【重要】令和五大やる夫短編祭 開催

詳細はコチラ→開催告知

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 平成末やる夫三大短編祭 FGO短編祭 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2012/12/29(土) 2012やる夫板II・恋愛抜きのクリスマス短編祭 幸せな人生


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.55 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
中編 短編投下所125                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その25              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド14                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/
2012やる夫板II・恋愛抜きのクリスマス短編祭 その1
2012やる夫板II・恋愛抜きのクリスマス短編祭 その2


200 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:53:30 ID:dgs0/z/E0

                -  - 、
                 / (● ●)ヽ   自分には無二の親友がいる
                ゝ(_人_) ノ
              /    ヽ
.                (|      |)
              .し    J





                  , ノ  、 、
.                l(● ●)|
.                | (_人_) |     -  - 、   彼は何においても自分を上回る、凄い奴だ
.                 ヽ    ノ   ./ (● ●)ヽ
                   /    ヽ   ゝ(_人_) ノ
              ||    ||   /    ヽ
.                 (|      |)   (|      |)
              .し    J   ..し   J





      ___
     /ノ  ヽ_\
   / ●   ●  \   正直、最初は苦手な奴だった
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |   何故なら、自分が劣っている様に感じるからだ
   >        ィ’





                    ,   、 ノ
                l (● ●
                |  (__人) c'つ   だが、自分がいじめられている時に助けて貰って以来
                ヽ/^つ,ノ/  /    自分は彼を頼りにする様になった
                 〔 /   /  /
                   ̄\  /J
                   /  /
                     /  /
                  (___ノ

201 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:54:01 ID:dgs0/z/E0

        ____
      /      \て
     / ヽ、   _ノ \
   /  ( ○)}liil{(○)  \    中学に入ったら、やらない夫から勉強を教わる様になった
   |  ι (__人__)     |
   \     |ェェェェ|     /
   ∥/            \∥
    (  ヽ         ゝ   i
 ̄ ̄ ̄\__(⌒) ̄ ̄(⌒)___ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | 汁山  |__
       |___./::::::::::::\
           /:::::::::::::::::::::::\
           |:::::::::::::::::::::::::::::::|
           |::::::::::::::::::::::::::::::|
           |:::::::::::::::::::::::::::::|
           {::::::::::::::::::::::::::::|    _
           {:::::::::::::::::::::::/    | |
         /⌒丶_____人    |l__l|  ジャキッ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒\.ィ凵冫
      /:::::::へ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi |
     /::::/   |:::::::::::::::::::::::::: |丶:::::::ノ
  ̄ /::::/  ̄ ̄|::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    彼曰く「お前に堕落されては困る」だそうだ
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ





        / ̄ ̄\
.       _ノ,、 \_   \
      ( ●)( ●)    |
     (__人__)     |
     (`⌒ ´     |
      {        |
      {         /
       ヾ      /
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─~゙─‐゙~'´
      l  |。     `~/
     / |。      /
    /ソ |。       (
    / リ∠\____ニゝ

         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |   そんな関係が高校でも続いた
      \   (__人__) __,/   そのお陰で自分は成績が上がり
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





  /    、__,,..-''..-、ヽ    ./          /:::::`ヽヽ       ヽ、
. /   ,   /.{::::::::::} .l    /_,,-''´    l l::::::::::::ノ .'        '.,   やらない夫と同じ高レベルな大学に入る事ができた
. l _,,.-' -.、  ヽヽ-‐'     ,'    ‐.、  ヽ._`¨¨´              i
. l. /:::::ヽ .l      `ヽ   l /:::::::ヽ l       `ヽ           |
 l ヽ::::ノ          }   / ヽ._::::ノ '       l          /
 ヽ._ /   、    ノ  ヽ._   /     、   /           /
  i  l     l-―‐''´    ',.    l    ノ ¨¨´     .,..-''"´ヽ`"''-..,,
  .', ヽ..,,__ノ        /',   ヽ-‐''"        ./   /     `ヽ
   .ヽ  ,.--..,,_     /  ',      ,.-''" ̄ ヽ  ./   /
     \`ヽ   ヽ__/   / ヽ.    `ヽ    `ー'    {
      \ ヽ       ヽ   `     ヽ         ヽ

202 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:54:30 ID:dgs0/z/E0

    __
   /   \
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)               ____
. |     (__人__)           /\   / \    大学に入ってもやらない夫の世話になる事は変わらなかった
  |     ` ⌒´ノ          /(ー)  (ー) \
.  |         }         / ⌒(__人__)⌒   \
.  ヽ        }     \     |    |r┬-|      |
   ヽ     ノ       \  \   `ー'´     _/
   /    く. \         \  ノ          \
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |





       --―- 、
   /  --―‐- 、\
. / / .--― -、 ヽ ヽ
〈  / / :/.: :: :: ::イ::\. l ヘ、
 ヽト. i.::イ_,:/.:/!:: :: | |_/
  i:l人/ミ:イ/ ーl‐:|::l |:l
  l:| i:代ソ   イ::ツV:/ l::|   特に恋人など、彼が相談に乗ってくれなかったら一生出来なかったに違いない
  l:l ゝ '' 。 `∠:イ |::l
  !:! |:: >--r:: '´:: l {::l
  !:i lぐ \/` ー、| l::l
.  j.:l l ィ,小`ヽ /' l| l::|
.  !.:Lノ:V/il|└' /  lL」::l
 /.:k7 r―i:|.__/  |:: :: :i
 i:/ xぐ乙.∨::〈 r、 」:: :: ::i





                         , ‐ 、
                      i   |
                    ', __,_i_    因みにちゃっかりやらない夫も彼女を作っていた
                  ...--´‐ ‐`-、
                  /:: ', :::::::: i:::: f.',
         ≦三\. r=´ ̄`ヽ:ソ ::::::: l:::: i::|
          ≪三У    ,i}三≧::: !::: |:::|
          ≦/     ',三≫::::::: ::: |::::j
         ,/〃/   i ハ≧|::::::::::::::: j:ノ
         .{/i //!     .} ,.ハ ヽ:::.__.-‐ r´
            {!゙i N  / /.〃i.}__ノ:::::::::::::: |
       /´ ̄,  `´ソレ'/!/} |________|,__|
      / ./   i   ヘ ヾ. {  |:::::::: |:::::r
     ,/  ,'      ,|   ヘ  ヾ!、.|::::::: |:::::|
    ,'  i    ,∧    ヽ   i |:::::: |:::::|
    ! ,/l   ,/ ,∧    〉、  } |:::::: |::::|
    レ' {  ,/、 /  ',   / ',  !.|:::::: |:::|
       ', ト  { __  ! /   '. | |:ヽ_,|::|
         v  /  ..y |/|    '.| |:::::: |::|
            i  ./.i  .|       .|:::::: |::|
            / / '.  |       |:::::: |::|
           / ./  | |         |::::::: |_|
        (  ト、 !  ト      ,.ハ--,メ__i
          i__i____j .'┴┘    `‐‐--'

203 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:55:00 ID:dgs0/z/E0

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   社会人になると、流石にやらない夫と同じ企業には勤められなかった
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





      ___
.    /    ヽ
   /       ヽ
   !    \   /!           ___
   !  ( ●) (●)        /     ヽ
   i     (__人_)        (● )       ヽ   だが結構な頻度で会い、お互いの近況を話したりした
   i       ヽノ!        (人_)       !
   ヽ、____.ノ    _   ヽソ________ノ
   / ヽ <ヽソ)ヽ   (心)   / ヽ     ヽ
    |  |  <V) ! ヽ/ >< \/ , イ      |
    |  |    Y |\_/.  \_./ |        !





         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫   そういう時にも、会社や家庭では言えない愚痴を聞いて貰うなど、かなり世話になった
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

204 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:55:30 ID:dgs0/z/E0

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

     ____
    /⌒  ⌒\
  /  ●   ● \   その内、子宝を授かるなどいろいろあったが
  | ⊂⊃  __'__  ⊂|
  ヽ    (_.ノ   ィ‘





            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)|
     ____. .|   (__人__) |   やらない夫との付き合いは変わらなかった
   /      \   ` ⌒´  ノ
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \     }
|       (__人__)    |    ノ.ヽ
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\
. |     (__人__) .(●) ( ●)\    このまま幸せな日々が続くと何となく信じていた──
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─








       ∩
       ||    ___
       ||   /      \
      /〔|/  ─    ─\
      〔ノ^ゝ   ,(●) (●)、\
      ノ ノ^,-   (__人__)    |
     /´ ´ ' , ^ヽ  ` ⌒´   /
     /     ノ'"\__ ーーノ゙-、.
   人    ノ \/_____ ノ.| ヽ i
   /  \_/ |  \/゙(__)\,| i |
  /    ノ  >   ヽ. ハ  |   ||





       ∩
       ||    ___
       ||   /      \
      /〔|/  ─    ─\
      〔ノ^ゝ   ,(○) (○)、\   ──やらない夫が末期癌で倒れたと聞くまでは
      ノ ノ^,-   (__人__)    |
     /´ ´ ' , ^ヽ  ` ⌒´   /
     /     ノ'"\__ ーーノ゙-、.
   人    ノ \/_____ ノ.| ヽ i
   /  \_/ |  \/゙(__)\,| i |
  /    ノ  >   ヽ. ハ  |   ||


アクセスカウンター
ボディピアス通販カラコンネックレスブランド買取【ブランドファン】カラコン度あり



205 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:56:00 ID:dgs0/z/E0

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \   急いで病室に行って、目にした光景はと言うと
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ●)(●)===| |
| |     | i:i:i:i:i:i (__人__) .   | |  どこか顔色が悪い親友の姿だった
| |     |      ` ⌒´ノ   | |
| |____|         }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \





     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\    彼はどうやら、自分の病状を理解しているようだった
    |     |r┬-|           /(●) (●) \.   だが、自分がかつての思い出を語ると
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \  少しばかり元気を取り戻した様に見えた
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/
     /    く. \         \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |

206 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:56:30 ID:dgs0/z/E0

       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ー)(ー)===| |    が、それも束の間で、すぐに「あの日」を迎えた
| |     | i:i:i:i:i:i (__人__) .   | |
| |     |   \ ` ⌒´ノ   | |
| |____|   │    }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \





        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \   やらない夫の病状が急変し、急激に弱り始めた
   |     |i!i!i!i!|   u  |   医者曰く「恐らく今日が限界」だそうだ
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |





、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://   ベッドの横で彼の奥さんが必死に呼びかけていた
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /

207 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:57:00 ID:dgs0/z/E0

       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ○)(ー)===| |
| |     | i:i:i:i:i:i (__人__) .   | |   自分も一緒になって呼びかけていると
| |     |   \ ` ⌒´ノ   | |   やらない夫が自分の事を呼んだ
| |____|   │    }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \





        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \   何事かと思い彼の言葉に耳を傾けた
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |





           /       ∨ /
         /            ∨    すると彼は、弱弱しくもはっきりと
          l         ノ   |     最後の言葉を言った
         >、___/ ゝ、__ノ
         ./      l//  /
        |     l/  /
         |       !  ′
         |        !  i
、         !     /  l
 丶、     ` ー---"   !
    丶、     ` ̄´ ノ
      >------''"

208 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:57:30 ID:dgs0/z/E0

                 __
                ´     `
              /        \
            /           ヽ
               '               ,
            |   ` ー ノ    ⌒   }
                |   ( ● )   ( < ) i       __
              i               l     <     > .
.              l   (   ノ  ヽ   ,'  /_      __    \
               l     弋ー‐チ′ /   ´ `   ´   `    ヽ
      ___ rチ厂ケ、      ̄     /__ / ( > )   ( ● )    ',
    , ´      ̄ ¨´ .∨≧ュ _  _ノ  '           ヽ        .
    ,                      {    ( _ j、 _ ノ      l     ,ィz´〉
.   l       _                 i      {     j         ,'  r< ヽ`j
.   !      i_」                入.    ` ー 一'       , イ_  |, ´  ./
   '    /У 二!            l  >           , z チ ./ ヽ 〈   /
  / ___∠/  ー:}             ト、        `</!    /    V   .!
.  〃         二ソ    , 、        j /             ,'   /    /   |
  {       / ー― "    ー― <l ,'          ノ   /   、 ,    |
 ∧ _ >"´                j {         /    〈   ∧    .,'
       i                ,' .!          レl    .!   〈.∧   /
        l                 { l           | l / ,リ   ,'  ゞ __/
.      /                  ヽi           l j_/ノ′   !
        .:                  l                 {
      .:                    i  .                 l
       '                  j  : .              ',
     :          ゝ _ /      /    : .              ,
      l            γ ヽ       /      >    イ       ,
      i         l    ∨    ,         ノ^V
      |           l     V   /         /   V         l
      |         ,'     \./          ∧   V            l
      |          /      /         / ∧   V           l
      |         ./      /        /  .∧   V          l

             ┌───────────────┐
             │.  お前が友達で幸せだったよ   │
             └───────────────┘

209 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:58:00 ID:dgs0/z/E0









                                                 {
                                         \    |l|w/L ,r_/
                                           \\{w└ ¨ ´ /
三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = \´     彡x≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = - 三 ≡ = -
                                           >  ; ’  ∠─
                                          /      }|
                                         /´ヾ,  r、r‐|^`
                                                //  }´
                                               /









.

210 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:58:30 ID:dgs0/z/E0

                   , ,.ノ  、
                    l (● ●
                    |  (__人)    俺がその感情に気づいたのは五歳の頃だった
                ヽ    ノ
                 ハ   ヽ
                   l l    ll
                  ( |    |)
                   し  .J





               .ノ 、 、
                  ● ●) l
               (人__) |     幼稚園の運動会で、やる夫より早く走れた時に
               ヽ    ノ
               /     ヽ
               G|   E.ノ
                ∨ /-J
                (_ノ
                                 、 ノ 、 っ
                                > <) ヽ っ
                                (人__)__ノ‐┐≡=-
                                 と __ノ `Y  ≡=-
                                  〈_ ヽ、 \  ≡=-
                                   `ー' \___)  ≡=-




                       ━┓
               .ノ 、 、  ┏┛
                  ● ●) l  ・
               (人__) |      俺は今までに無い、「歪んだ達成感」を感じた
                /^)  .ノ
                 ヽ   ヽ
               |   | |
               ゝl  lし'
                    `(_ノ





                  , ノ  、 、
.                l(● ●)|
.                | (_人_) |  -  - 、    その時から、俺は常にやる夫に勝つ様に生活してきた
.                 ヽ    ノ/ (● ●)ヽ
                   /    ヽ ゝ(_人_) ノ
              ||    | /    ヽ
.                 (|      |m|      |)
              .し    J .し    J

211 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:59:00 ID:dgs0/z/E0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ
  |  ( ●)(●)
  .|   (__人_)        ____     小学校に入ってもその感情が収まる事は無かった
   |    `⌒´|       / ― ‐\
   ヽ_   _ノ      / ( ●) (●)
   /    ヽ      |    (_人_.) |
  /  /   } |      >   `⌒´<
  |  |    } |      | i     .i l
  (_)  i  |__)      ヽ \    |ノ
    |  | /         |ヽjj)i‐i  |
    (__⌒)         ヽ_ヽ(__⌒)





                  , ノ  、 、
.                l(● ●)|   テストでも、運動でも俺はやる夫に勝ち続け、その度に優越感を感じた
.                | (_人_) |
.                 ヽ    ノn
                   /      ,た)
              ||    「
.                 (|      |
              .し    J





      ___
     /ノ  `ヽ\
   / ○   ○  \    そんな時に、その感情を変化させる事件が起こった
   |⊃||(_,、_,)||⊃ |
   >   ヽ._)   ィ’

212 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 19:59:30 ID:dgs0/z/E0

     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |        小学4年生の頃、やる夫は苛めの対象にはいった
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´





      ____
     /メ";,.,;.メ#;;\
   /;;;;;;;#;;メ;; × ;;\    そして、俺はたまたまその現場を目撃した
   |⊃メ(_,、_,)#⊂⊃;;;;;|
   >メ#;;;.メ メ; ;;メ;;ィ’





               , -―- 、
.              l:::::    l
.              |::::::::::  |    その時、俺は何故か「怒り」を覚えた
.               ヽ   .ノ
                    /   .ヽ
                ( |   | |
               ゝl  |'
                    `.|_)

213 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:00:00 ID:dgs0/z/E0

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
   |: : |: : : : /!/ ⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー二   取り敢えず苛めの主犯をボコボコにした後、教師に密告しておいた
  < : 」_: : / 〈  ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  <:: |. 小{   _,,..ミ }  ...|  /!
   厶ヘ ハ    」_}`ー‐し'ゝL _
      \_!    _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
        ヽ    ,,ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!





          ____
         /⌒  ⌒\
  〃   / ●   ●  \   ミ   それからというもの、やる夫は俺に今まで以上になつく様になった
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从
    ( ⌒ )        ( ⌒ )





               .ノ 、 、
                  ≡ ≡) l   俺はというと、その事件以来自分の感情の整理がつかなかった
               (人__) |   今思うと、それは俺以外の奴がやる夫の優位に立って欲しくなかったという独占欲だった
               ヽ    ノ
              (ξ___)
                    |   |
                    ゝl   |
                   `(_ノ

214 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:00:30 ID:dgs0/z/E0

                                 ,ィ  ̄ ̄`ヽ
             ___            / ー、_     \
              /     \         l, (● )       |
            /  ⌒   ⌒\          i,!、_)       .|   そしてようやく感情の整理がついた頃
          /   ( ●) ( <)ヽ         1⌒       l    俺達は中学に入った
    , ―-、 l     ⌒(__人__)⌒ |          l          /
    | -⊂)\    ` ⌒´   /         ヽ      /
     |  |_ /           、 \         .ノ    .く
     ヽ  ` ,.|        |  |           |      |
       `- ´ |        .|   |           |       |
.          |         (t  )          |       |





        / ̄ ̄\
      /       \      ____
      |::::::       |   /      \
.      |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \   この頃から俺はやる夫に勉強を教える様になった
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |   俺はやる夫に堕落して欲しくは無かった
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/.    堕落した相手に勝っても優越感は得られないからだ
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――





              / ̄ ̄\
     ____   /ノ L \ /\
   /      \  |  ⌒ ( ●)(●)
  /  _ノ  ヽ、_ \|     (__人__)   ,∩__   やる夫は中学でも相変わらずいじめられたが
/ o゚((●)) ((●))゚o|     ` ⌒´ノ   fつuu.   俺も相変わらずやる夫を庇い続けた
|     (__人__)    |         }.   |   |.    これもまた、やる夫に歪んで欲しく無かったからだ
\    ` ⌒´    ヽ.        }___|   |
 /  ̄\   / ̄ ̄ ̄ .ヽ     ノi     丿
 |  ヽ、 \/  /(⌒)       ξ) ̄ ̄ ̄
     \ ./  / /         |





         __
        /   _ノ\
       /     (一)
        |     (__人)   そう、俺の為す事全ては俺の為だった
       |          l
.        |        |
.       ヽ      ノ
        ヽ     /
        /    ヽ
        |     |
         |.       |

215 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:01:00 ID:dgs0/z/E0

    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ   (● )    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
  |   (● )     |    ,r'        \     高校生活も大して変わらなかった
.  |        入,__)  /_,ノ  ,,       ヽ,.    ただ一つ、やる夫に対するいじめが無くなったくらいか
  |.     ゙'ー'´  |   ( ●)   ヽ、,,,_      i
.  |         ノ  i.     ( ●)    .|
   ヽ、       ノ\. \(_入_ノ      /
  /::ヽ、_   /ノ:::::|.   \______/
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|   ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|   |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::| .  |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|  . |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|





                    / ̄ ̄\
                   /  \,_.  \
         ____     (●)(● )   |
        /─   ー \    (__人__)     |   あとはもう一つ、やる夫の勉強を更に熱心に指導した
       / ( ●) ( ●) \  ヾ⌒ ´     |    やる夫には俺と同じ大学に入って欲しかった
     /     (__人__)    ヽ  {         |   俺はやる夫という比較対象を失いたく無かった
      |     ` ⌒´    |   {        /  .,
.      \_         _,/    ヽ     / //
      /            \   /⌒ヽ    / (,)
      |            |  /  |. |((┃/  /
   _(,,)________(,,)_|  | レ" ./ ./
  /                 \ ヽ__,///
/                    \





         ____
      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    \  /   \\
   ! | u ((●)) ((●))   |    やる夫は俺の指導を良く聞いて、学力を上げていった
  \\  。 (__人__)   /く<.   無論、俺は更に学力を上げてやる夫を上回りつづけた
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
   _/((┃))_____i |_
  / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ  \

216 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:01:30 ID:dgs0/z/E0

     / ̄ ̄\
   /  ⌒  ‐\
   |   ( ●) ( ●)     ___
   |     (__人__)    / ⌒  ⌒\       ηノノ    結果、俺達は同じ大学に入る事が出来た
   |      `i  i´ノ  / ( ●) ( ●)      ノ, ∃
   |   .   `⌒ }  ./  ⌒  (__人__) ヽ   ./ ./´
   ヽ       .}  |      `i  i´  | ./  /
    ヽ     ノ    \ _    `⌒  /  ./
   /      ヽ   /      ⌒    /
  /         ヽ, ./  .        /
  /  /      }  | .|  |        |
 .|  .{.      .|  | ヽ、 \       |
 .|  .|.      .|  |   |\ ヽ     .ノ





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   大学に入ってからは俺は忙しくやる夫の環境を整え始めた
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \





   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )
 .|       (__人)   手始めに恋人を作らせる事にした
  |         rつ.   ただ、「作らせる」と言っても何から何まで手伝っていたらやる夫の為にはならない
  .|        ((三)
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

217 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:02:00 ID:dgs0/z/E0

         -― -
       /   -―‐-  \
    .// ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    く l  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.l
     `|  |:.:/.:.:.:.:.,/i ハ :.:.:.|
    .l.:|  |:.:{,.-‐'´ // ヽ:.:ノ
   ./.:|  |ヽ>  |    |,, {:ノ
   /:.:.:| f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄

        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、      なので、適当に出会いの場を用意し、放置して
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │





    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \                ____
   |    ( ●)(●)             /     \
.   |     (__人__)              /─   ─  \    相談されたら相談に乗るだけというスタンスを取った
   |     ` ⌒´ノ          / (●)  (●)   \
.   |         }           |   (__人__)      |
    ヽ        }              \   ` ⌒´      /
     ヽ     ノ                > ー‐     \
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ]ゝ      ヽ
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ__,ノ        l
.     |     /        〈〉        ヽ       |
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ       /
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ___/





                     ,、- ┬‐r- 、
                 /  \  ヽ.  \
          ____,./.:  l ハ. \米}   \
        /, ― ;l|::. /- 、!.| :.i |: /:下
       /ノ  ( ≡)  ソ'=、 V .:} |/.:  :.',    結果は目論見通り成功だった
        | (≡)  '⌒)〈 xxx/l .:/米l:.     ',    まあこの程度で失敗する奴ではないとは思っていたが
        |   (__厂ツ  ヾフ  /'´| /{:.     ',
        |    ;j ̄′  /` ー:∨、| _i::.     ヘ
       \_     _ノ\  /| 〈l i::::.     ヘ
          `7´ ¨iく   ヽ〈|l / l ト、:::.     ヽ
           j\, -〕、 二ハ|} //: : :.l:::::.      ヽ
          ,ィ'´ 〈'/ \三,/: : : : :.:/;;ヽ::::.     \
        / ,/¨_\   `´l: l: :、: : :/;;;;;;;;;ト ::::.      \
       _/ ,/   く_ノ ヽ 、__|: i: :斗'゙|;;;;;;;;;;;;〉 丶:::::..       \
      く__ ,.、ノ  /´      /'l:. :/: :|イ;;;;;;;/ ヽ:  \:::...      \
           イ       〃/:: :|!: : l:|;//: : : :ト:.   丶:..      \
             j     //└{: : :.\:|: : :/.:l: : : :l:ハ:.    ` 、.      \
         /   / /   .|:_: :. :./: : /: :l: : : : i: ハ::.      - _  \
         /  ,イ   /     /: ̄: : :./: : i: : : : :|: ハ::::..         ` ‐-ゝ、
     /    ハ   /    /: : : : : :/: : : : : : : : : : : ヽ:::::::::::......          ',

218 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:02:30 ID:dgs0/z/E0

                       / ̄ 丶
                       l     l
                        (ノ、_)  i     因みに俺はやる夫より先に恋人を作った
            ____            ∧   イト、_   最初はやる夫に対抗する為だったが、なかなか良い女だ
          /::::/¨^ヽ、     /`t-_<Λ{ : : .丶,
          i'ト::r/iムハVムノ)  _, < : : : .丶V::〈i : : : r:l
           {{x}}チノメtチ tッi{} / . : : : : : : : :Λ}::::.}. : : i::l
         ノi」」ノハゝ''' _' ハゝ : : :.V : : : : : .Λ::::i : : |:.〉
       / ィγ⌒ヽゞュ-<-VV_/: . j : : : : : : Λ::i : :.!::l     _
      / / {..::::::::::::.V{x}}`、::.} : : : :.7 : : : : : : : :V : : i:.|    / 77
.    , ' / /  ',:::::::::::ヘ::::)^Y^∨ : : : ∧ : : : : : : : : : : : |:.{ ,.- rーつ_/
    V  / /八::::λ:::::..\薔ノ : : 、/ } : : : : : : : : : : : |√ : :ルノに }
     / ハ/ / 7ハ::::.\_:::ア ̄ ̄)^} i : : : : : : : : : : : | : : : : :ヘに j
     {´ノハ/ノ从丿::::::∧:.:',-、_ノ-<、i : : : : : : : : : : : |-ー´ ̄
             /ヽ____ノ}:::}\ノ: yヘ)| : : : : : : : : : : : :|
           /....:::::::::::::::i:,ノソ∧:ゝr´i : : : : : : : : : : : : }
         /.:::::::::::::::::::::::i:i`- 'vュ==t '<_:_:_:_:_:_:_:_:,:ィ′





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   恋人作りが終わったら、次はコネを作らせた
  |     ` ⌒´ノ.   たとえ卒業後でも今のやる夫が堕落とは思えないが、念の為だ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l





                                  / ̄ ̄\
                                 / _ノ    \
                                |  (●) (●)|
                                     |   (__人__) |   最後は就活だ
               ____               |    ` ⌒´ |    流石に同じ企業に勤めるってのは無理だが
              /     \            |        }.    どうやら奴は安定した企業に入れた様だ
            /   ⌒   ⌒\          ヽ       .}
           /   (●)  (●)\        __,_,,.ヽ_    ノー- 、
          |     (__人__)   |      ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
          \_    ` ⌒´ _/       } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i
          /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .   r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}
          {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }  .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.::::ヽ_,,.-‐''"
         {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ  .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::::ノ
    _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  } .|| | } .::::::::::ノ.:::/ /   彡} ̄
    || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,,. -‐''" ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'
    || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
    || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

219 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:03:00 ID:dgs0/z/E0

         ___
       /    ヽ
        /  ⌒  ⌒
       ! ( ●) (●)
       !    (__人_)!                       ___     卒業後も、ちょくちょくやる夫と会って
       i    |r┬| i                     /⌒ ⌒ \.   お互いの近況を話したりした
  .      !     `ー´ !                      /(⌒) (⌒ ) ヽ
         ヽ、     ノ                   ! (_人__)     !
     /ヽ  <ヽソ>ヽ     η⌒!         ヽ、ヽノ  __ノ
      |  |   <∨〉  !ヽ、  /ヽ/            \▽ /> r⌒ヽ、
      |  |     ∨   !  `/ /              〈ヾ />  \  \
      |  |    Y   !ヽ、_/                ヽ//     \  〉
      |  |      |.  |                          |∨      |  |
      |  |      |.  !                          | ヽ、.     |__|、
      |,_,|      |.  !                   /ヽ , ヽ、.   し’ ヽ
    ┌し┐、___人_ノ                       /   /  ヽ、.     /
  / ̄ ̄ ̄ ̄∧  |  |                  ,イヽ、/    ノ∧、_,,, - '"\
  |─‐日─ー|ili|. .|  |                ┌(ミノ┐     /   /    \
  |      |ili|. .|  |                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /   /  \   \
  └ ───┴″..:|  |                |          |  \  `ヽ    \   \
.          |   |  |                |_____|    \  ヽ     \  \
.          |   |  |                            \/)      \_〉、
.         |__|.__!                            ノ /         \_)
         L二つ二つ                           ヽ‐’





                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |   「お互い辛いな」
             | !        |  ` ⌒ ´   .|   俺はそう言いながらも、やる夫より生活水準が上である事に
             | !   ,.-,    |         |.    優越感を感じていた
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

220 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:03:30 ID:dgs0/z/E0

            __
          /  ─ \
         |   ● ●
       |⊂⊃  _! )
      /⌒ヽ       }/⌒i
.       ヽ  ll|l     ll|l /
      从l||l      |l||l从
     ( ⌒ )     ( ⌒ )

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ⌒)(⌒)
  |     (__人__)    そうこうしてる内に、俺の子供が生まれた
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /





                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ
              |   (__人__)      |   /  ヾ    偶然にもほぼ同時期にやる夫の子供も生まれたそうだ
             \    ヽノ      / /  ! i.    因みに、流石に子供どうしを比較するなんて事はしなかった
                   \_          <、   〃ノ
              /       ,.-、   _, -` く '"
                 /   |       (`   ̄     〉
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |
                `ヽ、_ン′       |

       ____
      /―  ―\
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃  __'__  ⊂|/⌒i
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )

221 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:04:00 ID:dgs0/z/E0

            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)    ただ、やる夫と俺自身を比べて、優越感に浸る事は止めなかった
            |    (___人__).    その為に俺は出世し、その為に俺は良い父親や良い夫であり続けた
          |     ` ⌒´ノ
             |        |
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|





           / ̄ ̄>、
         /_,  、_   ハ
       !`: /           !r 、
      >(ヽ >   <    :」_,L_
      (_ `.′         /、ノ  )
     / i (_,、_)    / /  「    自分が歪んでいる事は自覚していたが
      /   い、ノ     ,/ノ  ,′.   俺にとってはそれが幸せであった
     (   ゝ __/    ./
     ` <___       <´
          ∨     ハ
             ∨       |
        r─‐┘     i
        |   ____i   L___
        |   i    :      `!
        L__,ハ    `ー──一





                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',
                , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',
                //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !
               ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/  } !
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ / ノ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )   また、飽くまで自分の為に作った家庭も
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′   なかなかに幸せをもたらしてくれた
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、

222 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:04:30 ID:dgs0/z/E0

          / ̄ ̄\
        /   _ノ:::::::\
.       |    ( ー)(○)
        | u    (__人__)    そして──
       |.:.:.:.:.:  ` ⌒´ノ
.       |.:.:.:.:.:.:.:     }
.       ヽ.:.:.:.:.:     }
        ヽ     ノ
       ./.:.:.:.:.:    ヽ
       |.:.:.:.:.:.:.::     |
       |   i      l .|
       |  |      | |
       |  |.:.:.:.:    | |
      (__ソ.:.:.:.:   丿_ソ
        il|   ト-i  |li
        il|   |_|  |il      :;:;:;:;
     il/⌒ー   丿  __/il :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
    ilヽ_ヾー´ ヽ-イi :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
       :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;











            (" ''ヘ,、::.
            (ヽ/:::::ヽ::.
             ヽ:::::::::::::ヽ::.
        ,  ''ヽ、   ヽ:::::::::::::ヽ::.
       /    .::ヽ   ヽ::::::::::::ヽ::.
       l      ..:::',  l:::::::::::::::}::.
       ヽ、      .:::l /::::::::::::::/::.      ──俺は倒れた
         ヽ、   ......:::V':::::::::::::/::.
           ニゝ:::::::::::::::::::::::<::..
         /''"::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::.
       /:::::::::::::个;;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::.
      /::::::::::::/ l;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::.
    /:::::::::::::/   l;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::.
  (ノヽ、:::::::/     l;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::;,;,:;;:::::::::::::::ノノヽ::.
  /   ,ヽ       イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::ヘ:::.
  廴__,,ノ       l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;:;;:::::::::::::::::ゝ::.
            l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::入::.
            ナ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::::::::::::::;;;;;;;;;:::::::::ノ:::ヽ、::.
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;;;;::::ノ:::::::::::::ヽ、::.
         /:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;ノヽ、:::::::::::::::::ヽ::.
         /:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::ノ::::ヽ::. ヽ:::::::::::::::::ヽ::.
       ∠、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::ノ::::::::::::::ヽ::. ヽ:::::::::::::::::ヽ
         ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノヽ:::::::::::::::::ヽ::. ヽ::::::::::
          \:;;;;;;;;;;_,,-ー''"ヽ-ー''   ヽ:::::::::::::::::ヽ::.
              ̄

223 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:05:03 ID:dgs0/z/E0

     / //::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /./ イ::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       /./ //:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/::::::/ i::::::::::::::::::::::::: _ _ :::::::::::::::
      |/ //::::::/:::::::::::::::::ハ:::| ./:::/三≧///::::::::::::::/ _ ヾ:::::::::::
      | / .i:::::/i::::::::::::::::::| 升彡イニ ̄   //i::::::::::| /  ) i:::::::::::   医者によると、末期癌でもう余命も少ないそうだ
.       i .l::/ ィ::::::::::::::::::| ヾテr j /     ./::::::::::| ) / .|::,:::::-
.       | .| ハ i:::::::::::::::::::ミ、 )‐'´      /::::::::::::| / - ' ´三三
.       |  | |.レi::::::::::::::,、:ヽ\        ./:::_::::-:::'::´三三三三
.        ヽ  | | |:::::::::::/ `ミ、_ \   _ - ' ´三三三三三三三
         Ⅶ Ⅵ::::::::/_  -    Y´三三三三三三三三三三
         ヽ  V:::ハ:::::::>、  _ .\三三三三三三三三三三
          /ヾハ:::/三 >' ̄    ヽ三三三三三三三三三
          /三三三/三三ニ} ̄    V三三三三三三三三三
         /三三三三三三三::i、   _ ィ ト三三三三三三三三
       <三三三三三三三三三三三三ニ.| ヽ三三三三三三三
        ` - 、三三三三三三三三三≧/:::\三三三三三三
           ` - 、三三三三三 ///):::::::::人三三三三三三
              \三三ニ.///.//::::::::/ | |三三三三三三





            / ̄ ̄ \
          /       \
            |ノ  ヽ、_    .|
          (━)(━ )ι  |   「寿命ではやる夫に勝てなかったか」
          |(人__)      .|    医者の話を聞いて真っ先に考えたのはそれだった
             l_⌒´      .|
.          (_ `ヽ、   u ./
              `\ \___く、
.            / l \___)
          / /l        {
          / / l      }
     / ̄ーユ¨‐‐- 、_    l
   _/     ` ヽ__  `-  ノ
 /    ヽ        `ヽー

224 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:05:30 ID:dgs0/z/E0

               ∠こ二フヽ二フr<::.::.::.::.::.::.::.:く)`ヽ
              /ー'′       `¬ヘヽ、::.::.::.::.::く)_\
            , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
          /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
           , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
.         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
        /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
          l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
       八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
          ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
          ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::Ⅵ
            ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨
          /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|
     、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
     ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
         `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
       ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
       _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡仁三三
    ` ̄  _.:::   .::.     /ヽ{ く/ / //! |::::l |::.:/  ,' 厶-―v'⌒ ̄
ー===ニ三ミヽ、.:::.:.:.::i    ! |::..:::ヽ、/ /∧L二´ノ::/  / /::.::.::.::.: :: :. : . .
     ` ̄`〒ミゝ二| i   |/::.:::/⊥」 l L::;仆-ク  , ,.:'::.::.::.::.::.: :: :. .. . .
         l∠ニ三! !  リ::.:::/}   l_| ゙ー┘ / , '/::.::.::.::.::.::.: ::: :: :. : .

      / ̄ ̄\
    /      \
    |    -‐'  ヘ l
.     |  ( ー)( ー) |      見舞いに来た妻も息子も、沈んだ雰囲気だった
      |  u.   |     |
      ,|    __´___   }
    / ヽ        !
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|





                             /  ̄ ̄\
                            _ノ、 \_    \
                           ( ●)( ●)     l
                           (__人__)      |  だが、俺は家族とは別の事を考えていた
                           (`⌒ ´     |.   どうせ死ぬのだったら、「アイツ」に対して何か言いたかった
                            {           !
                            {         !
                              人       ノ
                        ,. ‐'/ <,ム、 /´  ̄ヽ、
                     ,. ‐'"./:::. ...... o::::::"''"...::::::..', `゙ヽ、
                  ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...  ::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
               ,. ‐'"    /   :::l    o    .,     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
    _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  :::   ,,イ::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
.-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   o::::: /  ........ lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
               `ヽ/       /  /::::..   /   ::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
               /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,   /      /l    ゛''-、,,: : : : : : : :
             ,r ''"\   :::::::::/        /::::::::.   / l        ゛'' ──

225 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:06:00 ID:dgs0/z/E0

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \   数日後、「アイツ」がやって来た
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||





   / ̄ ̄\            ___
 /   _ノ  \         /⌒  ⌒\
 |    ( ●)(●).      /(● ) (● ) \    やる夫は俺との思い出を語り、こう言った
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \   「お前が居なかったらやる夫は落ちこぼれだった」
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |   「感謝してやるから早く癌を治せ」
.  |         }    \ \   `ー'´      /
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i   こいつはやっぱり頭が悪いのではなかろうか
  l   ' ´ .〃 / |.    そんな事で末期癌が治ったら苦労しない
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |





    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ≦゚≧ ≦゚≧
 . |     (__人__)  そして何より、俺は俺の為にやる夫を手助けしたのだ
   |     ` ⌒ ソ   俺が優越感を感じる為だけに
 .  |        }
 .  ヽ       }
    ヽ     ノ

226 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:06:30 ID:dgs0/z/E0

        / ̄ ̄\
      /      \
      |::::::       |
     . |::::::::::: U   |        ____
       |::::::::::::::    |       /     \   そんな日々を過ごしている内に──
     .  |::::::::::::::    }     / ⌒   ⌒   \
     .  ヽ::::::::::::::    }     /  (ー) (ー) /^ヽ
        ヽ::::::::::  ノ     |   (__人__)( /   〉|
        /:::::::::::: く     \   ` ⌒´   〈 / ⌒^ヽ
-―――――|:::::::::::::::: \――――――――― \ _ _ _ )





       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ー)(ー)===| |    ──俺は今日という日を迎えた
| |     | i:i:i:i:i:i (__人__) .   | |
| |     |   \ ` ⌒´ノ   | |
| |____|   │    }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \

227 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:07:00 ID:dgs0/z/E0

、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://   意識が朦朧として、妻が叫んでいる言葉もわからない
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /





         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   ただ周りの連中が俺に呼びかけている事は理解できる
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)





       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ○)(ー)===| |    俺は間も無く死ぬだろうと悟り、残った力を振り絞ってやる夫を呼んだ
| |     | i:i:i:i:i:i (__人__) .   | |
| |     |   \ ` ⌒´ノ   | |
| |____|   │    }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \

228 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:07:30 ID:dgs0/z/E0

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   奴は驚いた様子で、俺の言葉に耳を傾けようとする
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /





       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ○)(○)===| |    これだ、このタイミングでやる夫に「あの言葉」を言えば
| |     | i:i:i:i:i:i (__人__) .   | |    こいつはどんな表情をするのだろう
| |     |   \ ` ⌒´ノ   | .|     そう考えるとまた少しだけ力が沸いてきた
| |____|   │    }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \






           /       ∨ /
         /            ∨     そして俺は、おれ自身の歪みを集約した
          l         ノ   |     「あの言葉」をやる夫に言ってやった
         >、___/ ゝ、__ノ
         ./      l//  /
        |     l/  /
         |       !  ′
         |        !  i
、         !     /  l
 丶、     ` ー---"   !
    丶、     ` ̄´ ノ
      >------''"

229 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:09:14 ID:dgs0/z/E0







            ┌────────────────┐
            │.  お前が友達で「幸せ」だったよ   │
            └────────────────┘








.

230 名前: ◆ZPhhAM8To6[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:09:33 ID:dgs0/z/E0

以上です
最後手間どってすみませんでした



231 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:10:53 ID:NC/wzJyQ0

なんというSM関係・・・



232 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/24(月) 20:13:46 ID:I1tXvEJ60

歪だけどお互い親友だったんだな・・・





関連記事
| 13:20 |コメント(7)
カテゴリータグ:やる夫Ⅱ板クリスマス短編祭勝負 2012やる夫板II・恋愛抜きのクリスマス短編祭 2012

|

<< 2012やる夫板II・恋愛抜きのクリスマス短編祭 お題完全無視!ルール無用の残虐ファイターズ!! | HOME | 2012やる夫板II・恋愛抜きのクリスマス短編祭 魔王「ゆうしゃあああああ!!」 >>

■御感想or寝言

29623 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/12/28(金) 06:40:59 ID:JalddpaA

なんというwin-winな関係


29655 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/12/28(金) 21:38:57 ID:-

感想でこの関係を肯定的な見方をしてる人が多くて、いいのか……?と思った


29659 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/12/28(金) 23:53:38 ID:-

悪いことしてるわけじゃないしなぁ
ない夫のおかげでやる夫は一般的な成功を収めてるわけだし


29664 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2012/12/29(土) 02:32:46 ID:-

性悪説を思い出させる
己が悪だと知ってるからこそ善をなす


29745 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/01/01(火) 05:39:39 ID:-

自分が気持ちいいから、相手が良くなる事をする、か……いいねぇ
やらない夫はきっかけがアレだから自虐的に捉えてたけれど、本当は立派に親友との競争を楽しんでいただけなんじゃないかな


29818 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/01/06(日) 17:29:11 ID:-

やらない夫は偽善者だけど、やる夫からしてみれば完全に善人だからいいんじゃね


54442 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/10/26(月) 10:44:34 ID:-

常に上にありたいという気持ちはライバルと競いたいという気持ちと同じだし
言い方は悪いがよきともよきライバルだったんじゃないかな?


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ