やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

■2009/09/26(土) 短編勝負 やる夫は帽子をおいかけるようです。

カテゴリータグ:やる夫短編祭 2009年やる夫短編勝負 200809

過去記事の検索欄



短編勝負スレ の記事一覧


893 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:11:23 ID:vqWJImxs
                     ___
             、__ ...  - ‐__'' "´     ゙i
           ヾ   ̄  ̄             |
         ヾ`r             |
         ミ `(            __ r"|..._
          ミ  ´(  _____ ....((  )lノ  `ヽ
            ヾ  ◎===__====== =- ‐ ′

「僕の帽子は、お父さんが東京から買ってきてくださったのです。
ねだんは2円10銭で、かっこうもいいし、ラシャも上等です。
お父さんは大切にしなくてはならないとおっしゃいました。
僕もその帽子が大切だから、大切にしています。夜は寝るときにも帽子を持って寝ます」


こういう作文を出したら、先生は大きな口を開けてお笑いになりました。

みんなも一緒になって笑いました。

894 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:11:58 ID:vqWJImxs
タイトル
┌──────────────────┐
│やる夫は帽子をおいかけるようです。  ......│
└──────────────────┘

その大切な帽子がなくなってしまったのですから、僕は本当に困ってしまいました。

895 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:12:36 ID:vqWJImxs
                   ____
                 /      \  
               /─   ─  \
              / (●) (●)   \
           __  |   (__人__)   u  |     __
           | |= \  ` ⌒´   _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |
           | |  / /l      丶 .l      .| |
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
       _ /     ` ヽ__  `-   {し|   ./  | |
___ /    ヽ        `ヽー、}  /  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./  /  |_|
  /                    ノ|  /
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
.|      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|

いつもどおり、「ごきげんよう」をして、
ぼうしのぴかぴか光る庇(ひさし)をつまんで寝たことは覚えているのですが、

それが何処かへ見えなくなってしまったのです。

僕は、驚いて半分寝床から起き上がってあちこちを見渡しました。帽子はありませんでした。

896 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:12:53 ID:vqWJImxs
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |  u   (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

おとうさんもおかあさんも、何も知らないように、僕のそばでよく寝ていらっしゃいます。
僕は、お母さんを起こそうかと思いましたが、

「お前さんはおねぼけね、ここにちゃんとあるじゃありませんか」

とわけなく見つけ出しでもなさると、少し恥ずかしいので、起こすのをやめて一人で探しました。

897 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:13:23 ID:vqWJImxs
_| | |______,|| |.|_____________________
 ̄| | |______,|| |.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| | |───||l──‐|| |.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|  ┌‐‐l]‐┐
  | | |      ||l.     || |.|  | ::.。゚o.: | __
  | | |      ||l.     || |.|  │ ,;ゝ;:'│| 11.|
  | | |      ||l.     || |.|  └――┘|;;;;;;;;;;|
  | | |      ||l.     || |.|          |''''''''''|
  | | |      ||l    0|| |.|         ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |O     ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l.     || |.|
  | | |      ||l   /,||_|,l_____________________
  | | |      ||l //
  | | |      ||' /
  | | |    //
  | | |  //        __________________
  | | |//.         /                            \
_| | |/          /                                \
/| | |.           /                                    \
  |_l/          /                                  \
/           l二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二二l
               | |l                                   l | |
               |_,,ソ                              !,|_,ン

よくさがせば、すぐ出てくるだろうとおもったりしたけれど、やっぱりありません。
だんだん心配になってきて、しまいには喉が干からびるほど心配になってしまいました。

僕は胸がどきどきしてきました。

ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・
視聴者カウント
アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会い出会いメル友



898 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:14:32 ID:vqWJImxs
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

昨日買っていただいた読本の字引が一番大切で、その次に大切なのが帽子なんだから

僕は悲しくなりだしました。涙が目にいっぱいたまってきました。

899 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:15:11 ID:vqWJImxs

 ,―――――――――
|\,================
| ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
| 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
|, |]三三三三三三三三
| ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
| ,|]三三三三三三三三
|  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
.| , |]三三三三三三三三
!、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
  ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
  `'.===============

そっと寝床を抜け出して、本棚のところへ行って
上から下までよく見ましたけれど、やっぱりありません。

ぼくは本当に困ってしまいました。

900 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:16:01 ID:vqWJImxs
①「帽子を持って寝たのは、おとといの晩で、昨夜はひょっとするとそうするのを忘れたのかもしれない。」
                                                             
②「きっと忘れたんだ、そんなら中の口※にあるはずだ」                  
                                                             
③「中の口の帽子掛けに庇のぴかぴか光った帽子が、知らん顔してぶら下がっているんだ。」     

                                      (※玄関と台所の間にある入り口)
                         
僕はそう思いました。

901 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:16:24 ID:vqWJImxs

     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \
     |┃     /  (●)  (●)  \
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

なんてこった、と思うとぼくはひとりでに面白くなって、ふすまをがらっと勢いよく開けて飛び出しました。

いつもは物音にすぐ目を覚ますお母さんも、その時はなぜかよく寝ていらっしゃいました。

902 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:17:15 ID:vqWJImxs

/|
  |   ___  _____
  | /   /|/       /|        ____
  | | ̄ ̄ ̄|  || ̄ ̄| ̄ ̄||  |          ||  ;  |
  | |      |  ||ヽヽ .|.ヽヽ ||  |          ||  i  |
  | | =    .|  ||    |    ||  |          ||_λ_|
  | | ̄ ̄ ̄|  ||__|__||  |          ||::.::..:.:.. |
  |_| ̄ ̄ ̄|  |;.  i | i .; |  |_____||::.::. .::..:..|______
/';.|___|/|_____|_____|/


僕が中の口へ向かうと、いつもは電燈が消しているはずなのに、中の口は
その晩は、昼間のように明るくなっていました。




                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

中の口の帽子かけに、僕の帽子が威張りくさってかかっているに違いない――でも
お父さんの茶色い帽子だけ、知らん顔してかかっていました。僕の帽子はありませんでした。

ぼくはせかせかした気持ちになって、あっちこっちを見渡しました。

903 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:17:48 ID:vqWJImxs
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ ||  |
――─────┐ | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ ||  |
_______,,| | l_________,| | l_________,| ||  |
_________|___________|___________||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そうしたら、中の口の格子戸に、黒いものが挟まっているのをみつけました。
驚いたことに、それは僕の帽子らしいのです。




―┼―┼―┼―┤ |                     | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ |                     | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ |                     | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ |                     | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ |                     | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ |                     | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┼―┼―┼―┤ |                     | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
―┴―┴―┴―┘ |                     | └―┴―┴―┴―┘ ||  |
――─────┐ |                     | ┌――─────┐ ||  |
_______,,| |                ..    | l_________,| ||  |
_________|                    _|___________||  |

不思議なことに、格子戸はひとりでに音もなく、開いて、帽子は往来の方へ転がり出たのです。

904 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:18:14 ID:vqWJImxs
                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
             /  .\     i⌒\   /
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/


僕は夢中になって外へ飛び出しました。

雨戸も不思議なことに、今夜に限って開いていました。

905 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:18:32 ID:vqWJImxs
::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :|::::::::::::::::::::::::
, _,.,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::: :::::::::: :::::::::::::::::::::::::              ::|:::::::::::::::::::::::::
 ::::::`,;:::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             :::|:::::::::::::::|::::::::::
::::::::::::::_゙l,,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  ::::|:::::::::::::::|:::::::
  .‐.~:::::::::::...`'::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::: :::::::::::::::::                  :::::|:::::::::::::::|::::::::::
,':.. :::::::::::: 、::::::`'‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::|:::::::::::::::|:::::::::
:::::::... ......:::: ::::::::: .:::i._:::::::::::::::::::::::::::                       :::::::|:::::::::::::::|:::::::::
: ::::─::::::::┬:::::─‐‐:::::: :::::::::::::::───――――─────────:::::::::|`ー┐::::|──
::::::::┴::::::::: ::─┬::::::::::::::::::                             :::::::::|:: │::::|:::::::::
::─:::::: :┬::::::::::┴:::::::::                             ::::::::::|:: │::::|::::::::::
: : ┴┬::::: ::::: ::::::::┤                             :::::::::::|`ー┘::::|:::::::
::┬:::::─:::::::::  ┴┤                                ::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::
::::─: ::::: . ┬┴┬┤                             :::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::
:::: :::::┴┬┴┬┴┤                                ::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
::_ ┴┬┴┬┴┬┤                           :.::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
┴┬┴┬┴┬┴┤                           ::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::
┬┴┬┴┬┴┬┤                           ::::.:::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::
┴┬┴┬┴┬┴┤_____ __________    _::::::::::..::::::::::|:::::::::::::::|_
─┴─┴─┴─┘        ::                  :::::::     ::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::

906 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:18:57 ID:vqWJImxs
       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶
  /  (●) (●) ヽ
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

風も吹いていないのに、帽子は投げられた円盤のように2,3間先をくるくると回っていきます。

まあ、よかったと僕が安心して拾おうとすると、帽子は上手に僕の手から抜け出して
ころころと転がっていくではありませんか。帽子はどこまでも、ぼくから逃げ延びました。

907 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:20:27 ID:vqWJImxs
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |;,;::,,/⌒\:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┗|;;:;,(´ ̄ ̄`) ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |;::: .   i    : ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |:: ...   |┛   : ::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |:..    |     :: :::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ┗|:    |     :.:.:: :::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::::. |:    |     :.:.:::: :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::: . |:    |┛      : ::::.:::.::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::: : :: :   |:    |       :.: .:::::: ::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , ┗|:    |        :.:.::: :::::::
ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l::..|:    |           :.:::.:: :::
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][::::::::][:::::: ][::: . ]| |:.__.|           : ::.::.::
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][::::....][:::::...][.. | ||   ||           : ::::::
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::.. ][... : ]| ||   ||          : : :
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][:::::. ][::: .. ][.. | ||   ||              : :
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::...][:::.....][::......]| ||   ||               ::
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::...][:::::...][:::::....][. | ||   ||            :
:][:::::: ][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::....][::......][...  ]| ||   ||
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::......][::......][........][.. | ||   ||
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::..][::::....][::.. . ][...... ][. . . ]| ||   ||

四つ角の、文房具屋を越えて、歯医者を越えて
酒屋の天水桶に乗って、また飛び上がって。 帽子は何処までも飛んでいきました。

夜なので、あたりは気味の悪いほど暗いのでしたが、帽子ははっきりと見えました。

908 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:21:06 ID:vqWJImxs






       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

「おおい!まってくれえ」と僕が声を出すと、そうしたら、帽子が――その時はもう学校の正門まで来ていましたが―

909 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:21:40 ID:vqWJImxs






                「やあい、追い付けれるものなら、追いついてみろ。」

                     確かに帽子がそういったのです。




.

910 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:22:13 ID:vqWJImxs
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

僕は「なにくそ!」と負けない気がして

その帽子に飛びつこうとすると
帽子は正門の鉄の扉を何の苦もなく突き抜けて、学校の中へ入っていきました。

911 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:23:13 ID:vqWJImxs
___ _____     _____ _____     _____ _____
/    ||//    ||   ||//    ||//    ||   ||//    ||//    ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
..  /d|     / ||   ||    /d|     / ||   ||    /d|     / ||
 // ||   // ||   ||   // ||   // ||   ||   // ||   // ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/| _ _ _ _
___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
. ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
  . /l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
  l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
  _|||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
 ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.___/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
__||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
_  ||.         l||      ||.         l||      ||

気がつくと、僕は1組の教室の中にいました。僕の組は2組なのに。どうして1組に入り込んでしまったのだろう。

そこには、1組の先生が一銭銅貨を組の皆に見せていました。

912 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:24:02 ID:vqWJImxs





                 
                    「これを何枚呑めば、腹痛が治りますか?分かる人。」

                    「はい。一枚呑むと治ります。」

                    「いいえ、先生。二枚です」
 
                    「よろしい、その通り」
   





.

913 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:24:42 ID:vqWJImxs





      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´.    /
   /              \

僕はその様子をぽかんと見ていました。先生の手の中にある銅貨に気を取られていたのです。

帽子は?

ふいに気がつくと、僕はあたりを見渡しました。何処で見失ったか。帽子はいませんでした。

914 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:25:09 ID:vqWJImxs
                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
             /  .\     i⌒\   /
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/

僕は、慌てて教室から飛び出しました。気がつくと、広い野原に来ていました。

915 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:25:20 ID:vqWJImxs
.. . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,

916 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:25:45 ID:vqWJImxs
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .. . .     . .゚   .      .           .       .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:. . . . . . . .    . 。        .   。   .  .゚     +    . .   .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . .        .        .         .   ..      。.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .       .     。  .       *    .       . .  .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .             .         .    。   .     .      .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,        .     ゚. .      .  ゚     . +   .. .
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、        .      + .          .    .
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、       .       . .    ゚   .    . .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ    < ̄ ̄ ̄~.プ   。
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ    | ̄(~~)~囮  .      .    . ゚  .
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....        .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,  く      ヽ   .       * .    。
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.   ...:.:.:;,;,;..;,;, .:.:;,;,:.,;,;..',   ~`. ー-´~    ゚  .    . .     .
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....        ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',       .     .    。   ゚ .
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;        +      .     。.  .
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}      .       .        .  .
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;        .   。    +  .     .
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'            .      .   ゚
           ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'      。 ゚  .      。       .
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /              .   .
             、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'        .     *         。  .
              丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../           .     .          .
              \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '        ゚             +  .
                ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                   ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"

夜空に、僕の帽子が月の隣に高くぶら下がっています。

とても手が届きません。飛行機に乗っても、そこまでいけそうにはありません。僕はそれを恨めしく眺めていました。

僕は、お父さんに、帽子が逃げ出して天に昇って真っ黒なお月様になりましたなんて、とても言えません。
明日からは帽子無しで登校しなくてはならないのです。こんな馬鹿げたことがあるでしょうか。

917 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:26:48 ID:vqWJImxs


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

また涙という厄介なものが両方の目からぽたぽた流れてきました。







         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./


ひょっとしたら、狸が化けて僕をいじめているではないだろうか。
いや、お父さんの立ち寄った帽子屋が狸の巣で、お父さんも化かされていたんではないだろうか。

僕はだんだん薄気味悪くなってきました。

918 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:27:31 ID:vqWJImxs






          その時、遠くの方で、僕の名前を呼ぶ声がしました。泣く様な声も聞こえます。 

               僕は恐ろしさで、背骨がぎゅっと縮み上がりました。






.

919 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:27:53 ID:vqWJImxs
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ふと、僕の目の前に、おとうさんとおかあさんが現れました。

寝巻きのままで目を泣き腫らしながら、大騒ぎをして、僕のことを探していらっしゃいます。

920 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:29:41 ID:vqWJImxs

ヤルオー!




ヤルオー!



おとうさんもおかあさんも僕がそばにいるのに気がつかず、僕の名前を呼び続けながら
. ...              ..  . .     
..たんすの引き出しを、お父さんは本棚の本を片っ端から取り出して、僕を探しています。

そうです、家にあるはずのたんすと本棚も一緒に来ていたのです。

921 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:30:23 ID:vqWJImxs





                      「どうも、この本の中には居ないようだな」

           「ええ、そんなところにはいません。このたんすの中にいるに違いありませんわ。」

                   お父さんとお母さんは泣きながら喋っていました。 





.

922 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:30:49 ID:vqWJImxs
                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


やはり、あれは本当の僕のお父さんとお母さんです。
あんなに僕のことを思ってくださるお父さんやお母さんは、ほかにはいません。

僕は急に勇気が出てきて、大きな声を出して、二人のもとへ走りました。

923 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:31:07 ID:vqWJImxs
         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

ところがどうしたことでしょう、僕はお父さんとお母さんを空気のように通り抜けてしまいました。

僕は驚いて振り返りましたが、お父さんとお母さんは相変わらず本棚とたんすをいじくっていらっしゃいます。

僕はもう一度駆け寄りました。でも、再び空気のように通り抜けてしまいました。

924 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:31:18 ID:vqWJImxs
:::::::::::     :: :::::::::::::::      :: :::::::::;:;:;:;:;+::::::::::::::     :: ::::::::::::: ─::、;: ;: ; :.:::::::::::::::::::::
;:: ;: ;: ;・::::: : :;:;:;:;:;+;:: ;: ;: ;・::::: : :;:;:;:;:;+;:: ;: ;: ;・::::: : :;:;:;:;:;+    〆   ヽ
        :: ::;;;;:;:: ;: ;: ;・::::: : :;:;:;:;:;+::::      :: ::;;;;:;:: ;: ;: ;・::::: :l     l:;:;:;:;:;+::::
  :: ::;;;;:;:: ;: ;: ;・::::: : :;:;:;:;:;+::::      :: ::;;;;:;:: ;: ;: ;・::::: : :;:;:;:;:;+::::ゝ_ ノ
   :, . :.: ,: :. :, :.: :, . :.: ,: :. :, :.: :, . :.: ,: :. :, :.: ::;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;: : :;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;: ::;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;:
   :, . :.: ,: :. :, :.: :, . :.: ,: :. :, :.: :, . :.: ,: :. :, :.: ::;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;: : :;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;: ::;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;:
:   :, . :.: ,: :. :, :.: :, . :.: ,: :. :, :.: :, . :.: ,: :. :, :.: ::;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;: : :;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;: ::;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;:
;;:;:: ;: ;::: ;: :: ::;;;;:;:: ;: ;::: ;: :: ::;;:ゞヾゞ;ゞヾ.:  ;ヾヾ;ゞ:;:;:,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:;;:;:: ;: ;::: ;: :: ::;;;;:;:: ;: ;::: ;: :: ::;;;;:;:: ;: ;::: ;: :: ::;;
;;;:;:: ;: ;::: ;: :: ::;;:; :;:  ヾ;ゞ ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:  ;ヾヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.: ;ヾヾ; ;: ;::: ;: :: ::;; ;: ;・::: ;: ;・::: ;: :: ::;;
:::::::;:: :;:;:;:;:;+::::    ヾゞ;ゞヾ.:  ;ヾヾヾゞ;ゞヾ.:  ;ヾヾヾゞ;ゞヾ.:  ;ヾヾヾゞ  ;: :::::::+::;;:;::;;;;::::;:: ::;;
;;;:;:: ;: ;::: ;: :: ::;;:; :;:  ヾ;ゞ ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:  ;ヾヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.: ;ヾヾ;ゞ ;ヾ ;: ;::: ;: :: ::;; ;: ;・::: ;: :: ::;;
;: ;::: ;: :: ::;;     ,,ゞ.ヾ\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . ,,ゞ.ヾ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . , ;: ;::: ;: +:: ::;; ;: ;::: ;: :: ::;;
: : : : : : : : : : +   ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ   ;: ;::: ;: :;: ::+ ::;; ;: ;::: ;: :: ::;;
 :: ;: :: ::;; ;: ;::: ;: :::::;:::   ゞヾ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ;ゞ ゞ; ::::::: :::: :::: :::::: :::: : : : : : : : : : : :
:: ;: +:: ::;; ::;:;: ;:: ;      ゞ;ゞiii;:: イ.ヾゞ,    ゞ;ゞiii;:: イ.ヾゞ  :: ;: +:: ::;; :: ;: :: ::;; :: ;: ・:: ::;;
::;;   :: ;:  ::  ::;; :::;;   :: ;:..ゞ;ゞ   iiiii;; :|;:/ :.:. .: .::   ;ゞiiiii;; :| ::;;   :: ;:  ::  ::;; :::;;   :: ;:  ::  ::;; :
   ::;;   :: ;:  ::  ::;;:       |ii;: : |:/ : . :. :. :    イ|ii;: : |::;;   :: ;:+  ::  ::;; :::;;   :: ;:  ::  ::;; :
   :::::.:.:::: : :.:. :.: .:. . :: : : : : . . . .: |iii;;;;:| :.:::: : :.:. :.: .:. . : :|iii;;;;:| :.:::: : :.:. :.: .:. . :: : : :.:::: : :.:. :.: .:. . :: : :
                    |ii;((,)|           |ii;((,)| :. . :: : : :.:::: : :.:. :.:
      :.:::: : :.:. :.: .:. . :: : .    |iii;;::::|      .:. :.: .:: |iii;;::::|
                   |iii;;:::::|           |iii;;:::::| :.:::: : :.:. :.: .:. . :: : :
,.,.. ,...... ,....,.. ,,.,..,., ,,...,..,.. . ,....,.. ,,.,...,|iMi:::i;|;., ,.,.. ,............,.. ,,.,...,|iMi:::i;|.,., ,.,.. ...,..,., ,.,..,.,.. ,...... ,....,.. ,,.,..,., ,

925 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:31:43 ID:vqWJImxs
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /


「おとうさん、おかあさん。僕はここにいるんですよ」
僕は大声で言いました。しかし、二人は気付かず、僕の名前を呼んで探していらっしゃいます。

僕は情けなくなって、声を出して泣こうかと思いました。

926 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:32:05 ID:vqWJImxs
                 「`l
            へ   └┘   へ
            ヽノ  ´ ̄`ヽ く_/
                {     }
          ┼┐   ヽ.|~~~~|丿
      ├‐o  | |     ├─┤  ―  ヽ
      └‐        ├─┤      /
                    └─┘


そうしたら、僕の心にえらい智慧が湧いてきました。あの狸帽子が、天のところでいたずらをしているので
ぼくのことが分からないんだ。あの帽子に化けている狸を退治しよう。

927 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:32:22 ID:vqWJImxs




          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \
     |      (__人__)      |
     \( (ヽ(\ ⌒´     /
    γ⌒\\\\   ⌒ヽ
     i  j  ヽ _  `ヽー‐   i
     ヽ、 l ( ̄ ヾ_____.ノ
   /つゝ、,,!   ̄ ̄      }
  {〈〈〈,ゞ,ソ          〈
    ` ̄/            \
    /     /´`\      \
    !    く´     \      ヘ
     \    \       ヽ     ヘ
     (´________ノ        ヽ    ヘ
      ` ̄  ̄            ∨______`)


僕は空中にぶら下がっている帽子にめがけて、高飛びの身構えをしました。

「レデー・オン・ゼ・マーク……ゲッセット……ゴー。」

928 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:32:43 ID:vqWJImxs



                 /⌒\
                /      \
                /  人    \
               / / |      ⌒ヽ、
              /__)  入        \
             (__/ / ヽ、        \______
             / /   /            ____つ
            / / ( \/ /     .,ー、   \
           /__)   ヽ、__ ノ|      |ーiー|  ::::: |
          (__/        \ ::::_( ̄γ ̄)_/
                       \ ( ●)  ( ●)
         //             \_ / \/
         /                    ̄ ̄ ̄
       〃
    、ハ/|,,、

力いっぱい跳ねたかと思うと、僕の体は何処までも上のほうへ飛んでいきました。
面白いように登っていきます。

929 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:32:59 ID:vqWJImxs
             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...
          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..;:.:..:.:.:... .. .. . . ..  :;:;:;:;:;:;:;:.....
        . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..             ..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .       __      .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
     .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . ..      / |     .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..     __       .i |        .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..      ( \.     | |           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
   .:;:;:;:;:.:.:.:... . .       \ \  | !            . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .          \ \_ノ  '.              . ..:.:.:;:;:.
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .            \       \            . ..:.:.:;:;:.
   .:;:;:;:;:.:.:.:... .     ( ̄ ̄ ̄ ̄     /   ` ̄)          . ..:.:.:;:;:.
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .       ` ー―― 、   ノ ./ア´ ̄ \        . ..:.:.:;:;:
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .             / |く_ノ//       ヽ--、    .:.:.:.:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:..           / .人__//         \ \: .... ..:.:.::;:;:;;:;.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..       ` ̄ ヾニ´<_            . ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;
     .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . .            `丶、       ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..            \     .:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:
         .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.: .:. ..           └=ニ..:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;
          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..:;:.:  .:. ..     .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
           ..... ;:;:;:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..   .:. ..  . .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;

         僕は帽子のところまで届いて、帽子をうんとつかみました。

930 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:33:27 ID:vqWJImxs







                          帽子は「痛い」といいました。







.

931 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:34:42 ID:vqWJImxs





                        ./ ̄ ̄ ̄\  
                       /─    ─  \
                      / (○)  (○ )  ヽn /^,
                      |:::⌒(_人__)⌒::   | l  .^-,
                   ζ^ヽ \  ヾ _)    / ゝ  えノ
                   ヾ ど,            ̄  /
                     `´ ̄ヽ         ーー'
                         >      〈___  
                        /   へ   f   ヽ
                     __,∠   /   \ l   / 
                    〈、   /       `ー ’  
                    \、__ノ

すると、その拍子に帽子が天の釘から外れでもしたのか、

僕は帽子を掴んだまま、下のほうへ落ち始めました。どこまでもどこまでも。

932 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:35:04 ID:vqWJImxs




 ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥ ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥
 ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘   ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘
                   ) 、    )ヽ      (
                      ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '
          (       ) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;
   ; : , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :
  ; ・ )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;
  )`、 (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;
  ( (__ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ
ヽ_,)     _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (
   ;; ; ;,/~      _,,...-                ~~、_ ; ; ヽ_) )

だんだん、そこいらが明るくなり、神鳴りが鳴り、しまいには野原が火の海になりました。

933 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:35:38 ID:vqWJImxs




                         「助けてくれえ」
               
                       帽子が大声で怒鳴りました。

                   僕は恐ろしくて、ただただうなりました。





.

934 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:35:52 ID:vqWJImxs

  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\

935 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:36:16 ID:vqWJImxs
          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (●)  \       | |
         /  (__人__)  u  ヽ       | |
         |___ ` ⌒´      / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ   /| |


僕は誰かに身を揺さぶられました。びっくりして目を開けると、それは夢でした。

936 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:36:44 ID:vqWJImxs
                   ____
                 /      \  
               /─   ─  \
              / (●) (●)   \
           __  |   (__人__)   u  |     __
           | |= \  ` ⌒´   _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |
           | |  / /l      丶 .l      .| |
          _,,. -‐-、_/ l       } l ̄ヽ___.| |
         く      ヽ,- 、_     l !__ノ  /| |
       _ / |_(__)_囮 ;__  `-   {し|   ./  | |
___ / <____.プ=   `ヽー、}  /  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./  /  |_|
  /                    ノ|  /
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
.|      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|

「あなたどうかしたの?大変にうなされて。おねぼけさんね、もう学校へ行く時間よ」

お母さんが笑いながら言いました。

庇がぴかぴか光る2円80銭の帽子を、僕は右手で握っていました。

937 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:36:57 ID:vqWJImxs
         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     | u    (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /

ぼくはずいぶんうれしくなって、それからにこにことおかあさんの顔をみて笑いました。

938 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:37:11 ID:vqWJImxs

                 ___
        、__ ...  - ‐__'' "´     ゙i
        ヾ   ̄  ̄             |
      ヾ`r             |
      ミ `(            __ r"|..._
      ミ  ´(  _____ ....((  )lノ  `ヽ
      ヾ  ◎===__====== =- ‐ ′

                  (おしまい)

                 有島武郎「僕の帽子の話」より

939 名前: ◆aG1ZIHlJvQ[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:38:13 ID:vqWJImxs

以上
「やる夫は帽子をおいかけるようです。」でした!



940 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:38:49 ID:NK88Dh22

乙!



941 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:40:27 ID:bMfFoLY2


なんで>>893では2円10銭にしたのかが気になった。



942 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 19:56:26 ID:PZpwQLeE

乙でした。
こういう雰囲気の話はいいねー。



943 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 20:47:51 ID:6M91kamU

乙でした
童話的雰囲気がよく出てる



944 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 21:20:17 ID:7rAIAsdA






関連記事

やる夫短編作品 ランダム記事表示(※試運転)

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 14:00 |コメント(4)
カテゴリータグ:やる夫短編祭 2009年やる夫短編勝負 200809

|

<< 短編勝負 やる夫たちはモーターボールを奪い合うようです | HOME | 短編勝負 ウェディングケーキのお話 >>

■御感想or寝言

6817 名前:  [] 投稿日:2009/09/26(土) 15:44:02 ID:-

面白い


6860 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/26(土) 22:47:48 ID:-

たにぞこにぼうしをとばすやつじゃないのか


6980 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/28(月) 12:18:13 ID:-

確か白樺派の作家だっけ?白樺派はなんか生きていく希望が沸いてくるような作品が多くて好きだ。


7008 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/09/30(水) 00:44:57 ID:-

面白い!絵本のように読めた!
それと帽子と言えば承太郎の学帽か。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV