やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/09/15(火) 鹿の子餅うめぇ、抹茶とセットだともっとうめぇ、というお話。

カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No40 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252769158/
中編 短編投下所                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250507505/
やらない夫短編投下所7                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1251202182/
戦国時代超短編やる夫                  .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246612124/
やる夫系R18ストーリースレ その3           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1250776144/
ローゼン短編投下スレッド                .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248679984/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1250323908/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248978056/
出演 やる夫 ナギ


983 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:32:11.89 ID:GMJV.Kgo

さて、毎度短めバカ話。
8レス予定でやらせていただきます。

今回は、鹿の子餅うめぇ、抹茶とセットだともっとうめぇ、というお話。



984 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:33:11.76 ID:GMJV.Kgo
1/8

:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::  。 :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... ....
:::::::: :::::  ::::::::::::: ::::::: : :  ::::§ ::::   :::::::::::::::::::: ::::::::。:::::::::::::::::
::::: ::: ::::: ::::。::: ::::   :::::::::::::§ ::::::。:::::::::   :::::::::::::::::::::::: :::::::::::
::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: :::::: :-‐'" ゙''‐-::::::: :::: :::::: :::::: ::::::: ::::::: :::::: ::::
:::::: :::: :::::: :::::: ::::::: :::``侖侖''":::::: :::。:::::::::  。:::::::::  ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐'"韭 ゙''‐-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.

┌──────────────────────────┐
│                                        │
│ さて、これはまだ天子様が京の都におわした頃のお話。.    │
│                                        │
│      ┌──────────────────────┴┐
│      │                                  │
│      │ やんごとなき公家の姫君に恋した男。             │
└───┤                                  │
        │ なんとか思いのたけを伝えようと恋文を送る。     │
        │                                  │
        └───────────────────────┘

  __________
  | ________ __|___         君の色
  | |          /     :::\            想い耽るはいつよりか
  | |          /     ::::::::::\                        一万年と二千年前
  | |         /         ::::::::::\
  | |         |         :::::::::::::::|      ……っと。
  | |____ \       ::::::::::::::/  
  └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::\|
  |\    |           :::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

985 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:34:12.00 ID:GMJV.Kgo
2/8
┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│ 返事を見れば                                     │
│                                              │
│ 「百夜のあいだ 休まず通っていただければ お逢いいたしましょう」  │
│                                              │
│ とある。                                     │
│                                              │
│      ┌─────────────────────────┴───┐
│      │                                              │
│      │ これはしたり。                                      │
└───┤                                              │
        │ さては.百夜通いの故事に倣(なら)って遠まわしに断られたか。.   │
        │                                              │
        └─────────────────────────────┘

     r.「|______,,,.. -──-- 、..,,___
     | | |      __,,...-─- 、___`'ー、
     L| |ニ二ー-_二,,.. --─- 、__,.、`ヽヽ.
      | |   ̄           `ヽ! |
      | |_  _,,.. -─- 、.,_       V
      ,O:;ゞ'":::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
     ,'::/'´:::::::::::::::::::::::::::::::::○'ヾ)、
    /::::i::::::/:::::ハ::::::i:::::::::;::::::::ヽ!:::::::ヽ
    i:::;イ:::/!:::/-!:::::ハ__:::::i::::::::::|::!:::::::::',
    ノ:::ノレ'7-‐- レ' '__ `ハ:::::::ハ::::::::::::::i
   〈r'"レ'//"       `ヽ7レ'i:::|ヽ!::::::::|  あ~忙しいなぁ
      /:::ゝ、 r─- 、  "/::::i:::::|::/〉:::ハ|   こんちくしょう
     !;ヘ::ハ>.、.,___,!_,/::::::::|::::|' レ'
      | |  !ァ'7:::!/ r'レ',へ!ヽ!
      l⌒i) 〈 iヽ//:::::/  ヽ.
      !、_j/、/`ゝゝ、::〈r、__  ハ
      | ト、.  /^ヽ@_T  /-''´i
      | |  ̄  ,ィY !  /-ァ''"ヽ.
      | |   ,.イ  !__,/     ハ
      | |  rく::::ヽr-、___r-、_,.イ::::',ヽ、
      | |  ヽ7ヽ/_::::::!::::::::::::';::___;ゞ'::::::::
      | |   `'r__-ァー''-'ー'ベ-'Y::::::::::::: ) )
      | | ::::::::::! 7:::::::::::::::::::::ヽ.,_〉::::::
     ::└'::::::::::::::`'´:::::: -塚

┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│ 百夜通い、とは絶世の美女と伝わる小野小町に関する伝説の一つである。.   │
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

986 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:35:11.87 ID:GMJV.Kgo
3/8
┌───────────────────┐
│                                │
│  小野小町に熱心に求愛する 深草少将。   │
│                                │
│ しかし小町は少将を鬱陶しく思う。       .│
│                                │
│      ┌───────────────┴──────────┐
│      │                                        │
│      │ あきらめさせようと小町は                        │
└───┤                                        │
        │ .「私のもとへ百夜通ったなら、あなたの意のままになろう.」  │
        │                                        │
        │ と彼に告げる。                               │
        │                                        │
        │      ┌──────────────────────┴──────┐
        │      │                                              │
        │      │ 真に受けた少将は小町の屋敷へ毎晩通うが、                │
        └───┤                                              │
                │  哀れにも思いを遂げられないまま 九十九夜目に息絶えた。       │
                │                                              │
                └─────────────────────────────┘
  ┌─┐[][] /〉.,┐◎
.    ̄/〈   // | |
    く∧〉 〈/  .|_」    「7 「7
.    :::       [][] 「| レ .レ
    :: :: .:∵       ノノ O O  , -、。 ──-。,-、
  ∧:: ::∧                /  O      O ヽ、
  ( ゚ |::l::| ゚ )            ) /´ r ,      ヽi、  )
  /つ::l::| つ            〈ノli レ_ト.、i/レ.i_イL〉i. )i
 ( ヽ::l::|ノ               /ノ .i´'┘  └'`i イ| レ'
  ヽ_):: ::_)               レくi ゝ、 -  ,.イノノレ
     :: ::                〈、.r`"=:;'r , -' 、
.    :::                /Yヾ/x/:::〈、,_,_,〉__,,,,.... --─、
    :           ,,--、__/ /::`メ/:::::::::i,  i-─ ''' ""  ̄
         __,,,,.... -─"、 ___,,,..イ ゝー--‐‐、ー/ ./       ..:::::
ー,- ─__"__ ̄-─ ''' ""  ̄   ,イ::メヽ◎({  ` ` ノ:ヽ、 .......::::::
::: ( ̄             r´::;〉   ̄ ̄ `ー-'´  :::::ゝ
::::、 \         ......::::::::::ヾノ          ヽ,イノ
\:::::、 \   .........:::::     / ゝヽ_      、_,イヽ、 -塚

┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                                  │
│ この後、伝説では因果応報で小町はうんちゃらかんちゃらとなるのだが、それはまた別のお話。.   │
│                                                                  │
│ 要は深草少将もこの男も「鬱陶しいから嫌です」とフラれたわけである。.                      │
│                                                                  │
└──────────────────────────────────────────┘

988 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:37:02.19 ID:un8PL8go

マイナスww



視聴者カウント
アクセスカウンター
ゴールドカードクレジットカード比較CFD取引FXくりっく365



987 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:36:12.87 ID:GMJV.Kgo
4/8
┌───────────────────────┐
│                                  │
│ まあ、断られたのなら仕方が無い。              │
│                                  │
│ しかし このまま黙って引き下がるのも、面白く無い。 . │
│                                  │
│      ┌───────────────────┴──┐
│      │                                │
│      │ そこで男は仕返しを考えた。               │
└───┤                                │
        └──────────────────────┘
  __________
  | ________ __|___
  | |          /     :::\
  | |          /     ::::::::::\
  | |         /         ::::::::::\
  | |         |         :::::::::::::::|      ……。
  | |____ \       ::::::::::::::/  
  └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::\|
  |\    |           :::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

┌────────────────────────────────┐
│                                                    │
│ さて、それから幾夜ものあいだ、姫君の屋敷へ通う男の姿が見られた。 .   │
│                                                    │
│ 雨の夜も風の夜もその姿は屋敷へ通い、また朝焼けと共に帰っていく。 .   │
│                                                    │
└────────────────────────────────┘

:.... .... .. .:::::::::::::    :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: .
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . .
  ... ........../::::::::::::      \   .. .... .. ..... .... .......... .. . ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... .....
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ......
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . .....
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ....
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ...
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... .............
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. ..

989 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:37:11.74 ID:GMJV.Kgo
5/8
┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│ ひたすら毎夜通い続けたその九十九夜目。                  │
│                                                │
│ まだ百夜になっていないのにも関わらず、男の前に姫が現れる。.     │
│                                                │
└──────────────────────────────┘

         / :.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:|:.| !′ !:.:.:.:.::.:.::.| |:.:.::.:.:.|:.:.::.Y:.:.:.!:.:. ハ
       ′:.:.:.:.:.::.|:.:.:.::.|:.|_!   !ハ:.:.:.:. 从 !:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.|.::.: !:.:.:| |
      | :.:.:.:.:.::.:.:.|:.:/       ´ ̄      ̄`ヽi:.:.:.: !:. /:.:.: ! !
      | :.:.::.:.::.:.:.:l/                  \:/./:.:.:.:.: リ
      | .:.:.:.! :.:.:.:.!    _         ...     |/:.:.:.:.: ハ   わかった。そなたの心は充分に伝わった。
      | .:.:. | :.:.:.:.!        `     ´   _       |:.:.:.:.:.:/ !
      | .:.:.::!:.:.:.::.|勿テ三 ミ         xzテ云ォミ、i:.:.:.:.:∧:|   屋敷の中に入るが良い。
      |V⌒!:.:.:.:.:|  弋う少         ´ らz以イ/:.:.::.:ハ! !
      | !⌒从:.: ハ                    /:.:./:/ ノ:| !
       j人/   ヾ!           ,         /:.:./:/  八ト、
「  ̄ ̄ ̄ ! :个 ー::!           ! .        ´ ̄7ーイ: :. ! `ー──ァ
ヽ       | :.:.|:.:.:从                     ′: :.! : : !      /
  \   | :.:.|:.:.:.:.:.ヘ       ー  一        ハ: . : | : . ト    ノ
.    ` ─‐| .::从:.:.:.:.::.:.!\             イ7: : : :: 人 : :|  ̄
       |:.:.:.:.Y' ⌒ v:.:.:.:`         イ:.:.:.:|.'´⌒ヽ':.:.:. : :|
        | :.:.:.::.:!   |:.:.:.: |   ` - ´ |:.: /    ハ:.:.:..:: |
      ノ .::.:.:. |  ヽ|:.:.:.: |           |:. /   /:.:.:.::.:.: ハ
       ′:.:.:.::ハ   ヽ:.:.ノ           レ′  /:.:.:.:.::.. /.:.:ハ
     /  .:.:.:.:.::.::)     「           /     人:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.::.ハ

┌────────────────┐
│                          │
│  しかし、 男は慌ててこう言った。 .   │
│                          │
└────────────────┘

990 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:38:11.78 ID:GMJV.Kgo
6/8



    あ、いや、やる夫は日雇いのバイトですお!



            ___ 
           / .u   \
         /((○)) ((○))\
   /⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
   | / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
   | :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
   |     ノ    | |  |    \  /  )  /
   ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│ 姫君にフラれた男。意趣返しに人を雇って九十九日間ここへ通わせたのだ。     │
│                                                    │
│ それを自分が通った事にして、意中の姫の鼻を明かそうと企んだらしい。.        │
│                                                    │
│      ┌───────────────────────────────┴┐
│      │                                                    │
│      │ この男の思わぬ答えに、姫はこう言った。                     │
└───┤                                                    │
        └────────────────────────────────┘

991 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:39:12.43 ID:GMJV.Kgo
7/8



                               ・
               なんじゃ? そなたも偽者か?!



           /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : :\
             /: :∠:_:_/ : : : : : /.: : : : : : : : : : |: : : : ヽ
         /: /: : :/  ` ̄\/ : : : /| : : : : : : |: : : : : :'.
           //|: : /  \  丶  ̄ ̄ ̄ |_: : : /: : |/ : : : : |
         /: :,レ'/   ・ \    -    \/: : :/: : : : :| j
          /: ( ,'  ー‐        ー───\/: : : : : / ′
.         / : : ヽ{            、 ・    /: : : : : : : '\
        /: : /: :/'.                 ̄   厶: : : : :/:/   >
.       / : :/ : /八                     //∧/:/\/
      / : :/ : /  /                 ,__,ノ: : :/
.     / : :/ : /  /: :/:.>、  二)        ィ/\/: : :./
    / : :/ : /\/:_:/_/:___/>r---z‐=ァ<: /  /:/ : /
.   / : :/ : /: : /_______,入 ̄  ( : : /  /: {: : :|
  / : :/ : /: : /{         / ノ\  `゙7\/l : |: : :|

┌───────────────────────────┐
│                                          │
│ 姫君の方も本当に百夜にわたって通われたら困るので、 .     │
│                                          │
│ 白拍子を雇って対応させようとしたのらしい。             │
│                                          │
│      ┌───────────────────────┴──────────┐
│      │                                                        │
│      │ 九十九夜でとりあえず目的を達成させて、                           │
└───┤                                                  │
        │ 百日目に来なければ、賭けは姫君の勝ち、という事にしたかったのであろう。.  │
        │                                                  │
        │      ┌──────────────────────────────┴───┐
        │      │                                                  │
        └───┤   ……まあ、とりあえず                                      │
                │                                                  │
                └──────────────────────────────────┘

992 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:40:11.97 ID:GMJV.Kgo
8/8
              _ ___
  _人_       ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
  `Y´     /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\    *
         /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\      _人_
        i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!      `Y´
      ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト          ___
      `ー‐!: : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ        /⌒  ⌒\
         ',: :.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ  プニ  /(● ) (● ) \
         i: :弋こ \ヽ __,.    .(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \
         |: ハ: : :}\  /   1  / ...(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |
        />=くf⌒Y ` {_  _,ノイ|.        \ \   `ー'´      /
 _!_     /:.|   ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}           ゝ-|          ヽ
  !    /: :.|  ,r‐┴く:ト、__i⌒!::|イヽ ,. -‐ 、       \        ヽ   \
     /: : :∨ / 、    }:::::!C|: :|:イ | :}/ 、   \     \
   /: : :./:/ /  `ーv-J:::::!::::|: :|/ V  し、__,__}       \
  /: : : : /:./    /i::|: : |:::::::::|: :| /   /            \
 /: : : : :/:.人   ノ::::::|: : |:::::::::|: :|\  /!
/: : : : :./: : : :`ー<::::::::::|: : |:::::::::|: :|: : : ̄!: :∧

┌───────────────────┐
│                                │
│ ふたりは末永く 幸せに暮らしたそうである。 │
│                                │
│ めでたくもあり、めでたくもなし。.         │
│                                │      _,ノ,ァ´            ヽ
└───────────────────┘       /              ヽ
                                     l l | l / イ,ハヽ\  ヽヽ 、 l
          ありえません。                       | .l l  l/lハl、 l ヽl \ ヽ l ヽl
            ___                         l | l .l/_l_,ィ. `ーッーくヽ l l 、,シ、
           /     \                       ヽl、l lf" ヾ  l、,_,,ノ ヽ l ハ 、ヽ、  ありえねー。
         /   ⌒  ⌒\                      ヽl、l、lヽ= '     ; l l.|' ヽヽ ヽ
        /   ( ー)  (ー) ヽ                      //`ィ、    ___ _,ノl l.|   ヽヽ ヽ
        |  u   ___`___    |                 / / / l l`"-┴ュニ_/iヽリ    ヽヽ ヽ
        ヽ、    `ー '´  /                   /  / /  l |  ,イ_ヽ/ _」  ヽ    ヽヽ ヽ
                                 /  //   リ  /  EO∃   l    ヽヽ ヽ
                       ____________
                   │  取り残された本物二人 │
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 __      l        /         /       ノ |
                                  /_   _|/⌒|   ー|ー        |      /─┼―‐
                                 ̄ ̄/     /|   |   _|_  、     人       __|__
                                  /      / |   |    |   |     /  \        |
                                  ヽ_      |   し   ヽ_,ノ   /     ヽ_   __|__

993 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:41:13.70 ID:GMJV.Kgo

元ネタは鹿の子餅/通小町(かよいこまち)。
蛇足とは思いますが、この「鹿の子餅」とは餅菓子の事ではなく、江戸時代の咄本の事です。

今回はちょっとオチが弱かったですね。精進します。



994 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 15:47:42.74 ID:jc4paJIo


面白かった



995 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 17:09:53.13 ID:Q83..Iwo


オチに吹いた



996 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 17:30:04.04 ID:dtdQFyUo


饅頭違い、ナギ違いの代り身となww



997 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 17:43:19.77 ID:EYNIgB.o

うめえwwwwww



998 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 18:24:34.73 ID:0l.W5y.o

乙でした そういうことかww
結ばれた二人はおしあわせにww



999 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 18:41:30.83 ID:giqthMoo


オチで笑ったよww
毎回思うけど複数囲いの台詞は読みにくいかもしれん



1000 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 18:42:40.65 ID:O7MaPxQo

1000ならやる夫が映画化




関連記事
ランダムジャンプ

| 15:00 |コメント(2)
カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

|

<< 第3回 やらない夫ヒロイン短編祭り だめなひと | HOME | やる夫やらない夫長門博士は弱点を見つけたようです >>

■御感想or寝言

6833 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/15(火) 22:09:55 ID:-

映画化決定!!!


6835 名前:VIPPERな名無しさん [] 投稿日:2009/09/16(水) 02:42:10 ID:-

代理同士で靴突いたか


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV