やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

  • .(04/23)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2013/03/19(火) 妖怪うらがえし

カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2013) やる夫短編作品 2013

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所132                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.55 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その26              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド14                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
できない夫総合スレ                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

513 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:52:18 ID:7ip8bYDY0 [2/13]





        ┏━━

           私が住む町には、奇妙な妖怪がいる。

                                 ━━┛


''"~~"''ヽ,,_
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,             _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. :.: . :. :.
;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,..
;.;.;.!#!-!、,、,;;:.::..:.:/二△ ri─i '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
;.;.;.;..;y,===、===.l::::::傴l l.|田|.;/7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
;,.,.;.;/ l:|田|:| 田|[],!!、ヽ___l、|_田l,:..:......:.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_
._l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l_

514 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:52:37 ID:7ip8bYDY0 [3/13]



       ,. '´ ̄ ̄`ヽ、
      / ,. ニニ二二ニ}     ┏━━
    ∠_// / レwリ ∨_
      \_|/      l|/        妖怪うらがえし、と子供たちの間で噂される”それ”は、
       ノv\_    ノリ、       夜のうちにひっそりと家に現れて、掴んだものを裏返しにしてしまうという
        ,<,/O\>、        妖怪だった。
       (\/__O_,ト()
        ̄Z二ハ二コ                                                     ━━┛



          【 before 】                       【 after 】
                              
       ,..-─‐'"´ ̄ ̄ ̄`゙'─‐-、                ,..-─‐'"´ ̄ ̄ ̄`゙'─‐-、
     /    `゙'==:-:=='"´   \             /    `゙'==:-:=='"´   \
    /     このTシャツ       \          /      ##########      \    
  /     しまむらで買ったんだ     \       /      ################     \
  \   /|.      (~)       |、   /       \   /|.      (~)       |、   /  
    \/  |.   γ´⌒`ヽ    | \/          \/  |.   γ´⌒`ヽ    | \/
          |.    {i:i:i:i:i:i:i:i:}  ...|                  |.    {i:i:i:i:i:i:i:i:}  ...|        
          |..   ( ´・ω・)  .|                  |..   (・ω・゛ .)  .|        
          |.    (::::::::::::)   .|                  |.    (::::::::::::)   .|
          |.     し─J    |                  |.     し─J    |        
          |________|                  |________|
  .        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            .        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏━━

   妖怪うらがえしは体長10センチほどの小さな妖怪らしい。
   しかしその小さな体とは裏腹に、紙袋だろうが大人用のTシャツだろうが、
   どんなに大きいものでも裏返しにしてしまうらしい。

                                              ━━┛

515 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:52:56 ID:7ip8bYDY0 [4/13]


┏━━

   今までで一番すごかった裏返しは”たまご”だった。

   なんと裏返しにされた卵は、傷一つないのに中にあるはずの
   黄身と白身は外に出て、殻のほうは本来中にあるべきつるつるした
   面が表に、外側のざらざらした面が内側になっていたというのだ。

                                         ━━┛

            【 before 】                       【 after 】
 .                 __            .                 __
                 .  ´  .`.: .                       .  ´  .`.: .
             ,.:'         . .ヽ                   ,.:'         . .ヽ
 .          , '            . .':,        .          , '            . .':,
          /               . .:.                /               . .:.
          ,′              . .'. ニー             ,′              . .'. ニー
       .  ′                . ., 二ニ-         .  ′                . ., 二ニ-
 .          {                 .: :}三ニニ   .          {                 .: :}三ニニ
          从              .:.::从三ニ          从              .:.::从三ニ
             ゝ.            ...:.::;:イ三ニニ            ゝ.            ...:.::;:イ三ニニ
 .               . .. .. ..:.:.:.::::_イ三ニ‐     .               . .. .. ..:.:.:.::::_イ三ニ‐
              ‐=≧=‐:=≦三二ニ‐                 ‐=≧=‐:=≦三二ニ‐
                 ̄  ̄  ̄                         ̄  ̄  ̄
                                              -‐    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ‐- 、
                                        , -‐ ´       ,.-=三=-.、        `ヽ
                                       r'´        ,ィ:::::::::::::::::::::ミ、        \
                                       {' : .       i:::::::::::::::::::::::::::::i:i        . : : : .ヽ
                                     /. : :        ヾミ::::::::::::::::::::::〃    . : : : : : : : {
                                     {   . : .         ゙ ニ=-=彡     . : : : : : : : :__ノ
                                     `ヽ . : : : : . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , -‐  ´
                                         ̄ ̄ ー==- : : : : : : : : : : : : -=‐'
                                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━
 
   妖怪うらがえしは本当に”なんでも”裏返しにしてしまうのだ。

                                     ━━┛

516 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:53:12 ID:7ip8bYDY0 [5/13]


 |(/(/(/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ +,ノ)   . |. | |================| |..:::|
 |  +     L_ヽ_ゝゝ~  ~ *   |. | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
 |。 ゚・*:。 E l i z a b e t h 。:*・゜.。|. | |================| |..:::|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄. | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
 \アハハハハ!!/_            | |================| |..:::|
 || ̄ o .o ̄.|||.田|._______.....| | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
 ||  !K大  |||::s::||::::::::::::::::|┌─┐| | |================| |..:::|
 ||二二二二|||[][]|| ( ◎ )|└─┘| | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
 |::8::l===l① ||[][]||o ====|:田%[]:| | |================| |..:::|
||:二二二二二二二二二二二二二 || | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
||_└┘_|       |        :|| | |================| |..:::|
||_└┘_|       .〇 | 〇     :|| | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
||_└┘_|______,|____:|| |_|二二二二二二二二|_|/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




        /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
       ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
      i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
      /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
    /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>        ┏━━
   , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
   {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル             さて、ある夜のこと。
   l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
   `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶           私は妙に目が冴えて眠れなかった。
   ( l  リl:!い::::::{txwx          xwx|:::|::/イ|::l     )
    ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ                                     ━━┛
       \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
         |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|        眠れん!
         |::/  ト、_「 i! |       j 《|! !  リキ「! 1:、
        ,ィ´ i入 ヽ:イ iァj   _..イ ゞi / i i:l ! \
.       /   l l:l人 ∨ィく{_   _!  ィ/! / l {:| |   ヽ

517 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:53:24 ID:7ip8bYDY0 [6/13]



┏━━

   なんとなくぼんやりと、月明かりで薄明るい部屋を眺める。

   そうしていたら、部屋の隅で何かが動いているのが分かった。

                                      ━━┛

 \アハハハハ!!/_            | |================| |..:::|
 || ̄ o .o ̄.|||.田|._______.....| | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
 ||  !K大  |||::s::||::::::::::::::::|┌─┐| | |================| |..:::|
 ||二二二二|||[][]|| ( ◎ )|└─┘| | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
 |::8::l===l① ||[][]||o ====|:田%[]:| | |================| |..:::|
||:二二二二二二二二二二二二二 || | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|
||_└┘_|       |        :|| | |================| |..:::|
||_└┘_|       .〇 | 〇     :|| | | LLLLLLLLLLLLL::| |..:::|  ::::::
||_└┘_|______,|____:|| |_|二二二二二二二二|_|/   :::::: モゾモゾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



     , ⌒ハ
    j: :ゝ: : :ヽ, - ‐--イ` ヘ._、/⌒ヽ.
    !: : : :「/: : : : : : :`ヽ : : :ヽハ: : : :i
    |: : : :/: : : : /: : /:|: : : :l: : :、: : y: :i
   _ノ : : {`': : : :l: : /| :l|: : : :|: :l: l: : :∧ :)
  |: :/: : ト : ::|: : l/|'-、ミ|: :|: /::/: :|: : :八:!        ┏━━
  ヽ: :ハ:/|: :/: |: : |//::うl从|/|/|/|/: : | (:!
  )::::ソ |:/: : |: : |,,,ヾニ'   lッう)-、: |ノソ            なんだろう、と私はそちらを見る。
 ノ: :(  リ|: : :|: : |    , ''' /@l::/|/   何奴!
  ̄    ソ:,'::|/`ヽ.(:::::::フ ノ  /八                                ━━┛
       |:ヽ/ : /´ ̄>‐'´  ∧  ヾ
       ハ/ : /: : :/ノ  ヽ /::人
       (/: : : : : //   、  `!、____
      〈 ̄\: : | |  \ \ノ  __ノ
         ∨  ∨ヽヽ_ノ--'_,ィ<
        ∨  ヽ__>-ヘ ̄: : |」:

518 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:53:36 ID:7ip8bYDY0 [7/13]


┏━━

   10センチほどの、人型の”何か”が動いていた。

                              ━━┛

   . -‐- .
  /_-_-_- 、>o
 _レ' W Ⅵ
 `ゝ   ノ´
  ‘Y_i⌒ヽ>
    「_/ >、
    ヽ_ノ ̄‘ '
    ‘-'

┏━━

   ”それ”は私が明日着るために用意しておいたスカートを
   ”ぎゅっ”と掴むと手を離した。
   そしてこんどはその下にあるTシャツを”ぎゅっ”と掴むとまた手を離した。

                                             ━━┛

                    , - '´ ̄ ̄ `ヽ、
ヽ、              _, - '´          ヽ- 、
  `ヽ、_        , - '           l'  .l'   `ヽ、
      `ー-―― '´              ll  ll     `ヽ、
        ::::::               \ ノ,ィヽ__, -  l
           :::.                    く_⌒ `ヽ.    /
              .:                 ` ヽ 、___ ノ
           :::                        `ヽ
__        :::         _ ,.ィ仁`ー 、_        l  ギュッ
    ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、   ー―zzイ    ム   '´ ̄ `ー―― '\
            `ー―‐'´/                     \
               /                       \
              /                          .\

519 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:53:52 ID:7ip8bYDY0 [8/13]


┏━━

   そんなことを何回も繰り返している。

   積んであった服をすべて掴み終わったあとは、
   隣に落ちていたビニール袋を”ぎゅっ”と掴んでいた。

                                 ━━┛

          r-..、
        /..:::::::::i_,. ー=ヘ、,.-、
       '..:::::::::::/./::::/..:::::::lヽ、
      〈::::::::::::/..:/:::::::/..:::::::::::ノ:::¬
       }:::::::::'::::::::::::::{ ::::::::::::r'|::,、:::|
        /:::::::/{::::::::::::::::〉:::::::::::::从ノヘ|
       {::::r'´ ∨:::::::::/..::::::::人 ノ
      ヽ、   }乂ヘ{:::::l::::ィ_/     ほう………。
          /::〉_rュハ::トヽ{
         )f´,'  /ニ=、
          /  /    i`、
           i  ;     ト∧
           |  |     |  `
            i  :|     |  }
             !___|     l  ノ
          Vー-|     i {
           }   l     l '

┏━━

   まさか―――妖怪うらがえしなのだろうか。

                            ━━┛

520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:54:04 ID:7ip8bYDY0 [9/13]



      [二二二二二二二二二二二二二二二二]
        〉                      Y ||      ┏━━
.         /                        │ ||
       /                         l .||         そう思ったとき、網戸からざあ、と吹き抜けてきた風が
.      /               ;         ./  ||         カーテンを大きく揺らした。
     /              /         ./===||         そして金色に輝く満月の光が部屋を照らした。
.    /      ;       /   ; ___,/    ||
.   /      /     /     / `)./      ||         何倍もの優しい光により、夜目でもはっきりと部屋の中の
 /     /⌒ヽ、_,ノ⌒ヽ、__,ノ,.-‐'"       .||         様子が分かる。
く,.____,_,.'-‐'" ̄´   ` ̄ ||             .||
      [ニ二二二二二二二二二二二二二二二]                                           ━━┛



                      ,..-─‐'"´ ̄ ̄ ̄`゙'─‐-、
                /    `゙'==:-:=='"´   \
                /      ##########      \
                 /      ################     \
                  \   /|.      (~)       |、   /    ┏━━
                    \/  |.   γ´⌒`ヽ    | \/
                       |.    {i:i:i:i:i:i:i:i:}  ...|            洋服が―――全て裏返っていた。
                       |..   (・ω・゛ .)  .|
                       |.    (::::::::::::)   .|                               ━━┛
                       |.     し─J    |
                       |________|
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

521 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:54:19 ID:7ip8bYDY0 [10/13]



                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /             \
                 _______
          /     /           \|
          .′ j/  ,. -―――‐- .,   〉
       /   j|:..//-∠、. . . . . /--. \{       ┏━━
        〈_/上|. / o  \/∨ o V/庁=、
         \ |/ ┌──── ┐ ∨ソ/         そして近くにいたのは、物語から抜け出たような小さな生き物だった。
           )、_;,. !         | ;_/
             ⌒ 介:. 、 ____,,ノイ{                                                    ━━┛
              ⌒7⌒\/\/\'⌒
                ,′ V/, ○∨  ∧
             j__,V/○ j  ′〉
             {___,ノ  人__ク
              _,ノ\冖┘ へ. └冖 \_
          {丈____\/-―-\/___丈}


     , ⌒ハ
    j: :ゝ: : :ヽ, - ‐--イ` ヘ._、/⌒ヽ.
    !: : : :「/: : : : : : :`ヽ : : :ヽハ: : : :i
    |: : : :/: : : : /: : /:|: : : :l: : :、: : y: :i
   _ノ : : {`': : : :l: : /| :l|: : : :|: :l: l: : :∧ :)
  |: :/: : ト : ::|: : l/|'-、ミ|: :|: /::/: :|: : :八:!
  ヽ: :ハ:/|: :/: |: : |//::うl从|/|/|/|/: : | (:!     ┏━━
  )::::ソ |:/: : |: : |,,,ヾニ'   lッう)-、: |ノソ
 ノ: :(  リ|: : :|: : |    , ''' /@l::/|/         ”あれが妖怪うらがえしか!”私は無我夢中でベッドから飛び降りると、
  ̄    ソ:,'::|/`ヽ.(:::::::フ ノ  /八          逃げられないうちに妖怪うらがえしの体を掴んだ。
       |:ヽ/ : /´ ̄>‐'´  ∧  ヾ
       ハ/ : /: : :/ノ  ヽ /::人                                                   ━━┛
       (/: : : : : //   、  `!、____
      〈 ̄\: : | |  \ \ノ  __ノ
         ∨  ∨ヽヽ_ノ--'_,ィ<
        ∨  ヽ__>-ヘ ̄: : |」: ヽ

522 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:54:35 ID:7ip8bYDY0 [11/13]



              / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
            /.::::::::::::::   ´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、:::::.\
           / .::::::::::::/   ____  \:::::::|
        ___/ .:::::::::::::∨   / \. . . . /^\ \,′    ┏━━━
          \:::::::::::::::::::::::|  // '⌒ |/∨ ⌒ |\__〉
          `  ――r┴‐| /  o      o│./┴┐       うらがえしは近くで見るとぬいぐるみのような愛らしさを持っていた。
                  \⌒′ r――――┐ レ'  /        おそらく女子でこれを見てときめかない人はいないのではないだろうかと
                   >ヘ  |      │ ,<         いうぐらいに。
                   ^⌒T>乂__   ...ノ イ⌒^
                    ∠ニ=干‐ 厂}‐r‐厂}          妖怪というより、妖精に近い見た目だ。
                       { . . . │ |=イ.│|=イ
             /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \                                              ━━┛
            /                       }
           {   _____________ ノ



                     /^ヽ  . ‐─ ー 、 ハ⌒ヽ
                /:::::::/::::::^::`:⌒::::::\::ヽ/.:::ヽ
                    ノ:::::://:::::::,ヘ::::::::::l::::::i:::::l::ヘ<.:.:::::〉
                 〈::::.::,´:::::::::/ ヽ:::::::l::::::i:::::::::ヽ:::\:|
              ,'::::::∧::.:./`   ヽ::::l´::::|ヽ::::|::::l:::::::\
              !:::〃:,ィ゙:/___   ヽハ\ハl:::/|:::}\:::::::l\
        .   nn ノノ,:::/::!'" ̄`   x==、ハレ::|:::|  \:::} )
          .Yi.| | |/. { ::::::! ""  '   "" /:::::/::::|    }::l
          |.i.| | | /} .',:::八  t ‐__ァ  ./:/::/:ハ::l   ノノ
        .  !  , !'./  ヽ::|:\  rf^ト、_, |:/:|/::::| ノ /
          {  /  !   /:ノ:::|:|:i' |.! .!〉'/:|:::/:::::::l\_,
          〉___./ ,ィ/ィ{::::/ィリ. } ' . }/::::::::ソヽ:::) ̄ヽ
        . .{ー─‐‐レ"|::ト从/::|__/  /゙/:/:.:.:.:.>、
         /ー──' Y∨ヽ,.:.:.:|-{  ,ィ゙、{/:.:.:.:.// 

                       ┏━━

                          明日学校に連れていってみんなに見せたらどんな顔をするのだろうか。
                          うらがえしとお話しをすることはできるのだろうか。
                          うらがえしはなんで裏返しにするんだろうか。
                          うらがえしは何を食べるのだろうか。

                                                                    ━━┛

523 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:54:49 ID:7ip8bYDY0 [12/13]



                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /             \
                 _______
          /     /           \|      ┏━━
          .′ j/  ,. -―――‐- .,   〉
       /   j|:..//-∠、. . . . . /--. \{         そんなことを考えている私を、うらがえしはじっと見ている。
        〈_/上|. / o  \/∨ o V/庁=、      泣くでもなく、怒るでもなく、暴れるでもなく。
         \ |/ ┌──── ┐ ∨ソ/
           )、_;,. !         | ;_/                                           ━━┛
             ⌒ 介:. 、 ____,,ノイ{
              ⌒7⌒\/\/\'⌒
                ,′ V/, ○∨  ∧




┏━━

  じっとこちらのほうを見ながら、その小さな手で私の手を”ぎゅっ”と掴み―――――

                                                   ━━┛


                    , - '´ ̄ ̄ `ヽ、
ヽ、              _, - '´          ヽ- 、
  `ヽ、_        , - '           l'  .l'   `ヽ、
      `ー-―― '´              ll  ll     `ヽ、
        ::::::               \ ノ,ィヽ__, -  l
           :::.                    く_⌒ `ヽ.    /
              .:                 ` ヽ 、___ ノ
           :::                        `ヽ
__        :::         _ ,.ィ仁`ー 、_        l  ギュッ
    ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、   ー―zzイ    ム   '´ ̄ `ー―― '\
            `ー―‐'´/                     \
               /                       \
              /                          .\

524 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:55:04 ID:7ip8bYDY0 [13/13]

以上です。ありがとうございました。



525 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:55:56 ID:o0nr66LM0


C-MOONに触りにいくなんて……



526 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:56:37 ID:EkOk/TKY0


このやらない子が徐倫と同じスタンドを持っていることを祈ろう…



527 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 22:57:25 ID:IQ6b5dlk0


服だけで済ませてた内ならまだしも、卵なんてやばすぎる前例があるのに何故捕まえた……



528 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 23:07:33 ID:XAm/R8PY0


冒頭だけだと何の実害も無い妖怪にしか思えないのに、こんなオチが待っているとは



529 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/03/18(月) 23:11:44 ID:x8AuJ7J60 [3/3]


諸星大二郎の「異界録」を思い出した



関連記事
| 15:00 |コメント(11)
カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2013) やる夫短編作品 2013

|

<< 世にも奇妙な物語 -追いかけたい- | HOME | 名作のタイトルに一文字足すとよく分からなくなる >>

■御感想or寝言

32551 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/03/19(火) 09:44:42 ID:-

靴下みたく、口の辺りからでろんっと裏返っちゃうんだろうか


32556 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/03/19(火) 12:18:32 ID:RZ4X6psw

あえてもう一発さわらせるしかないな、もしくは自分の体でメビウスの輪を完成させるしか


32560 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/03/19(火) 13:31:13 ID:-

予想通りのオチだった……こええよ
そう言えばBHが裏返ったら中にいたペンタゴンが出てきたねぇ


32564 名前:名無しさん@ニュース2ch [] 投稿日:2013/03/19(火) 14:30:03 ID:-

卵の下りからすると、たぶん内臓とかも…


32572 名前:名無し@まとめいと [] 投稿日:2013/03/19(火) 17:52:29 ID:-

なぜ捕まえたし


32576 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/03/19(火) 19:47:21 ID:-

『東京事件』って漫画であったな、人間が裏返るシーン


32579 名前:名無しの呑兵衛 [] 投稿日:2013/03/19(火) 21:34:20 ID:-

度胸星のテセラックを思い出した


32581 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/03/19(火) 22:08:12 ID:-

ぬーべーでもなかったけ?こういうの


32583 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/03/19(火) 22:52:32 ID:-

諸星大二郎の短編であったなー人間が裏返るって


34035 名前:ゆとりある名無し [] 投稿日:2013/05/01(水) 10:50:41 ID:-

菊池秀行の鬼去来でも裏返しを使うやつがいたわ


34198 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/05(日) 21:37:44 ID:-

ある推理作家の小説でもあったなこんなの
浮気した科学者が相手に裏返されたパンツを穿いたまま裏返そうとなんでも裏返す装置使ったら自分が、って話
――いや、ホントに推理小説なんだよ!?


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV