【重要】令和五大やる夫短編祭 開催

詳細はコチラ→開催告知

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 twitter 短編まとめ やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2011/10/09(日) 剣術家の器


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.53 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所84                   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その13          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド12               http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
歌詞を短編やる夫storyにしてみるスレ         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287520904/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50


628 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:40:22 ID:mKZGvOIg [1/54]

リハビリがてら投下してもいいだろうか?

一つのスレを一年近く放って置いてなんだが・・・・
一向にエロができないのでこんなのができちゃった。



629 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:41:56 ID:mKZGvOIg [2/54]

供養とかでもこのスレでいいのだろうか悩むが・・・・まぁ投下してみる。



630 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:42:10 ID:mKZGvOIg [3/54]


                        ____
               ..          /      \   
                     / ─    ─ \  
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     | 
                    \     ` ,、´    / 
                    /.ヽ.     |i|   ,' ヽ  
                    | ..ヽ...   |i|  /  .イ  
                    | ヽ ヽ.   |i|  /  /.|  
                    .|  ヽ ヽ__|i|__/ 丿 |  
                     |   ヽ/ lil ヽ.   |  
                     l    辷二 メ'  │  
                     |      ̄     |  
                      l      |    |  
                      ヽ,     /   /  
                       ヾ    |  ./   
                       |    |  /    
                       ("_`゙)_)



┌───────────────────────────────────┐
 竹刀を取るとやる夫は正眼に構える。
 各派剣術流派の基本の構えであり、しかして究極の構えでもある。
└───────────────────────────────────┘

631 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:42:28 ID:mKZGvOIg [4/54]


                 .  /⌒ヽ  ,. -く乃T7ヽ、
                   {     >'    `メヌ\ハ
                 .     /     l i/ヽ メリ
                     〃 i ト Nく| | 彡Yト、 、
                     KNトハぐ} | |⌒i  | ヽ〉
                       r' ''" ! リ イ/ム__ソヽ
                 .       ` ー,イ片彡⌒ヽ~'´
                         L_) Y/ /Tr'
                         〈〈´ ̄\y〉
                          y\/⌒\r- 、__ __
                        / `(こへしiJ==.}三三三二二二二 ..>
                 .      /、\__/|   |ヘ___ハ ̄
                      〈ヽ `ー‐/ |、___∧__彡∧
                      rく `ー‐/ |ノ´`ト仆∠`>ァ-、
                     /三ミv'´ ∨´`∨`<='/    〉
                    /´ ̄`ヽ{         `ー‐‐ ′
                    ゝ.___ノ

┌───────────────────────────────────┐
 対するセイバーはやる夫が正眼に構えるのを見ると脇構えに構える。
 闘志と怒りの現れた攻撃的な構えである。
 この構えから繰り出される初手はほぼ間違い無く攻撃である。
 セイバーは「先手を取って叩き斬る」そういう意図を隠さずに居た。
└───────────────────────────────────┘

632 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:42:42 ID:mKZGvOIg [5/54]
                 __   __
              .  ´       > --      .
           /       . ´            `  .
          /        /                  \
            {!       /                     ヽ
          ゝ._   /                    ヽ    ',
              /             /il       ',    '.
               , '        , '  , '  /  | l l  i        |
            , '  , '      //__/  /   .l l l  l i   l   |
          // / //    // / `/   /´「 「 /`メ   !   |   (一撃で切り伏せてくれる。)
.         // / // / / // _ム._ /  /  レレ'__  ハ i   .リ
         //  レ' / / / / K´{r'::::::}      ´{k:::: .}ヾ ll !  /
.        //   / / /  i !i  ´ ̄        `ー‐'  リ ト./
        i/   / / /i. /i ハ       .          /  l !
        |    レ'/ / !/.!入ヘ              /  i iノ
        |    i/ /  ハj 弋ヘ     ‐=-、     /  / i!
              i /  /  |  乂\          /  / ,'
              |へ !  ⊥. --‐‐‐\       ..イi  / /
              | /X ̄ _. --ァ'// | >  .  ´ .| ! / /
              |' r' ´ ̄ // r─┴ -----‐─‐ ┐レ'
       ___ .八 乂 . ∠/--┤「 ̄ ̄ | 「 ̄ ̄ ̄ .|
   .  ´      ` 二 ´=彳´ ̄ !     | |      「 ̄ ``ー‐‐ ‐ ´ ̄`  .
. /    ,.  ´ ̄    ,. --/ /``ー ._    | |      ___ `==' ̄ ```ヽ `丶、
     //      ,. --  / `ヽ.  ``ー ┴‐‐ ' ´ ̄  __ ヽ          \  \

┌───────────────────────────────────┐
 セイバーが怒っているのには理由がある。
 こちらは西洋剣術で使う両手剣を木剣にした物を得物に使うと宣言した。
 にも関わらずやる夫は近くの木剣ではなく竹刀を取った。
└───────────────────────────────────┘

633 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:42:56 ID:mKZGvOIg


      | l |  ト、 ヽ \    ヽ \  //、 |、ヽ l \ヽ!\     ヽ \ lヽ  ヽ 、
      | | |  l ヽ \ \   \、 /イト.ノ l ノ `ヽ,   !ヽ\    ', ハ ト、!,  | \
      ! l l   ! \  \ ヽ`、  \ `-‐'´        \ ! ヽ     V/l |     |ノ
      | !l ハ.  |  \ 、\ \`ヽ、_\             ヽ ヽ   | | !   |
       ! | l |、 lハ  l\ ヽ`ヽ.\  ``            l、ハl   l  il   /|
       !| ヽヽヘ ヽ\ヽ \ \|`ヽゝ              / l |ヽ  |   //
       ヽ \.l\ l ヽ|  lヽ|        ,. '´      / /' l ! !  |  //   /
        `   ヽ' `ゝ   | `ー-、   '´          イ/,ヘ. !| |  | ,/   / ギリッ


┌───────────────────────────────────┐
 「お前の木剣は自分の身体どころか竹刀にすら当たらない。」
 そう宣言されたに等しい。
 これ以上の侮辱もあるまい。
 セイバーの中で怒気と闘志が高まっていく。
└───────────────────────────────────┘

634 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:43:06 ID:mKZGvOIg [7/54]
                        ____
               ..          /      \   
                     / ─    ─ \  
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     | 
                    \     ` ,、´    / 
                    /.ヽ.     |i|   ,' ヽ  
                    | ..ヽ...   |i|  /  .イ  
                    | ヽ ヽ.   |i|  /  /.|  
                    .|  ヽ ヽ__|i|__/ 丿 |  
                     |   ヽ/ lil ヽ.   |  
                     l    辷二 メ'  │  
                     |      ̄     |  
                      l      |    |  
                      ヽ,     /   /  
                       ヾ    |  ./   
                       |    |  /    
                       ("_`゙)_)


┌───────────────────────────────────┐
 セイバーの怒気を感じ取っているのかいないのか。
 眼前の敵は無表情で構えを微動だにもしない。
└───────────────────────────────────┘

635 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:43:17 ID:mKZGvOIg [8/54]
                          __ __           ___
                     i´ ̄´      `> 、    /´ ̄ `ヽ
                  r─/´            ヽ、/        }
                 イ /      /        /´ ̄`ヽ    ′
                く  /     :/             ヽ.`\
                /∨! \/.://      :/    :!  ヽ   ヾ :|
                ヽ トヽ/ ://  :/  :/  .i :|.:|   ヽ i ト、|
                /ヘ!∨  :レ′ / / :/:/! /|.:| ./ .i | ! リ
               ヽ__レ′   | >メ<,,._/ノ/ / l :|/ /! iリ
                /    !/ヤ⌒メ\.:/ / / /メノノヘ:/   (愚弄するな・・・)
              ///    / /   {らc:j ヽ/ /イハ;jゝヘハ
             / //  /イ :/    `='′      {;ソ イ:ヽ.:|、
              //  /  !::に}           〉  /:|   :|ヘ
              |リ :/  || |:\       __   / |   :| :ト、
               | :/   :レ′|   \   ´    / /|  ハl :}
           _____.レ′     __.|___>._ _  _/ / ハ :/ リ.ノ
     ..,,、r=''""´:::::::::::::::`≧x、、_,|!:::::::::::::::::::::::::| |::::|l   / :/  ______
     ::::::::::::::::::::::::::;r=====ゝ>:::::::::::::::::::::::| |::::||ユ、,ムr=''"´:ヘヽ:::::::::::`ヽ、
     :::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::ヾ V´ ̄ ̄``>v<´ ̄`ヽ;:::::::::::::::::\\::::::::::::ヽ
     ';::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ \\、_((⌒__,/∧::::::::::::::::::::\\::::::::/
      ';::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、  `ー─--ソ)--ー‐' ∧:::::::::::::::::::::::} .}:::/


┌───────────────────────────────────┐
 それが更にセイバーのカンに触る。
 この勝負勝ったならば道場の看板を燃やしてやろうか。
 そんな考えを持つほど激高が高まった時、
└───────────────────────────────────┘

636 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:43:31 ID:mKZGvOIg [9/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ     スッ
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                   . |               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   ジリッ

┌───────────────────────────────────┐
 やる夫が構えを変えた。
 やる夫が構えたのは上段の構えである。
└───────────────────────────────────┘

637 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:43:47 ID:mKZGvOIg
                , :',´_ ̄_`、ヽ、        ,,,、、
                 //      `\.,..-.ー"´ ̄`ー-ヽ,,、_
               /"´       _.:"⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:´ ̄` ̄``ヽヽ_
            /       /´.:.:.:.:.:.:.:.′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヽ、
              /        /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:∨i
                //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:\:ヽ:.:.:.:.:.ヽヽ   
                  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|,:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:ヽヽ:.:.:.:..∨!   
              / /:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i,:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:∨:.:.:.:.:.i\ 
              /  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i l:.:ii:ヘ:.\:.\:.:.:| :/l:|:.:.:.:.:.ヘ:i\    (まだ愚弄し足りぬか。)
          /   /:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.イ:.:/ l:.:|:l ∨:\:.\!/:.!:i:i:.:.:.:.:. ノ  i
        /    /:′:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:./:.l:/   l:.l:.l   ヽ;.:.! ヾjリ\|:.:./:/l  }
          /    /:.:.:./:/:.:.:.:.:.:./ / //    !//   ,斗≦ミtr、li:/:/:.:l ./  
       /    /:.///:.:.:.:.: /:/フ>く、、,,,__ノ/   γ斤辻刀′|/′:i!   
        /    //:/´/:.:.:.:////>斤三≧ゞ′     弋ソ少 /:.:.:.:.il.    
        ′  /__//:.:./´:.://∧:く ヾ近:::少         ゞー''" /!:.:.:.:/ト、.  
        ´ ̄/ /´ ̄/:.:.:.//_ゝ:\\弋ゞ'"´             / ,':.:.:/:!l::::::7 :
           ! |  /:.ノ//\: : ヽヘ:\\     !      / /:.:.:/`/;::::/
           ///:/ ̄:`:\:\!_、     - ―  / '/.:.:/ / 
       ___//  i:.:i_\: : : : : : : : >        /i//:/   
     ´ ̄ //     !:.:l\.:.:.\ー―ーー''"´八>  __/  /:∧  

┌───────────────────────────────────┐
 上段の構えは「名人の位」「天の構え」とも言い、格下の相手に対して使う構えである。
 道場破りに来た相手に使う構えではない。
 「お前の剣は未熟極まりない。矜持ごと両断してやる」
 竹刀を使った事に加えて重ねて侮辱されようにしか見えなかった。
 少なくともセイバーにはそうとしか取れなかった。
└───────────────────────────────────┘


アクセスカウンター
テレクラ・ツーショットダイヤルのハニートークライブチャットスポット静岡 風俗ファンタジーイイコイアダルト動画



638 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:44:10 ID:mKZGvOIg [11/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                   . |               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 上段の構えは攻撃の構えである。
 この構えに防御はない。防御をするのならこの構えは取らない。
 攻撃のみの苛烈な構えである。故に「火の構え」とも言われる。
└───────────────────────────────────┘

639 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:44:20 ID:mKZGvOIg [12/54]
                                                / //
                                             、ヘ、/ //
                                              ∨∨/
                                             /三ミ}ヘ
                                            /rニニ`〈_ヘ
                                           .| ヘニニ } ´
                                           ノ 〈y'゙ ` へ
                                         /,--´`--、   ヽ.
                                       / / \,  ,/\   \
                                      /  / (●) (●) ヽ    l
            .        ト、                     }   l   (__人__)  }   l
                  V\.             / ̄ ̄ ̄ ̄\  |::::::|    l   l
                   V 、\            \,  ,/     \ ー'  ー'´   /
                    \丶\         (●)  (●)     \  ・   /
            i|      |i      _____       | (_人__)        |
            i|     |i     /     \    \` ⌒´     - ´ /
           i|      |i  /\、 ,/゛  \    /  { \ /─- 、ゝ
          i|        ,|i  / (●) (●))    \‐、/   ) /´     ,>
         i|       ,|i  l゙⌒(__人__)⌒゛     |  Y  ,ノ'´   _, ,.-‐
   .      i|          |i.   \  `ヾ/        /  |、ィ、)  、__,. -r'´   ゝ
       i|        |i   /⌒          ̄\ノノノ'ノ,.        /
       i|            |i |                ,、 ヽ /   /i,__/⌒ヽ
      i|           |i \  \        ||   │ \ \/   /
      i|               i|i \  \      /  /   ,,-‐<    /
   .     i|                 i||,\  \   i′  く ヽ  (, __ _ノ
       i|i           /  i|i\  /]  /  |
       i|i.            /    / i|(ノ/)) ̄ヽ    \
        i|i        __| .   | / ,ゝ ̄   ヘ    )
         i|i.       (__\\ /        `ー‐'′


┌───────────────────────────────────┐
 攻撃方法は極めて単純。相手が踏み込んできた所を斬られる前に斬る。
 単純明快、ただそれだけである。
 唐竹、袈裟懸け、逆袈裟などの太刀筋は瑣末事である。
└───────────────────────────────────┘

640 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:44:34 ID:mKZGvOIg [13/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 必要なのは気迫、胆力。その二つを以てして相手を両断する構えである。
 対等な相手に使う構えではなく、生半には使いこなせない構えでもある。
 更には間合いの問題がある。
└───────────────────────────────────┘

641 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:44:34 ID:6Rf/Cycw

示現流<俺ってば常に格上!




642 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:44:47 ID:mKZGvOIg [14/54]


                  i|      |i      _____
                 i|     |i     /     \
                i|      |i  /\、 ,/゛  \ 
               i|        ,|i  / (●) (●))    \
              i|       ,|i  l゙  (__人__)       |
        .      i|          |i.  \  `          /
            i|        |i   /⌒          ̄\
            i|            |i |                ,、 ヽ
           i|           |i \  \        ||   │
           i|               i|i \  \      /  /
        .     i|                 i||,\  \   i′  く ヽ
            i|i           /  i|i\  /]  /  |
            i|i.            /    / i|(ノ/)) ̄ヽ    \
             i|i        __| .   | / ,ゝ ̄   ヘ    )
              i|i.       (__\\ /        `ー‐'′
               i|i        / /
                 i|i     \\ /
                  i|i,  / /
                    i|i__/


┌───────────────────────────────────┐
 斬り下ろしの間合いは突きや横薙ぎ等に比べると短い。
└───────────────────────────────────┘

643 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:44:57 ID:mKZGvOIg

                 .  /⌒ヽ  ,. -く乃T7ヽ、
                   {     >'    `メヌ\ハ
                 .     /     l i/ヽ メリ
                     〃 i ト Nく| | 彡Yト、 、
                     KNトハぐ} | |⌒i  | ヽ〉
                       r' ''" ! リ イ/ム__ソヽ
                 .       ` ー,イ片彡⌒ヽ~'´
                         L_) Y/ /Tr'
                         〈〈´ ̄\y〉
                          y\/⌒\r- 、__ __
                        / `(こへしiJ==.}三三三二二二二 ..>
                 .      /、\__/|   |ヘ___ハ ̄
                      〈ヽ `ー‐/ |、___∧__彡∧
                      rく `ー‐/ |ノ´`ト仆∠`>ァ-、
                     /三ミv'´ ∨´`∨`<='/    〉
                    /´ ̄`ヽ{         `ー‐‐ ′
                    ゝ.___ノ

┌───────────────────────────────────┐
 セイバーの脇構えから出るであろう横薙ぎ、切り上げの間合いよりも確実に短い。
└───────────────────────────────────┘

644 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:45:09 ID:mKZGvOIg [16/54]
                         ___
                        ,r':.;,;.:`、
                       ヽ='=`=',!
                        !、  ,l
                        !’´`’!
                        !:.:.:.:.:.l
                        !.:.:.:.:.:l
                        !:.:.:.:.:.!
                        !.:.:.:.:.:!
                        !:.:.:.:.:.l
                        !、.:.:,;''l
                        !:.:`':.:.:!
                        l:.:.:.;.:.:.:l
                        !.:.:.!i.:.:.:l
                       !:.;r' `、:.:!
                       l:,r' ', ,' 〉:!
                    __,,,,,,..ゝ7_i:!_`Y..,,,,___
              _,,..-‐'''¨ ̄_,,,_ _,_<__o__>,, _,,,,,,,¨''''''‐-- .,,_
           _,,-''´,,..-‐_,,''-'''¨'''_'''‐、:.ヽ∧,r':.;,-‐''''''''¨-'',,,‐- ,,,_¨''-,,_
          i  ''_,,-‐'',,-‐'''¨ ̄ヽ`iヽ`ヽ! l'_´,-7´/ ̄ ¨'''‐-'''_- ,,,_  ,!
          `、__,,-'''´       `、V!'i`!_,! i´!i! /        ¨- ,,_,/
                      i !:.ヽ ,r':.l !
                       ! ,.=、O,.=、 !
                       ! O:.〉〈:.O !
                       ! >:.:.H:.:.< !
                       !i:.:.:.:.! !:.:.:! l
                       ! !ー‐! !一! !
                       ! `''’ `'''’ !
                       ト、i''''! i''''!./!
                       l !V,-,V ! l
                       l V ∧V l
                       ! l Y l  l
                       ! l ω l  !
                       ! l κ! .!

┌───────────────────────────────────┐
 加えて木剣ではあるが長大な両手剣である。
 セイバーの間合いはやる夫の斬り下ろしの倍はあると考えるべきだろう。
└───────────────────────────────────┘

645 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:45:21 ID:mKZGvOIg [17/54]
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|              |
                    |            |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)

┌───────────────────────────────────┐
 それを見た上でこの上段の構えを取った。
 この上段は間合いの不利を叩き伏せる隔絶した技量差があるとの自負である。
└───────────────────────────────────┘

646 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:45:34 ID:mKZGvOIg [18/54]
                          __ __           ___
                      i´ ̄´      `> 、    /´ ̄ `ヽ
                   r─/´            ヽ、/        }
                  イ /      /        /´ ̄`ヽ    ′
                く  /     :/             ヽ.`\
                 /∨! \/.://      :/    :!  ヽ   ヾ :|
                ヽ トヽ/ ://  :/  :/  .i :|.:|   ヽ i ト、|
                /ヘ!∨  :レ′ / / :/:/! /|.:| ./ .i | ! リ
                ヽ__レ′   | >メ<,,._/ノ/ / l :|/ /! iリ
                 /    !/≧:≠`\.:/ / / /メノノヘ:/  (ならば・・・)
               ///    / /   《:::0:j ヽ/ /イハ;jゝヘハ
             / //  /イ :/    `='′::::::::::::::::::{;ソ イ:ヽ.:|、
               //  /  !::に}           〉  /:|   :|ヘ  ニヤリ
               |リ :/  || |:\    .r、__   / |   :| :ト、
               | :/   :レ′|   \   `ー -'´ / /|  ハl :}
            _____.レ′     __.|___>._ _  _/ / ハ :/ リ.ノ
      ..,,、r=''""´:::::::::::::::`≧x、、_,|!:::::::::::::::::::::::::| |::::|l   / :/  ______
      ::::::::::::::::::::::::::;r=====ゝ>:::::::::::::::::::::::| |::::||ユ、,ムr=''"´:ヘヽ:::::::::::`ヽ、
      :::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::ヾ V´ ̄ ̄``>v<´ ̄`ヽ;:::::::::::::::::\\::::::::::::ヽ
      ';::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ \\、_((⌒__,/∧::::::::::::::::::::\\::::::::/
      ';::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、  `ー─--ソ)--ー‐' ∧:::::::::::::::::::::::} .}:::/


┌───────────────────────────────────┐
 ここまで嘲弄されては剣士の面目が立たぬ。
 ここに来て打ち合いでの勝利は望まない。
 顔に嘲弄を顕にしながらセイバーが構えを変えた。
└───────────────────────────────────┘

647 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:45:51 ID:mKZGvOIg [19/54]
                ! i ',  i  ii', ', ヽ,ヽ,'>'_,,, 、i  レV, i / ,.,.;:;:;:;:;:,,.,.;:;'''
                ', ', i  ',  iヽ,i   `'^ / h  ! i  i  Y┤;:''''  ,';:;:;:;,'
                 ヽi ',  ',‐Tフ‐、::::::::::: ゝY__,ノ i  |: ノ‐;:;,,,.,.,.,.,';:;:;:,'    ,.,.,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;,.,.,
                  \\ ' ,く voヽ::::::::::::::    i  レ'<'''''''''''''''―'''  ,.,.,;:;:;''''''''''''  '''''';:;:;:;:;:;:;:,,
                    ヽiゝ`ヽ.ゝ‐' ,      |  i `''';:;:;:;:;:,  ,.,.,.,;:;''''           ',;:;:;:;:;,.,
                     i   iヽ,   ー‐   , 'i  i   '''';:;:;''''''                 '''
                     |   l  ` ‐ ..,,_  / i  ,'_
                     l  i |     i‐'T´ ̄ i / |
                    _,i  ハi‐‐‐l`'ー'L ___,/./:: L_
                  ,.‐'" ....ヽi........:::|ミ ⌒) 彡 /./i ::,‐,. 'ー‐.,_
                r'´  ::      fヽ,_C´   '/r‐!' ::::::::::  `'‐.,_
                 i   ::    /  /'''――'''ゝノ    ::::    ヽ、
                 i  :::  /,, ‐‐く      i     ::::     ヽ.
                ,.┘ '' '' / ''  Y .、\    i     .:::::       〉
                .ノ    , '   `/ ノ   ヽ,   l   .:::::       /
               /    !ヽヽ  ;  / ,,.... 〉,_。ヽ , ::       /
              ., '    iヽ ' ,', , / ,,... ''' /   '''i´      ,,/
             , '     ,i ' ヽ `V '''  ,, ‐',     /l      r┘
           /     / i,,  ◇.v. ◇'   ',   , ' ,i'     /
          /     ,:'  | ', 彡┃ミ,    /ー i' ,i'     /
         i    `' ;./_   | ; :: ┃    /   i! ,i     /
        ,.ノ‐'' ̄ ̄∩‐ i   `T''二,'''''二==‐‐‐ .,,___i,i'     /
      ,__r'      ∪ ,.ノ r―┤ o i;X;i o     __,,./,!    /
      \ ヽ) _,.― '''''∩i V   `'''7]≡[f''''' 7'''´‐‐' ,,    /
       >,,r′     ∪ ノ     !   ', /      ヽ、  i丶
       V, ヽ)――‐∩レ!    :!    i/        'く´  ヽ
        ヽ,''i i    ∪,ノ    i     /        ,., i   ヽ
         <,X――rv_ri    i   ,./.,_      _,.‐'  ! |    ヽ,
        ii Li   // /     i  ,.ノ   ヽ、 _,.‐' 'i _,..ノ'´     ヽ
        ト― ‐`'.....i i   ,! ノ^ `'ヽ,  ,i‐''i__,. ‐´         ヽ
        i ̄^ ^ 'i⌒!‐'‐L_  i/´ ;   ,メ i_,.‐'    _,....,_       >、
        L__.  i.,,ノ> ,_ `'' ‐‐,,_、  i i /i   ,..r''´<二!    _,.‐´  ヽ
         ,/ ̄ ̄´   >''i r‐v,ヽ、 i V :i /,;''_,>'' ̄´ _,.‐''     ヽ
         / `' ,._  。 /ヽノ/ / Yコ>‐'/`// ∠、__,,....‐‐''         ヽ
.        /     `'‐‐/   `''L,,/(,,r',二/ レ' 'ヽ、 `'‐ _            ヽ
       /       /      `'''´ / f /`''‐‐ゝ..  `'‐ ,,          ヽ
.      /       /          i ∧iL__    '' ...  `'‐ ,,         〉、
┌──────────────────────────────────┐
 下段の構えである。セイバーがこの構えから狙う場所は三つ。
└──────────────────────────────────┘

648 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:46:02 ID:mKZGvOIg [20/54]
                                  ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー   ◎  ー'´   /
                   │           │
                    |     ◎      |
                    .|            |
                    |            |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ ◎ |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)

┌───────────────────────────────────┐
 やる夫の喉、水月、脛である。
 それぞれ狙う太刀筋が異なり、喉は斬り上げ、水月は突き、脛は斬り払いで狙う。
└───────────────────────────────────┘

649 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:46:14 ID:mKZGvOIg

                         __ __           ___
                    i´ ̄´      `> 、    /´ ̄ `ヽ
                 r─/´            ヽ、/        }
                イ /      /        /´ ̄`ヽ    ′
               く  /     :/             ヽ.`\
               /∨! \/.://      :/    :!  ヽ   ヾ :|
               ヽ トヽ/ ://  :/  :/  .i :|.:|   ヽ i ト、|
               /ヘ!∨  :レ′ / / :/:/! /|.:| ./ .i | ! リ
              ヽ__レ′   | >メ<,,._/ノ/ / l :|/ /! iリ (いつまでその構えが続くかな・・・?)
               /    !/ヤ⌒メ\.:/ / / /メノノヘ:/
             ///    / /   {らc:j ヽ/ /イハ;jゝヘハ
            / //  /イ :/    `='′:::::::::::::::: {;ソ イ:ヽ.:|、
             //  /  !::に}           〉  /:|   :|ヘ
             |リ :/  || |:\      、__   / |   :| :ト、
              | :/   :レ′|:  \         / /|  ハl :}
          _____.レ′     __.|___>._ _  _/ / ハ :/ リ.ノ
    ..,,、r=''""´:::::::::::::::`≧x、、_,|!:::::::::::::::::::::::::| |::::|l   / :/  ______
    ::::::::::::::::::::::::::;r=====ゝ>:::::::::::::::::::::::| |::::||ユ、,ムr=''"´:ヘヽ:::::::::::`ヽ、
    :::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::ヾ V´ ̄ ̄``>v<´ ̄`ヽ;:::::::::::::::::\\::::::::::::ヽ
    ';::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ \\、_((⌒__,/∧::::::::::::::::::::\\::::::::/
     ';::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、  `ー─--ソ)--ー‐' ∧:::::::::::::::::::::::} .}:::/


┌───────────────────────────────────┐
 構えの間合いと得物自体の間合いが合わさって長大な間合いの差になっていた。
 喉、水月、脛、その全てがやる夫の上段斬り下ろしの外から狙えるのだ、
 やる夫が勝利するには構えを変えて打ち合うしか無い。
 「上段の構えを止めろ」そういう意図の構えであった。
└───────────────────────────────────┘

650 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:47:12 ID:mKZGvOIg
                           ____
                         /ー  ー \
                 _―  .  (●) (● ) .\゙二二ヽ
               _   ―   / (_人__)      ヽ//
                     .  |  `⌒´        |/
                        \.____ __ ____/
                           \   二二二二゙ヽ
                            \   \.   | .|  
                     _ . .     ヽ   \ | .|
                 _ ―    _____}   } £}
                   ―    { ______ノ
                         \ \  / /
                          \ \/
                          /\ \
                         / / \ \
                  _ ―  / /    \ ヽ
                ― _― / /      ∠.ノ
  人人人              / /
 )    て 三 = ― -   と二/

                     ※華麗なバックステップをするやる夫さん

┌───────────────────────────────────┐
 上段の構えは防御できない。出来ることと言えば後ろに下がることだけである。
 だが下がるならば上段の構えは取らない。
 つまり間合いの不利がある状態で上段の構えに対し
 下段を構えられるのは死んだも同然と言えた。
└───────────────────────────────────┘

651 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:47:28 ID:mKZGvOIg [23/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 そんな構えを目の前にしても、やる夫の上段の構えは動かない。
 さらには気合や剣気すら漂ってこない。まったく無味乾燥した構えである。
 だが・・・
└───────────────────────────────────┘

652 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:47:40 ID:mKZGvOIg


               |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
               |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
               \       `ー ─'^ー 一'       /
                 \        ー一        /   クス・・・
                 /                 \
                /                     ヽ

┌───────────────────────────────────┐
 その口元にほんの僅かばかりの笑みが浮かんだ。
└───────────────────────────────────┘

653 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:47:51 ID:mKZGvOIg [25/54]
              /       ヾト、
             /     __,. -¬ベY弋¬=- 、.__
                 厂/ , --  ヽ}}        \}_
                fブ ̄/              \ ヽ
               /ィ' /               ヽ.   :ヽ|
            ,/イ゙///  /          ヽ   ヽ  :::ト、
              // 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、  ::∨
           〃 〈_/ / /イ',   / ,    /:::|  | | :::l ヽ!!  i:::::ト、
             /    ∧.イ / /  / /   /::::::|  | ト、.:::| リ  i:::::iV
         /   / ,.! .〃 /  / /:l   /::::::::::|   | |. |::::|:..}  .!:::::トト
         ,'    〃/ V/' /  ム,,-l=-/::::::::::::| .十ー|-Ⅳ i. トi::::|ハ!
         {   // /ハ./  厶==ミ_メ、::::::::::::::::: ィ.|==tド/ ,ハ | ト、| ( もはや許さぬ。
                l/ 〈/ .i:::liく { {o} :i` 三三三 { !.o !/ ,ハ ハ:::::|  
              j! i:::ハ.  ミ辷ゾ  三三三 .{ミ_ノ' /./ |. i:::|   自分の道場の床で這い蹲るがいい )
               〃 i::|∧    ̄       :.     ̄/ / ハ! ,ハ. i::|
                / |  i::|〈`ト、       :i      / / // |i | V|
            〈 |  i:::| |:::::|\     ,  、    / /,.1/  ハト. ||
                Ⅵ  !::| |:::::|  ヽ        / /' ,}! /イ|| |.||
                || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |
               || !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|
          ___   | .|/||::ヽ__〉|:::: ̄ ̄| } ̄ ̄:::::/./二`=-―、.||
      ,...:::'::´::::::::::::: ̄V:::::_ノ_r―'::ト、:::::::::::| |::::::::__,,ノ /:::::::::ヽ二ヽ_:: ̄
     /:::::::::::::::::::::::::::___ノノ::::::::::/ \ ̄⌒  ̄ ,/ l,ハ::__/:::::::::ヽ.二
   /:::::::::::::::/,二..:--―:':::::::::::∧  -、 \ ソ / , -‐ ,人:::::::::::::::::::::::::;
  /::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::;イ___}ト .._____,..-〈_ハ:::::::::::::::::/::


┌───────────────────────────────────┐
 セイバーは怒りのままに水月を木剣で突く事に決めた。
 無論、手加減はするが水月を突かれて唯では済まない。
 無様に反吐を吐き転げまわる事になる。
└───────────────────────────────────┘

654 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:48:05 ID:mKZGvOIg [26/54]
                ! i ',  i  ii', ', ヽ,ヽ,'>'_,,, 、i  レV, i / ,.,.;:;:;:;:;:,,.,.;:;'''
                ', ', i  ',  iヽ,i   `'^ / h  ! i  i  Y┤;:''''  ,';:;:;:;,'
                 ヽi ',  ',‐Tフ‐、::::::::::: ゝY__,ノ i  |: ノ‐;:;,,,.,.,.,.,';:;:;:,'    ,.,.,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;,.,.,
                  \\ ' ,く voヽ::::::::::::::    i  レ'<'''''''''''''''―'''  ,.,.,;:;:;''''''''''''  '''''';:;:;:;:;:;:;:,,
                    ヽiゝ`ヽ.ゝ‐' ,      |  i `''';:;:;:;:;:,  ,.,.,.,;:;''''           ',;:;:;:;:;,.,
                     i   iヽ,   ー‐   , 'i  i   '''';:;:;''''''                 '''
                     |   l  ` ‐ ..,,_  / i  ,'_
                     l  i |     i‐'T´ ̄ i / |
                    _,i  ハi‐‐‐l`'ー'L ___,/./:: L_
                  ,.‐'" ....ヽi........:::|ミ ⌒) 彡 /./i ::,‐,. 'ー‐.,_
                r'´  ::      fヽ,_C´   '/r‐!' ::::::::::  `'‐.,_
                 i   ::    /  /'''――'''ゝノ    ::::    ヽ、
                 i  :::  /,, ‐‐く      i     ::::     ヽ.
                ,.┘ '' '' / ''  Y .、\    i     .:::::       〉
                .ノ    , '   `/ ノ   ヽ,   l   .:::::       /
               /    !ヽヽ  ;  / ,,.... 〉,_。ヽ , ::       /
              ., '    iヽ ' ,', , / ,,... ''' /   '''i´      ,,/
             , '     ,i ' ヽ `V '''  ,, ‐',     /l      r┘
           /     / i,,  ◇.v. ◇'   ',   , ' ,i'     /
          /     ,:'  | ', 彡┃ミ,    /ー i' ,i'     /
         i    `' ;./_   | ; :: ┃    /   i! ,i     /
        ,.ノ‐'' ̄ ̄∩‐ i   `T''二,'''''二==‐‐‐ .,,___i,i'     /
      ,__r'      ∪ ,.ノ r―┤ o i;X;i o     __,,./,!    /
      \ ヽ) _,.― '''''∩i V   `'''7]≡[f''''' 7'''´‐‐' ,,    /
       >,,r′     ∪ ノ     !   ', /      ヽ、  i丶
       V, ヽ)――‐∩レ!    :!    i/        'く´  ヽ
        ヽ,''i i    ∪,ノ    i     /        ,., i   ヽ
         <,X――rv_ri    i   ,./.,_      _,.‐'  ! |    ヽ,
        ii Li   // /     i  ,.ノ   ヽ、 _,.‐' 'i _,..ノ'´     ヽ
        ト― ‐`'.....i i   ,! ノ^ `'ヽ,  ,i‐''i__,. ‐´         ヽ
        i ̄^ ^ 'i⌒!‐'‐L_  i/´ ;   ,メ i_,.‐'    _,....,_       >、
        L__.  i.,,ノ> ,_ `'' ‐‐,,_、  i i /i   ,..r''´<二!    _,.‐´  ヽ
         ,/ ̄ ̄´   >''i r‐v,ヽ、 i V :i /,;''_,>'' ̄´ _,.‐''     ヽ
         / `' ,._  。 /ヽノ/ / Yコ>‐'/`// ∠、__,,....‐‐''         ヽ
.        /     `'‐‐/   `''L,,/(,,r',二/ レ' 'ヽ、 `'‐ _            ヽ
       /       /      `'''´ / f /`''‐‐ゝ..  `'‐ ,,          ヽ
.      /       /          i ∧iL__    '' ...  `'‐ ,,         〉、
┌──────────────────────────────────┐
 慎重に間合いを確かめ攻撃の時を探る。
└──────────────────────────────────┘

655 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:48:15 ID:mKZGvOIg [27/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 一方のやる夫は胸にひりつくような殺気を感じていた。喉と脛はやや薄い。
 相手の狙いは恐らく水月への突きだろうと判断していた。
└───────────────────────────────────┘

656 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:48:29 ID:mKZGvOIg [28/54]



                  /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \        
                /: : :             \      
               /: : : :              \
             /: : : : : :                 \    
             : : : : : : : :.._        _      \  
             : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
             : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    | 
             : : : : : : ´"''",       "''"´       l 
             : : : : : : . . (    j    )       /  
             \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
             /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\    
             : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \  
             : : : : . : : . : : .                   \


┌───────────────────────────────────┐
 しかし何処を狙っていても問題無い、技を使えば事足りるからである。
 やる夫が上段の構えから使うのは最も得意とする技、稲穂の太刀。
└───────────────────────────────────┘

657 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:48:51 ID:mKZGvOIg
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 稲穂の太刀は待ちの技で、上段、あるいは正眼の構えから
└───────────────────────────────────┘

658 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:49:03 ID:mKZGvOIg [30/54]

                  i|      |i      _____
                 i|     |i     /     \
                i|      |i  /\、 ,/゛  \ 
               i|        ,|i  / (●) (●))    \
              i|       ,|i  l゙  (__人__)       |
        .      i|          |i.  \  `          /
            i|        |i   /⌒          ̄\
            i|            |i |                ,、 ヽ
           i|           |i \  \        ||   │
           i|               i|i \  \      /  /
        .     i|                 i||,\  \   i′  く ヽ
            i|i           /  i|i\  /]  /  |
            i|i.            /    / i|(ノ/)) ̄ヽ    \
             i|i        __| .   | / ,ゝ ̄   ヘ    )
              i|i.       (__\\ /        `ー‐'′
               i|i        / /
                 i|i     \\ /
                  i|i,  / /
                    i|i__/


┌───────────────────────────────────┐
 相手の「機」に合わせて踏み込み斬り下ろす。だたそれだけの技である。
 だが問題なのはこの「機」である。
└───────────────────────────────────┘

659 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:49:21 ID:mKZGvOIg
                           ,..-'''" ̄"''-,,;,,
                          ./       ;;;;彡
                          .;{;,,; (,.;;;-  ;;;;;;;:彡
                         ミ;;}ァ'〉 ィ=-   ,イ;;;ミ
                         ミ;;( ム     ,;;;_ソ;;ミ
                       ____イ"'ゞ=- ,;/;;;ミヽ,
                    i''"~:::::::::::::::;;ゝ,,,,,...-''  ヽ'i | 'ヽ-'''"" ̄ ̄""'''フ
                    ト.::::::::::::::::::;;/i l |オ __../ / |;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::/::i
                    | i::::::::ヽ:::::;;l .| l | '" / / |;;;;;;:::::::::::::::::::::::::/::::::}
                    |::|::::::::::i::::;;;| | l.ゝ ./ /  ,|;;;;;;;::::::::::::::::::::::/t.,:::ノ
                    .!:|:::::::::!::::;;;|  l.ヽ / /  /.|;;;;;;;::::::::::::::::::::/  \
                    .|::\:::|:::::;;;|  ゝ ヽ/  / .l;;;;;;;:::::::::::::::/    'i
                     ゝ/ヽ|::::::;;;l   '''/  ./ |;;;;;;:::::::::::::/      l
                     /  |:::::::;;;|  ./  ./  |;;;;;;:::::::::::/ノ     .|
                     (   |::::::::;;;|/  /   l;;;;;;::::::::::l./      ./
                     i  .|::::::::::;;;l  ./   /__;;:::::::::y      ./
                     |  |:::::::::::;;;|/   __ /ゝ ヽ:/      /ヽ,
                     .|  |::::::::::::;;;|   ノソ''-:::,_,/       /  i
                      | ヽ:::::::::::;;;|   ~7''-..,,/        /   |
                      .|,.=.,ゝ=(("'≡D)==彡:::/       ./    .|
                      / /::::::::;;;"ア ゞ  l;;;;:::::::ゝ-....,,,  /     l
                     ( i::::::::::::;;;;/    |;;;;;:::/ ./___ソ、     /
                     (⌒|::::::::;;;;;;;i.    |;;;;/,..., ,」:::ゝ ゝ,,____,,.ノ
                     /''/{::::::;;;;;;;;||    .l//''":::::::::::'-..,,__,,..ノ、
                     / / ゝ==-'"~   //=--..,,,,____:::::\\i\\
                    ./ / /      .//|          \\,\\
                   / /  l  |   //  l            |\\ ゝ,ゝ、
                  ./ /  |  | //   .|             l' \\ ''-'
                  / /   .|  //    !            l   \\
                 ./ /   .| //      |            |.     \\
                / /     | ̄ | i      |            .i       ゞ ゞ,
               ./ /     .|   |. l.     |           .l        "'-'
┌───────────────────────────────────┐
 機は古来より剣豪たちや剣術流派で重要視された概念である。
 各流派によって名称や細かく分類されるが、
└───────────────────────────────────┘

660 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:50:34 ID:mKZGvOIg [32/54]


                   , -──-、
                 /      \
                /    ノ   ヽ、 \
              /   (●)::::::(●)  \        ,
              |  ヽ   (__人__)'    |      //
              \、  u `⌒´    /      //
               (⌒ヽ        ィヽ     //
               l \  \     ,   |   //
               |  \,, \   |  | //
               |    \  \_  ヘ//
               |     \_r' ソイゝ
               |        r_ゝィ'〆   
      
     ※いきなり立会いをさせられてうろたえるやる夫さんの図

┌───────────────────────────────────┐
 『先の先』 相手が攻撃する前の隙。
 例えば相手の構えの隙や相手の精神的未熟さからの隙である。
└───────────────────────────────────┘

661 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:50:49 ID:mKZGvOIg


                  ∠二_ヽ
                 l´>,へ`lト  ジャキ!
                ,/ /:::.::|ラ ',
               /  ./:.::.::.| | ',
             /;   /.::.:::.::| |  ',____
            ./::::::':;..  i'::.:...::.::| | /\  /\
            /'::;:::::::::::'::,l!.:::.:::.:..:l! /( ●)  (●)\
           ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....:...:.l!. :::::⌒(__人__)⌒:::::\
           l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!.   |r┬-|       |
           |:.:..  /   \:::.:.:.:!.   ` ー'´     /
           :!::::./      . \::.::゙:、    /   i
            ゙く          \:.:.゙:、 (⌒)   ./
          .   ` 、          \::゙:.、ノ ~.レ-r┐
               `゙ ‐-  .,,__   _,,.>__ | .| ト、
                        ̄〈 ̄   `-Lλ_レ
                           ̄`ー‐---‐

             ※攻撃する直前のやる夫さんの図

┌───────────────────────────────────┐
 『先』 これから攻撃しようとする直前の隙
 例えば攻撃に移ろうと構えを崩した時の隙、
 攻撃に集中しすぎて防御がおろそかになっている場合の隙である。
└───────────────────────────────────┘

662 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:51:03 ID:mKZGvOIg



                    ___
                   /     \
                 /     ' "\ ,\
                /      ( ◯)ヾ'|
                |   ij   "⌒(__人_)          _   三 ─ _-
                \         `i ヾ/          ≡ | |____=≡____
                γ         ⌒` ̄二 ̄= ̄== |───────── 〉
              //           y──≡三 ─ 二. | | ̄ ̄二 ̄ ̄三 ._ ̄ ̄
             / /         /               ̄  ̄  ─ ̄  ̄
            ゝ__/         /
              /         /
             /       /   \
            /    / `\     \
          /    /    `ン    !
         /    /      /    /
       /    /       !、____`)
       !、____`)
          
          ※片手突きを放つやる夫さんの図

┌───────────────────────────────────┐
 『先の後』 相手が攻撃を放っている最中の隙
 攻撃と防御は同時に出来ない為にどうしても生まれてしまう隙である。
└───────────────────────────────────┘

664 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:51:25 ID:mKZGvOIg [35/54]



                    ___
                   /u   \
                 /     u  \
                 |          |
                 \ u       /
                  \  ヽ    \
                  //  ,ノ   u   )
                 /( ノ        \
                、( 'ノ(      くヽ   `ヽ、
               //` \____>\___ノ
              //
            //
           //  
           ´
      ※袈裟斬りを避けられてフルボッコにされる直前のやる夫さんの図


┌───────────────────────────────────┐
 『後の先』 相手が攻撃を放った後の隙。
 攻撃後に防御の構えを取るまでの隙や攻撃後に体制を崩したときの隙である。
└───────────────────────────────────┘

665 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:52:04 ID:mKZGvOIg
                                    ___
                               _,.、-''' ̄ :.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ '''''‐- 、
``' ‐ 、 _                        ,.-',.、-ァ―''''''''''''''''''''_'''''' - 、:.:.:.:.:`ヽ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`' ‐ 、 _                  ,.-'''"´,.-'"         ` ヽ、 `ヽ:.:,ノノ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`' ‐ 、_            ,/  ,/            _,,.ヽ-‐'"/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`' ‐ 、, -、,、             _,、-― '''''''''''' "´:.:.:.:.||:.:/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::  '''´{ <ン ̄ヽ、        、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ム'
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::: '       `f:::::::::K、_`'‐ 、_  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,、-''"ソ/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::: '          {::::::::::}   `' ‐、.>/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,、- '"´ _,、-'"
;:;:;:;:;:;:;: '             レ'´ `ヽ      ,':.:.:.:./:.:.:,.-'"´___,,.、- '"´
;:;:;:; '                `l  ___>-、   l:.:.:.:/.:.:./''"¨´
:; '                 レ'´  , '⌒>―`==、'"                _, -- 、
                 // / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙ヽ.           '、 ̄ ̄    ::.\
               , ' .: .: .: /, ‐   ー- 、:.:.:.:.:ヽ_          \::::::;;;;__:: ',\
              ,.' .:/.: .:/.:/,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、::ドヽ、,,,,___,.rー-'''''"へヽ :. ヽ ',::. ',
             ,.' .::/.: .:: .:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:ヽ!、__ \\ヽ      .:l:::/::. !: ト ',::: ',
            ,:' .:::/.: .: :l.:.:;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヾ:、ヽ、::\ `~l  l:. :.  .: .:::/:::::::::!:: |:: !:: ;
           ./ .::/.: .:: .:l:.:l:::::kl!、゙、ヽ、:.:\.:.`、ヽ、、、:.ヽ、 |  !:. ::..:: .:::/.:::::/:::.ノ ノ  ノ
           |   .::; .::  ::トl:::::|!゙'、\'、rェッ、ヽ、 ヌヾヽ`ヾ:|  |::: :::  , '.::::/   ,. ィ'"
           !、 .:::l .::::  :::. ヽ、:∨ヽ `ヽ / メ、ヾ `   ノ .:!::  / .:;∠ 、ィ'"´,ノ
            ヽ::::l .:::::  :::: ::::::{`'、=‐  .'イーノー-  , ' .::,' ..::::/ .::/ー、 / '"´
              ヽ .:::::  .::::;;.、- '  `ヾ´ヽー 、   , ' ..:::::ノ::::/.:::::::i   {
              | .:::::.r'"´       \\ ` 、, '::::, '´ー'´  __ イ :|_ト、ヽ
              l__/         , -‐`―=='、_,/ー─'";'´、`;三ヾ_j」イ


             ※『先の先』で抜刀術を使う緋村さん

┌───────────────────────────────────┐
 この『先の先』『先』『先の後』『後の先』を如何にして制するかが剣術の基本である。
 故にこの機を想定してない技は剣術流派には存在しないと言っていい。
└───────────────────────────────────┘

666 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:52:25 ID:mKZGvOIg [37/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 やる夫が狙っている稲穂の太刀は『先』の機に合わせて踏み込み斬り捨てる。
 『先』の機を完全に合わせる事がこの技の骨子である。
└───────────────────────────────────┘

667 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:52:43 ID:mKZGvOIg [38/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|               |
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   /
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 ではやる夫は以下にしてセイバーの『先』を取るか。
 感じ取り、打つ。ただそれだけである。
 合理的理法はそこに存在し得ないように思える。
└───────────────────────────────────┘

668 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:52:56 ID:mKZGvOIg [39/54]


                  l     l  ||  入 速 出 流  ll
         ..::/||     l     l  ii==================ii
       ...:::/|  ||     l     l     l     l     l
     ...: :/|  |/||     l     l    ┌─────────┐
     /|  |/|  ||     l     l    │[] [][][] [][]    │
       |/|  |/||     l     l    └─────────┘
     /|  |/|  ||     l     l     l     l     l
       |/|  |/||     l     l     l     l     l
     /|  |/|  ||     l     l     l     l     l
       |/|  |/||     l     l     l     l     l
     /|  |/|  ||     l     l     l     l     l
       |/|  |/||     l     l     l     l     l
     /|  |/ ..:::||___________l___________l___________l___________l___________l_______
       |/...::::::/     /     /     /     /
     /.....:::::/     /     /     /     /
     ...:::::::/     /     /     /     /
     ..:::/     /     /     /     /



┌───────────────────────────────────┐
 だがここはやる夫の道場。
 空気が、道場の板の軋みが、染み付いた血と汗の匂いが、先人の魂が教えてくれる。
 更に言えば、
└───────────────────────────────────┘

669 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:53:12 ID:mKZGvOIg [40/54]
                ! i ',  i  ii', ', ヽ,ヽ,'>'_,,, 、i  レV, i / ,.,.;:;:;:;:;:,,.,.;:;'''
                ', ', i  ',  iヽ,i   `'^ / h  ! i  i  Y┤;:''''  ,';:;:;:;,'
                 ヽi ',  ',‐Tフ‐、::::::::::: ゝY__,ノ i  |: ノ‐;:;,,,.,.,.,.,';:;:;:,'    ,.,.,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;,.,.,
                  \\ ' ,く voヽ::::::::::::::    i  レ'<'''''''''''''''―'''  ,.,.,;:;:;''''''''''''  '''''';:;:;:;:;:;:;:,,
                    ヽiゝ`ヽ.ゝ‐' ,      |  i `''';:;:;:;:;:,  ,.,.,.,;:;''''           ',;:;:;:;:;,.,
                     i   iヽ,   ー‐   , 'i  i   '''';:;:;''''''                 '''
                     |   l  ` ‐ ..,,_  / i  ,'_
                     l  i |     i‐'T´ ̄ i / |
                    _,i  ハi‐‐‐l`'ー'L ___,/./:: L_
                  ,.‐'" ....ヽi........:::|ミ ⌒) 彡 /./i ::,‐,. 'ー‐.,_
                r'´  ::      fヽ,_C´   '/r‐!' ::::::::::  `'‐.,_
                 i   ::    /  /'''――'''ゝノ    ::::    ヽ、
                 i  :::  /,, ‐‐く      i     ::::     ヽ.
                ,.┘ '' '' / ''  Y .、\    i     .:::::       〉
                .ノ    , '   `/ ノ   ヽ,   l   .:::::       /
               /    !ヽヽ  ;  / ,,.... 〉,_。ヽ , ::       /
              ., '    iヽ ' ,', , / ,,... ''' /   '''i´      ,,/
             , '     ,i ' ヽ `V '''  ,, ‐',     /l      r┘
           /     / i,,  ◇.v. ◇'   ',   , ' ,i'     /
          /     ,:'  | ', 彡┃ミ,    /ー i' ,i'     /
         i    `' ;./_   | ; :: ┃    /   i! ,i     /
        ,.ノ‐'' ̄ ̄∩‐ i   `T''二,'''''二==‐‐‐ .,,___i,i'     /
      ,__r'      ∪ ,.ノ r―┤ o i;X;i o     __,,./,!    /
      \ ヽ) _,.― '''''∩i V   `'''7]≡[f''''' 7'''´‐‐' ,,    /
       >,,r′     ∪ ノ     !   ', /      ヽ、  i丶
       V, ヽ)――‐∩レ!    :!    i/        'く´  ヽ
        ヽ,''i i    ∪,ノ    i     /        ,., i   ヽ
         <,X――rv_ri    i   ,./.,_      _,.‐'  ! |    ヽ,
        ii Li   // /     i  ,.ノ   ヽ、 _,.‐' 'i _,..ノ'´     ヽ
        ト― ‐`'.....i i   ,! ノ^ `'ヽ,  ,i‐''i__,. ‐´         ヽ
        i ̄^ ^ 'i⌒!‐'‐L_  i/´ ;   ,メ i_,.‐'    _,....,_       >、
        L__.  i.,,ノ> ,_ `'' ‐‐,,_、  i i /i   ,..r''´<二!    _,.‐´  ヽ
         ,/ ̄ ̄´   >''i r‐v,ヽ、 i V :i /,;''_,>'' ̄´ _,.‐''     ヽ
         / `' ,._  。 /ヽノ/ / Yコ>‐'/`// ∠、__,,....‐‐''         ヽ
.        /     `'‐‐/   `''L,,/(,,r',二/ レ' 'ヽ、 `'‐ _            ヽ
       /       /      `'''´ / f /`''‐‐ゝ..  `'‐ ,,          ヽ
.      /       /          i ∧iL__    '' ...  `'‐ ,,         〉、
┌───────────────────────────────────┐
 怒りをも隠せぬ未熟者の機を読むなど飯盒炊飯の機を読むより容易い。
└───────────────────────────────────┘

670 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:53:23 ID:mKZGvOIg
                  /       ヾト、
                /     __,. -¬ベY弋¬=- 、.__
                     厂/ , --  ヽ}}        \}_
                   fブ ̄/              \ ヽ
                 /ィ' /               ヽ.   :ヽ|
                ,/イ゙///  /          ヽ   ヽ  :::ト、
               // 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、  ::∨
              〃 〈_/ / /イ',   / ,    /:::|  | | :::l ヽ!!  i:::::ト、
             /    ∧.イ / /  / /   /::::::|  | ト、.:::| リ  i:::::iV
             /   / ,.! .〃 /  / /:l   /::::::::::|   | |. |::::|:..}  .!:::::トト
            ,'    〃/ V/' /  ム,,-l=-/::::::::::::| .十ー|-Ⅳ i. トi::::|ハ!
            {   // /ハ./  厶==ミ_メ、::::::::::::::::: ィ.|==tド/ ,ハ | ト、| 
               l/ 〈/ .i:::liく { {o} :i` 三三三 { !.o !/ ,ハ ハ:::::|  
                  j! i:::ハ.  ミ辷ゾ  三三三 .{ミ_ノ' /./ |. i:::|  
                 〃 i::|∧    ̄       :.     ̄/ / ハ! ,ハ. i::|
                / |  i::|〈`ト、       :i      / / // |i | V|
                〈 |  i:::| |:::::|\     ,  、    / /,.1/  ハト. ||
                Ⅵ  !::| |:::::|  ヽ        / /' ,}! /イ|| |.||
                 || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |
                 || !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|
              ___   | .|/||::ヽ__〉|:::: ̄ ̄| } ̄ ̄:::::/./二`=-―、.||
          ,...:::'::´::::::::::::: ̄V:::::_ノ_r―'::ト、:::::::::::| |::::::::__,,ノ /:::::::::ヽ二ヽ_:: ̄
        /:::::::::::::::::::::::::::___ノノ::::::::::/ \ ̄⌒  ̄ ,/ l,ハ::__/:::::::::ヽ.二
       /:::::::::::::::/,二..:--―:':::::::::::∧  -、 \ ソ / , -‐ ,人:::::::::::::::::::::::::;
      /::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::;イ___}ト .._____,..-〈_ハ:::::::::::::::::/::

┌───────────────────────────────────┐
 彼女の才は恐らく自分を凌駕するかもしれない。
 おそらく彼女が傲慢なのはその年で師を凌駕してしまったからだろう。
 そうでなければここまで実力差のある無謀な立会いはすまい。
 彼女は師に恵まれていない。
└───────────────────────────────────┘

671 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:53:37 ID:mKZGvOIg [42/54]
                                  ┐
                                 / /.
                                / /
                                / /
                               / /
                               / /
                              / /
                              / /
                             / /
                           /三ミ}
                          /rニニ`〈
     :::::\:::::::::::::::::::::::::\:::::\::::ヾ::::::::::i::::::.| ヘニニ }::::::::i:::::::::::/::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::
     ::::::::::::::\::::::::::\:::::::::::::::::::ヾ:::::ヾ::::::ノ 〈y'゙ ` へ    ::::i:::::::/:::::::::/:::::::::::::/:::/::::
     :::::::::\:::::::::::\::::::::::::\:::::ヾ::::::::ヾ/,--´`--、   ヽ.:::/::::::::::::::::/::::::::::::::/:::::i:::::::::/::::::
     :::-:::\:::::::::::::::::::::::::\::::::::::::\/ / ─,  ,─\   \::/:::::::::::::::::/::::::::::´:::::::_::::::-:::::
     :::::::`-、::::::::::\:::::\::::::::::::::::/  / (●) (●) ヽ    l : :::::::::::/:::´::::::´:::::::::::::::::::::::´::::
     ::`::`::::`:::::、:::::::::\::::::\:::;::::|  ,   (__人__)   }   l: : : : : :::::::::::::´::::::::´::::::::´:::::::::::
     ::::`:::::、:::::::::::::::、::::::::::::::::: : : |  ヽ           l   l: : : : : : :´::::::::::_:::::::::─::::::::´::
     -_:::::::ー:::ー::::_:::::::-::::,:::: : :ヽ、 ー      ー'´   /: : : : : : : : :::::::::::::::::-::::::::::: ̄:::::
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :│          │: : : : : : : : : : : ::::::─:::::::::::::::-_:::::::
     :::::::-::::::: ̄::::::::::_:::::::::/: : : :: : : :|           | : : : : : : : : : : : ::::::::::-::::::_::::::::::-:::
     ::_:::::::::::-::::::::_:::::::::::::: : : : : : : :.|               |: : : : : : : : : : : : :::::::::::ー::::::::::::::-:::、:::
     ::::::::::::::_::::::::::::::/::::::::::::: : : : : : : |             |: : : : : : : : : : : :、::::ヽ:::::::_::: ̄::::::_:::
     ::::_:::::::::::/::::::::::::::::/::::::::: : : : : |             | : : : : : : : : : ::::::::::ヽ::::::::、:::::::-:::::_:::::
     ::::::::-:::::::/::::::::´:::::::::/:::::i::::::::: : : l      |    | : : : : : : :::::ゝ:::::::ヾ:::::::ヾ:::::::::::、:::::::ヾ::
     :::::::::: ̄:::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::i::::::ヽ,     /   / : : : : ::::i:::::::::::::ヾ:::::::ヾ:::::::::::ヾ::::::::::::`::
     :::/:::::::::/:::::::::::/::::::::/::::::::/:::::i:::::::ヾ    |  ./ :::::i:::::::i::::::::::ヾ:::::::::::ゞ:::::::::::::ヾ::::::::::ヾ::::
     ::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::/:::::::::/:::::::::|    |  /::::|::::::!:::::::::::::!:::::::::i::::::::::!::::::::ヾ:::::::::::::ヾ:::::
     :::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::|:("_`゙)_)   :::::::::i::::::::::::::::ゞ:::::::::ヾ::::::::::::ヾ::::::::::::
     :::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::/:::::|::::::::::::i::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::i::::::::::::ヾ:::::::::::::::ヾ::::::::::::ヽ:::::::::::::ゝ:::

┌───────────────────────────────────┐
 才ある若者が一度の失敗で道を外れるのはやる夫にとっても不本意である。
 故に斬り捨てる。
 傲慢に育ってしまった性根ごとその不要な誇りのみを斬り捨てる。
 そう決めて緩やかに丹田にて気を練って意を放つ。
└───────────────────────────────────┘

673 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:53:50 ID:mKZGvOIg [43/54]

                  /       ヾト、
                /     __,. -¬ベY弋¬=- 、.__
                     厂/ , --  ヽ}}        \}_
                   fブ ̄/              \ ヽ
    :::::\:::::::::::::::::::::::::\:::::\/ィ' /               ヽ.   :ヽ|:/:::::::::::::/:::::::::::::::
    ::::::::::::::\::::::::::\:::::::::,/イ゙///  /          ヽ   ヽ  :::ト、/:::::::::::::/:::/::::
    :::::::::\:::::::::::\:::::::::// 」1' / .//   ,    /i   |:i ヽ i. ト、  ::∨::::::/:::::i:::::::::/::::::
    :::-:::\::::::::::::::::::::::::〃 〈_/ / /イ',   / ,    /:::|  | | :::l ヽ!!  i:::::ト、::::::´:::::::_::::::-:::::
    :::::::`-、::::::::::\:::/    ∧.イ / /  / /   /::::::|  | ト、.:::| リ  i:::::iV::´:::::::::::::::::::::::´::::
    ::`::`::::`:::::、::::::::/   / ,.! .〃 /  / /:l   /::::::::::|   | |. |::::|:..}  .!:::::トト:::::::´::::::::´:::::::::::
    ::::`:::::、:::::::::::::::,'    〃/ V/' /  ム,,-l=-/::::::::::::| .十ー|-Ⅳ i. トi::::|ハ!:_:::::::::─::::::::´::
    -_:::::::ー:::ー:::: {   // /ハ./  厶==ミ_メ、::::::::::::::::: ィ.|==tド/ ,ハ | ト、| :::::::::-::::::::::: ̄:::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/ 〈/ .i:::liく { {o} :i` 三三三 { !.o !/ ,ハ ハ:::::|  :::::::::::::::-_:::::::
    :::::::-::::::: ̄::::::::::_:::::::::/: : j! i:::ハ.  ミ辷ゾ  三三三 .{ミ_ノ' /./ |. i:::|  -::::::_::::::::::-:::
    ::_:::::::::::-::::::::_:::::::::::::: :〃 i::|∧    ̄       :.     ̄/ / ハ! ,ハ. i::|:::::::ー::::::::::::::-:::、:::
    ::::::::::::::_::::::::::::::/::::::::::/ |  i::|〈`ト、       :i      / / // |i | V|ヽ:::::::_::: ̄::::::_:::
    ::::_:::::::::::/::::::::::::::::/〈 |  i:::| |:::::|\     ,  、    / /,.1/  ハト. ||::::::、:::::::-:::::_:::::
    ::::::::-:::::::/::::::::´:::::::::/Ⅵ  !::| |:::::|  ヽ        / /' ,}! /イ|| |.||::::ヾ:::::::::::、:::::::ヾ::
    :::::::::: ̄:::::::::::/:::::::::::::::::|| i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |ヾ:::::::::::ヾ::::::::::::`::
    :::/:::::::::/:::::::::::/::::::::/::|| !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|::::::::::::ヾ::::::::::ヾ::::
    ::::::/:::::::::::::/::::::___   | .|/||::ヽ__〉|:::: ̄ ̄| } ̄ ̄:::::/./二`=-―、.||::::::ヾ:::::::::::::ヾ:::::
    :::::::::::::/:::,...:::'::´::::::::::::: ̄V:::::_ノ_r―'::ト、:::::::::::| |::::::::__,,ノ /:::::::::ヽ二ヽ_:: ̄:::::::::::ヾ::::::::::::
    :::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::___ノノ::::::::::/ \ ̄⌒  ̄ ,/ l,ハ::__/:::::::::ヽ.二:::ヽ:::::::::::::ゝ:::
       /:::::::::::::::/,二..:--―:':::::::::::∧  -、 \ ソ / , -‐ ,人:::::::::::::::::::::::::;
      /::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::;イ___}ト .._____,..-〈_ハ:::::::::::::::::/::

┌───────────────────────────────────┐
 彼女はやる夫の意に包まれた。もはや彼女の『機』を見逃す事はない。
 後は斬り捨てるのみ。
 ……………技の理が完成すると余裕ができる。
 この子は笑えばきっと可愛いに違いない。そんな軟派な事を考えてしまう。
└───────────────────────────────────┘

674 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:54:13 ID:mKZGvOIg [44/54]



                      _____
                     /         \
                   /            \
                  /   -一'     ゙ー-   \
                 /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
               /    (   ● l    l ●   )    \
               |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
               |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
               \       `ー ─'^ー 一'       /
                 \        ー一        /  クス・・・
                 /                 \



┌───────────────────────────────────┐
 未熟だ。立合いの最中に何を考えているのだろう。
 苦い笑いを自覚すると身体がセイバーの『先』を察知して動いた。
└───────────────────────────────────┘

675 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:54:25 ID:mKZGvOIg [45/54]
                                  
                                 ┐
                               / /.
                               / /
                              / /
                             / /
                             / /
                             / /
                            / /
                           / /
                         /三ミ}
                        /rニニ`〈
                       .| ヘニニ }
                      ノ 〈y'゙ ` へ    
                     /,--´`--、   ヽ.
                   / / ─,  ,─\   \
                  /  / (●) (●) ヽ    l
                  |  ,   (__人__)   }   l
                  |  ヽ           l   l
                  ヽ、 ー      ー'´   /
                   │          │
                    |           |
                    .|               | 
                    |             |
                    |             |
                     l      |    |
                     ヽ,     /   / スッ
                      ヾ    |  ./
                      |    |  /
                      ("_`゙)_)   

┌───────────────────────────────────┐
 『先』の機を完璧に取り技を使うとどうなるか。
 『先』の機は先ほどの通り、攻撃する直前の隙である。
 人間は一つの行動を同時に行うことは出来ない。
 例えば食べているときに歌を歌えないのは自明の理である。
 複数の運動を行うことは出来ても明示的な目的として攻撃や防御や回避といった
 大幅に目的の異なる複数の動作を行えるように出来ていない。
└───────────────────────────────────┘

676 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:54:44 ID:mKZGvOIg [46/54]





              .             ,,
                  .___    //
                 /    \//
               /       \  ヒュッ
               |          |
               \        /
               .< \  ヽ    \
                ヽ_,ノ       )
                 \        \
                 (      くヽ   `ヽ
                  \____>\__.ノ


┌───────────────────────────────────┐
 つまり完全な『先』の機は攻撃する為に使えるリソースを100%使っているのである。
 防御どころか知覚すら疎かになる。
└───────────────────────────────────┘

677 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:54:57 ID:mKZGvOIg
..\、   '、       |  ./   ./     _/              _,, ー''"゛              _,,,.. -ー''''"´
   ゙'-、  ヽ,    !  ./  /    _/゛       _,, ー''"゛    ノ∨て . -ー''''"´
.''ー..,、 . \   ヽ   ." /  /   ,/゛     _,, ー''"゛    . _,,, -‐''   そ                   _____,,,,
   . ゙゙''  . \ . ″   ." / : /゛  ._,, ー''"゛   . _,,.. -‐'''"゛     /  ___,,,,,,,..........---一¬''''''''゙゙゙゙ ̄ ̄
                         .. -;;ニ-ー'''"´ . _,,,.... ッ    .,/  ̄´゛
                    _,,.. -‐''゙,゙,,,,.. --ー'''"゙´  /   .,/
 ̄ ̄ ̄ _,,.. -‐      'ニニ-ー''''"゙´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   .,/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
... -‐''"´    ,,.         -ミ,゙''ー ..,,,゙゙゙'''' ./   ./
       ,/  、       .、   `''ー、.  /    /   ‘''''―- ..,,,,_、
     ./ 、  / .!  l     `'-、.-、 ./   /  `゙''''ー ..,,_     ̄''''―- ....,,_,
   / ./ ,i"/ l , !   : 、   ゙'‐./    /  ''ー..,,,     `゙"'ー- ..,,_       ´゙゙''''―- ..,,,,_
 ,/  /  / /  ,! ,!  .!   .ヽ. ./    ,./ 、 `''ー..,、`゙'ー 、、       .`゙'''ー- ..,,_            `゙゙''''―- ...
″  . /  /゛,i′ .,!  !  . !  .、  ./    / .、 .`'-、  `''- ,,, `゙''ー、,、            `゙゙'''ー ..,,、       ,/
   /  ./ /   l  .,!   l  .`,./     ./    ゙'-、  ゙''-、   ゙゙''-..,、 `''ー ,,_            `゙゙'''ー  .,/
 ./   ,i′/   !  !   ." ,./     / . '、.    `'-、  `''-、   .`'ー ,,,  . `''ー..,,,              /
.″ ./  /    !  ,! .l ./      ./ : '、 \     ゙'-、  .`'-、    `゙'ー..,、  .`゙'ー 、、    _ /
  . /  /     !   !  ./      /    ヽ. .\     . \    `'-、     `''ー、、   `'',, ‐"
 ./  ./     .l   .,! ./      ./ 、    .ヽ  .\  -、   `'-、   `''-、      .`,゙..-'"          ,,-
./   /     .l   レ゙       l  ヽ    ヽ  \  .\.   `'-、    .`'-. ._..-'"゛              ,/_,
゙  ./      .l゙  ./        !.l  .ヽ     ヽ  \  .\    \   ._.. ‐'"                /
  /      .!  ./         ! .l  ヽ     .ヽ   \   `-、 ._.. -'"゛              /  ゙''ー、、
. /      l ./          ヽ !  ..l,     .ヽ   `' _,, ‐'"゛                 _/゛       `'
/       l /            `'ヽ_  .ゝ    ._,,,.. -‐''"゛                ,..-'´ -、、
       ! /                ̄ ̄ ̄ ̄                         ,..-'″    `''-、
       .! l゙                                     ,..-'"  \、       `'-、
       !│                                  ,..-'" '-     \         `'-,,.
      l │                                  _..-''″     .\     \         ゛
      .l  |                            _..-'"゛   \      \,     \
      l  ヽ                           _..-'"゛  .ヽ     \       \     . \

┌───────────────────────────────────┐
 従って完全に『先』の機を取る事が出来れば
└───────────────────────────────────┘

679 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:55:15 ID:mKZGvOIg
                       _,.. ‐― '''^`'' ̄'ヽ‐‐、
                _ ―― ァフ´    ー― ,  ` , ト ,
               /   /           `ヽ.  ヽ, i_
              /    /          ヽ,ヽ、 ヽ. ノノ`ヽ               ,.,.,;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;
              i    /     , , ,     ヽ、、  'レ/ヽノ、           ,.,..;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;,,,
                 /     l i', ', \ヽ ,_ ヽ,Y  i//∧ )        ,. ';:;'''''        ''''';:;''''
                i . i  ! :i; i丶ヽ,. ヽ.,_ _,.>┤  i / /,人       ,.,;:;:''
                !! i ',  i  ii', ',uヽ,ヽ,'>'_,,, 、i  レV, i / ,.,.;:;:;:;:;:,,.,.;:;'''
                '', ', i  ',  iヽ,i   `'^ / h  ! i  i  Y┤;:''''  ,';:;:;:;,'
                 ヽi ',  ',‐Tフ‐、::::::::::: ゝY__,ノ i  |: ノ‐;:;,,,.,.,.,.,';:;:;:,'    ,.,.,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;,.,.,
                  \\ ' ,く voヽ::::::::::::::    i  レ'<'''''''''(なっ!)''  ,.,.,;:;:;''''''''''''  '''''';:;:;
                    ヽiゝ`ヽ.ゝ‐' ,  |  / ,|  i `''';:;:;:;:;:,  ,.,.,.,;:;''''           ',;:;:;:;:;,.,
                     i   iヽ,  \__ノし// 、  i   '''';:;:;''''''                 '''
                     |   l ..__)   (_ ',i  ,'_カッ!
                     l  i |   ̄)   ( ̄ ̄ ̄||       
                    _,i  ハi‐‐‐/⌒|「⌒\/./:: L_
                  ,.‐'" ....ヽi........:::|ミ ⌒) 彡 /./i ::,‐,. 'ー‐.,_
                r'´  ::      fヽ,_C´   '/r‐!' ::::::::::  `'‐.,_
                 i   ::    /  /'''――'''ゝノ    ::::    ヽ、
                 i  :::  /,, ‐‐く      i     ::::     ヽ..
                ,.┘ '' '' / ''  Y .、\    i     .:::::       〉
                .ノ    , '   `/ ノ   ヽ,   l   .:::::       /
               /    !ヽヽ  ;  / ,,.... 〉,_。ヽ , ::       /
              ., '    iヽ ' ,', , / ,,... ''' /   '''i´      ,,/
             , '     ,i ' ヽ `V '''  ,, ‐',     /l      r┘
           /     / i,,  ◇.v. ◇'   ',   , ' ,i'     /
          /     ,:'  | ', 彡┃ミ,    /ー i' ,i'     /
         i    `' ;./_   | ; :: ┃    /   i! ,i     /
        ,.ノ‐'' ̄ ̄∩‐ i   `T''二,'''''二==‐‐‐ .,,___i,i'     /
      ,__r'      ∪ ,.ノ r―┤ o i;X;i o     __,,./,!    /
      \ ヽ) _,.― '''''∩i V   `'''7]≡[f''''' 7'''´‐‐' ,,    /
┌───────────────────────────────────┐
 次の刹那に攻撃するつもりの相手を驚愕に凍らせたまま
└───────────────────────────────────┘

680 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:55:27 ID:mKZGvOIg [49/54]




                       ___
                      /    \
                    /       \
                    |          |
                    \        /
                     \  ヽ    \
                     //  ,ノ      )
                    /( ノ        \
                   、( 'ノ(      くヽ   `ヽ、
                  //` \____>\___ノ
                 //
               //
              //
              ´


┌───────────────────────────────────┐
 一方的に太刀を浴びせ
└───────────────────────────────────┘

681 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:55:37 ID:mKZGvOIg
                                            ,..'''""´´     ≧ ,.- ._ _
                ドサッ・・・・              ___,..'''""i!          //!| |::ト
                                      /   /ii `ー''            ///.| ⊂⊃
        _ ..... _                      /   /   ii           / .// | |::|
  ,..'''""´´        ``゙゙゙゙''' - 、               /  _,,..<、   ヾ.、        ./  // ./ ./::i___
 ´                    `・、.,__        _,ム-''¨ i  ii.    ヾ 、    ./  //  / ./::,-─
  _,,,,...-─=ニ二ニ=-:、=,,..__ _     ヾ、・ 、_   /ヾ¨'´ ./ |i  .ii       ヾ..、  / //_./ ./::/
       二ニ=-‐''i´,.'^__`・ ミヽ..,_、   ヾミ、¨=--ヘ ゙i ./! |::i   ii       `ヾ、_¨   ̄  //
          ` ヽ   i| i|´:: `! ヾll \ `ヾ、 \__ ____.i | /::| |::::!   ii  , - 、      ¨7´ ̄ `v'´  ,.-‐-、
      `¨''ー-、ヽ || i|;;;;;;;;;|      \ \、 ヽ`ー‐:| |.ヽl  ヽ;|_,.≦>/   ヾー::..、 ,/     .:i  /
   ¨゙゙゙゙''' - 、 ヾ.、 ||:!iト、‐ 'i       ヽ  ヾ、 ヽ!;;;;;i_i::::::::/´:::::::::::/    }:::::::::::7     ::i   i
         `ミ、、|j、゙:.                ヾ、、ヽ;;;;;;;フ:::::::::::::::::::/     i::::::::::::i  ___  ::i   i
        __ `丶¨`ー     __,,,....i'!...............iヾ、i;イ::::::::::::::::::::::/     .:i.──.i,.'´  ` 、i:\i  __
    ,,.......,,,  `ヾ、ヽ、      :::::::::::ヾ、:::::::: /!;/7γ⌒ヽー-‐イ ,.......__ .:ム__i    ::::::|::::::}':´:
     `¨゙丶、 ̄`゙ー|iヾlィ _     :::::::::::::|!::::::/ ,!::::::7    ヽ___,..〉'    :::::{:::::::::::::|    ::::::|:::::::!::.
       、__ `ヾ.、 || i:i|´:::`i   ..::::::::::::::::|!:::/:/::::::::i′    ::i::::::i    :::::::i:::;;;;;;;;;|    ::::::i;;;;;;;|:::
   \    \`ー-、||:: i|;;;;;;;;|:. ..:::::::::::::::::::::/7::::::::::::i     :i:::::|    :::::::i::::::::::::|     :::::::!;;;;;;|:::
    `ミ、、  `丶、 l!:::',ト-‐!:::::::::::::::::_;:/;;;;;;i:::::::::::::::i       i:::::!    :::::::|:::::::::: i、   :::ノ!::::::|:::
   \   ゙ヾ、ー-;;;;;;;`;!ヽ;ヾソ::::::_,:;-:イ::ノ;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::i、_     人:::i〉、_   _,.ノ、::::::::::i `ー-一':::::|::::::ト、:.
 :::::.........ヾ::..........>::、:::::_;;::>;'フ/::::/;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄ :::::ヾ:、  ̄  ::::::ヽ::::::|:.    ::::::|::::::i:::`ー-


┌───────────────────────────────────┐
 斬る事が可能である。
└───────────────────────────────────┘

678 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:55:09 ID:a0A.053c


渋い…





682 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:55:48 ID:mKZGvOIg





                 | |       _
                 | |   , -‐    \
                 | |  /        \
                 | | ./、/        \
                 | |/(一 )          |
                 | |、___)         /
                 | |` 、         ヽ
                 | |  l   /   ヽ   l
                〔 ̄〕  l  l    l   l
                <⌒ヽ__ l_⊥   l   l
                〈          ノ   l
                 >ー-  --  一´     l
             .    〈 二)し' l         l


┌───────────────────────────────────┐
 稲の穂は植手すら穂が垂れる瞬間は分からない。気がつけば垂れている。
 そんな稲穂の如く、気づけば斬り、斬られている技。
 これが入速出流の技の中でやる夫が最も得意とする技、稲穂の太刀である。
└───────────────────────────────────┘

683 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:55:59 ID:mKZGvOIg

        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨丶
      /:::::::::::::::::::::::::              \
    /:::::::::::::::::::::::::::::::u                \
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::U           丶
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::U:::::::::::::::::                 │
/:::::::::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :U     │
i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´   {ー-===._-、      ,.   │
l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ._  \ヽ、   /      |(顎打つって事は気絶しますおね・・・
l:::::::U:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      、⊥エェ_,_ヽ. `く´ ノ    | 
l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /´ >,`‐゚‐' Y,`-イ ′    ノ |  気絶した女の子は気付けしないとダメですおね。
l:::::::::::::::::::::::::::::U       /    '゙ _^ニ=、′!、  / j
l:::::::::::::U:::::::::::::::::::      |    ´"/´´¨   !ヽ,∠ニ=ァ'   女の子の背中とかに触って気付けとか無理無理だから。
l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     |    i{          「ージヌー   
l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     !    (         / ヽ \     いやいやでも放っておく訳にも行かないというかホントに)
ヽ:::::::::::::::::::::U::::::::      |    ヽ、____.人__ノ /
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ー=_:::ニニ,二,⌒  ン
\::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::       、``ー-ニィ  /
  \::::::::::::::::〈 ヽ.:::::::::::::::::      `ー- 、.   ノ
    \:::::::::::::}  `丶、  \            /
      \,,ノ     `>          _/
      ,r''__\_       /ヽ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    //(9}/::ヽ    /::::::ヽ.._... --┐
   /,.イ,ニY〃::::::::〉ーく:::::::::/        {
  / ヒ:シ//ヽ_/:::::::::::::::Y´         `、

┌───────────────────────────────────┐
 残心を終えたやる夫は道場の床に気絶したセイバーを見て、
 ここ数年で最も恐ろしい立合いに臨まねばならない事に戦慄していた。
└───────────────────────────────────┘

684 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:56:45 ID:mKZGvOIg

以上。


ふぅ・・・・エロが書けねぇ・・・・困ったもんだ。

こんなシュチュばかり浮かんできちゃうのは年だからだろうか。

さぁマゾマゾしいエロを書く作業に戻るか・・・



685 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 03:59:16 ID:SyHq1XGU

あれ?これで終わり?
ここから連れて帰って地下室でマゾマゾしいエロがという展開では?

ともあれ乙です。



686 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 04:00:39 ID:mKZGvOIg [54/54]

供養なので・・・・本当に・・・もう・・・ね。

脳内ではストーリーもどうしてこうなったのかもキャラクター付けもできてるのに・・・・うう・・・

悩ましい。



687 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 07:11:49 ID:Qfk91.zY

乙でしたー。好きな剣豪小説作家の作品を読んでる感じで楽しかったですw

平常心を保ったままおなごの肌に触れられたら印可もらってもいいよね



関連記事
| 18:00 |コメント(9)
カテゴリータグ:スポーツ・武道・格闘系 スポーツ・武道・格闘系(2011) やる夫短編作品 2011

|

<< 神の存在証明 | HOME | 酒にまつわるある話 >>

■御感想or寝言

22003 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/09(日) 13:57:08 ID:-

>>669で↓のコピペが真っ先に浮かんだんだが。

以前借りたAV、野外乱交モノで
女3人と男優3人が川原でキャンプしながら乱交っつーやつなんだけど、
女の子が「そろそろ飯盒炊爨やろー」とか言ったときに男優陣が、
「すいさん?なにそれw 飯ごう炊飯だろーww」って言って、
ご丁寧にテロップも↓みたいに出て
×すいさん?
○炊飯
すげぇ笑いものにされてて、女の子も
「そうだっけ?間違えちゃったーw」みたいに言っていた。で、そこからその子はおバカキャラ扱い。

そのあと、あたりまえだがその女の子も男優にガンガン突かれてアヘアヘ言ってたんだが、
なんだが悲しくなってしまったよ。
きちんとした知識を持っていた女の子が、こんなバカな男優や製作陣に
素っ裸にされてケツにガンガンチンコを出し入れされてるのを見てさ。


22004 名前:ななしクン [] 投稿日:2011/10/09(日) 14:06:37 ID:-

胸糞悪くなるコピペ貼るなよ。後味が台無しだわ屑。


22005 名前:名無しさん [] 投稿日:2011/10/09(日) 14:53:20 ID:-

良いな。装甲悪鬼思い出したわ。


22012 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/09(日) 17:29:28 ID:-

いい作品だ
供養なら供養専門スレが存在するがこの際気にしない方がいいな


22015 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/09(日) 19:29:35 ID:-

中々雰囲気があっていいスレですね!

面白い!!


22017 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/09(日) 20:22:47 ID:-

見えない優しさだね。 こういうの大好き。


22025 名前:名無しさん [] 投稿日:2011/10/10(月) 14:38:15 ID:aYpzl2JE

オチも含めて完璧だわ
天晴にござりまする


22047 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/11(火) 18:33:27 ID:-

■#20368
俺も奈良原を思い浮かべたw


22083 名前:以下、おまえらにかわりましてあなた方がお送りします [] 投稿日:2011/10/13(木) 14:32:09 ID:-

作者さんやシリーズのこと全然知らないから、
散々前置きした後にいざ切り込んだら
道場に落とし穴が仕掛けられてたとかのオチだと思ったのに、
普通に良い話で楽しめた。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ