やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/01/15(木) やる夫は恋わずらいになったそうです

カテゴリータグ:落語・ジョーク・ネットコピペ系 落語・ジョーク・ネットコピペ系(2008~2009) やる夫短編作品 小説・文学・絵本系(2008~2009) 200809

短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所142                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.56 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その32              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド15                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/


42 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/14(水) 22:14:51 ID:xlKxL4iw




   『やる夫は恋わずらいになったそうです』

                  ____
                /_ノ  ヽ、_\
         ,. -- 、,  o゚((●)) ((●))゚o 
     ,―<,__    ヽ::::⌒(__人__)⌒::::: \   VIPで人気のアニメや漫画、ラノベ、ゲームに、芥子粒ほども興味がないのに
    /          ヽ  |r┬-|     |     感化されて、やる夫スレをやる夫板に立てた挙げ句、
   __|           }.  | |  |     |      調子扱いて2本も投下する>>1はどうしようもない
  / ヽ,       / {   | |  |     |     甲斐性無しだおぁぁぁぁ!!!!!!!!!!
  {    Y----‐┬´   、  | |  |     |
 /'、  ヽ    |ー´    ヽ | |  |     |     
.{  ヽ  ヽ     lヽ_!´    ヽ`ー'ォ    /
 ',  ヽ  ヽ    ,/     }
  ヽ  ヽ  、,__./    __/
   \  ヽ__/,'  _ /
     \__.'! 〈  _, '
           ̄



アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンアダルトライブチャット




いつの時代も男女の仲というのは難しいものでございまして…


     ある夜、家にこっそりと彼氏が忍び込んできました。



           /.:.:.         \
              /:,:.:.:  /   ヽ    \
          /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー   この部屋の下には
            /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ     父親と母親が寝ている
        /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
         N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j     だから、今夜は静かにしてほしい…
          ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ  
                `ヘ:ゝ   _     小/     
                  ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
           _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
         /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ






      /\
      /:入ヘ.丶、
     .|/,-.、,-\∨/ 
     /||/| |\|:\ヽ∠       ムフフフフ…
   _ / | `-', ,. ̄ 彡|:\ 
   ─.|-.|ミ      ;\ヽ,      そりゃ、分かっていますよ
   /|:.| |        .|:/ヽ      了解、了解
    / ; ヽ、  / ̄)/ ./\
    \ヽ、 Y ̄  /;ヽ/:/ ,  .\
     (   ̄   /|: /:/ |/ ..|
     く   / ;/ |:/:/ /    >
      \  / ./  /    ヽ





     そうして一夜を過ごしますが、若い男女が同じ部屋で寝て、
     静かに過ごせる道理はございません。

     


      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,    どうせ朝早く仕事に出掛けるから、
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄    両親がいなくなってから彼を送り出せば
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l      いいと思ったのに…
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ      こんな日に限って二人とも仕事が休み
     イ 八{´l  !レ.        Vハ  |{  r';;z j      r';;zリ /}, '//         落ち着け、有希
        ヽ ',  |u   ̄      、   ̄  チ' /          ここで動揺したら怪しまれる…
         `ヘ lヽ       _    u 厶 ./            ひとまず、ねずみ男にはクローゼットに隠れてもらった
             ', {.代ト、 u         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′            取りあえず、落ち着いて朝食を済ませ、
.        _ /  「´        ヽ} \              対応を練り直そう…
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、




  / ̄ ̄\                γ:::::::::::母:::   ヽ、
 /   _⌒  \              /:::::::::::::::::::::::::::::::    ヽ
 |  ─( ・)─(・)           γ:::::::::人::::人::人::::人  ヽ
 |     (__人__)           (:::::::::/  ⌒    ⌒\:::::::)
 |     ` ⌒´ノ            \:/  ( ●)  (● ) \ノ
 |         }              |      (__人__)    |
 ヽ        } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ` ⌒´     /
  ヽ     ノ               \        /
   /    く \ |__| _ ..._.. ,    ____\   (__ノ
   | 父  \ \ \ /    |\_____ \
    |    |ヽ、二⌒)、^     |  |ヽ、       ノ|






   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |  ─( ・)─( ・)  なあ、有希
 |     (__人__)    真夜中に、なんだか天井が
 |     ` ⌒´ノ    ガタガタ、ギシギシ揺れていたが
 |         }    いったい、何だったんだろう?
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   | 父  \



           /.:.:.         \       そ、それは地震…
              /:,:.:.:  /   ヽ    \
          /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー   ヨーネケワルア現象といい  
            /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ    特定の地質、気圧などの影響で 
        /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }    微弱な大地の振動が共鳴を起こし
         N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    天井や壁などが長時間にわたって揺れる
          ヽム:.} ii;_j    ii;リ ル iレヽ     
                `ヘ:ゝ   _     小/       これは1972年にオランダの物理学者
                  ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       ゼッヒ・ジップデークレが、
           _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_        ポルターガイスト現象の原因として
         /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ       研究、発表し…








   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |  ─(ー)─(ー)  なんだ
 |     (__人__)    地震だったのか…
 |     ` ⌒´ノ
 |         }     …
 ヽ        }     ……
  ヽ     ノ
   /    く
   | 父  \





   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |  ─( ・)─( ・)  それから、有希
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ           「次は何?」
   /    く
   | 父  \








   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |  ─(⌒)─(⌒)
 |     (__人__)    二階に隠れている地震にも
 |     ` ⌒´ノ    朝ご飯を食べるよう、呼んできなさい
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   | 父  \




         , ‐'´            `ヽ、
        _/   /    /         \
     ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
      /' ,′.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....|
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|  
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
     ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!  
        ハ::::::l ///    '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ
        _,∧ .::ト、     _    ///:::/:::/ノ
         ,∧:ヽ \        ィ':/;イ(: 、
            \l/}iヽ、 _,, <〃::/ "


   と、まあ
   こんな粋な親御さんばかりなら良いのでしょうが、
   なかなか、そうはいきません。






            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  やる夫、
          |     (__人__)   カーチャンから聞いたぞ
             |     ` ⌒´ノ   もう、何日も飯も食わず
              |         }    部屋に引きこもってばかりだってな
              ヽ        }    いったい、どうしたんだ?
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、



       ____
 +  + /ノ  ヽ_ \+ 。
 ・ 。/(─)  (─) \ 
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \         やらない夫伯父さんかぉ?
  |             |
 +\            /・ ゚. +      ほっといてほしいぉ   
  /          |          もう、やる夫は死んでしまいたいんだぉ 
 (_⌒) ・    ・ ||
   l⌒ヽ     _ノ |
    |  r `(;;U;)   )__)  
  (_ノ  ̄ / /     
        (__^) 





            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)    死にたい!?
          |     (__人__) 
             |     ` ⌒´ノ    えらく物騒な事を言い出すな!
              |         }    何か悩み事でもあるのか?
              ヽ        }    伯父さんが相談に乗ってやるぞ
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、



         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ   伯父さんに相談しても
       |::::::::::::::       |   仕方がないお…
        ヽ::::::::::    /      
        /::::::::::::   く        
        |::::::::::::::::   \   
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)        やる夫!!
          |     (__人__) 
             |     ` ⌒´ノ         いつも、お前は俺に無理難題を相談しに来るじゃないか
              |         }          そして、何度もお前の相談を解決してじゃないか
              ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ          そんな、「やる夫で学ぶ○○スレ」の存在意義を否定するようなことを言わず
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、        何でもいいから打ち明けてみるんだな
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、






                   …
                   ……
       ____        ………
     / ノ  \\
    / (●)  (●)\     
  /     (__人__)  \    それじゃ、言うけど…
  |      ` ⌒´    |    笑わないでほしいお……
  \           /
  /              \    やる夫は…

                   ……好きな人ができたんだぉ




   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \       なんだ、恋わずらいか…
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)      なにも、おかしい事はない
  |     ` ⌒´ノ      お前ぐらいの歳になれば
.  |         }       好きな女性の一人、二人はできて当然だ
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ        で、相手は二次元の嫁か?
   /    く
   |     \         
    |    |ヽ、二⌒)、       …この町内の女性!?  
                  それなら話は早い






                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \        あぁ、翠星石ちゃんだろう?
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ       分かるぞ、
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛      お前とは、なんだかんだいいながらも仲が良いからな
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   -/―--<.  / イ / /       |     今まで友達だと思っていたのに、急に一人の女性として
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |     意識し始めるのはよくあることだ
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′       少し気が強いが、根の優しい良い娘だ
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /        やる夫にはぴったりだろう
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}           
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽ?__   |   |{{     ヾ!        よし、伯父さんが一肌脱いで…
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ
      /|    ヽーミ `ヽ〔_ ヾ  ∨ | | )ハ ヽ/      /      \
     / |    / ̄> 、 `ー- ⊥ | |(   / /⌒ヽ /         \           「翠星石じゃないお」






    _/                 \ 
ー=ニ ァ    /   /, /   、   `ヽ.  \           じゃあ…
   / ,   〃 /  /' │   :lヽ    ハ   \         長門有希ちゃんだな
  / /  // /  /  │   :| !    i|  l   ヽ
 / イ   l | │ j  ∧     l |\  i| │   \       うん、あの娘とも仲が良いからな
 l/ |   | l ∧ ハ  l  '.   ハ j  ヽ i| │   } ̄
││  l|│ナ下/-ヽ |  ヾ /_ム'― 弋| │  ! j
 j. │  |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l:  ト  Ⅳ        読書好きで勉強熱心な娘さんだからな
   ヽ  |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|  ム N
    ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ! ,) }i|          ちょっと無愛想なところもあるが
      `l ヽム        '         /:/ ルイN          ああいう、まじめな子がやる夫にはふさわしいだろう
       ',   |ヘ、     ‐       ィ' / / il
      ヽ lヽ >,、       イ/7 / 
      \! V厶|>ー <レ_'/ //
          >'´/ノ       L、ヽ                よし、伯父さんにまかせて…
       j-'   | ____   |  \
     ノ¨´     |´  _`ー<|    \                            

                                               「長門じゃないお」








/:.:.:./...:.:./..:.:./..:.:.:.ハ:.:....:.:.:ト:.:.:.:.ヽ:.:..i:.:.:.:|:.:...i:.:.|:  \  \   すると…
:.:.:.:.i...:.:.:.|..:.:.i:.:.:.:.:ノ \:.:.:.| ヽ:.:.:.}、:.|:.:.:.ノ:.:...|:,-{: :  >,/    あぁ、猫娘ちゃんだな
:.:.:.:.|..:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:./ ノ 、、\| |:.:ハ!_⊥:./|:.:.:/k .|: : :く 
:.:ヽ:ヽ:.:.:.ト:.:.:|_、ト|'      ̄レ ̄__ レ ノ:.ノ、) |: :_ノ         伯父さんも久しぶりに会ったけど
:.:.:ヽ:.ヽ:.:iへ「   、   / ,,r''" ̄ ノィT、  ノ´           昔のころとは想像がつかないほど、可愛いお嬢さんになったからな
ゝ!、:.ヽ:.:ヾ. ====ミ、   〃 //n//i |: l lノ7⌒ヽ         本当に、女性というのは分からないもんだ
.  ヽ「iTーtヽ/n//  . ,    | .| .ノ ノ  | /   i
   /ゝヽヽヽ,ノ i     _,ィ  } `´   ノ/    |         お前が惚れるというのも分かる気がするぞ
   | ヽ    `ヽ   ̄   /   //       |
   iヽ  \_    )ー- _ イ_ / ヾー-、   |´i        よし、伯父さんが紹介して…
   ヽY /  ̄ー7`ソ ハ /ヾシヽ__/i /ー、  |/                         


                                                     「猫娘じゃないお」



54 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 22:38:43 ID:yNZOeP5O

伯父さん顔広いんだなwww






             _,、ィ__ , 、 -‐ー-- 、._
       -ー 、ヽ'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``‐ 、 ,、-‐.、 __             さては、
     ,-'"´:::::::::::::: ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',   )  ヽ            竹本チエちゃんか
     /:::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`フ i ィ_ノ
    /ィ:::::::::::::::::  ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、ノ:::::::::ヽ           あの娘の店には伯父さんもよく飲みにいくが
   /::::::::::::::::......:::::::::r'"´ ̄ ̄`` ‐- 、._:::::::::::::::::::::::::::::',';:::::::::::::::\         仕事熱心な、頑張り屋さんだ
   /;イ::::::::::::::::ノイ7ノ           `` ‐、:::::::::::::::::::'.,'.;:::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::,、-'ノ ノノ ,-‐ 、           \:::::::::::::::ヾ,、:::::::::::::::ヾ、      子どものころから店を切り盛りしていたぐらいだから
  /;ィ:::::::「         ヽ      ,-'´ヽ   \:::::::::::::::::::',ヽ::::::トゝ      愛想も良いし、気もよく回る
   ,':::::::::::',                      ヽ::::::::::::::::、!          それにお前と同じ猫好きだ
   l::::::::::::::',      , -、              /:::::::::::::::l           ああいう子の方が、やる夫にはぴったりかもしれんな
   !イ:::::::::',      ( '-i     ,ュ'´`,        /:::::::::::::l';:l
  /,':::::::::::::',     ` ´     `‐-'      /:::::::::::::::l リ
    レl:::::::::::::', /l`‐、._    ヘ     _   /:::::::::::::l';:l            よし、伯父さんが取り持って…
     ';!ヽ,、-‐', ヽ‐、ィ_ `` ー---‐ー'"´ /)  /:::::::::::::::l ノ
    ,-'´   l`‐、`‐、._‐-' ‐--ー'--_,、-'´ノ 丶、ノノリ
   /     ヾ  ` ‐ 、._ ̄ ̄ ̄, -‐''"´ ノ   \                          「じゃりン子チエじゃないお」
  /        \  ``‐、` '"´    /     ヽ
 /          `‐、/ヾY'´ヽ、  /       ',





   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \       じゃあ、いったい誰なんだ
 |    (●)(●)      この町で独り身の娘さんは
. | u    (__人__)      それぐらいしかいないぞ…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       もしかして相手は人妻か?
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \         
    |    |ヽ、二⌒)、


         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ
       |::::::::::::::       |   …未亡人だお
        ヽ::::::::::    /      
        /::::::::::::   く        
        |::::::::::::::::   \   
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)        



   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \       後家さんか…
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)      なら遠慮することはない
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       姉さん女房の方が
.  ヽ        }       やる夫には良いかもしれんな
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \         
    |    |ヽ、二⌒)、       この町内で後家さんというと…







  |/.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.::/.:.:.:.:.:/<ヽ.:.:i.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
 .|i.:.:.:/.:.:.:.:/.::.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:/;;//iヘvwv| :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
 |.:.://.:.::.::/.::.:.:.:.:/.:.:.:/:.:.:/;;////   .|.:|.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:|  
 |:.:| |.:.:.::.:i.:.:.:.:.:::i.:.:.://.:::../;;;/.//    |:.:|i.:..:i.:.:.:.:i.:.:.:|         桂言葉さんだな
 |:.| .|.:.:.::.:i.:.:.:.:.:i.:.:/ー;;/ソ/ // -==、_.|:.| |.:.::i.:.:.::i.:.:::| 
 .|:| .|.:.:.:.::i.:.:.::.:i.:.:ム;r-y,ネ'  // -_、,,,,__ .|:;ヘ|.:..:i.:.:.:i.::..:|         
  ii |i :i.:.::i.:.:.:.:|ヤケiテうト`  ,/'´  '´,ケネデヌ;., |.:.:i.:.:/|.::.::|i        料理上手で一途な人だからな
  .` |iト,.:i..:i.:i.:..:|{_|;:::::`}:| /     |{::::::f;;イソ:.i.:.イ./.:.:.::|i        少し引っ込み思案なところもあるが
   |i|i.:.::ト,.:iヾ;;:| ャ:::::,ソ        .セ_:::::ソ/.:.:/.|/.:.:.:.:|.i        案外、やる夫とは馬が合うかもしれないな
  .|i|i.:.:.:;iヾ;ヽトヽ ̄      .    .~ ̄ /イi.:.:|i.:.::.:.:.| .i           
  .|i |:i.:.:.:.:i..:`,ミ:ト、       i:       ' /V::./.:.:.:.:.:|| i
  |i .|.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:トト`: .、.   -:‐     , r'´.:::|.:.:/.:.:..:.::|| i
 |i |:.:i.:.:.::.:.:i.:.:.::i.:|;:;:;:;::`i  、 __ , . r'´;:;:i:;:;;:/:/.:.:.:.::.:.:|.:| ii        よし、伯父さんがなんとかして…
. |i |;:;:;i:;;:;:;:;:;:i;:;:;:i:;|_,/ i       :ト、;;;;i;;;//;:;:;:;:;:;:;:|;:;::| .ii
.|i .|;:;:;:ト;:;:;:;:;:;:;:i;:;::i:|           \/';:/;:;:;:;:;:;:i;:;:::|  .ii
|i .|;:;:;:小;:;:;:;:;:;:;::i;:;::|_,,...,,_   ._,,,__:/;::/;:;:;:;:;:/:|;:;:;::|  .ii
  ノ'´ |:ハ;:;:;:;:;:;:;:;:i :|`ヽ,       , r'´/;:/;:;:;:;:;;:/;:/\;::|  ii
. /   |:| .ヽ,;:;:;:;:;:;:;i:|= =`=、   ,r'´ _./;:/;:;:;:;:;;:/;::/   \  .  
                                                「本当はやる夫に死んでもらいたいのかお?」





              _,,. -‐ ''"´  ̄ ゙`''ヽ、
             ,r''"´ ,... ..,,....  ,;;..,;.,.,;;,.. ,. 、`ヽ
         ノソ;ノ彡';ノノリ彡'"_;i}|lリ''"゙ヾi}!;.゙i
         ノ;彡'ソ彡';彡リ:.__,.ノ|i|!l!___,.ノl}l}i゙!
          ソ彡';彡';ノi|i!リ':.ヽ.●フ}l!リ 、●フ;;li|!|!1
          ,ノソ彡'ノノl{l{i'!ノ;;::.   ;iリ' ヽ 、 ;;!l}|i;|!   イヒヒヒヒ
        ノ;彡ソリ彡'i|!リ;;;..  (;.(;.'、_;:ノ‐'`ーl!|l!}i!
       ノソ;彡';ノli|!|!ノリ;;::....   __,. --―‐',ノli|!リ
        ,彡彡';i!|i!{!i|{!リ;;;;::((.ー'´ ー-''″,.ノi}リ
       ,ノ;彡'リ!i!{i!;彡',;ヽ、::.__,. --―-、-‐'´ ̄`ヽ
      ゙;リ|{!i|{!l{l{i゙l! 〃::.:... ,       ヽ:.:.. . ,   i


                               /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            o
           ゚
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       じゃあ、誰なんだ
 |    (●)(●)      この町であと、後家さんというと
. | u    (__人__)      砂かけ婆ぐらいしかいないぞ…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \


         

         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ
       |::::::::::::::       |   …もう一人、
        ヽ::::::::::    /   ……忘れているお   
        /::::::::::::   く        
        |::::::::::::::::   \   
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)        






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. | u.   (__人__)     もう一人
  |     ` ⌒´ノ     後家さんがこの町内にいたかな?
.  |         }
.  ヽ        }      もう一人…
   ヽ     ノ       もう一人
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)


   / ̄ ̄\ て
 /   _ノ  \ そ
 |    ( ●)(ー)
. | u.   (__人__)      も う ひ と り…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       いた!!
  ヽ        } 
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)

     / ̄ ̄\
   /      \
   |  ⌒  ⌒   |
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|       水銀燈さんだな!!
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽ       }
     ヽ     ノ 
     /    く  \
     |     \   \            「その通りだお」








   / ̄ ̄\     って、
 /ノし   u;  \   てめーのカーチャンじゃねーか!!!     
 |  ⌒       |
. |         .|           、  ____    ,
  |          |           `/、,:/,';;}: ;\ / 
.  |         }        \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /
.  ヽ        }           /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    
   ヽニニニニノ 、_    ‐ ― | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --
  /::::::::::::::::::::: ̄`ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).  
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ 
   ヽ::::::::::::::::::::::::i   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___




  人が親身になって相談にのってやりゃあ、調子こきやがって!!

    「好きな人ができました」
    「相手は誰ですか?」
    「カーチャンです」
    「ハハハ、ソレハ、ユクワイ、ユクワイ」

  と、そんな冗談が通じるわけないだろが!!!
  常識的に考えて
     ___
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;//・\ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/ (_ ̄ ̄ /・\\;
  |   、       );/    /rェヾ__) ⌒::: ヾ;   く、苦しいお
  |  ^       | i   `\/´-'´  u;  ノ;;    し、死んじゃうお…
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /        r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/

   どうせ、死ぬ気だったんだろ
   すぐ死ね、さあ死ね、とっとと死ね!!!
   だいたい、カーチャン相手に恋わずらいになる腐れ外道がどこにいるんだよ!!!!






        / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\       そんなこと言われても…
     /    。<一>:::::<ー>。     やる夫はカーチャンが好きになったんだお…
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j       冗談じゃないお…  本気だぉぉ
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜    
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。       カーチャンの顔を見るだけで、胸は張り裂けそうになり
   / ,_ \ \/\ \        息もまともにできなくなるんだお
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._        



        ____
       /      \     
     /  _ノ  ヽ、_  \      でも、そんなこと許されるわけないのは
    / o゚ (●)  (●)゚o \     分かっているお
    |     (__人__)    |     それならいっそ、このまま死んでしまおうと…
    \     ` ⌒´     /     そう思っているんだお…







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       どうやら、釣りや冗談じゃなさそうだな…
 |    (●)(●)
. | u    (__人__)      まあ、怒鳴って悪かった…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       しかしなぁ、やる夫…
.  ヽ        }       相手が悪すぎるぞ…
   ヽ     ノ        自分のカーチャンだなんて…
   /    く          ……
   |     \         …


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. | u.   (__人__)     ……
  |     ` ⌒´ノ     でも、やる夫が死んだら
.  |         }      水銀燈も悲しむだろうな…
.  ヽ        }      
   ヽ     ノ       もしかしたら後追いするかもしれないし
    i⌒\ ,__(‐- 、     俺もかわいい妹と甥っ子を
    l \ 巛ー─;\     一度に無くすのは嫌だ…
    | `ヽ-‐ーく_)



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(ー)      なあ、やる夫
. | u.   (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       取りあえず早まった事はするな!
  ヽ        } 
   ヽ     ノ       やらない夫マジックで、何とかしてみせるから!!
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)




64 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 22:58:58 ID:xfeI8NXV

しばらく見ないうちに猫娘ちゃんは本当に可愛くなったもんだ














          /    ,  /     // |    j、    /!     / /´ |:::!:::\   /::/
            /  /  / .i│    //  j    /i !  / |   /:: /i   l::::!ヽ::::\::::∧        お兄さん、やる夫の具合はどうでしたか?
         /  //   i  l l     //  /l    /_j_|_/ |  く:::::: く_l_  |::::!、 \::_:ノ  i
         /  i /   |   l l   ,/  / j_,. ィ´// /  l    `ーr-.::` -:::j:::! \!ヽ  \
         i  ,l l   l  ヽ! _ /   ./ ./  /_/,レ''=/ /i      ノ   ` ーイ:::|   ヾ\\ \       …
        l  /l l   i、  /`jィ   / / , イ jr }_,. ,/ /    /      |::::|    ヽ::!    \     
.          l  |ヾi    |ヽ.イ´ _ゝ_ j  / / ー` ´ ´,ノ /    /!        |::::|      i::|     \    ……
          ! │ ヾ.   l! ヽ!イ,iriヽ'   ´         /   /,j. |        |:::::ト     i::|       ヽ   …ふん
         ヽ,l   \ {! V ゝ '、               /  /,/│!     /|:::::| \   i:::|
          `    >_\ ゝ   ヽ         /_/    |/     ∧|:::::|  \ ヾノ           ……ふん、ふん
               /::::,へ. \   r= -   /' ´      ,/     /  L_::!    \
            /::::/  | ` ーゝ               /,,j    /    \     \
             /::::/  |    \.            ./ //   人      \     \
           /:::::/   /!    |!へ.     _ . -‐'     //    /  \                  まぁ、好きな女性ができた!?
           `─'  /ノ|    |!  ` ー--r‐、ー.、,, ==//   ィ_.    \
              /' │   |リ    /r{_::::::}f`\::\/  /三.`l    \               つまり、恋わずらい…
            ヾ,,_  ヽ   |  _,/://:::/ |:::! 三`/ ィ_ 三三 ヾ     ヽ
           / \;;`メ、\  | !:::f'´ /:::/ . |:::|=./ヘ´ヽ:::ノ三三 ヽ        , -
  ー====;;='─--ゝ、;;;;;;\;;ヽ!、 ヽ::\/::/   |::::|三三三三三三三三 \     /三









       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、             フフフ
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\           いつまでも子どもだと思っていたのに…
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',         やる夫もそんな年頃になったのねぇ
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l            しかし、恋わずらいで寝込むだなんて
.  /.::/ ∧   l | ト >         __,,      厶|     |   |            意外とあの子もウブなのね…
\{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬         ー= ´ 彡       '  |     |  | /
: . \∨ト、  \  \ト--\        ´`       /   l     | //  /
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :       で、お兄さん
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :        相手の娘は誰なの?
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄    
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::::::::::::
::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィニ、ヽ::::::::::::::::         この町内の娘…
::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        ?八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.::. .\\::::::::::         すると翠星石ちゃんね?
.' /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.'、   '::.::.|}〉|         | \::.::.|}〉/  /.::.::.::.::.::.::.::. .\\::::          違う…?
./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.\   ヽ┴‐┴- 、    |   \|}/  ∧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ ヽ
     /-─   ,ィ7´`┘ Lr 、 | !         \l./.イ!  i |                  じゃあ、長門有希ちゃん?    
    //     /       └| !          `ヽ!l.._i |                  それも違うの?



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     (さあ困った…)
. | u.   (__人__)      
  |     ` ⌒´ノ     
.  |         }      (まさか、「カーチャン、あなたです!!!」なんて言えるわけないからな…)
.  ヽ        } 
   ヽ     ノ       
    i⌒\ ,__(‐- 、     (ここは一つ、歪曲な表現で、それとなく気付いてもらうしかないな…)
    l \ 巛ー─;\     
    | `ヽ-‐ーく_)                                   「ねえ、いったい相手は誰なの?」






                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!      水 銀 燈 さ ん
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/           あ な た で す !!
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/| 
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''




68 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:05:01 ID:yNZOeP5O

おいwww直接的過ぎるだろwwww






  _     {           --_-_,,._、
, ´  `  .  丶 .,,___,,.  -‐´   -―〔{〈?jト 、
        ` ー-― / /...::.::.::.::.::.:>ニく:::.:..\ヽ
        _   -‐ / //.::.::.::.::   -― ―‐ ‐-、:..\
ト 、     ´       イ //.::.::.://    ヽ ヽ   \::.ト、    /⌒ヽ
|三ト、/   /  /_j l/.::.:::/    |    ',      ヽ|ハ   /  ⌒ヽ
ヘ三ム  /  / //ヽ∨ニ V    ハ 、   l | ト |l l }ー '´  /
__}三込、  / / ヽニ イ{___〉〉 | l ト|、∧ \ | | | | | ハ | ⊥、  /
三三三≧く.__/   ノノト-r1 !弋ヨ卦ミXぃ、\j厶!イ/ }ノ厶〈  / , ⌒ヽ
二三三三三二>-<乂|| | 圦 。ミメ㏍W仏ィテ/イ{{丁ヽ〉,′/
三三三三二ニ7.::.::.::.::.:..\ l| |l ヾ三"^`ニ ^=゚=イハ い〉   ヘ ′   __
ニ二三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.:::..\l l|       i  ` /} } |ー|‐/ |  / }
三三三二ニ7.::.::.::.::.::.::.::.::.:::.. \|l  {{⌒二ア  // / j  |/   ノ /  ノ
二三三二ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ\ゞ‐一' イ  / /  '  ,′ //   /     ´ }
三三三三ニ|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: 〉::.:> く___lノ^ヽ/_ /  /'   ´ -‐ ''´   ノ
二三/}三/´f ,二二ニヽ::.::.::.::.::.::.::..\ノ.::.::.::.::.::.::.: ノ/´   ヽ_/、_/ーr'    -‐ '´
三/厶イ  トに二ニ才「::.::.::.:_::.::.::>f⌒ー-、厂∨ ーヘ   |^ー'^   ー/
/      〈::.::.::.::.//}「ヽ_::.::ノ「`( ノ^ー┐ '⌒/ゝ ニ \」 , ‐  、/
         |::.::./イ.::リ::.::|:::.ヽ| ノl `)'⌒Vくこー/  、__/    厶  -―- 、
        |∠ ´.::.::.::.:: ノ.::.::.:|ゝj八_  ノ (   ゙ ̄"^     _   ノ
       |::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.:.V⌒ヽ /(    ヽ _ ノ __,,. ´     ̄
    __  ノ.::.::.::.::.::.::.′::.::.::.::.∨ j⌒′  _ >一'⌒Y
 ̄ ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.:::.ヽ{   ∠ >'´   />'′
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:: ト、/ 〉  } j └ヘ
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::.::.::.::.::.::.:::.しヘ _{ノ 厶イ r‐、ノ
 ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ::.::.::.::.::.::.::〉廴]〔_ん(___〉
  ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヘ::.::.::.::.::.:|




70 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:07:58 ID:Bh9Jkfv8

その顔は何だよwwww








                ばぉぉおおおおおーーーーーーーーーーーーーーん!!!
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;大i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                              もがぁー!!






、.__... ='''""\ ̄ヽヽ:.:.l\ヽ:.:.:l. :.|.:.:      .:! :|:.: .|:.:
',\「            _\ト、\:.:.!:.:.|:.:.:      .:.:| :.!: l.:.:
:.! ヽ          /:,:.!   ヽヽ\:.:.!:.:.:   ..:.:./:./: ./.:.:
ヽ.  ゝ      l:.//    トゝ.ヽヽ:.:. ..:.:.:.:///l:rイ':´  ,:
 ヽ 、ヘ     ー'         ヽヽ':.:.:.://イ'T, !:.: ..:./:     例え兄貴でも言っていい冗談と
    ` -丶-_-- ――-_-       ヽ',:/ /,リ ,イ/:.:.://
ヽ    ` ̄        ̄`      '′/' '' //:.://´:          悪い冗談ぐらいは分かっているはず!!
ヽ:\                    l`¬'イイl:.:./:.:.:
\ ヽヽ                   ',  ,'.: | !:/:.:.:
:.:.. \``丶                 / /:.: .!/:.:.:
丶、:...ヽ、               ,. '´  , ':.:.: /:.:    /
   `丶、 ,ィニ二二.._‐ .._        /.: :.:./:   //        ふざけていないで、本当の事を教えるのよ!!!
      〈 、      丁:.:ア´   ,. イ:.:.:.: /,. ィ"/
        ヽ二...__‐..二!/  ,.ィ:´:.:!:.:!:.:-'‐:.´ l |
              ,...:.':´:.:.l:.:.:.:l:.:.!:.:   : / /







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       冗談でこんなこと言えるわけないだろjk…
 |    (●)(●)
. | u    (__人__)      やる夫は本気でお前に惚れている…
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       …
.  ヽ        }       いや、分かる、お前の言いたい事はよく分かる
   ヽ     ノ
   /    く         しかしあのままじゃ、やる夫は本当に死ぬつもりだ…
   |     \        



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      ……だから
 |    ( ー)(ー)     一晩、そう一晩だけでもいいから
. | u.   (__人__)     やる夫を受け入れてやったらどうだ!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      …いや、そりゃあ人倫に外れたことかもしれないが
.  ヽ        }      黙ってわが子を見殺しにすることもないだろ
   ヽ     ノ       
    i⌒\ ,__(‐- 、     それに一度腹から出したものだから
    l \ 巛ー─;\    もう一度、腹に入れ直すだけだと思ってだな…
    | `ヽ-‐ーく_)




74 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:13:03 ID:YezD+iUi

さすがに無理があるだろww









,.'        /              ,              ヤz:: :: :. :l!:. :
     ,  ,'   ,          ,   i               ヤz:: :: ::l!::
      i  !   l        : : :l    !            ヤz: :: l!::
      ! : |: : : :l!. .    . : : : : | . . : | : : : : . l         ヤz:: l!::
    . . l: : !: : : |'; : : : : : : : : : :l: : : : l; : : : : : :l . . .l : : .    ヤz:l!::
. . . : : : :, : l:, : : l、; : : : : : : : l: i!: : : :l|: : : : : :/: : : l: : : .    ヤツ厶   それは、私もかわいい息子を
. . : : : : : ト: lヽ: :l ヘ. : : : : : : l:/| : : / l: : : : :/: : : /: : l: : : : . .|:: :K::   むざむざと見殺しにはできない…
; : : : : : : :lヽ!ツヘ:lx、ヽ    /|'´l: ./‐-!: : /l. . ./!: : /: : : : : :l:: ::!:ヽ
ヘ. . :, : : : ',  弋:::;;i㍉.、 〃 j:./ z:ュl/二j.//. :/: : : : : :/|!:: {',::     …
 ヽ. ト、: : ヘ  丶ー'、 ヽ'   /'  ´ i:::::;;;;;::_ト/./: : : : : /: l|:: ::!:';:    ………
   \\: : \   ,/         丶 ::::ソ/! . : : : : ;.': :/}:: ::! :l
       l: ーz ゝ  〈:.                /. . : : / : /:〈:: ::l: :!    しかし、そんなこと許されるわけは…
    ,. -i: : : :\   '             ,. '´. . . :,. :' : : : / : ト:: {: j:
_, -:. ':. :. !: : : : ; :\   'ー-、    -=ニ´:__: ; -'. . : : : :/: : :l/::j:/:    黙っていればわからないだと!?:
:. :. :. :. :. l  . : :l: : |:_、 ´        _ , -‐7: ,  . . : : :,':l : : {:: :!:i::
:. :. :. :. ::,'   . .|!: :!:. :. ≧x:--‐_´≧´:: :/ ./  . . : : /: l : : l:: |:l}::    ふざけ……
:. :. :: :: ::!    . ll: :l:: :. :zヤ:,:-rx':: :: :: :: :/イ   . : : /!: l!: : :ヘ::〉l::     ……
:. :: :: :: :l     |:'; |: zヤ l/::Lノヘ:: :: :/:: ::/  . . . . /: l: l|: : : : l :ト     …………
:: :: :: :: :|     !:ハ|zヤ /|::/ |:: l|:: :: :: : /  . . . ./zャ‐- 、__,. --    ……それなら、一晩だけ





76 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:16:16 ID:YezD+iUi

いいのかよ!?



77 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:21:39 ID:Bh9Jkfv8

いやいやいやwwwww



79 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/14(水) 23:26:04 ID:PWV8JW8m

だめだwwwwこの親子wwwwwww



80 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:26:55 ID:j3OWOTV6

説得されんな銀www







  とまあ、のんきなんだか、なんなんだかよく分からない親子があったもので、
  伯父さんも「今晩カーチャンが寝床で待っているから、早まった行動はするなよ!」と
  告げるや、あたふたと逃げ帰ります。
  それを聞いたやる夫は元気が出るやら、気恥ずかしいやら…
  取りあえず、風呂と床屋に行ってさっぱりすると、なにやら荷物を抱えて家に帰り
  再び部屋に引きこもりました。
  
                 ,。 \ ・:*        :・゚  '☆,。・:   *:
             \       ☆
     ,。 ・ :* :・゚'   ☆                    ; .
       ヽ                      ヽ
         ☆                       *    ・              ・
                        ☆
                              ,。 ・ :* :・゚'
        __  _     __   ,_     __     __  _
   .  __ |ロロ|/  \ __ |ロロ|/  \ __ |ロロ| __..|ロロ|/  \
   _|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_
    .........................................................................................................................................

   一方、その母親も、一番高級なランジェリーとネグリジェに着替えると、初めての夜を向かえた時以上に
   ドキドキ、ソワソワしながら、わが子が来るのを今か今かと待ちかまえています。






                     __                 / j
                ィ我'^'"^"'^ー、.、   |、    /| / /
               ∠r~^ー^ー-、__〉{\ | |  /V |/ /イ ,.イ __
               /'/  }  \ ヽ. / ハヽヽ! ! | { /  ///'´  /          ………
             // /! |.ハ ヽ ト、 l」∨ l}__〉 | レ' / /j//_,,.. -‐ ''"´
              ,' ! ! !l /   !l |! |ィル1 | | ト、|!l / /'´/∠二∠_ ̄             まさか、旦那と死に別れて五年…
              ! | | l∧ト、_」 リ|ノ _,ノ イ .,'! ト、| | // /  __二>            
              ヽNハ. ヘ _,>    ノノ lリ:‐-.、/ニ-< ̄二_‐-、  ⌒ヽ         その五年ぶりに受け入れる男が
              ヽ_又ハ、 ゙' -  ´.イ /.:.:.::.\:\-‐=ニ>二_‐-、   ノ!
          fi⌒)  人∨/ /フ::ー-イ!//.:.:.:.:::::::::::::: 〉‐- ミ \\ ̄ー<ノ         自分の息子になるとは…
      ,. -─--ヾー_‐‐='´ /r′:::::rヘヘ.:.:::::; -‐::::::_/r-、\ ``\ \  `ヽ、       
     / / フ´ ̄_ ̄-‐_,.ニ//〔::__::rく,L」_ {`く/.:::::::/::ト、> \〉  `ヽ、- 、\    ヽ      いったい、どんな因果の巡り合わせかしら…
     ヽV / _, -<_// /rく /ヽム_ミ} }::/::::::::/:::.|V \ `丶、   \ \ヽ   |       
        {〈レ'´_/´ ̄`  ̄``ヾ、{  〔  V^ヽ::::::/::::.:| ヽ \  \、  ヽヽ ヽハ  l       
      // ヽ/ _,. -   |::::`ヽr′ /:::l.:.:::∨__::.:ト、  ヽ  iヽ \ヽヽ |l !ノ | /      ところで、あの子… 経験あるのかしら?
____r'之´-‐ァ、 ∨ ̄`ヽ  |::::::::::::`ヽ!::::.|\/\::`>ノノ} } l | |lヽ V. } lリ 、.ノ′       
::::::`ー∠ `ヽ /.∨\|``ヽ‐、 _」.:.:.-‐:::::.:.:ヽ:.:|!:.:ヽ:.:.:〉::\ リノノl j  ヽ ! ノ´          こういう場合、やっぱり母親が丁寧に教えてあげないとだめなのかしら?
.:.:.:.::::ト、 ヽ.ノ'  L...ノ_,」二} ヽ:.:::::::::::.:.:.:.:.ハ|:.!::.:.∨::!:::::::\ ー'    l.j
:.:.; イ__ \/く几勹く「}>‐r'⌒ソ:::::::::.:.:.:.:.:.:|;:ノ!:.l~′:::!:::::::::.:.`ヽ.  、__,ノ            …って、なに胸をときめかせているのよ!? 
⌒ヽ\`ァ'ア了兀_]〈八}匚_「 ::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l::::.|:_」:::::::::.:.:l:::::::::::::::::.:.:`ヽ、
ーn _〉、}{ノ{ミ|´:::::::::l┴/`ー' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::ヽ/:::::::::::::::.:.:. i:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:〉         そう、あくまでもやる夫の命を救うためにするだけのこと…
:代_,.ィ-、}\|::::::::::.|∨:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:::: |::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.!::::::::::::::::::::.:.:/         息子の命を守るために仕方なくするだけ…
:::.:.:./{'´ ,.ィヘ}::::::::.| !:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:ヘ::::::::::.:.::|:::::::.:.::::::::::.:.:.:.:.! _:::::::.:.:,.イ          
::.:./ \/:::レ'|::::::::.|」.:.:.:.:くヽ,//:::::::::::::.:: j〉:::::::::::::::.:.:.:.:.:ハ  `ヾ<、            
::/   |.::::::7!::::::::| !.:.:.:.:.:.> く::::::::_;. r<] \::::::::.:.:.:. /\ヽ / ̄{イ             でも、私もまだまだ女盛り、
     |::::/. !::::::.:!|.:.:.::.:.':'´`>イ }∧//^ヽ:::.:.:.:;.イ r‐-} YZ]V               体が火照って眠れない夜も何度もあった… 
ト、_/:l::/ 」 へ:||.:.:.:::::://〈:::::己ヘ) 匸.}ヽ._/:.:.:;:イ_.ン匕_/‐┘                
、:.:.:.:.:.:.:j/  >'⌒::{|:.:::/ :./ {::::::: ̄::|`ー┘::::::.:.:/ Uヘ__]`'┘                  って、何考えているの!!
 `ー '´ tf7::::::::_::ハ/l :.:.:.:| tiコ:::::::r-、|:::::::::::::.:.::/`ト‐'/                     私はわが子を発情させた最低の母親なのよ!!!
     /::::::::/ }_/ !:::::::|. 「:::::::/  |::::::::::::.:./  |::::|





83 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:38:56 ID:5vpi7zbQ

無茶な話と思ったけど
銀様がママンだったらマザコンにならないほうがおかしいだろjk





 
                  ______
                   ,∠,ィァッy,、_,、_,、_,辷z,_
                 ,∠r=《_亥ソ======‐-ミ、. \
             ∠,r辷二二二二二辷辷ミ \ ヘ, __
          __  //,_,rヘr'^'‐'^'‐'^'‐'^'‐ヘ,-、\\V》 〉
           〈 《V rf ̄ l      |       'v\≫=≪
         ≫ト| :l   |      !        l:| 〈《仆,》.〉
.         〈《//| :|   |   l  l    l   ,イ:|  Ⅵソ|:|ヘ
            `ー'l:| :|   '.   ヽ, \ 人  /゙リ|   ト、|:|. ヘ,
             从 )、  ,》\  》、人, 孑ヤT丁   ト、|:ト、. ヘ
.             / 人  )、jト--\《    .,ィヤ_気チ  《 |」 \.),                  …
            / /:l人 八 チヤ_気     ` '宀'゙7  / |!  \  ヘ、   ハ
        〈 .〃 |  |h、》,` 宀'´ 、      ∠_,.イ .ト、   \  ),._,ノ リ             …それにしても 
.\       《/ /|  | 「h、ス  __,x-、イ   /〔リ  l \   >'゙ /         ハ
\.`ミ=、___,/ / j|  | : l从 |`'ノ x,ヽヽ.トイ  ̄]  人  ,>'´::: : :∠_     _,ノ }      ……遅いわね///
_,>      ̄ ̄从人  气┴个7   .,r仍. / / ̄ ̄\:::::: : : :      ̄ ̄  _彡゙
_,二ニ=-  : ::::::::::::/ \__ >-/   / 「》 〉/ /: : : : : : : \::::: : : : :   -=二. _
_    ,. -‐ : ::::::/: : : : : : : /⌒゙V⌒゙〉」《// /: : : : : : : : : : \::::::: : : : :         ,二ニ=-
_,.>   : : : ::::::)': : : : : : : : :厶      |┐_/ イ: : : : : : : : : : : : : :),::::::: : : : : ‐=ニ二 ̄
__,彡イ   イ:::::《: : : : : : : /⌒ _/⌒V⌒|⌒ \: : : : : : : : : : : : : :/:::::::: : : :    < ̄
`'==彡リシ'⌒7⌒7\: : : : ,ゞ  _ゞ   ,  ト、   〉 ⌒: : ヾ: : : : : ,イ'-r──‐< ̄ ̄`
    /   / .厶イ》r .:Y⌒ 〉  ,ゝ-v─| ゙ 勺: : : : : : :r=ッ≪゛::|: ト、      \
.   /   /  / /《《|: : |  「  .ゝ   |\_,/: : : : : : ,《/《__》〉::|: | \      \
  /   /  ,  ///》|: :〈  〈  Y´      : : \: : : : : ,《/r=冂:} ::|: |          \






     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   
     |┃     |    (__人__)     |  
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \




        / ̄\
        |     |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      カーチャン
    |    (__人__)     |      待たせたお
    \    ` ⌒´    /   ☆:* :・゚
 ☆  /ヽ、--ー、__,-‐´ 
 :  / > :*ヽ▼●▼<\* |ー、:* :・゚
  / ヽ、※・※\ i |。| |/・。*(ニ、`ヽ.☆
 .l ※:・。ヽ※・ l |。| | r-、y`ニ  ノ:\
 l※+* |*※:※ |ー─ | ※ l  `~ヽ+*ノ:* :・゚


             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||            や、やる夫…
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |           その金襴のド派手な服は
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l           いったい、何なのよ!?
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|       わざわざ、衣装屋から借りてきた…
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ   バカじゃなくって
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     \   `¬ l 八:::::廴   ̄ l |l [   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イlヘ
       `ヽ、? | |':::::|::::L>―<_lハl⌒l⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/l | |
      ー┘ ̄L | |::::::|::::`ー'ニ/ / ` <Y⌒く ̄ ̄`ー-、_/  | | |
        }{  ` |:::::::|::::::::}~ヘ { {  r  \ ヽ::::::::::::〈 ∥ | | |
      `ー-、」_ハ| ̄|::::::::{`(こ`ーヘ、 )    ヽノ.:::::::::::::.ヽ|   | l/




87 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:44:06 ID:YezD+iUi

服よりまず頭を気にしろwww








        / ̄\
        |     |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \          だって、カーチャン
    |    (__人__)     |           昔から言われているお
    \    ` ⌒´    /   ☆:* :・゚
 ☆  /ヽ、--ー、__,-‐´             「故 郷 へ は 錦 を 飾 れ」
 :  / > :*ヽ▼●▼<\* |ー、:* :・゚
  / ヽ、※・※\ i |。| |/・。*(ニ、`ヽ.☆
 .l ※:・。ヽ※・ l |。| | r-、y`ニ  ノ:\
 l※+* |*※:※ |ー─ | ※ l  `~ヽ+*ノ:* :・゚

                                   【どっとはらい】


元ネタ
落語「故郷へ錦」





以上で『やる夫は恋わずらいになったそうです』を終了します

                        水銀燈ファンの皆さまへ

                         「銀様の息子がやる夫だと… >>1死ね」
          / ⌒`"⌒`ヽ、       「銀様の乱れた姿を期待したのに… 地獄に堕ちろ>>1」
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\     と怒りでしょうが何とぞお許しお
          /,//::         \    
         ;/⌒'":::..  >>1      |⌒ヽ
       /  /、:::::...           /ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  ) 
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" 


この話は、私が初めて生で聞いた桂米朝師匠の一席からです。
本編はごく短い艶話ですが、枕に艶っぽい小咄をいくつか加えていました。
始めの部分にある長門の話も、その小咄から特に気に入ったものをAA化してみました。

母子相姦というきわどいネタでありながらも、オチは正直あまり面白いものではありません。
もっとも、話芸やコントで面白いのは途中経過であって、オチは話の締めくくり程度でしかなく、
つまらないものの方が多いと思います。
そういう意味では、いっそ笑いからオチそのものを排除した『空飛ぶモンティ・パイソン』は
潔くて凄いなと思います



90 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:46:11 ID:j3OWOTV6
   \ どっ!!  /   \ ワハハ! /
     \     /      \    ∞
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )

91 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:50:31 ID:O20jMVuo

ちょっと、苦しい展開かなぁ・・・とは思ったが
乙でした!お疲れ様でした!



92 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:50:59 ID:j3OWOTV6

乙乙
>>1はちりとてちんの人かな、かな



93 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/14(水) 23:51:18 ID:xlKxL4iw

今になって気が付いたのですが、
前半の『やる夫は親孝行者だそうです』も後半の『やる夫は恋わずらいになったそうです』も
共通するテーマが「カーチャンが大好きなやる夫」です。
同じ言葉なのに、どうしてこうも意味が変わってくるのでしょうか?



94 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:51:24 ID:xfeI8NXV





95 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/01/14(水) 23:51:41 ID:YezD+iUi

乙です!



関連記事
| 00:15 |コメント(7)
カテゴリータグ:落語・ジョーク・ネットコピペ系 落語・ジョーク・ネットコピペ系(2008~2009) やる夫短編作品 小説・文学・絵本系(2008~2009) 200809

|

<< ダディの全く簡単なAA改変講座 汎用改変AAの方向性 | HOME | できる夫はやる夫達のことがどうしても許せなかったようです >>

■御感想or寝言

245 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/15(木) 00:47:13 ID:-

内容はまあいいとして、いちいち前口上に
アニメや漫画、ラノベ、ゲーム云々付けるのが
鬱陶しくてたまらんのだが
なに?「私はオタクじゃありません」ってアピールしたいわけ?



246 名前:VIPPERな名無しさん [] 投稿日:2009/01/15(木) 01:38:22 ID:-

おもしろかった、
というか銀さまかわいいよぉお
鬱陶しくてたまらんのだが?ってなんだよ、んなもん知るか
本スレで直接1に聞け
ここでほざいて答えがかえってくるのか



247 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/15(木) 01:39:53 ID:-

誰に質問してんの?



248 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/15(木) 02:03:19 ID:-

うるせー俺だってローゼン原作読んだことないけど変態蒼やさびしんぼ銀ちゃんが大好きだよ



259 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/16(金) 17:53:09 ID:-

からしの粒はおおきな木になるってキリストがいってた。



331 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/01/27(火) 05:05:07 ID:-

何言ってるんだ。母子相姦は二次なら余裕で(ry



5659 名前:VIPPERな兆?oしさん [] 投稿日:2009/08/28(金) 19:37:23 ID:-

銀様が母さんなら俺もマザコンになる!



Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV