やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2012/02/17(金) 現代文学のちょっとした裏話。 小説の神様その1・志賀と「山脈」

カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 小説・文学・絵本系 現代文学のちょっとした裏話。

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.53 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所99                   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所23                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その16          http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド12               http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50
やる夫Ⅱ板 第一回「お(極略)」超短編大会 の記事一覧


275 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/13(月) 21:27:41 ID:z2Htoqtc [1/3]
                />'´ ̄      `ヾ\
              // /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
                 // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
              /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   i
           //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  i
             ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  i
          〃/ i ハハ 圷 ㍉    ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  i       …………あれ?
.         〃./ i i  '. *( ●)′ (●)*ノ| lソ//iヘ ヽ i
          |l l  i/  ,ハ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|!§.// i ヘ.  i       ttp://news.nicovideo.jp/watch/nw195580
          |l |. /  /./§> 、ゝ._) ィ´人§//.  i ヘ ヘ
          |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ ヘ
          |l |仁二二]/\ §   ξ /::/ >‐{ V ハ  ヘ
          八 [_二二二] :::::|∝ ξ /::::::/[二二二]  ∨ ハ ヘ
         ∨ ̄ ̄ヽ:.:{二}::::/ £ /:::::::/ [二二二.] }ヾ∧ l|
       /| ┏┓ |:.|ソ:::/  /::::::::::::::| γ └‐=ミ / /ヽ| l|
     メルメル | ┃┃ |/|:///::::::::::::::::::::|  {    | ノソ/ /  | l|
  メルメル   | ┗┛。| | //:::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ   |  / /  | l|
        l|{| iO i  l i(/:::::The:::Bitch:::::::ヽ    | / /   | l|
        ヽλi´ ̄ ̄ q ::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、.}  | l |    / //
       /ヽ  ̄i |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /   | //

276 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/13(月) 21:27:55 ID:z2Htoqtc [2/3]

    /    | ハ  \ `    ヾ  /  |i      |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ ::.:.ト、 /∨     !
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソヽ,'  :.  リ   |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ  廴丿ヽ     |
  レl  |ヽ`z'ヒ十个ヽ\ヽl L__,, ルl / l ∧   l          私が岩波の件で言ったこと、
  |ハ ハヘヾィ_ー一  ヾ     リ`}イ/ イノ :.ヽ |
   ∨、ルヽヘリ  ゞ丿     `‐'とつ/ |      ハ l         もしかしてひろゆきにパクられた?
     マlヾ| |とつ             /} | ヽ      l
    ヾ ' .l ハ、    、¬   , イ イ ハ   \  ∧
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      ,′/≧ュ、__|_|_,イ.   |__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ

277 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/13(月) 21:28:14 ID:z2Htoqtc [3/3]

                         /  ̄ミ 、
                     ,. -─…─-ミ    \
              . ⌒>ー=ミ     `    ヽ
            _ / /              \  .
         /   /                 ヽ
       /⌒  //
        .′             i       i| ! i     .
          /          |i     i| _,」⊥|、    i .
        |  .′    ′   |i   ∧ i|´仏以ハ / i| i
        |  │    |i  |i 八   ′Ⅵ刋::}ハ ∨  i| |
        │  |i |    |i  _j仏以 /    乂 ノ⊂⊃八:
.      :  八 |、  八  イ升:}ハ          ハ/  |          ま、偶然よね。グーゼン。
        | /   | \ 个.人 乂 ノ    `     /| i  |
        | /       \| ⊂⊃       ,   .イ :| i  |
        |      /  i八 'マ个: ..,_     个:| | i  |
        |    /    | ハ ∨Tアヘ,      ト‐ャノ 厶以
        |  /      レ'⌒, ∨   }       //  }: : `ヽ
.      |/       / : : ′ \       /   ′ : :}
     /        {_: :人   \         人: : /|
    /         「⌒\{ \ _,}   {,__ /}//  |
  .          / |   )\ __,}   {,__ / (   ;
   ーく      . < \│  / : : ー=ミ、___,.ノー=彡 : : ヽ  |
       ー一     \│  .′              : : ; 
              )|   : :                : : ノ │
      丶 _ ___彡 人: :                : : イ   |
               !  ヽ>: :        : :<ノ    |

278 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/13(月) 21:45:21 ID:vM18dMlE [1/2]

似たような意見を持つ人は少なくないと思うお



2284 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:08:40 ID:HXudW7h. [1/37]

いろいろ思うところがあって、初心に帰りまして。

それでは、現代文学のちょっとした裏話。



285 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:08:54 ID:HXudW7h. [2/37]
【小説の神様その1・志賀と「山脈」】

             _,..―=―=..、__
          ...ィ7'´|//ヽ|/.`ヽ ーー、_
            //  // //    /|/`ヽ
       /// /ノ/ /     /ヽ|/ |/ヽ
      //  // // // /|// /|/ // .l  ヘ
      .// /// / /|/.// /// /|/ // .lヽ .ヽ
     llノ//|. / / // // // /|/|/ | } l ヘハ
      {/ /// / /|/N/  / .// /|/ // .l lヽ .ハ
     ',lノ//|. //  // // // /|/|/ |  } l ヘハ
      ',l`ヽ// /ノ/ / / . _,,,≠-‐N/.l |ヽ ./
      ',N,r、///ーtュテ、/// / ,-‐tュチ|/|//} |/             志賀直哉のような文章を書いてみたいが……
       ',l{ ハヘ' ` ¨´|/´ i´  ` ¨´/|//l/               なかなか上手く書けないものだ。
        ハ、_ハ\       |        /l/
         >、 ヘ,         | ,      /ノ 、                どうしたら、あのような文章を書けるのだろうか?
      / ',lヘ|'\.               イl/'  \
      /    .',l/l,. \.  ´ ̄`   /|/リ   ∧
    /       ',.}  ',, \     イ  .} }     ∧_
, r '´/        .',   .',,  `ー‐'     lヽノ     ∧`''ヽ
  /          ',   ',        / /       ∧   `'''ー-、
 ./             ',    ',         l          ∧     ハ

             【芥川龍之介】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「現代文学のちょっとした裏話」……というよりも、
 「近代文学のちょっとした裏話」といいたくなるような、そんな大正時代のある日のこと。

 文学青年芥川龍之介は、どのように書けば志賀直哉のような文章を書けるか、悩んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

286 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:09:10 ID:HXudW7h. [3/37]

      ,_-_;:ニ二,:`ヽヽ._
   , :.゙´:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:,、:.:.:`l
.., ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:゙:.:|,:丶二ヽ
.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:l:.:r゙ー'´`ヽ',. ヽlヽ
´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:r ´!:.!      ヾ r.,', ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:l.  l:l      |.i/ |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ll  ゙、_......_,   iィ;!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ ゙ - ´  __   ー'丶
;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{    ‐''て;:!    `ー-,
.l:.:.:.:.:.:.:.:.r 、'.、     `´     /
.' ,:.:.:.:.:.:.:|  `'            )                r .      , -‐ ,
 ,.丶:.:.:.:l_.,-‐テ7ー-,     , -〈                 |  l    , ´ ,.  ´
=- ._ `ヾ´l l / ゞ_.l__      |                    ,′ ´`ヽ_/ , ´
   ` ヽ'., ! '       `ヽ  __ノ               , ' l/´`ヽ ヽ /
      ゝ、_        ヽ´                /  ,l ´`ヽ  j
        '.,¨ー .、__,..    ,'                  !  l__,l、  /
         ',  r'- 、   l              /〈 r ´   /
         !  |    `ー .l、            _/   ヽ   /

        【志賀直哉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 志賀直哉。
 このスレ的には、阿川弘之の文学の師、と言ったほうがいいかもしれない。

 簡潔な文章で、人間心理を深く掘り下げ、
 また、自分の視点・考え方という部分を肯定的に捉えた作風で有名であろう。

 そのような文体や視点などから、後の文士たちから「小説の神様」と呼ばれるようになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

301 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:13:55 ID:IIdb41ow

志賀直哉といえば、あの列車事故
あれ、別人だっけ?



287 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:09:27 ID:HXudW7h. [4/37]

     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ      志賀さんの文章は、読んでいて気持ちいいです。
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/        いつか私も……あのような文章を書いてみたい!
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 簡潔で人の心理を深く掘り下げる小説……
 当時まだ駆け出しの文学青年だった芥川にとって、理想とする人物の一人だったのだろう。

 彼は、自分の師である人物に、このように尋ねたという。
 
 「私もいつか、あのような文章を書いてみたい。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

288 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:09:42 ID:HXudW7h. [5/37]

                     r-、
          r-,          l l
          | .|          l l
            l l          l .l
            l l         / ./
          l ヽ  _ィ―‐t-v_' /
           ' ,  Y´ \_ヽ_く
            ソー'  /´ __二ニ>
            l_ィ┴' ̄・ .・ ヾヽ
           /___l ニ    人 ニ i _l        無理。
           /ー―l        _ノ´
          `ー--ト―ャー―''フl´
             /   、`,'a''´ ノ
            (    ヾミ   )
             `ーャ二ノー''´

              【夏目漱石】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 芥川の師……夏目漱石は、このように答えたという。

 「無理だね。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

289 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:10:25 ID:HXudW7h. [6/37]

           / /                      _
          / │                     │ ヽ
         │  │                     │ ヘ
         │  .│                     │ │
         │  ヘ                      /  │
         │   \                    /   │
          ヽ     \ _,, --───-- ,_      /   /
           \    ∠  . .│     l `ヘ  /    /
            \/      │    │  \´     /
             /       .│     │    \   /
            /     ______      ゝ/
           / /─<゙´          `ヘ    │
          / /    `ー──────一゙\_│
         / /      ●       ●    ヘ.ヘ
        │.│   _                 │ヘ
        ││   ─      ●      _  ││         君にはああいう文章は書けないよ。
        ││         _人_     ─  .││
       / ヘ                      ││         無論、僕にも書けない。
   __│  /\                     / │
  ∠   \/   \_                /  │
 │          │  ̄──________/ ヽ   \  
   ̄\      /丶             │    \_∠ ̄\
     `ー── /   \   __     /\     ( )    )
          /     \/   \  /   ヘ      _/



                                            ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
                                           /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
                                          ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
                                       .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
                                         i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                                         |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
                                         !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
                                           ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
                どうしてでしょう?                 〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
                                       .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
                                       .      iー     / /```ヽ
                                              ゝ--rrf´ /   ,  ´\
                                                トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
                                                i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「君には、ああいう文章は書けないよ。無論、僕にも書けない。」

 漱石は芥川にそのように言ったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

290 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:10:41 ID:HXudW7h. [7/37]

   |  |            ノ   /
   ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
    ヽ //   /    く  /
      / l     i′   ` イ
    _,レ┴─‐┴- 、_   ,」
    //`ー―――一'^ー、´ ヘ
   // ・    ・     L_ヘ           僕も君も、文章を「考えて」書くからだよ。
  ,l に  ・   ニ    |   ヘ
 ∠.人  _人_       ├‐ ''゙´ヘ         志賀君は文章を「書こうと思わず」に、
    > 、_        _人___ノ         「思うままに書いている」からああいう風に書けるんだ。
   /          `ヽ
 / ┌i⌒i⌒i⌒i_       \
./    l i i  i l )  l    |
    ヽ     /   l    j

                                  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                                  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                                   l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                  !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                    ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                                      !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
                                        ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          なるほど!                         ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                                         }ト.、   、 __ _ ,    /' !:://
                                          リl::l゛、           /  |/:/
                                      rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                     / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「文章を書こうと思わずに、思うままを書いているから、ああいう風に書けるんだろう。」
 「僕も君も考えて書くタイプだから、真似出来るはずがない。」

 漱石は芥川にこのように諭したという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

291 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:10:54 ID:HXudW7h. [8/37]
             _..,,__,,....,,_
           "i`::::ヽノ::.;,..::`rヽ
         ../":|::、:/^:;;:::ヘ^:::::;:::ミ> て
         |.;;ミ|::/::/`"\:ヽ"イ::;ヽ て
         {:ミレ レ    、|/ 彡:::>
.            ({ ●    ● U }、:}          や、ヤバイ!
         ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃Yノ
.      /⌒ヽ_、ヽ、  ゝ._)     /⌒i          まったく書けなくなった……
       \ / ヽ>   __  ィj/  /
.         〈    ∠_{ _// ヘ._ ∧
         \      辷「´     ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、このような執筆スタイルだと、
 まったく考えてないのだから、何も思いつかなくなると、本当に何も書けなくなってしまう。

 実際、志賀は寡作の作家で、長編小説は「暗夜行路」のみ、
 しかも完結まで25年をかけて執筆しているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

292 名前: ◆KcxXifcWsc[sage] 投稿日:2012/02/14(火) 23:11:18 ID:HXudW7h. [9/37]

::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ
――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}
::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈
::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ
:::r ' |::!   |::|    U |::| }::ハ
::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|
/   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/
    "モテエ    ,'ェァ /
  J        、   {             ……というわけで、夏目さん、済まない。
         u     ヽ |
i            _ノ /             また書けなくなってしまった。
ヽ     ,  ____  /
 \    ` ー--- ' , '
   ヽ  u    ./
     ヽ __ノ

                                        |  |            ノ   /
                                        ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
                                         ヽ //   /    く  /
                                           / l     i′   ` イ
                                         _,レ┴─‐┴- 、_   ,」
                                         //`ー―――一'^ー、´ ヘ
                                        // ・    ・     L_ヘ
          ……まあ、しょうがないですね。          ,l に  ・   ニ    |   ヘ
                                      ∠.人  _人_       ├‐ ''゙´ヘ
                                         > 、_        _人___ノ
                                         〉 /⌒ヽ` ̄二 ̄,ヘ
                                         /_,ヽ.ノイ´   / l
                                         〕 、) ̄_ノ、  /  ヘ
                                         ト--' └i ヽ_ノ     )
                                         |     ` ̄´   r '′
                                         丶、_     _,. - '′
                                           ` ̄ ̄´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなわけで、書けなくなるたびに、
 当時朝日新聞に所属していた夏目漱石に詫びを入れに行ったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

| 15:00 |コメント(0)
カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 小説・文学・絵本系 現代文学のちょっとした裏話。

|

<< 現代文学のちょっとした裏話。 小説の神様その2・志賀と多喜二 | HOME | ちょこっと甘い話 恋の消費期限 >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV