やる夫短編集 FC2阿修羅編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション デス恋愛短編勝負 電流金網デスマッチ 真紅速報企画 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2012/05/21(月) メイドパラノイア


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.54 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所108                    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その20              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド13                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/l50
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/l50
【やる夫2nd板】ゴールデンウィーク短編祭 その1
【やる夫2nd板】ゴールデンウィーク短編祭 その2
翠星石速報 5月4日(みどりの日)翠祭り



395 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:09:37 ID:T.Ya/l1E0 [1/31]

咲夜さんとのラブラブちゅっちゅな短編作ったので投下します



396 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:10:16 ID:T.Ya/l1E0 [2/31]
             / ̄二ニ=ゝ
            l`: : : : : : , イ/l             ______/二二二二二二二二二二二二二7───────ァ
           〈 /lヽ: : : : : : : ノ           _-=ニ        /´       / -─────────────/───
            i/0ゝ、丶、二=-     _γ⌒.Y    4 0_ニ=-/ 丶、 ̄ ̄ ̄---ァ                     ,, - ''"
     _       ヽ-ノ l、 ̄     / ', .ム、__ノノ`ヽ   / ム  ム マ  `丶、  /  ̄ ''''''  ─ _____,, - ''"
     マニ≧x  _,r≦彡≧┐............r>,r○.l l /弋__ノー<ム  .ム  ム ゛マ__`丶            ̄ ̄ '''''' ─-
     マ三三}`i    `ヽシ__l:::::::::::::::l 7 / l/i  /l  l  l、 ム\ ム‐-ニム.   丶、   `丶、  、          -‐'''"
       /ノ`r、ノ-彡、__人/,,,,;;;;;;;;;;// /ヽノ i /、'i  i l \l  \l   \    丶、     `丶、` 丶-‐'''"
       //:::/  \/  __l-、''''' _ノ /  l  /.i/ / (ニ) 、  ム   ム   .\    丶、       `丶、
      //::/    ヽ/ニl ノニ(0)/    l /   /  ゝ  }   ム   ム     \.     丶、ニ--‐‐'' ̄
     /弋ニ}    γ弋__ツ       l/∨ ./   l \ i、  ム    ム     \__   丶、
     l / }    //<∧∨∧>        ∨\  l\ ヽヽ\ ム丶、  ム‐-=ニ二 \   ̄ ̄ ̄
     l  /    // / l::::::l:::::i:::::i,ヽ          \l  \lニヽ. \l.  `丶ム     ̄
.    i /    // /::::l::::::i::::::i::::::l::ム             , イ_l
     / l   .// /::::::l:::::::i::::::i::::::l:::::ム            l厂'i.ii.}
    {.二}   l/ /:::::::::l::::::::i::::::i::::::l::::::ム             /リリ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    『メイドパラノイア』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           / l /ヽ/  リ l
            { l l ./i  / /
.           i  i[ニニニ]
           [ニニ]ニニ]
            [ニニ]ニニ]
                [ニニ]ニニ]
            [ニニ]ニ]
               [ニニ] l
.                [ニニ] ヽ
             (二) イミ}
           _/ ._丿ゞ"
          ,r≦  /
           ̄ ̄

397 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:10:36 ID:T.Ya/l1E0 [3/31]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                    少女は愛を欲していた



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

398 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:11:10 ID:T.Ya/l1E0 [4/31]

少女の両親はいつも喧嘩ばかりしていた

           , _ - ― - ― - 、_
          , '**********ヽ      ─少女はその度に自分の部屋に行き─
        ,/************ゝ、
      ,ゝ'´、*************` ゝ─罵声が聞こえないように布団にくるまった─
  ,-´    `丶_************_ノ ミゝ、
  `-k 、     `ー--―― - - ― - ― ´  ̄        ;
      `丶_                       _,,ニ = ´
          `ー─ ──- - - --- ' ¨ ´  ̄


少女にとっての唯一の安らぎは、大好きな少女漫画だった
                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄

399 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:11:45 ID:T.Ya/l1E0 [5/31]

漫画の中の恋愛模様は、両親に愛されない少女にとっての理想であり夢であった

                          |: : : : : : : : :|      `ヾ{: : {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|:.|
                          |: : : : : : : : :|rt=f==z、,,\:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }:.|
                          |:|!: : : : : : : | `ゝ弋:__:ノヾ \\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./:.:|
                          |:||: : : : : : :人  ` ̄ ̄´    \: : : : : : : : : : : : : : : :∧:.:|
                          |八: : : : : : : 、\           \ト、: : : : : : : : : :.:./ }: |
                            \: : : : : { ̄`         i      ヽ: : :/.: : : : :/ /∧l
                             \: : : :\         j         }: :/:} : : :∠ノ/  !
                               ヽ小ー ゝ       ヾ       レ' :/:.:/__/:l
                                }: :ヘ       、_____      // /: : :ト、:\
                               /: ;イ.:ヽ.       'ヱ二二 >      イ: :∧| ` 一
                   ____        //|:、 :\               / /:ト、{
                 , :´: : : : : :`ヽ         !:ハ: :|ヽ.            /   |: | `
                r‐'v‐=v=v=-vヘ         , < |   丶    .  ´    |`> .
               〈>'"´  ̄ `: .<〉      _/    |     `¨´       |      > 、
             ,. :´        : : .:ヽ   r' ´       |             /   |      八
            /            . : : : :.
           / 〈'  /         : .、. :ハ
          , '   . :∧    : : ::,ハ  . : }ノハ
         /   . ::'  ',    : ::|.::i  . : . : ノハ
       /     . : : i  ', ヽ  . ::|.::i  . :}   . : :.
      / イ   . : :-|‐- 、Vハ  : :|从 . :/ i  . :∧
        | .:  . :i从|      ⌒ヽ「jハ∧ノ  . : : ::.
        |.::∧ . ::|  ,==ミ     ,==ミ |  .:/. : ト、:.
        |:/ ∧.:::|、               | .::/i . : | ヽ
        |′  ヽト.       '         | .::/イ . :ノ
           / .:∧    、 _    ノ|イ.:::|/
          / .::::介i:、         .イ::: : | :::|
          // .::::/.:::;| > . _ . </ .:|:.: : :| :::|
         // /:://{ノ      〈ヘく: : : | :::|
        // ..'イ´  |        ヽ|  ヽノ 从
    __ .. -≠"  |   |   ヽ   ノ    |   |` ー-  .. ___
   /       |   |` ー 、  , 一' |   |        ハ
.  /  i      /  |        |   ',         /  |






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             少女は、このお話の中のような愛を望むようになった



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

400 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:12:20 ID:T.Ya/l1E0 [6/31]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              少女が小学校半ばの頃、両親が離婚した



        少女は母親に引き取られ、別の小学校に転校する事になった



         しかし少女は転校した先で、片親という事で虐められていた



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



だが、そんな少女に手を差し伸べる少年がいた

          ___
        /      \
     ,---、  \    /\―、
     .l   l  (●)  (●) \ |    お前等やめるお!
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /    そんな事で虐めるなんて最低だお!
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /
       /          |
      /          |

401 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:12:37 ID:T.Ya/l1E0 [7/31]

正義感の強い少年は、クラスで浮いていた少女の友達となった

少年と少女は、沢山遊んだ

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /        ─そして少女は決めた─
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |   ─私はきっとこの人を一生愛する事ができる─
  \     ` ー'´     /
  /          \       ─この人ならきっと自分を愛してくれる─
 /             \
/  /\           ヽ   ─大きくなったら、この人の傍にいよう。と─
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            中学校に入る時、少年と少女は離ればなれになった



            だが、少女は自立したらすぐに会いに行くつもりだった



               彼と一生一緒にいられるように、修行した



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

402 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:12:53 ID:T.Ya/l1E0 [8/31]

                         __
                    _r-‐┘ ヽ___, - 、
                   j´__r-‐- 、,   ヽ } ̄` ,
                 ノ/,. '´ / ´ヽ , -‐-`ー 、\
                  Y/   / !   ヽ一 、   {  ,
               ,イ/  /  // ハ ト、ヽ   }   7  !
              / Ⅳ  { `メ、!/ l|! ヽ ヽ  ヽ -‐}  |
                /!/´|/ / l | /1l  l! ヽ≠=- .,_!  て l
                 / l! Ⅳイ!,:iレ1マミ、  !  ヽ\ ヽヽノ  ,ハ
              | ,l/ /ヽ1! l fリ  | ィf〒テァ、V1}! / !     ─少女の志した道は『メイド』だった─
                   ! ,イ!/∧jヘl `¨    '、ヒェン メ、戈) {1 ' 、
              / ,|{  }!´j!ヽ、` 、_,    //1_ィヘ! !jハ 〉
              {  / V1メ、!} />,- -‐ イ!/7zj !ハ! lノ レ'
                  ヽ ヽ/1三}`ー- <_j ̄ ̄{ j::::::!1ン1 /  !
                   ,イ  i!} r/:::::::::::::ィzZ/::::::ヽ l/
                  j!1 / ヽj!::::::ヾz // !::::::::::}z ヽ 一 、
                !:レ' ノン:::::/ ハ ! {  j:::::/!   rz =- 、
                 ノ:::::ヽ/::::::::::{ {:::::l ヾ ノ::/ j !   {::::ヾ, て、
               ヽ:::::::::i!::::::::::::l_|:::::|  〉::::! { r-‐'´:::::::::! l ゝ、
                ヽ::::::!:::::::::::::::::::: l/:::::::| !^j:::::::::::::::::::ヽ´ て
                 ヽ:::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::j |! ゝ::::::::::::::::::ヽ {
                    !::::} ヽ_____,ノ1 リ ノ::::::::::::::::::::::::>'´
                     |:::::ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄  j1/:::::::::::::::::::::/
                      j::::::::{_ ̄ ゞ、   /ヘ`ー 、::::::::::::::!
                     /:::::_ノ  ̄  一-    ヒ,、  ,:::::::::::::l
                 /:::::/ ゞ、    彡  _,.イ \ l:::::::::::::!
                 「 7:::::/ヘ  ≠== -='´  |,ヾ、.|::::::::::::ト   .,_
               | /::::/  }     、     ,ノ  !ヾ!:::::::::::|   /
              /1/   !       ,. '´   l .|:::::::::::{ /
             ∠/    i!     /         , |:::::::::::;マz 、
      _   - ´ /         |        、 ,   、l:::::::::::::::ヽ  >/1
,. -  ´ , -一 . /      /   !           ヾ     |::::::::::::::::::ヽ / |
    ,  r‐z '´       ./   i|                  >f::::::::::::::/   ト、
   / , -{_/        ./      ヽ              ヽ`ー‐'´    / ゝ、
  ./ -‐/::ヽ、      /          ヽ           \    ,イ  /::::::>
 /ヽ/:::::::::::::::,     /1         、ヽ            }___ノ  !_/::::::::::/
./  l⌒ヽ、:::::::::ヽ    ./ /         ミ               l       }:::::::::/
   ヽ_/ \::::::::ヽz=/ /         ミ               ヽ i ! lリ::イ´
        .\::::::ヽ__}ト{!         ::ミ  r -  -一 -/^`゙'ー-jノ1 〉 j!´ ヽ、
            \:::::::::::: ̄`'   .,_ z==- z= 、      /::::::::::::::::::::ノ、| /     \
           `ー-   、:::::::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::ー-‐-- ':::_ -‐r一'´ヽ lノ   !   |
                 ̄1` 一  .,_:::::::::::::::::::::,. '´     |    }     {    l
                      |       `'r‐-r '゙´        |   /    |!、   |

403 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:13:07 ID:T.Ya/l1E0 [9/31]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             主に一方的に従い、盲目的に信望し、愛を注ぐ



              主は従者を信頼し、傍らに置き、寵愛する



       それが愛を知らない少女の、漫画でしか愛を知らない少女の愛だった



         愛を盲信する偏執病<パラノイア>の少女の、歪んだ愛の形だった



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販電子レンジ・オーブン・トースター通販カラコン 口コミ



404 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:13:27 ID:T.Ya/l1E0 [10/31]

中学を出、高校を出、専門学校を出

少女はメイドとして完璧となり、少年の暮らすアパートへと会いに行った

少年の傍らでメイドとして働き、寵愛を受けようとした

               ____
             /      \
           / ─    ─ \      ─だが、そこにいたのは死んだ魚のような目をした─
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |            ─かつての少年だった─
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



よくある挫折、失敗、人間関係……少年は人との関わりを断ち、親の臑をかじって独り暮らしするニートとなっていた

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |   ___________
   \      ` ⌒´  ,/   .| |             |
   ノ           \   .| |             |
. /´                   | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_

405 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:14:01 ID:T.Ya/l1E0 [11/31]

それでも少女は構わなかった。むしろ少年を自分が助けれる事に狂喜した

少女は少年の家に一緒に住み、あらゆる家事をこなした

                              ___
                           r'´トーイ⌒ト-'`>: : : : ` : .
                     __/|∧ >=┴ ┴-/_>: : : : : : : :\
                     Y \>'"ヘ: ̄: `:`ヾi: : : : : : : : : :∨
                        ヒ>'´: : : : ∧: : : : : : | : : i: : : : : : : :∨    ─料理をし、洗濯をし、買い物をし─
                   |/ : : : : i:|: :∧: : i : : |: : ∧: : : : : : : :∨
                    /: : : i: : :|:|: :l ∧: l: i: :| : : :∧: : : : :\: ∨    ─少女は全てを少年に捧げた─
                    ∠ イ:i: :.:l: : :|:|: :|,xrf 7!:.:l: : : : : \\ : : \\
                 ,.ィ  jイ: : :|:i: :|ハ/ Vソ イ 川: : : : : :i: :.\\: : :ヾ:.ヽ
            ,..-─/, i  イi : 从:.从{    /jイ:!: i: : : ∧: : : }ヽ:ヾ: :ト、:.}
          / ̄二二///   |ハ/: : i: :〈       /イ: |: : /: :ト、:ソ: 从ハ:ノ ソ
            //,.ニヽ_`フ    |:i: i |: ∧ _,.   ハj: ∧`:rミ、_lイ
        /  / .////      jハハ:レ': ,.ィ>、゜  .〈:Y:_/に二j   `>
.        {  _jイ_.///      >'´:_:/イ:ハ:  ̄:rハ:_/`ナ_∠_/`<ハ
        /厂  } ヽ::::::ヽ ∧rf´:/イ  _〃>={/: Y.イ      `Y二_}
.       〈 0 ,. イ∨::/´7´:Yjrー'´    >三ニにfjこ7´       i| {_
       ヽヘ.   \ 〈:i ('ー'  >:':;´:':´:::/:/:/i/          iト ゝ' !
            ∧.   \  r :':´::::::/:.:.:.:.:.〈〈ハ{八{          Ⅴ、__ノ
          ∧    \|:.:.:.:.:.::,':.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::r'〉-<         ノム
              ∧       !::.:.:.:.::i:::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::,.く     ` 、 _,. イ__.ノ   / `ヽ
                \   .∧::::.:.∧::::.:.:.::::::::/   `丶、  ,.ィ V´       i    ∨
                \___}:::.:.:.:.:.> ' "´     /::Yムー'´       /   }  }
                 _r‐┴r ´         /イrf>─‐┐    \ /  ノ
                / {   {______ / `Y´      〉   rv‐<,.ィ´
                /   rYo `j       ____j__∧ __j_/{>'__フ ./!ノ
             /   /└r'´ -‐  ¨ ̄ /// ./ _〉'"´/∨:::::::::`V ゝ、
.            / i  /l  ∧       /  __rfてノ::__/〈ーイ: : :ヾ、::::::Ⅴ丿



       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\     ─少年は最初は少女の事を便利なヤツとしか思っていなかった─
    /    (ー)  (ー) \
    |       (__人__)   |          ─この数年で完全に心を閉ざしてしまった─
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)

406 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:14:24 ID:T.Ya/l1E0 [12/31]
              __   _,. -──-
             __>、 {廴ノ ̄\  _    `丶
          r'⌒\ \,.. --ミ ⌒} } 〉    \\__
          く\   /      \ノ /〈_      ー─''⌒
.          >─ ´          ` <_ノ        ',
             ′       \     ⌒__     i
.            |│  :/ \__  ー=ニ__ /      |i     ─それでも彼女は少年を愛し続けた─
.          ノ│  :l  ´| \ト---┬┬=彡       八
.          /|│ 八  :|  ,ィ笊テ││り     |   :|     ─メイドはどんな主人をも愛する存在─
          八{ヽ(\{\|   Vツ /∨`\  ,} l{ ハ|
.              ノ )   ' ' '厶イ }  ノ/\八{   ─それに彼女の読んだ漫画では、最初はつんけどんでも─
              / / `丶 。  {ノ / r‐┐_
              {/ / / _>-イ{_く_,/ノ⌒´\(          ─最後は結ばれるのだから─
                {/{/ /}こ{_}く/ }    〈^}
                 ノ{/{_>{}<_}_丿     ∨
                {>{}<}::/::/ ∨ }      \
                {ノ:::::|::::::{i  }_ノ         〉
                 /:::/::::|__/::\( く(__,.  -┬‐ ′
.               {::::{::::::::::::::::::::::::\_l |O   |
.            _   \\:::::::::::::::::::::::/|__|__|          



          , -┬、   ___  _
        , ゝ  ! `{‐-'  メ、_`ァ\
     , --ゝヽ   レ ヽ    /_//〈
   / r´ヽ/      ̄ ̄ ̄  ` く、
  / /ヾ、/      !    !  !   `ヾ
. / ゝ、--イ,'      | , -+--、     ト、
  ト二´`ヽ|l  l|   |   ハ  |!    / ハ       ─少女漫画のような彼女の台本の中では─
.  ハ l_`丶l|  ぃ   ハ ,仟示ミハ ,-x'  、 l
 /  └,`丶〉  ヾ、  T'"ヾ マリ  ヽム}  } |     ─いつかは少年も彼女を愛してくれると信じていた─
l ',   ゝ ‐ハ    \ { 丶  ¨   リ ハ , ハノ
ヘ ヽ }  │ \  l、ヽ\"""    ` ',レ|ノ '
 ‘,', l ハ ヽ、_| \{ \!ヽ      ´l
  _z.'-.、! l  / { \ノ  リ    ,-ァ /
./    \ /| /`r-  ノ、.     ∧
  ,..-─-、 ヽレ´//     !`>-__/ |
::´::::::::::::::::`:/``l{  ヽノ / /{´___ノ
::::::::::::::::::// \ 〉`   ノハ ,'、    , ヽ___
:::::::::::::::::ヽ/ 、. ! l  、   ノ、、}_、  /---\:::}
::::::::::::::::::::t___ `_ヽ__`_"_/z-、!  , -‐/:::|
::::::::::::::::::::::`ゝ-{: : : : : {: : }: : : : : }ヽ!  ̄/:::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽァ- '´7´ハ‐一´_ノ....、 ゝ::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::/ /´:i  `ヽ:、:ヾ||::::::::::\)、{
::::::::::::::::::::::::::::::::`´f:::;::::l   |:::`、ー、‐::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::ヽ、ノ:::::::::::::ハ:::::::::::::::::ヽ

407 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:14:58 ID:T.Ya/l1E0 [13/31]

そして半月が経ち、一年が経つ頃には、少年はかつての笑顔を取り戻し、少女とも軽快に話すようになった

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



          λ,.-yー 、,. -r
.       γ‐イ "  i   L :l ,ヘ.
     /`Y ,ゝ-‐ ''' ゙゙'''‐ 、トi  ゝ、.,
     ヘγ7     /   入 ,  `、レ /
      /     / , ,/ ヽ  !  l !
     ,'   . ___イ.,/./, -‐‐ヽ.! -,_ハ          ─自分の愛が通じた─
     !   ト´./ '//  _,rzxト|/,|ノ   i
     /  / ,ィ卞ォ   孑_,l7. !) i ハ       ─もう私を愛してくれるだろう─
      |   '´y〉ヾニソ  ,   `¨/〈Y〉 ',  i
      |! ハ,.〈Y〉' 、  -- ‐ / 〈Y〉 ハ ,イ    ─少女は嬉しくて嬉しくてたまらなかった─
 .    乂人〈Y〉,iヾ t _ , イ/〈Y〉 /ル′
       ,_[X]_人    ト- [X]ヘL_
      ,'   サ冫:|| ,ゝ{エ}弋::::」 サ  |
      ', 、  f::::|`'/,. | | λ.:ヽ/Redl
      ノ   ヽl_::::| /,2:_l L _ ゝ.::k. Maノ
    `'l⌒ゝ/:::゙゙::'''.:.:--..- .:'''::゙゙ヘ⌒'|

408 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:15:12 ID:T.Ya/l1E0 [14/31]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   少年は相変わらず人が苦手で働いていなかったが、少女は気にしていなかった



  メイドは主人に傅き主人の為に働く存在、家事の傍ら自分が生活費を稼げばいい



        そして少年と少女は愛し、結ばれ、家庭を持ち、幸せに暮らす



              それが少女の台本であり、夢だった



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

409 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:15:27 ID:T.Ya/l1E0 [15/31]

そして少女が家にやってきて丁度一年。この記念日に少女はケーキを買った

     /⌒ヽ_            /⌒ヽ_              /⌒ヽ_
    /⌒/--->、        /⌒/_ (_>__、       /⌒/:::::::::> 、
  /⌒/、 \-/ //-> 、   /⌒/( _ )  ( _ )> 、  /⌒/::::::::::::::::::::::::;> 、
  |⌒i'⌒)\三ll三rヽ^)三|  |⌒i――――――――|  |⌒i:':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':|
  |||||l^ヽ(⌒)(⌒ヽノ⌒)、).  |  l (⌒). (⌒). (⌒) |  |  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ─二人でこの日を祝おうと─
  |三三三三三三三三三|  l    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   l   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                          ,.,、
                          ,.,、             /⌒V;';';ヽ
     /⌒ヽ_              /⌒V;';';ヽ         /⌒, ' (;';';';';)、
    /⌒/  > 、       /⌒/(;';';';';)/ヲ    /⌒, '  (((())))>  、
  /⌒/       > 、  /⌒/:::(((())))´:::::....   |⌒.'ニニニニニニニニニニニニニi
  |⌒i――――――――|  |⌒i================|.   |  l_________|
  |  l________|  |  l________|.   l   _(;;;;;;;;;ヽ_(;;;;;;;;;;;ヽ|
  l__________|  l__________|  |_l_________|



そして家に帰った少女が見たモノは

                    _┌-t´7ソ7ゝ、
                  z-tXニf--´>- 、フ八
                 ゞィ /  ` ̄ ´    \>-<ヽ
                 }> ´           ムf- }_ヽ
             __ イ /    i   i i  i    ハ=〈 ハ
                ̄ 7 / i|∧ /i A i  i   ハrソ ヽ __    ただいま帰りました、ご主人様。
                 i  i i iィム∨ リrチム  i  リ}-〈 i-ー ´
                 i ィリレハラテ   弋ソ  /ソ从.fツii       すぐにお茶を淹れますね
                 i/i i ハ ゞ ,   /イ /i/リ / 从|
                  リ ハ ハ   。  //〈Y〉レ-、
    ∈ 三 ∋         レi〈Y〉 ≧  -ィ/ソ`〈Y〉 ハ
   r=ト==red=イi         〈Y〉リィ--t  /_ 〈Y〉   ハ
   {{ .i     |         〈Y〉´} ヽ=≠´ }〈Y〉     〉
  >人________人ー 、      〈Y〉 /ソ-〈 __ソ::〈Y〉-- 、/
 ゝニニニニ二ニニニ丿     }>=<{ん|::/ |:::::::::}>=<{--v〈{
    ヽ --ー- 、 ヽ       |ノゝイ:::{rz|::::::::::::|ノ /:::::::|
           ヽ  \  /  /λ:::::::::::::::::/  /::::::::i

410 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:15:42 ID:T.Ya/l1E0 [16/31]

部屋で首を吊った、少年の死体だった

                            トイ
                            トイ
                            トイ
                            トイ
                            トイ
                            トイ
                            トイ
                            トイ
                            トイ
                            トイ
                           i三i
                          〃   ヾ、
                         〃      ヾ、
                       〃         ヾ、
                     〃             ヾ、
                    〃              ヾ、
                      ||                   ||
                      ||                   ||
                    ヾ,               //
                     ヾ,                //
                       `ー=======一'



買い荷が少女の手からこぼれ落ちた

少年の健康の為に買った牛乳が潰れた。少年が好きだと言ってくれたみそ汁に使う豆腐が潰れた

         ,.,、
     /⌒V;';';ヽ
    /⌒/(;';';';';)/ヲ
  /⌒/:::(((())))´:::::....     ─二人で祝うはずだったケーキも潰れた─
  |⌒i================|
  |  l________|
  l__________|

411 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:15:58 ID:T.Ya/l1E0 [17/31]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



少女は愕然とし、その場から逃げ出した



死体も放置して、近くに置いてあった遺書のようなモノも無視して、その場からとにかく離れた



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

412 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:16:09 ID:T.Ya/l1E0 [18/31]

誰もいない夜の公園で、少女は膝を抱えて泣き出した

               _rz、
               ,7( ^)'¨¨`ヽ、
              /  ゝス    ヽ
             _ィ   ,`ーツ  i ヽ ',
            ``-イ | i_⊥ト、i ト、 i i ト、     こんなの、台本通りじゃない……
              { i i リzャ| γ)`ート, ト、
              レト,,ス__/⌒`´`ー) }:ヾi: ヽ、
              ,t=-´f,i     rノノ: : : : : ',
             (__,,V、  _,ィ-'´: : : : : : :'、
               /   こ=';-ミ、_;;": : : : : :ヽ
             /  /7/:_)./ヾi : : : : :;;": :'、
           .ry<   /_ノ/: : }_./  ;`ーミx、;;_: : ::`>_
          ,ノ ; 'ヾュ/ >{: : : (' {   !;; ヽ _yz三}、   `ー、
       __,,.r' 、  '_,r '   ん }: : :L_i   " ノ_j`´:Y `ー、 /
   ,,..--'´i_る、_y__,r'     < i: : : : i_ュ=-ェ-シ : : : :i,   `<,,..、_
  {;; ;; ;; ;; ;; i ;; ;;}       ≦ >: : : : :;´ー':´;; :" :: :: :{ヽ  ` ,r-、j
  `ー――'`ー'       `'ー――――"-"―――' `ー'⌒

413 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:16:21 ID:T.Ya/l1E0 [19/31]

少年は少女を置いて死んだ。少女の愛も、悲しみも、全て無視して死んだ

少女の事を愛していなかった

                        _  r‐‐……ュr‐:. __
                     __/ Y \⌒ヽノ { ̄\ >、_
                     \ ヽ. { ̄`¨´ ̄⌒ヽ:: . \( \
                       r‐くヽ/|:.   : : .  ヾ: : .  `ヽ ゝ
                    /` /: :∧:.    : : :.   : : : :.   \(_
                   厂.:' : : :': !ヽ:.   : : :', : : : '; :     ¨7
                    __{∨ : : : ;. :|i::ハ: .  : : |、:ト、 : :i::    /\         どうしてみんな、誰も愛さないの……
                     \/::': : : : i: :|レ ,{: : :   、|_|j__\_:!:    }: ; : ゝ
                 __/::;:|::. : : :l: :l/ \: : : . { レ _ヽ  /: , l:人\ __    どうしてみんな、私を愛してくれないの……
             ` ー― /人::.   匕{_ー \: : |,ィ斧芍ア / / :j::: \_ - ⌒
        _           /:::从\. 斧芹芍アヽ ヽj `¨¨´/ィ: :'  ./\::.  \
        l |!        ∠ .イ/:::ヾ \. と7¨´   :.      ノ /: . /ヾ、 \( ̄`
.   r‐{ ̄ヽ| !}          /イ:::/::::`iヽゝ{!     _   ∠イ/ ) l \_\
   _.j::::| : /::|_ ||、. -7     ´/ イ:人!:::人。  ´  ̄:ヽ  。゚/( ,/! :!、(   ̄`
  |:::|::::{:: {`::し' :/ {       ̄)´/j/:::(ヽ ノ`:..  ` こ´  i:j{ :/ 人 :| `ヾ
  |:::ヽ \ヽ_ ....:|  |      /´  /´):/ヽ ノ}从`i   _,   /:ノ'´_)  ヾ _
.   \r)ヽノ┘:::::ノ:  |.        ___/人 ) )厶、|       r{ (/ )   / __(__
   | ` : ::::/:   }.     ./  厂` (`ヽ )   \   人ノ】´ `Y7´/(/   ヽ
   {::.  ::::::/    /       ./   .)⌒ 【><】   ゝ<`Y⌒ヽ ./(ー'  :)   ,
    ヽ::. :;:/   /     ./   )ー / )ハ、 /)示( `ヽ  } / (ー‐ /::    ‘,

414 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:16:46 ID:T.Ya/l1E0 [20/31]

愛してくれる人も、愛する人もいなくなった少女の元に、独りの女がやってきた

       ,.へ_,,..--────-...,,,_
   ,.へ_ , '"´            `ヽ、
   i __γ   ゝ_             ゙ヽ.
  /  ,ゝ__r-、r─7 ̄' ゙̄ーr--、__,.ィ    i
  \ rγ_,.ィ_,.!─^''⌒`'''ー'---'-、_>-、  イ、
    L、_イ´              `ヽ7ヽ、_ン    なにあんた、メイド?
    ∠i   /-!ー/ハ  ハ  iー!- ハ   ゙ヽイ_ノ
      ハ.  ハTT゙'ト、V レ,ィ-ーtト、i  i  ハ     こんな所で何やってるのよ?
      レ'Y´ i' ト、 !    ト、 ,} ! i  ハ   ',
       ノ /l ,,`゙´     ゝ-'゙ ハノ i  ヽ.
       ノ レ^ゝi>.、.,_____,,...ィ´ノノヘイ ヽハノ
         /⌒`γ´ハ_,,.イ´レ`ヽ、  /⌒ヽ、
        〈r'^ヽi /^L_!ムイ_」^ヽ. .〉´ /  i' \
           `7 _ノ'§ !、_  !,イ__'⌒ヽ、ノ   i
           i、_ノ !、,§__、ハ、_ノ、/、__  ⌒ヽノ
            r/ `ー--─ヘ´``ヽ、_イ
            /  /       ',  ヽ、 >、
          rく__       ハ  ゝイン
           `'、__ニ、_r_、_イ__r__ェ_'ン´.......
          ::::::::::i__,7:::::::::i,__,7::::::::::::::::::
           ::::└'゙::::::::::::i,_,/:::::::::::::::



彼女、レミリア・スカーレットは資産家だった。そして少女は行く当てのない少女を見て、こう言った

         , --- 、____ r―‐‐ャ
         /     \    7; ; ; ; ; 〉
      /   /      ̄  /; ; ; ;/l
        j>r=~==イ⌒'《_;_;_;_; ;ノヽ
     イァ--/⌒}`ー┬ '>、\ヽヽ 》; ; ;〉      あんた、家のメイドとして働かない?
     V { ハ-、{ ヽ l/ヽ j》. } 》 l〈; ; /
      .乂 Vヽィ㍉ヽ}ノィチ刋j レ ノノ  ̄ ャ-、
      7 》ハ.Lリ   ヽニノ! ∧} ハ   〉r、\ 
      ノ〈 〈ヘ、 r‐y  ノ l! ハ ヽ ヽ // \ヽ
     〈 ハ人ハ≧ァ7.〈ノ{ ヽリ ノ》ハ〉//   ', i
         イl_l/7\// フ=<ム、   | |
        ノ /; ;7l;\/ _そ     リ   | |
          〈  >ー;ll;ー; >ソ=-、  rフく   j .!
       くム{;_;_;;jl; ; ; l    fーくリ_r. '\ //
         7~!    ̄  彡.j/; ; ; }>   〉'/
        /r‐┴===≠≠.┴- 、;/  /V
          〃へハr~~ソ= く .r=ん、 /、; ;\
       /  / |  i    j r=く  ヽム \;/
        /  /  j   l   l/¨く77ヽ ヽ  ヽ

415 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:17:05 ID:T.Ya/l1E0 [21/31]

愛してくれる人も、愛する人も、そして愛すらいらなくなった少女は、ただ機械的に、生きるためにレミリアの元で働く事にした

その家にはレミリアを含め、5人の人間がいた

                _,,,,........,,,_,.へ  __
              ,. '"      》:::::`y';;/|
            iヽ〈 、 __  __, L::`γヽ、
            'r-'、._r'-、ノ⌒ヽ、_r-Yi .,ヘ, ))
     ((  ,ヘ,  `γフラン/λチャンiウ人l/ /   ./|   ─レミリアの妹、フランドール─
         '、 '.、くi. ハi ○   ○ .λフフ /    V
    <>、  ヽ、ソ弋 ""r-‐‐v,""イレ/__/   ./<>
      /| ̄\(   ヽゝヽ、__,ノ_ノ」   )  /へ
      |/  /l弋r,., _i.r; /L」_/ノ.`  .ム_,.ノ ̄´
         レ  /|弋〈!;;レ'iニi\/ノ-イ   |ヽ
            V ゝ:::く/ヽ」;;;λ  |ヽ  ヽl
              く;r‐'ー--、:;::_> V
              /::::::::::::::::: ::::;;ト、



         _,,.. -─-- ..,,_
       ,. '´_∧_       `゙'' 、
      /   \ 龍. / ,        `ヽ.
      !   ,.ゝレ\|´ ̄`゙' <.,      '.,
      「ン´    ,       `ヽノ     !
      /  /  !__,.ト、 | ー!-ハ ヽ.  \,_  ノ
     ;'  ;' ./´|/|_! レ' ァァー-ト、 |   i `Y     ─料理人兼、フランドールの遊び相手の紅美鈴─
     |  | !/7ハ     !_ ソノ! !   |.  |
     |  ! ,|ハ.!ソ      ̄,.,. |__」     |
     `ヽ!/}7,.,´ '       ,}ホ'{   !  !
        ,}ヘ.   、-っ u /、ン i   |  |
        !>ー゙っ、     ,/メノ _」,>'-‐-' 、
       /´ <´!メ`ァーr ´,}イノ'´ , /      \
      ,|    `y-ァ''7!_,/}メリ //,         ヽ.
      /.!   rノ'|_,ム\ /{ン} i,/|          〉
      !/   ,イ/ }><{´ }メ{. _!|/!    、_,ゝ-べi
     /    /   ∨  }>!く_]  ゝ、_r'.、     \
   /     /   工   〈ノ   ! ハ!,ゝへ.      ヽ.
    !    /_ゝ,、   !、_     _,ノ ./ | |  |>'´    ,ノ
   `'ー- '´/ ソ   ナ         ム  ! !/     /



           rヽへ___
        iヽ、ィ'i// > `"'ー- 、ヘ
       rイノ-rへ-く、____,    `ヽ、
       >! ,ン-‐'- 、.,,_イ`"'r-、,   i
       Li´ /, ; , ヽ、`"''ヽ、/`ヽ/
        | | L、!_ハ  i ヽ   `ヽ、_>、
        l_.ハレ'|┰ `L ハ__!     !ン    ─レミリアの相談役のパチュリー・ノーレッジ─
          i´  " 7.イ   i   |
     _______ __,..ヘ. 、   / /!/i  /
    くヽ.:::::::`ヽ、::::>-イ/ //  イ
     ヽヽ.::::::::::[>k7''⌒ヽイ<}、ン´
      >、ヽ::::::::::/   ヽiム ト!
      ! `フ、::::/     !ヽ./ i
      rゝイ´ン    /  /ン'
      く/  i'    ./ ,〈´
     ,.-‐-ゝ、.,_____,./    ',
    /ヽ.,rイ/}><{´      !
    ! ヽ「/イ          ,.:  ハ、



               , --― - 、_
   こぁ      ,ヘ、,./:::::ァヽ,r'ヘ!::::::ヽ;ヽ/7`ヽ
          ,.ィ´ / 〉';:ィ/::::/:i:::::i::';::';:::';ィヽ.r⌒^  こぁ
     ((  ヘ⌒ヘ/ /:/::i-/‐::ハ:::ハ‐!ハY ヘ ))
        '、 ヽ、_ iルLi. ○   ○ λ/ /     ─ノーレッジのお手伝い、小悪魔─
          >、ソ ヽミリ ""r-‐‐┐""/ ̄ソ
          ヽ、ソ,/ノ:|,ゝ,ヽ、__,ノ_ノイ,`´イ
            弋  /ヽr-ヽ、/γ/',.‐'
            ,ヘ人.イ:::::::|/」:::::::::j,.へ.,人.,ヘ
   こぁ      // 7 ヘ::::::::V::::::_,.://` l ハ
          /へr⌒!/,イ:::::::ハ::::::_;:>⌒',⌒ヽノ
              /ヽー'ーrヘ-‐''::、ヽ     こぁ

416 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:17:24 ID:T.Ya/l1E0 [22/31]

レミリアとフランドール以外血が繋がっていないのに、彼女達は、まるで本物の家族のように過ごしていた

両親に愛されなかった、漫画の中の愛しか知らない少女は理解できなかったが、その中で、少女もメイドとして働いた

                   ,. ´  ̄   ``ヽ、
                   /        〈⌒Y^7⌒) _
                   /        〈^V´  ̄  ̄ V 〈
                 /        /^Vイ       K ノ
              /        〈_/          `i
                 /        /l    /  / /  / ト、
            /         Vi/l  / / /  / l   l
      、 _ __/          /⌒t、, /////l /l/i/ j !
       `> -.イ  /       〈 い1トi'´y}ミハト、V  / /!
          // /        ヽ _ノ /{y} ゞソ//l/リ
           / /|   /i        /^iン{Y}    く´  ′
          .l/   | / | / l   _/_ _{γ}L   /
         /    // / ___ノ __ノ      `1
             /^|/ ̄.|/ 」 イ ̄7<     `ヽV
         ム  ,.イ: :/   (_   `ヽ     ノ                      ノ
        /⌒V/´_/    /     ト、 (⌒
         〈  // / /´  ̄`´  `丶、 」丿 V⌒',     rrrrry     (Ql!  ノ
        ) // / /            \   l    /  〃      |:l|    )
        〈//, ′ Vl             /  /     /  〃      |:l|   (
       /´く⌒ヽ_丿:、 /        / ト、/    /  〃    ,r‐'‐'┐        )
        /,r 、__フ . : : : :V        〈 i 」   _ ノ ) 〃    /  `ニヽ       (
      ./イ |   : : : : :i      /   〈 「  / / 7ハ    /   `V     (
     /.:.l  |   : : : : :|     / /,´V  /  l  し' 〉 、,y'"   ∧i      )   ノ
      /.:.:.l  |     /⌒L   //,´   V^ i  ノ Yイノ /   ヽ __ノ i:l|   (
   _/.:.:.:.:l  |  〈^V/ ̄ ̄ ̄`ヽ´     ヽ_K__ _ノ ./\  ゚ /-‐=======ュ7´ ̄`7
 /⌒L.:.:.:.:l  L.-‐"´    , ..イ 二 ヽ      `´     ヽy'.: .: .:. :.: .:.        U⌒U′
  /⌒ト、 ̄`` ー-  __   ノ ノ. : : ヾヽ \           / i .: .:. :. :.:.:.:.        .:. :. :i|
 イ   i: :\ ー -- -  ̄`L: : : : : : : : : :\`ー‐_  _--‐'´   | .:. :. :.:.:.:.:.:.          .:. .: :l|
  l   |: : : :\       ノ: : : : : : : : : : : `、    ̄       | .:. .: .:.:.:.:.:.:        .:. .: :l!

417 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:17:49 ID:T.Ya/l1E0 [23/31]

そして一年が過ぎ、レミリアの晩酌の相手をしていた時、彼女は少年の事を語った

                      、/ヽ
                  -─込㍉トy|
                <      Y´ >'ヘ___
                  /      rミ/    弋__
              /        / / / /  j ,∧
             /    __, イZ { / / .,イ / ',
            /  ィ     /イ㍉彡/>'、|,イ l ハ    ─愛していた彼に愛されず─
        ー=彡イ /    < {(( 〃 込ハ.从小{ ノ
        〃イ//,イ       | `代イ    (     ─自分を残して死んでしまった少年─
          /イ/// ./ | ,人 弋㍉   ,イ
             /イイ /,小l ハ{ヽ. トイ "イ      ─どうして、愛して貰えなかったのか─
            从/イ㍉ル′  /トイー′  __ノ
              ___/>' ¨¨ ̄ト7,><⌒㍉、__
             ァ|      y辷/   `ヽ
                (''人___rー=彡≦       |
              { `l¨¨´:.:.:.:.{.          |
              人. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-─ 、    人
             /   !:.:.:.:.:.:.:..:《7⌒ヽ ヽ__ ノ:ヽ
         弋     V:.:.:.:.:.:.:/   .〉_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ



レミリアはこういった

     ,-、       , _, - '´ ` ー- 、
    /:./:.:ヽ  , - ´          `ー 、_
    ,{:./:.:.:.:.ヽー'                 \
   /:/:.:.:.:.:.:.| /                  \
  /:./:.:.:.:.:.:.:{____ _-_  ヽ             ヽ      話を聞く限りの推測だけど、
  {:.,-゙― ' ̄'─==--、_`'''_- 、_ _ 、          ヽ
  .|:ヽ、 .`ヽ - ´´ ̄ `}、  _ ヽ、- = 、         i、     彼、あんたの事愛していたんじゃないの?
  `ー-ゝ-/ /  /   ゙/^_ヽ_ /`',、  ,-、`ー`=、_    /
       { l   /|_|  /´ _ヽ} |i ゝヽ` ̄`ヽ、  _\= ´
      | |  { '从| { ,t':::オア´| `ヽ {  | `ー'ヽ、}_\_
      {, .| /リ ゙t:::、リ゙ ゞソ / |   リゞ /  ゝ  | `t'
       ',/リ|   ゞノ..     ソ |   ,、/   リ  .| - ´
         ´| / `、`  _     |   / /   /   '、
        , -、´ヽ`,ヽ´     ,|  / |   / ノ ノ ヽ_`、_,
       / -、 .〉 〉 〉 }-、- ´l/ /ヽ| / |ヽ'´ '´    `´
      /´  , ゙ー '-'-'ー'´"   /l/, -' ̄ ̄ ̄iー―-、
     /   -l-- ‐'´       //_,--―=-'´/   ヽ
      |    l'       , -/'- `ー`´  /      l,
.     |    |       ///o/    /       l
.     |    |      / / /:.:/     {         ヽ

418 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:18:22 ID:T.Ya/l1E0 [24/31]

                _     _
             へ< ヽ  |  ̄ /   7
             へ、> - ┴ ─-- 、_  \
          /: : : : : : : : : : : : : :: ̄: : : : V |
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Vヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:V|
        /: : : : : : :.:./ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : V    そんな事はありません……
      /: : : ::イ: : : :.:/ /: : / / / /: :| |: : :::|: : |: : :!
      /: :/ /:.:.:.:/ /.>A/|/ /| / A <|: : l: : :|    もしそうなら、どうして彼は、私を置いて死んだんですか……
.     |イ  /: :/ノ/《 トイ!ト// イトイ! 》 /:.:.:.:l
      //イ: : :.人ト, ヾシ     ヾニシ (_ノ/l     私を残しても、私が悲しんでも、どうでもよかったんです……
    /: : : : : :.:(⌒ノヽ    丶     (_ノ: : :.l
   / __: : (⌒ノ: : ∧     . _    (_ノ: : : :l
  /イ  |フ⌒ノ ̄: : : : : : :.>     <(⌒ノ: : :.:/
    < ▽_,.イ/_.ル乂 ノ>ー-へ(⌒ノ: : :.:/
     ノ/⌒// ̄  `ノ \/^Yへ彡'r'⌒´‐、 し
.        ノ 「i     /  ⌒`フ ̄/| 〉::::::::::::\j
        r/   〉   ./    /^!:::/ニソ:::::::::::::::::::i
.      ヽ  /¨',  /¨ \ /  l:/ソ:__;/::::::::::::::::;



       「::|「ヽ.     ___
     _|:::||:::::::\,. '"´       ̄`゙'' ー- 、_
    //::::\|::::::::::/ 、/ ̄ ̄`ヽ__     `ヽ.
   .//:::::::::::::\/ ̄ ̄>-──く.___`ヽ.,__   \
   | |::::::::r-‐'"´>'"´   /        \_]ー-、 |__      簡単よ。彼は愛してたあんたに、これ以上自分の面倒見させて
   //:::::::::|  7´    ./   |    ハ _/ イ !    八 |\_`ヽ
   |」___/ .,'     .|、 |∧  / レ'-‐-、|  /  ∨   `|    不幸にしたくなかったのよ
     /  |      レ>‐、∨    l´`ハ〉イ  |  ハ  __,/  ト 、
    L__ 八 、  |〈 l´ハ     ゝ-'゚ .!  /!   ∨   .|  \
       `ヽ.)ノ \,ハ. ゝ'゚ .     " |/ .|    \   |    ヽ、
      ∧  `'ー/ ,|"    -‐ '    /   |     ノ  .,'       ';.、
      /  \ /  / ゝ、,        , イ  / /    | (  /         |:::':,
    /,    〈   ,ハ  / |`ミ7ァr '" ハ|/レ' __ハノ /.        |:::::::',
_,.  '":::::/    ) イ  レ' `ヽrく__∧_/  ̄「「    `゙く  /        |:::::::::!
:::::::::::::::/       `> '"´|/   ハ    ,!]       ∨        ,'::::::::::|


.   /⌒ /ヽ // /            /\    `
   / /  _ィ´/   l{  丶            \  /_
.  / /  i´ /    、}   ヽ \  -─      \
 / 〈   } 7     ハ    ヘ /`ヽ-─ _    `
 {  `  / l  /   /___ヘ  ト、 {'≠´─ 、ー/ _、
 ゝf´ ̄/ ノ| /  イ´_ -\ヽ ', ヽ彳 いu`ソハ \ ̄ヽ
  /´ l イ l /!   /´,≠示ヽl\ヽ   ̄¨~´  \/ \!    ─それは、少女の思いもよらない言葉だった─
  l/  |/ | ヘ{ !  ハ,ァ´んuリ |  `ヽ    U   f\_ /
  ヘ.  |! ! | |  /へz=ゞ-'´  、         ヽ / 〈
   ヽ´|,ヘ! ハヘ /  |        , ─_、     /!{  l
       l |ヘ ヽ   ハ       ´ _      /!| l/∧
       ヽ! }\ l  | ∧              |t l ,'
        冫ノ {|  !  ゝ _        /、_ Y´l´|_
       /´/ ヘヽ | / ヽ  〉 ̄  ャ--< _|/:::\-./::::
     ̄   l ハ `ヽt  / /、   ⊥ヘ-、,_( _|::::::`;t:}::':::
         ヘ{ ヽ   \_!  lゝ,´ ∨}┴f´ _〉一::||::

419 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:18:48 ID:T.Ya/l1E0 [25/31]

          f⌒ヽ.
          | /   \
          | /    \  ,. -──-、
          | /    く  >' ´ ̄ ̄` ヽ ̄ ` 、
       _/ ̄ ̄ ̄,  ´/ /    \    \
       \    /  ,  '      /   ヽ  \ ヽ
        ヽ  /     ハ      i      、 ヽ  .
            !  /,イ   ! /十,    k‐    i   N !   愛する人の人生が、駄目人間の自分の面倒を見る事に
         乂ノイ !   | ,' __|ハ     | \\ l !  .|  |
         ヽ.  l ! 从'⌒ハ \  .!ラ≠ミ、 |   ,ハ j   費やされる事に耐えられなかったのよきっと。
           i N !/ `杙リ   \|. 弋リ ,ノ.|  /个ヽ
             乂从 \ ゝ、、  '    、、ノイ /  / .|   ) 愛しているからこそ、自分なんかと離れて幸せになって欲しい。
          __   ノ   个 、  、    ィ´,′l/ .八
    ,. -‐ 7/∧/  ハハ ヘ、ト、 >--‐ ´ } /(  ( .ハノ
  ////////(|      リ   >─‐}_,. ィ^_、\ハノ      ___
. //////////∧       ,'´  ー-、`‐z,ハj.´ `ー 、        \ ノ7ァ-.、
 〆⌒ヾ///////\   {\     ´ ̄    ノ、          }'//////,\
      |///⌒ヾ//>v′ ` ̄ヽr───一 ´  \      ノ////////∧
      レ'       ̄ フー、  。/\        く⌒ヽ-‐ 7////////////∧
                 ヽ  \。/ () ヽ 。  /ヽ--'    `<⌒ヾ////⌒ヾ'///,∧
            ,、    !`ー、 Y /父   i 。 / {       〉  \/    \//ハ
      r──く/)--イ    、 .父  | /   ヽ、     /          \/ハ
      l   く/ )、_     ハ 父   ´      リ`ヽ   ´\               ヽリ
     ノ ノ   {_/! j. Y ヽ /ノ 父        (   i     \
    ( (  /// `ーゝ!`´ } }'{丶           )\ | ヽ   ノ\

420 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:19:15 ID:T.Ya/l1E0 [26/31]

          _ _
         /´ ` 、ヽ,/` ̄ ̄ ̄`゙= 、
     ,___   l.::::::::::::ヘヘ: : : :        `-、
    ノ   ̄`l.:::::::::::::::ヘ ヽ: : . . . . . :.  ::::::::::.`\_
     \    i.::::::::::::::::::,〉 .ヽ_,、_`''、   ::::::::::.....ヽ,
 .     `,、 __ヽ.:::::::; -"―〈__/,-ミ、、゙゙` ゙ゝ‐、..:::::::::::::,ノ         _,,―ァ
 .      ヘ! ,=、゙ 7´\_  `./ .ハ `ゝ" ,ヘ"ヾ、ー-タ-ァ  ___,,-ー'''" ̄,/"
     、   !ム. V、 `__;/メ=,=イ| . / .k'_,,-く !.゙、/, ス ノ/  ⌒ヽ::::::::::.....〃
      `ー=ニム. Vf`i´iハ"if'ミ!il /'彡tキ-、,lヽ ` '  :.Y    /:::::::::_,ー'      その証拠に彼、遺書を残したんでしょ?
         f ´_,`i.i ,` l`ァ_;}゙!'   b_;;;jソ ,-ヽ-ミ_、 .ヘ   /:::::;/
         ;' ー 、j. }i ,i"!""  .   _,""'''/  〃 iヽ_`ゝ.,ノ:;;_〃         本当にどうでもいいなら、何も言い残さずとっとと死ぬわよ。
         ヽ'ヾ j .'、レヽ ,`r; 、`_ ,ヽ ノ  / !  }, {'_"__/ \
          `-、  .\.ソ 〃  ゝム  /V .ノ  オ. it.、_ ゙̄ヽ、\        愛してたあんたに死ぬ間際に、何か伝えたい事があったのよ
           _入.  `、ムィ彳゙、ーヘ_./ー }/__i,.  i::::i  ̄`r=、. i、___
       _,,;=-ー'" Zヽ  ヽ, t-i ̄ン__,,ゝ"__,ノ _,,ノ:::::j   .j:::::/ i   ̄`;
    _,,-''"        ヘ.   /  .ゝ-'マ  \_ }、_;;;:ノ   /:::/ i    /
  ,/_,,ニ-――-、     /ヽ-"  /  ゝ.-イ `      ,ノ::: ::\i    ヽ、
. //,、__,,_____ ヽ、__,,,/\   /  / "" " ̄    / :::.  :::::.\    ヽァ
'"√Σr"      ̄ ̄ ゙ヽ 、._フ-/  /"\ ,,,._     / :::::  :::::::::.ヘ,,    /
/  ζ i、,,____          ,.ー''   ./   \_ ゙''ー   / .::    .::::::./  _,ノ
、`v'"^'"     ̄ `` ' 、r'/     j   _,, -ー'`ー--y         /、__/
. y.            Y ; , ,_. / ,,/       i       _,/
/              〉t λノ /         i    ,/
              / ` '  /          .ヘ  ,/
.             /   /             \ !
            /   /   



                     イiヽ-、_
                   >ヾ,、ヽ ) `ヽ、
                  /   {ヾヽ!、,   ヽ
                     i     ゙.!ヾ, ノ    ヽ,   ……
                  ,!, 、',ヽ、、 ~゙!|ゝ    i゙リ
                 / i ',゙代ゝ、、iヽ、   !、
                   リ、ノ  |!、ヽ ,   ヽ、_
                   i-゙ヽ,‐(メ) i /i .!从ハ i
                   i"-,!  ',三リ三リヽ、‐--,
                  !"/ !、,  i三 三 三!  ノ
                i 三三三,!  i三三三/  !ii
               ,-、!、 三// ヽ、 |三三/ ,イ三ヽ
             , イ三ヽ、ヽ/三三| |三 // !、三ソ,
           , イ三三/ // 三三ii/三/   !三 !
        , イ三三, イ"  /,-!、 三/|三 /    !三 !
    __ , イ三三, イ"     i !  ゙ヾ,三| ,゙-ー''"i . !三 !

421 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:19:40 ID:T.Ya/l1E0 [27/31]
翌日、少女は少年の実家に行き、家族に彼の遺した遺書を見せて貰いました

そこには、少年の字でこう書かれていました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             これ以上迷惑をかけるわけにはいかないお



   だから、もうこんな駄目人間の事を見捨てて新しい人生に踏み出して欲しいお



        今までありがとうだお。アナタに会えて、助けて貰えて、幸せだったお


                                          ヒト
                                     最愛の少女へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

422 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:19:53 ID:T.Ya/l1E0 [28/31]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



               少年は、少女の事を心から愛していました



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

423 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:20:06 ID:T.Ya/l1E0 [29/31]

                       rr‐┐
                 __r' >‐…‥- 、
                 _r―‐) ∨         \
                 /:::!:::::::(ニ {..:          ':.
            /::::::::::::::::).∧:          :',
               イ::::;::::::::::::::(ニハ:.  :.   :.   :::::.        ─少女は手紙を握りしめ、泣きました─
            i:::::!:::::::::::;厶_∧::. :::. .: ::. ::  :::::.
            |::|:|::::::::´::::::::マ∧::::::..:::::::: ::. .: .:::::::ヽ       ─自分を愛してくれたという喜びと─
            |/ i:::}、:::ヽ  :マ∧:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
            ′∨:::\|  }::::V、:::::!:::::::::::::i::::::::::::|    ─少年を死なずに済ませれなかった悲しみで─
                 从ヾ:\_ {:::::} !{::|、::i:l::::::l:::::::::从
                     )、:ヽ人イく从从从:ノ|::::::/
                  /::/`(:::ノ /´ ̄ ̄ ̄レレ、
               {::::l,斗7/ __, - ー‐弌-、
               /´ /¨´ ̄\/////////∧ ヽ
                 レ'.{      `V////////} ‘,
              _ //j        }////////|  }
             /////'         /:|////////′ /
               |////{         ./:八///////{ .イ
              !////}      ./ ' : : }/////   )
              ヽ///'      ' . : ノ////_、_/
                ///\_ 、    /////    |
               ノ/////じ! `¨¨¨´!////'`i ー‐ i´

424 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:20:25 ID:T.Ya/l1E0 [30/31]

あれから数年が経ちました。少女は少年を失った悲しみから立ち直り、レミリアの館でメイドをしていました

時にレミリアの我が儘に手を焼き、時にフランの相手をし、時にノーレッジの世話をし

時に美鈴や小悪魔とと仕事の事で愚痴をこぼしたり

                    -―  -     ー―- 、
                ,  ´               `  、
               /
               /                          \
          /                i       、          ` 、
                /::               |      ヽ       l l ヽ
        , '    /:::      /                  | | !
         /   /::     /       /    i   ヽ     ! !  ',    ─それは少女の知らなかった友愛、家族愛─
           /::               / i     ト          | | l
     / ,  /::   ::::/        / :',     l ∨           l l | │      ─少女は、みんなに愛されました─
   / ,イ´  /::   ::::/     }   /   ∨   i  V     ヽ  i i   i
     ´ l  ,'::   ::::/ :/   j∨ j     V │  V      \| | i   l
      i   i:: ::i  :::,' :/  ∧ l ∨│     V {   ヽ      ヾ    j
       i   .|:: ::i :::ト :/  / `j_ヽ|     ヽj ____\       \|   }
      |i  .|:: ::j ::|∨ : j 彡====ミ       彡====ミ `>、    `  、.!
      } l .|:: :::l :|j ', ::::i                       j   ト、`ヽ    ヾ、
     │l j::| :::| :jヽ ', ∧          ,          /  ,'    >-‐ー´
      .j ヽ:   ∨ `∨ ∧                    /  /   i   i  ヘ
      ヽ  \| ::/:l  ∨ ∧     ` ‐-‐ ´      /  /   l  l    ヘ\
        ノ  / :/ !∨ :\ \                /  /     ノ   |     lヾミ=
      / >´::::/  { ∨ :::::ヽ i >         イ   /   //  ∧    |
    />´i  ::∧  | 乂ノノ) j  j  >  __  イ ,'  (ノノ乂´: /  / }   ノ
  /´    | ::,' j  j Yイ ハ   _}           l  ハ イY: /:::/  j  /
          i {  i l  乂 ノノ) / >、      <´ (ノノ乂:: //!从/ |  /
        j_/___  Yイ ハ/     `><´    ハ イY / ___」_/
       /   ヽ///` 乂 ノノ)     / ゝ‐' ∨   (ノノ乂´ ////     \
      /      ヽ////Yイ ハ   / / Y ∨  ハ イY/////      ∧
      ,'        ヽ///乂 ノノ.)__/ /  }   r 、(ノノ乂__/         / ',
    i          ヽ( ̄ `{ili}´  }/   ||  i   {llj´  /          /|
    }            ∧  /  \ノ   i |  i / ヽ__/::::::/          //{
    i            ∧´i |   ヽ、_,! V'/   j::::::/        / /i
    |                ∧j |   i三三三イ /  ノ/              //|
    {              ∧ `  i三三三{ /  /                ///}
    l                 ∧  /三三三j j l {                 ///l
     j                 `ソノ三三三三ヾ \!             //∧      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    /               ∧三三三三三/                  //∧      d⌒) ./| _ノ  __ノ
   ./                      ∧三三三三/                 ///∧

425 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:21:05 ID:T.Ya/l1E0 [31/31]

これで終わり
シークレットゲームクリアして色々思う事があってこの思いをなにかで表現したかった



426 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:21:25 ID:l7GgdRs.0

なんというすばらしい瀟洒メイドの生い立ち





427 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:32:30 ID:yPjARKtQ0

乙でした。

咲夜さん瀟洒



428 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:33:27 ID:DGYrMb8k0

乙でした



429 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 00:47:17 ID:Rw6Y72Kk0

乙~



430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 01:05:44 ID:W29X1iYY0

乙!



431 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/05/21(月) 01:09:13 ID:8wkcoRVk0

乙です




関連記事
| 21:00 |コメント(4)
カテゴリータグ:偏執病<パラノイア>の少女 オムニバス短編集

|

<< >>358 やる夫は人間 | HOME | この町流の余所者への歓迎のようです >>

■御感想or寝言

24598 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/05/22(火) 11:27:22 ID:-

咲夜さんが幸せになって何より。
でもこれ見方を変えれば咲夜さんがやる夫を自殺に追い込んだみたいだよな。
咲夜さんから逃げ出すように自殺を選んだやる夫もやる夫だけど。


24659 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/05/27(日) 02:08:38 ID:uRdkJUuw

人としてしんだんだからいいんじゃない?
さっきゅんいなかったら人に似た何かのままだったろうし

自殺はイクナイけど


25034 名前:名無しさん [] 投稿日:2012/06/12(火) 09:29:11 ID:-

自殺は良くないね。

でも、人間に戻してくれた彼女の為に、何でも良いからしたかったんだろう。
で、何をすれば良いのかわからないし、生きてる限りはついてくるだろうから

だから。


54357 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2017/09/26(火) 02:33:23 ID:-

もしも自殺が無かったら…そう思わずにはいられないが
それでも最後はすれ違いが解けて救われてたんだな


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ