やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 短編作品リンク一覧&やる夫短編集阿修羅編について

■2012/09/17(月) できる夫の考えも、どこか足りないようです

カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 SF・ファンタジー系(2012) やる夫短編作品 2012

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.54 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所117                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その23              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド13                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/
~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ お題部門
~やる夫板Ⅱ 3周年記念短編祭~ フリー部門
阿部高和速報 8月10日 男祭り


836 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:00:34.39 ID:QoeqA2um0 [1/26]

短編投下します

数十レスお借りします

読みにくく、わかりにくい文章ばかりかもしれません

「できる夫の考えも、どこか足りないようです」



837 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:04:51.33 ID:QoeqA2um0 [2/26]
ハルヒの葬式の後、やる夫と誠はできる夫に「話がしたいと」話しかけられ、場所を移された



           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レ'¨ ̄ヽ   ヾ| .ィァiュVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V ィTj.}       { J i ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、. ┴‐┴      ̄ ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>   できる夫、話って何だ
       ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/
          V:::/ ヽ、         /'´
           ヾi   }>     , イ
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
         /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
        /:::::::::|::::::::| /::/::::|   /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \   何かあるなら葬式の最中に話せば良かったお
   /  (●)  (●)  \   ひそひそ話ならみんなしてたお
   |    (__人__)    |   お経のリズムに合わせて喋れば問題ないお
   \    ` ⌒´    /
   /              \




         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) ヽ   すいません。長くなるので事が済んでから場所を移して
    |       、__',_,    |   話そうと思いまして……それに……
    \            ,/

838 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:08:45.65 ID:QoeqA2um0 [3/26]
       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \
   /  (●)  (●)  ヽ    あまり他の人に聞かれたくない事なので
   |         '       |
   ヽ、    ‐‐-‐    /
    /             \




           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レ'¨ ̄ヽ   ヾ| .ィァiュVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V ィTj.}       { J i ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、. ┴‐┴      ̄ ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>   へぇ……まあ話せよ
       ヾ.  | ヽ∧        , ィ  r‐ム::ハ/
          V:::/ ヽ、  ヾ≡三彡'゙ /'´
           ヾi   }>     , イ
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
         /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
        /:::::::::|::::::::| /::/::::|   /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::



         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) ヽ   では……私が話すのは、私達が昔入っていた
    |       、__',_,    |   sos団の団長が持っていた……能力についてです
    \            ,/

839 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:13:26.51 ID:QoeqA2um0 [4/26]
          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \   今更愚痴でも吐くのかお
      |  (__人__)       |   だったらなおさら葬式の最中に話せばよかったのにお
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `




          ____
        /     \
      / ―   ― \
     /   (●)  (●)   \   まず、彼女の事について整理をしましょう
     |         '         |
    \       ̄     /
     ノ           \




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   彼女は願望を実現させる能力を持っていた
    |     ___'___      |   しかし彼女は自身が能力を持っている事に気付いていな
     \    `ー'´    ,/   かった
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   彼女は宇宙人異世界人超能力者、未来人などに会いたがっていた
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |   ので彼女の周りにはそれらが集まったが、結局それにも気付く
   /    / r─--⊃、  |   ことはなかった……間違っていませんね
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

840 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:15:25.44 ID:QoeqA2um0 [5/26]

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、 _:::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ   ああ、俺たちが必死で隠蔽したからな
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′   あいつ自身少しは宇宙人などの存在を疑っていて、
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ   ある程度の常識を持っていた
:::::::::::::::::∧               \   俺たちがそれを保たせたおかげで能力は暴走
:::::::∧:::/ `ー             /   せず、世界は滅茶苦茶にならずに済んだんだ
:::::/ ∨             `ー=ニフ /
/ヘ                  , '   あいつは能力のおかげで望みの相手に会えたのに、能力
\  \      _        /   を持っている所為でそれに気付けなかった……皮肉だな
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \   死ぬまで気付かせなかったお
 |     'ー三-'     |
 \              /

841 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:17:33.64 ID:QoeqA2um0 [6/26]
       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。 \:
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:   ザマァだおwwwwww
  :|    { l/⌒ヽ    |:   あいついつも威張ってて、やる夫の事馬鹿にやがって
  :\   /   /    /:   性格最悪だったおwwwwww




          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   「あんたなにもわかってないわね」とか言ってて
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ



           /⌒  ⌒\
     /⌒ //・\ /⌒  ⌒\
    //・/::::::⌒(//・\ /・\\
  /::::::⌒ |    /::::::⌒(__人/⌒  ⌒\
  |     \  |     ト//・\ /・\\
  \    /  \   /::::::⌒/⌒  ⌒\
   /    |   /   |   //・\. /・\\  キ
   |     |    |     \/::::::⌒(__人__)⌒:::::\   死ぬまで何も知れなかったお前は
               キ  |       トェェェイ     | キ   どうなんだおwwwwww
                 \    `ー'´    /
                  /⌒   ̄──  ̄\
                //         ノ> >

842 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:18:45.75 ID:QoeqA2um0 [7/26]
     /_ノ  ヽ_\
   /。(⌒) (⌒)。\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\   あの女にやる夫は同情した事もあったんだおwwwwww
  |     ヽr┬-/     |   まじで信じらんねぇwwwwww
  \      `ー'´     /




       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \   彼女が言った「わかってない」と貴方の言う「知れなかった」は
  |        '      |   違う次元の話だと思いますよ
  \      ⌒   /   まあその話は置いといてですね、ていうか話脱線してますね



           ____
         /     \
       / \   / \
      /  (●)  (●)  \   彼女が死んだ後、周りの宇宙人などはみんな凡人になって
     |        ´      |   しまいました
     \      ⌒     /   何故だと思います?

ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・

アクセスカウンター
旅ともアクセサリーアニメDVD通販フラワーアイズ



843 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:19:48.50 ID:QoeqA2um0 [8/26]
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-   確か自殺だろ。何があったか知らんが
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、   宇宙人などに会う気も無くなってたんだ
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `   ろう。それか存在を信じなくなったとか…
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/   だから能力はそいつらの宇宙人、などという
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{   特徴を消した。そうじゃないのか?
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   死んだから能力が無くなったんじゃないかお?
 |    (●)  (●) |   その証拠に、あの女がいかに無茶苦茶をやって来たか、そして
 \  ∩(__人/777/   あの女の理論武装の欠点はどこなのかが、やる夫にはわかるように
 /  (丶_//// \   なったお。



       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \   あいつが生きていた時は……全然わからなかった事だお
  |    (●)  (●)  |   あいつが生きてた時は……やる夫は何か変だったお
.  \    (__人__)  /   きっと能力で操られてたんだお
.   ノ    ` ⌒´   \

844 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:21:00.70 ID:QoeqA2um0 [9/26]
      ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \   私の考えは誠さんとやる夫さんの考えに近いです。
  /:::  __´__   :::::: \   能力が無くなったとまでは言いませんが、やる夫さんの言う
  |  l^l^lnー'´       |   ように能力の働きかけから解放されたものもいるのでしょうね
  \ヽ   L        /   ですが……
     ゝ  ノ
   /   /



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   ……例えば、私と誠さんが急に学校で良い成績を取れるよう
    |     ___'___      |   になったのは、彼女が学校に来てからですよね
     \    `ー'´    ,/



.      /::::/::::::::/::::::: /:::: /::i::::::::::∨::::::\:::: \
     /::::::/:::::::::::/::::::::; イ:::::::::/:::::ト;::::::::::∨:::::::∧:::::∧
.    /::::::/:::::::::::/::::::::/ |:::::::/::::::::! \:::::∧ :::::: ∧:::::∧
    '::::::/:::::::::::/i:::::::/⌒゙i::::::ハ::::::::| ̄`∨::∧:::::::::∧:::::::i
      i::::/:::::::::::/:::l::::/ __,,,Ⅳ| Ⅵ::i ィt=∨::::i:: ∨::∧::: !
      |:/i::::::::::/::::::l:::l ん:刋Ⅵ!  Ⅵ!  斥圷::::iヘ:::∨::∧::!
     ' |:::::::/i::::::::l::l〈 比::リ \  \ 比::リ∨ ∨∨::: リ
.      |::::/ l::::::/::i  ゞ-′      ゞ-′  jK_∨:::>
.      |:/  l:::/小     く:.            {__j ∨::::> あーそういえばそうだったな
       ′   !/  !                j___ソ\!´   その後、何故か宇宙人に襲わ
             '、     r _,         //   れて機関という奴らに助けられ、
               \             /!   色々あって彼女の能力について教え
                  ` 、        / .:.:|   られたんだよな
               \__  ..  ´   ..:.:|
                 |       ...:.:.:_jー 、
                __j   __ .. - ´   ヽュ、、
                ノ ハ_/          /:i:i:i:i:iヽ、、
            </ /////∧          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:



            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ   その時僕が称えた仮説、憶えてますか?
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´

845 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:22:15.47 ID:QoeqA2um0 [10/26]

      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \   何だお?それ
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ  あれですよあれ
  |    __´___ ( /   〉|   彼女の能力と、私の成績がよくなった事の関係について
  \   `ー'´  〈 / ⌒^ヽ   称えたあれですよ~
―――――――― \ _ _ _ )



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \   …………何だお?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /



          ___
        /     \
      / ノ    ヽ \
    /   (●)  (●)  \
     |       ´      |
    \      ⌒     /
     ノ           \



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   覚えてなくてすまんお。でもあの時のやる夫は変
        |      (__人__)     |   だったんだお
        \     ` ⌒´    ,/   だから仕方ないお。全部あの女が悪いんだお
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

846 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:23:25.77 ID:QoeqA2um0 [11/26]

    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-   俺は憶えてるぜ
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、   あん時何回もそれについて熱く話してき
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `   てうるさかったよな。おまえ
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/   話してやれよ
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY



                ∩_
              〈〈〈 ヽ   彼女は学校に来た時、私達の外見をみて、私達の
      ____   〈⊃  }   中身を推測した。彼女は推測が当たって欲しいと望んだ
     /⌒  ⌒\   |   |   私と誠さんは優秀な人に見えたから頭が良くなり、成績が
   /( ●)  (●)\  !   !   上がった
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /どうですなかなか筋の通った説でしょう?
  \             //
  / __        /
  (___)      /



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \   まあ、彼女の気まぐれなどで色々変わったでしょうけどね
  /:::  __´__   :::::: \   後、私とは逆に性能を下げられた人もいたでしょうね……
  |  l^l^lnー'´       |   可哀想に……そういえば彼女が学校に来てから物忘れが
  \ヽ   L        /   酷くなって「wawawa」が口癖になった人とかいましたね
     ゝ  ノ
   /   /



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \   まあ彼女のおかげで私は難関大学に受かったと言っても
     |       __´___    |   過言では無いでしょう
      \       `ー'´  ,/   その後も成績は上位です
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |

847 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:27:30.24 ID:QoeqA2um0 [12/26]




       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \
    /   (ー)  (ー)  \    で、彼女が死んだと連絡が来た時なんですが、彼女は、
    |      __´ _      |    私のところへ連絡が来る三日前、亡くなったそうなんです
    \        ̄    /
    ノ           \



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    ですが連絡がくるまでの三日間、何も違和感はありません
    |     ___'___      |    でしたし、授業もいつも通りに理解できました
     \    `ー'´    ,/    記憶力も落ちてないようでした……
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    例が長くてすいません。様は彼女が死んだあとも私達には
   /    / r─--⊃、  |    能力が働き続けているということです
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レイ飛ゝ   ヾ| 'j及ァVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V 辻 tj}      弋 ソ ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、 ゞ- '´        ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>   能力が働き続けているから
       ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/   俺たちの優秀さが保たれているって
          V:::/ ヽ、         /'´   事か?
           ヾi   }>     , イ   一回だけ能力が働いて俺たちの脳の構造を変え
                 | ` - ´_ -┴┐   るなりすればあとは能力が関与しなくても
               r‐'V/ ̄    /::\   優秀さは保たれると思うぞ
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::

848 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:30:09.72 ID:QoeqA2um0
        ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー) \   それも考えたのですが、やる夫から聞いた話しなのですが
  | / .イ    '       |   やる夫はある日突然彼女の事を思い出し、彼女や自分がとってき
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /   た行動に強い疑問を抱いたそうです
.   | ≧シ'        \   その日は丁度彼女が自殺した日で、時刻は彼女が死亡したとされる
 /\ ヽ          ヽ   時刻とほぼ同じなのです




          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   ` ⌒   ..i   というわけで、能力は働き続けるもので、それが
        i.      ( ●)    |   止まれば効果が無くなってしまうものではないか
          \ _´___       /   と判断しました。
           \`ー'´   __/



        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (<)  \   だって、一回働いてすむのなら、やる夫が元に戻るには
    |      ___'___     |   彼女が「やる夫が元に戻りますように」と願わなければ
     \     ` n´   ,/   ならない。でも、それは不自然ですからね
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ



           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レイ飛ゝ   ヾ| 'j及ァVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V 辻 tj}      弋 ソ ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、 ゞ- '´        ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>   …そういう証拠の後だしって
       ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/   卑怯じゃないか?
          V:::/ ヽ、         /'´
           ヾi   }>     , イ
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::




        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \   ただ辻褄が合わないのは、何故やる夫に能力が働かなく
     /   (●)  (●)  \   なって、僕らには働き続けるままなのかということです
     |      __´ _     |   ただ彼女が死ぬ寸前に何かを望んで、その望みの対象の
     \        ̄    /   範囲内にやる夫はいたってことは確かでしょうね
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /あれ、そうすると貴方の考えでも良いかもしれないなあ……

849 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:32:18.91 ID:QoeqA2um0 [14/26]
          ____
        /     \
      / ―   ― \
     /   (●)  (●)   \   とにかく、彼女が意思無き肉魂となった今、新たに能力が
     |         '         |   働きかける事はないでしょう
    \       ̄     /   しかし、このままではみんなに働き続ける能力は無く
     ノ           \   なりません



          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≧i::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′   それはどうしようも無いんじゃないか?
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   でもあの女のせいでこれからも被害を受ける人がいるのはいい気分
 |    (●)  (●) |   じゃないお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (<)  \   解決する方法が……一つ、あります
    |      ___'___     |
     \     ` n´   ,/
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ

850 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:33:19.93 ID:QoeqA2um0 [15/26]
     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \   何だお?方法って
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/



          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i   彼女と同じような能力を持った人に頼めば
        i.      ( ●)    |   いいんですよ
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \   ……は?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-   おいおい
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/


          ____
        /      \
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \   貴方方の言いたいことはわかりますよ。ええ
      |    '          |   願望を実現させる能力を持った知的生命体なんて
       \   ̄        /   そうそういないでしょう。
        /  ー‐      ヽ
       /            `

851 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:35:06.53 ID:QoeqA2um0 [16/26]
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \   誠が言ってたけど、あの女の望みでそういった物は全て消えて
 |      (__人__)    |   しまったんじゃないかお?
 \      ` ⌒´   /



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   全て?いいえ。それは違います
        |       __´ _     |   彼女は完全に宇宙人などの存在を信じていたわけで
        \       ̄     ,/   はありませんでした
 r、     r、/          ヘ   では逆に彼女が宇宙人などの存在はいないと思うよう
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ   になっても、心の奥底ではほんのちょっとだけ
  \>ヽ/ |` }            | |   存在を信じているはずです
   ヘ lノ `'ソ             | |   だから、全て無くなるということはないでしょう
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

852 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:38:05.56 ID:QoeqA2um0
       ____
..     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \   能力を持った人に会えたとしたら、その人は自分の能力を把握
  |         '      |   している可能性が高いです。その人との話は早くすむでしょう
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \   こんな長い話を聴いてくれてありがとうございます
     |       __´___    |   私はこれから行方不明者になるので、後を
    \       `ー'´   /   よろしくお願いします。ご迷惑をおかけしてしまうでしょう
       〉         ⌒ヽ   すいません
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \   まさか……そういう人を探しに行く気なのかお?
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|

853 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:39:23.70 ID:QoeqA2um0 [18/26]


           , -――― 、
.       / ⌒   ⌒ \   はい、そうです
.      /  (⌒)  (⌒)   ヽ   あと、今まで熟成させてきた考えを貴方方に話す事が出来て
      | ⊂⊃ 、__',_,   ⊂⊃|   幾分気が楽になりました。話してみると、自分の考えにも少し
     \ ___   __ /   変な部分がありますね
――──(____.)─(___)─ ──  ─



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \   ……何でだお?別にこのままでもやる夫達は困らないお
  |    (●)  (●)  |   どこにいるかもわからない、いないかもしれない
.  \    (__人__)  /   人に会いにいかなくてもいいんじゃないかお?
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ       



     ____
   /     \   駄目です。確かに私は困らないでしょう。むしろこの方がいい。
  /::::::::::..   \ \   ですが彼女の能力に踊らされ、ろくでもない目にあっているひとも、
/:::::::::::::::::::..  (●) \   苦しんでいるひともいるでしょう
|:::::::::::::::::::::::::::..    、__|   だから、決心しました
\:::::::::::::::::::::::::::..   /



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \   それに、私に掛けられた望みは一つだけとは限りません
     |       __´___    |   からね。優秀にしてくれたのは感謝しますが、それ以外
    \       `ー'´   /   で、彼女に縛られて生きて行くのは御免です
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)

854 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:41:36.22 ID:QoeqA2um0 [19/26]
           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レ'¨ ̄ヽ   ヾ| .ィァiュVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V ィTj.}       { J i ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、. ┴‐┴      ̄ ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>
       ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/
          V:::/ ヽ、         /'´
           ヾi   }>     , イ
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
         /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::


           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|:::/ .V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|/ _ノ .V|ヾ:::::::::|   ∨::i::::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/|    、ハi \::::|`^ーV::ト::::::::::::::::ヽ
.        |::::::|:::l::/|::レ'¨ ̄ヽ   ヾ| .ィァiュVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V ィTj.}       { J i ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、. ┴‐┴      ̄ ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i     、   レイ/'リ::::::>
       ヾ.  | ヽ∧    _  .. -イ  .r‐ム::ハ/
          V:::/ ヽ、  ` ー‐‐ ´  /'´
           ヾi   }>     , イ
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
         /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
        /:::::::::|::::::::| /::/::::|   /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::

855 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:42:57.07 ID:QoeqA2um0 [20/26]

                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧≠-‐‐,
                       , ':.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.i
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                _,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;.':.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:リ
                 ォi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:;i:.:.:.:.:.:.i:.:i
                   イ:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:./:.:.: /:.:l.i.:.:.:.:./V
                 V:.:.:.:.:.:.:i:/ i :.:.:.:/ i:.:./:./:.:!.:.:.イ   わかったよ、できる夫
                       V:.:.:.:.:.:.:ヽi:.:.: / i:./l/l/i.く´   お前がいなくなった後の事は
                    人/ヘ ̄´ i:./  .i;'    _〉   俺たちが何とかしよう
                   /::::::::::ヽ \  '  \     /   後、やる夫。一緒に帰ろう
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´ ` ー'
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
         i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
          i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
           |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \   誠とやる夫の家は違う方向にあるはずだお
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \




:::::::∧:::/ `ー        ____   /
:::::/ ∨            (  _ ノ /   いいから
/ヘ                  , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /

      ̄\ \



         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) ヽ   では、車には気をつけて
    |       、__',_,    |
    \            ,/

856 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 12:49:46.53 ID:QoeqA2um0
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   しばらくして、できる夫が姿を消したと連絡がきたお
 |    (●)  (●) |   案の定できる夫の家族は困惑し、やる夫と誠が適当な嘘を言って
 \  ∩(__人/777/   それを落ち着かせたお
 /  (丶_//// \



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   
 |    (●)  (●) |   ……………………
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   できる夫が話した事と同じくらい、誠が帰り際に話したことも
 |    (●)  (●) |   憶えてるお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

857 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 13:03:25.39 ID:QoeqA2um0 [22/26]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レイ飛ゝ   ヾ| 'j及ァVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V 辻 tj}      弋 ソ ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
       |::::∧:r-、 ゞ- '´        ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>   できる夫の話を聴いて
       ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/   考えた事が三つほどある
          V:::/ ヽ、         /'´
           ヾi   }>     , イ
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
          //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
         /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
        /:::::::::|::::::::| /::/::::|   /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::




    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   彼女が宇宙人などの存在はいないと
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ   思うようになっても心の奥底では
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-   少しは信じているかもしれないって
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、   できる夫は言ってたろ?
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉




                   _,,,...----..,_
                   ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
                  /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
               /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
              <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!   そんな彼女が死ぬ寸前に
              Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l   誰か私の代わりに宇宙人や
                `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′   超能力者などを見つけてほしい
                  !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/   と思ってもあまり変じゃないよな
               _r<   ヽ    - / '′
               /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/
             f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、
             /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
            i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l
            /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l
           i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l
         .  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!
           l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!;;!::::::::::ヽ::::l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!';;:::::::::::::ヽ:l
           !;;;!:::::::::::::::;;;;;;!;;::::::::::::;;;;;;;!
           !;;;;!::::::::::::::;;;/;;:::::::::::::::;;r7
           !;;;;!:::::::::::ヽ;;!;;;::::::::::::::::::l′
           !;;;;!:::::::::::::::`!;;;::::::::::::::::::!

858 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 13:04:32.00 ID:QoeqA2um0 [23/26]

              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>   できる夫はさ、よく彼女に
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´   媚び諂っていたよ。気に入られて
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   待遇をよくしてもらうためにな
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/   そのためにわざわざ図書館に行って
         \|\!\  ′          ∨   宇宙やオカルトについて調べてたりも
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、   していた。頭が良くなったおかげ
              `  、      , ′  /  \_   でサクサク理解が進むと喜ん
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-でいたよ
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::l::::::、:::::::\:::ヽ::::::、:::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::|::::::::::::/ヽ\::::::::|:::::::|\::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::|:::::::::/    |::::::/::::::/:::::|::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|::::::::|    .|:::/::::::,〈:::::/::/
:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::|::::::r' ヽ::: |    .|/::::::/ ヽ:::/
:::::::::::::::::::::::゙|:::::::::::::|::::::|  ヽ:|    /:::/    ` ー-   あいつがオカルトに興味を持つ
::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::::|    `\  //       /   とは思えないがその時既に能力に
::::::::::::l:::::::,r=::::::::::::|:::::/        /         l   操られていたんだろう
::::::::::::l::::::ヽ. \:::::|::/                ,′   まあできる夫は彼女と少し、
::::::::::::|::::::::::\__ ヽ:/|                  ,′   仲良くなれていたらしい
:::::::::::::::::::::::::::::`i ヽ:|、
   ::::::::::::::::::::|.  \                 l
   `''ー ...,,,__ヽ                    _ '
        /               r ー ´




                _.._ ``、,.、-::─::-..、
              /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
           /:::::::::::::::::::::::イ::::::::::: 丶::::::::::::::::::::::::',
             /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
          i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
          |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ
          |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>   だから、「誰かに見つけて欲しい」
          |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ   と願った時、知識があり、優秀で
              i/ V、_ヘ       !     ムリ′   仲も良かったできる夫が、その誰か
              ′    ヽ、  - -   , ′   に選ばれたのかもしれないな
                     |ヽ    イ/
                     ,.イ   ` ´  ハ   まあ、殆ど俺の空想だがな
                 ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
            ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、
        ,...::::´::::::::::/:::::::::l、 ∧;;;;;;;;;∧ /:l:::::::: ヘ:::::::::::`:::....、
      ,ィ:::::::::::::::::::::/::::::::::/!∨ ∨;;;/ ∨ l::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::`::..、
        i::l::::::::::::::::::::::ヽ::::::/:::!   .i;;;;;;!    ハ:::::::: / ::::::::::::::::::::::::/:i
        l::l:::::::::::::::::::::::::::У::::::l   i;;;;;;;i  .,'::::::\:/::::::::::::::::::::::::::/::::l

859 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 13:07:01.48 ID:QoeqA2um0 [24/26]

                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧≠-‐‐,
                       , ':.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.i
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                _,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;.':.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:リ
                 ォi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:;i:.:.:.:.:.:.i:.:i
                   イ:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:./:.:.: /:.:l.i.:.:.:.:./V   後、二つ目
                 V:.:.:.:.:.:.:i:/ i :.:.:.:/ i:.:./:./:.:!.:.:.イ   できる夫は何故やる夫に
                       V:.:.:.:.:.:.:ヽi:.:.: / i:./l/l/i.く´    能力が働かなくなったのか
                    人/ヘ ̄´ i:./  .i;'    _〉    が辻褄があわないと言って
                   /::::::::::ヽ \  '  \     /    いた。お前は彼女に操られてたと
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´ ` ー'    言っていた。
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ    俺はそうじゃないと思う
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::l::::::、:::::::\:::ヽ::::::、:::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::|::::::::::::/ヽ\::::::::|:::::::|\::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::|:::::::::/    |::::::/::::::/:::::|::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|::::::::|    .|:::/::::::,〈:::::/::/
:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::|::::::r' ヽ::: |    .|/::::::/ ヽ:::/
:::::::::::::::::::::::゙|:::::::::::::|::::::|  ヽ:|    /:::/    ` ー-   お前はあの、大きな力を背負う
::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::::::|    `\  //       /   彼女に少し同情していた
::::::::::::l:::::::,r=::::::::::::|:::::/        /         l   それは操られていたからじゃない
::::::::::::l::::::ヽ. \:::::|::/                ,′
::::::::::::|::::::::::\__ ヽ:/|                  ,′
:::::::::::::::::::::::::::::`i ヽ:|、
   ::::::::::::::::::::|.  \                 l
   `''ー ...,,,__ヽ                    _ '
        /               r ー ´




    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-   でも、学校を卒業して会わなくなれば
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、   気持ちも冷めてくるよな
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `   しかもお前、ずっと忘れてたんだろう
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{   その頃、彼女が自殺した
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/

860 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 13:08:34.71 ID:QoeqA2um0 [25/26]
           -─ 、  , -──- 、
           , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
       /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
       |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
      レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
        .|::::::|:::l::/|::レイ飛ゝ   ヾ| 'j及ァVハ::::::::::::::::ハ
         |::::::|:::K .V 辻 tj}      弋 ソ ' ハ::::::::::::ト;;ゝ   彼女が死ぬ寸前に
       |::::∧:r-、 ゞ- '´        ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>   「誰かが自分の事を思い
       |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>   出してくれるといいな」
       ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/   と願うのは変かな
          V:::/ ヽ、         /'´
           ヾi   }>     , イ   まあそう願っていたとして
                 | ` - ´_ -┴┐
               r‐'V/ ̄    /::\
               / /:::::入     ./::::::::::|""\
            /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" 



                _.._ ``、,.、-::─::-..、
              /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
           /:::::::::::::::::::::::イ::::::::::: 丶::::::::::::::::::::::::',
             /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
          i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
          |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ
          |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>   やる夫、理由は知らんがお前が
          |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ   指定され、能力がお前に、彼女の
              i/ V、_ヘ       !     ムリ′   事を思い出させた。それだけだ
              ′    ヽ、  - -   , ′   その後気持ちが冷めていたお前がどう
                     |ヽ    イ/   考え、どう思うのかには能力は能力は
                     ,.イ   ` ´  ハ   関与しなかった。
                 ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
            ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、   とりあえず…辻褄はあうよな
        ,...::::´::::::::::/:::::::::l、 ∧;;;;;;;;;∧ /:l:::::::: ヘ:::::::::::`:::....、
      ,ィ:::::::::::::::::::::/::::::::::/!∨ ∨;;;/ ∨ l::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::`::..、
        i::l::::::::::::::::::::::ヽ::::::/:::!   .i;;;;;;!    ハ:::::::: / ::::::::::::::::::::::::/:i



                   _,,,...----..,_
                   ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
                  /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
               /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
              <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
              Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l   後、三つ目
                `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′
                  !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/   一つ目の空想が本当だったら
               _r<   ヽ    - / '′   できる夫が死ぬ……とまでは
               /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/   いかなくても能力者探しが出来ない状態
             f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、   になったときは……
             /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
            i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l   sos団の一員で、彼女に関わってきた俺ら
            /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l   からまた選ばれるかもしれない……
           i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l
         .  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!   本当だったらの話な
           l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!;;!::::::::::ヽ::::l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!';;:::::::::::::ヽ:l
           !;;;!:::::::::::::::;;;;;;!;;::::::::::::;;;;;;;!
           !;;;;!::::::::::::::;;;/;;:::::::::::::::;;r7
           !;;;;!:::::::::::ヽ;;!;;;::::::::::::::::::l′
           !;;;;!:::::::::::::::`!;;;::::::::::::::::::!

861 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/09/16(日) 13:10:53.36 ID:QoeqA2um0 [26/26]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   誠が言っていた事が本当なら、できる夫の説の一部は
 |    (●)  (●) |   覆されるお
 \  ∩(__人/777/   機関は消滅したし、今となっては確かめるすべは何もないお
 /  (丶_//// \



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \   辻褄合わせしか、できることはないお……
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ





.    /::::::::::::::::/                  ',
.   /::::::::::::::::/                   ',
../::::::::::::::::/                   ',
':::::::::::::::/                    ',
::::::::::::/                           ',
::::::/                           ',
/                           ',
           , -――― 、              ',
.       / ⌒   ⌒ \            ',
.      /  (⌒)  (⌒)   ヽ               ',
      | ⊂⊃ 、__',_,   ⊂⊃|             ',
     \ ___   __ /            ',
――──(____.)─(___)─ - 、_          ',
厂::::::::[:::::::::::::]:::::::厂[::::]:::::::ミヽ/:::::::::::::~""''' ‐- ...,,_ ',
::::::::|: :l:::::::::::::ノ: : :}ェr―" 刈_j,」 :::::::::::::::::辷(二)、ヽ: : : :.`' ,``丶、
::::::人:_`ー::≠_::/:`ー一 ´ェュ气: 》 :::::::: `ー=彡'ュ:辷 : : : \   ヽ
::::::::::::::::: : :\: :\〈 '┴──┐Θ}::::::::::::::::州三ニ≡= : :\: : \  ` 、    終わり

862 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage] 投稿日:2012/09/16(日) 19:23:59.38 ID:YuxyjURyo

乙です。

昔のパー速でこういう話をたまに見たよな。




関連記事
ランダムジャンプ

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 06:00 |コメント(5)
カテゴリータグ:SF・ファンタジー系 SF・ファンタジー系(2012) やる夫短編作品 2012

|

<< 水のような酒 | HOME | ツキが回る限り >>

■御感想or寝言

27744 名前:  [] 投稿日:2012/09/17(月) 13:23:46 ID:-

読みにくい
改行のタイミングがおかしい


27760 名前:名無しさん [] 投稿日:2012/09/17(月) 21:29:50 ID:-

あの物語の決定権はキョンにあり
それを間違えるとあさっての方向へ


27766 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/09/18(火) 08:44:44 ID:-

作者さんはSS書く方が向いてる気がする


27767 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/09/18(火) 09:52:34 ID:-

確かにAAいらんなこれ


27774 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/09/18(火) 23:13:56 ID:-

これどっかで読んだような記憶がある


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV