やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/09/09(水) この前ひどい恩返しの話書いちゃったけど今回はちゃんとした恩返しの話だよ、というお話。

カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No39 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252077622/
中編 短編投下所                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250507505/
やらない夫短編投下所7                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1251202182/
戦国時代超短編やる夫                  .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246612124/
やる夫系R18ストーリースレ その3           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1250776144/
ローゼン短編投下スレッド                .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248679984/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1250323908/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248978056/
出演 やる夫


585 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:21:04.50 ID:h1weuCQo


では毎度短めバカ話。
13レス予定でやらせていただきます。

今回は、この前ひどい恩返しの話書いちゃったけど今回はちゃんとした恩返しの話だよ、というお話。


587 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:22:11.27 ID:h1weuCQo
 1/13

:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::  。 :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... ....
:::::::: :::::  ::::::::::::: ::::::: : :  ::::§ ::::   :::::::::::::::::::: ::::::::。:::::::::::::::::
::::: ::: ::::: ::::。::: ::::   :::::::::::::§ ::::::。:::::::::   :::::::::::::::::::::::: :::::::::::
::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: :::::: :-‐'" ゙''‐-::::::: :::: :::::: :::::: ::::::: ::::::: :::::: ::::
:::::: :::: :::::: :::::: ::::::: :::``侖侖''":::::: :::。:::::::::  。:::::::::  ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐'"韭 ゙''‐-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.

┌─────────────────────────┐
│                                      │
│ さて、これはまだ天子様が京の都におわした頃のお話。.  │
│                                      │
│ 夜も更けた最中、ひとりの侍が道を歩いていた。.       │
│                                      │
│      ┌─────────────────────┴────────┐
└───┤                                                │
        │  肩を落として歩くその姿。 なにやら悩み事を抱えている様子である。 . │
        │                                                │
        └──────────────────────────────┘

:.... .... .. .:::::::::::::    :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: .
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . .
  ... ........../::::::::::::      \   .. .... .. ..... .... .......... .. . ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... .....
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ......
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . .....
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ....
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ...
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... .............
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. ..

588 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:23:03.02 ID:h1weuCQo
 2/13
                    困ったお。
      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ     まさかお家騒動に巻き込まれるなんて思ってもみなかったお。
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )    やる夫は先祖代々の知行で安寧と暮らして、
  \ ヽ (__人__)   / /
                    藩政になんて関わらずに引きこもって暮らしたいんだお。


            ____
          /      \     やる夫は家を継いだばかりで藩政や派閥の力関係なんて良くわからないお。
        /  _ノ  ヽ、_  \
       /  /⌒)   ⌒゚o  \  だれか助けてくれお。
       |  / /(__人__)      |
       \/ /   ` ⌒´     /  もうどうして良いかわからないお。


┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│ 立ち止まって、誰にもこぼせぬ愚痴をひとしきりこぼした侍。            │
│                                                │
│ が、そんな事をやっていても空しいだけ。 家路を急ぐため再び歩き出した。   │
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

          ____       ……なんて泣き言いってもしょうがないお。
        /      \
       /   ノ    ヽ.\    でもこれからどうすれば良いんだお……。
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |                                    \
      \      ` ⌒´   ,/                              フシュー フシュー >
      /         ::::i \                                       /
     /  /       ::::|_/   ん? なんだお?
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

589 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:24:02.47 ID:h1weuCQo
 3/13
                             ,ノ":\
                             /  :;i'  \
                           /   ..::,'__ ::. ヽ、
                          ,ノ  ::;ノ:::::\::.  ∧   フシュー フシュー
                            /  ,/:O:::::::0:\.  ,〉
                          \ \::::::::::::::::::/::r<      フシュー フシュー
                         /:.ヽ. `ヽ、:::/ :'´:: :\
                        /   : : : :..`´..: : :.     \
                      /   /     ゛|       |  ./ ハ
                      /   | /      |     .. | .;/  |
                       |   |'        |     ::..Y:    |
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      |     |       |       |   |
                       |____|               |___|
                      {           .∧、         |
                      |          /;∧:|         |
                      |_____/´  `|_____,|
                           〉  ,}     {´ 〈
                                  / "/       ヽ、゛ \

┌───────────────────────────────┐
│                                                  │
│ 夜道に「何か」がいた。全身を縄で縛られて拘束された「それ」は、     │
│                                                  │
│ 星明りのみに照らされた暗い夜道に 静かに佇(たたず)んでいる。 .     │
│                                                  │
│                          ┌──────────────┴─────┐
└────────────────┤                                  │
           ____          │ もとより斬った張ったは得意な方ではない。  │
          /ノ   ヽ、_\          │                                  │
        /(  )}liil{(  ) \.      │ 特に肝が据わっているわけでもない。      │
       /    (__人__)   \.     │                                  │
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    │ 侍は小便を漏らしそうなほど驚いた。.      │
       \    |ェェェェ|     /      │                                  │
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ.      └────────────────────┘
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l じょわ~~~
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、::::::::::::::: ̄/     l
        ヽl´   |::::::::::::/ ̄ `l_-‐ ´
       /´::`-‐´:::::::: ̄ヽ --‐'::::::)
       ヾ_::::::__:::::::::_::-‐´'
           ̄      ̄


視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラメル友出会い系出会い不倫



590 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:25:02.42 ID:h1weuCQo
 4/13
                             ,ノ":\
                             /  :;i'  \
                           /   ..::,'__ ::. ヽ、    ああ、すまないな。
                          ,ノ  ::;ノ:::::\::.  ∧
                            /  ,/:O:::::::0:\.  ,〉   驚かしてしまったか?
                          \ \::::::::::::::::::/::r<
                         /:.ヽ. `ヽ、:::/ :'´:: :\
                        /   : : : :..`´..: : :.     \
                      /   /     ゛|       |  ./ ハ
                      /   | /      |     .. | .;/  |
                       |   |'        |     ::..Y:    |
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      {三三三三三三三三三三三三三}
                      |     |       |       |   |
                       |____|               |___|
                      {           .∧、         |
                      |          /;∧:|         |
                      |_____/´  `|_____,|
                           〉  ,}     {´ 〈
                            / "/       ヽ、゛ \

┌─────────────────────────────────────┐
│                                                        │
│ 見た目とは裏腹に穏やかに話しかけてくる「それ」は、声からするとどうやら女らしい。.  │
│                                                        │
└─────────────────────────────────────┘

           ____       な、なんだお、これは!
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\    この話はお家騒動に巻き込まれたやる夫の政治劇じゃなかったのかお!?
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  何時の間に怪談話になったんだお!
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ    いや、そんな事よりおまえは何者だお!?
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'


591 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:26:02.51 ID:h1weuCQo
 5/13
             ,ノ":\            見た目でわかるかもしれないが、私はこの世のものではない。
             /  :;i'  \
           /   ..::,'__ ::. ヽ、      罪を犯して、罰として手足をしばられたまま土の中に埋められた者だ。
          ,ノ  ::;ノ:::::\::.  ∧
            /  ,/:O:::::::0:\.  ,〉    罰を受けた事にもう恨みはないし、もとより極楽に行けるとも思ってない。
          \ \::::::::::::::::::/::r<
         /:.ヽ. `ヽ、:::/ :'´:: :\    だがこんな姿では地獄にさえ行けないのだ。
        /   : : : :..`´..: : :.     \
      /   /     ゛|       |  ./ ハ
      /   | /      |     .. | .;/  |
       |   |'        |     ::..Y:    |
      {三三三三三三三三三三三三三}
      {三三三三三三三三三三三三三}
      {三三三三三三三三三三三三三}
      {三三三三三三三三三三三三三}
      |     |       |       |   |

┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│ そこで頼みがある。この縄を解き 自分を自由にしてはくれまいか。 .   │
│                                                │
│ 「それ」は女の声で侍にそう頼んだ。                      │
│                                                │
└──────────────────────────────┘
                                                          ,ノ":\
                                                    /  :;i'  \
    私が毎晩ここに現れて、いくらお願いしても、みな肝を潰して逃げてしまう。   /   ..::,'__ ::. ヽ、
                                                       ,ノ  ::;ノ:::::\::.  ∧
    それで今だに、この姿のままで苦しんでいるのだ。                    /  ,/:O:::::::0:\.  ,〉
                                                       \ \::::::::::::::::::/::r<
    どうか、この縄をほどいてほしい。                            /:.ヽ. `ヽ、:::/ :'´:: :\
                                                     /   : : : :..`´..: : :.     \
    ___
  /ー  ー \     /'⌒ヽ
 (● ) (● ) \ ./   ヘ  ヽ      冗談じゃねーお。
/ (__人__)       \   /  ヽ  ヽ_
|   `⌒ ´         |  |    \___〉  縄を解いたとたんに襲われたらたまんねーお。
ヽ   /⌒i     /.  │
 \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \   |           達者で暮らせお。
 /   //ー\|    \  .|   __
i   ^ /.   (,        ,|  | ,r'゛                                             \
ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |                      あ、待って! 頼む、待ってくれ! >
           \.   |\  ゙i |                                              /
            \  ヽ \._、,/
              \ ゙ヽ
                ヽ ^ゝ
                 \_|

592 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:27:02.72 ID:h1weuCQo
 6/13
         ____
       /      \
      / ─   ─   \   …………。
     /( ●)  ( ●)    \
     |  (__人__)       |
      \ ` ⌒´       /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |   ┌────────────────────────────────┐
         l    Y´     /    │                                                    │
         ヽ,   (     ,/     │ 侍は脱兎の如く逃げ出した。.まあ、考えてみれば当たり前の反応である。. │
          ヾ  |   |     │                                                    │
         ≒;|   |.      │ 全身を縄で縛られた妖怪が いきなり現れて「縄を解け」と言った所で、     │
         (.("_`゙_).     │                                                    │
                        │ はいそうですか、と解けるものでもない。                       │
                        │                                                    │
                        │      ┌────────────────────────────┴─┐
                        └───┤                                                │
                          │ しかし、しばらく走ったところで、侍はふと立ち止まった。             │
                          │                                                │
                          └──────────────────────────────┘
             ____
            /    \
            /          \       …………考えてみれば。
          /    ―   ー  \
       |    (●)  (●)  |      やる夫も、ついさっきまで「誰か助けて」と心の中で願っていたお。
          \    (__人__)  /
           ノ    ` ⌒´   \       ここであいつに会ったのも何かの縁なのかもしれないお。
      /´             ヽ

┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│ 侍はあの女の妖怪を何とかしてやりたい、と思い始めていた。       │
│                                                │
│ こういうものを「仏心」というのであろうか。                       │
│                                                │
│ そしてしばらくすると、侍はきびすを返しもと来た道を戻っていった。.  │
│                                                │
└──────────────────────────────┘

593 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:28:02.73 ID:h1weuCQo
 7/13
           ……条件があるお。
                                                          ,ノ":\
           でも多くは望まないお。                                /  :;i'  \
                       ____                             /   ..::,'__ ::. ヽ、
                / ―  -\                             ,ノ  ::;ノ:::::\::.  ∧
                    /  (●)  (●)                          /  ,/:O:::::::0:\.  ,〉
             /     (__人__) \                         \ \::::::::::::::::::/::r<
             |       ` ⌒´   |                       /:.ヽ. `ヽ、:::/ :'´:: :\
                \           /                       /   : : : :..`´..: : :.     \
                 ノ         \
            /´            ヽ              私にできる事ならなんでも聴こう。



   やる夫はこれから人生を賭けた勝負に出るつもりだお。

   でもそれはどう転ぶか分からない危険な賭けだお。

   ……もしやる夫が縄目を打たれるような事があれば、
                                                          ,ノ":\
   その時はやる夫の縄を解いて欲しいお。                              /  :;i'  \
                       ____                              /   ..::,'__ ::. ヽ、
                /    \                            ,ノ  ::;ノ:::::\::.  ∧
                    /          \                          /  ,/:O:::::::0:\.  ,〉
             /    ―   ー  \                         \ \::::::::::::::::::/::r<
             |    (●)  (●)  |                       /:.ヽ. `ヽ、:::/ :'´:: :\
                \    (__人__)  /                       /   : : : :..`´..: : :.     \
                 ノ    ` ⌒´   \
            /´            ヽ              …………等価交換だな。承知した。

                                         君が縄目を打たれたら私が必ず縄を解こう。
┌──────────────────────┐
│                                │
│ そして取引は成立し、侍は女の縄を解いた。.     │
│                                │
└──────────────────────┘

594 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:29:02.57 ID:h1weuCQo
 8/13

    ∠;:'::::::|::i:::::::::::::::;/:::::/|:::::::::::/' |:::|ヽ:::::::ハ      ぷっはー。あー助かった。
   /:::__::::|::|::::::::::j/'/::;/ |::::::::/ー/:/‐-|::::::i:|
   '´ ̄/::::::|::|::::::::://;/- /::;/ /.'-‐ l::::::|::|      これでやっと地獄に行ける。
    ∠:;':::::|:;|/|:::/ _'__,,ノ '"´  ヽ、.__, |::::::|::|
 ((   |::::::〈 {|/        〉     ノ:::;ハ::|   ))
     |:::::::∧_,ハ        _     '"/'´〉 `
     j:;/|::::::::∧     / .ハ    /_,ノ
     '" ノ:;/|::::::ヽ、  `ー‐´   /::::|      ,ヘv'´ヽ
       '"´  |:::::::∧.ヽ、   ,.ィ:´:::∧:|     く     i
             |:/ ,∧  ` ´ 八::::/  `      i   /
     ,.-‐─‐-.、__,/ {.ヽ.   ,' /`\__,.-‐─‐-、 └‐'′      |: : :::|: : : :.:|:i:: : :/' |:i: : : : /::/|::|  |:.:|:: :i::. : :|
                                         |: : :::|:: : : ::|::|: :/=ニ|:|V: ::/::/ィl::|ニ=|:.:|:: :|::: : :|
                                      |: : .:::|:::i: : :|/|:/ __.、|:| |: ::::/ /:/,__ j/|:::::|::: : :|
                                      |: i:.:::|::.|l: : :|,ァ==z、|' |:;/ /,ィ==z、,ノ:;ハ::::: :|
                                      |/|:::::|:/ Vヘ|      ´ .       '"´ハ  }:::::::|
           ありがとう。約束は決して忘れないぞ。     .|:;/〈  ハ        .::         ハ /:ト、::|
                                       '" |::ヽ.__ハ       ´      /_,/:::| j:/
           君が縄を打たれたら必ず私が解く。         |;/i::::::::::\   ^ ー─‐'^   ,.イ::::ト、:::リ ´
                                           |:::;イ::::::::`ヽ、     ,/:::|:::::| ∨
                                          |/ |::;/∨::::|`ヽ、 __,,/l:::|::::!:::/
                                            '"   \:|        |:/ヽ:/
                                              ,/'{j  ヽ ,'  :!〉\
                                       ,.-──‐‐,ィ´| λ::....__ ,__...::/  |`、-──-、
                                     /        |  ∧     /    |        \
                                      /          |  ∧-─‐-/    .|        ハ
                                   /"  、:: ::i,   /    ∧  /    ∧    i:: /:  ゛\

┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│ 薄暗い星明りの元、 満足そうに笑う女の姿は徐々に消えていった。 │
│                                              │
│ 侍もまた、己の心の中の霧が晴れたかの如く、満足そうに笑う。.   │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

       ____       さて、どうしたら良いのか、やっぱりわからないけど、
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     なんだかふっきれたお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |   明日からは大勝負だお!
  \      `ー'´     /

595 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:30:02.61 ID:h1weuCQo
 9/13
┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│ そして亡者と交わした約束の夜から、およそ十年余り。              │
│                                                │
│ そこには保守を旨とする家老派と藩政改革を掲げる新参家臣の派閥間を .   │
│                                                │
│ うまく渡り歩き、藩政を影から牛耳るまでになった、あの侍の姿があった。    │
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ    贈賄と暗殺は政治の華!
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ    表に出ない奴こそ本当の実力者だお。
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!    そしてこの際だから一気に私腹を肥やすお。
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     I  a m  F i x e r .      │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

┌───────────┐
│                │
│ ……だが、しかし。.     │
│                │
└───────────┘

596 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:31:02.47 ID:h1weuCQo
10/13

      _____
    / ノ   ヽ、_\      なんというジェットコースター人生だお!
   /( ○)}liil{(○ )\
 /    (__人__)    \   それに、あのお家騒動は別にやる夫が首謀者じゃないお!
 |   ヽ |!!il|!|!l| /    |
 \    |ェェェェ|    /   っていうかさっさと縄を解きに来いお!
  {三三三三三三三三}
  {三三三三三三三三}
  {三三三三三三三三}
  l⌒ヾ三三三三三三,″
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)

┌─────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│ 驕(おご)れる平家は久しからず。                                        │
│                                                                │
│ 十年前のお家騒動が幕府に目を付けられ、 侍は首謀者として捕縛されてしまう。           │
│                                                                │
│ 藩政をほしいままにした彼に、藩主をはじめ古参新参問わず家臣達にも味方は少なかった。   │
│                                                                │
└─────────────────────────────────────────┘

           ,___
         /     \   やる夫殿、これもすべてわが藩のためです。お覚悟!
        /  \   / \
      /    (●)  (●) ヽ        ,
      |        '     |      //
      \        ⌒   ,/     //
      (⌒ヽ         ィ    //
      l\  \    ,   |   //        _____
      |  \,,  \   |  .| .//          / ノ   ヽ、_\     ちくしょおおお! あの女!
      |    \  \_ ヘ//        /( ○)}liil{(○ )\
      |     \_r' ソイゝ         /    (__人__)    \  結局約束を破りやがったお!
      |        r_ゝィ'〆          |   ヽ |!!il|!|!l| /    |
                          \    |ェェェェ|    /
                           {三三三三三三三三}
                           {三三三三三三三三}
                           {三三三三三三三三}
                           ゞ三三三三三三三〃
                            \   r    /
                              ヽ  i  /
                               〈___人___〉

597 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:32:02.65 ID:h1weuCQo
11/13
┌────────────────────────────┐
│                                            │
│ そして公儀の目をそらす為、即日斬首との沙汰があった。      │
│                                            │
│ 周囲には理解できぬ事を叫びながら彼の首は刎ねられたという。 │
│                                            │
│      ┌────────────────────────┴─┐
└───┤                                        │
        │ 藩政を影から牛耳った彼の事。この場を逃げ出せば、 .     │
        │                                        │
        │ なんとかなる算段があったのかもしれないが、.           │
        │                                        │
        │ 首を刎ねられた後となっては誰にも真相は分からない。     │
        │                                        │
        └──────────────────────────┘
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

598 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:33:02.65 ID:h1weuCQo
12/13
┌────────────────────────────────────┐
│                                                      │
│ さて、記録によれば斬首の後、不思議な事が起こったという。                    │
│                                                      │
│ 女の幽霊が現れ、 罪人の縄を解いた後、満足そうに微笑んで消えうせたらしい。 .   │
│                                                      │
└────────────────────────────────────┘

                           . -‐…‐-. .
                          >:'": : : : : : : : : : :`ヽ
                     ー=彡. : : : : : : : : : : : : : : :ハ
                        // . : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
                      ///: !: : :从: : : : : i: : : : : : : :.}
           _         ∠..ィ'/ 从: :/≦\: : ハ: : :i : : : ノ   よし、間に合った!
       / ヽ }_          厶イヒV´ じ'ヽ X: : : : ハ: : :ト、
         i _ヽソー'〉           .iく  `=''厶ィノjノ ノ: :N \
         | ーく ノ         _∧、_      , }: :N厂 ̄ \
         |  ノ〈_          .「 ヽ ∨__)     イ ノ⌒/     ヽ
       ヽ  / \      ./ー-  ゝニ .<\,/ //     ハ
            V     \   /    ,xく`ヽ/`{トニ二.ィ∨ _      i
         ヽ     `ヽ      {///ハ  〃    V´ ̄     i
            .ヽ     ノ    /`ヘ/// }\ 》    「 ̄    / ヽ
             \       /}   \/ ∧}`ヽ    /     /__}

       / ̄\
        | 幽霊 |
       \_/
       __|__
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    全然間に合ってないお! お前はアホかお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    なんで生きてる内に縄を解かないんだお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

599 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:34:03.04 ID:h1weuCQo
13/13
┌───────────────┐
│                        │
│  激怒する男に、 女はこう言った。 │
│                        │
└───────────────┘

           |: : :::|: : : :.:|:i:: : :/' |:i: : : : /::/|::|  |:.:|:: :i::. : :|
            |: : :::|:: : : ::|::|: :/=ニ|:|V: ::/::/ィl::|ニ=|:.:|:: :|::: : :|      だって、君が解いたのは、
         |: : .:::|:::i: : :|/|:/ __.、|:| |: ::::/ /:/,__ j/|:::::|::: : :|
         |: i:.:::|::.|l: : :|,ァ==z、|' |:;/ /,ィ==z、,ノ:;ハ::::: :|        ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
         |/|:::::|:/ Vヘ|      ´ .       '"´ハ  }:::::::|      死体になった後の私の縄だろう?
            |:;/〈  ハ        .::         ハ /:ト、::|
          '" |::ヽ.__ハ       ´      /_,/:::| j:/       これで条件は五分五分じゃないか。
            |;/i::::::::::\   ^ ー─‐'^   ,.イ::::ト、:::リ ´
              |:::;イ::::::::`ヽ、     ,/:::|:::::| ∨
             |/ |::;/∨::::|`ヽ、 __,,/l:::|::::!:::/
               '"   \:|        |:/ヽ:/              いやあ、お迎えが来る前に縄を解く事ができて
                 ,/'{j  ヽ ,'  :!〉\
          ,.-──‐‐,ィ´| λ::....__ ,__...::/  |`、-──-、       本当に良かった。
        /        |  ∧     /    |        \
         /          |  ∧-─‐-/    .|        ハ    あのままじゃ私と同じように迷うところだったぞ?
      /"  、:: ::i,   /    ∧  /    ∧    i:: /:  ゛\
    /     ヽ:/    /___∧ / ___∧   ヽ'::     \ さあ、一緒に地獄に落ちようか。

         / ̄\
          | 幽霊 |
         \_/
         __|__
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿
                                            ヽ    _|_\ll 十ノ一   /
                                            l ヽ     |  |   日 ─   <  
                                          丿 L_ノ   / ノ   十 /   \ 
                                                           ̄

600 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:34:39.98 ID:08Js3w6o

おつww
これは救われないよねー(棒)



601 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:35:03.02 ID:h1weuCQo

元ネタは福娘童話集/きょうの日本民話/6月の日本民話/なわ。

いやあ、昔話って本当に美しい話が多いですよね。(棒読み)



602 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:35:10.31 ID:dxZ09iAo

>これで条件は五分五分じゃないか

痛恨のミス!!
だが乙!



603 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:35:15.42 ID:jBYUhPw0

おつ
いい話だなーww



604 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:37:24.90 ID:aENAIIIo

乙っしたー
イイハナシダナー



606 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:38:43.51 ID:Guip8s2o


やっちまったなぁ~でも実にいい話だな



608 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 00:39:47.34 ID:RSRMqOU0

乙でした



611 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/09(水) 13:17:26.09 ID:BYk2ERoo

乙でした なるほど 確かに等価条件だww




関連記事
ランダムジャンプ

| 23:12 |コメント(5)
カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

|

<< やる夫と真紅は | HOME | 第3回 やらない夫ヒロイン短編祭り やらない夫は陳腐な舞台で「ありがとう」と言うようです >>

■御感想or寝言

6692 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/09(水) 23:26:00 ID:-

地獄で仲良く喧嘩しなwww


6693 名前: [] 投稿日:2009/09/09(水) 23:56:30 ID:

このコメントは管理人のみ閲覧できます


6694 名前:VIPPERな名無しさん [] 投稿日:2009/09/10(木) 02:45:45 ID:-

前回に引き続き、駄目だこりゃwww


6695 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/10(木) 03:23:50 ID:-

地獄に花だけマシ


6775 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/11(金) 22:15:18 ID:-

ああ、化け物語りか
キャスティングに納得


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV