【重要】令和五大やる夫短編祭 開催

詳細はコチラ→開催告知

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 twitter 短編まとめ やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 令 和 五 大 や る 夫 短 編 祭 ロリ短編祭
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2012/08/17(金) ~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門 ◆A-29 ……◆ClFOa27GzQ  YARUO STYLE


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.54 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所115                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その22              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド13                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/
~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ お題部門
~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門
阿部高和速報 8月10日 男祭り



308 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:38:15 ID:QOlSJgv.0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             _____
                           /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       | ボクは――こう見えて、実はお話を作ってみたいなと思っていたんです                     |
       | こういう仕事について……それとはまったく違う道を歩んでいるんだなと、思っていましたけど    |
      _ ヽ________________________________________ 乂_
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
..li:i:i:il                       | そうだ。「誰かが病めるときも、すこやかなるときも、        |
. li:i:i:il                   | いつでもそばでその人の心を映す何か」を生み出せれば……  |
 li:i:i:il                 ヽ___________________________ 乂_
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  .li:i:i:il           | ボクの代わりに、その人の物語の片隅に「それ」がいてくれれば   |
   li:i:i:il        ヽ____________________________ 乂_
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






        自分も、その物語のひとかけらを、輝かせることが出来るんじゃないかなって、そう思ったんです。





.

309 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:38:28 ID:QOlSJgv.0













          ┌──────────―──―────────────────────────┐
          │ .そしてその日――全国紙の中ほどに載せられた一つの広告から、全ては始まりました.  │
          └──────────────────────────────────―──―┘








.

310 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:39:45 ID:QOlSJgv.0



                     『”やる夫”という まったく新しい生きものがあなたのもとに』



                             ~種から育てるパートナー~

                    ――動物でも植物でもなく、これはやる夫という「体験」だ――

  _,,,,,...,,,,,_
  i´ (___) `i
  |`‐‐---‐‐i____________________________________________
  |.      |旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦__|
  |.      |       , - -          - - 、     /)                  , -  -
  |.      |      /  (● ●          ● ●) ヽ    /       つ         m9(● ●)ヽ
  |.      |      /^)(__人)^)       (人__) ノ   / -    /.      ‐――  | .フ (_人_)9m
  |.      |    __ヽ     /       /      ヽ  ● ●) ヽ/           ∨     ,「_ノ
  |.      |.    (__   〈        (|  ,   し'  (人__)  ノつ.        ― ‐ 人 \_ノ
  |.      |         ヽ_)         ヽ(_ノ    Lノ ̄ ̄            ‘ー (___/
  ` 、___|旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦__|



                   かつての子どもたちがペットの世話をしたのと同じように、
                   そのまた子どもたちがゲームで生きものを育てるようになって久しくなりました。

                      そろそろみなさん、もう一つ先のステージへ行きませんか?



                  やる夫は種から育てる新感覚マスコット。土に種を埋めて水をあげるだけで
                        あなたの生活にやる夫が彩りを添えてくれます。

                        そしてやる夫は、あなたの心を映しとって育ちます。
                     キレイな心ならキレイなやる夫に、汚い心なら汚いやる夫に。

                        あなたの思いが、あなたのやる夫を決めるのです。


                    ┏┓                                    ┏┓
                    ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                    ┏╋────────────────────────╋┓
                    ┃|  やる夫というライフスタイル、始めてみませんか?   |┃
                    ┗╋────────────────────────╋┛
                    ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                    ┗┛                                    ┗┛

 
              思い出が生まれるとき――あなたのそばにいるのが、素敵なやる夫でありますように。





                             ――あなたの暮らしに新しい風を――

                                  ニューソク株式会社


                                                    (プラス新聞 03年7月24日)

.

311 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:40:00 ID:QOlSJgv.0











               ┌────────────────────────────┐
               │   こうして、「やる夫」という新たなスタイルは世に生まれたのです . │
               └────────────────────────────┘








.

312 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:40:13 ID:QOlSJgv.0










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   _               __    _   _    __
                   ⌒ヽ/}   // }}  {{二)〉  { {  } }  f'⌒ヾ、
                     /ノ   //⌒}}   }} ̄ヾ   、、__ノノ  乂 _ノノ
                                         ̄     ` ̄

        ←━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
                      ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━→

                               ┏━┫┏┳┓┳  ┳┳    ┳━┓.
                               ┗━┓  ┃  ┗┳┛┃    ┣━.
                               ┣━┛  ┻    ┻  ┻━┛┻━┛.



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







.


アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販エバーカラーワンデーカラコン 口コミ



313 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:40:26 ID:QOlSJgv.0






┌─────────────────────┐
│やる夫についてどう思いますか?            │
│.              (渋谷にて200人にアンケート)│
|                                    |
|知らない.         77%                      |
│興味ない       9%                      │
│かわいい        6%                      │
│きもちわるい.     5%                      │
│無回答等.       3%                      │
└─────────────────────┘

                     (週刊オプーナ 03年8月25日号)







.

314 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:40:42 ID:QOlSJgv.0


                  _______                     __
                // ̄~`i ゝ                    `l |
                 / /           ,______   ,_____    ________  | |  ____ TM
               | |        // ̄ヽヽ // ̄ヽヽ (( ̄))   | | // ̄_>>
               \ヽ、..     | |    | | | |    | |  ``( (.  .| | | | ~~
                 `、二===-'  ` ==='人 ` === '人  // ̄ヽヽ |__ゝ ヽ二=''
                                    ヽヽ___//   
              _____ _____  ______  _______
              |  ウェブ  | | イメージ | | グループ | | ディレクトリ |
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ._________________
                  |やる夫 育て方               │・検索オプション
                  └────────────────┘・表示設定
                    | Coogle検索 | I'm Feeling Lucky |  ・言語ツール
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         ○ウェブ全体から検索



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






あなたもやる夫を育てよう!~簡単なやる夫の育て方~


   やる夫は小さな、そして楽しく愉快な生き物です。
   育て方もとっても簡単!あなたも快適なやる夫ライフを!


1:やる夫ってどんな生きもの?
2:種を手に入れよう
3:育て方
4:収穫したら
5:………………


……………… ………………

……………… ………………

………………

………



.

315 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:42:42 ID:QOlSJgv.0
1:やる夫ってどんな生きもの?
やる夫はぼくたちわたしたちが育てるファッショナブルハイセンス新感覚ホワイトマスコットなんです。



2:種を手に入れよう

やる夫の種は全国の花屋さんで手に入ります。


.           /'゛´   ̄`ヽ、
       /           ヽ        ┌───────────────────────┐
      /              ',.       │大きさはビー玉ほどでひだがあり、白い色をしています..│
      |               、_」__..   │とてもやわらかいので扱いには注意しましょう       .│
.        ヽ              シ.   │種の段階で皮が破れてしまうと悲惨なことになります  │
        )            く.    └───────────────────────┘
       ヾ         -‐=='‐'’
         ー-´- 、,/



2:育て方

①砂にお湯を混ぜたものを10分ほど置いてから、人差し指の第二関節くらいの深さに種を埋めましょう。


 ※一つの土壌で複数のやる夫を育てる場合、種を埋める場所が近すぎると収穫前に隣のやる夫と
 同化してしまう可能性があります。癒着したやる夫たちの悪夢でうなされたくない人は、種を埋める間隔を
 15センチ以上離すのが賢明でしょう。


②種を埋めたらたっぷりと水をあげましょう。水やりは日に一度でかまいません。
  肥料も特に必要ありませんが、少量のこしあんを一緒にあげるとつややかな、
  つぶあんをあげるときりりとしたやる夫になることが報告されています。

           - -、                  ヽ /
           ● ●)oヽ ツヤ            ● ●)ヽ  キリッ
          (人__) ()ノ  ツヤ          (人__) ノ


③個体差はありますが、芽が出るまで2日、そこからやる夫の形をなして収穫できるようになるまでに
  5日ほどかかります。黒目がパッチリと開いて手足を動かし始めたら収穫の合図。あなたのやる夫ライフが始まります。
  ちなみに寿命は完全ランダム。運も実力のうちとは世の理と知りましょう。


            ヾl
             .||^-,、
           ,-'''~kー'
       .    ,-`ー'' ''⌒ヽ
          ヽ,,ノソ|l__,_.  }
            k l.l, -┴-
            .(|/  (● ●
           ,/' /^)(__人)^)
        _-ー-ニ|__ヽ     /  シュウカクシテシテ~
         `'((,(__   〈
      .     ´ |.|    ヽ_) ))
              |.|
.             |.|
           |;|
           |;l
.             |;|   -'''' ̄`ヽ_
           |;| / -''' ̄`'_,l
    ,-''' ̄`''l、  ,l,|/,-ー'''' ̄ ̄
   .|,;ー'' , へ_, ノノ/
    `ーl  / ̄ l __,,-''-,,
      ヽ_/_,,,ノ'  ヽ   |
           \_ ヾ ノ
            `'''' ̄


……………… ………………

……………… ………………

………………

………



.
.

316 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:42:53 ID:QOlSJgv.0





                 , - -
             /  (● ●∩
                  ゝ  (__人)丿
              /  ニつ/
              (  )  〈
                 `´  ヽ_)



┌──────────────────────┐
│動物でも植物でもない 不思議な生きものやる夫   │
└──────────────────────┘



                                      -  - 、
                                    / (≡ ≡)ヽ
                                   R *(_人_)*Я
                      .                弋_     _丿
                      .                |       |
                                    し    J


┌─────────────────────────────────────────┐
│最初はそこまで普及しなかったものの、新しくてかわいいもの好きな女子学生をはじめとして、     │
│徐々にその知名度を上げていきました                                      │
└─────────────────────────────────────────┘


.                 , -‐\ ,
                /  (● ●
                ⊂ゝ  (__人)
             ヽ    つ
                   〉    \
              (_/  ̄ヽ_)



.

317 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:43:40 ID:QOlSJgv.0






┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃/          , ィ >ィノへ 〈                                  ┃
┃    . . : : : :/´        l:ト                               ┃
┃ . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|                               ┃
┃V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ                               ┃
┃ v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   .┃
┃  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈.     < 最近流行の「やる夫」なる謎の   |    ┃
┃   }: :/〈    ,    - ,ノ     | 生きものについて、街行く人に   |    ┃
┃  ノイ   、    ⌒こイ.       | 聞いてみましょう              |    ┃
┃/^ヽ    \     /´__      ヽ______________ノ   ┃
┃    \     \__ /::::::::\                                ┃
┃l     \   /  /::::::::::::::::::::',                             ┃
┃::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}                              ┃
┃::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|                                ┃
┃::::::l      / ハ / |____|                                ┃
┃::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /                              ┃
┃::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!                             ┃
┃::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃          ,..-──v'⌒ヽ                  ┃
┃       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ        ┃
┃.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<           .┃Q:やる夫という生きものをご存知ですか?
┃    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>        ┃A:あー知ってますよ。うちにもいます。
┃    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |            ┃
┃      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|            ┃Q:ほーおうちに!どのようなきっかけで?
┃.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ            ┃A:最初は妹がはまっちゃって……って感じだったんですけど、
┃.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ             .┃  いざ家においてみると、私もちょっと惹かれちゃって……
┃.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|              .┃
┃.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|              .┃Q:お友達の家にもやる夫が?
┃     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/              ┃A:うん、置いてる友達は多いですよ。
┃      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./                 ┃
┃    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ        ┃Q:どのようなところが魅力なのでしょう?
┃.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、     ┃A:なんでしょう……「かわいい」……んですかね?
┃.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´     ┃  うーん不思議ですね。なんかこう、心惹かれるというか……
┃    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                          (Inko TV 「あさダネ!」 03年8月31日放送)



.

318 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:44:09 ID:QOlSJgv.0






┌─────────────────────┐
│やる夫についてどう思いますか?            │
│.              (渋谷にて200人にアンケート)│
|                                    |
|かわいい.       49%                      |
│興味ない         23%                      │
│知らない.         19%                      │
│きもちわるい.     5%                      │
│無回答等.       4%                      │
└─────────────────────┘

                     (週刊オプーナ 03年9月8日号)







.

319 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:44:27 ID:QOlSJgv.0





                 ┌──────────────────────┐
                 │そんなある日、そこそこに広まり始めていた      .│
                 │やる夫に一つの転機が訪れます               │
                 └──────────────────────┘





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                     |
                                     人
    {     \   {  ノ  /     _ _    _ _    ̄ .Y  ̄
-‐ァ'´ ̄ ̄ ̄ ヽノ⌒´ ̄ヽ-┘    .{ ‐tェ i 丿‐ュ }   ┌──────────────────────────┐
イ  /`⌒⌒ヽ し‐- 、____}       〉ミ  Y ~゛/、.  │若き天才前衛美術家として世界的に有名なきめえ夫氏が、  . │
_jノ二ミv‐┐ {,┴┐   }       ,'   {    ,.  i.   │やる夫についてコメントを発表したのです                  │
{ {芒ソ丿 ハ ヽ {   '     i   ヽ_人_ノ.  └──────────────────────────┘
 Y二´/  }  } }  /       `ヽ      , '            ___,. ‐"⌒`¬、..
-r一'   / / / /      ,...._--ノ ト``,┘ ,....-- 、_,,..........._,,.-‐''´   /ゝ-ミ.、ヽ〉
⌒'ー--r'⌒Y   /二>-、. ,'´ ,ハ、ノ, ヶ_ノ``´  ,'"´._    `Y'   ,. ''´    ゙´`′
-r'´ ̄   ノ-‐ ´/, -‐ 7  i ー'" `` ヽ´ ̄   ,人..._,,.... -‐`ラ'⌒゙ヽ.
,人/7了二ヽ_//  /   ゙iヽ    ''T'     ノ /    ,. '´ ,  、. {.       |
 く⌒八辷ソ_}ハ--r '     { ヽ._  .ノ、. ...._.ノ |   /   ,ノ   ,,'.     人         r'´ ̄
  }ん-―く_,厶-‐'⌒ヽ.  ノミ.,| : ,, '´ -、  Y ノ、.,,_ノ, ,   /   :   |      ̄ .Y  ̄      丿 ___
 ̄,ソ   , ⌒ヽ.     ヽ.l´``ミ、  ,'   , ''' ニ''" `ヽ {/  ,: i  ,'  ./      |       .r'⌒{ /,丕
/   /      ̄}-‐z_}゙\_ヽ)へ''' ヽ、._   ヽ  ,.八_ ノ  j. , '   /            {  __>{ 辷
´ ̄`{    r―- 、{   \T ¨ ̄}ヽ_ _,,......-‐ '''''¬>ー 、,..イ "  ./      .,.-―- 、   _} ⌒}`'ー-
   ∨ ̄了二≧、 }     }    ノ  ゙ヽ  ,,..       `゙ `'''ー-<._              }-┴-、 弋>‐
  / ̄} /⌒ヽ  Ⅵ⌒ ー个ーr'´    `ー 、.         ,,_ ,. '`ヽ, ノ    _,人  / _,.-、ノY⌒'ー~
/   ハ{イヱミv\ノ }   /|^Y  , -‐― 、 ‐-、``‐ 、 ...............二..__ ,, '゙{   r┘  }ノ /   }~ーミ
   /{  Ⅵ刈}ノ /ノ ノ  { { },イ{,ィ示≧Ⅵ }}く  r'二ヽ 丶\ ヽ/了⌒ソ  /⌒Yニニヽ/   {`ー
  {_ `ー{ `ニ⌒'ー'´   / 〉 { Ⅳ{ 辷り } ソノ了Y{'⌒≧}  } ∨ /  {   } r七不ミx'^}    }



.

320 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:44:40 ID:QOlSJgv.0


     ,‐、    γ ⌒ ヽ
    ( ○ヽ  人  ○ 〉
      Y ヽ/  ヽ、 _ノ
      )  i    い_
     /γ      ヽ  \
    i' i        |   .|
    | ヽ_人___ ノ    .|
    ヽ_  `ー'´    ___/
     ./ゝ/ノ::::::::::::::::::::::::\
     |ノ//:::::::::::::ヽ,::::::::::::::|
     |^:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|
     |^:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


きめえ夫氏は以前から個人的に懇意の関係にあった小紙の記者を西海岸の自宅に呼び、
小紙だけにその思いを語った――


小紙記者
――
最近話題の「やる夫」に関して意見を表明したいとの事ですが……


きめえ夫氏
――
うん。ボクはさぁ、「新しい」とか「斬新だ」ってことだけを売りにして世に出てくるようなモノって大嫌いなんだよね。
それは「新しくて今までに無かった」という部分だけをフィーチャーしている、逆に言えばそれ以外に特に
特筆すべき項目を持たないような低俗なシロモノを、ただ「世に売りだして儲けたい」っていう企業の
強欲さの現われだと思うんだ。

いや、傲慢だとすらいうべきかな。だってそうじゃないか。彼らは「新しければお前らとりあえず飛びつくんだろ?」
とばかりに消費者をバカにしてるのさ。だからそういうことが出来るんだよ。

ああ、少し話はそれるけどボクは芸術、美術が消費財であることを否定しないよ。なんといっても誰かに見てもらわなきゃ
こんな世界は成り立たないからね。こうして食い扶持を稼いでいる以上、大衆が鑑賞者だけでなく消費者であることを
否定してはいけないと思う。でも今さっき挙げた例は別さ。あれは芸術の皮をかぶったただのガラクタ、せいぜいそれを
知らしめるための広告の数量ぐらいでしか人の心を惹きつけられない商業主義の権化なんだよ。

で、それを踏まえて件の「やる夫」なんだけど……

321 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:44:51 ID:QOlSJgv.0



                       ,ィ ¨ ̄ヾ             ,'二 ¨ヽ
          ,ノ         , 人 z==x >、           ,〈弋zソノ` 》
        /     _  -‐    ゝ彡'   \       /  `ー - /
     ,/    ,  '´         ヽ     \    ./       /
    /   ,/             }        ヽ /         〈
   /  /              _ノ       ∨
   /  /.       __       /: : : : : : ..                  \
   l  ノ        / .ヽ.     l ; : : : : : :                    l
  / /        l.   ',   | : : : :  /             ヽ      |
 ./ /     .,-‐、 l _ _ }    l: : : : : : :.|        、       |     ノ
 ; /     ∠,,,,,.」 -‐、  !   \ : : : : l       j      l     ,<    _......-―--..、
  !;_,, -‐''"", .-‐'⌒ヽT  l     \: : :`ー――‐'´`ー――‐'′  /:::ヽ-‐'::´::::::::::::::::::::::::::::l::`:...
  ゞ-‐''"/   __ノ l   !      /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,イ:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::
    γ   / !      ',   /::::::::::`:. .               /::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::
    ヽ   ´L_⊥ -―---' -<::::::::::::::::::::::ハ : : : :     _/´  ,'::::::::::::_::-‐:、\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::
     l       i      ,)::::::::::::::::λ `‐-、_∠     l:::::::/::::::::::::::`:\:::::::::::::::::::::/:::::::
     ゝ   , -― ' ´ ̄ ̄  ̄ヽ:::::\人_从人__从_从人_从_人_从_人_从_人__从人_人从ノ/::::
      ノl         _ ,イ:\::::>   _n_n__   _         __  __n__     <:::::::::
    /:::::!l、  _ -‐' ´ !:::::::::::::::::ヽ>  └i_n┌' ,ノ /  [][]「l └‐┐ |└冖 !    .<:::::::::
    /::::::l l \.´  !    j::::::::::::::::::::l>     く丿 └1_|    くノ ┌‐┘ |  くノ    . <::::::::
   /::::::::! l        ノ:::::::::::::::::::::::>                   ̄ ̄    だね!<:::::::
                     /Y⌒YW⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YW⌒⌒YW⌒WY\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           また「新しいだけのくだらないシロモノか」って思ったんだ。さっき述べた
           ガラクタどものようにね。手にした瞬間そんな考えは太平洋の海風にあおられて
           西の彼方に消えていったよ。あのつぶらな瞳にふくよかな体、自分で
           育てられるというスタイル、それらすべてが……いやそれだけじゃないね、
           ぼくはあの愛すべき小さな友人の中に言葉なんかでは到底言い表せないような
           とてつもない魅力と可能性を感じているんだ。もはや引力……かな。ああ、ボクの
           貧弱な言語能力でボクの感動の一部でも君にきちんと伝えられているか、不安で
           もどかしてくてたまらないよ!…………



.

322 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:45:20 ID:QOlSJgv.0




                         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                        〈 ●ノ,\    人 ● 〉
                         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                          )    Y    (
                        /γ⌒     ⌒ヽ\
                       /  |         |  ヽ
                       |   ヽ__人__ノ   |
                       \    、`ー'´,    /
                        _>          <__
                      ./                ̄ー_
                      .{ ,  ゙i           ゙iー_   ヽ
                       \ \           \ , >   i
                          ̄-\            \ /
                             \            }
                              }            }
                            ./          /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           …………ボクは最近、ボクと言う人間はやる夫に
           会うために生まれてきた、いや、もはやボクはやる夫から生まれたんじゃないかと
           思うくらいになってしまっているんだ。とにかく、あのような文化がボクの祖国から
           生まれたことを誇りに思う。

           もちろんボクの次の個展はやる夫の影響抜きには語れないものになるだろうね。
           ボクなんかの力でやる夫の魅力のすべてを表現できるとはもちろん思わないけどさ(笑)
           今考えているのは…………


            ┌─────────────────────────────┐
            │※きめえ夫氏の個展に関する情報とインタビューの全文は         │
            │  来週発売の週刊「オプーナ」に掲載予定です。お楽しみに!.     │
            └─────────────────────────────┘



                  (週刊オプーナ 公式サイト『WEBオプーナ』 特集ページ「きめえ夫氏、やる夫を語る」)



.

323 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:45:39 ID:QOlSJgv.0



┌───────────────────────────┐
│その芸術観への賛否はあれど、彼が世界的に支持を集める   .│
│当代きっての芸術家であることは否定しようの無い事実であり  │
└───────────────────────────┘

                     /て^ヽ        _
                   .|o ゝ,_ノ|      ./^'ヽヽ
                    ヽ( )_,,ノ\   /|ゝ.,_ノ o|
                     ヽ彡'  ヽ /  ヽ.,,_( )ノ
                      )    Y    (     +
                     /γ⌒     ⌒ヽ\ *
             +.     、ノノ |         |  ヽ ☆
             ☆      ^(´  .ヽ__人__ノ  .|+
              +      ヽ\     `ー'´  _/   ☆
               +       / ̄ ̄    ヽ  ヽ           +
                     /| ,   、      !    |
                    |  、   \ ゛、__〉' ⌒|
                     |  ヽ、_, -ー" ̄    }
                     !, -‐(_____,,,-く
                        i       _../   i
                      `ー--‐ "´        |
                        / ゜ =ー----'、... __
    ゜             +  ===== !    ,.        ̄丶
          __            ,. -'':.、  u     ゜     。 \
   ==三/ `ニ ー――-- 、..-''´    ゛ー‐ァ--―''" ̄`丶、 u  丶、   _,,.. --、
      ,r''´。 ゜  __     ・    。   _.. -''´         `丶、    `‐'"  ´‐'´'
   。 /,   ,. - '´   ̄゛''ー-----―''"´      +     ゜      ヽ ー   _ノ-'´
     `゛ー-'´                      --===三三三 ヽ、_/

                             ┌──────────────────────────┐
                             │したがって彼がここまで熱く言及したやる夫の存在も、.     │
                             │急速に、また広い範囲へと知れ渡っていき――            │
                             └──────────────────────────┘





    ┌────────────────────────┐
    │その世界規模の爆発的な需要の増加に対応できず、   . │
    │品薄の状態が続くまでになりました               │
    └────────────────────────┘




.

324 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:46:24 ID:QOlSJgv.0





┌─────────────────────┐
│やる夫についてどう思いますか?            │
│.              (渋谷にて200人にアンケート)│
|                                    |
|すごい          54%                      |
|やばい.          19%                      |
│かわいい.       14%                      |
|興味ない       5%                      │
│きもちわるい.     4%                      │
│知らない         2%                 │
│無回答等.       4%                      │
└─────────────────────┘

                     (週刊オプーナ 03年10月6日号)







.

325 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:47:22 ID:QOlSJgv.0




                -  - 、
                 / (● ●)ヽ
                ゝ(_人_) ノ
              /    ヽ
.                (|      |)
              .し    J

――その姿かたちの愛くるしさはたしかに心動かされるものがある。が、それだけではない。
こういう職業に携わる人間として失格かもしれないが、それがなんなのかは上手く言葉に出来ない。
しかし、たしかに「何か」があることは読者の皆さんにも賛同していただけることと思う。

.アイヤルカ
愛やる家の立場は様々だ。この取材で多くの土地を回ったが、どの街にでもあるスラムから
摩天楼の中心まで、やる夫の姿を見ない街を見つけるほうが難しい。


若くしてかの金融街のシーンに存在感を示す、いわゆる「勝ち組」であるところのある男性はこう語る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ____
    .   /     \
      /   _ノ '' ⌒\
    /    (● ) (● ) \
    |    :::::⌒,  ゝ ⌒::::|
     \      `ー=-'  /
 ⊂⌒ヽ/           ヽ /⌒つ
   \ ヽ  /       ヽ    /
    \_,,ノ        |、_ノ



――結局のところ、俺らいわゆる「勝ち組」って奴らは、闘争心にあふれつつも常にどこかに心のよりどころを
求めてるもんなのさ。それが女のやつもいれば、名誉のやつもいる。心を開いて注ぎ込める対象は常に
俺たちの需要にさらされることになるんだ。分かるだろ?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ____
       /_ノ '' ⌒\
     / ( ● ) (● )\
    /:::::::⌒,  ゝ ⌒::::: \
    |     `ー=-'     |
    \            /
    /     ∩ノ ⊃  ヽ
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /


その点で、やる夫は最高のパートナーと言えるよ。自分と言う人間の人生がいかに豊かなのかを決めるのは、
どれだけやる夫に心を預けられるかだと俺は思う。おおよぞ望みうるすべての欲を満たしたホットな奴らが、
最後に見出す心のオアシス……それがやる夫だ。あの愛すべき小さな白い友人は、心に余裕のある人間にとって
もはやステータスなのさ――


                                   (海外雑誌「ウィークリーホライゾン」 03年10月20日拡大号)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

326 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:48:00 ID:QOlSJgv.0



その街では、誰もがやる夫を欲している――


国内でも有数の治安の悪さを誇るその街では、当然ながら刑務所のにぎやかさも指折りとなっているが、
その刑務所で最近、囚人達に変化が現われ始めているという。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_______________________________
  ||  ||¨ '! ‐-  . :: _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::┌- ::: :_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| ll¨ '! : ‐-::::.:::_:::::::::::::::::::::
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|_|| l| l| || l| l| || || |::::::::::┌-
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|::::] |j || || l| l| || || |::::::::::|||:...
_||_||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l|゙「 || l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  || ̄||  ̄||  ||冖||¬||=|:::::::::::::|i=l|'=l| ||:-l| l| ..|l....l|,,_l|_||_||_|::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
_||_||__||_||_||_||  |:::::::::::::|__||__|| ||__||__||_,」|__||__||_||_||_|::::::::::|||:...
゚::::::::::::||  ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|:::::::::::::| ̄!¨「 || ll  ̄  ̄|l::::::::|| || |::::::::::|||:...
゚::::::::::::||__||_||_||_||_|:::::::::::::|_!_,|| ||__||_ ___|l::::::::||_||_|::::::::::|||:...
 ̄|| ̄||  ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| ̄「|| || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::|||:...
  ||  ||   ||  ||  ||  ||  |:::::::::::::|__||__|| ||,, l|.. l| ||=:l|-:l| || || |::::::::::|||:...
  ||_||__||_||  ||==||=|:::::::::::::| l| l| || l| l| || l| l| || || |::::::::::::l.......
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ある看守は語る。「最近連中が――囚人のことだが――刑務所側にこんな要求をしてるんだ。
『心の安定のため、刑務所の広場でやる夫を育てたい』……笑っちまうだろ?おおよそ他人の安定を奪ってきて
ここにブチこまれてるような連中がだぜ?牢獄に持ち込めずとも、労働のために一日一回出る広場の花壇で
やる夫を育てたいんだそうだ。

「品薄の今、そんなものを用意する金も義務も無い」と所長はつっぱねようとしたんだが、
「何も刑務所側に用意しろなんていわない。モノは家族や友人に差し入れてもらう。やすらぎを得たいんだ」
と、まるで少年のような目で見られた日にゃあ、さすがの鬼所長もしぶしぶ認めざるを得なかったようだ」
看守は苦笑いしながら続ける。
「……もっとも、仮に差し入れがあったとして、それが連中の手に渡ることはない。なぜだか分かるか?」
記者が首を横に振ると、その看守は声を低めてささよくようにこう言った。
「その前に俺たちの懐に入っちまうからさ」


――その街では、「誰もが」やる夫を欲しているのだ。



                                          (某国有力紙「スカルチノフ」 03年10月21日)


.

327 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:48:16 ID:QOlSJgv.0





  ┌──────────────────────┐
  │やる夫はこうして世界の一大ブームとなりました   .│
  └──────────────────────┘





              ┌─────────────────────────────────┐
              │生産方法は極秘中の極秘とされたものの、いざ生産設備を整えるのに本腰を . │
              │入れ始めるとそれほどコストや時間はかからないようで                 │
              └─────────────────────────────────┘






                 ┌───────────────────────────────────┐
                 │設備投資を急ぎ、世界の需要にこたえられるようになったニューソク社の.         │
                 │供給体制により、いよいよやる夫は本格的に世界を覆い始めたのです          │
                 └───────────────────────────────────┘







.

328 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:48:29 ID:QOlSJgv.0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥    今や知らないものの無い存在となったやる夫。その熱狂的な
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l.     ファンは、世界各地で今日もやる夫への愛を叫んでいます。
                 ゝ.ヘ         /ィ
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __       特集では、そんな海外の声を聞いてみましょう。
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

329 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:48:50 ID:QOlSJgv.0







                                 ┳  ┳┏━┓
               ┳  ┳┏━┓      ┣━┫┣━┫
               ┣━┫┣━┫      ┻  ┻┛  ┗           ┳  ┳┏━┓
               ┻  ┻┛  ┗                       ┣━┫┣━┫
            ,ヘ           ,:ヘ.                      ┻  ┻┛  ┗
               /: : \       /::  !      ┳  ┳┏━┓
┳  ┳┏━┓....../::::.....  \--―‐'.:.:::...  !       ┣━┫┣━┫
┣━┫┣━┫. /::::::                  ',..    ┻  ┻┛  ┗   HA!
┻  ┻┛  ┗,'::::                    i           -  - 、
           .i::::      '''''''        '''''''   !        / (≡ ≡)ヽ  まったくこのやる夫ってヤツは最高に
           !:::.       (●),       、(●)、 !  +   R *(_人_)*Я   クールだよ!君達の国のカルチャーは一体
        |::::..         . ,,ノ(、_,)ヽ、,,.   !       弋_     _丿.. 何度合衆国を征服すれば気が済むんだ?
    HA.   i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ  i         |       |{,-ゝ
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +     厂,し    J}ゝ l.  そうそう、実は先週妻と喧嘩したんだ。
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /..  「やる夫ばかりかまけて私にかまって
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /    ァ-- '    くれない」とそれはもう怒っていてね。
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /    .:/
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     ..::ノ   でもアニーは理不尽なんだ。ボクがお侘びとして、
 ┳  ┳┏━┓.ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/     そして素晴らしさを分かってもらおうと誕生日に
 ┣━┫┣━┫i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'       やる夫をプレゼントしたら、今度は「私はやる夫で
 ┻  ┻┛  ┗|::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/.     忙しい」ってボクとのバカンスを先延ばしにするん
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/.       だぜ?まったく参ったよハハ
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..      ┳  ┳┏━┓、                         は
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:       ┣━┫┣━┫  ':;                         ハ
     ┳  ┳┏━┓                ┻  ┻┛  ┗                         HA
     ┣━┫┣━┫                               ┳  ┳┏━┓
     ┻  ┻┛  ┗    HA                             ┣━┫┣━┫    HA
                        ┳  ┳┏━┓            ┻  ┻┛  ┗
                        ┣━┫┣━┫
                        ┻  ┻┛  ┗






.

330 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:49:14 ID:QOlSJgv.0






                  _ , -、
                /O \ ヽ,
                  | °  |  ̄ ̄ ̄ ̄\      もうもちろん四六時中やる夫のことばっかり考えてるわ!
       ⊂⊂ ⊂  \_/           \.      やる夫のない人生なんて考えられない。あの黒い瞳ときたらもう……
     ⊂⊂ ⊂     /      ノ    `ヽ. ヽ..   吸い込まれちゃいそう!
      ⊂⊂ ⊂    |       >    <  ' ,
     ⊂ ⊂ ⊂     |    ///// 、_,、_, ////  |     友達もみ~んなやる夫と一緒よ。でも断言できるのは、
            i⌒ヽ.         {_ノ       /.     私が一番やる夫を愛してるってこと。だって私とやる夫は
            ヽ  ヽ.               /_,/⌒). 一心同体で、やる夫は私で私はやる夫。
              ∧__,ヘl三三三三三三三;i'´::::ヽ/
             ヾ_:::ッリ ___     _|::::::::ハ    ああ……私ったらとってもやる夫と一つだわ!
              i     |    |    |  | >'''´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥       ……ハイ、このようにそれはもう熱狂的なわけですね。
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l
                 ゝ.ヘ         /ィ        とどまるところを知らないやる夫の勢い。
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __.       現在は主に先進国を中心に流行していますが――
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                          (ドクオテレビ 「報道7」 特集「世界を覆うやる夫」 03年11月8日放送)




.

331 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:49:32 ID:QOlSJgv.0


                   ┌─────────────────────┐
                   │熱狂的な信者もぞくぞくと生み出していくやる夫  .│
                   └─────────────────────┘




                          ┌──────────────────┐
                          │「どうしてそんなに人気なの?」         .│
                          │その質問に明確な答えはないようです    .│
                          └──────────────────┘



       ┌────────────┐
       │ 自分で育てられるから?.. │
       └────────────┘


                 、 ノ 、
                ● ●) ヽ
          ⊂≡⊂=(人__) ノ
           ⊂=⊂≡   ⊂)
          ⊂=⊂≡ /    \
                ∪  ̄\_)


                                ┌───────────┐
                                │やわらかそうだから?   . │
                                └───────────┘

                           - - 、
                           ● ●) ヽ
                          (人__)(⊂ 
                          /      ヽ プニプニ
                          (|  ,   し'
                           ヽ(_ノ



             ┌────────────────────────────┐
             │黒くて大きい目に手足と自己主張の激しい鼻(?)をのせたこの..  │
             │白いずんぐりむっくりに、人はどうしてここまで惹かれるのか――  │
             └────────────────────────────┘





.

332 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:49:48 ID:QOlSJgv.0




━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      | ニューソク株式会社 新工場建設に関する記者会見. |
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  なぜやる夫はここまで人の心を   |
  |  惹き付けるのだと思いますか?.  |
  ヽ_   _____________乂_
     } }            
     | /               (;><)         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      レ                ⊃θ⊂       < わかんないです><   |
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\       \_________/
                |二二二二二二二|
                |        |
パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ 
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

333 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:50:11 ID:QOlSJgv.0





┌─────────────────────┐
│やる夫という存在をどう思いますか?.          │
│               (有効回答2010人:回答率67%) │
|                                    |
|パートナー       64%                      |
|家族         19%                 |
|友達         15%                 |
|興味ない.        1.1%                 │
│きもちわるい     0.9%                  │
└─────────────────────┘


               (全国世論調査――週刊オプーナ・プラス新聞共同実施 03年12月22日)







.

334 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:50:27 ID:QOlSJgv.0



                     ┌────────────────────────────┐
                     │こうして03年は、やる夫の年として世界の歴史に刻まれました.    │
                     └────────────────────────────┘






┌──────────────────────┐
│そして世界をやる夫が席巻したことに誰も疑いを   .│
│抱かなくなった中で迎えた翌年、冬のある日      │
└──────────────────────┘






                               ┌──────────────────┐
                               │一連のブームは新たな展開を迎えます   . │
                               └──────────────────┘





.

335 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:50:53 ID:QOlSJgv.0




                     あなたのパートナー、最近太ってきてませんか?


                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                       | いや違う、最初から太っていたんだ!  |
                        ヽ_________________ 乂_



                    時代はエコ!無駄な脂肪の存在は世界への反逆です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ::::::::::::::::::::::::::::::                             :::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::::::            .ノ 、 、               ::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::::            ● ●) l               :::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::::            (人__) |               :::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::            /^)  .ノ               :::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::            ヽ   ヽ                 :::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::             |   | |                 ::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::             ゝl  lし'             ::::::::::::
             :::::::::::::::::::::  .            `(_ノ            : : .. . ....  :::::::::::
             :::::::::::::::::::  .,.                               `.:、:::::
             ::::::::::::::::::,: '                                  ,:::::::
             ::::::::::::::::',                                  ,..::':::::::::..
             ::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  やらない夫はスタイリッシュにしてスマートなホワイトマスコット

            余分なモノをそぎおとした洗練されたフォルムで快適なマスコットライフを実現します



                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     ┃ スリムな日々をあなたのもとに…… ┃
                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                       ――あなたが本当に欲しいものを――

                              株式会社VIP



                                                     (流石新聞 04年1月9日)

.

336 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:51:36 ID:QOlSJgv.0






     ┌───────────────────────────────────┐
     │やる夫への対抗心をむき出しにしたこの過激な広告は即座に話題を呼びました    │
     └───────────────────────────────────┘


               ┌───────────────────────────────┐
               │そもそも、この「やらない夫」は明らかにやる夫の模倣ではないか――   │
               │多くの人がそう考えたのも無理は無いことです                    │
               └───────────────────────────────





┌────────────────────────────────────────┐
│ なぜならこの株式会社VIPは、「やらない夫」として新たに商品を出すことに反対した経営陣に   │
│     反発して、ニューソク社を飛び出した技術者らが立ち上げた会社だったのですから.     │
└────────────────────────────────────────┘







          . -ァ‐ 、
         f,ォ〃只ハ
         |{{ ||:Eヨ::|
         |,ハ||::【_】:|
         | |l|l r_ュ:|
         |. l}:::::::::|
         三≧三≦
         }ト{V^~}^⌒      ヽ(´;ω)ノ
                   ≡ ( ┐ノ
                   :。;  /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「やる夫」騒動――分裂の原因は、「やる」か「やらないか」の大喧嘩


――「やる夫と食い合うだけ」と判断し、販売を認めない経営陣に対し、自らの技術とやらない夫に
絶対の自信を持つ技術者らが反発、開発部のおよそ三分の一が社外に飛び出した格好の今回の騒動。
結果、「やる夫市場」はニューソク社の独占ではなくなった。

さらにニューソク社にとっては都合の悪いことに、今回の件についてニューソク社は、普通の企業なら
当然行うであろう特許権の主張ができない。
技術の公開を避けるため、やる夫関連の技術に関してあえて特許の申請をしなかったことが裏目に出た形だ。
明らかにほとんどおなじ技術が使用されていると思われるやらない夫だが、開発に関しては文句がつけられない
状態となっている。なお、ニューソク社の広報担当はこの件に関し――



                                            (週刊オプーナ 04年1月26日号)



.

337 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:53:27 ID:QOlSJgv.0


ニューソク社、VIP社を提訴へ

     ――やるやら事件に新たな展開


人気マスコットやる夫によく似たマスコットやらない夫が別会社から販売された問題で、やる夫の生産・販売元である
ニューソク株式会社は、「やる夫と名称、デザインが似すぎていること」「広告の文句が明らかにやる夫を意識して
中傷していること」の2点を主張し、やらない夫の販売元である株式会社VIPを提訴すると発表した――


                                           (プラス新聞 04年2月12日号)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌───────────────────────────┐
│ニューソク社の反撃で泥沼化するかと思われた今回の事件     │
└───────────────────────────┘




                    ,. -ヽ ノ、
                   lu (● ●                    、 ノ 、
                   |  (__人)                   ● ●) ヽ
             ⊂二ヽ   .ノ、            ⊂≡⊂=(人__) ノ
                 \   \つ          ⊂=⊂≡   ⊂)
                  〉    \         ⊂=⊂≡ /    \
                 (_/  ヽ__)              ∪  ̄\_)


       ┌───────────────────────┐
       │  しかし騒動はあっさりと収束の方向へ向います    │
       └───────────────────────┘



  ┌───────────────────────────────────────────┐
  │VIP社はニューソク社の提訴を受け、ニューソク社と水面下で接触し、なんと全員が                │
  │ニューソク社に戻りニューソク社が自社のマスコットとしてあらためてやらない夫を販売するという..    │
  │和解案を受け入れたのです                                                 │
  └───────────────────────────────────────────┘





.

338 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:53:54 ID:QOlSJgv.0






                         , ノ  、 、
           .                l(⌒ ⌒)|
           .                | (_人_) |         , 、 ノ 、
           .                 ヽ    (V)       / (> <)ヽ
                         /      ,た)       ゝ(_人_)(V)
                         ||    「         /    た)
           .                 (.                (|     「
                         .し    J         .し    J



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


やるやら事件はニューソク社の宣伝計画?

  ――やらない夫、正式にニューソク社から販売開始


――あまりにも茶番である。VIP社の社員はあろうことか、何事も無かったかのように全員がニューソク社に戻り、
結局ニューソク社が、やらない夫という新たなマスコットに効果的な宣伝をつけて世に送り出したという結果だけが
残った。これではVIP社設立の経緯から今までの流れがすべて、ニューソク社の自作自演ではないかと考える人が
出てきても無理はないだろう。

しかしこれがすべて芝居だとすれば、出戻りの筋書きが少々お粗末なようにも思える。我々マスコミも――


                                             (週刊オプーナ 04年2月23日号)



.

339 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:55:12 ID:QOlSJgv.0



やらない夫、意外な人気

今回の件の真相について、ニューソク社は口を閉ざしたままだが、一連の騒動を
「強引な宣伝」と受け取った一部のファンが離れたことを除けば、結局やる夫の時代は続いているといえる。

また発端のやらない夫だが、そのフォルムが好きというファンもいれば、よりコアな理由で
支持者となる人も増え始めているようだ。



今まで熱心なやる夫愛好家だったある男性は、これを機にやらない夫に乗り換えたという。
その理由を聞いてみると――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ______
                .,,r'三ヅ゙´ ̄``゙''・ 、.          ダメなんだッッ
              ./=='': : : : : : : : .  ヾミッ、
             /:: : : : : : : : : : : : : : : : : .  ヽ  _  、   前々から感じてはいたが……
            ./:: : : : : : : : : : : : |: :!,: : : : : : ..  ヽ つノ   私はやる夫を見ていると気持ちの高ぶりで
           /.!::: : : : : : : : :| :i : :ヽ:ゝ::‐-=‐'''ヾ |         身もはちきれんばかりになってしまう。
          ./ミノ: : : : : : : :,,ノノ: : : .! |:::. .r',ニ、ッ- vヽ、--─-、___,,
          !ミi': : : : : : : ノ''::::^ヽ: : : :.i::: :レ' ̄´: : : `iヽi_    /
          |ミ!: :__;,;,.r:‐彡- 、, )゙: : : ヽ: ::´: :、_: : __ヽ!ト、  ̄\ノノ   分かるか?やる夫ではもう
          ヾ: : `゙´: :/´,..tョ-''‐:: :::::::::: :.、‐ぅ、: : ゥ、.,ヽ:ヘ   \/       刺激が強すぎてッ……!
      ./   ヽ::: : -''´~ -‐''´::,::: .,: . . . :;!j,,r=ャッノ' ! : |::: :ヽ    ̄
    //_/  ,r‐|: : : : : : : : /:::ゝ、入___ノ'',,r‐=ラ,: :/: :/: : : :ヽ    最初は純粋に好きだったが、最近ではもう
    ゝ-‐ '´  !-ヽ-、: : : イ_,,='´: rャ‐'゙,=‐'' ´  .丿i:: : ./;; : : : :.|    胸が苦しくて苦しくてね。
         /`ヽ《:ヽヽ: :m、: r'゙´_/´  _,,.ィ'''´ ノ::. |::: : : : : :|
       /  /`ゝ、! i:::ヾ辷''゙: ̄`二 ̄  -‐'´:::: . ノ、:: : : : : :|    そこには現われたのがやらない夫だ。
      /   /  |:人ヽ、`‐-`: : : : : : ̄: : : : : : : /:: |::: : : : : !    やる夫の香りを感じさせつつ、やる夫ほどには
     ./    |   ヽ: :::::::`゙゙二==-─ 、_: : : :__/:::::: |:: : : : : :|.     やる夫ではない……今の自分にぴったり。

                                      私にとってはまさに、最高にクールな存在というわけだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                   (海外雑誌「ウィークリーホライゾン」 04年3月16日号)




.

340 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:55:31 ID:QOlSJgv.0





┌─────────────────────┐
│やる夫という存在をどう思いますか?.          │
│               (有効回答2520人:回答率84%) │
|                                    |
|こころ.         69%                      |
|パートナー      21%                 |
|家族            6%                  |
|友達           2.8%                  │
│その他        1.2%                  │
└─────────────────────┘


                     (全国世論調査――週刊オプーナ・プラス新聞共同実施 04年3月30日)







.

341 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:55:51 ID:QOlSJgv.0



                  ┌─────────────┐
                  │やる夫は文化になりました    │
                  └─────────────┘


┌────────────────────────────────────┐
│来客をやる夫でもてなすのは世界のマナーになりましたし                    │
│プロポーズの際には手塩にかけてそだてたやる夫をプレゼントするのが一般的に     │
└────────────────────────────────────┘

                                ┌─────────────────┐
                                │ .「ぼくにあなたを あなたにやる夫を」. │
                                └─────────────────┘

┌───────────────────────────────┐
│あおりを受けた生花業界の売り上げは一時悪化しましたが、           .│
│やる夫を育てる際に花を一緒に飾りつけるように植えて                │
│花壇ごと贈り物にする風習を根付かせることで危機を回避したようです..  │
└───────────────────────────────┘



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                     。. , -、 !
                                 __ , - 、,'゙  ir' i,.-、
                               ,'  `i, - 、   !} `、  'r ^ 、:ノソ
                           i´ ` 、!   ! i´` 、 },.'´`.、 _,; ,-、' ゚,゜
                         ,_ `、  ゚ .。゚; __j}   Y   L .イ  j, '゙´``i
                         i´`'、`r'.!゙`、,.'´゙!{   -  - 、   ,i ::。. .   ,i__
                         」。 , ‐ 、i   .:;! `/ (≡ ≡)ヽ-=、' ,レ‐゚、;:゚:,.-.、 `i  _
                      _ ゚。_゙;;{   ゙。. . :;;|i 仆,i,(ヽ (_人_)/^){   ゙i'  i , '゙/  i,...-,
                      ,.ニ=- `_、._゚。ヾ,'´``'、!゙ ヽ     / {^' ;:. 。 : 。  'ー 、.'、.。 ,.'
                    。゚';〉.             . , -、 !`、 へ.,:゙、 ゞ;ノ;;:シ,゜   ゙i 〉; '- 、
                    ゙〈_.,__..ゞ_`ー=ニヲ'   ゚、,゙  ir' i`'、`r'   ゙L.゙! ,`゙゙''。゚ __ , ‐"'、。゚   `>
                      ゙、_゙;;;> .:`>,-、゙、___ ゚!} `、  。 , ‐  .,;,,     〉 ,.   `、、   i= ‐'
                      (___,.;' _,'、.. `:;;';!゙'i : 。! ゚:   i ';゙リハ;`  <゙" ` ー '゙ ` 、 j
                  .    ∠.ィ  。゚. ;:シ;〈; i `、__;、__,.ィ'  ゚ 。∵ ゚    ゙i、      `'
                  .      `、___, ゚;。 リ,'     <_.. '゙i ゚  ゜ i` .-' ` 、
                           i   ,ノ        ,'`、  r '  i `、 _,;..j
                  .           `"^          i ; i`''゙';   ゙、  `ー'
                                           ! i !、 ; j    `、  `、
                                       `^' `'^'      `、ィ=,'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

342 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:56:02 ID:QOlSJgv.0











                ┌────────────────────────────┐
                │しかしそんなやる夫にも、衰退のときはあっさりと訪れたのです   │
                └────────────────────────────┘










.

343 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:56:38 ID:QOlSJgv.0


合衆国有力議員、やる夫を「わいせつ物」と認定するべきと主張




  _n
 ( l    ハ,,ハ
  \ \ ( ゚ω゚ )
   ヽ___ ̄ ̄  )
     /    /


合衆国下院の有力議員オコー・トワリ氏が、人気マスコットやる夫に関し、「やる夫はわいせつ物であり、
子供達の健全な教育に悪影響を与える」と記者会見で主張した。氏は――


                                        (プラス新聞 04年4月8日)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


歯に衣着せぬ一風変わった発言でも有名なトワリ氏。今回のショッキングな声明に関して、
記者の質問に答えました



      ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )
    /    \
  ((⊂  )   ノ\つ))
     (_⌒ヽ
      ヽ ヘ }
 ε≡Ξ ノノ `J



Q:なぜこのような主張を?
A:やる夫はわいせつ物にあたるのでお断りします。

Q:どのような点でわいせつ物にあたるのでしょうか?
A:ふぐりはどう見てもアレだし頭の形もどう見てもアレ。お断りせざるを得ない。

Q:ふぐりならあなたにもついていますが?
A:これはオメガなのでふぐりと呼ばれるのはお断りします。

Q:やる夫の人気を考えると、今後、国民の反発も大いに予想されます。
A:国民にお断りされても戦いぬきます。


                                         (YYS YYSニュース 04年4月10日放送)



.

344 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:58:11 ID:QOlSJgv.0

脳科学の世界的権威、やる夫の脳への影響を危険視


脳科学、心理学の分野において数々の論文を発表しているギコ氏が、人気マスコットやる夫の
人気の理由に警鐘を鳴らしている。



 ̄ \           / ̄|
 '´\>―――< /`l |
 /         \.j |
     ○      О Y
        / ̄|   |
    *    /_,」   _ノ  、人ノ
 三ニ-       ̄-_ _ ⌒)て
            「「⌒T.)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫はやべえんだよゴルァ!やる夫ファンの連中、どいつに「なんでやる夫が好きなのか」って聞いても、
返ってくる答えは「よくわからない」「なんとなく」そんなんばっかだゴルァ!かわいいだパートナーだって理由も
あるが、そいつらも「どういうところがかわいいのか、パートナーにふさわしいのか」と聞かれると
答えに詰まるのが現実だゴルァ!

あげく販売してるニューソク社の奴らも「わからない」と来たもんだゴルァ!こりゃあ連中、知らず知らずのうちに
とんでもないもん作ってくれちまったのかもしれねーぞゴルァ!

脳ってのはまだまだ未解明の点が多い。だから人の心の動きにも謎は多いままだが……ニューソク社の連中が
意図していなくとも、ある種の中毒、洗脳状態になっちまってる可能性があるんだゴルァ!

理由無く何かを好きになることを否定するわけじゃねーが、これだけの「やる夫人口」の中で、みなが一辺倒に
惹かれる点にあいまいさを持ってるのは異常だゴルァ!


                                            (科学雑誌「トンファー」 04年5月号)



.
.

345 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 00:58:49 ID:QOlSJgv.0


                                |~i
                                |~'
                                |
                  ___       ,==、 ___|___ ,==、       ___
  i=i                i==i   _, - ‐'"´ ̄          ̄`゙`ー-、_   i==i                i=i
 i=====================|==|===ニ!iIIII| {IIIIIIII}  {IIIIIIII} {IIIIIIII} |IIIIi !ニ===|==|=====================i
. /__[IIIIIIII]__[IIIIIIII]__[IIIIIIII]___[IIIIIII]彡_-='"´三三三三三三三三`゙`=-_ ミ[IIIIIIII]___[IIIIIIII]__[IIIIIIII]__[IIIIIIII]__ヽ.
ヽ三三三三三三三三三三三三三彡--=''" r=ュ、 r = = ュ ,r=ュ、 ゙``=--ミ三三三三三三三三三三三三三ノ
*;";"i";*;ヾ;"i";*;ヾ;"i"'::;---  ---...-i r´`!_ | 田 | |田|田| | 田 | _i´`ュ.!-...---    ---;";"i";;ヾ;";*;ヾ;"i"':;w;;;、
","':/从ヽ.,:;,:;''ソ,;、;:`;;::"ノ;;:) || || ニ || | |田| | 田 | |田|田| | 田 | |田| | || ニ ||  || |-;;w;;;w;;;+;从ヾ;"从w;,、;,,)
V从;;;V;;ヾ;"i";* ;ヾ;"i" ;从; || || ニ || | |田| | 田 | |二゙二| | 田 | |田| | || ニ ||  || ハ从;;;w;;;w;;;;从ヾ;从;;;w"丿
VV;;;;V::::;;;:::;;;;:;;::::::::::/"",r'":,;;,) ,r=ュ.、 | |三  三三  三 三 三三  三. | ,.r=ュ、  (;;V::::;;;:::;;ヾ;";;:;;:从;;;w::::::,,.:;:つ
::\,,.....,::;.:","':/从ヽ.,:;,':,:;.,:;.:'ノ || ニ || | |田| | 田 | |田|田| | 田 | |田| | || ニ ||   )::;.:","':/ヾ;"从ヽ.,:;,'从;;,.;:(、
;;;:;;;;;;;ソ;;:);;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:,:;.,:;.:'||)!(|| | |田| | 田 | |田|田| | 田 | |田| | ||)!(||  w'w;;;;;w;;;;;;;从;;;w.;从;;;wヾ;";;.ヽ
゙';ミwリノwv从ヾ;"i";*;ヾ;"i"'::   ||)__(|| | |田| | 田 | |田|田| | 田 | |田| | ||)__(||  ,/从W从;;;ヾ;";/W从;;;w从;;;w,.ノ
ヾ*;";"i";*;ヾ;"i";*;ヾ/从ヽ.,:;,:;'ソ= =|| ;.| ,二_二二_二 二_二二_二,..| ||::=::|| ヾ、从;;;w;;;w;;;;从从w从;;;w;;;;w,;/
.,:;,"'.:;,`:;,':,:;.,:;.:'":.".,:;:;`~'::;.:",/从ヽ.,:;,'",'"         _         三=__ i---i (;";"i";*;ヾ;"i";*;ヾ/从从;;;wヾ、
((、;;;;:ゞ),;:;'));:;ハノ;;:);;;:;;;;;;;ソ;;:) 、ヾ;;;;;;(;:;ヾ、,,  i⌒i {} i´ `i {} i⌒i    三=w;;;;;w;;;;;;;从;;;w;;;w;;"i";*;ハヾ;"i";ヾ/从リ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫、販売停止へ

     合衆国議会、やる夫をわいせつ物と認定

合衆国議会は、人気マスコット「やる夫の造形が青少年の健全な教育に悪影響を与えかねないわいせつ物
にあたる」とし、新たに販売停止の命令を出す法案を可決した。これにより、合衆国内でのやる夫、やらない夫の
販売は出来なくなり、流通は停止する。提唱者であるトワリ氏の発言から法案提出、可決まで二ヶ月たらずという
スピードは異例で――


                                            (プラス新聞 04年6月1日 朝刊一面トップ)




.

346 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:00:59 ID:QOlSJgv.0



          \ \丶 i|   /   /
           、 \   {  ,′
            \ 丶 | / /
          _     /|     
            ̄ rλノ 丶ノし― ̄
          _  )  ハ_ハ ( _              ,  、 、  ξ
          ― ̄(\( ゚ω゚) ノ}―_             ー ー) ヽ
             )...`〈   }て                (人__) uノ
            y.  |  |<                l       |
             > {/^乂) ノ              (⌒)Jし(⌒ノ
                                   ̄    ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


やる夫つぶしの影にあるもの


――あれから数ヶ月、世界は異常なスピードで変わっていった。時代を築いたのも早ければ崩れるのも
早いということなのか。合衆国議会のあの法案可決以来、各先進国が――やる夫を生んだ地であるわが国
も含めて――なだれを打つように追随。時を同じくして発表された脳科学者の「やる夫脅威論」が追い討ちをかけ、
やる夫の流通は激減した。



ここで一つ、興味深い情報がある。かの騒動の発端となったトワリ氏に、寄附等を通じ莫大な支援を行っている
企業があるというのだ。ある筋からの情報によれば、合衆国の文化を代表する立場にあるその企業は――名前は
ここでは伏せるが――世界を今まで席巻してきた自分達の発信する文化が、やる夫に侵略されるのを恐れた
ということらしい。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃          ._,,r''' ,,r'''i.||'|  ''‐,,                         ハ,,ハ             ┃
┃        ,,,r''' .,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |                   ((⊂ ヽ ( ゚ω゚ )  / ⊃))    .┃
┃        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'|  .:.::|                     | L |   '⌒V /     .┃
┃        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |                      ヽ,_,/   ヽ_./        ┃
┃        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'|  .:.::|    __|\           __,,/,,   i          ┃
┃        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |     |       >         (  _     |           ┃
┃        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'|  .:.::|     ̄ ̄|/           \\_  ̄`'\ \         ┃
┃        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |                     ヽ )     > )       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



異例と言われたスピード可決。しかし考えてみればそもそもやる夫の普及自体が驚異的な速さでなされた
ものであり、そしてその発売当初からすでに打たれていた布石が、今。法律となって世に出たと解釈したほうが
正しいのかもしれない。

この情報を我々にもたらしてくれた男がその企業に極秘裏に接触したときに得たというコメントには、自信が満ちていた。


「今までも、そしてこれからも、世界の文化を創るのは我々だ」


                                          (週刊オプーナ 04年6月22日号)



.

347 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:01:16 ID:QOlSJgv.0




          ┌──────────┐
          │ダブルパンチでした   . │
          └──────────┘


                                ,  、 、
                             {{ ○ll○)lヽ  っ
                               (人__)l|llノ   っ
                               /つ  /つ 》
                              /    〈
                              (_/  ヽ_)

┌────────────────────────────┐
│特に後者、脳への影響に関しては反響が大きく、ニューソク社は  │
│釈明に追われることになりましたが……                    │
└────────────────────────────┘



               ┌────────────────────────────────────┐
               │なにせ偶然に生まれた産物であり、いつぞやの記者会見で社員が話したように、...   │
               │彼らにも「やる夫がなぜ人を惹きつけるのか」を説明することは出来なかったのです  . │
               └────────────────────────────────────┘



.

348 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:01:31 ID:QOlSJgv.0




                   ┌─────────────────┐
                   │  やる夫の時代は終わりをつげました  │
                   └─────────────────┘



┌──────────────────────────────────────────────┐
│「洗脳」や「中毒」と言った言葉が切り出されて独り歩きし、脳に悪影響があるという説はファンを失望させ、    .│
│心を許しきっていただけにその「裏切られた」という気持ちも強く、多くの人がやる夫を手放しました        │
└──────────────────────────────────────────────┘


                 {f⌒)}          ┌──────────────┐
                  {「           │ 「わからないものは、 こわい」  │
                  C           └──────────────┘


                     ┌───────────────────────────┐
                     │夢から醒めたように、人々はやる夫から離れていったのです    │
                     └───────────────────────────┘





.

349 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:01:54 ID:QOlSJgv.0




 ┌───────────────────────────────────────────────┐
 │しかし、虐げられれば虐げられるほどに燃え上がるのが信仰心、一部熱狂的なファンの心はどこまでも清く、   .│
 │後に世界中でやる夫の流通が全面的に禁止されたにも関わらず……                            │
 └───────────────────────────────────────────────┘





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      / ノ´: : {:|::|.           |!|:i:::| ハ:\、ハ
                      / ': : : : : ||::|、    -..ー-    ノ |:|:::|'::ハ: ハ: :|
                     '´: : : : : /||::|^\   `     , ィ::!::|:|:::ハ: : :|
                     '、: : : : :/: j:|::|!|}ヽト 、  _ - ´:.:|!:|::|||:::::|}  :ハ
                      \: :/: イ::|::|、|/ト、_¨´ __.. -|::|::||!:::::/ イ: |
                       X: /j:::|:::|'| j!、`─ 三 _.. - ´|:|::|:|!::///|: :!、
                      ノ {: |'イ::::!:::|j{ |`ニ< __ : : :,ィ{:|::|::|::l{ ´: |: :| ヽ
                    ,   : :' f::::|:::7=≠、\─ ´/ |:|::|::|::|ハ : : |: :|: : ハ
                   /  . : :/:,::::イ/ -‐ 、 ヽヽ  // |:|::|:l!::|!:ハ: : : : l: : : :ヽ
                   / . : : ,イ /::::|::}「-  ̄二ヽ| |. : :/ : :!:|::|::V:∨ハ: : : : : : : : '.
                  , . : :/:| ,::::::l!::{ ノ}´|: :{_/`!: :/  : |:|::|:::j:::ト:::|ハ   : : : : !
                  , ///: :| !'::::|l:|:|  :ハ!: : : : :|: '   :|:|::|:イ:::{::Y ∧   : : : !
                 j'´| ' /: : |j|l!:::|l:|l!  : :! . : : :|: : .   |:l!jノノ:::|j::|!': :ハ   : : |
                 l': :|/:/: : :||    |  : :|: : : : : :|: : :  . : : : : : /: :/ :ハ  : : !
                 /: : j ': :ヽ: :|   」  : :入: : :┌───────────────────────┐
                ': : :/: {: : :ヽ:!  / ヽ_ : / . \_│いえ、むしろそれによって逆にやる夫を神格化し、     │
               ., : : 〈: r 、\: ヽ /  : : : :/.:.:.∨│自らの導き手と仰ぎ続ける人々も居て…….          │
               .{: : : :ハ . : : >'    : : /  : : └───────────────────────┘
               .∨: /: }、「:/ 、   : : /   : :∨ : : : __ ': \ヽ、: :'、 : : : |': : ハ:|
                ∨: ィ/   :` - _/: : : : : : : :ヽ-、´: : : : : : ヽヽ: ハ : : : j!: : : `!
                 }ヘ: : :    :  : : : /ハ: : : : : : : : :ヽヽ: : : : : : : : \: |: : :/|: : : :/
                 |: ∨:    : : : : //: :ヽ: : : : : : :__ヘ:\: : : : : : : : :ヽ: :/: |: : :/
                 |: :ヽ: : .  . : : :ノ/: \、: : : - ´: _ノ:\ヽ: : : : : : : : : ノヽ:|: :/: '、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━











        その光は幽かなれども、やる夫はほそぼそと、世界のどこかで息づいていたのでした――











   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─





.

350 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:02:23 ID:QOlSJgv.0







                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                    | ん、あの頃のこと……か    |
                                    ヽ____________ 乂_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \     まあ、浮かされたってのはあるかもな。
      /   ::\:::/::::\    まだ有名じゃない頃から追いかけてた……言うなれば最初期にアイツに
    /   <ー>::::::<●> \  ハマッた層だからな。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /   世界中に出るようになってからも、ずーっと国民の声は取り続けてた……
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       まあアンケートから世論調査に名前が変わったりはしたが。
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │



.

351 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:02:45 ID:QOlSJgv.0



       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \      もちろん時には叩いたりもした……まあそこにゃあ、ジャーナリズムで
    /   \::::::::::ノ\       カモフラージュした、ただのやる夫への個人的な感情もあったかもな。
  /    <ー>:::::<●> \
  |       (__人__)   |    ああ……惚れてたんだよなぁ。女房以外のなによりも。
  /     ∩ノ ⊃  /.
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |         ……って、ちょっとくせえか?
    \ /___ /







           / ̄\
             |    |
           \_/   l  /
             |       ′/
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \      また声を聞こうとは思わないのかって?
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |      ……ん、まあ、それもありかもな。
      \    ` ⌒´    /      ハハ、いまや引退した身だし、アレ以来、なかなかやる夫に関する
       /,,― -ー  、 , -‐ 、      意見を述べづらい世界になっちまったが……
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'           何十年ぶりだかに、聞いてみるか?
       l           l            人々の声を。






                         いまだ……いずこかに息づくやる夫の声を――








.

352 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:03:43 ID:QOlSJgv.0






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







      / ̄ ̄ ̄\      ――なるほど。また、人々の声を……ですか。それでまたボクの話をねぇ。
    / _,ノ  ⌒ \    
   /  (●)  (●) \.   お会いするのはいつ以来ですかね。ボクが一時、会社を飛び出した頃だから……
  |       、 ´      |   っと、やめときますか。幾年前だなんて話をするのは……むなしくなるだけだ。
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \      まだまだ若く見える?よしてくださいよ……訂正するのもまたむなしいんだから。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_______________
|| //                   :::|
||//                    :::|
||                      :::|
||                      :::|
||                      :::|
||                      :::|    やる夫は……そうですね。もちろん、やらない夫もですが……
||                      :::|
||                      :::|       人の心を映す、そんな存在であってほしいと思っていました。
||                      :::|       生きている限り物語を紡いでいく人間という生きものが、何を考え、何を信じ
||                      :::|       そして何を愛するのか……
||                      :::|
||                      :::|       そんな、その時々の人を映す鏡のような存在に。
||                      :::|
||                      :::|
||                      :::|
||______________:::|



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




        / ̄ ̄ ̄\       夢見がちな話だと思いますか?まあ、それも当然かもしれませんが、
      / ノ    ヽ \.      それでも、その時のボクは結構真剣でしたし……。
     /   (●)  (●)  \ 
     |      __´ _     |     それに、今でもそんなに的外れなことではないかなと思っているんです。
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ    その人のやる夫は、いつだってその人を映すんですよ。
   \ ヽ  /       \ ヽ /







.

353 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:03:58 ID:QOlSJgv.0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ___
           __       xwx‐'´   '=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′                ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                    厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
   ┌──────────────────────────────────────────┐
   │世界を覆っても、世界から嫌われても、やる夫はきっと世界の人々を映し続けてくれたと思います    │
   │そして、それは今も。…………もしかしたら、これからも                              │
   └──────────────────────────────────────────┘
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\      ……そういえば、またあのアンケート、やったそうですね?
    /,'才.ミ).   、_',__,    \.     本当に久しぶりですねぇ……
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /      もしよければ、結果を見せてもらえませんか?





.

354 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:04:17 ID:QOlSJgv.0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌──────────────┐
│                      │
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ ========.        |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│○ =====.              │
│  ============  |
│  ============  |
│  ============  |
│  =========.       |
│                      │
└──────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








     / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \       ……なるほど。
  /  (●)  (●) \
  |     、 ´      |         しぶといというかなんというか……しかしまあ、
  \      ̄ ̄|\  / /|       
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ゝ(_人_) ノ
                             /    ヽ
               .                (|      |)
                             .し    J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ━━━━━
                                     | ……たしかにまだ、息づいているのですね.  |
                                     ヽ___________________ 乂_









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            |                           |
       .       \            ´          /  そうだ……ボクの話を記事にするなら、
       .         \        - ─‐‐-        /.    最後にこういう風に添えてくれませんか?
              /ヽ              イ\
             /                     \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─





.

355 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:04:44 ID:QOlSJgv.0
:



:::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





┌─────────────────────┐
│やる夫という存在をどう思いますか?.          │
│                                    │
|                                    |
|知らない.         74%                      |
|許せない        21%                 |
|会いたい.         3%                 │
|ネ申          1.6%                  |
│無回答等       0.4%                  │
└─────────────────────┘


                       (週刊オプーナ XX年 年末特別号)




.

356 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:06:08 ID:QOlSJgv.0





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ┌───────────────────────────────┐
.        ;;;;::: │なに、最初のときにも広告に載せてもらった、他愛のないメッセージです  │
      |||.....└───────────────────────────────┘
      |||      |                       i  . ノ .|                     |||
      |||      |                     /   |                      |||
      |||      |                    /   l                       |||
      |||      |                   i   /   .l                    |||
      |||      |                   /   l                       |||
      |||      |                   /    l                      |||
      |||      |                   !/     l                       ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||     ┌───────────────────────────────────────┐
      |||     │……それでも、思い思いのやる夫を描いてくれる人々への、ボクからの感謝と願いをこめて   │
      |||     └───────────────────────────────────────┘
      |||      |                     l                /    /.....|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                         ............................................
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::                               :::::::::::::::
           :::::::::::::::  ホラ、覚えてませんか?               :::::::::::::::
          :::::::::::::::                                 :::::::::::::::
           :::::::::::::::  『思い出が生まれるとき、あなたの――』    :::::::::::::::
             :::::::::::::::                              :::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






.

357 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:06:53 ID:QOlSJgv.0 [51/52]







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::        │                                              ||
::::::::::::::::::        │                                              ||
::::::::::::::::::        │                                              ||
::::::::::::::::::        │    あなたのそばにいるのが、素敵なやる夫でありますように        ||
::::::::::::::::::        │                                              ||
::::::::::::::::::        │                                              ||
::::::::::::::::::____│.___________________________ ___..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────────────────´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








.

358 名前: ◆ClFOa27GzQ[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:07:32 ID:QOlSJgv.0 [52/52]

このお話はフィクションであり、実在の団体、国家、制度および人物等とは一切関係ありません。
原作というわけではありませんが、「ビックリハウスのエンピツ賞傑作選」の中のいくつかのお話に影響を受けています。
投下は以上です。みなさんお疲れ様でした。



359 名前:8月11日に短編祭りだお[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:08:27 ID:Sgpfslng0

トリ前乙
不思議でちょっと愉快な話でした



360 名前:8月11日に短編祭りだお[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:08:49 ID:.e3UFIzM0 [2/2]

乙!!

締め方が最高だ!!



361 名前:8月11日に短編祭りだお[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:09:37 ID:DlExma2E0


不思議な余韻のある作品でした



362 名前:8月11日に短編祭りだお[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:11:22 ID:.sJx2rys0

乙した



363 名前:8月11日に短編祭りだお[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:12:16 ID:w/.wgnRo0

乙でした



364 名前:8月11日に短編祭りだお[sage] 投稿日:2012/08/13(月) 01:35:46 ID:Jj8rkBIw0

乙でした



関連記事
| 19:30 |コメント(0)
カテゴリータグ:やる夫短編祭 やる夫板記念祭 ~やる夫板Ⅱ3周年記念短編祭~フリー部門 2012

|

<< ~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門 ◆A-25 ……◆RVVK6FTPRI  透明な音楽 | HOME | ~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門 ◆A-26 …… ◆8qj4V4567w  まだ海を見ていない >>

■御感想or寝言

Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ