.     从 ヾミ.|   |.  、:.:.:ノ    、:.ノ {V |
     ノハ小.Y|  | ""         " j i |         でもね、おにーさん見てたら
        (ヾ∧  ト _   σ_  イ .i リ         少し考え方が変わったんだ
         入\三∨:::::7ニE7 f゙} jノノ|/
       /三三\\三ニ=-/)アX⌒Y/ノ-、
     /三三三ニ≧、二>/   /ハソ ヽ三ミ、
     ,'三三三三三三三/    /  /三三ハ
    仁三三三三三三ニ|    ノ  マ三三ニ!
   ,三三三三三三三//^ヽ、/ム  ∧三三i|
   }三三三三三三∨/  ハ__,∧ ∧ マ三三!
   /三三三三三三i/ ′/  }:/ ∧》∧ X三ニ)

309 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:06:33 ID:mtRMmk8E



          !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
       __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
         フ  /             `ヽ:.:V| !   V {
       ///                   Ⅵリ     :、
.       i//                   ∨ハ  i 、 \
       /  ./   /     !   !  、     ∨}  }  厂`
      . |  ./   /     !    !  ト、    ∨} j! ト、
      |  :i   ハi   .|  ! :|   V     j/ j!  レ
       |  :l: :/_ V|∧ _|:_|__|    l     :ハ /V⌒ヽ          おにーさんは、確かに今日
        | : : | : : f _,}N_ ⅤN∨__}N__}N.   |-、! ! ! |              ヒットは打たなかったけど……
        |: : ∧: l:|f下ィタヽ Ⅵィ卞ィタ厂}|   |rj j!ノ|{
        Ⅴ:lヽⅥ|   ̄   '    ̄´  |   |ノ .!ハ∧ゝ           その代わり、毎回のようにバントを成功させてたよね
        ヾ、 \ """      """" ,i  /: :/
         \/|: >  . _´`__  イ:/: : 厶i/                  それに、守りの時だって、一回のミスもしないで
           _レ> '  /}      }f: : /  ||\             キャッチも投げるのも、上手にやってたよね
          /´    .|: :`ー一: :´:|: /   ,リ   ヽ
            /  Ⅴ  ハ: : : : : : ;/Ⅳ、 /     ハ
         /   }:    ` ̄ ̄   |{  \ / /   !
        「{   Y´              }//    }、
         ハ \ f               i/     {





     / ̄ ̄\
   /   -‐' \
   |   ( ー)(ー)
   |  U     |  |
.   |      ___´__ノ
    |      ∩フ´⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

310 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:06:51 ID:mtRMmk8E




      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \           それでね、私、思ったんだ
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i            何も、主人公だけがいいわけじゃないって
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|          チームが、皆が勝つために
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)        影で支えているのも、カッコイイんだって
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ






       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i          だから、私もね
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|         一番とか、考えないで
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川            出来ることを頑張っていこう、って思ったんだ
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨
        |::::/::::/ `i
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \

311 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:07:12 ID:mtRMmk8E

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 言われてから、ようやく思いだした
 俺も元々、"主人公"にそこまでの執着はなかったんだ

 ただ、チームの力にさえ、なれればって
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─



    / ̄ ̄\
  /   -‐'  \
  |    ( 一)(●)
  |        | |      そうか
   |     __´___ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
 /  /    __人〉\


                     _   _,
                  ___,> Y´'ー-、
                 _>z二_ ___`ー≧__
                 >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                /        ヽ `Y′之>
                   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
               l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    うん
               |ハ |(⌒) (⌒) / / ,/レ′
                 `|   ヽ    「)'/|/
                 ヽ、_  ―  _,.ィT/
                   l 7Eニ::ィ1│
                   'イ/ヽ::::`l┘
                    i´ ̄ `|::::|

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 ただ、活躍してる人への声援を聞いてたら
 それがつい、羨ましくなっちまったんだよな
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

312 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:07:28 ID:mtRMmk8E



      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( ー)(ー)     ありがとな、俺もキミのおかげで
.     |      │ │
     |     ___´___ノ      なんだかスッキリしたよ
      ,|        }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|




                    /{  /!
              /   V  }
             _{  /  厶_
            /    {  ´   `ヽ、
        、__/  _x≦三三≧、   \_,
.          `ーァ ´         `}トヘ  く
.            /L_          WN   ト.
          /  /       , 、_j } V  l              ?
         lム__」{、 i   TV二厶」 Li〔l l
          |  | |从仏{ { V从仏从| | |             よくわからないけど……
          | .| |/ _ニ       ニ_ ヾ| | /          どういたしまして
            { | { {_:::ツ    {_:::ツ } | }
           | |       '       | l/
          \|、    /ヽ     |/
                 `   、 二 .. .´                  あ、それとおにーさん
        r 、  ,. -r-{ノ,   {‐- 、_  , 、
        |. } /{  { V    }   } }、{. |
        |. |/   、 ヽ V⌒ ∨ / /  |. |
        /⌒V^V   \  |: : : : |  /  {^V⌒ヽ
        |、_〉_} !     ト |: : : : | /!   ノ {_〈 { ∧
       lノ ノ ノ    j |: : : :| j   {  ヽ V  }

313 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:07:47 ID:mtRMmk8E








        ...::´  /             ∨|!    /  丶、 \
      ,..:'     /   .、        川    |    ヽ ̄
    ー=彡'  .'、\\    `ヽ   !     ハ    !   .| }
.       ,'   .i.i.|. \\\  !  ト、     } ノ   {   ト、!
     i    川   \\\}  !ミミト、  // ..  !  .}
      |   i , |.|     .斗|-ト !ミミト、  >、 .  i  人
      |   |.i i |   ´ ,,r=≠i  ト、ミY´`ヽ / Y´\ ゝ
     !   | __リ   〃弋::::ソ .| !i {、. リ '  /  ,{ ヾ
      |   |f⌒`      " | .| リ r'./ i  / 人 ト、
.      ノ人川            ! i    ,イ / / /|/   `
    /´ .从ハ  ヽ       ヽ|  ∧/ヽ / / ′
         ヘ.             ./ /  ∨/                 頑張ってね、応援してるから
         ノ\   ̄ ´    /.-‐ "´ ̄ ̄ ̄ ̄}
       i'' ̄ ̄`ミト.、   ..イ ´              |              なんたって、私にとってはヒーローなんだから
       |三三>.  ` <´ _ _ ..-‐≠三三三三三{
       トニ三三ニ>..、   ` <三三三三三三ニ!
.         ノト.、`ヽ三三三>..、  ` ー=≠ニニニニゝ---、
       !/::::::::ト、 `゙<三三三三二二ニニニニニニニミ \
        |',:::::::::i´ \   `<三三三三三三三三三三三ニミ、 \
        |::V::::::!___..ノ>、____________`ヾ三三ミ、 \
        |::::V/  /::::| /::::::|   ∨::::::::::::::::::/::::/:::`ヽ.\三ニヽ \




─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 そう言って、彼女は帰っていった
 悪い気はしない、次からも全力でいこうと誓った
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 ……ただひとつ、チームメイトからの質問攻めは大変だった。
 彼女じゃないし、名前すら知らねえっての、全く……
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


                                                       お し ま い
.

314 名前: ◆bXmvBIOfvM[] 投稿日:2011/08/13(土) 01:08:15 ID:mtRMmk8E

以上です。お粗末でした。

改めて、タイトル
二番セカンド、できない夫

ご覧いただきありがとうございました。




関連記事

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 08:20 |コメント(4)
カテゴリータグ:やる夫短編祭 やる夫板記念祭 ~やる夫板Ⅱ周年記念短編祭~テーマ部門 2011

|

<< ~やる夫板Ⅱ周年記念短編祭~ テーマあり部門 B-30  二人きり | HOME | ~やる夫板Ⅱ周年記念短編祭~ テーマあり部門 B-28  二つの願い >>

■御感想or寝言

21073 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/08/17(水) 23:22:35 ID:-

いいなぁ、こういうの。大好きだ


21079 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/08/18(木) 00:57:05 ID:-

こういういかにも「二番打者」ていうやつがいるチームは好きだわ
今の投低高打の高校野球にこんな職人がいるとなんか応援したくなる


21186 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/08/21(日) 20:33:56 ID:-

できない夫らしいいい作品だった
作者さん乙!


21288 名前:名無しだよん♪ [] 投稿日:2011/08/26(金) 15:52:57 ID:-

こういうイブシ銀な選手の葛藤や成長にまつわる話大好きだな~♪

面白かった!


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV