やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2012/08/18(土) ~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門 ◆A-23 ……◆NSWp4kb/oE  さわやかさやか

カテゴリータグ:やる夫短編祭 やる夫板記念祭 ~やる夫板Ⅱ3周年記念短編祭~フリー部門 2012

短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.54 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所115                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その22              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド13                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/
~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ お題部門
~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門
阿部高和速報 8月10日 男祭り



58 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:38:24 ID:Hy23DYmc0

では投下します。タイトルは「さわやかさやか」です。



59 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:38:54 ID:Hy23DYmc0
   / /                               / /___
  | | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | |
  | | | |                               | | | |
  | | | |                 |Laundry|                 | | | |
 ̄..| | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | | ̄ ̄ ̄
  | | | | .|| ̄ ̄ ̄||. | | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| | || ̄ ̄ ̄||  | | | |
  | | | | .||___||: | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄

                   ――くるぐるくるぐる、回る水と、いくつかの服。

                      カタガタゴンと音が鳴る洗濯機ばかりの、
                         古ぼけて、しなびれた、コインランドリー。



    その店にはいつも、さやかという、
    少女のような、あるいは妙齢の女性のような、
    ちょっと変わった女の人がいました。



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |   ――ら~~、ら~ら~~~らら~~♪   |
      \__________________/


                               |_|
                               |_|   ~♪
 ♪                            |_|
       _______________|_|__
       | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
       |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
       |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
       |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-lhttp://www.youtube.com/watch?v=y8So0JqS5aI
       |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
       |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|      ~♪
       ┴───────────────‐ー┴


         いつも変なかっこうで、いつもの席に座り、
         いつもの古いラジオから流れてくる音楽を聞きながら、
         いつもさわやかに笑っているような。




            /: : : : : : : : :./ :\: : : : \
            /: :./: : : : : : : : :l : : : :`ヽ: : : :\
           /: : /: : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : :ヽ:.ヽ   ♪
         /: : :/: : : : /: : : :/ |: : : : |: : : : : : :ヽ: ヽ
         /: :i: l: : : : :l: : : : /  |: : : : |: : : : l: : : |: : :lヽ
        /: :/: l: : : : :|: : : / ―r<: : |:lヽ: : :|: : :|l: : l: ト、l
        |: :l: : l: : : : :|: : :/   |ヽ: :l 、ヽ: : |ヽ: |: : |: |
        |: :|: : l: : : : ヽ: |---、、ヽヽ::{ l ヽ: :| l: :/: : :|l:|    「ら~らら~らら~~ぁ♪ んん~ん、たらららら~――」
 ♪      |:/l: : :|: : : : :ヽ:|,,,     ヾ! __ヾ| |:/: : : |リ
       ,/ .|: : : |: : : : : liヽ      、   ヽ 'l: : : :|
         .|: : : |: : : : : :|   r - 、    ,,,  /: : : |         そんな、変わった子がいました。
         |ヽ: : : : : : :|ヽ   ヽ、  /     /: : : :.|         それが、さやかという子でした。
           ヽ:lヽ: : l:| .l`ヽ、   __ . -t: :/l: : : /
            ヽ:ヽ: :lヽ`゛-、__,ニ{´}::/ |:/ |:il: :/
        ,. ――‐‐' <ヾi  ,__/r, {  ヽ___   |:/_
       /       \\ {.0Uθ!//   ̄ `ヽ

60 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:39:16 ID:Hy23DYmc0


         さやかは生まれつき、少し頭が弱い子でした。

         さやかが、絵本かなにかのヒーローか王子さまのような、
         ちょびっと変なかっこうで、少女と呼ばれる年ごろを過ぎ、
         若い女性と呼ばれるようになるまで、外を、


            -─-
          /        \
         ;     /| ∧ i ハ
         | | | /‐|/  j八!|
         | | |゙ >   <Ⅵ
         八r‐x '' (:::::::)''ノソ   「…ぴゅーっ!」
          /¨ソzz石テつ´
      = <乙`ーrxソ |
        = (人゙ーヘ/ :|
            (>'’`⌒


                         -─-
                      /        \
                     .ハ i ∧ |゙i     ;
                     |!八j  ゙i|‐゙i | | |
                     Ⅳ>   < ゙| | |
      「どっぴゅー♪」      ソ!、''(:::::::) '' x‐r八
                      `とテ石zzソ¨゙i
                        .| ソxrー´乙> =
                        .|: ゙iヘー゙人) =
                        .⌒´‘'<)


      などと、走り回っている間に、さやかの父は早くに失くなり、
      さやかの母も病気で、早くに亡くなってしまいました。


           ……そして、さやかのお母さんが死んだ時ですら、




                ... -―…―‐- ...
               ´ : : : : : : : : : : : : : 丶
            /: : :| : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           / : : : : |     |: : : : : : i: : : : : : ヽ
          / : :    l : : : : : | : : : : : | : : : :| : :゙
         |   : : : | l`l : :l : : | ヽ: :|: : :|: : : : |: : : ゙
           | : : : : :l: | l ヽ :l l : | _: :|ヽ: :|: : : : |: : : |
         | : : : : :l |l ノ+ヘ: :l ヽ:l ´Tヽ: :|: : : :|: : : :|
         | : : : : :| |  | ヽ: l lヽ ヽ|  ゛:| : : ル : : :|   「…アハハッ、イヒヒッ…♪」
           | : : : : :l  l    ヽl    _   :|: : :ハ: : : :|
         | : : |l: :l ,〃~`ヽ      ´ `ヽ:|: : :| || ル:|
          | |: :|::N        .    . . . |: : :|/| :|`:|  「だいじょーぶ、わたしは、へいき、へっちゃらだよ~♪」
            || : |::l_l` : :    _ 、、 -ッ    |: :|::::/|:| ヽl
           | : |:::::`‐ _  ゙、_   /  _ -´l:〃/ ∥  ゛
           l : |::::::::::::::~、 ト -~ - イν//:/〃 l
            ヽ:|::|ヽl`_`_ソ`゛`x ゙´´ヽ _ l/ ′
            ィヽl~~~\    ,、| |,,、   /~~ ~ ヽ
          ∠_____ ________,ゝく、 Y_//________   --`- 、
         /      ___ 〟-ーー~~~ ‐--〟       ヽ
        /  -‐  ~  、、、、       、、、  ~~゙゙  ‐‐-- ゝ


    などと、ニコニコ笑いながら、さやかのお母さんがストーブの中に
    入れられてしまうのを手をおおきくふりながら見送るものですから、
    まわりの人はすっかりあきれてしまって、さやかの面倒や将来を、
    面倒だからとすっぽり放りだしてしまいました。


.

61 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:39:32 ID:Hy23DYmc0

   残った身内は、さやかのおばあちゃんにあたる人、ただ一人だけ。

     さやかの将来を真剣に案じたおばあちゃんは、
     なんとかしてさやかに、仕事をあたえることにしました。


.      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /.:::::::::::/ ´  ̄`ヽ、:::::::\:::::::::\
.   /.::::::::::::/    _, -‐\:ヽ::::ヽ:::::::::::ヽ
   /.::::::::::::./ ノ.~ ~ ' ,.ニコ..,_}:::::::::',:::::::::::|
.  /.:/:::::::::::i '゙__ 、...  ゙ {゚' リ 从:::::::|:::::|::::|
 /, 1::::|l:::::::{,イ'゚ハ..    ゙'-'′  ヽ:::!:::::}::::!
   i::::|.:::::〈弋`ノヽ ;     'こつノ::/:::::::::::!
    |::::|::::::::|'とつ 丶       'イ::::::::人:::::、   「――って、やるんだよ。分かった、さやか?」
   |::::|::::|::.{     ( ,._  _, 丶  ,'::::/:::;' ̄
   |::∧:::.、ゝ    `    ゚ //!:::::/
   |/  'ト、:.\、        イ::::/!:::/
.      ノノ\〉 ト .._   . イ |、/ ∨
     ´      l|:  ゛´    |
          _/::「|         |┐
   ,.、-‐''"´ : : : {′      ∨¨''‐ 、


                  __|__|__
           \\_       !   !       _//
          \/ヽヽ                  // \/
          /\                     /\
                     .   ´. :  ̄: : `  .
                     /. :/\ : : : : : : : : : : \
                    . '. : : : ! : : : : : : : : : :ヽ. : : : ヽ
               .' . : : : :.|: : :.i: : :.!: ヽ. : : ヽ: : : ハ
                 l: : : : : : |:_:_:.l: : ::! ィ´\: :ハ: : : :.ト.
                 |:!: : : : ´|、: : !: : :i: :lィ云 Y:.:l: : : :!      「…うんっ!! 分かったよ~!」
              从!: : : : i! \j\ル!リ匕ソ .!: ト.: : :j
                | : i: :八x==  .   ""|: :!ノハノ.「ヽ
               | : l: i:∧""  < ヲ  .|:.( ∨ . | |  「だいじょうぶ~私にかかればへいき、へっちゃらさ~~♪」
               | : l: :i: :〕ト .  _ __ . イ!:∧ ∨:| |
             ∩  .N人ノヽ!;从ル ∧_ /ル' ∧ Ⅵ .!`ヽ
            l | ./ )    }><! 〈〉 / / }__   し'へ
            | |_/ /   ∠斗.<j レ'⌒ヽ' イ(___ノ   しノハ
            r「   /  /、           从 入 _ __ イ  i}
             ノし(⌒Y /ヽ:::}  ノⅤ厂ⅥⅤ入  ∧      ノ
         〈\__ メY、:: :::}⌒7.:⌒ ー'´.: ̄`ヽV/  > --<\
          }\   j 〉/j ./. :: :: :: :: :: :: :: :: :: 7 ´     V∧
          |  >く/   ノ人 :: : :.ノヾ. :: :: _::ノ{          V∧
         人__ _/   //  }「  o li > ≠斗        V ハ


    それが、おばあちゃんが経営している古いコインランドリーの管理人……
    と、いう名の、お店番のお仕事だったのです。

.

62 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:39:44 ID:Hy23DYmc0


     こうしてさやかは、ただの頭が悪いさやかから、
     コインランドリーの……いや、「クリーニング屋さん」のさやかになりました。


              ┌‐ '´  ̄ : : : .  .
                  /: : : : : : `丶、: : : \
                 /: :i:!: : : : : :\: : \: : : : ヽ
              . : : :.!ト、: : :ヽ: : \: : \: : : ト、
                l: : : :l _ \: : :|X´Kヽ.: l:i: : : i!. ヾ
                |:i : : | .rtk \j i必リ.ハ:i:ト.: : ij
                |:l: : ∧ 以!   """ l:l:|ノ: :.リ
            从: : : ハ"" ' __ノ  . イ::リ:ハ(
                /)ル': 入 _ _ . イ‐くル'   ヽ    「へへへ~っ、どうだっ、すごいだろっ!」
       ( ( __ _/  Ⅵル ___ )ノ く _>´  ̄ユ._
         ̄      / /⌒ ⌒ ー ---< \
                   ( /芹Y芹芦.入    \/ \
              / i´⌒: :/´: : : Ⅴハ /、  _.\_. \
                 / 从: : : :.{ . : : : : Ⅴル⌒\厂:::::::\.\      だいすきなおばーちゃんの、
             /:`:::∧: : : : : - : : : :}: !   ⌒ X::::::: ヽ ヽ     すきなクリーニング屋さんになったさやかは、
               /:::::::/ ノ /介ト . : : : 彳   /:::::::::::/ \!     しゃっきりスッキリ、はりきりました。
               〈:⌒〈 /7  0l|   ̄   !  厂 `ヾ /    \
            ∨:::.∨     l!       {  ノ   i}         \
 .             レ⌒j   .0l|    / ∨ \ _r''            \
            〈  /}      》    ゝ._{ _  i}            ヽ
               7 /    会 、        ハ                .
             / /== ≦ 」L.≧ = == = 彳〉       \       .
               / く:::::::「: : : : : : : : : : : j::::::::i::∧            ヽ     .    …特にやることなんてないのに、ね。
           //::/::: |: : : : : : : : : : : :|::::::::∨∧          .    i
          /:::: /:::: ∧: : : : : : : : : :./:::::::::::∨∧         i    l|
          く:::::::: /:::: /:::::〉 ‐───〈 :::::::::::::::∨∧         ノ   .リ
         /\:/⌒:〈二」 _:_:_:_:_:_:_:_:_:i ::::::::::::::::∨∧       /    /
           /   7⌒ |     / ─<jヒ!二 二 二}::: :}     . '   . '
.        〈   l  j_   / 二 二ハ     |「j:::ヌ    /   /

アクセスカウンター
アメリカンイーグルエバーカラーワンデーhttp://www.e-creditcard.info/アクセスカウンターネオサイトワンデー



63 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:39:55 ID:Hy23DYmc0
           .- … - .
       ,.イ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:`:..、
      ,..'..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.‘,
     ,:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:',
      l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..l ~♪
     :..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:. l
     l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..: 从
.     从:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ハ:./    「…くーるくる、くるぐる~、ぐるぐる~♪」
        ヽl、/\/ヽ/ヽ/
         ,ィ l´  ̄  Y\       などと、腰をフリフリふりながら、洗濯機の中で
.        〈:::〈l     ヾ:/      ころころからりと回転する洗濯物を眺めていたり。
.         /        ヽ
.        /    .::     ヽ
        ヽ _ _.::::    ,ィ¨ヽ!
       ((  |=/`ー┬"=/  ))
          ├/   ├-/
          ¨     .¨´




      / : : : : : : : i: : : : : : : :`、 : :\
     ,:': : : : : : : :/ : i: : : : :i: : : :ハ: : : : ヽ
     /: : : : /: : :/ : /{: : : : :i: : : : :i : : ゙,: ヘ
    /: : : : :i : : :i: ィ⌒i ト、: i: :i : :_i_ : : i : ハ
    /: : : : : i : : :i ム斗云ミ\iヽ}、∧ヽ: } : : i    「らーらーらーら~、らーららっら、ら~♪」
   / : : : : : i : : :i〃然(_,      j/ミx :ノ: : : :i
   / : : : : : : i: : : i!{;;じミj       fl|(j }} / : : :}
  ノ/{ :i: : :゙、:゙、: : i弋;;;ノ      {Jタ j:/:i : : :j
      i i: : : :`、゙、 iつ /`''ー-  ゙''゙ ハ :i : i j!
     ヾ\ : : \: :i、 乂__ ノ  ⊂ノ:iノ}: j:/ ~♪
         \トミ>、i^く≧┬rr ''サ~∨ !:/
          ζ/⌒''ー`~'フュ      j/


   などと、長イスにごろりんと座りながら、店の中に置かれている古いラジオから
   流れる音楽に合わせて、調子っぱずれに……良く言えば、ホンキー・トンク調に口ずさんだり。




             ,. . <: : : : : : : : : . .、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :\     、. ,
.      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ     。
.      /: : : : : : : : : : :i : : : : : : : : : : : : : ハ ~゚
     /: : : : : : : : :i : : | : : : : : : : : : : : : : : :ハ
    . : : : : : : : : : l : :∧ : : : :i: : : : : : : : : : : :.
    i : : : : : : i : : | :/ ∨ : : !: : : : : : : : : : : :i
.     : : : : : : l : : |/_  ∨ : !: : : : i: : : : : : : |
    ∨ : : : : :|: :/  `  ∨∧: : : :!: : : : : : ;'   「くぅ……すやすや……zzz……」
.      ∨: : :i: :|:≧=、   }/ ´ヽ:_/|: : : : : :イ
.     ∨ : :ヘ|            イ: : : :/ !
       ∨: ハ xxx    ,   ==_ . : : :∧
.      ≦ ∨: :ト        xxx ノ: : :/ ∧
   / \  ∨:|  \ーっ_ _ , イ: : / /  i
   |   \. ヽi\   x   ノ ヘ:/    /


       後は、店のすみっこにある、他のより少し古い長イスで
       さすやすやと、つやつやした顔でいねむりったり、ぐっすりねむねむしたり。

         こんな仕事ぶり、さやかじゃなきゃ、ゼッタイに許されないでしょう。


   まあ、さやかに仕事をまかせた、さやかのおばあちゃんが
   許している以上、他の誰が許さないのか、という話なのですが。

.

64 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:40:13 ID:Hy23DYmc0


       さて、そんなさやかのおばあちゃんですが。

     週に一度は、すっかり弱くなってしまったその足で、さやかの様子を見にきてくれます。


            /     /                      ',   .::、
            /      /                     ,   .:.',
           ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,
              ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,
          ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!
          ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i
         ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i
         /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノゝ  ~~~  ヾゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i   「よっほっほっほっ……
         /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi    さやかや、元気にやっとったかい?」
            l;..|:.:..ヽ:.. \:.⊂二⊃     :'   ⊂二⊃,′..:/|.::/ }
              l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\ ゚    .__, 、__,   / ノ ..:.:/ ..:/
            シ  \  \:..\    ( V ⌒7ヽ゚  .//.:/ :/
           ∫         \ 丶、   ` ‐'′  . ´  /ハ:、
.             ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \
          人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',



            /: : : : : : : : :./ :\: : : : \         /\
            /: :./: : : : : : : : :l : : : :`ヽ: : : :\      /  /
           /: : /: : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : :ヽ:.ヽ     \/ />
         /: : :/: : : : /: : : :/ |: : : : |: : : : : : :ヽ: ヽ      </
         /: :i: l: : : : :l: : : : /  |: : : : |: : : : l: : : |: : :lヽ    ┌─┐
        /: :/: l: : : : :|: : : / ―r<: : |:lヽ: : :|: : :|l: : l: ト、l    └─┘
        |: :l: : l: : : : :|: : :/   |ヽ: :l 、ヽ: : |ヽ: |: : |: |
        |: :|: : l: : : : ヽ: |---、、ヽヽ::{ l ヽ: :| l: :/: : :|l:|
         |:/l: : :|: : : : :ヽ:|,,,     ヾ! __ヾ| |:/: : : |リ
       ,/ .|: : : |: : : : : liヽ      、   ヽ 'l: : : :|
         .|: : : |: : : : : :|   r - 、    ,,,  /: : : |
         |ヽ: : : : : : :|ヽ   ヽ、  /     /: : : :.|   「…あっ! おばーちゃんだぁ~! いやっほ~~♪」
           ヽ:lヽ: : l:| .l`ヽ、   __ . -t: :/l: : : /
            ヽ:ヽ: :lヽ`゛-、__,ニ{´}::/ |:/ |:il: :/
        ,. ――‐‐' <ヾi  ,__/r, {  ヽ___   |:/
       /       \\ {.0Uθ!//   ̄ `ヽ
      /         ,.'´ヽ、>.-r-'<       ヽ
      |      /   /   \  \     ヽ
      |   ,. -'´   イi __     ,.r-,ヽ  `ヽ、  |

     さやかのおばあちゃんからしたら、
     さやかは、たとえ何歳になっても、手がかかり目も離せない孫なのです。


        …まあ、手をかけて目を離さなかった分、
        さやかのおばあちゃんは、他の誰よりも、
        さやかのことを分かってくれているのですが。

.

65 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:41:19 ID:Hy23DYmc0


   さやかのおばあちゃんは、昔のように、
   さやかと一緒に遊んであげる元気は、もうありません。

   だから、かわりに色んなお話を、さやかにしてくれます。


                        .  -‐…‐- .. _
                      ,..:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                     /.::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  /.::::/.::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              /.::::/.:/:::/|:::/|::::::ト、:::::::::::::::::::::::::i
               /.::::::{/{:::∠.ヽl/ |:::N ハ:::i:::::::}::::::::::|
                 /.::::::::{/〃  `'  八| _`メハ:::::ハ:::::::::|
             /.::::::::::i:{ ' =ミ  ~ ~  r心く }:/::::::::::::|
              厶イ::::::八 , , 丶      ヒツ }}イ::::::::::::::|   「だからのぉ…さやか、たとえばな、
   -‐‐ ヽ       八::::::::::'、  ゚  ,   , , ノ /:::::::::::::::|   クォークという物質が、この世界にあるとしてじゃな……」
  ' 二 ' {       八八:::l ヽ iー'ー、ヽ ゚  /.::::::::::::::::|
. | ,二 j  l              ヽ\ 、_ ノ   イ.:::::::::::::ハ:八|
  ヽ  ヽ }  __         /¨¨7 > -‐=≦厶ィノl/ ′
.   〉  //  `T: :T´ ̄'! V      ∧
  /  /'      |: :.:|   j   \   _,厶 }





              __ _
          .  ´::::::::::::::::::::`  .
        /⌒V`ヽ::::::::::::: /⌒i::\
       . ':⌒ヽ.ノ!::::::/:::::://::::::::}::::::::ヽ
      /:::: ::::::::/::::/::::::/::!:::::::::リ:::::::::::: .
     /:::::::::::/::::/⌒:// !:::::::∧::::::::::::: .
     /:::::::/:::::/::/テk!从|::::/⌒!::::::::::::::i
    /:::/:/:::::(Y::::::/i以!  j| /テkト、:::::::::{i
  /⌒レ::/::::::/ !::::::|""      {以!ルi!:::::::ハ   「…うんっ、うんっ! それで、それでっ!?」
    人j::::: /::::!:::::ハ    '  ""/::/:::::/ lj
      )イ::::从/:::∧ 「 _ヌ  _ノ::/:::::/
     __r'⌒厂\\  > -- < : /:::::〈
    .} ⌒ \  \ヽ  ノノ\ ル':::从ハ
   _ノ       \ ( \Y/ ) /〉⌒i
    ⌒ ー --  へ >云く/   !`


    たとえばそれは、さやかのおばあちゃんが、
    さやかと一緒じゃないときに体験したことだったり。

         たとえばそれは、頭のよわいさやかにも分かるように、
         さやかのおばあちゃんが分かりやすくしてくれた、
         日々のニュースやなんらかの物語だったり。


      たとえばそれは、クォークという、この世界に
      あるのかも、いやないのかもしれない、
      今のところはあくまで架空の物質、あるいは概念についてだったり。



         …クォークとはなにか、については。また後の話ということで。

.

66 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:41:29 ID:Hy23DYmc0



    さてさて、話は少し変わって、
    さやかが働いて…いる? クリーニング屋さん、
    という名のコインラインドリーについてですが。



         /     /|| | ┌─────────┐
       /     /  || | │洗濯機 300円~より.│  [          ]  [
     /  ::;; ;i'゙   || | |乾燥機 100円~より.│
   /     ||    || |;; └─────────┘#;_______   ______
  / ;; /|l    ||    || |          ;;     :'  /|        /|/|
/  /  |l    ||,,__|| |__________ /  |____/ /  |____/
  / \ |l    ||   /                   |l三三三三三l|  |l三三三三三l|
/      |l   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|    |l三三三三三l|/|l三三三三三l|/
 \\   |l #::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ /    |__________|/
\  /    /
  /    /   -─- . _____ ______ ______ ______
/ ;;   /  /        \    /           /           /          /|
    /   ;     /| ∧ i ハ  ./           /           /         /  |
  /    .| | | /‐|/  j八!| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /
/      .| | |゙ >   <Ⅵ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\...|/
.       八r‐x '' (:::::::)''ノ<   いらっさいませ~おきゃくさ~~ん♪    |
         ./¨ソzz石テつ´  .\_________________/
.       <乙`ーrxソ |
.         (人゙ーヘ/ :|
.          (>'’`⌒


      住宅街の片隅にポツン、と営まれているわりには、
      意外と多くの、いろんな人たちが利用してくれます。

.

67 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:41:39 ID:Hy23DYmc0


    …たとえばそれは、センベイを少し噛じる程度に
    家事の手を抜きたい、近所で暮らしている奥さんだったり。

       _ _    / ̄ ̄`>─- 、
       ) ヽ ` /´__          \
      γ    〃
     .イ    / ‐ /              \
     {   /  .-/     l  |    ト、   1   ヽ
     ヽ .i  |/    |  /ヘ.    | \.  |     V
      ゙ゝ|  |    /\|`ヽ\  |  /ヘ |   l |
        | l   //      \!   Vl   l !
         }.人  l/ ィ≡≡ミ     ィ≡ミ |   /!/l
         l ヘ \ |  /l/l        /l/l !  /
         l 〈  ヽ    ,、_____,   l/   「おはよう~さやかちゃ~~ん、って、もう11時過ぎてるけどね~、
           \_     l       \l   |    昨日ダンナの帰りが遅かったせいで、寝坊しちゃったわよ~」
            ヘ.   l         /   /
                 \  ヽ      /  /     「あの人ったら…どんなに帰りが遅くなっても、
                  }\ \   / /       あったかいご飯食べたがるから、本当にまいっちゃうわよ~~」
       __    / \`>--r<
     / 、   ` Y´ l    \ _,ノ 1 \-―‐- 、
    /     \    |  \   /:::::\ |  l    l |
    /      l   |   \./\:::::ノ1   l     l |




                           /\
                         /  /
           _,, .-ーー- ,, _        \/ />
         _,-':: :i'-.,,ヾ''y:へ: ::ヽ,         </
        ./:i: : : ::'i: : ': :'':i: : ::'i,: : :'-,     ┌─┐_
       /: :ト: : ,::::ヘ: : : ,: i: : :i:;i: : : '     └─┘i,'
       .i:i: ::i.'iヽ: : :.lヽ::,:ヽi:i; ;l; l: : : .'i,
       ,i'l,; l: _ヘ'丶:::i, へ:::l: : l;l:::'i::::::,_丶、          「あっ、オバサンだ~! おはよ~~」
      /:,::'i;l.l '=丶 '-l弋::)://,l:::'i::::,ヘ ̄
      /-'l::::'!,弋:i    ''ノl::イ''ノ,:k:::'i::l',l,,,__
        l:.:.:..ト.''  .,-ー, l//iへ-=ヽi:::::::: ̄'''=-''----―――-- ,,_
        .i:.:.li;'i,_  .t,__,,.ノ-''//'   ̄\=- ,,,::::::::..... ''- :::::::::::::::::::::::::..'' -,,_
        'i;;l 'il.l:t/''-,,-',_,/ k/' ̄ ̄''''―-,,__       _____:: 'ヽ,
         'il   (,_ :::モr,O/yi    ::::::::::,r'/,''ー-,,_,, -'' ̄ ̄.,-o==-= ''ヽ::'―--,,丶,
              ̄ヘ. ̄ .l    :::..r,r'ノ/::''-y,::::::: ̄''ー-,,>k''=ー-',__,, 丶:::::::::::''::ゝ,
               .ry-n,l    :::l-''='':::::,_ l.l-,,-'' ̄''='',,_r,_ 'i.'''ヘ-,,,lノ .'i:::::::::::::::::::\
               l ̄''-'l'-,,_,,,イ:::::::::::  .//  ''-,,''l  .''ヾ,,ノ-,--i,,~'''y, 'i:::::::::: :::: i:' ヽ

68 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:41:50 ID:Hy23DYmc0
           / ̄ ̄`>─- 、
   _ _   /´__         \
   ) ヽ `/ 〈               \
  γ    〃  ∧     \__、 \   ヽ
 .イ    /     \    \l  \ !   |
. {   /  ./     \\  \   |  /
  ヽ .i  |    \  |/  ̄ ̄ ̄ /|/ヽ
.  ゙ゝ|  |     \!         ⊂ニ|
    ミ  |       |   /     | |   「ふふふ~さやかちゃんは朝から元気ね~」
.      ヽ ヽ    l  /        _ノ /
.       \\__y ⊂⊃ 、__.ノ /    「…でもね~、私はまだオバサンって歳ゃないんだから~、
.          ̄l └        /      お姉さんって呼んで欲しいなぁ~いい加減にね~」
.           `7フf^  ー―ァく  `丁ヽ
.            _/〈  \__/ |\  |  |
        ./⌒\\    |\jヽ. l |  |
      ∠ ┬- 、 \\   |::::::|人 ヽ|  |
     /_/   \ ヽ \.人__j  ヽ| /





                        ... -―…―‐- .
                 . :.´:.:.:.:ミ:彡'"´ :.:..:.:.:.:`:.、
              /:.:.:.:./:.:.:l:.`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                 /:. :.:.: /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.‘., :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
              / :.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               ,′:.:.: /:./:.:./:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.ヽ .:.:.:.:.
.              ;.:.:.:.:.: i:.:.l:.:.:.l:.:.:Λ:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i.:.:.:i:.:.:.:.:.:   「うんっ! 分かったよ、オバサン!」
            l:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.l:.:.'  ',:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:|.:.:.:|:.:.:.:.:.:}
            |:.:.:.:.:. |: ィ"´ハ:{`ヽ ' :.: : :}:.:.:_:_:}:.:.:.l.:.:.:.:.:,'
              .:.: :.:.:.l: :l:ハ:{ ヽ   '; :./j/}: :.ハ :/.:.:.:.:/
               ヽ:.:.:.:.l:.:,z≠=ミ    }/ ,ィ笊ミV/.:.:.:.从
             ',:.:.:.ヽ:ヽ       ノ  _):::::} ,》:.:.:.:/、       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              , ィ'"´',:.:.:.: 从     ′ ゞ- ' /:.:.:./ Λ       |   …いや、だから~…まあ、別にいいけど~…  >
           {\ヽ Λ:.:.:.:{\ ( ー_ァ    人:.从/        \____________________/
.            l  \  \ :.   、 _   -=≦ハ:.//   }
.            |    \  ヽ}、   iⅩi  / j/  /  ,′
.            ト、   ヽ ` ー-\ ≪∨≫/_/  {   ,イ〉
.        _   トミ===彡、    ー―‐ '      }=彡/


     奥さんにとってのさやかは、それなりに愛情をかけて
     育ててきたが、今は進学の為に奥さんの元を離れている
     一人息子の代わり、的ななにかなのかもしれません。


         …さやかにとっての奥さんが、一体なんなのかは、よく分かりませんが。

.

69 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:42:30 ID:Hy23DYmc0


    …また、たとえばそれは、いつも閉店時間の一時間前ぐらいに
    おとずれては、洗濯物を機械に入れるとすぐに店を出て、
    また閉店時間ギリギリに戻ってくる、ぼちぼち忙しいサラリーマンの男の人だったり。


         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)    「――おっ、さやかちゃんじゃないか」
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }    「今日も元気そうだね、安心したよ」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ





                 . - ──  .
          「 .i   , 、/. :: :: :: : :: : : : :` .    「 i
         | l.  / /. :: 〈⌒. :: :: :: :: :: :: ::: 〈\  l. |
         | |  / /. :: :::∧ :: :: :: :: :: : :\ : :\\ j.├ - 、
         .斗 .レ' ./. :: ::/:/∧: :: :\: :: :: ::::ヽ. ::.:\ / 〉 .ハ
       / i 弋‐ く . :::/:/、 |::!: :::::!\/.: :ハ :: ::::Y .イ ⌒ }
        i 人_メ )  }. :::!/リ \从. ::::|/ x=X i::l: :: ::入   _メ7^ー┐
      入 _ __ .メ: :: l〃X云. \j イ!: :: ::ト、!: :: ::l: :Ⅵ「 .メ   .ノ\
       厂 ̄ ̄| |: :: ::| l!. :: ::|     乂c ソ ! ::.::.:|: :::∨入 _X. :: :.::\
.       /      .!.|: :: ::| 八cェソ  '   """  | :: :: | : ::::∨ハ  \. :: :.:::\
     入___j.从:.从 """  _.. -- ‐┐  j: : ::.:|: :: : ::∨:ハ斗<.ヽ .:: :: ::〉
.      /. :: : ::|  从:::ハ   i       | .イj: :i:: リ ::ヌ´ ̄「 {: :: :: :: :.斗/
     /. :: :: ::::!__从::∧> ._  --  ' ヌ /Vレ' /    | _j斗<
      /: :: :: ::.ノ. :: :: :::i人::ム  〈  ̄「 ア  /  /   /´
    入 ::_::_::_::_::_::__:ノ__ノ_ノ  > -- j /レ〉/ /rッv、 ノ!       『おうよっ! わったしはいつもバリバリ!
                | ̄ ̄}片≧rv ァ≦ヌ⌒マjⅤイ        へいき、へっちゃらだよ~アハハハハ~♪」
                |   {⌒ ー ≠ '. ::: :: :: :: :: :::{
                |   人 . :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ::::ハ
                |    \ :: :: : ィ⌒ヽ. ::_::/ ∧
                |       ` K o〉      ' .∧        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                |       jノ 〈        '  >;      |   ははは…そいつは何よりだなぁ    >
                |   __ r≦r<j \ _ __. イjメ\     \_______________/
            ノ\ l x≦. :: :: \ j: ::: ̄ ::「jj┴j 片<. :: : ::::\

70 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:43:26 ID:Hy23DYmc0


     男の人にとってのさやかは、深くかかわりもなければ、かかわる気もないけども。
     それでも、日々とともに通りすぎていく人たちの中では、よくもわるくも、明るく目立つ風景人のひとりであって。


            / ̄ ̄\    /
          /   ⌒ ⌒   ―
.          |    ( ⌒) (⌒)  \
            |    (___人__)
          |     ` ⌒´ノ
             |        |        「あっ、そうだ、さやかちゃん」
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ        「今日客先で煎餅をもらったんだけどさ、
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7        さやかちゃん、食べるかい?」
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|


     忙しい日々の中で、さやかという子に対して、電照菊のような、サーチライトのような、
     いつでもそこにある、明かりのような役割を、勝手に見いだしているのかも、しれません。



                      .  - ──-
                  .  ´ . : : : : : : : : : : `  .
                  / . : : : : : : : : :厂 : : : : : : :\
                  . ' . : : : / : : :/: : :/: : : :/ : : : : : : \
              / . : : : :/. : : :/: : /: : : :/l: :l : : : : : : :.ヽ
              ノ .: : : : :l . : :/: : /: : :.|/ |: :| : :i : : : : : : i
                  レi: : : :.l: |: : /|: :/|: : : :|  l|: :| : :l : : : : : : |
            i´.| i´ i: : : :i|: |ル'__レ' l: : : リ `ト┼ :.! : : : : : :.|
            | | | |: l:l: l|ノ´ ̄´ヾ从ル' .ィ笊K!: :リ : : : :/:从
       ,. 、   | | | |: l:l::.iハ """       7r'!Tハ:/ : : : :/: : 八
      (\\ | |ノ j:::i:l:::l人      '    i以ノ.ノ: : : : :/: :      「うんっ、たべる~!」
       \\〉´    Yル从:\ `T7T  """/: : !「ヽ.イ/ 〉
        Y     ___{__ /\\ ー''__ /: : :ル| | :/ /      「わたし、おばーちゃんのポタポタやきだいすきなのだ~♪」
           {   / ´  ___ノ (⌒ 〉 r=≠{': : : / ! !/ /  / )
        从     /´  ⌒}/⌒Y )) ノノ: :.イ  / ' ./ / /)
        / 人 ____/(__厂{ 从__メ<´ ̄\ \/    `ヽ /
      く /  /く「>≠くjト、         |   `ヽ.    }
     /\   /: /: : : : : : :Ⅴ厂「ⅣZ^ュァ j从      \  ノ   …さやかにとっての男の人が、一体なんなのかは、よく分かりませんが。
      /::::::::\_/:从 : : : : : : : :}≧≠' ⌒ヾ ( 人     /\
      i :::::::::::::/く: :\ : : : : : : : : : : : : : : Ⅴ)/ >--rく.   \
.    人::___/ 〈 >.::>: _ : \ : : : : : : :.ノイ /   / /\     \

71 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:43:37 ID:Hy23DYmc0


    …またまた、たとえばそれは、さやかのクリーニング屋さんに用事がある日はもちろん。
    時には洗濯をしない日にまでさやかのクリーニング屋さんをおとずれては、
    すみっこの長イスに座り、じーっと、さやかのことを見つめている、小太りのお兄さんだったり。


      ____
     /_ノ ' ヽ_\      「……あぁ……さやかちゃん……」
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\   「…かわいいよ…さやかちゃんマジ天使だお…(´Д`;)ハァハァ……///」
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /





                                    /\
                 - ―― -         /  /
             /: : : : : : : : : : : : ` 、      \/ />
           . : : /: : : : /: : : : |: : :ヽ : \      </
          /: : /: : : : /: : | : : | : : : l : :l : \     ┌─┐
          . : : :| : : : : : : : | : : | : : : | : :| : 「⌒    .└─┘
          |: : : |: : : : :|-‐十:7「: : : ハ十: |
         从: : |: : : : :|: :ΝV |: :/  |ハ: :|
           | : |: /: : :| : ィテ坏ヽ/ 坏ヽ:N
           | : lイ: : : :|: :|乂ツ     {ツハ|
          ノヘノ: : : :ハ:ノ         } : |
           _´7: :/_/` ,._  冖 イ 从  「…ん~っ?」
           「 ⌒ _二ニヽ/  ̄  |ノ
           |厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         厂    /      ト              アニメやゲームが好きな小太りのお兄さんは、
        ∠_彡 /      彡三|   .f´ ̄ ̄`ヽ    昔好きだったゲームのヒロインに似ているだけでなく、
      ∠     /        /    〉  |  ピクッ |     性格や笑顔までもが天真爛漫なさやかのコトが、
     .∠ 彡  /   __/     ,イ   廴__ ノ    .どうにもこうにも、とっても気になっているようです。
   <    /    /         / ;|

72 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:43:47 ID:Hy23DYmc0
               ┌‐ '´  ̄ : : : .  .
                  /: : : : : : `丶、: : : \
                 /: :i:!: : : : : :\: : \: : : : ヽ
              . : : :.!ト、: : :ヽ: : \: : \: : : ト、
                l: : : :l _ \: : :|X´Kヽ.: l:i: : : i!. ヾ
                |:i : : | .rtk \j i必リ.ハ:i:ト.: : ij     「ねぇねぇ、おにいさん、どうしたの?」
                |:l: : ∧ 以!   """ l:l:|ノ: :.リ
            从: : : ハ"" ' __ノ  . イ::リ:ハ(      「わたしになにかたのみたいコトがあるなら、いってごらん!
                /)ル': 入 _ _ . イ‐くル'   ヽ    このさやかちゃんが、なんでもしてあげるのだ~!」
       ( ( __ _/  Ⅵル ___ )ノ く _>´  ̄ユ._
         ̄      / /⌒ ⌒ ー ---< \
                   ( /芹Y芹芦.入    \/ \
              / i´⌒: :/´: : : Ⅴハ /、  _.\_. \
                 / 从: : : :.{ . : : : : Ⅴル⌒\厂:::::::\.\
             /:`:::∧: : : : : - : : : :}: !   ⌒ X::::::: ヽ ヽ
               /:::::::/ ノ /介ト . : : : 彳   /:::::::::::/ \!





               |ヽ/|_
         ___  .\   /
        / .u   \ |__>      「…どっひぇっ!? い、いっ、いや、なんでもないですお…!!」
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


          小太りのお兄さんにとってのさやかは、
          けっして手にいれられないと初めからあきらめていて。
          でも、もしも願いがかなうなら、ずっとそばにいて
          もらいたいと思ってしまうような存在なのかもしれません。


     …さやかにとっての小太りのお兄さんが、一体なんなのかは、やっぱりよく分かりませんが。

.

73 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:44:07 ID:Hy23DYmc0


   …最後に、たとえばそれは、バイトを二つかけもちしながら叶うわけでもない夢を追っている、
   将来有望ではないけど、かといって絶望的とまではいかないような、イカつい顔のボクサーさんだったり。


           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆     \ \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |   「――よっ、さやかちゃん、元気にやってる?」
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |
             乂§   (__人__)   从イ
            \   `ー´   /
            /           \





                        ... -―…―‐- .
                 . :.´:.:.:.:ミ:彡'"´ :.:..:.:.:.:`:.、
              /:.:.:.:./:.:.:l:.`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                 /:. :.:.: /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.‘., :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
              / :.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               ,′:.:.: /:./:.:./:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.ヽ .:.:.:.:.
.              ;.:.:.:.:.: i:.:.l:.:.:.l:.:.:Λ:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i.:.:.:i:.:.:.:.:.:
            l:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.l:.:.'  ',:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:|.:.:.:|:.:.:.:.:.:}   「あっ、ボクサーさんだ! おはろ~~」
            |:.:.:.:.:. |: ィ"´ハ:{`ヽ ' :.: : :}:.:.:_:_:}:.:.:.l.:.:.:.:.:,'
              .:.: :.:.:.l: :l:ハ:{ ヽ   '; :./j/}: :.ハ :/.:.:.:.:/    「今日はなにしにきたの~?」
               ヽ:.:.:.:.l:.:,z≠=ミ    }/ ,ィ笊ミV/.:.:.:.从
             ',:.:.:.ヽ:ヽ       ノ  _):::::} ,》:.:.:.:/、
              , ィ'"´',:.:.:.: 从     ′ ゞ- ' /:.:.:./ Λ
           {\ヽ Λ:.:.:.:{\ ( ー_ァ    人:.从/         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.            l  \  \ :.   、 _   -=≦ハ:.//   }       |   何しに来たのって…そりゃ、洗濯に決まってるだろー     >
.            |    \  ヽ}、   iⅩi  / j/  /  ,′      .\________________________/
.            ト、   ヽ ` ー-\ ≪∨≫/_/  {   ,イ〉
.        _   トミ===彡、    ー―‐ '      }=彡/


   昔は相当ヤンチャ、今もそれなりなボクサーさんですが、
   さやかの前では、ただの気のいい『ボクサーさん』だったりします。

.

74 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:44:17 ID:Hy23DYmc0

    ボクサーさんにとってのさやかは、
    けっしてうだつがあがる方ではないボクサーさんを
    無邪気にしたってくれるだけでなく。


                ... -―…―‐- ...
               ´ : : : : : : : : : : : : : 丶
            /: : :| : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           / : : : : |     |: : : : : : i: : : : : : ヽ
          / : :    l : : : : : | : : : : : | : : : :| : :゙
         |   : : : | l`l : :l : : | ヽ: :|: : :|: : : : |: : : ゙
           | : : : : :l: | l ヽ :l l : | _: :|ヽ: :|: : : : |: : : |     「ねぇねぇ、ボクサーさん。
         | : : : : :l |l -+ヘ: :l ヽ:l ヽT‐゙: :|: : : :|: : : :|    前にやるっていってたしあいはどうなったの?」
         | : : : : :| |  | ヽ: l lヽ ヽ|  ゛:| : : ル : : :|
           | : : : : :l  l    ヽl    _   :|: : :ハ: : : :|    「ボクサーさんがガツーン! ってかってたら、
         | : : |l: :l ,〃~`ヽ      ´ `ヽ:|: : :| || ル:|    わたし、とってもうれしいな~♪」
          | |: :|::N        .    . . . |: : :|/| :|`:|
            || : |::l_l` : :    _ 、、 -ッ    |: :|::::/|:| ヽl
           | : |:::::`‐ _  ゙、_   /  _ -´l:〃/ ∥  ゛
           l : |::::::::::::::~、 ト -~ - イν//:/〃 l
            ヽ:|::|ヽl`_`_ソ`゛`x ゙´´ヽ _ l/ ′
            ィヽl~~~\    ,、| |,,、   /~~ ~ ヽ
          ∠_____ ________,ゝく、 Y_//________   --`- 、
         /      ___ 〟-ーー~~~ ‐--〟       ヽ
        /  -‐  ~  、、、、       、、、  ~~゙゙  ‐‐-- ゝ





  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ     「ヘヘッ…ギリギリ判定だったけど、なんとか勝ってやったぜ!」
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃    「ヘヘッ…ギリギリ判定だったけど、なんとか勝ってやったぜ!」
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (撲\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ     「次の試合で勝てば、八回戦に昇級なんだ! 応援よろしくな、さやかちゃん!」
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /


    ボクサーさんがボクサーになる前に、ヤンチャで迷惑をかけ続けてしまって、
    今では連絡すらまともに取れないボクサーさんの妹にかさね合わせて、
    とどくわけもない罪ほろぼしをさせてくれている人、なのかもしれません。


          …さやかにとってのボクサーさんが、一体なんなのかは、これもまた、よく分かりませんが。

.

75 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:44:44 ID:Hy23DYmc0


    このように、さやかのまわりには、いろんな人がいます。


                 )\
              γ´/ 丿 ヽ
         , -一'⌒ヽ ―-、 )丶        r、 _
       / /   /⌒    ―-、ヽ      {. ゙亠'77‐ァ
         {/   /          \   /==、┬‐'´
        /      i     i         ヽ./ ̄  、>'
        ,'     ,  l      |\ ,ノ、ヽ  /    〉
       !    `ト、'_、    ! ,へ、\l ./    /´
        l    lナ'´ `\  |'´    ヽl ,/    /
       ヽt  |  ̄ ̄` \l'´ ̄ ̄ l| ノ     /
          \.l   、__,、__,  /´   /
          ゝ、/         V/!    /
           > ,     .ィ,′   /
           _ノ_辷ハニr彡;゙{ ,  /〉
          / iノLィ仆、二Yノl !  /


    もちろん中には、イヤな人もいたりします。
    けれども、イイやつばかりではないけど、
    わるいヤツばかりでもないのは、あたりまえで。


                           _∩
                          / 〉〉〉
                          {  ⊂〉     ____
                           |   |    /⌒  ⌒ \
                           |   |  /(●)  (● ) \
                           |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                           ヽ   |     |,┬‐ |       |
                            \.\   `ー ´     /
                              \       __ ヽ
                               ヽ      (____/



            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)
          |     ` ⌒´ノ
             |        |
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i


   頭はわるいけど、いつも元気でよく笑う
   さわやかなさやかのまわりには、
   だいたいイイひとたちが、自然とあつまってくるのです。


                         ト VVVVVVV_ノ\
                          \           \
                           ハ            \
                        ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                          彡  〆     \ \ ヽ
                          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
                          ル从§ (● ) (<)ヾ  |
                           乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
                            \   ∩ `ー´   /
                             / ⊂  \∩ィつ ヽ
                            /  ゝィ/ _ノ  丶
                               (   /  / \   )
                            \    / \    /


        …悪いヤツとはだいたい友達などこぞのZさんとは、
        はじめから比べるまでもなく大違いな、さやかなのでした。

.

76 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:45:02 ID:Hy23DYmc0


     …そして、はじめは、さやかとしかつながっていなかった周りの人たちですが。


                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
             / /ヽ/^^\   x≦⌒
           / /   (     〆  ミ    「…なぁ、兄ちゃん、ちょっといいか?」
            | ′―   ―    ム  ヾ
         从| (●) (● )  §从 ゝ   「前からずーっと思ってたんだけどよぉ…
           |  (__人__)    §ル′   お前っていつも、さやかちゃんのこと見てるよな?」
              \⊂ヽ_∩    o ゚ ヽ
            | ゝ_ \     }
            | l___\ `´  /
                \____\__/




            ____     |ヽ/|_
         :/    \:   .\   /
        :/ _ノ iiiii \. \    |__>
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /    「…うおぉっ!?」
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |     「なっ、なんだお…? べ、べっ、別に、
        |\ /   人  .\!     やましい事なんて、かっ、考えて…ないお…!?」
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /





  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \       「はははっ、わーってるって」
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|      「…でもなぁ……彼女とか、
  レ!小§  (>)  (<) | イ      そーゆーのとは違うんだけどさぁ」
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃   「さやかちゃんって…やっぱカワイイよなぁ~…♪」
  (撲\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /




         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\      「……うっ、うんっ!」
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |     「じっ、自分も…そう、思うお…!」
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ            たとえば、このように。
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

77 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:45:34 ID:Hy23DYmc0
                  , 、、
             γ´/ 丿 ヽ
              ,r/´     `ヽ
         /、/      -― ヘ
        /V´ ̄    -―‐-、/^T{  _  -‐─ = ¬
         //|    |      \ l: \        /
       l/  !    |\   \    !l: | ヽ ,/    /
      /   \\  Vヘ二二ヽ   |l:/  ̄ /     /
       |  | |ノ` 丶-      |/ /く    ,'     /
      ヽ :ゝ.l      === j:/「 |  /    /
          ト\===     , ,  l┘ノ  .'     '
         ーl   、_,.ヘ    厂 _,ノ    /  「あらあら…こんな時間までお仕事なんて、大変ねぇ」
         ri⌒l   V_ノ   イ_/「      /
         l l  |>―r-‐ ´  |l |     /   「私なんて、明日着る予定の服を洗うの忘れちゃってたから、
         | l  Y゙} /、  , - |l |   / /    慌てて洗って乾かす為に来たって言うのにねぇ…」
            ,| ヽ l |_/____」j__j   l |
        / l   l |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   |    「あっ、でも仕事熱心な事は本当に良い事だと思うわよ~
        / j   /      ○    \_/     はぁ~、ウチの主人にも見習ってもらいたいわ~~」
        /./  /       ゚      |
        //    /l                /





                      ___
                    r ´二ニ フ、
                _   /  '´,. 二ノ⌒
          ___.-‐'´ `-i/  γ_)⌒)(⌒)
    _,.< ̄ ̄   : : : : : : : : l   r/´(___人__)   「ハハハッ…まあ、他には特に趣味もありませんので…」
  _,.<     : : : : : : : : : : : : :l l__ノ    ` ⌒´ノ
 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |    「しいて言えば、仕事が趣味って所ですかね、ハハハッ…」
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、          あるいは、こんな風に。
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: :

78 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:45:45 ID:Hy23DYmc0


     くるくる、くるぐる、ぐるぐると。

     いつもは自分の日々を生きているさやかの周りの人たちも、
     ときどき、少しずつ、つながっていきます。


          …そして、その和の輪の中心にいるのは――


                      _,,,......................,,,,,__,
                 ,, ‐'''"´            ´゙''''ー .._
              ,..-''´                       `''-、、
            ,/゛                              `'-、
          /                                     \
        ./                                        \
      ./                                       \
     ./                                          \
    ./                                               ム
    /                                              ヽ
   ./                                                  l
  .i′                          -─-                        l
  !                        /        \                       .!
 │                        ;     /| ∧ i ハ                        l
 .l                     | | | /‐|/  j八!|                       l
 .!                      | | |゙ >   <Ⅵ                       │
 .!                     八r‐x '' (:::::::)''ノソ                       .!
 .!                       /¨ソzz石テつ´                      │
  !                       <乙`ーrxソ |                           .!
  .!                      (人゙ーヘ/ :|                            │
  l                          (>'’`                            l
  ..l                                                     /
   . l                                                 /
    ヽ                                              /
     ヽ                                                /
      ヽ.                                            /
       .ヽ,                                       /
        \,                                       /
          \.                                 /
            `'-,,.                          _ /
               ゙''ー..,,、                    _,..-'"゛
                  `゙''ー ..,,___,   __,,,,,, -ー'"゛
                           ̄ ̄゛


       もちろん、さやかだったりする――のかも、しれませんね。

.

79 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:45:56 ID:Hy23DYmc0
  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!     i|   !   i|
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i  |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i   !    !    i  |!      i|   !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
  !|        i|       i|      |i     !|..,イ  ,イ  ,イ,イ   !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i  __/.ム_/./  レ'レ'i     i
  i|    !   i     i     !    !    ヽ=, ,.--., .二7      、_____
                                /″ .//        ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     //
                                   ./´
   / /                               / /_
  | | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | |
  | | | |                               | | | |
  | | | |                 |Laundry|                 | | | |
 ̄..| | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | | ̄ ̄
  | | | | .|| ̄ ̄ ̄||. | | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| | || ̄ ̄ ̄||  | | | |
  | | | | .||___||: | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |    ――さてさて、話はまた少し変わって。
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/  ̄ ̄ ̄



          それは、とある昼下がりの雨の日のことでした。


.

80 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:46:07 ID:Hy23DYmc0


     お客さんのいないお店の中で、いつものようにさやかが、
     古いラジオから流れる音楽に調子っぱずれに合わせて口ずさんでいると。



             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |   ら~~、ら~ら~ら~~~ら~♪   .|
             \________________/


                               |_|
                               |_|   ~♪
 ♪                            |_|
       _______________|_|__
       | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
       |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
       |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
       |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-lhttp://www.youtube.com/watch?v=DyqN6Yzf-rY
       |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
       |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|      ~♪
       ┴───────────────‐ー┴



          ┼─────────────────────────────┼
          │イ´  />/ _  -‐ .7::::::::::ゝ┤            〈:;i:ソム、〈/ィ/,'     │
          │   /// ´    ./ /:::::::::::i`              ヽ ` /|:.`i:.  i    ...│
          │ /´        /;;;;;::::::::/i i. \     -‐.、       /ノ|:.:.|:.  |    ....│
          │         .:‘::::::::::レ,' /./i    \         < !.:.:.:./ | i!  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          │         / /:.:.:.:´ /__i_    \    .<:/i i/:.:.:./  |:.|  |   …………    |
          │       /`{:.:.:.:.://       ̄ =` i´八/// i:.:.:./i  ,'i::i!  \______/
          │      イ_ -‐===‐' `ヽ         }{ `>、// ,'./ i/ i     .....│
          ┼─────────────────────────────┼

                                      f´ ̄ `ヽ
                                      | ガラッ |
                                      廴__ ノ


           _,,..-――-...._           /\
          ,..::''" : : : /⌒: : : : : `ヽ、      /  /
      / : : : : : : : i: : : : : : : :`、 : :\     \/ />
     ,:': : : : : : : :/ : i: : : : :i: : : :ハ: : : : ヽ      </
     /: : : : /: : :/ : /{: : : : :i: : : : :i : : ゙,: ヘ     ┌─┐
    /: : : : :i : : :i: ィ⌒i ト、: i: :i : :_i_ : : i : ハ    └─┘
    /: : : : : i : : :i ム斗云ミ\iヽ}、∧ヽ: } : : i
   / : : : : : i : : :i〃然(_,      j/ミx :ノ: : : :i
   / : : : : : : i: : : i!{;;じミj       fl|(j }} / : : :}   「ふっふっふ~ん――って、あっ、おきゃくさんだ!」
  ノ/{ :i: : :゙、:゙、: : i弋;;;ノ      {Jタ j:/:i : : :j
      i i: : : :`、゙、 iつ /`''ー-  ゙''゙ ハ :i : i j!   「いらっしゃいませ~、ゆっくりせんたくしていってね~」
     ヾ\ : : \: :i、 乂__ ノ  ⊂ノ:iノ}: j:/
         \トミ>、i^く≧┬rr ''サ~∨ !:/
          ζ/⌒''ー`~'フュ     


       さやかがはじめて見る若い女の人が、何も言わずに、そっと、静かに、入ってきました。

.

81 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:46:17 ID:Hy23DYmc0


      女の人は、なかなかキレイな顔立ちをしていました。

    でもなぜか、節目がちの妙に暗い表情とか、少し猫背なところとか、
    全体的に元気のない雰囲気を、その身にまとっていました。

            _              , - 、
        /: ヽ     __ , ィヽ ハ: : ヽ
     r-―/、: : :ヽ , . : : ´: : : /: : : :∨: :ヽ: : `ヾヽ
     |: : : : : `: : イ: : : : ィ:./: : : /: ∨: ヽ: ヽ: : : : }
      | : : : : : : /ツ; イ ´:/: : : ;ノ⌒イ ヽ、l : : ヾヘ: :.l
      l : : : : : /ソ': : : /: : : ;イ: : i : ハ: i : :ヽ: : ' : : ヾ
     / : : : : /イ: : >' : : : :/: :/: / / ゙l : '; : : ;ヽ: : : : ヾ 、
.    / : : : : /;' |: / : : : /: : :/: イ: ;'  l: : '; : :l : '; : : : :l /
   / : : : /イ: :l/: : : :イ: : : :/: :/ l :|   l; : l : l : : l : : : :l
.  /: : : :イ: : :|: /{ : : : : l: : 斗‐/-」、|   l .;': :ハi : l : : : :l
 /: ://: : : :ト/Y: ヘ: i: :l: : ィァマヽヾ   l l ナ=ト、l : : :l |
./: / /: : : ; イヽ; r、: l、 l: :{代 り    イァ=マヽ:/: : :ハヾ
: :/ /: :./  |: : 'ヽ ヽト、l: |  ゞ"      { ツ /イ:/ :;' ヾ
: ' /:/    .|: : ハ:ヾ-.l ヾ        〉 `´ イ/:/: :/
:{ {:イ     リ: :' :∨: :l            八/: ;イ
ヾ |'    /: : : : / l : l ヽ   ´  `  , .イ イ: l リ
 \_  /: : : // l :ハ   `  、_ イ: : |  ヾl/    いつも元気すぎるさやかとは、まったくもって大違いです。
.      /: : : /: :/ \:ヽ     {=ヾ-l、_:_|_  ´     別にそれが、悪いことと言うわけではないのですが…
     /: ::r―f ̄´ヽヽ \:ヽ   〈: : :〉 ヽヽ ヽ
     ヾ/  ヽヽ   〉\ \ヽ‐-  ヾ ハ } ヽ }
     |{    ヾ  |   |  \`  _ソ | 〈 ソ i

82 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:46:28 ID:Hy23DYmc0


   女の人は、トンチンカンな格好のさやかを見て、一瞬だけギョッとしましたが、


         /`ヽ、.__          _
         「≡=_/.:.:\__     /.:.:',   人
         /:.:|:.、-.,|:「\:.\:.:.:`=-,./.:.:.:.:i    て
       /.:.:.:i.:.:i.、:.:.:.゛.:\.:.:\:.:.:.:` ,.:.:.,|_   〈
      //.:.:.:/:.:/ V\.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:ヽ.:.:.:',.:.:.:.:`=,._
   /.:.:/|.:.:.:.:! i  i.:.:ハ.:.:ヽ.:.:.:!.:.:.:.:i.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:/
   /.:.〈.:.! i.:.:-=,!ト  !:.|-弁:.,._.:.:!.:.:i.:.:|ノ/i.:.:.:.:.:.!
  i.:.:/l.:.:i.:.:',.:.:ィテi、 !リィfr'=ト、`テ.:.:!.:.:|:/:i.:.:.:.:./
  !/ i.:.:.:!.:.:|ヾ|{ リ     ヒ少 }´|:ハリ:.i:./.:.:.:.:/
    !.:.:/ヽ|.:::}"   '     " リ ノヽ:.|/:.l/,.:i
    V   |:.:..ヽ、  、  U ノ:./ノ.:./|.:.:.:.:.ヽ,
        ,.. ‐:.:.:.\   _,.-=/:.:,'.:.:./ll i.:..).:.:.:f´ ̄ ̄`ヽ
     ,_//:.:.:.:/.:.:`マl´  /ゝ/./.ヘi:::!(\.:.| …ビクッ!.|
     ´ _ノィ/:.,-=リ/」--=イ)‐-,.⌒Y::::ヽi:.:.:.) 廴__ ノ
      ,-'>、 .  {_,_,/  .:.:!:', /)、/i: |ヽ:. )




               ィiヽ
     lト、 _ -==ヘ一_/::::::::.\
    _l::::::\:::::::::::::`:::::iK:::::::::..`、
   /.::!::::::::::::\..:::::::::::`Y-ゞ:::::::::::::: 、
  ィ::::ヾ::::: ::::::::::ヽ:::: ::::::::;!:ヽ:ヘ;;:::::::::::〉
 ,/. ::::::::ハ:::::::::::::::::::〉::::::::::,!:::::::j;;:::::::::/     「…………」
 |:::::`,、::::.!.:::::::!::: :/:::::::::::::ゝ::::!::::::.{
 |/、jヽ:\Vi:::;/〈:::::::::::::.,'::::::::Y::::::::::i
   Yヽ   _)::::::i:::::l|:::::|ヽ:::::i: ヽ_:::::\
      {   !/:〉::::::i:N,'(.::::k::.!:  `ヽ:::)
       \ _/i: ::l::::::}丿∧ヘヽ   、:/
        ´/::::l'゙i|.:/ヽ/ |:::/:::〉   〈:   すぐに表情を元に戻し、小さいビニール袋に入っている洗濯物らしきものを、
        //::::レ:|//  ム〈::(       ささっと洗濯機の中に入れて、くるぐる、ぐるぐると、回し始めました。
        //|i   _/⌒ ヾ |::ヽ


    その後は、これまた古びた自販機でコーヒーを買って、
    洗濯が終わるのを待ってもらう為に設置された長イスに、
    疲れてたように、肩を落としながら無言で座りました。

.

83 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:46:38 ID:Hy23DYmc0
                   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
               , ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ     , ‐=ニヽ
                  / : : : : : : : ∧ : :/l : : : : : : : : : : : : : : : : `、   !_i  ) )
              / : : : : : : : //',/ l: : :lヽ: A: : :l丶: : : : : : : ;     _ノノ
                レイ : : : :lヽ/     ヽ :l l/ ヽ l丶l : : : : : : l    // ̄
                l: : : : :l   ∩       ∩     l: : : : : : : l   ◎
                l: : : : :l   ∪       ∪    リ : : : : : /
                l ト; : : l                l : : : : レ
                l | ヽ: :',      ┌─┐       ∧: :ソ
              ',l  ' ; :ト、     └─┘    <: :ノ      「…んむ~ぅ?」
                 ヽl _>      ≦ /: /
                 /ヽ  >┌─┐<// ̄\
                , '   `ー―└─┘―― ´   ' ,
                   , '  /   /        \  \  ' ,
               {   ノ  /         \   ヽ }
               {    />-‐-<__>-‐-<',    }


    はじめはさやかのことを「いぶかしむ」人は、
    今までに何人、何十人、あとはたくさんと、いました。
    こんなそっけない反応をされるのも、一度や二度ではありません。


        でも、なぜかはわからないけど、さやかには女の人が、
        どこがおびえているような、なにかを怖がっているような、そんな気がしました。


           ........-..........
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、
       /.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
       .:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      /.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:、.:.:.:.:\.:.:ヽ.:.:.:.:.
      ,.:.:.:.:.::.:.:|\.:.:.:.{\.:.::|.:.:.:.:.:.:.:..:,
      {.:.:.|.:.:/_ノ \:.、 \|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      /.|.:.:.:j/,xf心.  \xf心.:.:.:ト.:.:.:.:|ヾ   「う~ん、こまったなぁ…」
       |:.:/ヽ戈リ     戈リ.:.:.:lン:ハ..:|
       |.:ハ.::ヘ u   '     .|.:.:.:|,イ¨j/    「こまったこまった、こまどりしまい……」
       / ¦:.:ト . _ _っ  ._.イ,iハ|
       }八|   「 v─ }
          , -‐く ¨」YY}..__/¨ヽ
      γヽ  /´\乂∠\  \
      ,'_,,..-‐''" ̄`¨¨´"'-、    ヽ
        ,′, ‐-- 、__ x===ミ \   \
       ,  {/////////////}冫\ \y


     さやかは、女の人に「どうしたの?」などと、たずねたくてしかたありませんでした。

       でも、さやかにはできないわけがありました。単純でささいで、でもとってもダメな理由が。

.

84 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:47:13 ID:Hy23DYmc0


     それは、つい一週間前のことでした。


   女の人のようなはじめての客が、よくもわるくも
   おおらかすぎる接客をするさやかに不快な思いを抱き、
   お店の経営者…つまり、さやかのおばあちゃんの耳に
   入る形でのクレームをつけてしまったのです。


     さやかのおばあちゃんは、さやかのおばあちゃんである前に、
     いくつかのお店を経営しているオーナーでもあります。
     クレームがあったとなっては、身内ではなく経営者として、
     さやかに色々と注意せざるをえませんでした。



  .//i     ヽ  ./ / / /ヽ     |  |   .|
  //|     .,-ヽ| ./|/  .i/// |     .|  |    |
  ! /|     i==|./   |     .| .|    |  ト
 | / |    .|  .|.!   .|      .| |     |   |ヽ
 | ./ .|     .|  .|.i .| | |      ||i |  . . ト  | ヽ
 |  .|    |  .|i.丿| | |  、`"‐-十ト十 "´ |ヽ !
 |..| ..!  i __|., 、.イ、 .| |.|  `  ,イ斤ミx:、_  | ヽ  i
 .| |   .|   |_,.ィ斤ミx、| .|| ~ ~´r'"~`ヘ`}》 .|   .|
  |.|  . i |  |/ r'"`ヘ`゙i\i     {::::!;;j::リ.〃 ..|   .|
  .|.|  .| .|  l  {:::i;;j::リ     _,,、 `"'ー-ヾ_ ゙iヽ| i |.|   「……と、いうわけだからね、さやか。
  ||i   | |. トト ゞ__"´ノ〈 ヽ//' 〉   ヽ_/// )| | .!_   はじめてくるお客さまには、いつもどおりの
   | |  .|.ト .|i.///.)   〈`ヾ //´}  `゙ ''' "´| /.,.イ    接客をしていちゃダメだよ?」
    | |  | | 十 "´  ノ_/ヽ. ∨ /`,   J .///
   .!,、\ | | ト、.    i i {´∨ ハ /   ///    「ちゃーんと、おとなしく、『いらっしゃいませ』
  ./ \\ .|ヽ  `ヽ、  l  i. V/´}´ ,.ィ" .//.    って言って、後はあまり話かけないでね…わかった、さやか?」
 ../   ヽ \       .リ .,ハ/ /'ヽ
 /     ヽ       ノ / / ∧  ヽ
. i      ヽ     ,' / /  l  ヽ |





                                  , <  ̄ ̄  > 、
                              /            \
                                , ´   |            ヽ
                            /     |    |      、  ヘ
                              /    l  l   l         ヽ
                                l    l  、     |\     |   |
                           | ,イ   |_ノl丶   |  ゝ、   |  |、{
                           l/ V!  {! ィfハ \ { |i刈 }  l / | ヘ
                             ヽ ヘ Vり , `丶 ー' ム //i::リ
 「…うん、わかったよ、おばーちゃん…」     V :ハ     _  /イ //,イ/
                              V 个o。... __ . イ^,//
                            z=x ヽ ト>.-‐f,}-<´イ ¨¨`ー 、
                      .    / 、.}イ ,zチ´  、{ ノ /      |
                          〈  /.リ 〉 、 _ >'^ ー ' 、 _> "¨¨ヽ|!


    さやかだって、大好きなさやかのおばあちゃんを困らせたくはありません。

      だから、素直にさやかのおばあちゃんの言うことを聞いて、
      とっても気になっても、おとなしくしているしかなかったのです……

.

85 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:47:50 ID:Hy23DYmc0


      さやかは、さやかのおばあちゃんに言いつけられたことと、
      さやか自身の気持ちとで板挟みになってしまいました。


   /: : : 」: : : : : |: : /: :/ |: : : : :l: .:.:/    | : : |: : : : : : : :|
  /イ: :{ |: : : : : !: メ、_/ |: : :./: .:./、   | : 厶: : : ; : : ;ヘ
    | : N: : : : : |ィ介⌒卞ト一/: : / ゝィ¬坏、|: : : ; : : ハ !\
    |:.|: :|: : : : : !/' {;;;メ、} |.:/: : /   ^{;;;メ、} | : :/: : ,' !|
    |人从: : : :! 辷クノ ' //     辷クノ |: /: : /ヽ リ    「う~ん、う~~~ん……どーしたものやら……
    /   ハ : :ヾ、       ′           j/: : :/ _ \   って、こーゆーときは言うんだって、
.   /   __λ: :ヘ ゛゙ ゛゙    '    ゛゙u"゛ ノ : /  ヽ 丶   ばーちゃんが言ってた、ような……」
  / ,イ´    \: :ヽ 、  r = _  ッ   ィ^ /      } |
. // {       ヽ: \>>.  _  ィ///イ      ,'  |
/   八  / ̄ ̄ミ、`丶< 弋YYフイ' ´ // ̄ ̄ ヽ  /   |



                  ┼──────────────────┼
                  │__ ̄― ̄ ̄:::Y´::::::::/::::::::::::::::::::,l      │
                  │ 〈::::::::::::::::::i:::::::::!:::::::::/::::::::::::::::::ケ::::¬      │
                  │  ::::::::::::::::{::::::::::::::::::〈::::::::::::::::::ハ:::::::::::!   ......│
                  │  }:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::::丶:::::::::::|::::,、:::::::|    .│
                  │  /:::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::〉::::,.::/// , ヘ|    .│
                  │,/:::::::_._/ .|:::::::/|:::::|!::::/::::(レ   /     ......│
                  │i::::r ' ´  /:::::::ノN::/:::l:::::::::ム ,i       ....│
                  │ヽ、   /::::∧ヘ {:::::l:::::::::/_/         .│
                  │    ∧::::| 丶  |/'l,::::/          ....│
                  │ ―==:〉/\  ヽ|  l::::|           │
                  │ ―_ ̄´   ヽ  i|レ ヽ丶         ....│
                  │    /      f´ ̄ ̄ ̄`ヽ        . │
                  ┼───────| スタスタスタ |──────┼
                              .廴___ ノ





                   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶   l ./
               , ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   ′/
                  / : : : : : : : ∧ : :/l : : : : : : : : : : : : : : : : `、
              / : : : : : : : //',/ l: : :lヽ: A: : :l丶: : : : : : : ;
                レイ : : : :lヽ/     ヽ :l l/ ヽ l丶l : : : : : : l
                l: : : : :l   ∩       ∩     l: : : : : : : l
                l: : : : :l   ∪       ∪    リ : : : : : /
                l ト; : : l                l : : : : レ
                l | ヽ: :',      ┌─┐     U ∧: :ソ
              ',l  ' ; :ト、     └─┘    <: :ノ     「…あっ、もういないし……」
                 ヽl _>      ≦ /: /
                 /ヽ  >┌─┐<// ̄\
                , '   `ー―└─┘―― ´   ' ,


    さやかがうんうんうなっている間に、女の人はいつのまにかいなくなっていました。

    きっと、洗濯が終わるころにはまた戻ってくるでしょうが、
    とりあえずそれまでは一安心と、さやかはホッと、胸をなでおろしました。

.

86 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:48:02 ID:Hy23DYmc0


   それから、30分ほどたったころでしょうか。女の人が、またお店にもどってきました。
   手には、何も入っていない少しおっきめのスーパーの袋をさげていました。

    …さやかはまだ、うんうん考えこんでいました。


     /^ヽ                , _
    /:.:.:.:.:.',ヘ -‐ =‐‐--  、     /:.:.:.ヽ
   /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、 /:.:.:.:.:.:.`
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ/.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.x:.:.:.:.:.:.:.:. ゙,
  〈:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.∧ヘ<:.:.:.:.:.:.ヽ
  ∨:.:.:.:./:.:.:.:./| 7ハ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヘ:.:.:.:.:.:., :.:.:.:.:
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.l j. |:.:.:l:.:.: :|:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:
  !:.:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.: :| l  l/│:.: :l.:.:./ | : :l:.:.:.:.:. }:.:.:.:.:.
  //l:.:.:.: |ハィ_i-一   /l_/./l‐- リ:.:.〉:.:.l.:.:.]:.:.:.:.:.:.
 /  〉:.:.:.l.ヽイ:'r--r   /-r--r l:.:.∧:.:..|:./:.:.:.:.:.:.:.   「…………」
.    /ヘ/:.:l |; 弋_,リ    弋_,リ, l:./ ノト} l:.:.:.:.:.:.:.:.〈
   / ノ\{∧l    i       イメ│レ.l.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
    /:.:.:ノ} 八          ,∧||i ::::|:::::|_:.:.:.:.:.:.:.:.
    /:.:.:/:.:.〈リ::ト 、 - -  ,イli´::::l:::::||「斤ヽ_:.:.:.:.
.   〈:.:.:く::::/:.〉:.:.lヘ:.j  ‐ ' ´ l/::::リ::::/:.:.:.:.|   ):.:.
     ヽ,)//,、/ハ|     //ヽ,/:.:.:.:.:/   〈:.:.:.
      〈 ,/  j  ヽ   /   ,ゝ li::〈    ヽ:.:
.     f     |   iyヘ´   /   へヽ、
     l  /   レ [:¥:}ハ、_く      ` |


            _
       く\   |│ /7
        \> Ll //

         ___
      ,  ´: : : : : : : : : :丶、
     /: : : : l`: : : : : : : : : : : :、
    /: : : : : : : !: : : : : : : : : : : i: :ヽ
  /: : : : : : : i: :|、: : : : : : : : : : !: : l
  ,: :i: : : : : リ_|i_人: :.i、: :i、: : : :i: : :j       「あっ、また帰ってきた…でもどうしたらぁ~…」
  l: :l!: : : : :|  !  `、| `、| リ`、:|: : :ト
  !: :l| : : : ::| (_)       (_) |: : |
  、: i| : : : ::|           !: : !
  `、:| : : : ::| U  / ̄ ̄l    !: : !   うんうんうんにゃらと考えこんでいたさやかは、
   !:| : :i : :|_    !___j  ィ: : :,'   女の人が戻ってきたことに、少し遅れて気づきました。
    W人: :|::rケ、=‐---r-ァ'′!从
      `.!" , '`i二=|!.コ、


     女の人のどことなくさみしそうな背中に、
     思わず声をかけそうになって。
     でもやっぱりいけないと、さやかがモヤモヤしていると……


                 ┼───────────┼
                 │. ----‐== 、       .....│
                 │          \       .│
                 │_.        、ヽ\      .│
                 │..`ー=≦ニヽ ヽ. i \   ..│
              f´ ̄ ̄`ヽ      / ,イ | |.`J  .....│
              |. ガサッ |     ´ U丿     .│
              廴__ ノ          ´      │
                 ┼───────────┼

.

87 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:48:34 ID:Hy23DYmc0


                    /    /: :/ ,,..  ..,, _, . . : : : /
                 ′, . :'"´: : 〃: : : : : : : : : : : : : : : :/
                 l、    .j´;へ、: : : : < ̄ ̄ ̄: : : : : : : : /ノ
             __| V  /: :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
             \     / : !: : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : ミ~
             <    ./: : : :ハ: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : `≧=―
           ./    ′'.: : l ゝ,: : ヽ : ヽ、: : : : : \: : : : : : : : : :/
         '一 7   |: :|: : ,|-‐ ヽ: : : : : ‐≒‐-: : : ヽ: : : : : : ミ=一
                |: :|: : :| _,  \ヾ x=ミキ、ヾ、: :: : : : : ミx、´
                |: :ヽ; ζう、  \ らヽ \ : i: : : : : : : : :,`ヽ   「……あ~~~~~っ!!!」
                |: : : Ν |Ч u   .r' Ч  ヾ|:`ト、: : : |\:Y
               | : : !. ゞ'       辷丿   |: :|,ヽ : : ト、 }′  「そっ、それはダメ~~! ちがう人のだよ~~っ!!」
                    |∧.:人   r―-    u  |: :|_ハ :/~ゝ
                  {  \ ` .. ヽ   `ヽ . イ|: リ-‐j/=ミ、=‐-、
                       \マ乂≧=‐=≦x./ !:/´    `ヽ≧xヽ
                        i\  ̄`ヽゞ'r~、ノ/         λ、ヽ
                        |    ヽ        r/    ,  ,r厂人 /
                   /⌒ヽ、 辷辷辷辷7    /辷厂/:::::::ヽ‐rr‐v‐vヘ
                    /⌒ヽ、,イ ≧=≦/⌒ヽ、/ ̄ ̄´::::::::::::::::::||ヽゝ⌒ヽ〉
                   /ヽ   /八::::::::::::::::/⌒ヽ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::リ }    Y〉


     さやかは思わず、すっとんきょうな大声を出してしまいました。


             r‐-<           ∠¨ \
          _,.斗f_   `¨ ̄¨'・‐.=‐/、    ヘ
     ィ¬/⌒`一ムl冖‐-<         >、   ':‐┐ /(_
     | /  「 ̄   ‐-    ヽ    \ / ∧:.:.   !|    (
     | /      ヽ、、 ヽ.        \   |V:.  {     (
     /  /. /  〈イ!ヽ、 \. ';  ヽ    \/: :|:.:.:. |
    / / /:.:.:.:|:.:.:.:.:| | /|:.:.:.:.:.:| |   |  i.   |:. .|:.:.:. |
    ヽ/:.:.!|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|. :|   jヽ!:.:..| |_:. |:.:. |:.   |: :!:.:.:. ヽ   「……っ!?」
     |:.:.:.:|:.:.:.:.:|、:.:.. |. :|  | /レ'´|_/_`}゚:_|!八:.:.:.:イ|/}:\:.:. \
     |:.:.:.:..\:.:.| Y,人 |  |/  rテ歹以、|:.:.:|:. メ: | |}.∧:::.:|¨\、
     i:.:.|::.:.:.:.:\ irテ气、      { )リ彳}し/ルト、|ソ |レ' \|  )
     |:./::!:.:.:\{マ〈 込ヽ     弋ツ レ'i! / }:.:./|    )
     |从/ヘ:.:.: | キ 弋ツ ,       u'' |/ _ノ:./:.{   (
        .\|∧ハ                ム¨|:.:.:.:. :.|
            }:/:ハ     、、     ∠i:/人 i|:. f´ ̄ ̄`ヽ
            |:.: :|.: :>          {/:./:.:.: )|:. | ビクッ!|
          /::::イ| / .:.:|::`:..r ‐ '´   八/|:〈::. |:|:::廴__ ノ
         , '::::::::::/  :./// j       / ',::|::. !:.:.:.人


     何ということでしょう。女の人は、さも当たり前のように、
     自分の洗濯物を入れた機械とは別の機械を開けて、
     中にあった服やら何やらをむぞうさに袋につめていたからです。


         さやかに注意された女の人は、少しだけ、無表情を崩しました。

.

88 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:49:27 ID:Hy23DYmc0



         女の人は、さやかをあえて無視して、さささっと外に出ようとしました。



     ┼─────────────────────┼
     │  Y.: : : :.,.' : : : :´ : :j . :l. :/. :ノ !. :| . :l: :キ.: :!ヽ: :l    │
     │  /.: : : .:‘ : : ,' : : : :/ /l//  |: :| : :| : :!. :/.::!: j   │
     │. /.: : : .:/.: : ;,' : : : /イ`メ、.    ‐l七ニ/|.:|: : ヽ::l/  ......│
     │/.: : :ィノ!: :人.: : : /‐ィ〒テ;′  ,辷,y、_リ.::/::|: :リ    │
     │!/l ( |/'|: :/: :i/〈 弋_ノ      ヒノ},vハイ: :/: :|     │
     │{/  )  |N.: : :ハ``u    .   .,〈/ ル/|/Y´   ...│
     ┼─────────────f´ ̄ ̄`ヽ────┼
                         |. キッ! .|
                         廴__ ノ


       ┼──────────────────────────┼
       │              /     /   /              ......│
       │.            /    ∠i― ̄ ̄               ...│
       │            l  /:::::::::_ ̄―               .....│
       │             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::丶 ̄―==―=     .│
       │     .|\          ̄:::::::-:::::::::::::::___ ̄―_ ̄―    ....│
       │     .| ./           ヽ:::::::::::\     -、 /、ゞ-      ...│
       │     .|/\              丶:::::::::::ヽ    \ ヽ\     .....│
       │        \∧          .丶::::::::::::      \|::::|       │
       │           / ∨V7        .丶:::::::::i       ヽ:j      │
       │        |\/ /l/l/         .丶:::::::i              .│
       │      `7/               丶:::::__ ̄―        .│
       │       /′    />          丶::_ ̄―_ ̄     ....│
       │        /    ./′/>         ト-イi、           .│
       │               /′           ./、__|i/、          ..│
       │             \__/\     .|  /:::::::>          .│
       │               .` ̄ ̄ ̄       | /::::l ̄           │
       │                       |/::::/             │
       ┼──────────────────────────┼



: : : : :/: : : /  |: /   l: :/ 人 : : \ : : .   \: : : :ヽ: : : : :l : :\
: : : :/: : /\  |〈    ノ/  |: :\: :  丶: : . .   \>; : : : : l : :
: : : ,: : イ   __≧:. 、  ′  ',: :l \: .      , .:≦_八: : : : | : :
: : : |: :八 /´厂》//≧;.、    \;.   ノ  ,. イ 》/厂|l\ ': : : :| : :
: : : |:/: : :\  Ⅵ///厂|l >ー'  丶  `  |し///|:.:|l   ヽ:: : l: : :    「…まっって~! こんのドロボーさん~!!」
: : :.イ: : : :<   ヽ:`¨´.:〃              ヽ:`¨´.:〃   |l: : ト、: :
: : :人 : : :卜\` ̄ ̄ ̄´            ` ̄ ̄ ̄´ / 八: : : .\
∨ : : .\: | \ヽ////    ,ハ      //////// ノ: : |:: :
 ヽ\: : .ヽ、  〉  u        `                .///: : ノ:: :
  ∨ ヽ: : : .> 、                       /, ´ ̄ ̄ ̄
   ′ ノノ\八\ > 、_  └-  ニ二>    _,. イ/


    ですが、いつも元気に走り回っていたさやかの、
    ワリとヤヴァいレベルの瞬発力には、さっぱりかないませんでした。

   けっきょく女の人は、お店を出る前に、さやかにつかまってしまいました。

.

89 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:49:37 ID:Hy23DYmc0

          さやかは、あっさりつかまえてしまった女の人に、とってもプンプン怒りました。


     _,_ィ´斗イ:/: : : : :/: : : : : |: :| l:|ヽ: :.lヽ: : : : : ヽ\:ヽ\ : ヽ: 、ヽ: :ヾ、: ヽ: ::|、: : \
         /:/: :/: /: : /: : |:: :| l| ヽ: '、 \: 、: : ヽ ヽ;',ィヽ: ト、:ヽ: : : :ト: ::';.|  l│└ ┐
        /: ://: /: /:/: l: :|\| `ト.、,_\:.'、 \\孑'´,,,ヽ \l`ト、ヽ: ┌‐┘ ノ./ー─┘
.        |:/ /:/:/::::::;': : :|: :|  .,,ィfト、  ヾ、_    'ぢバ.ヽ .ヾ|,,ヽ: :└―〃/ | ̄ ̄|
.           ノィ´|:::::/:::|: : :l、|、{ " r';_;ハ        l-;;;")   ,メ}::ヽ: ./ ̄ ̄|│ 「 ̄
            |:::/.|:|.|: : |ヾ.、i.  弋_リ         `"´   .j  |: :}:.ヽ/ ̄| │.ヽ_>
            |:/ {:| .l; :.| |`:.i ヽヽヽ   "     ヽヽヽ , '  j:.ノ}: :| , └┘
               l{ \ l; :| .j:::ハ.  u    v'"""ヽ   , イ   //_, }/      「…ドロボーはね、いけないんだよっ!
                   'l;{、イ-〟,``' -〟,_ .ゝ____,ノ_, ィ,/  _,〟'"         おばーちゃんや、ケーサツさんに
                      ` `ヽ、 ``' ‐-\、`>.iイ7ゝ/ ィ'"      ./ |     たっぷりおこられちゃうんだよっ!」
                 l    `ヽ.、   ` ヽ-ヲ"´ 、,__   ___,_.イ´  .l
                 l  ,〟-‐`'h `ヽ‐‐'"       ̄ j´:::::::::::`ヽl     「どーして、こんなことしたのっ!?」
                  l.:'´:::::::::::;;;;;l<-~ヽi__r-i__,, , ィiィ彡‐j"´` ヽ.、:::イ


        いつもニコニコなさやかだって、たまには、本当にたまには、怒ったりするのです。



    /....::::(ノ/'..............へ....................\:.:.:.:.ヽ:.:〈ヽ:.:.:.::.:.:...|
    /...:::::::::/.............ハ.........ヽ....................ノ.ヽ.. ...:.:::.:.:.:.:.:.::.:.l
    !...::::::::;'":................ヘ...............................⌒.:::/ ...:.:.:.:.:.:.:. i
    l.....::::/.; .:.::::::::::i::.........メ、 ::::::::::::::i_::..:.:..:.:.l::.:.:〈.....:.:.:.:./i
    !..:.:.:i:.:'....../....'大:::::::i...::l:::_ィヒ'´l:::::,:|:::::::l:./:.:i::::.:.i:.::.:ヽ
    }:::::l::::/V|::::::| ___`丶、:j ´九厂ィルj::::l:::リl:./ \:i:::::::.)
    /......レ:::lヾ:ヽ.:j九厂`       ノレ.l:.!:l::::.j   /.:::/   「…………」
  . /.....::lノ.:i/:\::::ゝ       u .ノ,:'::i:j::|(::l   (::/
  〈 ::::::(     ヽi、ヽ、  _  /イ /:::ノ、ヽ::ヽ ヽ、
   ゝ::::::\    |l:::l/:`ー- . イ  '//ハ'ヽ‐-`、
    `  ヽ   /ハ::::;: ‐|/;'/フ  / _, j, ! l    ヽ      ですが、女の人は口を開こうとしません。
          〈ノ:::::/  /i/' `  ‐''´~/.∧ ,   }      さやかにつかまってふてくされてるのか、
              レリ:l 、./ l|      /./ ヽ!         さっきからずっと、黙りこくったままです。
            l! イ ヾ 、_,,.-'ニ-"   l   '
            l /   ''' ̄       ,ll   :.

90 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:51:21 ID:Hy23DYmc0

             - ―― -
         /: : : : : : : : : : : : ` 、
       . : : /: : : : /: : : : |: : :ヽ : \
      /: : /: : : : /: : | : : | : : : l : :l : \
      . : : :| : : : : : : : | : : | : : : | : :| : 「⌒
      |: : : |: : : : :|-‐十:7「: : : ハ十: |
     从: : |: : : : :|: :ΝV |: :/  |ハ: :|
      | : |: /: : :| : ィテ坏ヽ/ 坏ヽ:N
      | : lイ: : : :|: :|乂ツ     {ツハ|    「…おねーさん、どーしたの?」
      .ノヘノ: : : :ハ:ノ u       } : |
       _´7: :/_/` ,._  っ イ 从    「ひょっとして…おなかさんとかがいたいの?」
       「 ⌒ _二ニヽ/  ̄  |ノ
       |厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      厂    /      ト


     あまりにダマっ黙りこくったままなので、
     なんだか心配になってしまったさやかは、
     女の人にやさやかしく、たずねました。



    /....::::(ノ/'..............へ....................\:.:.:.:.ヽ:.:〈ヽ:.:.:.::.:.:...|
    /...:::::::::/.............ハ.........ヽ....................ノ.ヽ.. ...:.:::.:.:.:.:.:.::.:.l
    !...::::::::;'":................ヘ...............................⌒.:::/ ...:.:.:.:.:.:.:. i
    l.....::::/.; .:.::::::::::i::.........メ、 ::::::::::::::i_::..:.:..:.:.l::.:.:〈.....:.:.:.:./i
    !..:.:.:i:.:'....../....'大:::::::i...::l:::_ィヒ'´l:::::,:|:::::::l:./:.:i::::.:.i:.::.:ヽ
    }:::::l::::/V|::::::| ___`丶、:j ´九77ィルj::::l:::リl:./ \:i:::::::.)
    /......レ:::lヾ:ヽ.:j九77         .ノレ.l:.!:l::::.j   /.:::/
  . /.....::lノ.:i/:\::::ゝ         ノ,:'::i:j::|(::l   (::/
  〈 ::::::(     ヽi、ヽ、  _  /イ /:::ノ、ヽ::ヽ ヽ、    「……別に、そんなんじゃないわよ」
   ゝ::::::\    |l:::l/:`ー- . イ  '//ハ'ヽ‐-`、
    `  ヽ   /ハ::::;: ‐|/;'/フ  / _, j, ! l    ヽ     「ってか、どうせ警察にでも通報するんでしょ?
          〈ノ:::::/  /i/' `  ‐''´~/.∧ ,   }     なら早くしなさいよね。もう、どうでもいいんだし…」
              レリ:l 、./ l|      /./ ヽ!
            l! イ ヾ 、_,,.-'ニ-"   l   '
            l /   ''' ̄       ,ll   :.


     女の人は、さやかの心配をはねつけるかのごとく、
     投げやりに…英語で言うとスルースピアに、答えました。

.

91 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:51:32 ID:Hy23DYmc0
              ,....-―-....
          _/::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::┛┗
        j!:::::\::::\::::::::::::::::::::::::\::┓┏
        /:::::::トミ:::::::::ヽ\:::::::::::::::\\:::::::ヘ
       //\:゙、  ̄/ r埓ヾ、:::::゙、::`、::\::人__
      ノ" {::::l >ミ、     以  \:::::::`;::::::ヾ、:::ミx、
         l::::ト lリ         ヽト、::}::::::::)}::)〉⌒   「…どーでも、いい?
            V:廴__       u.  r-癶::::::::jトトく   なにが、どーでもいいんだよー、もー!」
            V::<__ャ⌒)  . /l:::::{::从ト}
          \:::::::<__   '"  lリ从(          「あれはお客さんの大切なものなんだよー!!」
            二トミr=ミx、γ┐
          /__    `ヽ、 》《ノ ̄ ヽ__
       ,,.><"´  `"'''''''''"⌒''''^''ミ.....__ `ヽ


      たしかに、女の人にとってはどうでもいいことかもしれませんが、
      大切なお客さんから預かった、大切な洗濯物をとられそうになった
      さやかにとっては、まったくもってどうでもいいことではありませんでした。

   おかげで、さやかのプンプン度は、ますますグングン上昇していきました。



       ィ'::¦
     /:::::::::::l_ _ 一ィ'ヘ斗、イl
    ':::::::::::`7 /::::::::::::::::::/:::::::lヽ、
.  , ':::::::::::::::ィ-:::Y´::::::::/::::::::::::::::::::,l
 〈::::::::::::::::::i:::::::::!:::::::::/::::::::::::::::::ケ::::¬    「……だって、本当の事だから」
  ::::::::::::::::{::::::::::::::::::〈::::::::::::::::::ハ:::::::::::!
  }:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::::丶:::::::::::|::::,、:::::::|   「いつかこうなるとは思ってたし、
  /:::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::〉::::,.::/// , ヘ|   もう、逮捕されようが何されようがどうでもいいし」
,/:::::::_._/ .|:::::::/|:::::|!::::/::::(レ   /
i::::r ' ´  /:::::::ノN::/:::l:::::::::ム ,i       「…というか、そもそもはじめから、
ヽ、   /::::∧ヘ {:::::l:::::::::/_/       あんなもの欲しくもなんともなかったしねぇ…」
    ∧::::| 丶  |/'l,::::/
   (.:::::〉/\  ヽ|  l::::|
    )f´   ヽ  i|レ ヽ丶     女の人が、「欲しくもなかった」と、ボソボソぼろとつぶやいたのを、
    /       \/A ハ、     さやかのいい耳は、バッチリ聞き逃しませんでした。

92 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:52:25 ID:Hy23DYmc0
           ........-..........
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、       , ‐=ニヽ
       /.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`      !_i  ) )
       .:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      _ノノ
      /.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:、.:.:.:.:\.:.:ヽ.:.:.:.:.    // ̄
      ,.:.:.:.:.::.:.:|\.:.:.:.{\.:.::|.:.:.:.:.:.:.:..:,   ◎
      {.:.:.|.:.:/_ノ \:.、 \|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      /.|.:.:.:j/,xf心.  \xf心.:.:.:ト.:.:.:.:|ヾ
       |:.:/ヽ戈リ     戈リ.:.:.:lン:ハ..:|
       |.:ハ.::ヘ     '   u .|.:.:.:|,イ¨j/
       / ¦:.:ト . _ _ っ ._.イ,iハ|        「…ふぇ?」
       }八|   「 v─ }
          , -‐く ¨」YY}..__/¨ヽ         「おねーさんは、ほしくないものをとったってこと?
      γヽ  /´\乂∠\  \       ほしくないものなら…どーしてドロボーなんてしたのさ?」
      ,'_,,..-‐''" ̄`¨¨´"'-、    ヽ
        ,′, ‐-- 、__ x===ミ \   \
       ,  {/////////////}冫\ \y


    ドロボーとは、ほしいけどなかなか手に入らないものを
    誰かからムリヤリにうばう人なのだと、
    さやかはさやかのおばーちゃんから教わりました。

       欲しくもないのに人のものをとった、と言う女の人の気持ちが、
       さやかにはさっぱり分かりませんでした。



                     イヽ / ヽ
                /: ヽ    /: : :} ∨: : : \      ィ :^ヽ
            /: : : : ヽ /: : : ハ: :ハ: : : : \‐- ./ : : : : }
         , ィ"´: : : : ヽイ: : : ノ"´} ヽ: : : : : : \>"ヽ: :-ヽ、
          マ: : : : : : /: :/: :イ: : : :{ : : : \: : : : : ヽ: : :}ヽ: : : : >、
         ハ: : : : : / : /: : }: : : ハ: : : : : :ヽ、 : : : ヽ: : ヘ: : : : : : }
           V : : /: :./: : : /: : : i {: : : : : : : : : : : : : : : : :' : : : : /   「…フン、ちょっとムシャクシャしてやっただけよ」
           /: / : /: : : イ{ : : ∧: ヽ: : : : : : : : : : : : :}: : ∧: : 八
          { : j: : : :i: : : : ハ: : ' ヽ \: : : :|: : : | : : |: :ヘ∧: : : ヽ  「まっ、アンタみたいないかにも脳天気な
          |: :| : : : |: :i : :{ マ {   ',   ヽ : |: : : | : : !: : : }ヽヽ: : : :\ 奴には分からないかもしれないけどね」
          |: :} :i : :{: :マ: :|―弋ヽ  !    i斗―ナト/: i : :! ',ヘ: :\ : \
          }: j ハ: :!ヽ: ヽl {弌示ト     }イf示刀.lイ: ハ: | ヽ \: : :ヽ: ミ、
         リ /:{  ヽ', ヽ: :}弋 ヾメ     ヾ゙メ ノ/:{: | ヾ!   ヾ \}: :ハ:}
          j 八: ',  ヤ: : |八   ̄   i      ̄ ノイ: :l      `  メ:} リ
          /´  ヽ'  ヤ: : }: : ヽ    ′     イ: :{ : ハ          ソ
         ´    `  i: :リ: : ト: :>. 、´`  イ:ヽ: 八: : : ヽ


     女の人は悪びれもせずに、自身の犯行理由とやらを反抗的に語りました。

     ですが、その口調には、なぜかさびしさや、あきらめの感情がこもっているようでした。

.

93 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:52:37 ID:Hy23DYmc0
                      , <  ̄ ̄  > 、
                  /            \
                    , ´   |            ヽ
                /     |    |      、  ヘ
                  /    l  l   l         ヽ
                    l    l  、     |\     |   |
               | ,イ   |_ノ丶   | z=、   |  |、{   「うーん…よくわかんないなぁ…」
               l/ V!  {! ィfハ \ { |i刈 }  l / | ヘ
                 ヽ ヘ Vり , `丶 ー' ム //i::リ   「わたしがバカだからかもしんないけど…
                  V :ハ""   _ "u/イ //,イ/    でも、ほしくもないものをドロボーするなんて、
                  V 个o。... __ . イ^,//      さっぱりわかんないよ…」
                    ト>.-‐f,}-<´イ ¨¨`ー 、
          .        ,zチ´  、{ ノ /      |   「たいせつな服さんをとられて、こまる人だっているのに…」
                   〉 、 _ >'^ ー ' 、 _> "¨¨ヽ|!
                  V /、     _       「


     さやかは確かに頭の悪い子ですが、人が悪い子ではありません。
     悪いことは悪いことだと、キチンと分かっている子なのです。

      女の人の行動原理は、さやかの理解のはんちゅー外、ってヤツでした。




      ,‐- 、       _  _,ィ ‐-┐
     _/:::::::::::\:zrft'"´:::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::}
   ,ィ─-:::::::;/ヽ::/::::::::::::::::::::::::::::,..::::::::\:::!
   |::::::::::::::::〆:,イ:ヽ::::::::/ ̄ ̄´::::',:::::/ヽ::、::ヽ、
   |:::::::: :::::/::/:::|::',::::/::::::::::::::::::::::∨:::::::`::ヽハ`゙;
   |:::::::: ::/:::;::::::::`/:::::::::::::::l::::::::::::'::::::,::::::::',::\
   /::::::::::/::::i::::::::/:::/:::::::::::::::|::::::::/!'::::::|::::::::::':,:::::\
 (イ ::::r::::::}::::::::/:::/:::::::::::::::::l::::::::|''|::::::::',:::::::',::∨:::/   しかし、女の人にとっても、さやかみたいな子の
 ノ::::::ィ:| :::::l::,-、|::/::/::::::::::::l::|::::::l:| |::::::::::',:::::::':,::ヽ〈    言動や反応は、理解のはんちゅー外でした。
イノ´   }:::/:`!l /l::{:::l::::::/:::/:l:!::::::|:! |:!:::::::::',::::::::ヽ::::j
(:   /:/:::l::::l、ヽ!:l::l:::::/:::// l:::::/l:! l:l::|::::::::',!:::::::lヽ::!
    l:'|::::{',:::::ヽ'l:l,イ::/l::// /イ:// l:|',:!::::::l::|:::l::/ lハ!
    l ヽ:ヽ:::',:::l/、!/ l/ / l::/  , l,' l/l:::/:リ::l::{      「イライラしたり、誰かに嫌な目にあわされて
      ヽ::}):/l::::::::lヽ、   / _   ,..イ:/:/:/l:、!     悔しい思いをしたりさぁ…!」
      / {:(. |::l::lノ  ` 、 ´,..:<´:/:/::l::j ヽ!
       ヾ! l,-|:|     `´!::/l l/ l:{ /        「アンタだって、イライラやストレスで
    , -― '"ヽ:.乂      `ヽ、,-― ¨゚ヽ      自分がどうにもならなくなる事ぐらい、あるでしょ…!?」
   /     \ 、_    ',  /  _,..-}   :,
  /        ヽ、 ̄ ̄ ヽ  "´  /   ,!


    女の人の表情は、さっきとあまり変わりはありません。
    しかし、心の中に灯ってしまった怒りの火は、
    ゴオゴオと、少しずつ、大きく熱くなっていきました。

.

94 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:52:51 ID:Hy23DYmc0

    ですが、女の人の静かな憤りに、さやかが気づくわけもなく。


                                   ,. ---- 、
                                  く  ,. --- 、 \
                                   `´    \ \
                           ......-.......              }  }
                     ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:...     /` ー‐ '  ノ
                      /:.:.:.:.:.:.:.:. {:.:.:{:.:、:ヽ:.:.:.:.ヽ   く__/`¨¨¨¨´
                    ,.:.:.:.:.:.:.: i{:.:.:.: 、:.:.、:.:\.:.:.:.:.:.:.  i⌒ヽ
                      /:.:.:.:.:./.:.八:.:.:.:.{\{\\、:.:‘,:.:,  ー '
                  /ィ:.:.:.:.:l:_/_ノ\ .:.、 xfi心‘,:.:.:i:.i
                  l.:./:.:.j/,xf心 \{: 戈rリ:| : |:.|    「…えっ? わたしが、おねーさんみたいに
                  |/:.:.:.ヽ{ 戈リ.      `¨ lⅣ.:     プンプンしまくる時があるかって?」
                      |:.:.:.{rヘ `¨  '      イ:.ハ :}
                      |:i{:.:`:ート . _  0  イ:.:.j/¨j/.     「…う~~ん、む~~~ん、うぅ~~~~ん……」
                      }八:.:.:.ト、:|\:.:「 v─}/ /  ‘,
                         \{, -‐く¨」YY}/¨ ̄´     .   「……むむ~ん、う~~むん、むむむむ~~~ん……」
                  , ‐-   γ⌒ヽ/`¨¨´    ヽ ______}


   本当に少しずつ、だけど確実に、けわしくなっていく
   女の人の顔色なんてまるで気にせず…というか気づかずに、
   あくまでも、どこまでも、さやかはマイペースに考えこみはじめました。



            , '" : : : :/ヽ、.: : : : : : :`  、
          / . : : : : : { : : : `: : : : : : : : : : ヽ
         /  : : : : : : : :; : : : : : : : : : :'. : : : : : \
.         ′   /  . . ::ハ: : : : i: : : : : : : : : '.: : :\      「……うんっ! やっぱし、わたしはおねーさんがよくわからないや!
      i  . : : :′: : : :' ′'.: : : :!: : : : : :i: : : :}: : : :'.:.ヽ     プンプンな気もちなんて、夜になってねればなくなってるよ~」
        l  : : : ; : i: : : :リ   '. : :'ヽ: : : : 」_: : ;’: '.: :ト 、:ヽ
        | :′.:i: : l: : : i{ __,. -'",: :'.\": ! `メ、: : i:ⅰ  `   「だって、わたしはいつもへいき、へっちゃらだからね~~♪」
        | ; : : l: : : ; : :lリ    \::'.   ヽ!V ':: : !::!
        | i : : !: : : :' !  ___    ヾ   r =x !: : | l
        |:i l : : !: : : : ハ{ ,r ⌒ ミ           !: : lリ
        |:l!: :l: : : :ii  "         丶  ヽヽ !: : !             っ_
.      从 ’: :l: : : :i{  ヽヽヽ r---ァ     ィ゜: :'          / // __
         '.: :'.: : : :ト个  _    - '  イ : !: :,′         /  -v'´'´, ´
.        ; 从 : : :| ノ r」 ==` 、 -zイ ,′,: :/        ′/ / / ‐っ
.          ヾ \ iヘ ノ       Ⅹ ∨__/ 厶         l   .′  r '´
           _  ヾ´ \     {{ }} ノ::     ` 、      l    }  ′
.        /        `> ‐-ゝ-- く        '.    j   ノ  ノ
.        ′      /   ,  '" ̄ヽ ` 、     i    /ミ:.、  く
      '     ...:/   /        \ `  、::::::::::l  /  ` :::==ア
        i::::::::::::彡 ’  /トr-v-- r1 ̄ハへ  ` =彳v′     {

    とってもあっけらかんに、女の人の行き場のない悩みや憤りを、
    無邪気に全否定してしまうかのようなことを。

.

95 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:53:04 ID:Hy23DYmc0
`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>::::::::::::::::::::/::::y/:::/:::/::.:.:./: : :/       マ ̄`> 、
-=二三 > ´:::::::::::イ:::::::::::/::;;;/::::/:::::/:::::/:.:.:.:.:/:.:./ : : : : :  :7:. ヽ  /
  ゝ ´:::::::::::::::::://:::::::/::;;;//::::::::://<:.:.:.:.:/:.:./ : : : / : : : :/:.:.:. i:.:. ,'
/:::::::::::_,厶イ _ -‐´:::::::/´:::::::::::/´、_笊七-‐-`<//::: : : :/::,   |:.:. '}  「……そりゃ、そりゃアンタみたいに
-‐ 二 -‐   ̄::::::::::::::::::::/;;;;;;/!/   '/::i!::i `i 、\´  //-‐/'7/ jl ,・'!  脳天気でアホ顔してるヤツには
  /:::::::::::::::::::::--:.:.:.ィ/´ 、_ノ    ヽ:l::;リ`    / >´// , ' / i!  分からないでしょうねぇ…」
../.‐・・-‐==ニ二孑 i\ヽヽ     `       ´込テ',`>/:. /人!
イ´  />/ _  -‐ .7::::::::::ゝ┤               〈:;i::ソム、〈/ィ/,'     「私だって…別に好きで盗みなんて
   /// ´    ./ /:::::::::::i`  u           ヽ ` /|:.`i:.  i      やってる訳じゃないし…!」
 /´        /;;;;;::::::::/i i. \     -‐ -     /ノ|:.:.|:.  |
         .:‘::::::::::レ,' /./i    \         < !.:.:.:./ | i!      「アンタは…私がどれだけ
         / /:.:.:.:´ /__i_    \    .<:/i i/:.:.:./  |:.|      辛い目にあってるか知らないんだ…!」
       /`{:.:.:.:.://       ̄ =` i´八/// i:.:.:./i  ,'i::i!


    どうやらさやかの「わかんない!」は、女の人のマジギレポイントを
    クリーンにヒットしてしまったらしく、とうとうカンカンに怒ってしまいました。


         ___         /|
      ,  ´: : : : : : : : : :丶、    /  |__
     /: : : : l`: : : : : : : : : : : :、   \  /
    /: : : : : : : !: : : : : : : : : : : i: :ヽ   |   \
  /: : : : : : : i: :|、: : : : : : : : : : !: : l   . ̄ ̄
  ,: :i: : : : : リ_|i_人: :.i、: :i、: : : :i: : :j
  l: :l!: : : : :|  !  `、| `、| リ`、:|: : :ト
  !: :l| : : : ::| (_)       (_) |: : |   「…ええーっ?」
  、: i| : : : ::|          .!: : !
  `、:| : : : ::| U  / ̄ ̄l    !: : !   「そんなこと言われても…
   !:| : :i : :|_    !___j  ィ: : :,'   わたし、さっぱりわかんないよぉ~」
    W人: :|::rケ、=‐---r-ァ'′!从
      `.!" , '`i二=|!.コ、
       /  `、::::A*::::j`、    当然です。なぜならさやかと女の人は、
        /  、 `"il`l! |  ヽ   いまのところ、どうしようもなく他人同士なのですから。





       | ./ {   {    } ヽ }  ヽ     ヽ  ト     .l
         }'   l   |    .ノ  ;.ト   ヽ   ト、ヽ } 〉、    l
         〉  |   ∧   /   '! \  }ヽ    ヽ ∨  }   ヽ      「……へぇ、なら教えてあげるわよ」
        '   .|   | , /         \ナ弋  |、 }ヽ}   |ヽ    \
      ,  . イ  .| ∨-‐     -‐匕孑} l l l ハ  |  \   ヽ   「私が…今までどんなに辛い目にあってきたかをね…!」
      { / ハ  {  {ィ´孑セ     乂,,ノ ∨ | | / ヽ }   ヽ   \
      |.∧  〉  ヽ | ` 乂ノ            ヽl' /  | ソ     ヽ   }、
      !'  } /∧ハノ∧         u  .ム/|  .| {      }   ∧}
          {/イ{ ト/ヽ ハ    _ ,、   イ   .|  .| |      |  .∧ .}
          | { } /{   }川ヽ 、  ― ´ イ / i  |  .| |      | / ∨
     .     'イ! }∧{  .}川イ   }`‐ ´  | 、/ /.∨/ .|      | {


    さやかにしてはしごくまっとうな反論も、
    女の人に冷静な判断力とやらを取り戻させるまでにはいたらず。

       女の人は、まだ会ったばかりのさやかに、
       怒りの勢いに口をまかせたまま、
       自身が経験した「辛い目」を、語り始めました。

.

96 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:53:57 ID:Hy23DYmc0


    それは、女の人が、いままでずっとひとりぼっちで生きてきて。
    誰からも愛されずに、だから、誰も愛することなんてできなくて。


       ィ'::¦
     /:::::::::::l_ _ 一ィ'ヘ斗、イl
    ':::::::::::`7 /::::::::::::::::::/:::::::lヽ、
.  , ':::::::::::::::ィ-:::Y´::::::::/::::::::::::::::::::,l
 〈::::::::::::::::::i:::::::::!:::::::::/::::::::::::::::::ケ::::¬
  ::::::::::::::::{::::::::::::::::::〈::::::::::::::::::ハ:::::::::::!
  }:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::::丶:::::::::::|::::,、:::::::|
  /:::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::〉::::,.::/// , ヘ|
,/:::::::_._/ .|:::::::/|:::::|!::::/::::(レ;;;;;;;/
i::::r ' ´  /:::::::ノN::/:::l:::::::::ム;;;;;i
ヽ、   /::::∧ヘ {:::::l:::::::::/_/
    ∧::::| 丶  |/'l,::::/
   (.:::::〉/\  ヽ|  l::::|
    )f´   ヽ  i|レ ヽ丶
    /       \/A ハ、


    居場所も行き場所もない彼女が、苦悩と苦痛を
    少しでも発散させようと、衝動的にやってしまったのが、
    万引きという名の窃盗であった――


               ,´¨ ・: :.。。_                 ¨‘ヽ
               /:::::::::::::::::::::::::゙ヽ=‐-ミ__> 、_  _  _     i.|
             /  -´‐‐> '゚¨-‐-ー=≠ -‐ ´ ..-‐:::::::::::::i   //
          ,。 '>´:::::::::::/`ヽ:::::::::::斗:::::::::_.。.: ゚´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i}  //
__ _   -‐ ´ ::::::::::::::::::::::::::,' \:::::::/:::::::>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-‐=・・┐ }//'
、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::/:::::::::/:.:.:.:.>    _ -‐┐ ̄¨/
`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>::::::::::::::::::::/::::y/:::/:::/::.:.:./: : :/       マ ̄`> 、
-=二三 > ´:::::::::::イ:::::::::::/::;;;/::::/:::::/:::::/:.:.:.:.:/:.:./ : : : : :  :7:. ヽ  /
  ゝ ´:::::::::::::::::://:::::::/::;;;//::::::::://<:.:.:.:.:/:.:./ : : : / : : : :/:.:.:. i:.:. ,'
/:::::::::::_,厶イ _ -‐´:::::::/´:::::::::::::/、_笊七-‐-`</:/::: : : :/::,   |:.:. '}
-‐ 二 -‐   ̄::::::::::::::::::::/;;;;;;/!::/  ,′/::i!.;:i `ト、\´ //-‐/'7/ jl ,・'!
  /:::::::::::::::::::::--:.:.:.ィ/´ 、_ノ /    ヽ:l::;リ`    / >´// , ' / i!
../.‐・・-‐==ニ二孑 i\ヽヽ',     `       ´込テ',`>/:. /人!
イ´  />/ _  -‐ .7::::::::::ゝ┤ u          〈:;i:ソム、〈/ィ/,'
   /// ´    ./ /:::::::::::i`        _    ヽ ` /|:.`i:.  i
 /´        /;;;;;::::::::/i i. \    /:.:.:.``j    /ノ|:.:.|:.  |
         .:‘::::::::::レ,' /./i    \   '、_:zノ   ィ:.!:.:..:.:.:/ | i!
         / /:.:.:.:´ /__i_    \    .<:/i i/:.:.:./  |:.|
       /`{:.:.:.:.://       ̄ =` i´八/// i:.:.:./i  ,'i::i!
      イ_ -‐===‐' `ヽ         }{ `>、// ,'./ i/ i


    などという、決してしあわせとはいえない人生をつづった、
    ある種の一大叙事詩のような話を、女の人は、
    まるで、自殺志願者が線路に飛び込むようなスピードで、おおいに語りました。

     今までおさえつけていた感情と不満と怒りを、さやかにぶつけるように。

.

97 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:54:12 ID:Hy23DYmc0
           ........-..........
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、
       /.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
       .:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    さやかは、女の人のお話を、
      /.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:、.:.:.:.:\.:.:ヽ.:.:.:.:.    ずーっと、じーっと、聞いていました。
      ,.:.:.:.:.::.:.:|\.:.:.:.{\.:.::|.:.:.:.:.:.:.:..:,
      {.:.:.|.:.:/丁 \:.、 \|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      /.|.:.:.:j/,xf心.  \xf心.:.:.:ト.:.:.:.:|ヾ
       |:.:/ヽ戈リ     戈リ.:.:.:lン:ハ..:|      「……うん……なるほど、ね……」
       |.:ハ.::ヘ     '     |.:.:.:|,イ¨j/
       / ¦:.:ト . _ _‐ ‐ _.イ,iハ|
       }八|   「 v─ }
          , -‐く ¨」YY}..__/¨ヽ
      γヽ  /´\乂∠\  \     さやかにしてはめずらしく、
      ,'_,,..-‐''" ̄`¨¨´"'-、    ヽ   イヒヒでもアハハでもないマジメな顔で、
        ,′, ‐-- 、__ x===ミ \   \  ずっと、じっと、聞いていました。
       ,  {/////////////}冫\ \y




     /   . : : : : : : : :| . : : : : : : : : : : : : : :` 、
.    /   . ./       /l: . : : : : : : : :i: : : : : : : : ヽ     女の人の話がやっととぎれたころ、
   /  . : /: : : : : : ::/ .l:i: : : : :i: : : : !: : : : :i: : : : iヽ    ようやっとさやかが、口を開きました。
.   | . : : : !: : : : : : : :!  !|: : : : :l: : : : :l: : : : :l: : : : !::`.
   l . : : : ::|: : :i: : : イ:l   l|: : : : :.l: : : : :!: : : : :|: : : :|:ト、ヽ
.  |. :i: : : ::l: : :|: : :i |;l,.-‐‐ト: : : : :ト、: :-┼ャ、: :.l: : : :l:l  ヽ
  l: ::|: : : :l: : : !: : | l/    ヽ: : ∧ `ヽ: :ハ: : !: : : トヽ
  l: ::l: : : :l: : :ヽ: :/ ,,-==、   \:∧_ x=ヌ、.|: :|: : : :| l:!
  |: ::l: : : :!: : : :X:ト〃う `.     `゙'ー' う`.` !: l: : : :!ノ'
  |: ::i: : : :!: : : : lヽ ト、_,=!       ト、_リ |/: : : :l
  l: ::l: : : |: : : : :!   ゞ- '        `‐' 、、 ||: : : |
  人: l:: : :!: : : : |   ``        `     l|: : : !    「…つまり、おねーさんは、ずーっと、
   ヽ:l: : :|: : : : :ト、              /: : : l    ひとりぼっちで…さみしかったんだね?」
    ヽl: :i: : : : :!: : ::i  、    ´`  ,. . : :i: : : : : /
.     ∨!: : : : トハl== _ ` =-‐i、/|/|: :_:_: /
       ヽ: : : !_ソ   `X" ´ ̄ i_   と _>、
    , -‐―ヽ_kヽ i=、l !, 、    /`  _|/ / ̄`、





               ィiヽ
     lト、 _ -==ヘ一_/::::::::.\
    _l::::::\:::::::::::::`:::::iK:::::::::..`、
   /.::!::::::::::::\..:::::::::::`Y-ゞ:::::::::::::: 、
  ィ::::ヾ::::: ::::::::::ヽ:::: ::::::::;!:ヽ:ヘ;;:::::::::::〉
 ,/. ::::::::ハ:::::::::::::::::::〉::::::::::,!:::::::j;;:::::::::/
 |:::::`,、::::.!.:::::::!::: :/:::::::::::::ゝ::::!::::::.{     「……ええ。そう、なるかもしれない…わね……」
 |/、jヽ:\Vi:::;/〈:::::::::::::.,'::::::::Y::::::::::i
   Yヽ   _)::::::i:::::l|:::::|ヽ:::::i: ヽ_:::::\
      {   !/:〉::::::i:N,'(.::::k::.!:  `ヽ:::)
       \ _/i: ::l::::::}丿∧ヘヽ   、:/    さやかの、シンプルで、だけど明確な言葉には、
        ´/::::l'゙i|.:/ヽ/ |:::/:::〉   〈:    さっきまでちょっぴり暴走ぎみだった女の人ですら、
        //::::レ:|//  ム〈::(         思わずうなずかざるをえませんでした。
        //|i   _/⌒ ヾ |::ヽ
        /久ヽ\ィ/     _} ヽ:::..、

98 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:54:22 ID:Hy23DYmc0
              ,. : : : : : : !| : : : : : : !: : : : : : :、 : : : :i : : !: : : ,
               i : : : : : : 八 : : : : : :ト : : : : : : i: : : : |: : :|: : : |
               |: : : : : :イ_ \: : : : | \ : : : |: : : : i≧:|: : : |
              !: : : : / |__`  \ : :|´ ̄_\: :|: : : : |ソ |: : : |
               |: : : : :〈 ィ心  ヽォ ィ 笊刈 : : : :| }:|: : : |
               | : : : : i 弋ソ       弋ソ|: : : : |ソ | : : :|
               |: : : : ハ    ,         | : : : :l: : :l : : リ
               |: : : : :∧            ! : : : ; : :イ : /   「…うん、そっかぁ。
               |: : : :/ : .     、 _       イ: : : /: / |: /    ひとりぼっちは…さびしいもんね、うん…」
               | : : イ: : ; : .丶          i: : :/: / : |/
               | / |: :∧ : :iヽ: ≧_ ィ     |: :∧/
                  '  |:/  ヽリ | ̄`i´ ̄ ̄ ̄|∧
                     イ ̄ ̄ ̄   ( )       /`ー――
                   /       \    i    /        `ヽ

     さやかは、さやか自身の言葉をかみしめるようにつぶやいたあと、
     女の人を、その大きな目で、まっすぐみすえました。



            /: :./: : : : : : : : :l : : : :`ヽ: : : :\
           /: : /: : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : :ヽ:.ヽ
         /: : :/: : : : /: : : :/ |: : : : |: : : : : : :ヽ: ヽ
         /: :i: l: : : : :l: : : : /  |: : : : |: : : : l: : : |: : :lヽ
        /: :/: l: : : : :|: : : / ―r<: : |:lヽ: : :|: : :|l: : l: ト、l
        |: :l: : l: : : : :|: : :/   |ヽ: :l 、ヽ: : |ヽ: |: : |: |
        |: :|: : l: : : : ヽ: |---、、ヽヽ::{ l ヽ: :| l: :/: : :|l:|
         |:/l: : :|: : : : :ヽ:|,,,     ヾ! __ヾ| |:/: : : |リ
       ,/ .|: : : |: : : : : liヽ      、   ヽ 'l: : : :|
         .|: : : |: : : : : :|   r - 、    ,,,  /: : : |   「――でもね、だいじょうぶだよ。わたしが、
         |ヽ: : : : : : :|ヽ   ヽ、  /     /: : : :.|   おばーちゃんから聞いたお話をするからね」
           ヽ:lヽ: : l:| .l`ヽ、   __ . -t: :/l: : : /
            ヽ:ヽ: :lヽ`゛-、__,ニ{´}::/ |:/ |:il: :/    「そしたらおねーさんは、
        ,. ――‐‐' <ヾi  ,__/r, {  ヽ___   |:/    きっとだいじょうぶになるから…ねっ♪」
       /       \\ {.0Uθ!//   ̄ `ヽ
      /         ,.'´ヽ、>.-r-'<       ヽ

   そう言ってさやかは、笑いました。さわやかに、笑いました。



         /:.:|:.、-.,|:「\:.\:.:.:`=-,./.:.:.:.:i
       /.:.:.:i.:.:i.、:.:.:.゛.:\.:.:\:.:.:.:` ,.:.:.,|_
      //.:.:.:/:.:/ V\.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:ヽ.:.:.:',.:.:.:.:`=,._   「……はぁ? 私が、大丈夫になる…?」
   /.:.:/|.:.:.:.:! i  i.:.:ハ.:.:ヽ.:.:.:!.:.:.:.:i.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:/
   /.:.〈.:.! i.:.:-=,!ト  !:.|-弁:.,._.:.:!.:.:i.:.:|ノ/i.:.:.:.:.:.!    「…なによそれ…意味分かんないし……!」
  i.:.:/l.:.:i.:.:',.:.:ィテi、 !リィfr'=ト、`テ.:.:!.:.:|:/:i.:.:.:.:./
  !/ i.:.:.:!.:.:|ヾ|{ リ     ヒ少 }´|:ハリ:.i:./.:.:.:.:/
    !.:.:/ヽ|.:::}"   '     " リ ノヽ:.|/:.l/,.:i    さわやかなさやかとは対照的に、女の人は不満タラタラです。
    V   |:.:..ヽ、  、  U ノ:./ノ.:./|.:.:.:.:.ヽ,   今にもまた、ヒートしてイラしゃべりしそうです。
        ,.. ‐:.:.:.\   _,.-=/:.:,'.:.:./ll i.:..).:.:.:.:〉
     ,_//:.:.:.:/.:.:`マl´  /ゝ/./.ヘi:::!(\.:.:(
     ´ _ノィ/:.,-=リ/」--=イ)‐-,.⌒Y::::ヽi:.:.:.) \

99 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:54:35 ID:Hy23DYmc0


  しかしさやかは、そんな女の人を気にするようすもなく、
  少しずつ、大切そうに、さやかのおばーちゃんから教えて
  もらったお話を、言葉を、つむいでいきます。


                  イ : : : : : : : : : : : : : : : : .`ヽ
                  . : : : : : : : : : : /: : : : : : :、: : : .\
                / . : : : : : : : : :/. : : : :|: : : : :|: : : : : .\
            / . : : : : : : : : :/: : : : : :|: : : : :|: : : : : : : .\
              / . : : ; : : : :_:_:/._: : : : : :|: : : : :|: : : : : : : ー ヽ
           / . : : : |: : :´ : /: |:ヽ: : :/ |: : : : :|: : : : : :|
             / . : : : : | : : : :/:_: |:/i: :/ .| : :_: / : : : : : |   「…たとえば、ぜんぶのものは、
         / イ: : : :/i : : イ示i ヽ ;/  |: : :/.ト : : : : : |   ずーっとちいさくちいさくちいさくしていくと、
              |: : : :、 !: : 八zソ      |: :/ |: ヽ : : : !   クォークというものに、なります」
              l: ヘ : : |: :ヘ:{ ゙    ,    イ心、 l: : | : : : |
                ヽ: |/、        〈辷シ  j: : | : : : |   「この世界のなかで、クォークの量は、ずっといっしょで。
               _ 〉   ` -   ゙ / l: /|: : /リ   ふえることも、へることも、ありません」
               イ     ≧  __   ィ: :/ l/_.|: /_
                /  \     | i | ̄   | /  /|/  ヽ_


    それは、さやかのおばあちゃんがさやかに教えてくれた話。
    この世界にあるかもしれない、クォークという物質か…
    あるいは概念と呼ぶべきものの、話です。


           ........-..........
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、
       /.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
       .:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      /.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:、.:.:.:.:\.:.:ヽ.:.:.:.:.
      ,.:.:.:.:.::.:.:|\.:.:.:.{\.:.::|.:.:.:.:.:.:.:..:,
      {.:.:.|.:.:/⌒ \:.、 \|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   「わたしの中にも、おねーさんの中にも、
      /.|.:.:.:j/,xf心.  \xf心.:.:.:ト.:.:.:.:|ヾ   おばーちゃんの中にも、みんなの中にも、
       |:.:/ヽ戈リ     戈リ.:.:.:lン:ハ..:|    クォークってのがあって」
       |.:ハ.::ヘ     '     |.:.:.:|,イ¨j/
       / ¦:.:ト . _ _‐‐′_.イ,iハ|       「つまり、みんなの中にも、知らない人たちの中にも、
       }八|   「 v─ }         クォークが、とってもとってもたくさん、あるのです」
          , -‐く ¨」YY}..__/¨ヽ
      γヽ  /´\乂∠\  \
      ,'_,,..-‐''" ̄`¨¨´"'-、    ヽ
        ,′, ‐-- 、__ x===ミ \   \
       ,  {/////////////}冫\ \y

100 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:54:49 ID:Hy23DYmc0
                    - ―― -
                     /: : : : : : : : : : : : ` 、
               . : : /: : : : /: : : : |: : :ヽ : \
                  /: : /: : : : /: : | : : | : : : l : :l : \
                . : : :| : : : : : : : | : : | : : : | : :| : 「⌒
                 |: : : |: : : : :|-‐十:7「: : : ハ十: |
               从: : |: : : : :|: :ΝV |: :/  |ハ: :|
                  | : |: /: : :| : ィテ坏ヽ/ 坏ヽ:N   「…クォークってのはね、たくさんあって、
                  | : lイ: : : :|: :|乂ツ     {ツハ|    でもぜんぶの量はいっしょだから…
                ノヘノ: : : :ハ:ノ         } : |    みんなの中を、ぐるぐるくるぐる、回っているのです。
                   _´7: :/_/` ,._  冖 イ 从
               「 ⌒ _二ニヽ/  ̄  |ノ     「洗濯機さんみたい、ねっ」
              |厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
             厂    /      ト


      それは、さやかのおばあちゃんがさやかに教えた、おとぎばなしのような話。
     
      この世界でありえるかもしれない、クォークという名のキセキの話。
     
      さやかが心から信じている、めぐりあうキセキの話。


                     .ィ: : : : : : : : : : : : : : : : .丶
                  /. : :/. : : : : : : : : : : : : : : : : .\
                     ,. : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
                 /. : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
                   /. : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : ハ
              ,. : : : : : : !| : : : : : : !: : : : : : :、 : : : :i : : !: : : ,
               i : : : : : : 八 : : : : : :ト : : : : : : i: : : : |: : :|: : : |  「だからね、ずーっとね、とーってもむかしに、
               |: : : : : :イ_ \: : : : | \ : : : |: : : : i≧:|: : : |  いっしょじゃなくなっちゃった大切な人のクォークが、
              !: : : : / |__`  \ : :|´ ̄_\: :|: : : : |ソ |: : : |  わたしや、おねーさんの中にあるかもしれません」
               |: : : : :〈 ィ心  ヽォ ィ 笊刈 : : : :| }:|: : : |
               | : : : : i 弋ソ       弋ソ|: : : : |ソ | : : :|  「というか、むかしのわたしのクォークが、
               |: : : : ハ    ,         | : : : :l: : :l : : リ  おねーさんの中に、あるのかもしれないのです」
               |: : : : :∧            ! : : : ; : :イ : /
               |: : : :/ : .     、 _       イ: : : /: / |: /    「つまり、おねーさんとわたしは、
               | : : イ: : ; : .丶          i: : :/: / : |/    昔は、大切な人どーしだったのかもかもなんだよ」
               | / |: :∧ : :iヽ: ≧_ ィ     |: :∧/
                  '  |:/  ヽリ | ̄`i´ ̄ ̄ ̄|∧
                     イ ̄ ̄ ̄   ( )       /`ー――

       さやかは、さやかのおばあちゃんがさやかに話してくれたように、
       足りない頭の中にあるクォークのかけらを、
       さやかなりにたいせつにつむいで、女の人に語りかけます。


           やさしく、さわやかに、さやからしく。

.

101 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:54:59 ID:Hy23DYmc0
                  イ : : : : : : : : : : : : : : : : .`ヽ
                  . : : : : : : : : : : /: : : : : : :、: : : .\
                / . : : : : : : : : :/. : : : :|: : : : :|: : : : : .\
            / . : : : : : : : : :/: : : : : :|: : : : :|: : : : : : : .\
              / . : : ; : : : :_:_:/._: : : : : :|: : : : :|: : : : : : : ー ヽ
           / . : : : |: : :´ : /: |:ヽ: : :/ |: : : : :|: : : : : :|      「…だから、ねっ。たぶん、
             / . : : : : | : : : :/:_: |:/i: :/ .| : :_: / : : : : : |      いやきっと、だいじょうぶだよ」
         / イ: : : :/i : : イ示i ヽ ;/  |: : :/.ト : : : : : |
              |: : : :、 !: : 八zソ      |: :/ |: ヽ : : : !      「おねーさんが、今はひとりぼっちでも。
              l: ヘ : : |: :ヘ:{ ゙    ,    イ心、 l: : | : : : |      わたしがいつか、ひとりぼっちになっちゃっても…」
                ヽ: |/、        〈辷シ  j: : | : : : |
               _ 〉   ` -   ゙ / l: /|: : /リ      「たいせつな人のクォークが、からだの中にあるかぎり、
               イ     ≧  __   ィ: :/ l/_.|: /_       わたしも、おねーさんも、みんなも、ひとりぼっちじゃないのです」
                /  \     | i | ̄   | /  /|/  ヽ_
            /__  ヽ  ( |l| )  ,__ /   /、  `ヽ
.            イ    7 ュュュュ ュュュュ、ー―――   \  \
         / 丶  /. : : : : : : : : : : : : : : : : ヽi\, '  ̄ ̄\   \




                   __
                , . - : : : : : `:ヽ.
              ,ィ´r、: : : : : : :、: : : : ヽ
             ,イ: : :l: :`: :i: 、: : :i: : : : : : ヽ
            /: : : : i: :i: : :i、: ',: : ト: !: : 、: : ト、
             l:,: : i: : |i:ハ: : :i、:,ィ´l_: : ハ: :ヘ \
                l:j: : :l: : ハ__'; : :iヽ!;イjヾ'l : |ヘ: :リ
            jイ: i:ハ: :!´ !`\! ヾメ沙i: :l ソ:i: } r、    「…だから、へいき、へっちゃらだよっ!」
              ' |: :i: :ヘ:l r==  、    l: rヽj|:j { i
            |イ:!|: ハ!    , ィ´) j 〉 ∨ l i   「ひとりぼっちでも…ひとりぼっちじゃないのだっ!!」
            |ハ ト: ! ; :ヽ_ ` ´゚イ |i ハ ヽ ! i
          r ,  _! ヽ: ハ从  ̄ヘ_,ィ´ !ハィハ ソ  〉-、
             l ! /´)  ヾ_ィー-/イヽ ノ/ / ,-l‐-、 / / )
        ,、_j {/ /  ノ _アゝ、_ィ_X_ ソ,イ、ー-' ゞ、イハ
       ,ィ、ゝ、_ /  ,ィ´ ̄、_    __ _`ー' !ハ≧-ー-フ  j
       〉、ヾュ `(,ィヾ ハ  }rミィュ、rィ-'='ソヽ l 〉ゝ  ̄´  ノ   そう言ってさやかは、さわやかに笑いました。
       { `≧ュ-' ヽ: : j_j!-/: : `ー''´: : :`ヾィ>l/' ヾ>-イハ
       ゝ、    /: ;ィ / /: : : : : : : : : : : : : `7 l     ! ハ   孤独でも、一人ぼっちじゃないと、女の人に笑いかけました。
         }: ヽ_,,ィr'´ !/  ゝ::::: :'ィヽ: : : :::::::::::イ  ',    !ハ
       !: : : /  j/   }=-''´o|! ヾ、__ゝ    ',    ! l
        ` ´   イ   ハ   l|     ヘ    ',    ! l

102 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:55:53 ID:Hy23DYmc0


  さやかの、荒唐無けいな話を聞いて、女の人が何を思ったのか。

   それは、女の人自身にしか、分かりません。

    …ですが、女の人は――


      ,‐- 、       _  _,ィ ‐-┐
     _/:::::::::::\:zrft'"´:::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::}
   ,ィ─-:::::::;/ヽ::/::::::::::::::::::::::::::::,..::::::::\:::!
   |::::::::::::::::〆:,イ:ヽ::::::::/ ̄ ̄´::::',:::::/ヽ::、::ヽ、
   |:::::::: :::::/::/:::|::',::::/::::::::::::::::::::::∨:::::::`::ヽハ`゙;
   |:::::::: ::/:::;::::::::`/:::::::::::::::l::::::::::::'::::::,::::::::',::\
   /::::::::::/::::i::::::::/:::/:::::::::::::::|::::::::/!'::::::|::::::::::':,:::::\
 (イ ::::r::::::}::::::::/:::/:::::::::::::::::l::::::::|''|::::::::',:::::::',::∨:::/
 ノ::::::ィ:| :::::l::,-、|::/::/::::::::::::l::|::::::l:| |::::::::::',:::::::':,::ヽ〈
イノ´   }:::/:`!l /l::{:::l::::::/:::/:l:!::::::|:! |:!:::::::::',::::::::ヽ::::j
(:   /:/:::l::::l、ヽ!:l::l:::::/:::// l:::::/l:! l:l::|::::::::',!:::::::lヽ::!  「……あぁ……ほんっと、馬鹿みたい……」
    l:'|::::{',:::::ヽ'l:l,イ::/l::// /イ:// l:|',:!::::::l::|:::l::/ lハ!
    l ヽ:ヽ:::',:::l/、!/ l/ / l::/  , l,' l/l:::/:リ::l::{    「下らない事ばっかして……最後に、アンタみたいなのに、
      ヽ::}):/l::::::::lヽ、   / _   ,..イ:/:/:/l:、!    下らない事まで言われて……」
      / {:(. |::l::lノ  ` 、 ´,..:<´:/:/::l::j ヽ!
       ヾ! l,-|:|     `´!::/l l/ l:{ /       「……下らない事ばっか、考える羽目になってさぁ……」
    , -― '"ヽ:.乂      `ヽ、,-― ¨゚ヽ
   /     \ 、_    ',  /  _,..-}   :,
  /        ヽ、 ̄ ̄ ヽ  "´  /   ,! ',



   〈:.:.:.:., ' |/ |   /  \     ゝ  ヽ::::/
  // へ  /  .:l:..∧`    ヽ丶       j:::)ヽ
 ,// /   /   |〈 ∨::::        \   ヽ:::..`.
!/ /   |    ハヘ 丶:::  ヽ  イゝ  丶   :::::::::...
|   .:!    !/l:.:.:.:.:| 丶  ヽ:::  |   :1:::::.:.:.:.:.:.:.::.:.}::::::::........
|:.:.:.:.| ..:.:.:.:.| \:.:.!   ヽ  ヽ:: }:|..:.:.:.::|ヽ:.:.:.:.:.:.:./l::j.\::::::.:.:.......
| !:.:.:.|::.:.:.:.|:.:|,_  |_,l      _',__,l::|_:.._|,;::|  ハ l:.:.\: \:\イ
/|:.:.:.:.l:.:.:.:.|´|  ̄λ|`ヽ       !/L;|_ j/ :| /|Vl:.:.l  :):::// 
!:ヾ:.:.:.l:.:.:.:|:.:||:{´.辷1|`'      |/´辷'リ~ } !/h| レ:.:.| (:.ノ7  
!:./丶:.:|\|ヽ!ヽ 弋メ         i込ノ ' 〈;/::|.| |,/   !:.八
l/  ヽ:.:.:.:.:.lヘ.,,, `¨´          ̄,,, /ノl::::|:::;::〈        「…でも、さ。アンタの下らない話も、そのふざけた笑い顔も」
|l   l:.:.:.:.:.l:メ,       ,       , '::::|:|;∧|:::::::<
7   |:.:.:l:.:.|:::::|>、           ∠、:::::!:|:.:.:.ヘ::::::::.:.く     「全部が全部、あまりにも下らなすぎて…逆に笑えてくるわ」
    |l:::イ::::|::人V:`:..:.、  ` '   ' :l::::.|.:.:ヽ:l:.:.:.:.:.',:::ヽ::.:ヽ
    |l:::/::::l,'::::∧::::::::V:` -‐ ´  /l:::/`ヽ、.:..:..:..:∧:::::V:::::     「……まっ、何もかも下らない私にはちょうど良いのかもね…」
    |:/:::::::l:::::::::,:ミ:マ:::|      {l/7   `  、;;;:ミ:::::::l:::::::\
    /::::::::::,::<´ ', Y::!       ,'         `イ‐
  _/ リ-´    ヽ ヾ     /        ィ  }


    ちゃんと、笑いました。

      ちゃんと、笑ってくれました。

       ちゃんと、笑えるようになりました。


    …いつの間にか雨が上がり光さした、お店の外の空のように。

.

103 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:56:03 ID:Hy23DYmc0
    l: : : :‐-ィ,>`´: :´: :.イV マvヘ、ヽ.: : : :,'
   . '´⌒:: : /:ヽ/: : 〃 ハ ヽ: : `ヘ ヾ、::/
 ,/ .: : : : : l: :′ ァ: : : : : j.: :f'} :、: : : : :ヘ: :\
 ヽ .: : : : : :ハ : : /. : : : : : : : : :}: : : : : : : : ∧. :ヽ
  Y.: : : :.,.' : : : :´ : :j . :l. :/. :ノ !. :| . :l: :キ.: :!ヽ: :l
  /.: : : .:‘ : : ,' : : : :/ /l//  |: :| : :| : :!. :/.::!: j
. /.: : : .:/.: : ;,' : : : /}イ_ノ.    l /‐、/| .:|: : ヽ::l/
/.: : :ィノ!: :人.: : : /‐ィ〒テ; ′ ,辷,y、_リ.::/::|: :リ   「…とりあえず、さっき盗ったものは返すわよ」
!/l ( |/'|: :/: :i/〈'弋ノ       ヒノ丿,vハイ:/ : :|
{/  )  |N.: : :ハ``     .  '' ,〈/ ル/|/Y´   「……他の物も、返せるものは返さなきゃいけないし…
{       il: :}: :!ヽ丶         ,イムイ |      警察にだって、行かなくちゃいけないから…
        |/: :/: :八 ヽ、 ` ´ , イ: :l::/! /      いつになるかは、分かんないけどさ……」
      ,': :/: :/!: :、l:. ` 7:´l : :|: :,イ(
     / /: / .\_:ヽ、 イjヘl、 : : i八`ヽ、      「……いつか、たぶん、またくるわよ――またね」
    八/=|、   `、: :lヽ,  ‘l`ヽ. : :\ )
   / />┤\_   ヽl  \ _ヽ:`ヽ.: .:!
   |//⌒ 乂\\   \  |  リ// ヽ:|
    i    `ハ  \ `ヽ‐- Y´¨`/〃   | 、


     そう言って女の人は、少しだけさみしそうに笑いながら、お店を出ていきました。
     肩のおもりと胸のつかえと、再会の約束を、置き土産に残して。



            /: : : : : : : : :./ :\: : : : \
            /: :./: : : : : : : : :l : : : :`ヽ: : : :\
           /: : /: : : : : : : : :/ |: : : : : : : : : :ヽ:.ヽ
         /: : :/: : : : /: : : :/ |: : : : |: : : : : : :ヽ: ヽ
         /: :i: l: : : : :l: : : : /  |: : : : |: : : : l: : : |: : :lヽ
        /: :/: l: : : : :|: : : / ⌒r<: : |:lヽ: : :|: : :|l: : l: ト、l
        |: :l: : l: : : : :|: : :/   |ヽ: :l 、ヽ: : |ヽ: |: : |: |
        |: :|: : l: : : : ヽ: |---、、ヽヽ::{ l ヽ: :| l: :/: : :|l:|
         |:/l: : :|: : : : :ヽ:|,,,     ヾ! __ヾ| |:/: : : |リ
       ,/ .|: : : |: : : : : liヽ      、   ヽ 'l: : : :|
         .|: : : |: : : : : :|   r - 、    ,,,  /: : : |
         |ヽ: : : : : : :|ヽ   ヽ、  /     /: : : :.|   「…うんっ! またね~おねーさ~~~ん!」
           ヽ:lヽ: : l:| .l`ヽ、   __ . -t: :/l: : : /
            ヽ:ヽ: :lヽ`゛-、__,ニ{´}::/ |:/ |:il: :/    「わたし、まってるからね~~~~~っ!!」
        ,. ――‐‐' <ヾi  ,__/r, {  ヽ___   |:/
       /       \\ {.0Uθ!//   ̄ `ヽ
      /         ,.'´ヽ、>.-r-'<       ヽ
      |      /   /   \  \     ヽ     さやかもまた、女の人が見えなくなるまで。
      |   ,. -'´   イi __     ,.r-,ヽ  `ヽ、  |     ずっと、ずーっと、手をふって、女の人を見送りました――
    「 ̄    ,. - '´ | |  |‐|-,,,ii-i | .| `ヽ-    |

104 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:56:50 ID:Hy23DYmc0


   ――女の人がどこかに行ってから、雨がやんで、空は晴れて、
   つぎの日も晴れで、また晴れて、かと思ったら雨がふって、
   そのつぎの日はくもりで、でも昼すぎには晴れて――と、
   いつのまにやら一年と、数ヶ月ぐらいたっていました。


   / /                               / /___
  | | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | |
  | | | |                               | | | |
  | | | |                 |Laundry|                 | | | |
 ̄..| | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | | | ̄ ̄ ̄
  | | | | .|| ̄ ̄ ̄||. | | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| | || ̄ ̄ ̄||  | | | |
  | | | | .||___||: | |        |        | | ||___||  | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |       [|]       | | ::::::::::::::::::::::::::: | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | |  ____ | | | |
  | | | |:::::::::::::::::::::::::::::::| |        |        | |// / / //| :| | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二二 |/



                               |_|
                               |_|   ~♪
 ♪                            |_|
       _______________|_|__
       | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
       |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
       |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
       |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-lhttp://www.youtube.com/watch?v=C2a4em-_eL4
       |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
       |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|      ~♪
       ┴───────────────‐ー┴


    さやかの方は、あいかわらず。

    いつもの長イスにすわりながら、
    古いラジオから流れる音楽にあわせて、
    てきとうに、だけどさわやかに、歌ったりしています。


                ,. -´: : : : _: : : : : : : : :`ヽ 、
              /: : : : : : : | :` ー: : : : : : : : : :.\
            /: : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : : : : : : ∧: : : ヽ: ヽ: : ヽ: : : : : :ヽヽ_,.. - - ' ´  ̄ ̄`ヽ
  ,r-- 、 _ _    /: : : : : : ,: : : : l: :| l: : : :.ヽ: :ヽ: :.ヽ: :ヽ: : : ヽヽ    ,      |
 /    、 、` ー |: i: : : : : |: : : : |: :| ヾi: : : ヽ: :ヽ: : :ト: :ヽ: : :l: | 、ヽ- /      |
 |     ヽヽ  |: |: : : : : |: : : :/l: | /ヾi、: : :l、:ート、: lヽ: :l: : :|:| ヾ、/        |
 |      ヽ  |: |: : : : : |: : :| |:|'´   ヽヽ: : l\:.| ヾ| ヽ: l: : |: |_/        /
 ヽ       ヽ |: l: : :l: : :ヽ::| |    ヽヽ: | , -- 、  Vl: :|: :| ,/       /
  ヽ        ヽ:l: : : |: : :ヽ:| , --`    `    `   |: l: :i:|/        /
   ヽ       `i: : : |: : : ヽ|/        、       レ': :l::k         /
    ヽ      /l: : : |: : : : |         _       ノ: : lリ、 `ヽ 、 ____/
     ヽ    ノ l: : :ヽ: : : :|     r ´   l    ,イ: : 人 ヽ、_    /
      ヾー'´   ,|:l: : : |: : :ヽ、    ヽ、  '   ,イ: :/l: :/ \   ー/   「ら~~、ら~ら~~~らら~~♪」
      ゝ__,ノ ヽヽ: lヽ: : ヽヽi ー- 、 ___ =r' / Vレ' |:/    ` ーr'
       ヽ __,ノ ヾヽ:{ ヾ: ヾ ,.)、  ̄ ̄ >,,< ̄ヽ,./  /      /
        `i、     ヽ ヽ \l ,.> ヽ{ r,!..!r, /ノ  /   /   人

105 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:57:00 ID:Hy23DYmc0


     さやかのまわりの人たちも、あいかわらず。



              )\
            γ´/ 丿ヽ
       r―‐<  ̄ `>`  )
     ∠l          ヽ
      '´ |               ヽ
   ./    | |   、         ',
  /    ヽt   |\._\     |     「…ねぇねぇさやかちゃん~ちょっと聞いてよ~」
  |    l /> 、| / r:x\| /
  l l   V r:x    {:rJ 〉! /l|     「この前、ウチの息子がひさびさに帰省してきたんだけどね~、
   \  | {:rJ    `¨´ /イ.ノ     なんとまぁ驚くことにね~、お土産にね~――」
.     l>-ゝ`¨´  '       /
     ゝニl   、_,、ノ , < \/⌒ヽ
      />、 __ /ヘ ヽ ) /   |
        | / / ヽ/|\ 〉   /l /   |
.     人    イ|/八_イヘ、|' /  ヽ
     | rく _rく j/Y/〈―‐' ∨    〈
     l/` ー┴/ | |//ハ o   \ _, |
     /    o /l\ヽ」// ∧o    \ |




                / ̄ ̄\
              /  ⌒  ⌒
                 |   (⌒ ) (⌒ )
                |    (___人__)i
              |        ノ   「よぉ、さやかちゃん。こんばんわ」
                 |        |
               人、       |    「今日は本当は休みだったから、のんびりしようと思ってたんだけどなぁ…
           _,イ ト、 ヽ 、 __ ,_ ノ    結局残った事務処理とか家でやってたら、こんな時間になっちゃったよ――」
     ,. -─‐-´  `, へ  \__、_ハ
    /         :i  ハ、 イ;;ヽト、
   ト⌒        :i   `<´.〉:.;〈ヽ \、
   / , : . \       :L__ `v;;;;ヘ ' ,<ヽ
  ノ l : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、



     さやかのことを、遠くから、近くから、
     見守ったり、話したり、関わったり、しています。



      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\   「あぁ……さやかちゃんは今日もくわぁいいお……(*´Д`)ハァハァ――」
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /




           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆     \  、 |   |   「よっ、さやかちゃん! 今日もさやかちゃんは元気だなぁ!」
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |   「あっ、そうそう。実は俺、この前の試合でさぁ――」
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \   |r┬‐ |   /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /

106 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:57:10 ID:Hy23DYmc0


     そんなある日の昼下がり。
     さやかが一人、いつものようにお店番をしていると。



     ┌──────────────────────┐
     │   ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ    ......│
     │  i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i    ......│
     │  ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i      .│
     │ /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ      │
     │ {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈     ..│
     │  )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、  f´ ̄ ̄`ヽ
     │      l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)  | ガラッ .|
     │      レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y         廴__ ノ
     │       |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/         .│
     └──────────────────────┘



              ,.l``‐'"´´`    、       /\
            :/::| : : : : : : : : : : : : :ヽ    /  /
           /. . . |. . . . . . . . . . : : : : : : ヽ  \/ />
         /ィ: : : : |: : : i: : 、: : : :、: : : : : : : :     </
       ‐' /: :,: : /l: ,i: : |、: ::|: : i: ::l: : : : : : : : :l   ┌─┐
         .l:/イ//フ |: :| ト__|::|: l: : l: : : : : : : : :.|  └─┘
        .//::::l/|.',ィ,、 .|::|  ヾヽl: l: ::|: : : : : : 、:从
       //i::::::'::| r;i  .リ  ,,ォ、ヽヽ|: ::|: :i: : : : :ヽ:ヾヽ
       l/ |::::::::::l .弋'     .2;;ト 、|::::|: |:、 : : : : ヽ\   「うい~、いらっしゃいませ~――」
      / |i::::i:::::.、'.' .'     モ;リ  l:::::|l::::ヾ: :\: :ヽ
       ._|、::|∨ム\. 、 __ ' ' '   .|:::l '::l:::::ヾ:ト.i ヾ l
       |.l ヾ!..(  W,`ヽ ____ , ,.〟壬|}/、:|.ヽ\;|  ヽ
    ,、__,r' .l  ( ` ー-..,r ''''‐!≪´   .,)'‐、'
    i´   ヽク .` ー-./    \  ̄  l .l`.‐、




                           ......-.......         /|
                     ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:...    /  |__
                      /:.:.:.:.:.:.:.:. {:.:.:{:.:、:ヽ:.:.:.:.ヽ  \  /
                    ,.:.:.:.:.:.:.: i{:.:.:.: 、:.:.、:.:\.:.:.:.:.:.:.   |   \
                      /:.:.:.:.:./.:.八:.:.:.:.{\{\/、:.:‘,:.:,    ̄ ̄
                  /ィ:.:.:.:.:l:_/_\ .:.、 xfi心‘,:.:.:i:.i
                  l.:./:.:.j/,xf心 \{: 戈rリ:| : |:.|
                  |/:.:.:.ヽ{ 戈リ.      `¨ lⅣ.:   「――って、あ~~っ!!」
                      |:.:.:.{rヘ `¨  '      イ:.ハ :}
                      |:i{:.:`:ート u_  0  イ:.:.j/¨j/.   「おねーさん……あのときの、ドロボーのおねーさんだーっ!!」
                      }八:.:.:.ト、:|\:.:「 v─}/ /  ‘,
                         \{, -‐く¨」YY}/¨ ̄´     .
                  , ‐-   γ⌒ヽ/`¨¨´    ヽ ______}
                /({       \ ノ    x===ミ 〈:.:.:.:.:.

   さやかがクォークの話をして、さわやかな気もちにしてしまった女の人が、
   お店にやってきたのです。今度は、自分の洗濯物だけを洗うために。

.

107 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:57:26 ID:Hy23DYmc0
                    ,ハ /\      /::::::ヘ
                /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
             /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
             ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
               i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
           /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
         /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
        , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L├-、   、::|-‐\!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
        {::::::/:::://|'::::::l::/lヾj  _  ヽl_   j::::|::::,ト、:::\::lル
        l::::// l:||::l:::::::::l,'l ,,===、    ,===、|::レ'::!ヽj/ )ヽ
         `/,'  l:||::l:::ヽ∧              /|:::l丿::リ::|  `丶
          ( l  リl:!い::::::{tヘ.ヽヽヽ   '   ヽヽヽl|::::|::/イ|::l     )  「…色々と時間がかかっちゃったけどさ。
         ヽ l/ V|トrヘ、    r- ―   イ.|::::|::i|| リ        全部、終わらせてきたわよ」
            \|::| ||::::ト、   ヾ二 ノ ィ:::レ':::::jl:::l
              |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|         「これでもう、泥棒なんて言わせないわよ」
             |::/  i:::::::l l!/\     ∨/::∧::丶
             |/  |:::::::l !‐'i   ヽ、  ノヽ/::∧ ト、::::\_,
           //    l:::::::川 |    入//::,ヘハL 「_ ̄ヽ
          // _ 厶ィ'::::/  |  ー一' _/∠_ヽヾ.    | ̄`ヽ

   と言って、女の人は、さやかみたいに「イヒヒ」と、笑いました。
   ベティー・ブルーのように、「イヒヒ」と、笑いました。



                ... -―…―‐- ...
               ´ : : : : : : : : : : : : : 丶
            /: : :| : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           / : : : : |     |: : : : : : i: : : : : : ヽ
          / : :    l : : : : : | : : : : : | : : : :| : :゙
         |   : : : | l`l : :l : : | ヽ: :|: : :|: : : : |: : : ゙
           | : : : : :l: | l ヽ :l l : | _: :|ヽ: :|: : : : |: : : |
         | : : : : :l |l -+ヘ: :l ヽ:l ヽT‐゙: :|: : : :|: : : :|
         | : : : : :| |  | ヽ: l lヽ ヽ|  ゛:| : : ル : : :|   「…アハハハハ~、それはよかったねぇ~~」
           | : : : : :l  l    ヽl    _   :|: : :ハ: : : :|
         | : : |l: :l ,〃~`ヽ      ´ `ヽ:|: : :| || ル:|   「おねーさんがドロボーじゃなくなってて、
          | |: :|::N        .    . . . |: : :|/| :|`:|   ほんっとぉに、よかったよぉ~~♪」
            || : |::l_l` : :    _ 、、 -ッ    |: :|::::/|:| ヽl
           | : |:::::`‐ _  ゙、_   /  _ -´l:〃/ ∥  ゛  「アハハハッ、アハハハハ~~♪」
           l : |::::::::::::::~、 ト -~ - イν//:/〃 l
            ヽ:|::|ヽl`_`_ソ`゛`x ゙´´ヽ _ l/ ′
            ィヽl~~~\    ,、| |,,、   /~~ ~ ヽ
          ∠_____ ________,ゝく、 Y_//________   --`- 、
         /      ___ 〟-ーー~~~ ‐--〟       ヽ
        /  -‐  ~  、、、、       、、、  ~~゙゙  ‐‐-- ゝ
       |,く  ヽ、 /ヽ"|_ |、|、_iヽ _ __ i 'l_ |、|、|_lくヽ、 / /ゝ


    つられて、さやかも「アハハ」と、笑いました。
    とってもさわやかに、「アハハ」と、笑いました――

.

108 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 22:57:39 ID:Hy23DYmc0


     ――さやかや、女の人や、みんなのこれからが、
     どうなるかなんて、まだ誰にもわからないけど。

     それでもさやかは……さやかなら、きっとこう言うことでしょう。



                   __
                , . - : : : : : `:ヽ.
              ,ィ´r、: : : : : : :、: : : : ヽ
             ,イ: : :l: :`: :i: 、: : :i: : : : : : ヽ
            /: : : : i: :i: : :i、: ',: : ト: !: : 、: : ト、
             l:,: : i: : |i:ハ: : :i、:,ィ´l_: : ハ: :ヘ \
                l:j: : :l: : ハ__'; : :iヽ!;イjヾ'l : |ヘ: :リ
            jイ: i:ハ: :!´ !`\! ヾメ沙i: :l ソ:i: } r、
              ' |: :i: :ヘ:l r==  、    l: rヽj|:j { i     「アハハハハッ~~たぶん、だいだいじょうぶだよ!」
            |イ:!|: ハ!    , ィ´) j 〉 ∨ l i
            |ハ ト: ! ; :ヽ_ ` ´゚イ |i ハ ヽ ! i     「ぜーんぶ、へいきへっちゃら! だねっ!!」
          r ,  _! ヽ: ハ从  ̄ヘ_,ィ´ !ハィハ ソ  〉-、
             l ! /´)  ヾ_ィー-/イヽ ノ/ / ,-l‐-、 / / )
        ,、_j {/ /  ノ _アゝ、_ィ_X_ ソ,イ、ー-' ゞ、イハ
       ,ィ、ゝ、_ /  ,ィ´ ̄、_    __ _`ー' !ハ≧-ー-フ  j
       〉、ヾュ `(,ィヾ ハ  }rミィュ、rィ-'='ソヽ l 〉ゝ  ̄´  ノ
       { `≧ュ-' ヽ: : j_j!-/: : `ー''´: : :`ヾィ>l/' ヾ>-イハ
       ゝ、    /: ;ィ / /: : : : : : : : : : : : : `7 l     ! ハ
         }: ヽ_,,ィr'´ !/  ゝ::::: :'ィヽ: : : :::::::::::イ  ',    !ハ
       !: : : /  j/   }=-''´o|! ヾ、__ゝ    ',    ! l
        ` ´   イ   ハ   l|     ヘ    ',    ! l
           /    j `ヽ o|l _ ,,ィ  〈          !
          イ/ ;    ,イ    |l      ヽ    l    ヽ!    さわやかなさやかと、さわやかなまわりの人たちによる、
         // ,'    /     |ト       ヽ   i     ヘ   さわやかな話は、これからも、さやさやっと、続いていくのでした――
        j イ !   ノ    ,,ィ´ヾ、       ハ  l      ヽ、
       /l    イー==‐'ィハ__三,ヾ、       ハ__        \
      / j  r‐-<イ`y´Y`ー--゚-‐「-ゞーr-- r-ュ ソ        ハ\
       /r'´ ノ: : >,、: : /      ,,ィ´: : : : :ハ´ ̄ヽ _         ヽ
   /  / /ゝ' : : : : / ヽィー 、  ‐7彡: : : :!|: : :ハ   \l           ヽ
 /     { ヽ : : : /   ヾ、: `ー. T: : : : : l:|: : : :l:ヘ  ハ           ヽ \
 !      !   ゝ_:/     `<_: : l: : : : : :L!: : i: |: : `ーヽ           \ ヽ
 l      l     ,'      j´: : Tー ´ ̄ ` 7ヽ: : : : : : :ハ            ハ )
 ∨     !          ,'-'-!       j: : :}: : : : : : :ハ i           ∨    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
  ヽ    |    ,'      /   l       !=-ゝ__; -―´ l ,       _/     d⌒) ./| _ノ  __ノ

109 名前: ◆NSWp4kb/oE[sage] 投稿日:2012/08/12(日) 23:00:56 ID:Hy23DYmc0

これで投下は終わりです。元ネタ及びモチーフは、
映画の「Laundry」と大槻ケンヂの「青春の蹉跌のテーマ」と、後色々です。
歌詞ネタは一応引っかからない様に気をつけて言葉変えたりとかしてます。
以上です。では次の方どうぞ。




関連記事
| 21:00 |コメント(5)
カテゴリータグ:やる夫短編祭 やる夫板記念祭 ~やる夫板Ⅱ3周年記念短編祭~フリー部門 2012

|

<< ~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ お題部門 ◆B-19 ……◆kpDiyK3ZwM  RUN RUN RUN | HOME | ~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門 ◆A-12 ……◆DZiI3LxnfA  還暦のアニヲタ >>

■御感想or寝言

27143 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/08/16(木) 12:20:48 ID:-

これって中身ちびまる子ちゃんの山田だよな


27150 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/08/16(木) 16:38:26 ID:-

良い話や


27170 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/08/16(木) 18:50:25 ID:-

山田は他人の心に無神経なところがあるからちょっと違うんじゃね
どっちかと言えばフォレスト・ガンプをもうちょっと純粋にした感じかなぁ


27212 名前:名無しさん [] 投稿日:2012/08/17(金) 09:25:00 ID:-

くそ、泣いた
ええ子やんな…


27262 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/08/22(水) 04:44:46 ID:-

いい話かぁ?池沼が喚き散らしてるだけの話じゃねえか


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV