やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

  • .(04/23)
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

川田両悟

富士伸太

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

須崎正太郎

■2013/05/07(火) 信じようと、信じまいと― 「夜目遠目傘の内」

カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2013) やる夫短編作品 2013

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所134                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.55 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その28              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド14                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

773 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:05:41 ID:SRU2qfbA [2/13]

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |   信じようと、信じまいと―
    \      `ー'´    /
     ノ           \

774 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:05:51 ID:SRU2qfbA [3/13]

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _ ,,,, _ _                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::   ,r_´_     `ヽ,                        ::::::::::::::::::::::
::::::::::      '´   `ヽ     !                        :::::::::::
:::::             l    !                          :::::
::            /     /      ⊂⊃                   ::
         、 _ ,r '´   /
         `' ー-- ‐ ´
    ⊂⊃
                                     __n
        、,ゝ=== く               x≦:::::::::: ̄≧x
        、_γ      `ヾ,           x<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
.        く(   r,J三;ヾ   )>       ,...::::::::::::_  -=≦|「 ̄ ̄≧=-  _:::> 、
      ´  =; {三●;= }  ,=ニ `.    /::::>'"´{   ,ィフ|ト、 ̄   リ    `ヽ:::\
           ゝ≡三=イ ´     /:: /  /´ヽ/ /___|| \ /`ヽ      \:|
                      l/  /   / ̄/  ̄|| ̄ ヽ    \    /
                      ヽ /  /   /   ||    ‘,    ヽ/
                           ⌒ ヽ/_  {l   ||     }i/ ̄
                           '´   `ヽレ-─ |レ'"´ ̄`
                                 ||
                                   「l
                                 _ | |
                                    │U│
                                 ー'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 「夜目遠目傘の内」ということわざがある ..┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

775 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:06:03 ID:SRU2qfbA [4/13]

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            / /" `ヽ ヽ  \
        //, '/     ヽハ  、 ヽ
        〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
        レ!小l( ●) (●)从 |、i|
         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
            ヽ、  ゝ._)   j /
           ヘ,、 __, イ
        r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
        {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
        |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
       ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
        `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」
           【before】



             /.::::::::::::::::::::.: | ::::::.:{:::::::::.:.:.::.:.:.:.:...:.:.::.:.:.:.:.: ..:.:.:.: .:.ヽ:.:.:.',
.            /.::::/.::/ .:::.:/'| ::::.:ハ::::.: ト、:.::.:.:.:.:.:..:.:.:.: .:.:.:.:.:.:..:. :.:.:.:.:.:.:.'
           /.::〃 .::/..::.:.:/ ! :::/  '::::.:.| \:.:.::.:.:.:.:.:.. :.::.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.i
.          /'´/.:::::: { ::.:.:/  j/   ヽ::.|   ヽ:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:...:.:.:.:.:.:.:.i
         / ,.:::::::::::.:,:.:./─-、     \ ___ヽ:.:.:::│:.:.:.:.:.:.:.: i.:.:.:.:.:.:.:.i
           '::::::::::::::.∨ ,.__ 、ヽ     ´    `':.:.:/| :.:.:.:.:.:.:..:.|.:.:.:.:.:. {:|
.           l::::: l::::::.: | ,/フ心       ´-ぅミ._∨ | :.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.ぃ
         |::::: {::::.:.: |ヾ ト::::゚!           '::::::(_,ト、」 :.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.`ト、
          |:::: ∧::.:.: !  弋::ノ           {:::ryり丿.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:. }
           {:::: {:::.ヽ::.ヘ ⊂⊃        ゙ー-'′/.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:.:.:.:.: リ
.           \ハ:::.:. \      ,′         /.:.:.:.:.:.:.:.:.从.:.:.:.:.:/.:,′
           ヽ、::八     丶      こつ .ノイ.:.:.:.:.:.::イ:::::::.:.:.:/.:/
             \ ヽ                 /.:.:.:/.::ノ::::::.:.;ノ:ノ
                 \   ‐=-       ノ イ:::::;;::::::::::./´
                  \            . '゙ | 从/
.        r‐- 、         .\.  . _,.    ´    |/
.         { ヽ  `¨フ        r::┤             |‐-、
          _}__,」`二  /⌒,  /.:::::|            |:::::::.\
         {  _/\{  { / .::::/|             /.::::::::::::..\
        厂    \ ヽ ':::::::::/ 丿         /..:::::::::::::::::::...ヽ
                    【after】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 女性が美しく見える条件を言ったものであるが .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

776 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:06:15 ID:SRU2qfbA [5/13]

                       /\
                  // \\
                 //    \\
                 //         \\
       .       //    ._     \\
           //      .| .|      \\
          //       .| .|        \\
        //         .| .|           .\\
       く <              ! .!           > >
        \\        . | .|           //
          \\       .| .|          //
           \\       ̄       //
       .       \\     ○     .//
                 \\        //
                  \\.    //
                  \\ //
                     |\/|
                     |    |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃この三条件がそろっていた場合、むやみに近づいてはならない.....┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

777 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:06:26 ID:SRU2qfbA [6/13]

_ --- 、_| |_ --- 、_ --- 、_ --- 、_ --- 、_ --- 、\
      | |
      | |     _ --―-- 、_
      | |  , _'"´         _`>‐- 、_
  _  |__|,r'´::::::`ヽ‐-y-v-‐'´ ̄_, ---、 〉
 く:::::::::`(_)ー::::::::/`ーゝ-‐'=ニ二_,r-、ヽ、ノ∧
  ヽ:::::'´::| ト、_,.ノr、   r'´Lノ´`L_r'|`ヾイ /
   ヽ__ノ| |,、( ヽノ `ーイ ト、  、  ヽ `<`ト<_
.     {ニ| | / /  ト、 _」、k`z-}、- 、 ヽ  〉ヽ ,ソ
.     〉| |' / ,x'ナ_三_、ヽ` ,z=ミ、  i / !Y
     く._| | ! i {/b:::::j`}ノ 'b::::::ハ / !  | l
      | | ヽ丶ヽ`¨´      ̄ / l  l  l ヽ
      | |、 ノ  } 〉  、_`'_,ィ   ト イ  ヽ l lヽ、
    /| |ノ /  /ヽ{丶 `¨´ _,ィ ヽ ) / ノ ヽ ヽ
   /  | | /  〈 / _L`ニ,=,ニ 」 /   / /   ヽ l
  /  ./| |ヽ   ヽ ヽ-テ'7ネ-K::::ヽ!  ( !ー-、  l \
  l /   | |'´\  `V//イ::| |::ト、:::〉、  ヽ丶.:.:.ヽ ヽ,  ヽ
  V  ./| |.:.:.:.:.)  ノヽソ|::|ー|::|´ヾ ノ ノ  〉:.:.:.ヽ 丶 l
 /    !「 ̄|__ノ、  ∧  〉〉 !::|   ∧ 〉 〈:.:.:.:.:.:.:.!  ヽ|
/    ./:.|, - !、_ヽ /、/ >、!」__`i_Y´i/ / /:.:.:.:.:.:.ノ    ヽ
/ {.  〈:./ , -、_`)、ノ.:.:.`ヾ、/ |  l__,>'ヽ ! /.:.:.:.:.:.:.:./     }
! ヽ  `| ,-'‐、_) l:.:.:.:.:.:.:.:. ̄  ̄.:.:.:.:.:.:.}ノ`!:.:.:.:.:.:.:.:.〉    〈
!  ,ノ <l , ‐-、ノ |!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}-'ー`ーi´      ノ
ヽ    「 ̄l-‐r〈ノ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ    l    (
 ヽ   |   ! .|   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l     !     ヽ
 / /!  '` !   ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈  !    | i    }
_」_,/´`ゝ、__,ノ   ノ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ! ___!_ ヽ    ノ
.〈:::::::::::::/ヽゞ、_,/ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ´____〉/ /
ヽヽ-'ヽ' r‐-{ー'7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、∧∧ノ>ー'-'7
  `ヽ_,〉-ゝ‐'´{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧    ト--、ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ これは人ならざるものの存在に警鐘を鳴らしたことわざでもあるからだ ...┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

778 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:06:36 ID:SRU2qfbA [7/13]

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|   信じようと、信じまいと―
    \      `ー'´  ...:::::/
     ノ           \



【元ネタ】
60 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 00:23:50 ID:oSEhcdpT0
信じようと、信じまいと―

「夜目遠目傘の内」ということわざがある。
女性が美しく見える条件を言ったものであるが、
この三条件がそろっていた場合、むやみに近づいてはならない。
これは人ならざるものの存在に警鐘を鳴らしたことわざでもあるからだ。

信じようと、信じまいと―

779 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:16:30 ID:V2CHb6z6



懐かしいな、「信じようと信じまいと―」



780 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/06(月) 16:17:43 ID:Wipemp/Q [3/5]


beforeでもオッパイはいいよね



関連記事
| 06:00 |コメント(7)
カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2013) やる夫短編作品 2013

|

<< 寄席やる夫亭 小噺 「義務と信念のおはなし」 | HOME | 信じようと、信じまいと― 「偉大なる死」 >>

■御感想or寝言

34298 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/07(火) 17:37:43 ID:-

オカルト系の話だと真っ暗だったり遠く離れてるのに
相手の顔がはっきり見えると危険信号とかって例も結構あるな


34310 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/07(火) 20:24:14 ID:-

よくよく考えるとこの諺って女性に対してかなり失礼だよなw


34314 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/07(火) 20:45:45 ID:JalddpaA

女性に対して語るなら「女性は魔性に近づくほど美しくなる」と言い
男性同士で話すなら「実物が見えないほど脳内補正が効く」と語ろう


34316 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/07(火) 21:38:11 ID:-

確かに失礼では有るんだが同時に事実でもあるからなあ
夜の街とかに繰り出せばすぐわかる


34318 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/05/07(火) 21:53:02 ID:-

まあ逆に言えば美人か不美人かなんて、ちょっと暗かったり傘の中に入る程度の
ことで変わってしまうくらいあやふやなモノってことだよね



34380 名前:名無しさん(笑)@nw2 [] 投稿日:2013/05/08(水) 22:22:14 ID:-

つまり近視や乱視の男は得、と言うことだな?


35497 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/06/01(土) 23:12:32 ID:-

美人かどうかの認識はあやふやでも美人と言う概念は揺るがないと思うぞw


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV