やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2009/09/20(日) でも作者は犬恐怖症の猫派、というお話。

カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
推奨スレ
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No40 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1252769158/
中編 短編投下所2                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253328516/
やらない夫短編投下所8                 http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1253362919/
戦国時代超短編やる夫                  .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246612124/
やる夫系R18ストーリースレ その3           .http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1250776144/
ローゼン短編投下スレッド                .http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248679984/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1250323908/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1248978056/
出演 やる夫 やらない夫


580 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:14:11.39 ID:7G.YMNco

さて、毎度短めバカ話。
9レス予定でやらせていただきます。

今回は、でも作者は犬恐怖症の猫派、というお話。



581 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:15:09.72 ID:7G.YMNco
1/9
┌──────────────────────────────┐
│                                                      │
│ さて、この話はまず大昔のインドから始まる。                     │
│                                                      │
│ なにせ大昔だから いったい何時の時代なのかさっぱりわからないが、 │
│                                                      │
│ インドのある地方に閼迦衛奴(あかいぬ)国という国があった。.      │
│                                                      │
└──────────────────────────────┘

      __ヘ_ヘ_        ___________
    /∴∵(・) (・)∴\     /
    /∴∵∴∵○∴∵ ヽ   <  ビーフカレー食おうぜ。
   (∵∴∵●~~~●∴)   \
    \∵∴∵∴∵∴∵/     \______________
      \ ∵∴∵∴/

┌────────────────────────────────────────┐
│                                                              │
│ 時の王の名前は和奴々々(わんわん)。                                      │
│                                                              │
│ 王も国民も非常に犬を愛する国風であったが、ある時一人の男が王の愛犬を殺してしまう。.   │
│                                                              │
└────────────────────────────────────────┘

                 i三i
                〃   ヾ、
               〃      ヾ、
             〃         ヾ、
           〃    ____    ヾ、
          〃   /      \   ヾ、
         ||   /  _ノ  ヽ、_  \  ||
         || /  o゚⌒   ⌒゚o  \ ||   犬一匹で友愛とはひどいお!
          ヾ,|     (__人__)    |//
          (⌒)、_   ` ⌒´     _,(⌒)   ネトウヨには厳しい時代だお!
          / i `ー=======一'i ヽ
         l___ノ,、          ,、ヽ___i
            l           l
┌────────────────────────────────────┐
│                                                      │
│ 現代なら考えられない事だが、当時の法により男は死刑に処せられた。.          │
│                                                      │
│ 更には因果応報、アジアの片隅の島国に住む犬に生まれ変わったそうである。.    │
│                                                      │
│  また、犬に生まれ変わっただけでなく、 その境遇も非常に厳しいものであった。     │
│                                                      │
└────────────────────────────────────┘

582 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:16:10.31 ID:7G.YMNco
2/9

              ____
           __ /ノ   ヽ、_\
          (/( ○)}liil{(○)⌒ヽ  わんわんお!
          /   (__人__)   _ノ
          |     |!!il|!|!l|    |
          \__ |ェェェェ|   _,,/
             |         ⌒ )ノシ
            (,_,_ノ―‐(,_,_ノ⌒i,,_j

┌────────────────────────────┐
│                                            │
│ 飼ってくれる主人も無いので、山奥の姨捨山へ行き、           │
│                                            │
│ そこで打ち捨てられた人肉を喰らって飢えを凌ぐ有様である。.   │
│                                            │
│ 畜生道に落ちるとはまさにこの事だった。                  │
│                                            │
└────────────────────────────┘

                 ____
              __ /ノ'  ^ヽ_\
             (/。;'⌒)  (⌒ヽ ⌒ヽ  お腹すいたお……。
            / '゚~(___人___)~oヽ ノ
            |   ゚ |/⌒ヽ|  ゚   |   インドのビーフカレーが食べたいお……。
            \__ ` ⌒ ´  _,,/
               |         ⌒ )ノシ
               (,_,_ノ―‐(,_,_ノ⌒i,,_j

┌────────────────────────────────┐
│                                                    │
│ だが八十八人目の人の肉喰らってしまった時、                     │
│                                                    │
│ 夕方の一番星の光を見て悟る所があった。                     │
│                                                    │
│ 畜生の分際とはいえ、自分の主になってくれたかもしれない人間の肉を .   │
│                                                    │
│ 喰らうというのは罪の深い事だと、ふと気付く。                      │
│                                                    │
└────────────────────────────────┘

583 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:17:09.74 ID:7G.YMNco
3/9
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::+:::::::::::::::::::::::::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<  >::::::キラッ…!::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*::::::*:::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'*::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


















                                         ____
                                       __ /― ― \
                                      (/(●)  (●) (⌒ヽ
                                     /   (__人__)     ヽ_ノ  …………。
                                     |    ` ⌒´      |
                                     \__     __,,/
                                        |         ⌒ )ノシ
                                        (,_,_ノ―‐(,_,_ノ⌒i,,_j

584 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:18:09.86 ID:7G.YMNco
4/9


                     ____
                   /      \
                  / ヽ、   _ノ \
                /   (●)  (●)   \   細かく考えたら負けだお!
                |      (__人__)     |
                \     ` ⌒´     /ヽ
                 /              \
                 (  ヽγ⌒)        ヘ   \
┌───────────\__/────────────────────────┐
│                                                            │
│ まあ、野犬が肉を喰らうのは当たり前だし、                                  │
│                                                            │
│ そもそも姨捨山に人を捨てる罪はどうなるんだ、と思われる向きもあるかもしれないが、.    │
│                                                            │
│ この話は仏教説話としての側面も持っているので読者諸氏にはどうかご寛恕願いたい。   │
│                                                            │
└───────────────────────────────────────┘


視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラライブチャットメル友募集出会いメル友



585 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:19:09.80 ID:7G.YMNco
5/9
┌────────────────────────────────────────┐
│                                                              │
│ さて、一念発起した犬は山を越え谷を渡り、街へと下りてきた犬は大きな寺へ入り込んだ。    │
│                                                              │
│ 今迄の罪を懺悔した上で、どうか人間に生れ変わりたい、と神仏へ願う。              │
│                                                              │
│                           §                                 │
│                                                              │
│ 七日七夜のあいだ、寺の縁の下で誓願を続け、今夜ついに満願という夜に、.             │
│                                                              │
│ 阿弥陀如来が犬の枕上に立った。                                       │
│                                                              │
└────────────────────────────────────────┘

               -― ̄ ̄ ` ―--  _
          , ´         ,    ~  ̄" ー  _
        _/          / ,r          ` 、    汝がぁ願いぃ、あ、かあなえてぇやろおぅ。
       , ´           / /    ,ヘ         ヽ
    ,/   ,|           / /      ●         ,/  信心怠りなくぅ勤めよぉ。
   と,-‐ ´ ̄          / /  r(   `'       く
  (´__   、        / /  `(   ,ヘ        ヽ   
       ̄ ̄`ヾ_      し        ●          _>
          ,_  \            `'  __   -‐ ´
        (__  ̄~" __ , --‐一~ ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄

                                            ___
                                          __/⌒  ⌒\
                                        (/(●)  (●)(⌒ヽ
                                       / ⌒(__人__)⌒ ヽ_ノ  ありがとうございますお!
                                       |     |r┬-|    |
                                       \__ `ー'´   _,,/ 
                                             |         ⌒ )ノシ
                                         (,_,_ノ―‐(,_,_ノ⌒i,,_j

586 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:20:09.96 ID:7G.YMNco
6/9
┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│ 犬はこのお告げに力を得て、諸国の霊場を巡礼して誓願を続け、.    │
│                                                │
│ 津々浦々をめぐりながら、ついに四国へ渡った。              │
│                                                │
└──────────────────────────────┘

               _,‐/.|       ヽ.,лi'\,‐i
              ノ   .|      ,ノ  うどん´i
             /    `'‐´`'-,_,‐'v'‐-ー,__,、,-、_`'!_ _
       _ __ノ‐-ー'     ,‐^'‐‐,iー,,l´        ~   ,}
    ‐‐=''‐'`フ   みかん ,‐´     `\   踊り  /"
        .t_   . i`ヽ_/  橋本     ~j      `i、
        .л)   .`j     ___,,,--、   '‐!      ζ
       __| . jヽ‐'´~    /''/     \   ヽ, ,,---'´´~
       `フ `i      ノ         ヽ, /
       `'''ーt´   ,‐,/~            i /
         <   _j
          `^'ヽj

┌───────────────────────────┐
│                                          │
│ さて、ご存知のとおり四国には八十八箇所の霊場がある。.   │
│                                          │
│ 一箇所参れば一人喰い殺した罪が亡びますように、        │
│                                          │
│ 二箇所参れば二人喰い殺した罪が亡びますように、        │
│                                          │
│ と犬は己の罪を天高く吼え叫びながら駆け巡った。.         │
│                                          │
└───────────────────────────┘

587 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:21:09.77 ID:7G.YMNco
7/9
┌────────────────────────────┐
│                                            │
│ そして八十七箇所目を巡り終え、後一箇所という間際。.         │
│                                            │
│ 気が緩んだのであろうか、その寺の門前でバタリと倒れる。    │
│                                            │
└────────────────────────────┘

:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::  。 :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... ....
:::::::: :::::  ::::::::::::: ::::::: : :  ::::§ ::::   :::::::::::::::::::: ::::::::。:::::::::::::::::
::::: ::: ::::: ::::。::: ::::   :::::::::::::§ ::::::。:::::::::   :::::::::::::::::::::::: :::::::::::
::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: :::::: :-‐'" ゙''‐-::::::: :::: :::::: :::::: ::::::: ::::::: :::::: ::::
:::::: :::: :::::: :::::: ::::::: :::``侖侖''":::::: :::。:::::::::  。:::::::::  ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐'"韭 ゙''‐-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.

┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│ 口を開き舌を伸ばして喘ぎながら、残念そうに山門を見上げる遍路の獣。 .   │
│                                                │
│ ふと気付くとの前に古びた地蔵が立っている。                      │
│                                                │
│ その地蔵に向かい犬は最後の誓願を行った。                       │
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

                 ____         どうかお慈悲をおかけくださいお。
              __ /ノ'  ^ヽ_\
             (/。;'⌒)  (⌒ヽ ⌒ヽ    生まれ変わったら人間になれるように、どうかお願いいたしますお。
            / '゚~(___人___)~oヽ ノ
            |   ゚ |/⌒ヽ|  ゚   |     必ず真人間になりますお。
            \__ ` ⌒ ´  _,,/⌒ )ノ
               (,_,_ノ―‐(,_,_ノ⌒i,,_j

588 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:22:09.87 ID:7G.YMNco
8/9
┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│ すると地蔵から「汝の願い聞き届ける、大願成就」との声が聞こえる。.     │
│                                                │
│ 大願成就、と聞いて犬は夜空に遠く一声叫ぶと、ついには息絶えた。 .       │
│                                                │
└─────────────────────────────────┘


 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .  .    / .  .   。      ゚ .
                          /
                        ☆


┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                                        │
│ やがて何処からともなく八十八羽のカラスが集まってきて犬の屍を貪り食う。                 │
│                                                                        │
│ それは実に凄まじい有様だったが、 通りがかりの僧がそれを気の毒に思ってカラスを追い払い、   │
│                                                                        │
│ 犬の屍を近場に埋めてやったという。                                           │
│                                                                        │
└──────────────────────────────────────────┘

       ____       ……実は八十八羽のカラスは姨捨山に捨てられた八十八人の人間の怨霊だったんだお。
      /      \
     / ⌒  ⌒   \  それが復讐に来んだから勝手に喰わせておけば、過去の罪が消えるはずだったんだお。
   /  (ー) (●) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

589 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:23:09.72 ID:7G.YMNco
9/9

       ____        ところがそれができなかったものだから、人間に転生しても
      /      \
     / ⌒  ⌒   \   ろくな境遇には生まれる事はできなかったんだお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


                  (ヽ三/) ))
              __  ( i)))
             /⌒  ⌒\ \   と、まあ、昔こんな犬がいて、それがやる夫に生まれ変わったんだと思うお!
           /( ●)  (●)\ )
         ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\   そんなわけでやる夫がニートなのも仕方ないんだお!
         |    (⌒)|r┬-|     |
         ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
         | | | |  __ヽ、    /
         レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
         `ー---‐一' ̄


      / ̄ ̄\    んなワケあるかあ!
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\     マサオカシキッ!
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J


                               │  \   |   \  |     ー┼─ ヽ |   \
                               . |    |  |     |  | ヽヽ   / ___|  |     |
                                レ     レ     |_ノ や   \ノ\ レ
                               
                                |  ___   /   | ー┼‐ヽヽ /   ー┼─ヽヽ─┼─  __
                                |      /    |   |   /     / ー─ . ─┼─ /  |  \
                                | (___ /へ_ノ レ  ノ   /へ_ノ   、__   |_ノ |__ノ _ノ

590 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:24:15.23 ID:7G.YMNco

元ネタは正岡子規の「犬」。
実際に正岡子規は作中でやる夫と同じような事を言ってます。駄目人間め。

また閼迦衛奴国の王の名「和奴々々」に「わんわん」と振り仮名を振ったのは作者の独断です。
もしかすると他に適切な読み方があるのかもしれません。



591 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:30:01.54 ID:vcUs0uso





592 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 21:42:27.58 ID:lt9ZbBko

ヒドイハナシダナァ



593 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 22:37:12.94 ID:FOL2CZIo


色々とそれはどうよというネタがあるが
> 細かく考えたら負けだお!



594 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/09/19(土) 22:38:57.56 ID:YSL.yrgo

乙です!
あなたの小話好きだなあ



関連記事
ランダムジャンプ

| 15:00 |コメント(4)
カテゴリータグ:作者別短編集 毎度短めバカ話。 落語・ジョーク・ネットコピペ系

|

<< やる夫がスクーターを買ったようです | HOME | やる夫とかがみは似たもの同士のようです >>

■御感想or寝言

6988 名前:  [] 投稿日:2009/09/20(日) 16:32:18 ID:-

>一箇所参れば一人喰い殺した罪が亡びますように
死体を食べただけで、「喰い殺し」てはない件
でなければステーキハウスの客は牛を食い殺していることになる
食い殺しては居ない 
死体を喰ってるだけ。犬も     客も


6994 名前:VIPPERな名無しさん [] 投稿日:2009/09/20(日) 20:51:04 ID:-

落語の犬が人になる奴かとおもた


7011 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/21(月) 00:22:16 ID:-

正岡子規は結核のために床から起き上がれないほどに病み衰えていた。
「犬」という短編小説は刻一刻と死が迫る我が身を客観視しユーモアにくるんで書いた小説なのであり、
ダメ人間どころかよほど精神が強靱な人でないと書けないと思う。


7038 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/21(月) 19:30:26 ID:-

犬のやる夫が微妙に可愛くて笑った


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV