やる夫短編集 FC2阿修羅編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2012/05/20(日) 人形遣いパラノイア


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.54 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所108                    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その20              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド13                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50
【やる夫2nd板】ゴールデンウィーク短編祭 その1
【やる夫2nd板】ゴールデンウィーク短編祭 その2
翠星石速報 5月4日(みどりの日)翠祭り



988 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:31:03 ID:dpdEfa6A0 [2/13]
             / ̄二ニ=ゝ
            l`: : : : : : , イ/l             ______/二二二二二二二二二二二二二7───────ァ
           〈 /lヽ: : : : : : : ノ           _-=ニ        /´       / -─────────────/───
            i/0ゝ、丶、二=-     _γ⌒.Y    4 0_ニ=-/ 丶、 ̄ ̄ ̄---ァ                     ,, - ''"
     _       ヽ-ノ l、 ̄     / ', .ム、__ノノ`ヽ   / ム  ム マ  `丶、  /  ̄ ''''''  ─ _____,, - ''"
     マニ≧x  _,r≦彡≧┐............r>,r○.l l /弋__ノー<ム  .ム  ム ゛マ__`丶            ̄ ̄ '''''' ─-
     マ三三}`i    `ヽシ__l:::::::::::::::l 7 / l/i  /l  l  l、 ム\ ム‐-ニム.   丶、   `丶、  、          -‐'''"
       /ノ`r、ノ-彡、__人/,,,,;;;;;;;;;;// /ヽノ i /、'i  i l \l  \l   \    丶、     `丶、` 丶-‐'''"
       //:::/  \/  __l-、''''' _ノ /  l  /.i/ / (ニ) 、  ム   ム   .\    丶、       `丶、
      //::/    ヽ/ニl ノニ(0)/    l /   /  ゝ  }   ム   ム     \.     丶、ニ--‐‐'' ̄
     /弋ニ}    γ弋__ツ       l/∨ ./   l \ i、  ム    ム     \__   丶、
     l / }    //<∧∨∧>        ∨\  l\ ヽヽ\ ム丶、  ム‐-=ニ二 \   ̄ ̄ ̄
     l  /    // / l::::::l:::::i:::::i,ヽ          \l  \lニヽ. \l.  `丶ム     ̄
.    i /    // /::::l::::::i::::::i::::::l::ム             , イ_l
     / l   .// /::::::l:::::::i::::::i::::::l:::::ム            l厂'i.ii.}
    {.二}   l/ /:::::::::l::::::::i::::::i::::::l::::::ム             /リリ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    『人形遣いパラノイア』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           / l /ヽ/  リ l
            { l l ./i  / /
.           i  i[ニニニ]
           [ニニ]ニニ]
            [ニニ]ニニ]
                [ニニ]ニニ]
            [ニニ]ニ]
               [ニニ] l
.                [ニニ] ヽ
             (二) イミ}
           _/ ._丿ゞ"
          ,r≦  /
           ̄ ̄

989 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:32:18 ID:dpdEfa6A0 [3/13]
その少女は、『普通』ではなかった

                ,   '"’ ̄ ̄ ̄`¨ -  ,_
                , _´...-‐::::::::: ̄ ̄::::::ー..._    丶
           ∠='´:::_:: -‐――――- :::_:::丶、.   \
          〃≠' ´              `'≒:\    \
           ./´        i                `'\    ヽ
         /           /      .|             \  ∧
          /         ハ  .!  ./   l  .l             ∧
         '     ∨     / l  j  /ヽ_LLl___ !          ∧   私の名前はアリス・マーガトロイドよ
         .| ,   ヽ  i. /  .! ハ_,/''´ヽ ヤ `lヽ            ハ
          l ハ.    !x''才メ   | / j/  _,ヽ,⊥,,,l_l   ,'          |
        '! .l  ,  l.l/ レ.    レ   ィ " らr::::ヾlllj ,イ           l
           | ハ ∧ ィ'T示        V、::::;/l}l/ /         八
           l / .| .l ハ ∧:ハ          ゝー.ノ/ /  ,          ヽ
          〃 .! l ∧.  り.           ̄/ / ,イ           ゝ
         レ  ,N. .八      :            l/ /               ハ
            / ′  .丶               ′|            l
              |         丶  ─        ,..:' |  l           }
              l             >   _ .. <   l  |  j!        j
              l.         ______j  __,,<l j! ./:|     i  l /
              l ト,     ヽ    ヾ ̄ ̄ ̄     レ/ ./|:::l l  l、 / /
            l l ',     \   ∨       ///x'::l .l  l:∨,/
              l l ヽ      ゝr--廴__,,,,,,,z=≠彡彡㌣l lヽ l_ )/
              レ   \__, - '' .Y:::::::::::〉三三彡≠‐''"   レ \l `ヽ、
                  /    ./ー‐く                   `ヽ
                /     j:::::::::::::}                       ヽ
                 /     /::::::::::::/                      }



『普通』の少女がリスを見たとする

             ._,、.、---,,,,,-i、
           ...,.::`::::::__,,,__:::゙'┴ーi、
           ''′:.-‐''●,_,,,,, ::./
           ..'|y,: ゙゙̄,...............、:r、
           .゙l゙l"''ー',!::::::::::::::::::ヾ!,       ........
            ゙l ゙l  .| .::::::::::::::::::::゙l.:`:、   ,,.-ニニ ̄″''-..
            .ヽ.ヽヾ.::::::::::::::::::::::.ヽ.゙lヽ. ../'/ :::::::::::::::::: .゙'i、
             ..,i´::::::::::::_.::::::::::::::..゙l,.゙l.゙,i´,i´::::::::::::::::::::::::::  |.
            ./::_,,--r'".::::::::::.::::::.:゙l .゙l.゙l"::::::::::::: ......_,,,--┘
           ...l゙r'"゛  .| .._.:::::::::::::: ゙l .゙l ゙l:::::::: .. ,/^
           . ′    .レ".:::::::::::::::::: .゙l .゙l.゙l::::: :.,i´
                .l゙.::::::::::::::::::::::. :゙l :|::|:: .:./
                . |: :::::::::::::::::::::: .:;| .|::| .:,l゙
                .| .:::::::::::::::::::::: :|..|:ノ ../
                 ゙l .::::::::::::::::::::: .:.!::│丿
               ....,..゙l ::::::::::::::::::  ...:/ ."
               ..;(二‐ ―¬''''''''''"::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

990 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:32:32 ID:dpdEfa6A0
『普通』の少女は、リスの動作、可愛さに愛しさを感じる

           , -‐  ̄ ̄ ̄`  、
        , ´:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \
    /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:\\ヽ
.    /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヽ卅ゝ;:ヽ:ヽ:ヽ:ヽ
   /:. :. :. :. :. :. :. : l:. :. :. :. :',   ヽ:ヽ:.ヽ:ヽ:ヽ
  ,':. :. :. :. :. :. l:. :. |: : i:. :. :l |   ',:.:l:l:. i: :lV
  l:. : |:. :. :i:. :.|:. :. |: : l:. :. :l |´ ̄`l::j:|: :|: :|
  ',:. :.|:.l:. :.l: : ト __i_l: :.|:.:l: |リ   _リj:.:ハ:.j    きゃーっ、ドングリ頬張ってる、可愛い~!!
   ',: :ヘl:. :. l/lヽ;|リヽlV'V   ,'" ̄゛ l/:.V
    ',:. :ヽ:.:/:ト、| ,,===、      、、、、 |:. :|',
    ',:. :.h::、:. ハv'      、    j:.:. l:.',
    ',: :ヽl::\ヘ `````         イl:. :.|ヽ'、
     ',: : :l:. :.:.:|:.\    ‐ ´ /j:ll:.:. |:. :ヾ、
     }: : |:. :. :|: |:l ` ーn---y´::::{7||:.:.:j:. :. :. \
     |: : ヘ:. :.:|:.jj /ヽ ̄ ̄:::::: / .||:.:,' ̄`/7ー ヽ
     | :. :. |ヽ:.ヽ´   |r' ̄ ̄ / .lj:/  / / /./`ヽ
     | :. :. | ハ: :ヽ   | ̄ ̄ 7  レ' //,イ./   ',
     | :. :. |:| l \l.  |   /   //// |    ',
     | :. :. |:| l、\\ |   /  /// / l     ヽ



しかしアリスの興味は別の事に向けられた

    , ----- 、
  , ´ ___  `ヽ、
 ,'´ ´ ̄ ⌒  ̄ ヽ   i
 iノルノ__イリヽ__イ入人..i
  i|Yイ`Li´ ´Lイ`i リ)レ  体中に毛があって四足歩行で駆け回り尻尾が生えてる……
  リ' i , ` _   iイノイリ
  イノレ`'、-, イレル´´   どんな身体の構造してるのかしら
     _イY「_/`ヽ,
   /⌒`、=/    ヽ
  /「i,_イ ̄「|||´~~~~~ゝ

991 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:32:54 ID:dpdEfa6A0 [5/13]
また、『普通』の少女は格好いい男を見て、優しいだのイケメンだの騒ぐ

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }       悪いな、男にしか興味がないんだ
    |! ,,_      {'  } 
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |

  / /     l: : : : : : : : : : : : : : : : : \
: / /   '   |: : : : : : : : :| : : : / : : : : : \
/| ∧ /    j.: :.│: : : : :! : : ;瓜人: : \: ヽ
^jメ、 Ⅵ  l , | : : | :│: : |: : / / ::0',: : : :ヽ: ',
: : : : : :| / /l | : : | :∧: : | :/ j{ :::..:: } : : l: :|:│
: : : :|: :レ /斗┼ーレ孑ヘ: Ⅳ^小、_,ノ| : : |:.:Ⅳ     わ、私って男らしいってよく言われるのよ!
: : : : :/ / イ! j〃⌒ヾ ヽ| 〃`ヾⅥ: : :ハ |
: : : :/イ,// |乂{{   }}    ヾ、_,ノ { : / j/       気が強いし、胸もぺったんこだし!
: : : : : }: : : : |  `ー='"         ∨
: : : : :人: : : :|               }
: : : : :トム : : :|             /
: : : :!:l: :∧: :│       r‐ュ    イ|
:. : :.:!:|: : :_〉 : ト   _____.. <: : !:|
:. : :.:!:|:/ ∧ :|`ー一寸  `ヽ、:_:j : !:|
: : _r<    Vl::::::::::::::}     | ト、!:|
厂{ \\   ヾV三三|     | | ∨
\ヽ \\   \   |      j// |

992 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:33:15 ID:dpdEfa6A0 [6/13]
しかしアリスだけは

    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |



違った

               __,,.. 、-―‐-,,..-―-、
            ,. -''"  __         ヽ、
          /  ,,..ヘ´'`''"^^^゙ヘヽ、    ヽ.
         /   r''">y''" ̄`´ ヽ ̄`ヽ    ',
         !  y'  ,'  i       ',   ',    !     あの背筋、肩胛骨、上腕二頭筋……
         〉 /  i  |     ト   i   |     |
        /  i、 ‐┼-ヽ、   ,」-‐┼― !    i、    凄く美しい形をしているわ!!
       /  ,  ヽ  人_ iヽ、  ハ__ノ、  ヽ !   ヽ.
       i /   i オ,==ミ ', /彡==キ  i ヽ、   !
       ∨i    iヘ、|、__.ィ` レ'  .|、__.ィ、! レ'    i、 /
         ヽ  r' ,i´ ̄´     ` ̄´/  ノ   ! iノ
          )ノi、 (`>ェ、  ー‐,,.. ィイ /,i  ノ´
      __   / ̄;::::::ヾM __Nソ>`ヽt‐くヽr'
    <ヽヾ 、 ̄''"   ゝ;:::::r''" ヽ:::::;/´   ヽ--┐┬-ァ
    / ヽ\\      ツ;.i    :<`      ` i i |く
     ̄/  ヽ\\ ,.ー''"‐'‐`  ''"ー`―-、     / /,'<´
       ̄7 ヽ ゞ`ー`フ''"77''"⌒`)ヽ ̄ヽ'、   ///_ゝ

993 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:33:27 ID:dpdEfa6A0
                イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ、
              / ―:.:二二‐:.:.、.    ヽ
             /≠ ̄     `ヽ、:ヽ   ‘,
                /            \ヽ  ',        ─彼女は形にしか興味を持てない─
           /    \   \     ヾ  ヽ
           ,'       ヽ   ヽ- }   ヽ  !  \        ─形状美にしか惹かれない─
           { !  ! \   ヽ/ |ヽ i   }  l   ヽ
.             | |   ┼ 、ヽ、 /,≠坏ヽ|   ! 、  !  \   ─心も、魂も、全てカタチだけが優先される─
           | |\ ヽ弋>  ` ゞ-′|.}  / ! {ヽ | \ }
              リ  >ヽヾ、 ,      /リ /| |ヽ{ ヽ}  ヽ}  r ヽ 
        !ヾ、ヽ‐ 、// ヽ> -‐  / /', {‐リ_== /、‐ /| / ノ
      __{: : : : :`ヽ´ヽ- 、ヽ、 ≧≦/|| ///≠_ヽ / / ><ヽ   r丶,
    /フ= /‐‐≠- : : : `ヽヽ二7 /: : :ヽ: !/ | /_ヽ./   ` - 、_ゝ/‐´ /,′
    ゝ|      ‐^ヽ≠二‐〃ゝ‐、7ヾ /|.|ゝ!{-ヽ、 `ヽ `ヽ, _ ゝヽ,  / /
   ', .|     r- ≠` ̄ ̄>r-┘ヽ    ! ! ヽヽヽ \   ヽ-,-´/ /ゝ´
   < /   r‐/: :、 ‐l--/ ̄:.:.:.:.:.:.:ヽヽ  | ヽヽ ` ^ ` / ̄ ̄   ̄
   ノ/    ∨ / / !:.:====:.‐‐‐:.、:.:.‐-ヽ   ヽ≠― ´
  >{    〃ヽ/{  ',:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:./x }    ヽ
   ゞ、  /  ヽ′. }:.:._L_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.ゝ|    //
   z-〃´      i:.:.:/`:.:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:< !  // ̄
            }:.__|_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:./// ̄
           /:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /// ̄
           /:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ



            _ ,  --- .
           ,  ´ _ _,,,,r-rヘ,,__,、  \
       / .,r=ゞ '´:::::::::::::::::`'≒z   ヽ
     ー'〃 /,>‐i二{r匸ゝ气ムーハ   ヽ
     /,  .,'ー'¨'´    、   ゙̄~'    ,    ─偏執病<パラノイア>である彼女は、次第に他人と付き合わなくなった─
      l {  j ハ l!   l  ト、 ヽヽ |    ,
      | l  ll-l‐+-.|  |  |十l┼| |.  ,  l      ─形状にしか興味が無く、形状だけを求める彼女にとっては─
     V  |∨. レ、lヽ l、 ハ V レ ヽ! /  .|
       !lヽ.| .,z==ミ\V ∨z彡气x./ /   ., |             ─人形こそが至高だったからだ─
      ∥, ヘ i::、::l     l!::、::l l /.∥ | |
     /, } .ハ 、 ノ       ー ' // ∥  l l        ─喋ろうが喋るまいが、心があろうがなかろうが─
    ノ l i 八 _,xヘ  r‐ 、   _,,|.{ |'l ./l l
      ∨ヽ<::::::::;ゝヘー‐r '''''ゝ、 N / lゝ( レ           ─彼女は肩の埃ほども気にしなかった─
       r∨>' ,.イイLl;x_/  `ー、 レ
       V /_ /ノi::::}~{! ハ  ,ィヾゝ
        ー└i'、l/::::j l';:::Vzイ┼-く
          く _`¨'′`¨´,,,__ィ←l'
            /¨ヾ'~ニチ7::Y゙l::ヽ  ` 、__
     r、 ̄    .:/ l: ∥::} :}::::l!  > r ン
     ヾ\   .::/  .! └┘゙ー ' /、廴ィ_,/
      `ー\_::jニニxzz__,,r=zz彡'´ ̄
         `¨´  |___!  ̄ |___|
                └┘  .└┘


アクセスカウンター
カラコン 通販ダイエットサプリピアス通販おっきくなぁれ。りんご



994 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:34:12 ID:dpdEfa6A0 [8/13]
アリスは高校に行かず、生来の手先の器用さを活かし依頼を受けて人形を作って生計を立てるようになった

しかし引き籠もりというわけでもなく、腹が減れば外に食材を買いに行くし、甘い者が食べたくなればケーキを食べに行く

本が読みたくなれば本屋に行くし、映画が観たくなれば映画を観に行く

       ./⌒ヽニ7ヾ>、 ̄ `ヽ、
      /    .  ∨>x.   \
     ./  |  !   ∨{{  \
    / |   |   |.  \∨{{   ヽ   ',
   :| |   ト、‐|l‐|l  '∨{{    ',   {         ─彼女は世間一般の引き籠もりと違い─
   :| ∧   l示ミx.|l |  }ノ {  \ ヽ \
    v }\ |Vc{. } ハ(   |  、 ',  \. \     ─人目に自意識過剰に恐怖する事はなかった─
.       ∨ノ\. ´´// / .〉 |  | ト、 ∧ |
     / ∧、  〈〈 l| / .∧ ∧ | }/  }ノ
.    〈 〈 rへ._. ィ))∨}/ ̄〉/ }/
       \  }// ̄ ̄ ̄\
     / ̄{⌒「/7 ̄〉      \ー───z
      `v'77777 レ7777      \.   //7
     /  |   //// ̄\.      ///⌒      
      |    j  ノ二/_   \__///⌒ x‐r―r─r─r─r─ァ
    /|  r'∧  ∨l/  __\   \__/ /⌒く/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
.  <.\|  |/ ∧  ∨/ / \   |/⌒ く/  _______|
    \|  ∨/∧   \rく⌒7^7\{. く/  /



               _ -=====-  、_
             イ>'´:: :: :: :: :: :: :: < :\
         //:: ::_,,..-──‐---ミ、::ヽ ヽ
        / 厶'´  イ     |  、 \!   ヘ
.       // /   / / !     {  ヽ  ヽ :ハ
      // /   / /{ :| !    |ヽ  ハ  V: :∧       ─何故なら彼女にとって人は、自立稼働するだけの人形だからだ─
.      '/ /  _!斗七{`{ |  :|丁}¨`ト、 :|:ハ |!
     ||  | :i ´|ハト、ハ‘, !   :!ハト、ハ  :! :| : |     ─人の心がわからない彼女にとって、他人の意志は無いも同然だった─
     |{  { :{ j 孑芹ミ:ヽ{  |孑芹ミハ :| !|:!|
      {ハ 人 ‘, 《 ん::ハヽヘ,ノ ん::ハ 》ト、j リ:||  ─平等に、悪平等に、彼女の目からは人と車は形が違うだけにしか見えなかった─
     Ⅵ} {\ゞ、} 乂::ソ      乂::ソ'' | |  | :リ
      {:|! | 个 ト       ,      从  {ハ!
      Ⅵ !  | 人             ,.イ }: :!
       ヽハ :|  :个...  `  ´   イ: :| |:/jノ
         ヽハ  :!ハト 」≧=≦ Lj: :/ {!   __
       _r<ヘ ≧{>_ノ`ー大一' {ハ厶-‐r7^} ト、
      /ヽ.{ } 》  \  ,<::::::>、  ア   ∥ /く. }
        {  〈 ハ 》   ヽ/ /⌒ヽ \/.   ∥/ ソ  |
        |   Y } 》    /:::::::::∧     《./ く  |
        |    マ〉 》    /!::::::::::::::}、   《 / ソ    !
     r'    Yハ 》 ./ :|::::::::::::::|∧  《 / く   \ 〉
      /´     マ 〉 У .!::::::::::::::!  V / ソ     ヽ
.    〈      //\/⌒゙厶:::::::::::::〉'´"ヽ{/ヾ>     〉
     \ ___〈/:: :: :: :: :: :: ::`Y´":: :: :: :: :: :: }!____ /
      <{}〉 ̄^人:: :: :: :: :: :: ::人:: :: :: :: :: :: ::人 ̄〈{}ト、
      `ー<^"⌒ ー、:=ニ二三二ニ=-一'⌒ーァ-''"^

995 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:34:39 ID:dpdEfa6A0
だが、そんな彼女にはたった一人だけ、知り合いと呼べる人間がいた

             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'     美筆やらない夫だ!
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|



彼は美術館で彼女の作った作品を観て、魂を揺さぶられた

                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                  |   ⌒  ⌒  |
                |// (__人__)//|      パねぇパねぇ!!なんだこの人形、凄すぎだろ!!
        ぐ         |   ` ⌒´   ノ
    ぐ  る          |        } __     ∩2z、
    る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /
 十  ん       .     ヽ     ノ      /`/
      ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
    / /     /       リ     |  |   /  ノ
 C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
&  \____/      /     ノ/ _/―''
 ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ∩ '´   /   十
      /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +
              /   ノ {=   | |
 +            ∠ム-'    ノ,ィi、ヽ、



そして制作者の事を調べ、自分と同年代であるアリスに興味が沸き、彼女の元へと押しかけた

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │     いえ、ストーカーではなくてですね、ファンの一人なんです。
   (,`⌒ ´      |
  . {        |     ですからブタ箱は勘弁してください
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′

996 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:35:15 ID:dpdEfa6A0
アリスは鬱陶しいとは思わなかった。別に彼女は興味がないだけで、人が嫌いでもなかった

         ___,,...-─‐―─--,,、、
        / ,,..-''" ̄ ̄ ̄""''ヽ丶
       /  /,,..-''" ̄ ̄ ̄"''ヽ ヽ ヽ
       |   !. /‐/‐! /!  /!  \}  |
       |,ハ.__|/ァァ‐、レ' |/‐ト、 /  |
         /|〈 j__リ   ‐ァ‐+、/|.   |    ─ただ、彼を観るその目は無機質で─
       //'"   '   !__cリハ/   |
      / /ゝ、   、    "/ /|_)  /   ─本を読んでるのとなんら変わらなかった─
       ̄|/| /!,>,、___,,.. / /    〈
        ..|//"'' ゝ、_ノ//ヽ    ヽ
          /  /:::〈i`7::::|   \へノ
       /ヽ-、|:::::くハ」::|/ヽ/ヽ/ヽ
         ̄レヽノ::::::::::::::::::レヽ/\ノ
         ./!|:::::::::!:::::::::::::::|   |
        /_,/>、:;」___/ハ|   |
      r‐'"/::::`7ァーr--‐':::',  |
      |./:::::::::::/':::::::|:::::::::::::::\ |
     く::::::::::::::/::::::::::::!::::::::::::::::::::\



やらない夫は来る日も来る日もアリスに会いに来た

時には雑談をし、時にはアリスの人形を作る様を見学し

   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒         ─やらない夫は、いつも楽しそうに微笑んでいた─
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
                                 ,、
                                r イ `ヽ、___
                               ノ | i|  ヽ::::}`ヽ
                              /  ,jム| |! ヽ::}  !
                             ノイ__/ / ll ||、 ヽ}  |
─アリスは笑わなかった─               r'   `}ノ ヽj    !
                               l _   /  /     l
                               ヽ___ イ!/ l   |  |
                                 _l_j/=l |、イハjヽ.j
                             ,、,、_ //r'´⌒` 、
                             !、j,j|||/ノ/   `i
                             || | ||||/二二`、 l
                            ,-|| |_||||レvイlハj、j` ',
                            l L___|<,`=; -ー ' kVj
                            `ヽ _  "フ`   l
                             || | 7ーt''l二二ニ{
                             l|__||ァー「\   ヽ
                              /  }___}    `、
                              /         ヽ

997 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:35:48 ID:dpdEfa6A0 [11/13]
一ヶ月経った頃、アリスはやらない夫が来ると紅茶を淹れるようになった

別にやらない夫を気遣ったとか喜んで貰おうとかではなく、客には茶を出すのは礼儀だと知識で知ったからだった

                                         _
                                 ,.  -―――/ ヘ―――- .,,_
                          ,.  -      .l` ー-------------一 ´l   __
                         ゝ 、   `ヽ  !                    i/´  -- 、\
                              ヽ   ` '!                      /    .i ',
                            i                         ∨      ./ /
                            i      :                 ハ   ./ /
                                 i   ./                 ハ_ / ./
                                i /                      ヘ  /
                --------      /                       ∨
         ..:  ´             `   :..                          i
       〃       .................................        ヘ                         i
        ::.   .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  ノイ                       i
         ∨≧ ., ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,. ≦./:                         /
     _   : ` ー- 二ニニニニニ二 -一 ´. . /                    /
   / r---、`ヽ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       / `ヽ .,_            _,.  <
    i  i' ´  ヽ )                       /     \    ー---一
   入 :.     `.                   /         ヘ
  i.  \ `  ー---、                  , '           :
  ハ   `  ー---、ヽ             , '          /
   \     ハ  `ヘ.,_          _,./  /       ./
  . . \     \      ̄ ̄ ̄    /       /



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ        すごくおいしいだろ
    |     ⌒ ⌒
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬    ─やらない夫は笑った─
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

                              , -――- 、____
                            , '",、,,r=fニニ=、 `ヽ ̄ ̄`
          そう              /,r='´::::::::::::::::::::::ヽ、 i \、
                         ./ /::::::;ィ'=j=v=r-v-=',  ',  ニ=--
                         /  '-vシ    、    ',  '.,  `ヽ、
    ─アリスは笑わなかった─    ,'  {   、 、  l l ト、 } .ヽ、ヽ  '-、ヽ、
                        ,   l  、. ヽ ヽ } トi'´リヽ、 l`ー-.  ヽ、__,
                        l , , .',  ̄`ー-、 ヽ| ,rf::::T /\{ `ー ト、<
                        リ, ', .ヽ.,r=气, ヾリ `¨´,イ/ 人   |从iリ
                         ', ヽ ゝ`¨´  ,    ,イ./  ヽ  }
                          >、 ヽ、\   -‐ ,.イ/iリ_  />=ー--、 
                         .{/i \ ヽ_,rニニr.-.' f´ /::/´ ̄     ハ.,

998 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:36:30 ID:dpdEfa6A0
さらに二ヶ月経った頃、ふと思い立ってやらない夫を買い物に誘った

しかしそれはお洒落なレストランでも映画館でも動物園でもなく、ホームセンターだった
                                              _ _
                                           _r≧--二= ≧ヽ、
                                          rヽヽ ̄`  `ヽ ´ヽヽ
                                        r-|` ヽ /{  \.  \ヽヽ
                                        ゞ′! //ヽヽ  \  \|
                                   r、  、  {  .|`ヽ{、 ヽヽ\___\  \
                                   | } //、  ',ヽヽく孑ヽ〃. ,气、ヽ \   i
   ─アリスは人形作りの道具をみて─          ヽヽ i ,' /',i \ヽゞ-′, ゞメ ゝi \\|
                                    ヽゝゞ_/ |  ',ヽ ー -   /',ヽ  ヽ/、
        ─うっとりしていた─                 ヽ:.:.:.:ヽヽヽ.>     イ ヾ、 } i ヽ
                                      rゝ:.:.:.iヽ/ヽ|r_|`_.´_|┐|/ヽl´::::\     _
                                      l 〃{ヽ ̄、 ̄__|__|_|/ 7 ̄|::::::_:::::>‐-<´:::::|
                                  __ --<7´:.ヽi  ヽ‐‐´ヽ‐‐‐´/  /ノ `  ヘ `ヽ/
                                 / v 〆.7|:.:.:.:.:}/__  ゞヽ、  /, /∠、  /  ',   `:,
                                 Z///. ,' L_ -、7|/ヽ|/ \::::`ヽ‐,'  〈 iヽL_ヽ ハ i  l ',
                                  ′≠ ,' ヽ --´、:.:.:.:.':ヽ::ヽ ヽ ノ l  リ |    | !ハ l``
                                     ,'  `|ヽ  ヽ、:.:.:|:ヽ::ヽ ヽ´i ハ  '、       }ノ〈
                                     i   //\  `ヽ、/` ´ /. レ _,○ュゝ、.(_)_,.ィ'lレ、 ',
                                     ヽ_/':.:.:.:.:.:ヽ    〆:.:.:.! 〈(__ノ〉` [><] .ノヽ ヽ!
                                      <:.:----‐‐ \_/____:.:.ヽ`ー7'\/∧、/〈::::>
                                      \::::::::::::::::::::::::::::::::::ヲ|:-‐[`ヽ!、::::::::::::::::::;!::::\_
                                      ∠--‐  ̄ ̄ ̄` ヽ、::´ ̄/ `― ‐´ヽ:「(__)
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    ─やらない夫はちょっと引いてた─
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

6 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:37:12 ID:dpdEfa6A0 [1/17]

さらに三ヶ月が経ち、やらない夫に誘われて動物園に行った

面倒くさかったが、邪険にするともっと面倒臭そうだったので、ついて行った

                      __ __
              _,,.. -‐‐ '' " ´      ` ' 、
           _,.:'´::::... __,,... -─ ─- ..,,__ ...   ` ヽ、
         ,.:'´ `>;r''"´ _ _ ,,,...,,, __  ::::`ヽ、::..   `ヽ、
       ,.ィ'´ ,:'´7'' " ´         `` ''ー 、_,>、  ヽ、  ':,
      ,:' /    :/               `ヽ、`':,  ':,..  ',    ─写真でしか見た事がなかった、動物達の動きをこの目で見て─
      / ,'  / .:/:.  .::/:.       :':,:. .::`ヽ、  .:':, ':,  ';:. .i
      !: ! .:! :/:. ::. .:.;':::. l:.  :l |:. ;  ..:l;:-┼!- 、ヽ,.:::',  ';  i: .:|              ─アリスはとても感動した─
      l:::| .::l .:l  l:::.. !,.ィ''Ti''‐ :| ;|: i .::ハ:;. .:l |:| i:.`.:';:: i.  }:.  }: ::l
     |/| .:| .:!  !::.. l: |:. |:l:.. .:l l:. ! ::/ ハ:_!」;:l_]:|、::|:. l:. /|::. |::. .::|
    ノ l .::| .::|:: |::.. |:. l:: l:|=、;ハ:;lソ ,:'  '7 :::c'; ヽrトイ:./:. }::. l::::..:::|
      { .::l .::ハ::. |::.. |: |rイ:(,ハ`l;ノ:;ノ   i ::::::;;!  !|::レ':::: |:: ,':::::::::|
      l .:/! ;' !>;l::.. l |l h;::l:| レ'´      ト、:;;り   ! :::: /!,ハ::::::::ハ
      ノ'´ l/ /l }: i、:l | ヒ'_;ソ      ´ ̄ ̄` ./ ::/i::;ノ:: i::::::::|:: ':,
       /..::| .:l;/:ヽト,| ´   '´         /:;:イ::::ノ'i::.. |::::: ト、:. 〉
   _,,..-‐'´ ..::::ノ .;' .::::::! k     __     ,:'´::ノ:. |::::::::|::.. ハ: 〈 |:/
  _,>  ....:::;:'´.:ノ ..:::::/ .::ヽ、   `ー`    .:{ ,.イ .::.. |:::::::!:::../::::';:..`ソト、
     ̄`"7'´.:;:'´..::::::ノ! ..::::::::;> 、      ::ノ'´:ノ ..:: /::::::ハ/:::::::l::: iヾ、':,
       l ;:'´| .::,:'´  l:::::;:'´:::;':i:::::`ソrー_'_ニ´、,:'´ .:::∠L_/;ツ|:::::;:イ:: l  i::ノ
      ノ'   !ノ     !::ノ!:::;ノ_」-‐i7^7 ///〈 .::;/::::::::: `ヽ,レ'´ |:: ノ ノ´
        ノ     レ' ノ'/ ..::::ス'V、/´ニ,ノ::)'´::::::::      ':, ノ'´
               / ..::::://L!、_〈iヽ、:/:::::::::::      ..:',
             r'´i' ̄{| ̄|} ̄ ̄|iiil :l::::::::::::        :::::i
             ノ  | {`!| . :|}    |iii|::|/:::..   Λ   ::::|
            〈   V l、 .::|}  _|」_i´:/:::::::   /X';    ::::|
          / |_,rァ'7^i`7"´ ̄ ,,..-‐l:/:::::..   /><,i    :::::|
         / ::/´ヽ V__ノ〈`>,  ´ニフ|::::::::::   /><!   ::::|
        <  ::::l,_/´   ``ヽ `i  ン{l::::::  / `7'T´ヽ   :::::|

   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒      ─やらない夫はそんなアリスを観て、とても満足げに微笑んでいた─
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

7 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:37:26 ID:dpdEfa6A0
はぐれないようにと繋いだ手は温かかった

                                          _ -―
、_                                   _ -‐
  _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
 ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
               「 ̄  「   ,.-、        ',
               |     }   /  \       、
                 i     jノ ノ    `丶、    ヽ
              |    `゙´        ヽ     }
              /               ヽ   |
: . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
: : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
 ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
         ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                    `゙'、__/`--' ̄



やらない夫とアリスは沢山の時間を過ごした
                                                _,,.. --─- 、..,_
        / ̄ ̄\                                ,. '"´ ___,,,,....、,,,_   `ヽ.
      /  _ノ ,ヽ\                             ,:'´,.- ''"´ ̄ ̄`"''ヽ:ヽ,   ':,
      |   ( ●)(●)   ─アリスは一度も笑わなかった─    / /' / ,   i   ,ハ  Y ヽ.  ',
. \    |     (__人__)                           ,'  i  !/ー- ハ  /!-┼ _,ハ  ',  i
   .\  .|     ` ⌒ノ                           i   !  'r'!ァ-;、レ' ァ'rァ'' Ti !ハノ ,'
   . \ ヽ       }                            !ヘ ,ハ !` ゝ┘    `'ー'イ/ i   〈
      .\_,ゝ     ノ                             )ヘ,ハ、"     _    "ハ〈   ,ハ
      /, r、    く                             / ノ ノ ,i>: 、.,,__,,. イ/ ン' イ ノ
     ./ 〈  \    i                             '〈r'k' ,!>イ'トー‐ァ'i∠、_! /_ン
    . ヽ、 .ヽ   \ i..|                               ン´  ゝ'=ニ=r'"  `ヾ
       .て_)   \ノ                              rくヽ、/__,/:.ナ:.:.:|_  ',  _`ゝ.
             \                             `''ァヘr-/:.:.:ナ:.:.:レ、_,.ヘ,_rヘ,_ン
               \                             '/  `i:.:.:;ハ:.:.:.:.:.::._',    ':,
                                            ./_____ァ'>lコ--‐'"_ハ     ':,

8 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:37:50 ID:dpdEfa6A0
アリスとやらない夫が出会ってから一年経った頃、急にやらない夫が来なくなった

                                     ''"       ミ
                                 /      ‐-     \
                                ‰rfテ幵幵幵ム        ヽ
  ─アリスは別段気にもとめなかった─      /f7i!扛へしヘ厂∧       i
                              ‰ iア    Ⅵ ヽ__',  i
  ─今まで使っていた消しゴムを無くした─   ハ  ! 从.   ハ Х八ハ.  iL   ',
                            / ! { -‐|\   } ィ竓斥i  | .}   ゚。
  ─その程度の感慨しかわかなかった─ /   从   i_ ヾ ト 弋zツ } .iィ' !  ハ
                         ,.′   ./ !.    !弌}!      /  .!i! リ  \ }
                         /    / {.    N ′   〃{ 从/   .}、ヽ
                        {     { 八i   !i {介:..  ‐_./ヾrf|x、}八/
                        ヽ      {! ト|i从ヽi!√i!rf^}}厂r~^℡o。,   _
                              >o。. i!ヽ} / ̄f7.:ノ}^´    /二二ニヽ
                             < i  ヽ ミュ。_‰ r㌘.:/}′   /「::::: ∨  〉
                              〉!  く___,r㌘.::ξ〕  ./iヽ/::::   〉./i
             ───---         <.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,.イ>'/  /厂i!::::: __〈 ─┘
         /: : : : : : : : : : : : : : \       \.:.:.:.:,r-r-‐ニ㌢0: :/孑''"\!.  Y´ .-‐┘
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧      ヾィ∧__才}≒0: :// : : : :/ /\∧  ',
.        /: : : ┬厂ハヽ{⌒ヘ: : : : : :.∧         ̄≠__≒0: : : : : : : /\/   ム   ',
.        /: : <´ ゝ‐-‐ゝ'__ノ >、: : : : : .\.      ζ.:.:ζkzxrx,: : : /        ゚。 \



やらない夫が来なくなって一週間。アリスは誰かと喋りたくなった

       , --、      ./´::ヽ,
      ./:::::::::::\   /:::::::::::::::}
      }:::::;:>''"´ ̄ ̄`"''<::::::{
       {;::'´  /´      `ヽヽr'
      /  ; {  ;'ヽ , ハ  , ハ\         ─いくら語りかけても─
     ;'   ト八  |,斤ァrト,! ./  |::::::ヽ
     '、 ヽ斤tr\| jh_ソノ}イヽ 八__r┘    ─人形はなにも喋らなかった─
      \ハ{ lhリ     "";'|ノr‐-、\
   _    ; ll'"  i⌒ヽ  / ∩!  |  `''ーァ
  {nヽ.,_l、 ト、.,      イ ./{ `ヽ ハ `'<、
  ヽ.    ̄} } `iアT升/レ'{ ゝ二ン }  、ヽ
    `"' ーr'ノ   }_ムく__{::::ヽ.,__,. イ  ,ハノ
         `7' ーヘl」-l_」{:::::::::::}>'"´ ̄}
        レ'`ヽヘ;:'、  '、:::::;:イト<  /__
           {∨ゝir- ‐ 'i {/::、:::`'::、´ヽ `ヽ
         / ;':::::::}|   | |::::::':;::::::::ヽ }   }
        /  r{::::::::{l__,り:::::::::::::::::ノノ; , /
        { , ゝ' 、::;;_::::i::::::::::::__;;;:::イr'//レ'
        ∨\|`'ーr--‐r ''" \_ノヽ、
              :、-‐{     `'ー'
              ヽ-'

9 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:38:13 ID:dpdEfa6A0
やらない夫が来なくなって二週間。アリスは紅茶を淹れた

           /´\
          /:::::::::::::::\         _
           |::::::::::;>─`ー- 、   ,..::'"´:::|
           |::::/       `'く::::::::::::::::|
      /`ヽ. ∨   _/_ /    l  ヽ;::::::::::;'
     / ヽ ソ、 /|  |/|_/|  , /__ i ,ハ::::::/
     ヽ._ソとノ|' ! |7´7l  !/|_ハ /`| |/
       `i__..ノ\|八 lソ    /!`Y  / .!ヽ、        ─人形は紅茶を飲まなかった─
.        \::::::人"      lソ ノ/ | .!::::::〉, --、
       / |'´ |/\ 、    "/|_」 -'「`iU'  |  ─人形はおいしいと言ってくれなかった─
      /  ,.|   ヽ|/`こT7"´|/|:::::::::::_|__|_|_ノ
    ,' / / `ヽ.__/_|ムヘト 、  |ァ'T´
     | レ'   _r/:::::::::o'::::::::;\_ノ  .|
     | />::'"|7`' 、_:::::::::::/   ,   ,'|
    r'´::::::::::/}      `ヽ-!ヽ/|   / |
    i'、:::::::::::|ハ      /|ソ:::::::':,.!/| ,'
    .\\:::::\\__ノ::::::::::::::',  レ'
      ト、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/|
       |、_,.>二二ニヽ.__/ /
       | /      `\--‐r'
      └'           '、__j



やらない夫が来なくなって三週間。アリスは人形を抱いた

                         __
                     |  、ヽ _  ___
                     ゝ,.  -‐'=Y´ ,.  |
                   , ´      `ヾ、  ノ
                  /    ヽ  、    V´
                     /  , l|  !  ト、 i  l ∧
                   ハ  | {「刈  li代スノ !  }      ─人形は冷たかった─
                 | | M{笊\ノリ元ミ| l l !
                 レN ハ tリ   r'_リY l ,ハ
                     || l八  ' __   / ,  j 〉
                  八l }r=ミr`v‐=/ /{ l|`′
                     /,  | { 人.人/ /\ l|
                  // イ| `´/ /マ ′  ヽl|
                   _/人( !l  ,' / | /   } ハ
                入    リ, i i ノイ   ,'  i
               / {:::\ __| | ,    ,    ノ
           ー=彡 /::::::;::::::::::::::::::Y__'_ /l|
         // /:;.ィ ==ヽ::::::::/::::::::::/ !  l|
      ‐=≦-‐ァフ::::::{ハ。イノイハ/:::::::::: イ-‐┐! |lリ
    rr' ´/ ̄/:〉、::マハ、- ^ノイ:::::::::/:;人,.イ| l,八
  __rヤ::/   V ,⊥厶/|_フ::::::::::::∠二. 三}_」l トミ≧=‐
  〉|::::::::|    _{__フ   !:::::::::::::::/ 三二 ニ{::: l |:\ヽァ
  7|::::::::|  / `卞,   人:::::::/  ̄     ハ :l |::::::::::iZ
  Z!::::::::!     ヽフ'´ ̄ ̄             ソイ::::::::::|/
  込、:::::ヽ               |      ノ ヽ::::::::::l\
   込、::::::\_ /           ト  -‐ ´   }:::::::::厂
     マヽ::::::::::\  /        | |        /:::::::厶
      ̄込、::::::::\__    l !     /::::::::::∧
            マヽ:::::::::::::::::\_____/::::::::::/厂
             ̄レ'ママヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::; イ  ̄
                     ̄` ヘフヽフヽヤ´ ̄

10 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:38:35 ID:dpdEfa6A0
アリスは人形を沢山作った。けれど、どれもやらない夫のような笑顔の人形はならなかった

みんな作られた笑いをして、時には泣いていた

         i'´`'ー--、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.___ ゝ/ヘヘニ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:.:.|
        {:.:.:.:.:./´          `ヽ、ー-、:.:.:.:.:.:.i
         ヽ /               ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
         /                  \:.:.:.:.:.:/
.        /  /         /l |        ヽ_/
     // ./ /     / / / .i lヘ    l、     ',、
    /:.:.:| / /    /-/―l' | _|ヽ'ー | l  ヽ  l ヽ
   \:.:.:| //|     / ,rテミ、    ,rテミ、|   l   |:.:.:\
     ヽ_l// l.   | l |: : :r|`    | : : rl |   }  ,!:.:._/
       |/ /ヽ   l/oヒZソ     ヒZ'ソ。  / l /__i'
―‐- ..,__/ /  \/l.{ ////  ,  ///// l  / ./ /l |        
、    / /   / | \     _ _    ,|/ |/   l l   ,.. ---
.\   / /   / /―->,.‐--‐、_  イl. |  l.   l l‐ '´
  〉 ./ /   / /   _,'´、;.;.;.;.;.;.;\ー--|  ヽ  l l
/  / /--‐´l __|_,./´  ヽ--- /`ヽ、l   l ヽl ヽ
.  / /`l   l |、/       |;.;.;.l´    \ __ ト、 l  \
  / / i'l   /;.;.\__,. -┐/;.;.;.l、_ト、    ',/l l \ヽ ハ  /
  l i'  l ヽ、_/;.;.;.;.;.;.;.;`};.;./´ |;.;.;.|;.;|.;.;\,.. '´ l l   > / l|‐'´
  ヽl  l  | /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/;.;.l;.;.;.l.;.;.;.l;.;| l.;.ヽ、;.;.;.;.;丶l /l l l|
      l  l/;.;.;.;.;.;.;.;.;./;.;./;.;.、;.;.;.;.;.;.;| |;.;.;.ヽ;.;.;.;.;.;.;\ / / /|`ヽ、
      |  l;.;.;.;.;.;.;.;/;.;./ヽ_>-- | |;.;.;.;.∨..;.;.;.;.;.;.l // l   `

11 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:38:52 ID:dpdEfa6A0





   ─若くして天才と呼ばれた人形遣いのアリスでも、やらない夫のような笑顔は作れなかった─





12 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:39:06 ID:dpdEfa6A0
やらない夫がいなくなって一週間。やらない夫が事故で意識不明となって入院していると聞いた

アリスはその病院に行った

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ー)(ー)
. |    (__人__)      ─やらない夫は、ベッドの上で機械に繋がれていた─
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        ─その身体は、人形のように動かなかった─
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |






          ─彼はもう、楽しそうにアリスに語りかけてくれない─

           ─彼はもう、おいしそうに紅茶を飲んでくれない─

          ─彼はもう、アリスと一緒に外に出かけてくれない─

             ─彼はもう、暖かい手を繋いでくれない──

13 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:39:30 ID:dpdEfa6A0

                                     
                       _, -- 、__        
                     '"        `ー-、         
                 ., " ,.‐'"´ ̄ ̄ ̄``ヽ、 、ヽ         
                  /  ,/''". ̄ ̄ ̄ ̄`゛ \ .! !   
                 / ./.// // //l l, l ',', , ',l .i       
                 / イ //  イ lll l .l l', l ト,'  }  l            ─その時始めて、アリスは泣いた─
               / /l /l\l/l ll',l' ,l .l '',l', }', i_,.≠i |       
               f /////l l¨ト+-、l ', l -ll+'l¨レ' .l l |         ─やらない夫にすがって、わんわん泣いた─
               { l /lWl '',.l_,.=ミ、l ',l r'l_,=ミ レ/ l |          
                 l l/ll l', ',{/////// レ'  ll   ─アリスが始めて、形以外のモノを好きなった瞬間だった─
                 l l! l ll .ヾ  r'" ̄ ̄`ヽ、 ./ll l ト、         
              __/ll',', l`¨ー、 _   _,.-';"///l/ ヽ ¨    
             /  ./  ll ',', l  と,.-、Tr'"-'"//l//l     、       
              l      ヾ ヾl(二ニl ̄|、 ̄二> l l!    ヽ       
             l             ̄/ヾノ、:\ `¨゙レ'

15 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:40:17 ID:4KdARiCY0

(´;ω;`)ブワッ



14 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:40:12 ID:dpdEfa6A0
それから毎日、アリスはやらない夫の所に通った

                   r------_ , ‐、
              , イ ̄ /:.:.:.:.:.:.:.:.イ   i`ヽ _
             /    /:.:.:.:/  !  ! |     |
            イ      /:.:.:./    i|  i! | ! 、 |
              /       i:.:.:.:i  /_ ⊥- |! |、 | ‘,!
             ,'        {:.:.:.:|- 丁  |  / | | | |  ', |
             {  !   | |:.:.: |  |   | ./ } |||   }ヽ!
             i  ',   | |:.:.:.|  |  /|/ - リ ! |、  i \
           ',   ',    ||/ ヽ| || /ゝ=≠`  `ヽ |      ─話したい事が沢山あった─
           i  }  | | ヽ |/ ! i !      /| /
           }  ノ   ! ',ヽ、|  リ} ヽ  _  , ,.' |/       ─聞いて欲しい事もあった─
          ノ /    }  } !  / }_ ` ´ イ !|/
        / /   / / /  /// ` ‐′/ }          ─聞きたい事もあった─
       //   /--///:.`/ / ヽ ヽ,  //ノ
       //  ̄ ̄   //  `ヽ、:.:}==< .! /     ─沢山お話すれば、彼はきっと微笑んで耳を傾けてくれる─
       /             ヽ|_} ゝi リ__
        i             | |:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     /              | |\:.:.:.:.:`ヽ、 |
    /           /    | |:::l \:.:.:.:.:.:.:ヽ
    ∨ヽ            /     } }:::::} | \:.:.:.:./
    __∨ \         i      //:::::i i /| \:.:.:|
    }  ∨   ̄ ̄ ̄ ̄/、     i /:::::::| レ /  i:.:.\
    ヽ  ――――‐ /   ̄ ̄ ̄ i::::::::ヽ/   |:.:.:/

16 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:40:28 ID:dpdEfa6A0


            ,. : :彡r=v===z 、 > 、
         ,. :_r彳´ .: : ::::: .:::::::`卞 x :\
        ,.: /:::::..r==ニニ≡=ニヽヘ|: : : :.
          / :!彡'´: : : : : : : :  : : `⌒′ : : i
        ′ : : : :     : :   . : : :     |
       i   : :   . .    : :  : :ト、: :    !
        |     ハ : :  : i  ;ハ  :.:厂i: : : : : |     ─紅茶をおいしく淹れられるように勉強をした─
        |      |´Vト、 : :} l ! ィ尓卞: : : : :!
        |      |イ不ミ、ハ/ |/ うrzソ: : : : :|  ─彼が起きたら真っ先に、この紅茶を飲ませてあげよう─
        ; : .  : : .〈 Vr'ソ  l    :::::: ||/: : : ハ
      ,: : :  : : : .ゝ、::::::         リ: : : : :}
      ,′: :  : :  :ミ   - =‐    イ: :   : : ;
       |∧    ト、ヽ >  _    イ∠/レi : /ノ
       l! `\Nヽ `^^厂`ヽ ̄ /´ /、_ノイ
         ,. -──〈 ̄ ヽレ-'一'´ /⌒ ̄ ヽ
         /: .   . : :ヽ、,′_}_/.  , :   :.     __
          / : : .    : : : / :::: |: : : : :  イ に二二二⊇、( }
          ,   Y      / ::::::::| : :     l |    .:::::::::::i、>'^ヽ
       ′   リ     / ::: ::|:     l | :::::::::::::::::::::| しr´⌒i
      /   〈     / ..:::::::::ト、     l | :::::::::::::::::::::|ノ ,仁  }
   r‐.に二二⊇:.} : . ./ ⌒工⌒ .:ヽ      | :::::::::::::::::::::|ノヽ.__,ノ
 r ┴┤   ::::::::|:: : :/::::: : : :丁: .  ::ヽ : /:r.:l   ::::::::::::::::|  /
 { .二|    ::::::::|:: : :ヽ.::. : :⊥: : .   : :∨./,`丁  ̄ ̄ ´/
 {  ..斗  .:::::::::|ヽ:.  :|::. : 丁: : : . . : :::i// r'´    /
 ヽ . ノl_..:::::::::人ヽ\.|::::.:r=‐-、: : ::::::::::|ノ ノ     /
   `ー-  ニ _{  \{⌒′   ⌒ー一ヘ {   /
         /⌒ヽ=ゝ=ニ二ニ==ニ=行、`ー ´
        /::.          . . : ::::::::::::::::::::\

17 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:40:55 ID:dpdEfa6A0



              ____
          , --――― _:.:.`ヽ
       ,イ´          ヽ:.:.:.:.ヽ
        ,イ             ヽ:.:.:.:.ヽ、
.     ,′              ヽ:.:.:} `i
      {                   ',:.:i  |
      i   ,   !    !     |  i | ',  |
     }  i   i    |   / |  l/ ‘, |    ─行きたいところも、遊びたいところも、沢山あった─
     i  l   /     /   /  | | i|   ! |
     }  ',   i    /    i    | | | |  | ',|           ─動物園、水族館、遊園地─
     ノ  }  i     /   !    /! ! !}! | |
    { /  / l    /    |   / | i| ', |/  ─服を買うのにも付き合って貰おう。彼が選んだ服なら、どんな形でも好きになれる─
    ', i  /  !   ,'   | /!  ,'.|/ / } }/
     、{ i\ | 、  i   /l/ ∨ iュ/  |/       ─下着を買うのにも付き合わせて、彼を困らせてやろう─
      ', !  ヽ|ノ‘,|! /::/:::::::∨|_/ヽ、 /
       ヾ、  / ^ヽ∧{_:二二ヾ、―ヽ               ─私を待たせている罰だ─
        /    ^ヽ~        ヽ
       / /               i
    , イ´ /        !        ',
   |  \/         |         ヽ

18 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:41:23 ID:dpdEfa6A0

それでもやらない夫は、一向に目が覚める気配がなかった

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ー)(ー)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

19 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:41:55 ID:dpdEfa6A0






春がきて、夏がきて、秋がきて、冬が来て、そして、また春が来た頃



疲れてやらない夫のベッドの傍でうたた寝をしていたアリスの頭に、手が乗せられた













   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒      ─彼はやせ細った顔で、いつものようにアリスに微笑みかけた─
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

20 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:42:16 ID:dpdEfa6A0

.     }/  l    ヽ  北、       ´  ∠ィ//rノ'
      |ハ  ll  l  ` |从              /  { {
     |ハ  ハ  }{    ',`=‐   ⊂⊃  ,. ィ::: | ゝ、
.      ヽハ   〉lノ / l ヘ ':ヽ> _ _ イ:::从.ヾl }  }
.      / ィ/´{ /| ハ  V .)(.ヘ :::´ハ:::::::llリ)::.}リl ノ     ─アリスは嬉しくて嬉しくて─
       ヽ∧{ }/ハ/ソハ ,ィl /   l::/ //::'r' {-‐' /'
       ` .>='`><|/`=‐-ハ=‐ヘ‐ゝ'ゝ レ      ─どんな表情をしていいかわからなくて─
         /.       `゙゙‐--rL____|| '`ヽ、
     /                 | ',ヽ ',    .ヽ
.   /               | ,  .,_. -'ヽ ヽ
.  /                 レ::'::´ハi.i.i.i.i.i.ヘ .`‐- 、
∠'¨_, ,=.,_            _,..≦i.i.i.∨::::∧i.i.i.i.i.i.ヘ ./- ヽ
 ''´|ii/_., イl‐ 、       .ノ、i.i.i.i.i.i.i∨:::::∧ -_-‐‐<_-_l_l `
   '´ l /i /| \    ヘヾヘi.i.i.i.i.i.i.i∨/¨´   ニヽ,ヽ

21 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:42:36 ID:dpdEfa6A0

そしてアリスは



              ,. '´                    `' 、
            ,. '゙       _,,..... -- ......,,_    、    \
.             , '      ,...::'"::::::::::::::::::::::::::::::::`:'::...、ヽ      ヽ
             /     ,..:'゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`':,   ',  '.,
         /     /::::::::::::::_;:::; -‐┬  ―‐-- ::::;_::::::',   ',.  ',
.           ,'     ,'::::::;:: ''´  ,'   i.  ',.   ', ヽ `゙' i.   ,   '.
           ,     ,';: ' / ,'  ,!   l.   l'、   ,、 ',  l.   !   l
        ,     i'  ,' .,i  ,'.! i. ',.   i!.!'、   iヽ. ',、 .!   ! l.  l   
          l. ,.   /  .,'l ,'.!  , '.. l.  ',.  !l.! ,ヽ--l',、',_!ヽ l.   ! l.  l
.        l.,' ,! //  ,' l ,' _i. -!‐‐',.l、  '、 .!.l!´  ',. l !l. l!`゙!i 、  .! .',  !
.        !' ,' .,' .!  !l,ィ!´ .',. l  ヾ、、 ヽl. !.   l/ l! /  l!   .!. ', !
        / .,' l. !l  l!l. l   ヾ、   ヽ、lヽ、ィニ==ミx !   ,'!,  '、.i       おはよう、やらない夫
        ,' ,i.  ',l,!'、 !.',.',ィニ==ミx.   `           /   ,' i  ヾ、
      ,.'l i.l.  'l、.!、  .i..'、                //  ,'   !   lヾ.、
     ,.'イ ', ! l、 .! l. ヽ、',.ヾ、         ,         //   ,.   i   l', ヽ.ヽ、
    / l. /y iヽ. l .!   ヽ ヽ       ____    .i i   ,.   ノ!  .,!.i  !ヽ ヽ
  ´   .i l. ! .!.i、ヽ. i i   !.  ヽ、   ∨   ノ   ,ィ.li   .i  .//l. ,' ! .!. ',. i
        '、.!.l. l. ',ヽ、 l!ヽ .l.ヽ   >- ,. `¨¨´ ,.. イ l!lヽ  .l  // ,'.!/  l  !  .! l
       ヽヾ、ヽ ヽ l、.ヽ ! ',  i. 从. !. ` ¨¨ ´  .l .! Уヽ.l , '/ ,.', '  / , '  /.ノ
                 iノ ヽ!ヽ l i.l,.rv'ヾ. !         ヾ,ヽ.、l.! .,.' ./´  ./ ´ /
              r.-r ....,,,.. -‐''゙:::ヽ i'_ '       /ゞ/:::`'::.....,_,.. 、 ´    ´
         ,. -―ヽrヾ::::::::::::::::::::::::::ヾ ゝ     γゞ/::::::::::::::::::::;! r'ー ..,_
.        ,'    `ヽヾ:::::::::::::::::::::::::::ヽ.y'ヽ、_,...r!、,..':::::::::::::::::::::;:' r'     `ヽ
.         l      ゞi'.ヾ::::::::::::::::::::::/´  ∨::;!r:':::::::::::::::::::;: 'r、ノ        !
.        l       、`ゝ `' 、:::::::; ' -‐ '' ´ _`! コ::::::::::::;: '゙,、ノ         l
.       l       ヽ ゝ!ヽ `゙∧  -‐'' ´ `l、:::;:: '゙r、ノ ./         l
         l        ヾ!  `゙' .∧   -‐ ''"ヾ'´r、ノ  l , '           l
        l         ヽ    ∧    -、.ノく´   .ノ′        i

22 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:42:56 ID:dpdEfa6A0






               ─始めて、笑いました─




                                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                    d⌒) ./| _ノ  __ノ

23 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:43:51 ID:dpdEfa6A0

これで終わり。ヒロイン板の東方スレで人形遣いなアリスが見かけないって言うから作ってみたらこうなった
ご都合な最後だけど、ハッピーエンドしか作れないから仕方ない



24 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:44:48 ID:4KdARiCY0

幸福な終わりで何が悪い アリス可愛い乙



25 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:45:42 ID:QDG58zPM0





26 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:46:25 ID:QnBda2.60

乙!

ハッピーエンドでほんと良かった…!



27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:46:32 ID:HNNfJ.Ks0

うおっつ!



28 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:47:34 ID:w7dFNoiw0

癒されるぜ・・・
乙でした



29 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:57:45 ID:zRaPazqs0

乙です
まさに秀作



31 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/19(土) 00:03:07 ID:cyOpNLH20

>>13
アリスが始めて、形以外

「人」は要らない?
乙津



1000 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/18(金) 23:40:49 ID:4KdARiCY0

1000なら次スレも良作ザクザク



関連記事
| 15:00 |コメント(6)
カテゴリータグ:偏執病<パラノイア>の少女 オムニバス短編集

|

<< 私は籠の中の鳥 | HOME | やるやら三分クッキング >>

■御感想or寝言

24574 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/05/20(日) 12:50:53 ID:-

>>31
「カタチ以外」で合ってると思う。
命や心に関心を持てないだけで、形を愛する心は人一倍に持ってたから。
>>993あたりを参照のこと。


24587 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/05/21(月) 20:54:26 ID:-

いい話だ。ハッピーエンド大好き


54093 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2016/09/20(火) 23:19:32 ID:-

ナイスハッピーエンド


54107 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2016/10/22(土) 20:28:24 ID:-

やっぱりご都合でも何でも後味が良いのが一番だな


54305 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2017/06/20(火) 19:26:57 ID:-

1番アリスがアリスしてて人形遣いらしい話だな…
御伽話のようで暖かい素敵な短編だった


54356 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2017/09/26(火) 02:25:47 ID:-

最後の最後に満面の笑顔になれたのは分かっていても泣けるわ
お幸せに


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ