やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/09/05(土) お花のやる夫

カテゴリータグ:オリジナル系 やる夫短編作品

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No38 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1251543377/
中編 短編投下所                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250507505/
やらない夫短編投下所7                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1251202182/
戦国時代超短編やる夫                  .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246612124/
やる夫系R18ストーリースレ その3           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1250776144/
ローゼン短編投下スレッド                .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248679984/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248978056/
お奨め度☆☆☆☆☆☆
出演 やる夫 できない子


553 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:07:47

          ____
        /     \.          _______________
       /  ─     \        ________________________________________________
        ' (●)       \
      (l、__)          |       ある日の、仕事の帰り道だった。
        ⌒´         /       ________________________________________________
       `l          \       _______________
        l           \




      -`  ____
       ´/     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \

554 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:11:27
     /`ーヘ              
  _r-、 |   )´              
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、          
 /  {  |   }  {`          
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、  
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ヽ
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  }     _______________
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ      ________________________________________________
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o          
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ        . 道端に、花が咲いていた。
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/      _______________
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   //`ヽ/, ハノ.       ________________________________________________
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ / /   ゝ_/ レ'   
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl               
 フ>'    / /  ! !               
o( {   __,ノ ノ   | |
。゚く( _ノハ /__,,.  | |
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |
    ヾ      | |

555 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:12:40

          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、             _______________
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ            ________________________________________________
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ         明らかに路上に咲くような種類の花ではない。
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|   何らかの拍子に、誰かの植えていた花から種が転がり落ちたのだろうか。
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|      開花までこぎつける生命の神秘を賛歌するとしても
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉      ……適さない環境であることに変わりはない。
  〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::|        本来の寿命を下回る形で朽ちることだろう。
   |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/         
   |i::::,-、:::::/::::::::::|:i::::::::::::::::|:::::::|/            _______________
   \|_/ヽ/::::::::::::i_:::::::::::::::::|〉.イ             ________________________________________________
.    ハ::::::::::::::::::/、::::::::::::::::i´|/
.     i::::::::::::::::! !:::::::::::::::|
      |::::::::::::::|.  i::::::::::::::|
.      i:::::::::::::i   i::::::::::::|
      |::::::::::::〉.  {::::::::::::|                   
      |::::::::::::|   |:::::::::::|
      |::::::::::::| .   |:::::::::::|
      |:::::::::::::|   |:::::::::::::}
      |____|    |___|                         r‐γ´)
     , -'´::::::::::}.    {:::::::::ヽ-、_                      しょくヽ
                                          (__人__)|  ,ィ
                                       ぶつ、 ___ || r'ナ}
                                      :::ヾヽ ||:ヽ=ミ||/フン::::::
                                      :::::::lギ||/ニミヽ::::::::::::
                                      ::::::::じ'"´`ヽミン:::::::::::
                                       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::

556 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:22:34
___________________________________________________________________________________________
___________________________________________________________________________________________
    ./ ―-..____, i 、                            l
   /   ,..、 `  "    、                      l.     _______________
   !   ,i 、 ^ !     ,,ノ  ヽ,,_                        l   . ________________________________________________
   .,!   .l弋フ、/ -    l  、 . 二'ー 、、                  |
   l.   ゙>'゙      " .''i.二,、 `゙'‐ `''-、                !    かと言って、やる夫は小学校の頃に
   _|, /            l,弋ア--ヽ/               / 自由研究の項目で渡されたアサガオ以外に植物を育てたことは無い。
. ‐'″ ゙‐{                `゙''―-‐"               /  持って帰るにしたとして、肥料等を買い揃えるほどの
      `'- -‐|      ″                    ,/   銭的余裕は、田舎から出てきて間もない彼には無かった。
                                              
___________________________________________________________________________________________   _______________
___________________________________________________________________________________________   ________________________________________________



          ____
        /     \         _______________
       /  ─     \  ))    ________________________________________________
        ' (ー)       \
      (l、__)    u      |      .やる夫は、静かにその場を去った。
        ⌒´         /      
       `l          \      _______________
        l           \.    ________________________________________________

557 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:27:14

          ____
        /     \
       ‐   ─     \ ))
       (  ( ●)     \        _______________
      (人__)         |        ________________________________________________
       `⌒´         /
       `l          \         翌日、やる夫は同じ帰路を辿る。
        l           \        .自然と目線は、下を向いていた。
                           _______________
                           ________________________________________________



    
     /`ーヘ              
  _r-、 |   )´              
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、          
 /  {  |   }  {`          
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、  
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ヽ
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  }     _______________
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ      ________________________________________________
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o          
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ    花は昨日と同じように、同じ場所に佇んでいた。
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/      何も言わず、助けを求める声も上げずに。
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   //`ヽ/, ハノ.      
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ / /   ゝ_/ レ'              ただただ、静かに。
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl              
 フ>'    / /  ! !               _______________
o( {   __,ノ ノ   | |               ________________________________________________
。゚く( _ノハ /__,,.  | |
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |
    ヾ      | |
    .

558 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:39:58

                 「 ̄`ヽ
                    〉   _〉
      、/ ̄二ニヽ、_  // ̄  _______________
.     /7:W´: : : レヘ/レ' /.     ________________________________________________
.      //: : : : : : :;: -'´ /
     ∧/L: :rヘ/  ,.イ       やる夫はさらに翌日、寂しい財布を叩いて
.   / __从| /  /: :|
   √   ̄`丶、/|/||            如雨露を購入した。
.   ヽ、        \ |
     `丶、_  _У      
                    
                     _______________
                     ________________________________________________
 
 
 
 
                     _______________
                     ________________________________________________
 
      / ̄ ̄ ̄\       職場で、田舎者だと自分がのけ者されているせいなのか。
   γ⌒)      (⌒ヽ   同じように孤独で、弱々しい道端の花に親近感を感じたのだろう。
   / _ノ ノ    \  \ `、    
  (  < (○)  (○)   |  )    _______________
  \ ヽ (__人__)   / /     ________________________________________________
 
 
 


           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \         _______________
        /              ヽ       ________________________________________________
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       ノ ヽ `::::´ /`ヽ     花に親近感を覚えるなんて、ストレスかな。
        l       ( ーノ::::::::::ヽー.;l  やる夫はそんなことを思いながら、道端の花へ水をやった。
       ` 、.       (__人_)  .;/ =3  _______________
         `ー,、_         /      ________________________________________________
         /  `''ー─‐─''"´\

559 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:45:42

     /`ーヘ               
  _r-、 |   )´               
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、           
 /  {  |   }  {`           
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、       _______________
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ヽ     ________________________________________________
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  } 
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ´     翌日、また翌日、そのまた翌日も
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o.       周りから疎外される日々の中で
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ     .やる夫は、毎日その花に水をやり続けた。
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/  
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   //`ヽ/, ハノ      ._______________
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ / /   ゝ_/ レ'        ________________________________________________
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl
 フ>'    / /  ! !
o( {   __,ノ ノ   | |
。゚く( _ノハ /__,,.  | |
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |
    ヾ      | |


視聴者カウント
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い高速メール配信メル友



560 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 03:56:30


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     ______________
    /   ///(__人__)///\.    _____________________________________________
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/   いつの間にかやる夫は、一日の楽しみが
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    花へ水をやり続けることになっていた。
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|   花に出会うまでは、働いては寝るの毎日で
    | ヽ〆        |´ |  他にすべきことが無かったせいでもあるだろう。

                     まさに共依存ともいえる、彼と花の関係。
                       やる夫が居なければ花は枯れ
                        花がなければやる夫は……
                      ______________
                      _____________________________________________







     /`ーヘ               
  _r-、 |   )´                
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、            
 /  {  |   }  {`             
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、      _____________________________________________
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ヽ   ______________
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  }  
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ´    花は、不思議と枯れなかった。
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o    
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ    一週間経とうと、二週間経とうと
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/.  本来の花の寿命をとうに越す時が流れようとも
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   //`ヽ/, ハノ       花は何故か枯れなかった。
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ / /   ゝ_/ レ'
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl          .やる夫は異常な花の寿命を特に不気味がることもなく
 フ>'    / /  ! !.          自身の愛が伝わった結果なのだろうと、逆に歓喜した。
o( {   __,ノ ノ   | |              _____________________________________________
。゚く( _ノハ /__,,.  | |              ______________
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |
    ヾ      | |

561 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:03:09

         ___
       / ⌒  ⌒\    ____________
      / (⌒)  (⌒)\   _____________________________________
    /   ///(__人__)///\
     |  ;#;;;  `Y⌒y'´    |  .やる夫は、水をやり続けた。
      \       ゙ー ′  ,/  ____________
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   _____________________________________
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


         ___
       / ⌒  ⌒\    ____________
      / (⌒)  (⌒)\   _____________________________________
    /   ///(__人__)///\
     |  #;;;   `Y⌒y'´ ;#; |    来る日も、来る日も。
      \       ゙ー ′  ,/  ____________
      /⌒ヽ;#;; ー‐    ィヽ   _____________________________________
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



         ___
       / ⌒  ⌒\    ____________
      / (○)  (○)\   _____________________________________
    /   ///(__人__)///\
     |  #;;;   `Y⌒y'´ ;#; |    来る日も、来る日も。
      \       ゙ー ′  ,/  ____________
      /⌒ヽ;#;; ー‐    ィヽ   _____________________________________
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



         ___
       / ⌒  ⌒\    ____________
      / (○)  (○)\   _____________________________________
    /     (__人__)   \
     |  #;;;/ `Y⌒y'´ ヽ;#; |    来る日も、来る日も……
      \       ゙ー ′  ,/ 
      /⌒ヽ;#;; ー‐    ィヽ 会社での身体的な虐め。そして時間。
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,| その全てが、やる夫を蝕んでいく。
    | ヽ〆        |´ | ____________
                     _____________________________________

562 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:05:59

     /`ーヘ               
  _r-、 |   )´               
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、           
 /  {  |   }  {`           
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、    _______________
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ヽ ________________________________________________
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  } 
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ´  対して花は、一向に劣化する様子も無く
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o   
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ  初めてやる夫が目を落としたその瞬間から
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/ 何も変わらない、色鮮やかな色彩を保っていた。
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   //`ヽ/, ハノ
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ / /   ゝ_/ レ'    _______________
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl            ________________________________________________
 フ>'    / /  ! !
o( {   __,ノ ノ   | |
。゚く( _ノハ /__,,.  | |
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |
    ヾ      | |

563 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:09:34



         ___
       / ⌒  ⌒\      ____________
      /;#;(○)  (○)\    ______________________________________
    /     (__人__)メ  \
     |  #;;;/ `Y⌒y'´ ヽ;#; |  幾年かの月日が経ったある日
      \       ゙ー ′  ,/ 
      /⌒ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;; ィヽ いつものようにやる夫は花の下へ訪れた。
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,| 
    | ヽ〆        |´ |  ____________
                    _______________________________________

564 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:12:22


           ___
       /      \
      /ノ  \ ;;#u. \ 
    / (○)  (○)  u \
     | ヽ (__人__) / ;#;;.   | 
     \ u.` ⌒´  ;;#;  u/
    ノ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   \
  /´               ヽ






         ____
        /     \
      /u  ;#;;  ノ  \
    /   u   u (○) u\
    |   ;;;#;;;   .ヽ(__人__)|
     \   ;;;;;;;;;;;;;;;;;  ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

565 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:15:15






                 ________________
                 _________________________________________________


                        あるはずの花は

                     どこかに、無くなっていた。

                 ________________
                 _________________________________________________

566 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:27:28






                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;    u  ;;#;;;    ヽ.
           l  U         u     l
           |      , 、;;#;;    ;;#; |⌒´⌒`ヽ、        ______________________________________________
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \      _______________
            ヽ ((○)  (○) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ ヽ(_人__)/__ ,ノ|     ,      |   やる夫は地べたを這い蹲り、そこらじゅうを探し回った。
             /   /` ⌒ ´    |.    |    ,   !
               /   /    | `-,,,.|"   |___,ノ   |    しかし、やはりあの「花」は無い。掘り返された後もなく
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
      (( , --‐-ー、_/     l     ,|    |   ,/ )    )     完全に消え去っていたのだ。
       く / / ァ- ,ノ     \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'   ______________________________________________
        `ー' ー´ ̄     (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄ ))      _______________




                -─‐──‐-、
             /   u         \
            / ;     ;#;;       ヽ.
           l  U       ;;#;   u   l               ______________________________________________
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、         _______________
           !、  _ノ" "ヽ、__  ;#;;         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:           やる夫は、絶望した。
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |    彼にとってその花は、もはや生き甲斐と化している。
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |    花がなければ、苦しい会社生活に耐えることは出来なかった。
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )   就職先を変えるという選択もあった。
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐' しかし、近くに同じ帰路を通るような職場は無かったのだ。
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄         
                                        一日でも欠いてしまうと、花が枯れてしまうかもしれない。
                                       そう思うとやる夫は、就職先を変えるに変えられなかった。

                                         ______________________________________________
                                         _______________

567 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:33:23

まさに共依存……



568 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:42:01


                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、      _____________________________________________
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \     ______________
            ヽ ((●)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |   ふとやる夫は、頭上から誰かの視線を感じた。
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |     _____________________________________________
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、 ______________
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄





           ____
         /:::     ノ  ))
       /::::::::::   ( ●)
      /::::::::::      u(人ヽ
     |:::::::::::::::       ⌒ |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   /::::::::::::            \
  /::::::::::::::          \ ヽ

569 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:45:16
          /  /             从        \ゝ
             /    i   |::::  ヽ         ゝ,        ヽ
             .′ '  ハ   ヾ:::  |\  ハ |   ヾ;.  |:::::      ヽ |
              | | │ /-\-  ヾ |ニ| /-i!│  |: i::::::ト.::::       ∨
              | | │ハ|:::::::ヾ 、 │ィ j/::::.ヾ|  / i::::/:::∨ヽ:::::: /
             |ハ Vィハ:::::::.  \|ノ::::::::::::::::::// ,/ V:::::::::::::::(::::::!|
                 l ゝ.\:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::イ // ) |:::::::::::::::::::\ |
                「 `   ヽ        /jイr '_ノ::::::::::::::: ハ::::ノゝ
                   ハ        _       rイ:::::::::::::::::::::/      ____________________________________________________
                  ゝ.   ´         イハi!:::::::::::::: //       ________________
                     ` .      . '′ | ヾ.::::::::::::ハi
                     >- r_ノヽノ\/|  ∨ゝ::|           彼の前には、一人の女の子が
            /|          )::::::::::::::::::::::::::::::{.     `             「花」を持ち、佇んでいた。
              ′ ! /イ     ノ:: - ― … ...-::` …‐- 、        .____________________________________________________
         ト ..__i   V  ! _ ..' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ       ________________
         ゝ  `ゝ.. _ゞ \::::::::::: /::ヽ.::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::, :: ,
          >ーγ ⌒ >:::ノ::::::::::ゝ::::::::::::::::::::::::|:::/:::/:::::::|
        / __ ,イ  ヒ:_::_ノilゝ/| _:::ノ ̄ `ヽ _::::::::::|//:::::::::::::|
        i/´γ' │ 「:::::::__〃/ノ        ヽ:: |.':::::::::::::::::│
            | /ゝ __フ´___`ヽ           V::::::::::::::::::::|
           V    /'´ __ ` \            | ::::::::::::::::: |
                 `r‐'___ `   ヽ- ...__       |::::::::::::::::::│
                ゝ- 、 ヽ    V:::::::::` - ._/__:::::::::::::::::!
             _.. イノ   \    |:::::::::::::::::::::::::::::::::¨ヽ::::: ′
            |:::::::::ヽ   / `r ー v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            |::::::::::::::\/   ゝ:::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ

570 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:51:50

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /         _________________________________________________
     /    (__人__)   \/   /   /  )    _______________
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /         その花は、見間違いようもなく
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)  やる夫が自分の娘のように愛でていた
    /        -、      }        (  ̄¨´         あの「花」だった。
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)    やる夫は彼女に掴み掛かろうとした
                               「お前がその花を引っこ抜いたのか」と。

                                _________________________________________________
                                _______________


                   _
           /''''~ヽ.   /  ヾ
           /,___, r`i、 {'ー-' /.|
     /~' - ._  ヽ,__,,/  'i >tー' |
     }   ,i  \.  |    'i  |   |
    /ー' /、  丶'ノ     ~    |
    `- '  >,             'i
  / ̄~''-ー'               |
  .{   i        __,, -::::::::::::::::::::::::::::'!、
  ヽJ_ノ`-,    /::::::::::::::::::::::::::::::   `'''' -ー,
      )     ::::::::::::::::::::          ,   .}
       !、              _,,.. -!、  .{
       /ヽ、   ー--― ..,,,....-=ニ',    >ー'
      /             /'


             /   / |ヽ|       /              `ー、
          /   /|: | |!  \   /                   l
         / , イ:| :::|:     _込_/ ./    /              l
      ∠ -イ::/|::|:.:.:l:.|    /,. -y' /   / /   / / /      l
      .:.:.:.:.:.l:::l:.|::|i!、:.:.ヘ  :/   ::| /   / .∠ィ彡イ 、ィ/       |
     .:.:.:.:.:.:/:/:.:|::|!:lヘ:.:.:ヘ:.:.|  ( l/l  /| /ー=::::::::::::::::::::|   /     !
    :: .:.:.:.:/:/:.: |::|l::|∧:.:.:.:圦 ゙ー' l |   | l/:::::::::::::::::::::::::::|   /   / !
    ' .:.:.:.:|:::{ : :|::|.l::|__,ゝイ   `ゝ ∧ | l!:::::::::::::::::::::::::::::|  / /./ /| /
      :.:.:.:.:ヾヽ/|::|.|::| /^l|      ∧ |.::::::::::::::::::::::::::::::::{. |ノィ / レ
゙、    :.:.:.|:.:.:∨ |:」.|::|,イ! l!       ヽ!          {ヽ|  レ'
 | l   :.:/|:.: /::/:.:/三三}=┐   、    `          弋`
 | |  ::/ .!:./::/レ'^寸三三三==┐ ヽ        _    , -‐'´
./ ,/! ::/  レ':/,イ三ヽ`ヾミ三三三==┐>、      `/
/ | !   /::/三三三=ヽ、`ー 、三三==ァ ヽ    /
   ∨ ./:::/三三三三三ニヽ、 `ヾミシ"     `¨
    /::::/三三三三三三三ニヽ、ノ
   └―/三三三三三三三三三ニ}

571 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 04:56:57


                   , - 、 __,- 、
              , ー 、 /、 丁  ,.ノ_
            , ー、f   `l l  |_,ィ'´  ノ
           |ヽ `〈l   ド、 l  _/_
       , -、  / ` 、 ゝ   ! `´rゥ- '´ j  _______________________________________
     __/ `ュ >_/u    1_,/`‐'  ''"   _.../  ____________
        |       u     r' ´
          l   u   _, -‐ '´厶_      掴み掛かろうとしたやる夫の手を
         ト-‐ゥ-‐' \   ィ´  `t┼     少女は優しく包み込んだ。
         `ゝ_| !   」   ヽ   / 1   _______________________________________
         ___」   |∧    / 勺   .____________
        "      !ヽヘ  _/ ゙;`




::::/::...                 ∧   ト         /         ヽ
::/ :::.. ,                 / ゝ  | \.     /                ',
::::::::: /            イ  /    \!   ゝ- 、/                ',
::::::: ′ /!   /    /  / |  ∧      /,. - /                 i
:::::: | /:::.   /   / |  /: │i/  |!    ' / レ′    /   /  /     |
:::::: レ′:::  ,′  .′| ハ |/   |!   │ ト / /     /  ,../  ,イ       |
::::::::::::::.::  /    |  |/   j/     |!    |   | イ   / //、./ / ,.′      |
::::::::l::::::: ∧    |  |          _,.`| ゝ !/ !   / /   // ∨      │
:::::::イ:::: / ハ.  ::|  | _,.,...  -‐… '"    ゝ  l | / /::::::::::::::::::::Y′ ,′ /   !
/ :|:: /: / ∧ ::|  |!               /     |,/!/:::::::::::::::::::::::::!  /,イ  ,  ,′
 ,∧ ノ:V   /:\|  |                    ′:::::::::::::::::::::::::,イ / /  / /
  イ ::: ,′′/:ハ |__                             i'ー| ' / /' , '
 _.ノ :: / |  |:::/   |::::ヽ.                           | |/ ,///   __________________________________________
'´::::::::::,′ |  レ′ ノ :::: |                        l      ´    _____________
:::::::::::/   :ト、 _ ..イ ::::::: `ー…'l, ヘ           、   ー─'
:::::::: ′  ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/._  \       ヽ ー′          震え、汗ばんだやる夫の手を愛しそうに眺める。
:::::::,′  ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: フ \     / ´
::: /   /:::::::::::::::::` :::::::::::::::::::::::∠      ` --- '                しばらく経った後、彼女は小さく呟いた。
::/   /::::::::::::::::::::::::::\::::::::「 ⌒`…`
:′  ,′::::::::::::::::::::::::::::::\: |                             __________________________________________
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                            . _____________



.

572 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:03:37



        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,/.:.:.:.:./.:.:.:. .  ヽ.
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:   ,
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//  l:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. '.
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_``ヽl:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{`   l:.:.:.,|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:l
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ   l:.:/」:.:.:.:.:.:.:.ハ:|
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′   l仆」:.!:.:.i.:./  `
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ          {{::/:!:!:/|/
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                 〉 ∧{リ′
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__    ´, '    ありがとう。
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        /
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´       でも、もういい。
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´
       /       `ヽヘ { `ヾ‐、-  .. _
       ,′         Vハ    Vヘ   `ヽ.
     {            V}、     Vハ     ',




        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:, /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./ }:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/_:.∠_//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:.:.:.:.!:.:./  ∠:∠_` ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .:.:.:.:.l:.:.l`}冖ァ≦、{` ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、.:.:.:|:.:.l \{ {::: ハ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   \:.:ト、{   ``^′  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー  ヾ         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7                ::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、            、__   ::::::::::::::::::::::         私は、十分生きた。
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、     、        ::::::::::::::::::::::
        /    丶、::`::ー‐ァ'"^ヽ、   . ´ :::::::::::::::::
.        /二二二≧ `、─‐A._    `¨´   :::::::::::::::::
       /       `ヽヘ { `ヾ‐、-  .. _  ::::::::
       ,′         Vハ    Vヘ   `ヽ::::
     {            V}、     Vハ     :







        .:.:.}:.:∧|:.:、:.:.:\/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       .:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:\_/.:..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     .:.:.:.:/|:/.:.:.:.、:.:.:/ }.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    .:.:.:∧:{:.{.ヘ:.:.:.:.:∨ /|:.:.:∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .:.:.:.:|/.:.:.`:.:ヽ:`ヽ、{ {  ', .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.ヽ    、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ヽ:.:.:.:{.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ト、   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 }.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:i:./'⌒7{^ ` ー;::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.ノイ.:.:.ハ.:.:.:.:.:.l/  {7      ::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \{  }∧:.:.{   /:ヽ、   :::::::::::::::::::::::
    ノ′ ヽ|  ヘ::::::丶、 ;::::::::::::::::::::::               私はあなたの番。
        /    丶、::`:::::::::::::::::::
.        /二二二≧ `、─::::::::::::::::::
       /       `ヽヘ:::::::::
       ,′         V:::::
     {            V;:

574 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:08:16








                                __________________________________________________________
                                __________________

                                そう言うと彼女は、どこかへ消えてしまった。

                                    「花」のように、跡形も無くなって。
                                __________________________________________________________
                                __________________










.

576 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:17:22


                     /    |   .|    |
                 |     |   .|    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l
           l   l    |    |  |    |
            |   l   | ー-  |   l   - l
             |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
           |    l    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l   ________________________________________________________________
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |   ____________________
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,          . / ノ/      l 残ったやる夫の手の中には、小さな種のような物があった
        ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l   
         \    /          б           |   ________________________________________________________________
          ヽ、       /  /   l              |  . ____________________
           ヽ、  /   /     |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /


.

575 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:16:25

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \      _________________________________________________________
      /::::::::::         \    __________________
     |:::::::::::::::         | やる夫はその種を握りしめ、上京して来た頃の夢を思い出した。
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/  .店舗を構えて、裕福な暮らしをすること。それが彼の夢だった。
   ./::::::::::::            \  .
  /::::::::::::::          \ ヽ いつの間にかやる夫は夢を放棄して、夢の中へ浸っていた。

                           道端の花を育てて、何になるんだ?
                      我が子を育てているような幻覚に陥っていたのか?
                   ……居心地の良い夢に、自分は浸り切っていただけだった。
                              激しい虚無感が彼を襲った。
                                それと同時に……
                      _________________________________________________________
                      __________________




           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \      _________________________________________________________
      /::::::::::         \    __________________
     |:::::::::::::::         | 
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/。          涙が、止まらなかった。
  .;/::::::::::::            \;゜
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;  _________________________________________________________
                       __________________

 
.

577 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:22:22




                 _______________________________________________________________________
                 ______________________

                        翌日、やる夫は会社を辞め

                     数年間溜め込んだ貯金で、店を建てた。
                 _______________________________________________________________________
                 ______________________






.

578 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:22:46






ー。ー-------------―-----r'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'t==,,━e━---
;;;;;´Θ`;;;;;;;;;;;;;;;;( お花のやる夫 );;;;;;’。’;
     r――――_,:.:|エエエ| ==ヽ~~~~~イエエエエエエエエ|:|
     |       ,o,*o|{{{{}}}]            |:(#6∀6)エエ|:|
イ;、   :|! ,p@゜旦゜,;:|' ь`|            .|:エエエエエエエカ|:|
i!uゞ,  ,vv,  i!! 目::;:;|エエエ|             |:エエエエエエエエ|:|
^・J・^ "# ,.,ロ\∀\'!|エエエ|  。。 .∧_∧、._., |:エエ ´~`エエ|:|
n,_l! ル, ※(○ε○),,,|エエエ|0;;:oi;.( * ´ 3`) ,::;;,|:エエエエエエエエ|:|(´金`*)
゚歯゚ノシ中シ;;;,vヽ|〃,,;,l;,:|エエエロロロ/  つ鉢O %:^キ`モ´ト,、・ェ・7^''ж;][く,
=j'イo::;,:i!:否、[ ̄ ̄]:;,p,|<´θ`>i!::.(  ヽノ .r---t:シ@ω@l:\。:;~,.,ハ:;l´ ̄`l
 ̄粗 ̄芯亜:L,,,,,,,」 :vvエエエ.]ニ['-']レ\__)...i____lr、_シ,∞´w`∞; i,____,i          ~FIN~


.

579 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:23:57

以上です。お時間をお取りしてしまい申し訳ありませんでしたorz



580 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:25:59

乙でしたー、見てたよw
元ネタとかあるのかな?



581 名前: ◆O5jaIQH5bk[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:28:29

いえ、ありきたりな感じですがオリジナルです。
やる夫が交通事故に遭い血飛沫が花にかかって
最後の水かけは自分の血でしたとさみたいなオチも考えてたんですが、無難な感じにしました。
深夜の即興は頭にきますね
それでは、失礼します



582 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:28:50

乙です
花からやる夫へリレーできましたな



583 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:29:39

お疲れ様でしたーノシ
そして静かにこの板も終了かな?



584 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/01(火) 05:32:00

乙!
オーソドックスだけどそんなの気にならないほど良かったよ。
短編スレの〆にちょうどいい、優しさがあった。


関連記事
ランダムジャンプ

| 00:00 |コメント(9)
カテゴリータグ:オリジナル系 やる夫短編作品

|

<< やる夫は円卓の騎士になるようです | HOME | 寄席やる夫亭 小噺集 その5 >>

■御感想or寝言

6506 名前:VIPPERな名無しさん [] 投稿日:2009/09/05(土) 00:26:50 ID:-

いいオチだ・・・
「やる夫が交通事故に~」なオチにしなくて正解だよこれは


6508 名前:名無し [] 投稿日:2009/09/05(土) 02:06:07 ID:-

何とも心温まる〆じゃねえか
十分良いじゃないかこれで
血飛沫エンドとか意味不明すぎるってw


6510 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/05(土) 03:47:59 ID:-

私はあなたの番、で正しいのかな


6513 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/05(土) 07:18:08 ID:-

泣いた


6521 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/05(土) 14:12:11 ID:-

優しいなぁ


6524 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/05(土) 14:54:28 ID:-

交通事故エンドはないだろうwww
でもこれからやる夫が幸せになれそうでよかった


6579 名前:VIPPERな名無しさん [] 投稿日:2009/09/06(日) 17:18:53 ID:-

これ即興!?
すげえ・・・


6582 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/06(日) 19:00:15 ID:-

やる夫の命が吸い取られてるのかとおもった


7633 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/10/03(土) 16:25:13 ID:-

かわええ


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV