やる夫短編集 FC2阿修羅編

やる夫短編集 WP版あしゅら編→
http://mukankei151.com/wp/

やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

やる夫短編集 地獄編 やる夫我執 愛と誠編
このブログについて WPあしゅら編 TOP絵募集中 やる夫.jp やる夫見聞録 やる夫RSS
メールフォーム やる夫ショートストーリーセレクション 平成末やる夫三大短編祭 FGO短編祭 twitter
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■やる夫短編集 検索欄

■2013/07/29(月) 運命の再開


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所140                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.56 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その31              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド14                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/
~やる夫板Ⅱ 4周年記念短編祭~ フリー部門
~やる夫板Ⅱ 4周年記念短編祭~ テーマ部門
金糸雀速報特別企画 カナバタ祭り 

944 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:54:27 ID:AwiJGs9k [3/18]

┌──────────────────────────┐
| いつものように娘を幼稚園にお迎えに行ったら            |
| 同じクラスのAさんがすごく怒った顔でこちらに向かってきて  .|
└──────────────────────────┘

              ___
              ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
           /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
           i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           レ'VllV ●   ●从:::イ \::::::::::::|   |    ちょっと    .|
            ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|    \___   ___/
 ヴィヴィオ~. /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_)  リ:l::i/⌒i |:::::::::|          \l
         \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|
          /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
          `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|


                         ,、
                   - 、γ´  ̄ ゝ
               -―          `、
           _ //    `ヽ   \  } }
             [/       \   ',/ /
          /  l           \   /V
         l/    l                \ / ハ
        /      l               ヽ/.:|ハ
          l     |   |     |         V:|
         l |    ゝ  :ト、.     |\: |      : |/
         N:     |\:|-\: .   |ーヘ|´ヽ|  : : |
        、\: . |示テテ ヽ: : l 示テ〒ヤ : : : / /
          \\: lゞ==’   \| ゞ==’↑: :/     絶対に許さないから
            l\、    l          j/-‐'
           ゝ            /
             \  t_―ュ    /
               丶     /!
                /]>‐  ´ 」\
               / \    /  \
          _   く      \/       〉   _
      / ̄     \    人       /      ̄\
     / l         \ /::::::\   /        / |
┌─────────────────┐
| と言われたが何のことか分からない    .|
└─────────────────┘

945 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:54:55 ID:AwiJGs9k [4/18]

┌────────────┐
| 詳しい内容を尋ねたけど  ..|
└────────────┘

                   , 、
              γ´/ 丿ヽ
         ,‐ '´ ̄ ̄ソ  ` ヽ
          /    /⌒⌒⌒⌒ヽ
       // ハ, ' 人_ _ _ _/    人前で話すことじゃないでしょう
       〃/ ソ ,/, , ハ   |   l i|
       レ! ノ lノ/ 从   ノ 、  i|    ご主人も交えて
        (  ソ ノ ノ\____ノ
         ヽ、  iノ lノ / 从j /
           ゝ .__ . -‐/イ ヾノ

┌──────────────┐
| と言ってAさんは帰って行った   . |
└──────────────┘

946 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:55:28 ID:AwiJGs9k [5/18]

┌────────────────────────┐
| 身に覚えがないので『変なことに巻き込まれてる?』と  ...|
| 怖くなって夫に電話を入れた                     |
└────────────────────────┘

                         ,――==―
               , -‐…‐-=-...ゝ/:./__´_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:__:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽヽ:.\
        //:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.l:.:|:.ヽヽヽヽ:.:ヽ\:.:.ヽ\ヽ
       i./:.:.:.:.:.l:.:|:.:||:./|:.ハ:.:i、i、i:.:i:.:l:.i:.:.i:.:.:.:i |:.i
       ||:.|:.:|:./圦斥=≦ .|≧云トl:.:|:.|:|:.:.|丶:| .|
       ヘ|:.|:.:|:.|/r爪:个  .´{:::。:メ,|/:.|:.:|:.:| .i:.:|    事情は分からないけど
       ヽヽ:.ヽゝう:::::}    b_::7〃l/:./|:.:| |/
            小、ミゝ…´   `¨‐‐//;,l/|:.|/:|/     すぐ連絡を取るれるようにしてほしいの
          |:.:ゝ       `  //:.|:.:.:|/::.|
          |:.:.|ヽ、  -‐‐  ,∠:.:.|:.:.::|:.:.:|
             |:.:|. |> 、 _ イ  |:.:|:.:.:.:.!:.:.|
          |:.|/|――, ― |、 |/:.:.:.:.:|:.:.:!
        ,、r´:|:::| ヘ  /><l l ヽ|`ヽ:.:.:|:.:.|
     ,、r::´::::::::::::::| ヘ、/ 只ヽ|  ヽ:::::::`ヽ:.!
  ,、r::´:::::::::::::::::::::::::::|  .ヘ /||ヽ |  ヽ:::::::::::::::::`ヽ
 |:::ヽ::::::::::::::::::::::::::r L__lヽ‐‐‐yヽ/ `ヽ、:::::::/|
 |:::::::::\:::::::,、r ´   / ヘ:::::::::|  `<   `ヽ/::::|

                        ___|
──────────z_____ |口|
                       |田|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z____________
                           ̄


                  /   /   / :|  | ∧ヘ     :|  |    :}  ||  :|
             / ,/  | |  | | レ─ ナ-|ノハ  :├+、   !  |   |
              !,',' .   |│ | 「ヘ iヽ ト ヽ !  ∧/ |「ヽ/i   j  |
                 ,' |   | |  ヽ!/伝心゙ `i ヽ /, ア≧、/メ| / | リ
             i |  | Ⅵ i、 {  |.:翡リ ├┤ソ  l.:翠:::|ヽ|ソ  | :リ    分かった
                 |  |  ヽ |Ⅵ 弋::::ソ /  |   |::::::::ソ ソ | | /
                ', .∧ _ ≧_ .二 ̄ ノ   ヽ  ゝ─' j: / |/     今日は定時上がりだし、すぐに帰るよ
                  ', | .∨ ___ノ ̄. i    ヽ.___ソ }  /
                    ヾ / ノ, 、 \     _         .ム|  /
               /'' "´ , ミ r i 、     `      イ |  ,
                  /    ̄   ヽノ \        イ  イ /
             /    ---─ミ}\ | \ _   イ. .| / .| :/
               i         , |. ゙|.           レ  |/

┌───────────────────────┐
| その夜、Aさん夫妻が私宅を訪ねてきたので       .|
| 私と夫も合わせた4人で話し合いをしたが、もう絶句  ..|
└───────────────────────┘

947 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:55:46 ID:AwiJGs9k [6/18]

┌────────────────────────┐
| A夫は私との長年の交際を経て結婚することになった    |
| なのでAさんとは離婚すると切り出したらしい           |
└────────────────────────┘

          /   /               \
         〃   /   |                 \
        .〃   |   ∧ l    卜           V
       .l    〈  l ヽ\   l \\      |
       .|!   /\|≧:x\、   l  x≦\ l    !
       .l |  l| 〃 ィくハ \j\ l彡くハ`ヾl |   ,    子供もいるのに恥知らず
        ヽ   V li:し:::l     ヽ} li:し::l  Y  /
        l\  ', ⅵソ      ⅵソ ノ /l     5年も続いているらしいわね!
        ヽ `トヽ´ ̄     l    ̄` イ イ/
           >l      ―-‐く     /´
       /  ∧    //⌒\.|    /、
      / / // \  |     |   /l l \
       | ,' //  /l\丶. __/ // l |  \
       | ! { {  |\`>---< / //   /\


      /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:ヽく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /:.:.//:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,/:||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
     /:.:/ /:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:./!:l:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:‘,/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
     /:./ /:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:/:.:./{:.:.:.:/ l:.lヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.l:.:.:.:.:.‘,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
    〃  ,′:./:.:.:.:.{:.:.:.:.:丁:.T二 ̄ ´ リ ` ̄二ヽ:.丁ヽ:.:.:.:l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
   /   {:.:.:/:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.l 才≠ヽ、   〃≠ヽ、マ:.:.:.:.:.l:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
.      |:./ |:.:|:.:.:.|:.:.:.:.:.〃 {:::l:::i      {:::l:::i Ⅸ:.:.:./}/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       .Ⅳ ! ト:.:.:l:.:.',:.:.《 弋:ソ     弋:ソ /:.:.:./:|/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
           リ ',:.:.:.|:.:.ヽ:ヽ。ー '     `につ./:.:./:.:|. !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
           ヽ:.:|:.:.:.ゞ、        i    。/:.;イ:.: !  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
             |:.:.:.:|ヽ     t -,    // !:.:.:il  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
               !:.:.:.:! ,ヘ、        .イ ヽl:.:.:.l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
              マ:.:.:.',  i| ヘ     .   |   |:.:/.  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.           ,x≦::::::::ヽ:.ヽ il \.≧≦ / i|  〃::≧ュ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
      ,x≦::::::::::::::::::::::| ` i|   ゝ‐<   i|  / |:::::::::::::≧ュ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   ,x≦:::::::::::::::::::::::::::::::::|   |  ∧ゝ/ヽ   |   .|::::::::::::::::::::::≧ュ、:.:.:.:.:. |
  /::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::: |    | /  ≠  ヽ |    |::::::::::::::::::::::::: /::ヽ:.:.:.:.|
┌────────────────────────┐
| 私は泣いた、後悔とか反省ではなくて怖気立ったから    |
| だって、私とA夫さんはその時が初対面だった          |
└────────────────────────┘

948 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:56:08 ID:AwiJGs9k [7/18]

┌────────────────────┐
| でもA夫さんはニコニコしながら私に言った    |
└────────────────────┘

              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ          今まで辛い思いをさせてごめんな
       i                 丶
       l       /  ̄           丶        幸せにするから安心しろ
       |  __           ヽ        丶
       ヽ/         i イ`丶 l         丶      子供を沢山作ろう
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


        __
      ∠_: _: :\
     __ /: : : `ヽ:ヽ_ . . .-―‐-. .、
  . /: ;/: : : : : : : :ヘ: : : : :_: -‐: : : : : \
  ///l: : : : : : : : : : :ヘ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  ´ /: :|: : : : : : : : : : :/〉: : : =ニニ: : : : : : : :ヽ ;
   l: /|: : : : : : : : : :l'/: : : :`ヽ、: : : : : : : : : : : :i
   |/l |: : : : : : : : : l: :l: : \: : : : : : : : : : : : : : l {   こんな人知らないよ……
    |: | : : : : : : : : l: : l: : : : :`: : : : : : : : : : : : l ;
    ヘ:|: : : : : : : : :|: : : :ヽ: : \: : : : : : : : : : / ;    知らないよ……
     |: : : : : : : : :|\: : : \: : ヽ: : : : : : :/
     |: : : : : : : : :|  \: : : : : : : : : : :/
     |: : : : : : : : :ト、  \_ -‐-、:/
     |: : : : : : : : :| .`ー=!,,≠===
     |: : : : : : : : :| /       `ヘ
     |: : : : : : : : :|'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`::.....、
    r=.|: : : : : : : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、
   .l::::::|: : : : : : : : :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:} ;
   .|::::::|: : : : : : : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l ;
┌────────────────────────┐
| Aさんも絶句して泣き出し、私は隣の夫にしがみ付いた  |
└────────────────────────┘


アクセスカウンター
ダイエットサプリピアス通販ブランド買取サーチ



949 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:56:29 ID:AwiJGs9k [8/18]

┌─────────────────────┐
| 黙って聞いていた夫がAさん夫妻に切り出した  ...|
└─────────────────────┘

                        _   --   _
                    ´             、
                    //    /     / / / \\
                   / /   〃     i  | :|   ヽ \
               / /     |    i|ハ | :|     ‘,  ミ=ー
                  ′     , |   i |从丁¨ヽト、    | iヽ
              | i    ,斗|  |斗ぐム心\ヽ.   | | ',   妻とA夫さんが5年間も不倫をしていた証拠はお持ちですか?
              | l   { ,r┤  | |人 `ヾ゛ }_V⌒ | }  }
                !   ∨┤  | |\ ー‐ ′(リ`Y∨ Ⅳ   そういった素振りはありましたか?
                    ',   , У|  | |       ´|彡  | ./
            ___   ', //  |  | |     , --ァ   |   |/     私は妻が長い間不倫をしていた素振りは微塵も感じたことがないし
            \  ミメ∨    |  | |    ー  イ |  /
              )_,彡厶-――iハ、 ! \  __/ リ .| ./      この怯えようはとても演技とは思えませんが……
        , < ̄ ̄`V     /  .ハ /ー┐ / :|/
         /   \    ` 、    ∧ }/ 「 |     /
.        /     :.     \   /  L{ヽji  |、
       /        :.       ヽ/     Ⅵ'\j \
                  :.               {      ー‐ 、
      _j          }           ‘,           ,
    /「 ̄         /}               ‘,          ',


         /丿ヘ`γ
        丿 ´ ゞ ,ソ ̄`' ‐、
       ,/ノ ,/ ノ´ ゛゙i\  \
      /   ハ,r'∨、/`レ´\ノ',iソ   昨日不倫をしていたと初めて聞かされました
      |i │ l |リ \  `_ノ }_}゙
      |i ,.| 从( ●) (●)l小!   でも二人で再婚する話しになってるんですよね
       \(,|⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃
        ヘ j     |::::::|  ノ     不倫してたんでしょ!?
          \  ,_l;;;;;;lィ'
          / | ヽ / | ヽ |
        /  <\.∽ l> } .l!| !
        {   ',  .\\ l   !l ヽi
                   しE | ドン
                 ∑ l、E ノ <
                   レY^V^ヽ

950 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:56:49 ID:AwiJGs9k [9/18]

┌──────────────────────┐
| A夫さんはまだニコニコしながら             |
| 私を見て『もういいよ、楽になろうよ』って呟いてた   |
└──────────────────────┘

          , - ‐‐‐- 、:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ、
     ,イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:/く::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
    /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:--‐ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: |
   /:.:/:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./:.:.: 7|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.  ///:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:/:.:.l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.!: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
. /  ,':.:.:.:/:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:|:. ∧:.:!、:.:.:.ヽ:.:.ヽ__:.:.:.:}:.:.:.: }:.:/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
   ,':.:.:.:,':.:.:.:.{:.:.:.:.:.|:.:.ハ:.i ヽヽヽ:.:._メ:.´ヽヽ:.:.i:.:.:.:|/:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   A夫さんにお会いするのは今日が初めてです!
    i:.:.:/|:.:.:.:. ',:.:.:.:.:|-/_|_|  ヽ/,イ圷≧i:.i:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
   |:./ .|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:.iイうミ      {::::::::ら |:}:.:|:.:.:.:!´.ヽ:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |   携帯のメモリーもメールも見てもらって構いません
   |/  !:.:.:.!:.:.ヽ:.:.:.|〃{:::j      辷シ !:.:./:.:./| ヽ.} |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.   |.  ',:. | ',:| .|ヽヽ`.ヒリ            /://:.:.:! /: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   連絡先すら知りません!!
.      ヽ| リ !:.:.ヽ\ ヽ  _    .〃|:.:.:.:.:./_//.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:|
.       ヽ  i:.:.:人   ∨  ヽ  /  !:.:.:.:.//.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :|
              ',:.:.:.:.ヘ    `ー '     |:.:.:.:/.    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
            ヽ:.:.{ ヽ、       .<.|:.:./l      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
             \i   >.-t ´   |:/‐┤、.  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
              \    r、| .-  ̄/ / i、  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                   〃.ヽ   ./   |::`ヽ.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |


            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)   連絡先なんて知らないよね
            |    (___人__)
          |     ` ⌒´ノ    だって僕たちはテレパシーで会話が出来るからね
             |        |
           人、       |    前世で縁があった人同士はテレパシーが使えるんだよね
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|
┌────────┐
|   場が凍った     |
└────────┘

951 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:57:09 ID:AwiJGs9k [10/18]

┌────────────────────────┐
| 鳥肌が立って、倒れそうになったのを夫が支えてくれた  |
└────────────────────────┘

           ___                        ⌒ト. ゙}
           ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、        ..-‐── }/´- 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ   . `ラ´  ,  、  、   ヽ
        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l   . / /  !  !  | |   ハ    ーっ
        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|  .i //ノ ハ ! jヽ l i  .| i|     -=ニつ
        レ'VllV ◎   ◎从:::イ \::::::::::::|  .八小l● ヽ/ ● 从....:|、 :!
         ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|    .|:|:l⊃     .⊂⊃ :|ノ/
      /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_) u リl::i/⌒i |:::::::::|     レ.ヘ   r‐-、   j  |/   ーっ
      \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|     ./⌒l,,`ニ´ イァト}/     __
       /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l     ./   / 。▼ 。{ : :ヽ    `、_)
       `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|    |   | ト, r1 .ノ: : : :}


                γ´/ 丿ヽ
            -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
           / //" `ヽ ヽ ヽ\
            //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{   ノu  ヽ リ| l │ i
           レ!小l (○) (○)从 |、i|   夫ニ確認シテキマス
            丿ル|   、_,、_, u  |ノレ リ
            ヽ  |!!ill|   j //
              ゝ||!!il| イ/
             .y' |ヽ/ | \
┌───────────────────┐
| 取り敢えずAさん夫妻には帰ってもらって  ....|
| 後日話し合いをしようってなった        ..|
└───────────────────┘

952 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:57:29 ID:AwiJGs9k [11/18]

┌────────────────────────┐
| 後日明らかになったのはA夫さんには病名がついて   ...|
| すぐに精神科に入院になったこと                     |
└────────────────────────┘

                 ______
                /│     |
                 │ |.  †  │
                 | |     |
  ミミ皿皿皿皿皿皿皿皿皿|     |皿皿l ̄ ̄ ̄l皿皿皿皿
ミミ彡ミミミ,,、田 田 田 田 |     /|             |
ミミミミ彡彡ミ             |  /   |             |皿皿皿皿皿
ミ彡ミミミ彡ミミミ 田 田 田 .|  │   |             |         |
ミミミミ巛彡ミミ,         |  │   |             | 田 田 田│
ミ彡彡ミミミミミミ       / ! ̄ ̄ ̄ ̄|             ,   |         │
ミミミミミミ彡ミミ         | |.    ---│   | ̄ ̄|  | ̄ ̄|. │         │
|  i;ll;:|           | |   ┌─|   |┐  |  |┐  |   !      ;;;;;;;;;;;:
| ノ!i;::i             ヽ |___.!__|   |┘  |  |┘  |   ! ==;;:;::;;;;;;;;;;:
|二二二二二二二二二|.          |__..|__|_|__|____|.:.:.:.: ... .. .
:.:.:... ...:.:.: .... .. ..:.:.:..: .:.:.:.:.:.:.:.... .. ..       :.:.:.. .:.:.:.:.... .:.:.:.:.:..... ... .. ..
. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. .:.:.:.: .: ... .. :. .:.:... :.:.:... ...     .. .. ... ..:.:.:..: .:.:.:.. .. ..:.... ... . ..

┌─────────────────────────┐
| Aさんは離婚せずに彼女の実家近くの病院に入院させた  .|
| A夫さんの看病をすることにしたらしい                   |
└─────────────────────────┘

953 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:57:47 ID:AwiJGs9k [12/18]

┌─────────────────────────┐
| Aさんは私を疑い、私達家族に迷惑をかけたと謝罪して  ....|
| お金を包んできたけれど、それは辞退した            |
└─────────────────────────┘
                       ,、
         ,  ---――- 、γ´  ̄ ゝ
      / ̄`     __         `、
     '´|          `ヽ   \  } }
   /   |             \   ',/ /
  ./  / 〈    \            <
. .|   !  :ハ |  : :ト、        l   }
 |l :\:|ーヘl  : :| \ \    | : ,'
  ヽ!  | ィ=ミ \  :l ー―\: .l: .   , : /
.   \ 〈 ヒハ  \t ィ=ミ ヽ|: :  /^V  少ないですが……
     `ト以}     ヒrハ 〉 ,: : /´ /
.     l   ノ   以ソ  //ノ /
      、  、_       /厂 \
.      /\   `    /  |./  \
    く    \__ . イ   /    _〉
     \     /}    /   /、
      /ハ   /l     /  /   \
.      l | }   /l:|\    / /    /⌒\

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌──────────────────────────┐
| 代わりにAさん達がそのお金で引っ越して貰うように頼んだ  ..|
| 今後私達家族には近づかないという念書は頂いてある      |
└──────────────────────────┘

964 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:08:07 ID:AwiJGs9k [18/18]

┌─────────────────────────┐
| そして私達家族は夫の転勤で遠くに引っ越しをしたので  ....|
| 取り敢えず安心している所                      |
└─────────────────────────┘

          ___
           ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ    ┃ ━┓
        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{::::::::::::::::::::l.   ┃ ┏┛
        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|    ・  ・
        レ'VllV ○   ○从:::イ \::::::::::::|
         ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
          |::ヘ       .リl::i    |:::::::::|
          /⌒ゝ.._ _ ..,.ィi/ l:/    |::::::::|
          /  ./ ヽ只/∠イ ヽ   |:::::::l
          |  l::| ヘ /|├::j:::彡,|   |:::::::|
┌──────────────────────┐
| 人づてに聞いたのだが                      |
| 実はA夫さんと私は厳密には初対面ではなかった   .|
└──────────────────────┘

955 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:58:27 ID:AwiJGs9k [14/18]
┌───────────────────────────┐
| 5年前、私は某会社の受付で働いていたんだけど           ...|
| そこにA夫さんは営業で数回来たので私を知っていたそうだ     |
└───────────────────────────┘

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
|: ::!: : l : ::| : : : : : | : : : ::l |:l .| : : : : / :// .|: : : l : l: : : :,! : : : : : : : :l: : l : : : : ∧: :|
| :,'|: : l : :.| ::_..-‐!:l'':: ̄/` ト l|:: : : :/ /:/   | : : ,!: :.!: : :./ : : : : : : : :l: : :l: : : : : :∧ |
|::l |: : :! : :l:´ :| l :l !: :::/  !| !l : : :/:/:7 ̄`ト: ./| : l: : :/: : : : : : :|: :.! : : ト、: : : : :∧|
| ! |: : :| : ::!:::::! .|:! |: :,′  | / ,! : :////   .,! :/`ト:,'|: :/!: : : :/ : : l: :|: : :∧:\: : : ∧
!l l: : :| : : !: ||. | .|/ --.、 /:;///'   /'l/  l:/.!ヽ:,!: : :/ : : :/.: :l: : : :∧: :.\: :.∧
l' .l: : :|: : :| :||. _=土三ニ:::.、/ ' /   , ‐-/    /' .|//: : :/ : : :/!: : ハ: : : :.∧: : : ヽ: :ハ
  |: : |、: ::ト:!、´  ̄ ̄`丶       ´ニ≡::.、./  /./ : /: : : :/ .l: ::!: :∨ : :.ハ: : : : :|ヾ:}
   ゙! :| ゙、 :l.|\              ̄`゙丶ミヽ、 /: :/: : : ::/  !:/! : : ∨: : :!: : : : ! }'
   l゙:| : :゙、l| ```                ``/,.イ : : : :/  //:|: : : : ∨: :|: : : : |
   | : : : : :|、          ,:       `` / //: :, ':! //: |!: : : : :.∨:|: : : : |
   .!: : : : :.| ヽ       _           , //: /:/ ./ .|: :l|: : : : : : }/: : : : .!
   .|: : : : ∧  \      ヽ`>          , ' ̄//: :./ ./ .|: :l|: : : : : :/': : : : : |
   .∨: !: :从   l\             _/ /!: : : :/    |: :!|: : : : : : : : : : : :.!
    ∨:ト、{    _|  \      _.. ‐ '"    /: : : :/    .|: |.|: : : : : : : : : : : :.!
     ヾ `\ .∧    丶... -‐ "´ .|_     ./イ;イ/       !: ! !: : : : : : : : : : : :|
         / ゙、        ,/ .|      /' '      |: | |: : : : : : : : : : : :.!
。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

┌─────────────┐
| でも私は全然覚えていない   .|
└─────────────┘

956 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 15:59:43 ID:AwiJGs9k [15/18]

┌───────────────────────────┐
| 私は妊娠して仕事を辞めたんだけど                   |
| 何の偶然かAさんの子と私の子が同じ幼稚園に入ってしまう   ...|
└───────────────────────────┘
        ゚: : : :,: : : : :/: : : : |: :|丶: : :\: : : : : :ヽ: : :|l|: : : : /__               ゚   /:|
      il: : : :i: : : ,イ : l: : : |: :ト、: \: : :\: : : : : ∨|l|.: ://  ヽ                。/::::|
      |Ⅳ: :.l: : ::i |l: :l: : : l:斗‐\‐\: : :丶 : : : !:乂:/ /                        /:::::::|
      :: i: : :{l.: :.|_|l: :l: : : |ヾ{ __ --、: \: : ∨.: :|: : / /       `ヽ               /::::::::::|
.       ゚ 。: 从: :| |l:从: : :|  乏芋示ミ、 ∨.:l.: : :!: :, ,/ /        i             〈::::/::::::|.
        i  .: :..{ィf笊 \{ "  込zソ Ⅵ: :|: : :' `|イ ' :!        |"`ー- _       ∨::/:::〉.
.         ヽ: :八 Vリ           |: :l: :/ヽ }:l ! :|l | ' !   | _|_    `ヾ       ∨::/ -‐ … ‐-ミ、
          ゚。.:.{ヽ        """ ムイ: /^/|ハ |斗十ト |  ト. !   ̄ `  彡ニ=-. .  {::}=-- ‐-  。   \
.            }:圦             |:/¨´l : : :Ⅳ l从,|l N  l ヾ|       彡=-. . . .∨:>x゚。    `ヽ. . . ..
.            |l.:.:.:..   r=====y     ノ′ /: : l.:|:从}x=ミ   ヽ{ ,ィ=ミ、    〃^ヽ彡´ . . \:::::::>     ゚。. . ..〉
.            |l.:.:.:.:l:..  v'´ ノ      < /イ: :ハ:|:.Ⅳ   、              {{ > }' . ... .. . . \:::::::::\__}.. ./
            从.:.:.:|l.:.:..        <      /: /、_リ:.圦"" _____ """"   /' _/ . .. . . .\.. .. \::::::::::::::/l. /
.           /'  ヽ八.:.:.:トr<´ヽ: : : '     /イ /::} \.:.:.. V ̄ ̄ ̄}       /. : i . . . . \.. . . \ . . >- ´   l/
                  \l |.:.:|l:.:.:.}: .'     /.::/   }\::.. 丶   ノ    , /. : :{ . . . . . . ヽ... . ...\. .゚。    ′
                  |.:.八.:.ノ:     /.::/  /  }\ヽ _  -=≦´ 〈(   Ⅵ:|≧ュ ‐- .. .. . \゚。
                {\' ./::..__,/.::/    /  ′ `: : : : : : : : ヽ  `ヽ, .lヾ|.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.\. ... . \
                 rくfヘ. r' ∧::::::::::::::::/    /  /: : : : : : : : : : : : : ゚。,. '/  /:..:_.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.゚。. .丶. .` …‐- _,
            _r'「゙| !: :/ / ∧:::::::/       /  /: : : : : : :/ ̄ ̄¨ヽ' /=='´| .:.:.:\i'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... .. .\ \.. ... /
              {.│し'‐':./ /   ハ/        /  /: : : : : : :(./ ̄`   / / ..:...:|.: .. .: .:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,〈. . ..丶. .. .゚.X´
.             ,し‐': : : / /     /         ′  ′: : : : /// ̄` / /   。: |.: .. .:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| \.... . . . ...゚ 。
.            {: : : : : :/ ム斗<^> 、   /   /: : : : : : : : `T二二.' '    ゚。|.: ...:/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ!.. . .\ .. .. . .  ...
           : : : : :/   |. \∨/ ヽ/     ': : : : : : : :./´: : : : l |`ヽ    ∨ /:.. :r─   ¨´!´...  .. ... \. .、.. . ..... . .。
.            .:. .     | {三三}  /       /: : : : : : : : : : : : : : : :| ,从: : .  ∨.:. .:.|      |. . .. .丶.. .. .. . \.. .. . . .ヽ
.             : : :i.     | /_∧_〉 /       i ̄ ̄ ̄l: : : : : : : : : : |/: : : : : 。   . : |      |.. ..  ... \. . . ... . .ヽ. .. .. . ..
┌───────────────────────┐
| イベントの時に私を見つけたA夫さんは           |
| 『5年間の思いが実った、運命だ!』と感じたらしい     |
└───────────────────────┘

957 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:00:03 ID:AwiJGs9k [16/18]

元ネタ
558: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:34:57.83 ID:/vK0WlCE
去年の今頃解決?した話を思い出しながらカキコ。
携帯なので改行おかしかったらごめん。

私(20代後半)は夫(30代後半)と娘(年中)の3人家族。
その日もいつものように娘を幼稚園にお迎えに行ったら、
同じクラスのAさんがすごく怒った顔でこちらにツカツカ向かってきて、「絶対に許さないから」って言われた。
何のことか訳が分からず、kwskしてみたけど「人前で話せることじゃないでしょう」とか「ご主人も交えて」とか言って帰っていった。
本当に身に覚えがなかったので、変なことに巻き込まれてる?と怖くなって、とりあえず夫に


559: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:36:14.63 ID:/vK0WlCE
「こんなことがあったので、すぐに連絡取れるようにしといて」って電話を一応入れて私も帰宅。
その夜、Aさん夫妻が私宅を訪ねてきた。夫も帰っていたので同席してもらって話を聞くと、もう絶句。
Aさんは昨夜、A夫が私と長年の交際を経て、結婚をする運びとなったのでAさんとは離婚する、という話を切り出されたらしい。
5年も続いているらしいわね!とAさんに言われて、私は泣いてしまった。後悔とか反省の念ではなくて、怖気立ってしまったから。
だって、私とA夫さんはその時が初対面だったんだ。
でもA夫さんはニコニコしながら私に


560: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:37:50.42 ID:/vK0WlCE
「今まで辛い思いをさせてごめんね。
幸せにしてあげるから安心して。子供を沢山作ろうね」って言い出して。
Aさんも絶句して泣き出すし、私も怖くて怖くて夫にしがみつきながら
「こんな人知らないよ…知らないよ…」ってとにかく繰り返すしか出来なかった。
そこでそれまで黙って聞いていた夫がAさん夫妻に切り出した。
「妻とA夫さんが5年間も不倫をしていたという証拠はお持ちですか?
そういった素振りはありましたか?私は妻がそんなに長い間不倫をしていた素振りは微塵も感じたことがないし、この怯えようはとても演技とは思えませんが…」

958 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:00:25 ID:AwiJGs9k [17/18]

561: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:39:04.91 ID:/vK0WlCE
そこでAさんも「…昨日不倫をしていたと聞かされて初めて知りました。
疑ったこともなかったけど…でも二人で再婚する話しになってるんですよね!?不倫してたんでしょ!?」
A夫さんはまだニコニコしながら私を見て「もういいよ、楽になろうよ」って呟いてた。
私はAさんに「A夫さんにお会いするのは今日が初めてです!携帯のメモリーもメールも見てもらって構いません、連絡先すら知りません!」って携帯を渡した。
そしたらA夫さんが「連絡先なんて知らないよね。だって僕たちはテレパシーで会話が出来るからね。前世で縁があった人同士はテレパシーが


562: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:40:20.95 ID:/vK0WlCE
使えるんだよね」
場が凍った。ざわーって鳥肌が立って、座ったまま倒れそうになったのを夫が支えてくれた。
取り敢えずAさん夫妻には帰ってもらって、後日話し合いをしようってなった。
で、後日明らかになったこと。A夫さんには病名がついて、あのあとすぐに精神科に入院になった。
Aさんは離婚をしようか迷っているらしい。今後私達家族には近づかないという念書は頂いた。
それから、A夫さんと私は厳密には初対面ではなかった。5年前、私は契約社員で某会社の受付で働いていたんだけど、そこに営業でA夫さんは数回来たことがあって


566: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 16:42:44.05 ID:/vK0WlCE
私を知っていたそうだ。でも私は全然覚えていない。
私は妊娠して仕事を辞めたんだけど、何の偶然かAさんの子と私子が同じ幼稚園に入ってしまって、
イベントの時私を見つけたA夫さんは「5年間の思いが実った、運命だ!」と感じたらしい。
Aさんは私を疑ったこと、私家に迷惑をかけたことを謝罪してくれて、
お金を包んできたけれどそれは辞退して、そのお金で引っ越して貰うように頼んだ。
それから我が家も夫の転勤で遠くに引っ越しをしたので、取り敢えず安心してるとこ。
A夫さんはAさんに看病されながら、Aさん実家近くの病院に入院しているらしいと最近聞いた。

読みづらい上に長くなってしまってすみません…以上です。


                   __
                ´  ̄ ̄\
                 ‐- 、}〉_ _               __,
        、_____ . ´          ` 。   . -‐::::::::::/
.          \:::::::::/           ヽ      。|:::::::::::/
             _\.:            i_,ィ=== 、  ∨:/_
        / __ '                 :"     ヾ {::}    `ヽ
       〃 ′|    ' _/_,イ   , /、 __  ゙ミ ゚ \ ̄ ヽ  }
       |  { /|  |i  i   / ,/:|  / /        ゙ミ/|::::∧  } /
.         ゝ=-/::|  |l  | /j / j ,イ /         .゙ミ/|::::::::| ノイ
.          <:::::|  |l  l/  ┃  |/    ┃    ゙ミ/Ⅳ::::|
           ̄Ⅳ从 l.   ┃      ┃   .〃¨Y。 \:!
               ヽ| ヽ{                 {{ '^ノ{   `  偶然性に囚われて妻子を置き去りにしちゃったんだね
                  圦 ""         ""  /)〉´. |
               |. .≧ュ.   ヽ     . イ/'. .i. .|
               |. . i .l. .|. .} ̄ ̄  {./. ./. .イ . |. .|
                 , イ. . .| .|. .| ´      /i. ., . /.| . .|. .|
             /: /: : : | .|. .|ヾ=====イ/| .{. .,. .|. . |. .|

959 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:02:42 ID:AkPB8i0s


怖すぎだろ・・・



960 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:04:25 ID:YXj37mng


こええ



961 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:05:08 ID:vwbIQODY



Aさん妻がまだ話の通じる人で良かった……のか?



962 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:05:22 ID:2zXjuXhQ

痛いを通り越して恐い




963 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:05:48 ID:p/n4r4uk

乙です
Aさんは夫があまりにも本気で言ってたから信じちゃったんだろうな……



965 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:15:06 ID:prHPYXa2 [1/2]

Aさん妻も被害者だろこれ………




966 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 16:34:17 ID:j8K1Ca.s

乙。
こういう人はマジでいる。
自分は国家機関の研究対象になっているテレパシー兵士だ、と主張する入院患者とか見たことあるけど、マジで話が通じねえ……




関連記事
| 09:00 |コメント(9)
カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2013) やる夫短編作品 2013

|

<< 寄席やる夫亭 小噺 「平和への誓い」 | HOME | 意味がわかると怖い話:十年後の自分が…… >>

■御感想or寝言

36307 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/29(月) 05:00:55 ID:-

>>966
どういうわけか似たような妄想が多いんよね
自分は大金持ちで家族がその金を狙ってるとか、テレパシーが使えて国家機関に研究されてるとか超メジャー


36310 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/29(月) 08:45:09 ID:-

木の葉を隠すために森を作ってる人もいる


36328 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/29(月) 14:20:21 ID:-

A妻が暴走しないでよかったな



36345 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/29(月) 22:17:03 ID:-

統合失調症?
幻聴はよくあるらしいし、それをテレパシーだととらえてしまうんなら似た妄想が多いのも納得いく


36350 名前:名無しさん@ニュース2ch [] 投稿日:2013/07/29(月) 22:44:04 ID:-

伽椰子めいた何かを感じる・・・


36363 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/30(火) 01:00:32 ID:-

まぁ病気じゃあ流石に仕方ないわな
誰が悪いわけでもないのに誰もが不幸(というか嫌な気分)になるとは


36380 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/31(水) 14:58:05 ID:-

※34943
想像力の限界ってやつだな
俺達が宇宙人を想像しても映画とかで見たような形にしかならないように
こいつらもどっかでみた話に+αするのが限界なんだと思う


36384 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2013/07/31(水) 21:29:58 ID:-

やっぱり現実って糞だわ


37182 名前:名無しさん [] 投稿日:2013/08/17(土) 21:06:03 ID:-

オリジナルを考えだすのは難しいからね
特に今時はほぼすべてのシチュエーションが揃ってるし


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV

ブログパーツ ブログパーツ