やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2009/03/24(火) 古事記とやる夫で学ぶ日本人の戦略的思考

カテゴリータグ:学ぶ・体験系 学ぶ・体験系(2008~2009) やる夫短編作品 200809

傑作群まとめ
現行スレ【実験作】やる夫スレ短編投下所 No11 【練習用】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1236456570/
出演やる夫 やらない夫 みwiki


433 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/16(月) 07:45:24.05 ID:JXjqpxwo
         ____      スケジュール通りにいかないお!
       /      \  
     /  _ノ  ヽ、_  \   これも、情報やら
    / o゚((●)) ((●))゚o \ 戦略的な思考が乏しい日本人に生まれたせいだお!
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /  乏しくなければ第二次世界大戦で
   /´           `\  陸・海軍が喧嘩するわけないお…
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   / ̄ ̄\   
 /   _ノ  \     先天的…
 |    ( ●)(●)   それは大間違いだろ…歴史的に考えて。
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   『日本人の素質を知るには過去1000年のあいだの日本歴史を
.  |         }     知る必要があるだろう。それによって、この民族における
.  ヽ        }     献身的武勇と戦略的才能、それに英雄的行動をがいかに
   ヽ     ノ     優れているかを知ることができる。その歴史は英国歴もしくは
   /    く  \    ヨーロッパの各国史といささかの遜色もない』
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \ というわけで歴史を…


視聴者カウント
アクセスカウンター
照明器具激安ドレスCDショップDVD通販ジーンズショップ



       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \ <歴史は英国歴もしくは
    |      |r┬-|    |   ヨーロッパの各国史といささかの遜色もない
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    <日本人のやらない夫に言われても説得力ないおwwwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    | (⌒)/ / / //  
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /  
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /     
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ   
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン



                            ィ、_
                  r―――,     ,、,〉ヾ`^,
      ,ィ⌒,>        |  米 |    `ト、_ヽ,〈          ,、
      ト _〆トュ        |    |      |ゝ '|        rー' ノ
     /ゝ イ´     __☆☆☆☆__   |  |       イ E゛}
     /  /         / ノ  \ \      |  |      / ゝEメ 
    〈   l     _ ノ) | (○)(○)  |     /   ト    /  /  
       r‐──〆⌒l  |  (__人__)   |     》   〉   /  /  米海軍ジョージ・E・ベルナップ少将が
       | 、  〈_ ノ  |  ` ⌒´  ノ    /  /   /  /   『ニューヨーク・サン』に書いた言葉だ…
    ,、   \  ̄\    |        }   /  /  /   / 
 / ̄_,〈    \   `ト  ヽ       }  ,/   /     /        ,、
 |ィ^´ィ`-ュ    `ヽ   _ィト、_     _ノ _r´ 、  /            l`l、イ /,l
 ト、_イ´ ̄    /⌒`゛ ー 、  ,,ー ´/  |   / ヽ、___ ___ィ' ヽ "/|l
  ` ̄ ̄ ̄ _,イ    ′           /        `    「  〉 /
    /´l^ト´  ゝ_,イ\         /  ´|  、    __ ;___i  /
    {、ゝl_l_`⊃ー   ヽ| ヽ           /  ./ ̄ ̄        `⌒
    `"~        |            |     ,ィ^l、
       ____  |            |  ──ィ'〆~ヽ
      /      \                 _ゝ_/
    /::::::::::::::     \             ` ̄
   /:::::::::::::::::::::::  u   \  お、落ち着けお やらない夫!
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::    |  すまなかったお

   / ̄ ̄\    
 / ノ  \ \   古事記から見ていく。
 |  (●)(●) |  
. |  (__人__)  |   「出雲の国譲り」の箇所を中心として展開される
  |   ` ⌒´  ノ   高天原対出雲の部分だ。
.  |         }
.  ヽ        }    高天原と出雲は文化も言語も違う国と思ってくれていい。
   ヽ     ノ     高天原と出雲が日本の覇権をめぐって争っている時代…
   /    く  \        \
   |     \   \         \



                 _ -───- 、
                , ´         ヾ
                ,   好 私 諸   .l
                l   き は 君   l
                !   だ 出     !
               l      雲       l
                 l     .が    ,
                 i         ,
                 `   ‐---‐"




        |!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   i     |::::\       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
 好 .出  !  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   i     |:::入 \-‐ ─ ,|  ''''''';;;;;;;l , ´
 き  雲  l  /::::::::::;;''''  |    i       |  \ i -‐==;      | .l
 だ. が  l /; -"     >、,____l___ _,,,,|:::::::  Y:::::::::: >      | |  私 諸
      , ' ,l       く~   ̄    __  ]::::::::     l       l. |  .は 君
     ,  l/        〕"~'';''・''ヾ' ;;;;;;|' l:;;;;;       l   \  l |
 --‐ 、  |         ノ       \l||  i 、;;;;;;;;;;;;;;,. i    \ ̄ l
-- -- -ヾ  |- --- -- i' .....,        )! - ヽ、____;;;ノ- - -- - ---ヾ
  /  `ヾ|      l:::::::::::...................;;;;;;;l||||   l||||||||||||||lll        \ `   -‐
/            |`::::::::::::::::::::::::::::: -~;llll||  l|||||||||||||||||||||l         \
            ll||` ==== ==__,;;;ェェェ%ll||l  l|||||||||||||||||||||||||ll         \




            〓〓〓〓〓/  ヽ、 ∧        ̄ ‐- |
  大 豊 私   l〓〓〓〓,/ ヽ、ヽヾ|..| ヾ |          |
  好 な は   〓〓〓〓l     = "    | ll|    | |    |     諸
  き 出      |〓〓〓〓   ミ=      | | |    | |   |
  だ 雲      l〓〓〓〓   :::         | l  |    | |  |   君
     が    l〓〓〓〓〓ミ彡;;          | l  |    | |  |
         、l〓〓〓〓〓,´,|  〃==ヽ 、     | l l| |   | | 〓ヽ
  ─   -‐ '  `〓〓〓〓 l ト ll   _   ヾイ、  〃 |_l l┼ - | |   〓、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l   ヒ;;´   ̄ ̄ヽ:::l  -ノ | | | l |  |  ‡〓ー ,, __
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓‡ ┤从      )‐-〃 ;;《 ● ll   〃 l〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 l  ヾ  __ノ -‐ |l  ヾ ` ´  ]  //〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l     ̄ ̄ ,,,,lll|  ヾ  == ::  /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓ヽ   ,__、    :lllll|_,〃        /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ  、~ーェ-ェ─ ,,,__,ェ=`   /ヽ〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ    ̄::: ̄ ̄ ̄     /ヽ   〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃   ー  _  :::::::::   ,,, ll|||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃 〃  ;;;;;;;l  /  ー── ´  ll||||||||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓
                         天照大神
原文訳:豊葦原の千万年も栄えるみずみずしい穂の実る国は
     我が御子の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命が治めるべき国である。



クリーク     クリーク   クリーク  クリーク  クリーク   クリーク クリーク クリーク   
  クリーク クリーク    クリーク クリーク   クリーク クリーク  クリーク クリーク       ク
(゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/  リ
(゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/   l
(゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/ (゚∀゚)/  ク
l  l  l  l  .l  l  l  l  l  l  .l  l  .l  l  .l  l  .l  l  l  l  .l  l  l  l  クリーク
     _ _  
    r、ヽヽ ,..
      l.i^iヽヽ! l      / ̄ /  |  |        / ̄ /
     `、ヽ   `!.       /     /   ̄ ̄ ̄    /
       `、 `  {      /     /          /
      ヽ  , ヘヘ     
       ヽ' /  \                   / ̄ /  |  |        / ̄ /
        く 。.    \          ,.-、、ヘ       /     /   ̄ ̄ ̄    /
/ ̄ /     \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、    /     /          /
  /          \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ
  /         \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-   
           _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`       / ̄ /
|  |     ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト           /
  /      /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、         /
  /      /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ       
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i       |  |
|      ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、       /
|     ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ      /
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、     
 ̄ /    ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /     |
 /    ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /      |
./    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \            
     ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \         / ̄ /  |  |        / ̄ /
    ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ          /     /   ̄ ̄ ̄    /
    ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ        /     /          /




         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   これが「言葉挙げ」いわゆるスピーチだ。
. |     (__人__)   天下統一しますって宣言したのさ。
  |     ` ⌒´ノ   そして御子である正勝吾勝勝速日天忍穂耳命が
.  |         }     出雲へ派遣される。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     しかし、途中で帰国してしまう。出雲周辺がさわがしいという理由で。
   /    く  \   原文訳「葦原の千秋の長五百秋の水穂の国はひどく騒いでいるらしい」
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




       ____
     / _,鋼鉄,_\
   /,_tュ,〈  ヒ''tュ_ \
  /::::::  イ_i _ >、     \   敵前逃亡はシベリア送りだお!
  |   _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、 .  |
  \      ='"      /   シベリア!シベリア!シベリア!


   / ̄ ̄\    いきなり戦争するか…常識的に考えて。
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●)  この正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の派遣は
. |     (__人__)  友好親善を看板とした間接侵略だからな。
  |     ` ⌒´ノ  出雲の女王と御子が結婚すれば良いんだ。
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \  間接侵略?
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´    /  結婚?
                /          \




            , '´  ̄ ̄ ` 、   例えば…
          i r-ー-┬-‐、i  俺がやる夫家の晩御飯のメニューに口出しは出来ない。
           | |,,ノ   ヽ,,{|  しかし、俺がやる夫を妊娠させて結婚すると…話は別さ
          N| "゚'` {"゚`lリ  やる夫家の晩御飯のメニューに口出し出来るってことだ
             ト.i .(__人__)!
          /i/ l\ ー イ|、    やる夫家全員を屈服させて晩御飯のメニューを
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、 変更させるよりも楽だろ?
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ
  /    ∨     l   |!  |   `> |  ヽ
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|   \
 |      |.|-<    \ i ./ ,イ____!   /ヽ
  .|     {.|  ` - 、 ,.----^! |    |_/ ./ヽ .
  {   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノヽ___/  \
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   |   }    . |
  f゙// ̄ ̄     _ -'     |   |  /  /

         ____
       /   u \
      /  /    \\    殺伐としてるお…
    /  し (○)  (○) \   
    | ∪    (__人__)  J |   後、やらない夫が気持ち悪くて…吐き気がするお
     \  u   `⌒´   /    



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \   孫氏の兵法「戦わずして勝つ」を実行したが
          |    ( ●)(●)  出雲には見破られた。
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ  ここで数多くの神々(政治・経済・軍事)が集合し
              |         }  「天の安河の河原」で話し合う。
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ   
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、             
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
 i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

         r=t、
         lj_》_
     ,(●)´:::政治:::::`(●)
    ,イ:::. ___;:;;_;;:;__ .:::`ヽ、
   /  ,ィ´:::;/|::;::::::::::::::`ヽ、  ハ 
   / /::::;/ |∧::::|`ヽ、::::::\  i   
  ,イ´:::::,イ≡≡リ ヽ|≡≡、::::::l  }
  "7;ィ|/:}         ・{ ヽ:;| ,ノ
    ヽ  ゝ、_  ー'ー'  _,∠  ,ノ
.     `>‐-`/|=ニ/|-‐<´ __,r‐、
.     /  γ〈  レ´__ノ 、  ̄__,ノ
    /,, (●)´経済゛`(●)| ̄
   (,ィ´  ,,≧____≦,  `ヽ
   /  ,ィ´:: :: :;/|ヽ:: :: :`ヽ、 ハ  原文:神集へに集へ賜い神謀りに謀たまひて
.   |  /:: ;ィ|:.:/ | ヽ:.::i:: :. ::ヽ l   訳:多くの神々をお集めになって
   j  j:;/  |/  !  ヽ|、:: :: ::l. |
  〈  {:リ '"~`    '"~` 〈`ヘ:;| ,〉 
   ヽ、 `ゝ、_  (_,フ  _ノ  /
   |__`>‐-`ニ=ニ´-‐<´__,|
 __,,/  γ´ ̄ ̄`ヽ、 、 \_
 ヽ、_,/(●)メ 軍事 メ(●)、__,ノ
    ,ィ´  ________ `ヽ、
   /  ,ィ´:: :;/|ヘ;: ::ヽ:: :`ヽ、\
   / /:: ;/:メ、_ | _乂::;i、:: :: ::ヽ i
  / 〉:.;アfォz  !  zテヤ7、:: : :;> | 
  〈  |:;ハ、ヒ:り    ヒ:り ハ∧:;| ,〉
  ヽ、V λ _   Δ  _ λ  /ヽ、 ※AAはイメージです
 / `,>‐- 二ニ=ニ二 -‐<´\_,/
 ヽ、/



        /    γ´ ̄ ̄`ヽ、 、   `ヽ
        |,,,,,_  (●)-‐ー‐-(●)__ __,|  余談ですが…
        (,,ィ´:::;;厂 ̄::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、,,) 「日本は戦後、アメリカから民主主義をもらった」
         〈   }    l  |   l  |  ∧  なんて言う人がいるけれど
            }ノ | {   !  !   |  l|   l |  なぜ、日本人であるのに自らの古典を無視するのでしょう。
        / l l l八.  ト、人  }  }|   l |
.       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |  日本では、古事記の昔から重大な決定をするときには
       { l | lト代ハ  { 炊ソ' }/ レ'   |  独断で物事を決めることはしませんでした。
.       Ⅵ N从 フ⌒ヽ、'_'_'ノ  | l | |  すなわち、様々な神々の知識を整理して
         ∨ヽノ ヘ、-‐  .イ    トl | l   そこから神々の知恵を出していました。
           |  > 、 イ |   川人/   現代の政治システムにも通ずることを実践しています。
           ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\
         /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、 聖徳太子の十七条憲法にも、十七条目には
       /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  } 「夫れ事は独り断ずべからず。必ず衆と共に論ふべし」とあり
      ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │ 明治維新の五箇条の御誓文の最初にも
      i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧ 「広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ」とあります。
                              日本は昔から民主主義の伝統を持っていたと付記しておきます。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   (神様… 俺の台詞)
. |    u(__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   そして戦略策定・決定会議には思兼神が現われる。
.  |         }     彼我の「思い」を「兼ねる」すなわち、戦略をまとめる神様だ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     その神様が天照大神の第二子である天菩比神に
   /    く  \    出雲征服事業を委任するように奏上するわけだ。
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




       /´ ̄`7       `丶、
.        j/  /{             ヽ\ 
       /     /j   :i |、_ ヽ  、:  ,. ヽ 
.      /    ィ´ |  : !.「ヽ:\i.  ';  ':.: .',
      ′' .i :! __ !:.{ :.|:.lァ=ミ: :|   }:  i: : i  原文:天菩比神、是れ遣すべし。
    |?i ! :i{「i} い:.lV i´心:! :  ;:. : !: :|
.   __ | {.!.:ト:Ⅵ じ \j  L_ン }:.!. /!:: : !: l
.  { {.ト、い、:( :{ ,ィ⌒(_ _ノ  ,ルj/: :} ; : :|: !
 {゙リ  Yヘ{:i:.爪  r 、 ,. '" ̄ ヽ、: :/ ハ!:|
 ヽ   }/^ト:从::\ ` /       ` くY:.八
  丶. / /: :.,イ::.リ:: ̄{       ,. -- \ 丶
    レ′/:./ j:.//::八   __∠  、    ヽ . \
  /. /イ: : ::/: :::/  〉´     \  /  :、 ` ー‐‐-==ニ二._ ‐- 、
. / :,イ/リ:./:..:./´ . /       、 `く:: : .   丶 .._  : : : . : : : . .`丶`\
 ; 〃小:/ . : ィ′   〉   、丶   \. \::.、、  : :_二ニフミー- 、: . ヽ
.?/′レ':/:ィ/ {    /     . 、 \、  ヽ. Yヘ`:ー- .._` ー‐z: : \  \: .i
 ぃ{. / /´/{: . .ヘ.__,.=/  ゝヘ  〈´\  \、 マ`ヽ:_:: : : :  ̄´:`丶: : :ヽ  V|
  ヽ { ::{:/:八: : :/ /}  /  ヽ  `、 \  \__}  ヽ }.ー- 、::.::.: : : :.\: : ', リ
    Vヘ '/`Y、_/ /_,ノ     \ ヽ.  ` ーへ:  i !: . 思\::.::.::. : : ヽ: i
    /:`7: ::.:/ ::/         \__)     ';. .|:. : 兼 , '^ヽ:\: : :i |
.    ′:, : ::/i :::′                     i: : !:, 神/    丶:ヽ:.:|リ
   i : :{: :/ V:i                     |: :i:.: ., ′       V:ヘ:|
   ! : ; {  `|                    |::リ〃           v、リ
    、 .ぃ   !                      ル/′        iV
    \_:\  ',                     /'/             |: ヽ
        `⌒ーヘ                    ,:':/              ム::.::.\_,
            .                  /':/             /:`ー--‐ァ′
              '                /: //             /` ー一 ´



 シ    / ̄ ̄ ̄\ シュッ   なるほど、なるほど。参謀ってことかお
 ュ  / ノ    ⌒ \    
 ッ ./  (>)  (●)  \   天菩比神は王族の婚姻関係を目的として掲げて侵入して…
   |  // (__人__)//   |   …後に継承権を奪取して、出雲を傷つけずに手にいれる
シュッ.\   lY⌒)´    /シュッ
   / / /      \    …ふぅ 

         / ̄\
         |  賢 |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <●>::::::<●>\    そのために血筋も整っており、教養もあり
    /     (__人__)   \.   出雲王族とは格も釣りあっている天菩比神を選んだのだな!
     |       ` ⌒ ´    |   
      \            ,/    孫子の「上兵は謀を伐つ」…!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

      r― ュ
      | 賢 |
       ヽ/
     __|__  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \    …でも、やる夫が出雲なら
|       (__人__)    |   そんなスパイは暗殺、洗脳、監禁、拷問、人質にしちゃうお
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /



 ベタ
   / ̄ ̄\
 /   _ノ U\
 |    ( ー)(-)   ……ああ。だが出雲も馬鹿ではない。
. |  u  (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   そんウェ…マズ
.  |    U    }
.  ヽ       J ベタ
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


          _
       -―〈{包}ー 、
    /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \ 
.    //::/   天菩比神  ヽ
   | |:::|  | 斗     ト、 l  | <あ~んダイスキ
   | 小 |八 人     ハノ  |
   〃|| || |   O ヽ / O 厶仆
  _{{_儿ll、\、、     、、 ノノ|ル__
  >:::::{  ト-   <__フ /} ノ:::::::〉 原文:大国主神に媚び附きて、三年に至るまで
 く::::::::::::\_〉⌒ヽ ―<7⌒Y:::て      復奏(かえりごとまを)せざりき
  / ̄〉イ|l |ト--イ「 ̄ 「 ト-仆ヘ「    訳:大国主の命に諂って、三年経っても返事を申上げなかった
  | / /、>ー┴―┴‐< ヽ|      
  | | |  `  ー―――  ´ | |
  ヽ.| |      大国主神   |ノ
.     |                ノ  <ヤクルトを作る出雲は正義
    〕_ー--   ---  _〔     
   /ー- _      _ -‐ヘ
    |      ̄ ̄ ̄      |
    |               | 
   ヽ  Made in IZUMO  丿
     ` ー――――  ´




        /    γ´思兼神ヽ、 、   `ヽ
        |,,,,,_  (●)-‐ー‐-(●)__ __,|  KGB工作員レフチェンコ事件のように
        (,,ィ´:::;;厂 ̄::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、,,)  工作員が寝返ると、こちらの情報は
         〈   }    l  |   l  |  ∧   敵に筒抜けとなります。
            }ノ | { U !  !   |  l|   l |  
        / l l l八.  ト、人 u.}  }|   l |  工作員ではありませんが徳川家康の家臣石川某は
.       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |  出奔して秀吉を頼り、おかげで徳川は苦労しました。
     ベタ { l | lト代ハ  { // u }/ レ'   |  
.       Ⅵ N从uフ⌒ヽ、'_'_.,J  | l | |  さて、問題の天菩比神は天照大神の子。天菩比神の嫡子は
      ベタ ∨ヽノ ヘ、-‐ u .イ    トl | l   高天原王家直系の孫となります。
           |  > 、 イ |   川人/   これにより出雲は嫡子を操作し、高天原の王位継承権を問題化させ
           ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\  御家騒動を引き起こして内政介入が可能となりました。
         /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、 
       /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  } 
      ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │ ちなみに利用できる敵のスパイを「反間」といいます。
      i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧ 敵のスパイを逆に利用するのです。

図解
     /          聖崎        ┃
     |          ∧          ┃     良い例が毛利元就です。厳島の戦いにおいて
     / 安 芸 湾   ノ .l 杉         ┃    3500の兵力で陶晴賢の約2万の軍を打ち破りました。
    /         / |ノ         毛利   元就は天野慶庵が敵のスパイだと知っておきながら彼に
 大 /         /   |浦/⌒ヽ    ○2000
 野(          /     ̄    |    ┃     「厳島はパネェ」と宣伝しました。
  /小早川     /宮尾城       |.    ┃
/  ○     _|   ○ 陶2万    ヽ、  ┃     そして、陶軍を厳島に集めて背後の山岳地から奇襲をかけて勝利します。
   1500 ●  \       ● 山 ←━┿━┛
        / ̄         200m  |
    / ̄ ̄   厳 島          .|



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   この国家の一大事に対して
. |     (__人__)   高天原は慌てず、戦略会議を招集する。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }     そして…
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


        /    γ´思兼神ヽ、 、   `ヽ
        |,,,,,_  (●)-‐ー‐-(●)__ __,|  
        (,,ィ´:::;;厂 ̄::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、,,)  
         〈   }    l  |   l  |  ∧ 
            }ノ | { U !  !   |  l|   l |  
     カピ / l l l八.  ト、人 u.}  }|   l |  
.       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |  
    カピ { l | lト代ハ  { // u }/ レ'   |  原文:天若日子を遣はうべし
.       Ⅵ N从uフ⌒ヽ、'_'_.,ノ  | l | |  
         .∨ヽノ ヘ、-‐ u .イ    トl | l   
           |  > 、 イ |   川人/   
           ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\
         /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、 
       /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  } 
      ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │
      i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧



             l\
             |/高
           /天/\
     ____/原/ ̄ ̄
   /      \/
  /  ─    ─\ 
/   .(●)  (●) \  また失敗するのがオチじゃあないかお?
|       (__人__)u  |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |  天若日子には高天原製の弓矢を持たせて派遣するんだ。
     . |:::::::::::     |  お前の頭に刺さってるソレだ
       |::::::::::::::    |  (神様にぶっかけた罰か…)
     .  |::::::::::::::    }         
     .  ヽ::::::::::::::    }   天若日子は決死の覚悟が必要だ。
        ヽ::::::::::  ノ    さらに映画ミッションインポッシブルのような活躍が求められる。
        /:::::::::::: く     
        |:::::::::::::::: \    暗殺や破壊工作をしつつ、出雲内の親高天原の派閥や豪族
                  大臣などを調略して混乱させる。しかし…




            /    /: : : : : : : : : :丶
           |   / ̄: : : : : : : : : : : : : : :\   ん…っ…
        _ --/\── 、: : : : :丶、::::::::::::: : : \
      /: :/': : :.:: : ::. : : : :\:::: : :_\:::天若日子
     /: : :/:/: : : ::::l、:::::::::: : ::: l:、::::::\- iT:-::::::::::::/'´
.    /: : : :/:::|: : : l :::| .Xゝ::::::l:A| ヽ \::\::::::::::::::::/ 原文:大国主の女、下照比女に娶(あ)ひ
    l:: : : ::|::/|: :、::l 、:|'´ >=ヾレl     |\:::::::::::::/     其の国を獲むと慮ひて、八年に至るまで複奏せざりき
    |===V-、::::l、ヽヽ ",, ,,  {    /  ヽ--〈       
    |:::: :::::::l::::l、::| \、     <     ___∠二\__ 訳:大国主の娘である下照比女と結婚し、また其の国(出雲)を
    |:::::::::::::|::::::ゝ-、      |ヽ__ ./: : :ヽ: \\: : : : ヽ  自分の物にしようと思って、八年になるまで
    |/::::::::::|::::::::::|     , - '   /: : : : : : ヽ: \\: : : :ゝ-、 御返事を申上げなかった。
   /::::::::::::::::|::/:::l    /     |: : : : : :::: : l : : :、 \ //_ヽl
    |::::::::::::::::::|:|:; ┴.、、 人     | : :::::/: : : l : ::::ヽ  //:: ̄\__
    |::::::::l::::::::r: : : : : ::\ヽ、\  /|::::/:: : : : : ::、:::::/ヽ/: : : : : : :イ: :ヽ
   レ、|l:|、:::::|: :r---、: : ヽ ヽ l:ヽ( ): : : : : : : : :::::l:::/:::::|: : : : : : : lヽ: : :i
     lヽ \|::/    丶-i >-/)|: : : : : /: :::::/:/:::::::|: : : : : : :/: :i : : :、
        |:|       |_/L:::::>:|: : : :::/: : ::::l::::::::::::::|: : : : : : |: : : l_/:、
        、、       l  ̄ |: : ::::/: : : ::/::::::::::::::|: : : : : : l: : : |: : : : \
         ヽ\      \  | :::/: : :::::::|:::\:::::::|二二二|: : : :ヽ: : : : :\




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    出雲は決死の覚悟で破壊工作を実施しようとする天若日子に
 |    ( ●)(●)   美人計、ハニートラップを仕掛けたんだ。
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   王女が婚姻関係を積極的に結び、子をもうけ、生活を安定させ
.  |         }     明日の生活を想像させる。そして天若日子の「出雲の王になれるかも…」
.  ヽ        }     …なんて野心を煽りたて、出雲の神としてしまった。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

             l\
             |/高
           /天/\
     ____/原/ ̄ ̄
   /      \/
  /  ─    ─\ 
/   .(●)  (●) \  「死」は誰だって怖いお…
|       (__人__)   |  だから天若日子は「生」を…。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /




        / ̄ ̄\
      /       \    決死の覚悟の敵を拷問や取引で屈服させるのは
      |::::::        |   大変だからな…天若日子の心が
     . |:::::::::::     |  自主的・主体的に出雲へ愛情を抱くようにしたんだ
       |::::::::::::::    |  
     .  |::::::::::::::    }   女を使ってな。
     .  ヽ::::::::::::::    }   
        ヽ::::::::::  ノ    
        /:::::::::::: く     
        |:::::::::::::::: \  

              __
            .-´   ``ヽ
          / ⌒      `ヽ
         /        `ヽ  ヽ     
    ((   / ( ●)         ヽ    まぁ、やる夫にはハニートラップとか関係ないお!
        |::⌒(__   ( ●)     |   裏切りなんて…
        ヽ   人__) ⌒::::      |   
          ヽ(__ン          |
         人           /  | |
        /          _ノ  ノノ
                    |




.   /             \   f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ   /          \
.  /              |  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl  /           ヽ
 │    く  誰 一     l. /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l| /     正 君  や  |
  |     れ が 体     | k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|│     気. の  る  |
  |    る 保 .ど     l,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l| |    は 精  夫  |
  |    の 障 こ    j{ { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ│       神  君  |
  |    だ .し の    /ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  !        の    │
 │    ね て     /  ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/    ヽ             /
.  l    ?       〈   ヽl.      ̄`ー-     jノ     厶         /
  ヽ           /ヽゝ   」l 、            /        \ ____ /
    \ ___    /   _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /



         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     (ピザメガネ…こっちに話しかけるなよ)
 |    ( ●)(●)   
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   天菩比神と天若日子…残念ですね
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         ,- 、  
          / M ! 
        /   /      , - 、
        ト  l    / I .ノ                          謀に子も血縁もあるものか
        !  |   /   /                  ,.z=='三ミミ=-,.、、 スパイが寝返る理由なんて古今東西、4つだけだ
        l.  | /   /     _             __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
       l   l./   /,..-‐ ''C´)          r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ     M はMoney(金)
    ',  ,!  ,/   /    ,.>'´          l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl      I はIdeolgy(思想)
     /    〈   '    >'´                尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、    C はCompromise(妥協)
      | ヽ          '´ ̄ ̄⌒丶、          ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、. E はEgo(利己)
     ',   ` ー  、_ ,ァ‐一ー-、E.,!       ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
     ',          {           /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、  天菩比神は金で買収されたか
      ',        ,!、        /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、 出雲のイデオロギーの正当性を教え込まれたのだろう。
      ',        ノ`ハ          ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ 天若日子はまさしく利己。
       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ 
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l  ちなみにSexはCの妥協に含まれる。
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  ! 




   ____
   \|高|/   .l\
    |天|    |/高
    |原|   /天/\
    |_|_/原/ ̄ ̄
   /    \/   余談だが
 / ノ  \ .\   某国の駐中大使館員が(ry
 |  (●)(●) |  
. |  (__人__)  |   例え話だが…ホテルの部屋に見知らぬ女性が尋ねてきても
  | u ` ⌒´   ノ   部屋に入れず、追い返すんだぞ…
.  |         }   ”裸の女性とホテルの一室に居た”
.  ヽ        }    これだけでもマズイだろ…JK
   ヽ     ノ     
   /    く  \        \
   |     \   \     さて、これで高天原は再び戦略会議を招集して…
    |    |ヽ、二⌒)、          \


        /    γ´思兼神ヽ 、   `ヽ
        |,,,,,_  (●)-‐ー‐-(●)__ __,| 
        (,,ィ´:::;;厂 ̄::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、,,)  原文:雉子、名は鳴女を遣はさむ
         〈   }    l  |   l  |  ∧  
            }ノ | {   !  !   |  l|   l |                __
        / l l l八.  ト、人  }  }|   l |              /鳴女\
.       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |             {0}     {0},  <了解
       { l | lト代ハ  { 炊ソ' }/ レ'   |            /__∀__\
.       Ⅵ N从 フ⌒ヽ、'_'_'ノ  | l | |         ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
         ∨ヽノ ヘ、-‐  .イ    トl | l       r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
           |  > 、 イ |   川人/         ̄\ イ j :|f?ト  f?ハ/ノリ/ 
           ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\          7レヘ { ゞ'' _ `‐' {/ベ
         /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、      く/ /V>  __  イ∧ヽ/
       /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  }        \{ { l::lVミVl::l / ∨
      ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │         Y\ヾ ∀ シ/ r'´
      i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧          |   ≧f}≦  |
                                       `ァー∨=∨‐く




    ●__●
   /  MICE\
  /  ─    ─\    雉…?鳥の雉かお?
/   .(●)  (●) \  
|       (__人__)   |   飛ぶから足音も無く、足跡も残さない…
/     ∩ノ ⊃  /   情報衛星みたいなものかお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /


   / ̄ ̄\ (ディ◎ニー…なら…●ィズニーなら見逃してくれる!)
 /   _ノ  \    
 |    ( ●)(●)   冴えてるな。
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ   神武天皇と東征の時はヤタガラスだった。
.  |        }    熊野山中を進撃するときに遣われた。
.  ヽ        }    恐らく雉子と同じようなもので偵察、斥候などの任務だろう。
   ヽ     ノ   
   /    く  \    
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





        /    γ´思兼神ヽ 、   `ヽ
        |,,,,,_  (●)-‐ー‐-(●)__ __,| 
        (,,ィ´:::;;厂 ̄::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、,,)  
         〈   }    l  |   l  |  ∧  
            }ノ | {   !  !   |  l|   l |  この「雉子」…防衛省情報本部の機関紙の名前なんですよ。
        / l l l八.  ト、人  }  }|   l |  
.       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |  ちなみにシンボルマークは雉です。
       { l | lト代ハ  { 炊ソ' }/ レ'   |  ttp://www.mod.go.jp/dih/symbol.html
.       Ⅵ N从 フ⌒ヽ、'_'_'ノ  | l | |  
         ∨ヽノ ヘ、-‐  .イ    トl | l    
           |  > 、 イ |   川人/   
           ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\  
         /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、 
       /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  } 
      ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │
      i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧



                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /      天探女    \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,  原文:この鳥は、その鳴く音いと悪し。
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|      かれ、みづから射たまえ。
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::| <この鳥は、鳴く音が大変不祥です…
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|  ですから射落としてください
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.//
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \ 
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
.       / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、
       /../::::::|:.:.:.:.:.:| \{ ー-<⌒)'二\::.| {::::::::::::::::::::::}

            ,. -'´: : ̄ ̄:`┴ '´⌒\
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /.: : : : : : : : : : 天若日子: : : : : :ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : :ヽ: : ::ヽ
        /: : /: : : : : : : : : !: : : : : !: : : !: : : !: : !: ',
        |: ./: : : : :./: : : :∧: : : : :|\: :!: !: :!: : |: :|
        |: !: : :!: : ::|: : : / ,レ: : :!:.ト、_ヽ|: !: :!: : |V
        |.: !: : |: : ∧/斗く |: :.∧|  `厂|: :|ヽ:|
       <_:.!:rヘ : |  ___ ィ |/ リ==テ !V V
        <_ヘ 小!  `¨ ¨ ´     ::::: |
          入_ヘ.  :::::    , 〉   .!  <あの鳥か、わかったよ
         /::::::/ ヽ.      r;2   /    ちょうど、高天原の弓矢があるし丁度良い
       ,. イ:::::::::|   \.    ヽフ /
    /::::::/::::::::::::|     ` 、 , ィ´:\
_, -‐<:::::::/::::::::::::::::|       ∧::::::::::::::ヽ




                /}                 /l
           _//―-             //
          //// /  `ヽ      //
          _ノ//:/_ィイ / ! l  !    //
         j/:/斤j`j/ィ_j‐l l l   //
          /:/.l    .└'/!∧!//
          /:/l/iヽ、`_..ィ/ //
       __/:/:_!/  /l/jノ// 
.    __/\V: : i ̄ ヽl/∠ -‐  ̄_>
    \/.::::::::::∧ : ! ̄/∠ --―  ̄
     /.::::::l:::/.::ヽ: !く//!::::|
    /.::::::::!:/.::::/__ヽ !//.::/!
__/.:::::::::l/.:::::/`ヽ、`ヽ、/_|_______l\
―‐/.:::::::::::/.:::::/ ̄//l丶、丶、_高 天 原  >
  /.::::::::::::/.:::::/ //! l  |::l丶、\  ̄ ̄ ̄ ̄ l/
  !:::::::::::::/.::::/ 〈/ ! !  l:::|::::l  ̄
  ヽ::::::::/.::::/    !」  l::::l::::|


        / ̄ ̄ ̄ \      
     /   :_ノ  ヽ、_\     
    /     (●)  (ー)l …射殺されちゃったお…
    |   u   (__人__) j   
    \、      ` ⌒´ /     
   /        /

        / ̄ ̄\
      /       \    天探女…敵国のスパイ活動を防止するヤツだ。
      |::::::        |   
     . |:::::::::::     |  神武天皇のヤタガラスも”悪い鳥”として鏑矢で射られた
       |::::::::::::::    |   いつの時代も…こういう職に就くと…。
     .  |::::::::::::::    }   
     .  ヽ::::::::::::::    }   
        ヽ::::::::::  ノ    
        /:::::::::::: く     
        |:::::::::::::::: \




         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \   <もしもし、ヤ●ト運輸さん?ええ…はい、出雲です
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、   トェェェ,'  _ イ : /二二^  \   ええ…送り先は高天原で…ハイ、ハイ
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_ ̄_,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ  着払いで…ハイ、じゃあお願いしまーす
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
.       / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、
       /../::::::|:.:.:.:.:.:| \{ ー-<⌒)'二\::.| {::::::::::::::::::::::}



          /  /   /  | ,j |  |リ:: /  __ j/  ∨:::: |:  |   } ,j
        j  λ   /  _|/__   }:: /、 ',ィ'"´` ハ:∨:: |:: /   j,/
        |  | |   ハ ,ィ'"´` ヽj_ノ‐ヘ.      {ノ:::}:  |:: /
           | |: |  /:.:ハ  〟   ノ  、  ` ‐--‐ 'i::i::| /j;/i    ・・・・・・着払いでした
         ヽ| ヽ、{: : λ`‐ -‐'          j::|::j,/,ィi: |
            | i: : : }ヽ、     ‐-―-    ,ィ´::::}_ノ:::| |: |
            | | ::i: :j  `>‐-ァ ‐-‐ォ‐ ´ |:::i:;;;:::;;;:;:| |:: |      __      l\
            | | ::|: ::|ヘ/´ ,r'´ ̄ノ     |:::l::;;;:;;:::;:| |::::|    /´_ノ____|.:;;:\
           /´リ | : :|: {  j,ア ̄フ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,ノf´ i:'フフ   ::;:;;;::\
            / /.  | j |  /  --‐´~)    高 天 原    ,γ´i:ノ |,/'´  ..,.:;:::::;:;:;;;;;;;>
            /  j   | | | 〈   --‐'´)_________.ィ':::{  ||;-┘   ...:::;::::;;;;;:;::;;/
         /   |   | | \`>、.  -‐'´,ノ  |: :|    :| f´   -r-┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;;;;;/
          /   |   |,./ヽ  /  ゝ‐-r'´   |: :|  |∧::| }    |、         l/



            〓〓〓〓〓/  ヽ、 ∧        ̄ ‐- |
大 射 裏 私   l〓〓〓〓,/ ヽ、ヽヾ|..| ヾ |          |
好 る 切 は   〓〓〓〓l     = "    | ll|    | |    |     思
だ の り      |〓〓〓〓   ミ=      | | |    | |   |
   が .者      l〓〓〓〓   :::         | l  |    | |  |    兼
     .を    l〓〓〓〓〓ミ彡;;          | l  |    | |  |
         、l〓〓〓〓〓,´,|  〃==ヽ 、     | l l| |   | | 〓ヽ 神
  ─   -‐ '  `〓〓〓〓 l ト ll   _   ヾイ、  〃 |_l l┼ - | |   〓、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l   ヒ;;´   ̄ ̄ヽ:::l  -ノ | | | l |  |  ‡〓ー ,, __
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓‡ ┤从      )‐-〃 ;;《 ● ll   〃 l〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 l  ヾ  __ノ -‐ |l  ヾ ` ´  ]  //〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l     ̄ ̄ ,,,,lll|  ヾ  == ::  /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓ヽ   ,__、    :lllll|_,〃        /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ  、~ーェ-ェ─ ,,,__,ェ=`   /ヽ〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ    ̄::: ̄ ̄ ̄     /ヽ   〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃   ー  _  :::::::::   ,,, ll|||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃 〃  ;;;;;;;l  /  ー── ´  ll||||||||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓



                                                 ___
                                 _,-ーヾゝ            ト--¬ヲ
                           /'、こ~-     `\         /(ミ>。、\
                          ノ 〆          `''ー 、   ,,..、/^/(、.,,_ゞ
                       ゝ~~ (_           イロ  , イ=ヽ\ミ~∧。/>
                        ` ~- ‐'' つ`-n    ,:'ミ叭八" ヾミ;、ヾi ミ\ゞゝ
                       ~、     ノ> 》 ) ∠ミイレ/ト ヾ il! i i!ト 入》o゙Y;;ii゙
                      ノノ/フヽ~~~ー  , ,ノ 〆ゞゾ/彳;;;ア))Li!ノノイ;;;;;彡i  liiii;
                  /⌒∠_,u~' へ_ソ'´~~ .:;iI州ゾン Lヾ》彡  |/ヽイ"゙´/o iiiii
                ノ~~~入 (~        .,:;iソ/ソイilト  V ヾVヾ   レキ"゙ソ   ゞ
             √~彡ーノノノ       .,:;iソ彡ソ'  |lIl|/       /ノ/o  /| ゝ
            ( , '´ノ/        ., :i'//ソ /             ゞ/イ ∠彡'、彳
             ヽソ/」       /, :゙゙ ソ/               「ノノロノ三ソ///;;;;{
             ノ ((      /, :゙  ,/        / "゙ヽ、_ノミil< 彡ニ─ノノ;;ii
            く ∫ノ   /, :゙ r个⌒`へ        ゝ⌒_> フニソノ  ノ/ゝノヾiiii
            ノ /   /, :゙  ( ( ~'  )  _.、、-…'' "ラ'' "゙彡イ | / // i/>ノ)iii
           { ンノく /, :゙  / ~ ) ) r-´ ̄   __,.-‐ '_ ,- ‐ ' /ノ   /∧i/ソ//iiii
          / ノソ/, :゙   /  /∫(〆     _/~  /   ,,,.γ i'   /イ;;ノi/ソ /iiiii
         ( ソ ', :゙ 高 /   √  ノ    /_ > '~  ,,, "  ~~ / ノノ ノ/ ∧iiii
          /, :゙    /    r '´ / ) __,.-‐フ '    ,, ゙    _,,-", - '"/  / /iiiiiii
    _   /, :゙ 天,  へ     ノ γ~-‐ '' ‐ ''  , , ~      _-"  _ ,-"/  / / !iiiii
   ∠/Y, :゙    イ、  ー~‐' ^ーノト , - '         ,.-ニ  ///     / /iiiiii}
  ↓〆, :゙ 原/   ~~( /〆⌒入 ノ)'         , - "/~ ア /〆     / /|iiiiii
  ヾ、゙    /       ゙~ /|~ιノ        ∠  /  ≠ /ソ       /  《iiiiiii
  iii;;  /          |          >"   /  / //      /  ! iiiiii
  ヾソレ'           γ         /     i!  / / "       /  /i!liiii




: : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :.:|: ハ :|  \: : : :ヽ: : : : : : :.ヽヽ:.\
: :|: : : : : : :/ /l: : : : : : : : ハ:l  |:|二二、ヽ: : : l: : : : : : : : ヽ\: \
: :|: : : : : ://   |: :|: : : : : :j |:l  |:| {::::`ヽ\: : :ト、: :\: : : : :l  \|
: :|: : : : : :|' |   .|: :!: : : : :./ .リ  レ ヽ::::::::} 〉:.:.| ヽ: :ヽ: : : :|
: :|: : : : : :| .| /´l: :|: : : : /     ヽ `ー' ハ:.:j  ト|: :|ヽ:.:.:|
: :|: : : : : :|/-、ヽ|ll:: : : :/    三 ." ̄  V   l ヽ| ヽ :j
: :|: : : : : :|{:::::::::ヽlハ: :./;;    \ ゛'         l }|  V
: :ヽ: : : : :| \::::::ノ/V       ヽ         |_/j
: :: ::ヽ :: : lr‐、_,/ "        . j         |_ノ  原文:その矢を取らして、その矢の穴より
: :: :: ::ヽト lT~ "  ,   ,                  j       衝き返し下したまひしかば天若日子が
: :: :: :: : | \l     ;;;      ,==ヾ、       /       朝床に寝たる高胸坂に中りて死にき。
: :: :: :: : | | |  ;;;          /_,-‐"^ヾ     /     訳:その矢をおとりになって、その矢の飛んできた
r―― | | |  ″        | |       `ー-/        穴から衝き返しておやりになったので天若日子が
ヽ  ̄ヽ l | |            | |        /         朝床に寝ている胸のところに当たって死んだ。


        / ̄ ̄\      天若日子に情報部隊である雉子を殺させ(誤射)
      /       \     裏切り行為を明確とする。
      |::::::        |   
     . |:::::::::::     |   出雲側は己の手を汚すことなく、高天原の友好親善という皮をかぶった
       |::::::::::::::    |   スパイ2名を離反させ、1名のスパイを始末した。
     .  |::::::::::::::    }    
     .  ヽ::::::::::::::    }    高天原は「戦わずして勝つ」という間接侵略から
        ヽ::::::::::  ノ     「戦って勝つ」という直接侵略へシフトする。
        /:::::::::::: く      そして武闘派の神々を出雲へ派遣し、少しの紛争と
        |:::::::::::::::: \      外交レベルで決着がつき「出雲の国譲り」に繋がる。




   / ̄ ̄\    
 / ノ  \ \   「日本人は戦略・情報に疎いのか 太田文雄(著)」を
 |  (●)(●) |   参考文献…ほとんどパクったと言ってもおかしくない。
. |  (__人__)  |   おわびします。
  |   ` ⌒´  ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  \        \          おわり
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



465 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[] 投稿日:2009/03/16(月) 08:44:23.51 ID:r3GQKbko

乙です。古事記読んでみたくなった


466 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/16(月) 11:04:42.90 ID:giTXvnAo

乙。古事記の物語は読んだことあるけど、これは…イイ!


467 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/16(月) 17:31:11.85 ID:JXjqpxwo

訂正と簡単な付け加えを…。

>>455
>余談だが
>某国の駐中大使館員が(ry
上海領事館の電信員でした。ごめんなさい。

>例え話だが…ホテルの部屋に見知らぬ女性が尋ねてきても
>部屋に入れず、追い返すんだぞ…
>”裸の女性とホテルの一室に居た”
>これだけでもマズイだろ…JK

『私が中国を訪問したのは2001年5月から6月にかけてでしたが
 自衛隊の幹部が中国で宿泊する時には、必ず人民解放軍が運営するホテルに
 宿泊しなければならないようになっています。ニューヨークでもロンドンでも
 宿泊する場所を選択する自由はありますが、中国の場合、特に自衛隊の幹部には
 そうした自由はあたえられません。
 (中略)
 その夜のことでした。「マッサージいかがですか?」と女性から電話がかかってきたのは。
 もしこれに応じていたら、部屋に備え付けられている隠しカメラで裸同然の男女が撮られ
 以後、「機密を渡さなければ、この写真を公開するぞ」と脅かされていたかもしれません。』
                     引用元 太田文雄「インテリジェンスと国際情報分析」P.39

468 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/16(月) 18:56:41.10 ID:eAXclgwo

スゲェ乙乙




>>467の続きみたいなもの

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒) 
          |     (__人__)    どうだ?これで日本人が情報や戦略に
             |     ` ⌒´ノ    疎くないとわかっただろう?
              |         }      
              ヽ        }     余談だが古事記には他にも情報に関するお話がある。
            ヽ、.,__ __ノ     因幡の白兎だ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、     
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|

     ___
   /     \
  /  ─    ─\    
/   .(●)  (●) \  ああ、兎が皮をはがされるお話かお
|       (__人__)   |   
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /





   / ̄ ̄\    
 / ノ  \ \   あのお話は情報漏洩の戒めなんだ。
 |  (●)(●) |   
. |  (__人__)  |   
  |   ` ⌒´  ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }
   ヽ     ノ 
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

              /  ̄ ̄ ヽ   _  --―――――-、
             /、     /  /´、           ノ
             {   ーrー'´  /  ノ_    _  -‐'´
             \  }―‐‐-/ /    ̄ ̄
            /::::\, ゝ―</ ` ヽ
          , .::'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶.:.:.:.:.ィヽ、
.        /.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.ヘ
         ,'.:.,:.:.:.:.:.:.:.:..!:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.ハ
      /.:,イ.:.:.:.:.,':.:./|:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.i
      |.:ハi.:.:.:.:.{.:,ム」:ヘ.:.:ィ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.}.:.:.:.:|
      |!  V.:.:.iハi __ヽ:.ヽ:.ヽ二ヽ、:.:.:.:.:.:.:!:|.:i.:.:.:! (ワニを騙して、海を渡れば…ッ!
         ヽ.:.:∨fテ::!\.\:.ィ≠z>、:.:.:.:.,'リ.:!.:.:.l   作戦成功よ!完璧ね)
          \;ヘ弋ソ  `   た::ア.:.\:ノ }.:.',:.:i
            {  、__   弋;;;イ.:.:.:./ ノ:.:.:∨
              へ、ヽ_ノ    /.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:..ハ
            |.:.:.:\__ /.:.:.:./i.:.:.i:.:.:.:.:.:.ヘ
            |.:.:.:.i:.:,:.-'´.:., -'"  |.:.ノ.:.:.:.:.:.:.:.ヘ 因幡在住 白兎さん
            |.:.:./.:, - '´     レ'.:.:.:.:.:.:.:.:i.:..ヘ
               >‐' "´      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:ハ , <>
           /         /.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:, -' ~, - ' ! i




           -―‐.、    l||!|l|                「ワニを騙して、海を渡る」という謀略を
         /:::::::::::::::::::\  l||!|!                成就寸前に仄めかす話が展開されていくんだが
          {::::::::::::::ヽ、::::::\                   真意が情報として記号化されて、相手に伝わり
        〃::::::::::、:ヽN、):::::::`ヽ、                 謀略が露となってしまう。
        {ヘゝ((ミf゙ヽ}:::}-=、;;:::'::,:ヽ
          ゙_ノ/⌒ヾ刋::レ'´ ̄ヽ::'; :!         / ̄ ̄\  結果として
        f 〈_  /'⌒Y〆   l:::!:i        /       \ 詭計・謀略が相手に看破されて
        {   '‐┴v‐'´  ,∠ V八.        |::::::       |兎は白い衣服を剥がされてしまう。
          ^{ヘ、____/ヽ、  ヽ        |:::::::::::     |
         {二/  .ハ        {        |::::::::::::::.  ///| 謀略の根本は相手の主体性を利用し
        _人 {二ニハ l        }         |::::::::::::::    } 相手が自主的・自発的に行動することを
      f≦_>く  { ■■     ノ.        ヽ::::::::::::::    }  操ることにあるんだが…
      て≦ー´y_.」  ■'''ー‐ '´           ヽ::::::::::  ノ
          ̄                     /:::::::::::: く シュシュ
                               |:::::::::::::::::: \  


   / ̄ ̄\  …ふぅ
 / ノ  \ \   
 |  (●)(●) |   謀略も、ばれると酷い目にあうってことさ。
. |  (__人__)  |   
  |   ` ⌒´  ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }       \
   ヽ     ノ  @  @@\
   /    く  \   @   \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   でも、神話だお!リアルではないお
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

              / ̄ ̄\ 神話にすら情報、戦略が詰まっていると…くっ
             /  ヽ、_   \  
       l⌒ヽ (>)(< )    .| 次ぎは聖徳太子でいくぞ。
        ヽ、 \(__人__)     |
     //   \ (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ヽ {         |           ヽ\__
     | l l|,, ___,{        /           \__)_
      ゝ____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
                 ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄



               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l  607年
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ | 「日出づる処の天子
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |  書を日没する処の天子に致す。恙無きや」
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/! 超意訳:キョン、元気?ハルにゃんは元気よ!
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ 聖徳太子
      ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l

     ,/            `ヽ
.   ,r'/,              ヘ
   ,;'/ // / ル  ノ| /|     ゙、
  /イ / / / ./ |  / | / |      .i
 〃〃  ,''"⌒`レ|./r'"⌒'ト、|      |
  イ /.|/<●> }  <●>レ|/i   |
.  r'テ r;;;;    ソ       | i,rヽ
  { i y,';;;;    /        |/イ |
  `,:i:::|;;;;;   ゝ、, 、      |/ 〃
   '、_|;;;;             _,ノ/
.    ゝ;;  <⌒`>     ルノ
     ト、   ヽー-      /∧|
     };;ヽ、        / f 弋
.     };;;;,ヽ      /  {
.     i   `ー-- イ     |   煬帝




   / ̄ ̄\  
 / ノ  \ \   これは事実上の独立宣言にあたる。
 |  (●)(●) |   
. |  (__人__)  |   当時、隋は超大国。今で言うとアメリカ以上だ。
  |   ` ⌒´  ノ   それまで日本を含めた周辺国は中国王朝に貢物を送り
.  |         }   三跪九叩の礼を要求されていた。
.  ヽ        }       \
   ヽ     ノ  @  @@\
   /    く  \   @   \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


                    ・三跪九叩の礼
                     跪く。そして三回、額を床に叩きつける。
            / ⌒ヽ___  
           /,, /      ヽ ※これを三回繰り返す
          /,//::         \ 
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
       /  /、:::::...           /ヽ_ \ 額が痛いお…
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"



       ____
     /      \    独立宣言をして大丈夫かお…?
   /  _ノ  ヽ、_  \  蘇我馬子が東漢直駒をして崇峻天皇を
  / o゚((●)) ((●))゚o \ 殺した592年の翌年に摂政になっているお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     / 国内が混乱しているのに、何をやっているお!



                     契 丹        /   |
                 __________/    l                _
                              / 高 句 麗\             _ノ
            / ̄ ̄\           _l       /ヽ          _ノ 中国(地方)
          /   _ノ  \        /  ´ ⌒)  r―' 新 .\        ノ  /´ ̄
          |    ( ●)(●)      (     l_,ノ`;,__、羅 )       |_/ __ノ´
          |     (__人__)       ヽ        l 百ヽ/      _,r‐ュ  (  /←四国
             |     ` ⌒´ノ    隋   ` ─、     ~,済 /      /  ヽ  ヽく
              |         }        ┌─'       )_/      /日本 (   ´
              ヽ        }         /                 ゝ/´l  |←九州
            ヽ、.,__ __ノ         ヽ  当時はこうなっていた。   /__/
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、         \ 新羅が隋の力を借りて朝鮮半島の覇権を
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_        | とろうとしていたように
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、       (、 同じように高句麗、新羅、百済は
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!  明州・ l それぞれ日本に貢物も送ってくる。
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|      |




     ,ァ  ,、ィ      ,..z-r‐''-+へ‐n¬、, _     ゞ_  ー,、
   _,f ,、-'  \ _,、r^'"`_ ,k-ーー-ーrlrヽニ、、`^ヘ     `! ヽ ^-;
  f  ォ    ,r〉 _r-^" ´      l    ^ゝ ´ヘ._     /、` L,  ←羽
 r' rf     j^ _r' |          l      'ヽ 、 ヘ_/   {,_ 、 {
ス f′   ,ヘ' rノ  l   ,-- ― -、. |        ニ、 、ぅ,_    ゝ, `>,
  ノ    ,r' f'"   |/      `ヽ|        /   レ、`}、   X  Y
 ヲ    孑 ,}へ  /         \     /      T ヽ   に }
.〈    イ f" \/           ヽ  /         〉 キ   カ く  例えば598年に新羅は孔雀を。
.{'    了 f′  /             V´          ト  }    孑 フ
k.    ケ キ_.....l      孔雀     .lー――――----ナ k...__ 爿 リ
T  ̄ ̄'〉 k    !    _         |          〈 ,f   ̄{  }   翌年の599年には百済が
}     ヲ K    ',l   '´       `、  |          ア j   ,}  l′  駱駝 1頭、兎 1匹、羊 2匹、キギス 1隻
    't  カ    〉、 ,.―.、    ,ィ―.、. ,|-、        メ 4   ヲ 1    を貢いでいる。
Z     じ う  ,.l ', 'l:.:.:.:.|      l:.:.:.:.|l'´  !、         ) f     {  k
, ゝ    爿 f/ ヽ、! ` " ./l\ ` " r _ノ_/ \     ん ノ   j  ,ハ
. }     /j_´`ュ/へ""   、l ノ ""/二7   \   r'  イ   ,7  イ
x 'メ、./    'ー/イLニ>_ ..__,ィノ「|[_`<__     _>'  ,r'′  ケ 勹


     ___
   /     \    存在感の無さそうな孔雀だお…
  /  ─    ─\    
/   .(●)  (●) \  なるほど。遣隋使意外で、そうやって情報を得ていたのかお。
|       (__人__)   |  そして隋の600年に行われた高句麗遠征が失敗に終わり
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     605年に煬帝(キョン)が即位…っと
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /




   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \    その煬帝は第二次高句麗遠征の準備にはいる。
 |   (●)(●)    高句麗は反攻を企てて、国境を固める。
. |   ⌒(__人__) 
  |     |r┬| .}   そこで…
.  |     ー―' }     「日出づる処の天子 書を日没する処の天子に致す。恙無きや」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \  隋も高句麗と戦っている以上
   /    く  \        \  日本とまでは戦えないという判断だ。
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


   / ̄ ̄\   後はご存知の通り
 / ノ  \ \  隋は612年に第二次高句麗遠征、614年に第三次高句麗遠征
 |  (●)(●) |  
. |  (__人__)  |   そして4年後の618年に隋は滅亡。唐が建国される。
  |   ` ⌒´  ノ   聖徳太子は見事すぎるだろ…常識的に考えて。
.  |         }   
.  ヽ        }        
   ヽ     ノ        \余談ですが…約700年後の元寇の頃、フビライが日本に服属を求める際
   /    く  \        \高翌麗の宰相の李蔵用は使者を送らない方が良いと言いました。
   |     \   \         \その時の根拠としたのが、この聖徳太子の言葉です。
    |    |ヽ、二⌒)、          \「高翌麗史列伝」によれば…

『隋の文帝(煬帝)の時、上書して、日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致すと伝へり。
 驕傲にして名分を識らざる此の如し』
                           参考 太田文雄「日本人は戦略・情報に疎いのか」
                                                     おわり



569 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 09:45:12.82 ID:7LpMK7ko




570 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 11:48:00.40 ID:oF0/I2k0

参考になった。乙です



関連記事
| 22:49 |コメント(9)
カテゴリータグ:学ぶ・体験系 学ぶ・体験系(2008~2009) やる夫短編作品 200809

|

<< 続・やる夫が恋愛小説を書くようです。「女の決闘」 | HOME | でっていうでなぞるアステカ神話「ケツァルコアトルの一生」 >>

■御感想or寝言

890 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/25(水) 00:14:12 ID:BsqUATt6

題材は面白いけど
やる夫とやらない夫に
会話させてる意味が薄いなあ



894 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/25(水) 02:35:17 ID:-

神武東征かと思いきや、なんだ国譲り神話
だけか。
皇統が一つだったとは限らんし、
民主主義じゃなく豪族の寡頭政治が正解だろ



907 名前:  [] 投稿日:2009/03/25(水) 17:38:28 ID:-

う~ん・・・
比較的読みにくいスレだったな。
文章配置がギチギチ過ぎる。



1739 名前:  [] 投稿日:2009/05/18(月) 12:20:20 ID:-

神代の記述を引き合いに出しても、
所詮編纂したのは8世紀前半
(これすらも「序文を信じるならば」の話)
その頃の戦略的思考でしかないわけで。
本当に神代にそんな思考をしたと
信じる馬鹿もいないだろうし、
書いた奴もそんなつもりはないんだろうけど
恣意的にそう思われるように纏めたと
取ろうと思えば取れるんだよね、残念ながら。



1742 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/18(月) 16:21:12 ID:-

>本当に神代にそんな思考をしたと
>信じる馬鹿もいないだろうし、
何でだよ。
神話だって歴史に基づいて書かれているんだし、丸呑みにするならまだしも参考にはなるだろ。「神代にそんな思考をしたと信じる馬鹿」と鼻から決めてかかるお前こそ馬鹿じゃね?



1851 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/23(土) 18:08:30 ID:-

日本神話は好きだが、これはちょっとこじつけすぎてる気が・・・



5539 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/08/27(木) 02:22:59 ID:-

合議制ではあったけど、上の人間のみの話だからな。
本格的なのは戦後になってからだろう



5740 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/08/29(土) 22:01:29 ID:-

そりゃ神話や伝承から近代まで含めて経験として知らない歴史なんてどこまでが事実を反映してるかなんてわからんさ
タレスの思想なんかもディオゲネスのものを参考にこうであったはずと言ってる訳で



7521 名前:名無しのお兄ちゃん [] 投稿日:2009/10/09(金) 23:28:29 ID:-

どこの国だって戦略的思考くらいあるもんじゃねえの?
と思う俺は異端なんかな
面白かったぜ



Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV