やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2014/03/07(金) <パルプ・フィクション>

カテゴリータグ:作者別短編集 短編集月の花

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所153                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.56 【練習用】 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1284259845/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その36              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド16                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
【一発ネタ】 やる夫のネタスレ 【短編】  その3    http://yy69.60.kg/test/read.cgi/index/1258195912/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

53 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/24(火) 19:55:56 ID:j9Pj7nq0 [1/5]



                                   「やれやれ、やる夫は平和に暮らしたいだけなのに…まあ仕方ないおね」

       ┌──────────────┐                       _,,  --  _
       │                      │                     ,ィ ´    ::::::::::::`::. ,
       │ 普通の高校生 柔速出やる夫 │                   /  ,ィ      :::::::::::::::\
       │                      │                   / /  ,ィ::::jヽ    :::::::::::::::ヽ
       └──────────────┘                   ト   ゝ `¨′     :::::::::::::::〉
  ┌────────────────────────┐ ,v、        !::::.     `ヽ    .:::::::::::::/.
  │ vip高校に通う二年生。                         │ j )'j.)      .ヘ:::::.      ノ   _,;..---.イ-、 ,-.、
  │                                    │.〈.//j f.〉      !:::l ヽ, -‐'"   r-',::::::::::::::::,-:イ::::/:ヘ
  │ 一見すると平凡だが、                          │. }! L-'.ゝ       ',::`ー'     ..lハヘ::::::::;イ::::::::::/::::::::-'-、
  │ 幼いときから危険な事件に巻き込まれてきたために、.  │...ヽ   ヽj      ヽ    ..::::::::r ',.〉::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::ヽ
  │ 非日常への適応力が高い。                 │    >_,,ィ>、      >ーr-‐‐‐7ハ 〈:::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::ヘ
  │ また、古武術を習得しており、殺気には敏感である。   │  ./、, イ::::ヘ      \',ヽ / 〈 .∨::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::ヘ
  │                                    │.. .〈':::::::::::::::::ヘ     _/「::ヽイ  l  ∨::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヘ
  │ 頭も良く、高校の範囲などは数年前に終わっているが、..│   ∨:::::::::::::::ヘ    /::ヽ:::!::l ヽr'     \:::::::::::::::::::::::::::::::〉イ`:::::∧
  │ 普段はやる気を出さないため成績は普通。          │  .....ヽ::::::::::::::::ヘ ./:::::_:::::l::!   ',       ヽ::::::::::::::::::::::::::「'':::::,イ::::/
  │                                    │      .∨:::::::::::::::〉:、:::::::::::::::!    .!      \::::::::::::::::::r'イ::::::::::::/ヽ
  │ 迷惑な事態は好まないが、                       │       ∨:::::::::::'::::::`::::::::;イl    !       \::::::::::/::::::::::::::::/::::::ヘ
  │ 困っている人を放っておけない性格のために、        │      ∨::::::::::::::::::;イ ,':::,   l         \::/::::::::::::::::/:::::::::::∧
  │ 事件に巻き込まれることも多い。                  │        ヽ:::::::; <   ,::::::;   〉    /     /:_:::::::::::::/::::::::::::::::∧
  │                                    │        . ̄       ,:::::::::,   ヽ  /    /イヽ、ヽ:::::/、::::::::::::::::::∧
  │ 危険を察知する能力は高いのにもかかわらず、     │               ,:::::::::::>    /    /  |:::::::::`ヽ':::::::_`> 、::::::::::ヘ
  │ 女子からの好意には鈍感。                    │
  └────────────────────────┘


54 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/24(火) 19:56:13 ID:j9Pj7nq0 [2/5]



                                          「常識的に、だ……お前の有用性を示してもらおうか、やる夫」

                                                                .  ― ――
                                                         .´             .\
                                                            ∧              :..
            ┌──────────────┐                           ∧                   ∧
            │                      │                           !                    ...::}
            │ “第蜂機関”備府出やらない夫 │                       /   ,j}                 :゙
            │                      │                        jゝxzイj! ,j{i;,   ,ノj      /
            └──────────────┘                          l{`{fj}Y_ .ゞフZZス、    /
...┌─────────────────────────────┐             ̄´ナ ∧^t´{チУjf    .゙
...│ 世界中で暗躍する組織、第蜂機関に所属するエージェント。      .│         .f¨  〈     ゙ ̄``    /
...│ 機関の幹部である、“八賢人”に最年少で就任した天才である。   │           ゝ,.ノ__ゝ、    `,   /
...│                                              │            i ー-、`ー――   /レヘ
...│ 現在、彼は世界中の因子を持つ人間に関する情報を集めており、  │            ハ        /  ./ ノ{
...│ 因子を持つ可能性の高い人物の元へ刺客を送り込んでいる。   ...│            ゝ____ .. <  //: :〉
...│ 柔速出やる夫もその一人であり、                     │           _厂{\    !; /////;⌒\__
...│ 彼が危険に巻き込まれやすいのはやらない夫が原因である。    │       , <////1}   ⌒  ,j ハ.////イ/⌒ー-->‐-
...│                                              │      ノ゙.:.::/〈_/_ ゝ   ,.У//\///////,///////.
...│ また、時を操る能力も持っている。                     │   ./.:.://///>).:..  ノ゙  ///////////.....:://////__゚,
...│ 反動が大きいため普段は封印しているが、                   │  .く.:.://////  /´   ,/////\//.:::://////////∧
...│ 開放すれば戦いで彼に勝てる人間はほぼいない。             │._/ {////;/.:  ,/    //////////イ/////////////,i
...│                                              │..//////;/.::..  /   ,/////////./ ///////////////|
...│ 冷徹な性格であり、役に立たないものや使えないものには非情。  .│.//////.:.:...   /   ,///////////////////////////|
...│ だが、女性にはついあまくなる欠点がある。                │..////∠ヽ_,, ヘ   .///////////′.:::::::::////////////|
...└─────────────────────────────┘../,/.:.:     イ  ゝ////////////.:{:...::::::′///////////|
                                            /⌒::{ZZZ/.:.:    __  ///////////////}::...://///////////|
                                            >.:::::::::/ ̄.:.:   イ     //////////⌒ヽ///{:.../ /}  ///////_丿


55 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/24(火) 19:56:28 ID:j9Pj7nq0 [3/5]



                                     「あなたたちが何をしようと無駄なんですよ。僕は神の代行者なのですから」

                                                        .-―- 、
                                                    ´        :.
          .┌────────────────────┐          .′           i
          .│     ルシフェル                      │        .i           !
          .│ † 「神からの寵愛」 デキルオ・キ・セイデ †  │         .' ._  .テモ:ラ   ォ
          .└────────────────────┘           .!ゞヽ ' ´¨´  .1ヾト. __
       .┌─────────────────────────┐       、 ー='  .イイ リ1///>_
       .│ 「世界のはじまり」に創造された「三天位」の最後の一人。 │        >--イ´_j./∧V////>_
       .│ 世界の観測者でありながら、                  │        //77∠ニ7/// |////////ヽ_
       .│ 同時に世界への介入を試みる異端者。              .│        V//' _j/////,j////////И!
       .│                                      │      .!!ヘ ':レ//7>..'////〃//ハ
       .│                                      │       V∧///>イi//////'////ソ
       .│ 紳士的な態度とは裏腹に残虐性に溢れており、        .│        ト.V/>`/ト、 ̄ ̄/ノ/////N
       .│ 自分以外を見下している。                     │        リYr'//////≧-イ、V/////∧
       .│ この世界の法則を書き換えるほどの能力を持ち、       │        i人f!////////////V/////∧
       .│ 人があがく様を見たいがために行動している。         │       .ハV,V////////////,V//////,
       .│                                      │       V/∧V////////////Y/////∧
       .│                                      │       _)/ノr,////////////リV/////∧
       .│ 死という概念が存在しないため不死。                │       j//,V////////////// V//////i
       .│ 老化という概念も存在しないため不老。              .│      .イ///}//////////////7<//////∧
       .│ この世界の人間である限り、彼を倒す手段は存在しない。 │      ////〃//////////////イ////////
       .│                                      │    ,イ///,イ/////,=ニフ ´////////////
       .│                                      │    /////i////////И////////////
       .│ 彼がなにを目的にしているのか。                 │   イ////ハ///////////,イ///////イ
       .│ それは一人の少女に関係しているという。            .│   i/////1ヘV/////////トヽV//// !
       .└─────────────────────────┘  /!/ //i!/, V////////∧人 ////
                                                ' ////ヘ// V/////////∧/////リ
                                               //リ/////////V//V////////////
                                                 ///////////V/ V///////i/////


56 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/24(火) 19:56:44 ID:j9Pj7nq0 [4/5]



      「あー あした に なったら しごとば が もえてねーかなー」

                .         ___                        .・・・・・・・・・・・..・
                .    /´ ̄      ̄`\                   .・         ・
                  ./               ヽ                   .・  きるお  ・
                 /              ヽ                   ・         ・
                ./                 l                 ・・・・・・・・・・・..・
                .|     ( ● )   ( ● ) |
                ..ヽ                 /        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.・
                . ヽ、   トェェェェェェェイ/       ・                                ・
                  /               \        ・ せいしこうじょう で はたらく さぎょういん・
                . /                    ヽ       ・ かみ を つくる しごと を している    .・
                /                      i      ・                                ・
                                       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.・


57 名前: ◆sd1esSni3c [sage] 投稿日:13/12/24(火) 19:56:59 ID:j9Pj7nq0 [5/5]

<パルプ・フィクション>

おわり



関連記事

| 23:30 |コメント(2)
カテゴリータグ:作者別短編集 短編集月の花

|

<< 【いしいひさいち】YARUO BOOKS【ドーナツブックス】 その49 | HOME | <ギフト> >>

■御感想or寝言

42132 名前:ゆとりある名無し [] 投稿日:2014/03/08(土) 10:53:24 ID:-

きる夫がいないと存在出来ない連中か


42184 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/03/09(日) 10:51:31 ID:-

パルプと製紙工場をひっかけた高度なギャグ


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV