やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

  • .(04/23)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2011/10/16(日) 罪人は死刑になるか?

カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2011) やる夫短編作品 2011

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.53 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所85                   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その13          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド12               http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
歌詞を短編やる夫storyにしてみるスレ         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287520904/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50


587 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:07:04 ID:LIZboiVw [1/21]

誰かがきっと考えたことがあると思うネタ行きます



588 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:08:49 ID:LIZboiVw [2/21]













━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               罪人は死刑になるか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━














.

589 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:09:08 ID:LIZboiVw [3/21]


              ,.イニニニニニニニニニニニニニ丶        ____
             ./ 「                |.!     /       \
            _/  i.|             |.!   / ─   ─   \
            .|   i.|             |.!  /   (●)  (●)    ヽ
            .|   i.|             |.!  |   (__人__)     |
            .|   i.|             |.!  ヽ    ` ⌒´      /
          _  〉  i.L________」.!   >     _____<
          _「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ニニニニニニニY´⌒ー´  /´二二二二二二二〉
           |         \二二二(´      ,/ ,/          /
           |           |      `ーィ二 ̄/ ,/          /
           |           |   γ"´   ゙7 ,/          /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    イマ
                現在から少しだけ未来、ある国に 入速出 やる夫 という男がいた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                               ____
                             /⌒  ⌒\
                            / 《;・;》  《;・;》 \
                          /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                            |     トェェェイ     |
                          \    ヽニニソ    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        この男は、普通の人間と大きく異なった人間であった。 それは死刑が確定していたこと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

590 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:09:26 ID:LIZboiVw [4/21]


                    / ̄ ̄ ̄\
                   / ─    ─ \
                 /  (●)  (●)  \
                 |  \ (__人__) /  |    ふぅ……
                 \_ | ` ⌒´ | _/
                  /        |
                 (_)| ・    ・ ||
                  l⌒ヽΞ   Ξ/| |
                  | |\_(;;U;;;)_ ̄))
                 (_)      //
                        ( _)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            〝悪〟と呼べるモノは全てやった、と言えるほどの大悪人だったのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    .,,-:;≦三三三三二≧;:,、 _              x-‐─,r──- 、
                ...,≦三三三三三三三/:::/<´ー-`ヽ         /  /      `ヽ、
               ./三三三三三三三三三三ノ三ミミ、_⌒ ∨´_     /  /          \ー
              ./三三三三三三三三三三≧´ ̄`丶ミr、`丶、三ゝ   |   |            ∨
              |三三三三三三三三三三/≧、 >-、 ヽ≡=- ヽ三ミゞ/    |            |
                |三三三三三三三三二ミ/≧、 /´ ̄`ヽ', \   ∨三|/ヽ   |            Y
      >─‐-、   .|三三三三三三三三≧ヽ|ヽ | |::::::::::::::::|.!      マ-‐ ´ ∨ |             |
     /  >──--- ,_ .三三三:三:三:三:≧|!/. | !:::::::::::::ノ|.',   ii  ∨    ∨|                /
    |  /         `丶、/ ̄∨.三三 |\ ヽ \ ̄! ′!   r 、  .∨   .∨              〈
    | /              、   ∨...ミミミミ\ヽ    ',  ,' ,. ! |i   i    ∨              |
    |′                    ',   ∨ 三ヽミ゙ヽ、    ! i -‐´ i !!   l ''    / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |                     i     |..三∧ \    __! ',     し′ リー‐- 〈/
 / ̄|                   |  / .三三\ / i/:::::∧|' ,   ! i   /   `ー|    / ̄`´ ̄`ヽ
 |   |                 | /..三三三∧ ! |:::::::::::::{{| ',  ! ! /_____|  / |
 ∨  \                  /⌒ヽ...三三三∧ |. ∨:::::::::::ノ ,'  ,',' /━━━━ !、_.  |
\.∨   \           l`|   /   ', . ̄ ̄ ̄\   \ ̄!. (  ,','ノ_____/`ー.┤
  \  γ‐- 、/ ̄ ̄`ヽ| |)/     |.: : : : : : : : : :\\_斗<´ ̄/三三三|     斗─‐'
   ∧へ´⌒ヽー      | |く ̄`ヽ ___ノ .: : : : : : : : : : : \:::::`ヽ-‐ 三三三三> ´
   ∧ 〈  /  ヽ/\ | | ∨  ∨./ ̄ ̄ ̄ <: : : : : :\三三三三> ´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /      ` <_ >  ´
                        |../ /                                 > ´
                        |  / /                         _  >  ´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               強姦、殺人……、それだけでも数十人の人間が犠牲になった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

591 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:09:48 ID:LIZboiVw [5/21]


                                        ,.へ
            ___                             ム  i
           「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
           ト ノ                           iニ(()
           i  {              ____           |  ヽ
           i  i           /__,  , ‐-\           i   }
           |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
           ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
           i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
          . ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
             \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
               ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
                 `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
               / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
               | 答 |         脱 出 成 功         │|
               \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      しかしタチが悪いことに、やる夫は頭の良い男だったので警察は彼を捕まえることができない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   _,冖__ ,、  __冖__   / // ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /          ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /           ヽ
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ      _⌒  ⌒\              _
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//      ミィ赱、i .i_r赱             ノ |_   ll__l---||_       Nice boat.
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /          ::::::⌒ ィ'。_。ヽ          rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
   n     「 |      /.        .i' i ''"     `ヽ        |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
   ll     || .,ヘ   /         i'   ノ_二二'ァ,/        |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
   ll     ヽ二ノ__  {       i'    /'! !,..!!,..!/         l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   l|         _| ゙っ  ̄フ.    ;:   !''"´  i {        f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   |l        (,・_,゙>  /      ;:   !    i {        ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
   ll     __,冖__ ,、  >  > '   ;:   !    i {          `ー~´~~~~
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l  ; . |     |
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !. ;   | ,. -、,..、|:l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l  ;  i ___ ___ | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l ;: |!,..!!,..!{j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ;:i `''''ー‐-' .}
. n. n. n        l  |   ::.   \      ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.    ノ`ー- '
  o  o  o      ,へ l        く



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         彼が船に乗って逃げたのを境に、ついに警察はやる夫の行方が分からなくなってしまった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

592 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:10:19 ID:LIZboiVw [6/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             それから数ヶ月が経ったある日、とある港町である事件が起こった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... . . . . . . . ...::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::,.(⌒ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. ⌒   ⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(⌒      r':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r ⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : ,.(⌒'    : : : : : : : : : : : ,.(⌒   ⌒): : : : : : : : : : : : : : : .
: : (         : : : : :(⌒ : : : r'⌒ヽ: : : : : : :
:  :  :  :  :  :  :  :           ⌒ヽ :  : ,,,,,: :
;;,,                        ,,;;;;;;;,,,,,,;;;;;illlllll|||||l!
||||llliii;;...________,.,___,.,__,,__________ィiillll||||||||||||||||||||||||||i!
=====‐‐,. -'ii,. - '三..‐.ィ/;ヽll三..‐' - .,' ‐   .,
  __,.-' ll./‐‐‐‐  ノ/;:;:;:ヽニ,,ニニニニニ'-.,=====- .,
,.-' || / ̄ ̄ ̄  ,,タ/.;..;..;..;.ヽll 二二二  ' -., ________________ '
 / ̄ ̄ ̄   _/'/: : : : : : : ヽ-.ii--------- l! ' - .,
lllllllllllllllllllllllllii;/ノ.i/:. :. :. :. :. :. :..ヽ||________________.l!     ' - .,...
/ ̄ / ̄// ̄/ヽl/: : : : : : : .ヽ∧二.ヽ∧二|       i::::::
_|___|_|___|_|___|_ノ_________________________ヽ|___|,i_|_|  ¬.     |:::::
-----------,.------------------、-------| llllll|.     |:::::
      /               \    |  'ニ、     |:::::
    /                   .\  .|   `ニ、   |:::::
  /                       \|  ,;i漿l; ,i濔l;,:::
/                           \,:漿薇;il糴il;:::

                 ___
                /    ヽ\
               |        |
                へ- ―ヾ |               ____
                ― ―  ∂\             /^  ⌒  \
               | し 丶 √|||           (●)  (● ) XX\
               | ト-=ヽ |||          /⌒(__人_)⌒::::::  \
                \   / ||           |   |-┬r|       |
               / ゝ―-" /ノ丿          \  `'ー`        /
              ( \__/  /|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            なんと、やる夫が一人の老人と共に港街をノコノコと歩いていたのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車女性求人アクセスカウンターゲイ



593 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:10:36 ID:LIZboiVw [7/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 報告を受けた警察はすぐさまやる夫の身柄を確保、しかし……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          ____    ━┓
        /      \   ┏┛
.         /  \   ,_\  ・
     /    (●)゛ (●) \      ……やる夫?  誰ですかお、それ。
      |  ∪   (__人__)    |
     /     ∩ノ ⊃  /
     (  \ / _ノ |  |
     .\ “  /__|  |
       \ /___ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          男は記憶喪失になっていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

594 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:10:51 ID:LIZboiVw [8/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          別人ではないのか、嘘の可能性をついてるだけではないか、という憶測は飛び交った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                .∧__,,∧
                (´・ω・`)    ./|   彼はやる夫本人ですし、本当に記憶喪失みたいですよ。
                (つ と)    .|/__
                `u―u´    ヽ| l l│←すごい機械
                            ┷┷┷



          __
        /ノ ヽ\
       /.(○)(○)\
       |. u. (__人__) |      まじかよ……
      . |        |
       |        |
      .  ヽ      ノ
        ヽ     /
         /    ヽ
         |     |
         |    .   |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 が、流石は未来。 すごい機械を使ってすぐに真実が分かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

595 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:11:08 ID:LIZboiVw [9/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       おそらく、やる夫が船で逃げ出したそのすぐ後に、嵐かなんらかのトラブルが襲い掛かったのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                              ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                               ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
                  ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                              _   ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                             ノ |_   ll__l---||_     <ギャー
                       ザッ  rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐MVvv、
                          |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jlヘ^Λ_ヘ
             ザッ           |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l_Λ ヘ__Λ
                        _ l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
            /\___/ヽ   /f  jL-、 _-‐'      -‐´~~ヽ /\___/ヽ
           /''''''   '''''':::::::\/''''ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~\   /''''''   '''''':::::::\
          . |(●),   、(●)、.:|(●),`ー~´~~~~   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
          |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
        .   |   `トェェェイ ' .:::::::|   `トェェェ |   `トェェェイ ' .:::::::|ェェェ|   `トェェェイ ' .:::::::|
           \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
           /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´
        「VIPからきますた」「VIPからきますた」「VIPからきますた」「VIPからきますた」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 船は転覆、やる夫は荒れ狂う海に投げ出されたのだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

596 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:11:41 ID:LIZboiVw [10/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               共にいた老人は、俗世から離れた孤島に一人暮らしていた男であり、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  ',  ',,,           '一二三    :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
  ' ,,,                  `丶 、:,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
 : : : : : :                  ’'ー二三二   :,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
: : : : : : : : ..                      ’'ー 、_;,   :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
 : : : : : : : : : ..            ,-、 ;;           ’'ー二三二   :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
: : : : : : : :: : : : : : : : ..   、,、-' 弋 ;;                  ` ー= 三 二 = 、 :, :, :, :,
 : : : : : : : :: : : : : : :_,、-'     (                              ` ー 二
: : : : : : : :: : : : : : ;;(_  il||l   il||l ヽ、;; ピク : : : ..
 : : : : : : : :: : : : : : ;; ¨''、         ヽ、,_ ピク: : :: : : : : : : : : : : : : : : ..
: : : : : : : : :: : : : : : : : ヽ、    _,、―--、,__) ;; : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ..
                     ;;ヽ  /    XXヽ
               .         ;; | .f         };;
                       し| _#;;       ノ
                       ;; .ゝ_____,、-'´



                         ∧__
                ,.-───- 、     ̄1i
             /          .::\    《
               /         .::::::::l     ≫
            l        し:::::::::|
            | -‐-、  , -‐- .::::::::::::ト、
               〉ztァ}  -tz- .::::::/⌒!::i     やや! 人が倒れている!
                i   ´1   ~`` .::::::l 7/::::|
              |  ハ_,,、'^ヽ .::::::::レ1:::::|
               〕 / r‐-、_, i .:.::::::j!:::|::::::ト、
       _r、      /::l   ⌒  j .:::, '゙1:::|:::::::|::ト、
    r / i h   /.::::::h      ノイ /.:::,!:::::::|::|:::ト、
    | | | | i /.:.::::::::/::丁二二´__ ノ.::::/:::::::::l::l::::|:::ト、
    | | { | |.:.:.::::::::::/::i:::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::l:l:::::l:::|::::\
   /:| レ'⌒ レ'^i.:::::/.::::|::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::l:l:::::|:::|:::::::::.
  ,/.:::|    /  !:::/.:.:::::|:::::::::::::::::::::::::/ ̄ ヽヽ:l:l:::::l::::!::::::::::
イ.:.::::::| , .イ  /::/.:::::::::::}:::::::::::::::::::::/ こ  | |:l:l:::::l::::::::::::::::
.:i.::::::::::|    /:::/.::::::::::::::l:::::::::::::::::::::ト、 ー' ,ノノ:||:::::l:::::::::::::::::
::|:::::::::::|  イ::::::i.:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ト、ニニニイ:::,j:::::l::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           浜辺に打ち上げられたやる夫を助け、今までずっと一緒に暮らしていたのだという。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

597 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:12:04 ID:LIZboiVw [11/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  老人は世間に疎く、やる夫が極悪犯だとは知らなかったし、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               ____
               /        \
            / ⌒  ⌒   \
          / (⌒)  (⌒) XX\   おじいちゃん、ゴハンができたおー。
          |   '" (__人__) "'     |
          \   `ー ´     /
           / ゝ         ィ'ヽ
         /                 \
        /   ィ          r   \
        |   `|| ____  _|___ヽ
        /⌒ヾ_\__/_\__/r-、
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



              ___
            /    ヽ\
           │       │
            へ-  ─ヾ  │
            ─  ─   ∂ \   おお、ありがとう。
           |  し 丶 √ │││
           | ト-=ヽ  │ ││
            \    /  │ │
           / ゝ── /ノ  丿
          ( \__ /   /│


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       記憶を失い、素直で優しい人格に変貌していたやる夫を相当気に入り孫のように可愛がった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

598 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:12:22 ID:LIZboiVw [12/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    老人がやる夫と共に世間に姿を見せたのは、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            ____   ズキン
          /   ∪  \
        γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
       / _ノ (>)三(<) \ `、   痛っ!? イタタタタタ!
      (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
       \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://  ガシャン



                      ∧__
              ___      ̄1i
            /    ヽ\      《
           │     し │     ≫
            へ-  ─ヾ  │
            ─  ─   ∂ \    どうしたんだ!?
           |  し 丶 √ │││
           | ト-=ヽ  │ ││
            \    /  │ │
           / ゝ── /ノ  丿
          ( \__ /   /│


    ___
         \
          \ ;
      XXXXXXX \ ;
         XXXXX  \ ;
                    ヽ    頭が、急に……!
                   | ;
                    | ;
               | ;
              /;
            /;
           く;
            ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       急に頭の傷が痛み出し、病院に行こうとしていたのだ。 この傷こそ、記憶喪失の原因だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

599 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:12:44 ID:LIZboiVw [13/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   原因は分かった。 しかし、『答え』は見つからない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ____
         __,,/  _, ----`ヽ
        / _     ___   、\
       / /   i      \   \\
       ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ
       |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}     死刑が確定したハズの男が
      |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{     記憶を失ったから無罪、なんてヒドすぎますぅ!
        |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:',
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ    被害者の家族は泣き寝入りをしろと!?
      / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
    / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \!



              ∧_∧
         ‐――と(´・ω・`)   しかし、罪の意識さえ無い人間に、
           ― ‐/  と_ノ    罪悪感を持つことすらできない人間に刑を実行するのが正しいのか?
            / /⌒ソ
           -'´



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                記憶を失った殺人犯を、どうすればいいのかという『答え』が。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

600 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:13:02 ID:LIZboiVw


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         そこで、ある医者はこう述べた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      /     ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      / /   |: ,: : /: : : :/: : : : : i: : : : //ハ: : : : : : : :
      / l   1: /!: : : / /: : : ://: : :/ノ ノィ: : : : : : :
      ,|  | |  |':.:|≧: . |:/:/:/_仁ィ:≦Zz/ィ: . r‐、: :
      | | |!  |!:.|ゞセl:.:ト;イ/ラ人 ゞ仍;j  /ィ::/ う l: :      記憶を蘇らせればよくね?
      || |l |l  |:.:| ̄´|:l /  キ   ̄´、  /: | 仆 |: :
      |ヽト ||, |::|   ソ     キ    /: : | .レ /: :
       |: : ', |:', '!  /       キ r‐1: : :─ '"´: :
       |: : ヾ: ', ト,  ヽ-‐ 、     ヾ!: : : : : : : : : : : :
      '´: : : : : :.ヽ!\   ー─‐─   ハ: : : : : : : : : :.:
      : : : : : : : : : : : : \ ´ ̄ ` 、, <|::|: : : : : : : : : :
      : : : : : : : : : : : : : <`ー ≦:::::\: :.|: : : : : : : : : :
      : : : : : : : : : : : / ∨: :ハ: : |: : : : |: :|: : : : : : : : : :



          ∧__∧   ∧__∧   ∧__∧   ∧__∧ ≡=-
          (´・ω・`)┐(´・ω・`)┐(´・ω・`)┐(´・ω・`)┐ ≡=-
          と´_,ノ゙ヾと´_,ノ゙ヾと´_,ノ゙ヾと´_,ノ゙ヾと´_,ノ゙ヾ ≡=-
           (´ ヽ、 \(´ ヽ、 \ (´ ヽ、 \ (´ ヽ、 \ ≡=-
            `ー' \__)`ー' \__)`ー' \__)`ー' \__) ≡=-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           未来では、記憶の修復もまた可能な範囲になっていたのだ。 すごいぞ未来。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

601 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:13:34 ID:LIZboiVw [15/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        しかし、それに疑問を感じる人間はいた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_   殺すために治す、って……
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}≧=≦弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ
         |:.∧ハ   j     /イ:.:./ソ:/       それって矛盾してますよね。
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ   _ _    /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\ ヽ  _ン  ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:||
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ



                  ,,、、- ──‐-、__
               ,.'".:;:;:;;;;:三ミミシ;:;:;;;;;;`ヽ
              ,..:.:.::::::;:;:;;;ヾミミシ三二ヽ.::;:;ヽ
           ,〃彡.:.:.:. :;:;:;:;;;ミV三三ミミ:;;;;;;;;;;;;|
           彡彡rr‐ァ'''""゙゙´  ̄``ヾミミミ;:;;;;;l
            彡イ l! リ       し  iミミ.:.::;:;:;!
               ハl´ ̄`` "´  ̄``   `ヾ.:.:;;;⊥    事件には時効というのがあるのに、
            〈z==、 ヾニニニ=ュ、    `゙゙い1
               ゙,r‐rテ 〈 ニrテュ .::::.:.:.   リ,!     いつ回復するか分からない治療なんて無駄じゃないですか?
                l  ,′  ´ ̄       、_ノ
              ', ,′ _             i |     だったら、このままソッとしといてあげてもいいじゃないですか。
               |. L __ )          /  ハ
              l  、_ ___,,     /  /.:::::ト、、、,,_
               \  ー‐    /  /.:::::::::|::::::::.:.:.
               ,.:个、     /   /.:.::::::::::|:::::::::::::
         , .-‐''"´:/.:.::::::1ー‐‐'゙´   /.:.:.:::::::::::|:::::::::::::
         ,.イ.:.:.:::::::::::::/.:.:::::::::l  ハ   〃.:::::::::::::::::|:::::::::::::
       /.:/.:.:::::::::::::/.:.::::::::::::| / ∧  //.::.\.:::::/.::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    事件には特に関係の無い、第三者はそう言った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

602 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:13:56 ID:LIZboiVw [16/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         それに対して被害者の家族は、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    __ ___
                     , ィ⌒L_)--<:ト、
               ,ィf{_し'ー1:::)    |::::}:\
               ,rfUィ':/::/:/:::ノ `ヽ. /:∧__::h
      ;       /7/:/:/_/:/:_:ノfぅゥ、∨:/    D
    __r'::し    ///:/:/::/:/:::ノ ` ̄ノ::ノ __人!
   `ヽ::::f´   ノ:/:/:/:/_/:/::j / ̄/ ‐| rテ、 }:::}    なんならあたしたちの、この怒りはどうすればいい!?
     l:::|  /:::/:/:/:/::/_/::フ´    l‐ / `宀ハ:::}
    ノ::::::ー┴-く::/:/:/::/::/_ノ   ‐─ミ__、   /:(::::)    あたしはアイツが刑も受けずにヌクヌクと暮らしている限り、
  / ̄`ヽ:::|    \:/_/::/:::ノ   `ヽ.__j´ ,イ::::l::{::::}
        }:l     }::/::/:::ノ\      /l::l:::_|:_V::)   笑うことさえできない!
       |:l    ,x┴<__:}__丶、___//:/L{::∧:::V::)
.         l:l  /    、__\∠、/:/:/ .l::i::} }:_:}:;ハ
       レ'´/ / ̄      ̄\//::/__{_:l:{ (_::ノ:l::::}
      /  /        _      }|:'::7  {::::リ`f::ノ}_!:::)
.          /     '⌒ヽ   ̄ ̄ ̄}:フ  L:ノ 〈_ノ 〈_;ノ  _..  -‐=ニ二
.       /              l   〈;ノ      x< /
      /  /             _,ノ    l  x<   /
.     /  /      ´ ̄ ̄   }    x<       / ̄)



          /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
            /      ヽ、________.:.:.ハ
            /      ム {ヽ         `:.、:\
         |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:.
         | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:.
          'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:.   もし近い未来、一週間分の記憶を消せる薬が出たとしたら、
               \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./
             _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:.   殺人犯はそれを使えば無罪になっちまうじゃねぇか!
                く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:.
             ヽ              ,  '  ̄ ̄.   やる夫を無罪にするのはおかしいだろ!
                  {__           u /
                  (`こ⌒)    /     /.:
             ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
          { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
            ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            それでも納得のいかない者はいたが、これを聞いて、多くの人間が納得した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

603 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:14:20 ID:LIZboiVw [17/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  こうして、『記憶を取り戻させてから殺す』ことは決まったが……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             _____
           / ノ' ^ヽ_\
        ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
        / o'゚~(___人___)~o°\゜   治ったら死刑なんておかしいお!
        |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚   |
        \     ` ⌒ ´     /    いやだお!
         /`         ´\
        /       ``"´       ヽ   怖いお! 怖いお!
        .|   Y            Y   |
        .|  |          |  |



                ,.-───- 、
             /          .::\
               /         .::::::::l
            l        し:::::::::|
            | -‐-、  , -‐- .::::::::::::ト、
               〉ztァ}  -tz- .::::::/⌒!::i    なんとむごい……!
                i   ´1   ~`` .::::::l 7/::::|
              |  ハ_,,、'^ヽ .::::::::レ1:::::|
               〕 / r‐-、_, i .:.::::::j!:::|::::::ト、
       _r、      /::l   ⌒  j .:::, '゙1:::|:::::::|::ト、
    r / i h   /.::::::h      ノイ /.:::,!:::::::|::|:::ト、
    | | | | i /.:.::::::::/::丁二二´__ ノ.::::/:::::::::l::l::::|:::ト、
    | | { | |.:.:.::::::::::/::i:::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::l:l:::::l:::|::::\
   /:| レ'⌒ レ'^i.:::::/.::::|::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::l:l:::::|:::|:::::::::.
  ,/.:::|    /  !:::/.:.:::::|:::::::::::::::::::::::::/ ̄ ヽヽ:l:l:::::l::::!::::::::::
イ.:.::::::| , .イ  /::/.:::::::::::}:::::::::::::::::::::/ こ  | |:l:l:::::l::::::::::::::::
.:i.::::::::::|    /:::/.::::::::::::::l:::::::::::::::::::::ト、 ー' ,ノノ:||:::::l:::::::::::::::::
::|:::::::::::|  イ::::::i.:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ト、ニニニイ:::,j:::::l::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             老人は、不安を覚えた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

604 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:14:39 ID:LIZboiVw [18/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                その不安は当たってしまう。 やる夫は次の朝には自殺していた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭 
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  遺言から恐怖に耐えきれなかった事が分かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

605 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:15:08 ID:LIZboiVw [19/21]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               あっけない、されど納得のいく結末だったと、ほとんどの人間は言った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                           f^ヽ         /',
                           |:.:.:. ヽ     /  !
                           |:.:.:.:.:.:.ゝ-─-<    |
                           /:.:.:.:.:.:.:.:..      u  ',
                          ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:        ,
                          ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:    ‐-  ,
                          !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:      l
                          ';.:.:.:.:u.:.:.:.:.:.:.:.: -―  /-──- 、
                           ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.::.:     /       ヽ
                          /:.:゙"''':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...  /       ノ
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |       /





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             しかし、その事件の判決を下すハズだった裁判長だけは納得できていなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

606 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:15:36 ID:LIZboiVw [20/21]













━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        『もし、記憶が戻らぬまま、やる夫が加害者席に立った時、私は正しい判決を下せたのだろうか』、と。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━














.

607 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:15:56 ID:LIZboiVw [21/21]


 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | > STOP         | |
 | |                | |           Λ_Λ
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )  以上です、ありがとうございました。
 | |                | |       ━⊂    )
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌.._)_|| ̄''l
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

608 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 01:18:01 ID:AKcC16sc

んん? このスレの終わりのAA使い方に見覚えが・・・ハッまさか!?
何はともあれ乙
色々と思わせられる内容でした



609 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/10/16(日) 02:25:20 ID:Co95d3GE

お疲れ様。読後感がいい、暫くゆったりと浸っていたくなる



関連記事
ランダムジャンプ


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

| 15:00 |コメント(40)
カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2011) やる夫短編作品 2011

|

<< マミさんのTo Witchs. Welcome to the Hell | HOME | できる夫「畜生……」 >>

■御感想or寝言

22906 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 08:53:31 ID:-

記憶失っていようが狂っていようが
やったことに対して落とし前をつけさせるだけじゃん


22907 名前:ゆとりある名無し [] 投稿日:2011/10/16(日) 09:34:17 ID:-

いや、まぁ、死刑にしないとまずいよね。


22908 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 11:57:25 ID:-

心神喪失のケースと似た様なものなんじゃないか?刑法上は罰せられないし


22909 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 12:19:48 ID:-

無罪放免にした後ひょっこり記憶取り戻して再びやらかす可能性もあるし
再犯防止のために、その…大事をとって、ね


22911 名前:名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 12:40:13 ID:-

#20525
全く違う。
心神喪失っていうのは犯罪行為時に判断能力がなかったときの問題。
犯罪行為時に判断能力があったら、その後に判断能力や記憶を失っても刑事責任はなくならない。


22912 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 12:52:26 ID:-

死刑以外にありえない
所詮は記憶喪失。つまり偽者なのだ
本物を軸に置かなければ意味が無い
そして罪は償う事は出来ても消える事はない


22915 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 14:54:56 ID:-

犯罪者を罰するのは当然。
こんなことグダグダ考えている学者ってホント給料泥棒だよな。
社会を知らないっていうか。


22917 名前:名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 15:21:59 ID:-

#20532
燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんやって奴だな。


22922 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 16:05:25 ID:-

いやでも実際、鴻鵠気取りでやれ権利だの何だのと詭弁を弄して社会をドンドン悪い方向に導いているのが左翼学者じゃないか?


22923 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 16:06:00 ID:-

未来だし。
人格抹消したんならいいんじゃね?
死んだのと同じだろ。

他の死刑囚も人格消して再生すりゃいいんだよ。

未来なんだからそれぐらいできるだろ。
ただ現代ならさっさと殺したほうがいいね。記憶治ったら何やらかすかわからないからね。


22926 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 16:31:50 ID:-

刑というのが犯した罪に対する償いである以上、
記憶を失い罪に対する自覚のないままの彼を死刑にしたり、
このケースのように自殺させてしまうのは間違っていると思う。
この世界なら記憶をさっさと復活させることが出来るが、
現実でこういうことがあれば、せいぜい記憶が戻るまで
人を付けて観察措置ぐらいしかできないんじゃないかな。


22928 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 17:12:37 ID:mQop/nM.

>権利だの何だのと詭弁を弄して

人権って概念がなかったら極左や、この話みたいな犯罪者が
どんな無茶苦茶やっても、なにも問題ないという事になるんだが。
人権利権があるってのは確かだが、それは一般人の人権が
侵害されてる状態なわけで。


22929 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 17:15:05 ID:-

この場合記憶喪失以前に既に死刑が確定してるのだから、
記憶を戻す必要すらなく死刑というのが最も妥当じゃないの

ただ事件の被害者が納得しないからって理由で死刑にすべきだとのはどうかと思うけどな
法は結局のところただのルールであって、個人的な感情で左右されちゃ困るんだよ
被害者が納得していても死刑、していなくても死刑
これが守られないなら法自体存在する意味がなくなるわ


22930 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 17:17:39 ID:-

#20545
人権屋は犯罪者の人権ばかり喚きたてて被害者の人権を無視するから「詭弁」って言われるんじゃね


22931 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 17:43:05 ID:-

記憶失ったからって罪まで消えるわけじゃない。アホか


22933 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 18:04:57 ID:-

気違いのやったことだろうが、悪を認識できぬ子供がやったことであろうが

罪は罪

心情でいくらか厳しさを左右するにせよ
罰則はしっかり履行せにゃならぬよ


22934 名前:  [] 投稿日:2011/10/16(日) 18:24:03 ID:-

死刑の理想形としては、
犯人が反省し、現実逃避の自殺ではなく反省の結果として命を差し出そうとし、
法律と執行機関はただその見極めと手伝いをする事。
現実としては犯人が反省していなくとも、その予定調和的振る舞いを行う事。
ちなみに十分な反省と賠償をもって尚赦せないというのは既にヤクザ思考の域であり、その悪心を満たすのは救済ではない。
命を差し出されたら遺族にも予定調和的にそれで納得してもらう、それが法の利益を受けるという事。

この例の場合は、まずやる夫に罪状を伝え、反省を求め、死刑が妥当である旨を伝える。
記憶を取り戻すかどうかは男が反省のために必要とするかどうかだ。
そんなのやってない、勘違いだと思うなら取り戻して確かめて、本当にやってなければ戦えばいい。
記憶を取り戻したら悪い人格が出て反省できない、と考えれば資料から客観的に知り直すのも手だろう。
あとはやる夫が反省できていようができなかろうが粛々と執行するだけだ。
やる夫は結果自殺してしまったが「逃避を成功させてしまった」に過ぎない、ただの警備ミス。


22937 名前:ゆとりある名無し [] 投稿日:2011/10/16(日) 19:01:00 ID:mQop/nM.

殺人を犯したときは記憶喪失じゃないからその後がどうなろうが関係ないだろうな、殺人をするような奴は遺伝子から腐ってるんだから駆除するべき


22938 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 19:15:39 ID:-

せっかく、嵐が死刑囚を真人間に更正させてくれて、やっとこれから自分のしたことを後悔させられるところだったのに死刑にする奴があるか。



22939 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 19:16:02 ID:-

あやかしびと懐かしい


22943 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 20:20:59 ID:-

#20547
いっつも不思議に思ってるんだが、
「被害者の人権」とか言い出す人って、
国に対して何を求める権利だと考えてるの?
それは何を根拠に生まれてくるの?

私権はいろいろ認められるだろうし現に認められてるんだけどさ


22945 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 21:28:16 ID:-

#20560
生存権ってのがあってだな、日本に住む日本人には、他者の手で殺されたりしない権利を持ってるんだわ



22946 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 22:11:50 ID:-

#20562
勉強し直してきてください


22947 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 22:14:11 ID:-

そういや一時期「24人のビリー・ミリガン」とかブームになったな……


22950 名前:名無し@まとめいと [] 投稿日:2011/10/16(日) 23:10:44 ID:-

いいこと考えた!
やる夫を出来うる限り惨たらしい方法で処刑した後に執行者及び直接間接を問わず関わった人間の記憶を消せばいいんだよ!
これで皆納得。


22951 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/16(日) 23:53:12 ID:-

死刑が確定してるのに、何故か警察はやる夫を逮捕さえしてない
何故か死刑が途中から、「殺す」にすりかわってる

>>1の言いたいことは透けてみえるけど、
死刑が確定しているなら、ただ執行するのみ
記憶を回復する必要さえない

罪の償いと受刑を作為的に混同してるだけだろ


22956 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/17(月) 03:23:07 ID:-

こういうのを考えるのは面白いな
現実では
記憶喪失の判定なんてできないし
偽証の可能性が凄く高いので
死刑で問題ないが
再犯防止にも少しは役に立つだろう


22968 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/17(月) 13:26:31 ID:-

星新一ぽいな


22974 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/17(月) 20:57:28 ID:-

#20560
それは加害者に人権弁護士が
「加害者であっても人権は尊重すべき云々」って言うから
逆説的に出てきた言葉だろ

そして他者の人権を蹂躙して命を奪った奴に
人権を適用してやる価値があるのか?
(ハムラビ法典じゃないけど人権無視には人権剥奪で報いるべきでは?)
という論調に発展する
殺した奴の人権が大事だというなら、殺された奴の人権こそ大事にされるべきだっただろうが、という考え


22975 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/17(月) 21:04:16 ID:-

人格入れ替わりにしろ
記憶喪失にしろ
「記憶を失う前の殺人犯」と
「記憶を失った後の人間」は
本当に同一人物、連続した一個の人間であると言えるのか?
って問題があるしねえ

記憶がなくなって全く別の人格になってるなら、それは
殺人犯本人であるのか? 定義上は別の人間ということにならないのか?
なるとした場合、これに「記憶を失う前の罪」を被せて
死刑にするのは正しいのか?
という論理的・倫理的問題が発生するからこの話はややこしいんだよ

また、別人の人格に入れ替わってても罪を裁かなきゃならないとするなら、
罪状は「肉体」に付与してるものなのか?
って問題もあるし


22976 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/17(月) 21:08:04 ID:-

でもまあ、死刑にすべきって意見のコメントの人も
これが「記憶喪失」とかじゃなく「死んだ殺人犯の死体に別の人間の魂が入って蘇った」
とかだと「魂が別人だから、殺人犯の罪で違う奴を死刑にしてしまうのはおかしい」
みたいなことを言う人も出てくるんだろうねえ

本人とか同一人物とかを認定するのって、肉体の方なのかね
記憶や人格の方を本人と定義すべきなのかね
どっちなんだろうね?


22987 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/18(火) 09:27:08 ID:-

カスタムロボバトルレボリューションで凶悪な犯罪者の記憶を消して、いい人格を埋め込むと言うのがあったな
子供用ゲームながら、これ本当にいいんかと思ったものだ


22990 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/10/18(火) 12:52:01 ID:-

社会的に本人だと認められた人格が本人の人格でしょ


23952 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/12/19(月) 19:13:51 ID:-

テスト


23953 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/12/19(月) 19:18:23 ID:-

>「死んだ殺人犯の死体に別の人間の魂が入って蘇った」
>とかだと「魂が別人だから、殺人犯の罪で違う奴を死刑にしてしまうのはおかしい」

前提が違いすぎるからな

記憶喪失=本人であることに変わりなし(記憶が復活できる)
魂=問題なのは肉体だけで入った魂本人には何の関係もなし

また、犯人が「死んでいる」以上、捜査は打ち切られるのが常
刑も何もあったもんじゃない
というか、定義が曖昧すぎ。何を持って魂とするのか
クローン技術により本人の肉体を再生→移すなどは不可能なのか?とか
いろいろ曖昧な状態で「別の意見が出る」もなにもねーもんだ


24151 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2011/12/28(水) 16:02:09 ID:-

※が伸びるのびる。


24481 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/01/16(月) 11:57:01 ID:-

>そして他者の人権を蹂躙して命を奪った奴に
>人権を適用してやる価値があるのか?
というかまあ人権を制限できるからこそ刑法が適用できるしな
無制限に人権認めたら拘留すらできん


25184 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/02/21(火) 20:59:27 ID:-

#21587
お前さんが問いの本質を理解してないだけ。

「やる夫」という存在は「やる夫の精神」によって定義されるのか、それとも「やる夫の肉体」によって定義されるのかって話。

記憶喪失だろうが、やる夫の精神の同一性や連続性が失われているのは明白。別の要因による精神の非同一性や不連続性による免罪を認めるのなら、記憶喪失におけるそれを認めないのは理屈に合わない。


25185 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/02/21(火) 21:06:37 ID:-

例えば「らんま1/2」の設定でいえば
お湯(水)を被ることで肉体が変わるわけだ。

男乱馬と女らんまは肉体は違うが精神は同じ。
多くの人は男乱馬と女らんまを同一人物をして認めるだろう。

なら、仮にお湯(水)を被ることで「男の記憶と女の記憶が入れ替わる」という設定ならどうか。
男乱馬と女らんまは肉体は同じだが精神は違う存在だ。
この場合、男乱馬と女らんまは別人だろうか同一人物だろうか。

前者の設定で、男乱馬が犯した罪は女らんまにも科せられるものなのか。
後者の設定で、男乱馬が犯した罪は女らんまにも科せられるものなのか。


25188 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/02/22(水) 00:04:41 ID:-

やべぇ、最後の台詞で震えが走った

#22844
懐かしい例を持ってきたなぁw
判例から言えば解離性同一障害による心神喪失で片付けられるだろうけど、ストレスによって生み出された凶暴性のある人格じゃないから判断に困るぜ…
あやかしびとの一乃谷兄妹でもまたややこしい問題が発生しそうだな






Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV