【重要】令和五大やる夫短編祭 開催

詳細はコチラ→開催告知

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 twitter 短編まとめ やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2012/08/07(火) やる夫の雑学コレクション [最近の若者・大公フェルディナント]


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.54 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所114                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その22              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド13                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/
金糸雀速報特別企画 カナバタ祭り
リイン昇魂式



963 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 22:53:46 ID:AQz4i3fw0 [2/7]

┌───────────────────┐
│まったく!最近の若いもんは!          │
│                          ......│
│世も末だお!                  .....│
│                          ......│
│未来は絶望的だお!               .│
└───────────────────┘

 ※1


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl       ̄


.

964 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 22:54:15 ID:AQz4i3fw0 [3/7]

┌─────────────────────────────┐
│子供は、暴君と同じです。                         ......│
│                                           .│
│部屋に年長者が入ってきても、挨拶もしない。             ......│
│                                           .│
│親にはふてくされ、お客の前でもさわぎ、マナーも知りませんし、     │
│                                           .│
│足を組んで、教師に反抗します。                       │
└─────────────────────────────┘

 ※2


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


.

965 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 22:54:45 ID:AQz4i3fw0 [4/7]

┌───────────────────────────┐
│まったく、最近の若者は……。                     │
│                                       .│
│目上の者を尊敬しないで、親には反抗。法律は無視……。     │
│                                       .│
│妄想にふけって、街であばれる。                    │
│                                       .│
│道徳心のかけらもないだろ。 常識的に考えて……。       .. │
└───────────────────────────┘

 ※3


   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

.

966 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 22:55:14 ID:AQz4i3fw0 [5/7]


※3
プラトンが語る、自分の弟子についての感想。 



※2
紀元前800年ごろの、ソクラテスの言葉。



※1
紀元前2800年のごろの、古代アッシリアの粘土板に書かれた文章。




        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V
.       i{ ─      ─ }i
       八    、_,_,     八 =3
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__




.

967 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 22:55:51 ID:AQz4i3fw0 [6/7]

┌───────────────────────────────────────┐
│紀元前2800年ごろの、古代アッシリアの粘土板にある文。                     .│
│                                                         .│
│「世も末だ。未来は明るくない。賄賂や不正の横行は、目にあまる」                 │
│                                                         .│
│それから2000年後のソクラテスの言。                                  │
│                                                         .│
│「子供は、暴君と同じだ。部屋に年長者が入ってきても、起立もしない                .│
│                                                         .│
│ 親にはふてくされ、客の前でもさわぎ、食事のマナーを知らず、足を組み、師にさからう」  ....│
│                                                         .│
│プラトンは、自分の弟子について。                                    │
│                                                         .│
│「最近の若者は、なんだ。目上の者を尊敬せず、親に反抗。法律は無視。           .....│
│                                                         .│
│ 妄想にふけって、街であばれる。道徳心のかけらもない。このままだと、どうなる」       │
│                                                         .│
│                                                         .│
│                        アシモフの雑学コレクション 星新一編訳より    ......│
└───────────────────────────────────────┘

.

968 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 22:57:55 ID:AQz4i3fw0 [7/7]

以上となります。
あと数話、雑学コレクションより投下する予定です。数日おきとなってしまいますが……。

それではまた。



969 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 23:04:38 ID:FzzPaLhE0


ゆとり()



970 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 23:55:35 ID:pSnq.hEQ0

これ全部ネタなんだっけ?



973 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 09:44:46 ID:eJazmrMU0

先週ぐらいにラジオで言ってたな
「批判の対象が上司じゃなくて部下になった時が、中年になった時」



975 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/01(水) 13:59:53 ID:qxLBd2Ls0

F先生の征地球論で「大人はかつて子供であったことを忘れ、子供は大人になることに気づいていない」
という台詞があってハッとした



982 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:24:44 ID:mB1y7o8w0 [1/7]

投下します。今回も雑学コレクションより。



983 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:25:09 ID:mB1y7o8w0 [2/7]

┌──────────────────────────┐
│オーストリアの大公フェルディナントは、大変なおしゃれ。   ...│
└──────────────────────────┘


                   _
             / _ノ ヽ
                | ( ● ●)
                |  (_人_)
                |     |
                i 、   .ノ
          _,.ィ'{\:二/`ー─‐ -、
       _,.-‐'´:::/:::l ./ヘ. |::::\::::::::::::l
     /´:::::::::::::く::::::ヽ/}:〈.〉::::::´::::::::::::::〉
     / :::::\:::::::::::::::::::∨:レ':::::::::::::::::/:/
    ,ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::`7
    冫〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::: l
   /.:::::::::::/`ヽ;:::::::::::::::o::::::::::::{ヘ::::::::: i
 /.::::::::::/    Y::::::::::::::::::::::::::| .}:::::::: i
/.::::::::::::::<__       }:::::::::::::o:::::::::::.〉 {:::::::.. i
::::::::::::::´::::::: ̄`ー‐く:::::::::::::::::::::::::.:.:.\}::::: .i
`ヽ . __::::::::::::::::::::::).:.:.:.:.::o.:.:.:.:.:.:.:.:.\:  .i
       `` ーァ.:.:::::::::::::::::/\:::::::::.... >:. l
         /´:::::::::::::.:.:.:/::::::::\.:.:./〉:::.. .i
          〈_:::::::::::::::.:.:.:{::::::/:::::::∨/}ヘ::. l
         ``T:ー─':::.:.:{ヽ;::::::::.:.:.   Y´\
              |.:.::::::::::.:.:.:|  \::::::.:.:  ヽ}ヽ.}
             |.:::::::::::.:.:..l    Y:::::....   ∨'
             |.:::::::::::.:.: l    ヽ::::::.:.:.:.:.:.:ヽ
             |.:::::::::::.:. {      \::.:.:.:.:.:.: \


フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステ ( 1863 - 1914 )


.

984 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:25:31 ID:mB1y7o8w0 [3/7]

┌─────────────────────┐
│大きな行事の時は、服にしわがないようにと   ....│
│                              ..│
│着たあとで、各部分を糸で縫い合わせた。    ....│
└─────────────────────┘


            , '  ̄  、
          /7 /7    ゙
          //././7_.ノ 、__i
         / ,:'゙´ ,.ム-、(.●)
       ノ゙ '   z-匕ノ、__)
     /ゞ、γ⌒ー'、___`.ハv ;ー-――-- 、
    /////     入、 ,メ, リ/.:.ノ////////ヽ
  ////,.ノ―--v-,.イヘメ¨7ワヽヘ V////////,iリ;
 ////,.:.イ゙´/////////∧゙`ゞ.ー..V`ilil7/、、_//// ヽ
 ヽv/////////イヘV/.'ゝ\ `j:::::lilili/z-zv,:v/// ,ハ
   `¨ー―----Vヽ、///>N゙:;::ノ//,フ//\/////ヽ、
           `ヽ V//∧ i!z゙//7//////\/////ヘ             /      、     ィ
             V iY//o`!///,イ//彡// ハ,////ハ       ,:-rr、、‐っ′ ,  乂)Y⌒'ノ))ノリ
              ヽi!////,|!///;///////  ヽ////`i     ./:::::ト、jjノ'~   ((  ヘ-―-〃/ 彳ィ_
                   }///.ol{// ///////   i/////|     /:::::::::/        `>`ヾYノノ '⌒ヾ,ノ⌒
               i////.ハ///∠≦,:{     V///.|    〉::::::{      `ー=ァ´   ミ彡⌒ヾ ミミ=一'
              /////  `</∠/∧    V// |   .匸 ̄]      〃/   ,ッヘヾ、\ `ヽヘ、_
               .ノ//r--vz=ニ_V////ハ     j//.ム     .|   l     -=彳イレ ノト、 リ xヘハ、ヾャ ( ̄
              /`V//.ナ -'ヘ7≧=ヽ////;    j゙ ̄ `     l   ',    ノ)ノリイハャぃ  'ィ_ァハト'))ヘ)'
             /////Y/il//////////\V/,   /   :iヘ  ...l.   i     ノ'^)ッヘト、 .'.  イ^リ   '′
           ////////ト.il////////,///!\リ  /,ヘ  . | ,i  ...',   L... __, ヘ-―' ̄\`ニフ ̄/⌒'^ヽ-‐ァ
        ////////////ー///////l!//,:!/   ` / .ハ | l:!    .'、     `ヽ. Y   \ y'  /   ノ/ /ヽ.
         ///.://////////i/,.://///l!//,i!     / / i! !.リ     .`ー---- ┤ レ   , ' /   v/,へ、  \
      ///.:' //////// :////// l!// ;     `  l_j¨              └┤   /  /    ト'   ヽ
     .ノ///.:///////    V/////,l!///                      ', V  /  //  !      \
    i/、//ノ////./     ,!/////,:i!//                           `v'-イ ¬─--ァ′
                                                     冫、__::;;;::__::::〈__
                                                 ,/:::〃/l-ト、ヽ::::ヽ.`ヽ、
                                                 /,勹ーレ1 |┤ N―-ヽ\\
                                               / / i  ||. || |    ':, ヽ

.

985 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:26:05 ID:mB1y7o8w0 [4/7]

┌───────────────────────┐
│1914年にサラエボで撃たれた時も、そうだった。   ..│
└───────────────────────┘


    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l                                             /辷ヘ__
     /  l                          _____   --=ニ二¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::///∧
   ,r-(二二ヽ、__               / ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |||||||||||||||l:::::::::|////,|
   ミy'く-、、`L,__ ヽ        Y´ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|||||||||||||||l:::::::::|////,|
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}         .乂__{ー― 、 ::::::::::::: ___________||||||||||||||||_|\j//// !
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⊆ニニ才⊆二二⊇  ∨//∧    `¨¨¨´
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、             \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ}{ ((/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\
      ,}    l   ト、  `丶、             ̄ ̄ ̄|γ´ ̄`Y:}{ /            `ヽ
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶              .| |{    } }/               \、、____
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l              乂`ー=彡イ     /,ー┐          /: : : : : : :
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l               `¨¨7´`ヽ __/メメメメ|            /: : : : : : : :
   《^リ      'i  l    l  l                   {    |メメメメメメ乂_           /: : : : : : : : :
           l  l    l  l                ヽ/⌒ヽメメメメメメメト.        /: : : : : : : : : :
           l  l    l  l                      {     从メメメメメ|:::\     /: : : : : : : : : : :
                                       ‘,  /メメメメメメメl:::::::::ヽ   ′: : : : : : : : : :
                                     y⌒Yメメメメメメメメ!::::::::::::|  |: : : : : : : : : : :
                                          {  |メメY⌒Yメメ}:::::::::::|  |: : : : : : : : : : :
                                         ヽ,__|メメ乂..乂メ/::::::::::: |  |: : : : : : : : : : : :
                                        _jメメメメメメメ/:::::::::::::::|  |: : : : : : : : : : : :
                                       `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ー┤: : : : : : : : : : :

.

986 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:26:27 ID:mB1y7o8w0 [5/7]

┌─────────────────────────────────┐
│手当てのため服を脱がすには、ハサミをさがしてこなければならなかった。    .│
└─────────────────────────────────┘


                                                    ,. -‐ ' ´ ̄ ̄`丶、
               , '   ̄  ヽ                          ,. - ' ´           `ヽ-、__
              /:::::::::::::::    .}             ,             /                   ヽヽ
             /::::::::::::::::::   ;                            / _ | /--    、、 ____      〉、
             /:::::::::::::::::::::::::::::/                           / ´ , 〉'´  r‐_ニ..--―‐-...ニ_ー- 、 //    
           __,l__:::::::::::::::/            ,               l / 〉>',.::'´::::、,.::‐_ァ、::::ト、::::::::::`ン />
          _rV二二ミ≧ー=7´  ヽ     。               j  l/,.ィ´:::::、:l/∠===、ヽ l:ll:ll://!,.-
        / /:::::::l::::::::::::::::::/    }                       〈  ,ィ,ィ〈  ト、::トく/'__foユノ uリレ',.イ!:::::|r‐
       /:::::::{:::::::::、:::::::::::::./    /                        `ヽ,r‐_-_、l ヽトx、 、,. -‐'"´ ̄´〈 j::::::| 〉
      :::::::::::::::::::::::::::',::::::::::: ,'   ,/                       レイ / fo}/ニ二_´         V:::::::|'ニ
     ::::::::::::::::∧:::::::::::',:::::::::,'::::::: , イ                            ヽ}ゝ-ン'  `=-         ',、__jハ::
    :::::::::::::::/¨\:::::::::::,::::::{  :::::::y\                          r'´ /〉 ,r=-------      ヽ / /
   ::::::::::::::/     、:::::::::、\::::::::::::ヽ ヽ                        !  / /             ヽ_//
  :::::::::::::/       ∨::::::::',:::::\::::::::::}ーっ_,´ ̄l                     ',  / ィ__二  __ ... -      /
              \:::::::::::' ,:::\:ノ  、ニ)、{                      ヽ   ,r=='´        ,ノ.:
                \::::::::ー-:::::::\\)  7ー-  _                 ヽ '´  ̄ ̄``    _,. ィ´ .:::
                 ト、:::::::l/::::::::::::::´/         ヽ            ヘ  __,. -- _-' ´ /  .:::
                 \:::::::/ \_ /             ヽ            V´_>t<´    /  .::
                   V \   ー-:::::::::::::.........,,,,,,,,,,,,   \           `´   | ヽ     /    /

.

987 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:26:54 ID:mB1y7o8w0 [6/7]

┌───────────────┐
│そのため、出血多量で死去。     .│
│                     ...│
│第一次大戦のもととなる。       .│
└───────────────┘



    i    .   __     .i
    i    _ i:::i_    i
        i::::...:::.::.::i     . i
          ̄i:::l ̄    i  .i
     i     .i:::l         i
     i  , -―.i::::i---_、     i
      .l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i i
     i |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! .i . . .. . ... .
...  ..   |::i::;:;i:j;:;:j;:;;i;;;|::..!. .,. .... ,. ,. . .,. . ,
.., ,,,....,.  |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..!. .、、、、、、.,,..,,,,,,.,.,,...,,,,,..
   .   |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..!. .
     / ̄::::::::::::::::/:.:.l ' '''' '' '  ' '
    /.::  o.゜*。,..::::::/ ,,....ゞ,
  /::.../⌒ヽ** )/
  ::__/     )。*o
  ::::::: ̄ ̄ ̄ i/




┌────────────────────────────────────────┐
│オーストリアの大公フェルディナントは、大変なおしゃれ。                         .│
│大きな行事の時は、服にしわがないようにと、着たあとで、各部分を糸で縫い合わせた。     .│
│1914年にサラエボで撃たれた時も、そうだった。手当てのため服を脱がすには、         │
│ハサミをさがしてこなければならなかった。                               ......│
│そのため、出血多量で死去。第一次大戦のもととなる。                          │
│                                                           .│
│                          アシモフの雑学コレクション 星新一編訳より    ....│
└────────────────────────────────────────┘


.

988 名前: ◆07vD6b3kGM[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:28:38 ID:mB1y7o8w0 [7/7]

以上となります。
また投稿させてもらえると嬉しいです。
それではまた、新スレにて。



989 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 22:34:58 ID:FTMUJid20

乙でした



990 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/05(日) 23:32:09 ID:mUOivrsw0

乙でした
世の中、何がどう影響するかわかったもんじゃねぇw



関連記事
| 06:00 |コメント(6)
カテゴリータグ:小説・文学・絵本系 オムニバス短編集 小説・文学・絵本系(2012) やる夫の雑学コレクション 2012

|

<< 新婚夫婦 | HOME | やる夫で学ぶご当地知識&方言 やる夫で学ぶご当地知識 ~~福井県・源平落人伝承~~ >>

■御感想or寝言

27040 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/08/07(火) 17:32:13 ID:-

出典元も書いていなければ事実考証も怪しい雑学とか勘弁してくだしあ、アシモフ先生……


27081 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/08/09(木) 12:29:06 ID:-

ネタだよな
護衛の兵士がナイフや銃剣ぐらい持ってるだろうから


44493 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/30(水) 12:03:22 ID:-

とっさにナイフを使用できないくらい兵士がぱにくってたとか


44669 名前:名無しさん [] 投稿日:2014/05/03(土) 11:16:22 ID:-

オーダーメイドぐらいあったと思うが…でなくとも脱着に影響しない縫い合わせの方法なんていくらでもあるし


47229 名前:名無しさん [] 投稿日:2014/07/26(土) 07:31:35 ID:-

歴史系だと結構有名な話だと思ってた
銃剣は今みたいな物じゃなかったし、ナイフは護衛の場合持ってたかどうか怪しい


47233 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/07/26(土) 08:08:01 ID:-

人間の記憶なんて自分に都合よくできてるし


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ