やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

  • .(04/23)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2013/05/01(水) 夜明けの花火

カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2013) やる夫短編作品 2013

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所134                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.55 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その28              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド14                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

432 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:13:10 ID:1/VU0XQk0 [2/14]




                ____
              /      \
             / ─    ─ \
           /   (●)  (●)  \          ある時、飲み会の流れで、
           |      (__人__)     |
           \     `⌒´    ,/          自分が体験した怖い話をする時がありました
           /     ー‐    \






               ____
              /      \
            / ─    ─ \
           /   (●)  (●)  \           その時、一番コエェよと言われた
           |      (__人__)     |
           \     `⌒´    ,/           私のお話
           /     ー‐    \

433 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:13:27 ID:1/VU0XQk0 [3/14]


                                            / ̄ ̄\
                                          _ノ  ヽ、  \
                                         ( ●)( ●)   |
                                         (__人__)      | ../}
                                   _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
               -  - 、            (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
              / (≡ ≡)ヽ          ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
             (ヽ (_人_)/^)         .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
              ヽ     /           ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
.                |      |            i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
              .し    J             ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                   `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ




                 それは、父と親戚宅まで行く日のこと

                 朝早くに家を出て、空が明るくなりかけた時でした

434 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:13:40 ID:1/VU0XQk0 [4/14]








                        _/________
                     _,-' ̄ ̄古 ̄ ̄ ̄フ ,─‐ヽ─ 二、ヽ
                    //        / /    ||     | `\
                  //         / /_   .||    | | |
                _∠∠ ̄ ̄ヽ____/  __)__||___|_| .|
           _, -─ ''     ̄ ̄ ̄  _,,-''' ̄   /     |     |  }
          ./二_         .___,-''  _     |     冖.|   冖|   }
          {(__) ∈∋∈∋ (__ )  /__\  |       .|     |,ー、 }
         {≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡//  ヽ }∈≡≡≡≡≡≡∋ //ヽ≡}
          } ○ ヾ==[  ]==/ ○  | |   |.| /     /    /||  || ノ
         ヽ二二二二二二二二二彡|    |.|二二二二二二二二||  ||/
           ヽ、ノ         ヽ、ヽ、__ノ           ヽ_ヽ_ノ





              車で海岸線を走っていると、小便をしたくなりました

435 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:13:51 ID:1/VU0XQk0 [5/14]

   ..... .. .. . .... ...   . . .... .. .. ........ .... .. .. . ... .. .:..... .. .. . ... :.. ..
   . ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .... .. .... . . .. ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. .
   :.:.:. .... .. .:.:. ⌒   ⌒) .. :. :.:.:.:.. . ... :. .:.:.:.:. . ......:.:.:.:.:. (⌒~;;:::`ヽ
    .. .... .. . (⌒      r' .... .. .:.:.:.:. r ⌒ヽ .:.:.. .. . ,,;;(;;::(;;;;:
   :.:.:.. . . (⌒'   . . ... :. .:.:.:.: .: .. . (⌒   ⌒)  ((''";;:;;  ;;;(;;::::
   . . .:. (      .. .... .. .:.:.:..: .:.: .:.: (⌒ . . ... .:.:.: 从;;;;::::(
     .. ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:..  ... ..  .. . .    从;;(;:::::::::   (;;:::
   ⌒~;:`ヽ                    ((;;;(;::(    ::::(;;;;;;;;
   ;;:")  :;;;;ゞ:ヽ.,,、,,_ __ ,.,,.,_ ___,_ __ ,.,_,.,_ __ _,,..,(;;(;:: ;; ;;:从(;;::::(;::::::::::
    ;;:"'') ::::;"'')' /     .,,.             i  `ヽ(;;(;;;   从;;;;;;;;::
     ;;;::::);;::);r' / ,.,,.、.,.,,           |     ヽ(;;(;;;:: ::: :: ::::        しかし、場所は人里離れた道
     :::::;;;;):;;):;)'/                 |      (;;:W;;:W::WVW
   :::ww:w:::::);)'/          .、.,.,,、.,   |        (( WV;;::::;;::
   v ww ::ノノ' /   ,.,,.,            |      '""'"'' ν;:  ;;::::ilノ       コンビニなんかもない頃です
   ::iil::::::ノ''"''/                ,.,,.,. | '""'     ,,, |li!;  ;;::μ
   :iγ" ''" /                   |            |li;;:  ;;:!!|
   ::ii|"'''"''/          .,,.,.        |            |li;;;: ;;::;;il
   ::il| ,,.,.,/    ,.、.,,,.      ,, .,,., .,,.,  |        ノノ;;;: ; ;;:illヽ
   :;il|  /  .,,.、.,.                 |        ^~""''''""'''^^"''
   '"'^'/                         | ,,.., ,,           ''"''
   "' /                       |      '""'"''
   ``"''`~"''''ー-‐ー-、,、.,,.           |
                `⌒´"'^'ー-‐、,  |             ,,.,
                        ´`"'"''ー'ー-、,
                                `^´`"''ー~、.、
                                        `'~、、
        ,,.., ,,           ''"''
                              '""'"''

436 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:14:02 ID:1/VU0XQk0 [6/14]
                           ゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
                            *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
                            o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
                           ・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
                           ゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
                           o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
                            。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
                            *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
                           。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
.        -  - 、                * ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
      / (● ●)ヽ                   |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
.        ゝ(_人_) ノ               o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
.      (  ∨  )                ・| + ゚ o }  }                ヽ O。
.       |\( _r´|                 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
.        (_| |_)                     o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
                            |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |





                 ちょっとアレですが、仕方ないので親子で立小便

437 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:14:16 ID:1/VU0XQk0 [7/14]





            すると……






                -  - 、
              / (● ●)ヽ
              ゝ(_人_) ノ          「父ちゃん、こんな時間に花火やってる人がいる」
              /    ヽ
.                (|      |)
              .し    J








          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ー)(ー)
       . |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ           「花火?」
       .  |       nl^l^l
       .  ヽ      |   ノ
          ヽ    ヽ く
          /     ヽ \

438 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:14:29 ID:1/VU0XQk0 [8/14]






               -  - 、
              / (≡ ≡)ヽ
             (ヽ (_人_)/^)       「うん、あそこ」
              ヽ     /
.                |      |
              .し    J







            / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ○)(○)
          . |  U  (__人__)
           |     |r┬-|         「……急いで車に戻れ」
          .  | ι   `ー'´}
          .  ヽ     u  }
            ヽ     ノ
             /    く  \
             |     \   \
            |    |ヽ、二⌒)、

439 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:14:40 ID:1/VU0XQk0 [9/14]






           __
         rγ´  __`ヽ
        〈 .{  Y´;;;;;;;;;;`''ミ、
        __ ',ヽ ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> 、             / ̄ ̄\
       (  `ミ、ヽ};;;;;;;;;;ト、;;;;;;;;;;;;;;\.,_           ノ `ヽ  u.|
    .     `''・、 `ー|;;;;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;\> .,_     (○ ○ )   l _
          ..`~ |;;;;;;;;;;l` <\;;;;;;;;;;;;;;\   > ..,,_(人__) γ´   `ヽ
             |;;;;;;;;;;|    `''\;;;;;;;;;;;;;;\      > .,_{       }\
             |;;;;;;;;;;ト、      \;;;;;;;;;;;;;;\        `ヽ     リ  ヽ
             |;;;;;;;;;;|;;;\     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ             /    .',
             |;;;;;;;;;;ト、;;;;;;\     マ;;;;;;;;;;;;;;;∧、           /     ',
             |;;;;;;;;;;| \;;;;;;\     .マ;;;;;;;;;;;;;;;∧`ー―---―''        .',
             |;;;;;;;;;;|..  \;;;;;;\    マ;;;;;;;;;;;;;;∧  ∨             ',
             |;;;;;;;;;;|    \;;;;;;\.   マ;;;;;;;;;;;;;;∧  ∨               ',





                  父は私を車に押し込むと

                  急いでそこを後にしました

440 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:15:01 ID:1/VU0XQk0 [10/14]





               ――
             /      `
            '  _.ノ 、_ .
            i  (●)(●) i   「……」
            |  (__人__)  |
            |     ´ `   !
            _.>  ____  <             - -、
          /⌒ヽ        ィヽ           ● ●) ヽ    「父ちゃん?」
         / rー'ゝ _=≡≡=_ 〆ヽ          (人__).uノ
         /,ノヾ ,>´ \_/`ヾ_ノ,|
         | ヽ〆.   |  |   |´ |





              話しかけても無言で

              子供ながらただならぬ空気を感じました

441 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:15:19 ID:1/VU0XQk0 [11/14]



           30分ほど走って

           町が近づくと父は



            . __
            ./::::::. \
           /::::::ヽ;;:   \
          . (:::::(::::冫    |
          . (:人;;;) .    |
          r‐-;::::::. .     |          「今日見たことは誰にも言うな」
         (三)):::::.. .   |
          >::::ノ:::::::::.    /          「母さんにも、姉ちゃんにもだ」
         /::: / ヽ;:::::::::   /
        /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈            「父さんと約束しろ」
       (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
           . |\::::::::::::;;:1
           . |:::::\;;/:::|





       優しい父が珍しく鬼気迫る表情で言うので

       自分は約束どおり、誰にも言いませんでした






                -  - 、
              / (● ●)ヽ
              ゝ(_人_)ijノ          「う、うん……」
              r'つ   r'つ
.                |      「
              .し    J

442 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:15:39 ID:1/VU0XQk0 [12/14]




                    私の見たもの、それは海岸近くで打ち上げられた花火のようなもの





                                                     , '.´ ̄`ヽ
                               ,'´`ヽ              ヽ、_,'  ノ   ,'
,ィ´ ̄..`.:ヽ...、                       ,'    '::::,、_             `ー = '´
         ヽ、                   ( , '         '.:::、
      ,.:'´ ̄  )、                 ,.::' ,     ,.:'     (
.,,;_,_,_,_,_;_       `ヽ                  ,'   i     ':...、     ':...、
: : : ;_; ; : : ': :.:.:.: ., , , _ _ヽ _________,,;'__,';;____;'::.,____;':.、____________
:.:.,;'l; 弋二 ̄  ̄ 二ニ = -―  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,:, :, :, :, :, :, :, :,:, :, :, :,:, :, :, :,:, :, :,
戈江ニ戈    弌 _   :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
弋 \         `丶 、  :,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
  ',  ',,,           '一二三    :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
   ' ,,,                  `丶 、:,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
  : : : : : :                  ’'ー二三二   :,  :,  :,  :,  :,  :,  :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
: : : : : : : : ..                      ’'ー 、_;,   :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
  : : : : : : : : : ..                          ’'ー二三二   :, :, :, :, :, :, :, :, :, :, :,
: : : : : : : :: : : : : : : : ..                          ` ー= 三 二 = 、 :, :, :, :,
  : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ..                               ` ー 二
: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : ..
  : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : ..
: : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ..

443 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:15:50 ID:1/VU0XQk0 [13/14]




                そして遠くにうっすら見えた小さな船





                    _
                   ノ |_   ll__l---||_      
                 rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
                |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
                |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
                l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
              f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
              ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
               `ー~´~~~~

444 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:16:04 ID:1/VU0XQk0 [14/14]









                ____
              /      \
             / ─    ─ \
           /   (●)  (●)  \        今から20年以上前、新潟に住んでいた頃のお話です
           |      (__人__)     |
           \     `⌒´    ,/
           /     ー‐    \








.

445 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 14:33:14 ID:lo.4RIyg0

乙でした。
お父さんは花火の意味を知っていたんだろうか?
と考えるとマジで怖いな…。
20年以上前だと、まだ拉致問題って表面化してなかったと思うんだけど…。



446 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 15:39:21 ID:IegR5SIE0

あの辺では有名だったらしいけどな
子供たちも海岸に近づくなとか言われてたらしいし



453 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/30(火) 21:04:52 ID:g2ax6flw0 [2/8]

そういやそんな事件があったっけ



関連記事
| 18:00 |コメント(17)
カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2013) やる夫短編作品 2013

|

<< 八神先生に聞く”フィラリア”ってなーに?の巻 | HOME | やらない夫の深夜食堂 煮こごりの巻 >>

■御感想or寝言

34031 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/01(水) 06:50:02 ID:-

何の事件のことだろ…?


34037 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/01(水) 11:23:57 ID:Uh60rX9Y

北朝鮮による日本人拉致事件の事だろう
「花火」とはおそらく工作員の信号弾だと思う


34040 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/01(水) 12:03:47 ID:-

コメントとかみるともう風化しちゃっているのかって思うなあ


34050 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/01(水) 15:03:38 ID:-

いや、通報しろよ


34055 名前:  [] 投稿日:2013/05/01(水) 15:42:34 ID:-

※31883
当時は左翼勢力が強くて、警察から誰が通報したとか流されるおそれがあったのかもな。



34073 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/01(水) 21:04:55 ID:-

当時の田舎世間の狭さを考えると左翼関係なく、すぐにばれるんじゃない?
通報者を保護するとか秘匿するって発想があったかどうかも疑わしいし…
まあ、震えるしかなかったってのは情けない事だけどね……


34112 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/02(木) 15:40:27 ID:-

新潟生まれ新潟育ちだけど少なくとも自分の周りではそういうことはまったくなかったな
別の世界のお話だわ


34147 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/03(金) 22:36:15 ID:-

夜明けの花火など、あってはならない人種です


34148 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/03(金) 22:39:28 ID:-

こんな事件があったのか…

ところで、最近魔少年BTの単行本を買ったんだが、あれのエピソードの中にこないだの角田美代子がやらかしたような家乗っ取りそのもののようなのがあった
あれ、つまりその当時にはモデルケースが存在したってことなんだろうかねぇ?
妙に嘘臭さが無い感じだった

表面化、もといマスゴミが黙ってるから伝わってない&表向き問題視されてない、似たタイプの事件がいくつもあるってことですかね?
在日および、朝鮮系はまじで皆殺しにしたほうが良いのかもしれませんな


34205 名前:31883 [] 投稿日:2013/05/06(月) 03:00:23 ID:-

※31888
※31906
オレが住んでたのは新潟とはまた別の海沿いの地域だが、不審船や不審者(チョン、チャンコロ)見かけたら通報がデフォだったぞ
っていうか、通報しないと内通を疑われるレベル

あと、通報先は警察ではなく、海上保安署だった


35197 名前:名無しさん [] 投稿日:2013/05/25(土) 08:04:08 ID:-

話の父親は、拉致の工作員に襲われないために何もなかったことにしたのか。
当時でも普通は通報するよなあ。


35215 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/25(土) 13:11:26 ID:-

※31982 あなたの文の最後の行「在日および、朝鮮系はまじで皆殺しにしたほうが良いのかもしれませんな」というのは頭が変だ。拉致実行犯と同じく、いやそれ以上の鬼畜なことをさらりと書いて自分の正気を疑わないのだろうか。正気を保ち日本国民が外国の脅威に対応した大東亜戦争(戦争には善も悪もあるから、日本軍無謬論にはまってはいけないが)のころを思う。




35290 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/26(日) 15:20:49 ID:-

新潟も広いしな。えれぇ山奥もあるじゃないか


35338 名前:名無しさん [] 投稿日:2013/05/27(月) 21:06:09 ID:-

確かに一番怖いw

※33060
上とは別人ですが、人間で在る事を放棄した物達に、慈悲など必要なのでしょうか。
貴方はゴキブリにさえ哀れみをお恵みになるのでしょうか?
外国でただ、相手が日本人だというその事実だけで虐めるような、脳みそが腐った姿形のみ人間である物すら人間として認められる程お優しい方なのでしょうか。


38863 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/09/07(土) 04:06:45 ID:-

主張:在日は皆殺しにすべき
理由:漫画

……なんか、すごい世界に生きてるんだね。


38865 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/09/07(土) 06:18:22 ID:-

>>37331
マンガをバカにしてるなんてさては貴様団塊でゴザルなwwwwwwww?拙者日々、学問に勤しむ手間さえ削りマンガやラノベを読み漁っているでゴザルがあれは最早日本の伝統文化でゴザルよwwwwwwwデュフ


49178 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/09/07(日) 21:32:43 ID:-

今でも通報者の保護なんかしてないしなあ


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV